氏名

ヤギシタ エミ

柳下 惠美

職名

准教授(任期付)

所属

(リサーチイノベーションセンター)

連絡先

URL等

研究者番号
10757256

本属以外の学内所属

兼担

文学学術院(文化構想学部)

学内研究所等

オペラ/音楽劇研究所

研究所員 2017年-

学歴・学位

学位

博士(文学) 早稲田大学

研究分野

キーワード

芸術学、芸術文化史、イザドラ・ダンカン、日本人舞踊家

論文

Sada Yakko's and Hanako's Performances: Images of Exotic Japan in the West in the Early Twentieth Century

Emi Yagishita

Polish Institute of World Art Studiesp.265 - 2722018年08月-

Michio Ito: A Bridge Between East and West

Emi Yagishita

Dance Studies Association Proceedings2018年03月-

Isadora Duncan and Japanese Performers: Sada Yacco Kawakami, Hanako and Michio Ito

Emi Yagishita

CORD+SDHS 2016 Proceedingsp.271 - 2822017年08月-

ロシアにおけるイザドラ・ダンカンの舞踊学校ー創設から閉鎖までー

柳下惠美

『多元文化』6p.89 - 1122017年03月-

伊藤道郎のアメリカにおける舞踊活動ーロサンゼルスでの活動を中心にー

柳下惠美

『WASEDA RILAS JOURNAL』4p.213 - 2242016年10月-

Isadora Duncan's Early Career in the United States

Emi Yagishita

Cambridge University Press (SDHS+CORD Proceedings 2015)p.436 - 4422016年08月-

書評:井上理恵著『川上音二郎・貞奴―明治の演劇はじまる―』

柳下惠美

『演劇映像』57p.29 - 312016年03月-

博論紹介「イザドラ・ダンカンの舞踊芸術の形成とその普及―彼女と継承者たちの国際的公演・教育活動を中心に―」

柳下惠美

『インターカルチュラル』14p.136 - 1372016年03月-

イザドラ・ダンカンの初期舞踊形成・公演活動について―アメリカでの活動を中心に―

柳下惠美

『WASEDA RILAS JOURNAL』3p.75 - 852015年10月-

イザドラ・ダンカン(1877-1927)の舞踊芸術の構築と普及

柳下惠美

『上智史學』60p.143 - 1442015年10月-

イザドラ・ダンカンの舞踊芸術の形成とその普及 ―彼女と継承者たちの国際的教育・公演活動―(博士論文)

柳下惠美

2015年01月-

Isadora Duncan and Her Early Career in England

Emi Yagishita

World Congress on Dance Researchp.1 - 82014年07月-

Isadora Duncan’s Adopted Daughters, The “Isadorables”: On Their Activities and Characteristics

Emi Yagishita

Society of Dance History Scholarsp.427 - 4342013年10月-

ダンカン舞踊の継承と発展―イザドラブルズを中心に―

柳下惠美

『演劇映像』54p.22(105) - 41(86)2013年03月-

フランスにおけるダンカン舞踊とその変遷―リザ・ダンカンと彼女の弟子の活動を中心に―

柳下惠美

『演劇映像学2012』 早稲田大学演劇博物館「卓越した大学院拠点形成支援補助金」p.149 - 1662013年03月-

イザドラ・ダンカンの舞踊学校―最初に創設されたドイツの学校を中心に―

柳下惠美

『早稲田大学大学院文学研究科紀要』57(第三分冊)p.51 - 662012年02月-

保坂高殿『ローマ帝政中期の教会と国家』を読んで

柳下惠美

『COMMENTARII』20p.116 - 1272010年03月-

デピネ夫人と18世紀フランスの知的ソシアビリテ

柳下惠美

『上智史學』2009年11月-

特研レポートR.リング『ポンペイの歴史と社会』

柳下惠美

『COMMENTARII』19p.76 - 862009年03月-

デピネ夫人と18世紀フランスの知的ソシアビリテ(修士論文)

柳下惠美

2009年03月-

講演・口頭発表等

Ruth St. Denis and Ted Shawn's Dance Schools

Emi Yagishita

51st World Congress on Dance Research招待有り2018年07月

詳細

国際会議開催地:Athens

Yeichi Nimura's Dance Career in Twentieth-Century America

Emi Yagishita

Dance Studies Association Conference2018年07月

詳細

国際会議開催地:Valletta

Michio Ito: A Bridge Between East and West

Emi Yagishita

Dance Studies Association Inaugural Conference2017年10月

詳細

国際会議開催地:Ohio

Two Japanese Male Dancers Who Fascinated the West in the Twentieth Century: Michio Ito and Yeichi Nimura

Emi Yagishita

50th World Congress on Dance Research招待有り2017年07月

詳細

国際会議開催地:Athens

Isadora Duncan and Japanese Performers: Sada Yacco Kawakami, Hanako and Michio Ito

Emi Yagishita

SDHS/CORD Joint Conference2016年11月

詳細

国際会議開催地:Pomona

自由な舞踊への回帰~ダンカン・ダンス~

柳下惠美

山梨大学図書館招待有り2016年11月

Three Japanese Performers in the Early Twentieth Century:SadaYacco, Hanako and Michio Ito

Emi Yagishita

University of Warsaw招待有り2015年10月26日

Sada Yacco andHanako's Performances : Images of Exotic Japan in the West in the Early Twentieth Century

Emi Yagishita

Polish Institute of World Art Studies2015年10月22日

詳細

国際会議

イザドラ・ダンカン(1877-1927)の舞踊芸術の確立ー20世紀初頭フランスにおける芸術家たちとの交流からー

柳下惠美

美学会大会第66回2015年10月

詳細

国内会議

イザドラ・ダンカンの舞踊学校とダンカン舞踊の継承

柳下惠美

シンポジウム「わざの継承の歴史と現在―身体・記譜・共同体」招待有り2015年09月

詳細

国内会議

19世紀末アメリカにおけるイザドラ・ダンカン(1877-1927)の舞踊形成・公演活動について

柳下惠美

早稲田大学演劇映像学会第35回大会2015年07月

詳細

国内会議

Isadora Duncan's Early Career in the United States

Emi Yagishita

SDHS/CORD Joint Conference 20152015年06月

詳細

国際会議

イザドラ・ダンカンの舞踊芸術の構築と普及

柳下惠美

上智史学会月例会(上智史学会月例会)2015年06月

詳細

国内会議

イザドラ・ダンカンの舞踊芸術の継承

柳下惠美

「現代能楽における「型」継承の動態把握―比較演劇的視点から」第8回研究会招待有り2015年06月

イザドラ・ダンカンの舞踊の形成と確立について―ヨーロッパにおける初期活動を中心に―

柳下惠美

舞踊学会大会第66回2014年11月

詳細

国内会議

イザドラ・ダンカンをテーマにした舞踊作品―ベジャール、アシュトン、マクミランを中心に―

Emi Yagishita

38th World Congress on Dance Research2014年10月

詳細

国際会議開催地:日本

Isadora Duncan and Her Early Career in England

Emi Yagishita

37th World Congress on Dance Research2014年07月

詳細

国際会議

Isadora Duncan and Artists

Emi Yagishita

Duncan Festival 2014招待有り2014年05月

詳細

国際会議

Isadora Duncan's Adopted Daughters, The "Isadorables": On Their Actvities and Characteristics

Emi Yagishita

NOFOD/SDHS Joint Conference 20132013年06月

詳細

国際会議

Isadora Duncan and Her Ideal School

Emi Yagishita

Duncan Festival 2013招待有り2013年05月

詳細

国際会議

イザドラ・ダンカンの養女―リザ・ダンカンの活動と特徴を中心に―

柳下惠美

舞踊学会大会第64回2012年12月

詳細

国内会議

Isadora Duncan and Her Schools

Emi Yagishita

Akademia Duncan招待有り2012年03月

詳細

国際会議

イザドラ・ダンカンの創設した学校―ドイツ、フランス、ロシアの学校を中心に―

柳下惠美

舞踊学会大会第63回2011年12月

詳細

国内会議

デピネ夫人と18世紀フランスの知的ソシアビリテ

柳下惠美

上智大学史学大会第58回2008年11月

詳細

国内会議

近世フランスにおけるサロンの歴史

柳下惠美

上智大学史学専攻院生月例会2007年05月

詳細

国内会議

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:若手研究(A)

20世紀における芸術文化の国際的展開

2018年04月-2019年03月

配分額:¥2080000

研究種別:若手研究(A)

20世紀における芸術文化の国際的展開

2017年04月-2018年03月

配分額:¥2080000

研究種別:研究活動スタート支援

20世紀前半における日本人舞踊家の国際的公演活動と欧米諸国での受容

2016年04月-2017年03月

配分額:¥1300000

研究種別:研究活動スタート支援

20世紀前半における日本人舞踊家の国際的公演活動と欧米諸国での受容

2015年04月-2016年03月

配分額:¥1430000

研究種別:日本学術振興会科学研究費補助金(特別研究員奨励費)

イザドラ・ダンカンと彼女の舞踊が芸術・文化・社会に与えた影響

2014年04月-2015年03月

配分額:¥1200000

研究種別:日本学術振興会科学研究費補助金(特別研究員奨励費)

イザドラ・ダンカンと彼女の舞踊が芸術・文化・社会に与えた影響

2013年04月-2014年04月

配分額:¥1200000

研究種別:

20世紀における芸術文化の国際的展開

2017年-0月-2021年-0月

配分額:¥9230000

研究種別:

20世紀前半における日本人舞踊家の国際的公演活動と欧米諸国での受容

2015年-0月-2017年-0月

配分額:¥2730000

学内研究制度

特定課題研究

イザドラ・ダンカンの初期活動と19世紀末のアメリカにおける芸術文化について

2015年度

研究成果概要:  In this research project, I examined the influence of Isadora Duncan’s early experiences on the formation of...  In this research project, I examined the influence of Isadora Duncan’s early experiences on the formation of her new dance style and the cultural context of late nineteenth-century America. I researched materials that related to Isadora’s childhood as well as historical newspapers, magazines, and films.   In the latter half of the nineteenth century, millions of immigrants arrived in the United States. In the arts, a division developed between urban elite culture and working-class entertainment. Wealthy people enjoyed opera, while ordinary workers flocked to vaudeville. Most Americans viewed dance as a social amusement, not an art form. Ballet schools existed in the United States during this period; however, the form that was taught was more like theatrical dance.   Historical newspaper articles revealed that Isadora’s early performances mostly took place in wealthy women's private salons, rather than in theatres. Unhappy with the situation of the arts in the United States and the public's lack of appreciation of her dance as an art form, Isadora eventually moved to London.   I presented a research paper entitled “Isadora Duncan’s Early Career in the United States,” at the Society of Dance History Scholars and the Congress on Research in Dance’s Joint Conference (2015) in Athens, Greece.

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
多元文化特論4文化構想学部2019春学期
多元文化特論4文学部2019春学期
Intensive Studies 31 (Japanese Visual Culture and Media 3)文化構想学部2019秋クォーター
Intensive Studies 31 (Japanese Visual Culture and Media 3)文学部2019秋クォーター
Intensive Studies 31 (Japanese Visual Culture and Media 3)大学院文学研究科2019秋クォーター