氏名

クラウス マヌエル フィリップ

クラウス マヌエル フィリップ

職名

講師(専任)

所属

(商学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
mkraus@waseda.jp

本属以外の学内所属

兼担

教育・総合科学学術院(教育学部)

学歴・学位

学歴

2003年10月-2007年03月 テュービンゲン大学  日本文学部・ドイツ文学部
2007年04月-2009年03月 東京外国語大学 外国語学部
2009年04月-2011年03月 立教大学 文学部
2011年04月-2015年03月 立教大学 文学部

学位

学士 東京外国語大学 言語学

修士 立教大学 言語学

博士 立教大学 言語学

経歴

2014年10月-早稲田大学教育学部兼任
2016年04月-2019年03月帝京大学外国語学部ドイツ語コース助教
2015年04月-2019年03月立教大学文学部文学科ドイツ文学専修 兼任
2015年04月-2019年03月学習院大学ドイツ語圏文化学 非常勤講師
2015年04月-2016年03月上智大学言語教育センタ 非常勤講師
2012年10月-2016年03月東京理科大学理工学部非常勤講師
2012年04月-2016年03月大東文化大学外国語学部英語学科非常勤講師
2011年04月-2012年03月信州大学文学部教育機構特任講師

所属学協会

日本独文学会

日本オーストリア文学会

日本サルトル学会

委員歴・役員歴(学外)

2018年04月-日本独文学会編集委員
2018年04月-日本独文学会実行委員
2015年04月-2017年03月公益財団法人ドイツ語学文学振興会独検実行委員

研究分野

キーワード

言語学、外国語教育、教授法、ドイツ文化史

論文

Semantischer Funktionsbereich der Determination im Deutschen - Kritische Reflexion anhand einer korpuslinguistischen Analyse

クラウス・マヌエル

帝京大学外国語外国文化論集(10)p.101 - 1272019年-

Von der Didaktik zur Praxis - Lernstrategien zum Artikelgebrauch im Unterricht Deutsch als Fremdsprache für japanische Deutschlerner

クラウス・マヌエル

Teikyo Journal of Center for Active Engagement and Student Learning査読有り(10)p.59 - 852019年-

Kanshi no shisou. Sekiguchi Tsugio Cho 'Kanshi' to imi Keitai ron he no Shoutai

クラウス・マヌエル

日本独文学会機関誌17(157)p.185 - 1932018年-

Text und Welt(-wissen) - Referenz- und Wissensrepräsentationen formaler Definitheit und Indefinitheit in Texten

クラウス・マヌエル

帝京大学外国語外国文学論集(24)p.107 - 1352018年-

Die Korrekturen

クラウス・マヌエル

立教大学ドイツ文学論集『ASPEKT』 (50)p.251 - 2572017年-

Textsemantik des Antezedenten und semantische Funktion des Relativsatzes

クラウス・マヌエル

帝京大学外国語外国文化(9)p.63 - 1052017年-

Substitution von W-Wort-Anschlüssen und subordinierenden Nebensätzen mit dass

クラウス・マヌエル

帝京大学外国語外国文学論集(23)p.67 - 1132017年-

先行詞の指示機能と関係文

クラウス・マヌエル

高橋輝曉先生停年退職記念論文1p.435 - 4492014年-

Restriktivität und Nicht-Restriktivität von Relativsatzkonstruktionen

クラウス・マヌエル

立教大学大学院ドイツ文学専攻文集『WORT』(34)p.41 - 932013年-

「入門文法」よく説明・理解できていないこと テキスト理解を助ける中・上級文法の試み

クラウス・マヌエル

日本独文学会研究叢書(83)p.35 - 472012年-

Morphosyntax des deutschen Relativsatz

クラウス・マヌエル

立教大学大学院ドイツ文学専攻文集『WORT』  (33)p.21 - 452012年-

Modusgebrauch öffentlicher Texte bei der indirekten Rede

Manuel Kraus

帝京大学外国語外国文学論集査読有り(25)p.67 - 1162019年-

書籍等出版物

Textsemantik des Antezedenten und semantische Funktion des Relativsatzes

Manuel Kraus

Peter Lang2017年-

LINK

詳細

総ページ数:212ISBN:9783631718209

概要:Der Autor weist in seiner Analyse nach, dass die Textsemantik des AntezedenDer Autor weist in seiner Analyse nach, dass die Textsemantik des Antezeden...Der Autor weist in seiner Analyse nach, dass die Textsemantik des Antezedenten die semantische Funktion des Relativsatzes bestimmt und sich erst daraus ableiten lässt, ob ein Relativsatz «identifizierend» oder «prädizierend» ist. Das Buch thematisiert darüber hinaus die Zusammenhänge zwischen der Morphosyntax des Relativsatzes und der semantischen Funktion des Relativsatzes. Hierbei analysiert der Autor die Kasus des Antezedenten und des Relativpronomens sowie die Kontakt- oder Distanzposition des Relativsatzes. Er stellt heraus, welche spezifischen Charakteristika für die Zwischenelemente vor dem Relativsatz bei Distanzposition sowie für die Restelemente nach dem Relativsatz bei Kontaktposition in Frage kommen.

Länderbericht Japan : die Erarbeitung der Zukunft

Raimund Wördemann, Karin Yamaguchi

Bundeszentrale für politische Bildung2014年-

LINK

詳細

単行本(一般書)総ページ数:579担当ページ数:46-59ISBN:9783838905006

概要:Japan fasziniert durch seine Mischung aus Tradition und Fortschritt, aus KuJapan fasziniert durch seine Mischung aus Tradition und Fortschritt, aus Ku...Japan fasziniert durch seine Mischung aus Tradition und Fortschritt, aus Kultur und Technologie. Das Land wirkt vielen fremd, andererseits sind uns die Problemstellungen Japans zur allzu vertraut. Neben Einsichten in Wirtschaft, Geschichte und Politik sucht der neue Länderbericht auch den Zugang zu Kultur und Mentalität des Landes (bpb.de)

Wortbildung und Pragmatik im Deutschen. Beiträge zum 43. Linguisten-Seminar

Manuel Kraus

Iudicum2018年-

詳細

総ページ数:124担当ページ数:88-106ISBN:978-3862053346   

Über Fukushima spricht hier keiner

Manuel Kraus

Frankfurter Allgemeine Sonntagszeitung2011年-

詳細

担当ページ数:28

講演・口頭発表等

Fehleranalyse bei der Erstellung wissenschaftlicher Abhandlungen in deutscher Sprache

クラウス・マヌエル

日本独文学会2017年ドイツ語論文執筆ワークショップ (日本独文学会)招待有り2017年12月

詳細

セミナー開催地:立教大学

Klassifizierung der semantischen Funktion formaler Definitheit und Indefinitheit

クラウス・マヌエル

日本独文学会第45回語学ゼミナール(日本独文学会)2017年08月

詳細

開催地:コープ・イン(京都)

Textsemantik des Antezedenten und semantische Funktion des Relativsatzes

クラウス・マヌエル

アジアゲルマ二スト会議(ソウル) 2016年08月

関係代名詞とその形態的・統語的構造について

クラウス・マヌエル

日本独文学会(日本独文学会)2011年10月

詳細

開催地:金沢大学

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:基盤研究(C)(一般)

外国語表現選択支援システムの構築

2019年-2022年

研究分野:言語学

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
ツールとしてのドイツ語I B教育学部2019春学期
ツールとしてのドイツ語II B教育学部2019秋学期
ドイツ語研究教育学部2019秋学期
ドイツ文化演習A 商学部2019春学期
ドイツ文化演習B 商学部2019秋学期
ドイツ語I基礎A 5商学部2019春学期
ドイツ語I基礎A 8商学部2019春学期
ドイツ語I基礎B 5商学部2019秋学期
ドイツ語I基礎B 8商学部2019秋学期
ドイツ語II総合A 8商学部2019春学期
ドイツ語II総合B 8商学部2019秋学期

作成した教科書・教材・参考書

DVD版 やさしいドイツ語 カタコト会話帳(すばる舎)

2010年04月

詳細

概要:すばる舎発行の大人気初級語学書シリーズ「カタコト会話帳」が、DVDになって登場! 基礎から学べてすぐに使えるドイツ語の一言フレーズが満載です。 旅先のシチュエーション別に掛け合い形式を織り交ぜながらレクチャーしていくので、実際に現地を訪れた感覚で学べます。旅行やビジネスで役立つこと、間違いなし!(amazon.co.jp.より)

教育方法・教育実践に関する発表、講演等

夢ナビライブ2018東京会場 (東京ビックサイト)「ドイツ語を専攻する」講演

2018年07月

詳細

概要:夢ナビライブ2018東京会場  (東京ビックサイト)での招待講師

その他教育活動

公益財団法人ドイツ語学文学振興会・ドイツ語技能検定試験(二次面接官)

2017年01月-2017年01月

詳細

概要:独検試験・二次面接官(準1級〜1級)

公益財団法人ドイツ語学文学振興会・ドイツ語技能検定試験(二次面接官)

2018年01月-2018年01月

詳細

概要:独検試験・二次面接官(準1級〜1級)

公益財団法人ドイツ語学文学振興会・ドイツ語技能検定試験(二次面接官)

2019年01月-2019年01月

詳細

概要:独検試験・二次面接官(準1級〜1級)