氏名

ナカガワ ケント

中川 剣人

職名

講師(任期付)

所属

(スポーツ科学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
k-nakagawa@aoni.waseda.jp

学歴・学位

学歴

2005年04月-2009年03月 早稲田大学 スポーツ科学部 スポーツ医科学科
2009年04月-2011年03月 早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科 修士課程
2011年04月-2014年03月 早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科 博士後期課程

学位

博士

経歴

2012年04月-2014年03月日本学術振興会特別研究員DC2(早稲田大学)
2014年04月-2015年03月早稲田大学スポーツ科学学術院研究助手
2015年04月-2018年03月日本学術振興会特別研究員PD(東京大学)
2018年04月-2019年03月日本学術振興会海外特別研究員(Toronto Rehabilitation Institute)

所属学協会

日本体力医学会

日本体育学会

Society for Neuroscience

European College of Sport Science

受賞

日本学生支援機構 特に優れた業績による奨学金返還免除(全額)

2011年03月

早稲田大学スポーツ科学研究科最優秀修士論文賞

2011年03月

東京体育学会奨励賞

2010年03月

早稲田大学スポーツ科学部首席卒業

2009年03月

早稲田大学大隈記念奨学金

2007年04月

研究分野

キーワード

中枢神経系の可塑性、アスリートの脳、脊髄反射、フルマラソン、協調運動

論文

Motor point stimulation primarily activates motor nerve

Nakagawa K, Bergquist AJ, Yamashita T, Yoshida T, and Masani K.

Neurosci Lett査読有りin press2020年-

スポーツによる脊髄完全損傷者上肢筋機能地図の拡張

中西智也, 中川剣人, 小林裕央, 中澤公孝

理学療法学,査読有り印刷中2020年-

Regional differences in hamstring muscle damage after a marathon

Higashihara A, Nakagawa K, Inami T, Fukano M, Iizuka S, Maemichi T, Hashizume S, Narita T, Hirose N.

PLoS One査読有り15(6)p.e02344012020年-

PubMedDOI

硬化した筋の回復を加速させる方策 −経口補水液と特殊シューズを用いた戦略的リカバリー−

稲見崇孝, 東原綾子, 中川剣人, 飯塚哲司, 前道俊宏, 吉村茜, 山口翔大, 深野真子, 伊藤瑳良, 神武直彦, 成田崇矢, 村山光義.

日本レーザー治療学会誌18(2)p.42 - 472020年-

Cortical reorganization of lower-limb motor representations in an elite archery athlete with congenital amputation of both arms

Nakagawa K, Takemi M, Nakanishi T, Sasaki A, Nakazawa K.

NeuroImage Clin査読有り25p.1021442020年-

PubMedDOI

Remarkable hand grip steadiness in individuals with complete spinal cord injury

Nakanishi T, Kobayashi H, Obata H, Nakagawa K, Nakazawa K.

Exp Brain Res査読有り237(12)p.3175 - 31832019年-

PubMedDOIScopus

Repeatability of spinal reflexes of lower limb muscles evoked by transcutaneous spinal cord stimulation

Saito A, Masugi Y, Nakagawa K, Obata H, Nakazawa K.

PLoS ONE査読有り14(4)p.e0214818   2019年-

PubMedDOIScopusWoS

Functional plasticity of the ipsilateral primary sensorimotor cortex in an elite long jumper with below-knee amputation

Mizuguchi N*, Nakagawa K*, Tazawa Y, Kanosue K, Nakazawa K. (* Equal contribution)

NeuroImage Clin査読有り23p.1018472019年-

PubMedDOIScopusWoS

Accuracy in pinch force control can be altered by static magnetic field stimulation over the primary motor cortex

Nakagawa K, Sasaki A, Nakazawa K.

Neuromodulation査読有り22p.871 - 8762019年-

PubMedDOIScopus

Changes in muscle hardness after a full marathon appear different even intramuscularly

Inami T, Nakagawa K, Fukano M, Yonezu T, Higashihara A, Iizuka S, Narita T, Murayama M.

J Sports Med Phys Fitness 査読有り59(6)p.1094 - 10962019年-

PubMedDOIScopusWoS

Tracking of time-dependent changes in muscle hardness after a full marathon

Inami T, Nakagawa K, Yonezu T, Higashihara A, Iizuka S, Abe T, Narita T.

J Strength Cond Res査読有り33(12)p.3431 - 34372019年-

PubMedDOIScopus

Foot posture alteration and recovery following a full marathon run

Fukano M, Inami T, Nakagawa K, Narita T, Iso S.

Eur J Sport Sci査読有り18(10)p.1338 - 13452018年-

PubMedDOIScopusWoS

Effect of salient points in movements on the constraints in bimanual coordination.

Zheng Y, Muraoka T, Nakagawa K, Kato K, Kanosue K.

Exp Brain Res 査読有り236(5)p.1461 - 14702018年-

PubMedDOIScopusWoS

Unstable rocker shoes promote recovery from marathon-induced muscle damage in novice runners

Nakagawa K, Inami T, Yonezu T, Kenmotsu Y, Narita T, Kawakami Y, Kanosue K.

Scand J Med Sci Sports査読有り28(2)p.621 - 6292018年-

PubMedDOIScopusWoS

Static magnetic field stimulation applied over the cervical spinal cord can decrease corticospinal excitability in finger muscle

Nakagawa K, Nakazawa K.

Clin Neurophysiol Pract査読有り3p.49 - 532018年-

PubMedDOIScopusWoS

Influence of motor imagery on spinal reflex excitability of multiple muscles

Nakagawa K, Masugi Y, Saito A, Obata H, Nakazawa K.

Neurosci Lett査読有り668p.55 - 592018年-

PubMedDOIScopusWoS

スキー滑走動作における拡張現実技術を用いた第三者視点からのリアルタイムフィードバックシステムの有効性の予備的検討

中川剣人、三浦智、廣岡和真、梅沢侑実、神庭弘行、後藤悠太、藤本浩志、藤江正克、彼末一之

スキー研究査読有り15(1)p.77 - 822018年-

DOI

Interlimb coordination from a psychological perspective

Muraoka T, Nakagawa K, Kato K, Qi W, Kanosue K.

J Phys Fitness Sports Med 査読有り5p.349 - 3592016年-

DOI

Difference in activity in the supplementary motor area depending on limb combination of hand-foot coordinated movements

Nakagawa K, Kawashima S, Mizuguchi N, Kanosue K.

Front Hum Neurosci 査読有り10p.4992016年-

PubMedDOIScopusWoS

Relaxation of the foot reduces corticospinal excitability of hand muscles and enhances intracortical inhibition

Kato K, Muraoka T, Mizuguchi N, Nakagawa K, Nakata H, Kanosue K.

Front Hum Neurosci 査読有り10(10)p.2182016年-

PubMedDOIScopus

児童の疾走速度とピッチ・ストライド・接地時間・滞空時間の関係

信岡沙希重、樋口貴俊、中田大貴、小川哲也、加藤孝基、中川剣人、土江寛裕、礒繁雄、彼末一之

体育学研究 査読有り60(2)p.497 - 5102015年-

DOI

Corticospinal excitability modulation in resting digit muscles during cyclical movement of the digits of the ipsilateral limb

Muraoka T, Sakamoto M, Mizuguchi N, Nakagawa K, Kanosue K.

Front Hum Neurosci査読有り9p.6072015年-

PubMedDOIScopusWoS

Potential explanation of limb combination performance differences for two-limb coordination tasks

Nakagawa K, Muraoka T, Kanosue K.

Physiol Rep査読有り3(2)p.e123012015年-

PubMedDOIScopusWoS

Post-marathon wearing of Masai Barefoot Technology shoes facilitates recovery from race-induced fatigue: an evaluation utilizing a visual analog scale

Nakagawa K, Obu T, Kanosue K.

Open Access J Sports Med 査読有り8(5)p.267 - 2712014年-

PubMedDOIWoS

Factors that determine directional constraint in ipsilateral hand-foot coordinated movements

Nakagawa K, Muraoka T, Kanosue K.

Physiol Rep査読有り1(5)p.e001082013年-

PubMedDOIScopusWoS

筋痙攣中のM波振幅の低下

中川剣人、宮本直和、村上雄治、彼末一之

東京体育学研究査読有り4p.11 - 162013年-

Influence of Somatosensory Input on Corticospinal Excitability During Motor Imagery

Mizuguchi N, Sakamoto M, Muraoka T, Moriyama N, Nakagawa K, Nakata H, Kanosue K.

Neurosci Lett 査読有り514(1)p.127 - 1302012年-

PubMedDOIScopusWoS

The Modulation of Corticospinal Excitability During Motor Imagery of Actions with Objects

Mizuguchi N, Sakamoto M, Muraoka T, Nakagawa K, Kanazawa S, Nakata H, Moriyama N, Kanosue K.

PLoS ONE査読有り10p.e260062011年-

PubMedDOIScopus

運動指令の違いが同側二肢協調動作の安定性に与える影響

中川剣人, 田代哲朗, 小穴幸子, 村岡哲朗, 坂本将基, 彼末一之

東京体育学研究査読有り2p.29 - 332010年-

書籍等出版物

Neural Mechanisms of Muscle Cramp

Nakagawa K, Miyamoto, N, Kanosue K.

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:若手研究

アスリートにおける脳の可塑的変化に関わる要因および機能的役割の探索

2020年04月-2023年03月

研究種別:基盤A

運動イメージと協調運動の脳機構に基づくスキー技術の学習支援システム構築

2018年04月-2022年03月

研究種別:若手B

簡便かつ非侵襲的な神経活動修飾による運動機能改善の試み

2017年04月-2020年03月

研究種別:特別研究員奨励費

上・下肢協調運動の神経基盤の解明

2015年03月-2018年03月

研究種別:研究活動スタート支援

二肢間の機能的結合の機序の解明

2014年08月-2015年03月

研究種別:特別研究員奨励費

複数肢協調運動のメカニズムの解明

2012年04月-2014年03月

研究資金の受入れ状況

制度名:第35回明治安田厚生事業団健康科学研究助成

筋腹刺激を用いた連合性ペア刺激による脊髄運動ニューロン修飾の試み2018年10月-2020年03月

代表

提供機関:日本学術振興会制度名:海外特別研究員 研究活動費・滞在費

脊髄損傷患者に対する非侵襲的神経機能修飾による姿勢保持能力向上の試み2018年04月-2019年03月

代表

制度名:公益財団法人ミズノスポーツ振興財団助成金

不安定性を有するシューズの着用がマラソン後のリカバリーに有効か?2016年04月-2017年03月

代表

制度名:第22回 磁気健康科学研究助成

磁気刺激による脊髄神経興奮性変調のための最適刺激部位の検討2016年04月-2017年03月

代表

学内研究制度

特定課題研究

アスリートの可塑性における競技特性の検討

2019年度

研究成果概要:アスリートにおける中枢神経系の可塑的変化を検討するため、二種類の実験を行った。一つは、脊髄反射の可塑的変化を調べるため、脛骨神経への電気刺激によってヒラメ筋からH反射を誘発し、M波最大振幅値に対するH反射最大振幅値を脊髄反射の興奮...アスリートにおける中枢神経系の可塑的変化を検討するため、二種類の実験を行った。一つは、脊髄反射の可塑的変化を調べるため、脛骨神経への電気刺激によってヒラメ筋からH反射を誘発し、M波最大振幅値に対するH反射最大振幅値を脊髄反射の興奮性の指標として評価した。また、姿勢によるH反射の変動にアスリート特異性が見られるか検討するため、伏臥位と立位の二条件でH反射のリクルートメントカーブを計測した。また、MRIを用いて、アスリートにおける脳の構造、安静時機能ネットワークを計測する実験を行った。今後も研究を継続し、被験者数を増やしたうえで、アスリートにおける特異的な中枢神経系の可塑的変化を明らかにする予定である。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
スポーツ教養演習I 10スポーツ科学部2020春学期
スポーツ教養演習II 10スポーツ科学部2020秋学期
スポーツ英語D:文献(トップパフォーマンス) 02スポーツ科学部2020秋学期
情報処理 05スポーツ科学部2020秋学期
スポーツ動作情報解析 01スポーツ科学部2020秋学期
論文作成技法 01大学院スポーツ科学研究科2020春学期
スポーツ科学演習 02大学院スポーツ科学研究科2020春学期