氏名

フナハシ ヒロアキ

舟橋 弘晃

職名

講師(任期付) (https://researchmap.jp/7000012088/)

所属

(スポーツ科学部)

連絡先

URL等

研究者番号
10758551

本属以外の学内所属

兼担

スポーツ科学学術院(大学院スポーツ科学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

スポーツビジネス研究所

研究所員 2015年-2015年

スポーツビジネス研究所

研究所員 2016年-

学歴・学位

学位

博士(スポーツ科学) 早稲田大学

受賞

2018年度日本スポーツ産業学会 学会賞

2018年07月授与機関:日本スポーツ産業学会

タイトル:エリートスイマーのメンタルタフネス尺度開発

受賞者(グループ):伊藤華英,山田快,舟橋弘晃,上林功,間野義之,広沢正孝

2017年度日本スポーツマネジメント学会 学会奨励賞

2018年03月授与機関:日本スポーツマネジメント学会

タイトル:国民体育大会総合成績の決定要因:都道府県別パネルデータによる計量分析

受賞者(グループ):舟橋弘晃,日比野幹生,石黒えみ,間野義之

European Association for Sport Management Conference 2014, New Researcher Award (runner-up)

2014年09月授与機関:European Association for Sport Management

タイトル:Understanding public acceptance of elite sport in Japan: A structural equation modeling approach

日本体育学会第64回大会 体育社会専門領域 学生奨励賞

2014年08月授与機関:日本体育学会 体育社会専門領域

タイトル:エリートスポーツ政策に対する国民の受容態度の形成メカニズムとは?:共分散構造分析を用いた因果モデルの検討

日本体育学会第64回大会 若手研究奨励賞 優秀賞

2014年08月授与機関:日本体育学会

タイトル:エリートスポーツ政策に対する国民の受容態度の形成メカニズムとは?:共分散構造分析を用いた因果モデルの検討

2014年度日本スポーツ産業学会 学会賞

2014年07月授与機関:日本スポーツ産業学会

タイトル:国民にとってのエリートスポーツの価値:CVM(仮想市場法)を用いたエリートスポーツ政策の貨幣評価

受賞者(グループ):舟橋弘晃,間野義之

The 8th International Sport Sciences Symposium on “Active Life”, Best Poster Presentation Award

2013年11月

タイトル:Determinants of the public acceptance of the elite sport policy in Japan

濱野吉生記念褒賞

2012年02月授与機関:早稲田大学スポーツ科学学術院

タイトル:国際競技力に関する研究の動向―マクロレベルのオリンピック研究に着目して

研究分野

キーワード

スポーツマネジメント、スポーツ政策、スポーツ経済学

論文

スタジアム整備構想におけるステークホルダーの特定と類型化:北九州スタジアムのケース・スタディ

舟橋弘晃

スポーツ産業学研究査読有り30(2)2020年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Public Perceptions of the Societal Impact of Elite Sport: Scale Development and Testing

Jens De Rycke, Veerle De Bosscher, Hiroaki Funahashi, Popi Sotiriadou

Journal of Sport Management査読有りin press

DOI

Valuing elite sport success using the contingent valuation method: A transnational study

Hiroaki Funahashi, Simon Shibli, Popi Sotiriadou, Jarmo Mäkinen, Bake Dijk, Veerle De Bosscherf

Sport Management Review査読有りin press

DOI

ユネスコ「スポーツにおけるドーピングの防止に関する国際規約」の国内実施

日比野幹生,舟橋弘晃

体育・スポーツ政策研究査読有りp.印刷中2018年-

発展途上国における障害者スポーツ振興への影響要因: タイ王国を事例として

遠藤華英,菅文彦,舟橋弘晃,間野義之

スポーツ産業学研究査読有り28(3)p.213 - 2242018年-

チーム・アイデンティフィケーションと地域愛着の因果関係に関する考察―FC 今治の本拠地(愛媛県今治市)の住民を対象として

菅文彦,古川拓也,舟橋弘晃,間野義之

スポーツ産業学研究査読有り28(1)p.1 - 112018年-

エリートスイマーのメンタルタフネス尺度開発

伊藤華英,山田快,舟橋弘晃,上林功,間野義之,広沢正孝

スポーツ産業学研究27(3)p.203 - 2212017年-

エリートスイマーのパフォーマンス・パスウェイ:リオデジャネイロ・オリンピック個人種目出場者のケース

舟橋弘晃,伊藤華英,小倉大地雄

スポーツ産業学研究査読有り27(4)p.341 - 3492017年-

2010年代半ばの<体育会系>就職:スポーツ種目と東証一部上場企業からの内定獲得の関係に関する調査研究

束原文郎,原田俊一郎,舟橋弘晃,吉田智彦,ミラー・アーロン

スポーツ科学研究査読有り14p.13 - 282017年-

中学校運動部活動顧問教師のストレッサーに関する研究―運動部活動顧問教師用ストレッサー尺度の作成及び属性間による比較検討―

古川拓也,舟橋弘晃,横田匡俊,間野 義之

スポーツ産業学研究査読有り26(1)p.29 - 442016年-

アスリートがドーピングを行わなかったことに影響した要因:オリンピックメダリストを対象とした質的検証

日比野幹生,舟橋弘晃,青柳健隆,間野 義之

スポーツ産業学研究26(1)p.13 - 282016年-

スポーツを通じた国際協力事業の類型化

遠藤華英,舟橋弘晃,間野義之

スポーツ産業学研究26(2)p.291 - 3022016年-

国民にとってのエリートスポーツ政策の価値:国際比較による検討

舟橋弘晃

SSFスポーツ政策研究5(1)p.12 - 192016年-

テキストマイニングを活用した学校管理下におけるスポーツ活動中突然死の発生状況分析

神谷和義,舟橋弘晃,間野義之

スポーツ産業学研究25(2)p.313 - 3252015年-

Socio-psychological factors associated with the public’s willingness to pay for elite sport policy: does risk perception matter?

Funahashi, H. & Mano, Y.

Managing Sport and Leisure査読有り20(2)p.77 - 992015年-

Understadning public acceptance of elite sport policy in Japan : A structural equation modelling approach

Funahashi, H., De Bosscher, V., & Mano, Y.

European Sport Management Quarterly査読有り15(4)p.478 - 5042015年-

オリンピック・パラリンピックレガシーとは

間野義之,舟橋弘晃

体育の科学66(3)p.166 - 1712015年-

仮想市場法を用いた日本のエリートスポーツ政策の貨幣的評価:縦断データによる時間的信頼性の検証

舟橋弘晃,間野義之

体育学研究59(2)p.465 - 4812014年-

Success drivers in the Japanese elite sport system: An examination based on evaluations of elite sport climate by elite athletes

Funahashi, H., Nagamatsu, J., Shirai, K., Yamashita, S., Nakamura, H., Yamada, E., Waku, T., De Vosscher, V., & Mano, Y.

Asian Sport Management Review査読有り7p.61 - 982014年-

ヨーロッパスポーツマネジメント学会2012年度大会

舟橋弘晃,住田健,束原文郎

スポーツマネジメント研究5(1)p.59 - 652013年-

国民にとってのエリートスポーツの価値 : CVM(仮想市場法)を用いたエリートスポーツ政策の貨幣評価

舟橋弘晃,間野義之

スポーツ産業学研究23(2)p.145 - 1542013年-

国際競技力に関する研究の動向―マクロレベルのオリンピック研究に着目して

舟橋弘晃,間野義之

Japanese Journal of Elite Sports Support査読有り5p.33 - 492012年-

書籍等出版物

Sports in the Co-opetition of Metropolitan Regions

Trosien, G. (ed)(分担執筆)

epubli2012年-

詳細

担当ページ数:Sports in the Greater Tokyo Area (183-195)

スポーツ白書~スポーツの使命と可能性~

笹川スポーツ財団(編)(分担執筆)

笹川スポーツ財団2014年-

詳細

担当ページ数:スポーツ施設(132-153)

Sport Science Series on “Active Life” Vol. I

Kanosue, K. (ed.)(分担執筆)

Springer Japan2015年-

詳細

担当ページ数:Socio-psychological factors associated with the public’s willingness to pay for elite sport policy (127-146)

奇跡の3年 2019・2020・2021 ゴールデン・スポーツイヤーズが地方を変える

間野義之(編)(分担執筆)

徳間書店-2015年

詳細

担当ページ数:ゴールデン・スポーツイヤーズとしてのレガシー(53-84)

スポーツ白書2017

笹川スポーツ財団(編)(分担執筆)

笹川スポーツ財団2016年-

詳細

総ページ数:スポーツ政策:競技力向上施策(67-68),スポーツ施設:海外の先進的スタジアム・アリーナ(149-151),「トップスポーツ:アスリートの強化施策(286-288)

講演・口頭発表等

What advantage do student-athletes expect in Japanese new graduates job?

Tsukahara, F., Sawai, K., Funahashi, H., Yokota, M., Nakamura, Y., & Murashima, N.

The 26th EASM Conference2018年

詳細

国際会議口頭発表(一般)

An empirically based operational definition of elite sport system: a panel data analysis of Olympic success

Funahashi, H., Shibli, S., & De Bosscher, V.

The 26th EASM Conference2018年

詳細

国際会議口頭発表(一般)

The development of Japanese elite sports policy: An Olympic cycle-based diachronic analysis

Hibino, M., Funahashi, H., & Mano, Y.

The26th EASM Conference2018年

詳細

国際会議ポスター発表

Monetary valuation of elite sport success: an international comparison

Funahashi, H., De Bosscher, V., Shibli, S., Sotiriadou, P., Jarmo, M., Dijk, B., De Rycke, J., & Mano, Y.

The 25th EASM Conference2017年

詳細

国際会議口頭発表(一般)

Elite sport, what is good for?: developing a scale to measure the public’s perception of the positive and negative societal outcomes

De Rycke, J., De Bosscher, V., Funahashi, H., & Sotiriadou, P.

The 25th EASM Conference2017年

詳細

国際会議口頭発表(一般)

Development of mental toughness scale for elite swimmers

Ito, H., Yamada, K., Funahashi, H., Uebayashi, I., Mano, Y., & Hirosawa, M.

ISSP 14th World Congress2017年

詳細

国際会議ポスター発表

オリンピックとパラリンピックの連携

Brittain, I., Legg, D., Jeon, J., 舟橋弘晃,小倉和夫,マクドナルド山本恵理,間野義之

日本財団パラリンピックサポートセンター・早稲田大学オリンピック・パラリンピック事業推進室共催シンポジウム~オリンピックとパラリンピックの連携~2017年

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:東京

Student athlete careers in Japan: which sports help student-athletes get better jobs?

Tsukahara, F., Funahashi, H., Miller, A., Yoshida, T., & Harada, S.

The 24th EASM Conference2016年

詳細

国際会議口頭発表(一般)

The value of elite sporting success: an international comparison project among six nations

Funahashi, H., De Bosscher, V., Shibli, S., Sotiriadou, P., Jarmo, M., Dijk, B., & Mano, Y.

The 24th EASM Conference2016年

詳細

国際会議口頭発表(一般)

Public acceptance of elite sport policy

Funahashi, H., & Mano, Y.

World Congress on Elite Sport Policy 20152015年

詳細

国際会議口頭発表(一般)

The construct of the outcome of elite sport success: development of perceived personal and social benefits scale

Funahashi, H., & Mano, Y.

The 23rd EASM Conference2015年

詳細

国際会議口頭発表(一般)

Understanding public acceptance of elite sport in Japan: A structural equation modeling approach

Funahashi, H., De Bosscher, V., & Mano, Y.

The 22nd EASM Conference2014年

詳細

国際会議口頭発表(一般)

Structural equation modeling of public acceptance of the elite sport policy in Japan

Funahashi, H., & Mano, Y.

SPLISS Conference2013年

詳細

国際会議口頭発表(一般)

Socio-psychological factors associated with the public’s willingness to pay for elite sport policy: Analysis focused on public acceptance

Funahashi, H., & Mano, Y.

The 21st EASM Conference2013年

詳細

国際会議口頭発表(一般)

New perspectives in elite sport policy in Japan

Mano, Y., & Funahashi, H.

SPLISS Conference招待有り2013年

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

The monetary value of elite sport success in Japan estimated through contingent valuation method

Funahashi, H., & Mano, Y.

The 8th International Sport Sciences Symposium on “Active Life”2013年

詳細

国際会議

Determinants of the public acceptance of the elite sport policy in Japan

Funahashi, H., & Mano, Y.

The 9th International Sport Sciences Symposium on “Active Life”2013年

詳細

国際会議ポスター発表

SPLISS(sport policy factors leading to international sporting success)政策研究

舟橋弘晃

平成24年度地域・体育系大学ネットワーク全国会議招待有り2013年

詳細

国内会議口頭発表(基調)開催地:東京

Success driver in the Japanese elite sport system: An examination based on evaluations of the elite sport climate by elite athletes

Funahashi, H., Nagamatsu, J., Shirai, K., Yamashita, S., Nakamura, H., Yamada, E., Waku, T., & Mano, Y.

The 20th EASM Conference2012年

詳細

国際会議口頭発表(一般)

Key success driver in the Japanese elite sport system: Elite athletes’ and elite coaches’ perspective

Funahashi, H., Nagamatsu, J., Shirai, K., Yamashita, S., Nakamura, H., Yamada, E., Waku, T., & Mano, Y.

The 7th International Sport Sciences Symposium on “Active Life”2012年

詳細

国際会議口頭発表(一般)

Key success driver in the Japanese elite sport system: elite athletes’ and elite coaches’ perspective

Funahashi, H., Nagamatsu, J., Shirai, K., Yamashita, S., Nakamura, H., Yamada, E., Waku, T., & Mano, Y.

The 7th International Sport Sciences Symposium on “Active Life”2012年

詳細

国際会議ポスター発表

グローバルスポーツ政策競争

De Bosscher, V., & 舟橋弘晃(通訳)

日本体育・スポーツ政策学会第22回大会招待有り2012年

詳細

国内会議口頭発表(基調)開催地:東京

国民にとってのエリートスポーツ政策の価値:CVM(仮想市場法)を用いた政策評価

舟橋弘晃,間野義之

日本スポーツマネジメント学会第5回大会2012年

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:仙台

日本のエリートアスリートによるエリートスポーツ環境の評価―SPLISSモデルを用いた定量的評価

舟橋弘晃,間野義之

日本・体育スポーツ政策学会第21回大会2011年

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:千葉

ヨーロッパスポーツマネジメント学会の最新動向

舟橋弘晃

日本体育・スポーツ経営学会第41回研究集会2011年

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:東京

日本のエリートスポーツシステムの成功要因―エリートコーチの主観的評価による検討―

舟橋弘晃,永松旬,白井克彦,山下修平,中村宏美,山田悦子,和久貴洋,間野義之

日本スポーツ産業学会第21回大会2012年

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:新潟

仮想市場法を用いたエリートスポーツ政策の貨幣的評価:追跡調査による時間的信頼性の検証

舟橋弘晃,間野義之

日本体育学会第64回大会2013年

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:滋賀

JETプログラム・スポーツ国際交流員(SEA)の実態に関する研究

佐々木邦彦,青柳健隆,舟橋弘晃,間野義之

スポーツ教育学会第33回学会大会2013年

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:東京

エリートスポーツ政策に対する国民の受容態度の形成メカニズムとは?:共分散構造分析を用いた因果モデルの検討

舟橋弘晃,間野義之

日本体育学会第65回大会2014年

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:岩手

エリートスイマーのパフォーマンス・パスウェイ:リオ五輪内定者のケース

舟橋弘晃,伊藤華英,間野義之

日本スポーツ産業学会第25回大会2016年

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:東京

「地方創生」におけるスポーツの役割―「消滅可能性都市」の地方版総合戦略の分析―

菅文彦,舟橋弘晃,桂田隆行,間野義之

日本スポーツ産業学会第25回大会2016年

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:東京

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:若手研究(B)

街なかスタジアム・アリーナ構想におけるステークホルダー・マネジメント戦略

2016年04月-2019年03月

配分額:¥3770000

研究種別:挑戦的萌芽研究

プロスポーツ振興による地方都市の定住人口の維持・増加

2016年04月-2019年03月

配分額:¥3120000

研究種別:基盤研究(B)

オリンピック・レガシーとしてのスマート・ベニュー整備

2014年04月-2018年03月

配分額:¥9490000

研究種別:特別研究員奨励費

エリートスポーツの経済的・社会的価値

2014年04月-2015年03月

研究種別:特別研究員奨励費

エリートスポーツの経済的・社会的価値

2013年04月-2014年03月

配分額:¥500000

研究種別:

エリートスポーツ政策ネットワークの変容:オリンピックサイクルごとの比較から

2017年-0月-2020年-0月

配分額:¥4550000

研究種別:

街なかスタジアム・アリーナ構想におけるステークホルダー・マネジメント戦略

2016年-0月-2019年-0月

配分額:¥3770000

研究種別:

プロスポーツ振興による地方都市の定住人口の維持・増加

2016年-0月-2019年-0月

配分額:¥3120000

研究種別:

オリンピック・レガシーとしてのスマート・ベニュー整備

2014年-0月-2018年-0月

配分額:¥10140000

研究種別:

スタジアムの建設候補地と外部性の評価法開発を通じた政策的意思決定支援

2020年-0月-2023年-0月

配分額:¥4160000

研究資金の受入れ状況

提供機関:笹川スポーツ財団制度名:笹川スポーツ研究助成

メダル獲得数が多い国ほど国民のエリートスポーツ政策に対する価値評価が高いのか2016年04月-2017年03月

代表

提供機関:笹川スポーツ財団制度名:笹川スポーツ研究助成

国民にとってのエリートスポーツ政策の価値―国際比較による検討―2015年04月-2016年03月

代表

学内研究制度

特定課題研究

メダルを獲得することは国民にとってどの程度重要なのか:国際比較研究による検討

2015年度共同研究者:Veerle De Bosscher, Simon Shibli, Popi Sotiriadou, Mäkinen Jarmo, Bake Dijk, 間野義之

研究成果概要: 本研究の目的は,国際競技力の異なる国家においてエリートスポーツサクセス(自国アスリートの国際舞台においてメダルを獲得する等の活躍をすること)に対する国民の価値評価がいかに相違するのかを明らかにすることである.この目的に従って,6... 本研究の目的は,国際競技力の異なる国家においてエリートスポーツサクセス(自国アスリートの国際舞台においてメダルを獲得する等の活躍をすること)に対する国民の価値評価がいかに相違するのかを明らかにすることである.この目的に従って,6ヵ国(日本、イギリス、オーストラリア、オランダ、フィンランド、ベルギー)の研究者とともに国際比較研究プロジェクトが設立され,2016年リオデジャネイロ・オリンピックの直後に本調査を実施する予定で研究が進行中である.なお,本特定課題研究助成費は外部の競争的資金と組み合わせて,本調査の前段にあたる事前調査(日本およびオーストラリア)を実施するために用いられた.

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
スポーツ教養演習I 09スポーツ科学部2020春学期
スポーツ教養演習II 09スポーツ科学部2020秋学期
スポーツ英語D:文献(スポーツビジネス) 02スポーツ科学部2020春学期
情報処理 14スポーツ科学部2020秋学期
スポーツビジネス基礎演習 01スポーツ科学部2020春学期
論文作成技法 02大学院スポーツ科学研究科2020春学期
論文作成技法 03大学院スポーツ科学研究科2020春学期
スポーツ科学演習 07大学院スポーツ科学研究科2020春学期