氏名

マツオカ シュンジ

松岡 俊二

職名

教授

所属

(大学院アジア太平洋研究科)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
smatsu@waseda.jp

住所・電話番号・fax番号

住所
〒169-0051新宿区西早稲田1丁目21-1 西早稲田1丁目21-1 早大西早稲田ビル7階
電話番号
03-5286-1471
fax番号
03-5272-4533

URL等

WebページURL

http://www.f.waseda.jp/smatsu/

研究者番号
00211566

本属以外の学内所属

兼担

政治経済学術院(大学院経済学研究科)

政治経済学術院(大学院政治学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

理工学術院(大学院先進理工学研究科)

学内研究所等

国際教育協力研究所

研究所員 2015年-2018年

国際教育協力研究所

研究所員 2018年-

国際開発協力研究所

プロジェクト研究所所長 2008年-2012年

アジア研究所

研究所員 2009年-2011年

レジリエンス研究所

研究所員 2015年-

アジア研究所

研究所員 2011年-2012年

国際開発協力研究所

プロジェクト研究所所長 2008年-2008年

アジア研究所

研究所員 2012年-2013年

アジア研究所

研究所員 2013年-2013年

国際教育協力研究所

研究所員 2012年-2014年

レジリエンス研究所

プロジェクト研究所所長 2015年-

東日本大震災復興研究拠点・複合災害研究所

研究所員 2011年-2015年

学歴・学位

学歴

-1988年 京都大学 経済学研究科 経済政策学

学位

博士(学術) 論文 広島大学 環境影響評価

経歴

1988年-京都大学大学院経済学研究科・単位認定退学。
1988年-広島大学総合科学部講師。
1991年-同助教授。
1994年-広島大学大学院国際協力研究科助教授。
2002年-同教授。
2007年04月-早稲田大学教授(アジア太平洋研究科)。
(客員教授など)
1996年-マラヤ大学客員教授。
2000年-アメリカン大学客員研究員。
2007年-2008年鳥取大学乾燥地研究センター客員教授。
2007年-2008年国際東アジア研究センター客員研究員。

所属学協会

日本評価学会 理事

国際開発学会 理事

環境経済・政策学会 理事

委員歴・役員歴(学外)

2011年-度 外務省・ODA国別評価(タイ)・主任
2008年-度−2010年度:国連大学「アフリカへの持続可能な開発教育(ESDA)」支援検討委員
2008年-度−2011年度:環境省「日本モデル環境対策技術等の国際展開」検討委員
2007年-度−2011年度:環境省・調査事業(地球・人間環境フォーラム受託)「北東アジアにおける砂漠化・干ばつ対策事業(モンゴル)」チーフ・アドバイザー
2007年-度−現在:広島市「環境審議会」委員
2006年-度−2007年度:国際協力銀行(JBIC)・SAPS事業「インドネシア共和国環境モニタリング改善事業に係る援助効果促進調査」広島大学・三菱総合研究所共同企業体・団長(契約金額 4100万).
2006年-度:国際協力機構(JICA)・研修事業「長期研修・ベトナム科学技術アカデミー・環境技術研究所・水環境改善事業」研修員受入
2005年-度−2006年度:環境省・調査事業(地球・人間環境フォーラム受託),「北東アジアにおける砂漠化・干ばつ対策委員会」委員
2005年-度:国際協力機構(JICA)・評価事業「OECD・DAC開発評価ネットワーク・専門家会合:SIDA主催セミナー『国レベルのODA評価』(ストックホルム)」, 調査団・団員
2005年-度:岡山県倉敷市「国際貢献等検討委員会」委員
2005年-度−2007年度:文部科学省・連携融合事業「平和構築に向けた社会的能力の形成と国際協力のあり方に関する調査研究」事業推進委員長
2004年-度-2005年度:国際協力機構(JICA)・評価事業「特定テーマ評価(経済連携):貿易分野における社会的能力の形成とその支援のあり方」 広島大学・三菱総合研究所共同企業体・団長(契約金額 5375万).
2004年-度:国際協力銀行(JBIC)「海外経済協力業務実施方針最終評価に係る外部有識者委員会」委員
2004年-度−2007年度:国際協力銀行(JBIC)「JBIC学生論文コンテスト審査委員会」委員
2004年-度−現在:広島市「廃棄物処理事業審議会」委員
2004年-度−2008年度:国際協力機構(JICA)・研修事業, 地域別研修コース「社会的環境管理能力の形成と政策評価(中国国際センター)」コース・リーダー
2003年-度−2007年度:文部科学省・21世紀COEプログラム「社会的環境管理能力の形成と国際協力拠点(学際・複合・新領域)」拠点リーダー
2003年-度:国際協力機構(JICA)・評価事業「度特定テーマ評価(環境分野):環境センター・アプローチ, 途上国における社会的環境管理能力の形成と環境協力:フィードバック・セミナー」代表研究者(国際開発学会環境ODA評価研究会)(契約金額1230万).
2003年-度:国際協力機構(JICA)・専門家派遣「第三国研修・東アジアの環境政策(中国・北京市、日中友好環境保全センター)」短期専門家
2003年-度:北九州市・委託調査事業(国際東アジア研究センター・日本貿易振興機構アジア経済研究所受託)「東アジア経済交流推進機構・基本構想策定」検討委員会委員

受賞

アジア経済研究合同学会・優秀論文賞

2000年08月

研究分野

キーワード

環境経済・政策学、開発研究、持続可能な開発、グローバル・サステイナビリティ、国際開発協力

科研費分類

環境学 / 環境解析学 / 環境影響評価

共同研究希望テーマ

グローバル・サステイナビリティの政治・経済・社会システム

希望連携機関:大学等の研究機関との共同研究

研究テーマ履歴

2009年-2013年グローバル・サステイナビリティと社会的能力形成

研究テーマのキーワード:持続可能な開発、サステイナビリティ、国際開発協力、社会的能力開発

国際共同研究

論文

Capacity Development and Social Capacity Assessment (SCA)

Shunji Matsuoka et. al

Journal of Evaluation Studies8(2)p.65 - 812008年-

国際開発協力におけるキャパシティ・ディベロップメントと制度変化アプローチ

松岡俊二

アジア太平洋討究11p.223 - 2372008年06月-

Capacity Development and Institutional Change in International Development Cooperation

Shunji MATSUOKA

アジア太平洋討究12p.43 - 732009年06月-

日本のNPO活動水準を規定する組織要因と地域要因の分析

胡 笳;田中 勝也;松岡 俊二

ノンプロフィット・レビュー17(1)p.39 - 482017年-2017年

CiNii

詳細

ISSN:1346-4116

概要:

本研究は地域活性化につながるNPOの活動水準を,資金力,人材力,連携力と定義した.先行研究で考慮されていなかったNPOの活動水準を規定する地域要因も取り入れ,地域要因と組織要因とを統合して分析するため,内閣府が行ったNPO法人に対するアンケート調査結果(1,079団体)を用い,市町村レベルにおけるNPO活動水準の規定要因に関する実証的分析を行った.分析の結果,組織要因については,活動年数と情報発信の手段数がNPO活動水準に正の効果があり,また,活動の分野数と地理的範囲はNPOの他団体との連携に正の効果があった.活動開始の動機については,事業活動の幅の開拓のような設立者自身の意思で活動を開始したNPOより,行政からの勧奨で活動を開始したNPOの方が規模が大きい.地域要因については,経済基盤要因と政治参加の度合いがNPO活動水準に影響を与えていることが示され,NPO団体の新設立に対して地域条件も考慮する必要があると提示した.

「フクシマの教訓」と原子力リスク・ガバナンス

松岡 俊二

環境経済・政策研究8(2)p.77 - 812015年-2015年

CiNii

詳細

ISSN:1882-3742

Complementary approaches to discursive contestation on the effects of the IPR regime on technology transfer in the face of climate change

Oh, Chaewoon; Oh, Chaewoon; Matsuoka, Shunji

Journal of Cleaner Production128p.168 - 1772016年08月-2016年08月 

DOIScopus

詳細

ISSN:09596526

概要:© 2015 Elsevier LtdThe effects of intellectual property rights (IPR) on the transfer of environmentally sound technologies (ESTs) has resulted in discursive contestation. On the one hand, the IPR regime is regarded as a catalyst to ESTs transfer. On the other hand, the IPR regime itself is argued to work as a barrier to the transfer of ESTs to developing countries. This contestation moved to another layer of discussion concerning what to do about the current IPR regime and the climate change regime that overlap on the subject matter of technology transfer. The IPR-as-a-catalyst approach prefers the IPR regime to remain as the status quo and that the climate change regime construct an enabling environment by lowering the transaction costs of technology transfer and enhancing the regulatory capacity of developing countries. On the contrary, skeptics of the role of the IPR regime in ESTs transfer prefer an active utilization of the flexible mechanisms of the IPR regime and more interventionist actions by the climate change regime for effective IPR-sharing. Regarding this bi-polar contestation, this paper analyzes why and where this discursive contestation occurs based on the economic theories of market failure. The benefits and difficulties of remedial institutional approaches to tackle market failures are explored; then, complementary institutional designs in compatibility with the IPR regime and in response to market failures are explored with exemplary cases under the climate change regime.

Institutional mechanisms and the consequences of international environmental agreements

Kim, Yoomi; Kim, Yoomi; Kim, Yoomi; Tanaka, Katsuya; Matsuoka, Shunji

Global Environmental Politics17(1)p.77 - 982017年02月-2017年02月 

DOIScopus

詳細

ISSN:15263800

概要:© 2017 by the Massachusetts Institute of Technology. This article examines the institutional mechanisms affecting the environment and economies of the member countries of international environmental agreements (IEAs), particularly focusing on the legalization and flexibility aspects of IEAs. To identify the factors that influence the consequences of IEAs, we applied the Bayesian probit model to a database including 123 IEAs related to 23 international environmental regimes. The environmental consequences data were taken from the existing database and rescored (Böhmelt and Pilster 2010; Breitmeier et al. 2006), and unintended economic consequences were identified using data from 209 countries. Legally binding IEAs showed a significant improvement of environmental performance, but a significant decrease was related to the presence of inflexible rules. Moreover, decision-making flexibility was positively related to environmental improvement, and negatively related to regime body flexibility. The economic consequences model showed a positive significant impact of the secretariat’s independence on the economies of member countries, while legally binding IEAs showed negative effects. All flexibility elements showed positive impacts on economic consequences. In our research, IEA uncertainty had negative effects on both the environmental and economic aspects; however, we observed positive relationships in the environment and economic analyses when IEAs promoted public goods.

The genesis and end of institutional fragmentation in global governance on climate change from a constructivist perspective

Oh, Chaewoon; Oh, Chaewoon; Matsuoka, Shunji

International Environmental Agreements: Politics, Law and Economics17(2)p.143 - 1592017年04月-2017年04月 

DOIScopus

詳細

ISSN:15679764

概要:© 2015, Springer Science+Business Media Dordrecht. Global governance on climate change experienced institutional fragmentation by the generation of a competing institution, the Asia-Pacific Partnership on Clean Development and Climate (APP), in 2005, outside the previously dominant institutions of the United Nations Framework Convention on Climate Change and the Kyoto Protocol. Why was a competing institution created beside the extant dominant institutions in a singular international issue area? This puzzling question on the genesis of institutional fragmentation has been theoretically explored through international relation theories. However, a full-fledged answer has not come yet. This paper explains the genesis of institutional fragmentation on the theoretical grounds of constructivism’s normative contestation for strategic social construction. Results show that the APP was created by a norm entrepreneur as an orga nizational platform to embody normative contestation and diffuse the competing normative interpretations of climate change norms.

書籍等出版物

Effective Environmental Management in Developing Countries: Assessing Social Capacity Development

Matsuoka, S. ed.

Palgrave-Macmillan2007年 10月-

環境経済・政策学の基礎知識

松岡俊二

有斐閣2006年-

環境経済・政策学会年報 第10号:環境再生

上嶋英機・坂川勉・武内和彦・宮田洋子・戸田常一・松岡俊二

東洋経済新報社2005年-

国際開発研究:自立的発展へ向けた新たな挑戦

松岡俊二(編)

東洋経済新報社2004年-

シリーズ国際開発 第2巻 環境と開発

井村秀文・松岡俊二・下村恭民(編)

日本評論社2004年-

現代世界経済叢書4 アジア経済論

松岡俊二

ミネルヴァ書房2004年-

アジ研トピックレポートNo.50:アジアにおける社会的環境管理能力の形成:ヨハネスブルク・サミット後の日本の環境ODA政策

松岡俊二・朽木昭文(編)

アジア経済研究所2003年-

IDE Spot Survey: Social Capacity Development for Environmental Management in Asia: Japan’s Environmental Cooperation after Johannesburg Summit 2002

Matsuoka, S. and A. Kuchiki eds

Institute of Development Economies2003年-

岩波講座 環境経済・政策学 第6巻 地球環境問題とグローバル・コミュニティ

松岡俊二

岩波書店2002年-

環境経済・政策学会年報 第3号:アジアの環境問題

松岡俊二・松本礼史

東洋経済新報社1998年-

東南アジア:サステナブル世界への挑戦

松岡俊二

有斐閣1998年-

大型プロジェクトの評価と課題

松岡俊二

晃洋書房1997年-

景観のグランドデザイン

松岡俊二

共立出版1995年-

地球環境キーワード

松岡俊二

有斐閣1994年-

国際産業論:グローバル・インダストリ論序説

松岡俊二

ミネルヴァ書房1993年-

都市再生の政治経済学

松岡俊二

東洋経済新報社1993年-

沿岸都市とオープンスペース

松岡俊二

都市文化社1991年-

都市とウォーターフロント

松岡俊二

都市文化社1988年-

地方財政の国際比較

松岡俊二

勁草書房1986年-

現代資本主義と地域

松岡俊二

法律文化社1982年-

講演・口頭発表等

共通論題報告・グローバル・サステイナビリティ実現のための国際開発協力学構築の可能性を考える

国際開発学会第10回春季大会2009年06月

詳細

口頭発表(一般)

東アジアにおける地域統合と「環境共同体」:東アジア酸性雨モニタリングネットワーク(EANET)と長距離越境大気汚染条約(LRTAP)との比較

環境経済・政策学会2008年大会2008年09月

詳細

口頭発表(一般)

共通論題報告・これからの開発援助を考える:今、日本の開発援助研究がすべきことは何か?

国際開発学会第19回全国大会2008年11月

詳細

口頭発表(一般)

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

原子力災害被災地におけるコミュニティ・レジリエンスの創造

2015年-0月-2018年-0月

配分額:¥3640000

研究種別:

制度論アプローチによる地球持続性学の構想

2011年-0月-2014年-0月

配分額:¥2990000

研究種別:基盤研究(B)

アジア・太平洋海域における有用海洋生物資源調査

2009年-2011年

研究分野:生物分子科学

配分額:¥17420000

研究種別:

都市環境創造における政策過程・政策成果と社会的能力に関する研究

配分額:¥14200000

研究種別:

環境政策の便益評価に関する東アジア地域比較研究

配分額:¥7100000

研究種別:

環境保全型経済成長に向けての技術・経済システムに関する日中共同研究

配分額:¥6000000

研究種別:

持続的環境利用システムとしての市場・政府・コモンズに関する比較研究

配分額:¥2700000

研究種別:

環境資源の持続的利用におけるコモンズ的手法に関する研究

配分額:¥2000000

研究種別:

東南アジアの環境問題と国際協力のあり方に関する研究

配分額:¥6800000

研究種別:

環境資源の経済的評価に基づく持続性基準に関する研究

配分額:¥1700000

研究種別:

自然環境の経済的評価に関する研究

配分額:¥900000

研究種別:

持続可能な発展のためのグローバルパートナーシップと地域システム-東南アジア都市の発展に与えた外国投資の影響-

配分額:¥11000000

研究種別:

環境・災害の経済構造とその変動に関する研究

配分額:¥11400000

研究種別:

合衆国の産業構造転換過程における都市問題ー伝統的工業都市の衰退と再生をめぐってー

配分額:¥18500000

研究種別:

沿岸域環境の都市的理用と保全に関する研究

配分額:¥4000000

研究種別:

高レベル放射性廃棄物(HLW)処理・処分施設の社会的受容性に関する研究

2016年-0月-2019年-0月

配分額:¥16120000

研究種別:

可逆性アプローチによる高レベル放射性廃棄物(HLW)管理政策と世代間公平性

2019年-0月-2022年-0月

配分額:¥17030000

研究資金の受入れ状況

実施形態:共同研究

21世紀COEプログラム・社会的環境管理能力の形成と国際協力拠点2003年-2007年

学内研究制度

特定課題研究

持続可能な地球社会形成のためのガバナンスとジャーナリズムに関する研究

2010年度

研究成果概要: 本研究・「持続可能な地球社会形成のためのガバナンスとジャーナリズムに関する研究」は、地球持続性研究の課題群から、ガバナンスとジャーナリズムという2つの課題に着目し、持続可能な地球社会形成の動態過程を考察することを目的とした。その... 本研究・「持続可能な地球社会形成のためのガバナンスとジャーナリズムに関する研究」は、地球持続性研究の課題群から、ガバナンスとジャーナリズムという2つの課題に着目し、持続可能な地球社会形成の動態過程を考察することを目的とした。その際、本研究は、地球環境ガバナンスの形成のためには、重層的・多面的環境ガバナンスの研究と重層的・多面的アクター間の情報共有を促進するジャーナリズム研究を結びつけることが不可欠であるとの仮説に基づいた。そのため、本研究は、重層的多面的環境ガバナンスの理論的・実証的分析を主に環境経済学や環境政治学に基づいて行い、こうしたガバナンス形成にかかわるジャーナリズムのあり方を主として社会学をベースとしたジャーナリズム(マスコミ)研究として組織し、全体として学際的共同研究を行うことを目的としたものであった。 本研究計画は当初、5年間の研究期間を予定していたが、1年間の準備期間となったため、主に重層的・多面的ガバナンスの形成と発展に焦点を当てた、研究活動を行うこととした。また、共同研究者として、日本大学生物資源科学部・松本礼史准教授、滋賀大学環境総合研究センター・田中勝也准教授などが参加した。 2010年度の研究では、重層的・多面的ガバナンスの具体的な分析対象として東アジアにおける地域環境制度をとりあげ、こうした地域環境制度の形成と発展のメカニズムに焦点をあてた研究活動を行い、環境経済政策学会、ヨーロッパ環境政治学会、国際開発学会などにおいて研究報告を行うとともに、論文などを作成した。 以上の研究活動を通じて、以下のような知見を得た。(1)重層的・多面的環境ガバナンスとしての地域環境制度の分析を、制度論的アプローチにより行うことによって、東アジアの地域協力制度の経路依存性が1990年代前半の政治社会経済状況に大きく規定されていることがわかった。(2)東アジアの地域環境制度は、従来、弱い制度あるいは効果的ではない制度として把握されてきたが、こうした弱い制度が持続しているメカニズムの解明が重要である。(3)地域環境協力制度は、経済協力制度や政治的・安全保障協力制度などと相互関連性・相互規定性が強くあり、こうしたセクター間・機能間の制度間関係を分析することが今後の制度変化や制度発展を考える上で重要である。

社会的能力形成と制度変化アプローチによる地球持続性学の構築

2010年度

研究成果概要: 本研究計画は、経済史研究のD. North、コモンズ研究のE. Ostromや政治学のR. Putnam、O. Youngらの社会科学者における近年の制度研究の台頭に着目し、開発援助研究における能力構築論と社会科学における制度研... 本研究計画は、経済史研究のD. North、コモンズ研究のE. Ostromや政治学のR. Putnam、O. Youngらの社会科学者における近年の制度研究の台頭に着目し、開発援助研究における能力構築論と社会科学における制度研究を突き合あせ、融合・進化させることにより、国際開発協力研究という観点から新たな地球持続性(グローバル・サステイナビリティ)学を構築することを目的としたものであった。 具体的には、能力構築の議論を制度研究と融合・進化させ、「社会的能力形成と制度変化」という視角から途上国の社会的能力や制度の現状と問題点を評価する方法を、社会的能力アセスメント手法(Social Capacity Assessment; SCA)として開発し、こうした社会的能力アセスメント手法によって途上国の社会的能力と制度変化を分析し、「社会的能力形成と制度変化」アプローチを国際開発協力政策へ具体化することにより、地球持続性学の構築を試みることとした。「社会的能力形成と制度変化」アプローチに基づく国際開発協力をめぐる研究成果は、国際開発協力からみた地球持続性学の展開といった学術的成果だけではなく、グローバル・サステイナビリティ社会の形成支援をめざす世界の国際開発協力政策に対しても大きく寄与するものと考えられる。 当初の研究実施期間の予定が3年であったところ、1年間の準備研究期間となったため、社会的能力の形成と制度変化の応用・適用対象として、東アジアにおける地域環境管理制度の構築を設定し、2010年9月の環境経済政策学会や2010年12月の国際開発学会の全国大会において、「環境管理能力の形成と制度変化」に関する企画セッションなどを開催し、研究成果を報告するとともに関連論文を発表した。 以上の取り組みから以下のような知見を得た。(1)個別社会や主権国家内の社会的能力アセスメントについては、筆者らの開発してきた3×3のアクター・ファクター・マトリックス分析表などの手法が有効である。(2)東アジアにおける地域環境制度などの複数の国家にまたがる社会的能力形成や制度構築については、Putnamの2レベル・ゲームの応用などが可能である。(3)グローバル化の進展の中で、国際機関・多国籍企業・国際NGOなどの国際的なアクターの動きが重要になってきており、こうした国際的アクターの活動基盤となる地域ネットワークの形成や社会的価値や規範の共有などが、地域における能力形成や協力変化にとって重要である。

社会的能力とガバナンスからみた震災復興計画の評価研究

2012年度

研究成果概要: 本研究「社会的能力とガバナンスからみた震災復興計画の評価研究」は、福島原発事故にともなう災害復興に焦点を当て、社会的能力とリスク・ガバナンスいう観点から復興過程と今後の原子力安全規制のあり方を研究することを目的としている。その際... 本研究「社会的能力とガバナンスからみた震災復興計画の評価研究」は、福島原発事故にともなう災害復興に焦点を当て、社会的能力とリスク・ガバナンスいう観点から復興過程と今後の原子力安全規制のあり方を研究することを目的としている。その際、単に原子力災害復興だけでなく、今回の福島事故を引き起こした原子力安全規制の問題点や地域住民の原子力行政に関する認識や信頼が事故の前後でどのように変化しているかも含めた総合的な研究とするように計画した。  原子力リスク・ガバナンスについては、2011.3.11の福島原発事故以前の原子力関係者(政官財マスコミ)による原子力村構造から根本的に脱却し、今後はより開かれた透明性の確保されたアクターの関係性の中でガバナンスを形成する必要がある。そのためには、原子力規制委員会は社会的責任をはたし、国民の信頼を得ることが第一義的に重要である。この点では、活断層評価は開かれた議論を展開しており、一定の信頼回復に貢献したと評価しうる。第2のポイントは、被規制産業である電力産業の改革である。自ら高い安全基準の達成を目指して環境イノベーションを起こすような市場構造や産業組織にすることが重要である。福島事故の社会経済的要因の一つは、垂直型の地域独占制度による競争の欠如であった。先頃、政府は2015年頃をめどに発送電分離を含む電力改革と大幅な自由化を目指すとした方針を明らかにしたが、スピード感が欠如しており、このままでは旧態依然とした電力産業が存続する。有効な社会的規制と規制の社会的能力という観点からは、深刻な問題と評価される。第3のポイントは規制機関と市民社会・地域社会との関係である。この点はすでに述べたように、厳格で科学的な安全規制基準設定とその実施により、原子力規制への社会的信頼を回復することが重要である。また、SA(過酷事故)時の周辺地域避難計画の策定と防災・減災社会の形成も重要である。こうした市民社会・地域社会と規制機関との開かれた透明性のある関係形成にはまだまだ時間を要するものと考えられる。 リスク評価については、規制機関の能力と意図に基づく伝統的な信頼モデルと近年の主要価値類似性(SVS)理論に基づく方法を踏まえ、2013年1月13日に福島県いわき市において8名の被災者を対象とした予備インタビュー調査を実施し、震災前における伝統的モデルの適用可能性と震災後におけるSVSモデルの妥当性を検討した。現在、この予備調査を踏まえ、本調査を2013年度に実施する準備を進めている。

原子力発電の安全規制と社会的能力に関する研究

2013年度

研究成果概要: 2012年9月に発足した原子力規制委員会(NRA)の社会的評価を、主に独立性(政治的、行政的、人事・財政)と透明性(情報公開)という2つの基準から分析を行った。その結果、既存の原子力推進機構・行政からの独立性(行政的独立)は一応... 2012年9月に発足した原子力規制委員会(NRA)の社会的評価を、主に独立性(政治的、行政的、人事・財政)と透明性(情報公開)という2つの基準から分析を行った。その結果、既存の原子力推進機構・行政からの独立性(行政的独立)は一応達成されたものの、環境省の外局としての位置づけには一定の懸念が残ると評価した。また、政治的独立性は確保されているが、人事的・財政的独立性には疑問が残ると評価した。透明性と言う点では、意思決定過程の情報開示、国会への報告義務、推進組織、事業者、政治家などとの交渉記録の作成と公開、委員の国会同意人事という4つの項目で評価し、全て基準を満たしていると評価した。 このように、現時点では、原子力安全規制については、原子力規制委員会(NRA)がやるべきことは、NRAとしてかなりの部分は良くやっていると評価出来る。もちろん、現在の日本的な段階的分節的な安全規制を、より総合的な包括的なリスク管理型安全規制に移行し、自発的環境イノベーションの誘因を組み込んだ制度デザインを構築するといった大変大きな課題や人材育成の問題は残っているので、しっかりとみていく必要がある。 しかし、NRA以外の国(政府、国会、司法)、地方自治体、企業・産業、大学・学会、マスコミ、市民社会が、広い意味での原子力リスク・ガバナンスのなかで果たすべき責任や役割は、現状では極めて不十分にしか果たされていないと考えられる。特に、原発立地地域の避難計画などの地域対策・オフサイト対策、市民や国際社会とのリスク・コミュニケーションのあり方、原子力をめぐる安全文化の構築などをめぐる垂直的・水平的なステークホルダー(社会的アクター)との関係性の整理・調整と恊働関係の構築といった課題は、課題としてもまだ十分に成熟した形で設定できていないし、当然ながら、こうした課題解決へ向けた社会的営為は今後の大きな宿題である。 もう一方の研究テーマである福島復興の状況については、ある意味で、原子力安全規制の問題よりも深刻な状況にある。地に足の着いた形で、なおかつ普遍的な価値をもった福島(「フクシマ」)復興モデルを、Resilience, Sustainability, Diversity, Innovationといった4本柱を中心に具体化することを検討してきた。その際、天災と人災の複合災害である福島原発事故を21世紀型災害の普遍的なケースとして把握し、こうした21世型災害を予防し、災害に抵抗力があり、持続可能な地域社会を「多様性を生かした地域イノベーション」によって構築し、そうした「フクシマ復興モデル」を点から面へと広げる制度改革・制度構築(社会イノベーション)のあり方を、その担い手(プレイヤー、アクター)のあり方も含めて構想している。

原子力発電の安全規制と社会的能力に関する研究

2014年度

研究成果概要: 福島事故を契機に原子力に対する社会的規制のあり方が大きな学術的・社会的課題となっている。本研究は、社会科学における制度論アプローチにより、原子力発電の安全規制と社会的能力との関係を明らかにすることを目的とした。研究の結果、日本の... 福島事故を契機に原子力に対する社会的規制のあり方が大きな学術的・社会的課題となっている。本研究は、社会科学における制度論アプローチにより、原子力発電の安全規制と社会的能力との関係を明らかにすることを目的とした。研究の結果、日本の原子力規制制度は、2012年の原子力規制委員会(NRA)の設置により、従来の原子力安全・保安院と原子力安全委員会という「ダブルチェック体制」の問題点が克服され、規制機関の独立性や透明性が確保されたと評価した。しかし、NRAの組織形態や、NRAが環境省の外局として位置づけられた点は、今後の検討課題であると評価した。また、リスク・コミュニケーションも今後の大きな課題であると評価した。

多様性アプローチによる環境イノベーションと社会イノベーションに関する研究

2014年度共同研究者:松本礼史, 田中勝也, 鈴木政史

研究成果概要: 本研究は当初計画では3年の研究期間を想定し、地域イノベーションと環境イノベーションを統合させた地域環境イノベーション・メカニズムの解明を目的としたものであった。その準備として、本特定課題では研究フレームの検討を行った。研究の結果... 本研究は当初計画では3年の研究期間を想定し、地域イノベーションと環境イノベーションを統合させた地域環境イノベーション・メカニズムの解明を目的としたものであった。その準備として、本特定課題では研究フレームの検討を行った。研究の結果、キーワードとして社会的受容性論に注目することとし、社会的受容性とは、新たな環境技術や環境政策が社会に受け入れられる条件や程度を示すものと定義した。こうした社会的受容性は、技術的影響評価である技術的受容性、社会政治的適応性である制度的受容性、経済性をみる市場的受容性、地域的適応性をみる地域的受容性、という4つの要素(独立変数)から構成されるとの研究フレームを設定した。

社会的能力アプローチによるサステイナビリティ学の構想

2008年度

研究成果概要:1. 研究の目的 本研究「社会的能力アプローチによるサステイナビリティ学の構想」は、人間活動の濃密に集約された空間構成体である「都市」を対象として、「持続可能な都市」の再検討を行うことにより、「サステイナビリティ(Sustaina...1. 研究の目的 本研究「社会的能力アプローチによるサステイナビリティ学の構想」は、人間活動の濃密に集約された空間構成体である「都市」を対象として、「持続可能な都市」の再検討を行うことにより、「サステイナビリティ(Sustainability、持続可能性)」とは何かを考察する。2. 研究の方法 サステイナビリティを単なる「到達目標(結果)」あるいは「均衡」として定義するのではなく、持続可能な都市を創出しようとする「過程(プロセス)」そのものから、サステイナビリティを明らかにすることを試みた。こうしたプロセスを解明するため、松岡らが研究開発してき社会的能力アセスメント(SCA)手法を都市研究に応用した。3. 研究の対象と実施 研究対象はコンパクト・シティ(持続可能都市、環境首都なども含む)を標榜する国内外の都市とし、海外都市などを対象とした文献調査と北九州市や広島市などへの現地調査を組み合わせて研究を実施した。4. 研究の成果 国内外のコンパクト・シティが果たして持続可能なものなのかどうかを、先行研究に依拠しつつ、人口密度と都市の自動車利用やエネルギー利用などとの相関関係から分析した。こうした研究から、従来のコンパクト・シティをめぐる研究には、大きく言って2つの欠点があり、その解決方法を考察した。 第1は、コンパクト・シティは、一般には人口密度と複合的土地利用で語られることが多いが、明確な定義がなく、国際比較研究が困難にしている。また、都市政策としてコンパクト・シティの形成を考えた時、各都市はそれぞれの都市の成り立ちに大きく依存しており(強い経路依存性)、都市の持続性にとってはこうした歴史性やどのようなプロセスで今後の都市形成をおこなうのか、が重要である。 第2は、コンパクト・シティとサステイナビリティとの関係は、国際的には負の相関性、弱い関係性、限定的な相関性しか観察されず、コンパクト・シティの持続性に関する証拠が乏しく、曖昧である点である。日本の都市は公共交通の発達により、例外的に人口密度の高さと自動車利用の低さが確認されたものの、こうした結果の一般化には慎重であるべきであろう。

社会的環境管理能力の開発と制度形成からみた日本の国際環境協力の評価

2009年度共同研究者:丹呉 圭一, 朽木 昭文, 松本 礼史, 田中 勝也, 小松 悟

研究成果概要: 本研究「社会的環境管理能力の開発と制度形成からみた日本の国際環境協力の評価」は、日本の国際環境協力の評価を、途上国の社会的環境管理能力の開発と制度形成という観点から行い、途上国の持続可能な発展を支援する効果的な国際環境協力のあり... 本研究「社会的環境管理能力の開発と制度形成からみた日本の国際環境協力の評価」は、日本の国際環境協力の評価を、途上国の社会的環境管理能力の開発と制度形成という観点から行い、途上国の持続可能な発展を支援する効果的な国際環境協力のあり方を明らかにすることを目的としたものである。その際、本研究は、国際開発協力分野で議論されてきたキャパシティ・ディベロップメント(以下、CDと記す)と社会科学分野における制度研究を突き合わせることにより、両者の融合・進化を試み、国際環境協力における「社会的環境管理能力の開発と制度形成」アプローチを構築し、このアプローチを具体化する方法論として社会的能力アセスメント手法の研究開発を行った。 こうした研究目的を遂行するため、2009年度には合計8回の研究会を早稲田大学で開催するとともに、研究会での議論を踏まえて、以下のような学会における企画セッションや国際学会における研究発表、海外調査などを行った。 1.環境経済政策学会(千葉大学)、2009年9月26日、企画セション「国際環境協力研究の到達点と今後の展望」(企画責任者・松岡) 2.アムステルダム会議(オランダ)、2009年12月1日-4日、2009 Amsterdam Conference on the Human Dimensions of Global Environmental Change,”Earth System Governance: People, Places and the Planet”(研究報告) 3.ライプチヒ会議(ドイツ)、2010年1月19日-22日、Conference on Governance of Natural Resources in a Multi-Level Context - Leipzig 2010、(研究報告) 4. アメリカ調査、2010年2月23日-3月1日、オレゴン大学・Mitchell教授やUCサンタバーバラ・Young教授などとの面談・研究打合せ 以上の研究活動を通じて、国際環境協力における「社会的環境管理能力の開発と制度形成」アプローチを、さらに国際環境条約や地球環境ガバナンスなどの方向へ発展させる必要性を明らかにし、新たな科学研究費プロジェクトの申請などを行った。 なお、本研究は特定課題B「グローバル・サステイナビリティ実現のための国際開発協力学の構築」(課題番号:2009B-373)との緊密な連携の下に実施した。

グローバル・サステイナビリティ実現のための国際開発協力学の構築

2009年度共同研究者:丹呉 圭一, 朽木 昭文, 松本 礼史, 田中 勝也, 小松 悟

研究成果概要: 本研究「グローバル・サステイナビリティ実現のための国際開発協力学の構築」は、先進国と途上国との協働に基づく途上国のキャパシティ・ディベロップメント(社会的能力の形成)過程の解明が国際開発協力学の中心的課題であるとの仮説に立脚し、... 本研究「グローバル・サステイナビリティ実現のための国際開発協力学の構築」は、先進国と途上国との協働に基づく途上国のキャパシティ・ディベロップメント(社会的能力の形成)過程の解明が国際開発協力学の中心的課題であるとの仮説に立脚し、グローバル・サステイナビリティと社会的能力形成という観点から「国際開発協力学」という新たな学問研究領域を構築することを目的とした。その際、国際開発協力学の分析フレームワークとして「途上国における社会的能力形成と制度変化との動態的相互作用過程」モデルを設定し、この理論モデルの具体化を目的とした社会的能力アセスメント手法の開発を、アジア・アフリカにおける国際開発協力事例の理論的・実証的研究を通じて行った。 こうした研究目的を遂行するため、2009年度には合計8回の研究会を早稲田大学で開催するとともに、研究会での議論を踏まえて、以下のような学会における企画セッションや国際学会における研究発表、海外調査などを行った。 1.環境経済政策学会(千葉大学)、2009年9月26日、企画セション「国際環境協力研究の到達点と今後の展望」(企画責任者・松岡) 2.アムステルダム会議(オランダ)、2009年12月1日-4日、2009 Amsterdam Conference on the Human Dimensions of Global Environmental Change,”Earth System Governance: People, Places and the Planet”(研究報告) 3.ライプチヒ会議(ドイツ)、2010年1月19日-22日、Conference on Governance of Natural Resources in a Multi-Level Context - Leipzig 2010、(研究報告) 4. アメリカ調査、2010年2月23日-3月1日、オレゴン大学・Mitchell教授やUCサンタバーバラ・Young教授などとの面談・研究打合せ 以上の研究活動を通じて、国際開発協力学における「社会的環境管理能力の開発と制度形成」アプローチを、さらに国際環境条約や地球環境ガバナンスなどの方向へ発展させる必要性を明らかにし、新たな科学研究費プロジェクトの申請などを行った。 なお、本研究は特定課題B「社会的環境管理能力の開発と制度形成からみた日本の国際環境協力の評価」(課題番号:2009B-326)との緊密な連携の下に実施した。

海外研究活動

研究課題名: 持続可能な地球社会及びアジア社会に関する研究

2014年09月-2015年09月

機関: 欧州大学院(イタリア)、パリ政治学院(フランス)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
原子力発電概論創造理工学部2019春学期
原子力発電概論先進理工学部2019春学期
原子力発電概論先進理工学部2019春学期
地球環境問題と持続可能な社会(J,PM:瀬川/吉田/松岡)大学院政治学研究科2019秋学期
環境経済・政策学 (J)大学院アジア太平洋研究科2019春クォーター
環境経済・政策学 (E)大学院アジア太平洋研究科2019秋クォーター
持続可能な発展と国際開発協力 (J)大学院アジア太平洋研究科2019春学期(アジア)
持続可能な発展と国際開発協力 (E)大学院アジア太平洋研究科2019秋学期(アジア)
地球環境問題と持続可能な社会 (J)大学院アジア太平洋研究科2019秋学期(アジア)
グローバル・サステイナビリティと国際開発協力研究 (MA Seminar) 大学院アジア太平洋研究科2019春学期(アジア)@夏学期(アジア)
グローバル・サステイナビリティと国際開発協力研究 (MA Seminar) 大学院アジア太平洋研究科2019春学期(アジア)@夏学期(アジア)
グローバル・サステイナビリティと国際開発協力研究 (MA Seminar)大学院アジア太平洋研究科2019秋学期(アジア)@冬学期(アジア)
グローバル・サステイナビリティと国際開発協力研究 (MA Seminar)大学院アジア太平洋研究科2019秋学期(アジア)@冬学期(アジア)
環境と持続可能な発展(研究指導)大学院アジア太平洋研究科2019春学期(アジア)@夏学期(アジア)
環境と持続可能な発展(研究指導)大学院アジア太平洋研究科2019秋学期(アジア)@冬学期(アジア)
環境問題と持続可能な社会グローバルエデュケーションセンター2019春クォーター
エネルギーと原子力を考える:レジリエンスとサステナビリティグローバルエデュケーションセンター2019秋クォーター

Waseda Course Channel配信動画

科目名学部公開年度