最終更新日2017年02月01日

氏名

タケオカ シンジ

武岡 真司

職名

教授

所属理工学術院

(先進理工学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
takeoka@waseda.jp

住所・電話番号・fax番号

住所
〒162-8480新宿区 若松町2−2, 早稲田大学先端生命医科学センター(TWIns)
電話番号
03-5369-7324
fax番号
03-5369-7324

URL等

WebページURL

http://www.takeoka.biomed.sci.waseda.ac.jp/(研究室HP)

http://www.biomed.sci.waseda.ac.jp/(学科・専攻HP)

http://www.waseda.jp/advmed/index.html(先端生命医科学センターHP)

研究者番号
20222094

本属以外の学内所属

兼担

理工学術院(大学院先進理工学研究科)

理工学術院(理工学部)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

理工学総合研究センター

兼任研究員 1989年-2006年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2006年-

欧州バイオメディカルグリーンサイエンス研究所

研究所員 2012年-

欧州バイオメディカルサイエンス研究所

研究所員 2009年-2011年

実践的ナノ化学G

研究所員 2007年-2011年

早稲田バイオサイエンスシンガポール研究所

研究所員 2011年-2015年

アクティヴ・エイジング研究所

研究所員 2013年-

欧州バイオメディカルサイエンス研究所

研究所員 2011年-2014年

規範科学総合研究所

研究所員 2014年-2014年

規範科学総合研究所

研究所員 2015年-

医療レギュラトリ―サイエンス研究所

研究所員 2013年-2015年

医療レギュラトリ―サイエンス研究所

研究所員 2015年-

早稲田バイオサイエンスシンガポール研究所

研究所員 2016年-2016年

ヒューマンパフォーマンス研究所

研究所員 2017年-

欧州バイオメディカルグリーンサイエンス研究所

研究所員 2015年-2016年

グローバルバイオメディカルグリーンサイエンス研究所

研究所員 2017年-2017年

グローバルバイオメディカルグリーンサイエンス研究所

研究所員 2017年-

学歴・学位

学歴

-1986年 早稲田大学 理工学部 応用化学
-1991年 早稲田大学 理工学研究科 応用化学専攻

学位

工学博士 課程 早稲田大学 高分子化学

経歴

1990年-1991年日本学術振興会 特別研究員

所属学協会

高分子学会 実行委員, 第50会高分子討論会

日本血液代替物学会 第12回(2005年度)日本血液代替物学会年次大会, 大会長

日本血液代替物学会 理事

日本血液代替物学会 評議員

日本血液代替物学会 会誌編集委員長

日本血液代替物学会 編集委員

高分子学会 第54回高分子学会年次大会運営委員

高分子学会 第27期関東支部理事

高分子学会 第26期行事委員会委員

高分子学会 実行委員, 高分子学会設立50周年記念事業

高分子学会 会誌編集委員

日本化学会 第86春季年会第3 回総務・会場小委員会

日本化学会 関東支部理事

日本化学会 総務小委員会員, 講演企画小委員会委員, 第85春季年会

日本化学会 会場小委員会委員, 講演企画小委員会委員, 第83春季年会

米国化学会

日本人工臓器学会 評議員

日本DDS学会

日本バイオマテリアル学会 評議員

日本血液代替物学会 会長

委員歴・役員歴(学外)

(学外)
私立大学情報教育協会
2002年-2004年1) 化学情報教育研究委員会委員, .
2003年-2005年2) 化学教育IT活用研究委員会委員, .
2006年-3) 化学教育FD/IT活用研究委員会, 現在
2005年-次世代医療機器評価指標検討会 リポソーム等のデリバリーシステムWG委員
(学内)
2006年09月-2008年09月早稲田大学先進理工学部生命医科学科・大学院先進理工学研究科生命医科学専攻の設立に尽力し、運営のための活動を行った。
生命医科学科・専攻主任、入試教育検討委員会委員、
2008年04月-現在 東京女子医科大学・早稲田大学連携先端生命医科学研究教育施設運営のための活動を行った。
早稲田大学先端生命医科学センター運営委員会委員、早稲田大学先端生命医科学センター副センター長、施設運営専門委員会委員長、東京女子医科大学・早稲田大学連携協議会委員、同幹事会幹事、施設管理委員会副委員長
2008年10月-現在 早稲田大学 研究推進部 副部長
2009年04月-2010年02月早稲田大学 人を対象とする研究に関する倫理審査委員会 副委員長
2009年09月-現在 早稲田大学バイオサイエンスシンガポール研究所(WABIOS)副所長

受賞

大隈記念学術褒章(奨励賞)

2011年10月

研究分野

キーワード

機能・物性・材料、高分子構造・物性(含繊維)、高分子合成、高分子(分子集合体)の構造・物性

科研費分類

複合領域 / 人間医工学 / 生体医工学・生体材料学

共同研究希望テーマ

分子集合体を利用する薬物運搬体の設計

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:受託研究

研究シーズ

研究テーマ履歴

2011年-分子認識を利用したセシウムや重金属の捕捉分子の合成、並びにデバイスの開発

研究テーマのキーワード:環状分子、配位子、金属錯体、高分子金属錯体、ナノシート、ナノクリスタル、モジュール

個人研究

2009年-新規な機能性蛍光分子を用いた細胞内微小物理環境のイメージング

研究テーマのキーワード:蛍光分子、ナノ粒子、His-tag、細胞内、Ca2+、温度、レドックス、クリック反応

国際共同研究

2004年-ナノシートを用いたナノ絆創膏の開発

研究テーマのキーワード:ナノテクノロジー、ナノシート、蛋白質、生分解性高分子、ナノ絆創膏

機関内共同研究

1997年-2006年赤血球代替物としてのヘモグロビン小胞体の展開

研究テーマのキーワード:小胞体,ヘモグロビン,赤血球代替物

国内共同研究

1997年-分子認識能と持つ蛋白質重合体に関する研究

研究テーマのキーワード:蛋白質重合体,分子認識,血小板代替物

国内共同研究

2004年-分子集合を利用した薬物運搬体の開発

研究テーマのキーワード:薬物運搬,遺伝子運搬,運搬体,リポソーム,分子集合

国内共同研究

1990年-2004年電子・プロトン伝導性高分子の構築とデバイスへの応用

研究テーマのキーワード:導電性高分子,プロトン伝導性高分子

国内共同研究

2004年-2005年糖脂質、PEG脂質、ペプチド脂質の合成と分子集合

研究テーマのキーワード:糖脂質、PEG脂質、ペプチド脂質

国内共同研究

論文

Application of nanosheets as an anti-adhesion barrier in partial hepatectomy

Daisuke Niwa, Masatsugu Koide, Toshinori Fujie, Nobuhito Goda, and Shinji Takeoka

Journal of Bimedical Material Research Bin press2013年03月-

Tapping-Mode AFM Study of Tip-Induced Polymer Deformation under Geometrical Confinement

Hong Zhang, Yukio Honda, Shinji Takeoka

Langmuir29(5)p.1333 - 13392013年01月-

DOI

Selective molecular permeability induced by glass transition dynamics of semicrystalline polymer ultrathin films

Toshinori Fujie, Yuko Kawamoto, Hiroki Haniuda, Akihiro Saito, Koki Kabata, Yukio Honda, Eriko Ohmori, Toru Asahi, and Shinji Takeoka

Macromolecules46(2)p.395 - 4022013年02月-

DOI

Application of poly-L-lactic Acid nanosheet as a material for wound dressing

Shimpo Aoki; Manabu Kinoshita, Hiromi Miyazaki, Akihiro Saito, Toshinori Fujie, Keiichi Iwaya, Shinji Takeoka, Daizoh Saitoh

Plastic and Reconstructive Surgery131(2)p.236 - 2402013年02月-

DOI

生体投与可能なナノ構造体の構築と血小板代替物への応用

岡村陽介、武岡真司

人工血液20(2)p.38 - 472012年-

同種皮膚マイクロスキングラフティングによる新規熱傷治療法の基礎研究

宮﨑裕美, 永野穂高, 野原良介, 木下 学, 齋藤晃広, 小野 聡, 武岡真司, 齋藤大蔵

熱傷38(1)p.31 - 382012年-

高分子系ナノシートの外科手術用創傷被覆材、癒着防止剤としての可能性

武岡 真司、藤枝 俊宣

MATERIAL STAGE12p.16 - 192012年-

Fragmentation of Poly(lactic acid) Nanosheets and Patchwork Treatment for Burn Wounds

Yosuke Okamura, Koki Kabata, Manabu Kinoshita, Hiromi Miyazaki,Toshinori Fujie, Shinya Ohtsubo, Daizoh Saito, Shinji Takeoka

Advanced Materials25p.545 - 5512012年12月-

DOI

Novel therapeutic use of polysaccharide nanosheets for arachnoid plasty and enhancement of venous tensile strength in rat microneurosurgery

Naoki Otani, Manabu Kinoshita, Toshinori Fujie, Akihiro Saito, Shinji Takeoka, Daizoh Saitoh, Kohsuke Hagisawa, Hiroshi Nawashiro, Katsuji Shima

Journal of Clinical Neuroscience Corresponding20(2)p.301 - 3052012年12月-

DOI

Ability of fibrinogen γ-derived dodecapeptides with different sequences to bind to rat platelets

Koji Tokutomi, Toshiaki Tagawa, Maki Korenaga, Masatoshi Chiba, Tomohiro Asai, Naohide Watanabe, Shinji Takeoka, Makoto Handa, Yasuo Ikeda, Naoto Oku

International Journal of Pharmaceutics438(15)p.296 - 3012012年11月-

DOI

Coordinative Nanoporous Polymers Synthesized with Hydrogen-Bonded Columnar Liquid Crystals

Shinsuke Ishihara, Yusuke Furuki, Jonathan P. Hill, Katsuhiko Ariga, Shinji Takeoka

Journal of Nanoscience and Nanotechnology,12(10)p.7885 - 78952012年10月-

DOI

Mass Spectrometric Screening of Ligand with Lower Off-rate from a Clikced-based Pooled Library

Satoshi Arai, Shota Hirosawa, Yusuke Oguchi, Madoka Suzuki、Atsushi Murata、Shin'Ichi Ishiwata, Shinji Takeoka

ACS Combinatorial Science14(8)p.451 - 4552012年08月-

DOI

Fibrinogen γ-chain peptide-coated, adenosine diphosphate-encapsulated liposomes rescue thrombocytopenic rabbits from non-compressible liver hemorrhage

Nishikawa K, Hagisawa K, Kinoshita M, Shono S, Katsuno S, Doi M, Yanagawa R, Suzuki H, Iwaya K, Saitoh D, Sakamoto T, Seki S, Takeoka S, Handa M

Journal of Thrombosis and Haemostasis10(10)p.2137 - 21482012年10月-

DOI

Therapeutic efficacy of an antibiotic-loaded nanosheet in a murine burn-wound infection model

Akihiro Saito, Hiromi Miyazaki, Toshinori Fujie, Shinya Ohtsubo, Manabu Kinoshita, Daizoh Saitoh, Shinji Takeoka

Acta Biomaterialia8(8)p.2932 - 29402012年08月-

DOI

Morphological evolution within spin-cast ultrathin polymer blend films clarified by a freestanding method

Hong Zhang and Shinji Takeoka

Macromolecules45(10)p.4315 - 43212012年05月-

DOI

A TEMPO-Conjugated Fluorescent Probe for Monitoring Mitochondrial Redox Reactions

Shota Hirosawa, Satoshi Arai and Shinji Takeoka

Chemical Communications48(40)p.4845 - 48472012年03月-

DOI

Walking nanothermometers: Spatiotemporal temperature measurement of transported acidic organelles in single living cells

Kotaro Oyama, Masao Takabayashi, Yoshiaki Takei, Satoshi Arai, Shinji Takeoka, Sinichi Ishiwata, Madoka Suzuki

Lab on a chip12p.1591 - 15932012年-

DOI

An ultra-thin poly(L-lactic acid) nanosheet as a burn-wound dressing for protection against bacterial infection

Hiromi Miyazaki, Manabu Kinoshita, Akihiro Saito, Toshinori Fujie, Koki Kabata, Etsuko Hara, Satoshi Ono, Shinji Takeoka, Daizoh Saitoh

Wound Repair and Regeneration20(4)p.573 - 5792012年06月-

DOI

Ultrastructural analysis of thrombin-induced interaction between human platelets and liposomes carrying fibrinogen γ-chain dodecapeptide as a synthetic platelet substitute

Hidenori Suzuki, Yosuke Okamura, Yasuo Ikeda, Shinji Takeoka, Makoto Handa

Thrombosis Research128p.552 - 5592011年12月-

DOI

Evaluation of the influence of ionization states and spacers in the thermotropic phase behaviour of amino acid-based cationic lipids and the transfection efficiency of their assemblies

Satya Ranjan Sarker, Satoshi Arai, Motohide Murate, Toshihide Kobayashi, and Shinji Takeoka

International Journal of Pharmaceutics422(1-2)p.364 - 3732012年01月-

DOI

Ultra-thin conductive free-standing PEDOT/PSS nanofilms

Francesco Greco, Alessandra Zucca, Silvia Taccola, Arianna Menciassi, Toshinori Fujie, Hiroki Haniuda, Shinji Takeoka, Paolo Dario, and Virgilio Mattoli

Soft Matter7p.10642 - 106502011年09月-

DOI

Free-standing polyester nanofilms loaded with superparamagnetic nanoparticles

Silvia Taccola, Andrea Desii, Virginia Pensabene, Akihiro Saito, Toshinori Fujie, Shinji Takeoka, Paolo Dario, Arianna Menciassi, Virgilio Mattoli

Langmuir27p.5589 - 55952011年04月-

DOI

Aqueous Colloidal Mesoporous Nanoparticles with Ethenylene-Bridged Silsesquioxane Frameworks

Urata, C., Yamada, H., Wakabayashi, R., Aoyama, Y., Hirosawa, S., Arai, S., Takeoka, S., Yamauchi, Y., Kuroda, K.

J. Am. Chem. Soc.133p.8102 - 81052011年04月-

Multiplex analysis of sphingolipids using amine-reactive tags (iTRAQ)

T.Nabetani, A.Makino, F.H. Matsuda,T. Hirakawa, S. Takeoka, N. Okino, M. Ito, T. Kobayashi, Y. Hirabayashi

J. Lipid Research52(6)p.1294 - 13022011年06月-

DOI

Novel overlaying technique of poly L-lactic acid (PLLA) nanosheet for adhesion prophylaxis and fixation of intraperitoneal onlay polypropylene mesh in a rabbit model

Keiichi Fujino, Manabu Kinoshita, Akihiro Saitoh, Hidekazu Yano, Kahoko Nishikawa, Toshinori Fujie, Keiichi Iwaya, Minoru Kakihara, Shinji Takeoka, Daizoh Saitoh, Yuji Tanaka

Surgical Endoscopy25p.3428 - 34362011年06月-

DOI

Convenient Method for Surface Modification by Patching a Freestanding Anti-Biofouling Nanosheet

Toshinori Fujie, Hiroki Haniuda, Shinji Takeoka

J. Mater. Chem.21p.9112 - 91202011年04月-

DOI

Decoration of fibrinogen γ-chain peptide on adenosine diphosphate-encapsulated liposomes enhances binding of the liposomes to activated platelets

Koji Tokutomi, Toshiaki Tagawa, Maki Korenaga, Masatoshi Chiba, Tomohiro Asai, Naohide Watanabe, Shinji Takeoka, Makoto Handa, Yasuo Ikeda, Naoto Oku

International Journal of Pharmaceutics407p.151 - 1572011年04月-

DOI

高分子ナノシートの物性と医療展開

齊藤晃広、武岡真司

未来材料11(3)2011年03月-

Increased viscosity of hemoglobin-based oxygen carriers retards NO-binding when perfused through narrow gas-permeable tubes

Hiromi Sakai, Naoto Okuda, Shinji Takeoka, Eishun Tsuchida

Microvascular Research81p.169 - 1762011年03月-

DOI

Chirality Sensing by Nonchiral Porphines

Jan Labuta, Shinsuke Ishihara, Atsuomi Shundo, Satoshi Arai, Shinji Takeoka, Katshiko Ariga, Jonathan P. Hill

Chemistry - A European Journal17(13)p.3558 - 35612011年03月-

DOI

Few Immobilized Thrombins are Sufficient for Platelet Spreading

Yosuke Okamura, Roman Schmidt, Ines Raschke, Maik Hintze, Shinji Takeoka, Alexander Egner, and Thorsten Lang

Biophysical Journal100p.1855 - 18632011年03月-

DOI

分子集合科学による高分子超薄膜(ナノシート)の調製とナノ絆創膏としての医療展開

武岡真司

応用物理80(2)p.133 - 1362011年02月-

Heterofunctional nanosheet controlling cell adhesion properties by collagen coating

Daisuke Niwa, Toshinori Fujie, Thorsten Lang, Nobuhito Goda and Shinji Takeoka

Journal of Biomaterials Applications2011年02月-

DOI

Fluorescent "Turn-on" system utilizing a quencher-conjugated peptide for specific protein labeling of living cells

Satoshi Arai, Su-In Yoon, Atsushi Murata, Masao Takabayashi, Xiaoyu Wu, Yixin Lu, Shinji Takeoka, Miwako Ozaki

Biochemical and Biophysical Research Communications404p.211 - 2162011年01月-

DOI

高分子超薄膜(ナノシート)の医用材料としての展開

藤枝 俊宣, 武岡 真司

高分子59(12)p.930 - 9312010年12月-

Construction of a "turn-on" fluorescent probe system for His-tagged proteins

Murata, A., Arai, S., Su-In, Y., Takabayashi, M., Ozaki, M., Takeoka, S.

Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters20p.6905 - 69082010年10月-

DOI

Release properties abilities of adenosine diphosphate from phospholipid vesicles with different membrane flexibilities properties and their hemostatic effects as a platelet substitute

Okamura, Y., Katsuno, S., Suzuki H., Maruyama, H., Handa, M., Ikeda, Y., Takeoka, S.

Journal of Controlled Release148p.373 - 3792010年10月-

DOI

Adhesion and proliferation of skeletal muscle cells on single layer poly(lactic acid) ultra-thin films

Ricotti, L., Taccola, S., Pensabene, V., Mattoli, V., Fujie, T., Takeoka, S., Menciassi, A., Dario, P.

Biomed. Microdevices12(5)p.809 - 8192010年12月-

DOI

A Nano-Fibrous Assembly of Collagen / Hyaluronic Acid for Controlling Cell-Adhesive Properties

Fujie, T., S. Furutate, S., D. Niwa, D., Takeoka, S.

Soft Matter6p.4672 - 46762010年07月-

DOI

Fluorescent "Turn-on" System Utilizing the Quencher-conjugated Peptide Toward Specitic Protein Labelling in Live Cell

SI. Yoon, S. Arai, A. Murata, M. Takabayashi, X. Wu, Y. Lu, S. Takeoka, M. Ozaki

J. Neurochemistry115p.27 - 282010年10月-

Synthesis and Self-Assembling Behavior of a Porphyrin Bearing Multiple meso-Conjugated Barbiturates

Arai, S., Okamura, T., Takeoka, S.

Tetrahedron Letters51 (39)p.5177 - 51802010年08月-

DOI

穿孔性腹膜炎に対するナノシートの応用

藤枝俊宣、木下学、齋藤大蔵、武岡真司

Surgery Frontiea17p.37 - 432010年06月-

Basic consideration on tissue adhesion and sealing of ultra-thin nanobiomaterial in visceral pleural defect repair

Matsutani, N., Fujie, T., Ozeki, Y., Takeoka, S.

JACSURG(日本呼吸器外科学会雑誌),1p.2 - 72010年-

Dual Therapeutic Action of Antibiotic-Loaded Nanosheets for the Treatment of Gastrointestinal Tissue Defects

Fujie, T., Saito, A., Kinoshita, M., Miyazaki, H., Ohtsubo, S., Saitoh, D., Takeoka, S.

Biomaterials31p.6269 - 62782010年-

Evaluation of pH-responsive liposomes containing amino acid-based zwitterionic lipids for improving intracellular drug delivery in vitro and in vivo

Obata, Y., Tajima, S., Takeoka, S.

J.Controlled Release142p.267 - 2762010年-

Hemoglobin encapsulation in vesicles retards NO- and CO-binding and O2-release when perfused through narrow gas-permeable tubes

Sakai, H., Okuda, N., Sato, A., Yamaue, T., Takeoka, S., Tsuchida, E.

Am. J. Physiol. Heart Circ. Physiol.298p.H956 - H9652010年-

Sealing effect of a polysaccharide nanosheet for murine cecal puncture

Fujie, T., Kinosita, M., Shono, S., Saito, A., Okamura, Y., Saitoh, D., Takeoka, S.

Surgery148p.48 - 582010年-

Visualization of liposomes carrying fibrinogen gamma-chain dodecapeptide accumulated to sites of vascular injury using computed tomography

Okamura, Y., Eto, K., Maruyama, H., Handa, M., Ikeda, Y., Takeoka, S.

Nanomed.: Nanotech., Biol. Med.6p.391 - 3962010年-

ナノメディシンに向けた医用材料の開発の現状と展望

武岡 真司

東京女子医科大学雑誌p.96 - 1022009年-

Deformability and adhesive force of artificial platelets measured by atomic force microscopy

Wada, T., Okamura, Y., Takeoka, S., Sudo, R., Ikeda, Y., Tanishita, K.

J. Biorheol.23p.35 - 402009年-

Magnetic nanosheet adhesion to mucosal tissue

V. Pensabene, V. Mattoli, A. Menciassi, S. Takeoka, T. Fujie, P. Dario

Proceeding of 9th International Conference on Nanotechnology, IEEE Nano 20092009年07月-

Fabrication and characterization of ultra-thin magnetic films for biomedical applications

V. Mattoli, V. Pensabene, T. Fujie, S. Taccola, A. Menciassi, S. Takeoka, P. Dario

Procedia Chemistry1p.28 - 312009年-

Motion of polymerized albumin particles in a model arteriole in the presence of red blood cells

Tsuji, T., Takeoka, S., Okamura, Y., Sudo, R., Ikeda, Y., Tanishita, K.

J. Biorheol.23,p.29 - 342009年-

Evaluation of cationic liposomes composed of an amino acid based lipid for neuronal transfection

Obata, Y., Ciofani, G., Raffa, S., Cuschieri, A., Menciassi, A., Dario, P., Takeoka, S.

Nanomed.: Nanotech., Biol. Med.6p.70 - 772009年-

Fluid resuscitation with artificial oxygen carriers in hemorrhaged rats: Profiles of hemoglobin-vesicle degradation and hematopoiesis for 14 days

Sakai, H., Seishi, Y., Obata, Y., Takeoka, S., Horinouichi, H., Tsuchida, E., Kobayashi, K.

Shock31p.192 - 2002009年-

Selective surface modification of free-standing polysaccharide nanosheet with micro/nano-particles identified by structural color changes

Fujie, T., Okamura, Y., Takeoka, S.

Coll. Surf. A-Phys. Eng. Aspects334p.28 - 332009年-

Realization, characterization and functionalization of lipidic wrapped carbon nanotubes

Ciofani, G., Obata, Y., Sato, I., Okamura, Y., Raffa, V., Menciassi, A., Dario, P., Takeda, N., Takeoka, S.

J. Nanoparticle Res.11p.477 - 4842009年-

Development of fibrinogen gamma-chain peptide-coated, adenosine diphosphate-encapsulated liposomes as a synthetic platelet substitute

Okamura, Y., Takeoka, S., Eto, K., Maekawa, I., Fujie, T., Maruyama, H., Ikeda, Y., Handa, M.

J. Thorombosis Haemostasis7p.470 - 4772009年-

Boron nitride nanotubes: A novel vector for targeted magnetic drug delivery

Ciofani, G., Raffa, V., Yu, J., Chen, Y., Obata, Y., Takeoka, S., Menciassi, A., Cuschieri, A.

Current Nanoscience5p.33 - 382009年-

Fabrication of free-standing albumin-nanosheets having heterosurfaces

Okamura, Y., Goto, T., Niwa, D., Fukui, Y., Otsuka, M., Motohashi, N., Osaka, T., Takeoka, S.

89Ap.233 - 2412009年-

DOI

Biocompatibility study of hemoglobin vesicles, cellular-type artificial oxygen carriers, with human umbilical cord hematopoietic stem/progenitor cells using an in vitro expansion system

Yamaguchi, M., Fujihara, M., Wakamoto, S., Sakai, H., Takeoka, S., Tsuchida, E., Hamada, H., Azuma, H., Ikeda, H.

ASAIO, J.55p.200 - 2052009年-

Plasmid DNA-encapsulating liposomes: Effect of a spacer between the cationic head group and hydrophobic moieties of the lipids on gene expression efficiency

Obata, Y., Saito, S., Takeda, N., Takeoka, S.

Biochim. Biophys. Acta-Biomembr.1788p.1148 - 11582009年-

Hydrodynamic transformation of a freestanding polymer nanosheet induced by a thermoresponsive surface

Fujie, T., Park, JY, Murata, A., Estillore, NC., Tria, MCR, Takeoka, S., Advincula, RC.

ACS Appl. Mater. Inter.1p.1404 - 14132009年-

Peculiar flow patterns of RBCs suspended in viscous fluids and perfused through a narrow tube (25 μm)

Sakai, H., Sato, A., Okuda, N., Takeoka, S., Maeda, N., Tsuchida, E.

Amer. J. Phys-Heart Circ. Phys.297p.H583 - H5892009年-

Mechanism of flocculate formation of highly concentrated phospholipid vesicles suspended in a series of water-soluble biopolymers

Sakai, H., Sato, A., Takeoka, S., Tsuchida, E.

Biomacromolecules10p.2344 - 23502009年-

Adhesive, flexible, and robust polysaccharide nanosheets integrated for tissue-defect repair

Fujie, T., Matsutani, N., Kinoshita, M., Okamura, Y., Saito, A., Takeoka, S.

Adv. Func. Mater.19p.2560 - 25682009年-

Novel platelet substitutes: Disk-shaped biodegradable nanosheets and their enhanced effects on platelet aggregation

Okamura, Y., Fukui, Y., Kabata, K., Suzuki, H., Handa, M., Ikeda, Y., Takeoka, S.

Bioconju. Chem.20p.1958 - 19652009年-

Free-standing biodegradable Poly(lactic acid) nanosheet for sealing operations in surgery

Okamura, Y., Kabata, K., Kinoshita, M., Saitoh, D., Takeoka, S.

Adv. Mater.21p.4388 - 43922009年-

Novel platelet substitutes: Disk-shaped biodegradable nanosheets and their enhanced effects on platelet aggregation

Okamura, Y., Fukui, Y., Kabata, K., Suzuki, H., Handa, M., Ikeda, Y., Takeoka, S.

Bioconju. Chem.20p.1958 - 19652009年-

Free-standing biodegradable poly(lactic acid) nanosheet for sealing operations in Surgery

Okamura, Y., Kabata, K., Kinoshita, M., Saitoh, D., Takeoka, S.

Adv. Mater.21p.4388 - 43922009年-

人工血小板の開発

岡村 陽介, 武岡 真司, 半田 誠, 池田 康夫

Medical Science Digest,3p.138 - 1402008年-

血液の仕組みと人工血液(血液代替物)へのアプローチ

武岡 真司, 岡村 陽介

化学と教育56p.2 - 52008年-

Novel Polymeric Nanosheets for Gerontic Applications

Takeoka, S., Fukui, Y., Fujie, T., Okamura, Y.

Gerontechnology7p.220 - 2242008年-

高分子ナノシートの構築と新しい医用材料としての展開

岡村 陽介, 藤枝 俊宣, 武岡 真司

化学工業59p.1 - 72008年-

医用材料としての高分子超薄膜(ナノシート)の構築

藤枝 俊宣, 岡村 陽介, 武岡 真司

コンバーティック10p.1372008年-

Loading of curcumin into macrophages using lipid-based nanoparticles,

Sou, K., Inenaga, S., Takeoka, S., Tsuchida, E.,

Int. J. Pharm.,352p.287 - 2932008年-

Fabrication of free-standing nanoparticle-fused nanosheets and their hetero-modification using sacrificial film

Okamura, Y., Utsunomiya, S., Suzuki, H., Niwa, D., Osaka, T., Takeoka, S.

Coll. Surf. A-Phys. Eng. Aspects318p.184 - 1902008年-

Magnetic driven alginate nanoparticles for targeted drug delivery

Ciofani, G., Raffa, V., Obata, Y., Menciassi, A., Dario, P., Takeoka, S.

Current Nanosci.4p.212 - 2182008年-

Evaluation of cationic assemblies constructed with amino acid based lipids for plasmid DNA delivery

Obata, Y., Suzuki, D., Takeoka, S.

Bioconju. Chem.19p.1055 - 10632008年-

Haemostatic effects of polymerized albumin particles carrying fibrinogen gamma-chain dodecapeptide as platelet substitutes in severely thrombocytopenic rabbits

Okamura, Y., Fujie, T., Nogawa, M., Maruyama, H., Handa, M., Ikeda, Y., Takeoka, S.

Trans. Med.18p.158 - 1662008年-

Helical arrangement of a hydrogen-bonded columnar liquid crystal induced by a centered triphenylene derivative bearing chiral side-chains

, Ishihara, S., Furuki, Y., Takeoka, S.

Polym Adv. Tech.19p.1097 - 11042008年-

Fibrinogen γ-chain peptide-coated, adenosine diphosphate-incorporated liposomes as a synthetic platelet substitute

Handa, M., Okamura, Y., Takeoka, S., Ikeda, Y.

Transfusion48p.6A2008年-

NO and CO binding profiles of hemoglobin vesicles as artificial oxygen carriers

Sakai, H., Sato, A., Sobolewski, P., Takeoka, S., Frangos, JA., Kobayashi, K., Intaglietta, M., Tsuchida, E.

Biochim. Biophys. Acta-Protein Prteomics1784p.1441 - 14472008年-

Development of biodegradable nanosheets as nanoadhesive plaster

Takeoka, S., Okamura, Y., Fujie, T., Fukui, Y.

Pure Appl. Chem.80p.2259 - 22712008年-

Encapsulation of concentrated hemoglobin solution in phospholipid vesicles retards the reaction with NO, but not CO, by intracellular diffusion barrier

Sakai, H., Sato, A., Masuda, K., Takeoka, S., Tsuchida, E.

J. Bio. Chem.283p.1508 - 15172008年-

ヘモグロビン小胞体(HbV)-リコンビナントアルブミン分散溶液による40%交換輸血:ラット脾臓内HbV代謝と造血に関する2週間の観察

酒井宏水、堀之内宏久、山本学、池田 栄二、武岡真司、高折益彦、土田英俊、小林紘一

日本輸血細胞治療学会誌(二次掲載)2007年-

Atropisomers of meso-conjugated uracyl porphyrin derivatives and their assembling structures

Arai, S., Niwa, D., Nishide, H., Takeoka, S.

Organic Lett.9p.17 - 202007年-

Effects of hemoglobin vesicles, a liposomal artificial oxygen carrier, on hematological responses, complement and anaphylactic reactions in rats

Abe, H., Azuma, H., Yamaguchi, M., Fujihara, M., Ikeda, H., Sakai, H., Takeoka, S., Tsuchida, E.

Artif. Cells Blood Subs., Bioteh.35p.157 - 1722007年-

Selective uptake of surface-modified phospholipid vesicles by bone marrow macrophages in vivo

Sou, K., Goins, B., Takeoka, S., Tsuchida, E., Phillips, WT.

Biomaterials2p.2655 - 26662007年-

A hydrogen-bonded supramolecular hexagonal columnar liquid crystal composed of a tricarboxylic triphenylene and monopyridyl dendrons

Ishihara, S., Furuki, Y., Takeoka, S.

Chem. Lett.36p.282 - 2832007年-

Synthesis of porphyrins bearing uracyl groups and their assembly induced by melamine derivatives

Arai S., Ohshiro H., Nishide H., Takeoka S.

Polym. Adv. Tech.18p.497 - 5012007年-

Prolonged hemostatic ability of polyethylene glycol-modified polymerized albumin particles carrying fibrinogen gamma-chain dodecapeptide

Okamura, Y., Fujie, T., Maruyama, H., Handa, M., Ikeda, Y., Takeoka, S.

Transfusion47p.1254 - 12622007年-

Rheological properties of hemoglobin vesicles (artificial oxygen carriers) suspended in a series of plasma-substitute solutions

Sakai, H., Sato, A., Takeoka, S., Tsuchida, E.

Langmuir23p.8121 - 81282007年-

Ubiquitous transference of a free-standing polysaccharide nanosheet with the development of a nano-adhesive plaster,

Fujie, T., Okamura, Y., Takeoka, S.

Adv. Mater.,19p.3549 - 35532007年-

Enzymatic elimination of hydrogen peroxide by a methemoglobin/L-tyrosine system

Atoji, T., Yatami, H., Aihara, M., Takeoka, S.

Art. Cells Blood Subs. Biotech.35,p.555 - 5672007年-

ナノ絆創膏の開発-ヘテロな表裏を持つ生分解ナノシートの開発-

武岡真司

第28回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム ランチョンセミナー, 静岡2006年11月-

分子集合科学を利用した人工血球の創製とその応用

武岡真司

第43回茅コンファレンス、山梨2006年08月-

血小板代替物の開発

武岡真司、岡村陽介

バイオインダストリー23(7)p.65 - 712006年07月-

分子集合化学を用いた人工血小板の研究展開—ナノバイオテクノロジーへの挑戦—

武岡真司

第3回ニューマテリアル研究会、滋賀2006年06月-

血管の内側から傷口に貼るナノ絆創膏の開発

武岡真司

国際BIO EXPO バイオ アカデミック フォーラム、東京ビックサイト2006年05月-

血小板代替物の開発の現状

岡村陽介、藤枝俊宣、半田誠、池田康夫、武岡真司

人工血液13(4)p.155 - 1602006年04月-

分子集合科学を利用した人工血液の創製

武岡真司

人工血液13(4)p.136 - 1472006年04月-

Host-guest assembly of pyridinium-conjugated calix[4]arene via cation–π interaction

Ishihara, S., Takeoka, S.

Tetrahedron Letters47(2)p.181 - 1842006年01月-

Acute 40% Exchange-Transfusion and Hemoglobin-Vesicles (HbV) Suspended in Recombinant Human Serum Albumin Solution: Degradation of HbV and Erythropoiesis in a Rat Spleen for 2 Weeks

Sakai, H., Horinouchi, H., Yamamoto, M., Ikeda, E., Takeoka, S., Takaori, M., Tsuchida, E., Kobayashi, K.

Transfusion46p.339 - 3472006年-

Cooperative Effects of Platelets Aggregation of Platelet Substitutes at High Shear Rates;Mixed System of Fibrinogen gamma-Chain Dodecapeptide- or Glycoprotein Ibalpha-Conjugated Latex Beads under Flow Conditions

Okamura, Y., Suzuki, H., Tsuchida, E., Handa, M., Ikeda, Y., Takeoka, S.

J. Artif. Organs9p.251 - 2582006年-

Modulation of Nanoparticles for Blood Substitutes (Red Blood Cell Substitutes and Platelet Substitutes)

S. Takeoka

Waseda-Korea Universities' Joint Symposium on "Nanoscience and Nanotechnology"Abstract2006年01月-

Modulation of Nanoparticles for Blood Substitutes

S. Takeoka

21COE International Symposium, UNIVERSITE MONTPELLIER IIAbstractp.72006年02月-

Design and Preparation of Blood Substitutes Using Molecular Assembling Technologies

S. Takeoka

3rd IUPAC-sponsored International Symposium on Macro- and Supramolecular IUPAC-sponsored International Symposium on Macro- and Supramolecular Architectures and Materials (MAM-06), Waseda Univ., Tokyo, JAPANProgram and Abstractsp.712006年05月-

Development of Nano Band-Aid Adhereing To A Wound From Inside of A Blood Vessel

S. Takeoka

BASF Workshop Nanostructured Surfaces, ShanghaiAbstractp.842006年05月-

“Design and Preparation of Blood Substitutes Using Molecular Assembling Technologies”,

S. Takeoka

3rd IUPAC-sponsored International Symposium on Macro- and Supramolecular Architectures and Materials (MAM-06), TokyoProgram and Abstractsp.712006年05月-

Novel Approaches to Develop Artificial Platelets / Platelet Substitutes (S12−2)

S. Takeoka

The 4th Asian-Pacific Congress on Thrombosis and Hemostasis, SuzhouAbstract Bookp.482006年09月-

Hemostatic effects of polymerized albumin nano-particles carrying fibrinogen g-chain dodecapeptide as platelet substitutes

Yosuke Okamura, Toshinori Fujie, Makoto Handa, Yasuo Ikeda, and Shinji Takeoka

232nd ACS Fall National Meeting in San Franciscopolyp.4812006年09月-

Preparation of freestanding nano-adhesive plasters having hetero-surfaces

S. Takeoka

232nd ACS Fall National Meeting in San Franciscopolyp.2342006年09月-

Development of Nano-Biotechnology; from Artificial Platelets to Nano-Adhesive Plasters

S. Takeoka

The 4th 21COE International Symposium on “Practical Nano-Chemistry”, TokyoProgram and Abstractsp.5 - 52006年12月-

Hemoglobin Vesicles Containing Methemoglobin and L-Tyrosine to Suppress Methemoglobin Formation in vitro and in vivo

T. Atoji, M. Aihara, H. Sakai, E. Tsuchida, S. Takeoka

Bioconjugate Chem.16p.1241 - 12452006年-

Interaction of hemoglobin vesicles, a cellular-type artificial oxygen carrier, with human plasma: Effects on coagulation, kallikrein-kinin, and complement systems

H. Abe, M. Fujihara, H. Azuma, H. Ikeda, K. Ikebuchi, S. Takeoka, E. Tsuchida, H. Harashima

Artif Cells Blood Substit. Immobil. Biotechnol.33p.1 - 102006年-

薄膜状高分子構造体とその調製 方法−ナノ絆創膏への挑戦−

武岡真司

Technology Link in W.T.L.O22006年03月-

1.人工血液はどこまで出来ているのか、2.早稲田大学理工学部の新たな出発

武岡真司

「夢のたまご塾」飛騨アカデミー、ホテル季古里2006年03月-

第12回 日本血液代替物学会年次大会を開催して

武岡真司

人工血液13(3)p.98 - 992005年11月-

分子集合科学を利用した人工赤血球の創製とその応用

武岡真司

治験促進啓発シンポジウム、軽井沢万平ホテル日本医師会治験促進センター発刊p.29 - 312005年09月-

赤血球代替物、血小板代替物の開発の現状と将来展望

武岡真司

第49回 日本輸血学会北海道支部会例会、北海道赤十字血液センター2005年09月-

分子集合科学を利用した人工血液の創製とその応用

武岡真司

第43回 茅コンファレンス、大泉高原八ヶ岳ロイヤルホテル予稿集p.292005年08月-

第53回日本輸血学会、止血機能を有する微粒子系(血小板代替物)の設計と機能評価

武岡真司

日本輸血学会雑誌51(2)p.1402005年05月-

Hemostatic effects of fibrinogen-gamma chain dodecapeptide-conjugated polymerized albumin particles in vitro and in vivo

Okamura, Y., Takeoka, S., Teramura, Y., Maruyama, H., Tsuchida, E., Handa, M., Ikeda, Y.,

Transfusion45(7)p.1221 - 12282005年07月-

Hydrogen Peroxide Elimination Activity of Methemoglobin by L-Tyrosine and Application to Hemoglobin Vesicles

Atoji, T., Aihara, H., Sakai, H., Tsuchida, H., Takeoka, S.,

Bioconjugate Chemistry17p.1241 - 12452005年-

Developmental Trend of Artificial Blood (Artificial Red Blood Cells)

Takeoka, S.

JMAJ48(3)p.1 - 52005年-

Effects of hemoglobin vesicles on resting and agonist-stimulated human platelets in vitro

Wakamoto, S., Fujihara, M., Abe, H., Yamaguchi, M., Azuma, H., Ikeda, H., Takeoka, S., Tsuchida, E.

Artif Cells Blood Substit Immobil Biotechnol33(2)p.101 - 1112005年-

Hemostatic effects of phospholipid vesicles carrying fibrinogen-gamma chain dodecapeptide in vitro and in vivo

Okamura, Y., Maekawa, I., Teramura, Y., Maruyama, H., Handa, M., Ikeda, Y., Takeoka, S.

Bioconjugate Chem.16p.1589 - 15962005年-

Porphyrin Capped with Calix[4]arene Derivative via Hydrogen Bonds

Arai, S., Ohkawa, H., Ishihara, S., Shibue, T., Takeoka, S., Nishide, H.

Bull. Chem. Soc., Jpn.78(11)p.2007 - 20132005年-

New generation of hemoglobin-based oxygen carriers evaluated for oxygenation of critically ischemic hamster flap tissue.

Contaldo, C., Plock, J., Sakai, H., Takeoka, S., Tsuchida, E., Leunig, M., Banic, A., Erni, D.

Crit. Care Med.33 p.806 - 8122005年-

Hemostatic Effects of Polymerized Albumin Particles Carrying Recombinant Glycoprotein Iba As Platelet Substitutes in vitro and in vivo

Hemostatic Effects of Polymerized Albumin Particles Carrying Recombinant Glycoprotein Iba As Platelet Substitutes in vitro and in vivo

The Xth International Symposium on Blood Substitutes, Brown Univ., Providence, RI, USAProgram and Abstractsp.922005年06月-

Oxygen transport by low and normal P50 Hb-vesicles in extreme hemodilution

Cabrales, P., Sakai, H., Tsai, AG., Takeoka, S., Tsuchida, E., Intaglietta, M.

Am. J. Physiol. Heart Circ. Physiol.288p.H1885 - H18922005年-

人工赤血球・人工血小板の開発の現状

武岡真司

臨床麻酔29p.721 - 7262005年04月-

機能性分子素子としての人工赤血球・人工血小板の構築

武岡真司

日本顕微鏡学会関東支部 第29回 講演会予稿集p.152005年03月-

血小板代替物の展開

武岡真司, 岡村陽介

Molecular Medicine41p.1494 - 15002004年12月-

止血機能を有する微粒子系の設計と機能評価

武岡真司,岡村陽介

Cardiovascular Anesthesiap.35 - 422004年-

輸血の有効性と安全性−血液新法施行下での輸血医療の方向,輸血医療のトピックス,人工血液(人工赤血球)の開発動向,

武岡真司

日本医師会雑誌131p.907 - 9092004年-

話題の焦点、実用化に近づく人工赤血球(人工酸素運搬体),

武岡真司

アニムス34p.34 - 382004年-

血小板代替物の担体設計からDrug Local Deliveryの可能性

武岡真司,岡村陽介,土田英俊,池田康夫

日本血栓止血学会誌15p.21 - 262004年-

3-Dithiolthione-substituted polythiophene and its redox activities

Takemura, I., Iwasaki, T., Takeoka, S., Nishide, H.

Chemistry Letters33(11)p.1482 - 14832004年11月-

Hemorrhagic shock resuscitation with an artificial oxygen carrier, hemoglobin vesicle maintains intestinal perfusion and suppresses the increase in plasma tumor necrosis factor-alpha

Yoshizu, A., Sakai, H., Horinouch, H., Takeoka, S., Kobayashi, K., Tsuchida, E.

ASAIO J.50p.458 - 4632004年-

Reduction of methemoglobin via electron transfer from photoreduced flavin: restoration of O2-binding of concentrated hemoglobin solution coencapsulated in phospholipid vesicles

Sakai, H., Masada, Y., Onuma, H., Takeoka, S., Tsuchida, E.

Bioconjugate Chem.15p.1037 - 10452004年-

Stability of porphyrin-calix[4]arene complexes analyzed by electronspray ionization mass spectroscopy

Arai, S., Ishihara, S., Takeoka, S., Nishide, H.

Rapid Commun. Mass Spectrom.18p.2065 - 20682004年-

Metabolism of hemoglobin-vesicles (artificial oxygen carriers) and their influence on organ functions in a rat model

Sakai, H., Horinouchi, H., Masada, Y., Takeoka, S., Kobayashi, K., Tsuchida, E.

Biomaterials25p.4317 - 43252004年-

Hemoglobin-vesicles suspended in recombinant human serum albumin for resuscitation from hemorrhagic shock in anesthetized rats

Sakai, H., Masada, Y., Horinouchi, H., Yamamoto, M., Ikeda, E., Takeoka, S., Kobayashi, K., Tsuchida, E.

Crit. Care Med.32p.539 - 5452004年-

Detection of lipopolysaccharide in hemoglobin-vesicles by limulus amebocyte lysate test with kinetic-turbidimetric gel clotting analysis and pretreatment of surfactant

Sakai, H., Hisamoto, S., Fukutomi, I., Sou, K., Takeoka, S., Tsuchida, E.

J. Pharm., Sci.93p.310 - 3212004年-

Physiological capacity of the reticuloendothelial system for the degradation of hemoglobin vesicles (artificial oxygen carriers) after massive intravenous doses by daily repeated infusions for 14 days

Sakai H, Masada Y, Horinouchi H, Ikeda E, Sou K, Takeoka S, Suematsu M, Takaori M, Kobayashi K, Tsuchida E

Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics311(3)p.874 - 8842004年-

Physicochemical characterization of cross-linked human serum albumin dimer and its synthetic heme hybrid as an oxygen carrier

Komatsu T, Oguro Y, Teramura Y, Takeoka S, Okai J, Anraku M, Otagiri M, Tsuchida E

Biochimica et Biophysica Acta-General Subjects1675(1−3)p.21 - 312004年-

Rheological properties of PEG-modified HB-vesicles (HBVS) and their oxygen transporting capacity in vivo

Sakai H, Sou K, Takeoka S, Kobayashi K, Tsuchida E

ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY227, 339-PMSE Part 2p.U541 - U542

Recognition Properties of Polymerized Albumin Particles and Phospholipid Vesicles Bearing Recognition Proteins

S. Takeoka, Y. Okamura, Y. Teramura, E. Tsuchida, Y. Okamura, Y. Teramura, E. Tsuchida, M. Handa, Y. Y. Teramura, E. Tsuchida, M. Handa, Y. Ikeda

Japan-UK Platelet Conference, Oxford UKAbstractp.262004年09月-

Recognition properties of platelet membrane protein (rGPIb alpha)-conjugated particles made of polymerized albumin and phospholipids under flow conditions.

Takeoka S, Tsuchida E, Ikeda Y

ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY227, 10-POLY Part 2p.U348 - U3482004年-

酸素輸液(人工赤血球)

土田英俊,酒井宏水,武岡真司,宗慶太郎,小林紘一

医学のあゆみ205p.558 - 5662003年-

酸素輸液ヘモグロビン小胞体に混在するリポポリサッカライドの定量法

久本秀治,酒井宏水,福富一平,宗慶太郎,武岡真司,土田英俊

人工血液11p.173 - 1782003年-

フィブリノーゲンγ鎖ドデカペプチド結合粒子の血小板代替物の展開

岡村陽介,寺村裕治,武岡真司,土田英俊,鈴木英紀,渡辺直英,半田 誠,池田康夫

人工血液11p.205 - 2102003年-

酸素輸液(人工赤血球)の安全度と体組織への酸素供給

土田英俊,宗慶太郎,酒井宏水,小松晃之,武岡真司,堀之内宏久,末松誠,小林紘一

麻酔53p.s55 - 562003年-

DDSの基礎技術:キャリア ③リポソーム

武岡真司,寺村裕治,池田康夫,土田英俊

血液・免疫・腫瘍8p.30 - 352003年-

酸素輸液(ヘモグロビン小胞体)を含有する血清の生化学的検査

酒井宏水、富山賢一、政田陽平、武岡真司、堀之内宏久、小林紘一、土田英俊

人工血液10p.47 - 532002年-

止血能を有するアルブミン重合体の開発.

武岡真司、寺村裕治、土田英俊、池田康夫

血液・免疫・腫瘍/メディカルレビュー社 6p.46 - 502001年01月-

酸素輸液の設計と開発動向

武岡真司

医薬の門41;528-532p.528 - 5322001年10月-

酸素輸液の開発

武岡真司

日本医工学治療学会第14回学術大会/日本医工学治療学会2000年02月-

酸素輸液の現状

武岡真司

組織培養工学/ニューサイエンス社24;13, pp.488-4921998年09月-

粒子径を制御したアルブミン重合体の合成とGPIbα結合体の評価.

寺村裕治、武岡真司、土田英俊、池田康夫

人工血液8p.90 - 952000年12月-

ヘモグロビンを用いる酸素輸液の合成と物性比較

日本医工学治療学会第13回学術大会/日本医工学治療学会1999年09月-

ポリオキシエチレン修飾と脱酸素化による酸素輸液(ヘモグロビン小胞体)の長期保存

人工血液/日本血液代替物学会7;105-1101999年12月-

ヘモグロビン小胞体存在下におけるヒト末梢血単核細胞の各種サイトカイン産生の挙動

人工血液/日本血液代替物学会7; 1, 27-321999年04月-

活性酸素から考慮したヘモグロビン利用酸素輸液のセル構造の重要性

第6回日本血液代替物学会年次大会/日本血液代替物学会1999年09月-

ポリオキシエチレン結合デンドロン型脂質の合成と物性

第48回高分子討論会/高分子学会1999年10月-

分子集合を利用した細胞型人工赤血球の創製とその評価

第10回バイオマテリアル研究会/高分子学会1999年11月-

人工血液の製剤化技術とその物性評価

第11回界面科学部会/日本油化学会1999年11月-

酸素輸液の現状

土田英俊、武岡真司

組織培養工学24(13)p.488 - 4921998年06月-

人工赤血球開発の現状—長期保存と棚置きの可能性

第25回日本低温医学会総会 1998年07月-

酸素輸液展開の現状

日本人工臓器学会セミナー1998年07月-

臨床利用を目指す人工赤血球

第46回高分子学会年次大会講演予行集IIA16IL1997年05月-

Current Issues in Blood Substitute Research and Development

人工血液/日本サイマルインターナショナル4;31996年09月-

ポリエチレングリコール型脂質および糖脂質によるヘモグロビン小胞体(HbV)の表面修飾効果

朴 晟翼, 宗 慶太郎, 酒井宏水, 武岡真司, 西出宏之, 土田英俊

人工血液4p.9 - 141996年-

赤血球代替物の近況

医学のあゆみ/医歯薬出版117;21996年02月-

ヘモグロビン小胞体の酸素輸送に関するラット交換輸血試験

酒井宏水,泉 陽太郎,山畑 健,濱田健一,武岡真司,西出宏之,小林紘一,土田英俊

人工血液3p.81 - 861995年-

赤血球代替物(NRC)の成分定量

濱田健一,巨勢丈裕,大串 建,酒井宏水,武岡真司,西出宏之,土田英俊

人工血液3p.96 - 1011995年-

ヘモグロビン液膜のカルボニルヘモグロビンからオキシヘモグロビンへの配位子交換

鄭 主恩,濱田健一,酒井宏水,武岡真司,土田英俊

日化誌2p.123 - 1271995年-

赤血球代替物(NRC)の成分定量

濱田健一,巨勢丈裕,大串 建,酒井宏水,武岡真司,西出宏之,土田英俊

人工血液3p.96 - 1011995年-

ヘモグロビン液膜のカルボニルヘモグロビンからオキシヘモグロビンへの配位子交換

鄭 主恩,濱田健一,酒井宏水,武岡真司,土田英俊

日化誌2p.123 - 1271995年-

Hb小胞体のオリゴ糖修飾効果

酒井宏水,滝貞幹正,鄭 主恩,武岡真司,土田英俊

人工臓器23p.864 - 8671994年-

グルタチオンによるHb小胞体のmetHb生成抑制

横浜裕明,清野由里子,鄭 主恩,酒井宏水,武岡真司,西出宏之,土田英俊

人工臓器23p.868 - 8711994年-

オリゴ糖修飾ヘモグロビン小胞体の分散安定度

大串 健,鄭 主恩,酒井宏水,武岡真司,土田英俊

人工血液2p.97 - 1011993年-

人工血液研究の最近の進歩

土田英俊、武岡真司

最新医学48(7)p.1069 - 10771993年07月-

脂質分子膜で被覆したHb小胞体の調製条件

武岡真司,酒井宏水,西出宏之,土田英俊

人工臓器22p.566 - 5691993年-

高分子イオン伝導体の設計とその応用

武岡真司、土田英俊

化学46(10)p.68 - 691991年10月-

「エネルギー利用関連新素材」(IV) 高分子固体電解質と電池

武岡真司、土田英俊

燃料協会誌69(1)p.56 - 641990年01月-

Treatment of serum containing hemoglobin vesicles (oxygen carriers) to prevent their interference in laboratory tests

Sakai, H., Tomiyama, K., Masada, Y., Takeoka, S., Horinouchi, H., Kobayashi, K., Tsuchida, E.

Clin. Chem. Lab. Med.41p.222 - 2312003年02月-

Hemostatic effects of polymerized albumin particles bearing rGPIa/IIa in thrombocytopenic mice

Teramura, Y., Okamura, Y., Takeoka, S., Kainoh, M., Tsuchida, E., Handa, M., Ikeda, Y.

Biochem. Biophys. Res. Commun.306p.256 - 2602003年06月-

Normovolemic hemodilution with Hb vesicle solution attenuates hypoxia in ischemic hamster flap tissue

Erni, D., Wettstein, R., Schramm, S., Contaldo, C., Sakai, H., Takeoka, S., Tsuchida, E., Leunig, M., Banic, A.

Am.J.Physiol.-Heart Circ. Physiol.284p.H1702 - H17092003年05月-

O2 release from Hb vesicles evaluated using an artificial, narrow O2-permeable tube: comparison with RBCs and acellular Hbs

Sakai, H., Suzuki, Y., Kinoshita, M., Takeoka, S., Maeda, N., Tsuchida, E.

Am. J. Physiol.-Heart Circ. Physiol.285(6)p.H2543 - H25512003年-

Improved oxygenation in ischemic hamster flap tissue is correlated with increasing hemodilution with Hb vesicles and their O2 affinity

Contaldo C., Schramm S., Wettstein R., Sakai H., Takeoka S., Tsuchida E., Leunig M., Banic A., Erni D.

Am. J. Physiol. Heart Circ. Physiol.285(3)p.H1140 - H11472003年-

Effective encapsulation of proteins into size-controlled phospholipid vesicles using freeze-thawing and extrusion

Sou, K., Naito, Y., Endo, T., Takeoka, S., Tsuchida, E.

Biotechnol. Prog.19(5)p.1547 - 15522003年-

Function of fibrinogen gamma-chain dodecapeptide-conjugated latex beads under flow

Takeoka, S., Okamura, Y., Teramura, Y., Watanabe, N., Suzuki, H., Tsuchida, E., Handa, M., Ikeda, Y.

Biochem. Biophys. Res. Commun.312(3)p.773 - 7792003年-

A duplex of tetra(2-pyridyl)porphyrin and tetrahydroxylealix[4]arene

AOhkawa, H., Arai, S., Takeoka, S., Shibue, T., Nishide, H.

Chem. Lett.32(11)p.1052 - 10532003年-

Prolonged oxygen-carrying ability of hemoglobin vesicles by coencapsulation of catalase in vivo

Teramura, Y., Kanazawa, H., Sakai, H., Takeoka, S., Tsuchida, E.

Bioconjugate Chem.14(6)p.1171 - 11762003年-

Effective Encapsulation of Protein into Size-Controlled Phospholipid Vesicles Using the Freeze-thawing and Extrusion

Sou, K., Naito, Y., Endo, T., Takeoka, S., Tsuchida, E.

Biotechnol. Prog.19p.1547 - 15522003年07月-

Study of virus removal from hemoglobin solution using PLANOVATM-15N

Naito, Y., Fukutomi, I., Masada, Y., Sakai, H., Takeoka, S., Tsuchida, E., Abe, H., Hirayama, J., Ikebuchi, K., Ikeda, H.,

J. Artif. Organs5p.141 - 1452002年-

Carbonylation of oxyhemoglobin solution using a membrane oxygenator

Fukutomi, I., Sakai, H., Takeoka, S., Nishide, H., Tsuchida, E., Sakai, K.

Artif. Cells Blood Substit. Immobil. Biotechnol5p.102 - 1072002年-

Effect of Hb-encapsulation with vesicles on H2O2 reaction and lipid peroxidation

Takeoka, S., Teramura, Y., Atoji, T., Tsuchida, E.

Bioconjugate Chem.13p.1302 - 13082002年11月-2002年12月 

Rolling properties of rGPIb alpha-conjugated phospholipid vesicles with different membrane flexibilities on vWf surface under flow conditions

Takeoka, S., Teramura, Y., Okamura, Y., Tsuchida, E., Handa, M., Ikeda, Y.

Biochem. Biophys. Res. Commun.296(3)p.765 - 7702002年-

Systemic and microvascular responses to hemorrhagic shock and resuscitation with Hb vesicles

Sakai, H., Takeoka, S., Wettstein, R., Tsai, A.G., Intaglietta, M., Tsuchida, E.

Am. J. Physiol. Heart Circ. Physiol.283(3)p.H11912002年-

Characteristics of bovine hemoglobin as a potential source of hemoglobin-vesicles for an artificial oxygen carrier

Sakai, H., Masada, Y., Takeoka, S., Tsuchida, E.

J. Biochem.131(4)p.611 - 6172002年-

Complete deoxygenation from a hemoglobin solution by an electrochemical method and heat treatment for virus inactivation

Huang, Y., Takeoka, S., Sakai, H., Abe, H., Hirayama, J., Ikebuchi, K., Ikeda, H., Tsuchida, E.,

Biotechnol. Prog.18(1)p.101 - 1072002年-

Effects of poly(ethyleneglycol)-modified hemoglobin vesicles on agonist-induced platelet aggregation and RANTES release in vitro

Wakamoto, S., Fujihara, M., Abe, H., Sakai, H., Takeoka, S., Tsuchida, E., Ikeda, H., Ikebuchi, K.,

Artif. Cells Blood Substit. Immobil. Biotechnol.29p.191 - 2012001年-

Fibrinogen-conjugated albumin polymers and their interaction with platelets under flow conditions

Takeoka, S., Teramura Y., Okamura, Y., Handa, M., Ikeda, Y., Tsuchida E.

Biomacromolecules2(4)p.1192 - 11972001年-

Virus inactivation in hemoglobin solution by heat treatment

Abe, H., Ikebuchi, K., Hirayama, J., Fujihara, M., Takeoka, S., Sakai, H., Tsuchida, E., Ikeda, H.

Artif. Cells Blood Substit. Immobil. Biotechnol.29(5)p.381 - 3882001年-

Hemoglobin-vesicles as oxygen carriers - Influence on phagocytic activity and histopathological changes in reticuloendothelial system

Sakai, H., Horinouchi, H., Tomiyama, K., Ikeda, E., Takeoka, S., Kobayashi, K., Tsuchida, E.

Am. J. Pathol.159(3)p.1079 - 10882001年-

Effects of poly(ethyleneglycol)-modified hemoglobin vesicles on N-formyl-methionyl-leucylphenylalanine-induced responses of polymorphonuclear neutrophils in vitro

Ito, T., Fujihara, M., Abe, H., Yamaguchi, M., Wakamoto, S., Takeoka , S., Sakai, H., Tsuchida, E., Ikeda, H., Ikebuchi, K.

Artif. Cells Blood Substit. Immobil. Biotechnol.29(6)p.427 - 4372001年-

Development of the Albumin Polymers with the Hemostotic Ability

Blood・Immunity・Cancer6(1)p.462001年-

Synthesis of disulfide-containing aniline and copolymerization with aniline

Cho, JS., Sato, S., Takeoka, S., Tsuchida, E.

Macromolecules34(9)p.2751 - 27562001年-

Synthesisi and physicochemical characterization of Hb-based O2 carriers: Comparison between cellular and acelluar types

8th International Symposium on Blood Substitutes2000年11月-

Proton-conduction in poly(alkylenecarbonate)/poly(thiophenylenesulfonic acid) composites

Cho, JS., Hayashino, Y., Miyatake, K., Takeoka, S., Tsuchida, E.

Polym. Adv. Technol.11p.548 - 5522000年08月-

Papers presented at PAT '99 - Tokyo - Editorial

Polym. Adv. Technol.11p.3692000年08月-

Carbon monoxide from heme catabolism protects againsthepatobiliary dysfunction in endotoxin-treated rat liver

Kyokane, T., Norimizu, S., Taniai, H., Yamaguchi, T., Takeoka, S., Tsuchida, E., Naito, M., Nimura, Y., Ishimura, Y., Suematsu, M.,

Gastroenterology120p.1227 - 12402000年-

Synthesis of disulfide-containing aniline and copolymerization with aniline,

Cho, JS., Sato, S., Takeoka, S., Tsuchida, E.

Macromolecules34p.2751 - 27562001年-

Synthesis of multiacyl poly(ethylene glycol) for the conjugation of cytochrome c to phospholipid vesicle

Ohkawa, H., Teramura, Y., Takeoka, S., Tsuchida, E.

Bioconjugate Chem.11(6)p.815 - 8212000年-

Photoreduction of methemoglobin by irradiation in the near-ultraviolet region,

Sakai, H., Onuma, H., Umeyama, M., Takeoka, S., Tsuchida, E.,

Biochemistry39p.14595 - 146022000年-

Molecular dimensions of Hb-based O-2 carriers determine constriction of resistance arteries and hypertension

Sakai, H., Hara, H., Yuasa, M., Tsai, AG., Takeoka, S., Tsuchida, E., Intaglietta, M.

Am. J. Physiol.-Heart Circul. Physiol.279p.H908 - H9152000年-

Synthesis and assembly of poly(ethylene glycol)-lipids with mono-, di-, and tetraacyl chains and a poly(ethylene glycol) chain of various molecular weights

Takeoka, S., Mori, K., Ohkawa, H., Sou, K., Tsuchida, E.,

J. Am. Chem. Soc.122(33)p.7297 - 79352000年-

Conjugation of von Willebrand factor-binding domain of platelet glycoprotein IB alpha to size-controlled albumin microspheres

Takeoka, S., Teramura, Y., Ohkawa, H., Ikeda, Y., Tsuchida, E.,

Biomacromolecules1(2)p.290 - 2952000年-

Poly(ethylene glycol)-conjugation and deoxygenation enable long-term preservation of hemoglobin-vesicles as oxygen carriers in a liquid state

Sakai, H., Tomiyama, K., Sou, K., Takeoka, S., Tsuchida, E.,

Bioconjugate Chem.11(3)p.425 - 4322000年-

Poly(ethylene glycol)-modification of the phospholipid vesicles by using the spontaneous incorporation of poly(ethylene glycol)-lipid into the vesicles

Sou, K., Endo, T., Takeoka, S., Tsuchida, E.

Bioconjugate Chem.11(3)p.372 - 3792000年-

Synthesis and physicochemical characterization of a series of hemoglobin-based oxygen carriers: Objective comparison between cellular and acellular types

Sakai, H., Yuasa, M., Onuma, H., Takeoka, S., Tsuchida, E.,

Bioconjugate Chem.11(1)p.56 - 642000年-

Proton-conduction of perfluorooctanesulfonic acid/poly(propylene carbonate) composites

Cho, JS., Hayashino, Y., Miyatake, K., Takeoka, S., Tsuchida, E,

Chem. Lett.2000/1,44(1)p.44 - 452000年-

Preparation and properties of polyaniline doped with poly(thiophenylenesulfonic acid)

Miyatake, K., Cho, JS., Takeoka, S., Tsuchida, E.

Macromol. Chem. Phys.200p.2597 - 26011999年12月-

Non-invasive observation of resistance arteries in conscious hamsters fitted with dorsal skinfold windows

Microcirculation Annual 1999/日本医学館pp.91-921999年11月-

Hemoglobin-based oxygen carriers (1): Synthesis and physicochemical characterization of crosslinked, polymerized, polymer-conjugated and encapsulated hemoglobin

The 5th International Symposium on Polymers for Advanced Technologies (Tokyo)1999年09月-

Carbon monoxide overproduced by heme oxygenase-1 causes a reduction of vascular resistance in perfused rat liver

Wakabayaski, Y., Takamiya, R., Mizuki, A., Kyokane, T., Goda, N., Yamaguchi, T., Takeoka, S., Tsuchida, E., Suematsu, M., Ishimura, Y.

Am. J. Physiol.-Gastroint. Liver Physiol.277p.G1088 - G10961999年11月-

Microvascular Responses to Hemodilution with Hb-vesicles as Red Cell Substitutes : Influences of Oz Affinity

Sakai, H., Tsai, AG., Rohlfs, RJ., Hara, H., Takeoka, S., Tsuchida, E.,

Am. J. Physiol.-Heart Circul. Physiol.276p.H553 - H5621999年-

Nonaqueous proton conduction in poly(thiophenylenesulfonic acid)/poly(oxyethylene) composite

Miyatake, K., Fukushima, K., Takeoka, S., Tsuchida, E.,

Chem. Mat.11(5)p.1171 - 11741999年-

Photoexcitation and electron transfer reactions of zinc lipidporphyrins in DMSO

Ohgushi, T., Li, ZC., Li, FM., Komatsu, T., Takeoka, S., Tsuchida, E.,

J. Porphyr. Phthalocyanines3p.53 - 591999年-

The Heme Oxygenase System in Liver Microcirculation: A Key Mechanism for Hemoglobin Degradation

Blood Substitutes/Elsevier ScienceChapt. 19, pp241-2501998年12月-

Distribution of heme oxygenase isoforms in rat liver -Topographic basis for carbon monoxide-mediated microvascular relaxation

Goda, N., Suzuki, K., Naito, M., Takeoka, S., Tsuchida, E., Tametani, T., Suematsu, M.,

J. Clin. Invest.101(3)p.604 - 6121998年02月-

Cancellation of nitric oxide- and carbon monoxide-dependent vasorelaxation elicited by acellular hemoglobin derivatives in endotoxemic rat liver

Kyokane, T., Suematsu, M., Naito, M., Nimura, Y., Ishimura, Y., Takeoka, S., Tsuchida, E.,

Hepatology28p.11381998年-

Subcutaneous microvascular responses to severe hemodilution with hemoglobin-vesicles as red cell substitutes

Sakai, H., Hara, H., Kerger, H., Tsai, AG., Park, SI., Takeoka, S., Nishide, H., Tsuchida, E., Intaglietta, M.

J. Vasc. Res.35p.2611998年08月-

Human serum albumin-bound synthetic hemes as an oxygen carrier: Determination of equilibrium constants for heme binding to host albumin

Komatsu, T., Hamamatsu, K., Takeoka, S., Nishide, H., Tsuchida, E.

Artif. Cells Blood Substit. Immobil. Biotechnol.26p.519 - 5271998年12月-

Oxygen releasing from cellular hemoglobin

Kawai, N., Ohkawa, H., Maejima, H., Takeoka, S., Nishide, H., Tsuchida, E.,

Artif. Cells Blood Substit. Immobil. Biotechnol.26p.507 - 5171998年12月-

Effects of the pH-controlled hemoglobin vesicles by CO2 gas

Park, S., Kose, T., Hamasaki, M., Takeoka, S., Nishide, H., Tsuchida, E.

Artif. Cells Blood Substit. Immobil. Biotechnol.26p.497 - 5061998年12月-

Disklike assemblies of a synthetic glycolipid and their association with Concanavalin A

Takeoka, S., Sou, K., Ohgushi, T., Tsuchida, E.

Supramol. Sci.5p.159 - 1621998年-

Subcutaneous microvascular responses to hemodilution with a red cell substitute consisting of polyethyleneglycol-modified vesicles encapsulating hemoglobin

Sakai, H., Tsai, AG., Kerger, H., Park, SI., Takeoka, S., Nishide, H., Tsuchida, E., Intaglietta, M.

J. Biomed. Mater. Res.40(1)p.66 - 781998年-

Physical properties and packing states of molecular assemblies of synthetic glycolipids in aqueous dispersions,

Takeoka, S., Sou, K., Boettcher, C., Fuhrhop, JH., Tsuchida, E.,

J. Chem. Soc.-Faraday Trans.94(15)p.2151 - 21581998年-

Antioxidative dopant for thermal-resisting polypyrrole and its mechanism

Takeoka, S., Hara, T., Fukushima, K., Yamamoto, K., Tsuchida, E.

Bull. Chem. Soc. Jpn.71(6)p.1471 - 14761998年-

Evaluation of the capabilities of a hemoglobin vesicle as an artificial oxygen carrier in a rat exchange transfusion model

Izumi, Y., Sakai, H., Kose, T., Hamada, K., Takeoka, S., Yoshizu, A., Horinouchi, H., Kato, R., Nishide, H., Tsuchida, E., Kobayashi, K.

ASAIO J.43(4)p.289 - 2971997年-

Hemoglobin-Vesicles Prepared by Controlling the Interaction of Hemoglobin and Phospholipid Membrane

Proceedings of VII International Symposium on Blood Substitutesp39-b1997年09月-

The oxygen carrying capability of hemoglobin vesicles evaluated in rat exchange transfusion models

Kobayashi, K., Izumi, Y., Yoshizu, A., Horinouchi, H., Park, SI., Sakai, H., Takeoka, S., Nishide, H., Tsuchida, E.

Artif. Cells Blood Substit. Immobil. Biotechnol.25(4)p.357 - 3661997年09月-

Methemoglobin formation in hemoglobin vesicles and reduction by encapsulated thiols

Takeoka, S., Sakai, H., Kose, T., Mano, Y., Seino, Y., Nishide, H., Tsuchida, E.,

Bioconjugate Chem.8(4)p.539 - 5441997年08月-

Properties of and oxygen binding by albumin-tetraphenylporphyrinatoiron(II) derivative complexes

Tsuchida, E., Ando, K., Maejima, H., Kawai, N., Komatsu, T., Takeoka, S., Nishide, H.,

Bioconjugate Chem.8(4)p.534 - 5381997年08月-

Differences in Particle Size and Oxygen-Binding Affinity Between Cross-linked Hemoglobin and Hemoglobin Vesicle

Oxygen Homeostasis and Its Dynamics/Springer11997年10月-

Differences in Oxygen Transport and Physical Properties Between Cellular and Acellular Hemoglobins

Proceedings of VII International Symposium on Blood Substitutes3B-051997年09月-

Construction of Artificial Methemoglobin Reduction Systems in Hb Vesicles

Artificial Cells,Blood Substitutes,and Immobilization Biotechnology/Marcel Dekker25;11997年02月-

Construction of artificial methemoglobin reduction systems in Hb vesicles

Takeoka, S., Ohgushi, T., Sakai, H., Kose, T., Nishide, H., Tsuchida, E.

Artif. Cells Blood Substit. Immobil. Biotechnol.25(1)p.31 - 411997年-

Reduction of methemoglobin via electron transfer across the bilayer membrane of Hb vesicles

Takeoka, S., Ohgushi, T., Nishide, H., Tsuchida, E.

Bull. Chem. Soc. Jpn.,70(5)p.1171 - 11781997年-

Surface modification of hemoglobin vesicles with poly(ethylene glycol) and effects on aggregation, viscosity, and blood flow during 90% exchange transfusion in anesthetized rats,

Sakai, H., Takeoka, S., Park, SI., Kose, T., Nishide, H., Izumi, Y., Yoshizu, A., Kobayashi, K., Tsuchida, E.

Bioconjugate Chem.8(1)p.23 - 301997年-

Physiologic responses to exchange transfusion with hemoglobin vesicles as an artificial oxygen carrier in anesthetized rats: changes in mean arterial pressure and renal cortical tissue oxygen tension

Izumi, Y., Sakai, H., Hamada, K., Takeoka, S., Yamahata, T., Kato, R., Nishide, H., Tsuchida, E., Kobayashi, K.

Critical Care Medicine24(11)1996年11月-

Functional evaluation of hemoglobin- and lipidheme-vesicles as red cell substitutes

Sakai, H., Hamada, K., Takeoka, S., Nishide, H., Tsuchida, E.

Polymers Adv. Tech.7(8)p.639 - 6441996年08月-

Oxygen Transporting Ability and Solution Properties of Stabilized Hemoglobin-Vesicles (HbV)

24th Congress of the International Society of Blood Transfusion/東京1996年04月-

Construction of Artificial Reduction Systems in Hb-vesicles

6th International Symposium on Blood Substitutes/Montreal1996年08月-

Methemoglobin Reduction of Hemoglobin-Vesicles by Thiols

International Symposium on High-Tech Polymers and Polymer Complexes/蘭州1996年08月-

Differences in Oxygen Transport and Physical Property Between Encapsulated Hemoglobin and Cell-free Hemoglobin

Keio University International Symposia for Life Sciences and Medicine1996年12月-

Critical molecular weight effects in the aggregation of phospholipid vesicles triggered by water-soluble polymers and an integrated glycolipid

Takeoka, S., Sou, K., Arase, S., Ohgushi, T., Tsuchida, E.

Macromolecules29(25)p.8132 - 81361996年-

Thermal stabilization of polypyrrole by incorporation of aromatic sulfonate derivatives as dopants

Takeoka, S., Hara, T., Yamamoto, K., Tsuchida, E.

Chem. Lett.1996(2)p.253 - 2541996年-

Physical properties of hemoglobin vesicles as red cell substitutes

Sakai, H., Hamada, K., Takeoka, S., Nishide, H., Tsuchida, E.,

Biotechnol. Progr.12(1)p.119 - 1251996年-

Stabilized Hemoglobin Vesicles

Artificial Red Cells, Materials, Performances and Clinical Studyas Blood Substitutes/John Wiley & SonsChapt.31995年-

Electronic Processes in Macromolecular Metal Complexes

Macromolecular Metal Complexes/Springer-VerlagChapt.41995年-

Modification of hemoglobin-vesicles with Oligosccharide Chains

Artif. Organs Today/VSP4;41995年04月-

Rheological Characteristics of the Phospholipid Vesicles Surface-Modified with Oligosaccharide

Pacific Polymer Conference (Hawaii)1995年12月-

Layer-controlled hemoglobin vesicles by interaction of hemoglobin with a phospholipid assembly

Takeoka, S., Ohgushi, T., Terase, K., Ohmori, T., Tsuchida, E.

Langmuir12p.1755 - 17591996年-

Physical properties of hemoglobin vesicles as red cell substitutes

Sakai, H., Hamada, K., Takeoka, S., Nishide, H., Tsuchida, E.

Biotechnol. Prog.12p.119 - 1251996年-

Destruction and reconstitution of polyphospholipid vesicles with size memory

Takeoka, S., Ohgushi, T., Tsuchida, E.

Macromolecules28p.7660 - 76661995年-

Intermolecular interactions of lithocholic acid-derivatives with phospholipid as bilayer-membrane

Li, ZC., Li, FM., Arase, S., Takeoka, S., Tsuchida, E.

Langmuir11p.3161 - 31661995年-

Ligand-exchange reaction of carbonylhemoglobin to oxyhemoglobin in a Hemoglobin liquid membrane

Chung, JE., Hamada, K., Sakai, H., Takeoka, S., Tsuchida, E.

Nippon Kagaku Kaishi1995p.123 - 1271995年-

Coordination behavior of O-2 and CO in a solid film consisting of hemoglobin and maltose

Chung, JF., Sakai, H., Takeoka, S., Nishide, H., Tsuchida, E.

Bull. Chem. Soc. Jpn.68p.1006 - 10111995年-

Effect of a lithocholic acid-derivative on the molecular packing and stability of phospholipid-vesicles

Li, ZC., Li, FM., Arase, S., Takeoka, S., Tsuchida, E.

Chem. Lett.1994p.2199 - 22021994年-

Convenient method of purify hemoglobin

Sakai, H., Takeoka, S., Nishide, H., Tsuchida, E.

Artif. Cells Blood Substit. Immobil. Biotechnol.22p.651 - 6561994年-

Characteristics Of Hb-Vesicles And Encapsulation Procedure

Takeoka, S., Sakai, H., Terase, K., Nishide, H., Tsuchida, E.

Artif. Cells Blood Substit. Immobil. Biotechnol.22p.861 - 8661994年-

"Suppression of methemoglobin formation by glutathione in a concentrated hemoglobin solution and in a hemoglobin-vesicle

Sakai, H., Takeoka, S., Seino, Y., Tsuchida, E.

Bull. Chem. Soc. Jpn.67p.1120 - 11251994年-

Extraction of purified Hb from red-cell by coexistence of organic media including polymers

Tsuchida, E., Chung, JE., Seino, Y., Sakai, H., Takeoka, S.

Abstr. Pap. Am. Chem. Soc.141p.2071994年-

Interaction between phospholipids assembly and globin proteins

Takeoka, S., Yokohama, H., Terase, K., Tsuchida, E.

Abstr. Pap. Am. Chem. Soc.207p.1451994年-

Interaction between phospholipid assemblies and hemoglobin (Hb)

Takeoka, S., Terase, K., Yokohama, H., Sakai, H.,Nishide, H., Tsuchida, E.

J. Macromol. Sci.-Pure Appl. Chem.A31p.97 - 1081994年-

Oxidation of a PPy-modified tantalum electrode

Park, YS., Yamamoto, K., Takeoka, S., Ohta, T., Tsuchida, E.

Polym. Adv. Technol.4p.329 - 3341993年-

Purification of concentrated hemoglobin using organic-solvent and heat-treatment

Sakai, H., Takeoka, S., Yokohama, H., Seino, Y., Nishide, H., Tsuchida, E.

Protein Expr. Purif.4p.563 - 5691993年-

Sintered-tantalum electrode modified with polypyrrole by electropolymerization

Park, Ys., Ohta, T., Takeoka, S.,Yamamoto, K., Tsuchida, E.

Bull. Chem. Soc. Jpn.66p.2449 - 24511993年-

In-situ formation of Ppy/Ta2O5/Ta structure by electropolymerization and its electrical-properties

Park, YS.,Takeoka, S., Yamamoto, K.,Tsuchida, E.

Mol. Cryst. Liquid Cryst.227p.219 - 2291993年-

Preparation conditions of human hemoglobin resicles covered with lipid membranes

Takeoka, S., Sakai, H., Nishide, H., Tsuchida, E.

Artificial Organs Today3(3)p.129 - 1361993年-

Cryoprotection of synthetic glycolipids for phospholipid-vesicles

Sakai, H., Takisada, M., Takeoka, S., Tsuchida, E.

Chem. Lett.1993p.1981 - 19841993年-

A lithium secondary battery using a thin film of polymer electrolyte as a separator

Ohta, T., Takeoka, S., Horiuchi, K., Tsuchida, E.

Polym. Adv. Technol.3p.433 - 436

Preparation of dehydrated powder of hemoglobin vesicles

Wang, L., Takeoka, S., Tsuchida, E., Tokuyama, S., Mashiko, T., Satoh, T.

Polym. Adv. Technol.3p.17 - 211992年-

Encapsulation of Hb into unsaturated lipid vesicles and γ-ray polymerization

Sakai, H., Takeoka, S., Yokohama, H., Nishide, H., Satoh, T.

Polym. Adv. Technol.3p.389 - 3941992年-

Inhibition of intervesicular aggregation of phospholipid vesicles by incorporation of dialkyl oligosaccharide glycerol

Takeoka, S., Sakai, H., Takisada, M., Tsuchida, E.

Chem. Lett.1992p.1877 - 18801992年-

Oxygen-transport and solution properties of polylipid Hb vesicles (ARC)

Takeoka, S., Hasegawa, E., Nishide, H., Tsuchida, E., Sekiguchi, S.

Biomater. Artif. Cells Immobil. Biotechnol.20p.399 - 4041992年-

Inhibition effect of aggregation of phospholipid-vesicles by incorporation of glycolipids

Takeoka, S., Sakai, H., Ohno, H., Yoshimura, K., Tsuchida, E.

J. Colloid Interface Sci.152p.351 - 3581992年-

Simultaneous formation of a polypyrrole film and a tantalum oxide layer by electrochemical oxidation

Park, YS., Yamamoto, K.,Takeoka, S., Tsuchida, E.

Bull. Chem. Soc. Jpn.65p.1860 - 18651992年-

Interaction between polynuclear aromatic-hydrocarbons and sodium-ion in poly(oxyethylene)

Takeoka, S., Horiuchi, K., Tsuchida, E.

Solid State Ionics50p.175 - 1791992年-

Ion dissociation and conduction of Nafion/modified oligo(oxyethylene) composite films

Wang, YP., Feng, HY., Fu, ZS., Tsuchida, E., Takeoka, S., Ohta, T.

Polym. Adv. Technol.2p.295 - 2991991年-

POE incorporation into ionic clusters of ionomer and ion-conduction behaviors

Takeoka,S., Sakai, H., Shin, T., Ohta、 T., Tsuchida, E.,

Polym. Adv. Technol.2p.69 - 741991年-

Electropolymerization of pyrrole on a tantalum electrode

Yamamoto, K.,Park, Ys., Takeoka, S., Tsuchida, E.

J. Electroanal. Chem.318p.171 - 1811991年-

Sodium-ion conduction of perfluorosulfonate ionomer poly(oxyethylene) composite films

Takeoka, S., Horiuchi, K., Yamagata, S., Tsuchida, E.

Macromolecules24p.2003 - 20061991年-

Phase-separation of polymerized mixed liposomes - Analysis of release behavior of entrapped molecules with skeletonization

Takeoka, S., Sakai, H., Ohno, H., Tsuchida, E.

Macromolecules24p.1279 - 12831991年-

Polymerization of liposomes evaluated from molecular-weight distribution of diene-type phospholipid polymers

Takeoka, S., Kimura, N., Ohno, H., Tsuchida, E.

Polym. J.22p.867 - 8741990年-

Larger cations can move faster in solid polymer electrolytes

Ohno, H., Kobayashi, N., Takeoka, S., Ishizaka, H., Tsuchida, E.

Solid State Ionics40-1p.655 - 6581990年-

Dissociation and conduction of alkali-metal ion in Nafion crown-ether composite films

Takeoka, S., Sakai, H., Tsuchida, E.

Chem. Lett.1990p.1539 - 15421990年-

Liposome formation of selectively-polymerized diene-containing phospholipids and their postpolymerization

Takeoka, S., Ohno, H., Iwai, H., Tsuchida, E.

J. Polym. Sci. Pol. Chem.28p.717 - 7301990年-

Study on the phase-transition behavior of polymerized liposomes through the interaction of diene-groups in their acyl chains

Takeoka, S., Sakai, H., Wang, L., Ohno, H., Tsuchida, E.

Polym. J.21p.641 - 6481989年-

Control of release of encapsulated molecules from polymerized mixed liposomes induced by physical or chemical stimuli

Takeoka, S., Ohno, H., Hayashi, N., Tsuchida, E.

J. Control. Release9p.177 - 1861989年-

Diene-containing lipids as probes for phase-transition behavior of lipids in liposomes

Takeoka, S., Iwai, H., Ohno, H., Tsuchida, E.

Bull. Chem. Soc. Jpn.62p.102 - 1081989年-

Effect of phase-transition on photosensitized radical polymerization of diene-containing lipids as liposomes .7

Ohno, H., Takeoka, S., Iwai, H., Tsuchida, E.

Macromolecules22p.61 - 661989年-

Polymerization of diene-containing lipids as liposomes by radical initiators.6. Polymerization of 1,3-bis(2,4-octadecadienoyl)-rac-glycero-2-phosphorylcholine

Takeoka, S., Hasegawa, E., Ohno, H., Tsuchida, E.

Bull. Chem. Soc. Jpn.61p.2007 - 20121988年-

Polymerization of diene-containing Lipids as liposomes by radical Initiators.4. Effect of lipid packing on the polymerization profile

Ohno, H., Takeoka, S., Iwai, H., Tsuchida, E.

Macromolecules21p.319 - 3221988年-

Polymerization of liposomes composed by diene-containing lipids by radical initiators.2. Polymerization of monodiene-type lipids as liposomes

Ohno, H., Takeoka, S., Iwai, H., Tsuchida, E.

J. Polym. Sci. Polym. Chem.25p.2737 - 27461987年-

Incorporation of fluorescent-probes to the inner aqueous phase of previously polymerized liposomes

Ohno, H., Takeoka, S., Hayashi, N., Tsuchida, E.

Makromol. Chem-Rap. Comm.8p.215 - 2181987年-

Polymerization of diene containing lipids as liposomes by radical initiators.3. unequivalent chemical environment of diene groups in 1-acyl and 2-acyl chains of polymerizable lipids analyzed by radical polymerization

Ohno, H., Takeoka, S., Tsuchida, E.

Bull. Chem. Soc. Jpn.60p.2945 - 29511987年-

Skeletonized hybrid liposomes

Ohno, H., Takeoka, S., Tsuchida, E.

Polym. Bull.14p.487 - 4901985年-

Analysis of the interaction between cells and the different types of nanosheets

ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY2392010年-2010年

WoS

詳細

ISSN:0065-7727

書籍等出版物

Functional Polymer Films, Chapt 29 Fabrication, Properties, and Biomedical Applications of Nanosheets

Toshinori Fujie, Yosuke Okamura, Shinji Takeoka

WILEY−VCH2011年-

詳細

ISBN:978-3-527-32190-2

遺伝子治療、DDS

武岡真司

生命・医療・福祉ハンドブック、早稲田大学生命・生体・福祉研究所編、コロナ社2007年 02月-

動く臓器としての血液に学ぶ -人工赤血球・人工血小板への挑戦-

武岡 真司, 岡村 陽介, 阿閉 友保

“ファイバー” スーパーバイオバイオメティクス 〜近未来の新技術創成〜 本宮 達也 監修, NTS2006年 10月-

「医療用マテリアルと機能膜」,第5章人工赤血球

酒井宏水, 宗慶太郎, 武岡真司, 小林紘一, 土田英俊

(株)シーエムシー出版2005年-

血液疾患ハンドブック、人工血液の開発の現状と展望

武岡真司

再生つばさの会2005年 06月-

図解 高分子新素材のすべて、国武豊喜監修、人工赤血球の仕組み

武岡真司

工業調査会2005年 05月-

最近の化学工学56 先端医療における化学工学 人工血液(赤血球、血小板)の最近の進歩

武岡真司

化学工業社2004年 12月-

機能性脂質のフロンティア、2 リン脂質二分子膜小胞体を利用した赤血球代替物

武岡真司

シーエムシー出版2004年 12月-

バイオロジクス−生物由来物質を用いた製品開発−

武岡真司、後藤洋子、川上浩良

高分子学会編2004年 09月-

新訂版・表面科学の基礎と応用、第12節, 人工赤血球

土田英俊, 武岡真司, 小松晃之, 酒井宏水

エヌ・ティー・エス社2004年-

周術期輸液の最前線、IV 酸素輸液の展望1)小胞体型人工赤血球の開発動向

宮尾秀樹編、 武岡真司

真興交易㈱医書出版部2004年-

ぼくもノーベル賞をとるぞ!!

高分子学会編著、武岡真司ほか65名

朝日出版社2001年-

バイオミメティックスハンドブック、酸素輸液としての人工赤血球(第7章(分泌と体内輸送系)第6節)

長田義仁 編、土田英俊, 酒井宏水, 武岡真司

エヌ・ティー・エス社2000年-

Hemoglobin-Vesicles as a Molecular Assembly: Characteristics of Preparation Process and Performances as Artificial Oxygen Carriers

H. Sakai, K. Sou, S. Takeoka, K. Kobayashi, and E. Tsuchida

Blood Substitutes, Elsevier, Amsterdam2006年-

Artificial Oxygen Carrier, Hemoglobin-Vesicles (HbV) as Artificial Oxygen Carriers

Sakai, H., Sou, K., Takeoka, S., Kobayashi, K., Tsuchida, E.

Springer2005年-

Organ Microcirculation, Design and Modification of Nanoparticles for Blood Substitutes

Takeoka,S.

Springer2005年-

Evaluation of the Oxygen Trasnporting Capability of Hemoglobin Vesicles "Blood Substitutes-Present and Future Perspectives" chapt.14

Elsevier Science1998年-

Stabilized Hemoglobin Vesicles

"Artificial Red Cells" John Wiley & Sons1995年-

Interpolymer Complexes and their Ion-Conduction

"Macromolecular Complexes in Chemistry and Biology" Springer-Verlag1994年-

講演・口頭発表等

Antibiotic-loaded nanosheets for the treatment of gastrointestinal tissue defects

2010 科学技術交流セミナー・シンポジウム 「ナノテクの医療への応用シンポジウム」2010年09月

詳細

口頭発表(一般)

Antibiotic-loaded nanosheets for the treatment of gastrointestinal tissue defects

International Conference on Cellular and Molecular Bioengineering (ICCMB 2010)2010年08月

詳細

口頭発表(一般)

Introduction of Bio-molecular Assembly Science Lab.

Meeting with Micro-BioRobotics of IIT@SSSA and TWIns2010年03月

高分子超薄膜(ナノシート)を用いた医療展開

日本医工学治療学会2010年04月

詳細

口頭発表(一般)

高分子超薄膜(ナノシート)の医療展開

熊本大学薬学部薬剤学ミニシンポジウム2010年05月

詳細

口頭発表(一般)

ナノシートの物性と医療応用

知の市場IT525、ナノと社会事例研究、ナノテクノロジーの現状と近未来2010年06月

高分子超薄膜( ナノシート) の物性とナノ絆創膏としての医療展開

ポリマーフロンティア21、バイオインスパイアードマテリアル2010年06月

詳細

口頭発表(一般)

機能性ナノ粒子やナノフィルムを用いたナノ医療へのアプローチ

東京理科大学 理工学研究科 工業化学専攻、特別講義22010年06月

作品・ソフトウェア・教材・フィールドワーク等

Organizing Committee, 14th Keio University International Symposia for Life Sciences and Medicine, Organ Microcirculation

2003年01月-2003年12月

Program Committee, 13th Keio University International Symposia for Life Sciences and Medicine, Research and Development of Artificial Oxygen Carrier-Its Frontline-A Gateway to Diagnostic and Therapeutic Interventions

2002年07月-2003年03月

Executive Committee, Internal Symposium on 21-COE Practical Nano-Chemistry

2003年04月-2003年12月

Program Committee, Executive Committee, IX International Symposium on Blood Substitutes

2002年07月-2003年03月

Secretary, Executive Committee, 5th International Symposium on Polymers for Advanced Technologies(PAT)

1998年07月-1999年03月

Secretary, Program Committee, VII International Symposium on Blood Substitutes

1996年06月-1997年09月

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:基盤研究(B)

相分離貫通型ナノシートとナノディスクを利用する新規なナノフィルム製剤の創製

2013年-2015年

研究分野:構造・機能材料

配分額:¥12090000

研究種別:基盤研究(C)

ナノシートとマイクロスキンを用いた重症熱傷救命のための治療開発研究

2013年-2015年

研究分野:救急医学

配分額:¥5070000

研究種別:基盤研究(B)

Compromised hostへの重度侵襲対策

2013年-2015年

研究分野:救急医学

配分額:¥17940000

研究種別:挑戦的萌芽研究

新規な有機環状分子を用いたセシウムイオン凝集共沈除去システムの構築

2012年-2013年

研究分野:環境技術・環境材料

配分額:¥3900000

研究種別:基盤研究(B)

熱傷や消化管穿孔性腹膜炎に対する創傷被覆材としての新規高分子ナノシートの物性制御

2009年-2011年

研究分野:医用生体工学・生体材料学

配分額:¥17550000

研究種別:基盤研究(C)

生体内で長時間の酸素運搬効力を有するヘモグロビン小胞体の構築

2006年-2007年

研究分野:医用生体工学・生体材料学

配分額:¥2080000

研究種別:基盤研究(B)

界面移行法による血中投与可能なナノ粒子のインテリジェント化

2003年-2004年

研究分野:医用生体工学・生体材料学

配分額:¥9100000

研究種別:基盤研究(B)

微小循環機能恒常性を考慮した細胞型人工酸素運搬体の設計と開発

2001年-2003年

研究分野:麻酔・蘇生学

配分額:¥3700000

研究種別:基盤研究(B)

細胞型酸素輸液の製造工程の確立

2000年-2001年

研究分野:医用生体工学・生体材料学

配分額:¥12400000

研究種別:萌芽的研究

止血機能を有し、血管障害部位に特異的に集積する蛋白質高分子量体の設計

1999年-2000年

研究分野:血液内科学

配分額:¥2000000

研究種別:基盤研究(C)

赤血球代替物の非酵素的還元システムに関する研究

1996年-1997年

研究分野:医用生体工学・生体材料学

配分額:¥2100000

研究種別:国際学術研究

一段階多電子過程を経由する分子変換系の確立

1996年-1998年

配分額:¥16000000

研究種別:基盤研究(A)

微小循環系動力学解析による赤血球代替物の前臨床評価試験

1995年-1996年

研究分野:医用生体工学・生体材料学

配分額:¥12000000

研究種別:試験研究(B)

「空気電池」に組み込む酸素選択透過膜の新合成と次世代一次電池としての試験

1993年-1995年

研究分野:有機工業化学

配分額:¥10500000

研究種別:一般研究(A)

ヘム誘導体の分子集合と動的電子過程に関する研究

1993年-1995年

研究分野:高分子合成

配分額:¥35100000

研究種別:一般研究(C)

両面の界面物性が相違する単分子膜の構成と電子移動

1993年-1994年

研究分野:高分子構造物性(含繊維)

配分額:¥2100000

研究資金の受入れ状況

提供機関:文部科学省

人工臓器素材開発1996年-2000年

提供機関:文部科学省

微生物機能を利用した資源循環型水環境プロセスの構築1999年-2003年

実施形態:共同研究

糖脂質の利用に関する研究調査1996年-1998年

実施形態:受託教育

有機導電材料に関する研究調査1996年-1996年

実施形態:受託教育

蛋白質結合高分子に関する調査2000年-2000年

学内研究制度

特定課題研究

バイオ医薬品運搬システム構築のための薬物担持リピッドナノシートの創製

2011年度

研究成果概要:研究代表者は、リン脂質二分子膜小胞体(リポソーム)を用いたドラッグデリバリーシステムの研究と開発を行っている。特に、リポソームに抗体を結合させたり、遺伝子を担持させる研究を進めてきた。一般にバイオ医薬品(抗体、酵素、遺伝子など)は...研究代表者は、リン脂質二分子膜小胞体(リポソーム)を用いたドラッグデリバリーシステムの研究と開発を行っている。特に、リポソームに抗体を結合させたり、遺伝子を担持させる研究を進めてきた。一般にバイオ医薬品(抗体、酵素、遺伝子など)は高価であり、これをリポソームに内包させるためには内包効率を如何に向上させるかが課題となる。他方、研究代表者は、医用高分子からなるナノシートの開発に成功し、ナノ絆創膏などとして医療応用を目指している。本研究では、犠牲膜法でナノシートを構築する手法をヒントに、ポリビニルアルコール(PVA)の様な水溶性犠牲膜上に当研究室で保有しているカチオン性アミノ酸型脂質、ポリエチレングリコール結合脂質をコーティングしてナノシート(約5~10nm厚)を形成させ、そこに反対電荷のバイオ医薬品(アニオン性の成長因子、酵素、遺伝子)水溶液をキャストし、さらにカチオン性脂質のナノシート(約5~10nm厚)を形成させて3層構造を形成する方法を検討した。これを基板ごと水槽に浸漬させることで、犠牲膜であるPVA層が水に溶解し、3層構造の薬物担持リピッドナノシートが遊離する。リピッドナノシートは分子集合体であるため、水和と共に高速撹拌などでずり応力を加えると分子集合が再構築され、薬物を内包した二分子膜小胞体構造が得られ、ずり応力を撹拌速度やホモジナイザー、超音波照射によって強くするとそれに応じてリポソームの粒子径が小さく制御される。本法の利点は、アニオン性のバイオ医薬品の担持効率を究極に高めることであり、若干の漏出は溶解したPVAを限外濾過にて除去する際に除去できる。検討の結果、この方法の最大の課題はバイオ医薬品(例えば成長因子)のキャスト後の状態であった。スピンコート法で形成されたリピッドナノシートに成長因子をキャストした場合、凝集や相分離など不均一な状態で乾燥するとその上に平滑なリピッドナノシートを構築することができない。成長因子をスピンコートすることで平滑なナノシートを構築することができるものの、スピンコート時に相当量の成長因子が損失してしまうことも明らかとなった。ダイコーターなどで成長因子をコートし、更にその上にリピッドナノシートを構築する方法が有効と思われた。しかし、そのためにはマイクログラビアなどの薄膜連続作成装置ならびに多量のリピッドとバイオ医薬品(例えば成長因子)を必要とするので、経済的な理由で進めることができなかった。しかし、この検討により、アニオン性バイオ医薬品をカチオン性多糖類とポリイオンコンプレックスを作らせてナノシートに担持させる手法の契機になり、次に繋がる展開となった。

細胞内小器官の温度を計測する新規な蛍光プローブの創製

2014年度共同研究者:井上貴文

研究成果概要:生細胞のミトコンドリア温度を測定するために、ミトコンドリアに局在するレシオ型温度応答性蛍光プローブを分子設計を行い、有機合成した。本プローブは温度応答性を示すローダミンBと温度に不感応なローダミン101のスペーサーにて結合させた構...生細胞のミトコンドリア温度を測定するために、ミトコンドリアに局在するレシオ型温度応答性蛍光プローブを分子設計を行い、有機合成した。本プローブは温度応答性を示すローダミンBと温度に不感応なローダミン101のスペーサーにて結合させた構造であり、ローダミンBの蛍光強度/ローダミン101の蛍光強度の比は、温度上昇に比例して減少するので、濃度変化や焦点ブレに関係なく温度変化のみを検出できる。試験管レベルで検量線を作成したところ、2.72%/℃の温度感受性を有することが明らかとなった。また、本プローブは細胞に振り掛け約30分静置すると細胞膜を透過してミトコンドリアに集積する性質を持っているので、測定したいタイミングでミトコンドリアのみの温度を計測できる。また、測定条件では細胞毒性は認められなかった。脱共役剤(FCCP)をHeLa細胞の培地に添加したところ添加約5分後に有意な温度上昇が観測された。

生細胞内クリックケミストリーによる生体関連分子イメージング法の開発

2014年度

研究成果概要:細胞膜透過性を有する無触媒クリック型蛍光色素FC-DBCO(Fluorescein-Conjugated DiBenzoCycloOctyne)を分子設計し、有機合成した。本プローブは蛍光分子であるフルオレセインの誘導体と無触媒ク...細胞膜透過性を有する無触媒クリック型蛍光色素FC-DBCO(Fluorescein-Conjugated DiBenzoCycloOctyne)を分子設計し、有機合成した。本プローブは蛍光分子であるフルオレセインの誘導体と無触媒クリック分子であるジベンゾシクロオクチンをカップリングした構造であり、細胞膜を自由に透過できる性質を持っている。従って、もし生細胞内にアジド基を有する標的分子があればそれと結合して蛍光標識するが、標的分子がない場合にはそのまま細胞を透過してしまい、培地の洗浄によりほぼ完全に細胞内から除去される。また、本実験条件では細胞毒性は認められなかった。N-アセチルマンノサミン誘導体(アジド化マンノース)とFC-DBCOを用いて生細胞内クリック反応を評価したところ、アジド化マンノースの細胞内動態(細胞質→酸性小胞体→ゴルジ体→細胞膜)を蛍光イメージングすることができ、生細胞内アジド基修飾分子の動態解析に対する本プローブの有用性を実証した。

生細胞内小器官の温度を計測するレシオ型分子温度計の創製

2015年度共同研究者:井上 貴文

研究成果概要:生細胞のミトコンドリアに集積して温度を計測するレシオ型蛍光プローブ(Mito-RTP)を開発した。本プローブは、温度感受性の無いNIR-rhodamine 101と温度感受性を示すRhodamine Bを共有結合させており、ミトコ...生細胞のミトコンドリアに集積して温度を計測するレシオ型蛍光プローブ(Mito-RTP)を開発した。本プローブは、温度感受性の無いNIR-rhodamine 101と温度感受性を示すRhodamine Bを共有結合させており、ミトコンドリア集積能を持つと共に蛍光強度比によって絶対温度が計測できる。HeLa細胞にMito-RTPを添加すると30分以内にミトコンドリアに集積し、培地温度を上昇させた際の温度依存性は-2.72%/℃であった。ミトコンドリアの脱共役剤を添加すると、約2.5 ℃の熱産生が引き起こされていた。

生理不活性な合成脂質を利用した新しいヘモグロビン小胞体の創製

2002年度

研究成果概要:高濃度Hbをリン脂質二分子膜にて内包したヘモグロビン小胞体を人工赤血球として研究開発している。リン脂質としては、両イオン性のホスファチジルコリン型脂質、アニオン性ホスファチジルグリセロール型脂質、ポリエチレングリコール(PEG)結...高濃度Hbをリン脂質二分子膜にて内包したヘモグロビン小胞体を人工赤血球として研究開発している。リン脂質としては、両イオン性のホスファチジルコリン型脂質、アニオン性ホスファチジルグリセロール型脂質、ポリエチレングリコール(PEG)結合ホスファチジルエタノールアミン型脂質の混合体を用いているが、特にアニオン性脂質による血小板や白血球の活性化が課題となっていた。本特定課題研究では、ジアルキル L-グルタメートを基本骨格とし、これに無水コハク酸をアミド結合させたアニオン性グルタミン酸型脂質や、片末端をカルボン酸としたPEGを結合させたPEG結合グルタミン酸型脂質、更にはグルタミン酸をα位やγ位を選択的に結合させた両イオン性脂質を合成した。これらを混合してヘモグロビン小胞体を調製し、血液適合性を検討した結果、以下の知見を得た。(1) グルタミン酸型脂質は簡便合成可能で、対応するリン脂質の置き換えが可能であった。(2) アニオン性の新規グルタミン酸型脂質脂質は血小板の活性化を全く認めず、従来のホスファチジルグリセロール型脂質を使用による副作用を解決できた。(3) 従来のポリエチレングリコール(PEG)結合ホスファチジルエタノールアミン型脂質は、白血球、特に好中球の活性化を認めたが、新規のPEG結合グルタミン酸型脂質では白血球の活性化が認められなかった。(4) 両イオン性のグルタミン酸型脂質では、α位とγ位の結合で分子集合挙動には大きな相違が認められ、前者では単独で小胞体構造、後者では単独でリボン状構造が形成された。コレステロールとの混合により両者とも小胞体構造を形成するものの、前者の方が安定であった。しかし、前者の場合、白血球数の増減に影響が認めれられた。結論として、アニオン性脂質、PEG結合性脂質を新規のグルタミン酸型脂質に置換することに成功したが、両イオン性の脂質には更なる分子設計が必要と思われた。恐らく、コレステロールとの配置を考慮してグルタミン酸とグルタミン酸との間に何らかのスペーサーが必要であると推測される。今回の研究成果により非常に安価なグルタミン酸型脂質により高価なリン脂質の代替と、それによる血液適合性の向上が実現でき、リポソーム製剤の安定度向上に対して大きな進展となった。

ナノスケールレベルで形態を制御したアルブミン超薄膜の構築と血小板代替物への応用

2005年度

研究成果概要: リソグラフィー加工によって得られたナノスケールのパターンを利用した多様な形状の高分子ナノシート(ポリスチレンナノシート、アルブミンナノシート、多糖類電解質ナノシート)を大量に構築する技術を確立する。そこに表裏に異なるリガンドやレ... リソグラフィー加工によって得られたナノスケールのパターンを利用した多様な形状の高分子ナノシート(ポリスチレンナノシート、アルブミンナノシート、多糖類電解質ナノシート)を大量に構築する技術を確立する。そこに表裏に異なるリガンドやレセプターを担持させ、血流中における形態と血小板代替物としての機能について、既に確立されているin vitro, in vivo評価系と血管損傷モデルを用いて明らかにすることを目的としている。 平成17年度は、親水部(SiO2)と疎水部(オクタデシルトリメトキシシラン; ODMS)からなる親-疎水マイクロパターン基板(ODMS-SiO2基板)上に、チオール基を複数導入させたrHSA(SH-rHSA)を吸着、架橋により2次元高分子体とし、rHSAナノシートの剥離体を構築した。更に、シートの片面に蛍光標識ラテックスビーズ(LB)を結合させ、ヘテロな表裏を持つナノシートを共焦点顕微鏡にて観察した。ODMS-SiO2基板(10μm x 30μmが7千個)にローダミン標識SH-rHSA(pH 5.0, 1 g/mL)を蜜に吸着させ、未吸着SH-rHSAを除去後、銅(II)イオンを含む酢酸緩衝液中に静置した。界面活性剤(C12E10)処理により剥離させた分散系をフィルターに捕捉し、共焦点顕微鏡にて観察したところ、ほぼパターン通りの形状を維持したシート(膜厚約7nm)が鮮明に3次元観察できた。NBD蛍光標識させたLBにて片面を修飾したrHSAナノシートを543 nmで励起させ、検出波長(>560 nm)として共焦点顕微鏡観察したところ、湾曲したシート全面が赤色に発光した。458 nmで励起させNBDのみの検出波長(505~530 nm)に設定したところ、シート状に黄色発光したが湾曲部が消光(蛍光エネルギー移動)した様子が観察できた。これは、湾曲部の裏面にLBが存在しているためと考えられる。 以上より、シートの片面のみを修飾できたことを共焦点顕微鏡観察によって初めて証明できた。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
生命科学概論A 電子物理基幹理工学部2017春学期
生命科学概論A 建築・経営・社工・資源創造理工学部2017春学期
生命科学概論A 総合機械創造理工学部2017春学期
生命科学概論A 化学・応化先進理工学部2017春学期
生命科学概論B 生医先進理工学部2017春学期
理工学基礎実験2B 化学先進理工学部2017秋学期
理工学基礎実験2B 生医先進理工学部2017秋学期
生命医科学ゼミナールI先進理工学部2017春学期
生命医科学ゼミナールI  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2017春学期
有機化学B先進理工学部2017冬クォーター
有機化学B 【前年度成績S評価者用】先進理工学部2017冬クォーター
物理化学B先進理工学部2017春学期
物理化学B  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2017春学期
Life Science and Medical Bioscience Laboratory先進理工学部2017春学期
生命医科学実験I先進理工学部2017春学期
生命医科学実験I  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2017春学期
分子細胞生物学B先進理工学部2017春学期
分子細胞生物学B 【前年度成績S評価者用】先進理工学部2017春学期
生命医科学ゼミナールII先進理工学部2017秋学期
生命医科学ゼミナールII  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2017秋学期
Intermediate Life Science and Medical Bioscience Laboratory先進理工学部2017秋学期
生命医科学実験III先進理工学部2017秋学期
生命医科学実験III  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2017秋学期
卒業研究先進理工学部2017通年
卒業研究  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2017通年
Smart and Bioinspired Materials先進理工学部2017集中講義(春学期)
スマート・バイオインスパイアード材料先進理工学部2017集中講義(春学期)
生体分子集合科学先進理工学部2017秋学期
生命医科学実験IV先進理工学部2017春学期
生命医科学実験V先進理工学部2017秋学期
Bioscience and Biotechnology for Life Science先進理工学部2017集中講義(春学期)
Bioscience and Biotechnology for Life Science先進理工学部2017集中講義(春学期)
Life Science and Medical Bioscience Seminar I先進理工学部2017秋学期
Life Science and Medical Bioscience Seminar II先進理工学部2017春学期
Bioscience Practicals A先進理工学部2017秋学期
Bioscience Practicals B先進理工学部2017春学期
Graduation Thesis A先進理工学部2017秋学期
Graduation Thesis B先進理工学部2017春学期
先端生命医科学特論大学院基幹理工学研究科2017春学期
先端生命医科学特論大学院創造理工学研究科2017春学期
先端生命医科学特論大学院先進理工学研究科2017春学期
先端生命医科学特論大学院先進理工学研究科2017春学期
修士論文(生医)大学院先進理工学研究科2017通年
Research on Biomolecular Assembly大学院先進理工学研究科2017通年
生体分子集合科学研究大学院先進理工学研究科2017通年
生体分子集合科学特論大学院先進理工学研究科2017秋学期
Advanced Topics on Biomolecular Assembly大学院先進理工学研究科2017秋学期
生体分子集合科学特論大学院先進理工学研究科2017秋学期
医工学特論大学院先進理工学研究科2017秋学期
Advanced Smart and Bioinspired Materials大学院先進理工学研究科2017集中講義(春学期)
スマート・バイオインスパイアード材料特論大学院先進理工学研究科2017集中講義(春学期)
Seminar on Biomolecular Assembly A大学院先進理工学研究科2017春学期
生体分子集合科学演習A大学院先進理工学研究科2017春学期
Seminar on Biomolecular Assembly B大学院先進理工学研究科2017秋学期
生体分子集合科学演習B大学院先進理工学研究科2017秋学期
Master's Thesis (Department of Life Science and Medical Bioscience)大学院先進理工学研究科2017通年
Advanced Molecular Biology and Bioscience大学院先進理工学研究科2017集中講義(秋学期)
Advanced Molecular Biology and Bioscience大学院先進理工学研究科2017集中講義(秋学期)
生体分子集合科学研究大学院先進理工学研究科2017通年
キャリアアップ実習大学院先進理工学研究科2017通年
分子細胞医療大学院先進理工学研究科2017通年
ナノ医療工学大学院先進理工学研究科2017通年
生物統計学特論大学院先進理工学研究科2017夏クォーター
GLP/GCP/GMP概論 (女子医大)大学院先進理工学研究科2017集中講義(春学期)
バイオマテリアル・ナノ医療特論大学院先進理工学研究科2017秋学期
先端医療演習(女子医大)大学院先進理工学研究科2017秋クォーター
生物統計学演習大学院先進理工学研究科2017秋クォーター
医療RSセミナー B (女子医大)大学院先進理工学研究科2017集中講義(秋学期)
医療RSセミナー A大学院先進理工学研究科2017春学期
医療RSセミナー D大学院先進理工学研究科2017秋学期
医療RSセミナー C (女子医大)大学院先進理工学研究科2017集中講義(秋学期)
生命医科学研究 武岡 真司大学院先進理工学研究科2017通年
生命科学概論 01グローバルエデュケーションセンター2017春学期
生命科学概論 02グローバルエデュケーションセンター2017春学期
生命科学の最前線グローバルエデュケーションセンター2017冬クォーター

教育内容・方法の工夫

早稲田大学大学院先進理工学研究科生命医科学専攻

2007年04月-

詳細

概要:早稲田大学大学院先進理工学研究科生命医科学専攻にて教育上の工夫を行った。r大学院専門科目:生体分子集合科学特論、先端バイオテクノロジー特論Cr大学院演習科目:生体分子集合科学演習A, B, C, Dr大学院研究指導:生体分子集合科学r

早稲田大学先進理工学部生命医科学科

2007年04月-

詳細

概要:2007年4月〜現在 早稲田大学先進理工学部生命医科学科における教育にて教育上の工夫を行った。r学部必修科目:生命科学概論、生命医科学ゼミナールI、II、分子細胞生物学IB、生命系物理化学、生体分子工学IIr学部専門選択科目:生体分子集合科学r学部実験科目:生命医科学実験I,III,IV, V、理工学基礎実験IIBrオープン科目:医療と技術、生命科学の最前線

早稲田大学大学院理工学研究科応用化学専攻

1993年04月-2007年03月

詳細

概要:早稲田大学大学院理工学研究科応用化学専攻における教育にて、教育上の工夫を行った。r大学院専門科目:生体高分子、高分子合成化学r大学院演習科目:生体高分子演習A, B、高分子合成化学演習A, Br大学院研究指導:高分子化学

早稲田大学理工学部応用化学科

1993年04月-2007年03月

詳細

概要:早稲田大学理工学部応用化学科における教育にて実験書の作成、教育上の工夫を行った。r学部共通実験科目:理工学基礎実験IIBr学部必修科目:機器分析、機器分析演習、物理化学II、物理化学演習r学部専門実験:物理化学実験r学部専門選択科目:高分子化学B、C、高分子化学rオープン科目:医療と技術、生命科学の最前線

社会貢献活動

Highlighting JAPAN (政府広報誌)

2010年06月-

イベント・番組・雑誌名:Highlighting JAPAN (政府広報誌)

詳細

概要:June 2010 Vol.4 No.2rp12-13rBreakthrough in Medical Sciencerhttp://www.gov-online.go.jp/eng/publicity/book/hlj/

経済産業省 経済産業ジャーナルMETI

2010年05月-

イベント・番組・雑誌名:経済産業省 経済産業ジャーナルMETI

詳細

概要:INNOVATION ARTIST 第10回 「高分子超薄膜技術のナノ絆創膏-ナノテクノロジーの医療材料への応用-」として紹介rMETI, 5・6, p30-31rhttp://www.meti.go.jp/publication/data/newmeti_j/meti_10_05_06/index.html

東京MX-TV, ガリレオチャンネル

2006年02月-

イベント・番組・雑誌名:東京MX-TV, ガリレオチャンネル

詳細

概要:人工心臓最前線−テクノロジーが救う身体−r人工血液の現状の紹介

NHKジュニアスペシャル

2004年05月-

イベント・番組・雑誌名:NHKジュニアスペシャル

詳細

概要:「ミクロの技術で夢をかなえよ」r早稲田大学理工学部と慶應義塾大学医学部との共同研究によって開発された人工血液の紹介