氏名

オオコウチ ヒロシ

大河内 博

職名

教授

所属

(創造理工学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
hokochi@waseda.jp

URL等

WebページURL

http://www.okochi.env.waseda.ac.jp/index.html(大河内研究室)

研究者番号
00241117

本属以外の学内所属

兼担

理工学術院(大学院創造理工学研究科)

学内研究所等

理工学総合研究センター

兼任研究員 2006年-2006年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2006年-2018年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2018年-

学歴・学位

学歴

-1991年 早稲田大学 理工学部 資源工学科
-1993年 東京工業大学 総合理工学研究科 化学環境工学専攻

学位

博士(工学) 論文 東京大学 環境動態解析

経歴

1991年04月-神奈川大学工学部助手(応用化学科 井川研究室)
1997年02月-論文博士(工学)の学位授与(東京大学,指導教授:定方正毅教授)
1999年09月-英国イースト・アングリア大学環境科学部 Peter Brimblecombe教授グループ博士研究員(2000年9月まで)
2003年04月-東京都立科学技術大学工学部助教授
2005年04月-首都大学東京 都市環境学部准教授
2006年04月-早稲田大学理工学術院 理工学部助教授
2007年04月-早稲田大学理工学術院 創造理工学部准教授
2008年04月-早稲田大学理工学術院 創造理工学部教授(現在に至る)

所属学協会

大気環境学会 編集委員長,常任理事

日本化学会 環境・安全推進委員会 環境教育小委員会

日本分析化学会 編集委員

日本水環境学会

環境放射能除染学会

研究分野

キーワード

降水化学、大気化学、水圏化学、森林生態系、環境分析

科研費分類

環境学 / 環境解析学 / 放射線・化学物質影響科学

環境学 / 環境解析学 / 環境影響評価

環境学 / 環境解析学 / 環境動態解析

論文

S. Ueda, Y. Hirose, K. Miura, H. Okochi

Individual aerosol particles in and below clouds along a Mt. Fuji slope: modification of sea-salt-containing particles by in-cloud processing

Atmos. Res.137p.216 - 2272014年-

山本修司,大河内博,緒方裕子,名古屋俊士,皆巳幸也,小林拓

2012年夏季の富士山頂および山麓における大気中揮発性有機化合物の挙動,

大気環境学会誌49p.34 - 422014年-

大河内 博

越境大気汚染の実態 II. 越境大気汚染物質の計測と環境影響

ビルと環境p.17 - 52014年-

高田賢,大河内博,緒方裕子,栗島望,原宏,木村園子ドロテア,高柳正夫

首都圏小規模森林における大気中酸性物質の鉛直分布と森林フィルター効果

大気環境学会誌49p.26 - 332014年-

山之越恵理,大河内博,緒方裕子,小林由典

東京都心部における大気エアロゾル中水溶性フミン様物質の動態と起源の推定

大気環境学会誌49p.43 - 512014年-

黒島碩人,緒方裕子,大河内博,床次眞司,反町篤行,細田正洋

福島県浪江町の里山に大気沈着した放射性セシウムの森林内分布と挙動

大気環境学会誌49p.93 - 1002014年-

曽田美夏,大河内博,緒方裕子,大川浩和

メチレンブルー吸光光度法を用いる都市大気エアロゾル中陰イオン界面活性物質の迅速定量,

分析化学62p.589 - 5942013年-

小林由典,大河内博,緒方裕子,名古屋俊士

大気中ガス態多環芳香族炭化水素およびオキシ化多環芳香族炭化水素の高速溶媒抽出法を用いた同時迅速前処理法の開発

分析化学62p.879 - 8892013年-

藤田雅俊,大河内博,緒方裕子,名古屋俊士,皆巳幸也

スターバー抽出 / 蛍光検出高速液体クロマトグラフィーによる大気水相中多環芳香族炭化水素の定量

分析化学62p.1111 - 11162013年-

小林由典,大河内博,緒方裕子,為近和也,皆巳幸也,名古屋俊士

富士山における大気および雲水中揮発性有機化合物濃度に関する一考察

大気環境学会誌47p.33 - 442012年-

鈴木圭祐,大河内博,緒方裕子

首都圏小規模森林における生物起源揮発性有機化合物(BVOCs)の大気動態

大気環境学会誌47p.51 - 572012年-

K. Maeshima, H. Okochi, K. Inazu, Y. Hisamatsu, H. Hara

Observation of forest filter effect of particle-bound polycyclic aromatic hydrocarbons using the differences of ambient concentrations at the ground level between outside and inside forest

J. Jpn. Soc. Atmos. Environ.45p.43 - 482010年-

Y. Kojima, K. Inazu, Y. Hisamatsu, H. Okochi, T. Baba, T. Nagoya

Changes in concentration levels of polycyclic aromatic hydrocarbons associated with airborne particlurate matter in downtown Tokyo after introducing government diesel vehicle control.

Asian J. Atmos. Environ4p.1 - 82010年-

Y. Kojima, K. Inazu, Y. Hisamatsu, H. Okochi, T. Baba, T. Nagoya

Influence of secondary formation on atmospheric occurrences of oxygenated polycyclic aromatic hydrocarbons in airborne particles

Atmos. Environ44p.2873 - 28802010年-

井川 学,大河内 博

丹沢大山における大気化学観測と酸性沈着が森林生態系に及ぼす影響

エアロゾル研究24p.97 - 1042010年-

関 佳祐,大河内 博, 原 宏

首都圏小規模森林生態系におけるスギとコナラの酸緩衝能と無機態窒素の流出過程

大気環境学会誌45p.32 - 422010年-

丸山祥平,大河内 博,竹村尚樹,皆巳幸也

太陽電池駆動小型自動雨水採取装置の長期性能評価と富士山南東麓における酸性沈着モニタリングへの適用,

分析化学59p.357 - 3622010年-

佐藤絵美,大河内 博,井川 学

ヘッドスペース固相マイクロ抽出/ガスクロマトグラフ質量分析法による雨水及び露水中揮発性有機化合物の定量

分析化学59p.551 - 5572010年-

小林亜矢・小島雄紀・大河内 博・名古屋俊士

スチレンジビニル共重合体樹脂を用いたローボリウムエアサンプラーによる大気中ガス状多環芳香族炭化水素採取法と迅速前処理法の開発

分析化学59p.645 - 6522010年-

大河内 博,堅田元喜

大気沈着−第3講 雲・霧沈着

大気環境学会誌45p.A1 - A122010年-

H. Okochi, E. Sato, Y. Matsubayashi, M. Igawa

Effect of atmospheric humic-like substances on the enhanced dissolution of volatile organic compounds into dew water

Atmos. Res87p.213 - 2232008年-

Y. Okuyama,, K. Matsumoto, H. Okochi, M. Igawa

Adsorption of air pollutants on the grain surface of Japanese cedar pollen

Atmos. Environ.41p.253 - 2602007年-

船倉崇弘,大河内 博,名古屋俊士,稲津晃司,皆巳幸也,五十嵐康人

太陽電池駆動小型自動雨水採取装置の開発と富士山麓の湿性沈着量の観測

分析化学56p.805 - 8112007年-

本田 拓,大河内 博,稲津晃司,井川 学

渓流水の化学特性から見た東丹沢の森林生態系への酸性沈着物の影響評価に関する予備的検討

分析化学56p.791 - 7982007年-

E. Sato, K. Matsumoto, H. Okochi, M. Igawa

Scavenging effect of precipitation on volatile organic compounds in ambient atmosphere

Bull. Chem. Soc. Jpn,79p.1231 - 12332006年-

H. Okochi, M. Kataniwa, D. Sugimoto, M. Igawa

Enhanced dissolution of volatile organic compounds into urban dew water collected in Yokohama, Japan

Atmos. Environ39p.6027 - 60362005年-

K. Inazu, T. Saito, V. D. Nam, H. Okochi, T. Kameda, T. Asato, Y. Hisamatsu, K. Aika, T. Baba

An influence of PAHs, gaseous pollutants, and meteorological conditions on the mutagenic activity of soluble organic fraction of airborne particles collected in central Tokyo

Organohalogen Compounds76p.26682005年-

志摩孝俊,大河内 博,野々村 誠

廃磁気テープを原料とした高機能活性炭の作成条件の検討

東京都立科学技術大学紀要18p.63 - 682004年-

M. Takeuchi, H. Okochi, M. Igawa

“Characteristics of water-soluble components of atmospheric aerosols in Yokohama and Mt. Oyama, Japan from 1990 to 2001

Atmos. Environ38p.4701 - 47082004年-

H. Okochi, D. Sugimoto, M. Igawa

The enhanced dissolution of some chlorinated hydrocarbons and monocyclic aromatic hydrocarbons in rainwater collected in Yokohama, Japan.

Atmos. Environ38p.4403 - 44142004年-

M. Takeuchi, H. Okochi, M. Igawa

Deposition of coarse soil particles and ambient gaseous components dominating dew water chemistry

J. Geophys. Res.108(D10)p.4319 - 43232003年-

M. Igawa, K. Mikami, H. Okochi

Transport Characteristics of Neutralization Dialysis and Desalination of Tap Wate

Bull. Chem. Soc. Jpn.76p.437 - 4412003年-

持田由幸,工藤邦男,大河内 博,新井五郎,中村茂夫

環境に優しい潤滑油:オリーブ油とオレイン酸メチル分子内官能基の潤滑油に及ぼす影響

J. Mass Spectro. Soc. Jpn51p.179 - 1862003年-

H. Okochi and P. Brimblecombe

“Potential trace metal-organic complexation in the atmosphere

TheScientificWorldJOURNAL2p.767 - 7862002年-

M. Igawa, K. Matsumura, and H. Okochi

High frequency and large deposition of acid fog on high elevation forest

Environ. Sci. & Technol.36p.1 - 62002年-

M. Igawa, T. Kase, K. Sateke, and H. Okochi

Severe leaching of calcium ions from fir needles caused by acid fog

Environ. Pollut.119p.375 - 3822002年-

M. Igawa, Y. Narita, H. Okochi,

Selective Transport of Heavy Metal Ions across a Cation-Exchange Membrane with a Chelating Agent in the Receiving Phase

Bulletin of the Chemical Society of Japan2002年-

M. Igawa,, K. Okumura, H. Okochi, N. Sakurai

Acid fog removes calcium and boron from fir trees

J. Forest Res.7p.213 - 2152002年-

M. Takeuchi, H. Okochi, and M. Igawa

Controlling factors of weak acid and base concentrations in urban dewater-comparison of dew chemistry with rain and fog chemistry-

Bull. Chem. Soc. Jpn.,75p.767 - 7642002年-

M. Takeuchi, T. Hasegawa, H. Okochi, and M. Igawa

Size distribution of dew droplets and dew formation effect on deposition fluxes

Bull. Chem. Soc. Jpn.,75p.1299 - 13002002年-

H. Okochi and M. Igawa

Elevational patterns of acid deposition into a forest and nitrogen saturation on Mt. Oyama, Japan

Water Air & Soil Pollution130p.1091 - 10962001年-

M. Igawa, K. Matsumura, and H. Okochi,

Fog-water chemistry in Mt. Oyama and its dominant factors

Water Air & Soil Pollution130p.607 - 6122001年-

M.Takeuchi, H. Okochi, and M. Igawa,

Dew-water chemistry and its dominant factors

Water Air & Soil Pollution130p.613 - 6182001年-

H.Okochi, H.Kameda, S.Hasegawa, N.Saito, K.Kubota, and M.Igawa

Deterioration of concrete structure by acid deposition-an assessment of the role of rainwater on deterioration by laboratory and field exposure experiments using mortar specimens

Atmos. Environ,34p.2937 - 29452000年-

竹内政樹, 大河内 博, 井川 学

露水の化学組成とその酸性化機構に関する研究

大気環境学会誌35p.158 - 1692000年-

井川 学, 中田典秀, 大河内 博

降水中の揮発性有機化物濃度とその支配要因

大気環境学会誌34p.211 - 2181999年-

M.Igawa, T.Abe, H.Okochi

Preparation of Hydrophobic organic solutes with a hydrophobic membrane

Chemistry Letters,p.597 - 5981998年-

M.Igawa, Y.Tsutsumi, T.Mori, and H.Okochi

Fogwater chemistry at a Mountainside Forest and the Estimation of the Air Pollutant Deposition via Fog Droplets Based on the Atmospheric Quality at the Mountain Base

Environ.Sci.Technol.,32p.1556 - 15721998年-

大河内 博,井川 学

降水の酸性化とその森林生態系に及ぼす影響

神奈川大学工学研究所所報20p.47 - 681997年-

M.Igawa, H.Kameda, H.Okochi, I. Otsuka,

Effect of simulated acid fog on needles of fir seedlings

Environmental Experimental Botany38p.155 - 1631997年-

M.Igawa,K.Otani,S.Horiguchi.and H.Okochi

Coupling of oscillation with transport mediated by polyoxyethylene p-nonylphenyl ether in liquid membrane system

Chemistry Letters,p.923 - 9241997年-

森 孝司,大河内 博,井川学

丹沢大山において観測された塩酸を主成分とするpH1.95の霧の発生

大気環境学会誌32p.157 - 1611997年-

H.Okochi,T.Kajimoto,Y.Arai,and.M.Igawa

Effect of acid deposition on urban dew chemistry in Yokohama,Japan

Bull. Chem. Soc. Jpn69p.3355 - 33651996年-

Y.Katagiri,N.Sawaki,Y.Arai,H.Okochi,and M.Igawa

Enhanced dissolution of SO2 into dew water by forming hydoxymethanesulfonate.

Bull. Chem. Soc. Jpnp.197 - 1981996年-

H.Okochi,

Deterioration of concrete structure by acid deposition

Corro.Eng.,44p.813 - 8271995年-

H.Tanabe,H.Okochi,and M.Igawa

Separation of weak acids and bases by neutralization dialysis”

Ind. Eng. Chem.Res.34p.2450 - 24541995年-

大河内 博,細野哲也,丸山文隆,井川 学

丹沢大山における酸性降下物とスギ,モミ樹冠との相互作用

環境科学会誌8p.305 - 3151995年-

大河内 博

酸性降下物によるコンクリート構造物の劣化,

材料と環境44p.690 - 6971995年-

M.Igawa,E.Kobayashi,A.ltakura,K.Kikuchi and H.Okochi

Selective ion transport across monomeric or reversed micellar liquid membrane containing an open‐chain polyether surfactant

J.Phys.Chem98p.12447 - 124511994年-

M.Igawa,T.Sekimoto,and H.Okochi,

Facilitated transport of carbohydrates via complexation with borate ion fixed on an Anion exchange membrane

J.Membrane Sci.,98p.177 - 1801994年-

T.Hosono,H.Okochi,and M.Igawa

Fogwater Chemistry at a Mountain side in Japan

Bull. Chem. Soc. Jpn67p.368 - 3741994年-

大河内 博,森孝司,井川 学

イオンクロマトグラフ法による霧水中のフッ化物イオンと臭化物イオンの定量

分析化学p.1005 - 10081994年-

片桐保行,渡邊真一,大河内 博,井川 学

酸性霧に含まれるアルデヒドの濃度とその支配要因”

日本化学会p.1007 - 10111994年-

M.Igawa,H.Tanabe,T.lda,and H.OkochI

Separation of weak acids and bases by neutralization dialysis

Chem. Lett,p.1591 - 15941993年-

井川 学,小川 伸,大河内 博

ろ過法による地表水中金属化学種種のサイズ分布の測定

分析化学42p.259 - 2641993年-

須崎弘,大河内 博,井川学,

フローインジエクション法による霧水、雨水の酸度の分析

分析化学42p.631 - 6361993年-

大河内 博,長島律,補伽栄一,井川 学

丹沢山塊大山の土壌の酸性度と化学組成

環境科学会誌6p.29 - 341993年-

大河内 博,井川 学

酸性雨のpHと環境への影響を調べる

現代化学,7月号p.53 - 571993年-

大河内 博,鶴見実,一國雅巳,

横浜市郊外における降水中のF‐,Br‐イオンの挙動と起源の推定

環境科学会誌5p.259 - 2661992年-

書籍等出版物

越境大気汚染の物理と化学

藤田慎一,三浦和彦,大河内 博,速水 洋,松田和秀,櫻井達也

成山堂2014年 04月-

東日本大震災と環境

香村一夫,名古屋俊士,大河内博

2012年 06月-

地球・環境・資源 地球と人類の共生をめざして

坂 幸恭,山崎淳司,円城寺守,小笠原義秀,高木秀雄,平野弘道,内田悦生,大河内 博,香村一夫

共立出版2008年-

化学物質等のリスクアセスメント・リスクマネジメントハンドブック(2巻)

大河内 博(分担執筆)

日本作業環境測定協会2007年-

続 身近な地球環境問題ー酸性雨を考えるー

大河内 博(分担執筆)

東京化学同人2002年-

楽しい化学の実験室II, コロナ社

大河内 博(分担執筆)

日本化学会1995年-

講演・口頭発表等

一回の降雨に含まれる化学成分の経時変化

環境科学シンポジウム1989年11月

詳細

口頭発表(一般)

南関束地方における酸降下量の季節変化

環境科学シンポジウム1989年11月

詳細

口頭発表(一般)

フローインジェクション法による酸性降下物の酸度分析

日本分析化学会第62秋季年会1991年09月

詳細

口頭発表(一般)

酸性霧の化学組成とその酸性化機犠(第4報)

日本分析化学会第63秋季年会1991年09月

詳細

口頭発表(一般)

酸性霧の化学粗成とその酸性化機構(第5報)

環境科学シンポジウム1991年11月

詳細

口頭発表(一般)

酸性降下物の植物に及ぼす影響

環境科学シンポジウム1991年11月

詳細

口頭発表(一般)

陰イオン交換膜を用いるアルデヒドの輸送とその透過機構

日本分析化学会第62秋季年会1991年09月

詳細

口頭発表(一般)

中和透析法による脱塩

中和透析法による脱塩1991年06月

詳細

口頭発表(一般)

酸性霧の化学組成とその酸性化機構(第6報)

日本化学会第64秋季年会1992年10月

詳細

口頭発表(一般)

酸度の測定による雨水,親水の酸性度評価

日本化学会第64秋季年会1992年10月

詳細

口頭発表(一般)

降水の化学組成と酸性化機構

日本化学会第64秋季年会1992年10月

詳細

口頭発表(一般)

丹沢山塊大山の土壌の酸性度と化学組成

日本化学会第64秋季年会1992年10月

詳細

口頭発表(一般)

モザイク膜システムによる電子輸送とイオン輸送のカップリング

日本化学会第64秋季年会1992年10月

詳細

口頭発表(一般)

疎水性腹のイオン選択透過性

日本化学会第64秋季年会1992年10月

詳細

口頭発表(一般)

酸性霧の化学組成とその酸性化機構(第7報)

環境科学シンポジウム1992年12月

詳細

口頭発表(一般)

都市近郊山間部における酸性降下物」

環境科学シンポジウム1992年12月

詳細

口頭発表(一般)

降水の化学組成と酸性化機構

日本化学会第65春季年会

詳細

口頭発表(一般)

丹沢大山におけるガスと工一ロゾルの化学組成

日本化学会第65春季年会1993年03月

詳細

口頭発表(一般)

酸性降下物のモルタルへの影響

日本化学会第66秋季年会1993年10月

詳細

口頭発表(一般)

モザイク膜システムによる電子移動過程

日本化学会第67秋季年会1993年10月

詳細

口頭発表(一般)

丹沢大山における酸性降下物の化学組成を降下量分布

日本化学会第67秋季年会1993年10月

詳細

口頭発表(一般)

湿性降下物中の有機物の分析

日本化学会第68秋季年会1993年10月

詳細

口頭発表(一般)

酸性霧の化学組成とその酸性化機構(第8報)

日本化学会第69秋季年会1993年10月

詳細

口頭発表(一般)

モザイク膜システムによる霧子輸送とイオンの輸送効率

日本化学会第65春季年会1993年03月

詳細

口頭発表(一般)

膜システム内におけるホルモース反応の制御(l)

日本化学会第65春季年会1993年03月

詳細

口頭発表(一般)

丹沢大山における酸性物質と金属元素の降下量」

環境科学シンポジウム1993年11月

詳細

口頭発表(一般)

雨水および露水の化学組成とその酸性化機構

環境科学シンポジウム1993年11月

詳細

口頭発表(一般)

酸性降下物のモルタルへの影響(2)

日本化学会第67春季年会1994年03月

詳細

口頭発表(一般)

丹沢大山における酸性降下物とその森林への影響

日本化学会第67春季年会1994年03月

詳細

口頭発表(一般)

降水中有機物質の大気中における挙動

日本化学会第67春季年会1994年03月

詳細

口頭発表(一般)

霧氷の化学組成とその酸性化機構

日本化学会第67春季年会1994年03月

詳細

口頭発表(一般)

中和透析法による脱塩一イオン交換膜に弱酸,弱塩基の透過機構一

日本化学会第68春季年会1994年03月

詳細

口頭発表(一般)

酸性霧の化学組成とその酸性化機構(第9報)

日本化学会第68秋季年会1994年10月

詳細

口頭発表(一般)

酸性霧に含まれる有機物の組成とその支配要因

日本化学会第68秋季年会1994年10月

詳細

口頭発表(一般)

霧水の化学組成と酸性化機構(2)

日本化学会第68秋季年会1994年10月

詳細

口頭発表(一般)

丹沢大山における酸性降下物の化学組成と降下分布

日本化学会第68秋季年会1994年10月

詳細

口頭発表(一般)

酸性降下物のモルタルへの影響(3)

日本化学会第68秋季年会1994年10月

詳細

口頭発表(一般)

中和透析法による弱酸と弱塩基の除去

日本化学会第68秋季年会1994年10月

詳細

口頭発表(一般)

中和透析法による脱塩

日本化学会第68秋季年会1994年10月

詳細

口頭発表(一般)

ポリオキシエチレン型界面活性剤をキャリヤーとする液膜輪送に伴う振動現象

日本化学会第68秋季年会1994年10月

詳細

口頭発表(一般)

逆ミセルおよび単分子キャリヤーとして機能するポリオキシエチレン型界面活性剤を含む被膜イオン

日本化学会第68秋季年会1994年10月

詳細

口頭発表(一般)

霧水における有機物濃度とその支配要因

環境科学会1994年11月

詳細

口頭発表(一般)

酸性霧のモミの生育に対する影響

環境科学会1994年11月

詳細

口頭発表(一般)

丹沢大山における酸性降下物の化学組成と沈着量

環境科学会1994年11月

詳細

口頭発表(一般)

降水の化学組成とその酸性化機構(4)

環境科学会1995年10月

詳細

口頭発表(一般)

丹沢大山における酸性降下物とその森林生態系への影響

環境科学会1995年10月

詳細

口頭発表(一般)

露水の化学組成とその酸性化機構(3)

大気環境学会第36回年会1995年11月

詳細

口頭発表(一般)

酸性霧の化学組成とその酸性化機構(第10報)

大気環境学会第36回年会1995年11月

詳細

口頭発表(一般)

雨,霧,露水中に含まれる有機物濃度とその支配要因

大気環境学会第36回年会1995年11月

詳細

口頭発表(一般)

酸性降下物のモルタルヘの影響(4)

大気環境学会第36回年会1995年11月

詳細

口頭発表(一般)

大気中酸性ガスおよぼアンモニアの定量とその濃度支配要因

大気環境学会第36回年会1995年11月

詳細

口頭発表(一般)

酸性霧のモミの成育に対する影響(2)

大気環境学会第36回年会1995年11月

詳細

口頭発表(一般)

中和透析法による脱塩

膜シンポジウム1995年11月

詳細

口頭発表(一般)

液膜系における振動現象と輸送現象

膜シンポジウム1995年11月

詳細

口頭発表(一般)

丹沢大山における金属元素の沈着量とその沈着挙動

日本化学会第70春季年会1996年03月

詳細

口頭発表(一般)

丹沢大山における酸性降下物のスギ,モミ樹冠に及ぼす影響」,日本化学会第70春季年会, 1996年3月(東京).

日本化学会第70春季年会1996年03月

詳細

口頭発表(一般)

モザイク膜システムにおけるイオン輸送と電子輸送のカップリング」,日本化学会第70春季年会,1996年3月(東京).

日本化学会第70春季年会1996年03月

詳細

口頭発表(一般)

中和透析法による脱塩」,日本化学会第70春季年会,1996年3月(東京).

日本化学会第70春季年会1996年03月

詳細

口頭発表(一般)

霧水の化学組成とその酸性化機構(4)

大気環境学会第37回年会1996年09月

詳細

口頭発表(一般)

酸性霧の化学組成とその酸性化機構(第11報)

大気環境学会第37回年会1996年09月

詳細

口頭発表(一般)

降水の化学組成とその酸性化機構(5)

大気環境学会第37回年会1996年09月

詳細

口頭発表(一般)

酸性降下物のモミ樹冠に及ぼす影響

大気環境学会第37回年会1996年09月

詳細

口頭発表(一般)

大気中酸性ガスおよぼアンモニアの定量とその濃度支配要因(2)

大気環境学会第37回年会1996年09月

詳細

口頭発表(一般)

丹沢大山における酸性降下物とその森林生態系に及ぼす影響

環境科学会1996年09月

詳細

口頭発表(一般)

丹沢大山における金属元素の沈着量とその沈着挙動(2)

環境科学会1996年09月

詳細

口頭発表(一般)

酸性降下物のモルタルへの影響(5)

環境科学会1996年09月

詳細

口頭発表(一般)

オリーブ油の潤滑特性

化学工学会第29回秋季大会1996年09月

詳細

口頭発表(一般)

ポリオキシエチレン型界面活性剤液膜系における振動現象と輸送現象

日本化学会第71秋季年会1996年10月

詳細

口頭発表(一般)

ポリオキシエチレン型界面活性剤液膜によるイオン輸送特性

日本化学会第71秋季年会1996年10月

詳細

口頭発表(一般)

ホルモース反応の制御と反応生成物

日本化学会第71秋季年会1996年10月

詳細

口頭発表(一般)

中和透析法における脱塩

第12回日本イオン交換研究会1996年11月

詳細

口頭発表(一般)

モザイク膜システムにける電子輸送とイオン輸送の支配要因

第12回日本イオン交換研究会1996年11月

詳細

口頭発表(一般)

雨,霧,露水中に含まれる有機物濃嚢度とその支配要因

大気環境学会第37回年会1996年11月

詳細

口頭発表(一般)

エ一ロゾル組成の変動とその支配要因

日本化学会第72春季年会1997年03月

詳細

口頭発表(一般)

丹沢大山におけるモミおよびスギ樹幹周辺の表層土壌の化学特性

日本化学会第72春季年会1997年03月

詳細

口頭発表(一般)

降水の化学組成とその酸性化機構(6)

日本化学会第72春季年会1997年03月

詳細

口頭発表(一般)

酸性霧の化学組成とその酸性化機構(12)

日本化学会第72春季年会1997年03月

詳細

口頭発表(一般)

ポリオキシエチレン型界面活性剤被膜によるイオン輸送特性

日本膜学会第19年会1997年05月

詳細

口頭発表(一般)

疎水性膜による有機物の抽出透過

日本膜学会第19年会1997年05月

詳細

口頭発表(一般)

大気中酸性ガスおよびアンモニアの定量とその濃度支配要因(3)

第38回大気環境学会1997年09月

詳細

口頭発表(一般)

エ一ロゾル組成の変動とその支配要因(2)

第38回大気環境学会1997年09月

詳細

口頭発表(一般)

丹沢大山における酸性物質の沈着挙動とその森林生態系に及ぼす影響

第38回大気環境学会1997年09月

詳細

口頭発表(一般)

丹沢大山における金属元素の沈着挙動とその森林生態系に及ぼす影響(4)

第38回大気環境学会1997年09月

詳細

口頭発表(一般)

降水中に含まれる揮発性有機化合物のGC/MSによる測定

日本化学会第73秋季年会1997年09月

詳細

口頭発表(一般)

疎水性膜の高い溶質分離機能とその応用

日本化学会第73秋季年会1997年09月

詳細

口頭発表(一般)

電位振動をともなうポリオキシエチレン液膜系の輸送特性

日本化学会第73秋季年会1997年09月

詳細

口頭発表(一般)

雨水の化学組成とその酸性化機構(8)

第39回大気環境学会1998年09月

詳細

口頭発表(一般)

露水の化学組成とその酸性化機構(7)

第39回大気環境学会1998年09月

詳細

口頭発表(一般)

酸性沈着物の森林樹冠に及ぼす影響

第39回大気環境学会1998年09月

詳細

口頭発表(一般)

酸性霧の化学組成とその酸性化機構(14)

環境科学会1998年10月

詳細

口頭発表(一般)

雨水中の揮発性有機化合物とその支配要因(8)

環境科学会1998年10月

詳細

口頭発表(一般)

酸性沈着物のモルタルへの影響(6)

環境科学会1998年10月

詳細

口頭発表(一般)

モミの生育に及ぼす酸性霧の影響(2)

日本化学会第76春季年会1999年03月

詳細

口頭発表(一般)

雨水の化学組成とその酸性化機構(9)

日本化学会第76春季年会1999年03月

詳細

口頭発表(一般)

丹沢大山の森林生態系内における酸性物質の挙動

日本化学会第76春季年会1999年03月

詳細

口頭発表(一般)

丹沢・大山における酸性ガスとアンモニアガスの濃度変動とその支配要因

日本化学会第76春季年会1999年03月

詳細

口頭発表(一般)

丹沢山塊大山土壌の酸性度と化学組成(2)

日本化学会第76春季年会1999年03月

詳細

口頭発表(一般)

雨水の化学組成とその酸性化機構(10)

日本化学会第76春季年会1999年03月

詳細

口頭発表(一般)

モザイク膜システムにおける電子輸送を伴う循環電流の支配要因

日本化学会第76春季年会1999年03月

詳細

口頭発表(一般)

ポリオキシエチレン型界面活性剤をキャリヤーとする液膜のイオン輸送特性

日本化学会第76春季年会1999年03月

詳細

口頭発表(一般)

疎水性膜による有機物の抽出透過(2)

日本化学会第76春季年会1999年03月

詳細

口頭発表(一般)

露水の化学組成とその酸性化機構(10)

第40回大気環境学会1999年09月

詳細

口頭発表(一般)

雨水の化学組成とその酸性化機構?溶存および非溶存成分濃度の支配要因

第40回大気環境学会1999年09月

詳細

口頭発表(一般)

エーロゾルの全量分析とその濃度支配要因(1)

第40回大気環境学会1999年09月

詳細

口頭発表(一般)

酸性霧の化学組成ととその濃度支配要因(15)

第40回大気環境学会1999年09月

詳細

口頭発表(一般)

酸性沈着物のモミ衰退に及ぼす影響

第40回大気環境学会1999年09月

詳細

口頭発表(一般)

露水の化学組成とその酸性化機構(10)

第41回大気環境学会2000年09月

詳細

口頭発表(一般)

エ−ロゾルの全量分析とその濃度支配要因(2)

第41回大気環境学会2000年09月

詳細

口頭発表(一般)

酸性霧の化学組成とその酸性化機構(16)

第41回大気環境学会2000年09月

詳細

口頭発表(一般)

丹沢大山およびその後背地における酸性物質の沈着挙動

第41回大気環境学会2000年09月

詳細

口頭発表(一般)

酸性霧の化学組成とその酸性化機構(17)

日本化学会第80秋季年会2001年09月

詳細

口頭発表(一般)

中和透析法による連続脱塩

日本化学会第80秋季年会2001年09月

詳細

口頭発表(一般)

疎水性膜による有機物の抽出透過(4)

日本化学会第80秋季年会2001年09月

詳細

口頭発表(一般)

露水の化学組成と酸性化機構(11)

第42回大気環境学会年会2001年10月

詳細

口頭発表(一般)

雨水の化学組成とその酸性化機構(13)

第42回大気環境学会年会2001年10月

詳細

口頭発表(一般)

降水中アルデヒドの定量とその濃度支配要因

第42回大気環境学会年会2001年10月

詳細

口頭発表(一般)

酸性霧によるモミ葉内成分の溶脱とその影響

第42回大気環境学会年会2001年10月

詳細

口頭発表(一般)

微量湿性沈着物の採取法の検討とそれらの濃度支配要因

日本化学会第81春季年会2002年03月

詳細

口頭発表(一般)

大気エーロゾルおよび雨水中金属元素の状態分析とその濃度支配要因

日本化学会第81春季年会2002年03月

詳細

口頭発表(一般)

イオン交換膜によるキレート生成重金属イオンの選択輸送

日本化学会第81春季年会2002年03月

詳細

口頭発表(一般)

雨水の化学組成とその酸性化機構(14)

第43回大気環境学会2002年09月

詳細

口頭発表(一般)

酸性霧の化学組成とその酸性化機構(18)

第43回大気環境学会2002年09月

詳細

口頭発表(一般)

露水の化学組成と酸性化機構(12)

第43回大気環境学会2002年09月

詳細

口頭発表(一般)

エーロゾルとガス成分濃度およびそれらの相互変換の支配要因

第43回大気環境学会2002年09月

詳細

口頭発表(一般)

降水中アルデヒドの定量とその濃度支配要因

第43回大気環境学会2002年09月

詳細

口頭発表(一般)

露水の化学組成と酸性化機構(13)

第43回大気環境学会2002年09月

詳細

口頭発表(一般)

酸性沈着物のモミ針葉に及ぼす影響

第43回大気環境学会2002年09月

詳細

口頭発表(一般)

花粉表面に吸着した大気汚染物質の分析

第43回大気環境学会2002年09月

詳細

口頭発表(一般)

をキャリヤーとして含むベンジルアルコール液膜系における振動現象と輸送減少

膜シンポジウム20022002年11月

詳細

口頭発表(一般)

疎水性膜を用いた抽出透過法による有機物の分離

膜シンポジウム20022002年11月

詳細

口頭発表(一般)

“中和透析法による連続脱

日本化学会第83回春季年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

リーゼガング環の生成による液滴中の硫酸イオンの分析

日本化学会第83回春季年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

丹沢大山における酸性物質の沈着挙動と森林生態系に及ぼす影響

日本化学会第83回春季年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

横浜と丹沢大山における大気汚染状況比較およびその濃度支配要因

日本化学会第83回春季年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

大気エーロゾルおよび雨水中金属元素の状態分析とその濃度支配要因(2

日本化学会第83回春季年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

大気中VOCsの雨水および露水への溶解機構

日本化学会第83回春季年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

大気汚染物質の丹沢大山森林樹冠への沈着

第44回大気環境学会2003年09月

詳細

口頭発表(一般)

雨水の化学組成とその酸性化機構(15)

第44回大気環境学会2003年09月

詳細

口頭発表(一般)

酸性霧の化学組成とその酸性化機構(19)

第44回大気環境学会2003年09月

詳細

口頭発表(一般)

大気および降水中アルデヒドの定量とその濃度支配要因

第44回大気環境学会2003年09月

詳細

口頭発表(一般)

横浜と丹沢大山における大気汚染状況とその支配要因

第44回大気環境学会2003年09月

詳細

口頭発表(一般)

ミスト粒子を介した大気汚染物質のSeeder-feeder降水洗浄過程

日本エアロゾル学会2004年08月

詳細

口頭発表(一般)

大気中におけるVOCsの成分分析とその濃度支配要因

第46回大気環境学会2004年10月

詳細

口頭発表(一般)

スギ花粉表面への大気汚染物質の吸着とその支配要因の検討

第46回大気環境学会2004年10月

詳細

口頭発表(一般)

酸性霧の化学組成と酸性化機構(20)

第46回大気環境学会2004年10月

詳細

口頭発表(一般)

丹沢大山における大気汚染物質の沈着挙動

第46回大気環境学会2004年10月

詳細

口頭発表(一般)

有害大気汚染物質の動態解析と降水洗浄機構(1)?HS SPME-GCMSによる雨水および露水中VOCsの定量条件の検討

第46回大気環境学会2005年09月

詳細

口頭発表(一般)

有害大気汚染物質の動態解析と降水洗浄機構(2)

第46回大気環境学会2005年09月

詳細

口頭発表(一般)

大気中フミン様物質の定量と化学特性の解明 (1)

第46回大気環境学会2005年09月

詳細

口頭発表(一般)

山岳域大気汚染モニタリングシステムの開発と評価(1)?山岳域における酸性沈着モニタリングのための太陽電池駆動/小型自動雨水採取機の性能評価

第46回大気環境学会2005年09月

詳細

口頭発表(一般)

東京都心部における大気浮遊粒子中のニトロベンヅアントロンの分析

第46回大気環境学会2005年09月

詳細

口頭発表(一般)

“有害大気汚染物質の動態解析と降水洗浄機構(4

第47回大気環境学会2006年09月

詳細

口頭発表(一般)

雨・霧・露の環境化学 〜丹沢大山と横浜における観測を中心として〜

第47回大気環境学会2006年09月

詳細

口頭発表(一般)

富士山における霧水の化学組成と湿性沈着量(1)

日本化学会第87春季年会2007年03月

詳細

口頭発表(一般)

“丹沢における渓流水の化学組成と窒素飽和現象(1

日本化学会第87春季年会2007年03月

詳細

口頭発表(一般)

有害大気汚染物質の動態解析と降水洗浄機構(4) 〜富士山における霧水中VOCの観測と促進吸収機構〜

第48回大気環境学会2007年09月

詳細

口頭発表(一般)

大気中フミン様物質の定量と化学特性の解明 (3)

第48回大気環境学会2007年09月

詳細

口頭発表(一般)

東京都郊外森林域における大気中PAH濃度に及ぼす森林樹冠の影響

第48回大気環境学会2007年09月

詳細

口頭発表(一般)

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

放射性物質の大気沈着・拡散過程および陸面相互作用の理解

2012年-0月-2017年-0月

配分額:¥153920000

研究種別:

大都市とその郊外におけるサブミクロン粒子の特徴と磁気的特性

配分額:¥4680000

研究種別:

森林生態系におけるエアロゾルの沈着量と動態の評価手法の開発

2008年-0月-2013年-0月

配分額:¥63440000

研究種別:

富士山山体を観測タワーとして利用したエアロゾル諸特性の鉛直的観測研究

配分額:¥51090000

研究種別:

エアロゾルの降水による沈着の促進と山岳部と都市部における乾性沈着量の比較

配分額:¥5400000

研究種別:

大気中フミン様物質の有害有機化学物質と重金属イオンの大気圏動態に及ぼす影響評価

配分額:¥15700000

研究種別:

有害有機汚染物質の大気微小液滴への促進吸収機構と増感光分解反応

配分額:¥3300000

研究種別:

エアロゾルの降水による沈着の促進と山岳部と都市部における乾性沈着量の比較

配分額:¥5500000

研究種別:

露水の酸性化とその環境に及ぼす影響の評価

配分額:¥2100000

研究種別:

露水の酸性化機構とその環境影響

配分額:¥1000000

研究種別:

露水の化学組成とその酸性化機構

配分額:¥900000

研究種別:

酸性降下物によるモルタル・コンクリート建造物の劣化機構の解明

配分額:¥800000

研究種別:

生体膜機能に類似した新しい選択透過膜分離技術の開発

配分額:¥2500000

研究種別:

酸性降下物の成分分析と森林生態系への影響評価

配分額:¥800000

研究種別:

酸性霧の成分分析と酸性化機構の解明

配分額:¥1800000

研究種別:挑戦的萌芽研究

富士山体から放出される火山ガス早期検知システムの開発

2015年-2017年

研究分野:環境リスク制御・評価

配分額:¥3770000

研究種別:

アンコール遺跡群における石材劣化の新展開とその集学的研究

2017年-0月-2022年-0月

配分額:¥41210000

研究種別:

降水によるエアロゾル発生現象:大気-森林相互作用の新展開

2017年-0月-2020年-0月

配分額:¥42900000

研究種別:

富士山体から放出される火山ガス早期検知システムの開発

2015年-0月-2018年-0月

配分額:¥3770000

研究種別:

ウエットデニューダー/ミストチャンバー法による越境酸性汚染物質の富士山頂定点観測

2014年-0月-2017年-0月

配分額:¥4940000

研究種別:

磁気分離法を利用した微小粒子中金属の化合形態の解明

2012年-0月-2015年-0月

配分額:¥4810000

学内研究制度

特定課題研究

界面活性物質の大気圏動態と雲形成過程に及ぼす影響評価

2010年度

研究成果概要:1.近年,界面活性物質が大気中に存在することが確認されている.界面活性物質は親水基と疎水基からなる有機化合物であり,溶媒の表面張力を低下させる性質を持つ.界面活性物質が雲粒に取り込まれると雲粒径を低下させ,雲の寿命を延ばすことから...1.近年,界面活性物質が大気中に存在することが確認されている.界面活性物質は親水基と疎水基からなる有機化合物であり,溶媒の表面張力を低下させる性質を持つ.界面活性物質が雲粒に取り込まれると雲粒径を低下させ,雲の寿命を延ばすことから地球規模の水循環や気候に影響を及ぼす.また,雲粒への疎水性有害有機物の溶解度を増加させる.そこで,水中陰イオン界面活性物質の分析法として用いられているメチレンブルー吸光光度法を大気試料に適用するための最適条件を検討し,大気エアロゾル試料に適用した.また,陽イオン界面活性物質の定量法についても検討を行った.2.観測は早稲田大学西早稲田キャンパス(新宿),富士山南東麓(御殿場口太郎坊,標高1284 m),富士山頂(3776 m)で行った.大気中エアロゾルはハイボリュームエアサンプラーを用いて捕集し,水抽出した後にメチレンブルー吸光光度法で定量した.富士山南東麓では雲水の採取も行った.3.Koga et al. (1999) は,分液ロートの代わりに遠沈管を用いる陰イオン界面活性物質の迅速分析法を報告しているが,2本の遠沈管を使用するため操作が煩雑であった.そこで,本法では,より簡便かつ迅速な分析法を確立するために遠沈管を1本とし,分析感度および再現性を向上させるために遠沈管の振とう条件を検討した.その結果,遠沈管を手で20回振とう後に1000 rpmで5分間振とうすることにより,水中濃度として0 – 0.8 µMの低濃度範囲で直線性が高い検量線が得られ,分析感度も向上した.最適条件を用いたエアロゾル捕集用の石英繊維フィルター水抽出液(ブランク)からの添加回収率は94.7±3.2 % (n=3),エアロゾルを捕集した石英繊維フィルター水抽出液(実試料)からの添加回収率は92.3±1.4 %(n=4)であり,本法は界面活性物質の抽出・分析方法として大気エアロゾルに十分に適用可能であることが分かった.そこで,本法を実試料に適用でした.2011年5月17~20日の早稲田大学西早稲田キャンパス(新宿)における大気エアロゾル中陰イオン界面活性物質(MBAS)濃度を浮遊粒子状物質(SPM)濃度の動態を調べたところ,MBASは日中に高く,夜間に低い傾向があることが分かった.粒子状物質濃度(SPM)との相関は低いが(r=0.481),SO2との相関は高かった(r=0.768).したがって,大気中MBASはSO2と同排出源をもつか,同方向からの輸送されている可能性が示された. 大気中陰イオン界面活性物質が表面張力に及ぼす影響については引き続き検討を行っているところである.

富士山を利用した越境汚染観測:高時間能型大気採取システムの開発

2012年度共同研究者:竹内政樹

研究成果概要: 本研究では,富士山を「越境大気汚染(国境を越えて運ばれてくる大気汚染)監視塔」とみたて、経済発展の著しいアジア大陸から上空(自由対流圏)を運ばれてくる酸性ガスや粒子状酸性物質の自動連続観測とともに、雲の採取・分析を早稲田大学と徳... 本研究では,富士山を「越境大気汚染(国境を越えて運ばれてくる大気汚染)監視塔」とみたて、経済発展の著しいアジア大陸から上空(自由対流圏)を運ばれてくる酸性ガスや粒子状酸性物質の自動連続観測とともに、雲の採取・分析を早稲田大学と徳島大学との共同研究で行った. 自由対流圏とは、私達が普段生活している空気層(大気境界層)の上にある綺麗な空気層であり,およそ2kmから10kmの範囲である.通常,地上から放出された大気汚染物質は大気境界層に留まっていて,なかなか上空の自由対流圏に運ばれないが,雲の発生を伴うような激しい上昇気流が起こると,大気汚染物質も上空の自由対流圏に運ばれる.日本列島が位置する北半球中緯度帯の自由対流圏では,偏西風と呼ばれる強い西風が常に吹いている.偏西風は冬季に強く,夏季に弱くなるが,大気汚染物質がいったん自由対流圏まで上昇すると,夏季であっても地上より速く運ばれるので,越境大気汚染をいち早く知ることができる. 本研究では,越境汚染物質として,特に酸性物質に着目した.酸性物質が地上に降り注ぐと,森林の立ち枯れを引き起こしたり,土壌を酸性化して有害な重金属が河川に流出し,河川や湖沼の水棲生物が住めなくなる.また,河川水や湖沼は私達の飲用水としても重要である.現在,日本国内の酸性物質排出量は減少しているが,国境を越えて酸性物質が運ばれてくれば,日本の自然環境を守ることはできない.そこで,上空のガス、粒子、雲の中の酸性物質を精密に分析して、大陸から酸性物質がどのような形態(ガス・粒子)でどれくらい運ばれてくるのか,それらが雲に取り込まれると雲水をどれくらい酸性化するのかを明らかにすることを本研究の目的とした. 上空の空気は綺麗なので,地上で使用されている採取装置では,長時間に渡って空気を吸引する必要がある.このため、これまでの観測では時々刻々と変化する空気中のガスや粒子を追跡することができなかった.そこで,本研究課題では,徳島大学の竹内政樹准教授が開発した酸性ガス・粒子の高時間分解能型自動分析装置(ウェットデニューダー+イオンクロマトグラフ)を富士山頂と富士山麓に設置して観測を行った.これまでのフィルターパック法による観測では6時間を要したが,この装置では約15分毎に連続観測を行うこと可能であった. 2011年には富士山麓で予備的な観測を行い,2012年には富士山頂と富士山麓で同時観測を行った.2012年7月14日から8月中旬までに膨大なデータ(3000以上)が得られたが,8月中旬以降には富士山頂,富士山山麓ともに流路内で目詰まりが起こった.データを取得できた7月中旬から8月中旬まで富士山頂で得られたデータについて,同時観測を行ったフィルターパック法によるSO2濃度,SO2計との比較を行った.フィルターパック法は時間分解能は悪いものの,市販のS02計と概ね同程度の値が得られたが,高時間分解能型自動分析装置では高めの値が得られた.現在,この原因について検討を行っているが,装置内のバックグランドの上昇の可能性が考えられた.絶対値についてはずれがあるものの,高時間分解能型自動分析装置とSo2計による変動は概ね一致していた. 高時間分解能型自動分析装置ではSO2以外にも,HNO3,HClの観測を行うことができたが,自由対流圏において酸性ガス濃度を1ヶ月以上に渡って自動連続観測した例は世界的にも例がなく,本課題の大きな成果と言える.今後は,酸性ガスに加えて水溶性エアロゾルとの同時観測を行う予定である.

雲過程を含む自由対流圏の総合化学観測:東アジア全球観測拠点としての富士山の活用

2013年度共同研究者:緒方裕子

研究成果概要:1.はじめに  全球大気観測拠点としての富士山の有効性を検証するため,自由対流圏高度に位置する富士山頂で以下の大気化学観測を行い,以下の3点を明らかにすることを目的とした。①日本上空自由対流圏における気相,固相(エアロゾル),水相...1.はじめに  全球大気観測拠点としての富士山の有効性を検証するため,自由対流圏高度に位置する富士山頂で以下の大気化学観測を行い,以下の3点を明らかにすることを目的とした。①日本上空自由対流圏における気相,固相(エアロゾル),水相(雲水)中化学種のバックグランド大気濃度を明らかにする.②日本上空自由対流圏における夏季バックグランド汚染機構を明らかにする.具体的には,越境汚染と日中の谷風による局地的・地域的汚染の影響評価を行う.③雲を介した化学的変質過程が自由対流圏大気質に及ぼす影響を解明する. 上記目的を達成するために、本年度はPILSを借用(東大海洋研から借用)してガス状・粒子状酸性物質の高時間分解能観測を行い,フィル-パック法およびウェットデニューダー法(徳島大)との比較を行った。また、ポータブルGCMS TRIDION-9(エス・ディ・ジャパンから借用)を借用して大気中VOCsの高時間分解能観測を行い,熱脱離法と比較について検討した。2.観測期間・観測地点・観測項目 自由対流圏高度に位置する富士山頂の旧富士山測候所は夏季しか利用できないため、2013年7月と8月に集中観測を行った。とくに、2013年7月18日から8月22日までは旧富士山測候所に泊まりこんで、エアロゾル(水溶性成分,多環芳香族炭化水素,フミン様物質,球状炭化粒子,黄砂),ガス(酸性ガス、揮発性有機化合物),雲水,雨水の観測を行い,日本上空のバックグランド濃度の測定を行った.さらに,ウェットデニューダーを用いて富士山頂および富士山南東麓太郎坊における酸性ガス(塩化水素,亜硝酸,硝酸,二酸化硫黄)の連続観測を行うとともに,PILSを用いた粒子状物質の連続モニタリングを富士山頂で行った。3.観測結果 本研究により、以下のことが明らかになった。 ①空気塊の流入経路と雲水内化学成分との関係を調べたところ,中国北部および南部からの空気塊のときにHg, Cd,Pb,As,SO42-が高濃度であった。②8月18日夕方に桜島最大規模の噴火があり,この空気塊が8月21日早朝に富士山頂に到達したが,このときにはHg,Pb,As,H+,SO42-が高濃度であった。大気中SO2濃度はフィルターパック法で計測したが,桜島噴煙到達時に高濃度であり、フィルターパック法で計測した塩化水素濃度も高いことから桜島噴火プリュームが富士山頂に渡到達していることを明らかにした。また,このときに発生した雲水は噴煙由来のH2SO4により酸性化していた。このように、桜島噴煙の影響により,雲水の酸性化が生じることを実証したのは本研究が初めてである。③フィルターパック法は6時間毎の採取であるため時間分解能が悪いものの,首都大学東京・加藤准教授による自動モニターの計測値,PILSを用いたSO2とSO42-の総和(PILS(SO2+SO42-))と同様な挙動を示し,濃度レベルも比較的一致することが分かった。④ポータブルGCMS TRIDION-9(エス・ディ・ジャパンから借用)を富士山で使用する前に予備観測を本学51号館屋上で行った結果から、富士山頂でVOCs観測を行うには感度が不足していることが分かった。そこで、富士山麓で大気中VOCsの高時間分解能観測を試みたが、ほとんどVOCsを検出することができなかった。

大気中界面活性物質の起源・動態・界面活性能の解明

2013年度

研究成果概要:1.研究目的と概要 大気エアロゾルと大気水相(雨,雲/霧,露/霜,林内雨)中の界面活性物質濃度を明らかにし,その起源,大気圏動態,界面活性能の解明を目指して,大気中イオン界面活性物質濃度の簡易迅速定量を確立し,都市,郊外,山間部,...1.研究目的と概要 大気エアロゾルと大気水相(雨,雲/霧,露/霜,林内雨)中の界面活性物質濃度を明らかにし,その起源,大気圏動態,界面活性能の解明を目指して,大気中イオン界面活性物質濃度の簡易迅速定量を確立し,都市,郊外,山間部,自由対流圏における大気中陰イオン性界面活性物質濃度を明らかにすることを目的に行った.さらに,主要な界面活性物質と考えられるフミン様物質を定量し,季節変化,経時変化の解明を試みた.2.研究成果概要①メチレンブルー吸光光度法は操作が煩雑であり,誤差が生じやすいことから,メチレンブルー吸光光度法を大気試料に適用するため,再現性が高く,より高感度かつ迅速な陰イオン界面活性物質(MBAS)の定量法を検討した.その結果,50 mLガラス製遠沈管を1本用い,20回手で攪拌後に,振とう機(1000 rpm)で5分間振とうすることにより,0 - 0.12 µMの低濃度範囲で直線性が高く(r = 0.996),高感度(検量線の傾き:1.07 µM-1)の検量線が得られた.最適条件を用いたエアロゾル捕集用の石英繊維フィルター水抽出液(ブランク)からのドデシル硫酸ナトリウム(SDS)の添加回収率は94.7 ± 3.3 %(n = 3),エアロゾルを捕集した石英繊維フィルター水抽出液(実試料)からの添加回収率は92.3 ± 1.5 %(n = 4),降水試料からの添加回収率は90.8 ± 3.5 %(n = 3)であった.このことから,本法は陰イオン界面活性物質の抽出・分析方法として大気試料に適用可能であった.本法を,2011年5月に採取した都市大気エアロゾルに適用した結果,陰イオン界面活性物質濃度は44.9 - 163 pmol/m3(n = 8)の範囲であり,平均は84.3 pmol/m3 であることが分かった.②東京都新宿区に位置する早稲田大学西早稲田キャンパスで、大気エアロゾル中フミン様物質(HULIS)の定量を行った。試料採取はハイボリウムエアサンプラーにて昼夜12時間毎(6:00 – 18:00、18:00 – 6:00)に行い、 DEAE-UV法でHULISをフミン酸、フルボ酸分画に分けて分析した。その結果、HULIS中90 %をフルボ酸が占めていることが分かった。HULIS濃度は夏季に低く、秋・冬季に高いという季節変化を示すことが分かった。年間を通じて、HULIS濃度はNO2、CO濃度と相関が見られたことから、都市域におけるHULISは自動車などの移動排出源から主に生成されていることが示唆された。夏季にはOxと正の相関があり、一次生成以外に二次生成の可能性が考えられた.

国内山岳・離島大気環境モニタリングネットワークの戦略的構築

2014年度共同研究者:緒方裕子

研究成果概要: 東アジアにおける全球大気観測拠点として富士山を中心に据え,日本上空・離島の清浄大気の常時監視体制の確立を目的として行った.2014年は富士山における大気化学観測の充実に焦点を絞り,気相・固相・水相の大気汚染物質について総合大気化... 東アジアにおける全球大気観測拠点として富士山を中心に据え,日本上空・離島の清浄大気の常時監視体制の確立を目的として行った.2014年は富士山における大気化学観測の充実に焦点を絞り,気相・固相・水相の大気汚染物質について総合大気化学観測を行った.大気中ガス状水銀(GEM),雲水中微量重金属の観測を初めて行い,富士山頂における日中GEM濃度は国内地上域よりも高いことを初めて明らかにした.これらの成果はInternationalConference on AsianEnvironmental Chemistry (ICAEC) 2014で優秀学生賞を獲得し,大気環境学会誌に掲載された.

福島県の里山に大気沈着した放射性Csの長期変動と環境調和型森林除染技術の開発

2017年度

研究成果概要:2011年3月11日に起きた東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所事故 (以下,福島原発事故) により放射性物質が大気中に放出され,陸域環境に沈着した.放射能汚染の影響は未だに続いている.福島県では森林が71&...2011年3月11日に起きた東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所事故 (以下,福島原発事故) により放射性物質が大気中に放出され,陸域環境に沈着した.放射能汚染の影響は未だに続いている.福島県では森林が71 %を占め,農地は11 %,宅地と道路はそれぞれ4 %である.里地里山は都市周辺山地(12 %),中山間地(60 %),奥山周辺(19 %)に分布している.放射性物質による高汚染度地域は中山間地が多く,生活と密着していることから里山除染に対する地元の期待は強い.本研究では,里山に大気沈着した放射性セシウムの分布と動態を明らかにし,効率的な里山除染の方法と環境調和型除染技術を確立することを目的としている.2012年から2017年まで,福島駅から浪江町山林内部までの各観測地点における空間線量率の走行サーベイを行っている.どの地点も経年的に空間線量率は減少しているが,最も離れた福島市内でも空間線量率が高い地点が存在している.このような地点で山林であり,除染が未だに行われていないことを示している.浪江町南津島の小規模森林では,放射性セシウム濃度は内部のスギ/アカマツ混合林に比べて林縁部の広葉樹林で高濃度である.広葉樹林では生葉,落葉,表層土壌で減少傾向にあるが,2015年以降,生葉と表層土壌ではほぼ一定であり,放射性Cs濃度も両者でほぼ一致している.この地点では根が浅い広葉樹が生育しているため,表層土壌に蓄積した放射性Csを経根吸収し,内部循環していることを示している.森林内部のスギ/アカマツ混合林では,放射性セシウム濃度は2013年には落葉に蓄積していたが,落葉の分解とともに表層土壌に移行し,2016年には表層土壌に蓄積していた.この地域ではスギやアカマツによる経根吸収は起こっていない.里山除染と行うには樹種に応じた手法の開発が必要であり,磁性プルシアンブルーナノコンポジットを用いた放射性Csの環境調和型除染技術開発に継続して取り組んでいる.

東アジア地域における対流圏大気化学観測タワーとして富士山を利用するための基礎研究

2006年度

研究成果概要:富士山は孤立した高峰であり,4000m近い高さの観測用鉄塔に見なせる可能性に着目し,富士山山体を鉛直的に利用して大気化学観測を行った.今年度は,富士山山頂および山麓において夏期集中大気化学観測を行うとともに,富士山麓において雨水お...富士山は孤立した高峰であり,4000m近い高さの観測用鉄塔に見なせる可能性に着目し,富士山山体を鉛直的に利用して大気化学観測を行った.今年度は,富士山山頂および山麓において夏期集中大気化学観測を行うとともに,富士山麓において雨水および霧水の通年観測を行った.その結果,以下のようなことが明らかになった.1) 本研究で新たに開発した“太陽電池駆動小型自動雨水採取装置”と従来から湿性沈着用の評価に使用されてきたろ過式採取器を用いて,富士山山麓における湿性沈着量の通年観測を行った.その結果,自動採取装置では降雨採取ロスがなく,乾性沈着の影響を防げることから,山岳域等の無電源地域における湿性沈着量を評価する上で有用な装置であることが明らかになった.2)山頂と山麓で雨水と霧水の同時採取を行った.その結果,山頂に比べて山麓で成分濃度は高く、pHは低いことが分かった.観測期間中の山頂における霧水の体積加重平均pHは4.49であり,山麓における霧水の体積加重平均pHは3.47であった.3)山頂,山麓ともに霧水pHの低下には,(硝酸イオン/硫酸イオン)比の増加を伴うことから,霧水pHの低下は大気中HNO3ガスの吸収によるものと推測された.4)山頂と山麓で,大気中および霧水中VOCs(塩素化炭化水素,単環芳香族炭化水素,二環芳香族炭化水素,カルボニル類)の同時観測を行った.大気および霧水ともにトルエンが主要なVOCsであることが分かった.カルボニル類ではアセトン濃度が高濃度であった.現時点では大気中VOCsの起源は特定できていないが,山頂のVOCs濃度は山麓や都心部と同程度に高いことが分かった.5)霧水中VOCsには大気中VOCsからヘンリー則によって予測される以上のVOCsが溶解しており,その濃縮率は山麓の方が高いことが分かった.特に,ナフタレン類の濃縮率が高く,霧水中に含まれる非溶存態のフミン様物質が関与している可能性が示唆された.6)都心域に比べて,富士山山麓ではエアロゾル中の多環芳香族炭化水素(PAHs)は低濃度であり,都心域の1/3以下であることが分かった.測定を行ったPAHsのなかでは,フルオランテンとピレンが主要であることが明らかになった.

富士山を観測塔として利用した雲核および降水洗浄過程に関するフィールド研究―東アジアの高層大気化学観測拠点を目指して―

2008年度

研究成果概要: 富士山を自然の観測タワーとみなせば,大気汚染物質の鉛直分布の解明に利用できる.また,霧水の化学組成を霧発生時から経時的に調べることにより,ガスおよびエアロゾルの雲内洗浄過程や霧水の酸性化機構の解明を行うことが期待できる.本研究で... 富士山を自然の観測タワーとみなせば,大気汚染物質の鉛直分布の解明に利用できる.また,霧水の化学組成を霧発生時から経時的に調べることにより,ガスおよびエアロゾルの雲内洗浄過程や霧水の酸性化機構の解明を行うことが期待できる.本研究では,富士山南東麓における霧水,ガスおよびエアロゾルの通年観測を行うとともに,夏季には富士山頂,富士山山麓における同時観測を行い,越境大気汚染物質の動態と雲(霧)による洗浄機構について検討を行った.  霧水の採取は富士山南東麓の太郎坊(標高1300 m)で,本研究助成により新規開発した分割採取型自動霧水採取機DFC-2200(北都電機)を用いて行った.また,4段フィルター法により酸性ガス(SO2, HCl, HNO3, HNO2)およびアンモニア,大気エアロゾルを2週間毎に採取した.夏季集中観測時には,山頂と南東麓で揮発性有機化合物と多環芳香族炭化水素などの有害有機汚染物質の観測も行った. 富士山南東麓における霧水の最低pHは3.19であり,体積加重平均pHは3.86であることが分かった(n = 114).霧水の主要陽イオンはNH4+で,主要陰イオンはNO3-であった.霧水酸性化の指標となるNO3-/nss SO42-比(当量比)は0.243~4.01(平均1.72)であり,富士山南東麓では霧水酸性度に及ぼす硝酸の寄与が大きいことが分かった.日本国内の他の山岳域(0.236 (立山)~2.81 (六甲山・夏季))で採取された霧水に比べても高い傾向にある. 夏季に富士山頂と南東麓で同時に観測を行ったところ,富士山頂の霧水ではNO3-に比してSO42-の割合が高いことが分かった.日本国内ではSO2濃度がきわめて低いことから,S042-濃度が高くなる要因としては越境汚染の可能性が考えられる.また,約4000m近い自由対流圏高度に位置する富士山頂においても,ベンゼン,トルエンなどの揮発性有機化合物の大気濃度は南東麓(1300m)と同程度のレベルにあることが分かった.さらに,富士山頂で採取された雲(霧)水中には,これらの揮発性有機化合物がヘンリー則からの予測値以上に雲(霧)水に取り込まれていることがはじめて明らかになった.本研究により,富士山を用いた大気化学観測の有用性が示された.

大気中フミン様物質の計測・動態・起源・大気環境影響評価に関する研究

2009年度

研究成果概要:大気エアロゾルや雲・霧水中にフミン物質と類似した構造と特性を有する高分子有機物,すなわち,フミン様物質(HULIS)の存在が確認され,その起源と大気圏動態が注目されている.大気中フミン様物質は,エアロゾルの吸湿特性,界面活性特性,...大気エアロゾルや雲・霧水中にフミン物質と類似した構造と特性を有する高分子有機物,すなわち,フミン様物質(HULIS)の存在が確認され,その起源と大気圏動態が注目されている.大気中フミン様物質は,エアロゾルの吸湿特性,界面活性特性,光学特性の変化を引き起こし,雲粒形成過程(雲粒の生成・蒸発速度,雲粒粒径分布)や疎水性有機化合物の大気水相への促進吸収などに関与することが指摘されている.しかし,エアロゾル粒子中フミン様物質の同定には至らず,その起源やエアロゾルの光学特性,吸湿特性に及ぼす影響については未解明のままであった.本研究では,以下の4点を目的に研究を行った. 1)大気中フミン様物質の計測手法の開発 2)大気中フミン様物質のキャラクタリゼーション 3)大気中フミン様物質の起源および動態解析 4)大気中フミン様物質の大気環境影響評価 2009年7月17日~8月25日まで夏季集中観測を行った.観測地点は,富士山頂(富士山測候所,3776 m),富士山南東麓(太郎坊,1300 m),早稲田大学西早稲田キャンパスである.観測項目は,エアロゾル化学特性(水溶性主要無機成分,水溶性有機物(WSOC),HULIS,PAHs),エアロゾル生物特性(細菌株の同定と細菌数,),ガス状物質(VOCs,酸性ガス,アンモニア),霧水・雨水・露水中化学成分(主要無機成分,溶存有機炭素(DOC),HULIS,VOCs)である.大気中フミン様物質の測定には,水圏フミン物質の分析手法であるHiraide et al. (1994)の方法を改良したDEAE-XAD-UV法を用いた. 2009年7月は梅雨明けが遅く,天候不順であったことから,富士山頂では観測期間中に54試料の雲水が得られた.雲水中フミン様物質(HULIS)濃度は日中に高く,夜間低いという明瞭な日変動を示した.富士山頂の雲水では,富士山南東麓で同時期に得られた霧水,雨水,大気エアロゾル中 HULISに比べて,フミン酸の割合が高い傾向にあるが,日中にはフルボ酸の割合が増加した. HULISは界面活性能を有することが指摘されていることから,単位無機イオン濃度あたりのHULIS濃度,すなわち,HULIS濃度と主要無機イオン濃度(total ion concentration, TIC)との比(以下,HULIS/TIC比)が,大気中VOCsの雲水への促進吸収過程に及ぼす影響について検討した.その結果,雲水中のHULIS/TIC比が高いほど,雲水中VOCsの濃縮係数(定義:(降水中VOCsの実測値)/(降水中VOCsのヘンリー則からの予想値))が増加することが分かった. 本研究により,自由対流圏高度における雲水中HULISの濃度変動,フミン酸とフルボ酸の割合,さらに雲水中HULIS濃度が高いほど気相VOCsを効率的に取り込むことが明らかになった.

富士山体を利用した自由対流圏高度におけるエアロゾルー雲ー降水相互作用の観測

2009年度

研究成果概要: 雲はエアロゾルを凝結核として生成し,その成長過程で水溶性ガスを吸収する.雲粒径が臨界直径より小さければ,雲粒は消失して気相にエアロゾルを放出するが,この過程を通じてエアロゾル径を増加させるとともに,水溶性成分を増加させる.雲粒径... 雲はエアロゾルを凝結核として生成し,その成長過程で水溶性ガスを吸収する.雲粒径が臨界直径より小さければ,雲粒は消失して気相にエアロゾルを放出するが,この過程を通じてエアロゾル径を増加させるとともに,水溶性成分を増加させる.雲粒径が臨界直径より大きければ,雲粒はさらに液滴成長して併合衝突により雨滴となって地上に落下する.このエアロゾルー雲ー降水相互作用は,地球温暖化とその環境影響の将来予測の観点から注目されている.本研究では,自由対流圏高度に位置する富士山頂で雨水,霧水,水溶性ガス・エアロゾルの連続観測を行い,日本上空のバックグランド大気濃度の解明を行うとともに,エアロゾル-雲-降水相互作用について検討した. 観測期間は2008年7月19日~8月25日であり,7月23日~30日までは泊まり込んでの集中観測を行った.観測地点は,富士山頂(富士山測候所,3776 m)と富士山南東麓(太郎坊,1300 m)である.観測項目はエアロゾル水溶性主要無機成分,酸性ガス(二酸化硫黄,硝酸,塩化水素)およびアンモニア,雲水および雨水中主要無機成分である.エアロゾルおよびガス成分の捕集には4段フィルター法,富士山頂における雲水の採取には受動型霧水採取器,富士山南東麓における雲水の採取には強制通風型自動霧水採取機を用いた.富士山麓では通年観測も行った。 7月集中観測期間中の富士山頂における雲水pHは4.04 ~ 5.61(平均:4.71),同時期に南東麓で採取された雲水pHは3.85~ 5.85(平均:4.12)であり,富士山頂では雲水のpH範囲が狭く,南東麓の雲水に比べて酸性度が低かった.雲水の主要な酸性物質である硝酸イオン濃度と非海塩性硫酸イオン濃度の比(NO3-/nss SO42-比)は富士山頂で0.24 ~ 1.98(平均:0.66),南東麓で0.28 ~ 2.42(平均:1.51)であり,富士山頂では硝酸イオンの存在割合が小さかった.一方,7月集中観測期間中の山頂におけるHNO3濃度は0 ~ 0.09 ppbv(平均:0.02 ppbv),SO2濃度は0.06 ~ 0.33 ppbv(平均:0.19 ppbv)であり,南東麓におけるHNO3濃度は0 ~ 0.14 ppbv(平均:0.03 ppbv),SO2濃度は0 ~ 0.38 ppbv(平均:0.14 ppbv)であった.HNO3濃度は富士山頂と南東麓でほぼ同じか,富士山頂で低濃度の傾向にあるが,SO2濃度は富士山頂で高濃度となる傾向が見られた.SO2濃度の上昇時には,CO濃度(燃焼起源の指標)とラドン濃度(陸地起源)の上昇を伴い,このときにはアジア大陸方向から空気塊が輸送されていた.したがって,アジア大陸由来のSO2が偏西風によって日本上空に輸送され, その輸送過程における粒子化とともに,SO2が雲水に取り込まれることによって富士山頂の雲水では富士山麓に比べてNO3-/nss SO42-比が低下したものと考えられた. 

富士山体を利用した自由対流圏高度におけるエアロゾル―雲―降水相互作用の観測

2010年度

研究成果概要:1.富士山は孤立峰で斜面が急峻であり,山頂は自由対流圏高度に位置することから,日本上空における大気中および雲水中の様々な大気汚染物質のバックグランド濃度,大陸からの長距離輸送によるバックグランド汚染,エアロゾルーガスー雲ー降水相互...1.富士山は孤立峰で斜面が急峻であり,山頂は自由対流圏高度に位置することから,日本上空における大気中および雲水中の様々な大気汚染物質のバックグランド濃度,大陸からの長距離輸送によるバックグランド汚染,エアロゾルーガスー雲ー降水相互作用の観測を行うことができる.2010年に行った夏季集中観測で得られた結果を以下に述べる. 2.観測は富士山南東麓の太郎坊(1300 m)と富士山頂(3776m)で行った.富士山頂での雲水採取には細線式パッシブサンプラー(臼井工業, FWP-500),南東麓での雲水採取には自動雲水採取機(北都電気,DFC-2200)を用いた.また,同時にフィルターパック法によりエアロゾル,酸性ガスおよびアンモニアを捕集した.試料は直ちに持ち帰り,分析を行った. 3.2010年夏季集中観測期間(7月13日~8月25日)における富士山頂の雲水pHは3.59~5.66 (平均4.95, n=40),南東麓の雲水pHは3.23~5.53 (平均4.01, n=21)であった.山頂における観測期間中の平均雲水内総イオン濃度は113 µeq/L であり,南東麓の1/10程度であった.雲水のNO3-/nss SO42-比は山頂で0.30~1.80 (平均0.84),南東麓で0.46~3.24 (平均2.63)であることから,富士山頂では南東麓に比べて大気中硝酸濃度が低いために雲水pHが高いと考えられる. 2010年8月中旬の山頂における雲水化学性状を示す.海洋性気塊が卓越していた8月9-12日には,雲水内総イオン濃度は20 µeq/L以下であり,pHは5.5付近を推移した.8月13日以降に大陸性気塊に変わると総イオン濃度は増加して1 meq/Lに達し,NO3-/nss SO42-比は0.30,pHは3.59まで低下した.この時にはCOとO3濃度も増加していることから,大陸からの汚染大気の輸送を示唆している.

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
環境資源工学の展望創造理工学部2019春学期
環境資源工学の展望 14前再創造理工学部2019春学期
環境資源工学の展望 【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019春学期
環境資源工学の展望 14前再 【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019春学期
Laboratory Work on Basic Inorganic and Analytical Chemistry創造理工学部2019通年
無機分析化学実験創造理工学部2019通年
無機分析化学実験  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019通年
環境保全工学概論創造理工学部2019春学期
環境保全工学概論  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019春学期
応用物理化学及び演習A創造理工学部2019春学期
応用物理化学及び演習A  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019春学期
環境資源工学実験A創造理工学部2019春学期
環境資源工学実験A  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019春学期
環境資源工学実験B創造理工学部2019秋学期
環境資源工学実験B  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019秋学期
卒業論文創造理工学部2019通年
卒業論文  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019通年
実務研修創造理工学部2019通年
環境地球化学創造理工学部2019秋学期
環境機器分析創造理工学部2019春学期
環境研究の実践と国際協力 創造理工学部2019集中講義(春学期)
Introduction to Earth and Environmental Engineering創造理工学部2019春学期
修士論文(地球資源)大学院創造理工学研究科2019通年
Research on Atmospheric and Aquatic Chemistry大学院創造理工学研究科2019通年
大気水圏環境化学研究大学院創造理工学研究科2019通年
生態環境学大学院創造理工学研究科2019秋学期
環境研究の実践と国際協力 大学院創造理工学研究科2019集中講義(春学期)
Seminar on Atmospheric and Aquatic Chemistry A大学院創造理工学研究科2019春学期
大気水圏環境化学演習A大学院創造理工学研究科2019春学期
Seminar on Atmospheric and Aquatic Chemistry B大学院創造理工学研究科2019秋学期
大気水圏環境化学演習B大学院創造理工学研究科2019秋学期
Seminar on Atmospheric and Aquatic Chemistry C大学院創造理工学研究科2019春学期
大気水圏環境化学演習C大学院創造理工学研究科2019春学期
Seminar on Atmospheric and Aquatic Chemistry D大学院創造理工学研究科2019秋学期
大気水圏環境化学演習D大学院創造理工学研究科2019秋学期
Master's Thesis (Department of Earth Sciences,Resources and Environmental Engineering)大学院創造理工学研究科2019通年
大気水圏環境化学研究大学院創造理工学研究科2019通年
環境保全工学特別演習大学院創造理工学研究科2019通年