氏名

クロダ サチコ

黒田 祥子

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0155625)

所属

(教育学部)

連絡先

URL等

WebページURL

http://www.f.waseda.jp/s-kuroda/index.html(English version)

http://www.f.waseda.jp/s-kuroda/ja/index.html(日本語版)

研究者番号
50447588

本属以外の学内所属

兼担

教育・総合科学学術院(大学院教育学研究科)

学内研究所等

教育総合研究所

兼任研究員 2011年-

学歴・学位

学歴

慶應義塾大学 経済学部

学位

博士 慶應義塾大学

経歴

1994年04月-2006年09月日本銀行金融研究所経済分析担当
2006年10月-2007年03月一橋大学経済研究所助教授
2007年04月-2009年03月一橋大学経済研究所特任准教授
2009年04月-2011年03月東京大学社会科学研究所准教授
2011年04月-2014年03月早稲田大学教育・総合科学学術院准教授
2014年04月-早稲田大学教育・総合科学学術院教授

所属学協会

日本経済学会

行動経済学会

委員歴・役員歴(学外)

2014年-2015年総務省 「地方公務員の給与決定に関する調査研究会」委員
2013年-厚生労働省「雇用政策研究会」委員
2013年-2014年厚生労働省「多様な正社員の普及・拡大のための有識者懇談会」委員
2014年-総務省統計局 「生活時間統計に関する検討会」委員
2009年-総務省統計局 「雇用失業統計研究会」委員
2010年-2011年内閣府 「統計委員会・匿名データ部会)専門委員
2010年-2011年内閣府 「統計委員会・ワークライフバランスに係る統計整備研究会」委員

受賞

第57回日経・経済図書文化賞受賞(『労働時間の経済分析――超高齢社会の働き方を展望する』)

2014年11月

第38回労働関係図書優秀賞受賞(『労働時間の経済分析――超高齢社会の働き方を展望する』)

2014年12月

研究分野

キーワード

労働経済学、応用ミクロ経済学

科研費分類

社会科学 / 経済学 / 経済政策

研究テーマ履歴

メンタルヘルスと労働に関する研究

個人研究

労働時間、時間配分に関する研究

個人研究

労働供給、労働需要に関する研究

個人研究

賃金変動、失業に関する研究

個人研究

論文

Good Boss, Bad Boss, Workers' Mental Health and Productivity: Evidence from Japan

Kuroda, Sachiko: Yamamoto, Isamu

Japan and World Economy査読有り2018年08月-

DOI

Why Do People Overwork at the Risk of Impairing Mental Health?

Kuroda, Sachiko; Yamamoto, Isamu

Journal of Happiness Studies査読有り2018年07月-

DOI

Work-Life Conflict in the Intermediate Age Bracket: Trends in Working Hours and Time Spent Caring for Elderly Family Members

Kuroda, Sachiko

Japan Labor Review13(1)p.55 - 722016年01月-

link

Does downsizing take a toll on retained staff? An analysis of increased working hours in the early 2000s in Japan

Genda, Yuji; Kuroda, Sachiko; Ohta, Souichi

Journal of the Japanese and International Economies査読有り36p.1 - 242015年06月-

DOIScopus

詳細

ISSN:08891583

概要:© 2015 Elsevier Inc. Using several kinds of micro data from household, employee, and retrospective surveys, this study examines the increase in the working hours of regular male employees in Japan during the serious recession of the early 2000s. The most important finding of this study is that working hours tended to be long among regular male employees in firms with major employee adjustments. The results suggest that the existence of abundant fixed duties necessary to maintain the internal organization of a firm primarily account for the increase in working hours of male employees during the recession.

Is Downward Wage Flexibility the Primary Factor of Japan's Prolonged Deflation?

Kuroda, Sachiko; Yamamoto, Isamu

Asian Economic Policy Review査読有り9(1)p.143 - 1582014年01月-

DOIScopus

詳細

ISSN:18328105

概要:By using both macro- and micro-level data, this paper investigates how wages and prices evolved during Japan's lost two decades. We find that downward nominal wage rigidity was present in Japan until the late 1990s, but disappeared after 1998 as annual wages became downwardly flexible. Moreover, nominal wage flexibility may have contributed to Japan's relatively low unemployment rates. Although macro-level movements in nominal wages and prices seemed to be synchronized, such synchronicity is not observed at the industry level. Therefore, wage deflation does not seem to be a primary factor of Japan's prolonged deflation. © 2014 Japan Center for Economic Research.

Firms' demand for work hours: Evidence from matched firm-worker data in Japan

Kuroda, Sachiko; Yamamoto, Isamu

Journal of the Japanese and International Economies査読有り29p.57 - 732013年09月-

DOIScopus

詳細

ISSN:08891583

概要:Using information on Japanese males' work hours and the matched firms' characteristics, this paper investigates whether the number of hours worked is determined by demand-side factors and tries to offer a possible explanation of why Japanese males tend to work longer on average, than their counterparts in other countries. Based on an empirical framework in which each firm sets a minimum boundary of work hours and where workers hired by the firm are required to put in at least the minimum hours, we found that the minimum requirement depends on each firm's fixed costs of labor. Specifically, firms that tend to hoard labor during recessions, presumably because of higher fixed costs, require incumbent workers to work longer hours during normal times. Since Japanese firms have long been considered as incurring high fixed costs to train workers, we interpret the long work hour requirement as a rational strategy for Japanese firms in protecting high-skill-accumulated workers from dismissal. In other words, the long work hours of Japanese males reflect firms' long-term employment practices, a typical feature of the Japanese labor market. © 2013 Elsevier Inc..

Do Peers Affect Determination of Work Hours? Evidence Based on Unique Employee Data from Global Japanese Firms in Europe

Kuroda, Sachiko; Yamamoto, Isamu

Journal of Labor Research査読有り34(3)p.359 - 3882013年09月-

DOIScopus

詳細

ISSN:01953613

概要:By using a unique dataset on managerial-level employees who were transferred from Japan to European branches of the same global firms, we examine what would happen to work hours when a worker moves from a long-hour-working country to relatively shorter-hour countries. Even after controlling for business cycles, unobserved individual heterogeneity, job characteristics, and work hour regulations, we find a significant decline in Japanese work hours after their transfer to Europe, resulting from working-behavior influences of locally hired staff. We also find that the reduction in hours worked highly depends on the extent of the workers' interactions with local peers. © 2013 Springer Science+Business Media New York.

Leisure

Kuroda, Sachiko

Japan Labor Review14(4)p.16 - 232013年04月-

link

Do Japanese Work Shorter Hours than before? : Measuring Trends in Market Work and Leisure Using 1976-2006 Japanese Time-Use Survey

Kuroda, Sachiko

Journal of the Japanese and International Economies査読有り24(4)p.481 - 5022012年12月-

DOI

The era of the 24-hour society?: Assessing changes in work timing using a Japanese time use survey

Kuroda, Sachiko; Yamamoto, Isamu

Applied Economics Letters査読有り19(11)p.1035 - 10382012年07月-

DOIScopus

詳細

ISSN:13504851

概要:Using data from a Japanese time use survey, we show a noteworthy increase in the share of employees working at unusual hours (late night and early morning) over a period of a decade since the mid-1990s. When controlling for changes in hours worked, however, we find that the notable increase in the fraction of people at work at unusual hours was for low-income nonregular employees (part-time, temporary and contract workers) while relatively higher income regular employees' work timing remains stable. These observations imply that there is a trend of diversification of work timing in Japan between regular and nonregular employees. A possible explanation is that the increase in the average hours worked per weekday by regular employees, possibly because of the spread of the 5-day workweek since the 1990s, increased services and goods demand at unusual hours as they returned home. An Oaxaca-Blinder type decomposition suggests that such an increase in the average hours worked by regular employees explains partially the rise in the employment rate of nonregular employees at unusual times. © 2012 Taylor & Francis.

Impact of overtime regulations on wages and work hours

Kuroda, Sachiko; Yamamoto, Isamu

Journal of the Japanese and International Economies査読有り26(2)p.249 - 2622012年06月-

DOIScopus

詳細

ISSN:08891583

概要:Exploiting an ambiguity in the criteria regarding which employees are exempt from overtime regulations in Japan, this paper used the longitudinal data of Japanese employees to examine whether overtime regulations have an impact on hourly wages and hours worked. We found that although the differences between the hourly wages of the exempt and non-exempt employees were negligible, the hours worked by exempt employees were longer, especially for non-university graduates during the recessionary period. We interpreted that the fixed-wage model, rather than the fixed-job model, was prevalent during the recession period, especially for workers with low bargaining power. © 2012 Elsevier Inc.

Estimating Frisch Labor Supply Elasticity in Japan

Kuroda, Sachiko; Yamamoto, Isamu

Journal of the Japanese and International Economies査読有り22(4)p.566 - 5852008年12月-

DOI

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:基盤研究(C)

労働と心の健康の経済分析

2016年04月-2020年03月

研究分野:研究分野:財政・公共経済

配分額:¥4550000

研究種別:

時間配分と健康状態の経済分析

2013年-0月-2016年-0月

配分額:¥4810000

研究種別:

経済格差のダイナミズム : 雇用・教育・健康と再分配政策のパネル分析

2012年-0月-2017年-0月

配分額:¥307450000

研究種別:

時間の経済分析

2010年-0月-2013年-0月

配分額:¥4030000

研究種別:

労働市場の世代間分析

配分額:¥3770000

研究種別:

企業内データを用いた企業間生産性格差と労働政策課題の解明

2018年-0月-2023年-0月

配分額:¥43810000

研究種別:

長寿社会における世代間移転と経済格差: パネルデータによる政策評価分析

2017年-0月-2022年-0月

配分額:¥557310000

研究種別:

労働と心の健康の経済分析

2016年-0月-2020年-0月

配分額:¥4550000

研究種別:

長時間労働是正の政策評価および健康と人的資本への影響

2019年-0月-2023年-0月

配分額:¥9490000

学内研究制度

特定課題研究

日本的雇用慣行と長時間労働の規定要因

2011年度

研究成果概要:本研究では、日本人の労働時間がなぜ長いのか、といった問題意識のもと、日本・イギリス・ドイツの労働者のデータと、日本の労働者と勤務先企業の情報とをマッチングさせたデータを用いて、労働時間に関する企業の需要行動を考察した。先行研究では...本研究では、日本人の労働時間がなぜ長いのか、といった問題意識のもと、日本・イギリス・ドイツの労働者のデータと、日本の労働者と勤務先企業の情報とをマッチングさせたデータを用いて、労働時間に関する企業の需要行動を考察した。先行研究では、国毎の労働時間の長さの違いが生じる要因として、労働供給側にその理由を求めるものが大勢であった。しかし、労働時間は必ずしも労働者が自由に設定できるとは限らず、労働時間の違いは労働需要要因によっても生じているはずである。そこで本研究では、労働の固定費(採用・解雇や教育訓練などにかかる費用)が大きいために雇用者数よりも労働時間を多く需要する企業側の行動が、日本人の労働時間を長くしている1つの要因になっている可能性を検証した。日本の労働市場では、賃金カーブの勾配が急であることや不況期に残業調整と労働保蔵が観察されることがしばしば指摘されてきた。これは、他の国に比べて日本企業が負担している労働の固定費が相対的に大きく、そのことが長時間労働の要因の1つになっている可能性を示唆する。そこで本研究では、平時に企業が労働者に対して残業をさせておき、不況になった際にその残業時間を削減し人件費の調整を可能にすることで、高い固定費を投じた労働者の雇用を保護するという、いわゆる「残業の糊代(バッファー)」説が実現している可能性を、日本、イギリス、ドイツの3か国で就業するホワイトカラー男性正社員を対象に行ったアンケート調査のデータを用いて検証した。具体的には、労働時間に対する企業の労働需要関数を、企業が各労働者の労働時間の下限と上限を設定することを織り込んだフリクション・モデルで国別に推計したところ、日英独のいずれの国でも、労働の固定費の大きい労働者ほど、企業が長時間労働を要請する傾向があることが明らかになった。日本では企業特殊訓練をはじめとする労働の固定費が大きいため、日本人の長時間労働は企業側の合理的な要請を反映したものと解釈できる。ただし、固定費が高い日本企業においても、上司の職場管理の方法によっては労働時間がある程度短くなりうることもわかった。このことは、非効率な長時間労働については職場管理の工夫次第で削減できることを示唆する。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
演習I(経済学) D教育学部2019通年
演習II(経済学) D教育学部2019通年
公共市民学II-1(市場と市民)教育学部2019春学期
公共市民学研究(応用ミクロ経済学)教育学部2019春学期
日本の労働市場と労働経済学入門教育学部2019春学期
労働市場の基礎と応用教育学部2019秋学期
経済学特論IV-1(応用ミクロ経済学)大学院教育学研究科2019春学期
経済学特論IV-2(応用ミクロ経済学)大学院教育学研究科2019秋学期