氏名

ムラカミ キミカズ

村上 公一

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0010086/)

所属

(教育学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
kimikazu@waseda.jp

住所・電話番号・fax番号

住所
〒169-8050新宿区 西早稲田1-6-1 
電話番号
03-5286-1532
fax番号
03-5273-4435

URL等

WebページURL

http://www.f.waseda.jp/kimikazu/

研究者番号
80210003

本属以外の学内所属

兼担

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

教育総合研究所

兼任研究員 1989年-

学歴・学位

学歴

-1979年 名古屋大学 文学部 文学科
-1988年 名古屋大学 文学研究科 中国文学

経歴

1988年-1990年名古屋大学文学部 助手
1990年-1997年福井大学教育学部 助教授
1997年-2002年早稲田大学教育学部 助教授
2002年-2004年早稲田大学教育学部 教授
2004年-早稲田大学教育・総合科学学術院 教授

所属学協会

日本中国学会

日本中国語学会

中国社会文化学会

中国語教育学会 理事

言語文化教育学会 理事

委員歴・役員歴(学外)

日本中国語検定協会理事

研究分野

科研費分類

人文学 / 言語学 / 外国語教育

人文学 / 文学 / 中国文学

複合領域 / 科学教育・教育工学 / 教育工学

研究テーマ履歴

1982年-東アジアにおける裁判物語の生成

個人研究

1988年-中国語圏の貸本文化に関する研究

個人研究

1993年-中国語教材開発

国内共同研究

2000年-国際遠隔中国語教育システム開発

国際共同研究

論文

早稲田大学の外国語教育―チュートリアル中国語・Tutorial English―

村上公一・西宮藍子

中国語教育172019年03月-

快乐教汉语/学汉语

村上公一

中国語の環(106)p.2 - 32017年09月-

早稲田大学の奨学金と経済支援

村上公一

IDE 現代の高等教育588p.27 - 322017年02月-

中国語教材における文化とコミュニケーション

村上公一

中国語教育(14)p.23 - 332016年03月-

詳細

ISSN:1880-2591

声調教育はe-learningでどう変わるか

村上公一

中国語教育10p.77 - 862012年03月-

中国語短期研修は学生に何をもたらすか—「学習日記」の分析から—

村上公一

学術研究—人文科学・社会科学編—60p.373 - 3812012年02月-

1950‐70年代台湾の三毫子小説(小説報)

村上公一

名古屋大学中国語学文学論集23p.117 - 1292011年12月-

機械翻訳時代の外国語教育—中国語読解と機械翻訳—

村上公一

学術研究—複合文化学編—59p.59 - 682011年02月-

中国民国期流通図書館をめぐって‐中国の書籍流通と貸本屋(3)‐

村上公一

学術研究‐複合文化学編‐58p.27 - 382010年02月-

外国語教育において機械翻訳はどのように扱うべきか

村上公一

日本中国語学会第59回全国大会予稿集p.316 - 3202009年10月-

外国語教育におけるブレンディッドラーニングの実践報告

茂木良治,村上公一,神尾達之,後藤雄介,福田育弘,丸川誠司

早稲田教育評論23(1)p.19 - 322009年02月-

短期語学研修における学びのメカニズム-学習日記の分析を通して‐

村上公一

日本中国語学会第58回大会予稿集p.59 - 632008年10月-

英語以外の外国語教育の情報化(2)(共著)

村上公一,神尾達之,丸川誠司,福田育弘,後藤雄介

早稲田教育評論22(1)p.169 - 1802008年02月-

中日機器翻訳与中文閲読教学

村上公一

第八届国際漢語教学討論会論文選(中国、高等教育出版社)p.746 - 7522007年04月-

漫画・武侠・偵探−台湾貸本文化考(3)−

村上公一

学術研究-外国語外国文学編-複合文化学特集55p.1 - 92007年02月-

Exploring the Model of Distance Chinese Language Teaching and Tutorial Chinese Advanced Course(共著)

Wang yu,Sunaoka Kazuko,Murakami Kimikazu

Cross Cultural Distance Learning Teachers' Manual1p.73 - 942006年09月-

英語以外の外国語教育の情報化(共著)

村上公一,丸川誠司,後藤雄介

早稲田教育評論20(1)p.237 - 2472006年03月-

コンピュータ適応型テスト(C0mputerized Adaptive Testing)による中国語Webテストの開発(共著)

村上公一,砂岡和子,劉松

日本中国語学会第55回全国大会予稿集p.286 - 2902005年10月-

為提升口語能力的中文教学項目量化(共著)

砂岡和子,村上公一,劉松

二十一世紀華語機構営運策略与教学交際研討会論文集p.236 - 2432005年06月-

Computerized Adaptive Testing(CAT)方式的網路中文口語測験的開発(共著)

村上公一,砂岡和子,劉松

第四届全球華文網絡教育研討会論文集p.471 - 4772005年06月-

以評奨和Self-Editing進行的網絡華文写作教学網(共著)

砂岡和子,村上公一,劉松

第四届全球華文網絡教育研討会論文集p.272 - 2792005年06月-

言情・文藝・羅曼史−台湾貸本文化考(2)-

村上公一

学術研究-外国語外国文学編-複合文化学特集52p.51 - 602005年02月-

発話能力を測定するための中国語Webテストの開発(共著)

村上公一,砂岡和子,劉松

日本中国語学会第54回全国大会予稿集p.250 - 2542004年11月-

基于Active Database与師生課本互動的国際漢語口語教学(共著)

砂岡和子,村上公一,浦野義頼,劉松,張悦,倪萌

数字化対外漢語教学理論与方法研究(清華大学出版社)p.328 - 3342004年07月-

遠程網絡漢語口語教学管理平台的開発(共著)

劉松,張悦,倪萌,砂岡和子,村上公一,浦野義頼

数字化対外漢語教学理論与方法研究(清華大学出版社)p.293 - 2992004年07月-

中国語圏の貸本文化

村上公一

貸本文化20p.1 - 22004年06月-

コンピュータ・インターネット・機械翻訳−中国語CALLの現状と展望

村上公一

平井勝利教授退官記念中国学・日本語学論文集(白帝社)p.389 - 4012004年03月-

赴華中文短期研習與利用網路環境的事先、事後学習(共著)

村上公一,砂岡和子,李利津,于洋,梅田雅子

第七届世界華語文教学研討会論文集第四冊p.11 - 192003年12月-

以提昇交際能力為目的之漢語教学以及水平測験芻議−早稲田大学国際漢語遠距教学四年実践見証(共著)

砂岡和子,村上公一

第三届全球華文網路教育研討会論文集p.1 - 92003年10月-

中国語レベル分けのためのWeb上での中国語能力診断テスト(共著)

村上公一,砂岡和子,劉松

日本中国語学会第53回全国大会予稿集p.196 - 2002003年10月-

台湾貸本文化考(1)

村上公一

学術研究-外国語外国文学編-複合文化学特集51p.1 - 92003年02月-

台湾の貸本文化(後編)

村上公一

彷書月刊2003(2)p.57 - 592003年02月-

台湾の貸本文化(前編)

村上公一

彷書月刊2003(1)p.59 - 612003年01月-

台湾の貸本屋事情

村上公一

出版ニュース2003年1月上旬号p.15 - 192003年01月-

国際遠隔中国語チャットの実践と語学教育効果(共著)

砂岡和子,村上公一,梅田雅子

Reserch Reports on Cross-Cultural Distance Learning (CCDL研究所)32002年10月-

発信・交流型中国語教育 Chinese Online(共著)

砂岡和子,村上公一,于洋

語研フォーラム(早大語学教育研究所)17p.117 - 1242002年10月-

中国語国際遠隔語学演習 Chinese Online(共著)

梅田雅子,砂岡和子,村上公一

2002PC Conference論文集p.382 - 3852002年08月-

中国語学習とIT環境

村上公一

マルチメディア学習ネットワーク2001報告書(MMNet2001「ITと学習環境」シンポジウム)p.9 - 122002年07月-

中国語学習ソフト

村上公一

日本の中国語教育-その現状と課題・2002-(日本中国語学会中国語ソフトアカデミズム検討委員会編)p.63 - 642002年03月-

コンピュータによる中国語学習支援

村上公一

大学教育と情報10(4)p.20 - 222002年03月-

早稲田大学中国語遠程教学演習(共著)

砂岡和子,村上公一,小川利康,于洋

第二届全球華文網路教育研討会論文集p.66 - 722001年12月-

Chinese Online 2年目(共著)

村上公一,小川利康,砂岡和子

漢字文献情報処理研究2p.100 - 1052001年10月-

コンピュータを利用した中国語発音教育とその学習効果

村上公一

学術研究-外国語外国文学編-49p.17 - 272001年02月-

対話作成を中心とした授業支援用中国語コンピュータ教材

村上公一

情報教育方法研究3(1)p.43 - 482000年11月-

中国語初級教育におけるコンピュータの利用

村上公一

MNC Cmmunications(MNC公開シンポジウム「メディアと大学教育」proceedings) 32000年11月-

中国語学習ソフトウェア

村上公一

漢字文献情報処理研究創刊号p.129 - 1312000年10月-

国際ネットワーク型中国語教育-Chiese Online-(共著)

砂岡和子,小川利康,村上公一

漢字文献情報処理研究創刊号p.80 - 832000年10月-

コンピュータ利用の中国語授業3例

村上公一

漢字文献情報処理研究創刊号p.72 - 752000年10月-

出口のある中国語教育

村上公一

トンシュエ(同学社)20p.7 - 82000年07月-

政治に翻弄され続ける言葉

村上公一

Cat(アルク)2000-7p.18 - 192000年07月-

Webページ探索を中心とした中国語講読授業−自己学習能力の獲得を目指して−

村上公一

学術研究−外国語外国文学編−48p.1 - 112000年02月-

元曲公案劇の構成−事件への手続き

村上公一

学術研究−外国語・外国文学編−/教育学部47p.19 - 271999年02月-

元曲公案劇の構成−釈冤への手続き−

村上公一

名古屋大学中国語学文学論集10p.81 - 911997年12月-

コンピュータによる中国語教材提示

村上公一

福井大学教育実践研究21p.55 - 651996年12月-

《三言》《二拍》的妓女篇(共著)

村上公一,劉暉

福井大学教育学部紀要I(人文科学)47p.1 - 81996年12月-

中国語教育史・教育法関係著書論文目録稿(1972年以降・国内編)

村上公一

名古屋大学中国語学文学論集8p.17 - 341995年09月-

論宋元明短篇白話小説中的冤獄描写 (原題「宋元明短篇白話小説に描かれた冤罪」1984)

村上公一(著),李寅生(訳)

河池師専学報1995年第4期p.40 - 481995年-

半期週1コマ型授業を想定した一般教育中国語テキストの製作

村上公一

福井大学教育実践研究19p.49 - 591994年12月-

名古屋大学所蔵中国通俗小説書目

村上公一

名古屋大学中国語学文学論集5p.45 - 501992年09月-

元曲公案劇の構成-事件・人物関係・配役-

村上公一

福井大学国語国文学30p.111 - 1221991年03月-

元曲公案劇の構成-冤罪への手続き-

村上公一

福井大学教育学部紀要I(人文科学)401991年01月-

中国の書籍流通と貸本屋-禁書史料から-

村上公一

山下龍二教授退官記念中国学論集(研文社)p.409 - 4271990年10月-

中国の書籍流通と貸本屋(二)

村上公一

名古屋大学文学部研究論集36p.9 - 221990年03月-

中国の貸本屋について

村上公一

昭和61-63年度特定研究報告「日本・中国における近世の社会と文化」 p.46 - 481989年03月-

「三言・二拍」の判語・判決

村上公一

名古屋大学文学部研究論集35p.1 - 101989年03月-

宋元明短篇白話小説に描かれた冤罪

村上公一

名古屋大学中国語学文学論集4p.25 - 401984年02月-

書籍等出版物

漢語作為第二言語教学的教学技術研究(対外漢語教学研究専題書系・第二輯)

鄭艶群主編(分担執筆)

商務印書館2019年 01月-

コミュニティ事典

伊藤守、小泉秀樹他(分担執筆)

春風社2017年 06月-

詳細

事典・辞書総ページ数:1143担当ページ数:260,261ISBN:978-4-86110-538-8

体験の言語化

早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター(分担執筆)

成文堂2016年 11月-

詳細

総ページ数:281担当ページ数:272-277ISBN:978-4-7923-6110-5

快楽学漢語・説漢語‐準上級中国語会話

村上公一(監修),李佳樑、毛興華、費燕、李維涛(執筆)

早稲田大学アカデミックソリューション2015年 04月-

詳細

ISBN:978-4-903049-43-4

漢語標音的里程碑−注音符號百年的回顧與発展−(五南當代學術叢書013)

信世昌主編,曹逢甫、王旭、村上公一等著

五南図書出版(台北)2014年 12月-

詳細

ISBN:978-957-11-7859-2

快楽学漢語・説漢語‐準中級中国語会話[第二版]

村上公一(監修),王俊毅、江秀華(執筆)

早稲田総研インターナショナル国際コミュニケーション事業本部2013年 04月-

詳細

ISBN:978-4-903049-42-7

快楽学漢語・説漢語‐初中級中国語会話

村上公一(監修),蘇英霞,,江秀華,村上公一張佩茹,李宇霞(執筆)

早稲田総研インターナショナル国際コミュニケーション事業本部2013年 04月-

詳細

ISBN:978-4-9039049-41-0

楽しい中国語コミュニケーション(改訂版)

高橋良行,村上公一,陸明

同学社2009年 09月-

詳細

ISBN:978-4-8102-0768-2

初めての中国語コミュニケーション(改訂版)

高橋良行,村上公一,陸明

同学社2009年 04月-

詳細

ISBN:978-4-8102-0766-8

快楽学漢語・説漢語‐中上級中国語会話

村上公一(監修),王俊毅、江秀華(執筆)

早稲田総研インターナショナル国際コミュニケーション事業本部2009年 03月-

詳細

ISBN:978-4-903049-26-7

快楽学漢語・説漢語‐中級中国語会話

村上公一(監修),王俊毅、江秀華(執筆)

早稲田総研インターナショナル国際コミュニケーション事業本部2009年 03月-

詳細

ISBN:978-4-903049-25-0

快楽学漢語・説漢語‐準中級中国語会話

村上公一(監修),王俊毅、江秀華(執筆)

早稲田総研インターナショナル国際コミュニケーション事業本部2009年 03月-

詳細

ISBN:978-4-903949-24-3

「総合的な学習の時間」教材研究−素材をどう生かすか−,早稲田教育叢書22,(第5章第3節「身近なものの,異なる姿」)

石堂常世編(阿野幸一,村上公一著)

学文社2006年 06月-

数字化校園 (原名『デジタル・キャンパス』)(共監訳)

松岡一郎(著),李均洋,村上公一等(監訳),楊豪傑等(訳)

首都師範大学出版社2004年 08月-

楽しい中国語コミュニケーション

高橋良行,村上公一,陸明

同学社2002年 07月-

初めての中国語コミュニケーション

高橋良行,村上公一,陸明

同学社2002年 07月-

中国語発音講座(CD-ROM)

村上公一(編)

早美出版社1999年 02月-

スリーステップ中国語(I)−語法と表現[基礎編]−

村上公一,黒坂満輝,楊暁安

同学社1997年 04月-

スリーステップ中国語(II)−語法と表現[応用編]−

村上公一,黒坂満輝,楊暁安

同学社1997年 04月-

コミュニケーション中国語(I)−会話と表現[基礎編]−

黒坂満輝,村上公一,楊暁安

同学社1997年 04月-

コミュニケーション中国語(II)−会話と表現[応用編]−

黒坂満輝,村上公一,楊暁安

同学社1997年 04月-

12回で学ぶ中国語I

村上公一,小川郁夫

白帝社1994年 02月-

12回で学ぶ中国語II

村上公一,小川郁夫

白帝社1994年 02月-

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

機械翻訳時代の中国語読解教育プログラムに関する研究

2010年-0月-2013年-0月

配分額:¥3250000

研究種別:

対面、遠隔、現地チュートリアルの連携による中国語会話教育の高度化

配分額:¥3970000

研究種別:

中国語チュートリアルシステムの国際共同開発

配分額:¥9700000

学内研究制度

特定課題研究

中国語教授法研究に関するデータベースの作成

1997年度

研究成果概要:中国語教授法に関しては、ここ20年程の間に日本国内、国外を問わず、数多くの研究成果が公表されている。しかし、これらの研究成果についてのデータベース的なものはどこでも作成されたことがなかった。そこで今回、中国語教授法研究・教材開発の...中国語教授法に関しては、ここ20年程の間に日本国内、国外を問わず、数多くの研究成果が公表されている。しかし、これらの研究成果についてのデータベース的なものはどこでも作成されたことがなかった。そこで今回、中国語教授法研究・教材開発の基盤作りとして、1945年以降の国内外の中国語教授法研究に関する研究成果についてデータベースの作成を試みた。申請者は既に1995年に「中国語教育史・教育法関係著書論文目録稿(1972年以降・国内編)」を作成していたが、今回あらためて、時期を1945年以降に引き上げ、また日本国外において発表されたものも視野に入れ、再度関係資料の調査・収集を行った。情報収集は個人による調査に止まらず、中国語CAI研究会など中国語教授法研究者の集まりからも多くの情報提供・資料提供を得た。現在これらの情報はほぼコンピュータに入力済みであり、整理を加えた上で、近くweb上で正式に公開する。また、印刷物としても公表する予定である。今回作成したデータベースはあくまでも中国語教授法研究・教材開発の基礎資料に過ぎないので、今後はこれを踏まえて教授法研究・教材開発を着実に進めていかなければならない。

コーパスとユビキタス環境構築による中国語会話教育の高度化

2005年度共同研究者:砂岡 和子

研究成果概要:本課題としては、主に1)中国語Tutorialレッスンのオンデマンド化、2)コンピュータ適応型テスト(Computerized Adaptive testing)による中国語Webテストの開発と評価を中心に研究を進め、一定の成果を...本課題としては、主に1)中国語Tutorialレッスンのオンデマンド化、2)コンピュータ適応型テスト(Computerized Adaptive testing)による中国語Webテストの開発と評価を中心に研究を進め、一定の成果をあげた。1)2005年度のTutorial Chineseレッスンのうち、上級コースの授業コンテンツをオンデマンド化した。 具体的には、本学のオンデマンド授業システムに中国の文化・科学・自然・スポーツをテーマとしたビデオ講義を収録・配架し、学生には予習としてこれらの講義を視聴させ、授業は北京大学ならびに台湾師範大学の現地チュータとのテレビ会議システムによる遠隔レッスンと国内チューターによる対面レッスンを交互に組合せた形で、事前に視聴したビデオ講義内容の確認とそれに基づいた討論を行うという、新たな語学学習モデルを構築した。2)コンピュータ適応型テスト(Computerized Adaptive testing)による中国語Webテストの開発を行い、試行版(TACCβ)をTutorial Chineseレベル分けテストとして利用し、その精度の確認と分析を行った。

機械翻訳時代における外国語教育に関する基礎的研究

2009年度

研究成果概要:本研究(特定課題研究)では、機械翻訳時代における外国語教育に関する基礎的研究を行い、以下の成果をあげた。機械翻訳の時代における異言語間のコミュニケーションは、以下の4形態が並立する形をとることが予想される。(1)機械翻訳のみによる...本研究(特定課題研究)では、機械翻訳時代における外国語教育に関する基礎的研究を行い、以下の成果をあげた。機械翻訳の時代における異言語間のコミュニケーションは、以下の4形態が並立する形をとることが予想される。(1)機械翻訳のみによるコミュニケーション(2)機械翻訳の不備を外国語知識で補う形でのコミュニケーション(3)外国語能力の不備を機械翻訳で補う形でのコミュニケーション(4)外国語能力のみによるコミュニケーションしかし、中国語原文と機械翻訳文を提示した読解テストの結果分析から、現状の大学における中国語教育では、大学での2年程度の学習が終了した後に中国語文章を読解する機会に遭遇した時、多くが(3)(4)ではなく、(1)(2)の方法で読解することが明らかになった。これを踏まえ、中国語学習者を大学での学習終了後も(1)(2)ではなく(3)(4)の側に留まらせるための授業方法についての検討を行った。授業において(4)を目指す学習の一環として機械翻訳を利用することが、最終的に学生を(3)のコミュニケーションに留まらせる可能性があるのではないかとの予測にもとづき、具体的な学習プログラムの試案を作成した。

海外研究活動

研究課題名: 中国語教育方法及び 中国語圏における貸本文化に関する研究

2002年04月-2003年03月

機関: 台湾師範大学(台湾)(中国)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
中国語の基礎 A教育学部2019通年
中国語の基礎 B教育学部2019通年
中国語の基礎 C教育学部2019通年
中国語の基礎 D教育学部2019通年
中国語の基礎 E教育学部2019通年
中国語の基礎 F教育学部2019通年
中国語の基礎 G教育学部2019通年
中国語の基礎 H教育学部2019通年
中国語の基礎 I教育学部2019通年
中国語の基礎 J教育学部2019通年
中国語の基礎 K教育学部2019通年
中国語の基礎 L教育学部2019通年
中国語の基礎 M教育学部2019通年
中国語の基礎 N教育学部2019通年
中国語のコミュニケーションの基礎 A教育学部2019通年
中国語のコミュニケーションの基礎 B教育学部2019通年
中国語のコミュニケーションの基礎 C教育学部2019通年
中国語のコミュニケーションの基礎 D教育学部2019通年
中国語のコミュニケーションの基礎 E教育学部2019通年
中国語のコミュニケーションの基礎 F教育学部2019通年
中国語のコミュニケーションの基礎 G教育学部2019通年
中国語のコミュニケーションの基礎 H教育学部2019通年
中国語のコミュニケーションの基礎 I教育学部2019通年
中国語のコミュニケーションの基礎 J教育学部2019通年
中国語のコミュニケーションの基礎 K教育学部2019通年
中国語のコミュニケーションの基礎 L教育学部2019通年
中国語のコミュニケーションの基礎 M教育学部2019通年
中国語科教育法1教育学部2019春学期
中国語科教育法2教育学部2019秋学期
教職実践演習(中・高) AM教育学部2019秋学期
複合文化学の道具箱II教育学部2019春学期
中国語圏の社会と文化教育学部2019秋学期
中国語演習I1(言語を知る) A教育学部2019春学期
中国語演習I1(言語を知る) B教育学部2019春学期
中国語演習II1(言語を知る) A教育学部2019秋学期
中国語演習II1(言語を知る) B教育学部2019秋学期
ツールとしての中国語I A教育学部2019春学期
海外での中国語研修I教育学部2019夏季集中
海外での中国語研修II教育学部2019春季集中
中国語演習III(文化の諸相)教育学部2019春学期
中国語演習IV(文化の諸相)教育学部2019秋学期
複合文化学演習4I教育学部2019春学期
複合文化学演習4 II教育学部2019秋学期
複合文化学の見取図教育学部2019秋学期
複合文化学演習4III 教育学部2019春学期
複合文化学演習4IV 教育学部2019秋学期
複合文化学テーマ演習I C教育学部2019春学期
複合文化学の建築物III教育学部2019秋学期
中国の文化 αグローバルエデュケーションセンター2019春クォーター
中国の文化 βグローバルエデュケーションセンター2019夏クォーター

教育内容・方法の工夫

Webサイトでの予習、教室での対面授業、Webサイトでの復習という学習サイクルの確立

2005年-

詳細

概要:中国語Iの授業は2004年度まではコンピュータ教室を利用して授業を行ってきたが、2005年度からは授業は対面で、予習・復習はインターネット環境でというように、コンピュータ環境での学習と対面学習のコンビネーションによる学習効果の向上を図っている。コンピュータ自体を教室に持ち込み、コンピュータで学ぶ時代は終わったという考えに基づいている。

Webサイトにより授業サポート

1998年-

詳細

概要:全担当科目について教材の提示、授業内容の説明、質問の受付等Webサイトによる授業サポートを行っている。

ドラマの吹き替え及び字幕作成を通した外国語理解

2004年-

詳細

概要:言語文化研究Iの授業において、中国TVドラマのせりふを学生自身の音声に吹き替えることと、日本語字幕を挿入することを目標に授業を進め、グループごとに完成作品を作り上げた。ドラマの吹き替えは中国語自体のリズム感の理解に非常に役立った。また自らの作品作りという目標が設定された学習により学生は非常に積極的に授業に参加した。

遠隔TV会議システム及びチャットシステムを利用した中国語学習実施

2001年-

詳細

概要:2001年度より中国語授業での遠隔TV会議システム及びチャットシステムを利用を試みている。遠隔TV会議システムはチュートリアル及び学生会議での利用、チャットシステムは中国、台湾、韓国の学生と本学の学生との間で中国語による交流を行っている。

少人数中国語会話授業−中国語チュートリアル−の企画と実施

2002年-

詳細

概要:学生4名対チューター1名のチュートリアル授業の中国語への導入を企画し、2002年度から試験的に実施し、2005年度からは本格実施している。(オープン教育センター)

授業アンケートの実施

1997年-

詳細

概要:担当の全科目について授業評価を実施し、次年度の授業計画等に反映している。

講読授業におけるインターネット中国語サイトの利用

1999年-2004年

詳細

概要:中国語講読の授業でインターネット中国語サイトの文章を教材として利用し、学生の主体的閲読活動を中心とする授業を行った。具体的には学生に自らの興味に基づき中国語Webサイトの閲読をし、その内容について報告させた。教員は閲読のサポート役に徹し、学生自身の中国語自己学習能力の獲得を目指した。

Webシステムを利用した中国語学習支援

1999年-

詳細

概要:1999年に中国語初級教科書をShockwave形式でWeb化し、自宅や学内の端末からいつでも学習できるようにし、[予習]→[授業]→[復習]という学習サイクルを確立した。

作成した教科書・教材・参考書

村上公一編「楽しい中国語コミュニケーション」Web版

2002年10月

詳細

概要:学部共通初級中国語教科書「楽しい中国語コミュニケーション」をShockwave化したWeb教材。

村上公一編「初めての中国語コミュニケーション」Web版

2002年04月

詳細

概要:学部共通入門中国語教科書「初めての中国語コミュニケーション」をShockwave化したWeb教材。

高橋良行,村上公一,陸明著「初めての中国語コミュニケーション」同学社刊行(再掲)

2002年02月

詳細

概要:日本人教員と中国人教員が交互に担当し、コミュニケーション能力の獲得をスムーズに行うことを主眼とした学部共通中国語入門教科書。

高橋良行,村上公一,陸明著「楽しい中国語コミュニケーション」同学社刊行(再掲)

2002年07月

詳細

概要:日本人教員と中国人教員が交互に担当し、コミュニケーション能力の獲得をスムーズに行うことを主眼とした学部共通中国語初級教科書。

教育方法・教育実践に関する発表、講演等

言語文化教育学会2012年度公開シンポジウムコーディネーター

2012年07月

詳細

概要:「国際化の時代におけるNative Speaker教師の役割」と題するシンポジウムのコーディネーターを行った。

教育総合研究所教育最前線講演会-「脳科学」と外国語習得を考える‐での講演

2009年12月

詳細

概要:「日本人中国語学習者のたどる道—漢字という落とし穴—」と題する講演を行った。

言語文化教育学会第6回大会シンポジウムコーディネーター

2006年11月

詳細

概要:「言語コミュニケーション能力・評価法再考」と題するシンポジウムのコーディネーターを行った。

第八届世界漢語教学討論会(北京)での報告

2005年07月

詳細

概要:「中日機器翻訳与中文閲読教学」と題し、機械翻訳の中国語閲読教育での利用の可能性について報告した。

日本中国語CAI研究会第9回大会での報告

2004年12月

詳細

概要:「機械翻訳の中国語教育への応用」と題し、近年実用化が進む機械翻訳の中国語教育における利用の可能性を探る基礎作業として、中国語検定試験の閲読試験を機械翻訳の訳文を参照して解いた場合と原文のまま解いた場合の結果を分析した。

名古屋大学中国語学文学会第13回例会での報告

2003年06月

詳細

概要:「台湾『国語』と大陸『普通話』」と題し、台湾で近年制定された通用ピンインの紹介と、日本における中国語教育の大陸一辺倒の傾向に対する批判的検討を行った。

言語文化教育学会シンポジウム「言語教育におけるコンピューター使用の実際」での報告

2003年06月

詳細

概要:「TV会議システムを利用した中国語教育」と題し、TV会議システムを利用し、討論形式で進める中国語授業の実践と可能性、問題点について報告した。

台湾師範大学華語文教学研究所学術講演系列での講演

2002年11月

詳細

概要:「日本中文教学歴史及目前面臨的問題」と題し、日本の中国語教育の歴史と直面する問題点について報告した。

その他教育活動

教育総合研究所研究プロジェクト

詳細

概要:「英語以外の外国語教育におけるオンデマンド学習支援システム活用モデルの構築」と題する研究プロジェクトを組織し、英語以外の外国語教育のインターネット環境を利用した新たな学習プログラム作りを行っている。

台湾師範大学での中国語短期研修の実施

詳細

概要:2001年度より台湾師範大学での中国語短期研修を実施している。遠隔TV会議システムを利用した事前及び事後の学習、学生5名に教員1名のチュートリアルメソッドによる現地研修を組み合わせている。