氏名

ヒラサワ イズミ

平沢 泉

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0030097/)

所属

(先進理工学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
izumih@waseda.jp

住所・電話番号・fax番号

住所
〒169-8555新宿区 大久保3-4-1 
電話番号
03-5286-3215
fax番号
03-3208-6896

URL等

WebページURL

http://www.waseda-applchem.jp/lab/lab011.html

http://www.sci.waseda.ac.jp/research/

研究者番号
10228778

本属以外の学内所属

兼担

理工学術院(大学院先進理工学研究科)

学内研究所等

理工学総合研究センター

兼任研究員 1989年-2006年

実践的ナノ化学G

研究所員 2007年-2011年

リンアトラス研究所

研究所員 2015年-

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2006年-2018年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2018年-

学歴・学位

学歴

-1976年 早稲田大学 理工学部 応用化学科
-1978年 早稲田大学 理工学研究科 応用化学

学位

工学博士 論文 早稲田大学(日本)

工学修士 課程 早稲田大学

学士 課程 早稲田大学(日本)

経歴

1978年-1989年荏原インフィルコ荏原総研 主任研究員
1989年-1994年早稲田大学 助教授
1995年-早稲田大学 教授
1995年-1996年, 2004-2006 、2009-2011中央環境対策審議会 委員
2013年-早稲田大学環境保全センター所長

所属学協会

日本原子力学会 正会員

ヨーロッパ化学工学連合 科学委員会 委員

化学工学会 人材育成センター 理科教育委員会 委員長

化学工学会 関東支部副支部長

海水学会 研究理事

化学工学会 広告委員会副委員長、国際交流センター 中国委員会委員長

海水学会 編集理事

化学工学会 関東支部 監事

日本結晶成長学会

水環境学会

日本化学会

アメリカ化学工学会

分離技術会 企画委員長、日韓国際分離技術シンポジウム プログラムチャアマン

委員歴・役員歴(学外)

2011年-経済産業省 BNF暫定対策委員会 産業系委員長 度、2012年度
2011年-環境省関連 温泉排水対策委員会 度、2012年度
2011年-関東経済局 地下水漏えい未然防止委員会 委員長 度、2012年度
2008年04月-文部科学省 産学連携人材パートナーシップ委員会
2010年09月-経済産業省 亜鉛に係わる排水対策促進のための技術検討会 委員長
2010年09月-経済産業省 暫定排水基準設定項目にかかわる規制検討 委員
2009年10月-経済産業省 温泉排水に関する検討会 委員
2009年06月-中央環境審議会 第7次総量規制委員会 委員
2009年11月-中央環境審議会 排水規制等専門委員会 委員 ー
2009年04月-中央環境審議会 環境基準設定に関する委員会 委員
2009年09月-中央環境審議会 環境水域の今後のあり方専門委員会
産業と環境の会閉鎖性水域の水環境の在り方委員会委員長2009.9−
2009年07月-2010年03月経済産業省 BNF暫定フォローアップ排水処理技術検討委員会 委員長
2009年04月-化学工学会 関東支部 支部長
2009年04月-中央環境審議会 専門委員会 第7次総量規制
2008年06月-中央環境審議会 専門委員会 環境基準
2008年10月-2009年03月閉鎖性水域対策委員会 委員長
2008年10月-2009年03月BNF暫定フォローアップ調査委員会 委員長
2007年-溶剤リサイクル技術調査 委員長
2007年-2007年フッ素、ホウ素、アンモニアに係わる暫定基準見直しに関する検討委員会 委員 日水コン/環境省
2006年-2007年環境負荷物質対策調査 経済産業省 委員
2006年-2007年水系に含有する微量金属の除去・回収に関する調査 主査: 造水促進センター
2006年-2007年新規資源循環社会システムの形成に関する調査委員会 委員長: クリーンジャパンセンター
2005年-2006年溶剤リサイクルハンドブック編集委員会 編集委員長:溶剤リサイクル工業会
2006年-EFCE ISIC Scientific Committee Foreign Invited Member
2006年-ARC(オーストラリア研究審議会) 国際専門家(晶析)
2006年-化学工学会 材料界面部会 副代表、晶析技術分科会 代表
2006年-分離技術会 企画委員会 委員長
1400年-ISO専門委員会 委員長 2006 −
2006年-化学工学会 人材育成センター 理科教育委員会 委員長
2006年-化学工学会 国際交流センター 中国委員会 委員長
2005年-海域環境対策研究会 委員長
2005年-産業と環境の会「閉鎖性海域水質環境保全対策検討会」 委員長
2004年-分離技術会 国際分離技術シンポジウム プログラムチャエマン
2001年-2002年化学工学会 広報委員会 副委員長
2002年-2003年化学工学会 中国委員会 副委員長
2003年-2004年化学工学会 APCChE 論文審査委員会 委員長
2005年-化学工学会 関東支部 副支部長
2005年-中央環境対策審議会 Zn水生生物排水規制検討委員会 委員
2003年-閉鎖性水域対策検討委員会 委員長
1400年-ISO専門委員会 委員長 2005 −
1996年-1998年中央環境対策審議会 閉鎖性水域対策専門委員会 委員
2004年-中央環境対策審議会 閉鎖性水域対策専門委員会 委員
2003年-経済産業省排水処理技術対策委員会 セレン、セレン化合物 委員
1995年-経済産業省排水処理対策委員 モリブデン バナジウム 委員
1990年-経済産業省排水処理技術検討委員会 無機顔料、有機顔料 委員

受賞

インド化学工学会 優秀発表賞

2014年12月

化学工学会 功労賞

2012年03月

国際分離技術会議2009貢献賞

2009年11月

分離技術会 技術賞

2005年06月

国際分離技術会議2005貢献賞

2005年08月

化学工学会関東支部功労賞

2005年08月

ポスター賞(分離技術会)

2004年06月

ポスター賞(分離技術会)

2000年11月

技術賞(化学工学会)

2000年03月

優秀論文賞(下水道協会)

1982年04月

2016年度論文審査貢献賞

2017年03月授与機関:化学工学会

受賞者(グループ):平沢 泉

JSCEJ 優秀論文賞

2018年09月授与機関:化学工学会

取材ガイド

カテゴリー
環境学
専門分野
先進晶析工学、水処理工学、結晶品質制御
自己紹介コメント
液中から希望品質の結晶を自在に創る先進晶析工学研究を推進している。結晶製品は、医薬品、食品などその機能が生かされ、身の回りにあふれている。品質の設計・制御を自在に達成するには、基礎現象である核化、成長をよく理解し、速度論的に解析する必要がある。そのような学問をベースに、医薬品、食品分野や、ナノ材料分野さらには環境分野への貢献を探求している。環境分野では、リンやフッ素の回収に成功した。
キーワード
ナノ結晶、超音波利用、資源回収

その他基本情報

結晶は、成長し、かつ核化する。無生物と生物の間に結晶があり、まさに結晶は生きている。基礎理論と実際の工学理論を埋める新規な概念を提出したい。

研究分野

キーワード

晶析,排水処理,蓄熱、化学工学一般、環境保全、分離・精製・検出法

共同研究希望テーマ

難晶析性結晶の晶析研究

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:技術相談、受託研究、共同研究、その他

晶析プロセスの強化

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:技術相談、受託研究、共同研究

難結晶性物質の結晶化制御

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:技術相談、受託研究、共同研究

潜熱蓄熱材およびプロセスの開発

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:技術相談、受託研究、共同研究

ナノ結晶創製戦略

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:技術相談、受託研究、共同研究、その他

有機物結晶の核化・多形・転移制御

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:技術相談、受託研究、共同研究、その他

生体高分子の工業晶析研究

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:技術相談、受託研究、共同研究、その他

反応晶析過程における多形制御

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:技術相談、受託研究、共同研究、その他

晶析現象を利用した物質回収型環境浄化プロセスの開発

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:技術相談、受託研究、共同研究、その他

結晶析出抑制

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:技術相談、受託研究、共同研究、その他

研究シーズ

研究テーマ履歴

1978年-2005年難溶性微粒子の晶析に関する研究

研究テーマのキーワード:微粒子,晶析

国際共同研究

1990年-工業晶析装置・操作の設計

研究テーマのキーワード:設計,工業晶析

個人研究

1978年-2008年晶析法を利用した物質回収に関する研究

研究テーマのキーワード:回収,晶析

国内共同研究

1990年-所望の結晶品質を有する結晶の設計

個人研究

1990年-高環境効率生産プロセスの設計

個人研究

1990年-晶析装置・操作の設計

個人研究

1990年-成分分離プロセスの設計

個人研究

1990年-物質回収型環境浄化プロセスの確立

個人研究

1990年-2000年廃熱回収プロセスとしての潜熱蓄熱プロセスの開発

個人研究

1995年-単分散nm微結晶の創製

個人研究

1990年-核化・成長の基礎研究

個人研究

論文

Effect of salt addition on supercooling property of erythritol

Suzuki, Motohiro; Machida, Hironobu; Satomi, Hayato; Hirasawa, Izumi

Kagaku Kogaku Ronbunshu44(1)p.12 - 172018年01月-2018年01月 

DOIScopus

詳細

ISSN:0386216X

概要:© 2018 The Society of Chemical Engineers, Japan. The effect of salt addition on the supercooling properties of erythritol was investigated in an attempt to create a novel sugar alcohol type of latent heat storage material that has high thermal storage density and remains in a supercooled state at room temperature. The mechanism of the effect was also examined. Various cationic and anionic species having different valences were each added to erythritol, and their effects on supercooling properties were evaluated with crystallization temperature and supercooling retention time as indices. The supercooling retention mechanism was also investigated focused on the interaction between erythritol and each additive by NMR (Nuclear Magnetic Resonance) spectroscopy. It was found that erythritol additives containing monovalent anions are effective as supercooling stabilizers, and additives containing divalent anions are effective as supercooling inhibitors. It was also found that cationic species have a smaller influence than anionic species. Additives that include the acetate ion were found to be a capable of maintaining erythritol in a supercooled state at room temperature, and the improvement of supercooling retention was considered to be due to the interaction between the hydroxy group of erythritol and the acetate ion.

Eutectic formation from melt mixtures of hydrates of nickel and cobalt salts

Watanabe, Yasuyuki; Hirasawa, Izumi

Kagaku Kogaku Ronbunshu44(1)p.3 - 112018年01月-2018年01月 

DOIScopus

詳細

ISSN:0386216X

概要:© 2018 The Society of Chemical Engineers, Japan. Based on the idea that eutectic formation is an useful technology for controlling the melting points of latent heat storage materials over a wide temperature range, precise experimental studies were carried out on the inevitability of eutectic composition of salt hydrate mixtures. Phase diagrams were developed from heating curves of two pseudo-binary systems, Ni(NO 3 ) 2 ·6H 2 O-CoCl 2 ·6H 2 O and NiCl 2 ·6H 2 O-Co(NO 3 ) 2 ·6H 2 O. The melting points of individual hydrates were 53.5, 53.0, 51.5 and 53.5°C, respectively. In the two binary systems, similar simple eutectic formations were recognized under the same conditions of 30°C and equimolar composition. The crystal compositions in the systems changed depending on the binary mixing ratio. At the same time, new crystal phases that were not attributed to either of original salt hexahydrates were also generated, and the contents of the new phases became maximum at the eutectic points. The two eutectics generated were found to have the same crystal composition as each other as analyzed by X-ray powder diffraction patterns. Consequently, it was concluded that the eutectics were formed through the mutually equivalent exchange of dissociated ions. Further, the inevitability of those compositions was determined as the mixing ratio at which the mutually equivalent exchange might be maintained for all dissociated ions.

Relationship between supercooling stability and solution structure in sodium acetate aqueous solution

Machida, Hironobu; Sugahara, Takeshi; Hirasawa, Izumi

Journal of Crystal Growth475p.295 - 2992017年10月-2017年10月 

DOIScopus

詳細

ISSN:00220248

概要:© 2017 Elsevier B.V. We have observed the solution structure of the supercooled sodium acetate aqueous solution, especially for the existence of clusters and their crystallization process, by means of Scanning electron microscopy (SEM) with the freeze replica method. Microscopic internal structure of sodium acetate trihydrate crystals mainly constitutes the aggregates of 100–200 nm in diameter, which consists of the clusters of 10–20 nm in diameter. In the case of a supercooled aqueous solution of 293 K, two types of aspect in the vitrified aqueous solution mainly exist: one is the clusters of 10–20 nm in diameter; the other is the smooth zone without any structure. At 263 K, the relationship among clusters of 10–20 nm and their aggregates of 100–200 nm was clearly observed. The aggregates construct the three-dimensional loose networks, which are not fully packed, different from the crystal.

Particle size distribution control of Pt particles used for particle gun

Ichiji, M.; Akiba, H.; Nagao, H.; Hirasawa, I.

Journal of Crystal Growth469p.180 - 1832017年07月-2017年07月 

DOIScopus

詳細

ISSN:00220248

概要:© 2016 Elsevier B.V. The purpose of this study is particle size distribution (PSD) control of submicron sized Pt particles used for particle gun. In this report, simple reaction crystallization is conducted by mixing H 2 PtCl 6 and ascorbic acid. Without the additive, obtained Pt particles have broad PSD and reproducibility of experiment is low. With seeding, Pt particles have narrow PSD and reproducibility improved. Additionally, mean particle diameter of 100–700 nm is controlled by changing seeding amount. Obtained particles are successfully characterized as Pt by XRD results. Moreover, XRD spectra indicate that obtained particles are polycrystals. These experimental results suggest that seeding consumed nucleation, as most nuclei attached on the seed surface. This mechanism virtually restricted nucleation to have narrow PSD can be obtained.

Size control of Au NPs supported by pH operation

Ichiji, Masumi; Akiba, Hiroko; Hirasawa, Izumi

Journal of Crystal Growth469p.168 - 1712017年07月-2017年07月 

DOIScopus

詳細

ISSN:00220248

概要:© 2016 Elsevier B.V. Au NPs are expected to become useful functional particles, as particle gun used for plant gene transfer and also catalysts. We have studied PSD (particle size distribution) control of Au NPs by reduction crystallization. Previous study found out importance of seeds policy and also feeding profile. In this paper, effect of pH in the reduction crystallization was investigated to clarify the possibility of Au NPs PSD control by pH operation and also their growth process. Au NPs of size range 10–600 nm were obtained in single-jet system using ascorbic acid (AsA) as a reducing agent with adjusting pH of AsA. Au NPs are found to grow in the process of nucleation, agglomeration, agglomeration growth and surface growth. Au NPs tend to grow by agglomeration and become larger size in lower pH regions, and to grow only by surface growth and become smaller size in higher pH regions.

Study of polymorphic control in an ethanol-water binary solvent

Kitano, Hiroshi; Tanaka, Takayuki; Hirasawa, Izumi

Journal of Crystal Growth469p.54 - 582017年07月-2017年07月 

DOIScopus

詳細

ISSN:00220248

概要:© 2016 Elsevier B.V. Three polymorphs of L-Citrulline crystals, anhydrate (Form α, γ and δ) and pseudo polymorph (dihydrate), were confirmed. In this study, polymorphic control of L-Citrulline was attempted by changing the ethanol concentration in ethanol-water binary solvents. First, each polymorph of L-Citrulline crystals was added to the prepared ethanol-water binary solvents and samples which were obtained chronologically were measured by XRD. Also, the crystal sizes and shapes in transformation were observed by microscope. Then, polymorphs of the crystals after transformation were determined by XRD pattern. As a result, the transformation from dihydrate to anhydrate was observed by adding dihydrate crystals to the ethanol-water binary solvent. Similarly, the transformation from anhydrate to another anhydrate was observed. Especially in the case of adding dihydrate, the existences of all polymorphs were confirmed by adjusting ethanol-water binary solvent. According to the results, it was revealed that polymorphic transformation was affected by the trace amount of water contained in ethanol-water binary solvent. Moreover, transformation from dihydrate to anhydrate was constructed with three phases, dissolution of dihydrate, nucleation and growth of anhydrate. Therefore, the solution-mediated polymorphic transformation was supposed to be a key mechanism for this transformation.

Synthesis of Platinum Nanoparticles by Reductive Crystallization Using Polyethyleneimine

Nagao, Hideyuki; Ichiji, Masumi; Hirasawa, Izumi

Chemical Engineering and Technology40(7)p.1242 - 12462017年07月-2017年07月 

DOIScopus

詳細

ISSN:09307516

概要:© 2017 WILEY-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim Sub-10-nm-sized Pt nanoparticles were synthesized by reducing Pt ions with NaBH 4 , with the addition of polyethyleneimine (PEI) as a protective reagent. Well-dispersed Pt nanoparticles with a narrow size distribution were successfully produced. When lowering the pH of the PEI solution, cubic and tetrahedral nanoparticles were observed, while at a higher pH, only spherical nanoparticles were produced. In addition, by selecting a suitable concentration of PEI, the protective reagent itself can reduce Pt ions to generate Pt nanoparticles with diameters in the range of 12.9–70.7 nm. This shows the potential of one-pot synthesis of Pt nanoparticles by just adding Pt ions and PEI.

Shape Change and Growth Behavior of Monosodium Urate Monohydrate in a Gout Model

Ozono, Chihiro; Hirasawa, Izumi; Kohori, Fukashi

Chemical Engineering and Technology40(7)p.1231 - 12342017年07月-2017年07月 

DOIScopus

詳細

ISSN:09307516

概要:© 2017 WILEY-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim Deposition of needle-shaped monosodium urate monohydrate (MSU) crystals in synovial fluid provokes the acute inflammatory response of gout. The mechanism of MSU crystallization was investigated in batch operation under the same pH and Na + concentration of synovial fluid. It was found that stirring enhanced the aggregation of needle-shaped MSU, and the deposition of MSU was faster and larger in amount. MSU crystals in supersaturated urate solution were detected by dynamic light scattering and UV absorption, suggesting that the urate concentration affected not the crystal growth but nucleation. Since the increase of the number of MSU crystals is assumed to cause a high risk of gout, this result supports the importance of the control of serum urate level as a treatment of gout.

Polymorph Control of L-ArgHCl on Antisolvent Crystallization by Ultrasonic Irradiation

Ike, Yuki; Hirasawa, Izumi

Chemical Engineering and Technology40(7)p.1318 - 13222017年07月-2017年07月 

DOIScopus

詳細

ISSN:09307516

概要:© 2017 WILEY-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim Amino acids are utilized as medical raw materials and food additives. It is well-known that most of the amino acids show polymorphism. Differences in the crystal structures affect the physical and chemical properties. Therefore, an effective method for polymorph control is required in the crystallization process. Polymorph control of L-arginine hydrochloride (L-ArgHCl) on antisolvent crystallization was achieved by ultrasonic irradiation. L-ArgHCl exhibits polymorphism and crystallizes into three distinct crystal forms. Without irradiation, the metastable form was selectively crystallized. In contrast, the unstable form was selectively crystallized by irradiation. Irradiation after the addition of an antisolvent led to a shorter induction time.

Growth Mechanism of Hollow Sodium Chloride Single Crystals Grown from a Mixed Solvent of Cyclohexane and Acetone

Kaneko, Shiro; Hirasawa, Izumi

Chemical Engineering and Technology40(7)p.1276 - 12812017年07月-2017年07月 

DOIScopus

詳細

ISSN:09307516

概要:© 2017 WILEY-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim Recently, hollow sodium chloride crystals have been proposed as potential high-value-added crystals. The crystal growth mechanism of such crystals is elucidated using X-ray diffraction (XRD), optical microscopic imaging, and analysis of both the chloride ions and water content in the mixed solvent of cyclohexane and acetone. A series of experimental conditions, including the stirring time after injecting the aqueous sodium chloride solutions into the mixed solvent and the ratio of cyclohexane and acetone, are evaluated in detail. Based on experimental data, possible growth mechanisms are proposed to explain the formation of hollow sodium chloride crystals.

結晶形状が変化する過程でのFBRMからの粒径分布ーコード長分布変換

ACES

招待有り7p.91 - 1072017年02月-2017年02月 

Relationship between degree of melting point depression of calcium chloride hexahydrate melt and amount of additives in the melt

Watanabe, Yasuyuki; Hirasawa, Izumi

Kagaku Kogaku Ronbunshu43(2)p.129 - 1372017年01月-2017年01月 

DOIScopus

詳細

ISSN:0386216X

概要:© 2017 The Society of Chemical Engineers, Japan.With a view to controlling the melting point and extending the temperature range for practical application of calcium chloride hexahydrate as a latent heat storage material, an attempt was made to derive an empirical equation by which to evaluate quantitatively the degree to which various additives depress its melting point (measured value, 302 K). The change in melting point relative to the amount of additive was measured for each of nine additives, and the ability of each additive to depress melting point was expressed numerically by use of a simple empirical equation. Based on the assumption that the depression of melting point results from the synergistic action of completely dissociated ions in the melt, the ability of each type of ion was quantified, and the values were employed in a simple method to calculate the degree of melting point depression.

The Solubility Characteristics of Aluminum Sulfate in Sulfuric Acid Aqueous Solution in the Presence of Oxalic Acid

IMURA Naoko;SONOHARA Atsushi;HIRASAWA Izumi

Journal of Chemical Engineering of Japan50(7)p.516 - 5202017年-2017年

CiNii

詳細

ISSN:0021-9592

概要:

The solubility of aluminum sulfate in sulfuric aqueous solution was determined and analyzed thermodynamically. Aluminum sulfate dissolved in sulfuric acid aqueous solution not spontaneously, because the dissolution enthalpy is a positive value. The solubility of aluminum sulfate had a temperature dependency and hardly dissolved with higher concentration of sulfuric acid. On the other hand, aluminum sulfate solubility did not depend on the existence of oxalic acid, which was dissolved to saturation concentration as an additive. Moreover, the solubility curves of aluminum sulfate and oxalic acid were different in the range between 1.5 M and 6 M sulfuric acid aqueous solution at 25°C. Therefore, using the difference of solubility characteristics, aluminum sulfate could be recovered selectively from waste acid containing oxalic acid. An aluminum sulfate crystal generated from the model waste acid, which was 3.5 M sulfuric acid aqueous solution containing 20 g⋅L−1 oxalic acid, was determined as one of aluminum sulfate hydrate by powder-XRD and its purity was 94%.

塩化カルシウム6水塩の融点降下度と添加物混合量との関係

渡邉 裕之;平沢 泉

化学工学論文集43(2)p.129 - 1372017年-2017年

CiNii

詳細

ISSN:0386-216X

概要:

本研究は,潜熱蓄熱材として利用される塩化カルシウム6水塩(融点302 K, 実測値)の融点調整手法に関するものである.塩化カルシウム6水塩融液に溶解可能な物質を添加すると,融液の融点はその添加量に応じて降下するので,潜熱蓄熱材としての適用可能な温度範囲を広げることが期待される.しかし,この融点降下度は添加物の種類によって異なり,一般に知られる希薄な電解質水溶液系における融点降下に関する理論式からでは予測ができない.そこで,本報では添加物の融点降下能力を定量的に評価するための実験式の導出を試みた.塩化カルシウム6水塩融液に溶解する添加物9種について,それぞれの添加量に対する融点の変化を実測し,添加物の融点降下能力を簡易的な実験式を用いて数値化した.さらに,この融点降下能力が融液中で完全解離した添加物イオンによる相乗的な作用と仮定して,各解離イオンの融点降下能力を定量化し,これらの数値を用いて融点降下度を算出する簡易的な方法を提案した.

Size control of Au NPs supported by pH operation

Masumi Ichiji n, HirokoAkiba,IzumiHirasawa

Journal of Crystal Growth2016年12月-2016年12月 

Particle size distribution control of Pt particles used for particle gun

M. Ichiji n, H.Akiba,H.Nagao,I.Hirasawa

Jornal of Crystal Growth2016年12月-2016年12月 

Study of polymorphic control in an ethanol-water binary solvent

Hiroshi Kitano, Takayuki Tanaka, Izumi Hirasawa

2016年12月-2016年12月 

高分子電解質共存下での炭酸カルシウムの多形、粒径おとび形状制御

園部祐子

化学工学技術査読有り38(6)p.1053 - 10582016年06月-2016年06月 

Purification of uranium products in crystallization system for nuclear fuel reprocessing

Takeuchi, Masayuki; Yano, Kimihiko; Shibata, Atsuhiro; Sanbonmatsu, Yuji; Nakamura, Kazuhito; Chikazawa, Takahiro; Hirasawa, Izumi

Journal of Nuclear Science and Technology53(4)p.521 - 5282016年04月-2016年04月 

DOIScopus

詳細

ISSN:00223131

概要:© 2015 Atomic Energy Society of Japan.Uranium crystallization system has been developed to establish an advanced aqueous reprocessing for fast breeder reactor (FBR) fuel cycle. In the crystallization system, most part of uranium in dissolved solution of spent FBR-MOX fuels is separated as uranyl nitrate hexahydrate (UNH) crystals by a cooling operation. The targets of U yield and decontamination factor (DF) on the crystallization system are decided from FBR cycle performance and plutonium enrichment management. The DF is lowered by involving liquid and solid impurities on and in the UNH crystals during crystallization. In order to achieve the DF performance (more than 100), we discuss the purification technology of UNH crystals using a Kureha Crystal Purifier (KCP). Results show that more than 90% of uranium in the feed crystals could be recovered as the purified crystals in all test conditions, and the DFs of solid and liquid impurities on the purified UNH crystals are more than 100 under longer residence time of crystals in the column of KCP device. The purification mechanism is mainly due to the repetition of sweating and recrystallization in the column under controlled temperature.

Purification of uranium products in crystallization

Masayuki Takeuchia, Kimihiko Yanoa, Atsuhiro Shibataa, Yuji Sanbonmatsub, Kazuhito

Journal of Nuclear Science and Technology53(4)p.521 - 5282016年02月-

DOI

Heterogeneous precipitation of gold particles on silica gel

Takashi MIKAMI, ,Chisato KONNO,Yuta TAKAYASU and Izumi HIRASAWA

Journal of Chemical Engoneers of Japn49(2)p.186 - 1962016年02月-2016年02月 

Heterogeneous precipitation of gold nanoparticles on PEI coated silica gel

Mikami, Takashi; Konno, Chisato; Takayasu, Yuta; Hirasawa, Izumi

Journal of Chemical Engineering of Japan49(2)p.186 - 1902016年02月-2016年02月 

DOIScopus

詳細

ISSN:00219592

概要:© 2016 The Society of Chemical Engineers, Japan.Gold nanoparticles were precipitated on the surface of silica gel without mechanical mixing. Polyethylenimine (PEI) which was coated on the surface of silica gel reduced raw materials of hydrogen tetrachloroaurate (III) tetrahydrate (HAuCl4·4H2O). Formation of gold nanoparticles on silica gel was con_rmed by using Field Emission Scanning Electron Microscope (FE-SEM) and Energy Dispersive X-ray Fluorescence Spectrometer (EDX). In this study, particles size distribution and coverage ratio of gold on silica gel were investigated.

Heterogeneous Precipitation of Gold Nanoparticles on PEI Coated Silica Gel

MIKAMI Takashi;KONNO Chisato;TAKAYASU Yuta;Hirasawa Izumi

JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN49(2)p.186 - 1902016年-2016年

CiNii

詳細

ISSN:0021-9592

概要:Gold nanoparticles were precipitated on the surface of silica gel without mechanical mixing. Polyethylenimine (PEI) which was coated on the surface of silica gel reduced raw materials of hydrogen tetrachloroaurate (III) tetrahydrate (HAuCl44H2O). Formation of gold nanoparticles on silica gel was confirmed by using Field Emission Scanning Electron Microscope (FE-SEM) and Energy Dispersive X-ray Fluorescence Spectrometer (EDX). In this study, particles size distribution and coverage ratio of gold on silica gel were investigated.

Polymorphism, Size and Shape Control of Calcium Carbonate Crystals in the Presence of a Polyelectrolyte

Yuko Sonobe, Hiroto Watamura and Izumi Hirasawa

Chemical Engineering Technology38(6)p.1053 - 10582015年06月-

Effect of Seeding and pH Conditions on the Size and Shape of Au Nanoparticles in Reduction Crystallization

Hiroko Akiba, Masumi Ichiji, Hideyuki Nagao and Izumi Hirasawa

Chemical Engineering Technology38(6)p.1068 - 10722015年06月-

Solubility Characteristics and Crystallization Behavior of Oxalic Acid in the Presence of Sulfuric Acid

Naoko Imura and Izumi Hirasawa

Chemical Engineering Technology38(6)p.1042 - 10462015年06月-

Aging characteristics of protein precipitates produced by polyelectrolyte precipitation in turbulently agitated reactor

Woon-Soo Kim; Izumi Hirasawa; Woo-Sik Kim

Chemical Engineering Science.57(19)p.4077 - 40852015年05月-

Solubility Characteristics and Crystallization Behavior of Oxalic Acid in the Presence of Sulfuric Acid

Imura, Naoko;Hirasawa, Izumi

CHEMICAL ENGINEERING & TECHNOLOGY38(6)p.1042 - 10462015年-2015年

DOIWoS

詳細

ISSN:0930-7516

Effect of Seeding and pH Conditions on the Size and Shape of Au Nanoparticles in Reduction Crystallization

Akiba, Hiroko;Ichiji, Masumi;Nagao, Hideyuki;Hirasawa, Izumi

CHEMICAL ENGINEERING & TECHNOLOGY38(6)p.1068 - 10722015年-2015年

DOIWoS

詳細

ISSN:0930-7516

Polymorphism, Size and Shape Control of Calcium Carbonate Crystals in the Presence of a Polyelectrolyte

Sonobe, Yuko;Watamura, Hiroto;Hirasawa, Izumi

CHEMICAL ENGINEERING & TECHNOLOGY38(6)p.1053 - 10582015年-2015年

DOIWoS

詳細

ISSN:0930-7516

Effect of Specific Amino Acids on Controllimg Crystal Pseudopolymorphism of l-Arginine Hydrochloride

T. Shimizu, H. Yoshiuea, H. Nagano and I. Hirasawa

Chemical Engineering Technology37(8)p.1427 - 14302014年08月-2014年08月 

Poluacrylic Acid-Assisted Crystallization Phenomenaof Carbonate Crystals

Hiroto Watamura, Yuko Sonobe and Izumi Hirasawa

Chem. Eng. Technol.37(8)p.1422 - 14262014年08月-

A population balance model fot solvent-mediated polymオrphic transformation in unseeded solution

M. Kobari, N. Kubota and I. Hirasawa

CrystEngComm2014年06月-

Effect of detector sensitivity and resolution on induction time reading

Noriaki KUbota, Masanori KObari and Izumi Hirasawa

CrystEngComm.16p.1103 - 11122014年01月-2014年01月 

Effects of detector sensitivity and resolution on induction time reading

Kubota, Noriaki;Kobari, Masanori;Hirasawa, Izumi

CRYSTENGCOMM16(6)p.1103 - 11122014年-2014年

DOIWoS

詳細

ISSN:1466-8033

Polyacrylic Acid-Assisted Crystallization Phenomena of Carbonate Crystals

Watamura, Hiroto;Sonobe, Yuko;Hirasawa, Izumi

CHEMICAL ENGINEERING & TECHNOLOGY37(8)p.1422 - 14262014年-2014年

DOIWoS

詳細

ISSN:0930-7516

Effect of Specific Amino Acids on Controlling Crystal Pseudopolymorphism of L-Arginine Hydrochloride

Shimizu, Takeshi;Yoshiura, Hiromu;Nagano, Hiroshi;Hirasawa, Izumi

CHEMICAL ENGINEERING & TECHNOLOGY37(8)p.1427 - 14302014年-2014年

DOIWoS

詳細

ISSN:0930-7516

New Insights into Additive Structure Effect on Crystal Agglomeration of L-Valine

H. Yoshiura, N. Nagano and I. Hirasawa

Chemical Engineering & Technology36(4)p.2023 - 20282013年12月-2014年12月 

材料・界面

渡邉 哲;平沢 泉;宮本 公明;塩盛 弘一郎;清山 史朗;塩井 章久;田中 俊輔;後藤 健彦

化学工学 = Chemical engineering77(10)p.749 - 7532013年10月-2013年10月 

CiNii

詳細

ISSN:03759253

Kinetic study on polyethylenimine-assisted reactive crystallization of monodisperse strontium sulfate microcrystals

T. Mikami and I.Hirasawa

Chemical Engineering and TechnologyVolume 36, Issue 8p.1320 - 13262013年08月-

The relationship between crystal morphology and XRD peak intensity on CaSO42H2O

Mikiyasu Inoue and Izumi Hirasawa

Journal of Crystal Growth380p.169 - 1752013年08月-2013年08月 

Polyelectrolyte effects on the Crystallization Phenomena of Lithium Carbonate

H. Watamura, I. Hirasawa,

Journal of Crystal Growth373(15)p.111 - 1172013年06月-

Kinetic separation process of the inositol isomers by controlling metastable zone

Kaname Konuki and Izumi Hirasawa

Journal of Crystal Growth373(15)p.123 - 1272013年06月-

New Insight into the Additives Structure Effect on Crystal Agglomeration of L- Valine,

Hiromu Yosahiura, Hiroshi Nagano, Toshiko Kaneko and Izumi Hirasawa

Journal of Crystal Growth,373(15)p.50 - 602013年06月-

Creation of Controlled Manganese and Zinc Compounds by Reactive Crystallization

Y. Shimizu and I. Hirasawa

Journal of Chemical Engineering of JapanVol.46(No.5)p.342 - 3462013年05月-2013年05月 

Evaluation of Precipitation Behavior of Zirconium Molybdate

Liang Zhang, and Izumi Hirasawa

Frontier of Chemical Engineering7((1))p.65 - 712013年03月-

Filtration ability of hollow fiber membrane for production of magnesium ammonium phosphate crystals by reaction

H. Watamura, H. Marukawa, I. Hirasawa

Front. Chem. Sci. Eng7 (1)p.55 - 592013年03月-

Particle size distribution and shape control of Au nanoparticles used as particle gun

S. Kida, M. Ichiji, J. Watanabe, I. Hirasawa

Front. Chem. Sci. Eng7 (1)p.60 - 642013年03月-

Analytical and numerical study of detector sensitivity and resolution effects on metastable zone width

N. Kubota, M. Kobari and I.Hirasawa

CrystEngComm15p.2091 - 20982013年03月-

Efficient plastid transformation in tobacco using small gold particles (0.07–0.3μm)

Ayako Okuzaki, Shoko Kida, Junpei Watanabe, Izumi Hirasawa, Yutaka Tabei

Plant Biotechnology30p.1 - 82013年03月-

Deducing primary nucleation parameters from metastable zone width and induction time data determined with simulation

M. Kobari, N. Kubota and I.Hirasawa

CrystEngComm15p.1199 - 12092013年03月-

Kinetic Study on Polyethylenimine-Assisted Reactive Crystallization of Monodisperse Strontium Sulfate Microcrystals

Takashi Mikami and Izumi Hirasawa

Chemical Engineering & echnology36(1)p.1 - 82013年01月-

Impurities Effect on Carbonate Reactive Crystallization for the Wastewater

Y. Shimizu, Izumi Hirasawa

ISRN Chemical Engineering20132013年01月-

DOI

Evaluation of precipitation behavior of zirconium molybdate hydrate

Zhang, Liang;Takeuchi, Masayuki;Koizumi, Tsutomu;Hirasawa, Izumi

FRONTIERS OF CHEMICAL SCIENCE AND ENGINEERING7(1)p.65 - 712013年-2013年

DOIWoS

詳細

ISSN:2095-0179

Mechanism of specific influence of L-Glutamic acid on the shape of L-Valine crystals

Yoshiura, Hiromu;Nagano, Hiroshi;Hirasawa, Izumi

JOURNAL OF CRYSTAL GROWTH363p.55 - 602013年-2013年

DOIWoS

詳細

ISSN:0022-0248

Polyelectrolyte effects on the crystallization phenomena of the lithium carbonate

Watamura, Hiroto;Marukawa, Hironobu;Hirasawa, Izumi

JOURNAL OF CRYSTAL GROWTH373p.111 - 1172013年-2013年

DOIWoS

詳細

ISSN:0022-0248

Analytical and numerical study of detector sensitivity and resolution effects on metastable zone width

Kubota, Noriaki;Kobari, Masanori;Hirasawa, Izumi

CRYSTENGCOMM15(11)p.2091 - 20982013年-2013年

DOIWoS

詳細

ISSN:1466-8033

Efficient plastid transformation in tobacco using small gold particles (0.07-0.3 mum)

Okuzaki, Ayako;Kida, Shoko;Watanabe, Junpei;Hirasawa, Izumi;Tabei, Yutaka

PLANT BIOTECHNOLOGY30(1)p.65 - 722013年-2013年

DOIWoS

詳細

ISSN:1342-4580

Kinetic crystallization separation process of the inositol isomers by controlling metastable zones

Konuki, Kaname;Hirasawa, Izumi

JOURNAL OF CRYSTAL GROWTH373p.123 - 1272013年-2013年

DOIWoS

詳細

ISSN:0022-0248

Creation of Controlled Manganese and Zinc Compounds by Reactive Crystallization

Shimizu, Yoshiharu;Hirasawa, Izumi

JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN46(5)p.342 - 3462013年-2013年

DOIWoS

詳細

ISSN:0021-9592

The relationship between crystal morphology and XRD peak intensity on CaSO4 center dot 2H(2)O

Inoue, Mikiyasu;Hirasawa, Izumi

JOURNAL OF CRYSTAL GROWTH380p.169 - 1752013年-2013年

DOIWoS

詳細

ISSN:0022-0248

Kinetic Study on Polyethylenimine-Assisted Reactive Crystallization of Monodisperse Strontium Sulfate Microcrystals

Mikami, Takashi;Hirasawa, Izumi

CHEMICAL ENGINEERING & TECHNOLOGY36(8)p.1320 - 13262013年-2013年

DOIWoS

詳細

ISSN:0930-7516

New Insights into Additive Structure Effect on Crystal Agglomeration of L-Valine

Yoshiura, Hiromu;Nagano, Hiroshi;Hirasawa, Izumi

CHEMICAL ENGINEERING & TECHNOLOGY36(12)p.2023 - 20282013年-2013年

DOIWoS

詳細

ISSN:0930-7516

Effect of Seeding on Metal Ion Recovery from Wastewater by Reactive Crystallization of Metal Carbonate

Y. Shimizu and I. Hirasawa

Chemical Engineering Technology35(9)p.1588 - 15922012年09月-

Secondary nucleation-mediated effects of stirrer speed and growth rate on induction time for unseeded solution

M. Kobari, N. Kubota and I. Hirasawa

CrystEngComm.14p.5255 - 52612012年07月-

Effect of Ultrasonic Irradiation on Primary Nucleation in Heat Storage Material

K. Seo, M. Sakamoto Izumi Hirasawa

Chemical Engineering TechnologyVol 35(No.6)p.1013 - 10162012年06月-

Recovery of Ionic Substance from the Wastewater By Seeded Reaction

Y. Shimizu, I. Hirasawa

Chemical Engineering TechnologyVol.35(No.6)p.1051 - 10542012年06月-

Single-jet Precipitation of Silver Nanoparticles in the Presence of Poly(acrylic) Acid

Takashi Mikamim Takatoshi Nagahori, Jin Saito, Izumi Hirasawa

Chemical Engineering TechnologyVol.35(No.4)p.700 - 7042012年04月-

Effect of Ultrasonic Irradiation on the Crystallization of Sodium Acetate Trihydrate Utilized as Heat Storage Material

Seo, Kiwamu;Suzuki, Shunpei;Kinoshita, Takuya;Hirasawa, Izumi

CHEMICAL ENGINEERING & TECHNOLOGY35(6)p.1013 - 10162012年-2012年

DOIWoS

詳細

ISSN:0930-7516

Recovery of Ionic Substances from Wastewater by Seeded Reaction Crystallization

Shimizu, Yoshiharu;Hirasawa, Izumi

CHEMICAL ENGINEERING & TECHNOLOGY35(6)p.1051 - 10542012年-2012年

DOIWoS

詳細

ISSN:0930-7516

Single-Jet Precipitation of Silver Nanocrystals in the Presence of Poly(acrylic) Acid

Mikami, Takashi;Nagahori, Takatoshi;Saito, Jin;Hirasawa, Izumi

CHEMICAL ENGINEERING & TECHNOLOGY35(4)p.700 - 7042012年-2012年

DOIWoS

詳細

ISSN:0930-7516

Effect of Seeding on Metal Ion Recovery from Wastewater by Reactive Crystallization of Metal Carbonates

Shimizu, Yoshiharu;Hirasawa, Izumi

CHEMICAL ENGINEERING & TECHNOLOGY35(9)p.1588 - 15922012年-2012年

DOIWoS

詳細

ISSN:0930-7516

超音波を用いた晶析制御の展開

平沢泉

ファルマシア47(11)2011年11月-

超音波を用いた晶析制御の展開(最前線,<特集>クリスタルエンジニアリング)

平沢 泉

ファルマシア47(11)p.1024 - 10272011年11月-2011年11月 

CiNii

詳細

ISSN:00148601

Growth and Characterization of Borax Decahydrate by Cooling Crystallization

金子四郎、平沢 泉

Journal of Chemical Engineering of JapanVol.44(No.9)p.628 - 6352011年09月-2011年09月 

Effect of polyethyleneimine addition on crystal size distribution of Au nanocrystals

Takashi Mikami, Yuta Takayasu, Junpei Watanabe and Izumi Hirasawa

Journal of Chemical Engineering Technology2011年05月-

Computer simulation of metastable zone widt for unseeded potassium sulfate aqueous solution

Masanori Kobari, Noriaki Kubota and Izumi Hirasawa

Journal of Crystal Growth317(1)p.64 - 692011年05月-

Separation of solid impurity by melt crystallization

Mizuki Kumashirom Takuya Hoshino, Yoshinori Izumi, Yusuke Fujita and Izumi Hirasawa

Chemical Engineering and Technology44(4)p.525 - 5292011年04月-

Purification of aluminium nitrate nonahidrate by melt crystallization

Mizuki Mumashiro, Yoshinori Izumi, Takuya Hoshinom Yusuke Fujita and Izumi Hirasawa

Journal of Chemical Engineering of Japan44(2)p.105 - 1092011年04月-

Removal of liquid and solid impurities from uranyl nitrate hexahydrate crystalline particles in crystal purification process

M. Nakahara, K. Nomura, T. Washiya, T. Ghikazawa and I. Hirasawa

Journal of Nuclear Science and Technology48(1)p.322 - 3292011年03月-2011年03月 

Solvent-induced transformation of myo-inositol crystal

Mizuki Kumashiro, Shunki Saitoh, Azusa Kobayakawa and Izumi Hirasawa

Journal of Chemical Engineering of Japan44(3)p.187 - 1902011年03月-

Purification of Aluminum Nitrate Nonahydrate by Melt Crystallization

Kumashiro, Mizuki;Izumi, Yoshinori;Hoshino, Takuya;Fujita, Yusuke;Hirasawa, Izumi

JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN44(2)p.105 - 1092011年-2011年

WoS

詳細

ISSN:0021-9592

Influence of Polyethyleneimine Addition on Crystal Size Distribution of Au Nanocrystals

Mikami, Takashi;Takayasu, Yuta;Watanabe, Junpei;Hirasawa, Izumi

CHEMICAL ENGINEERING & TECHNOLOGY34(4)p.583 - 5862011年-2011年

DOIWoS

詳細

ISSN:0930-7516

Removal of Liquid and Solid Impurities from Uranyl Nitrate Hexahydrate Crystalline Particles in Crystal Purification Process

Nakahara, Masaumi;Nomura, Kazunori;Washiya, Tadahiro;Chikazawa, Takahiro;Hirasawa, Izumi

JOURNAL OF NUCLEAR SCIENCE AND TECHNOLOGY48(3)p.322 - 3292011年-2011年

WoS

詳細

ISSN:0022-3131

Solvent-Induced Transformation of Myo-Inositol Crystal

Kumashiro, Mizuki;Saitoh, Shunki;Kobayakawa, Azusa;Hirasawa, Izumi

JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN44(3)p.187 - 1902011年-2011年

WoS

詳細

ISSN:0021-9592

Separation of Solid Impurity by Melt Crystallization of Aluminum Nitrate Nonahydrate

Kumashiro, Mizuki;Hoshino, Takuya;Izumi, Yoshinori;Fujita, Yusuke;Hirasawa, Izumi

CHEMICAL ENGINEERING & TECHNOLOGY34(4)p.525 - 5292011年-2011年

DOIWoS

詳細

ISSN:0930-7516

Growth and Characterization of Borax Decahydrate by Cooling Crystallization

Kaneko, Shiro;Hirasawa, Izumi

JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN44(9)p.628 - 6352011年-2011年

WoS

詳細

ISSN:0021-9592

CSD-controlled reactive crystallization of SrSO4 in the presence of polyethyleneimine

Takashi Mikami, Takahiro Sakuma and Izumi Hirasawa

Journal of Chemical Engineering Research and Design88(Sp)p.1200 - 12052010年09月-2010年09月 

Effect of Ultrasonic Irradiation on the Selective Polymoroh Control in Sulfamerazine

Masahiro Kurotani and Izumi Hirasawa

Chemical Engineereing Research and DesignVol.88p.1272 - 12782010年09月-2010年09月 

PEI-assited preparation of Au particles via reductive crystallization process

Takashi Mikami, Yuta Takayasu and Izumi Hirasawa

Journal of Chemical Engineering Research and Design88(Sp)p.1200 - 12052010年09月-

DOI

Influence of Polyethyleneimine on Double-Jet Reactive Crystallization of Monodisperse BaSO4

Takashi Mikami, Shota Ikeda abd Izumi Hirasawa

Journal of Chemical Engineering of JapanVol. 43(No.8)p.698 - 7032010年08月-

結晶をつくる技術で、排水から資源を回収

Resouce Recovery from Wastestream by using Crystallization Technology

クリンネス2010.8p.2 - 72010年08月-

Facile production of mono-dispersed BaSO4 particles via PEI-mediated reactive crystallization process

Mikami Takashi and Izumi Hirasawa

Journal of Chemical Engineering of JapanVol.43(No.8)p.698 - 7032010年08月-

理科教育-教師対象の啓発活動 : 中高教諭とケミカルエンジニア交流のための見学・講演会-

平沢 泉

化学工学 = Chemical engineering74(8)2010年08月-2010年08月 

CiNii

詳細

ISSN:03759253

Simulation of metastable zone width and induction time for a seeded aqueous solution of potassium sulfate

M. Kobari, N. Kubota, I Hirasawa

Journal of Crystal Growth312(19)p.2734 - 27382010年07月-

Influence of nitric acid and plutonium concentration in dissolver solution of mixed oxide fuel on decontamination factors for uranyl nitrate hexahydrate crystal

M. Nakamura, K. Nomura, T. Washiya, T. Chikazawa and I. Hirasawa

Radiochim Acta98(6)p.315 - 3202010年06月-

DOI

反応晶析プロセスを利用した単分散硫酸塩の製造(その2)

三上貴司、平沢 泉

硫酸と工業Vol.63(6)p.83 - 872010年06月-

Polyethylenimine-Assisted Reactive Crystallization of SrSO4 to Obtain Monodispersed Nano/Micro-Particles

Mikami T, I. Hirasawa

Chemical Engineering & Technology33(5)p.797 - 8032010年05月-

反応晶析プロセスを利用した単分散硫酸塩の製造(その1)

三上貴司、平沢 泉

硫酸と工業Vol.63(6)p.69 - 752010年05月-

Quality-Controlled Reactive Crystallization of SrSO4 To Produce High-Valued Chemicals

Takashi Mikami and Izumi Hirasawa

Chemical Engineering TechnologyVol.33(5)p.775 - 7792010年05月-2010年05月 

Preparation and characterization of dicesium tetravalent plutonium hexanitrate

Masaumi Nakamura, Kzunori Nomura, Tadahiro Washiya, Takahiro Chikazawa and Izumi Hirasawa

Journal of Alloys and Compounds489p.659 - 6622010年04月-2010年04月 

Effect of Feeding Condition on Crystal Size Distributions of Mono-dispersed Particles via PEI-assisted Double-jet Reactive Crystallization

Takashi Mikami, Takahiro Sakuma and Izumi Hirasawa

Journal of Chemiucal Engineers of JapanVol.43(No.3)p.300 - 3072010年03月-2010年03月 

Control of CSD Width via PEI-Assited Reactive Crystallizatrion of MIcro-SrSO4 Particles

Takashi Mikami and Izumi Hirasawa

Journal of Chemical Engineers of JapanVol.43(No.3)p.308 - 3122010年03月-2010年03月 

色材サロン 早稲田大学 平沢研究室

平沢 泉

色材Vol.83(No.1)p.39 - 412010年01月-2010年01月 

Control of CSD Width via PEI-Assisted Reactive Crystallization of Micro-SrSO4 Particles

Mikami, Takashi;Hirasawa, Izumi

JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN43(3)p.308 - 3122010年-2010年

WoS

詳細

ISSN:0021-9592

Effect of ultrasonic irradiation on the selective polymorph control in sulfamerazine

Kurotani, Masahiro;Hirasawa, Izumi

CHEMICAL ENGINEERING RESEARCH & DESIGN88(9A)p.1272 - 12782010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:0263-8762

Preparation and characterization of dicesium tetravalent plutonium hexanitrate

Nakahara, Masaumi;Nomura, Kazunori;Washiya, Tadahiro;Chikazawa, Takahiro;Hirasawa, Izumi

JOURNAL OF ALLOYS AND COMPOUNDS489(2)p.659 - 6622010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:0925-8388

Effect of Feeding Condition on Crystal Size Distributions of Mono-Dispersed SrSO4 Particles Produced via PEI-Assisted Double-Jet Reactive Crystallization

Mikami, Takashi;Sakuma, Takahiro;Hirasawa, Izumi

JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN43(3)p.300 - 3072010年-2010年

WoS

詳細

ISSN:0021-9592

Quality-Controlled Reactive Crystallization of SrSO4 To Produce High-Valued Chemicals

Mikami, Takashi;Hirasawa, Izumi

CHEMICAL ENGINEERING & TECHNOLOGY33(5)p.775 - 7792010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:0930-7516

Polyelectrolyte-Assisted Reactive Crystallization of SrSO4 to Obtain Monodispersed Nano/Micro-Particles

Mikami, Takashi;Hirasawa, Izumi

CHEMICAL ENGINEERING & TECHNOLOGY33(5)p.797 - 8032010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:0930-7516

Influence of Polyethylenimine on Double-Jet Reactive Crystallization Process of Monodisperse BaSO4

Mikami, Takashi;Ikeda, Shota;Hirasawa, Izumi

JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN43(8)p.698 - 7032010年-2010年

WoS

詳細

ISSN:0021-9592

CSD-controlled reactive crystallization of SrSO4 in the presence of polyethylenimine

Mikami, Takashi;Sakuma, Takahiro;Hirasawa, Izumi

CHEMICAL ENGINEERING RESEARCH & DESIGN88(9A)p.1200 - 12052010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:0263-8762

PEI-assisted preparation of Au nanoparticles via reductive crystallization process

Mikami, Takashi;Takayasu, Yuta;Hirasawa, Izumi

CHEMICAL ENGINEERING RESEARCH & DESIGN88(9A)p.1248 - 12512010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:0263-8762

化学工学年鑑 晶析

平沢 泉

化学工学73(10)p.533 - 5342009年10月-2009年10月 

Observation of Secondary Nucleation in Drowning-Out Crystallization Using FBRM

Keigo Hanaki and Izumi Hirasawa

Journal of Chemical Engineering of JapanVol.42(No.6)p.386 - 3922009年06月-2009年06月 

Effect of ultrasonic irradiation on the behavior of primary nucleation of amino acids in suersaturated solution

Masahiro Kurotani、Etsuko Miyasaka, Satomi Ebihara,Izumi Hirasawa

Journal of Crystal Growth311p.2714 - 27212009年03月-

A System having a Crystallization process for Phosphorus Recovery from Methane Fermentation Digested  Sludge

Izumi Hirasawa etal

Kagaku Kogaku Ronbunshuu35(1)p.127 - 1322009年01月-

ものづくり、資源、環境そしてアジアの視点から  巻頭言

平沢 泉

荏原時報2009年01月-

Application of Ultrasonic Irradiation to Control Crystallization

Izumi Hirasawa

Proceedings of International Symposium of Crystal Engineering & Drug Delivery system1p.1 - 132009年-

超音波を利用した晶析操作の原理と応用

宮坂悦子、平沢 泉

化学工学72(11)2008年11月-

材料界面 晶析

平沢 泉

化学工学72(10)p.579 - 5802008年10月-

Polymorph control of sulfamerazine by ultrasonic irradiation

Masahiro Kurotani, Izumi Hirasawa

Journal of Crystal Growth310p.4576 - 45802008年10月-

Crystallization technology to create nanocrystals

Izumi Hirasawa, Takashi Mikami

Jouranl of the Japan Society of Color Material81(5)p.161 - 1642008年05月-

Development of a process for the recovery of phosphorus resource from digested sludge by crystallization technology

K. Shimamura, H. Ishikawa, A. Mizuoka and I. Hirasawa

Journal Water Science & Technology57(3)p.451 - 4582008年03月-

Recovery of Anion as Resources Based on Crystallization Engineering

Izumi Hirasawa, Kyoko Ishibashi

Journal of Material and Mining Japan124(1)p.1 - 62008年01月-

化学工学年鑑2007 材料界面 晶析技術

平沢 泉

化学工学71(10)2007年10月-

晶析技術を利用した下水からのリン回収プロセス

島村和彰、石川英之、平沢 泉

用水と廃水49(9)p.64 - 702007年09月-

Design of Constant Supersaturation Cooling Crystallization of a Pharmaceutical: A Simple Approach

Keigo Hanaki, Izumi Hirasawa

Journal of Chemical Engineering of Japan40(1)p.63 - 712007年08月-

晶析技術を活用した有用元素の回収技術

平沢 泉

分離技術37(3)p.12 - 172007年06月-

Effects of ultrasonic irradiationon primary nucleation of acetylsalicylic acid in the agitated solution

Etsuko Miyasaka, Izumi Hirasawa

World Journal of Chemical Engineering2007(1)p.25 - 342007年05月-

Preparation of Blue-Flluorescing Chloroapatite Powder in Methanol

Akio Tanahashi, Izumi Hirasawa

World Journal of Chemical Engineering2007(1)p.35 - 432007年05月-

晶析法による有用元素の回収

平沢 泉

分離技術57(3)2007年05月-

Use of a Seeder Reactor to manage Crystal Growth in the Fluidized Bed Reactor for Phosphorus Recovery

K.Shimamura and Izumi Hirasawa

Water Environment Research79(4)p.406 - 4132007年04月-

晶析技術を用いた嫌気性消化汚泥からのりん資源回収プロセスの開発

島村和彰、平沢 泉

エバラ時報(215)p.14 - 222007年04月-

晶析工学を基軸にしたナノ結晶のビルドアップ

平沢 泉、三上貴司、池田将太

ケミカルエンンジニアリング52(3)p.54 - 582007年03月-

ナノ結晶生成のための戦略

平沢 泉

研究情報誌M&E(11)2006年11月-

資源循環型排水処理の新展開 ー水再生と同時に資源を回収する持続可能プロセスー

平沢 泉

平成18年造水技術講演会2006年11月-

晶析技術を用いた嫌気性消化汚泥中のリン回収システムの検証

島村和彰、 平沢 泉

下水道協会誌43(529)p.108 - 1172006年11月-

Study on Phosphrus Recovery System Using a Fluidized-bed Crystallization Reactor

K. Shimamura and Izumi Hirasawa

Journal of Chemical Engineering Japan39(10)p.1119 - 11272006年10月-

Investigation of primary nucleation phenomena of acetylsalicylic acid crystals induced by ultrasonic irradiation- ultrasonic energy needed to activate primary nucleation

E.Miyasaka, I Hirasawa

Journal of Crystal Growth295p.97 - 1012006年09月-

Effect of ultrasonic irradiation on the nucleation phenomena in Na2HPO4・12H2O melt used as a heat storage material

Etsuko Miyasaka、Izumi Hirasawa

Ultrasonics. Sonochemistry13p.308 - 3122006年04月-

Strategy to Obtain nm Crystals through Precipitation of Polyelectrolyte

Izumi Hirassawa, Takashi Mikami

Chem. Eng. Technol.29(2)p.1 - 42006年02月-

Effect of ultrasonic irradiation on the number of acetylsalicylic acid crystals produced under the supersaturated condition and the ability of controlling the final crystal size via primary nucleation

Etsuko Miyasaka、Izumi Hirasawa

Journal of Crystal. Growth289p.324 - 3302006年01月-

実用化が進展するソノクリスタリゼーションプロセス(超音波を用いた晶析プロセス)

ケミカルエンジニアリング(2005 vol.50 No. 1250(12)p.61 - 662005年12月-

Creation of Blue-Fluorescing Chloroapatite Crystals Through Reaction Crystallization In Hydrophilic Solvent,

ISIC162005年09月-

Effect of Instantaneous Ultrasonic Irradiation on Nucleation Phenomena in The Supersaturated Solution of K-Alum

BIWIC20052005年09月-

Monodispersed Fine Particle Precipitation Process of Strontium Sulfates with a Crystal Growth Modifier

ISIC162005年09月-

Recovery of NI2+ in Wastewater from ELectroless Nickel-Plating Process by Reduction Crystallization  – Effect of Seeds and Complexing Agent—

BIWIC20052005年09月-

Study on Removal and Recovery of Fluoride Ion from wastewater By Calcium Fluoride crystallization method

BIWIC20052005年09月-

The effect of ultrasonic irradiation on the nucleation of acecyl saricylic acid and controlling final size via primary nucleation

BIWIC20052005年09月-

The effect of ultrasound on the crystal size of Aspirin produced in the supersaturated solution, VDI Report 1901

VDI Report19012005年09月-

Selective Synthesis of Nanosized Calcite in Reaction Crystallization by Feeding Additive

ICSST0512005年08月-

Effect of Seed Property on the Process of Nickel Ion Reduction Crystallization

ISST-KJ 05ISST-KJ 052005年08月-

Nucleation and Crystal Growth of K-Alum in the Process of Drawing-out Crystallization

ISST-KJ 05ISST-KJ052005年08月-

Pressurized gas-liquid reaction crystallization of calcium carbonate at high pressure CO2

ISST-KJ052005年08月-

Reaction Crystallization of Calcium Carbonate in the Presence of Polyelectrolyte Modified by Carboxyl Group

ISST-KJ 05ISST-KJ 052005年08月-

Selective Synthesis of Nanosized Calcite in Reaction Crystallization of Calcium Carbonate by Feeding Additive

ISSTーKJ052005年08月-

化学工学年鑑 晶析

化学工学69(7)p.597 - 5982005年07月-

Strategy to obtain nm crystals in the polyeletrolyte environment

German – Japan Joint Seminar on Crystallization meets Pharmacy, 1, 7-12 (2005)1p.7 - 122005年05月-

Morphologocal Control of calcium carbonate in reverse micelle system with anionic surfactant

Journal of Colloid and Interface288p.496 - 5022005年04月-

Influence of Polyethylenimine on the Precipitation Process of Lead Sulfate

Journal of Crystal Growth2602004年04月-

Influence of Polyethylenimine on the Precipitation Process of Lead Sulfate

Journal of Crystal Growth2602004年02月-

Polymorphic Change of Calcium Carbonate during Reaction Crystallization in a Batch Reactor

Ind. Eng. Chem. Res.2004;432004年02月-

Polymorphic Change of Calcium Carbonate during Reaction Crystallization in a Batch Reactor

Ind. Eng. Chem. Res.2004;432004年02月-

Nuclataion of Hydrate crystal by ultrasonic wave

Basic Technology symposium/ Material Interface/ Chemical Engineers Japan 22004年01月-

超音波による水和塩結晶の核発生

化学工学会 材料界面部会 共通基盤技術シンポジウム Nucleation Symposium22004年01月-

Green Technology in the Pfarmaceutical Manufacturing

Separation Engineers Japan12003年07月-

医薬品製造でグリーン化技術

医薬品製造における分離技術12003年07月-

Crystallization Rate and Crystal Purity

Research Project, Grant-in-Aid for Scientific Research(C)1993〜19952003年04月-

Novel Crystallization Process in the International Industrial Crystallization Symposium

Journal of Separation Engineers Japan33:22003年03月-

Reserach Trends of GSC Process

Chemical Equipment32003年03月-

GSCに特化したプロセスの世界における研究開発動向

化学装置32003年03月-

国際晶析シンポジウムからのトピックス −新規晶析プロセスー

分離技術33;22003年03月-

Industrial Crystallization Study on Biopolymer

Chemical Industry/2,52-562003年-

Changes in crystalline properties of nanosized hydroxyapatite powders prepared by low temperature reactive crystallization

Journal of Chemical Engineers Japan35,112002年11月-

Effect of Supersaturation on crystal size and number of crystals produced in antisolvent crystallization

Journal of Chemical Engineering Japan35. 11, 1219-12232002年11月-

Effect of supersaturation on crystal size and number of crystals produced in antisolvent crystallization

Journal of Chemical Engineers Japan35,112002年11月-

A Study on the Degradation of Endcrine Disruptors and Dioxins by Ozonation and Advanced Oxidation Processes

Journal of Chemical Engineering Japan Vol.35、No.11 2002年10月-

Changes in crystalline properties of nanosized hydroxyapatite powders prepared by low-temperature reactive crystallization

Journal of Chemical Engineering Japan35:112002年10月-

Effect of supersaturation on crystal size and number of crystals produced in antisolvent crystallization

Journal of Chemical Engineering JapanVol.35、No.11 2002年10月-

A study on the degradation of endcrine disruptors and dioxins by Ozonation and advavced oxidation process

Journal of Chemical Engineers Japan35,92002年09月-

Crystallization of Lead Sulfate With Agglomeration Restrainers

Chemical Engineering Transactions1,92002年09月-

Recovery of Nickel Ion From Wastewater of Electroless Plating by Reduction Crystallization

Chemical Engineering Transactions2,92002年09月-

nm size control of calcite from amorphous state triggered by heterogeneous substances

Chemical Engineering Transactions1,92002年09月-

Crystallinity of Hydroxyapatite Produced By Reaction Crystallization At Low Temperature

Chemical Engineering TransactionsVolume 22002年09月-

Nucleation Phenomena of Sodium Chloride By Antisolveent Crystallization

Chemical Engineering TransactionsVolume 12002年09月-

Reactive Crystallization of Lead Sulfate With Agglomeration Restrainer

Chemical Engineering TransactionsVolume 12002年09月-

Recovery of Nickel Ion From Wastewater of Electroless Nickel Plating By Reduction Crystallization – Effect of pH Control in the Reactor on the Nickel Ion Recovery

Chemical Engineering TransactionsVolume 22002年09月-

nm Size Control of Calcite From Amorphous State Triggered By Heterogeneous Substance

Chemical Engineering Transactions Volume 12002年09月-

Crystallization phenomena of magnesium ammonium phosphate in a fluidised-bed-type crystallizer

Jouranal of Crystal Growth237-239, 2183-21872002年06月-

Modification of crystal growth of yttrium oxalate

Journal of Crystal Growth 235p.529 - 5402002年06月-

無電解ニッケルめっき老化液処理への還元晶析法の適用—反応挙動に対する種晶比表面積の影響

表面技術53:32002年05月-

A study on the degradation of endcrine disruptors and dioxine by ozonation and advanced oxidatius Processes

Journal of Chemical Engineering Japan35. 9. 840-8472002年04月-

Changes in crystalline properties of nanosized hydroxyapatito powders prepared by low temperaturs reactive crystallization

Journal of Chemical Engineers Japan35. 11. 1203-1210 2002年04月-

Crystallization phenomena of magnesium ammonium phosphate (MAP) in a fluidized bed crystallizer

Journal of Crystal Growth237-2382002年04月-

Crystallization phenomena of magnesium ammonium phosphate (MAP) in a fluidized bed crystallizer

Journal of Crystal Growth237-2392002年04月-

還元晶析法による無電解ニッケルめっき老化液からのNiイオン除去・回収技術

堀川 健、平沢 泉

CREATIVE(345-52)2002年03月-

Modification of crystal growth of yttrium oxalate

Jouranal of Crystal growth2352002年02月-

Modification of crystal growth of yttrium oxalate

Journal of Crystal Growth2352002年02月-

Combination Mechanism of Lysozyme with Polyacrylic Acid at Equilibrium in Polyelectrolyte Precipitation

Journal of Chemical Engineers Japan342001年11月-

Prediction of Lysozyme Separation by Polyelectrolyte Precipitation in Mechanically Agitated MSMPR Reactor

Journal of Chemical Engineering Japan342001年11月-

Combination Mechanism of Lysozyme with Polyacrylic Acid at Equilibrium in Polyelectrolyte Precipitation

Journal of Chemical Engineering JapanVol.342001年11月-

Prediction of Lysozyme Separation by Polyelectrolyte Precipitation in Mechnically Agitated MSMPR Reactor

Journal of Chemical Engineering JapanVol.342001年11月-

Application of Reduction Crystallization to the Treatment of Electroless Nickel Plating Wastewater- Effect of Specific Surface Area of Seed Crystals on the Reaction Behavior

Proc. Of the 6th World Congress of Chem. EngrNo P3-032 2001年10月-

Crystallization Technology as a Fixation Method for Resources from the Sea

Bulletin of the Society of Sea Water Science Japan55,52001年09月-

Effects of Experimental Conditions on the Mechanism of Particle Aggregation in Protein Precipitation

Chemical Engineering Science562001年09月-

Effects of Experimental Conditions on the Mechanism of Particle Aggregation in Protein Precipitation

Chemical Engineering Science562001年09月-

Strategy to Obtain nm Mono-dispersed Fine Crystals through Reactive Crystallization

BIWIC 2001September2001年09月-

Application of Reduction Crystallization to the Treatment of Electroless Nickel Plating Wastewater -Effect of Specific Surface Area of Seeds on the Reaction Behavior

The 6th World Congress of Chemical Engineeringp3-032 2001年09月-

Controlled Double-Jet Precipitation of Lead Sulfate

Proc. of the 4th World Congress of Chem. Eng.102001年09月-

Removal and Recovery of Nickel Ion from Wastewater of Electroless Plating by Reduction Cryscallization

Korean J. Chem. Eng.17; 6, pp. 629-6322001年06月-

Crystallization Technology as a Fixation Method for Resources from the Sea

Bulletin of the Society of Sea Waster Science Japan55,52001年05月-

Crystallinity of Hydroxyapatite Produced By Reaction Crystallization At Low Temperature

Journal of Chemical Engineering Japan2, 611-6162001年05月-

Crystallization Technology Handbook 2nd Edition

Marcel Dekkar2001年03月-

Crystallization Technology Handbook 2nd Edition

Marcel Dekkar2001年03月-

単分散微粒子の製造方法

特願2001-0212572001年03月-

曇点現象を利用した非イオン界面活性剤の除去・回収に関する研究

化学工学会66年会2001年03月-

日本における工業品析研究の現状

Lasentec User Forum 20012001年02月-

貧溶媒添加法による塩化カリウム存在下の塩化ナトリウムの品析

日本海水学会誌55; 2, pp. 91-962001年02月-

生体高分子の工業晶析研究

化学工業52; 2, pp. 52-562001年01月-

特集 晶析

化学工学65; 1, pp. 46-472001年01月-

無電解ニッケルめっき老化液処理の現況

表面技術52; 1, pp. 62-632001年01月-

Growth Rate of Flat Plate Borax Crystal in a Supersaturated Solution with Fines

Proc. of the 4th World Congress of Chem. Eng.102001年-

Overview to Wastewater Treatment Technology in the 21<SUP>st</SUP> Century

Journal of Separation Technology Japan29/3,2-102001年-

Trends of Crystallization Process

Bulletin of Society of Sea Water Sci. Japan53/3,142-1472001年-

Nucleation and Crystal Gromth Phenomens of Sodium Chloride Under the Condition of High Ethanol Ratio

8th World Salt Symposiom2/,1001-10032000年09月-

Secondary Nucleation Rate and Crystal Growth Rate Sodium Chloride in a Semi-Batch Crystallizer.

Proc. of Seventh Symposium on Salt2000年09月-

Formation of calcium carbonate by reaction crystallization

Journal of the Society of Inorganic Material Japan72000年07月-

反応晶析法による炭酸カルシウムの生成

Jounal of the Soc. Of Inorgenic Material, Japan7, pp. 307-3122000年07月-

Removal and recovery of Nickel Ion from Wastewater of Electroless Plating by Reduction Crystallization

Korean Journal of Chemical Engineering17,62000年06月-

ダイオキシン類の分解技術

分離技術30; 4, pp. 2-32000年04月-

化学工学技術賞;潜熱蓄熱プロセスの開発

化学工学会/年会2000年03月-

Industrial Cryscallization for Material Recyeling

Kagaku Kogaku59/7,500-5932000年-

Study on the Recovery of Ions in Wastewater by Cryscallization

Memoirs of the School & Engineering, Waseda Univ./60,97-1192000年-

21世紀の水処理技術を展望する

分離技術29/3,2-102000年-

Heat Storage System using Ultra Sonic primary nucleation

Bradiwic 1999/Bradford Univ.Vol.1:2号1999年09月-

Secondary Nucleation Phenomena in the reactive Crystallization of Lead Sulfate

Industrial Crystallization 1999/IChemVol.21999年09月-

Spherical MAP Crystallization Phenomena in the Process of MAP Reaction Crystallization

Industrial Crystallization 1999/IChemVol.21999年09月-

Development of phosphate Remoral Process by Hydroxyapatite Crystallization

The 2nd Korea-Japan Symposium on Separation Technology589-5921999年09月-

Examination on the removel process for Ammonium and Phosphate ions using MAP crystallization -Examination based on the solubility in water-

Crystallization Symposium49/,172-1771999年09月-

静止系融液内の晶析現象を利用した潜熱蓄熱

分離技術会誌 6号/分離技術会1999;6号1999年08月-

21世紀の水処理技術

分離技術会誌 4号/分離技術会1999;4号1999年06月-

Crystallization Technology Handbook

Marcel Dekkar1999年06月-

Effect of Scale-up on Nickel Removal Efficiency in Reduction Crystallization on Nickel Plating

Proc. Of APPChE 1999/K..Ch.EVol.31999年05月-

Environmental Crystallization in the Environmental Field

Proc. Of APPChE 1999/K..Ch.EVol.31999年05月-

ホウ酸ナトリウム10水和物結晶懸濁系における成長結晶による二次核発生速度とその振動現象

化学工学論文集/化学工学会25巻;4号1999年04月-

晶析プロセスの動向

日本海水学会誌/日本海水学会53巻;3号1999年04月-

Secondary Nucleation Rate by Gromiy Crystals and Oscillation Phgnomena in Sodium Boralo Pecahydrate Crystal Suspersion

Kagaku Kogaku Ronbunshu25/4,549-5531999年-

Development of Phosphate Removal Process by Calcium Phosphate Crystallization -Effect of Carbonate-

11th Symposium on Ind. Crystallization1998年09月-

Fractal Dimension and Industrial Clystallization

Chem. Ergr.59/4,288-2891998年-

Nucleation and Growth Plenomene in the process of Lead Sulfate Fine particles Production by Reactine cryseallization

Kagaku Kogaku Ronbunshu21/3,495-5011998年-

Nucleations and Growth in the Process of Reactive Crystallization of Sparingly Soluble Salt

Soc. of Chem. Ergr. Project Report of Special Workshop for Crystallization Tech.2/,41-541998年-

Study on the Growth of Plate-like Mandelic Acid Crystal in Aqueons Solution

Research Report of Shorai Foundation for Science and Technology8/,141-1481998年-

Study on Formation of Calcite Crystals and Crystallizer-Operation

Research Project, Grant-in-Aid for Scientific Research(B)1996-19971997年-

Study on Phosphate and Ammonium Removal using Crystallization Phenomena of Magnesium Ammonium Phosphate

Research Project, Grant-in-Aid for Scientific Research(C)1996-19971997年-

Macroscopic Roughness of Grown Borax Crystals and Inclusion of Potassium Ion

Indnstrial Crystallization 1996/,779-7841996年09月-

Crystallization in the field of wastewater treatment

Kagaku Kougaku

55/41996年03月-

Macro Roughness of Borax and Inclusion of K ions

Industrial Crystallization/Elsevier961996年02月-

Development of crystallization in chemical Industry

Mol.3/,21-261996年01月-

Reserach on the removal process of Ammonium and Phosphate Ions from Wastewater by Crystallization of Magnesium Ammonium Phosphate

Chem. Engr. Symp. Ser./化学工学会491995年08月-

物質循環のための工業晶析

化学工学/化学工学会591995年08月-

Nucleation and Growth Phenomena in the Process of Lead Sulfate Fine Particles by Reactive Crystallization

Kagaku Kougaku Ronbunshu/化学工学会211995年07月-

Crystallization from Melt

Crystallization Technology Handbook/Marcel Dekkar1995年04月-

Study on Crystallization of Sparirgly Soluble Hydroxyapatite

Reports of Researches Assisted by The Asahi Glass Foundation115-1181995年-

Surface Nucleations, Secondary Nucleation and Their Effect on Crystal Growth Rate and Crystal Purity

BIWIC/,64-701995年-

The Purity of Benzene Crystal from Benzene-Cyclohexane Melt

Proc. of the 4th World Congress of Chem. Eng.101995年-

nm Size Control of Calcite From Aworpbous State Triggered By Heterogeneous Substance

Chemical Engineering Transaction1, 179-1841995年-

Crystallizer-Diffusion Separation Operation(Adsorption and Crystallization)

Kagaku Kogaku61/8,5951994年-

Controlled Double-Jet Precipitation of Sparingly Soluble Salts.A Method for the Precipitation of High Added Value Materials

Chemistry Materials41992年04月-

Basic Study on Softening Treatment of High Hardness Water by pelleting Method

Haikibutu Gakkaishi Ronbunshu3/3,61-651992年03月-

Study on the phosphate removal from the sewage water by the contact crystallization

Kagaku Kougaku18/203-2051991年-

Basic Powder Engr.Lecture Chapter 10.Crystallization (1),(2)

Powder Technology Japan27/2,30-381990年01月-

Study on the phosphate removal by crystallization method from wastematen

Water pollution Reseaech6/4,229-2351990年-

Effect of Collisions between the impeller blade and the crystals on the secondary nucleation rate of the potash-Alum System

Ken Toyokura, Izumi Hirasawa

International chemical Engineeringvol.21(2)p.269 - 2751981年02月-

Effect of the agitator contact on the secondary nucleation rate of K-alum

Kagaku Kougaku Ronbunshu5/61980年-

A present Study of Wastewater treatment of Electroless Nickel Plating

Surface Technology52/1,62-63

Crystallinity Increase of Hydroxyapatite in the Process of Reaction Crystrllization

Industrical Crystallization 19992/,500-505

Effect of Supersonic Radiation on the primary nucleation in the supercooling melt

Bradiwic 19991/,94-100

Environmental Crystellization in the Wastewater Treatment

BIWIC 19991/,54-57

Nucleation Phenomene of Sodium Chloride By Antisolvent Crystallization

Chemical Engineering Transaction1, 191-196

Structural analysis of metal-surface protect surfactant by tandem mass Spectrometry

Bunseki KAGAKU48/8,797-801

The Antisolvent Crystallization Phenomena of Sodium Chloride under the Existence of Potassium Chloride Imparities

Bulletin of Society of Sea Water Sci. Japan55/,91-96

MAPの晶析現象を利用した排水中の窒素・リン除去プロセスの検討-水溶液中の溶解度に基づいた検討-

化学工学シンポジウムシリーズ49/,172-177

MSMPR反応装置内における高分子電解質沈殿過程のリゾチームの分解予測

Chemical Engineering  Science34, 1259-1266

Morphological Control of calcium carbonate in reverse micelle system with anionic surfactant

Izumi Hirasawa

Journal of Colloid and Interface 288, 496-502288p.496 - 502

しゅう酸イットリウムの結晶成長のモディフィケーション

Journal of Crystal Growth235, 529-540

カリ明バン系の2次核発生速度に対する攪拌翼の衝突の影響

平沢 泉

化工論文集5/6

カルサイト結晶の生成現象と生成装置・操作の研究

平成7年度〜8年度科学研究費補助金(基盤B)報告書

コントロール・ダブルジェット法 高付加価値製品の製造法として

平沢 泉

Chemistry and Materials4,545-555

コントロールダブルジェット法による硫酸鉛の生成

平沢 泉

Proc. of 4th World Congress of Chem. Engr.10

タンデム質量分析法による金属表面保護剤中の界面活性剤の同定

分析化学48/8,797-801

タンパク沈殿過程における操作条件の粒子凝集に及ぼす影響

Chemical Engineering Japan56, 6525-6534

ドロキシアパタイトの反応晶析における核化と成長現象

平沢 泉

晶析シンポジウム93-97

ニッケルめっき排出を対象とした還元晶析法の適用 −種晶比表面積の反応挙動に対する影響−

表面技術p3-02

ヒドロキシアパタイト晶析法によるリン除去プロセスの開発

The 2nd Korea-Japan Symposium on Separation Technology589-592

フラクタル次元と工業晶析

化学工学59/4,288-289

ベンゼンーシクロヘキサン融液からのベンゼン結晶の純度

平沢 泉

Proc. of 4th World Congress of Chem. Engr.10

ペレット法による高硬度原水の軟化処理に関する基礎的研究

平沢 泉

廃棄物学会論文誌3/3,61-65

ホウ砂成長結晶のマクロ的荒れとカリウムイオンの取り込み

工業晶析1996/,779-784

ホウ酸ナトリウム10水和物結晶懸濁系における成長結晶にする二次核発生速度とその振動現象

化学工学論文集25/4,549-553

リン酸カルシウムの晶析現象を利用したリン除去プロセスの開発-炭酸物質の影響-

平沢 泉

11th Symposium on Ind. Crystallization

リン酸マグネシウムアンモニウムの晶析現象を利用したリンおよび窒素の除去に関する研究

平成7年度,8年度科学研究費補助(一般研究C)報告書

異種物質に誘発された非晶質からのnmカルサイトの制御

BIWIC1. 179-184

化学工業における結晶づくりの進歩

Mol3/,21-26

還元晶析法による無電解ニッケルめっき排水からのニッケルの回収 −PHのニッケル回収率に対する影響−

Journal Chemical Engineering Transactions2, 885-890

還元晶析法による無電解ニッケルメッキ排水からのニッケルイオンの除去・回収

韓国化学工学会誌17/,629-632

基礎粉体工学構座第10章晶析(1)(2)

粉体工学誌27/2,30-38

凝集抑制剤存在下における硫酸鉛の晶析

Journal of Chemical Engineering Transactions1, 185-190

懸燭結晶系ホウ砂の成長過程における表面状態とKイオンのとりこみ

化学工学シンポジウムシリーズ49/,54-67

高エタノール条件下における塩化ナトリウムの核化の成長

第8回国際塩シンポジウム2/,1001-1003

高分子電解質添加沈殿法の平衡状態におけるリゾチームとポリアクリル酸の結合機構

Journal of Chemical Engineering Japan34, 1244

晶析プロセスの動向

日本海水学会誌53/3,142-147

晶析装置-拡散分離操作(吸着・晶折)-

化学工学61/8,595

晶析速度と結晶純度

平成5年度,6年度科学研究費補助(一般研究C)報告書

水処理分野における晶析

平沢 泉

化学工学55/4

水溶液系における板状晶マンデル酸の成長過程に関する研究

松籟科学技術振興財団研究報告集8/,141-148

生体高分子の工業晶析研究

化学工業/2,52-56

静止過冷却融液内における超音波が一次核発生に及ぼす影響

ブラッドフォード工業晶析シンポジウム1/,94-100

接触脱リン法による下水中のリン除去に関する研究Ⅰ

平沢 泉

18/203

接触脱リン法による下水中のリン除去に関する研究Ⅱ

平沢 泉

下水道協会誌18/204

接触脱リン法による下水中のリン除去に関する研究Ⅲ

平沢 泉

下水道協会誌18/205

接触脱リン法による排水中のリン除去に関する研究

水質汚濁研究6/4,229-235

促進酸化プロセスによるダイオキシンの分解に関する研究

Journal of Chemical Engineering Japan35. 9, 840-847

低温下における反応晶析法により生成したヒドロキシアパタイトの結晶性

Journal Chemical Engineering Transactions2, 611-616

低温下反応晶析法により生成したナノサイズヒドロキシアパタイトの結晶性の変化

Journal of Chemical Engineering Japan35. 11. 1203-1210

難溶性ヒドロキシアパタイトの晶析に関する研究

平沢 泉

旭硝子財団助成研究成果報告115-118

難溶性塩の反応晶析過程における核化と成長

化学工学会.晶析技術特別研究会プロジェクト報告2/,41-54

排水処理における環境品析

ブレーメン工業晶析シンポジウム1/,54-57

半回分晶析装置内のNaClの二次核発生速度及び成長速度

平沢 泉

第7回国際塩会議

反応晶析法によるヒドロキシアパタイトの結晶性増加

工業晶析 19992/,500-505

反応晶析法による単分散ナノ結晶を得るための戦略

BIWIC

反応晶析法による単分散流酸鉛微粒子の生成過程における核化及び成長現象

化学工学論文集21/3,495-501

反応晶析法による炭酸カルシウムの生成

無機マテリアル学会誌/17,307-312

微小核を含む過飽和溶液中における板状晶ホウ砂の成長速度

平沢 泉

Proc. of 4th World Congress of Chem. Engr.10

表面核化,二次核発生及びそれらの結晶成長連度ならびに結晶純度への影響

ブレーメン国際晶析研究/,64-70

貧溶媒晶析法によるNaClの核化現象

Journal Chemical Engineering Transactions1, 191-196

貧溶媒添加晶析法における過飽和度の結晶粒径および生成結晶個数に及ぼす影響

Journal of Chemical Engineering Japan35. 11, 1219-1223

貧溶媒添加法による塩化カリウム存在下の塩化ナトリウムの晶析

日本海水学会誌55/,91-96

物質循環のための工業品析

化学工学59/7,500-593

無電解ニッケルめっき老化液処理の現況

表面技術52/1,62-63

流動層型晶析装置におけるリン酸マグネシウムアンモニウムの晶析現象

Journal of Crystal Growth237-239, 2183-2187

攪拌槽内における最小粒径種晶によるカリミョバンの二次核発生速度

平沢 泉

Journal of Chemial Engineering Japan10/1

書籍等出版物

有機結晶化学の進歩

平沢 泉(分担執筆)

Springer2015年 09月-

分離技術のシーズとライセンス技術の実用化 晶析工学を基盤にした希望結晶の創製のための自在核化

平沢 泉(分担執筆)

分離技術会2014年 10月-2014年 10月

最近の化学工学 晶析   国際会議における晶析工学の展開

平沢 泉(分担執筆)

化学工学会2014年 12月-2014年 12月

分離技術シリーズ 分離技術への超音波の応用展開 晶析分野への超音波技術の適用

平沢 泉(分担執筆)

分離技術会2014年 10月-2014年 10月

ゲルテクノロジーハンドブック 高分子電解質集合体を反応場とするナノ結晶の創製

平沢 泉(分担執筆)

エヌ・ティー・エス2014年 10月-2014年 10月

化学工学便覧  その他の晶析操作と設計

平沢 泉

丸善2012年 09月-

化学便覧 応用化学編  分離と精製   晶析

平沢 泉

丸善2014年 01月-

分散・塗布・乾燥の基礎と応用   乾燥中の固体析出 高分子電解質共存下における微結晶生成

平沢 泉  分担執筆

株式会社 テクノシステム2014年 03月-2014年 03月

リサイクル・廃棄物事典  晶析技術による排水中の有価物イオン回収、廃溶剤の回収・資源化に向けての提言

平沢 泉

産業調査会2011年 11月-

工業排水・廃材からの資源回収技術

分担執筆

シーエムシー出版2010年 08月-

詳細

ISBN:978-4-7813-0261-4

分離プロセス工学の基礎

分担執筆

朝倉書店2009年 03月-

分離技術ハンドブック 環境保全プロセス

平沢 泉 分担執筆

分離技術会2009年 12月-

溶剤リサイクルハンドブック

平沢 泉(編集委員長)

溶剤リサイクル工業会2006年 11月-

実用製造プロセス物性集覧  ー環境分野ー

平沢 泉

分離技術会2008年 02月-

新版工業晶析操作  微粒子の晶析化技術

平沢 泉

分離技術会2007年 01月-

晶析工学ハンドブック13章第2版

マッセルデッカー

晶析技術ハンドブック 7章 融液晶析
リン酸マグネシウムアンモニウムの反応晶析法によるリン酸イオンの回収:排水への適用

ACSシンポジウムシリーズ667 晶析法による分離と高純度化

分離精製技術ハンドブック(共著)

平沢 泉

丸善

連続晶析操作と粒径分布

平沢 泉

最近の化学工学

リン酸カルシウムの晶析現象を利用した流動層脱リンプロセス

平沢 泉

A. C. S. Books

Crystallization Technology Handbook chater 7 Melt Crystallization

A. Mersmawn Ed. Macel Dekkar

Phosphate Recovery by Reactive Crystallization of Magnesium Ammonium phosplate : Application to Wastewater

ACS Symposium Series 667 Separation and Purification by Crystallization

Handbook of Separation and Purification Technology

Marcel  Dekkar

Continuous crystallization operation and crystal size distribution

Saikin no Kagaku Kougaku

Fluidized-Bed Process for Phosphate Removal by Calcium Phosphate Crystallization

A. C. S. Books Symposium Series

講演・口頭発表等

液相系においてナノ結晶を創製するための晶析工学的手法

化学工学会 新潟大会2014年11月23日

詳細

口頭発表(一般)

晶析法による排水からの物質回収

インド化学工学会議20142014年12月27日

詳細

口頭発表(一般)

国際会議に見る晶析プロセスにおけるPATの展開

RXE フォーラム 20142014年07月18日

詳細

口頭発表(一般)

晶析法による金属イオンおよび有機酸含有廃棄物からの除去回収

アジア晶析技術会議2014・第11回有機結晶成長会議2014年06月18日

詳細

口頭発表(一般)

炭酸塩晶析現象の効果的改善手法

第9回世界化学工学会議2013年06月19日

詳細

口頭発表(一般)

アミノ酸の超音波誘導核化

工業晶析ワークショップ20132013年09月20日

詳細

口頭発表(一般)

ナノ粒子を積み上げるための晶析環境

ブレーメン国際工業晶析会議20122012年09月09日

詳細

口頭発表(一般)

Myo-イノシトールの溶媒誘発転移

Hanbat 国際航業晶析および医薬品会議2012年09月04日

詳細

口頭発表(一般)

さまざまな分野に貢献する晶析技術

公州大学夏季セミナー2012年09月03日

詳細

口頭発表(一般)

晶析法によるイオン回収を基盤にした排水処理

日中排水処理技術に関する化学ワークショップ2012年05月20日

詳細

口頭発表(一般)

ナノ結晶を創るための晶析環境

アジア晶析技術国際会議20122012年05月24日

詳細

口頭発表(一般)

結晶を創製する手法を駆使したリン回収技術の実用化

リン回収・資源化 第2回ワークショップ2011年06月02日

詳細

口頭発表(一般)

晶析技術を基盤とした排水中アニオンの資源回収

第6回日中化工シンポジウム2011年06月21日

詳細

口頭発表(一般)

超音波照射による核化誘導を用いた潜熱蓄熱プロセスの開発、

分離技術会年会20113011年06月04日

詳細

口頭発表(一般)

新しい晶析環境場を用いた医薬品有機物の核化制御

MLUにおける日本週間20112011年06月30日

詳細

口頭発表(一般)

超音波照射が有機化合物の選択晶析に及ぼす影響

ICMAT 20112011年07月

詳細

口頭発表(一般)

高分子電解質環境場における晶析過程

化学工学会 秋季大会2010年09月

詳細

口頭発表(一般)

高分子電解質環境場における反応晶析法による単分散微粒子の創製

第39回結晶成長学会2009年11月

詳細

口頭発表(一般)

高度材料創成に貢献する晶析工学

化学工学会 秋季大会2009年09月

詳細

口頭発表(一般)

高分子電解質環境場におけるナノ結晶創製

化学工学会 米沢大会2009年08月

詳細

口頭発表(一般)

晶析制御のための超音波照射の適用

国際晶析工学ドラッグデリバリー会議2009年04月

詳細

口頭発表(一般)

超音波照射による潜熱蓄熱材の過冷却融液の核化誘導

分離技術会20092009年06月

詳細

口頭発表(一般)

有機物結晶の多形擬多形転移過程

日本PXEフォーラム20092009年07月

詳細

口頭発表(一般)

結晶創りの新展開ー医薬品・食品分野における結晶創りの新潮流

ホットな話題の講演会2009年05月

詳細

口頭発表(一般)

ものづくりに貢献する晶析工学

化学工学会 年会2009年03月

詳細

口頭発表(一般)

作品・ソフトウェア・教材・フィールドワーク等

閉鎖性水域対策の戦略

2008年10月-2009年03月

BNF暫定フォローアップ調査

2008年09月-2009年03月

高度溶剤リサイクルシステムの形成に関する調査

2008年03月-

環境負荷対策調査

2008年03月-

閉鎖性海域環境対策に関わる調査研究

2006年03月-

河川、沿岸、生活廃水に含まれる微量有害金属の除去技術に関する技術調査報告書

2007年03月-

高度溶剤リサイクルシステムの形成に関する調査

2007年03月-

地球環境関連研究の重点分野の動向調査

1991年-

排水処理技術指導書 窒素排水処理対策(有機顔料製造業・銅フタロシアニン系顔料)

1991年-

排水処理技術指導書 窒素排水処理対策(無機顔料製造業,黄鉛顔料)

1991年-

CO2固定技術としての難溶性炭酸塩の生成に関する研究

1993年-

海水中のCa及びMgイオンを利用した大量CO2の処理に関する研究技術面調査研究報告書

1994年-

特許

整理番号:62

単分散微粒子の製造方法(日本)

平沢 泉, 片山 晃男, 郡山 日出人, 樹下 菜穂

特願2001-021257、特開2002-219353

整理番号:77

非イオン界面活性剤の回収方法(日本)

高橋 裕和, 佐々木 俊輔, 平沢 泉

特願2001-281604、特開2003-088879

整理番号:271

タンパク質の結晶化方法(日本)

平沢 泉, 佐々木 俊輔, 島 有紀

特願2003- 74030、特開2004-277255

整理番号:898

自己集積型金属錯体結晶の製造方法(日本)

平沢 泉, 神代 瑞希, 水上 耕平

特願2009-002370、特開2010-159228、特許第5403505号

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

リン酸マグネシウムアンモニウムの晶析現象を利用したリン及び窒素の除去に関する研究

配分額:¥1800000

研究種別:

省資・エネルギー・環境技術としての新結晶物質の生成と装置・操作の設計に関する研究

配分額:¥5700000

研究種別:

CO_2固定技術としての難溶性炭酸塩の生成に関する研究

配分額:¥1900000

研究種別:一般研究(B)

カルサイト結晶の生成現象と生成装置・操作の研究

1995年-1996年

研究分野:反応・分離工学

配分額:¥6700000

研究種別:基盤研究(A)

晶析法による光学活性物質の分離・精製法

1995年-1996年

研究分野:反応・分離工学

配分額:¥2300000

研究種別:

晶析法による光学活性物質の分離・精製法

配分額:¥2300000

研究種別:

カルサイト結晶の生成現象と生成装置・操作の研究

配分額:¥6700000

研究資金の受入れ状況

提供機関:文部科学省

環境触媒プロセスの開発2000年-2004年

提供機関:文部科学省

微生物機能を利用した資源循環型水環境プロセスの構築1999年-2003年

実施形態:受託教育

反応晶析法による貴金属難溶解性結晶の回収2007年-2008年

実施形態:受託教育

反応晶析法により無機ナノ結晶の生成過程2007年-

実施形態:受託教育

非晶質医薬品の転移に関する研究2006年-2008年

実施形態:受託教育

次世代核燃料サイクル 晶析工程における結晶精製技術に関する研究開発2006年-2008年
異種結晶被覆型結晶の開発2006年-2008年

実施形態:受託教育

機能性糖類の選択的晶析および高純度化2006年-2008年

実施形態:受託教育

湿式ミル法による微結晶の創製2005年-2007年

実施形態:受託教育

医薬品多形の選択的晶析に関する研究2006年-2008年

実施形態:受託教育

貧溶媒添加晶析法による医薬品の晶析2003年-2008年

実施形態:共同研究

晶析法による新規核燃料リサイクルの構築2006年-2009年

実施形態:受託教育

所望糖類の選択晶析に関する研究2005年-2008年

実施形態:受託教育

無機DDS製剤の開発2006年-2007年

実施形態:その他

膜を利用したフッ素含有排水の反応晶析処理2006年-2008年

実施形態:受託教育

精製晶析法による廃酸の高純度化に関する研究2006年-2007年

実施形態:受託教育

固体表面への薄膜生成機構2006年-2007年

実施形態:共同研究

反応晶析法によるnmカルサイトの生産2003年-2004年

実施形態:受託教育

反応晶析法によるナノ蛍光体結晶の創製2000年-2006年

実施形態:受託教育

超音波による晶析制御に関する研究2003年-2005年

実施形態:受託教育

汚泥分離水を対象としたリン酸イオンの除去・回収に関する研究1998年-2007年

実施形態:受託教育

還元晶析法によるニッケルメッキ排水からのNi金属の回収に関する研究1999年-2002年

実施形態:受託教育

晶析法によるフッ素含有排水の処理に関する研究2000年-2009年

実施形態:受託教育

冷却操作による有機物結晶の粒子径、結晶化度制御2010年-

実施形態:共同研究

植物形質転換用金ナノ粒子の粒子径制御と生成プロセス2009年-

実施形態:共同研究

潜熱蓄熱材を用いた熱回収システム開発2010年-

実施形態:共同研究

晶析工程で取り込まれた固体系不純物の分離精製2009年-

実施形態:受託教育

廃棄物循環システムの設計2009年-

実施形態:共同研究

晶析過程の予測シミュレーション2009年-

実施形態:共同研究

晶析法による不純物の分離プロセス2009年-

実施形態:受託教育

過冷却融液の核化誘導2009年-2010年

実施形態:受託教育

ナノ金属創製に関する基礎研究2009年-

実施形態:受託教育

アミノ酸結晶の核化制御2009年-

実施形態:共同研究

超音波晶析プロセスの開発2008年-

実施形態:受託教育

ソノ晶析のための超音波プローブの開発2009年-

実施形態:共同研究

過冷却蓄熱剤を用いた蓄熱プロセスの開発2008年-2010年

実施形態:共同研究

超高比表面積材料の結晶化制御2008年-2010年

実施形態:受託教育

加温化擬多形制御2008年-2009年

実施形態:共同研究

膜分離と晶析の融合プロセス開発

実施形態:共同研究

省エネ蓄熱システム開発2008年-2009年

実施形態:受託教育

アジアにおける水ビジネス開発2008年-

実施形態:共同研究

超音波晶析プロセスの開発2008年-

実施形態:受託教育

新規潜熱蓄熱材の開発2008年-2009年

実施形態:共同研究

晶析法によるウランの回収と高純度化2006年-

実施形態:受託教育

反応晶析法による有機金属結晶の創製2008年-

学内研究制度

特定課題研究

反応晶析工学による金属ナノ粒子の形状制御

2012年度

研究成果概要: 本申請の課題では、金属イオン(金および白金)を対象に、還元剤の存在下に還元晶析を行い、希望の粒径および粒径分布を有する金属ナノ粒子を積み上げるための最適な原料供給制御手法を明らかにする。回分反応晶析法により、還元剤の存在下に、原... 本申請の課題では、金属イオン(金および白金)を対象に、還元剤の存在下に還元晶析を行い、希望の粒径および粒径分布を有する金属ナノ粒子を積み上げるための最適な原料供給制御手法を明らかにする。回分反応晶析法により、還元剤の存在下に、原料供給条件(原料注入速度、注入量、注入時間を工夫することにより、金や白金の微粒子粒径制御(50-400nm)に成功した。微小金粒子の作成はシングルジェット法で行い,溶媒にはアスコルビン酸溶液を用いる条件を検討した.その結果,0.3 μm以下の平均粒径を持つ金粒子を段階的に作成することに成功した. 次に,作出した平均粒径約0.08, 0.1, 0.2および0.3 μm金粒子を用いて葉緑体形質転換への利用が可能であるか検討するため,モデル植物であるタバコを材料として遺伝子導入を行った.その際,粒径0.6mとして販売されている金粒子(BioRad社)をコントロールとして用いた.葉緑体形質転換ベクターには,選抜マーカー遺伝子であるaadAおよびGFPを発現するpNtag (Okuzaki and Tabei, in press) を用い,各粒径の金粒子に塗布してそれぞれ4プレートに導入した.スペクチノマイシン選抜を行い,1シャーレあたりに得られた葉緑体形質転換体の作出効率を比較した.その結果,粒径0.3 μm以下の全ての粒径を用いた場合において,葉緑体形質転換効率が粒径0.6μmの結果を上回った.最も効率が高かったのは粒径0.3 μmを用いた場合で,1シャーレあたり約9個体の葉緑体形質転換体が得られ,0.6mと比べて形質転換効率が約2倍となった.以上の結果より,本研究で作出した微小金粒子を利用することで,プロプラスチドへの遺伝子導入効率の向上や,まだ葉緑体形質転換技術が確立されていない植物種における葉緑体形質転換系の開発が期待される.植物形質転換は、(独)農業生物資源研 田部井、奥崎氏との共同研究により推進した。この成果は、国際誌Plant Biotechnology に採択された。

晶析工学による金属ナノ粒子粒径制御

2013年度

研究成果概要: ナノサイズ領域の金属粒子創製法として、過飽和度制御で還元晶析を行う手法を提案し、原料供給速度、溶液内環境(pH、種結晶量)が還元晶析過程いおける核化、成長に及ぼす影響を解明し、希望の形状、粒径分布を有するナノ金属懸濁液を得るため... ナノサイズ領域の金属粒子創製法として、過飽和度制御で還元晶析を行う手法を提案し、原料供給速度、溶液内環境(pH、種結晶量)が還元晶析過程いおける核化、成長に及ぼす影響を解明し、希望の形状、粒径分布を有するナノ金属懸濁液を得るための最適操作条件を確立した。従来、単分散ナノ金属を創製する手法として、塩基性高分子電解質であるPEIを用いることを提案したが、100nm-400nmの粒子を制御することができず、原料供給速度、溶液内環境(pH、種結晶量)を最適条件にすることで、100nm-400nmの粒子を、自在に生成することが可能になり、粒径分布幅も狭くすることを達成できた。これにより、簡易に金および白金の粒子を還元晶析生成する手法およに戦略を提案できた。当研究室の成果を評価した農林省農業生物資源研究所より、葉緑体への遺伝子導入用担体として、所定粒径の金ナノ粒子の調整を依頼され、要望のものが作成でき、植物形質転換用粒子し、適用しすぐれた導入効率を達成した。未発達なプロプラスチドへの形質転換効率の向上を将来的な目的とし、従来使用されている金粒子よりも微小なサイズの金粒子を作成し、葉緑体形質転換法へ利用可能であるかを検討した。まず、微小金粒子の作成はシングルジェット法で行い、溶媒にはアスコルビン酸溶液を用いる条件を検討した。その結果、平均粒径0.067±0.016 ミクロンメータ (最大粒径0.119 ミクロンメータ, 最少粒径0.032 ミクロンメータ)の金粒子(以降、微小金粒子と記載)を作出することができた。次に、微小粒子によるタバコの葉緑体形質転換実験を行った。その際、0.6 ミクロンメータの金粒子(BioRad社)をコントロールとした。導入ベクターには選抜マーカー遺伝子であるaadAおよびGFPを発現するpNtagを作成して用いた。1プレートにつきタバコ葉片(5 mm角)を約50個並べ、pNtagを2g塗布した金粒子を2回導入した後、スペクチノマイシン500 mgL-1を含む再分化培地において選抜を行った。2プレートへの遺伝子導入を1実験とし、3反復実験を行った。微小金粒子をヘリウムガス圧1,100 psiで導入したところ、1実験平均3.3±1.2個体の葉緑体形質転換体が得られ、1,350 psiの条件では2.3±0.9個体得られた(表1)。0.6ミクロンメータの金粒子においては1実験平均4.7±3.4個体であった(表1)。これより、微小金粒子を用いた場合においても0.6ミクロンメータの金粒子と効率に有意差がなく葉緑体形質転換体が作出できることがわかり、これまで困難と思われたプロプラスチドへの遺伝子導入へ利用できる可能性が示された。今後、微小金粒子の作成条件のさらなる改良、遺伝子導入条件の最適化を行うことで、これまで技術が確立されていない植物種における葉緑体形質転換系の確立が期待できる。粒子の表面状態も、pHや熟成状態で制御できるめどができ、さらなる精密制御の道が開けた。

難溶解性有機物結晶のナノサイズ化

2016年度

研究成果概要:研究成果を、2016年9月、ドイツ/マグデブルグで開催されたBIWIC2016、2017年3月 化学工学会第82年会にて学会発表した。研究成果を、2016年9月、ドイツ/マグデブルグで開催されたBIWIC2016、2017年3月 化学工学会第82年会にて学会発表した。

排水からのジクロロメタン除去・回収プロセスに関する研究

1997年度

研究成果概要:溶剤としてジクロロメタンを使用する実験室の排水を想定し、模擬排水を対象に除去回収実験を行った。排水濃度0.3-100mg/lの範囲の所定濃度の排水を、通水速度120m/dayで、充填塔(充填物テラレット)の上部より通液し、塔底部よ...溶剤としてジクロロメタンを使用する実験室の排水を想定し、模擬排水を対象に除去回収実験を行った。排水濃度0.3-100mg/lの範囲の所定濃度の排水を、通水速度120m/dayで、充填塔(充填物テラレット)の上部より通液し、塔底部より、空気を、ガス液比を変化させて、流し、液中のジクロロエタンの除去(放散)特性を調査した。いずれの濃度レベルにおいての、ガス液比が、3000倍を越えると、排水の基準値0.2mg/lを満足した。同時に、充填物の高さが1mを越えると、液の偏流がおこり、除去効率を高めるには、充填物1mごとに、液分散版を設ける必要があることを明らかにした。以上より、排水と空気を接触させることにより、ジクロロエタンを放散除去できること、および、そのような放散塔を設計するための因子を明らかにした。しかしながら、この方式では、ジクロロエタンを大気中に放散させることになるので、放散塔より流出する空気を活性炭吸着塔で処理する実験を行った。活性炭層に排ガスを空間速度5-501/hの間の所定の値に設定し流通させ、排ガス中の濃度を測定したところ、空間速度301/hより低い条件下では、ジクロロエタンは不検出であった。破過曲線を、各実験で求め、活性炭の吸着容量は、200mg/g-活性炭となり、これより、所定条件下における再生頻度を算出した。上記の結果より、放散塔と活性炭吸着塔からなら、ジクロロエタン除去プロセスを提案し、各工程の設計因子を明らかにした。研究成果の発表1999年3月(予定) 水質汚濁研究あるいは産業環境管理協会誌

潜熱蓄熱材の一次核生成に及ぼす超音波の影響

1999年度

研究成果概要: 申請者は、特定課題(研究課題番号99A-176)の助成を受け、潜熱蓄熱材の一次核発生に及ぼす超音波の影響について、研究を行った。潜熱蓄熱材は、夜間の余剰エネルギー、未利用の熱源を、回収する材料として、注目されている。しかしなが... 申請者は、特定課題(研究課題番号99A-176)の助成を受け、潜熱蓄熱材の一次核発生に及ぼす超音波の影響について、研究を行った。潜熱蓄熱材は、夜間の余剰エネルギー、未利用の熱源を、回収する材料として、注目されている。しかしながら、この材料を融点以下に冷却しても、融液が過冷却状態で、安定化し、結晶が生成せず、熱の放出過程が不安定になる。このような状況を解消するために、核発生を促進する発核剤の研究がなされているが、蓄熱容量が大きな材料では、しばしば発核剤がなく、蓄熱剤としても適用が見送られていた。そこで、申請者は、発核を促進される手段として、超音波の適用を提案し、リン酸1水素2ナトリウム・12水和物を対象に、超音波照射が、核発生に及ぼす影響について検討した。実験は、恒温槽に浸漬した超音波センサー付き回分晶析槽を用いて行い、所定の過冷却度に調整した融液に、20kHZの超音波を照射強度を変化させて照射し、核化・成長の過程を観察するとともに、核発生のための待ち時間、初期の発熱速度を実測し、超音波照射の核生成に及ぼす影響を解析した。この結果、超音波を照射した場合、融点36℃で、100%の発核確率で、一次核生成が生起し、超音波照射無しでは、発核のために17-23℃の過冷却度を要し、発核確率も分布を持った。また、核発生のための待ち時間は、超音波出力と反比例の関係となることを見いだすとともに、核化に必要な最小照射強度が存在することを明らかにした。さらに、初期の発熱過程について解析し、初期の発熱速度が、一次核の発生速度と比例する概念を導出し、照射強度により一次核発生速度が制御できることを提示した。本研究により、リン酸1水素2ナトリウム・12水和物を蓄熱材に用いた場合、超音波照射により、過冷却度0℃で、核化させることが可能となり、照射強度により、発熱過程も制御できるという新規な知見を見いだした。

高分子凝集抑制剤を使用した難溶性塩の超微粒子生成プロセスの確立

2004年度

研究成果概要:ナノ結晶の用途開発が進展しつつあり、希望の品質を有するナノ結晶を効率的に生産することが求められる。そのための一つの戦略として、高分子電解質の存在下で、反応晶析を行う手法を提案している。ここでは、硫酸鉛の反応晶析系を対象に、結晶の生...ナノ結晶の用途開発が進展しつつあり、希望の品質を有するナノ結晶を効率的に生産することが求められる。そのための一つの戦略として、高分子電解質の存在下で、反応晶析を行う手法を提案している。ここでは、硫酸鉛の反応晶析系を対象に、結晶の生成過程を動的に追跡し、特に塩基性ポリマーであるポリエチレンイミン(PEI)と鉛イオンの相互作用や、高分子による生成結晶の保護作用が、単分散ナノ結晶の創製に寄与することを、核化、成長挙動に基づいて検討した。ダブルジェット半回分反応晶析実験装置を用いて、PEIの存在下に、硫酸鉛の反応晶析を行った。 PEIの存在下、反応晶析をした過程での鉛イオンの濃度変化は、ある時間まで若干の上昇傾向を示すが、その後、急速に濃度低下していた。この濃度が低下する時間は、目視における核化の待ち時間とほぼ一致していた。一方、PEIを添加しない場合は、反応原料を供給した時点から、濃度低下することを見いだした。このことから、鉛イオンは、溶液中に自由に存在するのではなく、PEIの表面に弱い結合で保持され、このことが核化を大幅に遅延させていることが考えられた。鉛イオンが、PEIのイミン基に錯体結合していることは、NMRスペクトルの結果により示唆された。このように、PEIを反応晶析過程で存在させることにより、見かけ上、準安定域の幅を大幅に広げ、このことが大量の瞬時の核化につながり、ナノ結晶の創製に寄与したと考える。また、イミン基のサイトでの核化、成長が、ナノ結晶同士の凝集を抑制していることも示唆された。PEIの添加量 (W) が一定の条件下では、濃度が急激に低下する点(屈曲点と呼ぶ)は、供給流量、供給原料の濃度、過剰に添加した鉛モル数によらず、核発生までに装置内に存在する鉛の総モル数(Ntot) は、ほぼ一定の値となった。このように、Ntotは、PEIの添加量でほぼ一義的に決まり、屈曲点、つまり核発生数は、PEIの添加量で制御できることになる。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
化学数学A先進理工学部2019春学期
化学数学A  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019春学期
化学工学A先進理工学部2019秋学期
化学工学A先進理工学部2019秋学期
化学工学A  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019秋学期
応用化学基礎演習B先進理工学部2019秋学期
応用化学基礎演習B  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019秋学期
化学工学基礎実験先進理工学部2019春学期
化学工学基礎実験  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019春学期
応用化学総論先進理工学部2019春学期
応用化学総論  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019春学期
応用化学専門演習先進理工学部2019秋学期
応用化学専門演習  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019秋学期
化学工学実験I先進理工学部2019秋学期
化学工学実験I  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019秋学期
卒業論文先進理工学部2019通年
卒業論文  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019通年
化学工学実験II先進理工学部2019春学期
化学工学実験II  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019春学期
環境調和プロセス工学先進理工学部2019春学期
化学工学総論創造理工学部2019春学期
上級化学工学B先進理工学部2019春学期
Field work in Research Institutions and Industry先進理工学部2019集中講義(秋学期)
Graduation Thesis A先進理工学部2019秋学期
Graduation Thesis B先進理工学部2019春学期
Current Topics in Chemistry先進理工学部2019春クォーター
Current Topics in Chemistry [S Grade]先進理工学部2019春クォーター
Fundamentals of Chemical Engineering先進理工学部2019秋学期
Fundamentals of Chemical Engineering先進理工学部2019秋学期
修士論文(応化)大学院先進理工学研究科2019通年
Research on Chemical Engineering大学院先進理工学研究科2019通年
化学工学研究大学院先進理工学研究科2019通年
Advanced Chemical Engineering B大学院先進理工学研究科2019春学期
化学工学特論B大学院先進理工学研究科2019春学期
分離・プロセス工学特論大学院先進理工学研究科2019秋学期
応用化学特別実験大学院先進理工学研究科2019通年
特定課題演習・実験大学院先進理工学研究科2019通年
応用化学研究倫理大学院先進理工学研究科2019集中講義(春学期)
応用化学研究倫理大学院先進理工学研究科2019集中講義(春学期)
Seminar on Separation Engineering A大学院先進理工学研究科2019春学期
成分分離工学演習A大学院先進理工学研究科2019春学期
Seminar on Separation Engineering B大学院先進理工学研究科2019秋学期
成分分離工学演習B大学院先進理工学研究科2019秋学期
Master's Thesis (Department of Applied Chemistry)大学院先進理工学研究科2019通年
化学工学研究大学院先進理工学研究科2019通年
実践的化学知演習A大学院先進理工学研究科2019通年
実践的化学知演習B大学院先進理工学研究科2019通年

教育内容・方法の工夫

化学工学実験Ⅰの教育

2000年04月-

詳細

概要:化学プラントの要素技術を模した小型プラントを作成し、各種エンジニアリングデータの取得方法、化学工学の概念を、プラントを動かしながら、理解させる。および、そのための実験指導書の作成、実験の目的、趣旨を各プラントに表示。授業終了後、授業評価アンケートを実施し、実験内容を改善。

化学工学Ⅱの教育

2000年04月-

詳細

概要:本講義では、単位操作の上位概念にある分離工学の考え方を詳述し、化学工学の概念に対する理解を深める。分離工学の立場から考えると、単位操作の細かい詳述は不要になるが、必要に応じて、単位操作のイメージも紹介している。また、分離プロセスの観点から、平衡、拡散、速度差分離や、分散系からの粒子の分離の個々の操作・装置の設計と、それらの組み合わせからなる具体的な工業プロセスの見方、考え方などエンジニアリングセンスを養っている。授業では、パワーポイント、eラーニング、ビデオを用いて、ビジュアルに理解を深めるように改善している。授業のあとに、理解度をみるための授業評価を試みている。

作成した教科書・教材・参考書

Web教材:不思議! 水溶液のいろいろな性質

2006年06月

詳細

概要:水溶液のいろいろな性質に加えて、溶液から結晶核が生成する瞬間、そして成長する過程を見せる。さらには、研究室でのさまざまな結晶作りを見せて、若者の好奇心を喚起する。

化学工学Ⅱの教育

2000年04月

詳細

概要:分離工学を中心としたプロセスの組み立てを理解させるためのパワーポイント作成

教育方法・教育実践に関する発表、講演等

結晶の不思議 成長して熱が出る

2009年07月

詳細

概要:大学のオープンキャンパスで、高校生向けに模擬実験を行い、結晶の生成、成長の過程を体験させるとともに、成長過程で熱が生成することをたいかいしてもらった。

化学工学教育(化学工学B、成分分離工学)

2000年04月

詳細

概要:化学、食品、素材産業における製造プロセスは、化学工学の概念で設計されており、このことを、化学工学の教育を受けていない高校生、一般市民、文系大学生に対して発表、講演を通して、その概念、教育方法を普及させている。

その他教育活動

模擬講義 結晶の不思議

詳細

概要:高校生向けに、専門の結晶をつくる学問を平易に教示するとともに、結晶の核化、成長過程を見せて、理科に対する興味を喚起した。

高校教諭とケミカルエンジニアの出会い

詳細

概要:高校教諭に工場を見学いただき、理科が社会でどのように貢献しているか体験いただき、現場の技術者と懇親する

高校生のための現代寺子屋講座

詳細

概要:高校生や高校教員を対象に、化学工学の概念を理解させることを目的に、年1回実施している。

社会貢献活動

日経産業新聞

2007年02月-

イベント・番組・雑誌名:日経産業新聞

詳細

概要:リン回収 実用化にめど

日経産業新聞

2007年02月-

イベント・番組・雑誌名:日経産業新聞

詳細

概要:りん化合物 下水汚泥から効率回収

日本経済新聞

2006年08月-

イベント・番組・雑誌名:日本経済新聞

詳細

概要:ナノ結晶簡単作成ー先端化学結晶化の視点からの高機能性材料の創出

聖教新聞

2006年07月-

イベント・番組・雑誌名:聖教新聞

詳細

概要:化学工学会から教育功労賞若手育成に情熱そそぐ、学生への強い愛情

環境ビジネス

2004年08月-

イベント・番組・雑誌名:環境ビジネス

詳細

概要:最新研究にビジネスの芽を探る環境にやさしい結晶作りを目指し排水中の物質を除去と同時に回収

JST デジタル教材

2006年06月-

イベント・番組・雑誌名:JST デジタル教材

詳細

概要:不思議!水溶液のいろいろな性質:結晶は、生きている。結晶のうまれる瞬間、環境にやさしい結晶づくり、nm結晶