氏名

シバタ タカノリ

柴田 高範

職名

教授

所属

(先進理工学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
tshibata@waseda.jp

URL等

WebページURL

http://www.chem.waseda.ac.jp/shibata/(研究室ホームページ)

研究者番号
80265735

本属以外の学内所属

兼担

理工学術院(大学院先進理工学研究科)

学内研究所等

理工学総合研究センター

兼任研究員 2003年-2006年

実践的ナノ化学G

研究所員 2007年-2011年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2006年-2018年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2018年-

学歴・学位

学歴

-1989年 東京大学 理学部 化学
-1994年 東京大学 理学系研究科 有機化学

学位

博士(理学) 課程 東京大学 有機化学

博士(理学) 課程 東京大学 有機化学

所属学協会

近畿化学協会

アメリカ化学会

日本化学会

有機合成化学協会 有機合成化学協会誌 編集委員

委員歴・役員歴(学外)

2004年-有機合成化学協会 編集委員

受賞

有機合成化学協会「奨励賞」

2005年02月

有機合成化学協会「研究企画賞」

1997年02月

研究分野

キーワード

有機金属触媒、不斉合成、合成有機化学、有機元素化学

科研費分類

化学 / 複合化学 / 合成化学

化学 / 基礎化学 / 有機化学

研究テーマ履歴

金属反応剤を用いる不斉合成

研究テーマのキーワード:不斉合成

遷移金属錯体を駆使した選択的触媒反応の開発

個人研究

論文

Asymmetric Autocatalysis –Discovery and Development (不斉自己触媒反応の創製と開発)

K. Soai, T. Shibata, and I. Sato

日本化学会誌2001p.141 - 1502001年-

自己増殖するキラル分子-高選択的な不斉自己触媒反応の開発-

10/,361996年-

生成物が関与する不斉合成反応-不斉自己触媒反応への新展開-

化学51/,621996年-

Ir-catalyzed Almost Perfect Enantioselective Synthesis of Helical Polyaryls Based on an Axially-Chiral Sequence

T. Shibata and K. Tsuchikama

Chemical Communication2005p.6017 - 60192005年-

Enantioselective Construction of Quaternary Carbon Centers by Catalytic [2+2+2] Cycloaddition of 1,6-Enynes and Alkynes

T. Shibata, Y. Arai, and Y. Tahara

Organic Letters7p.4955 - 49572005年-

Iridium-Catalyzed Enantioselective Pauson-Khand-type Reaction of 1,6-Enynes

T. Shibata, N. Toshida, M. Yamasaki, S. Maekawa, and K. Takagi

Tetrahedron61p.9974 - 99792005年-

Iridium-Catalyzed Enantioselective Cycloisomerization of Nitrogen-bridged 1,6-Enynes to 3-Azabicylo[4.1.0]heptenes

T. Shibata, Y. Kobayashi, S. Maekawa, N. Toshida, and K. Takagi

Tetrahedron61p.9018 - 90242005年-

Thermal and Au(I)-Catalyzed Intramolecular [4+2] Cycloaddition of Aryl-Substituted 1,6-Diynes for the Synthesis of Biaryl Compounds

T. Shibata, R. Fujiwara, and D. Takano

Synlett2005p.2062 - 20662005年-

Cationic Platinum-Catalyzed Etherification by Intra- and Intermolecular Dehydration of Alcohols

T. Shibata, R. Fujiwara, and Y. Ueno

Synlett2005p.152 - 1542005年-

Ene Reaction of Allenyl Sulfides with Aldehydes and Schiff's Bases Catalyzed by Lewis Acids

Y. Hayashi, T. Shibata, and K. Narasaka

Chemistry Letters1990p.1693 - 16961990年-

BF3・OEt2 Catalyzed [4+2] Cycloaddition Reactions of N-Aryl Schiff's Bases with 1-Alkenyl, 1,2-Propadienyl, and 1-Alkylnyl Sulfides

K. Narasaka and T. Shibata

Heterocycles35p.1039 - 10531991年-

Acid-Promoted Reaction of Schiff's Bases with Ketene Dithioacetal, Vinyl Sulfides, and 1,2-Propadienyl Sulfides

K. Narasaka, T. Shibata, and Y. Hayashi

Bulletin of the Chemical Society of Japan65p.1392 - 13961992年-

Reactions of 1,2-Propadienyl Sulfides with Aldehydes and Acetals Catalyzed by BF3・OEt2

K. Narasaka, T. Shibata, and Y. Hayashi

Bulletin of the Chemical Society of Japan65p.2825 - 28301992年-

Conversion of 1-(w-Alkynyl)-1,2-Propadienyl Sulfides to Bicyclic Dienones by the Use of Iron Carbonyl Complex

K. Narasaka and T. Shibata

Chemistry Letters1994p.315 - 3181994年-

Asymmetric Autocataysis and Amplification of Enantiomeric Excess of a Chiral Molecule

K. Soai, T. Shibata, H. Morioka, and K. Choji

Nature(London)378p.767 - 7681995年-

Intra-and Intermolecular Allen-Alkyne Coupling Reaction by the Use of Fe(CO)4(NMe3)

Shibata, Y. Koga, and K. Narasaka

Bulletin of the Chemical Society of Japan68p.911 - 9191995年-

Asymmetric Synthesis of Chiral Diols by the Catalytic Enantioselective Dialkylation of Tere-, Iso-, and Phthalaldehydes and by a Catalytic Enantioselective Autoinductive Reaction

K. Soai, Y. Inoue, T. Takahashi, and T. Shibata

Tetrahedron52p.13355 - 133621996年-

Asymmetric Synthesis of N-(Diphenylphosphinyl)ferrocenylamine by the Enantioselective Alkylation of Ferrocenylimine

T. Hayase, Y. Inoue, T. Shibata, and K. Soai

Tetrahedron : Asymmetry7p.2509 - 25101996年-

Enantioselective Synthesis of Chiral 5-Carbamoyl-3-pyridyl Alcohols by Asymmetric Autocatalytic Reaction

T. Shibata, H. Morioka, S. Tanji, T. Hayase, Y. Kodaka, and K. Soai

Tetrahedron Lett.37p.8783 - 87861996年-

Highly Enantioselective Catalytic Asymmetric Automultiplication of Chiral Pyrimidylalcohol

T. Shibata, H. Morioka, T. Hayase, K. Choji, and K. Soai

J. Am. Chem. Soc.118p.471 - 4721996年-

Highyl Enantioselective Synthesis of a Chiral 3-Quinolylalkanol by an Asymmetric Autocatalytic Reaction

T. Shibata, K. Choji, H. Morioka, T. Hayase, and K. Soai

Chem. Commun.1996p.751 - 7521996年-

Asymmetric Autocatalytic Reaction of 3-Quinolylalkanol with Amplification of Enantiomeric Excess

T. Shibata, K. Choji, T. Hayase, Y. Aizu, and K. Soai

Chem. Commun.1996p.1235 - 12361996年-

N-Alkyl-N-vinylbenzylnorephedrines and Their Copolymers as Chiral Ligands for the Highly Enantioselective Ethylation of N-Diphenylphosphinylimine

T. Suzuki, N. Narisada, T. Shibata, and K. Soai

Tetrahedron : Asymmetry7p.2519 - 25221996年-

Design of Chiral Catalysis and Asymmetric Autocatalysis for the Enantioselective Additions of Organozinc Reagents

K. Soai and T. Shibata

J. Syn. Org. Chem. Jpn.55p.994 - 10051997年-

Asymmetric Synthesis of Optically active Fluorine-containing Alcohols by the Catalytic Enantioselective Alkylation of Aldehydes

T. Hayase, T. Sugiyama, M. Suzuki, T. Shibata, and K. Soai

J. Fluorine Chem.84p.1 - 51997年-

One-pot Asymmetric Autocatalytic Reaction with Remarkable Amplification of Enantiomeric Excess

T. Shibata, T. Hayase, J. Yamamoto, and K. Soai

Tetrahedron : Asymmetry8p.1717 - 17191997年-

Asymmetric Synthesis of Various Chiral 5-Pyrimidyl Alkanols by the Enantioselective Alkylation of Pyrimidine-5-carbaldehydes with dialkylzincs in the Presence of Chiral Amino Alcohols

T. Shibata, T. Hayase, Y. Aiba, H. Tabira, and K. Soai

Heterocycles46p.235 - 2401997年-

Asymmetric Self-replication of Chiral 1,2-Amino Alcohols by Highly Enantioselective Autoinductive Reduction

T. Shibata, T. Takahashi, T. Konishi, and K. Soai

Angew. Chem. , Int. Ed. Engl.36p.2458 - 24601997年-

Enantioselective Addition of Diethylzinc to N-Diphenylphosphinylimine using Polymer-Supported N, N-Dialkylnorephedrines as Chiral Ligands

T. Suzuki, T. Shibata, and K. Soai

J. Chem. Soc. Perkin Trnas. 11997p.2757 - 27601997年-

Chiral Amino Alcohols Bound to Diimine, Diamine and Dendrimers as Chiral Ligands for the Enantioselective Ethylation of N-Diphenylphosphinylimines

T. Suzuki, Y. Hirokawa, K. Ohtake, T. Shibata, and K. Soai

Tetrahedron ; Asymmetry8p.4033 - 40401997年-

Stereospecific Transformation of a Chiral Pyrimidyl Alkanol into L-Valine

K. Soai, S. Tanji, Y. Kodaka, and T. Shibata

Enantiomer3p.241 - 2431998年-

Asymmetric Synthesis of 3-Quinolylalkylamine by Enantioselective Alkylation of N-Diphenylphosphinyl-3-quinolylimine using Chiral β-Amino Alcohols

T. Hayase, S. Osanai, T. Shibata, and K. Soai

Heterocycles48p.139 - 1441998年-

The First Enantioselective Baylis-Hillman Reaction Catalyzed by Chiral Phosphines under Atmospheric Pressure

T. Hayase, T. Shibata, K. Soai, and Y. Wakatsuki

Chem. Commun.1998p.1271 - 12721998年-

A Catalytic and Enantioselective Cycloprophylation of Aldehydes using dicyclopropylzinc

T. Shibata, H. Tabira, and K. Soai

J. Chem. Soc. Perkin Trnas. 11998p.177 - 1781998年-

Amplification of a Slight Enantiomeric Imbalance in Molecules based on Asymmetric Autocatalysis-The First Correlation between High Enantiomeric Enrichment in a Chiral Molecule and Circularly Polarized Light-

T. Shibata, J. Yamamoto, N. Matsumoto, S. Yonekubo, S. Osanai, and K. Soai

Journal of American Chemical Society120p.12157 - 121581998年-

Direct Synthesis of Cyclopentadienones by Cobalt Carbonyl-Mediated Carbonylative Alkyne-alkyne Coupling Reaction

T. Shibata, T. Ohta, and K. Soai

Tetrshedron Letters39p.5785 - 57881998年-

d-and l-Quartz-Promoted Highly Enantioselective Synthesis of a Chiral Organic Compound

K. Soai, S. Osanai, K. Kadowaki, S. Yonekubo, T. Shibata, and I. Sato

J. Am. Chem. Soc.12p.11235 - 112361999年-

Highly Enantioselective Addition of Dialkylzincs to Aromatic Aldehydes using 1-Phenyl-2(1-pyrrolidinyl)-1-propanol as a Chiral Catalyst

K. Soai, T. Konshi, and T. Shibata

Heterocycles51p.1421 - 14261999年-

Highly Enantioselective Catalytic Isopropenylation of Aldehydes using Diisporopenylzinc

T. Shibata, K. Nakatsui, and K. Soa

Inorg. Chim. Acta296p.33 - 361999年-

Practically Perfect Asymmetric Autocatalysis using 2-Alkynyl-5-pyrimidylalkanol

T. Shibata, S. Yonekubo, and K. Soai

Angewandte Chemie International Edition38p.659 - 6611999年-

Enantioselective Alkylation of N-Diphenylphosphinylimine with Dialkylzincs using Copolymerized Chiral Ligands

T. Suzuki, N. Narisada, T. Shibata, and K. Soai

Polymers for Advanced Technologies10p.30 - 381999年-

Highly Enantioselective Addition of Diethylzinc to N-Diphenylphosphinylimines using Dendritic Chiral Ligands with Hydrocarbon Backbones

I. Sato, R. Kodaka, T. Shibata, Y. Hirokawa, N. Shirai, K. Ohtake, and K. Soai

Tetrahedron: Asymmetry11p.2271 - 22762000年-

Synthesis of Chiral Dendrimers with a Hydrocarbon Backbone and Application to the Catalytic Enantioselective Addition of Dialkylzincs to Aldehydes

I. Sato, T. Shibata, K. Ohtake, R. Kodaka, Y. Hirokawa, N. Shirai, and K. Soai

Tetrahedron Lett.41p.3123 - 31262000年-

New Synthetic Method of Biaryls from Arylzinc Iodides Using N-Chlorosuccinimide and a Catalytic Amount of Palladium

K. M. Hossain, T. Shibata, and K. Takagi

Synlett2000p.1137 - 11382000年-

Enantioselective Automutiplication of Chiral Molecules by Asymmetric Autocatalysis

K. Soai, T. Shibata, and I. Sato

Accounts of Chemical Research33p.382 - 3902000年-

Asymmetric Autocatalysis of 5-Carbamoyl-3-pyridyl Alkanols with Amplification of Enantiomeric Excess

S. Tanji, Y. Kodaka, A. Ohno, T. Shibata, I. Sato, and K. Soai

Tetrahedron: Asymmetry11p.4249 - 42532000年-

Synthesis of Chiral a-Acetoxy-N-acetylamides from Chiral Pyrimidylalkanols by the Oxidative Cleavage of Pyrimidine Ring

S. Tanji, Y. Kodaka, T. Shibata, and K. Soai

Heterocycles52p.151 - 1582000年-

Iridium-Chiral Diphosphine Complex Catalyzed Highly Enantioselective Pauson-Khand Type Reaction

T. Shibata and K. Takagi

J. Am. Chem. Soc.122p.9852 - 98532000年-

Inter- and Intramolecular Carbonylative Alkyne-alkyne Coupling Reaction Mediated by Cobalt Carbonyl Complex

T. Shibata, K. Yamashita, K. Takagi, T. Ohta, and K. Soai

Tetrahedron56p.9259 - 92672000年-

Nucleophilic Additions of Arylzinc Compounds to Aldehydes Mediated by CrCl3: Efficient and Facile Synthesis of Functionalized Benzhydrols, Benzyl Alcohols, or Diaryl Ketones

Y. Ogawa, A. Saiga, M. Mori, T. Shibata, and K. Takagi

. Org. Chem.65p.1031 - 10362000年-

Asymmetric Induction by Helical Hydrocarbons: [6]- and [5]Helicenes

I. Sato, R. Yamashima, K. Kadowaki, J. Yamamoto, T. Shibata, and K. Soai

Angew. Chem. Int. Ed.40p.1096 - 10982001年-

Palladium-Catalyzed Synthesis of Biaryls from Arylzinc Compounds Using N-Chlorosuccinimide or Oxygen as an Oxidant

K. M. Hossain, T. Kameyama, T. Shibata, and K. Takagi

Bull. Chem. Soc. Jpn.74p.2415 - 24202001年-

Asymmetric Autocatalysis and the Origin of Chiral Homogeneity in Organic Compounds

K. Soai, I. Sato, and T. Shibata

The Chemical Records1p.321 - 3322001年-

Unusual Chemoselective Addition of Diisopropylzinc to 2,2’-Bipyridine-5,5’-dicarbonyl Compounds in the 2-Position and Autoxidative Reconversion with Carbon-carbon Bond Cleavage

S. Tanji, T. Shibata, I. Sato, and K. Soai

J. Chem. Soc., Perkin Trans. 1p.217 - 2182001年-

Iridium Complex Catalyzed Carbonylative Alkyne-alkyne Coupling for the Synthesis of Cyclopentadienones

T. Shibata, K. Yamashita, H. Ishida, and K. Takag

Org. Lett.3p.1217 - 12192001年-

Asymmetric Autocatalysis of Pyrimidyl Alkanol Induced by Optically Active 1,1ユ-Binaphthyl, an Atropisomeric Hydrocarbon, Generated from Spontaneous Resolution on Crystallication

Chem. Lett.20022002年-

Asymmetric Autocatalysis: Automultiplication, Amplification of Chirality and the Origin of Chiral Homogeneity of Organic Molecules

My Favorite Organic Synethesis,モ edited by The Society of Synthetic Organic Chemistry2002年-

Asymmetric Automultiplication of Chiral Compounds by Asymmetric Autocatalysis (不斉自己触媒反応によるキラル化合物の不斉自己増殖)

有機合成化学協会誌 (J. Syn. Org. Chem. Jpn.)602002年-

Asymmetric Diels-Alder Reactions Catalyzed by a Triflic Acid Activated Chiral Oxazaborolidine

J. Am. Chem. Soc.1242002年-

Catalytic Pauson-Khand-Type Reaction Using Aldehydes as a CO Source

Org. Lett.42002年-

Highly Enantioselective Asymmetric Autocatalysis of 5-Pyrimidyl Alkanol Induced by Chiral 1,3-Disubstituted Hydrocarbon Allenes

Helv. Chim. Acta852002年-

Ir and Rh Complex-Catalyzed Intramolecular Alkyne-Alkyne Couplings with Carbon Monoxide and Isocyanides

Tetrahedron582002年-

Iridium Complex-Catalyzed Enantioselective Intramolecular [4+2] Cycloaddition of Dieneynes

Synlett20022002年-

Palladium-Catalyzed Synthesis of 2,2-dimethyl-3-pyrrolines from a-Amino Allene and Aryl Iodides

Heterocycles572002年-

Rhodium Complex-Catalyzed Pauson-Khand-Type Reaction Using Aldehydes as a CO Source

J. Org. Chem.672002年-

Practically Perfect Amplification of Chirality from Extremely Low Enantiomeric Excess to Greater Than 99.5% Enantiomeric Excess by Asymmetric Autocatalysis

I. Sato, H. Urabe, S. Ishiguro, T. Shibata and K. Soai

Angew. Chem. Int. Ed.42p.315 - 3172003年-

Asymmetric Synthesis of Pyrimidyl Alkanol without Adding Chiral Substances by the Addition of Diisopropylzinc to Pyrimidine-5-carbaldehyde in Conjunction with Asymmetric Autocatalysis

K. Soai, I. Sato, T. Shibata, S. Komiya, M. Hayashi, Y. Matsueda, H. Imamura, T. Hayase, H. Morioka, H. Tabira, J. Yamamoto, and Y. Kowata

Tetrahedron; Asymmetry14p.185 - 1882003年-

Functionalized Arylzinc Compounds in Ethereal Solvent: Direct Synthesis from Aryl Iodides and Zinc Powder and Application to Pd-Catalyzed Reaction with Allylic Halides

R. Ikegami, A. Koresawa, T. Shibata, and K. Takagi

J. Org. Chem68p.2195 - 21992003年-

Iridium Complex-Catalyzed Pauson-Khand-Type Reaction of Allenynes

T. Shibata, S. Kadowaki, M. Hirase, and K. Takagi

Synlett,2003p.573 - 5752003年-

Rhodium Complex-Catalyzed Intramolecular Ene-Type Reaction of Alleneynes

T. Shibata, Y. Takesue, S. Kadowaki, and K. Takagi

Synlett2003p.268 - 2702003年-

Discovery and Development of Asymmetric Autocatalysis

K. Soai, T. Shibata, and I. Sato

Bull. Chem. Soc. Jpn.77p.1063 - 10732004年-

The Reaction of Butatrienolates with Aldehydes for the Syntheses of a-Vinylidene Acylsilanes

T. Shibata, K. Takami, Y. Arai, and K. Tsuchikama

Bull. Chem. Soc. Jpn.77p.1937 - 19382004年-

Iridium Complex-Catalyzed Intramolecular Ene-Type Reaction of 1,6-Enynes Accelerated in Ionic Liquid

T. Shibata, M. Yamasaki, S. Kadowaki, and K. Takagi

Synlett2004p.2812 - 28142004年-

Chemo- and Regioselective Intramolecular Hydrosilylative Carbocyclization of Allenynes

T. Shibata, S. Kadowaki, and K. Takagi

Organometallics23p.4116 - 41202004年-

Iridium Complex-Catalyzed Highly Enantio- and Diastereoselective [2+2+2] Cycloaddition for the Synthesis of Axially Chiral Teraryl Compounds

T. Shibata, T. Fujimoto, K. Yokota, and K. Takagi

J. Am. Chem. Soc.126p.8382 - 83832004年-

書籍等出版物

不斉自己触媒反応-自己増殖するキラルな分子たち-

学問のすすめ(筑摩書房)1998年-

Asymmetric additions using diorganozincs

K. Soai and T. Shibata

Organozinc Reagents: A Pratical Approach1999年-

特許

整理番号:1276

インダンおよび/またはインデンの製造方法(日本)

柴田 高範, 平島 裕之

特願2011-284091、特開2013-133293

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

イリジウム錯体を用いる不活性結合の切断を伴う触媒反応の開発

2013年-0月-2015年-0月

配分額:¥7020000

研究種別:

新規な空間制御法によるカゴ型有機化合物の触媒的不斉合成

2011年-0月-2013年-0月

配分額:¥4030000

研究種別:

合成的活用を考慮した配向基による炭素-水素結合活性化の新展開

2011年-0月-2013年-0月

配分額:¥7020000

研究種別:

キラルな環状π電子共役系の創製を指向した付加環化反応の新展開

2010年-0月-2014年-0月

配分額:¥18200000

研究種別:

不斉自己触媒反応における不斉の発生・増幅と伝播の研究

2008年-0月-2013年-0月

配分額:¥206960000

研究種別:

触媒的付加環化反応を用いる新規不斉骨格の創製

配分額:¥16640000

研究種別:基盤研究(C)

6配位の炭素およびリンを中心原子とする超原子価化合物の創製

2005年-2006年

研究分野:有機化学

配分額:¥3000000

研究種別:

触媒的不斉付加環化反応を用いる新規キラル化合物群の創製と評価

配分額:¥3300000

研究種別:

メタラクムレン類の特性を活かした炭素骨格形成法の開発

配分額:¥13300000

研究種別:

不斉自己増殖反応の開拓および超高感度不斉認識・不斉の起源解明への応用

配分額:¥542100000

研究種別:

触媒的不斉[4+2]付加環化反応に基づく光学活性複素環化合物の合成

配分額:¥4200000

研究種別:

一酸化炭素の挿入を伴う触媒的アルキン-アルキンカップリング反応の開発

配分額:¥2000000

研究種別:

触媒的不斉カルボニル化反応による光学活性β-ラクタム類の合成

配分額:¥2200000

研究種別:

実用化を指向した完全不斉自己触媒系の創製

配分額:¥800000

研究種別:

不斉自己触媒反応の開拓に基づく不斉の発生と自己増殖の研究

配分額:¥37160000

研究種別:

自己完結型不斉環元反応の開発

配分額:¥2100000

研究種別:

不斉還元におけるキラル分子の自己増殖

配分額:¥2000000

研究種別:

不斉自己増殖反応の一般化ならびに機構の解明

配分額:¥1000000

研究種別:挑戦的萌芽研究

1,3,5-ヘキサトリインの特異な反応性を駆使した新規合成法の開発

2015年-2016年

研究分野:有機化学

配分額:¥3900000

研究種別:

1,3,5-ヘキサトリインの特異な反応性を駆使した新規合成法の開発

2015年-0月-2017年-0月

配分額:¥3900000

研究種別:

熱的に安定なモノ置換チオフェンS-オキシド及びその関連化合物の化学

2013年-0月-2016年-0月

配分額:¥5200000

研究種別:

触媒的不斉デヒドロDiel-Alder反応による縮合多環式複素芳香環の構築

2019年-0月-2022年-0月

配分額:¥4290000

学内研究制度

特定課題研究

不斉触媒と反応媒体の機能を兼ね備えた多機能分子の創製

2009年度

研究成果概要:「環境にやさしい化学 (Green Chemistry)」の達成が求められる今日、従来のように効率的に目的化合物を合成するだけでなく、反応、後処理、精製の全ての過程を通して環境負荷を低減させたシステムの構築が求められている。その対...「環境にやさしい化学 (Green Chemistry)」の達成が求められる今日、従来のように効率的に目的化合物を合成するだけでなく、反応、後処理、精製の全ての過程を通して環境負荷を低減させたシステムの構築が求められている。その対策として、(1) 等量反応から触媒反応へ、(2) 副生成物が少ない反応系の開発、(3) 回収再利用可能な反応媒体(溶媒)の利用、などが挙げられる。本研究では、遷移金属”触媒”を用いる反応において、”副生成物の低減化”を実現するC-H結合活性化反応、ならびに”反応媒体と不斉触媒を兼ね備えた”機能性分子の創製を目指した。 C-H結合の活性化を伴う直接的な変換反応は、従来の官能基を起点とする反応と異なり、反応点への官能基の導入が不要でありことから反応工程数を減ずることができ、さらには反応の進行に伴って生成する官能基に由来した副生成物も低減できる。報告者は、カチオン性イリジウム錯体に注目し、アリールケトンのカルボニル基への配位により、そのオルトのsp2C–H結合活性化を起点する種々の触媒反応を開発した。すなわち、アリールケトンのアルケニル化、さらには引き続く環化反応によりベンゾフルベンの合成を達成した。また、分子内に求核付加を受ける別のカルボニル基を導入することで、分子内環化反応が進行し、4-置換ベンゾヘテロールの合成を達成し、またアミドに隣接したsp3C–H結合のアルケニル化も達成した。 一方、反応媒体に不斉触媒能を付与する試みとして、報告者が開発したイリジウム触媒によるエン型反応において、イリジウム錯体の対アニオンとして天然物由来の安価な不斉源を検討した。すなわち、反応媒体としてイオン性液体への展開を視野に入れ、種々のアミノ酸塩を検討したが、反応は進行するものの、不斉誘起されなかった。

フェニレン系ポリマーの創製を指向した光学活性パラシクロファン素子の不斉合成

2010年度

研究成果概要: シクロファンとは、広義で芳香族化合物を含む大環状架橋型化合物である。これまで架橋構造により歪みをもつシクロファン類や、多数の環状構造を架橋部に有する複雑な骨格のシクロファン類の合成が達成された。近年では、シクロファン類のもつ機能... シクロファンとは、広義で芳香族化合物を含む大環状架橋型化合物である。これまで架橋構造により歪みをもつシクロファン類や、多数の環状構造を架橋部に有する複雑な骨格のシクロファン類の合成が達成された。近年では、シクロファン類のもつ機能性に注目が集まり、ホスト-ゲスト化学のゲスト化合物として多くの研究例がある。中でも、ベンゼン環のパラ位の2つの置換基を環構造で連結した化合物をパラシクロファンと言い、架橋鎖が短い場合にはベンゼン環が自由回転できないために、面不斉を生じ鏡像異性体が存在する。これまで既に、パラシクロファン化合物の面性キラリティを利用し、キラル認識剤、キラルポリマー、不斉配位子などとしての応用が報告されているが、それらは光学分割や不斉結晶化などで合成された。一方、パラシクロファン化合物のエナンチオ選択的不斉合成は僅か3例のみであり、しかも不斉収率の最高値は、我々が報告した79% eeであった。 そこで本研究では、ベンゼン環と架橋鎖を酸素原子により連結したヒドロキノン型のパラシクロファンを用い、酸素への配位を利用した不斉オルトリチオ化を検討した。その結果、sec-BuLiとキラルジアミン配位子であるsparteineを作用させたところ、高エナンチオ選択的にモノリチオ化が進行し、キラルなアリールリチウム試薬が得られた。さらに、過剰量のsec-BuLiを加えた場合、パラ位で位置選択的かつ高エナンチオ選択的(99% ee)にジリチオ化が進行し、C2対称を有するキラルなアリールジリチウム試薬が得られた。得られたキラルなモノリチオ化、ジリチオ化体を種々の求電子剤と反応させることにより、種々の長さの架橋鎖、種々の官能基を1つないし2つ有する面不斉パラシクロファンが極めて高不斉収率で得られた。

光学活性メタラロセン化合物の触媒的不斉合成法の開発と応用

2012年度

研究成果概要: 金属が2つのシクロペンタジエニル基によりサンドウィッチ状に挟まれたメタラロセン化合物の中で、金属が鉄であるフェロセンとその誘導体は、その特徴的な構造と化学的・熱力学的・酸化還元的安定性から様々な分野で応用されている。その代表例が... 金属が2つのシクロペンタジエニル基によりサンドウィッチ状に挟まれたメタラロセン化合物の中で、金属が鉄であるフェロセンとその誘導体は、その特徴的な構造と化学的・熱力学的・酸化還元的安定性から様々な分野で応用されている。その代表例が不斉リン配位子であり、例えば、フェロセン骨格を持つキシリホス(xyliphos)は除草剤(S)-Metolachlorの年10000トン以上のスケールでの工業的な不斉合成に用いられており、工業的な利用に耐えうる数少ない不斉リン配位子の一つである。しかしながら、このようなキラルな1,2-二置換フェロセンの合成には、化学量論量の有機金属試薬を用いるジアステレオ選択的な手法が多く用いられていた。一方、当研究室ではこれまでにカチオン性イリジウム、ロジウム触媒を用いて配向性置換基を持つ反応基質の炭素-水素結合活性化反応を利用した炭素-炭素結合生成反応の開発を行った。そこで本研究では、配向性置換基を利用した炭素-水素結合の活性化により、直接的な炭素-炭素結合生成反応によって、フェロセン誘導体の合成およびその不斉合成を目指した。 配向基としてイミノ基を有するフェロセン用い、三価ロジウム触媒存在下、イソシアナートとの反応を試みたところ、イミノ基のα位がアミド化された二置換体フェロセン誘導体が得られた。反応条件の最適化の結果、対アニオンとしてテトラフルオロホウ酸(BF4)を用いることで、電子求引性あるいは供与性置換基を有するフェニルイソシアナート、あるいはアルキルイソシアナートとの反応が進行し、対応する二置換体フェロセン誘導体が得られた。 そこで次に、本系を不斉反応へ展開し、キラルな配向基としてオキサゾリン環を用いて検討を行った。その結果イミノ基を配向基とするフェロセンと同様にアリールイソシアナート、アルキルイソシアナートに対しても反応が進行した。また、いずれの反応においても生成物は単一のジアステレオマーとして得られ、特にパラクロロフェニルイソシアナートとの反応生成物は単結晶であり、X線による結晶構造解析により立体構造を確定できた。 上記のように、カチオン性ロジウム触媒を用いることにより、炭素―水素の直接的な官能基化によるキラル二置換フェロセン化合物の合成を達成した。今後、プロキラルなフェロセン化合物のエナンチオ選択的な不斉合成を目指す。

エナンチオ選択的反応を用いた面不斉パラシクロファン配位子の創製

2013年度

研究成果概要: 新規かつ種々の誘導体の合成が容易な不斉配位子群の合成手法の開発は、多彩な不斉炭素骨格の構築に直結する極めて重要な課題である。不斉配位子の不斉要素として、BINAPに代表される軸不斉、SDP、QuinoxP*に代表される中心不斉が... 新規かつ種々の誘導体の合成が容易な不斉配位子群の合成手法の開発は、多彩な不斉炭素骨格の構築に直結する極めて重要な課題である。不斉配位子の不斉要素として、BINAPに代表される軸不斉、SDP、QuinoxP*に代表される中心不斉が挙げられる。一方、「面不斉」リン配位子として、二置換フェロセニル骨格を有する化合物が研究されており、市販の化合物も多い。さらに、面不斉「パラシクロファン骨格」を有する二座配位子としてPHANEPHOS (bis(diphenylphosphino)[2.2]paracyclophane)が市販されているが、BINAP誘導体や二置換フェロセン誘導体と比較して研究が立ち後れている。その理由は、効率的かつ汎用な不斉合成法が少ないのが一因である。 今回我々は、当研究室が開発した不斉オルトリチオ化による面不斉パラシクロファンの高エナンチオ選択的手法により、 [1,n]パラシクロファン骨格を有するモノホスフィン化合物、ならびにジホスフィン化合物を高鏡像体過剰率で不斉合成した。本法により、架橋部の炭素数、構造、あるいはリン上の置換基など、多彩な面不斉リン化合物を得ることが出来る。 さらに、これらの面不斉リン化合物の不斉配位子としての適用として、まず当研究室で開発したパラジウム触媒を用いる連続的不斉Sonogashiraカップリングの不斉配位子として用いた。その結果、これまでに検討した全てのリン化合物よりも高いエナンチオ選択性を達成した(最高90% ee)。また、同様にパラジウム触媒を用いる反応として、Suzukiカップリングを検討した。過去において、中程度のエナンチオ選択性であり、しかも塩基として有毒な水酸化タリウムを用いることが必須であったジクロロフェロセン化合物の非対称化による不斉Suzukiカップリングをモデル反応として検討した結果、通常の無機塩基である炭酸ナトリウムを用い、80% eeを越える高エナンチオ選択的にモノアリール化生成物が得られた。 上記の通り、我々が独自開発した手法により不斉合成したオリジナルなリン化合物の不斉配位子として有効性を実証できた。今後、パラジウム以外の金属触媒の不斉配位子として、さらにはそれ自体を不斉有機触媒として検討する予定である。

触媒的炭素-水素結合活性化を起点とする非天然アミノ酸の創製と応用

2014年度共同研究者:田原 優樹

研究成果概要:アミノ酸誘導体は、生命維持機能や生体調節機能に加え、生理活性や医薬品の部分構造に含まれるなど、それらの機能は多岐にわたっている。特に非天然のアミノ酸は医薬品のビルディングブロックとしての利用や、未知なる機能が期待されている。そこで...アミノ酸誘導体は、生命維持機能や生体調節機能に加え、生理活性や医薬品の部分構造に含まれるなど、それらの機能は多岐にわたっている。特に非天然のアミノ酸は医薬品のビルディングブロックとしての利用や、未知なる機能が期待されている。そこで我々は炭素-水素結合活性化を起点とし、キラルな4位置換γ-アミノ酸誘導体の不斉合成を目指した。その結果、カチオン性イリジウム錯体とキラル二座リン配位子から調製される触媒存在下、配向基としてピリジル基を導入したγ-ラクタムと種々のアルケンの反応が進行し、キラルなγ-ラクタム誘導体が得られた。引き続き、水素添加、還元で配向基の除去、加水分解によりキラルな4位置換γ-アミノ酸誘導体を得た。

触媒的付加環化反応を利用した大環状ペプチドの効率合成

2016年度

研究成果概要: 環状ペプチドは直鎖ペプチドと比較して標的タンパク質と相互作用しやすく、またタンパク質分解酵素によって分解されにくいなどの特徴を有している。一方我々は、分子内[2+2+2]付加環化反応による分岐型トリインを用いた三脚型シクロファン... 環状ペプチドは直鎖ペプチドと比較して標的タンパク質と相互作用しやすく、またタンパク質分解酵素によって分解されにくいなどの特徴を有している。一方我々は、分子内[2+2+2]付加環化反応による分岐型トリインを用いた三脚型シクロファン、およびアミノ酸架橋トリインを用いたアミノインダンカルボン酸誘導体の高エナンチオ選択的合成を達成している。そこで本研究では、分子内[2+2+2]付加環化反応による環状ペプチドの触媒的合成を試みた。その結果、1,6-ジインとアルキン部分がペプチド鎖で架橋されたトリインの分子内[2+2+2]付加環化反応が進行し、種々の環状ペプチドを得ることに成功した。さらに塩基性、酸性アミノ酸を含む環状ペプチドの合成も達成した。

ヘテロ元素を含む非平面π共役系縮合多環化合物群の創製

2016年度

研究成果概要: 窒素を含む七員環化合物であるアゼピンに2つのベンゼン環が縮環したジベンゾアゼピンは、多くの医薬品の部分骨格として知られている重要な構造である。我々は、原子効率が高い環化異性化に着目し、ジベンゾアゼピン誘導体の合成を試みた。七員環... 窒素を含む七員環化合物であるアゼピンに2つのベンゼン環が縮環したジベンゾアゼピンは、多くの医薬品の部分骨格として知られている重要な構造である。我々は、原子効率が高い環化異性化に着目し、ジベンゾアゼピン誘導体の合成を試みた。七員環を構築するためには、進行し易い6-exo-dig型環化ではなく、7-endo-dig型環化を選択的に進行させるため、基質の剛直性と高い求核性を期待しカルバゾール骨格を含む基質を反応に用い検討を行った。その結果、金触媒存在下、所望の7-endo-dig型の環化異性化が選択的に進行し、目的の置換ジベンザゼピン誘導体を高収率で得ることができた。

光学活性ヘテロトリプチセン誘導体の不斉合成と応用

2016年度

研究成果概要: ヘテロ元素を含んだ縮合多環式化合物が機能性材料として注目されている。中でも中員環を導入した化合物は歪んだ骨格を有し、平面構造を有するアセン類とは異なる新規な物性が期待される。今回我々は、ジフェニルチオエーテルで架橋され... ヘテロ元素を含んだ縮合多環式化合物が機能性材料として注目されている。中でも中員環を導入した化合物は歪んだ骨格を有し、平面構造を有するアセン類とは異なる新規な物性が期待される。今回我々は、ジフェニルチオエーテルで架橋された1,8-ジインあるいは、2-スルファニルビフェニルで架橋された1,8-ジインとモノアルキンとの[2+2+2]付加環化を検討したところ、キラルなカチオン性ロジウム触媒を用いることで、効率的に反応が進行し、異なる置換形式の多置換トリベンゾチエピン誘導体が高鏡像体過剰率で得られた。本反応では、ヘテロ元素として硫黄に加え、セレンあるいは酸素架橋の1,8-ジインを用いた際にも高鏡像体過剰率で目的の環化体であるトリベンゾヘテロピンが得られた。

炭素-水素結合活性化を伴う触媒的不斉共役付加反応の開発

2017年度共同研究者:栗田 久樹, 小野田 早穂子

研究成果概要:炭素−水素結合の開裂を起点とする合成変換は、官能基の事前導入が不要であり、その事前導入した官能基に由来する副生成物が生成しないため、原子効率の点で理想的な合成変換である。一方、不活性な炭素−水素結合を開裂するためには、反応点に触媒...炭素−水素結合の開裂を起点とする合成変換は、官能基の事前導入が不要であり、その事前導入した官能基に由来する副生成物が生成しないため、原子効率の点で理想的な合成変換である。一方、不活性な炭素−水素結合を開裂するためには、反応点に触媒を近づけるために配向基が重要である。実際に、遷移金属触媒による炭素−水素結合の活性化において配向基の導入により様々な形式の合成変換が報告されている。しかしながら炭素−水素結合活性化を起点とする不斉反応の報告例は未だ少ない。今回報告者は、イリジウム錯体と光学活性ホスフィンから調製される不斉触媒により、高エナンチオ選択的な不斉C-H共役付加反応を達成した。

ヘテロ元素を導入した非平面π共役系縮合多環化合物群の創製と評価

2017年度共同研究者:鵜野 仁和, 高野 秀明

研究成果概要:本研究は、ヘテロ元素を導入した縮合多環π共役系の中で、特に非平面π共役系を有する化合物とその光基礎物性の評価を目的とする。具体的には、環内に一つのヘテロ原子を有する共役七員環骨格であるヘテロピンに、3つベンゼン環が縮環したトリベン...本研究は、ヘテロ元素を導入した縮合多環π共役系の中で、特に非平面π共役系を有する化合物とその光基礎物性の評価を目的とする。具体的には、環内に一つのヘテロ原子を有する共役七員環骨格であるヘテロピンに、3つベンゼン環が縮環したトリベンゾヘテロピンに注目した。報告者は既に、ロジウム触媒を用いた不斉[2+2+2]付加環化により、硫黄原子を有するトリベンゾチエピンの触媒的不斉合成を達成した。本研究では、イリジウム触媒を用いた脱水素型Si-H/C-Hカップリングを用いることにより、ケイ素を有するトリベンゾシレピンの触媒的合成法を見出した。さらに、構造解析、光学分割による不斉合成、熱的安定性について調査を行った。

不斉窒素原子を有するジアザトリプチセンの合成と応用

2017年度共同研究者:伊藤 守, 川崎 涼介, 井上 大輔

研究成果概要:本研究では、堅固な構造を有する三次元骨格として、配位子の母骨格や高分子の基本ユニットとして活用されながら、キラル素子として利用されていなかったトリプチセン骨格に注目する。中でも2つの橋頭位に窒素原子を有する置換ジアザトリプチセンは...本研究では、堅固な構造を有する三次元骨格として、配位子の母骨格や高分子の基本ユニットとして活用されながら、キラル素子として利用されていなかったトリプチセン骨格に注目する。中でも2つの橋頭位に窒素原子を有する置換ジアザトリプチセンは、窒素原子上に中心不斉を有する過去の合成例がない新規なキラル骨格である。本年度はその予備的な研究として、窒素原子を環内に有する七員環の8π系化合物であるアゼピンに2つのベンゼン環が縮環したジベンザゼピン骨格の効率的な構築を目指した。アゼピンに代表されるヘテロピンは三次元の桶型構造であるため、置換基の導入によりキラリティの導入が可能である。

炭素-炭素結合開裂を起点とした新規な多環式芳香族炭化水素の効率合成

2018年度

研究成果概要:遷移金属錯体による炭素-炭素結合開裂を起点とする反応は、比較的単純な化合物から複雑な炭素骨格を構築できる原子効率が高い合成変換である。炭素-炭素結合活性化の手法として最も汎用されるのが、小員環の環歪みの解消を駆動力とする方法であり...遷移金属錯体による炭素-炭素結合開裂を起点とする反応は、比較的単純な化合物から複雑な炭素骨格を構築できる原子効率が高い合成変換である。炭素-炭素結合活性化の手法として最も汎用されるのが、小員環の環歪みの解消を駆動力とする方法であり、例えば、四員環のシクロブタジエンに2つのベンゼン環が縮環したビフェニレンは、典型的な基質である。本研究では、配向基かつ反応部位としてアルケン部位を有するビフェニレンを用いた分子内反応を検討した。その結果ロジウム触媒を用いることで、所望のより混み合った炭素−炭素結合が開裂し、引き続きアルケンが挿入することで分子内[4+2]付加環化反応が進行することを見出した。

チオ基を配向基とするカルボヘテロ原子化による高効率分子変換法の開発

2019年度共同研究者:杉山 颯

研究成果概要:炭素−ヘテロ原子結合の開裂を伴うカルボヘテロ原子化は、原子効率100%で炭素−炭素と炭素−ヘテロ原子結合を同時に形成できる理想的な合成変換である。報告者は、配向基としてさらなる合成変換可能なチオ基を用いた反応を総括的に検討しており...炭素−ヘテロ原子結合の開裂を伴うカルボヘテロ原子化は、原子効率100%で炭素−炭素と炭素−ヘテロ原子結合を同時に形成できる理想的な合成変換である。報告者は、配向基としてさらなる合成変換可能なチオ基を用いた反応を総括的に検討しており、既にアルキンのアルキニルチオ化を達成した。今回、チオ基の配向性を利用したアルケニルチオ化、アリールチオ化への展開を行った。その結果、2-メチルチオフェニル基を有するアルケニルスルフィドに対して、カチオン性Rh触媒とジフェニルホスフィン配位子を用いることで、種々の末端アルキンに対するビニルチオ化、アリールチオ化が進行し、合成中間体としてビニルスルフィド類が得られた。

環境負荷を考慮した光学活性環状化合物合成法の開発

2003年度

研究成果概要:「環境にやさしい化学 (Green Chemistry)」を達成する上で、反応媒体として基質に対し大量に用いられる有機溶媒が大きな問題となっている。一方不斉触媒反応では、立体選択性(不斉収率)、反応効率(TOF)、触媒活性(TON...「環境にやさしい化学 (Green Chemistry)」を達成する上で、反応媒体として基質に対し大量に用いられる有機溶媒が大きな問題となっている。一方不斉触媒反応では、立体選択性(不斉収率)、反応効率(TOF)、触媒活性(TON)などの点で実用性の高い反応系を構築するために、溶媒選択は極めて重要なファクターである。本研究は、新たな反応媒体の探索という従来のアプローチではなく、反応媒体を必要としない無溶媒型触媒システムの開発、特に不斉触媒系に焦点をあて、研究を行った。 その結果報告者は、Pauson-Khand型反応で無溶媒型不斉触媒反応を見いだした。Pauson-Khand型反応は、一酸化炭素挿入を伴うアルケン-アルキンカップリング反応であり、シクロペンテノン骨格を構築する有用な反応のひとつである。従来の不斉Pauson-Khand型反応は、有機溶媒を用い、一酸化炭素源としてCOガスを用いており、報告者も、同条件下、キラルイリジウム錯体により、高エナンチオ選択的な反応を既に発表している。そこで、遷移金属錯体によるカルボニル化合物の脱カルボニル化反応に着目し、アルデヒドのカルボニル部位を一酸化炭素源として活用する触媒系を検討した。その結果、無溶媒条件下、a,b-不飽和アルデヒドであるシンナムアルデヒドを用い、光学活性ロジウム触媒を用いることで、高エナンチオ選択的な不斉カルボニル化反応が進行し、高い鏡像体過剰率のシクロペンテノン誘導体が得られた。 従来、遷移金属錯体を用いる反応では、触媒サイクルを効率的に回すために、反応溶媒の使用が必要とされてきた。本研究により、反応系の巧みな設計が無溶媒系の構築を可能にすることがわかったことから、遷移金属触媒を用いる他の有用な合成反応における無溶媒系の設計を目指す。

無溶媒反応を指向した多機能型高分子不斉触媒の創製

2004年度

研究成果概要:「環境にやさしい化学 (Green Chemistry)」の理論化と実践が求められる今日、反応媒体として基質に対し大量に用いられる有機溶媒が大きな問題となっている。本研究は、不斉触媒と反応媒体の2つの機能を兼ね備えた高分子触媒の創...「環境にやさしい化学 (Green Chemistry)」の理論化と実践が求められる今日、反応媒体として基質に対し大量に用いられる有機溶媒が大きな問題となっている。本研究は、不斉触媒と反応媒体の2つの機能を兼ね備えた高分子触媒の創製が最終目標である。溶媒を用いないことで、生成物と触媒の分離精製が容易になるだけでなく、触媒の再利用が可能であり、環境負荷が小さく、かつ経済効率の高い不斉触媒システムの構築が可能となる。 本年度は、予備的実験として、近年注目されている新反応媒体の一つである有機イオン性液体中での触媒反応を検討した。有機イオン性液体は、(1) 大きな装置が不要、(2) 安価かつ取扱いが容易、(3) 目的に合わせて違う骨格をもつ物質の合成が可能、などの利点をもつ。 その結果、イリジウム触媒を用いる1,6-エンインの環化異性化反応が、通常用いる有機溶媒であるトルエン中より、有機イオン性液体であるイミダゾリウム塩中で加速され、高効率的に生成物を与え、また反応媒体の再利用も可能であることを見いだした。これまで、水素化反応、カップリングなどの遷移金属錯体を用いる触媒反応で、イオン性液体が利用された例は知られているが、環化異性化反応では初めての例である。 現在、無溶媒化反応へのステップとして、イリジウム錯体のイミダゾリウム塩への担持、さらには不斉反応への検討を行っている。

メタラサイクルを活性中間体とする多官能性環状化合物の触媒的合成

2006年度

研究成果概要: 報告者は既に、キラルイリジウム触媒を用いる対称ジインと対称モノアルキンとのエナンチオ選択的分子間[2+2+2]付加環化反応を報告した。本反応は、軸不斉をもつC2対称キラルテルアリール化合物を高収率かつ極めて高い不斉収率で与える。... 報告者は既に、キラルイリジウム触媒を用いる対称ジインと対称モノアルキンとのエナンチオ選択的分子間[2+2+2]付加環化反応を報告した。本反応は、軸不斉をもつC2対称キラルテルアリール化合物を高収率かつ極めて高い不斉収率で与える。これまでに報告したジインのカップリングパートナーは、両プロパルギル位に酸素官能基を有するアルキンのみであった。そこで本研究で一つあるいは二つの官能基をもつ種々のモノアルキンの検討、さらには炭素-炭素多重結合に替え、炭素-ヘテロ元素多重結合をもつ化合物を検討した。 まずプロパルギル位に、一つの水酸基、アミノ基、ホスフィニル基を有するアルキンとジインとの反応を行った結果、いずれの場合も環化生成物であるテルアリール化合物が、単一ジアステレオマー、かつほぼ一方の鏡像異性体のみで得られた。さらに、アミノ基と水酸基をともに有するアルキンでも反応が進行し、ほぼ光学的純粋なアミノアルコールが得られた。これらの結果は、エナンチオ選択的[2+2+2]付加環化反応により種々の官能性基を有する軸不斉化合物が得られるたこと意味する。 次に、ジカルボニル化合物とジインの反応を検討した結果、ロジウム錯体を用いることにより、ヘテロ[2+2+2]付加環化反応が進行することを見いだした。1,6-ジインとピルビン酸エステルの反応では、環化体として二環性2H-ピラン化合物の生成を確認できたが、単離精製する過程で不安定な2H-ピラン環が開環し、ジエノン体として得られた。不斉反応へ展開するため1,7-ジインを用いたところ、二環性2H-ピラン化合物を単離同定することができた。現在のところ中程度(50% ee)の不斉収率を達成できたが、今後エナンチオ選択性を向上させ、不斉ヘテロ[2+2+2]付加環化反応による不斉炭素を有する複素環化合物の合成を目指す。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
化学C 基幹(3)基幹理工学部2020秋学期
理工学基礎実験1A IIIブロック基幹理工学部2020春学期
理工学基礎実験1A IIIブロック創造理工学部2020春学期
理工学基礎実験1A IIIブロック先進理工学部2020春学期
理工学基礎実験1B Iブロック基幹理工学部2020秋学期
理工学基礎実験1B Iブロック創造理工学部2020秋学期
理工学基礎実験1B Iブロック先進理工学部2020秋学期
理工学基礎実験1B IIIブロック基幹理工学部2020秋学期
理工学基礎実験1B IIIブロック創造理工学部2020秋学期
理工学基礎実験1B IIIブロック先進理工学部2020秋学期
理工学基礎実験2B 応物先進理工学部2020秋学期
理工学基礎実験2B 物理先進理工学部2020秋学期
有機化学C先進理工学部2020春学期
有機化学C  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2020春学期
有機化学演習先進理工学部2020秋学期
有機化学演習先進理工学部2020秋学期
有機化学演習  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2020秋学期
有機化学実験先進理工学部2020春学期
有機化学実験  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2020春学期
卒業論文先進理工学部2020通年
卒業論文  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2020通年
反応有機化学先進理工学部2020秋学期
反応有機化学先進理工学部2020秋学期
Organic Chemistry Laboratory先進理工学部2020春学期
Graduation Thesis A先進理工学部2020秋学期
Graduation Thesis B先進理工学部2020春学期
Organic Chemistry Laboratory先進理工学部2020秋学期
修士論文(化学)大学院先進理工学研究科2020通年
Research on Reaction Organic Chemistry大学院先進理工学研究科2020通年
反応有機化学研究大学院先進理工学研究科2020通年
有機化学特論大学院先進理工学研究科2020集中(春・秋学期)
Advanced Reaction Organic Chemistry大学院先進理工学研究科2020春学期
反応有機化学特論大学院先進理工学研究科2020春学期
Seminar on Reaction Organic Chemistry A大学院先進理工学研究科2020春学期
反応有機化学演習A大学院先進理工学研究科2020春学期
Seminar on Reaction Organic Chemistry B大学院先進理工学研究科2020秋学期
反応有機化学演習B大学院先進理工学研究科2020秋学期
Seminar on Reaction Organic Chemistry C大学院先進理工学研究科2020春学期
反応有機化学演習C大学院先進理工学研究科2020春学期
Seminar on Reaction Organic Chemistry D大学院先進理工学研究科2020秋学期
反応有機化学演習D大学院先進理工学研究科2020秋学期
Experiments in Chemistry and Biochemistry大学院先進理工学研究科2020通年
化学・生命化学特別実験大学院先進理工学研究科2020通年
Master's Thesis (Department of Chemistry and Biochemistry)大学院先進理工学研究科2020通年
反応有機化学研究大学院先進理工学研究科2020通年
化学・生命化学特別演習A大学院先進理工学研究科2020春学期
化学・生命化学特別演習B大学院先進理工学研究科2020秋学期
化学・生命化学海外特別演習大学院先進理工学研究科2020通年

教育内容・方法の工夫

化学A

2003年-

詳細

概要:(1)目標 シラバスに「高校で化学を履修してことが望ましい」と記載しているが、実際には化学未履修の学生が複数名いた。その学生を含め、学生の所属学科従って希望する専門分野が多岐におよび、スタート地点のレベル設定、学生の学習意欲維持が本科目に課せられた課題である。 (2)教育方法r学生の理解度の確認、出席確認の両方の意味で、各授業で特に重要なポイントを含んでいる問題を、各講義の最後に小テストとして出題し、それを次回の授業の最初に詳細な説明を行った。また、各期末試験に、その小テストから2問出題することを周知させ、期末時に、再度そのポイントを勉強し直させることにより、知識の定着を試みた。 (3) 成績評価r総合的な成績評価は、出席確認を兼ねた毎回の小テスト(計12回)が50%、期末試験が50%である。化学は、知識の蓄積であり、授業に出席させることを重要視したため、出席点の比重が大きい。