氏名

リン ショカン

林 書嫻

職名

研究助手 (https://researchmap.jp/7000017432/)

所属

(リサーチイノベーションセンター)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
shlin@aoni.waseda.jp

学歴・学位

学歴

2004年09月-2008年06月 国立成功大学 規画与設計学院 都市計画学系
2008年09月-2012年04月 国立台湾大学 建築与城郷研究所(大学院)
2010年04月-2012年03月 早稲田大学 創造理工学研究科 建築学専攻

学位

修士(建築学) 早稲田大学 都市計画・建築計画

修士(工学) 国立台湾大学 都市計画・建築計画

学士(理学) 国立成功大学 都市計画・建築計画

所属学協会

日本建築学会

受賞

大学生が推進する持続可能なキャンパス計画

2009年授与機関:台湾教育部

タイトル:入選

研究分野

キーワード

都市計画、まちづくり、地域計画

科研費分類

工学 / 建築学 / 都市計画・建築計画

論文

河川管理用通路と沿川建物の特性の関係性に関する研究

北村佳恋

都市計画論文集査読有り2018年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

高齢化した住宅団地における社会的包摂コミュニティ拠点「南機拌飯」

林書嫻

日本建築学会建築雑誌(2019-2月号)2019年02月-

書籍等出版物

建築武者修行(建築武者修行 放課後のベルリン)

光嶋 裕介(著)、林書嫻(訳)(単訳)

2015年 02月-

圖解日式茶室設計(110のキーワードで学ぶ世界で一番やさしい茶室設計)

桐浴 邦夫(著)、林書嫻(訳)(単訳)

2016年 04月-

窗戶設計解剖書(窓がわかる本:設計のアイデア32)

中山 繁信、 長沖 充(著)、林書嫻(訳)(単訳)

2017年 03月-

Windowscape3

塚本由晴研究室(著)、林書嫻(訳)(単訳)

2017年 09月-

地方創生戰鬥論(まちで闘う方法論:自己成長なくして、地域再生なし)

木下 斉(著)、林書嫻(訳)(単訳)

2018年 02月-

圖解日式榫接(木組み・継手と組手の技法)

大工道具研究会(編集)、林書嫻(訳)

2016年 09月-

講演・口頭発表等

薬用作物を用いた農村健康観光の開発 その1−モニターツアーを通じたコンテンツの有効性検証−

髙嶺翔太、林書嫻、後藤春彦、山村崇、森田椋也、馬場健誠

日本建築学会大会(東北)学術講演会2018年09月15日

薬用作物を用いた農村健康観光の開発 その2−モニターツアーを通じた医学的効果の検証−

林書嫻、遊佐敏彦、高嶺翔太、後藤春彦、山村崇

日本建築学会大会(東北)学術講演会2018年09月15日

園芸療法を通した医学的エビデンスにもとづく農村医療観光の開発 その1 —奈良県を対象としたツアーフプロトタイプ検討—

髙嶺翔太、林書嫻、後藤春彦、山村崇、森田椋也

日本建築学会大会(中国)学術講演会2017年09月03日

園芸療法を通した医学的エビデンスにもとづく農村医療観光の開発 その2 —ツアープログラムの予備実験による健康尺度の検証—

林書嫻、髙嶺翔太、後藤春彦、山村崇、森田椋也

日本建築学会大会(中国)学術講演会2017年09月03日

コミュニティをつなぐ参加型のキャンパスデザインー新北市思賢小学校を例としてー(概要査読あり)

林書嫻

15th Inter-University Seminar on Asian Megacities (IUSAM)2010年03月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:東京

水辺の集落デザインーフィリピンIlongot集落をフィールドとしてー(概要査読あり)

林書嫻

15th Inter-University Seminar on Asian Megacities (IUSAM)2010年03月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:東京

「提案型環境改造活動後持續性之研究—以橫濱市民普請(ヨコハマ市民まち普請)初期補助案例為例—」(概要査読あり)

林書嫻、後藤春彦

2019新実践・台日大学連盟地方連携及び社会実践研究国際シンポジウム2019年09月05日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:台北

社群組織在地方之功能角色與其存續性探討-以品川宿協議會為例(概要査読あり)

許達毓、林書嫻、後藤春彦

2019新実践・台日大学連盟地方連携及び社会実践研究国際シンポジウム2019年09月06日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:台北

作品・ソフトウェア・教材・フィールドワーク等

横浜経験:参加から協働への市民まち普請事業

林書嫻

2017年11月-

詳細

発表場所:眼底城事

從憧憬到褪色的鄉愁——日本公團住宅概述

林書嫻

その他2020年09月-

詳細

発表場所:眼底城事

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

連鎖的に低未利用地を公共空間に転用する住民発意の提案を促す仕組みに関する研究

2019年-0月-2021年-0月

配分額:¥2860000

研究資金の受入れ状況

提供機関:日本生命財団制度名:高齢社会助成 実践的研究助成

「共助による居場所」と地縁組織との連携の実践・ マニュアル化2017年10月-2019年09月

分担

提供機関:旭硝子財団制度名:自然科学系「研究奨励」

中高年居住者の外出・歩行習慣に寄与する都市環境因子とその影響メカニズムの解明 ―近畿大都市圏を対象としたPT調査データを活用して2017年04月-2019年04月

分担