氏名

ヤマナカ ヨシヤ

山中 由也

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0205460/)

所属

(基幹理工学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
yamanaka@waseda.jp

URL等

WebページURL

http://www.yamanakalab.sci.waseda.ac.jp/(研究室Webページ)

研究者番号
10174757

本属以外の学内所属

兼担

理工学術院(大学院基幹理工学研究科)

学内研究所等

メディアネットワークセンター

兼任研究員 1989年-2004年

教育総合研究所

兼任研究員 1989年-

理工学総合研究センター

兼任研究員 1989年-2006年

メディアネットワークセンター

兼任研究員 2004年-2006年

複雑系高等学術研究所

研究所員 2015年-

凝縮系物質科学研究所

研究所員 2016年-

各務記念材料技術研究所

兼任研究員 2017年-2018年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2006年-2018年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2018年-

学歴・学位

学位

博士(理学) 課程 早稲田大学

所属学協会

日本物理学会

研究分野

科研費分類

数物系科学 / 物理学 / 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

数物系科学 / 物理学 / 数理物理・物性基礎

研究テーマ履歴

場の量子論

研究テーマのキーワード:場の量子論、熱場の量子論、Thermo Field Dynamics

個人研究

原子核

研究テーマのキーワード:アルファクラスター模型

量子論基礎

研究テーマのキーワード:Parisi-Wu確率過程量子化、Nelson確率過程量子化

個人研究

素粒子物理

研究テーマのキーワード:素粒子模型

個人研究

論文

Stability of symmetry breaking states in finite-size Dicke model with photon leakage

R. Imai and Y. Yamanaka

Phys. Lett. A査読有り382p.3333 - 33382018年11月-

DOI

Bose--Einstein condensation of alpha clusters and new soft mode in 12C-52Fe 4N nuclei in field theoretical superfluid cluster model

R. Katsuragi, Y. Kazama, J. Takahashi, Y. Nakamura, Y. Yamanaka, and S. Ohkubo

Phys. Rev. C査読有り98p.044303 (18pages)2018年10月-

DOI

Self-energy renormalization for inhomogeneous nonequilibrium systems and field expansion via complete set of time-dependent wavefunctions

Y. Kuwahara, Y. Nakamura, and Y. Yamanaka

Int. J. Mod. Phys. B査読有り32p.1850111 (22 pages)2018年01月-2018年01月 

DOI

Thermal and quantum fluctuations of confined Bose–Einstein condensate beyond the Bogoliubov approximation

Nakamura, Y.; Nakamura, Y.; Kawaguchi, T.; Torii, Y.; Yamanaka, Y.

Annals of Physics査読有り376p.484 - 4982017年01月-2017年01月 

DOIScopus

詳細

ISSN:00034916

概要:© 2016 Elsevier Inc.The formulation for zero mode of a Bose–Einstein condensate beyond the Bogoliubov approximation at zero temperature [Y. Nakamura et al., Phys. Rev. A 89 (2014) 013613] is extended to finite temperature. Both thermal and quantum fluctuations are considered in a manner consistent with a concept of spontaneous symmetry breakdown for a finite-size system. Therefore, we need a proper treatment of the zero mode operators, which invoke non-trivial enhancements in depletion condensate and thermodynamical quantities such as the specific heat. The enhancements are visible in the weak interaction case. Our approach reproduces the results of a homogeneous system in the Bogoliubov approximation in a large particle number limit.

Effective field theory of Bose-Einstein condensation of α clusters and Nambu-Goldstone-Higgs states in C 12

Nakamura, Y.; Nakamura, Y.; Takahashi, J.; Takahashi, J.; Yamanaka, Y.; Ohkubo, S.; Ohkubo, S.

Physical Review C - Nuclear Physics査読有り94(1)p.014314 (8 pages)2016年07月-2016年07月 

DOIScopus

詳細

ISSN:05562813

概要:© 2016 American Physical Society.An effective field theory of α-cluster condensation is formulated as a spontaneously broken symmetry in quantum field theory to understand the raison d'être and the nature of the Hoyle and α-cluster states in C12. The Nambu-Goldstone and Higgs mode operators in infinite systems are replaced with a pair of canonical operators whose Hamiltonian gives rise to discrete energy states in addition to the Bogoliubov-de Gennes excited states. The calculations reproduce well the experimental spectrum of the α-cluster states. The existence of the Nambu-Goldstone-Higgs states is demonstrated and crucial. The γ-decay transitions are also obtained.

Analytical study of parameter regions of dynamical instability for two-component Bose-Einstein condensates with coaxial quantized vortices

Hoashi, M.; Hoashi, M.; Nakamura, Y.; Yamanaka, Y.

Physical Review A - Atomic, Molecular, and Optical Physics査読有り93(4)p.043622 (9 pages)2016年04月-2016年04月 

DOIScopus

詳細

ISSN:10502947

概要:© 2016 American Physical Society.The dynamical instability of weakly interacting two-component Bose-Einstein condensates with coaxial quantized vortices is analytically investigated in a two-dimensional isotopic harmonic potential. We examine whether complex eigenvalues appear on the Bogoliubov-de Gennes equation, implying dynamical instability. Rather than solving the Bogoliubov-de Gennes equation numerically, we rely on a perturbative expansion with respect to the coupling constant which enables a simple, analytic approach. For each pair of winding numbers and for each magnetic quantum number, the ranges of intercomponent coupling constant where the system is dynamically unstable are exhaustively obtained. Corotating and counter-rotating systems show distinctive behaviors. The latter is much more complicated than the former with respect to dynamical instability, particularly because radial excitations contribute to complex eigenvalues in counter-rotating systems.

Interacting multiple zero mode formulation and its application to a system consisting of a dark soliton in a condensate

Takahashi, J.; Nakamura, Y.; Yamanaka, Y.

Physical Review A - Atomic, Molecular, and Optical Physics査読有り92(2)p.023627 (6 pages)2015年08月-2015年08月 

DOIScopus

詳細

ISSN:10502947

概要:©2015 American Physical Society. To formulate the zero modes in a finite-size system with spontaneous breakdown of symmetries in quantum field theory is not trivial, for in the naive Bogoliubov theory, one encounters difficulties such as phase diffusion, the absence of a definite criterion for determining the ground state, and infrared divergences. An interacting zero mode formulation that has been proposed for systems with a single zero mode to avoid these difficulties is extended to general systems with multiple zero modes. It naturally and definitely gives the interactions among the quantized zero modes, the consequences of which can be observed experimentally. In this paper, as a typical example, we consider an atomic Bose-Einstein condensed system with a dark soliton that contains two zero modes corresponding to the spontaneous breakdown of the U(1) gauge and translational symmetries. Then we evaluate the standard deviations of the zero mode operators and see how the mutual interaction between the two zero modes affects them.

Dynamical instability induced by the zero mode under symmetry breaking external perturbation

J. Takahashi, Y. Nakamura and Y. Yamanaka

Annals of Physics査読有り347p.250 - 2602014年08月-

DOI

Nonequilibrium Thermo Field Dynamics for Thermal Relaxation Process of Confined Cold Atomic Gas

Y. Nakamura, Y. Kuwahara and Y. Yamanaka

JPS Conf. Proc.査読有り1p.012098 (5 pages)2014年03月-

DOI

Analysis of Particle Transfer for Periodic Lattice Modulation in Three Dimensional Optical Lattice

M. Inoue, Y. Nakamura, and Y. Yamanaka

JPS Conf. Proc.査読有り1p.012099 (4 pages)2014年03月-

DOI

Relationship between Dynamical Instability and Zero Modes for Dark Soliton in Bose-Einstein Condensate

J. Takahashi, Y. Nakamura, and Y. Yamanaka

JPS Conf. Proc.査読有り1p.012100 (4 pages)2014年03月-

DOI

Numerical Analysis of Quantum Transport Equation for Bose Gas in One Dimensional Optical Lattice

Y. Kuwahara, Y. Nakamura, and Y. Yamanaka

JPS Conf. Proc.査読有り1p.012101 (5 pages)2014年03月-

DOI

Analysis of particle transfer by periodic lattice modulation for ultracold fermionic atom systems in three dimensional optical lattice

M. Inoue, Y. Nakamura and Y. Yamanaka

J. Phys. Soc. Jpn.査読有り83p.024604 (6 pages)2014年02月-

DOI

Formulation for the zero mode of a Bose-Einstein condensate beyond the Bogoliubov approximation

Y. Nakamura, J. Takahashi and Y. Yamanaka

Phys. Rev. A査読有り89p.013613 (5 pages)2014年01月-

DOI

Analysis of Particle Transfer by Periodic Lattice Modulation for Ultracold Fermionic Atom Systems in Three-Dimensional Optical Lattice

JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN査読有り83(2)p.024604 (6 pages)2014年01月-2014年01月 

DOIWoS

詳細

ISSN:0031-9015

From classical mechanics with doubled degrees of freedom to quantum field theory for nonconservative systems

Y. Kuwahara, Y. Nakamura and Y. Yamanaka

Phys. Lett. A査読有り377p.3102 - 31052013年12月-

DOI

From superoperator formalism to nonequilibrium Thermo Field Dynamics

Y. Nakamura and Y. Yamanaka

Annals of Physics査読有り331p.51 - 692013年04月-

DOI

Canonical Quantization for a Relativistic Neutral Scalar Field in Non-Equilibrium Thermo Field Dynamics

Mizutani, Yuichi;Inagaki, Tomohiro;Nakamura, Yusuke;Yamanaka, Yoshiya

PROGRESS OF THEORETICAL PHYSICS査読有り126(4)p.681 - 7012011年10月-2011年10月 

DOIWoS

詳細

ISSN:0033-068X

Extension of Nelson's stochastic quantization to finite temperature using Thermo Field Dynamics

K. Kobayashi and Y. Yamanaka

Phys. Lett. A査読有り375p.3243 - 32492011年08月-

DOI

Effects of finite temperature on the robustness of the Mott insulator phase in pseudo two dimensional Bose-Hubbard model

M. Inoue, K. Kobayashi, Y. Nakamura and Y. Yamanaka

J. Phys. B: At. Mol. Opt. Phys.査読有り44p.165303(9pp)2011年08月-

DOI

Effects of finite temperature on the robustness of the Mott insulator phase in a pseudo-two-dimensional Bose-Hubbard model

JOURNAL OF PHYSICS B-ATOMIC MOLECULAR AND OPTICAL PHYSICS査読有り44(16)p.165303 (9pp)2011年07月-2011年07月 

DOIWoS

詳細

ISSN:0953-4075

Unifying treatment of nonequilibrium and unstable dynamics of cold bosonic atom system with time-dependent order parameter in Thermo Field Dynamics

Y. Nakamura and Y. Yamanaka

Annals of Physics査読有り326p.1070 - 10832011年04月-

DOI

Derivation of non-Markovian transport equations for trapped cold atoms in nonequilibrium thermal field theory

Y. Nakamura, T. Sunaga, M. Mine, M. Okumura and Y. Yamanaka

Annals of Physics査読有り325p.426 - 4412010年02月-

DOI

Analytical study of the splitting process of a multiply-quantized vortex in a Bose-Einstein condensate and collaboration of the zero and complex modes

K. Kobayashi, Y. Nakamura, M. Mine and Y. Yamanaka

Annals of Physics査読有り324p.2359 - 23712009年11月-

DOI

Quantum field theoretical analysis on unstable behavior of Bose-Einstein condensates in optical lattices

K. Kobayashi, M. Mine, M. Okumura and Y. Yamanaka

Annals of Physics査読有り323p.1247 - 12702008年05月-

DOI

Condition for emergence of complex eigenvalues in the Bogoliubov-de Gennes equations

Y. Nakamura, M. Mine, M. Okumura and Y. Yamanaka

Phys. Rev. A査読有り77p.0436012008年04月-

DOI

Condition for the existence of complex modes in a trapped Bose-Einstein condensate with a highly quantized vortex

E. Fukuyama, M. Mine, M. Okumura, T. Sunaga and Y. Yamanaka

Phys. Rev. A査読有り76p.436082007年10月-

DOI

Quantum field theoretical description of unstable behavior of trapped Bose-Einstein condensates with complex eigenvalues of Bogoliubov-de Gennes equations

M. Mine, M. Okumura, T. Sunaga and Y. Yamanaka

Annals of Physics査読有り322p.2327 - 23492007年10月-

DOI

Quantum Field Theoretical Description of Dynamical Instability of Trapped Bose-Einstein Condensates

M. Mine, M. Okumura, T. Sunaga and Y. Yamanaka

J. Low Temp. Phys.査読有り148p.331 - 3362007年08月-

The Condition for Existence of Complex Modes in Trapped Bose-Einstein Condensate with a Highly Quantized Vortex

T. Sunaga, E. Fukuyama, M. Mine, M. Okumura and Y. Yamanaka

J. Low Temp. Phys.査読有り148p.381 - 3862007年08月-

Qauntum Field Theoretical Description of Unstable Behavior of a Bose-Einstein Condensate with a Highly Quantized Vortex in a Hamonic Potential

M. Okumura, M. Mine, T. Sunaga and Y. Yamanaka

Laser Physics査読有り17p.211 - 2142007年02月-

Goldstone theorem, Hugenholtz-Pines theorem and Ward-Takahashi relation in finite volume Bose-Einstein condensed gases

H. Enomoto, M. Okumura and Y. Yamanaka

Annals of Physics査読有り321p.1892 - 19172006年08月-

DOI

Unitarily inequivalent vacua in Bose-Einstein condensation of trapped gases

M. Okumura and Y. Yamanaka

Physica A査読有り365p.429 - 4452006年06月-

DOI

Effect of zero-mode on response of trapped Bose-condensed gas

M. Mine, T. Koide, M. Okumura and Y. Yamanaka

Prog. Theor. Phys.査読有り115p.683 - 7002006年04月-

DOI

Effect of zero mode on response of trapped Bose-Einstein condensates

M. Mine, T. Koide, M. Okumura and Y. Yamanaka

Journal of Physics: Conf. Ser.査読有り31p.211 - 2122006年03月-

DOI

Relation between generalized Bogoliubov and Bogoliubov-de Gennes approaches including Nambu-Goldstone mode

M. Mine, M. Okumura and Y. Yamanaka

J. Math. Phys.査読有り46p.423072005年04月-

DOI

Ward-Takahashi relation at finite temperature in Bose--Einstein condensation of trapped neutral atoms

M. Okumura and Y. Yamanaka

Physica A査読有り348p.157 - 1722005年03月-

DOI

Nambu-Goldstone Mode in Trapped Bose-Einstein Condensation

M. Okumura and Y. Yamanaka

J. Mod. Opt.査読有り51p.1101 - 11022004年05月-

Response of trapped Bose-Einstein condensates under time-dependent perturbation

T. Koide, M. Mine, M. Okumura and Y. Yamanaka

J. Mod. Opt.査読有り51p.1103 - 11042004年05月-

Effects of quantum coordinates on condensate density in a trapped Bose-Einstein condensate

M. Okumura and Y. Yamanaka

Prog. Theor. Phys.査読有り111p.199 - 2112004年02月-

DOI

Role of Nambu-Goldstone mode in trapped Bose-Einstein condensation

Y. Yamanaka, M. Okumura and M. Mine

J. Phys. Soc. Jpn. Suppl. C査読有り72p.152 - 1552003年11月-

Proper treatment of the zero mode in quantum field theory for trapped Bose-Einstein condensation

M. Okumura and Y. Yamanaka

Phys. Rev. A査読有り68p.13609 - 136202003年07月-

DOI

Fluctuation of the Bose-Einstein condensate in a trap

H. Ezawa, K. Nakamura, K. Watanabe and Y. Yamanaka

Mathematical Physics and Stochastic Analysis-Essays in Honour of Ludwig Streit/ World Scientific査読有りp.169 - 1832000年01月-

Tunneling time based on the quantum diffusion process approach in multi-channel and optical potential cases

I. Ohba, K. Imafuku and Y. Yamanaka

PRAMANA-journal of physics (Indian Academy of Sciences)査読有り51p.603 - 6141998年11月-

Effects of inelastic scattering on tunneling time based on generalized diffusion approach

K. Imafuku, I. Ohba and Y. Yamanaka

Phys. Rev. A査読有り56p.1142 - 11531997年06月-

DOI

Estimation of tunneling time based on the quantum diffusion process approach and netron scattering

I. Ohba, K. Imafuku and Y. Yamanaka

J. Phys. Soc. Jpn. Suppl. A査読有り65p.41 - 441996年-

Concept of quasi particle in thermo field dynamics for nonequilibrium system

Y. Yamanaka and K. Nakamura

Physics Essays査読有り9p.617 - 6231996年12月-

Quantum dephasing by chaos

H. Nakazato, M. Namiki, S. Pascazio and Y. Yamanaka

Physics Letters A査読有り222p.130 - 1361996年10月-

Thermal field theory in non-equilibrium states

P.A. Henning, K. Nakamura and Y. Yamanaka

Int.J.Mod.Phys. B査読有り10p.1599 - 16141996年06月-

DOI

Quasi particle modes in spatially inhomogeneous thermo field dynamics

K.Nakamura and Y. Yamanaka

Thermal Field Theories and Their Applications/World Scientific査読有りp.23 - 311996年06月-

Diffusion in inhomogeneous TFD

Y. Yamanaka and K. Nakamura

Thermal Field Theories and Their Applications/World Scientific査読有りp.71 - 831996年06月-

Development of nonequilibrium TFD

Y. Yamanaka

Field Theory and Collective Phenomena/World Scientific査読有りp.237 - 2491995年12月-

Tunneling time based on the quantum diffusion process approach

K. Imafuku, I. Ohba and Y. Yamanaka

Physics Letters A査読有り204p.329 - 3351995年08月-

Entropy law from inhomogeneous thermo field dynamics

Y. Yamanaka and K. Nakamura

Mod. Phys. Lett. A査読有り9p.2879 - 28911994年10月-

DOI

Thermo field dynamics in t-representation

Y. Yamanaka, H. Umezawa, K. Nakamura and T. Arimitsu

Int. J. Mod. Phys. A査読有り9p.1153 - 11801994年03月-

DOI

Nonequilibrium thermo field dynamics - in time representation

Y. Yamanaka

Vistas in Astronomy査読有り37p.93 - 971993年-

A time-dependent nonequilibrium calculational scheme toward study of temperature state fluctuation

T.S. Evans, I. Hardman, H. Umezawa and Y. Yamanaka

Fortschritte der Physik査読有り41p.151 - 1751993年-

DOI

Quantum field theory with fictitous time in stochastic quantization

Y. Yamanaka

Prog. Theor. Phys. Supplement査読有り111p.417 - 4311993年04月-

DOI

Time-space dependent formulation in thermo field dynamics

K. Nakamura, H. Umezawa and Y. Yamanaka

Mod. Phys. Lett. A査読有り7p.3583 - 35921992年12月-

DOI

Temporal description of thermal quantum fields

H. Umezawa and Y. Yamanaka

Mod. Phys. Lett. A査読有り7p.3509 - 35201992年12月-

DOI

Heisenberg and interaction representations in thermo field dynamics

T. S. Evans, I. Hardman, H. Umezawa, and Y. Yamanaka

J. Math. Phys.査読有り33p.370 - 3781992年01月-

DOI

On classical properties of thermal squeezed states

A. Mann, M. Revzen, H. Umezawa, and Y. Yamanaka

J. Phys. A査読有り24p.4527 - 45331991年10月-

Thermal degree of freedom in thermo field dynamics

H. Umezawa and Y. Yamanaka

Phys. Lett. A査読有り155p.75 - 821991年05月-

Noise and particle condensation

H. Umezawa and Y. Yamanaka

Physica A査読有り170p.291 - 3051991年01月-

Symmetry in stochastic quantization and Ito- or Stratonovich-related interpretation

H. Nakazato, K. Okano, L. Schuelke, and Y. Yamanaka

Nucl. Phys. B査読有り346p.611 - 6311990年12月-

Thermodynamics and quantum field theory

I. Hardman, H. Umezawa, and Y. Yamanaka

Phys. Lett. A査読有り146p.293 - 2981990年-

Dissipation of interacting fields in presence of black holes

A.E.I. Johansson, H. Umezawa, and Y. Yamanaka

Classical and Quantum Gravity査読有り7p.385 - 3901990年-

Relation between quantum and thermal fluctuations

A. Mann, M. Revzen, H. Umezawa, and Y. Yamanaka

Phys. Lett. A査読有り140p.475 - 4781989年-

Coherent and thermal coherent state

A. Mann, M. Revzen, K. Nakamura, H. Umezawa, and Y. Yamanaka

J. Math. Phys.査読有り30p.2883 - 28901989年-

DOI

Calculation of beta-functions up to two-loop order in phi^4 theory based on stochastic quantization method

H. Nakazato, G. Takada, H. Soshi, and Y. Yamanaka

Prog. Theor. Phys.査読有り80p.559 - 5651988年-

DOI

Micro, macro and thermal concepts in quantum field theory

H. Umezawa and Y. Yamanaka

Advances in Physics査読有り37p.531 - 5571988年-

DOI

Self-consistent renormalization in thermo field dynamics

H. Umezawa and Y. Yamanaka

J. Phys. A査読有り22p.2461 - 24731989年-

Self-consistent analysis of a thermally dissipative quantum field system: Korenman's model

I. Hardman H. Umezawa and Y. Yamanaka

Physica A査読有り156p.853 - 8751989年-

Linear response in non-equilibrium thermo field dynamics

K. Nakamura, Y. Yamanaka, and H. Umezawa

Physica A査読有り152p.29 - 501988年-

Spatially inhomogeneous thermo field dynamics

K. Nakamura, H. Umezawa, and Y. Yamanaka

Physica A査読有り150p.118 - 1361988年-

One-loop calculation in time-dependent non-equilibrium thermo field dynamics

H. Umezawa and Y. Yamanaka

Fortschritte der Physik査読有り37p.819 - 8371989年-

DOI

Time-dependent canonical formalism of thermally dissipative fields and renormalization scheme

I. Hardman, H. Umezawa, and Y. Yamanaka

J. Math. Phys.査読有り28p.2925 - 29381987年-

DOI

Spontaneous creation of dissipation in thermo field dynamics and its examples

T. Arimitsu, H. Umezawa, Y. Yamanaka, and N.J. Papastamatiou

Physica A査読有り148p.27 - 451988年-

Canonical formalism of dissipative field in thermo field dynamics

T. Arimitsu, H. Umezawa, and Y. Yamanaka

J. Math. Phys.査読有り28p.2741 - 27521987年-

DOI

Minkowski stochastic quantization

H. Nakazato and Y. Yamanaka

Phys. Rev. D査読有り34p.492 - 4961986年-

DOI

Complete renormalization scheme for fictitious-time correlations in stochastic quantization method based on operator formalism

M. Namiki and Y. Yamanaka

Prog. Theor. Phys.査読有り75p.1447 - 14591986年-

DOI

Possible nonvanishing mass of photon

H. Nakazato M. Namiki Y. Yamanaka and K. Yokoyama

Prog. Theor. Phys.査読有り75p.686 - 6911986年-

DOI

Massive Abelian gauge fields coupled with nonconserved currents - renormalization scheme

H. Nakazato M. Namiki Y. Yamanaka and K. Yokoyama

Prog. Theor. Phys.査読有り75p.175 - 1911986年-

DOI

Phenomenological analysis of Z^0 → lbar l gamma decay on excited lepton hypothesis

H. Nakazato, M. Namiki, Y. Yamanaka, and K. Yokoyama

Prog. Theor. Phys.査読有り71p.865 - 8681984年-

DOI

Neutrino masses mixings and oscillations in the S4 model of permutation symmetry

T. Brown, S. Pakvasa, H. Sugawara, and Y. Yamanaka

Phys. Rev. D査読有り30p.255 - 2571984年-

DOI

Self-regularized field theory and its renormalization scheme in modified stochastic quantization method

M. Namiki and Y. Yamanaka

Hadronic Journal査読有り7p.594 - 6401984年-

Stochastic quantization method in operator formalism

M. Namiki and Y. Yamanaka

Prog. Theor. Phys.査読有り69p.1764 - 17931983年-

DOI

Stochastic quantization method of fermion fields

T. Fukai, H. Nakazato, I. Ohba, K. Okano, and Y. Yamanaka

Prog. Theor. Phys.査読有り69p.1600 - 16161983年-

DOI

Stochastic quantization of non-Abelian gauge field - unitarity problem and Faddeev-Popov ghost effect

M. Namiki, I. Ohba, K. Okano, and Y. Yamanaka

Prog. Theor. Phys.査読有り69p.1580 - 15991983年-

DOI

Permutation symmetries and the fermion mass matrix

Y. Yamanaka, S. Pakvasa, and H. Sugawara

Phys. Rev. D査読有り25p.1895 - 19031982年-

DOI

B-L and nucleon decays in the subquark model

I. Ohba and Y. Yamanaka

Phys. Lett. B査読有り109p.375 - 3791982年-

High-energy manifestations of heavy quarks in axial-vector neutral currents

Y. Kizukuri, I. Ohba, K. Okano, and Y. Yamanaka

Phys. Rev. D査読有り23p.2095 - 20971981年-

DOI

e+e- decay processes of cbar c bound states in relativistic harmonic oscillator model

Y. Kizukuri, K. Okano, and Y. Yamanaka

Prog. Theor. Phys.査読有り59p.949 - 9581978年-

DOI

Nonequilibrium TFD for systems of trapped cold atoms

Y. Yamanaka, M. Okumura, M. Mine and Y. Nakamura

素粒子論研究116p.F75 - F772009年02月-

Complex Eigenvalues Associated with Trapped BEC and Field Theoretical Description of Unstable Behavior

M. Mine, M. Okumura and Y. Yamanaka

素粒子論研究114p.C24 - C262006年12月-

Bose-Einstein condensation and macroscopic wave function in quantum field theory

M. Okumura, M. Mine and Y. Yamanaka

素粒子論研究112p.C45 - C542005年12月-

Approximate scheme satisfying the Goldstone theorem in finite volume Bose-Einstein condensed gas

H. Enomoto, M. Okumura and Y. Yamanaka

素粒子論研究112p.C55 - C572005年12月-

Renormalization condition on self-energy at two-loop level for trapped atomic gas

M. Okumura and Y. Yamanaka

素粒子論研究110p.E16 - E182005年02月-

Renormalization condition in trapped Bose-Einstein condensation

M. Okumura and Y. Yamanaka

素粒子論研究108p.E43 - E452004年02月-

The Role of Nambu-Goldstone Mode in Trapped Bose-Einstein Condensates

M. Okumura and Y. Yamanaka

素粒子論研究/京都大学106p.E12 - E122003年02月-

Nonequilibrium TFD (Thrmo Field Dynamics)-Review

Y. Yamanaka

素粒子論研究105p.A73 - A822002年04月-

The Analysis of Nambu-Goldstone mode in trapped Bose--Einstein condensates

M. Okumura and Y. Yamanaka

素粒子論研究105p.A89 - A912002年04月-

Numerical Analysis of Bose-Einstein condensation in a harmonic potential formulated by thermal field theory

M. Okumura and Y. Yamanaka

素粒子論研究103p.A35 - A382001年04月-

Quantum Correction to the Gross-Pitaevskii Equation in a Bose--Einstein Condensate

M. Okumura and Y. Yamanaka

物性研究 75p.1039 - 10492001年02月-

高大一貫を目指した高校教育と大学教育の連携

大井 恒昭、青野 公彦、五十嵐 賢一、橘 孝博、中村 良衛、牧 幸一、山岡 幹雄、山中 由也、山西 廣司

早大高等学院研究年誌44p.27 - 872000年03月-

Description of Bose-Einstein condensation in a harmonic potential by quantum field theory

M. Okumura and Y. Yamanaka

素粒子論研究100p.E110 - E1132000年02月-

Tunneling time and Nelson's Quantum Mechanics

京都大学数理解析研究所講究録982p.30 - 401997年03月-

Transport theory for quark-gluon plasma based on an operator field Langevin equation

M. Namiki, Y. Yamanaka and S. Muroya

物性研究62p.171 - 1811994年04月-

Time-dependent TFD

Y. Yamanaka

物性研究59p.197 - 2021992年11月-

書籍等出版物

「複雑系叢書 5 複雑さと法則」  「量子揺らぎ」

早稲田大学複雑系高等研究所 編

共立出版2006年 11月-

ペレス 量子論の概念と手法

大場一郎、山中由也、中里弘道

丸善2001年 09月-

Selected Papers of Hiroomi Umezawa

A. Arimitsu, H. Ezawa, H. Matsumoto, K. Nakamura and Y. Yamanaka

学習院大2001年 07月-

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

中性原子ボース・アインシュタイン凝縮現象の熱場の量子論に基づく定式化

配分額:¥3660000

研究種別:

有限時空系の場の量子論と量子系のダイナミクス

配分額:¥7500000

研究種別:基盤研究(C)

量子輸送方程式と冷却原子系への応用

2013年-2015年

研究分野:数理物理・物性基礎

配分額:¥3120000

研究種別:

非一様系におけるゼロモード量子揺らぎの定式化と冷却原子系及び原子核への応用

2016年-0月-2019年-0月

配分額:¥2730000

研究種別:

量子輸送方程式と冷却原子系への応用

2013年-0月-2016年-0月

配分額:¥3120000

学内研究制度

特定課題研究

冷却中性原子系を対象とする非平衡熱場の量子論の構築とその応用

2010年度

研究成果概要: 量子多体系の基礎理論である場の量子論に基づいて、非平衡過程を記述する熱場の量子論の構築することを目的に、近年実験的・理論的研究が盛んな冷却中性原子気体系を対象として研究を行っている。この冷却原子系では、様々な観測可能な非平衡過程... 量子多体系の基礎理論である場の量子論に基づいて、非平衡過程を記述する熱場の量子論の構築することを目的に、近年実験的・理論的研究が盛んな冷却中性原子気体系を対象として研究を行っている。この冷却原子系では、様々な観測可能な非平衡過程が実現されているからである。熱場の量子論の方法論としては実時間正準場の理論形式であるThermo Field Dynamics (TFD)を用いる。 研究成果として、冷却ボース中性原子気体系に対して、統一的観点から非平衡TFDの定式化を行った。具体的には、ボース・アインシュタイン凝縮体が存在しない場合、時間に依存しない凝縮体が存在する場合、最後に時間に依存する凝縮体が存在する場合、それぞれにループ計算結果に非平衡TFDにおける繰り込み条件を課すことで重要な結果を導いた。特に、時間に依存する凝縮体が存在する場合に、この系の時間発展を記述する3組の連立方程式、すなわち、運動学的方程式、秩序パラメータを記述する時間依存Gross-Pitaevskii方程式、励起状態を記述する時間依存Bogoliubov-de Gennes方程式を導出した。これらの方程式が単なる現象論的な組み合わせではなく、場の量子論に忠実な立場で自己無撞着に導出されていることが重要な点である。さらに得られた運動学的方程式を数値的に解き、凝縮体が安定な場合・不安定な場合における挙動を定性的に評価した。

非平衡熱場の量子論の構築と冷却中性原子系への応用

2011年度共同研究者:中村 祐介, 井上 智喜

研究成果概要: 本研究課題の目的は、量子多体系の基礎理論である場の量子論に基づいて、非平衡過程を記述する熱場の量子論の構築にある。冷却原子系は、(1) 希薄で粒子間の相互作用が通常小さく実験と理論の直接比較を可能、(2) 多数の実験パラメーター... 本研究課題の目的は、量子多体系の基礎理論である場の量子論に基づいて、非平衡過程を記述する熱場の量子論の構築にある。冷却原子系は、(1) 希薄で粒子間の相互作用が通常小さく実験と理論の直接比較を可能、(2) 多数の実験パラメーターが制御可能である、(3) 様々なゆっくり進行する非平衡過程が実現可能、(4) ボソン系のBose-Einstein凝縮相と非凝縮相間の転移や光学格子中の超流動-Mott絶縁体転移などの様々な相転移の存在、などの理由によりそうした理論の構築・検証に現在最適な系である。熱場の量子論の形式としては、Thermo Field Dynamics(TFD)を用いる。この方向の研究として既に冷却ボース原子気体系に対して、統一的観点から非平衡TFDの定式化を行った(Y. Nakamura and Y. Yamanaka, Ann. Phys. Vol. 326, 1070 (2011年4月))が、本研究ではさらに我々の用いるTFDと多くの物理学者が研究で用いているClosed Time Path法との相違を明らかにした。最も重要な相違点は、非平衡TFDでは粒子描像が時間と共に変わることに対応していることとGreen関数においてマクロな量に関して時間の矢の向きの因果律を満たしていることである。この研究成果は二つの研究会での招待講演(京都大学基礎物理学研究所 「熱場の量子論とその応用」 2011年8月 会議録は論文1、理化学研究所 「重イオン衝突と非平衡物理の理論的発展」 2012年2月)で発表した。 非平衡TFDに関連した研究として、相対論的中性スカラー場に対しても我々の方法を拡張して、量子輸送方程式が導かれることを示した(論文2)。この成果は重イオン衝突のクォーク・グルーオンプラズマや宇宙初期の非平衡過程の研究に役立つものである。 平衡系の冷却原子系の分野では、光学格子中の冷却原子系をBose-Hubbardモデルを用いて、Mott絶縁体-超流動に関わる有限温度における相図の研究を行った(論文3)。これはMott絶縁体-超流動相転移の非平衡過程を扱う準備となる。

量子力学における波動関数の動的振る舞いに関する研究

1995年度

研究成果概要: 現在の実験技術の向上は,量子系の微視的な波動関数(量子状態)のかなり詳細な形に依存する現象を実験対象にすることを可能にしている。本研究では,量子力学系と場の量子論系につき,以下の波動関数(量子状態)の動的振る舞いに関する理論研... 現在の実験技術の向上は,量子系の微視的な波動関数(量子状態)のかなり詳細な形に依存する現象を実験対象にすることを可能にしている。本研究では,量子力学系と場の量子論系につき,以下の波動関数(量子状態)の動的振る舞いに関する理論研究を行った。(1)量子力学系で,粒子がポテンシャル障壁を「トンネリングするのに要する時間」(トンネリング時間)の問題は,古くから様々な物理学者によって提案されているが,いまだ決着されていない。問題の難しさは,トンネリングが純粋に量子論効果で古典的対応物がないことと,量子力学では時間変数が演算子で表せられる力学量でないことに起因する。我々はこの問題を新しい観点から論ずる方法として,Nelson流の確率過程量子化法でサンプルパスを考え,それからトンネリング時間を定義することを提案し,発表した(Physics Letters A)。この方法を用いて,トンネリング時間が,波束の形に依存する「躊躇時間」と「相互作用時間」の和であることが明らかにされた。初期波束の大きさなどをパラメータにして,これらの時間の数値解析の結果も具体的に得られている。(2)熱的状況にある場の量子論は,素粒子,宇宙論から物性物理に渡る広範な物理現象に関わる。当然,系の動的振る舞いも場の量子論に基づいて記述されなければならないが,非平衡系では確立された理論形式は未だ存在しない。TFD(Thermo Field Dynamics)を用いた熱的状況にある場の量子論系のこれまで行われてきた研究の一環として,空間不均一な場合の理論形式を整えた。それを自己相互作用する模型に適用し,空間勾配の低次の近似として粒子密度・エネルギー密度に対する拡散型方程式を導き,方程式に現れる諸パラメータを場の理論で計算する表式を示した。これらの結果は,熱的場の量子論の国際会議(4th International Workshop onThermal Field Theories and Their Applications, 大連)にて報告した。

熱的揺らぎ下における量子揺らぎに関する研究

1996年度

研究成果概要: 本研究は巨視的な系と相互作用する量子系の振る舞いを、様々な角度から、特に新しい観点と方法を駆使して、理論定式化を目指したものである。今年度の成果は以下の通りである。 先ず、トンネル時間の評価に関して、昨年度Nelson流量子化に... 本研究は巨視的な系と相互作用する量子系の振る舞いを、様々な角度から、特に新しい観点と方法を駆使して、理論定式化を目指したものである。今年度の成果は以下の通りである。 先ず、トンネル時間の評価に関して、昨年度Nelson流量子化によるトンネル現象の我々の新しい取り扱い(Phys.Lett. A204 (1995)329)を提唱した。今年度は、その適応範囲を広げるよた。現実の実験では、多数のチャンネルが結合している結果、非弾性過程が起こる。当然この非弾性効果はトンネル時間の評価にも影響するはずである。これまで多チャンネルが結合する系に対して、Nelson量子化での取り扱いは知られていなかった。今回、チャンネル間の量子飛躍を確率的飛躍過程とみなして、矛盾なく多チャンネル結合系に対してNelson流量子化を定式化することに成功した。さらにそれに基づいてトンネル時間を確率過程の数値計算で評価した。成果は論文に纏めて投稿中である。 量子力学の観測過程は通常、量子系と巨視系の相互作用によってもたらされると考えられている。今回我々が調べた問題は、ケーオス的振る舞いをする古典少数系と量子系との相互作用によって、量子系の位相相関が果たして切れるのかどうかということであった。古典少数系の動きが量子系に比べて著しく遅い場合と速い場合を調べ、我々の予想通り、条件次第で量子相関は切れることがあることが示せた(Phys. Lett. A222 (1996)130)。このことは、測定装置は必ずしも巨視的物理系でなければならないわけでなく、ケーオス的振る舞いをする少数系でも可能であるということで、今後の測定器の考案や観測問題では重要な指摘になっている。

熱場の理論によるボース・アインシュタイン凝縮系の解析

1998年度

研究成果概要: 1995年に始まるアルカリ原子のボース・アインシュタイン凝縮状態の実験は、近年の物理学最大の話題である。温度数百nKオーダーの純粋な凝縮系を実験室で自由に細工できることは、微視的世界の理論研究に重要な意義を有する。現在この凝縮状... 1995年に始まるアルカリ原子のボース・アインシュタイン凝縮状態の実験は、近年の物理学最大の話題である。温度数百nKオーダーの純粋な凝縮系を実験室で自由に細工できることは、微視的世界の理論研究に重要な意義を有する。現在この凝縮状態の実験との比較は、Gross-Pitaevskii方程式(平均場近似)というc-数理論が主流で行われている。大雑把な性質は矛盾していないが、今後予想される詳細な実験では、とりわけ凝縮系が力学的に変化する様子を測定できるようになれば、より精密な量子効果を充分取り入れた理論による解析が必要である。 本研究は今後の精密実験に備えて、c-数理論ではなく、可能な限り量子効果を取り込んだ場の理論の立場から、問題の定式化を始めた。問題は、調和振動ポテンシャルが外力として存在する、自己相互作用するボース場(アルカリ原子を記述する)の系である。自己相互作用の結合定数gは小さいとは言え、凝縮生成には無視できない。今回は、粒子の総数Nが充分大きいとして、gNの項のみを残し、それ以上のg及びNの高次項を無視する近似で、Bogoliubov変換とコヒーレント変換を組み合わせて、ハミルトニアンを対角化できることを示した。その結果、例えば粒子分布関数が具体的に計算され、基底状態に関しても、荒い近似で通常仮定されるガウス型分布から定量的にかなりずれる(特に中心付近で大きくくぼむ)ことが明らかになった。この成果は、"5th International Workshop on Thermal Field Theories and Their Applications"(Regensburg August 1998)で報告した。 今後、熱的自由度を含むよう、上の定式化をThermo Field Dynamics という熱場の理論の枠組に乗せ、アルカリ原子のボース・アインシュタイン凝縮の熱的非平衡系研究に発展させる予定である。

中性原子ボース-アインシュタイン凝縮系におけるゼロ・モード

2003年度

研究成果概要: 近年実現されている中性アルカリ原子のBose-Einstein凝縮(以下BECと略記)状態生成実験に対して、我々が最も注目するのは、量子多体系を記述する基礎理論の検証の場としての条件を有している事実である。これまで、このBECの... 近年実現されている中性アルカリ原子のBose-Einstein凝縮(以下BECと略記)状態生成実験に対して、我々が最も注目するのは、量子多体系を記述する基礎理論の検証の場としての条件を有している事実である。これまで、このBECの実験との比較は、Gross-Pitaevskii方程式(平均場近似)を用いる方法、あるいはそれに加えて励起状態を量子論的に扱うHartree-Fock-Bogoliubov)の方法などで行われているのが実情である。本研究では、この系を最も基礎的理論である場の量子論、さらにそれに熱的自由度を加えた熱場の量子論の立場から定式化し、量子多体系を記述する場の量子論や熱場の量子論の理論形式の検証を行うことを最終目標とする。BEC系で重要なの、自発的対称性の破れに伴い出現する南部-Goldstone(NG)モードである。場の理論の立場から言えば、NGモードを正しく取り扱わなければ、場の量子論で基本的関係である正準交換関係を破ってしまう。また、BECでの新しい点として、トラップの存在のために並進対称性がないことで、NGモードは離散スペクトルとして存在する。 BECで正準交換関係と矛盾しないようにNGモードを導入するには、2通りの方法が知られている。一つは(A)一般化されたBogoliubov形式で他の励起状態と同じように扱う方法と(B) Bogoliubov-de Gennes形式で量子座標として扱う方法である。(A)について場の量子論の定式化をして、密度分布関数に対する量子・熱揺らぎ効果をループ展開で計算した論文を(M. Okumura and Y. Yamanaka, Phys.Rev.A68 (2003) 013609)発表した。今回は(B)について同様に場の量子論として定式化した上でループ計算を実行し、その成果をまとめた(M. Okumura and Y. Yamanaka, Prog. Theor. Phys. 111 (2004) 199)。また、(A)と(B)の同等性についての証明を、論文としてまとめている。(M. Mine, M. Okumura and Y. Yamanaka, 投稿中)

場の理論・熱場の理論に基づくボース・アインシュタイン凝縮系の解析

2004年度

研究成果概要: 閉じ込められた中性原子のボースアインシュタイン凝縮系を(熱)場の量子論の立場から解析し、実験と比較をしながら、その理論形式を検証するこを目的をとして研究を行ってきた。特に、この系はトラップが存在し、並進対称性がない場合の大域位相... 閉じ込められた中性原子のボースアインシュタイン凝縮系を(熱)場の量子論の立場から解析し、実験と比較をしながら、その理論形式を検証するこを目的をとして研究を行ってきた。特に、この系はトラップが存在し、並進対称性がない場合の大域位相対称性の自発的破れ現象と理解されるが、その機構の解明と検証が重要である。並進対称性のある場合と同様、Goldstoneの定理により、自発対称性の破れに伴い南部-Goldstoneモードが存在する。実際、離散ゼロ・モードを非摂動理論に取り入れなければ、場の量子論の基本的要請である正準交換関係を破ってしまうことが指摘されている。 今回の研究論文(M. Okumura and Y. Yamanaka, Physica A348 (2005) 157-172)では、ゼロ温度ツリー近似で知られているWard-高橋関係式の成立を、有限温度・ツリー近似でも、成立することを証明した。有限温度の場の理論形式としては、実時間演算式形式で今回のような厳密な場の量子論の議論に適したThermo Field Dynamicsを採用した。 こうした証明を通じて、ゼロ・モードを含む正しい準粒子描像を採用することが本質的であることを明らかにした。正準交換関係と矛盾しないゼロ・モードの導入の方法には、一般化されたBogoliubov変換法とBogoliubov-de Gennes法の2つのやり方が知られているが、前者に従って調べた。一般化されたBogoliubov変換法ではゼロ・モードに付随した赤外発散が現れるが、一方でその赤外発散の微妙な振る舞いが今回のWard-高橋関係式を保証していることを具体的に示した。 このようにWard-高橋関係式が成立することは、準粒子描像で導入されたゼロ・モードがGoldstoneの定理が要求する南部-Goldstoneモードになっていることを意味している。

冷却中性原子系における非平衡熱場の量子論の定式化と応用

2009年度

研究成果概要:1995年、冷却中性原子気体系においてBose-Einstein凝縮(以下BEC)が実現された。盛んに実験及び理論研究がなされている外部ポテンシャルにより閉じ込められた冷却中性原子系は、希薄で相互作用が弱いこと、様々な実験パラメー...1995年、冷却中性原子気体系においてBose-Einstein凝縮(以下BEC)が実現された。盛んに実験及び理論研究がなされている外部ポテンシャルにより閉じ込められた冷却中性原子系は、希薄で相互作用が弱いこと、様々な実験パラメータの制御性の高さなどから、量子多体系の基礎の検証、特に非平衡過程を記述する熱場の量子論の構築に最適な系である。従来の冷却原子系に対する理論的解析においては、平均場、あるいは平均場のまわりの線形励起を加えた理論が圧倒的多数であるが、本研究では熱的及び量子揺らぎ効果を原理的に完全に取り入れた実時間正準形式熱場の量子論であるThermo Field Dynamics(以下TFD)を採用している。非平衡TFDの既存の研究で、空間一様系、あるいは終状態が空間一様平衡状態になる拡散系に限って、場の量子論の自己無撞着繰り込み条件から、時間依存粒子数分布に対する運動学的方程式が導かれるている。今年度発表した成果として、並進対称性のない有限サイズ系である閉じ込められた冷却原子気体系を対象に、BECのない場合と時間依存しないBECの場合に、非平衡TFD形式で場の量子論の自己無撞着繰り込み条件から、時間依存粒子数分布に対する運動学的方程式を導いた。この研究の重要な点は、場の量子論として正しい準粒子描像に基づいていることである。2-ループレベルでBECのない場合導かれた非マルコフ運動学的方程式は、マルコフ極限で、他の方法でも導かれている量子Boltzmann方程式に一致している。BECの存在する場合に導かれた方程式には、凝縮体から3粒子が生成される現象に対応する新しい衝突項が現れる。これは正しい準粒子描像に基づく結果である。この項の寄与は通常エネルギー保存則から禁止されているが、負エネルギー励起の現れるLandau不安定現象では重要となる。この研究はAnn. Phys.に論文として発表した。さらに、BECが時間依存する場合への拡張を試みており、一部成果を2010年3月日本物理学会にて発表した。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
工学系のモデリングA基幹理工学部2019春学期
工学系のモデリングA 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019春学期
電子物理システム概論基幹理工学部2019春学期
電子物理システム概論 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019春学期
量子力学A基幹理工学部2019秋学期
量子力学の数理A基幹理工学部2019秋学期
量子力学A  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019秋学期
電子物理システム実験A基幹理工学部2019秋学期
電子物理システム実験A 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019秋学期
電子物理システム実験B基幹理工学部2019春学期
電子物理システム実験B 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019春学期
電子物理システム実験C基幹理工学部2019秋学期
電子物理システム実験C 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019秋学期
電子物理システム特別演習基幹理工学部2019秋学期
卒業論文A基幹理工学部2019春学期
卒業論文A基幹理工学部2019秋学期
卒業論文A  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019春学期
卒業論文B基幹理工学部2019秋学期
卒業論文B基幹理工学部2019春学期
卒業論文B  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019秋学期
量子力学B基幹理工学部2019春学期
量子力学の数理B基幹理工学部2019春学期
量子力学特論基幹理工学部2019秋学期
Research Project B基幹理工学部2019春学期
Research Project B 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019春学期
Research Project C基幹理工学部2019秋学期
Research Project C 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019秋学期
Research Project A基幹理工学部2019秋学期
Research Project D基幹理工学部2019春学期
修士論文(電子)大学院基幹理工学研究科2019通年
Research on Advanced Theoretical Physics for Condensed Matter大学院基幹理工学研究科2019通年
凝縮系の理論物理研究大学院基幹理工学研究科2019通年
量子材料物理学特論大学院基幹理工学研究科2019春学期
凝縮系の理論物理特論大学院基幹理工学研究科2019春学期
場の量子論大学院基幹理工学研究科2019春学期
量子力学特論大学院基幹理工学研究科2019秋学期
量子力学特論大学院基幹理工学研究科2019秋学期
Seminar on Advanced Theoretical Physics for Condensed Matter A大学院基幹理工学研究科2019春学期
凝縮系の理論物理演習A大学院基幹理工学研究科2019春学期
Seminar on Advanced Theoretical Physics for Condensed Matter B大学院基幹理工学研究科2019秋学期
凝縮系の理論物理演習B大学院基幹理工学研究科2019秋学期
Seminar on Advanced Theoretical Physics for Condensed Matter C大学院基幹理工学研究科2019春学期
凝縮系の理論物理演習C大学院基幹理工学研究科2019春学期
Seminar on Advanced Theoretical Physics for Condensed Matter D大学院基幹理工学研究科2019秋学期
凝縮系の理論物理演習D大学院基幹理工学研究科2019秋学期
量子材料物理学研究大学院基幹理工学研究科2019通年
材料の数理モデリング特論A大学院基幹理工学研究科2019春クォーター
材料の数理モデリング特論B大学院基幹理工学研究科2019夏クォーター
量子材料物理学演習A大学院基幹理工学研究科2019春学期
量子材料物理学演習B大学院基幹理工学研究科2019秋学期
量子材料物理学演習C大学院基幹理工学研究科2019春学期
量子材料物理学演習D大学院基幹理工学研究科2019秋学期
凝縮系の理論物理研究大学院基幹理工学研究科2019通年
量子材料物理学研究大学院基幹理工学研究科2019通年

教育内容・方法の工夫

授業評価アンケートの実施

詳細

概要:学部担当科目については理工学部アンケートを実施し、その結果を次年度講義に役立てている

演習の実施

詳細

概要:「物質の基礎物理Ⅰ」、「物質の基礎物理Ⅱ」、「実験データ解析法」の講義では数理物理的手法を各学生に定着させるため、講義内での演習も実施している。

その他教育活動

ゼミ合宿

詳細

概要:毎年夏に研究室メンバー全員参加によるゼミ合宿を実施している。修士2年生は修論作成の途中経過を、修士1年、学部4年生は予め決められたテーマについて発表を行い、議論する。