氏名

イテヤ ミサキ

射手矢 岬

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0053138/)

所属

(スポーツ科学部)

本属以外の学内所属

兼担

スポーツ科学学術院(大学院スポーツ科学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学歴・学位

学歴

1980年04月-1984年03月 筑波大学 体育専門学群
1984年04月-1986年03月 筑波大学大学院 体育研究科(修士課程)
1988年04月-1995年03月 筑波大学大学院 体育科学研究科(博士課程)

学位

博士(体育科学) 筑波大学

経歴

1997年04月-2016年03月東京学芸大学芸術・スポーツ科学系講師から教授
2016年04月-2018年10月早稲田大学スポーツ科学学術院教授

所属学協会

日本武道学会 理事

日本コーチング学会 理事

日本体育学会

委員歴・役員歴(学外)

2014年11月-全日本柔道連盟医科学委員会
2014年11月-全日本柔道連盟重大事故対策委員会

受賞

日本武道学会優秀論文賞

2012年09月

研究分野

キーワード

柔道、スポーツ運動学、トレーニング、武道

論文

柔道授業における投げ技・固め技の危険認識:柔道経験の差による比較

山﨑元太,鈴木桂治,田中力,塚田真希,射手矢岬

武道学研究査読有り51(1)p.21 - 332018年08月-2018年08月 

指導者の言葉がけがユース年代の選手のサッカー有能感に与える影響

安部 久貴,村瀬 浩二,落合 優,射手矢 岬,鈴木 直樹

体育学研究査読有り63p.97 - 1022018年06月-2018年06月 

視覚障害者柔道選手における柔道継続要因の検討:晴眼柔道実践者との比較から

枝元香菜子,高野千春,香田,渡辺涼子,射手矢岬

武道学研究査読有り50(1)p.1 - 112017年09月-2017年09月 

The Influence of Joint Positioning of the Osoto-gari Sweeping Leg on Muscle Force Potential of the Gastrocnemius,

Rodney Imamura, Misaki Iteya, and Daryl L. Parker

講道館柔道科学研究会紀要16p.77 - 832017年03月-2017年03月 

工業高等専門学校における柔道授業の成果と課題

川内谷一志,佐野博昭,枝元香菜子,岡村さやか,射手矢岬

大分工業高等専門学校紀要53p.21 - 272016年11月-2016年11月 

柔道授業における投げ技・固め技の危険場面の認識 —男女大学生の比較—

山﨑元太,塚田真希,鈴木桂治,田中力,福見友子、射手矢岬

東京学芸大学紀要芸術・スポーツ科学系68p.199 - 2042016年10月-2016年10月 

授業前後における柔道に対するイメージの変化 −工業高等専門学生を対象にして−

川内谷一志,佐野博昭,岡村さやか,射手矢岬

大分工業高等専門学校紀要52p.1 - 62015年11月-2015年11月 

柔道選手の押し動作におけるパワー発揮

齊藤昌幸,射手矢岬,岡田英孝,柳澤久,齋藤悟,増地千代里,岡田弘隆,木村昌彦

講道館柔道科学研究会紀要15p.83 - 932015年03月-2015年03月 

柔道の八方の崩しにおける安定領域と不安閾値

竹内優香,諏訪里英,安川生太,藤枝賢晴,射手矢岬

講道館柔道科学研究会紀要15p.73 - 822015年03月-2015年03月 

Timing Characteristics of Pulling Force and Ground Force During Kuzushi and Tsukuri Phases of Seio-nage,

Rodney Imamura, Daryl L. Parker, and Misaki Iteya

講道館柔道科学研究会紀要15p.65 - 712015年03月-2015年03月 

Japon – France: deux modalitiés d’ éducation au bien être ensemble

Thierry COLIN, Misaki ITEYA

査読有り151p.23 - 242015年03月-2015年03月 

柔道衣と畳の科学

射手矢岬

体育の科学64(9)p.626 - 6312014年09月-2014年09月 

スポーツ遺伝子と柔道競技

射手矢岬,南條充寿,井上康生,渡辺涼子,枝元香菜子

柔道科学研究19p.16 - 202014年12月-2014年12月 

Relationship between Stroop/reverse-Stroop inter-ference and postural sway when standing in elderly people.

Ikeda, Y., Hirata, S., Maeda, W., Okuzumi, H., Kokubun, M., Ambe, H., Fujieda, Y., Suijo, K., Hayashi, J., & Iteya, M.

査読有り2(9)p.1 - 72013年12月-2013年12月 

全日本女子柔道選手のシャトルランテスト目標値の推定

曽我部晋哉,岡田隆二,田辺勝,徳野和彦,日蔭暢年,白瀬英春,出口達也,南條充寿,貝山仁美,薪谷翠,中村浩亮,小山勝弘,射手矢岬

講道館柔道科学研究会紀要14p.75 - 802013年03月-2013年03月 

船漕ぎ運動の運動学的研究 −武道に活かせるか−

射手矢岬,谷口一真,石原元気,森岡丈雅

講道館柔道科学研究会紀要14p.51 - 602013年03月-2013年03月 

一流重量級柔道選手における脚伸展パワー

佐藤武尊,秋本啓之,金丸雄介,鈴木桂治,小野卓志,増地克之,岡田弘隆,射手矢岬

柔道科学研究18p.26 - 292013年03月-2013年03月 

Le judo : une éducation pour faire face à l’incertain ? Le cas des compétitions sans catégories de poids pour les enfants au Japon

Colin T., Joncheray H., Iteya M. 

査読有り34(99)p.61 - 702013年01月-2013年01月 

柔道における後頭衝突時の急性硬膜下血腫発生評価指標の比較と頭部保護具の効果

相場 一希,大宮 正毅,射手矢岬,紙谷 武,戸松 泰介

日本機械学会論文集(A編)査読有り78(796)p.1631 - 16412012年12月-2012年12月 

後ろ受け身の研究について

射手矢岬

柔道科学研究17p.16 - 172012年03月-2012年03月 

柔道実践者の継続理由に関する研究

射手矢岬,村田直樹,高橋進,コラン・チェリー

武道学研究査読有り44(1)p.13 - 232011年06月-2011年06月 

柔道における子どもと指導者および保護者の柔道観

藤原修一,射手矢岬,コラン・チェリー,濱田初幸,尾形敬史

講道館柔道科学研究会紀要13p.135 - 1462011年03月-2011年03月 

全国中学校柔道大会出場選手の実態分析 –出場回数及び出場階級推移からの検討-

村山晴夫,射手矢岬,春日井淳夫,小山勝弘,佐藤伸一郎,石川美久,竹澤稔裕

講道館柔道科学研究会紀要13p.97 - 1052011年03月-2011年03月 

大学柔道選手の押し動作におけるパワー特性

射手矢岬,富田悠香,柳澤久,齋藤悟,金子克己

講道館柔道科学研究会紀要13p.79 - 862011年03月-2011年03月 

Mechanical Power of the Sweeping Leg During Osoto-gari

Rodney T. Imamura, Misaki Iteya, David Mandeville, Daryl L. Parker

講道館柔道科学研究会紀要13p.71 - 772011年03月-2011年03月 

柔道の組み手と上・下肢の機能について

射手矢岬,小山勝弘,村山晴夫,出口達也,岡田弘隆,南條充寿,春日井淳夫

講道館柔道科学研究会紀要13p.61 - 692011年03月-2011年03月 

国際試合における韓国人強豪選手の試合展開について

谷口一真,射手矢岬,佐藤伸一郎,山本洋祐,正木嘉美,篠原信一,井上康生,中西英敏,小嶋新太

柔道科学研究16p.1 - 52010年03月-2010年03月 

全日本女子強化選手の体カタイプ別分類によるトレーニング目標の作成

曽我部晋哉,園田隆二,田辺 勝,徳野和彦,吉村和郎,日蔭暢年,斉藤 仁,木村昌彦,白瀬英春,出口達也,南條充寿,貝山仁美,薪谷 翠,野瀬清喜,三戸範之,松雪 博,渡辺涼子,園田教子,射手矢 岬,小山勝弘

柔道科学研究15p.19 - 222010年03月-2010年03月 

国際大会の日本人選手の試合展開について

射手矢岬,谷ロー真,佐藤伸一郎,山本洋祐,正木嘉美,岡田弘隆,篠原信-,園田隆二

柔道科学研究15p.13 - 182010年03月-2010年03月 

全国中学校柔道大会出場選手の体力について(2)−2000年〜2009年における体力の現状及び階級別比較 −

村山晴夫,射手矢岬,小山勝弘,佐藤伸一郎,石川美久,横山喬之,大迫明伸,野瀬清喜

柔道科学研究15p.1 - 82010年03月-2010年03月 

講演・口頭発表等

H反射法による武道の「構え」の解析

長谷川公輝、射手矢岬

日本武道学会第51回大会2018年09月

Analyzing the Negative Impact of Elite Sporting Culture behind Japanese Judo Elite Success from 2000 to 2016

Wu, D. Y., Nakamura, H., & Iteya, M.

Oral presented at the 2018 The European Sport Management Conference2018年09月

Analyzing the Negative Impact of Elite Sporting Culture behind Japanese Judo Elite Success from 2000 to 2016

Wu, D. Y., Nakamura, H., & Iteya, M.

Poster presented at the 2018 the SGU International Forum2018年03月

A Biomechanical Analysis of Seoi-nage: A Kinematic Comparison Between Expert and Non-Expert Levels

Naoki ITAMI, Hiroshi YAMADA, Hideyuki NAGAO, Seiji MIYAZAKI, Hidetoshi NAKANISHI, Kenichiro AGEMIZU, Kousei INOUE, Ryunosuke HAGA, Keita OGAWARA, and Misaki ITEYA

Proceedings of the 2017 International Budo Conference2017年09月

A Biomechanical Analysis of Seoi-nage and Uchimata: Differences in Trunk Rotation

Teruaki MARUYAMA, Hiroshi KUBOTA, Misaki ITEYA, and Tomoko FUKUMI

Proceedings of the 2017 International Budo Conference2017年09月

Strength training in Judo: The relationship between strength and performance. International conference on Strength Training

Iteya, M.

Keynote speaker in Scientific Program招待有り2016年12月

詳細

国際会議

ACTN3およびACE遺伝子多型と柔道選手の体力

射手矢岬

日本体育学会第67回大会号2016年08月

釣り手がパフォーマンスに与える影響 -釣り手の形体や位置に着目して−

射手矢岬,山﨑元太,福見友子,小野沢弘史

日本武道学会第49回大会2016年09月

体育授業における柔道のイメージについて−工業高等専門学生を対象にして−

岡村さやか,渡辺百合子,射手矢岬

日本武道学会第48回大会2015年09月

柔道授業の危険場面の認識

山﨑元太,齊藤昌幸,塚田真希,鈴木桂治,田中力,射手矢岬

日本武道学会第48回大会2015年09月

柔道選手におけるACTN3およびACE遺伝子多型とパワー発揮の関係について

竹内優香,藤枝賢晴,射手矢岬

日本武道学会第48回大会2015年09月

ドスコイバーを用いた押し動作の運動学的研究

齊藤昌幸,柳澤久,増地千代里,岡田弘隆,木村昌彦,射手矢岬

日本武道学会第48回大会2015年09月

背負投の崩しに関する運動学的研究−受けの体重分布に着目して−

射手矢 岬,金丸雄介,井上康生,越原未歩

日本武道学会第48回大会2015年09月

ドスコイバーを用いた押しパワーの発揮 −床反力との関係に着目して−

齊藤昌幸,柳澤久,射手矢岬,増地千代里,岡田弘隆,木村昌彦

日本武道学会第47回大会2014年09月

転倒予防プログラム開発の可能性の検討 〜日本伝統武道である柔道の重心制御の観点から〜

安川生太,射手矢岬,竹内優香,齊藤昌幸

日本武道学会第47回大会2014年09月

柔道における崩しの研究 –重心からみた安定領域と不安域−

竹内優香,安川生太,山崎元太,射手矢岬

日本武道学会第47回大会2014年09月

柔道競技者のスポーツ遺伝子の特徴

射手矢岬,竹内優香,渡辺百合子,岡村さやか

日本武道学会第47回大会2014年09月

指導者の声かけが中学生サッカー選手の有能感に与える影響

安部久貴,村 瀬浩二,田村達也,射手矢岬,落合優

日本体育学会第65回大会号2014年08月

The effects of an exercise program applied with Gōjū-ryū karatedo kata breathing methods on physical and mental aspects in elderly women

Kanako EDAMOTO, Shota YASUKAWA, Yoshiharu FUJIEDA, Hisataka AMBE, and Misaki ITEYA

Proceedings of the 2013 International Budo conference by the Japanese Academy of Budo2013年09月

A functional MR imaging trial for kata motor imagery tasks of experts in karate and judo

Yoshiharu FUJIEDA, Shota YASUKAWA, Hisataka AMBE, and Misaki ITEYA

Proceedings of the 2013 International Budo conference by the Japanese Academy of Budo2013年09月

Physical safety and mental benefits of exercise prescription based on Gōjū-ryū karatedo kata breathing method for Japanese elderly

Shota YASUKAWA, Yoshiharu FUJIEDA, Kanako EDAMOTO, Hisataka AMBE, Kakuichi SHIOMI, and Misaki ITEYA

Proceedings of the 2013 International Budo conference by the Japanese Academy of Budo2013年09月

The Pushing or Pulling Force Exertion Under Unbalanced Conditions

Misaki ITEYA and Kazuma TANIGUCHI

Proceedings of the 2013 International Budo conference by the Japanese Academy of Budo2013年09月

Comparison of Ushiro Ukemi Skill between Beginners and Black Belts in Judo

Chieko KOBATA, Kazuki AIBA, Ryutaro SUZUKI, Naomichi OGIHARA, Masaki OMIYA, Misaki ITEYA, Hidetaka OKADA,Takeshi KAMITANI, and Taisuke TOMATSU

International Judo Symposium2011年12月

Comparative sociological analysis of judo practice for children aged from 7 to 12 years old in France and in Japan.

T., COLIN (Phd.), M., ITEYA, and B., DURING

EJU-2nd European Science of Judo poster Exhibition2011年04月

投技における崩しのバイオメカニクス的研究

谷口一真,射手矢岬

日本武道学会第44回大会2011年09月

柔道の修行継続理由〜視覚障害者柔道選手について〜

射手矢岬,谷口一真,村田直樹

日本武道学会第44回大会2011年09月

About Match Development and Outcome in Judo

Kazuma Taniguchi, Misaki Iteya, and Sinichiro Sato

International Judo Symposium2010年09月

A Study of the Reasons for Continuation of Judo

Misaki Iteya, Naoki Murata, Susumu Takahashi, and Thierry Colin

International Judo Symposium2010年09月

Views of School Children, Judo Instructor,s and Parents on Judo

Shuichi Fujiwara and Misaki Iteya

International Judo Symposium2010年09月

柔道における試合展開と勝敗について

谷口一真,射手矢岬,佐藤伸一郎

日本武道学会第43回大会2010年09月

柔道の修行継続の理由に関する研究

射手矢岬,村田直樹,高橋進,Thierry Colin

日本武道学会第43回大会2010年09月

小学生と指導者および保護者の柔道観に関する研究

藤原修一,Thierry Colin, 射手矢岬

日本武道学会第43回大会2010年09月

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

潜在連想テストを用いた中学生・大学生の「武道」イメージの検証

2013年-0月-2016年-0月

配分額:¥3120000

研究種別:

クレアチン経口摂取により女子柔道選手の運動パフォーマンスは高まるか?

配分額:¥2800000

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
演習I(武道のコーチング)スポーツ科学部2020秋学期
演習II(武道のコーチング)スポーツ科学部2020春学期
演習III(武道のコーチング)スポーツ科学部2020秋学期
演習IV(武道のコーチング)スポーツ科学部2020春学期
スポーツ方法実習I(柔道) 01スポーツ科学部2020春学期
スポーツ方法実習I(柔道) 02スポーツ科学部2020春学期
スポーツ方法実習II(柔道) 01スポーツ科学部2020秋学期
スポーツ方法実習II(柔道) 02スポーツ科学部2020秋学期
スポーツコーチング理論・実習I(柔道)スポーツ科学部2020春学期
スポーツコーチング概論スポーツ科学部2020春学期
スポーツ技術・戦術論(柔道)スポーツ科学部2020春学期
スポーツコーチング理論・実習II(柔道)スポーツ科学部2020夏季集中
アスリートサポート論スポーツ科学部2020秋学期
アスリートサポート実習Iスポーツ科学部2020春学期
武道のコーチング学研究指導A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
武道のコーチング学研究指導B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
エリートコーチング研究指導A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
エリートコーチング研究指導B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
武道のコーチング学演習(1)A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
武道のコーチング学演習(1)B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
エリートコーチング演習(1)A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
エリートコーチング演習(1)B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
武道のコーチング学演習(2)A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
武道のコーチング学演習(2)B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
コーチ学特論大学院スポーツ科学研究科2020秋クォーター
武道のコーチング学特論大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
武道のコーチング学研究指導(D)A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
武道のコーチング学研究指導(D)B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
柔道 01グローバルエデュケーションセンター2020春学期
柔道(護身術) 01グローバルエデュケーションセンター2020秋学期
体育各部1年目 (柔道部)グローバルエデュケーションセンター2020通年
体育各部2年目 (柔道部)グローバルエデュケーションセンター2020通年