氏名

マエダ ケイイチ

前田 恵一

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0206429/)

所属

(先進理工学部)

連絡先

住所・電話番号・fax番号

住所
〒169-8555東京都 新宿区大久保3-4-1 早稲田大学理工学術院物理学科
電話番号
03-5286-3442
fax番号
03-3205-4839

URL等

WebページURL

http://www.gravity.phys.waseda.ac.jp/

研究者番号
70199610

本属以外の学内所属

兼担

理工学術院(大学院先進理工学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

教育・総合科学学術院(教育学部)

学内研究所等

理工学総合研究センター

兼任研究員 1989年-2006年

自己組織系物理ホリスティック研究所

研究所員 2009年-2014年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2006年-2018年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2018年-

ホリスティック物理学研究所

研究所員 2015年-2019年

ホリスティック物理学研究所

研究所員 2019年-

学歴・学位

学位

理学博士(京都大学) 課程 京都大学 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

所属学協会

日本物理学会

日本天文学会

一般相対性および重力学会

国際天文連合

取材ガイド

カテゴリー
数物系科学
専門分野
相対性理論・重力理論、宇宙論、ブラックホール物理学
キーワード
一般相対性理論、初期宇宙、ブラックホール

研究分野

キーワード

宇宙論・相対論・宇宙物理学

科研費分類

数物系科学 / 物理学 / 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

研究テーマ履歴

素粒子的宇宙物理学

個人研究

一般相対性理論と重力波

個人研究

宇宙の構造形成と非線型物理学

個人研究

論文

Maximal efficiency of the collisional Penrose process with spinning particles

Kei-Ichi Maeda, Kazumasa Okabayashi, Hirotada Okawa

Physical Review査読有りD.98(064027)2018年09月-

DOI

Hybrid Higgs Inflation: The Use of Disformal Transformation

Seiga Sato, Kei-ichi Maeda

Physical ReviewD97(no.8)p.13pp2017年12月-

DOI

Massive Graviton Geons

Katsuki Aoki, Kei-ichi Maeda, Yosuke Misonoh, Hirotada Okawa

Phys.Rev.査読有りD97(no.4)2017年10月-

DOI

Non-linear collisional Penrose process: How much energy can a black hole release?

Ken-ichi Nakao, Hirotada Okawa, Kei-ichi Maeda

PTEP査読有りOCU-PHYS-469(no.1)p.21pp2017年08月-

DOI

Condensate of Massive Graviton and Dark Matter

Phys.Rev.D97(no.4)p.24pp2017年07月-

DOI

Cosmological Dynamics of D-BIonic and DBI Scalar Field and Coincidence Problem of Dark Energy

D95(no.10)p.15pp2017年03月-

DOI

Cosmological and astrophysical Vainshtein mechanism in bigravity

Katsuki Aoki, Kei-ichi Maeda, Makoto Tanabe , Ryo Namba

Proceedings of the MG14 Meeting on General Relativity2017年12月-

DOI

The status of DECIGO

840(no.1)p.8pp2017年06月-

DOI

AdS Monopole Black Hole and Phase Transition

D94(no.12)p.17pp2016年10月-

DOI

Gravitational baryogenesis after anisotropic inflation

Fukushima, Mitsuhiro; Mizuno, Shuntaro; Maeda, Kei Ichi

Physical ReviewD 93(10)2016年05月-

DOIScopus

詳細

ISSN:15507998

概要:© 2016 American Physical Society.The gravitational baryogensis may not generate a sufficient baryon asymmetry in the standard thermal history of the Universe when we take into account the gravitino problem. Hence, it has been suggested that anisotropy of the Universe can enhance the generation of the baryon asymmetry through the increase of the time change of the Ricci scalar curvature. We study the gravitational baryogenesis in the presence of anisotropy, which is produced at the end of an anisotropic inflation. Although we confirm that the generated baryon asymmetry is enhanced compared with the original isotropic cosmological model, taking into account the constraint on the anisotropy by the recent CMB observations, we find that it is still difficult to obtain the observed baryon asymmetry only through the gravitational baryogenesis without suffering from the gravitino problem.

Relativistic stars in bigravity theory

Aoki, Katsuki; Maeda, Kei Ichi; Tanabe, Makoto

Physical Review D - Particles, Fields, Gravitation and Cosmology93(6)2016年03月-

DOIScopus

詳細

ISSN:15507998

概要:© 2016 American Physical Society.Assuming static and spherically symmetric spacetimes in the ghost-free bigravity theory, we find a relativistic star solution, which is very close to that in general relativity. The coupling constants are classified into two classes: Class [I] and Class [II]. Although the Vainshtein screening mechanism is found in the weak gravitational field for both classes, we find that there is no regular solution beyond the critical value of the compactness in Class [I]. This implies that the maximum mass of a neutron star in Class [I] becomes much smaller than that in general relativity (GR). On the other hand, for the solution in Class [II], the Vainshtein screening mechanism works well even in a relativistic star and the result in GR is recovered.

Black holes and Thunderbolt singularities with Lifshitz scaling terms

Misonoh, Yosuke; Maeda, Kei Ichi

Physical Review D - Particles, Fields, Gravitation and Cosmology92(8)2015年10月-

DOIScopus

詳細

ISSN:15507998

概要:© 2015 American Physical Society.We study a static, spherically symmetric and asymptotic flat spacetime, assuming the hypersurface orthogonal Einstein-aether theory with an ultraviolet modification motivated by the Hořava-Lifshitz theory, which is composed of the z=2 Lifshitz scaling terms such as scalar combinations of a three-Ricci curvature and the acceleration of the aether field. For the case with the quartic term of the acceleration of the aether field, we obtain a two-parameter family of black hole solutions, which possess a regular universal horizon. Whereas, if a three-Ricci curvature squared term is joined in ultraviolet modification, we find a solution with a thunderbolt singularity such that the universal horizon turns out to be a spacelike singularity.

Stability of the early universe in bigravity theory

Aoki, Katsuki; Maeda, Kei Ichi; Namba, Ryo

Physical Review D - Particles, Fields, Gravitation and Cosmology92(4)2015年08月-

DOIScopus

詳細

ISSN:15507998

概要:© 2015 American Physical Society. We study the stability of a spherically symmetric perturbation around the flat Friedmann-Lemaître-Robertson-Walker spacetime in the ghost-free bigravity theory, retaining nonlinearities of the helicity-0 mode of the massive graviton. It has been known that, when the graviton mass is smaller than the Hubble parameter, homogeneous and isotropic spacetimes suffer from the Higuchi-type ghost or the gradient instability against the linear perturbation in the bigravity. Hence, the bigravity theory has no healthy massless limit for cosmological solutions at linear level. In this paper we show that the instabilities can be resolved by taking into account nonlinear effects of the scalar graviton mode for an appropriate parameter space of coupling constants. The growth history in the bigravity can be restored to the result in general relativity in the early stage of the Universe, in which the Stückelberg fields are nonlinear and there is neither ghost nor gradient instability. Therefore, the bigravity theory has the healthy massless limit, and cosmology based on it is viable even when the graviton mass is smaller than the Hubble parameter.

Bubble universes with different gravitational constants

Takamizu, Yu Ichi; Maeda, Kei Ichi

Physical Review D - Particles, Fields, Gravitation and Cosmology92(2)2015年07月-

DOIScopus

詳細

ISSN:15507998

概要:© 2015 American Physical Society. We argue a scenario motivated by the context of string landscape, where our Universe is produced by a new vacuum bubble embedded in an old bubble and these bubble universes have not only different cosmological constants, but also their own different gravitational constants. We study these effects on the primordial curvature perturbations. In order to construct a model of varying gravitational constants, we use the Jordan-Brans-Dicke theory where different expectation values of scalar fields produce difference of constants. In this system, we investigate the nucleation of the bubble universe and the dynamics of the wall separating two spacetimes. In particular, the primordial curvature perturbation on superhorizon scales can be affected by the wall trajectory as the boundary effect. We show how the gravitational constant in the exterior bubble universe modifies the power spectrum, that provides a peak like a bump feature at a large scale.

Stability of the Early Universe in Bigravity Theory

Katsuki Aoki, Kei-ichi Maeda, Ryo Namba

Physical Review査読有りD92(044054)2015年08月-

DOI

Dark matter in ghost-free bigravity theory: From a galaxy scale to the universe

Katsuki Aoki, Kei-ichi Maeda

Physical Review査読有りD90(124089)2014年08月-

DOI

Cosmic acceleration with a negative cosmological constant in higher dimensions

Kei-ichi Maeda , Nobuyoshi Ohta

JHEP1406 0952014年04月-

DOI

Cosmology in ghost-free bigravity theory with twin matter fluids: The origin of "dark matter"

Katsuki Aoki, Kei-ichi Maeda

Phys.Rev.D89 0640512014年03月-

DOI

Stability analysis of inflation with an SU(2) gauge field

Kei-ichi Maeda , Kei Yamamoto

JCAP1312 0182013年12月-

DOI

Anisotropic universes in the ghost-free bigravity

Kei-ichi Maeda , Mikhail S. Volkov

Physical Review査読有りD87(104009)2013年05月-

DOI

Inflationary Dynamics with a Non-Abelian Gauge Field

Kei-ichi Maeda , Kei Yamamoto

Physical Review査読有りD87(023528)2013年01月-

DOI

Creation of the universe with a stealth scalar field

Hideki Maeda , Kei-ichi Maeda

Physical Review査読有りD86(124045)2012年12月-

DOI

Dynamical brane with angles: Collision of the universes

Kei-ichi Maeda , Kunihito Uzawa

Physical Review査読有りD85(086004)2012年04月-

DOI

Accelerating Universes in String Theory via Field Redefinition

Kei-ichi Maeda , Nobuyoshi Ohta , Ryo Wakebe

Eur.Phys.J.査読有りC72(1949)2012年03月-

DOI

Innovation to probe higher dimensions through black holes: Introduction

Kei-ichi Maeda , Tetsuya Shiromizu , Takahiro Tanaka

Prog.Theor.Phys.Suppl.査読有り189p.1 - 62011年06月-

DOI

The Japanese space gravitational wave antenna: DECIGO

Seiji Kawamura et al.

Class.Quant.Grav.28 0940112011年-

DOI

Oscillating Bianchi IX Universe in Horava-Lifshitz Gravity

Yosuke Misonoh , Kei-ichi Maeda , Tsutomu Kobayashi

Physical Review査読有りD84(064030)2011年09月-

DOI

Black hole solutions in string theory

Kei-ichi Maeda , Masato Nozawa

Prog.Theor.Phys.Suppl.査読有り189p.310 - 3502011年06月-

DOI

Dynamics of Void and its Shape in Redshift Space

Kei-ichi Maeda, Nobuyuki Sakai, Roland Triay

Journal of Cosmology and Astroparticle Physics査読有り2011(08)p.0262011年08月-

DOI

AdS Black Hole Solution in Dilatonic Einstein-Gauss-Bonnet Gravity

Kei-ichi Maeda , Nobuyoshi Ohta , Yukinori Sasagawa

Physical Review査読有りD83(044051)2011年02月-

DOI

Cosmological rotating black holes in five-dimensional fake supergravity

Masato Nozawa , Kei-ichi Maeda

Physical Review査読有りD83(02018)2011年09月-

DOI

林先生と天体核4人組(<小特集>林忠四郎先生追悼)

中村 卓史;前田 恵一;観山 正見;佐々木 節

日本物理學會誌65(10)p.795 - 7992010年10月-

CiNii

詳細

ISSN:00290181

Supersymmetric Intersecting Branes on the Waves

Kei-ichi Maeda,Nobuyoshi Ohta,Makoto Tanabe,Ryo Wakebe

Journal of High Energy Physics査読有り1004:0132010年04月-

DOI

Black holes in an expanding universe

Gary W. Gibbons,Kei-ichi Maeda

Physical Review Letters査読有り104(131101)p.1 - 42010年04月-

DOI

Black Hole in the expanding universe from intersecting branes.

Kei-ichi Maeda,Masato Nozawa

Physical ReviewD81:0440172010年-

DOI

Black hole solutions in string theory with Gauss-Bonnet curvature correction.

Kei-ichi Maeda、Nobuyoshi Ohta, Yukinori Sasagawa

Physical ReviewD80:1040322009年-

DOI

The Bernstein conjecture,minimal cones,and critical dimensions.

Gary W. Gibbons,Kei-ichi Maeda, Umpei Miyamoto

Class. Quant. Grav.26:1850082009年-

DOI

Measurement of the Kerr spin parameter by observation of a compact object's shadow.

Kenta Hioki、Kei-ichi Maeda

Physical ReviewD80:020422009年-

DOI

Dynamics of intersecting brane systems-Classification and their applications.

Kei-ichi Maeda,Nobuyoshi Ohta,Kunihito Uzawa

JHEP0906:0512009年-

DOI

Supersymmetric intersecting branes in time-dependent backgrounds.

Kei-ichi Maeda,Nobuyoshi Ohta,Makoto Tanabe,Ryo Wakebe

JHEP査読有り0906:0362009年06月-

DOI

Attractor universe in the scalar-tensor theory of gravitation.

Kei-ichi Maeda、Yasunori Fujii

Physical ReviewD79:0840262009年-

DOI

Black hole-black string phase transitions from hydrodyamics.

Kei-ich Maeda、Umpei Miyamoto

JHEP0903:0662009年-

DOI

Can higher curvature corrections cure the singularrity problem in f(R) gravity?

Tsutomu Kobayashi、Kei-ichi Maeda

Physical ReviewD79:0240092009年-

DOI

Collision of domain walls and creation of matter in brane world.

Kei-ichi Maeda

Prog.Theor Phys. Suppl.172p.90 - 992008年01月-

DOI

Relativistic stars in f(R) gravity, and absence thereof.

TsutomuKobayashi,Kei-ichi Maeda

Physical ReviewD78:0640192008年-

DOI

Liquid Bridges and Black Strings in Higher Dimensions.

Unpei Miyamoto,Kei-ichi Maeda

Physics LettersB664p.103 - 1062008年-

DOI

One-loop Corrections to Scalar and Tensor Perturbations during Inflation in Stochastic Gravity

Yuko Urakawa,Kei-ichi Maeda

Physical ReviewD78:0640042008年-

DOI

Entropy Function and Universality of Entoropy-Area Relation for Small Black Holes.

Rong-Gen Cai,Ching-Mei Chen,Kei-ichi Maeda、Nobuyoshi Ohta,Da-Wei Pang

Physical ReviewD77:0640302008年-

DOI

Cosmological Density Fluctuations in Stochastic Gravity-Formalism and Linear Analysis.

Yuko Urakawa,Kei-ichi Maeda

Physical ReviewD77:0240132008年-

DOI

Stationary spacetime from intersection M-branes.

Makoto Tanabe,Kei-ichi Maeda

Journal of Physics: Conference Series33p.393 - 3982006年-

DOI

Gravitational Wave Signals from Chaotic System:A Point Mass with A Disk.

Kenta Kiuchi,Hiroko Koyama,Kei-ichi Maeda

Physcal ReviewD76(024018)2007年-

DOI

Dynamics of colliding branes and black brane production

Yu-ichi Takamizu、Hideki Kudoh, Kei-ichi Maeda

Physical ReviewD75:061304p.1 - 52007年-

DOI

Fermions on clliding brance.

Gary Gibbons,Kei-ichi Maeda,Yu-ichi Takamizu

Physics LettersB647p.1 - 72007年-

A Supersymmetric Rotating Black Hole in a Compactified Spacetime

Kei-ichi Maeda,Nobuyoshi Ohta、Makoto Tanabe

Physical ReviewD74:104002p.1 - 72006年-

Chaos of Yang-Mills field in Bianchi spacetimes

Yoshida Jin,Kei-ichi Maeda

The Proceedings of 10th Marcel Grossmann MeetingCp.1877 - 18792006年-

Collision of domain walls in asymptotically anti de Sitter spacetime

Yu-ichi Takamizu、Kei-ichi Maeda

Physical ReviewD73:103508p.1 - 112006年-

Inflation from superstring/M-theory compactification with higher order corrections.ⅡCase of quartic Weyl terms

Kenta Akune,Kei-ichi Maeda、Nobuyoshi Ohta

Physical ReviewD73:103506p.1 - 202006年-

Creation of a brane world with a bulk scalar field

Koh-suke Aoyanagi,Kei-ichi Maeda

JCAP0603:012p.1 - 102006年-

DOI

Stationary spacetime from intersecting M-branes

Kei-ichi Maeda, Makoto Tanabe

Nuclear PhysicsB738p.184 - 2182006年-

DOI

The Fate of a five-dimensional rotating black hole via Hawking radiation

Hidefumi Nomura, Shijun Yoshida, Makoto Tanabe, Kei-ichi Maeda

Prog.Theor.Phys.114p.707 - 7122005年-

DOI

Cosmological co-evolution of Yang-Mills fields and perfect fluids

John D. Barrow, Yoshida Jin, Kei-ichi Maeda.

Phys.Rev.D72:103512p.1 - 132005年-

Inflation from superstring /M theory compactification with higher order corrections.1.

Kei-ichi Maeda, Nobuyoshi Ohta

Phys.Rev.D71:063520p.1 - 272005年-

Creation of a Brane world with Gauss-Bonnet Term

Koh-suke Aoyanagi、Kei-ichi Maeda

Proceedings of 22nd Texas Symposium on Relativistic Astrophysicsp.11022005年-

Energy extraction from higher dimensional black holes and black rings.

Masato Nozawa, Kei-ichi Maeda

Phys.Rev.D71:084028p.1 - 112005年-

Chaos of Yang-Mills field in class a Bianchi spacetimes

Yoshida Jin and Kei-ichi Maeda

Phys.Rev.D71:064007p.1 - 132005年-

Inflation from M-theory with forth-order corrections and large extra dimensions

Kei-ichi Maeda ,Nobuyoshi Ohta

Phys.Lett.B597p.400 - 4072004年-

Gravitational waves from chaotic dynamical system

Kenta Kiuchi ,Kei-ichi Maeda

Phys.Rev.D70:064036p.1 - 82004年-

Creation of a brane world with Gauss-Bonnet term

Koh-suke Aoyanagi ,Kei-ichi Maeda

Phys.RevD70:123506p.1 - 92004年-

Regular and black Hole Skyrmions with axisymmetry

N.Shiiki, N.Sawado、K.Maeda, T.Torii

General Relativity and Gravitation36p.1361 - 13712004年-

Domain wall dynamics in brane world and non-singular cosmological models

Naoya Okuyama, Kei-ichi Maeda

Phys.RevD70:064030p.1 - 122004年-

Collision of domain walls and reheating of brane universe

Yu-ichi Takamizu, Kei-ichi Maeda

Phys.Rev.D70:123514p.1 - 102004年-

The einstein equations on a brane world.

K.Maeda

Progress of Theoretical Physics Supplement series 148, 59-902003年-

Dilaton Dynamics in (A)dS_5 x S^5

K.Maeda, K.Uzawa

Physical Review D68, 084017p.1 - 162003年-

Five-dimensional black hole and particle solution with Non-Abelian gauge field

N. Okuyama 、K.Maeda

Physical ReviewD67, 104012p.1 - 172003年-

Natural quintessence scenario in a brane world

S.Mizuno、K.Maeda

Progress of Theoretical Physics, Supp1.148p.252 - 2582003年-

Dynamics of scalar field in a brane world

S.Mizuno、K.Maeda, K. Yamamoto

Physical Review D67, 023516p.1 - 152003年-

Effective gravitational equations on brane world with いnduced gravity

S.Mizuno、K.Maeda,T.Torii

Physical ReviewD68, 024033p.1 - 82003年-

Stability analysis of black holes via a catastrophe theory and black hole thermodynamics in generalized theories of gravity

T.Tamaki 、K.Maeda、 T.Torii

Physical ReviewD68, 024028p.1 - 102003年-

Covariant gravitational equations on brane world with Gauss-Bonnet term

K.Maeda,T.Torii

Physical Review D68, 024002p.1 - 142003年-

The scalar-tensor theory of gravitation.

Y.Fujii,K.Maeda

Cambridge Univ. Press 2003年-

Conservation laws for collisions of branse (or shells) in general relativity

David Langlois, Kei-ichi Maeda, David Wands

Phys.Rev.Lett.88:181301p.1 - 42002年-

Density discontinuity of a neutron star and gravitational waves.

Hajime Sotani, Kazuhiro Tominaga, Kei-ichi Maeda

Phys.Rev.D65:0240102002年-

Uniqueness of selfsimilar asymptotically Friedman-Robertoson-Walker space-time in brans-dicke theory.

Hideki Maeda, Jun-ichirou Koga, Kei-ichi Maeda

Phys.Rev.D66:087501p.1 - 42002年10月-

DOI

Perturbation theory in lagrangian hydrodynamics for a cosmological fluid with velocity dispersion.

T Tatekawa, M Suda, K Maeda, M Morita, H Anzai

Phys.Rev.D66:064014p.1 - 132002年-

Gravitational waves from a spinning particle scattered by a relativistic star: Axial mode case

K. Tominaga, M. Saijo , K. Maeda

Phys. Rev.D63:1240122001年-

Gravitational waves from a spinning particle scattered by a relativistic star: axial mode case.

Kazuhiro Tominaga, Motoyuki Saijo, Kei-ichi Maeda

Phys.Rev.D63:1240122001年-

Brane Quintessence.

Kei-ichi Maeda

Phys.Rev.D64:1235252001年-

Brane Preheating.

Shinji Tsujikawa, Kei-ichi Maeda, Shuntaro Mizuno,

Phys.Rev.D63:1235112001年-

Quintessence in a brane world.

Shuntaro Mizuno, Kei-ichi Maeda

Phys.Rev.D64:1235212001年-

Properties of black hole solutions in the SU(3) einstein-yang-mills dilaton system.

Takashi Tamaki, Kei-ichi Maeda, Masakazu Inada

Phys.Rev.,D63:0875042001年-

Internal structure of skyrme black hole.

Takashi Tamaki, Kei-ichi Maeda, Takashi Torii

Phys.Rev.D64:0840192001年-

Primordial fractal density perturbations and structure formation in the universe:one-dimensional collisionless sheet model.

Takayuki Tatekawa, Kei-ichi Maeda

Astrophys.J.(547)p.531 - 5442001年-

The origin of fractal distribution in Self gravitating virialized system and Self-organized criticality

Y. Sota, O. Iguchi, M. Morikawa, T. Tatekawa, K. Maeda

Phys. Rev.E64:0561332001年-

Generality of Singularity Avoidance in Superstring Theory: Anisotropic Case

H.Yajima,K.Maeda, H.Ohkubo

Phys. Rev.D2000年-

Gravity, Stability and Energy Conservation on the Randall-Sundrum Brane-World

M.Sasaki,K.Maeda, T.Shiromizu

Phys. Rev.D2000年-

Statistical Mechanics of Self-Gravitating System: Cluster Expansion Method

O.Iguchi, T.Kurokawa, M.Morikawa, A.Nakamichi, Y.Sota,K.Maeda, T.Tatekawa

Phys. Lett.A2000年-

Global Structure of Exact Cosmological Solutions in the Brane World

S.Mukohyama,K.Maeda,T.Shiromizu

Phys. Rev.D2000年-

Signature of Chaos in Gravitational Waves from a Spinning Particle

S.Suzuki,K.Maeda

Phys. Rev.D61, 0240052000年-

The Einstein Equations on the 3-Brane World

T.Shiromizu,K.Maeda, M.Sasaki

Phys. Rev.D2000年-

SL (4, R) Generating Symmetry in Five-dimensional Gravity Coupled to Dilaton and Three-form

C.-M.Chen, D.V.Gal'tsov, K.Maeda, S.A.Sharakin

Phys. Lett.B453 7-161999年-

Gravitational Waves from a Test Particle Scattered by a Neutron Star: Axial Mode Case

K.Tominaga,K.Maeda, M.Saijo

Phys. Rev.D60, 0240041999年-

Monopole Inflation in Brans-Dicke Theory

N.Sakai,K.Maeda, J.Yokoyama

Phys. Rev.D59, 1035041999年-

Resonant Particle Production with Non-minimally Coupled Scalar Fields in Preheating after Inflation

S.Tsujikawa ,K.Maeda, T.Torii

Phys. Rev.D60, 0635151999年-

Preheating with Non-minimally Couopled Scalar Fields in Higher-curvature Inflation Models

S.Tsujikawa,K.Maeda, T.Torii

Phys. Rev.D60, 1235051999年-

Gravitating Monopole and its Black Hole Solution in Brans-Dicke Theory

T.Tamaki ,K.Maeda, T.Torii

Phys. Rev.D60, 1040491999年-

Gauged Monopole-Bubble

Y.Kim, S.J.Lee,K.Maeda, N.Sakai

Phys. Lett.B452 214-2201999年-

EQUIVALENCE OF BLACK HOLE THERMODYNAMICS BETWEEN A GENERALIZED THEORY OF GRAVITY AND THE EINSTEIN THEORY.

Jun-ichirou Koga, Kei-ichi Maeda

Phys.Rev.D58:0640201998年-

GRAVITATIONAL WAVES FROM A SPINNING PARTICLE PLUNGING INTO A KERR BLACK HOLE.

M. Saijo, K. Maeda, M. Shibata, Y. Mino

Phys.Rev.D58:0640051998年-

INNERMOST STABLE CIRCULAR ORBIT OF A SPINNING PARTICLE IN KERR SPACE-TIME.

Shingo Suzuki, Kei-ichi Maeda

Phys.Rev.D58:0230051998年-

NONABELIAN BLACK HOLES IN BRANS-DICKE THEORY.

Takashi Tamaki, Kei-ichi Maeda, Takashi Torii

Phys.Rev.D57:4870-48841998年-

STABILITY OF A DILATONIC BLACK HOLE WITH A GAUSS-BONNET TERM.

Takashi Torii, and Kei-ichi Maeda

Phys.Rev.D58:0840041998年-

TWO BOOSTED BLACK HOLES IN ASYMPTOTICALLY DE SITTER SPACE-TIME: RELATION BETWEEN MASS AND APPARENT HORIZON FORMATION.

Takeshi Chiba, Kei-ichi Maeda, Ken-ichi Nakao, Taro Tsukamoto

Phys.Rev.D57:6119-61261998年-

RENORMALIZATION GROUP APPROACH IN NEWTONIAN COSMOLOGY.

Y. Sota, T. Kobayashi, K. Maeda, T. Kurokawa, M. Morikawa, A. Nakamichi

Phys.Rev.D58:0435021998年-

DYNAMICS OF QUIET UNIVERSES.

Hiraku Mutoh, Toshinari Hirai, Kei-ichi Maeda

Phys.Rev.D55:3276-32871997年-

Gravitational waves in Brans-Dicke theory : Analysis by test particles around a Kerr black hole

Motoyuki Saijo, Hisa-aki Shinkai, Kei-ichi Maeda

Phys.Rev.,D56:785-7971997年07月-

DOI

CHAOS IN SCHWARZSCHILD SPACE-TIME: THE MOTION OF A SPINNING PARTICLE.

Shingo Suzuki, Kei-ichi Maeda

Phys.Rev.D55:4848-48591997年-

DILATONIC BLACK HOLES WITH GAUSS-BONNET TERM.

Takashi Torii, Hiroki Yajima, Kei-ichi Maeda

Phys.Rev.D55:739-7531997年-

The Stuff of the Universe: Dark Matter, Mankind and Anthropic Cosmology

前田 恵一

日本物理学会誌/日本物理学会51;71996年07月-

バーチャル・ブラックホール

前田 恵一

パリティ/丸善11;61996年06月-

双子のパラドックスのなぞをとく

前田 恵一

Newton/教育社16;51996年05月-

A Spinning Test Particle in a Relativistic Space Time

Kei-ichi Maeda

5th Workshop on General Relativity and Gravitation1996年-

Bubbles with O(3)-symmetric Scalar Fieldin Curved Spacetime

Kei-ichi Maeda

Proceedings of the Seventh Marcel Grossmann Meeting/World Scientific1996年-

Chaos in Static Axisymmetric Spacetimes

Kei-ichi Maeda

Proceedings of the Seventh Marcel Grossmann Meeting/World Scientific1996年-

Chaos in Static Axisymmetric Spacetimes I: Vacuum Case

Kei-ichi Maeda

Classical and Quantum Gravity/Institute of Physics131996年-

Dilatonic Black Holes with Gauss-Binnet Term

Kei-ichi Maeda

5th Workshop on General Relativity and Gravitation1996年-

Dynamics of Topological Defects and Inflation

Kei-ichi Maeda

Physical Review D/American Physical Society53;21996年-

Gravitational Collapse in Szekeres Universes

Kei-ichi Maeda

5th Workshop on General Relativity and Gravitation1996年-

How Does Generalization of Einstein's Theory Enhance the Growth Rate of Cosmological Perturbations?

Kei-ichi Maeda

Proceedings of the Seventh Marcel Grossmann Meeting/World Scientific1996年-

Inflation in a Planar Universe

Kei-ichi Maeda

Proceedings of the Seventh Marcel Grossmann Meeting/World Scientific1996年-

Monopole Black Hole and Catastrophe Theory

Kei-ichi Maeda

Proceedings of the Sixth Seminar on Quantum Gravity/World Scientific1996年-

Solitonic Island in the Bubble

Kei-ichi Maeda

Proceedings of 2nd Pacific School forTheoretical Physics1996年-

Stability of Non-Abelian Black Hole and Catastrophe Theory

Kei-ichi Maeda

Proceedings of the Seventh Marcel Grossmann Meeting/World Scientific1996年-

Superradiance around Rotating Dilatonic Black Holes

Kei-ichi Maeda

Proceedings of the Seventh Marcel Grossmann Meeting/World Scientific1996年-

Tree-level String Cosmology

Kei-ichi Maeda

Physical Review D/American Physical Society53;81996年-

今度こそわかる相対性理論 Q&A

前田 恵一

Newton/教育社15;101995年09月-

入門 ブラックホール宇宙

前田 恵一

Newton/教育社15;71995年06月-

宇宙最大の構造

前田 恵一

パリティ/丸善10;41995年04月-

A '(3+1)' Method for Finding Principal Null Directions

Kei-ichi Maeda

Classical and Quantum Gravity/Institute of Physics121995年-

Chaos in General Relativity

Kei-ichi Maeda

Proceedings of the International Conference on Dynamical Systems and Chaos/World Scientific国際会議報告1995年-

Cosmic Colored Black Holes

Kei-ichi Maeda

Physical Review D/American Physical Society52;81995年-

Evaporation and Fate of Dilatonic Black Hole

Kei-ichi Maeda

Physical Review D/American Physical Society52;121995年-

Exotic Black Holes

Kei-ichi Maeda

J. Korean Physical Society/Korean Physical Society281995年-

Naturalness of Inflation

Kei-ichi Maeda

Proceedings of the International Workshopon Birth of the Universe and FundamentalPhysics/Springer1995年-

Non-Abelian Black Holes and Catastrophy Theory: Charged Type

Kei-ichi Maeda

Physical Review D/American Physical Society51;81995年-

Non-Abelian Black Holes and Catastrophy Theory: Neutral Type

Kei-ichi Maeda

Physical Review D/American Physical Society51;41995年-

GENERALITY OF INFLATION IN A PLANAR UNIVERSE.

Hisa-aki Shinkai, Kei-ichi Maeda

Phys.Rev.D49:6367-63781994年-

SUPERRADIANCE AROUND ROTATING DILATONIC BLACK HOLES.

Jun-ichirou Koga,Kei-ichi Maeda

Phys.Lett.B340:29-341994年-

STABILITY OF NONABELIAN BLACK HOLES AND CATASTROPHE THEORY.

Kei-ichi Maeda, T. Tachizawa, T. Torii, T. Maki

Phys.Rev.Lett.72:450-4531994年-

GRAVITATIONAL MASS IN ASYMPTOTICALLY DE SITTER SPACE-TIMES.

Ken-ichi Nakao, Tetsuya Shiromizu, Kei-ichi Maeda

Class.Quant.Grav.11:2059-20721994年-

DYNAMICAL EVOLUTION OF GRAVITATIONAL WAVES IN THE ASYMPTOTICALLY DE SITTER SPACE-TIME.

M. Shibata, K. Nakao, T. Nakamura, Kei-ichi Maeda

Phys.Rev.D50:708-7191994年-

JUNCTION CONDITIONS OF FRIEDMANN-ROBERTSON-WALKER SPACE-TIMES

N. Sakai, K. Maeda

Phys.Rev.D50:5425-54281994年-

COSMIC HOOP CONJECTURE?

Takeshi Chiba, Kei-ichi Maeda

Phys.Rev.D50:4903-49131994年-

GAUGE INVARIANT COSMOLOGICAL PERTURBATIONS IN GENERALIZED EINSTEIN THEORIES.

Toshinari Hirai, Kei-ichi Maeda

Astrophys.J.431:6-191994年-

CAN GRAVITATIONAL WAVES PREVENT INFLATION?

Hisa-aki Shinkai, Kei-ichi Maeda

Phys.Rev.D48:3910-39131993年-

NUMERICAL STUDY OF COSMIC NO HAIR CONJECTURE. 2: ANALYSIS OF INITIAL DATA

K. Nakao, T. Nakamura, Kei-Ichi Maeda, K. Oohara

Phys.Rev.D47:3194-32021993年-

APPARENT HORIZONS OF N-BLACK HOLE SYSTEM IN SPACE TIME WITH COSMOLOGICAL CONSTANT

Ken-ichi Nakao, Kazuhiro Yamamoto, Kei-ichi Maeda

Phys.Rev.D47:3203-32131993年-

Bubble Dynamics in Generalized Einstein Theories

N. Sakai, K. Maeda,

Progress of Theoretical Physics,90: 10011993年-

BUBBLE DYNAMICS AND SPACE-TIME STRUCTURE IN EXTENDED INFLATION.

Nobuyuki Sakai, Kei-ichi Maeda

Phys.Rev.D48:5570-55751993年-

EXPANDING SHELL AROUND A VOID AND UNIVERSE MODEL.

Nobuyuki Sakai, Kei-ichi Maeda, Humitaka Sato

Prog.Theor.Phys.89:1193-12021993年-

BUBBLE DYNAMICS IN GENERALIZED EINSTEIN THEORIES.

Nobuyuki Sakai,Kei-ichi Maeda

Prog.Theor.Phys.90:1001-10181993年-

CAN LARGE BLACK HOLES COLLIDE IN DE SITTER SPACE-TIME? --AN INFLATIONARY SCENARIO OF AN INHOMOGENEOUS UNIVERSE--

T. Shiromizu, K. Nakao, H. Kodama, Kei-Ichi Maeda

Phys.Rev.D47:3099-31021993年-

Superradiance in the Kerr-de Sitter Space-Time

T. Tachizawa, K. Maeda

Physics LettersA 172: 325-3301993年-

BLACK HOLES WITH NONABELIAN HAIR AND THEIR THERMODYNAMICAL PROPERTIES

Takashi Torii, Kei-ichi Maeda

Phys.Rev.D48:1643-16511993年-

COSMIC NO HAIR THEOREM IN HOMOGENEOUS SPACE-TIMES. 1. BIANCHI MODELS.

Yuichi Kitada,Kei-ichi Maeda

Class.Quant.Grav.10:703-7341993年-

COSMIC NO HAIR THEOREM IN POWER LAW INFLATION.

Yuichi Kitada, Kei-ichi Maeda

Phys.Rev.D45:1416-14191992年-

INFLATION IN GENERALIZED EINSTEIN THEORIES.

A.L. Berkin, Kei-ichi Maeda

Phys.Rev.D44:1691-17041991年-

THE CONSTANT MEAN CURVATURE SLICING OF THE SCHWARZSCHILD-DE SITTER SPACE-TIME.

K. Nakao, K. Maeda, T. Nakamura, K.Oohara

Phys. Rev.D44:1326-1329,1991年-

NUMERICAL STUDY OF COSMIC NO HAIR CONJECTURE. 1. FORMALISM AND LINEAR ANALYSIS.

K. Nakao, T. Nakamura, K.Oohara, Kei-ichi Maeda

Phys. Rev.D43:1788-17971991年-

SOFT INFLATION.

Andrew L. Berkin, Kei-ichi Maeda,Junichi Yokoyama

Phys. Rev.Lett.65:141-1441990年-

EFFECTS OF R3 AND R □R TERMS ON R2 INFLATION.

Andrew L. Berkin,Kei-ichi Maeda

Phys. Lett.B245:348-3541990年-

WORMHOLES WITH SCALAR FIELDS.

David H. Coule,Kei-ichi Maeda

Class. Quant.Grav.7:9551990年-

EXTENDED INFLATIONARY UNIVERSES.

John D. Barrow,Kei-ichi Maeda

Nucl. Phys.B341:294-3081990年-

QUANTUM COSMOLOGICAL APPROACH TO THE COSMIC NO HAIR CONJECTURE IN THE BIANCHI TYPE IX SPACE-TIME.

Junichi Yokoyama,Kei-ichi Maeda

Phys. Rev.D41:10471990年-

TOWARDS THE EINSTEIN-HILBERT ACTION VIA CONFORMAL TRANSFORMATION.

Kei-ichi Maeda

Phys.Rev.D39:31591989年-

INFLATION IN A RENORMALIZABLE COSMOLOGICAL MODEL AND THE COSMIC NO HAIR CONJECTURE.

Kei-ichi Maeda, Jaime A. Stein-Schabes,Toshifumi Futamase

Phys.Rev.D39:28481989年-

CHAOTIC INFLATIONARY SCENARIO IN MODELS HAVING NONMINIMAL COUPLING WITH CURVATURE.

T. Futamase, Kei-ichi Maeda

Phys.Rev.D39:399-4041989年-

BLACK HOLES AND MEMBRANES IN HIGHER DIMENSIONAL THEORIES WITH DILATON FIELDS.

G.W. Gibbons,Kei-ichi Maeda

Nucl. Phys.B298:7411988年-

INFLATION AS A TRANSIENT ATTRACTOR IN R2 COSMOLOGY

Kei-ichi Maeda

Phys. Rev.D37:8581988年-

ON TIME VARIATION OF FUNDAMENTAL CONSTANTS IN SUPERSTRING THEORIES.

Kei-ichi Maeda

Mod. Phys.Lett.A3:2431988年-

FINITE WIDTH CORRECTIONS TO THE NAMBU ACTION FOR THE NIELSEN-OLESEN STRING.

Kei-ichi Maeda,Neil Turok

Phys. Lett.B202:3761988年-

BARYON NUMBER GENERATION FROM COSMIC STRING LOOPS.

Masahiro Kawasaki,Kei-ichi Maeda

Phys. Lett.B208:84,(B209:271,1988)1988年-

IS THE COMPACTIFIED VACUUM SEMICLASSICALLY UNSTABLE?

Kei-ichi Maeda

Phys. Lett.B186:331987年-

Bubble Dynamics in the Expanding Universe

K. Maeda

General Relativity and Gravitation18: 931-9511986年-

COSMOLOGICAL SOLUTIONS WITH CALABI-YAU COMPACTIFICATION.

Kei-ichi Maeda

Phys. Lett.B166:591986年-

STABILITY AND ATTRACTOR IN A HIGHER DIMENSIONAL COSMOLOGY. 2.

Kei-ichi Maeda

Class.Quant.Grav.3:6511986年-

STABILITY AND ATTRACTOR IN KALUZA-KLEIN COSMOLOGY. 1.

Kei-ichi Maeda

Class. Quant.Grav.3:2331986年-

INFLATION IN A SUPERSTRING MODEL.

Kei-ichi Maeda, M.D. Pollock, C.E. Vayonakis

Class. Quant.Grav.3:L891986年-

ON INFLATION IN THE HETEROTIC SUPERSTRING MODEL.

Kei-ichi Maeda,M.D. Pollock

Phys. Lett.B173:2511986年-

INITIAL CONDITIONS AND ATTRACTORS IN HIGHER DIMENSIONAL COSMOLOGIES.

Kei-ichi Maeda,P.Y.T. Pang

Phys. Lett.B180:29-331986年-

QUANTUM EFFECT ON KALUZA-KLEIN COSMOLOGIES: HIGH TEMPERATURE CASE.

K. Maeda

Phys. Rev.D32:2528-25381985年-

COSMOLOGICAL SOLUTIONS IN D = 6, N=2 KALUZA-KLEIN SUPERGRAVITY: FRIEDMANN UNIVERSE WITHOUT FINE TUNING.

Kei-ichi Maeda, H. Nishino

Phys. Lett.B154:3581985年-

ATTRACTOR UNIVERSE IN SIX-DIMENSIONAL N=2 SUPERGRAVITY KALUZA-KLEIN THEORY.

Kei-ichi Maeda, H. Nishino.

Phys. Lett.B158:3811985年-

QUANTUM EFFECTS ON HIGHER DIMENSIONAL SPACE-TIME.

Kei-ichi Maeda,U. Carow

Phys. Lett.B158:298-3041985年-

EFFECT OF PARTICLE CREATION ON KALUZA-KLEIN COSMOLOGIES.

Kei-ichi Maeda

Phys. Rev.D30:2482-24941984年-

IS COSMOLOGICAL DIMENSIONAL REDUCTION POSSIBLE?

Kei-ichi Maeda

Phys. Lett. B,138:2691984年-

PARTICLE CREATION EFFECT ON M4 X S7 KALUZA-KLEIN COSMOLOGIES.

Takao Koikawa, Kei-ichi Maeda

Phys. Lett.B149:821984年-

Expansion of a Thin Shell around a Void in Expanding Universe

H. Sato , K. Maeda,

Prog. Theor. Phys.70:772,1983年-

THE EXPANSION LAW OF THE VOID IN THE EXPANDING UNIVERSE.

H. Sato, Kei-ichi Maeda

Prog.Theor.Phys.70:119-1271983年-

Expansion of a Thin Shell around a Void in Expanding Universe II

K. Maeda ,H. Sato

Prog. Theor. Phys.70: 12761983年-

VOID IN THE CLOSED UNIVERSE.

Kei-ichi Maeda, M. Sasaki, H. Sato

Prog. Theor.Phys.69:89-991983年-

Topology of Collapse in Conformal Diagrams – Reissner -Nordstom case–

F. de Felice ,K. Maeda

Prog. Theor. Phys.68: 1967-19781982年-

MULTIPRODUCTION OF UNIVERSES BY FIRST ORDER PHASE TRANSITION OF A VACUUM.

Katsuhiko Sato, Hideo Kodama, Misao Sasaki, Kei-ichi Maeda

Phys.Lett.B,108:1031982年-

CREATION OF DE SITTER-SCHWARZSCHILD WORMHOLES BY A COSMOLOGICAL FIRST ORDER PHASE TRANSITION.

Kei-ichi Maeda, Katsuhiko Sato, Misao Sasaki,Hideo Kodama

Phys.Lett.B,108:981982年-

GENERAL RELATIVISTIC GRAVITATIONAL COLLAPSE OF ROTATING STAR WITH MAGNETIC FIELDS: THE FORMALISM AND THE INITIAL VALUE EQUATIONS.

Kei-ichi Maeda,Ken-ichi Oohara

Prog.Theor.Phys.68:5671982年-

FATE OF WORMHOLES CREATED BY FIRST ORDER PHASE TRANSITION IN THE EARLY UNIVERSE.

Hideo Kodama, Misao Sasaki, Katsuhiko Sato, Kei-ichi Maeda

Prog.Theor.Phys.66:20521981年-

CREATION OF WORMHOLES BY FIRST ORDER PHASE TRANSITION OF A VACUUM IN THE EARLY UNIVERSE.

Katsuhiko Sato, Misao Sasaki, Hideo Kodama, Kei-ichi Maeda

Prog.Theor.Phys.65:14431981年-

A New Formalism of the Einstein Equations for Relativistic Rotating Systems

K. Maeda, M. Sasaki, T. Nakamura, S. Miyama

Prog. Theor. Phys.63: 7191980年-

An Analytic Solution of Initial Data for a Slowly Rotating Dust Sphere under Maximal Slicing Condition

K. Maeda, S. Miyama, M. Sasaki, T. Nakamura

Prog. Theor. Phys.63: 10481980年-

Gravitational Collapse of Charged Dust Shell and Maximal Slicing Condition

Kei-ichi Maeda

Prog. Theor.Phys. 63: 4251980年-

A Method of Determining Apparent Horizons in [(2+1)+1]- Formalism of the Einstein Equations

M. Sasaki, K. Maeda, T. Nakamura,S. Miyama

Prog. Theor. Phys.63: 10511980年-

General Relativistic Collapse of an Axially Symmetric Star I - The Formalism and the Initial Value Equations -

T. Nakamura, K. Maeda, S. Miyama, and M. Sasaki

Prog. Theor. Phys.63:12291980年-

INSTABILITY OF A QUANTUM FIELD IN THE CURVED SPACE-TIME OF A ROTATING STAR.

H. Sato, Kei-ichi Maeda

Prog.Theor.Phys.59:1173-11871978年-

NO SUPERRADIANCE OF SPINOR WAVE IN THE KERR-NEWMAN METRIC.

Kei-ichi Maeda

Prog.Theor.Phys.55p.1677 - 16781976年-

Physics of the early universe

Kei-Ichi Maeda

Proceedings of the 16th International Conferencep.425 - 4322002年09月-

DOI

Black hole solutions in string theory with Gauss-Bonnet curvature correction

Kei-Ichi Maeda, Yukinori Sasagawa , Nobuyoshi Ohta

Physical Review査読有りD80(104032)2009年11月-

DOI

Attractor in a Superstring Model: The Einstein Theory, the Friedmann Universe and Inflation

Kei-ichi Maeda

Phys. Rev.D35:4711987年01月-

DOI

アインシュタインとボーア:相対論・量子論のフロンティア

前田 恵一

裳華社

図解雑学「ビッグバン」

前田 恵一

ナツメ社

数理科学「量子論と相対論」

前田 恵一

サイエンス社

別冊数理科学「重力理論」

前田 恵一

サイエンス社

書籍等出版物

重力とは何か? : 重力波とは何か?

[前田恵一監修]

ニュートンプレス2016年-2016年

LINK

詳細

ISBN:9784315520446;

重力理論講義 : 相対性理論と時空物理学の進展

前田恵一著

サイエンス社2008年-2008年

LINK

「0次元の世界」から「高次元宇宙」まで : 次元とは何か

水谷仁編集

ニュートンプレス2008年-2008年

LINK

詳細

ISBN:9784315518153;

The scalar-tensor theory of gravitation

Yasunori Fujii, Kei-ichi Maeda

Cambridge University Press2003年-2003年

LINK

詳細

ISBN:0521811597;urn:isbn:9780521037525;

ブラックホール

前田恵一監修

ナツメ社;ナツメ出版企画)2000年-2000年

LINK

詳細

ISBN:4816328068;

ビッグバン

前田恵一監修

ナツメ社;ナツメ出版企画)1999年-1999年

LINK

詳細

ISBN:4816326499;

アインシュタインの時間 : 解き明かされる相対性理論のパラドックス

前田恵一著

ニュートンプレス1999年-1999年

LINK

詳細

ISBN:4315515191;

一般相対論と重力波の理論的研究

前田恵一, 中村卓史研究代表

[前田恵一];[中村卓史]1997年-1997年

LINK

講演・口頭発表等

Massive Graviton Geon in Bigravity Theory 

Kei-ichi Maeda

Fifteenth Marcel Grossmann Meeting MG15招待有り2018年07月

詳細

開催地:ローマ

Massive Graviton Geons and Dark Matter

Kei-ichi Maeda

Workshop on Frontiers in Gravitation, Astrophysics, and Cosmology (ICNFP 2018)2018年07月

詳細

開催地:クレタ

Metric-Affine gravity theory and acceleration of the Universe

Kei-ichi Maeda

5th Korea-Japan joint workshop on Dark Energy at KMI招待有り2018年08月

詳細

開催地:大田

Metric-Affine Gravity Theory and Inflation

Workshop on COSMOLOGY AND THE QUANTUM VACUUM招待有り2018年09月

詳細

開催地:ベナスケ

Inflation and Disformal Transformation

Kei-ichi Maeda

The 2017 Annual meeting of the Division of Gravitation and Relativistic Astrophysics of the Chinese Physical Society / The Fifth Galileo-Xu Guangqai Meeting招待有り2017年06月

詳細

開催地:成都

Inflation and Disformal Transformation

Kei-ichi Maeda

International Conference on Gravitation : Joint Conference of ICGACXIII and IK15招待有り2017年07月

詳細

開催地:ソウル

Matter coupling and the coincidence problem

Kei-ichi Maeda

4th Korea-Japan joint workshop on Dark Energy at KMI招待有り2017年08月

詳細

開催地:名古屋

Black Holes in the Universe from Higher Dimensions

Kei-ichi Maeda

Brinsop Meeting for Stephen Hawking招待有り2017年09月

詳細

開催地:ブリンソップ

The Use of Disformal Transformation

Kei-ichi Maeda

3rd Korea-Japan Workshop on Dark Energy招待有り2016年04月

詳細

開催地:大田

Chaotic dynamics of a classical string on AdS black hole spacetime

Kei-ichi Maeda

Black Hole New Horizons招待有り2016年05月

詳細

開催地:オアハカ

一般相対性理論と宇宙論

前田恵一

日本物理学会「秋季大会」大阪市大招待有り2015年09月

詳細

開催地:大阪

Relativistic Stars in Bigravity Theory

Kei-ichi MAEDA

2nd APTCP-TUS workshop on Dark Energy招待有り2015年08月

詳細

開催地:東京

The origin of scalar fields and their roles in cosmology

Kei-ichi MAEDA

Fourteenth Marcel Grossmann Meeting, University of Rome招待有り2015年07月

詳細

開催地:ローマ

Dark energy and dark matter in the ghost-free bigravity theory

Kei-ichi MAEDA

Fourteenth Marcel Grossmann Meeting, University of Rome招待有り2015年07月

詳細

開催地:ローマ

Black Hole Shadow

前田恵一

第24回ブラックホール地平面勉強会」研究会招待有り2014年10月

詳細

開催地:山口大学

Cosmology in bigravity theory

Kei-ichi MAEDA

The APCTP-TUS workshop on "Dark Energy"招待有り2014年06月

詳細

開催地:浦項

Time-dependent black holes from higher dimensions

Kei-ichi Maeda

KITPC workshop on Quantum Gravity, Black Holes and Strings招待有り2014年07月

詳細

開催地:北京

Gravitational lensing and black hole shadow

Kei-ichi Maeda

SYMPOSIUM ON GRAVITY AND LIGHT,招待有り2013年10月

詳細

開催地:Kavli IPMU, University of Tokyo

Dynamics of bigravity and general relativity

Kei-ichi Maeda

Les Rencontres du Vietnam Hot Topics in General Relativity and Gravitation招待有り2013年07月

詳細

開催地:Quy Nhon

Anisotropic universes in bigravity theory and homothetic metrics

Kei-ichi Maeda

Mini-workshop "Massive gravity and its cosmological implications招待有り2013年04月

詳細

開催地:Kavli IPMU, University of Tokyo

Inflation with Gauge Fields

Kei-ichi Maeda

Workshop Cosmology Montpellier12招待有り2012年10月

詳細

開催地:モンペリエ

Accelerating Universe in Effective String Theory

Kei-ichi Maeda

Accelerating Universe in Effective String Theory, Ginzburg Memorial Conference招待有り2012年05月

詳細

開催地:モスクワ

Field Redefinition and the Observed Universe

Kei-ichi Maeda

Workshop on Testing Gravity with Astrophysics and Cosmological Observations招待有り2012年01月

詳細

開催地:IPMU,Tokyo

Black holes in an expanding universe

Kei-ichi Maeda

BIRS workshop on Black Holes: New Horizons, 2011.11.23,招待有り2011年11月

詳細

開催地:バンフ

Anisotropic spacetime in Horava-Lifshitz gravity

Kei-ichi Maeda

Chinese conference on gravity and cosmology招待有り2011年08月

詳細

開催地:Shanxi

Time dependent black holes from higher dimensions

Kei-ichi Maeda

IPMU Workshop on Black Holes招待有り2011年02月

詳細

開催地:IPMU, Tokyo

Time-dependent Black Hole from Higher Dimensions

Kei-ichi Maeda

APCTP conference on Frontiers of Black Hole Physics招待有り2010年12月

詳細

開催地:浦項

Dimenional Reduction

Kei-ichi Maeda

The 20th Workshop on General Relativity and Gravitation in Japan - JGRG20招待有り2010年12月

詳細

開催地:京都

Black Holes in and from Higher Dimensions

前田恵一

高次元Black Hole研究最前線招待有り2009年12月

詳細

開催地:京都

Time-dependent Black Holes in Supergravity Theories

Kei-ichi Maeda

Black Holes VII, Theory and mathematical aspects招待有り2009年05月

詳細

開催地:バンフ

Cosmology and black holes in string theory

Kei-ichi Maeda

New topics in Modern Cosmology, Spontaneous Workshop II招待有り2009年05月

詳細

開催地:Cargese

Cosmology in Higher Dimensions

Kei-ichi Maeda

The 7th RESCEU International Symposium on Astroparticle Physics and Cosmology招待有り2008年11月

詳細

開催地:東京

Collision of Domain Walls and Creation of Matter in Brane World

Kei-ichi Maeda

Workshop on Frontiers of Black Hole Physics招待有り2007年06月

詳細

開催地:浦項

Collision of Domain Walls and Creation of Matter in Brane World

Kei-ichi Maeda

The 8-th ICGA on Gravitation and Astrophysics招待有り2007年08月

詳細

開催地:奈良

Collision of Domain Walls and Matter Creation in Brane World

Kei-ichi Maeda

International Workshop on String Theory and Cosmology招待有り2007年11月

詳細

開催地:北京

Black Holes in Superstring Theory

KIAS-YITP joint workshop on String phenomenology and cosmology

招待有り2007年09月

詳細

開催地:京都

Beyond the Einstein-Hilbert Action

Kei-ichi Maeda

The 6th INTERNATIONAL CONFERENCE on GRAVITATION & COSMOLOGY招待有り2007年12月

詳細

開催地:IUCAA, Pune

Collision of Thick Branes

Kei-ichi Maeda

Cambridge-Mitchell Texas Conference招待有り2006年08月

詳細

開催地:ケンブリッジ

Collision of domain walls and matter in brane-world

Kei-ichi Maeda

Brane-World and Gravity -- Progress and Problems招待有り2006年09月

詳細

開催地:ポーツマス

Collision of domain walls and brane world

Kei-ichi Maeda

Conference on High Energy, Cosmology and Strings招待有り2006年12月

詳細

開催地:パリ

Collision of domain walls and brane world

Kei-ichi Maeda

APCTP-TPI Meeting on Gravity, Cosmology, and Astrophysics招待有り2006年12月

詳細

開催地:アルバータ

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:ハイテク・リサーチ・センター整備事業

素粒子・宇宙実験用希ガス液体検出器の開発

1997年-2001年

研究種別:ハイテク・リサーチ・センター整備事業

複雑系の解明と新技術の開発

1997年-2001年

研究種別:新技術開発研究(2003年〜2004年は産学連携、2005年からは社会連携に種別名称変更)

複雑系の解明と新技術の開発

1999年-2003年

研究種別:

宇宙を舞台にした重力物理学の研究

2010年-0月-2013年-0月

配分額:¥4290000

研究種別:

ダークエネルギーと重力理論

配分額:¥4290000

研究種別:

ブレイン重力と宇宙論における基礎的諸問題の解明

配分額:¥3400000

研究種別:

ブレイン宇宙モデルに基づく相対論的宇宙物理学

配分額:¥2900000

研究種別:

相対論的力学系の物理と重力波天文学

配分額:¥3900000

研究種別:基盤研究(A)

高エネルギー天体現象の電波観測

2002年-2005年

研究分野:素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

配分額:¥48360000

研究種別:

一般相対論的宇宙現象の研究

配分額:¥14800000

研究種別:

5次元ディジタル信号処理によるパルサーサーベイと重力理論の検証

配分額:¥302000000

研究種別:

宇宙定数と宇宙の進化

配分額:¥6400000

研究種別:

素粒子的ブラックホールとその宇宙論的役割

配分額:¥2100000

研究種別:

一般相対論における非線型動的現象と重力波

配分額:¥2300000

研究種別:

一般相対論と重力波の理論的研究

配分額:¥6300000

研究種別:

一般相対論における非線型動的現象と重力波

配分額:¥1600000

研究種別:

宇宙項をふくむ系における物理的基礎プロセスと非一様時空のダイナミクス

配分額:¥2100000

研究種別:

一般相対論における非線型動的現象と重力波

配分額:¥1100000

研究種別:

非線型・非一様時空構造の創成・進化と数値的宇宙論

配分額:¥2400000

研究種別:一般研究(C)

力学系アトラクタ-としてのインフレ-ションと宇宙の一様・等方性

1988年-1989年

研究分野:核・宇宙線・素粒子

配分額:¥1800000

研究種別:基盤研究(C)

素粒子統一理論を基礎にした様々な重力理論の解析および宇宙論的検証

2013年04月-2016年03月

研究分野:素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

配分額:¥5070000

研究種別:基盤研究(C)(一般)

3つの系統的アプローチの有機的な組み合わせによる様々な重力理論の検証

2016年04月-2019年03月

配分額:¥4550000

研究種別:特別推進

高次元宇宙における重力理論と宇宙論

2008年-2009年

配分額:¥5000000

研究種別:二国間交流事業(日本・ポーツマス大学)

ブレイン重力と宇宙論

2005年-2007年

配分額:¥4849000

研究種別:

重力波物理学・天文学における重力理論研究の新展開

2017年-0月-2022年-0月

配分額:¥74490000

研究種別:

3つの系統的アプローチの有機的な組み合わせによる様々な重力理論の検証

2016年-0月-2019年-0月

配分額:¥4550000

研究種別:

素粒子統一理論を基礎にした様々な重力理論の解析および宇宙論的検証

2013年-0月-2016年-0月

配分額:¥5070000

研究種別:

大質量星の進化における重力崩壊型超新星の総合的研究

2012年-0月-2016年-0月

配分額:¥46410000

研究種別:

様々な相対論的重力現象解析に基づく重力の本質理解に向けて

2019年-0月-2022年-0月

配分額:¥4290000

研究資金の受入れ状況

提供機関:科学研究費助成事業(京都大学)・基礎物理学研究所制度名:新学術領域(研究領域提案型)

重力波物理学・天文学における重力理論研究の新展開2017年-2021年

分担

学内研究制度

特定課題研究

宇宙の構造形成問題の総合解析-その物理的素過程研究からのアプローチ

1995年度共同研究者:大場 一郎, 相沢 洋二, 大師堂 経明, 金長 正彦, 宮坂 朋宏

研究成果概要: 観測されている銀河や銀河団などの宇宙の大構造は現代科学における最も大きな謎の一つである。「COBEなどの観測衛星が明らかにした『凸凹のほとんどない宇宙初期』からいかに『現在の構造』ができたのか?」というのが『宇宙の構造形成問題... 観測されている銀河や銀河団などの宇宙の大構造は現代科学における最も大きな謎の一つである。「COBEなどの観測衛星が明らかにした『凸凹のほとんどない宇宙初期』からいかに『現在の構造』ができたのか?」というのが『宇宙の構造形成問題』である。一番自然なシナリオは,「宇宙初期の密度揺らぎが自己重力で成長し,構造が形成される」とする説であるが,現在の大規模構造を完全に説明するまでに至っていない。この標準的理論の修正版を含めこれまで多くの試みがなされているが,我々は,まったく新しい観点からのアプローチが必要と考える。つまり,宇宙の構造形成問題を物理の基礎的な問題ととらえ,関連する物理的素過程を明らかにしなければその本質が解明されないのではないかと考える。より具体的に述べると,宇宙の構造形成問題を系統的,かつ総合的に研究するには,まずその物理的素過程に立ち戻り,各方面からいろいろな可能性を考え直す必要があると思われる。その際,現在最も必要とされる分野は,揺らぎの起源としての位相欠陥や量子場の揺らぎなどを明らかにする素粒子理論,宇宙の大規模構造を考える際に欠かせない宇宙論や一般相対論,およびその観測的データの提供,さらに自己重力多体系の緩和現象や構造形成問題の新しいアプローチとしてのカオス理論などが考えられるが,早稲田大学にはちょうどこの3分野に第一線で活躍する研究者がおり,特定課題の共同研究を行うにふさわしい状況にあった。そこで,本研究では,次の3つの基礎物理学的観点から構造形成の本質的問題を探り,宇宙の構造形成問題解明に迫った。(1)宇宙初期の相転移・インフレーションを含む素粒子的アプローチ。(2)宇宙の非線形構造形成問題を一般相対論を基礎に考察。(3)自己重力多体系の構造形成問題を非線形物理学,特にカオス理論の観点から考える。 94年度は,まず構造形成問題の基礎過程と考えられる3つの各アプローチに対し,グループに分かれ研究を進めた。素粒子論的観点から量子トンネル現象の基礎的理解およびその宇宙の相転移にともなう位相欠陥,ミニブラックホール形成問題との関連を大場が,また曲がった時空における量子場の振舞いを確率過程量子化の方法を用い金長が,さらにそれに基づきインフレーション宇宙論における密度揺らぎの起源の問題を前田,大場,金長が解析した。また,もう一つの素過程のカオス的アプローチとして,自己重力多体系における構造形成問題を相沢が,より一般的な構造形成問題とカオス理論の関係を宮坂が考察した。その宇宙論へ応用に関しては,前田が加わり検討を行った。第3の宇宙スケールの構造形成に不可欠と考えられる非線形構造形成の一般相対論的アプローチに関しては前田が,また宇宙背景輻射や銀河分布などの現在の構造に関する観測的情報は大師堂が担当した。これらの研究において,大規模なシミュレーション計算は不可欠で,購入したワークステーションおよびスーパーコンピューターを併用し,研究を進めた。また,95年度は,前年度の研究成果を持ち寄り,各アプローチの相互検討を行った。その後はお互いの連絡を密にし,総合的観点から各アプローチを共同で解析し,どの素過程が最も構造形成問題において本質的かつ重要であるかを調べ,宇宙の構造形成問題解明の可能性を探った。

相対論的力学系としての連星パルサーと重力波

1996年度

研究成果概要: Hulse とTaylor の発見した連星パルサーによってその存在が明らかにされた重力波を直接観測しようと、LIGOを初めとする重力波干渉計の大型プロジェクトも着々と進み、21世紀初めには最初の重力波観測も夢ではなくなった。重力... Hulse とTaylor の発見した連星パルサーによってその存在が明らかにされた重力波を直接観測しようと、LIGOを初めとする重力波干渉計の大型プロジェクトも着々と進み、21世紀初めには最初の重力波観測も夢ではなくなった。重力波は従来の電磁波や新しい観測手段のニュートリノでは観測できない星の最終段階や宇宙初期などを見る第3の目として期待されている。もし、その重力波を使った天文学が現実のものとなれば、天文学的重要性に加えて、物理学の基本的な問題にまで迫りうる重力波天文学が可能になる。特に、連星パルサーの合体は重力波源としても有望で、そのテンプレート制作は重力波天文学の理論的最重要課題で、世界各地で研究が続いている。 ところで、天体を記述する天体力学に関しては、ニュートン重力理論を基礎にした研究が非常に活発で、先駆的なポアンカレによる三体問題の研究はもちろん、最近ではコンピュータを使ったより定量的な解析が進み、そのような力学系を非線形物理学の一つの分野として議論するようになってきている。一方、連星パルサーの合体などで重要となるアインシュタインの重力理論は、複雑な非線形偏微分方程式で重力場自身も非線形となるので、ニュートン理論では現れない新しいタイプの非線形現象も期待できるが、その研究はこれまでほとんどなされていない。そのような非線形現象、特にカオスなどは連星パルサーの運動に大きな影響を与え、上記の重力波テンプレート作りの重要な要素となる可能性がある。そこで、本研究では連星パルサーの合体などの相対論的天体力学を念頭に置き、相対論的力学系における非線形現象について詳細に調べ、それが重力波観測計画に与える影響について考察した。その結果、どのような状況で連星パルサーの合体などから放出される重力波において、カオスなどの非線形現象が重要となるのかを明らかにした。また、本研究により、重力系における非線形現象の重要性を明らかにし、相対論的宇宙物理学に相対論的力学系という新しい分野が開拓できたものと思う。

超ひも理論と時空の特異点

1997年度

研究成果概要: ビッグバン宇宙論によると宇宙の始まりは特異点ということになり、そこでは一般相対論は何らかの変更が余儀なくされる。インフレーション宇宙論は、宇宙初期の標準モデルになりつつあるが、特異点問題は解決されない。量子宇宙論がその可能性とし... ビッグバン宇宙論によると宇宙の始まりは特異点ということになり、そこでは一般相対論は何らかの変更が余儀なくされる。インフレーション宇宙論は、宇宙初期の標準モデルになりつつあるが、特異点問題は解決されない。量子宇宙論がその可能性として考えられるが、もう一つの鍵として素粒子の統一理論がある。統一理論としては、超ひも理論がもっとも有望ではあるが、その宇宙論的応用はまだ十分なものとはいえない。一方、ブラックホールにおいても、ホーキングが1973年にブラックホールの量子論的蒸発を示したが、その最終状態に関してはまだよくわかっていない。そこで、我々は、超ひも理論を基礎にした宇宙初期やブラックホールにおける特異点の振舞いに関し系統的な研究を行った。 超ひも理論では、高エネルギー極限で、通常のアインシュタイン理論とは異なる新しい量子的な効果として曲率高次の項が現れることが予想されている。そこで、我々はまず曲率2次の項として期待されるGauss-Bonnet 項が付加された場合の影響についてブラックホール及び初期宇宙論について特に特異点出現の観点から考察した。また、統一理論で現れるYang-Mills 場(非可換ゲージ場)を伴うブラックホールについても詳細に解析した。さらに宇宙項やディラトン(系に普遍的に現れるスカラー場)の影響についても考察を行った。その結果、これらの効果は必ずしも特異点回避には十分ではなく、特異点のタイプを変更するにとどまることを明らかにした。場の理論的取り扱いを超えたひも理論的な取り扱いの必要性を示唆している。

自己重力系の統計力学と宇宙の構造形成

2002年度

研究成果概要:本研究では,非線形物理学の観点から,重力多体系の動的性質について考察した.具体的には、次の二種類のモデルを詳しく解析した.1.まず背景時空は平坦な宇宙であるとして,その中で多くの一次元シートがニュートン重力によって相互作用を及ぼす...本研究では,非線形物理学の観点から,重力多体系の動的性質について考察した.具体的には、次の二種類のモデルを詳しく解析した.1.まず背景時空は平坦な宇宙であるとして,その中で多くの一次元シートがニュートン重力によって相互作用を及ぼすモデルを解析し,宇宙で観測されるフラクタル構造の起源をさぐった.このシートモデルは解が解析的に記述できるため,長時間の発展を追う事ができる.膨張入りのシートモデルで初期密度ゆらぎをフラクタル的にした場合には,十分に時間が経過した後に非線形なフラクタル構造が形成されるが,そのフラクタル次元は,初期ゆらぎのフラクタル次元によらずほぼ普遍的な次元0.9に収束することがわかった.この普遍性は重力の長距離相互作用を反映したものと考えられる.また,このフラクタル構造は相空間にも特徴を持つ.自己重力により形成された構造はその相空間では渦巻き状の構造をすることが簡単な解析からわかるが,初期にフラクタル的揺らぎをしていると,構造形成後にはその渦巻き構造が入れ子構造をしていることがわかった.この成果を用いると,実際の観測データの解析により密度揺らぎの起源を特定化できる可能性を与える点で注目に値する.2.もう一つのモデルとして,三次元重力の特徴を備えた簡単なモデルを考案した.三次元重力と同じ形の相互作用を及ぼしあう多くの粒子を一次元リングに拘束したモデル(リングモデル)で,このモデルでは特定のエネルギー範囲では比熱が負になり,粒子が密集したコア層の周囲に特異な振る舞いを示すハロー粒子が取り巻くという,三次元重力の特徴が現れる.重力の特徴を解析する上で,このリングモデルは少ない計算量で高い解像度を得る事ができ,フラクタル構造が形成されるかどうかを調べる場合にも有用と考えられる.このモデルを詳細に解析した結果,非ガウス的な速度分布や粒子分布のスケーリング則の起源がガス層とコア層を行き来するハロー粒子の存在にあることを明らかにした.以上の研究により,重力などの長距離相互作用が働く多体系における統計的性質の重要な一面(つまり,フラクタル構造やその次元及び非ガウス的分布など重力多体系において特有に現れる普遍的性質)が明らかにされた.

AdS/CFT対応におけるブラックホール時空とカオス

2017年度

研究成果概要:本研究では、AdS/CFT対応を研究する際に重要となる重力サイドの漸近的AdS時空のダイナミクスとして特に「AdS時空上におけるカオスなどの非線形動力学系」に着目し、漸近的AdSブラックホール時空における弦の振る舞いについて研究を...本研究では、AdS/CFT対応を研究する際に重要となる重力サイドの漸近的AdS時空のダイナミクスとして特に「AdS時空上におけるカオスなどの非線形動力学系」に着目し、漸近的AdSブラックホール時空における弦の振る舞いについて研究を遂行した。従来ほとんど議論されてきていないAdS時空におけるカオス力学系を研究することはAdS/CFT対応における研究の基礎の一つを与える。本研究遂行のために、重力物理学の権威であるGibbons教授と議論するために2017年9月にCambridge大学を訪問した。また、宇宙論・カオス力学系研究の第一人者であるBarrow教授と情報交換を行い、新しく共同研究をスタートした。

重力波天文学と重力理論の検証

2012年度

研究成果概要:1990年代半ばから始まった大型重力波望遠鏡建設計画は、米国のLIGO、欧州のVIRGOの観測開始,そして日本のKAGRA計画の実質的スタートにより本格的観測が可能な段階に突入し、重力波天文学は現実的なものになってきている。この重...1990年代半ばから始まった大型重力波望遠鏡建設計画は、米国のLIGO、欧州のVIRGOの観測開始,そして日本のKAGRA計画の実質的スタートにより本格的観測が可能な段階に突入し、重力波天文学は現実的なものになってきている。この重力波天文学の重要な目的としては,重力理論の検証,超高密度領域における新しい現象の探求,そして第3の目としての天文学である。一方、ビッグバン標準宇宙論の大成功にもかかわらず、宇宙論では「ダークエネルギー」という大きな謎が出現し、人類は新たな挑戦状を突きつけられている。宇宙の4分の3が宇宙膨張を加速させる未知のエネルギーで占められているという。その正体はまだ全くわかっていないが、一つの可能性として、宇宙規模のスケールでは一般相対性理論が変更を受け、それに代わる新しい重力理論により加速膨張を説明しようというアプローチが提案されている。このような状況においては、重力波天文学の目標の一つである「重力理論の検証」を相対論研究の立場からより真剣に考える必要がある。本研究では、申請者のこれまでの種々の重力理論研究の経験を生かし、そのような新しい重力理論に基づく重力波の研究を行う。その具体的方法および成果は以下の通りである。ダークエネルギーを説明する新しい重力理論としては、量子補正などから期待される曲率高次の項を現象論的に取り入れたf(R)重力理論、基礎方程式が2階微分方程式で表されるガリレオン重力理論、また一般相対性理論の代替理論として従来から研究されているBrans-Dicke 理論やスカラー・テンソル理論、ベクトル場を加えたアインシュタイン・エーテル理論やTeVeS理論、さらには、有限質量の重力子を考える有質量重力理論(massive gravity)や双重力理論(bi-gravity)など、非常に多くの重力理論が提唱されている。本研究では、重力波を用いてそれらの理論を判別する方法としてブラックホールのQuasi Normal Mode(QNM)解析を考える。一般相対性理論において従来から研究されている連星系の合体やそれに伴うブラックホール形成から放出される重力波は重力波天文学の重要なターゲットの一つであるが、その最終段階で放出されるQNM重力波はブラックホールの性質に大きく依存する。ところが重力理論が異なるとブラックホール解やその摂動方程式が異なり、QNM重力波観測が重力理論検証に決定的な役割を果たすと考えられる。そこで、様々な重力理論に基づくブラックホール解の探索とそのQNM解析を目指した。まずその準備段階として、ブラックホール解は必ずしも解析的に得られるとは限らないので、数値解でブラックホールが得られた場合のQNMを求める手法を開発した。また、近年特に注目されている双重力理論においては、質量ゼロの重力子とともに有限質量の重力子が現れ、それが観測的に大きな制限を与えることが予想される。この場合のブラックホールはSchwarzschildまたはSchwarzschild-de Sitter時空で記述されるが、その場合のQNMがどのように得られ、観測的にどのような制限が加わるかという問題に関しては、まだ最終的な結果が得られていなく、近い将来にその研究成果を発表する予定である。

重力波天文学に向けたbigravity理論における重力波研究

2014年度

研究成果概要:本特定課題研究では、現代宇宙論最大の謎であるダークエネルギー問題に関して、重力子に質量を持たせるmassive gravity 理論を拡張したbigravity理論を基礎に解析した。その中でも特に、第二の計量と結合する「双子物...本特定課題研究では、現代宇宙論最大の謎であるダークエネルギー問題に関して、重力子に質量を持たせるmassive gravity 理論を拡張したbigravity理論を基礎に解析した。その中でも特に、第二の計量と結合する「双子物質」に着目し、我々の宇宙のダークマターとして振る舞う可能性を精査し、ダークマターの3つの必要条件(銀河の回転曲線、構造形成問題、宇宙の構成要素)すべてを満たすことが出来ることを示した。タイトルにあるbigravity理論における重力波に関しては,現在研究が進行中である。

AdS/CFT対応に基づく物理学の基礎的問題へのアプローチ

2015年度

研究成果概要:本研究では、AdS/CFT対応を研究する際に重要となる重力サイドの漸近的AdS時空のダイナミクスに特化して研究を遂行した。従来の時空のダイナミクスとは異なる新しい展開が期待できるものとして「AdS時空上におけるカオスなどの非線形現...本研究では、AdS/CFT対応を研究する際に重要となる重力サイドの漸近的AdS時空のダイナミクスに特化して研究を遂行した。従来の時空のダイナミクスとは異なる新しい展開が期待できるものとして「AdS時空上におけるカオスなどの非線形現象」があるが、本研究では、Schwarzschild AdS 時空に於ける弦の運動について解析を行い、 winding数が異なる場合には非可積分になり、特に質量が臨界値を越えると強いカオス性を示すことを明らかにした。これらの成果は学術論文として準備中である

AdS/CFT対応の基礎としてのブラックホール動力学

2016年度

研究成果概要:昨年度に引き続き、本年度も、AdS/CFT対応研究に重要な漸近的AdS時空のダイナミクスの研究を行った。本研究では、特に「AdS時空上におけるカオスなどの非線形現象」に着目し研究を遂行した。SchwarzschildAdS&nbs...昨年度に引き続き、本年度も、AdS/CFT対応研究に重要な漸近的AdS時空のダイナミクスの研究を行った。本研究では、特に「AdS時空上におけるカオスなどの非線形現象」に着目し研究を遂行した。SchwarzschildAdS 時空に於ける弦の運動について解析を行い、 winding数が異なる場合には非可積分になり、特に質量が臨界値を越えると強いカオス性を示すことを明らかにした。さらにその量子系における解析を行い、可積分系と非可積分系における準位間隔分布の差について解析を行い、弦の量子論における基礎的問題を提起している。

相対論的重力系における重力波と修正重力理論の研究

2018年度

研究成果概要:2015年9月の重力波の発見により本格的に始まった重力波天文学においては、相対論的力学系からの重力波の理論的な解析が重要な役割を担っている。本研究では階層的三体系における重力波について解析を行った。階層的三体系はより近くを回る連星...2015年9月の重力波の発見により本格的に始まった重力波天文学においては、相対論的力学系からの重力波の理論的な解析が重要な役割を担っている。本研究では階層的三体系における重力波について解析を行った。階層的三体系はより近くを回る連星(内連星)と第3の天体が連星系(外連星)をなす系である。その系に特徴的な古在・リドフ振動は、内連星および外連星のそれぞれの回転面のなす角と内連星の離心率の間の振動である。本研究では、離心率が大きくなったときにより多くの重力波を放出し、近星点移動の累積変化曲線が大きく曲がることを明らかにした。この変化が観測されれば、一般相対性理論のさらなる検証を与えることになる。

海外研究活動

研究課題名: 宇宙のダークエネルギーと重力理論

2012年04月-2013年03月

機関: APC 研究所(フランス)、ケンブリッジ大学(イギリス)、オークランド大学、カンタベリー大学(ニュージーランド)

研究課題名: 重力物理学と宇宙論の最重要課題に関する研究

2006年03月-2006年09月

機関: バルセロナ大学(スペイン)、ケンブリッジ大学、ポーツマス大学(イギリス)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
天体物理学II(西早稲田)教育学部2019春学期
基礎物理学A 外国学生基幹理工学部2019春学期
基礎物理学A 外国学生創造理工学部2019春学期
物理入門 (応物)先進理工学部2019春学期
物理入門 (物理)先進理工学部2019春学期
物理入門 (応物) 【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019春学期
物理入門 (物理) 【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019春学期
場の数理先進理工学部2019秋学期
場の数理先進理工学部2019秋学期
場の数理  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019秋学期
場の数理  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019秋学期
量子力学A (応物)先進理工学部2019秋学期
量子力学A (物理)先進理工学部2019秋学期
量子力学A (応物) 【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019秋学期
量子力学A (物理) 【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019秋学期
物理学演習先進理工学部2019通年
物理学演習A先進理工学部2019通年
物理学演習  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019通年
物理学演習A  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019通年
応用物理学実験B先進理工学部2019通年
物理実験B先進理工学部2019通年
応用物理学実験B 【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019通年
物理実験B  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019通年
卒業研究先進理工学部2019通年
卒業研究【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019通年
宇宙物理学先進理工学部2019春学期
宇宙物理学先進理工学部2019春学期
連続体の物理先進理工学部2019春学期
連続体の物理先進理工学部2019春学期
連続体の物理  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019春学期
連続体の物理  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019春学期
相対性理論先進理工学部2019春学期
相対性理論先進理工学部2019春学期
相対性理論  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019春学期
相対性理論  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019春学期
卒業研究先進理工学部2019通年
卒業研究  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019通年
Graduation Thesis A (Physics)先進理工学部2019秋学期
Graduation Thesis A (Physics) [S Grade]先進理工学部2019秋学期
Graduation Thesis A (Applied Physics)先進理工学部2019秋学期
Graduation Thesis A (Applied Physics) [S Grade]先進理工学部2019秋学期
Graduation Thesis B (Physics)先進理工学部2019春学期
Graduation Thesis B (Physics) [S Grade]先進理工学部2019春学期
Graduation Thesis B (Applied Physics)先進理工学部2019春学期
Graduation Thesis B (Applied Physics) [S Grade]先進理工学部2019春学期
Relativity先進理工学部2019秋学期
Current Topics in Physics先進理工学部2019秋学期
Current Topics in Physics先進理工学部2019秋学期
Current Topics in Physics先進理工学部2019秋学期
Current Topics in Physics [S Grade]先進理工学部2019秋学期
修士論文(物理応物)大学院先進理工学研究科2019通年
Research on Theoretical Astrophysics and Cosmology大学院先進理工学研究科2019通年
理論宇宙物理学研究大学院先進理工学研究科2019通年
Advanced Cosmology大学院先進理工学研究科2019春クォーター
宇宙論特論大学院先進理工学研究科2019春クォーター
宇宙物理学大学院先進理工学研究科2019春学期
Seminar on Gravitational Physics A大学院先進理工学研究科2019春学期
重力物理学演習A大学院先進理工学研究科2019春学期
Seminar on Gravitational Physics B大学院先進理工学研究科2019秋学期
重力物理学演習B大学院先進理工学研究科2019秋学期
Master's Thesis (Department of Pure and Applied Physics)大学院先進理工学研究科2019通年
理論宇宙物理学研究大学院先進理工学研究科2019通年
物理学及応用物理学海外特別演習A大学院先進理工学研究科2019通年
物理学及応用物理学海外特別演習B大学院先進理工学研究科2019通年
物理学及応用物理学海外特別演習C大学院先進理工学研究科2019通年
物理学及応用物理学海外特別演習D大学院先進理工学研究科2019通年