氏名

ヒラヤマ クニアキ

平山 邦明

職名

准教授

所属

(スポーツ科学部)

連絡先

URL等

研究者番号
20610447

本属以外の学内所属

学内研究所等

スポーツ科学研究センター

運営委員 2018年-2020年

学歴・学位

学歴

2002年-2006年 早稲田大学 人間科学部 スポーツ科学科
2006年-2011年 早稲田大学 大学院スポーツ科学研究科

学位

博士(スポーツ科学) 課程 早稲田大学 スポーツ科学

経歴

2011年04月-2013年03月日本スポーツ振興センター国立スポーツ科学センタースポーツ科学研究部契約研究員
2013年04月-2016年03月早稲田大学スポーツ科学学術院講師(任期付)
2016年04月-2018年03月早稲田大学スポーツ科学学術院准教授(任期付)

所属学協会

日本体育学会

東京体育学会

日本バイオメカニクス学会

日本トレーニング科学会

日本体力医学会

日本臨床スポーツ医学会

委員歴・役員歴(学外)

2011年-日本ウエイトリフティング協会スポーツ医科学委員会委員
2015年-日本ウエイトリフティング協会スポーツ医科学委員会トレーナー部会部会員
2015年-NSCAジャパン指導者育成委員会

受賞

第27回日本トレーニング科学会大会実行委員会特別賞(共同研究者)

2014年11月

その他基本情報

2019年10月

Review editor for Frontiers in Physiology

2019年10月

Review editor for Frontiers in Sports and Active Living

研究分野

キーワード

トレーニング科学、コンディショニング

科研費分類

複合領域 / 健康・スポーツ科学 / スポーツ科学

研究テーマ履歴

2020年07月-Rate of Force Developmentの個人差とトレーニング方法

国内共同研究

2019年04月-パワー特性に着目したスプリント走のためのトレーニング方法

機関内共同研究

2017年04月-オリンピックリフティングを用いたトレーニングの効果

機関内共同研究

2014年04月-プライオメトリックトレーニングのメカニズムと応用

機関内共同研究

論文

Comparison of the Power Output between the Hang Power Clean and Hang High Pull Across a Wide Range of Loads in Weightlifters

Seiichiro Takei, Kuniaki Hirayama, Junichi Okada

Journal of Strength and Conditioning Research (in press)査読有り

Is the optimal load for maximal power output during hang power cleans sub-maximal?

Seiichiro Takei, Kuniaki Hirayama, Junichi Okada

International Journal of Sports Physiology and Performance査読有り15(1)p.18 - 242020年01月-

PubMedDOIScopusWoS

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

オリンピックリフティングを用いた 爆発的な脚伸展能力の強化の可能性

平山邦明

Strength & Conditioning Journal (Japan)招待有り26(9)p.2 - 92019年11月-

Effect of Accommodating Elastic Bands on Mechanical Power Output during Back Squats

Kubo Takafumi, Kunaiki Hirayama, Nobuhiro Nakamura, Mitsuru Higuchi

Sports (Basel)査読有り6(4)2018年11月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:2075-4663

Influence of Different Loads on Force-Time Characteristics during Back Squats

Takafumi Kubo, Kuniaki Hirayama, Nobuhiro Nakamura, Mitsuru Higuchi

Journal of Sports Science and Medicine査読有り17(4)p.617 - 6222018年11月-

ScopusWoS

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:1303-2968

Transversus abdominis elasticity during various exercises: a shear wave ultrasound elastography study

Kuniaki Hirayama, Ryota Akagi, Yuki Moniwa, Junichi Okada, Hideyuki Takahashi

International Journal of Sports Physical Therapy査読有り12(4)p.601 - 6062017年08月-

PubMedWoS

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:2159-2896

Effect of knee alignment on the quadriceps femoris muscularity: Cross-sectional comparison of trained versus untrained individuals in both sexes

Ema, Ryoichi; Ema, Ryoichi; Wakahara, Taku; Hirayama, Kuniaki; Kawakami, Yasuo

PLoS ONE査読有り12(8)p.e01831482017年08月-2017年08月 

DOIScopusWoS

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:© 2017 Ema et al. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source are credited. Knee alignment is suggested to be a factor affecting each quadriceps femoris muscle size, and knee alignment such as Q-angle differs between men and women. Also, training can induce inhomogeneous hypertrophy among the quadriceps femoris, thereby leading to different component characteristics of the muscles. If Q-angle is a major determinant of the quadriceps femoris muscularity, it is hypothesized that the sex-related difference in the quadriceps femoris muscularity, if any, is further highlighted in trained individuals, being associated with Q-angle. We tested this hypothesis. Magnetic resonance images of the right thigh were obtained from 26 varsity rowers as trained subjects (13 for each sex) and 34 untrained individuals as controls (17 for each sex). From the images, muscle volume of each constituent of the quadriceps femoris (vastus lateralis, VL; medialis, VM; intermedius; rectus femoris) was determined. The Q-angle was measured during quiet bilateral standing with hand support as needed. Percent volume of VM to the total quadriceps femoris was greater in female rowers than male rowers and female controls, and that of VL was greater in male rowers than male controls. There were no correlations between Q-angle and percent muscle volume in any muscles regardless of rowing experience or sex. The current study revealed that well-trained rowers have sex-related quadriceps femoris muscularity but no significant correlations between percent muscle volume in any muscles and Q-angle. Our findings suggest that Q-angle is not a major determinant of the quadriceps femoris muscularity in either well-trained or untrained individuals.

Effects of 8 Weeks' Training on Systemic and Muscle Oxygen Dynamics in University Rugby Players

Shun Takagi, Ryotaro Kime, Masatsugu Niwayama, Kuniaki Hirayama, Shizuo Sakamoto

Advances in Experimental Medicine and Biology査読有り977p.43 - 492017年07月-

ScopusWoS

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

スクワットエクササイズ(特集)

平山邦明

Strength & Conditioning Journal(NSCAジャパン機関紙)招待有り24(6)p.12 - 132017年07月-

Plyometric training favors optimizing muscle–tendon behavior during depth jumping

Kuniaki Hirayama, Soichiro Iwanuma, Naoki Ikeda, Ayumi Yoshikawa, Ryoichi Ema and Yasuo Kawakami

Frontiers in Physiology査読有り8(16)p.1 - 92017年01月-2017年01月 

DOIlinkScopusWoS

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:1664-042X

概要:© 2017 Hirayama, Iwanuma, Ikeda, Yoshikawa, Ema and Kawakami.The purpose of the present study was to elucidate how plyometric training improves stretch-shortening cycle (SSC) exercise performance in terms of muscle strength, tendon stiffness, and muscle-tendon behavior during SSC exercise. Eleven men were assigned to a training group and ten to a control group. Subjects in the training group performed depth jumps (DJ) using only the ankle joint for 12 weeks. Before and after the period, we observed reaction forces at foot, muscle-tendon behavior of the gastrocnemius, and electromyographic activities of the triceps surae and tibialis anterior during DJ. Maximal static plantar flexion strength and Achilles tendon stiffness were also determined. In the training group, maximal strength remained unchanged while tendon stiffness increased. The force impulse of DJ increased, with a shorter contact time and larger reaction force over the latter half of braking and initial half of propulsion phases. In the latter half of braking phase, the average electromyographic activity (mEMG) increased in the triceps surae and decreased in tibialis anterior, while fascicle behavior of the gastrocnemius remained unchanged. In the initial half of propulsion, mEMG of triceps surae and shortening velocity of gastrocnemius fascicle decreased, while shortening velocity of the tendon increased. These results suggest that the following mechanisms play an important role in improving SSC exercise performance through plyometric training: (1) optimization of muscle-tendon behavior of the agonists, associated with alteration in the neuromuscular activity during SSC exercise and increase in tendon stiffness and (2) decrease in the neuromuscular activity of antagonists during a counter movement.

Shear Modulus of the Lower Leg Muscles in Patients with Medial Tibial Stress Syndrome

Kei Akiyama, Ryota Akagi, Kuniaki Hirayama, Norikazu Hirose, Hideyuki Takahashi, Toru Fukubayashi

Ultrasound in Medicine and Biology査読有り42(8)p.1779 - 17832016年06月-

DOIScopusWoS

詳細

ISSN:03015629

概要:© 2016 World Federation for Ultrasound in Medicine & Biology. This study aimed to investigate the in vivo kinematics of shear modulus of the lower leg muscles in patients with medial tibial stress syndrome (MTSS). The study population included 46 limbs with MTSS and 40 healthy limbs. The shear modulus of the medial head of the gastrocnemius, lateral head of the gastrocnemius, soleus, peroneus longus and tibialis anterior muscles were measured using shear wave ultrasound elastography. As a result, the shear modulus of the lower leg muscles was significantly greater in patients with MTSS than in healthy patients (p < 0.01). Based on the differences in shear modulus of lower leg muscles between the patients with MTSS and healthy patients, the measurements obtained via shear wave ultrasound elastography could be used to evaluate risk factors of MTSS.

Reliability of ultrasound elastography for the quantification of transversus abdominis elasticity

Kuniaki Hirayama, Ryota Akagi, Hideyuki Takahashi

Acta Radiologica Open査読有り4(9)p.20584601156034202015年09月-

DOIWoS

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Relationship of pectoralis major muscle size with bench press and bench throw performances

Ryota Akagi, Yukihiro Tohdoh, Kuniaki Hirayama, Yuji Kobayashi

Journal of Strength and Conditioning Research査読有り28(6)p.1778 - 17822014年06月-

DOIScopusWoS

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Acute Effects of an Ascending Intensity Squat Protocol on Vertical Jump Performance

Kuniaki Hirayama

Journal of Strength and Conditioning Research査読有り28(5)p.1284 - 12882014年05月-

DOIScopusWoS

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Lumbar Intervertebral Disc Degeneration in Collegiate Rowers

Chie Sekine, Kuniaki Hirayama, Osamu Yanagisawa, Yu Okubo, Mika Hangai, Atsushi Imai, Koji Kaneoka

The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine査読有り3(5)p.525 - 5302014年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Neural modulation of muscle-tendon control strategy after a single practice session

Kuniaki Hirayama, Toshimasa Yanai, Hiroaki Kanehisa, Tetsuo Fukunaga, Yasuo Kawakami

Medicine and Science in Sports and Exercise査読有り44(8)p.1512 - 15182012年08月-

DOIScopusWoS

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

腱スティフネス,筋力および筋活動が反動動作による機械的仕事量増強の個人差に与える影響

平山 邦明, 杉崎 範英, 加藤 えみか, 金久 博昭, 福永 哲夫, 川上 泰雄

体育学研究査読有り55(1)p.33 - 432010年-2010年

DOICiNii

詳細

ISSN:0484-6710

概要:The purpose of the present study was to examine the influence of tendon elasticity, muscle strength and muscle activities on the amount of mechanical work enhancement associated with a counter movement. Twenty-one athletes performed a unilateral maximal jump using only the ankle joint with (CMJ) and without (no-CMJ) a counter movement on a sledge apparatus. Mechanical work done by the ankle joint was calculated from the ground reaction force and ankle joint kinematic parameters, and the difference between CMJ and no-CMJ conditions (ΔWork) was determined. During the exercise, electromyographic (EMG) activities were recorded from the triceps surae muscles. The maximal isometric plantar flexion torque and Achilles tendon stiffness were also determined using a torque meter and ultrasonogram. No significant correlation was found between ΔWork and either tendon stiffness or the maximal torque. In addition, neither the difference between CMJ and no-CMJ in iEMG nor mEMG was correlated with ΔWork. On the other hand, ΔWork was significantly correlated with the integrated EMG during the braking phase (r=0.52, p<0.05) and both the integrated (r=0.55, p<0.01) and mean (r=0.53, p<0.05) EMG during the push-off phase of CMJ. These results suggest that individual differences in ΔWork are influenced not by differences in the mechanical properties of the muscle-tendon unit, but by the individuality of muscle activities during CMJ.

測定データをどう応用するか−トレーニングへの応用−(特集)

平山邦明

トレーニング科学21(1)p.6 - 102009年-

詳細

掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

書籍等出版物

NSCA高校生のための体力トレーニングマニュアル(第8章 測定と評価)

平山邦明(NSCAジャパン編著,福永哲夫監修)(共著)

ベースボールマガジン社2018年 12月-

詳細

単行本(一般書)総ページ数:207担当ページ数:pp. 173-192ISBN:978-4-583-11115-5 C2075

アスレティックケア―リハビリテーションとコンディショニング―(第2章コンディショニングの基礎知識)

平山邦明・広瀬統一(小山貴之 編著)(共著)

NAP2016年 05月-

詳細

単行本(学術書)担当ページ数:10-19ISBN:978-4-905168-43-0

早稲田アスリートプログラム 大学でスポーツをするということ(Section6 アスリートの生活管理, コンディショニング・トレーニングの実際)

平山邦明(早稲田大学競技スポーツセンター編)(共著)

ブックウェイ2016年 05月-

詳細

ISBN:978-4865840803

Sports Performance (Chapter 16 Jump Performance Enhancement Induced by Countermovement)

Kuniaki Hirayama (Kanosue Kazuyuki, Nagami Tomoyuki, Tsuchiya Jun (Eds.) )(共著)

Springer Japan2015年 08月-

詳細

担当ページ数:187-198

競技種目特性からみたリハビリテーションとリコンディショニング—リスクマネジメントに基づいたアプローチ(Ⅰ.総説2.種目特性のとらえ方①筋力・体力からみた競技特性)

平山邦明(福林徹・小林寛和 監修、山本利春 編)

文光堂2014年-

NSCAパーソナルトレーナーのための基礎知識(第2版)(13章レジスタンストレーニングのエクササイズテクニック、15章レジスタンストレーニングのプログラムデザイン)

平山邦明 翻訳校正(森谷敏夫 日本語総監修、岡田純一 監修)

特定非営利活動法人NSCAジャパン2013年-

運動解剖学で図解するシニア向け筋力トレーニングパーフェクトマニュアル(理論編)

平山邦明(中村千秋 監修)

2012年-

ローイングの健康スポーツ科学(第10章ローイング愛好者のためのコンディショニング・トレーニング)

平山邦明・金岡恒治(樋口満 編著)

市村出版2011年-

スポーツコンディショニング—パフォーマンスを高めるために—(5章爆発的パワー、10章持久力と有酸素能力、11章スポーツに特有のスキルとコンディショニングの連結、13章ピリオダイゼーションプログラムの作成)

平山邦明・中村千秋 訳(中村千秋、有賀雅史、山口英裕 監訳)

大修館書店2010年-

講演・口頭発表等

プライオメトリックスの基礎理論

平山邦明

ストレングス&コンディショニングカンファレンス2017(NSCAジャパン)招待有り2017年12月09日

詳細

国内会議講義等

若手研究者のためのミニレクチャー「ダンサーとトレーニング」

平山邦明

第7回日本ダンス医科学研究会(日本ダンス医科学研究会)招待有り2016年03月06日

詳細

国内会議講義等

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:基盤研究(C)

オリンピックリフティングは脚伸展動作の力-速度関係をどう変えるか?

2017年-2019年

研究分野:スポーツ科学

配分額:¥4680000

研究種別:

超音波エラストグラフィ法による筋活動評価に基づく体幹深層筋群強化プログラムの構築

2013年-0月-2016年-0月

配分額:¥4160000

研究種別:基盤研究(B)

筋肉痛の発生機序と部位特異性:筋肉痛を抑えながら筋力増強効果を高めるトレーニング

2009年-2011年

研究分野:身体教育学

配分額:¥17680000

研究種別:

オリンピックリフティングは脚伸展動作の力-速度関係をどう変えるか?

2017年-0月-2020年-0月

配分額:¥4680000

研究資金の受入れ状況

提供機関:公益財団法人ヤマハ発動機スポーツ振興財団制度名:スポーツチャレンジ研究助成実施形態:研究助成金

プライオメトリックトレーニングによるパワー発揮能力向上のメカニズムの解明2014年04月-2015年03月

代表

学内研究制度

特定課題研究

反動を伴う跳躍に対する練習・トレーニングの効果とそのメカニズム

2013年度

研究成果概要: 反動を伴わない運動に比べ、反動を伴う運動ではより高い運動パフォーマンス(例:ジャンプ高)が発揮されること(反動効果)が広く知られている。反動効果のメカニズムは複数あり、運動様式や運動強度などによって貢献度が異なることが報告されて... 反動を伴わない運動に比べ、反動を伴う運動ではより高い運動パフォーマンス(例:ジャンプ高)が発揮されること(反動効果)が広く知られている。反動効果のメカニズムは複数あり、運動様式や運動強度などによって貢献度が異なることが報告されている。これまでに、地面に接した状態から抜重することで比較的低い強度の反動をつけておこなうジャンプについては、筋活動のタイミングが変化し腱のバネ作用がより強調されることでジャンプパフォーマンスが改善されることが明らかにされている。一方、ある高さから落下し、その勢いを反動にする強度の高い反動運動においては、練習効果のメカニズムが異なる可能性がある。そこで本研究では、ドロップジャンプを対象に、1セッションの練習効果のメカニズムを神経筋活動等の観点から明らかにすることを目的とした。 被験者に十分なウォーミングアップを行わせた後、最大等尺性底屈トルク発揮および足関節のみを用いたドロップジャンプを行わせ、床反力の力積、足関節角度、下腿各筋の神経筋活動を定量した(事前測定)。同様の測定を15分の安静を挟んでもう一度行った後(中間測定)、ドロップジャンプを10回×3セット練習させ、引き続き事前測定と同様の測定(事後測定)を行った。 一部の被験者のデータに欠損が生じたため、統計処理を行うまでに至っていないが、ジャンプパフォーマンスの指標とした力積は概ね増加していた。このとき、最大等尺性底屈トルクには変化がなかったことから、力積の増加はウォームアップ等の効果ではなく、練習効果によるものであると考えられた。床反力の最大値は、ほとんどの被験者で増加が見られた。背屈・底屈可動域には大きな変化がなかったものの、背屈(ブレーキ)動作の速度は遅くなり、底屈(推進)動作の速度は速くなる傾向にあった。主働筋である下腿三頭筋の背屈動作時の神経筋活動は、いずれの被験者でも増加していた。一方、底屈局面においては、個人差が大きく、平均値としてはほとんど変化が見られなかった。背屈動作中の神経筋活動の増加が、背屈動作中の床反力の増加をもたらし、力積の増加に寄与したと考えられる。また、背屈動作中の力発揮の結果生じる最大床反力の増加は、底屈動作中の力積の増加に寄与した可能性が高い。今後、追加実験や詳細な分析を行い、明確な結論を得ていく予定である。

プライオメトリックトレーニングによる跳躍パフォーマンス向上のメカニズム解明

2014年度

研究成果概要:反動動作を伴う運動(例:ドロップジャンプ)を用いたプライオメトリックトレーニングが、筋力トレーニングよりも反動動作を伴う運動のパフォーマンスを向上させることが報告されている。この理由として、「身体は課せられた刺激に対して特異的に適...反動動作を伴う運動(例:ドロップジャンプ)を用いたプライオメトリックトレーニングが、筋力トレーニングよりも反動動作を伴う運動のパフォーマンスを向上させることが報告されている。この理由として、「身体は課せられた刺激に対して特異的に適応する」という特異性の原理が挙げられているが、その具体的メカニズムは明らかにされていない。本研究では、プライオメトリックトレーニングがドロップジャンプパフォーマンスを向上させるメカニズムについて、筋腱動態および筋腱の機能特性に着目して検討した。その結果、筋腱動態と筋腱の機能特性の両方が変化することでジャンプパフォーマンスが向上していることが明らかとなった。

超音波エラストグラフィ法による筋活動評価に基づく体幹深層筋群強化プログラムの構築

2015年度

研究成果概要:体幹の深層に位置する腹横筋は、その解剖学的特性などから、脊柱のアライメントコントロールに寄与すると考えられている。我々は、これまでに腹横筋が特に活動すると思われるエクササイズを特定しており、そのエクササイズを用いて連続ホッピングの...体幹の深層に位置する腹横筋は、その解剖学的特性などから、脊柱のアライメントコントロールに寄与すると考えられている。我々は、これまでに腹横筋が特に活動すると思われるエクササイズを特定しており、そのエクササイズを用いて連続ホッピングのパフォーマンスがいかに変化するか検討した。その結果、予想に反してパフォーマンスに変化はみられなかった。現在は、その原因について検討している段階であり、結果がまとまり次第、発表を行う予定である。

オリンピックリフティングで発揮されるパワー特性の解明

2017年度

研究成果概要: 本研究では、バーベルを地面から浮かせた状態から加速させた後、クォータースクワット姿勢でキャッチするハングハイクリーンの特性を明らかにすることを目的とした。この目的を達成するため、1) ハングハイクリーンで最もパワーが発揮される負... 本研究では、バーベルを地面から浮かせた状態から加速させた後、クォータースクワット姿勢でキャッチするハングハイクリーンの特性を明らかにすることを目的とした。この目的を達成するため、1) ハングハイクリーンで最もパワーが発揮される負荷の検討、2) ハングハイクリーンとハングハイプルのパワー発揮特性の比較、3) ハングハイクリーンを開始する高さがパワー発揮に与える影響の検討を行った。 現在までに、1) および2) は8名の被験者について実験を行い、3) については5名について実験を行った。今後、被験者数を増やす共に、より詳細な分析を進め学会および論文にて発表する予定である。

ハングパワークリーンにおける最大パワー出現負荷とその要因

2019年度共同研究者:武井誠一郎, 岡田純一

研究成果概要:Purpose: The optimal load for maximal power output during hang power cleans (HPCs) from a mechanical perspective is...Purpose: The optimal load for maximal power output during hang power cleans (HPCs) from a mechanical perspective is the 1-repetition-maximum (1RM) load; however, previous research has reported otherwise. The present study thus aimed to investigate the underlying factors that determine optimal load during HPCs. Methods: Eight competitive Olympic weight lifters performed HPCs at 40%, 60%, 70%, 80%, 90%, 95%, and 100% of their 1RM while the ground-reaction force and bar/body kinematics were simultaneously recorded. The success criterion during HPC was set above parallel squat at the receiving position. Results: Both peak power and relative peak power were maximized at 80% 1RM (3975.7 [439.1] W, 50.4 [6.6] W/kg, respectively). Peak force, force at peak power, and relative values tended to increase with heavier loads (P < .001), while peak system velocity and system velocity at peak power decreased significantly above 80% 1RM (P = .005 and .011, respectively). There were also significant decreases in peak bar velocity (P < .001) and bar displacement (P < .001) toward heavier loads. There was a strong positive correlation between peak bar velocity and bar displacement in 7 of 8 subjects (r > .90, P < .01). The knee joint angle at the receiving position fell below the quarter-squat position above 70% 1RM. Conclusions: Submaximal loads were indeed optimal for maximal power output for HPC when the success criterion was set above the parallel-squat position. However, when the success criterion was defined as the quarter-squat position, the optimal load became the 1RM load.

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
演習I(コンディショニング・トレーニング)スポーツ科学部2020秋学期
演習II(コンディショニング・トレーニング)スポーツ科学部2020春学期
演習III(コンディショニング・トレーニング)スポーツ科学部2020秋学期
演習IV(コンディショニング・トレーニング)スポーツ科学部2020春学期
トレーナー実習スポーツ科学部2020春学期
トレーナー基礎演習スポーツ科学部2020春学期
コンディショニング指導実習スポーツ科学部2020秋学期
救急処置法スポーツ科学部2020春学期
スポーツコーチング概論スポーツ科学部2020春学期
コンディショニングデザイン論スポーツ科学部2020春学期
コンディショニング実習 05スポーツ科学部2020秋学期
アスレティックパフォーマンス研究指導A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
アスレティックパフォーマンス研究指導B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
アスレティックパフォーマンス演習(1)A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
アスレティックパフォーマンス演習(1)B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
アスレティックパフォーマンス演習(2)A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
アスレティックパフォーマンス演習(2)B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
コンディショニングデザイン特論大学院スポーツ科学研究科2020秋クォーター

社会貢献活動

レジスタンスエクササイズの指導法とその根拠

役割:講師2019年03月-

主催者・媒体名:NSCAジャパン

イベント・番組・雑誌名:地域ディレクターセミナー【南関東】

場所・掲載箇所:千葉県流山市

詳細

種別:セミナー・ワークショップ対象:その他

2017 IWF Junior World Championships (Official Medical Team)

役割:運営参加・支援2017年06月-

主催者・媒体名:International Weightlifting Federation

場所・掲載箇所:Ota, Tokyo

詳細

種別:その他

第5回アスレティックトレーニング学会学術集会実行委員会総務担当委員(広報)

役割:運営参加・支援2016年02月-

主催者・媒体名:アスレティックトレーニング学会

詳細

種別:その他対象:研究者

模擬講義「筋トレの科学」

役割:講師2014年10月-

主催者・媒体名:品川女子学院高等学校

場所・掲載箇所:東京都品川区

詳細

種別:出前授業対象:高校生

平成26年度第1回スポーツセミナー「スポーツにおけるコンディショニングとトレーニング」

役割:講師2014年07月-

主催者・媒体名:群馬県生活文化スポーツ部スポーツ振興センター

詳細

種別:セミナー・ワークショップ