氏名

ムラオカ ヨシヒロ

村岡 慶裕

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0208214/)

所属

(人間科学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
y.muraoka@waseda.jp

URL等

WebページURL

http://www.f.waseda.jp/y.muraoka/

研究者番号
10338254

本属以外の学内所属

兼担

人間科学学術院(大学院人間科学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学歴・学位

学歴

1997年04月-2000年03月 慶應義塾大学 理工学研究科 生体医工学
1995年04月-1997年03月 慶應義塾大学 理工学研究科 生体医工学
1991年04月-1995年03月 慶應義塾大学 理工学部 計測工学

学位

博士(工学) 課程 慶應義塾大学 リハビリテーション科学・福祉工学

経歴

2011年04月-2015年03月早稲田大学人間科学学術院健康福祉科学科准教授
2008年08月-2011年03月(独)国立病院機構村山医療センター臨床研究センター機能・政策医療企画研究部生体機能制御解析室室長
2008年04月-2008年07月藤田保健衛生大学医療科学部リハビリテーション学科准教授
2007年04月-2008年03月藤田保健衛生大学衛生学部リハビリテーション学科准教授
2004年04月-2007年03月藤田保健衛生大学衛生学部リハビリテーション学科助教授
2007年04月-2011年03月慶應義塾大学医学部訪問准教授
2004年04月-2011年09月慶應義塾大学月が瀬リハビリテーションセンター非常勤講師
2002年04月-2004年03月慶應義塾大学理工学部生命情報学科助手
2001年04月-2002年03月慶應義塾大学理工学部物理情報工学科助手
2000年04月-2001年03月東京都リハビリテーション病院リハビリテーション工学室リハ工学士

所属学協会

日本リハビリテーション医学会

日本リハビリテーション工学協会

日本臨床神経生理学会 代議員 (2013-)

バイオメカニズム学会 編集委員会幹事 (2016-)

日本義肢装具学会

日本バイオフィードバック学会

日本生活支援工学会

ライフサポート学会

慶應医学会

日本生体医工学会

IEEE Japan EMBS Japan Chapter Secretary (2014-2015)

計測自動制御学会

臨床歩行分析研究会

日本臨床スポーツ医学会

委員歴・役員歴(学外)

小型運動機器を用いた筋力トレーニング法の軌道上応用への検討・評価委員会委員
ロボットビジネス推進協議会学術会員

研究分野

キーワード

生体計測工学

科研費分類

複合領域 / 人間医工学 / リハビリテーション科学・福祉工学

論文

Assessment of daily physical activities with sensors attached to the upper limbs in healthy adults using a manual wheelchair

Ryuji Takigawa, Takayo Inayama, Kengo Yamada, Yoshihiro Muraoka, Kazunori Ohkawara

The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine査読有り7(3)p.193 - 2022018年05月-2018年05月 

DOIlink

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:2186-8123

嚥下音および舌骨上筋群筋電同時計測による小型低コストバイオフォードバック装置の開発

岡崎俊太郎,村岡慶裕,鈴木里砂

総合リハビリテーション査読有りin(press)2018年00月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

スマートフォンを用いた低コスト筋電図バイオフィードバック装置の開発(第2報)―現行機種への対応―

鈴木里砂,村岡慶裕

総合リハビリテーション査読有り45(11)p.1159 - 11622017年11月-2017年11月 

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Validity and reliability of Leap Motion Controller for assessing grasping and releasing finger movements

Okazaki, Shuntaro; Muraoka, Yoshihiro; Suzuki, Risa

Journal of Ergonomic Technology査読有り17(1)p.32 - 422017年10月-2017年10月 

link

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:2432-1575

Development of a low-cost EMG biofeedback device kit as an educational tool for physical therapy students

Suzuki Risa;Muraoka Yoshihiro;Okazaki Shuntaro

Journal of Physical Therapy Science査読有り29(9)p.1522 - 15262017年-2017年

PubMedDOICiNii

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:2187-5626

概要:

[Purpose] Electromyography biofeedback therapy is applied to various diseases during physical therapy for motor learning. Our aim was to develop a low-cost electromyography biofeedback device kit that students could build by themselves in class and to evaluate whether this kit was an adequate educational tool for physical therapy students. [Subjects and Methods] This study included 34 volunteers from a 3 year physical therapy vocational school and a 4 year university course. All students were tasked with: 1) completing a pre-questionnaire; 2) attending basic lectures on electromyography biofeedback therapy and how to build the device; 3) building the device; and 4) completing a post-questionnaire. [Results] Mean time required to build the device was 50.8 ± 34.1 minutes for the vocational course students and 27.4 ± 8.8 minutes for university students. For both groups, there was a significant increase in the number of students stating "have an interest in," "be involved with," and "have knowledge of electromyography biofeedback" when pre- and post-questionnaires were compared. In the post questionnaire, the frequency of the "knowledge increased" response was higher. [Conclusion] Physical therapy students can easily build our new device in a classroom, and this kit is a useful educational tool to motivate learning in electromyography biofeedback.

Bluetoothオーディオ送受信機によるスマートフォンを用いた低コスト筋電図バイオフィードバック装置の無線化

鈴木里砂,村岡慶裕

リハビリテーション連携科学査読有り18(1)p.40 - 432017年07月-2017年07月 

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

スマートフォンを利用した低コスト筋電図バイオフィードバック装置の性能試験

鈴木里砂, 村岡慶裕, 岡崎俊太郎

バイオフィードバック研究査読有り44(1)p.15 - 202017年05月-2017年05月 

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0386-1856

概要:【目的】我々は, 筋電図バイオフィードバック療法の普及を促進する目的で, 最新の主要なスマートフォン, タブレット端末で使用可能な低コスト簡易型筋電図バイオフィードバック装置 (以下, LC-EMG) を改良した. 今回, この改良したLC-EMGがどの程度の性能を有しており, バイオフィードバック療法で使用可能となる性能を持ちうるか検討するため, 既存の検査用筋電計と比較し, 筋電波形の一致度を確認したので報告する. 【方法】正電極, 負電極, および参照電極からのコードをそれぞれLC-EMGと検査用筋電計である日本光電工業社製Neuropack 8に接続し, 性能比較を行った. 対象者の右尺側手根伸筋に電極を貼付け, 手関節掌背屈運動を10秒間で5回実施し, 得られた筋電波形を比較検討した. 【結果】提案装置は, 筋収縮量や収縮のタイミングが検査用筋電計とほぼ同様であり, EMG-BF装置として, 妥当性のある筋活動を, 容易かつリアルタイムに視認できた. 【結論】今回の提案装置は, EMG-BF療法で活用する時に, 妥当性があることが示された. また, 機器自体を低コストで作成でき, 広く普及しているスマートフォン, タブレット端末を筋電図モニター及び筋電図波形の記録装置として利用可能となるため, 施設や在宅など場所を選ばず利用することができ, 汎用性に優れた装置であるといえる.

Low-Cost 2-Channel Electromyography Telemeter using a Personal Computer Microphone Port

Suzuki, Risa; Muraoka, Yoshihiro; Okazaki, Shuntaro

International Journal of Physical Medicine & Rehabilitation査読有り5(1)p.386 - 3862017年01月-2017年01月 

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:2329-9096

概要:Objective: For the convenient use of electromyography devices in physical rehabilitation during locomotion, we developed a simple, low-cost 2-channel electromyography telemeter (LC-EMGT) that can be connected wirelessly with a personal computer (PC) microphone port. The aim of this study was to verify whether the performance of our LC-EMGT fulfills the need for monitoring EMG during locomotion of patients in rehabilitation. For this purpose, we compared the performance of our LC-EMGT with an existing EMG device (NeuropackΣ). Methods: Muscle activity of the left and right vastus medialis were recorded when the participant repeated a standing-up movement for 10 seconds at 55-bpm speed. The EMG signal was simultaneously recorded by the LCEMGT and NeuropackΣ. We compared the waveform of these EMG signals and their root mean squared signals in appearance and by cross-correlation analysis. Also, we monitored the orthopedic patients’ EMG waveforms during standing-up and ascending stairs. Results: The cross-correlation analysis demonstrated an approximately 170-ms delay in EMG measurement by LC-EMGT due to the wireless signal transformation. Meanwhile, the amplitudes of the waveforms in the LC-EMGT were almost equal to those of the NeuropackΣ. In addition, with the LC-EMGT, we could visually monitor EMG waveforms of the patients during standing-up and stair climbing on-line using a PC. Conclusion: Consequently, the LC-EMGT was as reliable as the existing EMG device at monitoring EMG signals and is available as an EMG monitor in real-time. The LC-EMGT is cost-effective, convenient, and may be generally used in various clinical and sports situations.

IVESの開発と今後の展望

村岡慶裕

The Japanese journal of rehabilitation medicine招待有り54(1)p.23 - 262017年01月-2017年01月 

DOICiNii

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:1881-3526

概要:筆者は,20年ほど前に,慶應義塾大学月が瀬リハビリテーションセンターにて,手関節装具を併用し,微細な随意筋電を信号源として,電気刺激で手指伸展をアシストするIVESを開発した.その後,前記センターと,国立病院機構村山医療センターで,神経科学研究や臨床的エビデンスを積み上げながら,約1,000万円かけて改良してきた.IVES装置は,知財マネジメント,医療機器としての製品化・薬機法承認・事業化をすでに2008年に達成した,純国産リハビリテーション医療機器のパイオニアであり,現在,年間約400台販売され,保険診療の中で広く活用されている.本稿においては,純国産医療機器開発の成功事例として,IVES装置の開発経緯や歴史,今後の展望について紹介する

徒手式押し込み反力計の操作が軟部組織モデルの硬さの測定値に与える影響

三ッ本敦子,村岡慶裕,中村隆,丸山貴之

POアカデミージャーナル査読有り24(2)p.101 - 1082016年02月-2016年02月 

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0919-8776

概要:大腿義足ソケットの製作の指標のうち、採寸する断端長や周径と異なり、断端の硬さは定量的指標が存在しない。そのため、ソケット適合の成否は製作者の経験に依存しているのが現状である。経験による偏りを小さくするためには、断端硬さの定量化が必要である。そこで、硬度計測に広く用いられる徒手式押し込み反力計を用いて、軟部組織としてシリコン製サンプルを対象とし、計測操作が測定値に与える影響を調べた。押し込み反力計の計測操作の動作分析後、徒手により影響しうるセンサの押し込み速度と押し込み角度の違いによる測定値への影響を調べた。 その結果、特定の速度範囲内で再現性があり、角度影響は小さいことが明らかとなった。

Measurement of ankle plantar flexor spasticity following stroke: Assessment of a new quantitative tool.

Chino, Naoichi; Muraoka, Yoshihiro; Ishihama, Hiroki;Ide, Masaru; Ushijima, Riousuke;Jeffrey, R. Basford;

Journal of rehabilitation medicine査読有り47(8)p.753 - 7552015年09月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

ニューロリハを切り拓く,神経促通バイオフィードバック装置IVES

村岡慶裕

物理療法科学招待有り21p.9 - 132014年11月-

CiNii

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:2188-9805

三次元磁気式位置計測システムを用いた簡易歩行分析法の開発のための基礎的検討

石尾晶代,村岡慶裕,大見香織

総合リハビリテーション査読有り42(8)p.775 - 7802014年08月-

CiNii

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0386-9822

Preliminary study for the assessment of physical activity using a triaxial accelerometer with a gyro sensor on the upper limbs of subjects with paraplegia driving a wheelchair on a treadmill

K Kiuchi, T Inayama, Y Muraoka, S Ikemoto, O Uemura and K Mizuno

Spinal Cord査読有り52(7)p.556 - 5632014年07月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

スマートフォンを用いた低コスト筋電図バイオフィードバック装置の開発

村岡慶裕

総合リハビリテーション査読有り42(2)p.161 - 1642014年02月-

CiNii

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0386-9822

電気刺激 : IVESも含めて (特集 リハビリテーションにおける臨床神経生理学) -- (リハビリテーション治療への応用)

石尾晶代,村岡慶裕

Monthly book medical rehabilitation招待有り(166)p.79 - 852014年01月-

CiNii

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:1346-0773

概要:長い歴史を持ちながら、あまり注目されることのなかった電気刺激治療であるが、近年、末梢からの電気刺激が中枢神経系に対して可塑的変化をもたらすことが明らかにされたことで、注目されるようになってきた。脳卒中などの治療において、中枢神経系の促通や抑制を目的として用いられるようになり、リハビリテーションにおいて新たな潮流を生じさせている。本稿では、まず、電気刺激の生体への作用機序など、表面電極による電気刺激治療をより有効かつ安全に実施するために必要となる基礎的な知識について述べた。続いて、リハビリテーション医療における活用法として、(1)治療的電気刺激(therapeutic electrical stimulation;TES)、(2)機能的電気刺激(functional electrical stimulation;FES)、(3)筋力増強(electrical muscle stimulation;EMS)、(4)疼痛の抑制(transcutaneous electrical nerve stimulation;TENS)などを取り上げ、解説した。最後に、従来の電気刺激装置の機能を併せ持つ随意運動介助型電気刺激装置(integrated volitional control electrical stimulator;IVES)を取り上げ、その作用機序、臨床応用例について解説を加えた。

Low-cost 2ch EMG biofeedback device using a stereo microphone port

Muraoka, Yoshihiro;Ishio, Akiyo;Takeda, Kotaro;

Jpn J Compr Rehabil Sci査読有り5p.1 - 62014年01月-

DOICiNii

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:2185-5323

Industry News "Integrated Volitional control Electrical Stimulator"

村岡慶裕

Medical Science Digest招待有り39(13)p.656 - 6592013年11月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:1347-4340

Simple method to reduce the effect of patient positioning variation on three-dimensional motion analysis during treadmill gait.

Tanabe, Shigeo;Saitoh, Eiichi;Ohtsuka, Kei;Teranishi, Toshio;Tomita, Yutaka;Muraoka, Yoshihiro

Clinics and Practice査読有り3(2)p.84 - 862013年11月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

The effects of electromyography-controlled functional electrical stimulation on upper extremity function and cortical perfusion in stroke patients.

Hara, Yukihiro;Obayashi, Shigeru;Tsujiuchi, Kazuhito;Muraoka, Yoshihiro

Clin Neurophysiol.査読有り124(10)p.2008 - 20152013年10月-

PubMedDOIWoS

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:1388-2457

Quantitative Spasticity Measurement ofthe Ankle Plantar Flexor of Post‐ Stroke Patients

N.Chino, Y.Muraoka, H.Ishihama, M.Ide, R.Ushijima

Proceeding of AAPM&R 2014 Annual Assembly, (http://www.pmrjournal.org/article/S1934-1482%2813%2900426-7/fulltext)査読有り2013年10月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Specifications of an electromyogram-driven neuromuscular stimulator for upper limb functional recovery

Muraoka, Yoshihiro; Muraoka, Yoshihiro; Tanabe, Shigeo; Yamaguchi, Tomofumi; Takeda, Kotaro

Conf Proc IEEE Eng Med Biol Soc,2013,(http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24109678)査読有り招待有り1557-170Xp.277 - 2802013年10月-2013年10月 

PubMedDOIScopus

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)ISSN:1557-170X

概要:An electromyogram (EMG)-driven neuromuscular stimulator for upper limb functional recovery (Muraoka et al., 1998) can stimulate target muscles in proportion to the amount of voluntary EMG of the identical target muscles. Furthermore, it can facilitate the contraction of paralyzed muscles by electrical stimulation at subthreshold intensity level. © 2013 IEEE.

随意運動介助型電気刺激装置「IVES」

村岡慶裕

Medical Science Digest招待有り39(8)p.383 - 3862013年08月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:13474340

Trunk sway measurements during turning while walking in healthy adults

N. Tanaka, R. Hashiba, R. Tobishima, H. Saito, A. Hirayama, Y. Muraoka, S. Izumi

Proceeding of 2nd Joint World Congress of ISPGR and Gait and Mental Function査読有り2013年06月-

link

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Changes in cortical excitability during and just before motor imagery.

Aono, Koji;Kodama, Mitsuhiko;Masakado, Yoshihisa;Muraoka, Yoshihiro

Tokai J Exp Clin Med.査読有り38(1)p.1 - 62013年04月-

PubMed

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0385-0005

全人工股関節置換術前の逆トレンデレンブルク歩行の有無による前額面における歩行時姿勢や運動機能と回復過程の差異

神谷 晃央;竹井 仁;武田 湖太郎;村岡 慶裕;笹崎 義弘

日本保健科学学会誌査読有り15(4)p.219 - 2302013年03月-2013年03月 

CiNii

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:1880-0211

概要:THA術前患者における患側立脚相の骨盤側方傾斜から逆トレンデレンブルク歩行が認められた群(TI群)と見られなかった群(NTI群)に分け,歩行時の前額面における姿勢や運動機能の特徴およびその回復過程における両群間の差を明らかにすることを目的とした。初回の片側THAを受ける女性患者18名(TI群10名,NTI群8名)を対象とし,術前・2週・4週・6か月において,前額面における歩行時の骨盤側方傾斜や股関節可動域および筋力を比較した。術前の患側股関節内転可動域ではNTI群11.9度,TI群4.1度でありTI群が有意に低下していた。NTI群と比較してTI群では2週と4週で患側股関節外転筋力の低下,6か月で患側股関節内転筋力低下を認めた。結果から,逆トレンデレンブルク歩行の原因は,股関節外転筋力の低下を伴った患側股関節内転可動域制限の可能性がある。また,TI群ではNTI群よりも歩行時の姿勢異常や運動機能の低下が顕著であった。

The effects of electromyography-controlled functional electrical stimulation on upper extremity function and cortical perfusion in stroke patients

Y.Hara, S.Obayashi, K.Tsujiuchi, Y.Muraoka

Proceeding of International Conference on recent advances in neurorehabilitation 2013査読有りp.26 - 282013年03月-

link

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

The effect of active pedaling combined with electrical stimulation on spinal reciprocal inhibition

Yamaguchi, Tomofumi;Fujiwara, Toshiyuki;Saito, Kei;Tanabe, Shigeo;Muraoka, Yoshihiro;Otaka, Yohei;Osu, Rieko;Tsuji, Tetsuya;Hase, Kimitaka;Liu, Meigen

JOURNAL OF ELECTROMYOGRAPHY AND KINESIOLOGY査読有り23(1)p.190 - 1942013年-2013年

PubMedDOIWoS

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:1050-6411

Stimulus Point Distribution in Deep or Superficial Peroneal Nerve for Treatment of Ankle Spasticity

Kubota, Shinji; Tanabe, Shigeo;Sugawara, Kenichi;Muraoka, Yoshihiro;Itoh, Norihide;Kanada Yoshikiyo

NEUROMODULATION査読有り16(3)p.251 - 2552013年-2013年

PubMedDOIWoS

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:1094-7159

上肢に装着した3軸加速度・3軸角速度センサによるトレッドミル上の車椅子走行時の活動量評価

木内香帆里、村岡慶裕、池本真二、植村 修、水野勝広、若谷侑宏、稲山貴代

日本臨床スポーツ医学会誌査読有り20(3)p.578 - 5852012年09月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Immediate effects of electrical stimulation combined with passive locomotion-like movement on gait velocity and spasticity in persons with hemiparetic stroke: a randomized controlled study.

Yamaguchi, Tomofumi;Tanabe, Shigeo;Muraoka, Yoshihiro;Masakado, Yoshihisa;Kimura, Akio;Tsuji, Tetsuya;Liu, Meigen

CLINICAL REHABILITATION査読有り26(7)p.619 - 6282012年07月-2012年07月 

PubMedDOIWoS

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0269-2155

Design of the Wearable Power-Assist Locomotor (WPAL) for paraplegic gait reconstruction.

Tanabe, Shigeo;Saitoh, Eiichi;Hirano, Satoshi;Katoh, Masaki;Takemitsu, Tomohiko;Uno, Akihito;Shimizu, Yasuhiro;Muraoka, Yoshihiro;Suzuki Toru

Disabil Rehabil Assist Technol.査読有り8(1)p.84 - 912012年05月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Estimation of the kinetic-optimized stimulus intensity envelope for drop foot gait rehabilitation.

Tanabe, Shigeo;Kubota, Shinji;;Itoh, Norihide;Kimura T;Muraoka, Yoshihiro;Shimizu A;Kanada Yoshikiyo

J Med Eng Technol.査読有り36(4)p.210 - 2162012年05月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

歩行運動制御における相対タイミングおよび相対的筋活動の影響について(平成22年度研究助成報告書)

斉藤琴子, 菅原憲一, 村岡慶裕

理学療法学39(2)p.124 - 1252012年04月-2012年04月 

CiNii

詳細

掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)ISSN:0289-3770

概要:【目的】健常者を対象に,様々なテンポに同調した歩行を施行し,リズム形成および筋活動量の変化から歩行運動制御について検討した。【対象者および方法】対象は,健常成人10名とした。30, 60, 90, 110, 130, 150, 190(beats/min)の7種類のテンポの音に同調した歩行を施行し,前脛骨筋と腓腹筋の活動を表面筋電図にて記録した。その際に10m歩行速度の測定を行った。解析は1歩行周期を100%とし,立脚期と遊脚期から相対的な時間比および筋活動量比を求めた。【結果】テンポの増減は時間比,腓腹筋筋活動量比との間に有意な関係を認めた。時間比に関しては,極めて遅いテンポである30(beats/min)と速いテンポである190(beats/min)との間に有意差を認めた。前脛骨筋と腓腹筋の筋活動量比に関して,テンポ間の有意差は認めなかった。【結語】歩行運動という同一の運動においても,異なる相対タイミングおよびGMPの存在が考えられる。

Real-Time Changes in Corticospinal Excitability during Voluntary Contraction with Concurrent Electrical Stimulation

Yamaguchi, Tomofumi;Sugawara, Kenichi;Tanaka, Satoshi;Yoshida, Naoshin;Saito, Kei;Tanabe, Shigeo;Muraoka, Yoshihiro;Liu, Meigen

PLOS ONE査読有り7(9)2012年-2012年

PubMedDOIWoS

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:1932-6203

Immediate effects of electrical stimulation combined with passive locomotion-like movement on gait velocity and spasticity in persons with hemiparetic stroke: a randomized controlled study

Yamaguchi, Tomofumi;Tanabe, Shigeo;Muraoka, Yoshihiro;Masakado, Yoshihisa;Kimura, Akio;Tsuji, Tetsuya;Liu, Meigen

CLINICAL REHABILITATION査読有り26(7)p.619 - 6282012年-2012年

PubMedDOIWoS

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0269-2155

足関節底屈筋痙性計測装置による脳卒中者の痙性評価

石濱 裕規;千野 直一;井出 大;村岡 慶裕;奥村 庄次

日本理学療法学術大会2011(0)p.Ae0055 - Ae00552012年-2012年

DOICiNii

詳細

概要:【はじめに、目的】 痙性の定量的評価方法確立のため開発した足関節底屈筋痙性計測装置の信頼性・妥当性を脳卒中者における足関節痙性の定量的評価を通じて検証すること。【方法】 装置概要足関節底屈筋痙性計測装置(Eisei Spastic Ankle Measure:E-SAM)は、ストレインゲージ(2個)・角度センサ(共に共和電業製)付き短下肢装具とその支持台から構成され、計測用インターフェースとPCが付属する。被検者は座位にて、足部を底屈位(-10°)で固定し、踵部の支柱を瞬間的に除去することにより下肢重量で足関節が背屈する。最大背屈位(5°)に達した時点で、装置は機械的ロック機構により再固定される。その間の下肢重量による受動的背屈トルクと底屈筋の伸長反射による能動的底屈トルクを下腿支柱のたわみにより検出し、同時に角度変化を計測する。データは専用計測ソフト(NI社製 Lab View8.5)により角度変化開始をトリガーとして収録した(1000Hz 5sec)。計測は簡易で運搬可能、高い信頼性・波形再現性を有している(千野ら、2011)。背屈方向トルクは負値、底屈方向トルクは正値で示される。対象 痙性麻痺を有する脳卒中者9名および健常者14名(40歳以上)を対象とした。痙性患者群は、男8名、女1名、平均64.7±12.0歳、脳出血3名、脳梗塞4名、脳出血・梗塞2名、平均発症年数6年8ヶ月、麻痺側は左5名 右4名 であった。modified Ashworth scale(MAS)は、3が4名、2が4名、1+が1名であった。健常群は、男性10名、女性4名、平均年齢52.8±8.1歳であった。計測手続き 被験者は昇降座椅子に座り、装置に足部を固定した。固定解除時(最大背屈位)に股・膝関節90°肢位となるよう座面高を調整した。予告指示はせず、足部固定解除・計測実施し、各被験者10回繰り返した。計測時に、MASと足関節底背屈他動可動域を医師・セラピストが評価した。分析 角度変化開始時点で各施行データを同期化し、角度変化開始後3秒間の底背屈トルク値ピークを算出した。さらに、被験者間要因と被験者内要因(反復測定)の2要因分散分析を行った(SPSS17.0)。【倫理的配慮、説明と同意】 本研究は、永生会倫理委員会審査を経て実施され、各被験者に目的と安全性を説明し、同意のもとご協力頂いた。【結果】 健常群の背屈トルク平均値は、-32.1±2.2Nm、痙性患者群では、-18.6±1.4 Nmとなり、痙性患者群で有意に小さくなった(P<0.01)。また、反復測定の主効果は認められなかった。MASレベル別の背屈トルク平均値は、MAS3群で-14.5±1.5 Nm、MAS2群で-21.3±1.3 Nm、MAS1+では、-24.7±1.5 Nmとなり、MASレベルが高い程、背屈トルクが低くなる傾向がみられた。また、底背屈ROM平均値は、MAS3群で55°、MAS2群で65°、MAS1+では、75°であった。また、背屈ピーク値は、MASが高く底背屈ROMが少ないものほど、早く出現する傾向がみられた。健常群の底屈トルク平均値は、-4.5±0.7Nm、痙性患者群では、 3.1±0.5 Nmとなり、痙性患者群で有意に大きくなった(P<0.01)。同様に、反復測定の主効果は認められなかった。MASレベル別の底屈トルク平均値は、MAS3群で- 6.4 ±0.8Nm、MAS2群で-0.7±0.3 Nm、MAS1+では、-0.6±0.3Nmとなり、MASレベルが高い程、底屈トルクが高くなる傾向がみられた。また、3名の痙性患者で周期的な底屈トルクピークが200~250ms間隔で観察され、ピーク値が減衰するものと減衰しないものがいた。【考察】 反復測定結果より本計測の高い再現性が確認された。痙性患者群は、健常群より急速背屈直後の背屈トルクが小さくなった。この時点では、最大背屈位に達するまで伸張反射の影響は生じにくいことから、この背屈トルクの差異は、足関節底屈筋群緊張と関節粘弾性によると考えられる。足関節可動域との関連についても、今後、症例を増やし検討を進める。痙性患者群は、健常群より急速背屈直後の底屈トルクが大きくなり、その周期的持続がみられた.これは、伸張反射亢進による痙縮とそれに続くクローヌスと考えられる.痙縮の計測工学的測定は、MAS3レベルとは相関する傾向がみられたが、MAS2、1レベルの差異について、症例を増やし検討を進める必要がある。今後、本装置によりMASの験者間信頼性問題の解消が期待される。なお、本装置は、特許申請中である。【理学療法学研究としての意義】 痙性の発現機序は不明である。原因の解明と客観的評価なくして治療法の確立はなしえない。脳卒中患者等の痙性はリハビリ遂行の阻害因子であり、痙性の定量的評価方法の確立はリハビリ治療、臨床医学の発展に資することが期待される。具体的には、ボツリヌス治療等の薬物療法、徒手的痙性コントロールの定量的効果判定、各種装具の痙性抑制機能の性能評価・適応診断、ひいては、MASに代わる客観的診断・評価基礎情報の提供、痙性の発現機序解明に寄与しうる。

足関節底屈筋群の痙縮に対する治療的電気刺激における最適な刺激点の検討

田辺 茂雄;窪田 慎治;菅原 憲一;村岡 慶裕;伊藤 慎英;金田 嘉清

日本理学療法学術大会査読有り2011(0)p.Fb0806 - Fb08062012年-2012年

DOICiNii

詳細

概要:【はじめに、目的】 理学療法の臨床場面において,痙縮の改善を目的とした治療的電気刺激が広く用いられている.本手法は,痙縮が認められる筋の拮抗筋に接続する末梢神経に経皮的に電気刺激を行う.足関節底屈筋群に痙縮が認められる場合には,拮抗筋である前脛骨筋(tibialis anterior:以下TA)に接続する深腓骨神経に対して電気刺激を行う.本手法で十分な効果を得るためには,詳細な刺激部位の探索が重要である.すなわち,TAに接続する深腓骨神経,足関節底屈の共同筋である長腓骨筋(peroneus longus:以下PL)に接続する浅腓骨神経は腓骨頭下において近接しており,電極を少しずつ手で動かしながら,TAの収縮が大きく,PLの収縮が小さい点を探索する必要がある.しかし,過去の報告での刺激点の記載については,「腓骨頭周辺で適切な点を探索した」程度であり,具体的な刺激点についての記載がない.本研究の目的は,具体的な深腓骨神経,浅腓骨神経の刺激点を明らかにし,選択的な刺激が可能であるか検討することである.【方法】 対象は健常成人25名の両下肢合計50脚で,計測肢位は安楽な椅子坐位とした(股関節屈色120度,膝関節屈曲120度,足関節底屈20度).最適な刺激点同定の指標にはTAおよびPLの誘発筋電図を用いた.電気刺激には日本光電社製Neuropackを用い,1msの矩形波でTAのM波最大振幅が出現する刺激強度で刺激を行った.神経を選択的に刺激するため,陰極には直径5mm の表面電極(Su-Pb,カスタムメイド)を使用し,腓骨頭直下周辺を単極刺激法で刺激した.陽極には直径4mmの表面電極(Ag-AgCl,日本光電社製Vitrode M)を使用し,腓骨頭の後方に添付した.誘発筋電波形は日本光電社製Neuropackを用いて増幅し,20Hz-1kHzのバンドパスフィルタを通した後,A/D変換器を介してサンプリング周波数5kHzでPCに記録した.計測用表面電極には上述の陽極と同様のものを使用し,十分な皮膚処理を行った後にTAとPLの筋腹上に添付した.それぞれのM波最大振幅値を測定後,深腓骨神経,浅腓骨神経それぞれが刺激されている割合の指標としてTAのM波(%Mmax),PLのM波(%Mmax)の比率(TAのM波振幅/PLのM波振幅)をリアルタイムで算出し,その最大値が生じる部位,最小値が生じる部位を同定した.最大値は,主に深腓骨神経が刺激された際に生じ,最小値は主に浅腓骨神経が刺激された際に生じる.それぞれ刺激部位が決まった後,各部位で2秒ごとに10波形の計測を行い,比率平均値を算出した.その後,深腓骨神経を刺激した際の比率と浅腓骨神経を刺激した際の比率について,対応のあるt検定を用いて比較検討した.また,刺激点座標の算出においては,腓骨頭の下縁を原点とし,腓骨の外果へ結んだ線をY軸,それと直行する線をX軸として二次元座標を作成し,その中心座標を算出後,正規確率密度分布を用いて中心点からの分布割合を検討した.【倫理的配慮、説明と同意】 本研究はヘルシンキ宣言に基づいたものであり,藤田保健衛生大学の疫学・臨床研究倫理審査委員会において承認を得た後に計測を行った.被験者には実験について十分に説明を行い,計測の前に同意書に署名を得た.【結果】 深腓骨神経が最も刺激される部位での比率は3.8±2.8,浅腓骨神経が最も刺激される部位での比率は0.4±0.2で,有意に異なる値であった.また,それぞれの刺激点座標について,深腓骨神経は腓骨頭下方7±5mm,前方3±6mmが中心で,長径18mm,短径14mm程度の小さな楕円に全体の68%が含まれていた.一方,浅腓骨神経は腓骨頭下方20±7mm,後方12±8mmが中心で,長径27mm,短径15mm程度の比較的大きな楕円に全体の68%が含まれていた.【考察】 深腓骨神経,浅腓骨神経をそれぞれ刺激した際の比率(TAのM波振幅/PLのM波振幅)は有意に異なる値であり,選択的な刺激が可能であったと考えられる.また,本研究の結果から,具体的な深腓骨神経と浅腓骨神経の刺激点が明らかとなった.これらの刺激点は概ね解剖学的位置(解剖学的な腓骨頭下での神経の走行)と対応している.深腓骨神経の刺激点は腓骨頭の直下かつ前方の位置で,被験者ごとのばらつきは少なく集中していた.これは,総腓骨神経から分岐後すぐに,表層の筋群(長腓骨筋または長趾伸筋)が深腓骨神経を覆うためと考えられる.対照的に,浅腓骨神経の刺激点の被検者ごとのばらつきは大きい結果となった.これは,長腓骨筋に沿って体表に近い層を下行するため,その刺激点がばらついたと考えられる.【理学療法学研究としての意義】 脳卒中片麻痺患者への治療的電気刺激療法は,理学療法で広く用いられている手法である.しかし,電気刺激点の同定に経験と時間を要すため,本治療を選択しない施設も多いのが現状である.本研究の結果は治療準備を容易にし,それにかかる時間を短縮する点において有用である.

Hyoid Bone and Larynx Movements During Electrical Stimulation of Motor Points in Laryngeal Elevation Muscles: A Preliminary Study

Kagaya, Hitoshi;Baba, Mikoto;Saitoh, Eiichi;Okada, Sumiko;Yokoyama, Michio;Muraoka, Yoshihiro

Neuromodulation査読有り14p.278 - 2832011年06月-2011年06月 

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

研究者が注意すべき事柄と実際の実験プロセス

村岡慶裕

日本ロボット学会誌査読有り29(3)p.231 - 2352011年04月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Effects of integrated volitional control electrical stimulation (IVES) on upper extremity function in chronic stroke.

Yamaguchi, Tomofumii;Tanabe, Shigeo;Muraoka, Yoshihiro;Imai, Syuji;Masakado, yoshihisa;Hase, Kimitaka;Kimura, Akio;Liu, Meigen

Keio J Med.査読有り60(3)p.90 - 952011年03月-

PubMed

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0022-9717

視診による歩行分析における評価者間信頼性の検討

谷川広樹, 大塚圭, 才藤栄一, 伊藤慎英, 山田純也, 村岡慶裕, 冨田昌夫, 橋本修二

総合リハビリテーション査読有り38(12)p.1175 - 11812010年12月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

【新しいインタフェース】 FES制御システム 最新動向 運動学習を促す随意運動介助型電気刺激装置IVES

村岡慶裕

福祉介護機器Technoプラス招待有り3(11)p.27 - 312010年11月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

高齢者の立ち上がり戦略とその臨床応用

岡西哲夫,近藤和泉,都築晃,伊藤直樹,櫻井宏明,村岡慶裕,才藤栄一

藤田学園医学会誌査読有り34(1)p.103 - 1072010年10月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Effects of transcutaneous electrical stimulation combined with pedaling exercise on spinal interneurons in healthy persons

T. Yamaguchi, T. Fujiwara, K. Saito, S. Tanabe, Y. Muraoka, R. Osu, K. Kondo, Y. Otaka, M. Liu

Clinical Neurophysiology査読有り121(Suppl.1)p.2592010年10月-

link

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Disynaptic Ia reciprocal inhibition in stroke patients before and after therapeutic electrical stimulation

Y. Masakado, Y. Muraoka, T. Ohta, Y. Tomita, A. Kimura

Clinical Neurophysiology査読有り121(Suppl.1)p.762010年10月-

link

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Development of slim design Integrated Volitional control Electrical Stimulator

Y Muraoka, M Kurita, M Machida, D Matsuura, K Mizuno, O Uemura, T Yamaguchi

Clinical Neurophysiology査読有り121(Suppl.1)p.2612010年10月-

link

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

表面筋電図の臨床応用・3 物理療法における表面筋電図の臨床応用

山口智史、村岡慶裕

理学療法ジャーナル招待有り44(7)p.603 - 6092010年07月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Short-term effects of transcutaneous electrical stimulation combined with locomotion-like movement on reciprocal inhibition in healthy persons

T. Yamaguchi, T. Fujiwara, S. Tanabe, Y. Muraoka, K. Saito, R. Osu, Y. Otaka, M. Liu

Proceedings of the 6th World Congress for NeuroRehabilitation査読有りp.59 - 592010年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Feasibility of bionic reanimation of a paralyzed face: a preliminary study of functional electrical stimulation of a paralyzed facial muscle controlled with the electromyography of the contralateral healthy hemiface

Kurita, Masakazu;Takushima, Akihiko;Muraoka, Yoshihiro;Shiraishi, Tomohiro;Harii, Kiyonori

Plast Reconstr Surg.査読有り126(2)p.81 - 832010年02月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

フットスイッチを用いたトレッドミル歩行と平地歩行の比較

大塚圭,才藤栄一,村岡慶裕,伊藤慎英,金田嘉清

藤田学園医学会誌査読有り33(1)p.73 - 762010年01月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

トレッドミル歩行分析用3次元動作解析装置の精度検討

寺西利生,大塚 圭,村岡慶裕,才藤栄一,伊藤慎英,金田嘉清,近藤和泉,園田茂

総合リハビリテーション査読有り37(10)p.939 - 9442009年10月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

随意運動介助型電気刺激の適用時期が脳卒中患者の上肢機能改善に与える影響

宮坂裕之,近藤和泉,河野光伸,安井千恵子,加藤啓之,植松瞳,谷 明奈,宮田幹子,村岡慶裕,園田茂

総合リハビリテーション査読有り37(10)p.945 - 9502009年10月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Development of implantable EMG-controlled functional electrical stimulation device for the paralyzed face

M. Kurita, A. Takushima, Y. Muraoka, T. Shiraisi, M. Kinoshita, M. Ozaki, K. Harii

Proceedings of the 10th Congress of IPRAS/APS査読有り2009年10月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

対麻痺者の新しい歩行補助ロボットWPAL(Wearable Power-Assist Locomotor)に関する予備的検討

清水康裕,鈴木亨,才藤栄一,村岡慶裕,田辺茂雄,武満知彦,宇野秋人,加藤正樹,尾関恩

The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine査読有り46(8)p.527 - 5332009年08月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Development of implantable EMG-controlled functional electrical stimulation device for the paralyzed face

M. Kurita, A. Takushima, Y. Muraoka, T. Shiraishi, M. Kinoshita, M. Ozaki, K. Harii

Proceedings of XI International Facial Nerve Symposium査読有り2009年04月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

脳波・筋電図の臨床 随意筋電制御電気刺激装置IVES

村岡慶裕

臨床脳波51(3)p.170 - 1752009年03月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

A novel signal processing method using system identification for underwater surface electromyography.

Uehara, Shintaro;Muraoka, Yoshihiro;Tanabe, Shigeo;Ota Tetsuo;Kimura, Akio

Electromyogr Clin Neurophysiol査読有り49(2-3)p.103 - 1082009年02月-

PubMed

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0301-150X

Motor improvement and corticospinal modulation induced by hybrid assistive neuromuscular dynamic stimulation (HANDS) therapy in patients with chronic stroke.

Fujiwara, Toshiyuki;Kasashima, Yuko;Honaga, Kaoru;Muraoka, Yoshihiro;Tsuji, Tetsuya;Osu, Rieko;Hase, Kimitaka;Masakado, Yoshihisa;Liu, Meigen

Neurorehabil Neural Repair査読有り23(2)p.125 - 1322009年02月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

歩行補助ロボットの開発

村岡慶裕・才藤栄一

JRSJ日本ロボット学会誌招待有り26(08)p.20 - 222008年08月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Effect of transcutaneous electrical stimulation simultaneously combined with locomotion-like movement on improving gait speed and step length in chronic hemiplegia

T. Yamaguchi, T. Arakawa, S. Uehara, S. Tanabe, Y. Muraoka, Y. Masakado, A. Kimura, M. Liu

Proceedings of the 10th International Congress of the Asian Confederation for Physical Therapy ACPT査読有りp.313 - 3132008年08月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Effects of transcutaneous electrical stimulation combined with locomotion-like movement in the treatment of post-stroke gait disorder: a single-case study.

Tanabe, Shigeo;Yamaguchi, Tomofumi;Watanabe, Tomoko;Muraoka, Yoshihiro;Masakado, Yoshihisa

Disabil Rehabil査読有り30(5)p.411 - 4162008年05月-

PubMed

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0963-8288

A home-based rehabilitation program for the hemiplegic upper extremity by power-assisted functional electrical stimulation.

Hara, Yukihiro;Ogawa, Shinji;Tsujiuchi, Kazuhito;Muraoka Yoshihiro

Disabil Rehabil査読有り30(4)p.296 - 3042008年04月-

PubMed

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:096-38288

治療的電気刺激と他動運動の同時使用による脳卒中片麻痺患者の歩行への効果

山口智史・田辺茂雄・渡邊知子・神谷晃央・村岡慶裕・寺林大史・正門由久・木村彰男

総合リハビリテーション査読有り36(3)p.269 - 2732008年03月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

対麻痺者の歩行再建 歩行補助ロボットWPAL開発

鈴木亨・才藤栄一・村岡慶裕・武満知彦・田辺茂雄・清水康裕

日本生活支援工学会誌招待有り8(2)p.23 - 262008年02月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

対麻痺者の歩行再建: 歩行補助ロボットWPAL(Wearable Power-Assist Locomotor)の開発

鈴木亨, 才藤栄一, 村岡慶裕, 武満知彦, 田辺茂雄, 清水康裕

ロボット(185)p.24 - 282008年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Treadmill gait analysis 1: Extraction of gait pattern components from Lissajous figure by FFT smoother

Y. Muraoka, E. Saitoh, K. Otsuka, N. Ito, T. Aoki, J. Yamagami, H. Fujino, T. Kagawa

Clinical Neurophysiology査読有り118(9)p.1982007年09月-

DOIlink

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Long term effects of hybrid assistive neuromuscular dynamic stimulation (HANDS) therapy in patients with hemiparetic stroke

Y. Kasashima, T. Fujiwara, Y. Muraoka, K. Honaga, O. Uemura, T. Tsuji, K. Hase, M. Liu M

Proceedings of the 4th World Congress for International Society of Physical and Rehabilitation Medicine査読有りp.464 - 4642007年06月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

A home program of power-assisted functional electrical stimulation with upper limb task practice in chronic stroke patients

S. Ogawa, K. Tsujiuchi, Y. Muraoka, Y. Hara

Proceedings of the the 4th World Congress for International Society of Physical and Rehabilitation Medicine査読有りp.363 - 3632007年06月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Motor improvement and corticospinal modulation induced by hybrid assistive neuromuscular dynamic stimulation (HANDS) therapy in patients with chronic stroke

T. Fujiwara, Y. Kasashima, K. Honaga, Y. Muraoka, T. Tsuji, K. Hase, M. Liu M

Proceedings of the the 4th World Congress for International Society of Physical and Rehabilitation Medicine査読有りp.108 - 1082007年06月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

A development of a portable gait analysis device - the Step Measure -

K. Sawada, Y. Muraoka, E. Saito, M. Ito, S. Tanabe, K. Ohtsuka, A. Sato, M. Sawamura, Y. Furukawa, M. Hanawaka, N. Ito, Y. Suzuki

Proceedings of the the 4th World Congress for International Society of Physical and Rehabilitation Medicine査読有りp.441 - 4412007年06月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Quantitative Analysis of an Abnormal gait pattern by a Treadmill gait analysis system

K. Ohtsuka, Y. Muraoka, E. Saitoh, N. Itoh, Y. Suzuki, K. Sawada, R. Yamamura, T. Hiratsuka, N. Itoh, T. Teranishi, T. Aoki

Proceedings of the the 4th World Congress for International Society of Physical and Rehabilitation Medicine査読有りp.73 - 732007年06月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Measurement of ankle joint varus/valgus motion during gait utilizing a treadmill

N. Ito, K. Ohtsuka, Y. Muraoka, E. Saitoh, Y. Suzuki, Y. Yoshimura, T. Hiratsuka, T. Yogo, Y. Taguchi, M. Yoshie

Proceedings of the the 4th World Congress for International Society of Physical and Rehabilitation Medicine査読有りp.441 - 4412007年06月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Development of a wearable power assist locomotor (prototype-I) for the paraplegics

Y. Muraoka, E. Saitoh, S. Tanabe, H. Higuchi, T. Kagawa, M. Hayashi, K. Sawada, M. Ito, H. Fujino, T. Suzuki, K. Ohtsuka, K. Nakamura, T. Takemitsu, Y. Uno

Proceedings of the the 4th World Congress for International Society of Physical and Rehabilitation Medicine査読有りp.159 - 1592007年06月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Effect of voluntary contraction with electrical stimulation to antagonist muscle on agonist H-reflex.

Yamaguchi, Tomofumi;Tanabe, Shigeo;Watanabe, Tomoko;Muraoka Yoshihiro

Electromyogr Clin Neurophysiol査読有り47(4-5)p.251 - 2552007年04月-

PubMed

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0301-150X

【最先端技術と義肢・装具】 対麻痺者の歩行再建 装着型ロボット時代の幕開け

村岡慶裕・才藤栄一・田辺茂雄

POアカデミージャーナル招待有り15(2)p.77 - 822007年02月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

リハビリテーション工学の進歩と応用 歩行補助ロボットの開発と臨床

村岡慶裕・田辺茂雄・才藤栄一・香川高弘・宇野洋二

リハビリテーション医学招待有り44(1)p.29 - 352007年01月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Hybrid power-assisted functional electrical stimulation to improve hemiparetic upper-extremity function.

Hara, Yukihiro;Ogawa, Shinji;Muraoka Yoshihiro

Am J Phys Med Rehabil査読有り85(12)p.977 - 9852006年12月-

PubMed

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0894-9115

脳波・筋電図の臨床 トレッドミル歩行分析 リサージュ図形を用いた新しい三次元動作解析法

大塚圭・才藤栄一・村岡慶裕・山村怜子・沢田光思郎

臨床脳波招待有り48(9)p.541 - 5462006年09月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Modulation of the soleus H-reflex during static and dynamic imposed hip angle changes.

Kamiya, Akio; Tanabe, Shigeo;Muraoka, Yoshihiro;Masakado, Yoshihisa

Int J Neurosci査読有り116(9)p.1045 - 10532006年09月-

PubMed

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0020-7454

Effect of power-assisted functional electrical stimulation on hemiparetic upper extremity function

Y. Hara, Y. Muraoka

Proceedings of the 11th International Functional Electrical Stimulation Society (IFESS) Conference in 2006査読有りp.199 - 2012006年09月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

The effect of Integrated Volitional Control Electrical Stimulator (IVES) on the motor cortex

Uemura, T. Fujiwara, Y. Kasashima, Y. Muraoka, T. Tsuji, K. Hase, M. Liu

Clinical Neurophysiology査読有り117(Suppl.1)p.214 - 2152006年09月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Electrophysiological and clinical assessment of Integrated Volitional Control Electrical Stimulation (IVES) for patients with hemiparesis

Y. Kasashima, T. Fujiwara, Y. Muraoka, k. Honaga, O. Uemura, T. Tsuji, K. Hase, M. Liu

Proceedings of the 28th International Congress of Clinical Neurophysiology査読有り2006年09月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

生体電気インピーダンス法を用いた体組成測定装置の妥当性に関する検討

田辺茂雄・大田哲生・越水さゆき・猪瀬学・寺林大史・村岡慶裕・正門由久・木村彰男

総合リハビリテーション査読有り34(8)p.777 - 7812006年08月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

慢性期片麻痺患者の上肢機能に対する随意運動介助型電気刺激 (Integrated Volitional control Electrical Stimulator: IVES)と手関節固定装具併用療法の試み

笠島悠子・藤原俊之・村岡慶裕・辻哲也・長谷公隆・里宇明元

リハビリテーション医学査読有り43(6)p.353 - 3572006年06月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Disorder of phase-related modulation of soleus H-reflex during hip movement in stroke patients.

Tanabe, Shigeo;Kamiya, Akio;Muraoka, Yoshihiro;Masakado, Yoshihisa;Tomita Yutaka

Electromyogr Clin Neurophysiol査読有り46(4)p.241 - 2462006年04月-

PubMed

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0301-150X

【歩行分析の臨床】トレッドミル歩行分析・訓練

大塚圭・村岡慶裕・才藤栄一・伊藤慎英・寺西利生・青木健光・兵頭亮・金田嘉清

総合リハビリテーション招待有り34(2)p.141 - 1492006年02月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

水中における表面筋電図の特性 前脛骨筋への一定負荷による検討

神谷晃央・村岡慶裕・大田哲生・山仲智美・木村彰男・田辺茂雄・加茂野有徳・小川真司

総合リハビリテーション査読有り33(8)p.749 - 7522005年08月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

脳卒中片麻痺患者における運動イメージ時の運動誘発電位変化について

鈴木幹次郎・辻哲也・村岡慶裕・大田哲生・正門由久・木村彰男・里宇明元

リハビリテーション医学査読有り42(7)p.457 - 4622005年07月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

舌骨上筋群モーターポイントの解剖学的検索

加賀谷斉・馬場尊・才藤栄一・横山通夫・尾関保則・三串伸哉・岡田澄子・村岡慶裕・肥田岳彦

日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌査読有り9(2)p.195 - 1982005年02月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Post-activation depression of the soleus H-reflex in stroke patients.

Masakado, Yoshihisa;Kagamihara, Yasuhiro;Takahashi, Osamu;Akaboshi, Kazuto;Muraoka, Yoshihiro;Ushiba, Junichi

Electromyogr Clin Neurophysiol.査読有り45(2)p.115 - 1222005年02月-

PubMed

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0301-150X

Soleus H-reflex modulation pattern for a fine angle of hip and knee joint passive movement.

Tanabe, Shigeo;Muraoka, Yoshihiro;Kamiya, Akio;Tomita, Yutaka;Masakado Yoshihisa

Int J Neurosci査読有り115(1)p.1 - 112005年01月-

PubMed

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0020-7454

痙縮に対する持続伸張と連続的他動運動の比較検討

島岡秀奉・横山明正・新野浩隆・盧 隆徳・内田成男・田辺茂雄・村岡慶裕・大田哲生・正門由久・木村彰男

総合リハビリテーション査読有り32(12)p.1181 - 11862004年12月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Passive movement of hip and knee joints decreases the amplitude of soleus H-reflex in stroke patients

S. Tanabe S, Y. Muraoka, A. Kamiya, Y. Tomita, Y. Masakado

Electromyogr Clin Neurophysiol査読有り44(6)p.365 - 3702004年06月-

PubMed

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0301-150X

Disynaptic Ia reciprocal inhibition in stroke patients before and after therapeutic electrical stimulation

Y. Muraoka, Y. Masakado, T. Fujiwara, Y. Tomita

Proceedings of the Japanese - Korean Joint Conference on Rehabilitation Medicine査読有りp.90 - 902004年04月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Transcranial magnetic stimulation at maximal effort at a target hand movement in treating hemiplegia

S. Izumi, Y. Shimazaki, T. Hisamatsu, Y. Muraoka, Y. Tomita, A. Ishida

Proceedings of the Japanese - Korean Joint Conference on Rehabilitation Medicine査読有りp.14 - 142004年04月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Power assisted therapeutic electrical stimulation to improve hemipletic hand function

Y. Hara, Y. Muraoka

Proceedings of the Japanese - Korean Joint Conference on Rehabilitation Medicine査読有りp.113 - 1132004年04月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

A new input device for communicative disorder in a locked-in syndrome patient, triggered by an impedance change of soft tissue' a case report

Tanuma, N. Tanaka, Y. Muraoka, Y. Tomita, Y. Okajima Y, A. Kimura, N. Chino

Proceedings of the Japanese - Korean Joint Conference on Rehabilitation Medicine査読有りp.134 - 1342004年04月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

痙縮に対する持続伸張と連続的他動運動の効果検討

横山明正・島岡秀奉・新野浩隆・神谷晃央・内田成男・田辺茂雄・村岡慶裕・大田哲生・正門由久・木村彰男

運動療法と物理療法査読有り15(3)p.242 - 2472004年03月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Changes of reflex size in upper limbs using wrist splint in hemiplegic patients.

Ushiba, Junichi;Masakado, Yoshihisa;Komune, Yoko;Muraoka, Yoshihiro;Chino, Naoichi;Tomita, Yutaka

Electromyogr Clin Neurophysiol査読有り44(3)p.175 - 1822004年03月-

PubMed

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0301-150X

運動介助型電気刺激装置の開発と脳卒中片麻痺患者への使用経験

村岡慶裕・鈴木理沙・島岡秀奉・藤原俊之・石原 勉・内田成男

理学療法査読有り31(1)p.29 - 352004年01月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

New method using multi-regression analysis on evoked electromyography during movement to adjust stimulation conditions.

Tanabe, Shigeo;Muraoka, Yoshihiro;Tomita, Yutaka

Med Biol Eng Comput査読有り42(1)p.106 - 1092004年01月-

PubMed

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0140-0118

【脳卒中の理学療法の展開】 脳卒中に対する治療的電気刺激

加茂野有徳・村岡慶裕

理学療法ジャーナル招待有り37(8)p.667 - 6742003年08月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Evaluation of surface EMG measurement systems based on 3-D sensitivity distribution

H. Endoh, Y. Muraoka, J. Ushiba, Y. Tomita

Proceedings of the SICE (the Society of Instrument and Control Engineers) Annual Conference 2003査読有り3p.2426 - 24312003年08月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Effects of therapeutic passive exercise of hip and knee joints on the soleus H-reflex.

Tanabe, Shigeo;Sugawara, Kenichi;Muraoka, Yoshihiro;Kondo, Masashi;Tomita, Yutaka;Tsubahara, Akio

Electromyogr Clin Neurophysiol査読有り43(7)p.429 - 4352003年07月-

PubMed

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0301-150X

【リハビリテーション関連工学の最前線】 電気刺激装置開発

村岡慶裕・富田豊・木村彰男・西脇香織

総合リハビリテーション招待有り31(4)p.315 - 3212003年04月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

【運動調節機構の解析】 脊髄運動調節の臨床的側面 脳卒中における治療的電気刺激を中心に

正門由久・大田哲生・千野直一・村岡慶裕・富田豊

臨床脳波招待有り45(3)p.135 - 1402003年03月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Calculation of a 3-dimensional sensitivity distribution of single difference, double difference, concentric-ring, and concentric-ellipsoid electrodes

Endoh, Hiroharu;Muraoka, Yoshihiro;Ushiba Junichi

Ergonomics of Human-System Interaction査読有り6(1)p.7 - 102003年01月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:1340-637X

リハビリテーション工学の現状と展望

富田豊・村岡慶裕

理学療法学招待有り29(8)p.287 - 2902002年08月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Development of 2-channel Gait Assist Electrical Stimulator for Hemiplegia

Y. Muraoka

Proceedings of the 41st SICE Annual Conference査読有り3p.2028 - 20312002年08月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Development of Portable EMG-controlled Electrical Stimulator

Y. Muraoka

Proceedings of the 41st SICE Annual Conference査読有り3p.2018 - 20212002年08月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Development of EMG-Controlled Electrical Stimulation System

Kamono, Y. Muraoka, Y. Tomita, H. Shimaoka, N. Uchida, T. Ota

Proceedings of the 41st SICE Annual Conference査読有り3p.2022 - 20272002年08月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

不全対麻痺患者の内側股継手付両長下肢装具による歩行 股継手可動域制限が歩容に及ぼす効果

原田貴子・田中尚文・寺林大史・富田豊・村岡慶裕・今堀隆三郎・千野直一

総合リハビリテーション査読有り30(6)p.557 - 5612002年06月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Statistical test for peri-stimulus time histograms in assessing motor neuron activity.

Ushiba, Junichi;Tomita, Yutaka;Masakado, Yoshihisa;Komune, Yoko;Muraoka Yoshihiro

Med Biol Eng Comput査読有り40(4)p.462 - 4682002年04月-

PubMed

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0140-0118

Development of an EMG recording device from stimulation electrodes for functional electrical stimulation.

Muraoka, Yoshihiro

Front Med Biol Eng査読有り11(4)p.323 - 3332002年04月-

PubMed

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0921-3775

脳卒中リハビリテーションの新技術 Therapeutic Electrical Stimulation (TES)

正門由久・大田哲生・千野直一・村岡慶裕・富田豊

リハビリテーション医学招待有り39(2)p.81 - 852002年02月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Projection from muscle in upper limb to biceps brachii

J. Ushiba, Y. Tomita, Y. Masakado, Y. Komune, Y. Muraoka

Proceedings of the Analysis and Modeling of Human Functions ISHF2001査読有り2001年09月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

The effect of transcranial magnetic stimulation on reciprocal inhibition in the human leg.

Masakado, Yoshihisa;Muraoka, Yoshihiro;Tomita, Yutaka;Chino, Naoichi

Electromyogr Clin Neurophysiol査読有り41(7)p.429 - 4322001年07月-

PubMed

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0301-150X

インピーダンス変化を利用した入力装置がコミュニケーション障害に有用であったLocked-in症候群の1症例

田沼明・田中尚文・村岡慶裕・池田盛人・永田悦子・富田豊・岡島康友・木村彰男・千野直一

リハビリテーション医学査読有り37(8)p.533 - 5372000年08月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

治療的電気刺激による脳卒中患者の足関節筋群における2シナプス性Ia相反抑制の変化

村岡慶裕・正門由久・藤原俊之・富田豊

リハビリテーション医学査読有り37(7)p.453 - 4582000年07月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Physiological study of TES by exact active-assistive system

Y. Muraoka, Y. Tomita, T. Fujiwara, Y. Masakado

Proceedings of the 4th Annual Conference of the International Functional Electrical Stimulation Society査読有りp.97 - 1001999年08月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Chaotic analysis of heart rate variabili-ty -functional role of chaos

Y. Tomita, Y. Muraoka, T. Qi, S. Honda, M. Suzuki, S. Hori, N. Aikawa

Proceedings of the International Measurement Confederation, 15th World Congress査読有りp.123 - 1301999年06月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

RR間隔を用いた決定論的カオスの視点からの失神症状の解析

斉天・村岡慶裕・富田豊・本多敏・鈴木昌・堀進悟

人間工学査読有り35(5)p.343 - 3461999年05月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

The effect of neuromuscular electrical stimulation with hemiplegia inpatients; comparison of different levels of stimulation

R. Shirakawa, S. Uchida, T. Ishihara, A. Yokoyama, H. Shimaoka, T. Fujiwara, Y. Tomita,Y. Muraoka

Proceedings of the 13th International Congress of the World Confederation for Physical Therapy査読有りp.357 - 3571999年05月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Muscle activity during electirical stimulation, effect of pulse frequency

H. Shimaoka, S. Uchida, R. Shirakawa, T. Ishihara, A. Yokoyama, T. Fujiwara, Y. Okajima, Y. Muraoka, Y. Tomita

Proceedings of the 13th International Congress of the World Confederation for Physical Therapy査読有りp.358 - 3581999年05月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Effect of neuromuscular electrical stimulation for hemiplegics,EMG examination during electrical stimulation

S. Uchida, H. Shimaoka, R. Shirakawa, T. Ishihara, A. Yokoyama, T. Fujiwara, Y. Okajima, Y. Muraoka, Y. Tomita

Proceedings of the 13th International Congress of the World Confederation for Physical Therapy査読有りp.359 - 3591999年05月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

EMG-controlled hand opening system for hemiplegia

Y. Muraoka, Y. Tomita, S. Honda, N. Tanaka, Y. Okajima

Proceedings of the 6th Vienna International Workshop on Functional Electrostimulation Basics Technology Application査読有りp.255 - 2581998年09月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

機能的電気刺激のための手先位置指示装置の開発と評価

村岡慶裕・斉天・富田豊・本多敏

医用電子と生体工学査読有り36(4)p.386 - 3901998年04月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Walkaboutと機能的電気刺激を用いた対麻痺歩行パターンの分析

園田茂・才藤栄一・富田豊・田中尚文・山口剛・村岡慶裕・鈴木亨・鈴木美保・藤谷順子・千野直一

Journal of Clinical Rehabilitation査読有り6(5)p.508 - 5121997年05月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

小型加速度計による歩行分析の再現性および妥当性の検討

田中尚文・園田茂・村岡慶裕・富田豊・千野直一

リハビリテーション医学査読有り33(8)p.549 - 5531996年08月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

手先位置指示装置の開発

村岡慶裕・富田豊・本多敏

人とシステム査読有り2(1)p.60 - 661996年01月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Hand pointing device for functional electrical stimulation

Y. Muraoka,Y. Tomita,S. Honda

Proceedings of the 6th International Conference on Human-Computer Interaction査読有りp.114 - 1141995年07月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

書籍等出版物

リハビリテーションのための臨床神経生理学

村岡慶裕(共編著)

中外医学2015年-2015年

LINK

詳細

教科書ISBN:9784498076785

日本発達心理学会編「発達心理学事典」,氏家達夫ほか:ふれる「介護」

【分担執筆】:村岡慶裕(分担執筆)

丸善出版・東京2013年-

詳細

担当ページ数:70-71ISBN:978-4-621-08579-0

臨床理学療法マニュアル改訂第2版(黒川幸雄,伊藤元,渡辺京子,長澤弘,横田一彦,江藤文夫編):バイオフィードバック

【分担執筆】:村岡慶裕(分担執筆)

南江堂・東京2007年-

詳細

事典・辞書担当ページ数:154-156

Ⅱ.神経生理各論 2.電気刺激 A電気刺激とは何か?、正門由久、高橋修、村岡慶裕、牛場潤一編、「リハビリテーションに役立つ臨床神経生理学」

村岡慶裕,石尾晶代(分担執筆)

中外医学社、東京2015年-

詳細

教科書担当ページ数:35-40

Ⅱ.神経生理各論 2.電気刺激 B電気刺激の使い方、正門由久、高橋修、村岡慶裕、牛場潤一編、「リハビリテーションに役立つ臨床神経生理学」

石尾晶代,村岡慶裕(分担執筆)

中外医学社、東京2015年-

詳細

担当ページ数:41-50

講演・口頭発表等

断端硬さ測定装置の押し込み操作の差異が測定値へ与える影響〜シリコーン製サンプルによる調査〜

第68回国立病院総合医学会2014年11月15日

詳細

口頭発表(一般)

磁気センサによる簡易歩行分析システムの開発に関する検討−三次元動作解析装置を用いた妥当性検証−

第68回国立病院総合医学会2014年11月15日

詳細

ポスター発表

免荷重測定機能付スプリングハンガーの開発

第51回日本リハビリテーション医学会学術集会2014年06月07日

詳細

ポスター発表

歩行の距離因子とその左右差の定量化に関する検討 −3次元磁気式位置計測システムを用いて−

第51回日本リハビリテーション医学会学術集会2014年06月06日

詳細

ポスター発表

健常者における歩行時方向転換の運動戦略と体幹動揺

第51回日本リハビリテーション医学会学術集会2014年06月06日

詳細

口頭発表(一般)

足関節底屈筋痙縮測定装置によるボツリヌス治療評価

第51回日本リハビリテーション医学会学術集会2014年06月05日

詳細

ポスター発表

三次元磁気式位置計測システムを用いた簡易歩行分析法の基礎的検討—既存の歩行分析装置との精度比較—

第49回日本理学療法学術大会2014年06月01日

詳細

ポスター発表

磁気刺激装置によるリハビリテーション支援(教育講演)

リハビリテーション支援機器開発研究会2014年03月20日

低酸素環境における脳波と呼吸の周波数特性

第91回日本生理学会大会2014年03月16日

詳細

口頭発表(一般)

リハビリテーション支援機器開発に向けたマイコン制御について

リハビリテーション支援機器開発研究会2013年10月31日

詳細

口頭発表(一般)

ニューロリハを切り拓く 神経促通バイオフィードバック装置IVES

第21回日本物理療法学会学術大会特別講演2013年10月20日

詳細

口頭発表(一般)

PASシステム開発から商品化までの成功事例

リハビリテーション支援機器開発研究会2013年09月06日

詳細

口頭発表(一般)

現場ニーズに基づく 介護福祉機器の設計と開発

第4回介護福祉機器研究部会2013年09月05日

詳細

口頭発表(一般)

低コストEMGフィードバックシステム

第50回日本リハビリテーション医学会学術集会2013年06月14日

詳細

口頭発表(一般)

物理療法としての電気刺激治療 —展望と発展−

永生会研究開発センター 症例検討・技術講習会2013年05月31日

詳細

口頭発表(一般)

希少な国産治療機器IVESを用いたニューロリハビリテーション

メディカルコート八戸西病院リハビリテーション部研修会2013年04月22日

詳細

口頭発表(一般)

機能的電気刺激を用いた液体命令嚥下による喉頭挙上

第49回日本リハビリテーション医学会学術集会、2012.5.31-6.2、福岡国際会議場・福岡サンパレス(福岡)2012年05月

詳細

口頭発表(一般)

足関節底屈筋群の痙縮に対する治療的電気刺激における最適な刺激点の検討

第47回日本理学療法学術大会、2012.5.25-27、神戸ポートピアホテル・神戸国際会議場(神戸)2012年05月

詳細

口頭発表(一般)

足関節底屈筋痙性計測装置による脳卒中者の痙性評価

第47回日本理学療法学術大会、2012.5.25-27、神戸ポートピアホテル・神戸国際会議場(神戸)2012年05月

詳細

口頭発表(一般)

顔面神経麻痺治療を目的とした小型埋め込み型随意筋電誘発機能的筋刺激装置の開発

第29回 日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会、2011.11.24-25、グランドプリンスホテル高輪(東京)2011年11月

詳細

口頭発表(一般)

国産医療機器IVESの過去と未来〜医工・産学連携から我が国の復興へ〜(教育講演)

第41回日本臨床神経生理学会・学術大会、2011.11.10-12、グランシップ(静岡)2011年11月

詳細

口頭発表(一般)

筋電誘発型機能的電気刺激による障害側運動野賦活効果

第48回日本リハビリテーション医学会学術集会、2011.11.2-3、幕張メッセ(千葉)2011年11月

詳細

口頭発表(一般)

Choice Reaction Taskによる手指運動イメージ時の運動野皮質興奮性変化

第48回日本リハビリテーション医学会学術集会、2011.11.2-3、幕張メッセ(千葉)2011年11月

詳細

口頭発表(一般)

運動イメージによる運動野興奮性の変化 相反性課題

第48回日本リハビリテーション医学会学術集会、2011.11.2-3、幕張メッセ(千葉)2011年11月

詳細

口頭発表(一般)

足関節痙性の定量的評価法の開発

第48回日本リハビリテーション医学会学術集会、2011.11.2-3、幕張メッセ(千葉)2011年11月

詳細

口頭発表(一般)

随意運動介助型電気刺激による喉頭の運動学的分析

第48回日本リハビリテーション医学会学術集会、2011.11.2-3、幕張メッセ(千葉)2011年11月

詳細

口頭発表(一般)

脳卒中片麻痺患者に対する随意運動介助型電気刺激の効果 fMRI画像による評価

第48回日本リハビリテーション医学会学術集会、2011.11.2-3、幕張メッセ(千葉)2011年11月

詳細

口頭発表(一般)

脳卒中片麻痺患者における予測的姿勢制御と重心動揺・BBSの関連について

第48回日本リハビリテーション医学会学術集会、2011.11.2-3、幕張メッセ(千葉)2011年11月

詳細

口頭発表(一般)

脳卒中片麻痺患者における予測的姿勢制御と重心動揺・BBSの関連について

第27回東海北陸理学療法学術大会、2011.10.29-30、富山国際会議場(富山)2011年10月

詳細

口頭発表(一般)

脊髄損傷患者の車椅子上除圧動作と骨盤傾斜角度変化の関係について

第65回国立病院総合医学会、2011.10.7-8、ホテルグランヴィア岡山(岡山)2011年10月

詳細

口頭発表(一般)

脳卒中片麻痺患者に於ける予測的姿勢制御(APA)の観察

Stroke2011、2011.7.20-8.1、京都国際会館(京都)2011年07月

詳細

口頭発表(一般)

慢性期脳卒中者に対する随意運動介助型電気刺激装置(IVES)の上肢機能改善効果 fMRIによる経時的検討

第45回日本作業療法学会、2011.6.24-25、大宮ソニックシティ(大宮)2011年06月

詳細

口頭発表(一般)

随意運動と電気刺激中の皮質脊髄路興奮性変化 筋音図法を用いて

第46回日本理学療法学術大会、2011.5.27-29、シーガイアコンベンションセンター(宮崎)2011年05月

詳細

口頭発表(一般)

脳卒中片麻痺患者における予測的姿勢調節 運動麻痺重症度別による筋活動特性に着目して

第46回日本理学療法学術大会、2011.5.27-29、シーガイアコンベンションセンター(宮崎)2011年05月

詳細

口頭発表(一般)

脳卒中片麻痺患者における予測的姿勢調節 前方重錘落下課題での筋活動特性に着目して(第一報)

第46回日本理学療法学術大会 2011.5.27-29、シーガイアコンベンションセンター(宮崎)2011年05月

詳細

口頭発表(一般)

顔面神経麻痺治療のための健側筋電制御麻痺側電気刺激装置の開発

第64回国立病院総合医学会 2010.11.26-27(福岡)2010年11月

詳細

口頭発表(一般)

歩行分析による圧迫性頚髄症の下肢機能評価 −開眼,閉眼での比較−

第64回国立病院総合医学会 2010.11.26-27(福岡)2010年11月

詳細

口頭発表(一般)

車椅子座位における除圧動作と骨盤傾斜角度変化の関係

第64回国立病院総合医学会 2010.11.26-27(福岡)2010年11月

詳細

ポスター発表

頚髄不全損傷患者に対する随意運動介助型電気刺激装置(IVES)の使用経験

第64回国立病院総合医学会 2010.11.26-27(福岡)2010年11月

詳細

ポスター発表

脊髄不全損傷患者の歩行に対するペダリング訓練の効果

第64回国立病院総合医学会 2010.11.26-27(福岡)2010年11月

詳細

ポスター発表

顔面神経麻痺治療を目的とした埋め込み型随意筋電誘発機能的筋刺激装置のシミュレーション

第 20 回日本シミュレーション外科学会(2010.11.6)宇都宮2010年11月

詳細

口頭発表(一般)

Effects of transcutaneous electrical stimulation combined with pedaling exercise on spinal interneurons in healthy persons

2010年10月

詳細

口頭発表(一般)

歩行分析による圧迫性頚髄症の下肢機能評価-開眼,閉眼での比較-

2010年10月

詳細

口頭発表(一般)

【OS】「被験者を用いた実験」、ヒトを対象とした研究の進め方

第28回日本ロボット学会学術講演会、名古屋、2010.9.22-242010年09月

詳細

口頭発表(一般)

脊髄損傷者/車椅子利用者を対象としたエネルギー消費量評価のための基礎的検討

第57回 日本栄養改善学会学術総会、埼玉、2010.9.10-122010年09月

詳細

口頭発表(一般)

【セミナー】臨床現場で必要とされる計測技術

平成22年度東京・埼玉・山梨地区臨床検査技師長会研修会2010年07月

詳細

口頭発表(一般)

骨粗鬆症性椎体骨折後の後彎変形に対する装具療法選択のための三次元動作分析

第84回日本整形外科学会学術総会2010年5月27-30日)、横浜2010年05月

詳細

ポスター発表

ペダリング運動と経皮的電気刺激の併用治療の効果

第45回 日本理学療法学術大会(2010年5月27-29日)、岐阜2010年05月

詳細

ポスター発表

不全型脊髄損傷者におけるペダリング運動の効果について 歩行能力の変化に着目して

第45回 日本理学療法学術大会(2010年5月27-29日)、岐阜2010年05月

詳細

ポスター発表

ペダリング運動時の円滑さの検討 脊髄損傷者と健常者の違いに着目して

第45回 日本理学療法学術大会(2010年5月27-29日)、岐阜2010年05月

詳細

ポスター発表

圧迫性頸髄症の三次元動作解析-術前および術後の比較-

第47回日本リハビリテーション医学会学術集会(2010年5 月20-22日)、鹿児島2010年05月

詳細

口頭発表(一般)

運動イメージにおける第1背側骨間筋から得られる運動誘発電位の変化-非利き手イメージでの検討-

第47回日本リハビリテーション医学会学術集会(2010年5 月20-22日)、鹿児島2010年05月

詳細

口頭発表(一般)

健常者における皮質内抑制および促通の運動イメージによる変化

第47回日本リハビリテーション医学会学術集会(2010年5 月20-22日)、鹿児島2010年05月

詳細

口頭発表(一般)

【セミナー】新しい電気刺激 IVES

第1回上肢機能回復セミナー:脳卒中上肢機能障害に対する最新の治療2010年04月

詳細

口頭発表(一般)

【セミナー】筋力・筋疲労の解析

日本リハビリテーション医学会第3回実習研修会「動作解析と運動学実習」、2010.3.26-272010年03月

詳細

口頭発表(一般)

【教育講演】EMG-control型電気刺激装置の効果メカニズムと臨床応用−中枢神経疾患への治療効果−

第14回福井県理学療法学術大会、岐阜、2010.3.142010年03月

詳細

口頭発表(一般)

【福祉工学講座】臨床で必要とされる計測技術

財団法人神奈川科学技術アカデミー、東京、2010.3.102010年03月

詳細

口頭発表(一般)

脊髄症・神経根症における機能診断の進歩 圧迫性頸髄症の三次元的動作解析 術前および術後の比較

2010年03月

詳細

口頭発表(一般)

薄型随意運動介助型電気刺激装置の開発

第16回 日本FES研究会学術講演会、2009.12.52009年12月

詳細

口頭発表(一般)

力学的観点に基づいた歩行時における適切な電気刺激強度の推定.

第16回 日本FES研究会学術講演会、豊明、2009.12.52009年12月

詳細

口頭発表(一般)

顔面神経麻痺治療のための新デバイス開発

第27回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会(2009年11月19−20日)、新宿2009年11月

詳細

口頭発表(一般)

異なった運動イメージにおける左第1背側骨間筋から得られる運動誘発電位の変化

第39回日本臨床神経生理学会学術大会(2009年11月18-20日)、小倉2009年11月

詳細

口頭発表(一般)

【教育講演】EMG-control型電気刺激装置の効果メカニズムと臨床応用−中枢神経疾患への治療効果−

第25回東海北陸理学療法学術大会(2009年10月31-11月1日)、岐阜2009年10月

詳細

口頭発表(一般)

磁気式三次元位置センサを用いた車椅子上の姿勢評価の基礎的検討

第63回国立病院総合医学会、(2009年10.23-24)、仙台2009年10月

詳細

ポスター発表

【教育講演】EMG-control型電気刺激装置の効果メカニズムと臨床応用—中枢神経疾患への効果

第44回日本理学療法士協会全国学術研修大会、 三重、2009.10.2-32009年10月

詳細

口頭発表(一般)

随意運動介助型電気刺激装置(IVES)の使用により手指機能の改善が得られた頚髄髄内出血患者の一例

第63回国立病院総合医学会、(2009年10.23-24日)、仙台2009年10月

詳細

ポスター発表

端座位における脊柱後湾率と骨盤傾斜角の関係について

第63回国立病院総合医学会、(2009年10.23-24日)、仙台2009年10月

詳細

ポスター発表

顔面神経麻痺治療のための新デバイス開発 第2報

第32回日本顔面神経研究会、淡路、2009年6月4-5日2009年06月

詳細

口頭発表(一般)

脳卒中片麻痺患者に対する随意運動介助型電気刺激装置(IVES)の上肢機能回復効果

第43回日本作業療法学会(2009年6月19-21日)、福島2009年06月

詳細

ポスター発表

脊柱変形疾患における安静時および歩行時の姿勢変化について

第46回日本リハビリテーション医学会学術集会(2009年6月4-6日)、静岡2009年06月

詳細

口頭発表(一般)

脊柱側弯変形における術前・術後の姿勢変化について

第46回日本リハビリテーション医学会学術集会(2009年6月4-6日)、静岡2009年06月

詳細

口頭発表(一般)

脊髄損傷対麻痺患者に対する装着型歩行補助ロボットの開発.

第44回 日本理学療法学術大会(2009年5月28-30日)、東京2009年05月

詳細

ポスター発表

慢性期脳卒中患者の歩行能力に対する歩行様他動運動と電気刺激の同時適用の効果.

第44回 日本理学療法学術大会(2009年5月28-30日)、東京2009年05月

詳細

ポスター発表

ロボット(WPAL:Wearable Power-Assisted Locomotor)による対麻痺者の歩行再建 Primewalkとの比較.

第44回 日本理学療法学術大会(2009年5月28-30日)、東京2009年05月

詳細

ポスター発表

【教育講演】随意運動介助型電気刺激装置(IVES)について

第18回定例勉強会、医療法人社団永生会、東京、2009.4.162009年04月

詳細

口頭発表(一般)

顔面神経麻痺治療を目的とした埋め込み型随意筋電誘発機能的筋刺激装置の開発

第52回日本形成外科学会総会・学術集会(2009年4月22-24日)、横浜2009年04月

詳細

口頭発表(一般)

【福祉工学講座】臨床で必要とされる計測技術

財団法人神奈川科学技術アカデミー、東京2009年03月

詳細

口頭発表(一般)

顔面神経麻痺治療を目的とした埋め込み型随意筋電誘発機能的筋刺激装置の開発

第20回東京大学形成外科同門学術集会、東京、2009.12009年01月

詳細

口頭発表(一般)

慢性期脳卒中片麻痺患者におけるHANDS therapyの効果

第24回義肢装具学会学術大会、東京、2008.112008年11月

詳細

口頭発表(一般)

ニューロリハビリテーションへの臨床神経生理学の応用 脳卒中などへの応用を中心に 脳卒中片麻痺上肢に対する新しい治療法、 Hybrid-Assistive Neuromuscular Dynamic Stimulation(HANDS) Therapy

第38回日本臨床神経生理学会・学術大会(2008年11月12-14日)、神戸2008年11月

詳細

口頭発表(一般)

失調症の定量的運動学的評価セットの開発

第38回日本臨床神経生理学会・学術大会(2008年11月12-14日)、神戸2008年11月

詳細

ポスター発表

三次元トレッドミル歩行分析によるリサージュ図形を用いた尖足接地の定量化

第26回日本私立医科大学理学療法学会、 札幌、 2008.102008年10月

詳細

口頭発表(一般)

顔面神経麻痺治療のための新デバイス開発

第26回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会、岩手 2008.10 2008年10月

詳細

口頭発表(一般)

視診による歩行分析における評価者間信頼性の検討

第24回東海北陸理学療法学術大会、金沢、2008.102008年10月

詳細

口頭発表(一般)

対麻痺者の歩行再建: 歩行補助ロボットWPAL 開発

福祉工学シンポジウム2008、山口、2008.92008年09月

詳細

口頭発表(一般)

Hybrid Assistive Neuromuscular Dynamic Stimulation (HANDS)療法の効果−三次元位置計測装置による客観的評価の試み

第27回関東甲信越ブロック理学療法士学会、千葉2008.82008年08月

詳細

口頭発表(一般)

ロボット(WPAL:Wearable Power-Assisted Locomotor)による歩行再建—第3報:従来型装具との比較検討—

第23回日本リハビリテーション医学会 中部・東海地方会(2008年8月23日)、名古屋2008年08月

詳細

口頭発表(一般)

慢性期脳卒中片麻痺患者に対するHybrid-Assistive Neuromuscular Dynamic Stimulation (HANDS) Therapyによる相反性抑制、皮質内抑制の可塑的変化

第31回日本神経科学大会、東京、2008.72008年07月

詳細

口頭発表(一般)

下肢麻痺者用の歩行補助ロボット

ヨコハマ・ヒューマン&テクノランド・福祉を支える人とテクノロジーの総合展2008年06月

詳細

口頭発表(一般)

脳卒中麻痺側上肢への随意運動介助型電気刺激の効果 -手関節背屈自動運動角度の保持効果について-

第43回日本作業療法学会(2008年6月19-21日)、福島2008年06月

詳細

口頭発表(一般)

慢性期脳卒中患者に対する電気刺激を用いた上肢機能訓練

第43回日本作業療法学会(2008年6月19-21日)、福島2008年06月

詳細

口頭発表(一般)

脳卒中麻痺側上肢への随意運動介助型電気刺激の効果 -手関節背屈角度の検討-

第43回日本作業療法学会(2008年6月19-21日)、福島2008年06月

詳細

口頭発表(一般)

運動イメージ中の経皮的電気刺激が大脳皮質血流量に与える影響

第33回日本運動療法学会大会(2008年6月)、東京2008年06月

詳細

ポスター発表

Hybrid Assistive Neuromuscular Dynamic Stimulation(HANDS)療法の効果を三次元位置計測装置により客観的に評価する方法の予備的試み

第33回日本運動療法学会大会(2008年6月)、東京2008年06月

詳細

ポスター発表

変形性股関節症患者の三次元トレッドミル歩行分析

第45回日本リハビリテーション医学会学術集会(2008年6月4-6日)、横浜2008年06月

詳細

ポスター発表

ロボット(WPAL)による歩行再建(2)-装具による歩行再建とのエネルギー消費の比較-

第45回日本リハビリテーション医学会学術集会(2008年6月4-6日)、横浜2008年06月

詳細

ポスター発表

ロボット(WPAL:Wearable Power-Assisted Locomotor)による歩行再建(1)−開発の経緯とコンセプト−

第45回日本リハビリテーション医学会学術集会(2008年6月4-6日)、横浜2008年06月

詳細

ポスター発表

変形性股関節症患者の三次元トレッドミル歩行分析

第45回日本リハビリテーション医学会学術集会(2008年6月4-7日)、横浜2008年06月

詳細

ポスター発表

HANDS therapyによる脳卒中片麻痺上肢の日常生活での使用頻度の変化

第45回日本リハビリテーション医学会学術集会(2008年6月4-6日)、横浜2008年06月

詳細

ポスター発表

Hybrid Assistive Neuromuscular Dynamic Stimulation(HANDS)療法の長期効果

第45回日本リハビリテーション医学会学術集会(2008年6月4-7日)、横浜2008年06月

詳細

ポスター発表

随意運動中の電気刺激が大脳皮質血流量に及ぼす影響

第43回 日本理学療法学術大会(2008年5月28-30日)、福岡2008年05月

詳細

ポスター発表

三次元歩行分析装置を用いた簡易歩行分析の検討

第43回 日本理学療法学術大会(2008年5月28-30日)、福岡2008年05月

詳細

ポスター発表

随意収縮と同程度の関節モーメントが得られる経皮的電気刺激の検討

第43回 日本理学療法学術大会(2008年5月28-30日)、福岡2008年05月

詳細

ポスター発表

随意運動介助型電気刺激を用いた麻痺側上肢の治療効果

第33回日本脳卒中学会総会(2008年3月22-23日)、京都2008年03月

詳細

口頭発表(一般)

【ハンズオンセミナー】誰でもできる100円離床センサの作製法

全国回復期リハビリテーション病棟連絡協議会第11回研究大会2008年02月

詳細

口頭発表(一般)

【セミナー】筋力・筋疲労の解析

日本リハビリテーション医学会第1回実習研修会「動作解析と運動学実習」2008年02月

詳細

口頭発表(一般)

【セミナー】データマネージメント

日本リハビリテーション医学会第1回実習研修会「動作解析と運動学実習」2008年02月

詳細

口頭発表(一般)

三次元トレッドミル歩行分析法によるリサージュ図形を用いた分回し歩行パターンの定量化

第18回愛知県理学療法学会(2008年2月17日)名古屋2008年02月

詳細

ポスター発表

【教育講演】対麻痺者の歩行再建 −装着型ロボット時代の幕開けー

第14回日本FES研究会学術講演会、2007.12.2、岡山2007年12月

詳細

口頭発表(一般)

下肢電気刺激が呼吸機能および筋出力に及ぼす影響

第14回日本FES研究会学術講演会、岡山、2007.12.22007年12月

詳細

口頭発表(一般)

電気刺激中の随意運動が脳活動に及ぼす影響

第14回日本FES研究会学術講演会、岡山、2007.12.32007年12月

詳細

口頭発表(一般)

【セミナー】歩行関連機器開発

東海ものづくり創生プロジェクトあいち健康長寿産業クラスター形成事業、藤田保健衛生大学・研究成果・技術シーズ発表会、名古屋2007年11月

詳細

口頭発表(一般)

【シンポジウム】筋電図技術のリハビリテーション・介護への応用 筋電制御電気刺激装置IVES

第37回日本臨床神経生理学会学術大会(2007年11月19-23日)、宇都宮2007年11月

詳細

口頭発表(一般)

対麻痺者のための装着型歩行補助ロボットの開発ー第3次試作機ー

第28回バイオメカニズム学術講演会、(2007年11月10-11日)、岐阜2007年11月

詳細

口頭発表(一般)

慢性期脳卒中片麻痺患者に対するHybrid-Assistive Neuromuscular Dynamic Stimulation(HANDS)Therapyによる相反性抑制、皮質内抑制の可塑的変化

第37回日本臨床神経生理学会学術大会(2007年11月19-23日)、宇都宮2007年11月

詳細

口頭発表(一般)

三次元トレッドミル歩行分析法によるリサージュ図形を用いた異常歩行パターンの定量化

第37回日本臨床神経生理学会学術大会(2007年11月19-23日)、宇都宮2007年11月

詳細

口頭発表(一般)

【セミナー】「EMGコントロール付電気刺激装置」の使用方法と治療効果

第42回日本理学療法士協会全国学術研修大会(2007年10月5-6日)、茨城2007年10月

詳細

口頭発表(一般)

簡便型歩行分析装置1:開発および精度試験

第44回日本リハビリテーション医学会学術集会(2007年6月6-8日)、神戸2007年06月

詳細

ポスター発表

【セミナー】家庭でできるリハビリテーションー中枢性疾患に対する電気刺激治療

名古屋市民大学・藤田保健衛生大学連携講座第6回、名古屋2007年06月

詳細

口頭発表(一般)

片麻痺の上肢に対する随意運動介助型電気刺激装置(IVES)効果の検討

第32回日本運動療法学会大会(2007年6月30日)、千葉2007年06月

詳細

口頭発表(一般)

脳卒中片麻痺患者の上肢機能に対する随意運動介助型電気刺激装置(IVES)の効果

第41回日本作業療法学会(2007年6月22-24日)、鹿児島2007年06月

詳細

ポスター発表

三次元歩行分析による異常歩行パターンの定量化-視覚的観察に基づいた指標の作成-

第44回日本リハビリテーション医学会学術集会(2007年6月6-8日)、神戸2007年06月

詳細

ポスター発表

簡便型歩行分析装置2:臨床使用経験

第44回日本リハビリテーション医学会学術集会(2007年6月6-8日)、神戸2007年06月

詳細

ポスター発表

【セミナー】EMGコントロール付電気刺激装置の使用方法と治療効果

第42回日本理学療法学会(2007年5月24-26日)、新潟2007年05月

詳細

口頭発表(一般)

脳卒中片麻痺患者の上肢機能に対するIntegrated volitional control electrical stimulator(IVES)の治療効果

第42回日本理学療法学会(2007年5月24-26日)、新潟2007年05月

詳細

ポスター発表

脳卒中片麻痺患者に対する治療的電気刺激と他動運動併用による治療の有効性

第42回日本理学療法学会(2007年5月24-26日)、新潟2007年05月

詳細

ポスター発表

治療的電気刺激と他動運動の併用が脳卒中片麻痺患者の歩行時筋活動に与える影響

第42回日本理学療法学会(2007年5月24-26日)、新潟2007年05月

詳細

ポスター発表

ポータブル歩行分析装置-異常歩行における3次元動作解析装置による精度確認試験-

第42回日本理学療法学会(2007年5月24-26日)、新潟2007年05月

詳細

ポスター発表

三次元トレッドミル歩行分析-異常歩行パターンの定量化-

第42回日本理学療法学会(2007年5月24-26日)、新潟2007年05月

詳細

ポスター発表

急性期脳卒中患者への電気刺激を用いた上肢機能改善の試み

第15回愛知県作業療法士学会、愛知、2007.42007年04月

詳細

口頭発表(一般)

慢性期脳卒中片麻痺患者に対するHANDS Therapyの効果

第31回日本脳卒中学会総会(2007年3月19-20日)、横浜2007年03月

詳細

口頭発表(一般)

【セミナー】リハビリテーション工学の進歩と臨床応用

第1回医療法人社団永生会永生会定例勉強会2006年12月

詳細

口頭発表(一般)

下肢麻痺者の装具歩行における杖の動作解析

第21回生体・生理工学シンポジウム(2006年11月17-19日)、鹿児島2006年11月

詳細

口頭発表(一般)

脳卒中片麻痺患者に対するHybrid-assistive neuromuscular stimulation (HANS) Therapyによる効果

第36回日本臨床神経生理学会・学術大会(2006年11月29日-12月1日)、横浜2006年11月

詳細

ポスター発表

トレッドミル歩行分析2:リサージュ図形を用いた分回し歩行の定量分析

第36回日本臨床神経生理学会・学術大会(2006年11月29日-12月1日)、横浜2006年11月

詳細

ポスター発表

トレッドミル歩行分析1:三次元動作解析装置を用いたトレッドミル歩行と平地歩行の比較

第36回日本臨床神経生理学会・学術大会(2006年11月29日-12月1日)、横浜2006年11月

詳細

ポスター発表

トレッドミル歩行分析・異常歩行パターンの定量化

第28回臨床歩行分析研究会定例会(2006年11月11-12日)、新潟2006年11月

詳細

口頭発表(一般)

随意運動介助型電気刺激(EMG-TES)による脳卒中患者の上肢機能に対する治療効果

第22回東海北陸理学療法学術大会(2006年10月28‐29日)、富士市2006年10月

詳細

ポスター発表

三次元トレッドミル歩行分析(1) 平地歩行とトレッドミル歩行における関節角度の比較

第22回東海北陸理学療法学術大会(2006年10月28‐29日)、富士市2006年10月

詳細

ポスター発表

三次元トレッドミル歩行分析(2) リサージュ図形を用いた標準的指標の検討

第22回東海北陸理学療法学術大会(2006年10月28‐29日)、富士市2006年10月

詳細

ポスター発表

加速度センサを用いた滑らかさの規範に基づく手先移動距離の推定

日本神経回路学会第16回全国大会(2006年9月19-21日)、名古屋2006年09月

詳細

口頭発表(一般)

咳分析による、嚥下機能評価-嚥下内視鏡所見との対応を中心として-

第12回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会(2006年9月8-9日)、倉敷2006年09月

詳細

口頭発表(一般)

【シンポジウム】「リハビリテーション工学の進歩と応用」歩行補助ロボットの開発と臨床

第43回日本リハビリテーション医学会学術集会(2006年6月1-3日)、東京2006年06月

詳細

口頭発表(一般)

電気刺激による喉頭拳上再建の予備的検討

第43回日本リハビリテーション医学会学術集会(2006年6月1-3日)、東京2006年06月

詳細

ポスター発表

随意運動介助型電気刺激(IVES)と手関節固定装具併用療法の片麻痺患者における上肢機能改善効果

第43回日本リハビリテーション医学会学術集会(2006年6月1-3日)、東京2006年06月

詳細

ポスター発表

パラメーター記憶機能付パワーアシストTES新型器による片麻痺上肢促通ホームプログラム(第二報)

第43回日本リハビリテーション医学会学術集会(2006年6月1-3日)、東京2006年06月

詳細

ポスター発表

トレッドミル歩行分析2:3次元動作解析を用いた片麻痺患者の歩行能力回復過程の定量化

第43回日本リハビリテーション医学会学術集会(2006年6月1-3日)、東京2006年06月

詳細

ポスター発表

トレッドミル歩行分析1:リサージュ図形による標準的歩行パターンの表現

第43回日本リハビリテーション医学会学術集会(2006年6月1-3日)、東京2006年06月

詳細

ポスター発表

トレッドミル歩行分析による足部内外反運動の計測

第41回日本理学療法学会(2006年5月26-27日)、前橋2006年05月

詳細

ポスター発表

下肢他動運動中の治療的電気刺激が歩行能力および誘発筋電図に及ぼす影響

第41回日本理学療法学会(2006年5月26-27日)、前橋2006年05月

詳細

ポスター発表

治療的電気刺激と他動運動の併用が歩行能力へ及ぼす影響

第41回日本理学療法学会(2006年5月26-27日)、前橋2006年05月

詳細

ポスター発表

ベッドサイドにおける自己管理下での電気刺激療法の導入

第11回静岡県理学療法学術大会(2006年3月10-11日)、富士市2006年03月

詳細

口頭発表(一般)

歩行分析の臨床 トレッドミル歩行分析・訓練

第27回臨床歩行分析研究会定例会(2005年12月1日)、愛知2005年12月

詳細

口頭発表(一般)

トレッドミル歩行分析による人工股関節置換術症例の検討

第27回臨床歩行分析研究会定例会(2005年12月1日)、愛知2005年12月

詳細

口頭発表(一般)

トレッドミル歩行分析による足部内外反運動の計測

第27回臨床歩行分析研究会定例会(2005年12月1日)、愛知2005年12月

詳細

口頭発表(一般)

【教育講演】FES・TES

第21回 日本義肢・装具学会、静岡、2005.11.19-202005年11月

詳細

口頭発表(一般)

トレッドミル歩行分析1:FFTスムーザ法を用いたリサージュ図形における歩容成分の抽出

第35回日本臨床神経生理学会学術大会(2005年11月30‐12月2日)、福岡2005年11月

詳細

ポスター発表

トレッドミル歩行分析3:リサージュ図形を用いた片麻痺歩行の回復過程の検討

第35回日本臨床神経生理学会学術大会(2005年11月30‐12月2日)、福岡2005年11月

詳細

ポスター発表

トレッドミル歩行分析2:リサージュ図形を用いた片麻痺における異常歩行パターンの定量化の検討

第35回日本臨床神経生理学会学術大会(2005年11月30‐12月2日)、福岡2005年11月

詳細

ポスター発表

パラメーター記憶機能付パワーアシストTES新型器による片麻痺上肢促進通ホームプログラム

第35回日本臨床神経生理学会学術大会(2005年11月30‐12月2日)、福岡2005年11月

詳細

ポスター発表

対麻痺者に対する足底圧力提示装置の開発と評価

第20回 生体・生理工学シンポジウム、 東京、2005.9.5-72005年09月

詳細

口頭発表(一般)

EMG-TESと手関節固定装具の使用にて著明な上肢機能改善を認めた1症例

第31回 日本リハビリテーション医学会関東地方会、東京、2005.92005年09月

詳細

口頭発表(一般)

パラメータ記憶機能付き筋電制御型電気刺激装置

第42回 日本リハビリテーション医学会学術集会(2005年6月16-18日)、金沢2005年06月

詳細

ポスター発表

健常者におけるプリズム適応の偏向方向による違いについての検討

第42回 日本リハビリテーション医学会学術集会(2005年6月16-18日)、金沢2005年06月

詳細

ポスター発表

新型パワーアシスト型治療的電気刺激装置による片麻痺上肢促通ホームプログラム

第42回 日本リハビリテーション医学会学術集会(2005年6月16-18日)、金沢2005年06月

詳細

ポスター発表

EMG-TESと手関節固定装具の使用にて著明な上肢機能改善を認めた1症例

第42回日本リハビリテーション医学会学術集会(2005年6月16-18日)、金沢2005年06月

詳細

ポスター発表

随意筋電制御型電気刺激装置による治療効果の検討

第40回日本理学療法士学会(2005年5月26-28日)、大阪2005年05月

詳細

口頭発表(一般)

拮抗筋電気刺激による筋力増強訓練の神経生理学的検討

第40回日本理学療法士学会(2005年5月26-28日)、大阪2005年05月

詳細

ポスター発表

【教育講演】脳卒中患者に対する新しい電気刺激法

第38回藤田保健衛生大学リハビリテーション部門研修会2004年07月

詳細

口頭発表(一般)

水中筋電測定のための基礎的検討

第41回日本リハビリテーション医学会学術集会(2004年6月3-5日)、東京2004年06月

詳細

口頭発表(一般)

健常者におけるプリズム適応課題への反応性の検討 -角度の違いによる影響-

第38回日本作業療法学会(2004年6月24-27日)、長野2004年06月

詳細

ポスター発表

脳血管障害患者における連合反応その1 −空間的、時間的拡がりについて−

第38回日本作業療法学会(2004年6月24-27日)、長野2004年06月

詳細

ポスター発表

回復期痙性片麻痺上肢に対する痙性抑制装具の電気生理学的検討

第38回日本作業療法学会(2004年6月24-27日)、長野2004年06月

詳細

ポスター発表

健常者における運動イメージ時の運動誘発電位の検討 異なる種類の運動イメージが及ぼす影響

第41回日本リハビリテーション医学会学術集会(2004年6月3-5日)、東京2004年06月

詳細

ポスター発表

健常者におけるプリズム適応の角度による変化の検討

第41回日本リハビリテーション医学会学術集会(2004年6月3-5日)、東京2004年06月

詳細

ポスター発表

股関節・膝関節他動運動がヒラメ筋H反射に与える影響-脳卒中片麻痺患者の運動療法における基礎的検討-

第39回日本理学療法士学会(2004年5月27-29日) 、仙台2004年05月

詳細

ポスター発表

足関節痙縮に対する持続伸張と連続的他動運動が麻痺側下肢の運動機能に及ぼす影響

第39回日本理学療法士学会(2004年5月27-29日) 、仙台2004年05月

詳細

ポスター発表

痙縮に対する持続伸張と連続的他動運動の比較

第39回日本理学療法士学会(2004年5月27-29日) 、仙台2004年05月

詳細

ポスター発表

足関節における持続伸張と連続的他動運動が歩行パフォーマンスに及ぼす影響

第39回日本理学療法士学会(2004年5月27-29日)、仙台2004年05月

詳細

ポスター発表

水中表面筋電図の基礎的研究-防水処理の有無による経時的変化-

第39回日本理学療法士学会(2004年5月27-29日)、仙台2004年05月

詳細

ポスター発表

長時間水中筋電測定のための基礎的検討

第33回日本臨床神経生理学会学術大会(2003年10月1‐3日)、旭川2003年10月

詳細

口頭発表(一般)

片麻痺上肢筋における筋電比例式治療的電気刺激

第33回日本臨床神経生理学会学術大会(2003年10月1‐3日)、旭川2003年10月

詳細

口頭発表(一般)

表面同心円電極と筋線維の相対的位置関係による運動単位活動電位波形への影響

第24回バイオメカニズム学術講演会(2003年10月4-5日)、長野2003年10月

詳細

口頭発表(一般)

一般電話リダイヤル機能を用いたALS患者のための介護者携帯電話呼び出し装置の試作

第18回リハ工学カンファレンス(2003年8月28-30日)、宇都宮2003年08月

詳細

ポスター発表

【実演】Show&Tell 携帯電話サイズの筋電制御型電気刺激装置

第18回リハ工学カンファレンス(2003年8月28-30日)、宇都宮2003年08月

詳細

口頭発表(一般)

痙縮に対する持続伸張と連続的他動運動の比較検討

第28回日本運動療法研究会(2003年7月5日)、千葉2003年07月

詳細

口頭発表(一般)

左半側空間無視患者における方向性注意の評価法(3) プリズムグラスとライト点滅グラスの影響

第40回日本リハビリテーション医学会学術集会(2003年6月18-20日)、札幌2003年06月

詳細

ポスター発表

左半側空間無視患者における方向性注意の評価法(1) 評価装置の試作

第40回日本リハビリテーション医学会学術集会(2003年6月18-20日)、札幌2003年06月

詳細

ポスター発表

片麻痺患者歩行補助のための筋電制御型2チャンネル電気刺激装置

第40回日本リハビリテーション医学会学術集会(2003年6月18-20日)、札幌2003年06月

詳細

ポスター発表

動作時誘発筋電図測定における重回帰分析法を用いた新しい刺激強度調節法

第42回日本ME学会大会、札幌、2003.62003年06月

詳細

口頭発表(一般)

机上動作時の下肢に対する治療的電気刺激併用の試み

第37回日本作業療法学会(2003年6月25-28日)、北九州2003年06月

詳細

口頭発表(一般)

Mirror Therapyが運動誘発電位に及ぼす影響

第37回日本作業療法学会(2003年6月25-28日)、北九州2003年06月

詳細

口頭発表(一般)

水中筋電図の電極に関する検討

第40回日本リハビリテーション医学会学術集会(2003年6月18-20日)、札幌2003年06月

詳細

口頭発表(一般)

健常者における運動イメージ時の運動誘発電位の検討 一側上肢の運動イメージが及ぼす影響

第40回日本リハビリテーション医学会学術集会(2003年6月18-20日)、札幌2003年06月

詳細

口頭発表(一般)

片麻痺に対する筋電比例式治療的電気刺激

第40回日本リハビリテーション医学会学術集会(2003年6月18-20日)、札幌2003年06月

詳細

口頭発表(一般)

脳卒中片麻痺患者における運動イメージ時の運動誘発電位の検討

第40回日本リハビリテーション医学会学術集会(2003年6月18-20日)、札幌2003年06月

詳細

口頭発表(一般)

左半側空間無視患者における方向性注意の評価法(2) 空間の違いによる影響の検討

第40回日本リハビリテーション医学会学術集会(2003年6月18-20日)、札幌2003年06月

詳細

口頭発表(一般)

動作時誘発筋電図測定における新しい手法−重回帰分析を用いた刺激強度調節

第38回日本理学療法士学会(2003年5月22-24日)、長野2003年05月

詳細

口頭発表(一般)

持続伸張と連続的他動運動が脳卒中片麻痺患者の足関節トルクに及ぼす影響

第38回日本理学療法士学会(2003年5月22-24日)、長野2003年05月

詳細

口頭発表(一般)

陸上・水中における前脛骨筋とヒラメ筋の筋電図学的検討

第38回日本理学療法士学会(2003年5月22-24日)、長野2003年05月

詳細

口頭発表(一般)

筋力増強のための主動筋EMG制御型拮抗筋電気刺激装置

第9回日本FES研究会・学術講演会、久留米2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

誘発筋電図測定における刺激条件調節法

第11回日本人間工学学会システム連合大会、埼玉、2003.32003年03月

詳細

口頭発表(一般)

脳卒中片麻痺患者の肩関節亜脱臼に対する最適電気刺激部位の決定

第17回リハ工学カンファレンス(2002年8月29-31日)、横浜2002年08月

詳細

口頭発表(一般)

EMG-Control型電気刺激装置の開発片麻痺患者の歩行訓練への応用

第37回日本理学療法士学会(2002年7月4-6日)、静岡2002年07月

詳細

口頭発表(一般)

回復期片麻痺の痙性上肢に対する痙縮抑制装具の効果

第36回日本作業療法学会(2002年5月29-6月1日)、広島2002年05月

詳細

口頭発表(一般)

作業療法における治療的電気刺激の活用

第36回日本作業療法学会(2002年5月29-6月1日)、広島2002年05月

詳細

口頭発表(一般)

脳卒中片麻痺患者の予測的姿勢調節 立位上肢随意運動時の検討

第39回日本リハビリテーション医学会(2002年5月9-11日)、東京2002年05月

詳細

口頭発表(一般)

脊髄運動調節の臨床的側面—脳卒中患者に対する治療的電気刺激の効果

第31回日本臨床神経生理学会学術大会(2001年11月7-9日)、東京2001年11月

詳細

口頭発表(一般)

共同筋における表面筋電図のコヒーレンス

第31回日本臨床神経生理学会学術大会(2001年11月7-9日)、東京2001年11月

詳細

口頭発表(一般)

皮下組織の厚さが筋電図周波数分析に与える影響

第31回日本臨床神経生理学会学術大会(2001年11月7-9日)、東京2001年11月

詳細

口頭発表(一般)

Triggered PSTH 法に関する統計学的検定手法の提案

第16回生体・生理工学シンポジウム、東京、2001.82001年08月

詳細

口頭発表(一般)

中枢性片麻痺に対する筋電比例式治療的電気刺激装置の紹介

第38回日本リハビリテーション医学会学術集会(2001年6月14-16日)、横浜2001年06月

詳細

口頭発表(一般)

前腕筋群から上腕二頭筋へのneural projectionの検討

第38回日本リハビリテーション医学会学術集会(2001年6月14-16日)、横浜2001年06月

詳細

口頭発表(一般)

Therapeutic Electrical Stimulation (TES)

第38回日本リハビリテーション医学会学術集会(2001年6月14-16日)、横浜2001年06月

詳細

口頭発表(一般)

TES施行中の肢位が脳卒中片麻痺患者の歩行に及ぼす影響

第36回日本理学療法士学会(2001年5月24-26日)、広島2001年05月

詳細

口頭発表(一般)

大脳運動皮質からの皮質脊髄路と相反性Ia抑制の収束について

第37回日本リハビリテーション医学会学術集会(2000年6月22-24日)、横浜2000年06月

詳細

口頭発表(一般)

慢性期片麻痺の痙性上肢に対する痙縮抑制装具の効果

第34回日本作業療法学会(2000年5月25-27日)、横浜2000年05月

詳細

口頭発表(一般)

治療的電気刺激(TES)施行中の随意的筋活動の検討

第35回日本理学療法士学会(2000年5月19-20日)、鹿児島2000年05月

詳細

口頭発表(一般)

片麻痺患者に対するTESの効果

第35回日本理学療法士学会(2000年5月19-20日)、鹿児島2000年05月

詳細

口頭発表(一般)

持続的電気刺激によるラット長腓骨筋の生理学的および組織化学的変化

第36回日本リハビリテーション医学会学術集会(1999年5月20-22日)、鹿児島1999年05月

詳細

口頭発表(一般)

電気刺激中の随意筋電の刺激周波数依存特性

第7回日本FES研究会・学術講演会、富山1998年12月

詳細

口頭発表(一般)

FESのための刺激電極からの筋電位検出装置の開発

第7回日本FES研究会・学術講演会、富山、1998.121998年12月

詳細

口頭発表(一般)

食物形態による嚥下音の変化

第4回日本摂食嚥下リハビリテーション学会(1998年9月12-13日)、浜松1998年09月

詳細

口頭発表(一般)

食事動作時の片側上肢の動作解析

第13回リハ工学カンファレンス(1998年8月20-22日)、岐阜1998年08月

詳細

口頭発表(一般)

片麻痺の更衣動作における患側肩関節可動域

第13回リハ工学カンファレンス(1998年8月20-22日)、岐阜1998年08月

詳細

口頭発表(一般)

インターネットを用いた生体信号の遠隔操作取得システム

第35回日本リハビリテーション医学会学術集会(1998年5月28-30日)、青森1998年05月

詳細

口頭発表(一般)

筋電入力電気刺激型自動介助装置による脳卒中麻痺肢の足関節運動能力の改善

第7回人間工学会システム連合大会、八王子1998年03月

詳細

口頭発表(一般)

リハビリテーションにおけるベッドサイド転倒予防の一考案−安全管理システムを用いて−

第6回人間工学会システム連合大会、八王子、1998.31998年03月

詳細

口頭発表(一般)

機能的電気刺激のための手先位置指示装置の開発

電気学会センサシステム応用研究会、東京1997年11月

詳細

口頭発表(一般)

肘関節痙性評価のための簡易型肘関節トルク測定器

第12回リハ工学カンファレンス(1997年8月27-29日)、佐世保1997年08月

詳細

口頭発表(一般)

開閉眼時のインピータンス変化を利用した新しい入力スイッチの開発

第34回日本リハビリテーション医学会学術集会(1997年8月31日-9月2日)、京都1997年08月

詳細

口頭発表(一般)

嚥下バイオフィードバックにおける変容成分

第34回日本リハビリテーション医学会学術集会(1997年8月31日-9月2日)、京都1997年08月

詳細

口頭発表(一般)

Locked-in症候群に対するインピーダンス変化を利用した新しい入力スイッチの開発

第2回日本リハビリテーション医学会関東地方会(1997年8月)、東京1997年08月

詳細

口頭発表(一般)

嚥下バイオフィードバック訓練機器の開発

第12回リハ工学カンファレンス(1997年8月27-29日)、佐世保1997年08月

詳細

口頭発表(一般)

インピータンス法による入力装置の開発

第12回リハ工学カンファレンス(1997年8月27-29日)、佐世保1997年08月

詳細

口頭発表(一般)

【OS】痙性のある肘関節における電気刺激・関節角度・およびトルクの関係

第36回日本エム.イー学会大会、松本1997年07月

詳細

口頭発表(一般)

インピータンス法による瞬目の検知 -環境制御装置の入力部として-

第5回人間工学会システム連合大会、八王子、1997.31997年03月

詳細

口頭発表(一般)

手先位置指示装置の開発

第35回SICE学術講演会、鳥取、1996.71996年07月

詳細

口頭発表(一般)

新しい環境制御装置の開発-パソコンを用いたモジュール化-

第96回東京都衛生局学会、東京、1996.51996年05月

詳細

口頭発表(一般)

同心円電極を用いた経皮的磁気刺激による運動誘発電位の計測

第33回日本リハビリテーション医学会学術集会(1996年5月31日-6月1日)、横浜1996年05月

詳細

口頭発表(一般)

環境制御装置(ECS)のモジュール化

第33回日本リハビリテーション医学会学術集会(1996年5月31日-6月1日)、横浜1996年05月

詳細

口頭発表(一般)

手先位置指示装置の開発

第4回人間工学会システム連合大会、八王子1996年03月

詳細

口頭発表(一般)

対麻痺歩行者用hybrid assistive systemの開発

第30回日本パラプレジア医学会、金沢、1995.51995年05月

詳細

口頭発表(一般)

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

脳卒中片麻痺歩行のための臨床用簡易歩行分析・評価システムの開発

2014年-0月-2019年-0月

配分額:¥4940000

研究種別:

顔面神経麻痺治療用埋め込み型随意筋電誘発機能的筋刺激装置の開発

2011年-0月-2014年-0月

配分額:¥5070000

研究種別:

中枢神経系再構成を目的とした下肢装具併用型電気刺激装置の開発

配分額:¥4290000

研究種別:

Cybernetic orthosisの開発とニューロ・リハビリテーション

配分額:¥18070000

研究種別:

嚥下機能再建のための随意筋電制御型経皮的電気刺激装置の開発

配分額:¥2280000

研究種別:

頭頚部肢位のバリエーションと誤嚥防止効果に関する研究

配分額:¥2910000

研究種別:

脳卒中患者運動機能改善のための装着型電気刺激装置の開発

配分額:¥3300000

研究種別:

聴覚リズムを用いた歩行能力向上プログラムの確立

2011年-0月-2013年-0月

配分額:¥3770000

学内研究制度

特定課題研究

誘発筋電図による促通・抑制試験における最大振幅指標とRMS値指標の比較

2011年度

研究成果概要:ヒトの中枢神経系の特性を調べるために、MEP(運動誘発電位)やH波などの誘発筋電図がしばしば用いられている.これらの手法は、誘発筋電図を誘発するための試験刺激に先行して与えられる、ある一定の潜時をもった条件刺激や運動イメージにより...ヒトの中枢神経系の特性を調べるために、MEP(運動誘発電位)やH波などの誘発筋電図がしばしば用いられている.これらの手法は、誘発筋電図を誘発するための試験刺激に先行して与えられる、ある一定の潜時をもった条件刺激や運動イメージにより変化する誘発筋電図を捉え、それを指標として特定部位あるいはシナプスの促通や抑制を調べる.誘発筋電図の変化を捉えるための指標としては、最大振幅値を用いる場合と、一定期間の積分値を用いる場合があるが、この両者の差異については検討されていない.両者で差異が存在した場合、これまで同一として扱われてきた試験結果について、用いた指標に応じた解釈が必要となるため、確認しておく必要がある.そこで、誘発筋電図による促通・抑制試験における最大振幅指標と一定期間の積分値(RMS値)指標を用いた場合の結果を比較することを目的とした.運動誘発電位の多くは、振幅方向に相似であることから、両者に差異は存在しないものと考えられる.記録データは、健常者5名の右側短母指外転筋(APB)のMEP波形を用いた.各被験者において運動イメージの異なる40試行分のMEP波形を取得した.被験者毎に磁気刺激後20msから50msの波形を切り出し、同一試行中の最大振幅指標(最大値‐最小値)と切り出し期間のRMS値指標を算出し、相関係数を求めた.相関係数は、各被験者において、(0.01、0.01、0.01、0.4、0.5)となり、相関は認められなかった.本研究より、今まで同一として扱われてきた最大振幅指標とRMS値は、誘発筋電図のうち少なくともAPBのMEPにおいては、大きな差異があり、別の解釈が必要であることが分かった.今後、積分期間による差異や別部位のMEP波形の差異、H反射などの別の誘発筋電図などにおいても調査し、差異の原因やそれぞれの指標における解釈の方法を検討する必要があるものと考えられた.

海外研究活動

研究課題名: ミネソタ州医療機器産業拠点の現地調査とリハビリ機器に関する技術交流

2017年03月-2017年08月

機関: メイヨ―クリニック(アメリカ)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
基礎ゼミ I 07人間科学部2019春学期
基礎ゼミ I 08人間科学部2019春学期
人間科学概論 01人間科学部2019秋クォーター
人間科学概論 02人間科学部2019秋クォーター
健康福祉科学概論人間科学部2019夏クォーター
ものづくり設計演習 A 01人間科学部2019春学期
ものづくり設計演習 A 02人間科学部2019春学期
健康福祉工学人間科学部2019秋学期
実用医療福祉デバイス創出論人間科学部2019春学期
専門ゼミI(生体計測学)人間科学部2019春学期
専門ゼミII(生体計測学)人間科学部2019秋学期
健康福祉医学概論人間科学部2019秋学期
健康福祉科学概論 01人間科学部(通信教育課程)2019秋クォーター
健康福祉科学概論 02人間科学部(通信教育課程)2019秋クォーター
健康福祉科学概論 03人間科学部(通信教育課程)2019秋クォーター
医療福祉機器創出論 01人間科学部(通信教育課程)2019秋学期
リハビリテーション科学研究指導 A大学院人間科学研究科2019春学期
リハビリテーション科学研究指導 B大学院人間科学研究科2019秋学期
リハビリテーション科学ゼミ(1) A大学院人間科学研究科2019春学期
リハビリテーション科学ゼミ(1) B大学院人間科学研究科2019秋学期
リハビリテーション科学ゼミ(2) A大学院人間科学研究科2019春学期
リハビリテーション科学ゼミ(2) B大学院人間科学研究科2019秋学期
リハビリテーション工学特論大学院人間科学研究科2019冬クォーター
リハビリテーション科学研究指導(D) A大学院人間科学研究科2019春学期
リハビリテーション科学研究指導(D) B大学院人間科学研究科2019秋学期

Waseda Course Channel配信動画

科目名学部公開年度

社会貢献活動

2013/12/5付 日本経済新聞 朝刊

2013年12月-

イベント・番組・雑誌名:2013/12/5付 日本経済新聞 朝刊

詳細

概要:脳の謎解き 医療に応用 早稲田大応用脳科学研究所 http://www.nikkei.com/article/DGXDZO63599230U3A201C1TCQ000/

NHK総合テレビ 2011年9月4日(日) 午後9時00分〜9時49分

2011年09月-

イベント・番組・雑誌名:NHK総合テレビ 2011年9月4日(日) 午後9時00分〜9時49分

詳細

概要:NHKスペシャル|脳がよみがえる〜脳卒中・リハビリ革命〜 http://www.nhk.or.jp/special/onair/110904.html 研究成果紹介

NHKデジタルBS Hi 2010年10月3日18:45-19:29

2010年10月-

イベント・番組・雑誌名:NHKデジタルBS Hi 2010年10月3日18:45-19:29

詳細

概要:アインシュタインの眼「運動会必勝法!」出演

健康雑誌「わかさ」、2010年6月号、pp66-68、わかさ出版

2010年06月-

イベント・番組・雑誌名:健康雑誌「わかさ」、2010年6月号、pp66-68、わかさ出版

詳細

概要:「脳の電気信号を強めて筋肉を動かしマヒが回復する電気リハビリ」研究成果紹介

Medical Tribune 2010年5月13日pp.28-29、株式会社メディカルトリビューン

2010年05月-

イベント・番組・雑誌名:Medical Tribune 2010年5月13日pp.28-29、株式会社メディカルトリビューン

詳細

概要:第1回上肢機能回復セミナー、機能的電気刺激や痙縮に対するブロック療法で機能回復 「小型軽量化IVESで日常生活での治療が可能に」研究成果紹介

2010年1月19日、読売新聞朝刊

2009年01月-

イベント・番組・雑誌名:2010年1月19日、読売新聞朝刊

詳細

概要:医療ルネサンス、最新機器で回復4/5、「筋肉に電流 まひ軽減」研究成果紹介

2009年7月8日、日刊工業新聞

2009年07月-

イベント・番組・雑誌名:2009年7月8日、日刊工業新聞

詳細

概要:「日本医大とイクシスリサーチ、装着簡単なリハビリ用電気刺激装置を開発」(特願2009‐155029に関する)

テレビ東京2009年5月31日5:00-5:15

2009年05月-

イベント・番組・雑誌名:テレビ東京2009年5月31日5:00-5:15

詳細

概要:話題の医学:ニューロリハビリテーションの進歩 「パラメーター記憶機能付 パワーアシストタイプ機能的電気刺激装置」研究成果紹介

NHKテレビテキスト「きょうの健康」、2009年5月号、pp.54-57、日本放送出版協会

2009年05月-

イベント・番組・雑誌名:NHKテレビテキスト「きょうの健康」、2009年5月号、pp.54-57、日本放送出版協会

詳細

概要:「もう一度動かしたいリハビリの最新情報:ケーススタディ」研究成果紹介

NHK教育テレビ2009年5月14日8:30-8:45(再)5月21日13:05-13:20

2009年05月-

イベント・番組・雑誌名:NHK教育テレビ2009年5月14日8:30-8:45(再)5月21日13:05-13:20

詳細

概要:きょうの健康「もう一度動かしたいリハビリの最新情報」r出演

Focus NEDO 第27号(平成20年 新春号)pp.8-9、独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構

2008年-

イベント・番組・雑誌名:Focus NEDO 第27号(平成20年 新春号)pp.8-9、独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構

詳細

概要:人間支援型ロボットの最前線 アスカが開発した下肢麻痺者用の歩行補助ロボット「WPAL」研究成果紹介

2007年5月9日、日刊工業新聞

2007年05月-

イベント・番組・雑誌名:2007年5月9日、日刊工業新聞

詳細

概要:身障者用歩行補助ロボ、来月から臨床試験、装着型リハビリ使用、藤田保健衛生大 研究成果紹介

暮らしと健康、2006年12月号、pp54-57、保健同人社

2006年12月-

イベント・番組・雑誌名:暮らしと健康、2006年12月号、pp54-57、保健同人社

詳細

概要:「臨床を知ってこそのリハビリテーション工学」、「チーム医療でさまざまな症状の患者さんをバックアップ」、慶應義塾大学月が瀬リハビリテーションセンター −国内でも数少ない総合大学付属のリハビリ専門病院— 写真掲載