氏名

ナカジマ タツオ

中島 達夫

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0206539/)

所属

(基幹理工学部)

連絡先

URL等

WebページURL

http://www.dcl.info.waseda.ac.jp/(分散ユビキタスコンピューティング研究室ホームページ)

研究者番号
10251977

本属以外の学内所属

兼担

理工学術院(大学院基幹理工学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

インタラクティブ・エンタテイメント研究所

研究員 2006年-2006年

理工学総合研究センター

兼任研究員 1989年-2006年

オープンソースソフトウェア研究所

研究員 2004年-2008年

IT教育研究所

研究員 2005年-2010年

ITバイオ研究所

研究員 2005年-2009年

ITバイオ・マイニング研究所

研究所員 2010年-2013年

OSS研究所

研究員 2009年-2013年

アンビエントロニクス研究所

研究所員 2018年-

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2006年-2018年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2018年-

学歴・学位

学位

工学博士 課程 慶應義塾大学 ソフトウェア

経歴

19901991 カーネギーメロン大学 計算機科学科 研究員
19911992 ドイツ国立計算機科学研究所 研究員
19921993 カーネギーメロン大学 計算機科学科 研究員
19931999 北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 助教授
1998ケンブリッジ大学訪問教員、AT&Tケンブリッジ研究所研究員
1999早稲田大学理工学部コンピュータネットワーク工学科 教授
2005ノキアリサーチセンターリサーチフェロー

所属学協会

電子情報通信学会 会員

ソフトウエア科学会 会員

USENIX 会員

IEEE 会員

ACM 会員

情報処理学会 会員

受賞

ノキアリサーチセンター訪問リサーチフェロー

2005年04月

研究分野

キーワード

分散システム、組み込みシステム、ユビキタスコンピューティング

科研費分類

情報学 / 計算基盤 / ソフトウェア

共同研究希望テーマ

ユビキタスコンピューティング

希望連携機関:大学等の研究機関との共同研究

組み込みオペレーティングシステム

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:技術相談、共同研究

研究テーマ履歴

次世代IT基盤ソフトウエアに関する研究

個人研究

論文

情報家電向けLinuxのCPU資源制限システムの設計と実装

菅谷 みどり 中島 達夫

電子情報通信学会論文誌 DVolume J93-D(No.10)p.2001 - 20102010年-

A Lightweight Monitoring Service for Multi-Core Embedded Systems

Hiromasa Shimada, Alexandro Courbot, Yuki Kinebuchi, Tatsuo Nakajima

In Proceedings of the 13th Symposium on Object-Oriented Real-Time Distributed Computingp.202 - 2092010年-

mBrace: Fine-Grained Profiling of Multi-Tier Web Applications

Andrej Van Der Zee, Alexandre Courbot, Tatsuo Nakajima

International Journal of Web Services PracticesVol.5(No.1)p.10 - 212010年-

A Library-Based Tool to Improve CPU Assignment for Multicore Processor-Based Pervasive Servers

Yuki Ohno, Sayaka Akioka, Midori Sugaya, Tatsuo Nakajima

In Proceedings of IEEE 16th International Conference on Embedded and Real-Time Computing Systems and Applicationsp.114 - 1232010年-

Composition Kernel: A Multi-core Processor Virtualization Layer for Rich Functional Smart Products

Tatsuo Nakajima Yuki Kinebuchi Alexandro. Courbot Hiromasa Shimada T-H. Lin Hitoshi Mitake

In Proceeding of The 8th IFIP Workshop on Software Technologies for Future Embedded and Ubiquitous Systems(SEUS2010)LNCS 6399p.227 - 2382010年-

SIGMA System: A Multi-OS. Environment for Embedded Systems

Wataru Kanda, Yu Murata and Tatsuo Nakajima

Journal of Signal Processing SystemsVol. 59(No.1)p.33 - 432010年-

A Lightweight Anomaly Detection System for Information Appliances

Midori Sugaya, Yuki Ohno, Andrej van der Zee and Tatsuo Nakajima

12th IEEE International Symposium on Object/component/service-oriented Real-time distributed Computing (ISORC 2009)p.257 - 2662009年-

Constructing a Multi-OS Platform with Minimal Engineering Cost

Yuki Kinebuchi, Kazuo Makijima, Takushi Morita, Midori Sugaya, Tatsuo Nakajima

In Analysis, Architectures and Modelling of Embedded Systems, IFIP Advances in Information and Communication TechnologyVol. 301p.195 - 2062009年-

講座 画像処理技術者のための組込み入門 (第5回)組込みオペレーティングシステム概論

中島 達夫

映像情報メディア学会No.52009年-

Building a Self-Healing Embedded System in a Multi-OS Environment

Tomohiro Katori, Lei Sun, Dennis Nilsson, Tatsuo Nakajima

In the proceedings of the 24th Annual ACM Symposium on Applied Computingp.293 - 2982009年-

A Lightweight Detection and Recovery Infrastructure of Kernel Objects for Embedded Systems

Lei Sun, Tatsuo Nakajima

In Proceedings of The 2008 International Conference On Embedded and Ubiquitous Computing(EUC 2008)p.136 - 1432008年-

An Operating System Architecture for Future Information Appliances

Tatsuo Nakajima, Hiroo Ishikawa, Yuki Kinebuchi, Midori Sugaya, Sun Lei, Alexandre Courbot, Andrej van der Zee, Aleksi Aalto and Kwon Ki Duk

In Proceeding of The 6th IFIP Workshop on Software Technologies for Future Embedded and Ubiquitous Systems(SEUS2008)LNCS 5287p.292 - 3032008年-

A Framework for Self-healing Device Drivers

Hiroo Ishikawa, Alexandre Courbot, Tatsuo Nakajima

In Proceedings of the Second IEEE International Conference on Self-Adaptive and Self-Organizing Systemsp.277 - 2862008年-

A Framework for Self-Verification of Firmware Updates over the Air in ECUs

Dennis K. Nilsson, Lei Sun, Tatsuo Nakajima

In Proceedings of the 3rd IEEE Workshop on Automotive Networking and Applications (AutoNet 2008p.1 - 52008年-

Dynamic Translator-based Virtualization

Yuki Kinebuchi, Hidenari Koshimae, Shuichi Oikawa , Tatsuo Nakajima

In Proceedings of the 5th IFIP Workshop on Software Technologies for Future Embedded & Ubiquitous Systems (SEUS 2007)LNCS 4761p.182 - 1952007年-

A Study on Asymmetric Operating Systems on Symmetric Multiprocessors

In Proceedings of the 2007 IFIP International Conference on Embedded and Ubiquitous Computing(EUC2007)

LNCS 4808p.182 - 1952007年-

Accounting System: A Fine-Grained CPU Resource Protection Mechanism for Embedded System

Midori Sugaya, Shuichi Oikawa

In Proceedings of the 12th IEEE International Symposium on Object/component/service-oriented Real-time distributed Computing (ISORC 2009)p.72 - 842006年-

Software Infrastructure for Wearable Sensor Networks

Hanaoka Kensuke, Takagi Ayako, and Nakajima Tatsuo

In Proceedings of The 12th IEEE International Conference on Embedded and Real-Time Computing Systems and Applicationsp.27 - 352006年-

高信頼性組み込みソフトウェア開発-最新技術動向と取り組み:4.高信頼・セキュア組み込みオペレーティングシステム

中島 達夫

情報処理学会会誌Vol.47 No.5p.506 - 5132006年-

Deploy spontaneously: supporting end-users in building and enhancing a smart home

Fahim Kawsar, Tatsuo Nakajima, Kaori Fujinami

10th International Conference on Ubiqutious Computing2008年09月-

Augmenting User Interaction in a Smart Home Applying Commonsense Knowledge

Fahim Kawsar, Mostafa Al Masum Shaikh, Jong Hyuk Park, Mitsuru Ishizuka and Tatsuo Nakajima

International Journal of Smart HomeVol. 2(No. 4)p.17 - 322008年10月-

Prottoy Middleware Platform for Smart Object Systems

Fahim Kawsar, Kaori Fujinami, and Tatsuo Nakajima

International Journal of Smart HomeVol.2(No.3)p.1 - 182008年06月-

鏡を拡張したコンテクストアウェア情報表示装置

藤波香織,カウサル ファヒム,中島達夫

情報処理学会論文誌Vol. 49(No. 6)p.1972 - 19832008年06月-

Reflecting Human Behavior to Motivate Desirable Lifestyle

Tatsuo Nakajima, Vili Lehdonvirta, Eiji Tokunaga, Hiroaki Kimura

ACM DIS 20082008年02月-

CookieFlavors: Rapid Composition Framework for Tangible Media

Hiroaki Kimura, Yohei Okuda, Tatsuo Nakajima

NGMAST 20072007年09月-

RoonRoon: A Wearable Teddy as Social Interface for Contextual Notification

Fahim Kawsar, Kaori Fujinami, Susanna Pirttikangas, Keisuke Hayashi, and Tatsuo Nakajima

NGMAST 20072007年09月-

A Study on Asymmetric Operating Systems on Symmetric Multiprocessors

Yu Murata, Wataru Kanda, Kensuke Hanaoka, Hiroo Ishikawa

EUC 20072007年12月-

Lifestyle Ubiquitous Gaming: Making Daily Lives More Plesurable

Tatsuo Nakajima, Vili Lehdonvirta, Eiji Tokunaga, Masaaki Ayabe, Hiroaki Kimura, Yohei Okuda

RTCSA 2007p.257 - 2662007年08月-

Constructing machine emulator on portable microkernel

Yuki Kinebuchi, Hidenari Koshimae, Tatsuo Nakajima

SAC 2007p.1197 - 11982007年04月-

System support for mobile augmented reality services

Hiroaki Kimura, Eiji Tokunaga, Tatsuo Nakajima

SAC 20072007年04月-

A lightweight indoor location model for sentient artefacts using sentient artefacts

Fahim Kawsar, Kaori Fujinami, Tatsuo Nakajima

SAC 2007p.1024 - 10312007年04月-

Lifestyle Ubiquitous Gaming: Computer Games Making Daily Lives Fun

Eiji Tokunaga, Masaaki Ayabe, Hiroaki Kimura, Tatsuo Nakajima

SEUS 2007:p.202 - 2122007年05月-

Dynamic Translator-Based Virtualization

Yuki Kinebuchi, Hidenari Koshimae, Shuichi Oikawa, Tatsuo Nakajima

SEUS 2007p.486 - 4952007年06月-

DroPicks - A Tool for Collaborative Content Sharing Exploiting Everyday Artefacts

Simo Hosio, Fahim Kawsar, Jukka Riekki, Tatsuo Nakajima

UCS 2007p.258 - 2652007年10月-

Real-Time Machオペレーティングシステムの経験

中島達夫、追川修一

コンピュータソフトウエア23(1)2006年-

コンテクストアウェアなアプリケーションフレームワークにおけるメタコンテキスト情報の利用方法の提案とその応用

藤波香織, 山邊哲生, 中島達夫

コンピュータソフトウエア21(1)2004年-

ユビキタス環境における複合現実感のためのミドルウエア

徳永英治, Andrej Van der Zee, 倉橋誠, 根本将寛, 中島達夫

コンピュータソフトウエア21(1)2004年-

コンテクストアウェアなアプリケーション構築のためのフレームワーク

藤波香織, 中島達夫

情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム44(SIG10(ARC2))2003年-

Webプロトコルを用いたホームコンピューティングミドルウエアの統合

上野乃毅, 中島達夫, 佐藤一郎, 副島康太

情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム44(SIG10(ARC2))2003年-

組込みシステム用OSとしてのLinux

中島 達夫

情報処理学会会誌43(2)2002年-

AwareMirror: A Personalized Display Using a Mirror

Kaori Fujinami, Fahim Kawsar, Tatsuo Nakajima:

Pervasive Computing, Third International Conference, PERVASIVE 20052005年-

Personal Home Server: Enabling Personalized and Seamless Ubiquitous Computing Environments

Tatsuo Nakajima, Ichiro Satoh:

Second IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications (PerCom 2004)2004年-

Middleware Supporting Various Input/Output Devices for Networked Audio and Visual Home Appliances

Tatsuo Nakajima, Nobuyuki Kobayashi, Eiji Tokunaga:

Ubiquitous Computing Systems, Second International Symposium, UCS 20042004年-

Bazaar: A Conceptual Framework for Physical Space Applications

Kaori Fujinami, Tetsuo Yamabe, Tatsuo Nakajima:

Ubiquitous Computing Systems, Second International Symposium, UCS 20042004年-

A Case Study on a Component-Based System and Its Configuration

Hiroo Ishikawa, Tatsuo Nakajima:

Software and Compilers for Embedded Systems, 7th International Workshop, SCOPES 20032003年-

System Support for Distributed Augmented Reality in Ubiquitous Computing Environments

Makoto Kurahashi, Andrej van der Zee, Eiji Tokunaga, Masahiro Nemoto, Tatsuo Nakajima:

Real-Time and Embedded Computing Systems and Applications, 9th International Conference, RTCSA 2003,2003年-

Experiences with building middleware for audio and visual networked home appliances on commodity software

Tatsuo Nakajima:

10th ACM International Conference on Multimedia 20022002年-

System Software for Audio and Visual Networked Home Appliances on Commodity Operating Systems

Tatsuo Nakajima:

IFIP/ACM International Conference on Distributed Systems Platforms2001年-

Practical Explicit Binding Interface for Supporting Multiple Transport Protocols in a CORBA System

Tatsuo Nakajima:

Eighth Annual International Conference on Network Protocols, ICNP 20002000年-

Resource Management Architecture for Future Information Appliances

S. Oikawa, T. Nakajima

Journal of Embedded Computing1(1)2005年-

Pervasive Servers: A Framework for Creating a Society of Appliances

T. Nakajima

Personal and Ubiquitous Computing7(2)2003年-

Applications Requirements for Middleware for Mobile and Pervasive Systems

K.Raatikainen, H.B.Christensen, T.Nakajima

Mobile Computing and Communications Review6(4)2002年-

Middleware Component Supporting Flexible User Interaction for Networked Home Appliances

T.Nakajima

ACM Computer Architecture News(12)2001年12月-

Building Audio and Visual Home Appliances on Commodity Software

K.Soejima, M.Matsuda, T.Iino, T.Hayashi and T.Nakajima

IEEE TRANSACTIONS ON CONSUMER ELECTRONICS47(3)2001年08月-

Middleware for Building Adaptive Migratory Continuous Media Applications

Tatsuo Nakajima, Hiroyuki Aizu

International Journal of Software Engineering and Knowledge Engineering11(1)p.83 - 1072001年-

書籍等出版物

Case Study of Middleware Infrastructure for Ambient Intelligence Environments", In Handbook of Ambient Intelligence and Smart Environments

Tatsuo Nakajima

Springer2009年-

特許

整理番号:123

機器統合のためのネットワーク構築装置(日本)

中島 達夫, 佐藤 一郎

特願2002-008358、特開2003-208366、特許第4118566号

整理番号:124

ネットワーク機器汎用相互通信装置(日本)

中島 達夫

特願2002-008364、特開2003-208402、特許第4002442号

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

柔軟な適応性をもつ分散システムの構築・管理

2012年-0月-2016年-0月

配分額:¥17940000

研究種別:

パワーマネジメント・セキュリティのためのゲーム機向けミドルウエアの構築

2012年-0月-2015年-0月

配分額:¥5330000

研究種別:

自己組織化・適応可能な分散システム

配分額:¥18630000

研究種別:特定領域研究

情報爆発に対応する高度にスケーラブルなモニタリングアーキテクチャ

2006年-2010年

研究分野:情報爆発時代に向けた新しいIT基盤技術の研究

配分額:¥64300000

研究種別:

脳情報の成分分析とヒューマノイドへの情報伝達

配分額:¥16800000

研究種別:

ヘテロ型ネットワークシステムにおける診断知識の獲得とモデル化に関する研究

配分額:¥2000000

研究種別:

分散マルチメディアシステムのためのオペレーティングシステムに関する研究

配分額:¥4900000

研究種別:

日常使用に耐えうる携帯機器の所持位置推定とその応用

2018年-0月-2021年-0月

配分額:¥9100000

研究種別:

不揮発メモリ及び小型原子時計等を前提とした分散システム技術

2016年-0月-2020年-0月

配分額:¥43420000

研究資金の受入れ状況

実施形態:共同研究

次世代センサーリッチ携帯端末に関する研究2003年-

実施形態:共同研究

情報家電のためのミドルウエアに関する研究2000年-

実施形態:共同研究

組み込みOSに関する研究2004年-

学内研究制度

特定課題研究

アンビエント意思決定支援システム

2011年度

研究成果概要:我々の住む実世界を拡張するための様々な情報技術が開発されている.我々は,拡張現実技術を用いて実世界を拡張するための手法を開発し,その有効性を示すサービスの開発をおこなった.技術の背景は,実世界から情報を抽出するセンサー技術の発展で...我々の住む実世界を拡張するための様々な情報技術が開発されている.我々は,拡張現実技術を用いて実世界を拡張するための手法を開発し,その有効性を示すサービスの開発をおこなった.技術の背景は,実世界から情報を抽出するセンサー技術の発展である.様々なセンサーの発展により実世界で人々がどのように行動しているかを把握することが容易になり,その情報を利用して,サービスが状況に依存することが可能となった.また,プロジェクターや3次元CG技術はリアリティのある情報表現を可能とする.今年度の研究では,我々は3つの新しいサービスの構築をおこなった.1つ目は,Virtual Aquariumである.このシステムは,人間の日々の歯磨きの行動を支援する.心理学的な手法を用いて,現在の歯磨きの状態をリアルタイムにユーザにフィードバックする.これにより,ユーザは自分の現在の行動が望ましい物か,望ましくない物かを意識し,それにより行動を改変することになる.2つ目は, Augmented Goである.このシステムでは,現在の碁の対戦を碁盤をカメラでリアルタイムに認識することにより,次の手へのヒントを提供する.これは,意思決定を支援するための基本的な基盤を拡張現実技術が実現出来ることを示している.3つ目のシステムは,Augmented Trading Card Gameである.このシステムは遠隔地で対戦するプレーヤが対戦相手を仮想キャラクターとして表現することにより,プライバシーを改善する.以上のシステムの最も重要な点は,計算機を利用した仮想化を促進するのではなく,人間が使い慣れた物理的な物を拡張することで,リアリティを失わない用にすることである.実際に我々が開発したシステムのユーザ評価を行った結果では,物理的な感触はリアリティを失うことで使っているユーザの興味を失わない用にするために非常に重要であることがわかった.成果は3つの国際会議において論文発表をおこなった.それぞれの会議で,今年度の研究成果の有効性を伝えることができた.

海外研究活動

研究課題名: 次世代組込みシステムに関する研究

2005年09月-2005年10月

機関: ノキア研究センター(フィンランド)、ヘルシンキ大学(フィンランド)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
情報通信基礎基幹理工学部2019春学期
情報通信基礎 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019春学期
情報理工学実験A基幹理工学部2019秋学期
情報理工学実験A 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019秋学期
情報理工学実験B基幹理工学部2019春学期
情報理工学実験B 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019春学期
オペレーティングシステムA基幹理工学部2019春学期
オペレーティングシステム 13前再基幹理工学部2019春学期
オペレーティングシステムA基幹理工学部2019春学期
オペレーティングシステムA 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019春学期
オペレーティングシステム 13前再  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019春学期
オペレーティングシステムA 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019春学期
卒業論文A基幹理工学部2019通年
卒業論文A  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019通年
卒業論文B基幹理工学部2019通年
卒業論文B  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019通年
プロジェクト研究A基幹理工学部2019春学期
情報理工学実験C基幹理工学部2019秋学期
プロジェクト研究B基幹理工学部2019秋学期
オペレーティングシステムB基幹理工学部2019秋学期
オペレーティングシステムB基幹理工学部2019秋学期
Distributed Embedded and Real-Time Processing基幹理工学部2019秋学期
Distributed Embedded and Real-Time Processing基幹理工学部2019秋学期
分散組込み・リアルタイム処理基幹理工学部2019秋学期
分散組込み・リアルタイム処理基幹理工学部2019秋学期
情報通信実験A基幹理工学部2019秋学期
情報通信実験A 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019秋学期
情報通信実験B基幹理工学部2019春学期
情報通信実験B 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019春学期
卒業論文A基幹理工学部2019通年
卒業論文A  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019通年
卒業論文B基幹理工学部2019通年
卒業論文B  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019通年
プロジェクト研究A基幹理工学部2019春学期
プロジェクト研究B基幹理工学部2019秋学期
Research Project B基幹理工学部2019春学期
Research Project B基幹理工学部2019春学期
Research Project B 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019春学期
Research Project B 【S Grade】基幹理工学部2019春学期
Research Project C基幹理工学部2019秋学期
Research Project C基幹理工学部2019秋学期
Research Project C 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019秋学期
Research Project C 【S Grade】基幹理工学部2019秋学期
Research Project A基幹理工学部2019秋学期
Research Project A基幹理工学部2019秋学期
Operating Systems基幹理工学部2019春学期
Operating Systems基幹理工学部2019春学期
Operating Systems基幹理工学部2019春学期
Operating Systems基幹理工学部2019春学期
Research Project D基幹理工学部2019春学期
Research Project D基幹理工学部2019春学期
Communications and Computer Engineering Laboratory基幹理工学部2019秋学期
Computer Science and Communications Engineering Laboratory A基幹理工学部2019秋学期
Computer Science and Engineering Laboratory基幹理工学部2019秋学期
Computer Science and Engineering Laboratory基幹理工学部2019秋学期
Computer Science and Communications Engineering Laboratory A [S Grade]基幹理工学部2019秋学期
Introduction to Computers and Networks基幹理工学部2019春学期
実体情報学概論大学院基幹理工学研究科2019春学期
実体情報学概論大学院創造理工学研究科2019春学期
実体情報学概論大学院先進理工学研究科2019春学期
修士論文(情報・通信)大学院基幹理工学研究科2019通年
Research on Distributed Systems大学院基幹理工学研究科2019通年
分散システム研究大学院基幹理工学研究科2019通年
Distributed Embedded and Real-Time Processing大学院基幹理工学研究科2019秋学期
分散組込み・リアルタイム処理大学院基幹理工学研究科2019秋学期
Special Laboratory A in Computer Science and Communications Engineering大学院基幹理工学研究科2019春学期
情報理工・情報通信特別実験A大学院基幹理工学研究科2019春学期
Special Laboratory B in Computer Science and Communications Engineering大学院基幹理工学研究科2019秋学期
情報理工・情報通信特別実験B大学院基幹理工学研究科2019秋学期
プロジェクト研究大学院基幹理工学研究科2019通年
Seminar on Distributed Systems A大学院基幹理工学研究科2019春学期
分散システム演習A大学院基幹理工学研究科2019春学期
Seminar on Distributed Systems B大学院基幹理工学研究科2019秋学期
分散システム演習B大学院基幹理工学研究科2019秋学期
Seminar on Distributed Systems C大学院基幹理工学研究科2019春学期
分散システム演習C大学院基幹理工学研究科2019春学期
Seminar on Distributed Systems D大学院基幹理工学研究科2019秋学期
分散システム演習D大学院基幹理工学研究科2019秋学期
Master's Thesis (Department of Computer Science and Communications Engineering)大学院基幹理工学研究科2019通年
分散システム研究大学院基幹理工学研究科2019通年
分散システム研究大学院基幹理工学研究科2019通年
情報理工・情報通信特別演習A大学院基幹理工学研究科2019春学期
情報理工・情報通信特別演習B大学院基幹理工学研究科2019秋学期

教育内容・方法の工夫

ソフトウエア実験A

2004年-

詳細

概要:ソフトウエア作成実験においてグループにてソフトウエア作成のプロジェクト管理をおこなわせる。また、作成したプログラムに関して発表させる。

作成した教科書・教材・参考書

オペレーティングシステム

2000年

詳細

概要:より実践的なOSに関する知識を身につけされるために独自の資料を作成した。

その他教育活動

経産省の組み込みスキル標準策定

詳細

概要:組み込みスキル標準と大学の教育の関係に関する議論に参加