氏名

キタムラ ヨウコ

北村 陽子

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0078080/)

所属

(文化構想学部)

連絡先

URL等

研究者番号
10298101

本属以外の学内所属

兼担

文学学術院(大学院文学研究科)

学歴・学位

学歴

-1983年 早稲田大学 文学部 フランス文学
-1992年 早稲田大学 文学研究科 フランス文学

学位

修士(文学) 課程 早稲田大学

経歴

1992年-1994年日本学術振興会特別研究員
1992年-1994年放送大学非常勤講師
1993年-1996年一橋大学非常勤講師
1993年-1996年早稲田大学非常勤講師
1997年-2000年早稲田大学専任講師

所属学協会

日仏美術学会

研究分野

キーワード

仏文学、美術史

科研費分類

人文学 / 文学 / ヨーロッパ文学

人文学 / 芸術学 / 美学・芸術諸学

研究テーマ履歴

フランス近代美術批評研究

研究テーマのキーワード:フランス,美術批評

個人研究

19世紀フランス美術批評研究

個人研究

風刺画研究

個人研究

論文

フェリックス・フェネオン-絵画と批評行為-

早稲田大学大学院文学研究科紀要(別冊第15)p.55 - 651988年-

ポール・シニャックにとっての伝統と近代—『ドラクロワから新印象主義へ』—

ヨーロッパ文学研究(39)p.56 - 681992年-

イラストレーション・カリカチュア・民衆版画—日常生活の中の芸術—

『19世紀フランス美術の光彩—パリの人間模様—』展カタログ / 神奈川県立近代美術館p.117 - 1241994年-

光の絵画と批評の言葉—画家スーラと批評家フェネオンをめぐって—

フランス文学語学研究(早稲田大学大学院同誌刊行会)(13)p.49 - 631994年-

海外文化ニュース・<万博>か<名画座>か?−パリの美術館と映画館について

みすず/ みすず書房(423)p.102 - 1071996年06月-

フェリックス・フェネオン−「現代生活の批評家」1

みすず / みすず書房(424)p.2 - 81996年07月-

フェリックス・フェネオン−「現代生活の批評家」2

みすず / みすず書房(426)p.132 - 1411996年09月-

フェリックス・フェネオン−「現代生活の批評家」3

みすず / みすず書房(429)p.78 - 861996年12月-

フェリックス・フェネオン—「現代生活の批評家」4

みすず / みすず書房(432)p.100 - 109&1201997年03月-

フェリックス・フェネオン—「現代生活の批評家」5

みすず / みすず書房(441)p.62 - 70&821997年12月-

風俗としての19世紀絵画—〈普通の人々〉にとっての美術—

Etudes Francaises早稲田フランス語フランス文学論集(5)p.89 - 1071998年03月-

フェリックス・フェネオン—「現代生活の批評家」6

みすず / みすず書房(455)p.100 - 1111999年02月-

フェリックス・フェネオン—「現代生活の批評家」7

みすず/みすず書房(461)p.55 - 64&711999年08月-

フェリックス・フェネオン—「現代生活の批評家」8

みすず / みすず書房(464)p.64 - 781999年11月-

紙面のヴィジュアル・アート

Etudes francaises 早稲田フランス語フランス文学論集(7)p.66 - 792000年03月-

不可解な芸術家ドーミエ

『調利画を中心とするフランス七月王政期の図像学的研究』(平成10-11年度科学研究員補助金による研究成果報告書)p.63 - 842000年03月-

フェリックス・フェネオン─「現代生活の批評家」9

みすず / みすず書房(479)2001年02月-

フェリックス・フェネオン—「現代生活の批評家」10

みすず/ みすず書房(499)p.60 - 782002年10月-

ルイ・ルロワ「第一回印象派展評」の周辺—ボードレールの不在とヴァンサン氏の錯乱—

Etudes Francaises 早稲田フランス語フランス文学論集(11)p.53 - 802004年03月-

「最後の印象派」としてのオートクローム・リュミエール

早稲田大学大学院文学研究科紀要(51)p.83 - 992006年-

Félix Fénéon et la critique d'art de son temps

日仏美術学会会報(9)p.3 - 91989年-

Félix Fénéon ou un poradoxe de la critique d'art moderne

p.1 - 391990年-

Les Manga de Oshima Yumiko

Anne-Marie Christinと共著

Textuel / Universite Paris VII(25)p.75 - 831993年01月-

書籍等出版物

ドーミエ版画集成

みすず書房1992年-

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

諷刺画を中心とするフランス七月生政期の図像学的研究

配分額:¥3000000

海外研究活動

研究課題名: ベルギー・フランス出版文化研究

2006年03月-2007年03月

機関: ブリュッセル自由大学(ベルギー)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
必修基礎演習 9文化構想学部2019春学期
基礎講義 1文化構想学部2019春学期
基礎講義 2(再履)文化構想学部2019秋学期
文芸・ジャーナリズム論系演習(テクスト論1(イメージと批評))文化構想学部2019春学期
文芸・ジャーナリズム論系演習(21世紀と文学の古典2)文化構想学部2019秋学期
テクスト読解・批評ゼミ3 (春学期) A文化構想学部2019春学期
テクスト読解・批評ゼミ3 (春学期) B文化構想学部2019春学期
テクスト読解・批評ゼミ3 (秋学期) A文化構想学部2019秋学期
テクスト読解・批評ゼミ3 (秋学期) B文化構想学部2019秋学期
1年フランス語(Step 1)イ 4文化構想学部2019春学期
1年フランス語(Step 1)イ 4文学部2019春学期
1年フランス語(Step 1)ハ 4文化構想学部2019春学期
1年フランス語(Step 1)ハ 4文学部2019春学期
1年フランス語(Step 2)イ 4文化構想学部2019秋学期
1年フランス語(Step 2)イ 4文学部2019秋学期
1年フランス語(Step 2)ハ 4文化構想学部2019秋学期
1年フランス語(Step 2)ハ 4文学部2019秋学期
フランスの映画・映像論文化構想学部2019秋学期
フランスの映画・映像論文学部2019秋学期
フランス語1大学院文学研究科2019春学期
フランス語2大学院文学研究科2019秋学期

教育内容・方法の工夫

授業アンケートの実施、リアクションペーパの活用、発表ついての個別指導

その他教育活動

ビデオ・映画の利用