氏名

ヒラタ タケオ

平田 竹男

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0209903/)

所属

(スポーツ科学部)

プロフィール

1960年大阪生。横浜国立大学経営学部卒業、ハーバード大学J.F.ケネディスクール行政学修士、東京大学工学博士。1982年、通商産業省(現経済産業省)入省。 在ブラジル日本大使館一等書記官、通商政策局資金協力室等を歴任。 1989年よりプロリーグ化検討委員会に参加し、Jリーグ発足に尽力。日本サッカー協会国際委員として、ワールドカップ日本招致にも携わる。資源エネルギー庁石油天然ガス課長を最後に退官し、2002年日本サッカー協会専務理事に就任。なでしこジャパン誕生や女子サッカー、フットサルの普及に尽力。2006年からは早稲田大学大学院スポーツ科学研究科教授に就任。 日本スポーツ産業学会会長、日本陸上競技連盟理事、日本体育協会理事、東京マラソン財団理事(2010年から2013年まで)を務める。2013年より内閣官房参与、内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局長も務める。

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
hirata2002@waseda.jp

URL等

WebページURL

http://www.waseda.jp/sem-hirata/(研究室の紹介、ゼミメンバー研究課題など)

研究者番号
00445868

本属以外の学内所属

兼担

スポーツ科学学術院(大学院スポーツ科学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

資源戦略研究所

プロジェクト研究所所長 2007年-2011年

スポーツ産業研究所

研究所員 2016年-

スポーツビジネス研究所

研究所員 2016年-

スポーツ科学研究センター

運営委員 2014年-2016年

資源戦略研究所

プロジェクト研究所所長 2012年-2016年

資源戦略研究所

プロジェクト研究所所長 2017年-2021年

スポーツ栄養研究所

研究所員 2014年-2017年

学歴・学位

学位

工学博士 課程 東京大学

修士 課程 ハーバード大学ケネディスクール

所属学協会

日本スポーツ産業学会 会長

公益財団法人 日本体育協会 理事

公益財団法人 日本陸上競技連盟 理事

ビジネスモデル学会

研究分野

キーワード

スポーツビジネス、スポーツマネジメント

科研費分類

複合領域 / 健康・スポーツ科学 / スポーツ科学

研究テーマ履歴

2011年-2013年地域振興のための自律型スポーツクラブの経営モデルの構築

研究テーマのキーワード:地域振興、スポーツクラブ

個人研究

Jリーグにおけるアウェイクラブの集客力に関する研究

個人研究

Jリーグクラブのユース育成実績の評価

個人研究

スポーツ係数で見るスポーツ産業の変遷

個人研究

プロ野球の試合がJリーグの観戦需要に与える影響に関する研究

個人研究

スポーツにおける研究領域の変遷に関する研究

個人研究

日本の女子サッカーにおける現状と課題

個人研究

トップスポーツビジネスに関する学術的俯瞰研究

個人研究

プロスポーツリーグの制度設計に関する研究

個人研究

論文

大学サッカーにおける新人選手の入学ルートと出身育成機関の調査研究

能智大介・児玉有子・平田竹男

スポーツ産業学研究査読有り26(2)p.315 - 3212016年09月-

アジアサッカーにおける代表成績とクラブ成績との関係に関する研究

杉原海太、平田竹男、政本晶生、久保谷友哉

スポーツ産業学研究25(1)p.155 - 1612015年03月-

日本の大学ラグビーにおける新人選手獲得に関する調査 ~早稲田大学ラグビー蹴球部を事例に~

山下大悟、畔蒜洋平、平田竹男

スポーツ産業学研究25(1)p.107 - 1102015年03月-

イングリッシュ・プレミアリーグにおけるスポンサー業種の非制限がもたらした効果

久保谷友哉、平田竹男

スポーツ産業学研究24(2)p.241 - 2482014年09月-

アジアサッカーにおける代表成績と年代別代表成績との関係に関する研究

杉原海太、平田竹男、久保谷友哉

スポーツ産業学研究24(2)p.211 - 2182014年09月-

被災地におけるトップアスリートによる継続的スポーツ教室の効果

Tomohiro NAGATSUKA, Yuko KODAMA, Shu HAYAKAWA, Akinobu HARA, Tomoko MATSUMURA, Takeo HIRATA, Masahiro KAMI

スポーツ産業学研究24(1)p.39 - 472014年04月-

日本男子ゴルフツアーにおける新たなゴルフツアートーナメントに関する研究

金子 柱憲, 鈴木 直樹, 原 章展, 平田 竹男

スポーツ産業学研究23(2)p.191 - 2042013年09月-

Jリーグクラブ所在地域へのプロ野球チーム新規フランチャイズがJリーグクラブの観客数に与えた影響

鈴木 直樹, 平田 竹男

スポーツ産業学研究22(2)p.305 - 3102012年09月-

各都道府県における軟式野球の現状とその発展策に関する研究—組織的な視点から—

長久保 由治, 畔蒜 洋平, 原 章展, 平田 竹男

スポーツ産業学研究22(2)p.295 - 3042012年09月-

スポーツの研究領域の変遷に関する研究

平田 竹男, 間仁田 康祐, 柴田 尚樹

スポーツ産業学研究22p.71 - 892012年03月-

国内市民マラソンの類型別発展策に関する研究

岩谷 雄介, 鈴木 直樹, 原 章展, 平田 竹男

スポーツ産業学研究22p.63 - 702012年03月-

日本の若手トップアスリートにおける両親の教育方針に関する一考察

杉山 芙沙子, 間仁田 康祐, 原 章展, 平田 竹男

スポーツ産業学研究22p.55 - 622012年03月-

Jリーグにおけるアウェイクラブが観客動員数に与える影響に関する研究

畔蒜 洋平, 能智 大介, 平田 竹男

スポーツ産業学研究22p.97 - 1002012年03月-

Jリーグクラブにおけるユース出身選手に関する調査

兼清 文彦, 平田 竹男

スポーツ産業学研究22p.91 - 962012年03月-

東日本大震災がスポーツイベントに与えた損害に関する調査

原 章展, 平田 竹男

スポーツ産業学研究21p.195 - 2052011年09月-

スポーツ係数でみる1993年以降のスポーツ産業の変遷に関する研究—品目別•年代別•世帯主収入五分位階級別スポーツ支出の推移—

平田 竹男、能智 大介、佐藤 佑樹

スポーツ産業学研究21p.133 - 1392011年09月-

アマチュア野球の抱える課題に関する研究(研究ノート)

桑田真澄、川名光太郎、間仁田康祐、平田竹男

スポーツ産業学研究20(1)p.91 - 952010年03月-

オープンリーグにおける競争均衡度合に関する研究(原著論文)

川名光太郎、平田竹男

スポーツ産業学研究20(1)p.43 - 512010年03月-

日韓W杯がJリーグの観客数に与えた影響に関する研究

平田竹男、ステファン・シマンスキー

スポーツ産業学研究19(1)p.41 - 542009年03月-

関東大学女子サッカーリーグに関する研究

石山隆之、川名光太郎、平田竹男

スポーツ産業学研究19(1)p.75 - 812009年02月-

Jリーグの観客数に影響を与える要因に関する研究(原著論文)

河合慎祐、平田竹男

スポーツ産業学研究18(2)p.11 - 202008年09月-

プロスポーツクラブにおける成績と選手賃金(推定年俸)の関係ーJリーグクラブにおける分析ー(研究資料)

内田亮、平田竹男

スポーツ産業学研究18(1)p.79 - 862008年03月-

浦和レッドダイヤモンズの自律的経営と成長要因(原著論文)

平田竹男、佐藤峻一、浦嶋亮介、柴田尚樹、梶川裕矢

スポーツ産業学研究18(1)p.59 - 772008年03月-

日本の大学におけるスポーツ産業学の取り扱いの変遷と今後ー体育・武道・スポーツを名称に含む大学・学部・学科・コースの変遷ー(研究資料)

及川征美、平田竹男

スポーツ産業学研究18(1)p.87 - 942008年03月-

トリプルミッションと国際政治からみた日本サッカー界の発展分析

平田竹男

スポーツ産業学研究17(1)p.10 - 192007年03月-

トリプルミッションと国際政治からみた日本サッカー界の発展分析(特別寄稿)

平田竹男

スポーツ産業学研究17(1)p.10 - 192007年03月-

アルビレックス新潟成功の秘密ーなぜ無料招待券配布は成功したのか(原著論文)

平田竹男、佐藤峻一、梶川裕矢

ビジネスモデル学会学会論文誌42007年-

サッカークラブビジネスの成長モデルに関する研究(浦和レッズのケーススタディ)(学会発表)

平田竹男

ビジネスモデル学会秋季大会2006年10月-

地域Jリーグクラブのビジネスモデル分析(学会発表)

平田竹男

ビジネスモデル学会春季大会2006年03月-

サッカービジネスの地域構造分析学会発表(学会発表)

平田竹男

ビジネスモデル学会秋季大会2005年10月-

わが国におけるサッカービジネスの成長要因に関する研究(学会発表)

平田竹男

ビジネスモデル学会春季大会2005年03月-

スポーツ係数でみるゴルフ産業の推移と課題(原著論文)

平田竹男

ゴルフの科学11(2)p.43 - 541998年12月-

スポーツ係数でみる世帯主収入五分位階層別スポーツ支出の推移ーオリンピック年(68年72年76年80年84年88年92年)を中心にー(原著論文)

平田竹男

スポーツ産業学研究8(1)p.29 - 371998年03月-

スポーツ係数の提唱についてースポーツ係数でみるスポーツ産業の変遷ー(総説)

平田竹男

スポーツ産業学研究7(1)p.1 - 181997年03月-

スポーツ産業の規模の推移について(原著論文)

平田竹男

スポーツ産業学研究1(1)p.17 - 221991年03月-

日本におけるスポーツ産業の現状と展望(学術講演会報告)

平田竹男

中京大学体育研究所紀要(5)p.63 - 801991年03月-

オープンリーグにおける競争均衡度合に関する研究―Jリーグ・ディヴィジョン1の均衡度合変化の測定―

川名 光太郎;平田 竹男

スポーツ産業学研究20(1)p.43 - 512010年-2010年

CiNii

詳細

ISSN:1343-0688

概要:    In this research, we focused on the competitive balance in the open league. We aimed to find out the effect of the league system' s change, with or without new entries, and find out the relationship between wages and competitive balance. This research analyzed the J. League (Japan Professional Football League) , which changed from a closed league to an open league, and the English Premier League, which changed the revenue structure and increased its turnover in recent years. To measure competitive balance, we used the Herfindahl Index of Competitive Balance (HICB) , the Five Club Concentration Index of Competitive Balance (C5 index) . As a result, it was found that in the Premier League, competitive balance has declined in recent years. But in the J. League, on the other hand, after 1999, the year that the Second tier (J2) was made and the League adopted the promotion and relegation system, competitive balance slowly increased. Imbalance of Wages in the Premier League was substantially larger than in the J. League. From these results, we made a suggestion that adoption of a promotion and relegation system is one of the factors which improve competitive balance.

アマチュア野球の抱える課題に関する研究―現役プロ野球選手に対するアンケートをもとに―

桑田 真澄;川名 光太郎;間仁田 康祐;平田 竹男

スポーツ産業学研究20(1)p.91 - 952010年-2010年

CiNii

詳細

ISSN:1343-0688

概要:    The purpose of this study was to reveal how professional baseball players were trained while they were amateur baseball players, and to examine ways to improve the problems faced by amateur baseball players. A survey of 300 professional baseball players was conducted.
    There were a lot of problems revealed in amateur baseball: "overwork and injury because of irrational, inefficient, and too long training" , "manner of the instructors" , "balance among baseball, studying, and playing" , and "violence to the players" . These results suggested that most professional baseball players wanted it to be done in a different way from their own experience, and that they had a strong awareness of the problems of traditional training.

学会のさらなる発展に向けて

平田 竹男

スポーツ産業学研究24(2)p.2_111 - 2_1122014年-2014年

CiNii

詳細

ISSN:1343-0688

アジアサッカーにおける代表成績と年代別代表成績との関係に関する研究

杉原 海太;平田 竹男;久保谷 友哉

スポーツ産業学研究24(2)p.2_211 - 2_2182014年-2014年

CiNii

詳細

ISSN:1343-0688

概要:    The purpose of this paper is to clarify the linkage between performance of the national team and that of the national youth team on football in Asia and make suggestions which should be useful from the operational viewpoint of the member associations of the Asian football confederation (AFC) .
    This paper examines the linkage between them for the 39 member associations of the AFC which participated the AFC under 19 championships between 1994 and 2008. Statistical analysis was made by means of correlation analysis and single regression analysis.
    With regard to correlation analysis, Spearman' s rank correlation coefficient was found to be 0.763 and Kendall tau rank correlation coefficient was found to be 0.559. Both results show that there is correlation.
    With regard to single regression analysis, R-square was found to be 0.58. This shows that the performance of the national youth team was linked with the performance of the national team with regard to football in Asia to some extent.
    In the meantime, member associations of AFC were divided into four groups, based on performance of the national youth team and performance of the national team, and regression formula and practical suggestions were made for each group.

イングリッシュ·プレミアリーグにおけるスポンサー業種の非制限がもたらした効果

久保谷 友哉;平田 竹男

スポーツ産業学研究24(2)p.2_241 - 2_2482014年-2014年

CiNii

詳細

ISSN:1343-0688

概要:    The purpose of this study was to determine whether the primary factor of growth in the clubs of English Premier League is in the advertising rates.
    The analysis in this study was based on the data from the 1996/1997 season to 2012/2013 season. The subject of investigation was the clubs which belong to the Premier League in the aforementioned years, and we did research on the categories of business of the sponsors and the location of its head office.
    As a result, the number of main sponsors whose head office is located in Asia, especially ones from ASEAN counties, is increasing recently. Also, the number of sponsors whose business is gambling has been increasing, especially in lower ranked clubs in the league.

アジアサッカーにおける代表成績とクラブ成績との関係に関する研究

杉原 海太;平田 竹男;政本 晶生;久保谷 友哉

スポーツ産業学研究25(1)p.1_155 - 1_1612015年-2015年

CiNii

詳細

ISSN:1343-0688

概要:    The purpose of this paper is to discuss, in regard to Asian football teams, the question of whether improvement of club top team performance is a useful way to influence that of the senior national team' s performance, by analyzing the linkage between the performance of the national team and that of club teams.
    This paper examines the linkage between team performances for the 32 member associations of the AFC, which participated in the AFC Champions League, AFC Cup, and the AFC President' s Cup between 2010 and 2013, by using correlation analysis and single regression analysis.
     Results show that a correlation between performance of the national team and that of club teams is proved among the member associations participating in the AFC Cup and the AFC President' s Cup, while it is not proved among the member associations participating the AFC Champions League. It indicates that strengthening club football is a useful way to strengthen the national team; specifically among the member associations participating in the AFC Cup and AFC President' s Cup.

日本の大学ラグビーにおける新人選手獲得に関する調査
-早稲田大学ラグビー蹴球部を事例に-

山下 大悟;畔蒜 洋平;平田 竹男

スポーツ産業学研究25(1)p.1_107 - 1_1102015年-2015年

CiNii

詳細

ISSN:1343-0688

概要:    This research conducted a profile investigation of the members who belong to the Waseda University Rugby Football Club, for the purpose of clarifying the tendencies of rookie players recruited into university rugby clubs. There were 7 high schools from which over 10 players were recruited in 10 seasons by the club. Among the more than 10 players in 10 seasons there were 5 high schools from which the players became prime members of the club. Furthermore, it turned out that students of the attached high school of Waseda University and its strong team of high school rugby football were highly recruited by the club. However, the rate of the prime members from Higashi Fukuoka high school and Keiko Gakuen high school were high. It is assumed that these high schools are good partners of the Waseda University Rugby Football club. On the other hand, although there were many players from attached high schools, there were few prime players. Therefore, research into training and strengthening of these high schools is required for future study.

大学サッカーにおける新人選手の入学ルートと出身育成機関の調査研究

能智 大介;児玉 有子;平田 竹男

スポーツ産業学研究26(2)p.2_315 - 2_3212016年-2016年

CiNii

詳細

概要:    We investigated the achievement situation after the entrance into the club of rookie players who belong to the Waseda University Association Football Club and those players who achieved excellent results in the Japanese university football league.
    We collected information about the situation of the hometown team in which a member grew up, the university entrance route, and the game appearances. The period covered in the investigation included a first term (1991-2000) and a latter period (2005-2014). 18 players with dominance of total hours of appearance in each year (until 1995, 16 players) were defined as the main force, and the production frequency of main force players was analyzed for every hometown team. In one season of registration, the number of cases where main force players were produced typically totaled one person and, at most, reached four.
    The results of the study showed that, among the 1,418 cases studied in the 20 years, among the 348 cases of admission based on recommendations, the number of those who became main force players was 230.
    The Club got many rookies from admissions based on recommendations and from admissions from affiliated strong schools and J-Youth high school football clubs. But although cases of entrance from affiliated schools were numerous, a problem was found that in the Waseda Football Club there was a low rate of these players becoming main force players.
    In the first term, members who entered on the basis of recommendations didn’ t play in the main force, and members who entered on the basis of affiliated school entrance and the general entrance admission played the active parts. On the other hand, in the latter period there were increased cases of entrance from private high schools and J-Youth Club, following the increase of the limit of students admitted to the university, and increased numbers of these players in the main force.
    The results showed that the number of the university-graduate J-Leaguers who join a J-Club is increasing in Japan, and that the cases in which universities with strong soccer teams get rookies from J-Youth Clubs and from high schools through the admission recommendation system is increasing, showing a change in the player acquisition method.

J1リーグと欧州/南米のトップリーグにおける年代別出場機会に関する国際比較

能智 大介;児玉 ゆう子;平田 竹男

スポーツ産業学研究27(3)p.3_257 - 3_2642017年-2017年

CiNii

詳細

概要:    The aim of our investigation was to clarify the achievement situation and features regarding the experiences and results of players who take active parts in the highest ranked football leagues in Japan, Europe, and South American countries.
    The average age of players in J-League changed, showing an upward trend, and recorded a peak in the 2014 season (26.85 years), and was higher by 3.80 years than that of Dutch league, which had the lowest value. And in the generation category, the age composition ratio of J-League players showed the lowest values: U 17 (0.57%), U 20 (9.28%) and U 23 (15.34%). And regarding the appearance fraction ratio by age, J-League players also showed the lowest values: U 17 (0.02%), U 20 (3.43%) and U 23 (14.01%). Their U 30 value (78.94%) was near the lowest value-that of Italian league, and their O 31 value (21.06%) was next to the peak-that of Italian league.
    In other words, J-League showed lower levels of achievement by young players and a higher average age, in comparison to the leagues in other countries.
    One of the factor became clear was that the player production fostered by the "Japan Original System," in which players become professionals after playing at university, is an increasing tendency. Furthermore, other countries such as Germany value the appearance chances of the young generation players and strengthen the upbringing of young players in their own leagues. Thus Japanese players’ experience is behind the age schedule in comparison to other countries and this is having an influence on the clubs and the league, and on competitions with other Asian area teams, and on international matches.

書籍等出版物

スポーツビジネス 最強の教科書 第2版

平田竹男(単著)

東洋経済新報社2017年 10月-

詳細

総ページ数:628ISBN:978-4492522219

パラリンピックを学ぶ

平田竹男・河合純一・荒井秀樹(編著)

早稲田大学出版部2016年 08月-

詳細

総ページ数:222ISBN:978-4-657-16014-0

『新・野球を学問する』桑田真澄共著

平田竹男

新潮文庫2013年 03月-

詳細

ISBN:978-4-10-136891-7

『スポーツビジネス 最強の教科書』

平田竹男

東洋経済新報社2012年 10月-

詳細

単行本(学術書)ISBN:978-4-492-52201-1

『サッカーという名の戦争 ー日本代表。外交交渉の裏舞台ー』

平田竹男

新潮文庫2011年 09月-

詳細

ISBN:978-4-10-135791-1

『なでしこジャパンはなぜ世界一になれたのか?』

平田竹男

ポプラ社2011年 08月-

詳細

ISBN:978-4-591-12627-1

『野球を学問する』桑田真澄共著

平田竹男

新潮社2010年 03月-

詳細

ISBN:978-4-10-323961-1

『トップスポーツビジネスの最前線2009—ドリームジョブへの道』中村好男編著

平田竹男

講談社2009年 11月-

詳細

ISBN:978-4-06-215971-5

『サッカーという名の戦争ー日本代表、外交交渉の裏舞台ー』

平田竹男

新潮社2009年 03月-

詳細

ISBN:978-4-10-313831-0

『日本の論点2006』 pp776-779(分担執筆)

文藝春秋編

文藝春秋2005年 11月-

詳細

ISBN:4-16-503050-3

『日本の論点2003』 pp760-763(分担執筆)

文藝春秋編

文藝春秋2002年 11月-

詳細

ISBN:4-16-503020-1

『PLAYERS' AGENTS WORLDWIDE LEGAL ASPECTS』 pp337-358(分担執筆)

edited by R.C.R.Siekmann, R.Parrish, R.Branco Martins, J.W.Soek

T・M・C・ASSER PRESS2007年-

『スポーツビジョン21ースポーツ産業研究会報告書及び米国スポーツ産業調査団報告書』通商産業書産業政策局編

平田竹男

通商産業調査会1990年 10月-

詳細

ISBN:4-8065-2360-7

『トップスポーツビジネスの最前線2008ー夢を実現させる仕事』中村好男編著

平田竹男

講談社2008年 09月-

詳細

ISBN:978-4-06-282100-1

『トップスポーツビジネスの最前線2007ーモーニング娘。のフットサル普及ミッションから中田英寿引退プロジェクトまで』中村好男編著

平田竹男

講談社2007年 09月-

詳細

ISBN:978-4-06-282067-7

『トップスポーツビジネスの最前線ースポーツライティングから放映権ビジネスまで』中村好男編著

平田竹男

講談社2006年 07月-

詳細

ISBN:4-06-282025-0

『トップスポーツビジネスの最前線ー勝利と収益を生む戦略』中村好男編著

平田竹男

講談社2006年 07月-

詳細

ISBN:4-06-282024-2

『トップスポーツビジネスの最前線ー「勝利」「マーケット」「普及」のトリプルミッション』中村好男編著

平田竹男

講談社2006年 07月-

詳細

ISBN:4-06-282023-4

講演・口頭発表等

【スポーツ産業学会の過去20年を語り、次の10年を展望する】(特別講演)

日本スポーツ産業学会 第20回大会2011年07月16日

「スポーツ産業のグローバル化」(基調講演)

日本スポーツ産業学会 第18回大会2009年07月

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

地域振興のための自律型スポーツクラブの経営モデルの構築

2011年-0月-2014年-0月

配分額:¥3770000

学内研究制度

特定課題研究

地域振興のためのプロスポーツ球団の経営モデルに関する研究

2007年度

研究成果概要:本研究は、地域活性化のためのモデルケースとして、地域密着型のプロスポーツクラブにおける経営モデルを構築しようとするものである。本年度は、地域密着型の経営を志向するJリーグにおける成功事例としてアルビレックス新潟と浦和レッドダイヤモ...本研究は、地域活性化のためのモデルケースとして、地域密着型のプロスポーツクラブにおける経営モデルを構築しようとするものである。本年度は、地域密着型の経営を志向するJリーグにおける成功事例としてアルビレックス新潟と浦和レッドダイヤモンズ(以下、浦和レッズ)を題材として、その成功要因について検証を行なった。研究手法としては、まず、クラブ創設前から今日までのプロセスを成書および新聞・雑誌記事、諸論文の中から探索を行い、両クラブの史実を取りまとめると共に、クラブ関係者へのインタビュー調査、及び経営データなどの内部資料の分析によって、アルビレックス新潟と浦和レッズが成功に至るまでのプロセスを検証した。また、アルビレックス新潟については、アルビレックス独自の無料券配布手法に注目し、その成功の要因についての検証も行なった。その結果として、「シーズンチケット枚数」、「地域自立経営」、「人件費支出のバランス」、「地域経済環境を想定した収入・観客数増加戦略の設定」、「経営責任、成長戦略を担う人物の存在」、「国際イベントの積極的誘致」、という7つの要素がアルビレックス新潟と浦和レッズに共通する成功要因として抽出された。以上のことから、地域に密着した経営を志向するプロスポーツクラブが成功を収めるためにも、アルビレックス新潟と浦和レッズに共通した要因である7つの条件が必要となると考えられるであろう。本年度の研究では、研究対象をJリーグクラブとしたが、地域プロスポーツクラブ経営の成功要因を探り、地域に向けて提言していくためには、日本国内での狭い視点での議論だけでは正確な判断を下すことができないであろう。そのため、欧米におけるプロスポーツクラブの事例を検証し国内のプロスポーツクラブのビジネスモデルと比較検証を行うなど、客観的な視点での検証が、今後期待される。

地域振興のための自立型スポーツクラブの経営モデルの構築

2008年度

研究成果概要:本研究は、地域活性化のためのモデルケースとして、地域自立型のプロスポーツクラブにおける経営モデルを構築しようとするものである。本年度は、地域に密着し、持続可能な経営を志向する国外における成功事例として、サッカーイングランド2部リー...本研究は、地域活性化のためのモデルケースとして、地域自立型のプロスポーツクラブにおける経営モデルを構築しようとするものである。本年度は、地域に密着し、持続可能な経営を志向する国外における成功事例として、サッカーイングランド2部リーグであるコカ・コーラ・チャンピオンシップに属するバーンリーFCを抽出し、持続的経営を可能とする要因の分析を行なった。イングランド2部リーグにフォーカスした理由としては、各クラブの収入規模がJリーグディビジョン1のクラブに非常に近く、収入構造もテレビ放映権収入への依存度が低く、より地域密着な経営が求められるリーグであることが挙げられる。その中でも、バーンリーFCは、ホームタウン人口が7万人という小規模クラブでありながら、2部リーグに長期間残留しながら利益を出すなど、持続的な経営を行っており、我が国における地域自立型プロスポーツクラブの経営に参考となると考えられる。研究手法としては、まず、バーンリーFCのクラブ創設からのプロセスを成書および新聞・雑誌記事、諸論文の中から探索を行い、クラブの史実を取りまとめた上で、実際に現地に赴いてのクラブ関係者へのインタビュー調査、及び経営データなどの内部資料の分析によって、バーンリーFCの自立型経営を可能にする要因を検証した。その結果として、シーズンチケット販売、人件費比率の抑制、地域のシンボル化、の3つの要因を抽出したほか、地域貢献を目的としてクラブハウスを開放して子供たちに対するパソコンや数学の教育を行うなど、サッカー以外の政策にも力を入れていることがシンボル化に繋がっていることが考察された。本年度の研究では、研究対象を欧州のサッカークラブとし、地域振興のための自立型プロスポーツクラブ経営モデルの一例を明らかにしたが、より日本に適応可能なビジネスモデルを探るために、欧米のプロスポーツクラブの事例検証が引き続き期待される。

地域プロサッカークラブの持続成長ビジネスモデル構築

2009年度

研究成果概要:本研究では、地域サッカークラブの持続経営のビジネスモデルを提示することを目的とし、Jリーグにおける成功クラブとその成功要因の抽出を行なった。そして、わが国のプロサッカーリーグにおける成功クラブとしては、「収益」「普及」「成長」とい...本研究では、地域サッカークラブの持続経営のビジネスモデルを提示することを目的とし、Jリーグにおける成功クラブとその成功要因の抽出を行なった。そして、わが国のプロサッカーリーグにおける成功クラブとしては、「収益」「普及」「成長」という3つを満たすことが必要であり、アルビレックス新潟と浦和レッズという2つのクラブがJリーグにおける成功クラブとして選出された。手法として、特に「収益」の部分において重要な収入源である入場料収入をいかに増やすかということに着目した。Jリーグをその対象としてその観戦需要を探ると、観客数を決定する要因として、経済的要因、試合の対戦の内容に関する試合要因、観戦の質に関する観戦要因、各チームに関するJリーグ要因などの要因に基づいて重回帰分析を行った。その結果、これらの変数が観客数を約51%説明していることが分かった。 また、この観客数を決定する要因として、2002年に開催された日韓W杯がJリーグの観客数に与えた影響について分析した。その結果、W杯はJリーグの観客数に対して正の影響を与えたということが明らかになった。その際、特にW杯開催地に本拠地のあるクラブへの影響は大きく、これはW杯開催のために新スタジアム建設などによる効果が顕著に見られた。考察では、日本の地域プロサッカークラブの成功要因の共通点として、「主体的に経営を担う人物」「特定企業に依存しない資金調達」「広告料収入に匹敵する入場料収入」「人件費比率のバランスを適切に保つこと」「地域のバックグラウンドに即した観客数増加戦略」がその必要な条件であるという示唆を得た。 今年度の研究では、収益に着目して観戦需要やW杯がJリーグに与える効果について明らかにしたが、引き続き日本におけるJリーグチームにおいて地域プロサッカークラブの事例検証が引き続き期待される。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
演習I(トップスポーツビジネス)スポーツ科学部2020秋学期
演習II(トップスポーツビジネス)スポーツ科学部2020春学期
演習III(トップスポーツビジネス)スポーツ科学部2020秋学期
演習IV(トップスポーツビジネス)スポーツ科学部2020春学期
トップスポーツビジネス論研究指導A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
トップスポーツビジネス論研究指導B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
トップスポーツマネジメント研究指導A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
トップスポーツマネジメント研究指導B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
トップスポーツビジネス論演習(1)A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
トップスポーツビジネス論演習(1)B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
トップスポーツマネジメント演習(1)A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
トップスポーツマネジメント演習(1)B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
トップスポーツビジネス論演習(2)A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
トップスポーツビジネス論演習(2)B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
スポーツビジネスと国際政治大学院スポーツ科学研究科2020夏クォーター
スポーツプロモーション特論大学院スポーツ科学研究科2020集中講義(秋学期)
トップスポーツマネジメント特論大学院スポーツ科学研究科2020集中講義(春学期)
トップスポーツマネジメント研究法大学院スポーツ科学研究科2020夏季集中
トップスポーツビジネス論研究指導(D)A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
トップスポーツビジネス論研究指導(D)B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
パラリンピック概論グローバルエデュケーションセンター2020夏クォーター

作成した教科書・教材・参考書

スポーツビジネス 最強の教科書 第2版

2017年10月

パラリンピックを学ぶ

2016年08月

スポーツビジネス 最強の教科書

2012年10月

詳細

概要:初めての本格的なスポーツビジネス入門書。豊富な実例と共にエッセンスを体系的な知識として提示。

教養としてのスポーツ科学 ーアクティヴ・ライフの創出をめざしてー 改訂版

2010年04月

詳細

概要:スポーツ科学を教養として学ぶ

社会貢献活動

フジテレビ

2013年03月-

イベント・番組・雑誌名:フジテレビ

詳細

概要:新週刊フジテレビ批評r「ファン層を拡大せよ!プロ野球新たなPR戦略」

PHP総研 USTREAM

2012年07月-

イベント・番組・雑誌名:PHP総研 USTREAM

詳細

概要:「オリンピックから考える日本のスポーツビジョン」

フジテレビ

2011年07月-

イベント・番組・雑誌名:フジテレビ

詳細

概要:知りたがりr「なでしこたちの厳しい現実って?」

NHK総合テレビ

2010年12月-

イベント・番組・雑誌名:NHK総合テレビ

詳細

概要:ニュースウォッチ9r「2022W杯 開催国決定に際して」

NHK総合テレビ

2010年12月-

イベント・番組・雑誌名:NHK総合テレビ

詳細

概要:おはよう日本r「2022W杯 開催国決定直前」

朝日新聞

2010年11月-

イベント・番組・雑誌名:朝日新聞

詳細

概要:連載「Jリーグを学問する」第6回r「みんなが潤う仕組みを」

朝日新聞

2010年11月-

イベント・番組・雑誌名:朝日新聞

詳細

概要:連載「Jリーグを学問する」第5回r「円高効果 単純じゃない」

朝日新聞

2010年11月-

イベント・番組・雑誌名:朝日新聞

詳細

概要:連載「Jリーグを学問する」第4回r「育成こそクラブの中核」

朝日新聞

2010年10月-

イベント・番組・雑誌名:朝日新聞

詳細

概要:連載「Jリーグを学問する」第3回r「浦和は真の一流になれるか」

朝日新聞

2010年10月-

イベント・番組・雑誌名:朝日新聞

詳細

概要:連載「Jリーグを学問する」第2回r「ファン拡大へ テレビ地上波の力」

朝日新聞

2010年10月-

イベント・番組・雑誌名:朝日新聞

詳細

概要:連載「Jリーグを学問する」第1回r「敵地でも客集うクラブ必要」

朝日新聞

2010年07月-

イベント・番組・雑誌名:朝日新聞

詳細

概要:W杯を語ろう (W杯決勝観戦記)r「新しい南ア世代期待」

時評 2010年7月号 (時評社)

2010年07月-

イベント・番組・雑誌名:時評 2010年7月号 (時評社)

詳細

概要:「逆風の今こそ、公共を担う道に誇りを持つべきである」

朝日新聞

2010年06月-

イベント・番組・雑誌名:朝日新聞

詳細

概要:オピニオン W杯 観戦八策r「南アの歓喜 需要喚起」

ラジオ JーWAVE

2010年06月-

イベント・番組・雑誌名:ラジオ JーWAVE

詳細

概要:JAM THE WORLDr「カメルーン戦 日本に勝ち目は?」

ラジオ JーWAVE

2009年08月-

イベント・番組・雑誌名:ラジオ JーWAVE

詳細

概要:WILL FOR TOMORROWr未来を見通し、明日のヒントを語る

TBSラジオ

2009年05月-

イベント・番組・雑誌名:TBSラジオ

詳細

概要:久米宏 ラジオなんですけどr「人生とスポーツビジネス」