氏名

マツオカ ヒロタカ

松岡 宏高

職名

教授

所属

(スポーツ科学部)

連絡先

住所・電話番号・fax番号

住所
〒202-0021西東京市 東伏見3−4−1 早稲田大学79号館 705号室
電話番号
042-451-1015
fax番号
042-451-1051

URL等

研究者番号
10367914

本属以外の学内所属

兼担

スポーツ科学学術院(大学院スポーツ科学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

スポーツ科学研究センター

運営委員 2016年-2018年

スポーツナレッジ研究所

研究所員 2016年-

スポーツ科学研究センター

運営委員 2018年-2020年

学歴・学位

学歴

-1993年 京都教育大学 教育学部 体育学科
-1995年 大阪体育大学 体育学研究科 生涯スポーツ学
-2001年 オハイオ州立大学 身体活動・教育サービス学科 スポーツマネジメント

学位

博士 課程 オハイオ州立大学

経歴

1995年-1996年大阪体育大学スポーツ産業特別講座 研究員
2001年-2002年オハイオ州立大学教育学部身体活動・教育サービス学科 客員研究員

所属学協会

日本スポーツマネジメント学会 運営委員

アジアスポーツマネジメント学会 学会誌編集委員

日本体育・スポーツ経営学会 理事

北米スポーツマネジメント学会

日本スポーツ産業学会

日本体育学会

取材ガイド

カテゴリー
複合領域
専門分野
スポーツマネジメント、スポーツマーケティング、プロスポーツとファン
自己紹介コメント
スポーツをする人、見る人が増える仕組みを作る、スポーツマーケティングを専門とし、スポーツ消費者(する人、見る人)の心理と行動を研究しています。その対象はプロスポーツやイベントから、フィットネスクラブや地域スポーツクラブまで、幅広く扱っています。また、元選手・コーチが多いスポーツ現場に、「マネジメントできる人材」を増やし、スポーツの発展に資するために、スポーツマネジメント教育にも注力しています。
キーワード
スポーツビジネス、プロスポーツ、スポーツイベント

研究分野

キーワード

スポーツマネジメント、スポーツマーケティング、スポーツ消費者行動

科研費分類

複合領域 / 健康・スポーツ科学 / スポーツ科学

論文

フィットネスクラブ利用経験と余暇活動に求めるベネフィットに対する意識の関連 : 日本人成人を対象にした横断研究

菊賀 信雅;松下 宗洋;澤田 亨;丸藤 祐子;松岡 宏高;小田切 優子;井上 茂

スポーツ産業学研究27(1)p.1_1 - 1_112017年-2017年

CiNii

詳細

ISSN:1343-0688

概要:Objective: Using a fitness club is one of the forms of leisure activity. The benefits individuals seek in using their free time are related to their choices of activities during leisure time. For the purpose of obtaining data which are useful for the promotion of the utilization of fitness clubs, we aimed to investigate the relationship between the benefit factors sought in leisure time and the fitness club experiences of individuals.
Methods: Data from a “survey for the purpose of ensuring that the value of fitness clubs is correctly communicated to consumers” was utilized. The subjects of the analysis comprised 1,023 people, among whom 506 had no experience using fitness clubs, and 517 had experience using fitness clubs. Benefits sought during leisure time were measured using a leisure-time-benefit scale. A logistic regression analysis was conducted with the presence or absence of fitness club membership experience as the object variable and items measuring awareness regarding leisure-related benefits as the explanatory variables.
Results: Among those who responded to a question that enquired about “engaging in activities for the sake of one’ s health” and the benefits of leisure time, the multivariable adjusted odds ratio regarding whether people who had fitness club experience for those who answered “this applies to me,” taking the people who answered either “this does not apply to me” or “this neither particularly applies nor particularly does not apply to me” as a reference, was 2.13. Additionally, the adjusted odds ratio in relation to a question about “engaging in activities along with other people” was 1.37.
Conclusion: There is a higher tendency for people who have used a fitness club to seek “engaging in activities to maintain one’ s health” and “engaging in activities with people” as a benefit of their leisure time, compared with people who have not used a fitness club.

Spectators’ points of attachment and their influence on behavioural intentions of women’s national football games

Hallmann, Kirstin; Oshimi, Daichi; Harada, Munehiko; Matsuoka, Hirotaka; Breuer, Christoph

Soccer and Societyp.1 - 212016年12月-2016年12月 

DOIScopus

詳細

ISSN:14660970

概要:© 2016 Informa UK Limited, trading as Taylor & Francis GroupResearch on women’s football is still, especially in Asia, scarce. The purpose of this research has been to investigate the underlying points of attachment of women’s football spectators and how these influence future behaviour. The points of attachment scale – drawing on social identity theory – developed previously has been modified for the research setting to detect whether they are general determinants or country-specific indicators. Research was conducted in two countries, namely Japan and Germany. Surveys were conducted at two friendlies of the national team in each country (Japan: n = 607; Germany: n = 597). Attachment with the team, coach and women’s sport were defining overall attachment best. Intention to attend matches of the national team was significantly predicted by football attachment and previously attended games, while intention to attend matches of the league was significantly predicted by attachment with the coach and attended league games in the past.

Community-based Management: Developing the Fan Base of Professional Baseball Teams

Wada Yukako;Matsuoka Hirotaka

International Journal of Sport and Health Science14(0)p.31 - 402016年-2016年

CiNii

詳細

概要:The purpose of this study is to examine the concept of community-based management (CBM) and to elucidate the influential factors formulating the strategies for developing the fan base of professional baseball teams. Semi-structured interviews were conducted among staff members of four Pacific League teams on having regional team names and adopting “community-based management” or “regional outreach activities” in their team philosophy. Influenced by the reorganization of the Nippon Professional Baseball organization, the Pacific League teams have focused on a specific community or region, rather than the entire nation, for better management. Teams are concentrating on garnering customer loyalty from avid fan club members and repeat customers, and then trying to retain and attract customers while expanding the customer target area in their community. The community-based approach implies developing a bond between local residents and teams. Through this study, CBM is defined as “developing consumers' attachment to and building their bond with a team through various local promotional or outreach activities within their specific area.” There are two significant factors emerged that influence formulating the strategies for developing the fan base: (1) agreements between teams and stadium proprietors, and (2) relationships with local promotional vehicles such as local media companies and a railway company.

Motives of sport spectators in China: a case study of the Chinese Super League

Chengcheng Wang; Hirotaka Matsuoka

International Journal of Sport Management and Marketing15p.57 - 742014年-

DOI

子どものスポーツ実施に対する体感型スポーツゲームの影響

松岡宏高,大西孝之,原田宗彦

生涯スポーツ学研究11(1)p.33 - 422014年-

Consumer involvement in sport activities impacts their motivation for spectating

Hirotaka Matsuoka

Asian Sport Management Review7p.99 - 1152014年-

子ども・青少年のマイナースポーツの実施環境と関与プロセスの検討

松岡宏高

SSFスポーツ政策研究1(1)p.251 - 2602012年-

A conceptual framework for understanding the motives of sport spectators in China

Chengcheng Wang, Hirotaka Matsuoka

Asian Sport Management Review5p.154 - 1842012年-

スポーツマネジメントの概念の再検討

松岡宏高

スポーツマネジメント研究2(1)p.33 - 452010年-

Motives of United States and Japanese professional baseball consumers and level of team identification

Jeffrey D. James, Junya Fujimoto, Stephen D. Ross, Hirotaka Matsuoka

International Journal of Sport Management and Marketing6(4)p.351 - 3662009年-

日本の大学におけるスポーツマネジメント教育の現状と課題

松岡宏高

びわこ成蹊スポーツ大学研究紀要5p.71 - 762008年-

ユースチーム所属選手の所属団体移行パターンとキャリア意識に関する研究

梅本祥子、松岡宏高、藤本淳也

大阪体育大学紀要39p.169 - 1752008年-

プロスポーツの経営に関する研究動向

松岡宏高

体育・スポーツ経営学研究21p.41 - 462007年-

Progression of sport management in Japan

Hirotaka Matsuoka

Asian Sport Management Review1(1)p.42 - 472007年-

国際スポーツイベントにおける経営資源の調達の現状と課題

松岡宏高

びわこ成蹊スポーツ大学研究紀要2p.29 - 392005年-

Direct and Interaction Effects of Team Identification and Satisfaction on Intention to Attend Games

Matsuoka, H., Chelladurai, P., & Harada, M.

Sport Marketing Quarterly12(4)p.244 - 2532003年-

Understanding the relationship between spectator motives and loyalty to a professional sport team

Matsuoka, H., Fujimoto, J., & James, J.

Proceedings of the 18th Annual Conference of North American Society for Sport Management2003年-

非営利スポーツ組織を支えるボランティアの動機

松岡宏高、小笠原悦子

体育の科学52(4)p.277 - 2842002年-

スポーツファンの心理的コミットメント:一次元から多次元的アプローチへ

松岡宏高

PSIKO27p.28 - 332002年-

Identifying and Assesing Motivation of Volunteers in 2002 FIFA World Cup

Hirotaka Matsuoka & Keiko Matsunaga

Proceedings of the 10th European Sport Management Congress2002年-

A Multidimensional Model of Sports Fan Loyalty

Chelladurai, P. & Matsuoka, H.

Proceedings of the 8th European Sport Management Congress2000年-

The Influence of New Team Entry upon Brand Switching in the J-League

Harada, M. & Matsuoka, H.

Sport Marketing Quarterly8(3)p.21 - 301999年-

プロスポーツ観戦者の誘致距離に関する研究

松岡宏高、原田宗彦、藤本淳也

大阪体育大学紀要27p.63 - 701996年-

プロ野球チームのブランド連想:パシフィックリーグに所属するチーム間の比較

和田 由佳子, 松岡 宏高

スポーツマネジメント研究査読有り9(1)p.23 - 372017年05月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:1884-0094

スタジアムにおけるスポーツ観戦関与

井上 尊寛, 松岡 宏高, 吉田 政幸, 蔵桝 利恵子

スポーツマネジメント研究査読有り10(1)p.41 - 582018年12月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:1884-0094

プロスポーツクラブのプロダクト特性の検討

足立 名津美, 松岡 宏高

スポーツマネジメント研究査読有り10(1)p.59 - 802018年12月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:1884-0094

書籍等出版物

スポーツマーケティング

原田宗彦, 藤本淳也, 松岡宏高編著

大修館書店2018年-2018年

LINK

詳細

ISBN:9784469268430;

Sport business in leading economies

edited by James Jianhui Zhang, Roger Haiyan Huang, John Nauright(分担執筆)

Emerald Pub.2018年-2018年

LINK

詳細

単行本(学術書)総ページ数:534担当ページ数:205-237ISBN:9781787435643;

スタジアムとアリーナのマネジメント

早稲田大学スポーツナレッジ研究会編

創文企画2017年-2017年

LINK

詳細

ISBN:9784864130936;

図とイラストで学ぶ新しいスポーツマネジメント

山下秋二, 中西純司, 松岡宏高編著

大修館書店2016年-2016年

LINK

詳細

ISBN:9784469268041;

スポーツ・ファン・マネジメント

早稲田大学スポーツナレッジ研究会編

創文企画2016年-2016年

LINK

詳細

ISBN:9784864130837;

公認アシスタントマネジャー養成テキスト

間野義之, 松永敬子, 松岡宏高テキスト編集

日本体育協会2015年-2015年

LINK

スポーツ推進委員ハンドブック:生涯スポーツのコーディネーター

全国スポーツ推進委員連合(編)

全国スポーツ推進委員連合2014年-

スポーツ白書:スポーツの使命と可能性

笹川スポーツ財団2014年-

グローバル・スポーツの課題と展望

早稲田大学スポーツナレッジ研究会(編)

創文企画2014年-

公認スポーツ指導者養成テキスト共通科目Ⅱ

日本体育協会2013年-

スポーツマネジメント:教育の課題と展望

早稲田大学スポーツナレッジ研究会(編)

創文企画2013年-

公認アシスタントマネジャー養成テキスト

間野義之,松永敬子,松岡宏高(編)

日本体育協会2012年-

公認クラブマネジャー養成テキスト

間野義之,松永敬子,松岡宏高編集

日本体育協会2012年-

スポーツ産業論:第5版(共著)

原田宗彦編著

杏林書院2011年 04月-

詳細

ISBN:978-4-7644-1579-9

スポーツ白書:スポーツが目指すべき未来

笹川スポーツ財団2011年-

総合型地域スポーツクラブの時代3:企業とクラブとの協働

黒須充編著

創文企画2009年 04月-

スポーツマーケティング(共著)

原田宗彦、藤本淳也、松岡宏高

大修館書店2008年 05月-

スポーツ学のすすめ(共著)

大修館書店2008年-

スポーツ産業論第4版(共著)

杏林書院2007年-

図解スポーツマネジメント

山下秋二、原田宗彦編著

大修館書店2005年-

スポーツマーケティング(共著)

原田宗彦、藤本淳也、松岡宏高

大修館書店2004年-

スポーツ産業論入門(共著)

杏林書院2003年-

Multidimensionality of fans' psychological commitment to sport teams: Development of a scale

Doctral Dissertation, The Ohio State University2001年-

スポーツ経営学(共著)

大修館書店2000年-

スポーツの経営学(共著)

杏林書院1999年-

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

見るスポーツの社会的価値の測定

2012年-0月-2015年-0月

配分額:¥5330000

研究種別:

プロスポーツが地域社会に与える影響についての時系列的研究

配分額:¥2990000

研究種別:

地域密着型スポーツ組織の育成による地域づくり

配分額:¥2900000

研究種別:

スポーツイベントが地域社会に与える影響の検討

2015年-1月-2018年-0月

配分額:¥4550000

研究種別:

オリンピック・パラリンピックが開催地に与える社会的影響の検討

2018年-0月-2021年-0月

配分額:¥3640000

学内研究制度

特定課題研究

スポーツマネジメントの定義と領域についての検討

2009年度

研究成果概要: 国内外の文献をレビューし、スポーツマネジメントの概念がどのように捉えられているのかについて理解を深め、概念の再検討を行い、「スポーツマネジメントの概念の再検討」という題目の論文にまとめた。要旨は次のとおりである。 スポーツマネジ... 国内外の文献をレビューし、スポーツマネジメントの概念がどのように捉えられているのかについて理解を深め、概念の再検討を行い、「スポーツマネジメントの概念の再検討」という題目の論文にまとめた。要旨は次のとおりである。 スポーツマネジメントと呼ばれる領域は急速に拡大したため、あまりにも多様なスポーツ産業にかかわる事象を取り込んできた。その結果、この学問領域の概念は研究者およびスポーツビジネス実践者によって多様に解釈されるようになった。「何がスポーツマネジメントで研究され、教えられるのか」ということに対する答えが必要である。本稿は、この領域の科学としての存在意義を明確にするために、スポーツマネジメントの概念の再検討を試みた。まず、マネジメントの対象の「スポーツ」が何を意味しているのかを明確にするために、スポーツ産業の構造について検討した。次に、スポーツプロダクトの特異性について確認した。本稿での議論から、スポーツマネジメントを「するスポーツと見るスポーツの生産と提供に関わるビジネスのマネジメント」と定義することができる。

スポーツイベントが地域社会に与える影響の検討

2015年度

研究成果概要: 本研究は様々あるスポーツ事業の中でも、スポーツイベントに焦点を当て、その社会的影響について検討を試みた。スポーツイベントの地域社会への影響は、経済的効果、スポーツ関連効果(スポーツ実施の向上など)、そして社会的効果という3つに大... 本研究は様々あるスポーツ事業の中でも、スポーツイベントに焦点を当て、その社会的影響について検討を試みた。スポーツイベントの地域社会への影響は、経済的効果、スポーツ関連効果(スポーツ実施の向上など)、そして社会的効果という3つに大別されると考えられる。この中ですでに多くの試みが行われている経済効果の推計を除き、その他の2つの影響について検討を試みた。平成27年度科学研究費助成事業:基盤研究(B)(研究課題名:スポーツイベントが地域社会に与える影響の検討)が追加採択分として平成27年10月末に採択されたため、本研究助成費を使用した研究活動は行っていない。

スポーツイベントが地域社会に与える影響の検討

2015年度

研究成果概要: 本研究は様々あるスポーツ事業の中でも、観戦型スポーツイベントを対象として、その社会的影響に焦点を当てた。スポーツイベントの地域社会への影響は、経済的効果、スポーツ関連効果、そして社会的効果という3つに大別されると考えられる。この... 本研究は様々あるスポーツ事業の中でも、観戦型スポーツイベントを対象として、その社会的影響に焦点を当てた。スポーツイベントの地域社会への影響は、経済的効果、スポーツ関連効果、そして社会的効果という3つに大別されると考えられる。この中ですでに多くの試みが行われている経済効果の推計を除き、その他の2つの影響について検討を試みた。文献レビューおよび学会大会出席を通した情報収集の結果、スポーツイベントによって開催地や開催地の住民(観戦者)に与える社会的影響の測定と把握においては、ソーシャルキャピタルや地域愛着などの概念が援用されて尺度項目が設定され、各測定項目について個人の認識が測定されていることが確認された。

スポーツイベントが地域社会に与える影響の検討

2016年度

研究成果概要:本研究は社会的効果に焦点を当て、プロサッカー事業を展開するJリーグの各クラブが存在する地域を対象にその住民のソーシャルキャピタルに関する認識を測定することを試みた。測定尺度には4要因12項目(7件法)を用いた(Lee et al....本研究は社会的効果に焦点を当て、プロサッカー事業を展開するJリーグの各クラブが存在する地域を対象にその住民のソーシャルキャピタルに関する認識を測定することを試みた。測定尺度には4要因12項目(7件法)を用いた(Lee et al., 2012)。Jリーグのホームタウンに居住し、過去1年間に直接観戦を行った男女516名を対象として、インターネット調査を行い、516サンプルを収集した。分析の結果、尺度の信頼性は確認され(α=.84~.90)、それぞれの平均値はsocialcapitalとcollective identityが3.5、well-beingとhuman capitalが3.7であった。

スポーツイベントが開催地に与える社会的影響の検討

2018年度

研究成果概要:本研究の目的は、スポーツイベントの開催地に生じる地域社会への影響を測定することである(*科研費基盤研究(C)(一般)に関連したもの)。本年度は、すでに開発したスポーツイベントの地域社会への影響を測定する尺度を再度検討し、改めて統計...本研究の目的は、スポーツイベントの開催地に生じる地域社会への影響を測定することである(*科研費基盤研究(C)(一般)に関連したもの)。本年度は、すでに開発したスポーツイベントの地域社会への影響を測定する尺度を再度検討し、改めて統計分析を行い、精査することを試みた。 尺度開発に使用したデータは2017年に札幌市民に対して冬季アジア札幌大会の地域社会への影響についての回答を求めたものである。ポジティブな影響要因として、経済活性、文化的経験、イメージ向上、地域プライド、スポーツへの関心、ネガティブ要因として、交通・日常生活の妨害、安全面のリスク、浪費がそれぞれ設定された。再分析の結果、尺度モデルが改善され、収束的妥当性と弁別的妥当性、さらに概ね基準を満たすモデル適合度が確認された。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
演習I(スポーツビジネスマーケティング)スポーツ科学部2020秋学期
演習II(スポーツビジネスマーケティング)スポーツ科学部2020春学期
演習III(スポーツビジネスマーケティング)スポーツ科学部2020秋学期
演習IV(スポーツビジネスマーケティング)スポーツ科学部2020春学期
スポーツ方法実習I(ニュースポーツ)スポーツ科学部2020春クォーター
スポーツマーケティング論スポーツ科学部2020春学期
スポーツマーケティング・リサーチスポーツ科学部2020秋クォーター
スポーツビジネス基礎演習 02スポーツ科学部2020春学期
Theory and Practice of Global Sport Managementスポーツ科学部2020春季集中
スポーツビジネスマーケティング研究指導A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
スポーツビジネスマーケティング研究指導B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
Sport Management (Directed Research M) (Matsuoka) A大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
Sport Management (Directed Research M) (Matsuoka) B大学院スポーツ科学研究科2020春学期
スポーツビジネスマーケティング演習(1)A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
スポーツビジネスマーケティング演習(1)B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
Sport Management (Seminar 1) A大学院スポーツ科学研究科2020春クォーター
Sport Management (Seminar 1) B大学院スポーツ科学研究科2020夏クォーター
Sport Management (Seminar 2) A大学院スポーツ科学研究科2020秋クォーター
Sport Management (Seminar 2) B大学院スポーツ科学研究科2020冬クォーター
スポーツビジネスマーケティング演習(2)A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
スポーツビジネスマーケティング演習(2)B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
スポーツビジネスマーケティング特論大学院スポーツ科学研究科2020夏クォーター
Global Development of the Sport Industry大学院スポーツ科学研究科2020冬クォーター
Sport Marketing大学院スポーツ科学研究科2020春クォーター
Theory and Practice of Global Sport Management大学院スポーツ科学研究科2020春季集中
Sport Sponsorship大学院スポーツ科学研究科2020集中講義(秋学期)
スポーツビジネスマーケティング研究指導(D)A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
スポーツビジネスマーケティング研究指導(D)B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
実践の中で生かすスポーツ科学βグローバルエデュケーションセンター2020冬クォーター