氏名

マツナガ ノリコ

松永 典子

職名

准教授

所属

(教育学部)

本属以外の学内所属

兼担

教育・総合科学学術院(大学院教育学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

ジェンダー研究所

研究所員 2018年-

学歴・学位

学位

修士

所属学協会

日本ヴァージニア・ウルフ協会 運営委員

日本英文学会

論文

ボランティア

研究社WEBマガジンLingua文化と社会を読むキーワード辞典2020年01月-

link

ありのままで

松永典子

研究社WEBマガジンLingua文化と社会を読むキーワード辞典2019年04月-

link

「わたしを知らないなんて言わないで」:『メアリー・ポピンズ』におけるケア労働

松永典子

New Perspective査読有り204号p.5 - 172017年03月-

チック・リットとしての"ポスト"サフラジスト小説:エヴァドネ・プライス『そんなに静かではない・・・』におけるシスターフッド・労働・自伝

松永典子

ヴァージニア・ウルフ研究査読有り31号p.15 - 372014年10月-

Becoming an English Teacher: Universalism, Education, and Money in Bernard Shaw's Pygmalion

Noriko Matsunaga

帝京大学宇都宮キャンパス研究年報人文編査読有り19号(143)p.1532013年12月-

ジャンヌ・ダルクの主張:バーナード・ショー『聖ジョーン』にみる親族関係

松永典子

ヴァージニア・ウルフ研究査読有り30号p.27 - 442013年10月-

Girls's Feminism during the Interwar Period:Evadne Price's Just Jane

Noriko Matsunaga

帝京大学宇都宮キャンパス研究年報人文編査読有り18号p.1 - 202012年12月-

〈アラビアのローレンス〉の模倣戦略:『知恵の七柱』研究

松永典子

Walpurgis 2010p.53 - 682010年03月-

彼/女は英国人作家か? :ヴァージニア・ウルフ『オーランドー』における性と人種の境界

松永典子

New Perspective査読有り188号p.15 - 262009年02月-

愛は違法、レイプは合法:大戦間期同性愛小説に対する検閲の非対称性

松永典子

F-GENSジャーナル公募研究特集号査読有り6号p.37 - 432006年09月-

外交理論家ハロルド・ニコルソンの伝記技術:自/伝記文学からのモダニズム再考

松永典子

人間文化論叢査読有り8号p.95 - 1022006年03月-

『眺めのよい部屋』にみるE. M. フォースタのリアリズムの詩学

松永典子

人間文化研究年報25号p.109 - 1172002年03月-

英国アール・デコ時代のシスターフッドの夢:フェミニストのインフラと斜塔作家のモノ

ヴァージニア・ウルフ研究査読有り36号p.121 - 1392019年11月-

書籍等出版物

『終わらないフェミニズム:「働く」女たちの言葉と欲望』

日本ヴァージニア・ウルフ協会、河野真太郎、麻生えりか、松永典子(共編著)

研究社2016年 08月-

詳細

ISBN:978-4327472337

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

社会運動としての女性文学

2016年-0月-2019年-0月

配分額:¥4420000

研究種別:

イスラーム・ジェンダー学構築のための基礎的総合的研究

2016年-0月-2020年-0月

配分額:¥39780000

研究種別:

英国20世紀前半の児童文学における女児表象研究

2013年-0月-2016年-0月

配分額:¥3640000

研究種別:

英国大戦間期の主体構築研究--女性作家による戦争自伝伝記文学作品の考察

2011年-0月-2013年-0月

配分額:¥1950000

研究種別:

ポストサフレジズム研究

2019年-0月-2022年-0月

配分額:¥4290000

学内研究制度

特定課題研究

ポスト大戦の英語圏の女性文学

2018年度

研究成果概要: 本発表では、近年のミドルブラウ文化研究にも注目しながら、ウルフと文壇との論争から英国モダニズムの再読を試みた。ただし、ここで論じるのは、有名なアーノルド・ベネットとの文壇論争ではなく、ウルフとデズモンド・マカーシなど彼女の同時代... 本発表では、近年のミドルブラウ文化研究にも注目しながら、ウルフと文壇との論争から英国モダニズムの再読を試みた。ただし、ここで論じるのは、有名なアーノルド・ベネットとの文壇論争ではなく、ウルフとデズモンド・マカーシなど彼女の同時代の男性知識人作家との論争である。本発表では、1920年にはじまる雑誌上でのマカーシーとの一連の論争、および、1940年発表の講演原稿「斜塔」とりわけそこで提示された共産主義知識人としてのオーデン・グループへの批判的言説を取りあげることにより、大衆ユートピアのヴィジョンとプロジェクトを包含するアール・デコと英国モダニズムそしてシスターフッドとの関係を、考察した。具体的には、ウルフの想定する女性作家および読者を、アール・デコ期という歴史性において英国モダニズムのシスターフッドという観点から再解釈を試みた。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
英語中級コンプリヘンション(文化) 1 F教育学部2020春学期
英語中級コンプリヘンション(文化) 2 F教育学部2020秋学期
英米文学語学演習I-1 E教育学部2020春学期
英米文学語学演習I-2 E教育学部2020秋学期
英米文学語学演習II-1 E教育学部2020春学期
英米文学語学演習II-2 E教育学部2020秋学期
Introduction to British Culture教育学部2020秋学期
Oral and Written Communication I F教育学部2020春学期
Oral and Written Communication I F教育学部2020春学期
Oral and Written Communication II F教育学部2020秋学期
Oral and Written Communication II F教育学部2020秋学期
英文学史I 教育学部2020春学期
英文学史II 教育学部2020秋学期
英語圏文学 教育学部2020秋学期
英米文学とジェンダー・マイノリティ教育学部2020春学期
英米文化研究1(Background Studies 1)大学院教育学研究科2020春学期
英米文化研究2(Background Studies 2)大学院教育学研究科2020秋学期
英米文学とジェンダー 1グローバルエデュケーションセンター2020春クォーター
英米文学とジェンダー 2グローバルエデュケーションセンター2020夏クォーター