氏名

ヤマモト トモユキ

山本 知之

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0206102/)

所属

(基幹理工学部)

連絡先

URL等

WebページURL

http://www.cms.sci.waseda.ac.jp/

研究者番号
40298196

本属以外の学内所属

兼担

理工学術院(大学院基幹理工学研究科)

理工学術院(大学院先進理工学研究科)

学内研究所等

ナノテクノロジー研究所

研究所員 2007年-2014年

ナノテクノロジー研究所

研究所員 2015年-

凝縮系物質科学研究所

プロジェクト研究所所長 2014年-2015年

凝縮系物質科学研究所

プロジェクト研究所所長 2016年-2020年

凝縮系物質科学研究所

研究所員 2016年-

熱エネルギー変換工学・数学融合研究所

研究所員 2017年-

各務記念材料技術研究所

兼任研究員 2017年-2018年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2018年-

学歴・学位

学歴

-1993年 早稲田大学 理工学部
-1998年 早稲田大学 理工学研究科

学位

博士(工学) 早稲田大学

経歴

1997年-1999年早稲田大学 助手
1999年-2002年理化学研究所 研究員
2002年-2005年京都大学 研究員
2005年-2010年早稲田大学 助教授(2007- 准教授)
2010年-早稲田大学 教授

所属学協会

日本金属学会 代議員

日本物理学会

MRS-J

日本セラミックス協会

研究分野

科研費分類

工学 / 材料工学 / 無機材料・物性

数物系科学 / 物理学 / 物性I

数物系科学 / 物理学 / 物性II

総合理工 / 量子ビーム科学 / 量子ビーム科学

論文

Microstructure and diffusion behavior in the multilayered oxides formed on a Co-W electroplated ferritic stainless steel followed by oxidation treatment

Acta Materialia査読有り194p.295 - 3042020年-

DOI

Proton Irradiation Tolerance of High-Efficiency Perovskite Absorbers for Space Applications

The Journal of Physical Chemistry Letters査読有り10p.6990 - 69952019年-

DOI

Universal topological representation of geometric patterns

Physica Scripta査読有り94p.1052132019年-

DOI

Theoretical investigation of the breakdown electric field of SiC polymorphs

K. Yamaguchi, D. Kobayashi, T. Yamamoto, and K. Hirose

Physica B査読有り532p.99 - 1022018年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Degradation of CH3NH3PbI3 provskite due to soft X-ray irradiation as analyzed by an X-ray photoelectron spectroscopy time-dependent measurement method

K. Motoki, Y. Miyazawa, D. Kobayashi, M. Ikegami, T. Miyasaka, T. Yamamoto, and K. Hirose

J. Appl. Phys.査読有り121p.0855012017年02月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

A valence state evaluation of a positive electrode material in an Li-ion battery with first principles K- and L-edge XANES spectral simulations and resonance photoelectron spectroscopy

K. Kubobuchi, M. Mogi, M. Matsumoto, T. Baba, C. Yogi, C. Sato, T. Yamamoto, T. Mizoguchi and H. Imai

J. Appl. Phys.査読有り120p.1421252016年10月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Existence of a polycrystal filled with an arbitrary finite number of self-similar crystals

Kitada, Akihiko; Ohmori, Shousuke; Yamamoto, Tomoyuki; Yamamoto, Tomoyuki

Journal of the Physical Society of Japan85(4)2016年04月-2016年04月 

DOIScopus

詳細

ISSN:00319015

概要:© 2016 The Physical Society of Japan. We discuss here a self-similar structure of an aggregate of crystals or noncrystalline grains. In particular, the sufficient condition for a polycrystal to be filled with an arbitrary finite number of self-similar crystals is investigated using a topological concept.

Existence of a Polycrystal Filled with an Arbitrary Finite Number of Self-Similar Crystals

Kitada Akihiko;Ohmori Shousuke;Yamamoto Tomoyuki

Journal of the Physical Society of Japan85(4)2016年03月-2016年03月 

CiNii

詳細

ISSN:0031-9015

In Situ Measurements of Work Function of Indium Tin Oxide after UV/Ozone Treatment

MATERIALS TRANSACTIONS0(0)2015年-2015年

CiNii

詳細

ISSN:1345-9678

概要:In situ measurements of work function of indium tin oxide after UV/ozone treatment were carried out using a photoemission yield spectrometer with an open counter. Although the work function increased just after UV/ozone treatment, it decreased as time passed and finally returned to the initial value. The continuous change in work function with exposure to air was observed under dry atmosphere and at various temperatures. The returning process at higher temperature proceeded faster than at lower temperature. By contrast, humidity has no influence on the work function recovery. The exponential decay of work function was consistent with the first-order reaction rate equation. The rate constant obeyed Arrhenius' equation, and the activation energy was estimated to be 22 kJ/mol.

Local Environment Analysis of Na Ions in β-Tricalcium Phosphate by X-ray Absorption Near-Edge Structure Measurements and First-Principles Calculations

Kawabata Kazuhiko;Yamamoto Tomoyuki;Kitada Akihiko

MATERIALS TRANSACTIONS56(9)p.1457 - 14602015年-2015年

CiNii

詳細

ISSN:1345-9678

概要:Na-incorporated β-tricalcium phosphate (β-TCP) was synthesized via the solid-state reaction method and a substitution mechanism for Na ions in the synthesized materials has been investigated by X-ray absorption near-edge structure (XANES) analysis. In addition, total electronic energy calculations within density functional theory were also carried out to obtain the most energetically favorable substitution site for Na ions in β-TCP. Both the spectroscopic and computational analysis indicate that substituted Na ions are likely to occupy Ca(4) site in β-TCP.

Quantum Chemical Study of the 1:1 Complex between Ferrocene and Zinc Porphyrin, a Building-Block of Charge-Transfer Molecular Materials

Pichierri Fabio;Sekine Akiko;Yamamoto Tomoyuki

MATERIALS TRANSACTIONS56(9)p.1425 - 14272015年-2015年

CiNii

詳細

ISSN:1345-9678

概要:The molecular and electronic structure of the 1:1 charge-transfer complex between ferrocene (Fc) and zinc porphyrin (ZnP) are investigated with the aid of dispersion-corrected density functional theory (DFT) calculations. Four stable configurations were obtained, two with the Fc molecule laying on the ZnP plane and the other two where Fc interacts with the porphyrin's perimeter. The dipole moment vectors of these Fc:ZnP complexes indicate that they are stabilized by the transfer of electronic charge density from Fc to ZnP or vice versa.

In Situ Measurements of Work Function of Indium Tin Oxide after UV/Ozone Treatment

Yamashita Daisuke;Ishizaki Atsushi;Yamamoto Tomoyuki

MATERIALS TRANSACTIONS56(9)p.1445 - 14472015年-2015年

CiNii

詳細

ISSN:1345-9678

概要:In situ measurements of work function of indium tin oxide after UV/ozone treatment were carried out using a photoemission yield spectrometer with an open counter. Although the work function increased just after UV/ozone treatment, it decreased as time passed and finally returned to the initial value. The continuous change in work function with exposure to air was observed under dry atmosphere and at various temperatures. The returning process at higher temperature proceeded faster than at lower temperature. By contrast, humidity has no influence on the work function recovery. The exponential decay of work function was consistent with the first-order reaction rate equation. The rate constant obeyed Arrhenius' equation, and the activation energy was estimated to be 22 kJ/mol.

In situ Measurements of the Desorption of Water from a TiO2 Surface under Dry Air by Collecting the Photoemission Yield with an Open Counter

YAMASHITA Daisuke;ISHIZAKI Atsushi;YAMAMOTO Tomoyuki

Analytical Sciences30(5)p.575 - 5792014年-2014年

CiNii

詳細

ISSN:0910-6340

概要:We investigated the desorption of water from a TiO2 surface under a dry atmosphere by collecting the photoemission yield spectra with an open counter. For this purpose, a new attachment for the photoemission yield measurement was prepared. This apparatus is capable of detecting, in the open air, low-energy electrons excited by photons under dried atmospheres; the dew point is below −35°C. A significant change in the photoemission yield spectra due to exposure to a dry atmosphere was observed. To gain a better understanding of these results, observations of the change in the photoemission yield spectra caused by the thermal desorption of adsorbed water were also carried out. The results are consistent with those obtained by exposure to a dry atmosphere. Based on the relationship between the photoemission yield and the thickness of the water layer, the time dependence of the change in the thickness was explained by the second-order reaction rate equation.

Substitution mechanism of Mn and Fe ions in Bi4Ti3O12

K. Nishimura, T. Yoshioka and T. Yamamoto

IEEE Trans. Mag.査読有り50p.25023062014年-

DOI

In Situ measurements of the desorption of water from a TiO2 surface under dry air by collecting the photoemission yield with an open counter

Anal. Sci.30p.5752014年-

In situ Measurements of the Desorption of Water from a TiO2 Surface under Dry Air by Collecting the Photoemission Yield with an Open Counter

ANALYTICAL SCIENCES30(5)p.575 - 5792014年-2014年

WoS

詳細

ISSN:0910-6340

Substitution Mechanism of Mn and Fe Ions in Bi4Ti3O12

IEEE TRANSACTIONS ON MAGNETICS50(6)2014年-2014年

DOIWoS

詳細

ISSN:0018-9464

Local environment of silicon in cubic boron nitride

J. Appl. Phys.114p.235022013年-

Local environment of silicon in cubic boron nitride

JOURNAL OF APPLIED PHYSICS114(23)2013年-2013年

DOIWoS

詳細

ISSN:0021-8979

Electronic structure analysis of Mn- and Fe-codoped In2O3 by photoemission yield measurements

Physica B407p.4485 - 44882012年-

Determination of valence state of Mn ions in Pr1-xAxMnO3-delta (A = Ca, Sr) by Mn-L3 X-ray absorption near-edge structure analysis

J. Electron Spectrosc. Relat. Phenom.185p.129 - 1322012年-

Co-L3 X-ray absorption near-edge structure analysis of Pr1-xCaxCoO3-delta and Pr1-xSrxCoO3-delta

Physica B407p.4114 - 41162012年-

Analysis of charge compensation mechanisms in Pr1-xAxCoO3-delta (A = Ca, Sr) by X-ray absorption near-edge structure

Jpn. J. Appl. Phys.51p.0732012012年-

Analysis of Charge Compensation Mechanisms in Pr(1-x)A(x)CoO(3-delta) (A = Ca, Sr) by X-ray Absorption Near-Edge Structure

JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS51(7)2012年-2012年

DOIWoS

詳細

ISSN:0021-4922

Determination of valence state of Mn ions in Pr(1-x)A(x)MnO(3-delta) (A = Ca, Sr) by Mn-L-3 X-ray absorption near-edge structure analysis

JOURNAL OF ELECTRON SPECTROSCOPY AND RELATED PHENOMENA185(5-7)p.129 - 1322012年-2012年

DOIWoS

詳細

ISSN:0368-2048

Co-L-3 X-ray absorption near-edge structure analysis of Pr1-xCaxCoO3-delta and Pr1-xSrxCoO3-delta

PHYSICA B-CONDENSED MATTER407(21)p.4114 - 41162012年-2012年

DOIWoS

詳細

ISSN:0921-4526

Electronic structure analysis of Mn- and Fe-codoped In2O3 by photoemission yield measurements

PHYSICA B-CONDENSED MATTER407(22)p.4485 - 44882012年-2012年

DOIWoS

詳細

ISSN:0921-4526

Valence state analysis of Mn and Fe ions in room-temperature ferromagnetic Mn- and Fe-codoped In2O3

Solid State Comm.151p.1749 - 17522011年-

Substitution mechanism of Zn ions in beta-tricalcium phosphate

Physica B406p.890 - 8942011年-

Substitution mechanism of Zn ions in beta-tricalcium phosphate

PHYSICA B-CONDENSED MATTER406(4)p.890 - 8942011年-2011年

DOIWoS

詳細

ISSN:0921-4526

Valence state analysis of Mn and Fe ions in room-temperature ferromagnetic Mn- and Fe-codoped In2O3

SOLID STATE COMMUNICATIONS151(23)p.1749 - 17522011年-2011年

DOIWoS

詳細

ISSN:0038-1098

Analysis of local environment of Fe ions in hexagonal BaTiO3

Jpn. J. Appl. Phys.49p.0915022010年-

Electronic structure analysis of Sb-doped BaSnO3

Mat Sci. Eng. B173p.33 - 362010年-

First-principles calculations of the elastic properties of hydroxyapatite doped with divalent ions

J. Ceram. Soc. Jpn.118p.548 - 5492010年-

First-principles calculations of the elastic properties of hydroxyapatite doped with divalent ions

JOURNAL OF THE CERAMIC SOCIETY OF JAPAN118(1378)p.548 - 5492010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:1882-0743

Electronic structure analysis of Sb-doped BaSnO3

MATERIALS SCIENCE AND ENGINEERING B-ADVANCED FUNCTIONAL SOLID-STATE MATERIALS173(1-3)p.33 - 362010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:0921-5107

Analysis of Local Environment of Fe Ions in Hexagonal BaTiO3

JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS49(9)2010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:0021-4922

Lattice dynamics and thermal properties of SrHfO3 by first-principles calculations

Phys. Stat. Solidi B246p.1628 - 16332009年-

First principles lattice dynamics calculations of Ag+ doped KX (X=Cl, Br and I)

Mater. Trans.50p.999 - 10032009年-

Geometric ferroelectricity in rare-earth compounds RGaO3 and RInO3

Phys. Rev. B79p.1441252009年-

Local environment analysis of dopants in ceramics by x-ray absorption near-edge structure with the aid of first-principles calculations

J. Phys.: Condens. Matter21p.1042112009年-

Atomic structures of supersaturated ZnO-Al2O3 solid solutions

J. Appl. Phys.103p.0143092008年-

Local environment analysis of Mn ions in b-tricalcium phosphate

J. Ceram. Soc. Jpn.116p.108 - 1102008年-

Thermal annealing effect on magnetism and cation distribution in disordered ZnFe2O4 thin films deposited on glass substrates

J. Mag. Mag. Mat.310p.2543 - 25452007年-

On a dendrite generated by a zero-dimensional weak self-similar set

CHAOS SOLITONS & FRACTALS34(5)p.1732 - 17352007年-

First-principles XANES simulations of spinel zinc ferrite with a disordered cation distribution

Phys. Rev. B75(17)p.1744432007年-

Awaking of ferromagnetism in GaMnN through control of Mn valence

Appl. Phys. Lett.90p.0125042007年-

Dilute Ga dopant in TiO2 by X-ray absorption near-edge structure

Jpn. J. Appl. Phys.45p.7028 - 70312006年-

Coexistence of Mn2+ and Mn3+ in ferromagnetic GaMnN

J. Phys.:Cond. Mat.18(19)p.4615 - 46212006年-

First-principles calculations of migration energy of lithium ions in halides and chalcogenides

J. Phys. Chem. B110p.8258 - 82622006年-

First-principles study of cation disordering in MgAl2O4 spinel with cluster expansion and Monte Carlo simulation

Phys. Rev. B73p.0941162006年-

Core-hole effect on dipolar and quadrupolar transitions for SrTiO3 and BaTiO3 at the Ti K-edge

Phys. Rev. B71p.2451132005年-

XANES and ELNES in ceramic science

J. Am. Ceram. Soc.88p.2013 - 20292005年-

Near-edge X-ray absorption fine structure of PdO at O K-edge

Jpn. J. Appl. Phys.44p.4057 - 40592005年-

Soft X-ray emission spectra of argon atoms doped in solid matrices

J. Electron Specrosc. Relat. Phenom.144-147p.799 - 8022005年-

Characterization of nanotextured AlN thin films by x-ray absorption near-edge structures

Appl. Phys. Lett.86p.1631132005年-

Local environment of Mn dopant in ZnO by near-edge x-ray absorption fine structure analysis

Appl. Phys. Lett.86p.1219022005年-

Distribution of solute atoms in b- and spinel Si6−zAlzOzN8−z by Al K-edge x-ray absorption near-edge structure

Phys. Rev. B71p.0332022005年-

Ab initio lattice dynamics and phase transformations of ZrO2

Phys. Rev. B71p.0643012005年-

General rule for displacive phase transitions in perovskite compounds revisited by first principles calculations

Phys. Rev. Lett.94p.0355022005年-

First-principles calculations of ELNES/XANES of selected wide-gap materials: Dependence on crystal structure and orientation

Phys. Rev. B70p.0451032004年-

Electronic states of sulfur doped TiO2 by first principles calculations

Mater. Trans.45p.19872004年-

First principles study of core-hole effect on fluorine K-edge X-ray absorption spectra of MgF2 and ZnF2

Mater. Trans.45p.19912004年-

X-ray absorption near edge structures of silicon nitride thin film by pulsed laser deposition

Mater. Trans.45p.20392004年-

Atomic and electronic structures of hydrated polymolybdates by first principles calculations

Mater. Trans.45p.19822004年-

First-principles calculation of L3 x-ray absorption near edge structures (XANES) and electron energy loss near edge structures (ELNES) of GaN and InN polymorphs

Mater. Trans.45p.20232004年-

Theoretical investigation of Al K-edge X-ray absorption spectra of Al, AlN and Al2O3

Mater. Trans.45p.20312004年-

The formation of a rock-salt type ZnO thin film by low-level alloying with MgO

J. Phys.: Cond. Matter.16p.38012004年-

Fine structure analysis of Si KL2,3V Auger spectra of Si, SiC and SiO2

J. Electron Specrosc. Relat. Phenom.135p.212004年-

Identification of ultra-dilute dopants in ceramics

Nature Materialsp.5412003年-

Soft x-ray emission and absorption spectroscopy in the Si L region of

Nucl. Instr. and Meth. B199p.2602003年-

Substitution mechanism of Al ions in MgSiO3 perovskite under high pressure conditions from first-principles calculations

Earth Planet. Sci. Lett.206p.6172003年-

First principles calculations of pressure-induced structural phase transition of Co

Adv. Quantum Chem.42p.1992003年-

Preface to Special Topic: Cutting Edge Physics in Functional Materials

Hoang, Nam Nhat; Yamamoto, Tomoyuki; Yoshiya, Masato; Münzenberg, Markus

Journal of Applied Physics120(14)2016年10月-2016年10月 

DOIScopus

詳細

ISSN:00218979

A valence state evaluation of a positive electrode material in an Li-ion battery with first-principles K - And L -edge XANES spectral simulations and resonance photoelectron spectroscopy

Kubobuchi, Kei; Mogi, Masato; Matsumoto, Masashi; Baba, Teruhisa; Yogi, Chihiro; Sato, Chikai; Yamamoto, Tomoyuki; Mizoguchi, Teruyasu; Imai, Hideto

Journal of Applied Physics120(14)2016年10月-2016年10月 

DOIScopus

詳細

ISSN:00218979

概要:© 2016 Author(s).X-ray absorption near edge structure (XANES) analysis is an element-specific method for proving electronic state mostly in the field of applied physics, such as battery and catalysis reactions, where the valence change plays an important role. In particular, many results have been reported for the analysis of positive electrode materials of Li-ion batteries, where multiple transition materials contribute to the reactions. However, XANES analysis has been limited to identifying the valence state simply in comparison with reference materials. When the shape of XANES spectra shows complicated changes, we were not able to identify the valence states or estimate the valence quantitatively, resulting in insufficient reaction analysis. To overcome such issues, we propose a valence state evaluation method using K- and L-edge XANES analysis with first-principles simulations. By using this method, we demonstrated that the complicated reaction mechanism of Li(Ni1/3Co1/3Mn1/3)O2 can be successfully analyzed for distinguishing each contribution of Ni, Co, Mn, and O to the redox reactions during charge operation. In addition to the XANES analysis, we applied resonant photoelectron spectroscopy (RPES) and diffraction anomalous fine structure spectroscopy (DAFS) with first-principles calculations to the reaction analysis of Co and Mn, which shows no or very little contribution to the redox. The combination of RPES and first-principles calculations successfully enables us to confirm the contribution of Co at high potential regions by electively observing Co 3d orbitals. Through the DAFS analysis, we deeply analyzed the spectral features of Mn K-edges and concluded that the observed spectral shape change for Mn does not originate from the valence change but from the change in distribution of wave functions around Mn upon Li extraction.

Soft X-ray irradiation effect on surface structure of CH3NH3PbI3 perovskite in multi-film stack device

Motoki, Keisuke; Motoki, Keisuke; Miyazawa, Yu; Kobayashi, Daisuke; Ikegami, Masashi; Miyasaka, Tsutomu; Yamamoto, Tomoyuki; Yamamoto, Tomoyuki; Hirose, Kazuyuki; Hirose, Kazuyuki

Conference Record of the IEEE Photovoltaic Specialists Conference2016-Novemberp.1657 - 16602016年11月-2016年11月 

DOIScopus

詳細

ISSN:01608371

概要:© 2016 IEEE.Soft X-ray exposure effects on CH3NH3PbI3 perovskite in a patterned device sample with a similar structure to solar cells, a promising candidate for X-ray detectors, have been investigated with an X-ray Photoelectron Spectroscopy (XPS) time-dependent measurement method. Our experimental analyses demonstrate compositional change from CH3NH3PbI3 to PbI2 due to evaporation of methylammonium iodide.

Degradation of CH3NH3PbI3 perovskite due to soft x-ray irradiation as analyzed by an x-ray photoelectron spectroscopy time-dependent measurement method

Motoki, Keisuke; Motoki, Keisuke; Miyazawa, Yu; Kobayashi, Daisuke; Ikegami, Masashi; Miyasaka, Tsutomu; Yamamoto, Tomoyuki; Yamamoto, Tomoyuki; Hirose, Kazuyuki; Hirose, Kazuyuki

Journal of Applied Physics121(8)2017年02月-2017年02月 

DOIScopus

詳細

ISSN:00218979

概要:© 2017 Author(s). The effects of soft X-ray exposure on structures of CH 3 NH 3 PbI 3 perovskite were investigated using an X-ray photoelectron spectroscopy (XPS) time-dependent measurement method. A crystalline sample was fabricated with the inverse-temperature crystallization method. The time evolutions of the core-level and valence-band spectra were recorded to determine the compositional ratios and valence band electronic structure of the sample, respectively. In addition, first-principles calculations were conducted to evaluate the valence band XPS spectra. The in situ XPS analysis combined with theoretical calculations demonstrated a degradation of the surface of CH 3 NH 3 PbI 3 perovskite into PbI 2 owing to the evaporation of methylammonium iodide.

Theoretical investigation of the breakdown electric field of SiC polymorphs

Yamaguchi, Kikou; Yamaguchi, Kikou; Kobayashi, Daisuke; Yamamoto, Tomoyuki; Yamamoto, Tomoyuki; Hirose, Kazuyuki; Hirose, Kazuyuki

Physica B: Condensed Matter532p.99 - 1022018年03月-2018年03月 

DOIScopus

詳細

ISSN:09214526

概要:© 2017 Elsevier B.V. The breakdown electric field of several SiC polymorphs has been investigated theoretically using a concept of “recovery rate,” which is obtained by first principles calculations. A good relationship between the experimental breakdown electric fields and the calculated recovery rate of 4H-, 6H-, and 3C-SiC was obtained. In order to examine the stability of SiC polymorphs, the total electronic energies of various types of SiC crystal structures were calculated. Here, two candidates of polymorphs—GeS-type- and 2H-SiC—with energies comparable to those of experimentally well-established structures, have been obtained. The breakdown electric fields of these two polymorphs were estimated using a relationship obtained from the results of 4H-, 6H-, and 3C-SiC. This indicates that one of these polymorphs, GeS-type-SiC, has higher breakdown electric field than any other SiC polymorphs. In addition to the investigation with the recovery rate, relationship between experimental breakdown electric field and calculated band gap with recently developed accurate electron-correlation potential has been also discussed.

Special issue on “Frontiers in Materials Science: Condensed matters”

Hoang, Nam Nhat; Yamamoto, Tomoyuki; Pham, Duc Thang

Physica B: Condensed Matter5322018年03月-2018年03月 

DOIScopus

詳細

ISSN:09214526

書籍等出版物

量子物質科学入門

山本知之

コロナ社2010年 03月-

詳細

ISBN:978-4-339-06617-3

講演・口頭発表等

Local environment of dilute 3d transition elements in optical materials -XANES measurements and DFT calculations-

T. Yamamoto

International Conference "Functional materials and Nanotechnology-2017"招待有り2017年04月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)開催地:Tartu, Estonia

XANES analysis for functional materials

T. Yamamoto

8th International Symposium on Molecular studies in Material and Biological Sciences招待有り2017年09月

詳細

国際会議口頭発表(基調)開催地:St. Petersburg, Russia

Local environment analysis of dilute rare-earth dopants in phosphor materials

T.Yamamoto

Pacific Rim Meeting on Electrochemical and Solid State Science招待有り2016年10月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)開催地:Honolulu, USA

Origin of Room Temperature Ferromagnetism in Dilute Magnetic Oxides

Tomoyuki Yamamoto

Khujand Symposium on Computational Materials and Biological Sciences招待有り2016年09月

詳細

国際会議口頭発表(基調)開催地:Khujand, Tajikistan

X-ray Absorption Near-Edge Structure Analysis of Magnetic Elements in Dilute Magnetic Materials

Tomoyuki Yamamoto

3rd International Symposium on Frontiers in Materials Science招待有り2016年09月

詳細

国際会議口頭発表(基調)開催地:Hanoi, Vietnam

X-ray Absorption Near-Edge Structure Analysis for Functional Materials with the Aid of First-Principles Calculations

Tomoyuki Yamamoto

The 4th International Symposium on Science of Molecular Assembly and Biomolecular Systems招待有り2015年09月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)開催地:Nagoya, Japan

Core-Level spectroscopy - experiments and first-principles calculations -

Tomoyuki Yamamoto

22nd International Workshop on WIEN2k招待有り2015年07月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

Electronic structure of magnetic elements in dilute maganetic materials

Tomoyuki Yamamoto

7th International workshop on molecular simulation studies in materials and biological sciences招待有り2014年09月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

Electronic structure analysis of functional materials by synchrotron radiations and first-principles calculations

Tomoyuki Yamamoto

1st international Dushanbe symposium on computational materials and biological sciences招待有り2014年09月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)開催地:Dushanbe, Tajikistan

X-ray absorption near-edge structure analysis for functional materials

Tomoyuki Yamamoto

International Symposium on Nano-Materials, Technology and Applications招待有り2014年10月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)開催地:Hanoi, Vietnam

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

酸化物希薄磁性体における強磁性発現機構の解析

2014年-0月-2017年-0月

配分額:¥4160000

研究種別:

第一原理計算による地球マントル物質に及ぼすプロトン存在の影響に関する研究

2011年-0月-2013年-0月

配分額:¥1950000

研究種別:

高効率アップコンバージョン型酸化物蛍光体の創製とその発光機構の解明

2020年-0月-2023年-0月

配分額:¥4290000

学内研究制度

特定課題研究

マルチフェロイック酸化物における磁性元素の電子状態解析

2013年度

研究成果概要:近年,再生可能エネルギーに関する研究が活発に進められてきており,その中の一つとして圧電素子に関する研究が活発に進められてきている.圧電素子の材料 としては,高い圧電性能を示すことからこれまで鉛を含む材料が中心に用いられてきたが,環...近年,再生可能エネルギーに関する研究が活発に進められてきており,その中の一つとして圧電素子に関する研究が活発に進められてきている.圧電素子の材料 としては,高い圧電性能を示すことからこれまで鉛を含む材料が中心に用いられてきたが,環境に対する意識の高まりから,近年鉛を含まない非鉛系の圧電材料 の開発が進められてきている.非鉛系の圧電材料としては,KNbO3-NaNbO3-LiNbO3系,(Bi1/2Na1/2)TiO3や(Bi1 /2K1/2)TiO3系,ビスマス層状構造強誘電体(BLSF),(K,Na,Li)(Nb,Ta)O3などがそれぞれに特徴を持った特性に対して研究 が進められている.上記の非鉛系圧電材料の中で,ビスマス系層状強誘電体Bi4Ti3O12にMnやFeなどの3d遷移金属及び希土類元素を共添加することで,圧電(誘電)特性が向上するという報告がある.それと同時に,強誘電性と共に強磁性を発現するマルチフェロイック特性を示すという報告もある.従来の研究では,添加元素の組合せや添加量を変えた試料を作製し,物性を評価し,求める物性値を最適化することを目標とする研究が主として行われてきているが,添加元素の局所環境や添加元素のイオン価数状態,更には元素添加 による電子状態の変化等に関する研究は,圧電(誘電)特性の変化に関するメカニズムを理解する上で必要不可欠であるにもかかわらず,これらの研究はほとんど行われていないのが現状である.本研究では,ビスマス系層状構造強誘電体の一つであるBi4Ti3O12にFeを添加することによりマルチフェロイック特性を示す物質を固相反応法により作製し,粉末X線回折実験による結晶構造評価を行い,Feの電子状態並びに局所環境について,シンクロトロン放射光を用いて評価した.また,比較のためにMnを添加したものも同様の方法にて作製し,評価した.具体的には,Mn及びFeの電子状態(価数)を評価するために分子科学研究所UVSORのBL-4BにてMnおよびFeのL3端X線吸収端近傍微細構造(XANES)スペクトルを測定した.また,大型放射光施設SPring-8のBL01B1にてFe-K端,第一原理計算法を用いたスペクトル形状の解析を行い,Feの局所環境について評価した.更に,第一原理計算による固溶エネルギーの評価を行い,上記の実験結果と合わせて,Fe及びMnの局所環境解析が行えた.これらの成果をまとめて,下記の国際会議及び論文発表を行うことができた.

無機フォトクロミック物質における添加元素の局所環境解析

2015年度

研究成果概要:Recently efficient inorganic photochromic oxide materials were found, in which it was mentioned that 3d transition ...Recently efficient inorganic photochromic oxide materials were found, in which it was mentioned that 3d transition metal and/or rare earth dopings enhance photochromic property. However, these mechanisms have not yet been clearly understood. In the current study, local environment analysis of doped ions in inorganic photochromic oxide materials has been investigated. Samples were synthesized by a conventional solid-state reaction method in air and reducing atmosphere (Ar:97%+H2:3%). Crystal structures of the synthesized samples were examined by the powder X-ray diffraction technique and the color-change due to the irradiation of UV-ray and visible light was examined by diffuse reflectance spectrum using a UV-Vis spectrometer. Local environment analysis was carried out by measuring the X-ray absorption near-edge structure (XANES) at K-edge of 3d transition metal and L-edge of rare earth element. To analyze the fine structure of the observed XANES spectra, we also performed the all-electron first-principles calculations within a density functional theory. This method has been applied to several types of the materials. Among them, we could find out the necessary condition to show strong photochromism in Fe doped BaMgSiO4, that is Fe must substitute at Mg2+ site as divalent ions.

アップコンバージョン蛍光体によるエネルギーハーべスティング太陽電池システムの開発

2019年度

研究成果概要:近赤外線等の長波長(低エネルギー)の光を可視光などのより短波長(高エネルギー)の光に変換するアップコンバージョン型の蛍光体を太陽電池システムに組み込むことを目指し,本研究では,アップコンバージョン型酸化物セラミックス蛍光体の発光効...近赤外線等の長波長(低エネルギー)の光を可視光などのより短波長(高エネルギー)の光に変換するアップコンバージョン型の蛍光体を太陽電池システムに組み込むことを目指し,本研究では,アップコンバージョン型酸化物セラミックス蛍光体の発光効率の向上を中心に研究を進めた.具体的には,近赤外光に対してアップコンバージョン特性を示すEr添加CaZrO3などに更にNaなどのアルカリ元素を加えることにより,アップコンバージョン発光強度を増大させ,そのメカニズムを検討するために,粉末X線回折,走査型電子顕微鏡観察,紫外可視拡散反射スペクトルなどの分析を進めた.

有機無機ハイブリッドペロブスカイトの電子状態解析

2016年度

研究成果概要:次世代太陽電池として注目を集めている有機無機ハイブリッドペロブスカイトの中でも,現時点で特に発電効率が高いと報告されているCH3NH3PbI3への軟X線(Al-Ka線)照射の影響について,時間依存X線光電子分光測定と第一原理計算を...次世代太陽電池として注目を集めている有機無機ハイブリッドペロブスカイトの中でも,現時点で特に発電効率が高いと報告されているCH3NH3PbI3への軟X線(Al-Ka線)照射の影響について,時間依存X線光電子分光測定と第一原理計算を用いた検討を行った.真空中での軟X線長時間照射に対して,徐々にCH3NH3の量が減り,最終的には,PbI2へと変化することが確認できた.

アップコンバージョン蛍光体における微量添加元素の局所環境解析

2017年度

研究成果概要:近赤外光照射によって,可視光を発光するアップコンバージョン型の蛍光体が近年注目を集めているが,その発光メカニズムについては未だに充分な理解が得られていないものが多い.そこで,本研究では,近赤外光照射により緑色発光を示すErを添加し...近赤外光照射によって,可視光を発光するアップコンバージョン型の蛍光体が近年注目を集めているが,その発光メカニズムについては未だに充分な理解が得られていないものが多い.そこで,本研究では,近赤外光照射により緑色発光を示すErを添加したCaZrO3及びそれにYbを共添加することによって発光強度及び発光色が変化するメカニズムの解明を目指し,X線吸収端近傍微細構造測定と第一原理計算を用いて,添加したErとYbの局所環境を明らかにした.

3d遷移金属元素を微量添加した機能性材料の創製とその機能発現機構の解明

2018年度

研究成果概要:3d遷移金属元素を微量添加することにより新規物性を発現させた機能性材料は,種々の応用が期待されているが,元素添加量が微量であるため,その添加によってどのように新規物性が発現したのかが明らかにされていないものが多い.本研究では,シン...3d遷移金属元素を微量添加することにより新規物性を発現させた機能性材料は,種々の応用が期待されているが,元素添加量が微量であるため,その添加によってどのように新規物性が発現したのかが明らかにされていないものが多い.本研究では,シンクロトロン放射光を用いた原子レベルでの微量添加した3d遷移金属元素の局所環境解析を出発点として,その物性発現機構の検討を行った.特に,本年度は赤色蛍光体への応用を前提とした酸化物にMnを微量添加した物質群の合成と評価を行った.

高耐久マルチカチオンハイブリッドペロブスカイトの創製

2019年度

研究成果概要:有機無機ハイブリッドペロブスカイトは,次世代太陽電池の吸光材料として注目を集めているが,実用環境下における安定性が課題となっている.ペロブスカイト構造の安定性は,カチオンとアニオンのイオン半径を基に評価できるので,カチオンサイトに...有機無機ハイブリッドペロブスカイトは,次世代太陽電池の吸光材料として注目を集めているが,実用環境下における安定性が課題となっている.ペロブスカイト構造の安定性は,カチオンとアニオンのイオン半径を基に評価できるので,カチオンサイトに複数のイオンを用いたマルチカチオン型のハイブリッドペロブスカイトの開発が進められている.本研究では,スピンコート法を用いて,複数のカチオンを導入したマルチカチオン型のハイブリッドペロブスカイトの合成,ならびに大気中,窒素中および真空中における安定性の評価を行った.

シンクロトロン放射光を使った軟X線分光

1998年度

研究成果概要: 特性X線の微細構造には物質の化学結合状態が反映され、物質のキャラクタリゼーションに広く応用されている。しかし、我々の身近に存在する炭素、窒素、酸素などの軽元素から発生する特性X線のエネルギーは約200~600電子ボルト(eV)... 特性X線の微細構造には物質の化学結合状態が反映され、物質のキャラクタリゼーションに広く応用されている。しかし、我々の身近に存在する炭素、窒素、酸素などの軽元素から発生する特性X線のエネルギーは約200~600電子ボルト(eV)程度であり、それらの測定は従来型の分析装置では非常に困難であった。近年のシンクロトロン放射光装置の発達により、これらの軽元素に対する分析感度は格段に進歩し、従来のモデルでは解析できない新しい実験結果が現れている。アメリカ合衆国University of California, Berkeley校に併設されているLawrence Berkeley National Laboratoryにあるシンクロトロン放射光施設Advanced Light Source(ALS)は、世界で最も明るい低エネルギー領域(軟X線)の放射光源であり、今回その施設で実験を行う機会を得た。主として、酸素、フッ素を含む化合物のX線発光および吸収スペクトルの測定を行い、今までに報告されていない実験結果を多数得ることができた。特に、フッ化カルシウム(CaF2)とフッ化ストロンチウム(SrF2)のF K線中に現れるサテライト線強度の入射エネルギー依存性およびサテライト線の影響を受けないスペクトルの測定に成功した。これらのX線スペクトル解析に有力な計算法の一つであるDV-Xa分子軌道法を用いて、後者のスペクトルを解析し、実験結果を非常に良く説明することができた。これらの結果の詳細については本年度のALS Compendiumに掲載される予定である。また、これらの実験結果以外にも多数(特に酸化物)の実験結果があり、それらを説明するために、分子軌道計算法を用いた解析を進めている。

希薄磁性半導体中の磁性元素の局所環境解析

2005年度

研究成果概要:磁性元素を希薄に含む半導体(希薄磁性半導体)中における磁性元素の局所環境を第一原理計算とXANES(X-ray Absorption Near-Edge Structure:X線吸収端微細構造)測定を用いた解析を目指し,本年度にお...磁性元素を希薄に含む半導体(希薄磁性半導体)中における磁性元素の局所環境を第一原理計算とXANES(X-ray Absorption Near-Edge Structure:X線吸収端微細構造)測定を用いた解析を目指し,本年度においては,様々な環境(焼成温度および雰囲気)における試料作製,それらの環境を考慮した第一原理計算による磁性元素の局所環境の予測及びXANESスペクトルの予測を行った.500~1000℃の範囲内で焼成温度を変えてFe, Co添加SnO2を固相反応法により大気中及びAr雰囲気中で焼成し試料作製を行った.作製した試料を,粉末X線回折法を用いて磁性元素の置換固溶に伴う格子定数の変化などの構造解析,ならびに析出物の有無及び同定等の検討を行った.本実験により,焼成温度と析出物の種類ならびに量を系統的なデータを得ることが出来た.粉末X線回折実験により高温焼成による磁性元素(Fe, Co)の置換固溶に伴う格子定数の変化が見られ,その変化は第一原理擬ポテンシャル計算の結果と調和的であった.そこで,第一原理擬ポテンシャル計算によって得られた磁性元素周辺の構造を用いて,磁性元素の局所環境を非常に敏感に検知することが可能であるXANESスペクトルの予測を行った.その結果,粉末X線回折実験では検知することが困難であるnmオーダーの析出物やSnO2中に置換固溶しているFe,CoのXANESスペクトルは,標準物質となるFe, Coの酸化物のそれらとは形状が大きく異なることが予測され,XANESスペクトルを系統的に比較することで,磁性元素の局所環境を十分に解析可能であることがわかった.

室温強磁性希薄磁性多結晶焼結体セラミックスの創製

2008年度

研究成果概要:3d遷移金属元素などの磁性元素を希薄(数at%)に含み強磁性を示すものが希薄磁性体と呼ばれ,近年その強磁性発現機構に関する基礎研究のみにとどまらず,スピトロニクスへの応用を視野に入れた応用研究も活発に進められている.特に,応用の面...3d遷移金属元素などの磁性元素を希薄(数at%)に含み強磁性を示すものが希薄磁性体と呼ばれ,近年その強磁性発現機構に関する基礎研究のみにとどまらず,スピトロニクスへの応用を視野に入れた応用研究も活発に進められている.特に,応用の面から考えても希薄磁性体のキュリー温度が高い方が良いことから,室温で強磁性を示す希薄磁性体の探索が進められている.これらの多くは,非平衡プロセスによって作製された薄膜であり,多結晶焼結体で強磁性を示す希薄磁性体は数少ないが,MnとFeを共添加したIn2O3の多結晶焼結体が室温で強磁性を示すことが報告されていることから,本年度はその物質における強磁性発現機構の検討,ならびにIn2O3系の希薄磁性体の創製を試みた.磁性元素の局所環境については,様々な環境における試料作製を行い,第一原理計算とXANES(X-ray Absorption Near-Edge Structure:X線吸収端微細構造)測定を用いて,それらの 環境を考慮した第一原理計算による磁性元素の局所環境の予測及びXANESスペクトルの解析を行った.具体的には,焼成温度ならびに添加する磁性元素の濃度,種類を変えて,固相反応法により大気中及びAr雰囲気中で焼成し試料作製を行い,作製した試料を,粉末X線回折法を用いて磁性元素の置換固溶に伴う結晶構造の変化に関する構造解析,ならびに析出物の有無及び同定等を行った.本実験により,焼成温度と析出物の種類ならびに量を系統的なデータを得ることが出来た.更に,第一原理擬ポテンシャル計算に よって得られた磁性元素周辺の構造を用いて,磁性元素の局所環境を非常に敏感に検知することが可能であるXANESスペクトルの予測を行った.その結果, 添加した磁性元素の局所環境を特定することができ,Mnの価数の混在が強磁性発現に大きく寄与していることを見出すことができた.

室温強磁性希薄磁性体における強磁性発現機構に関する研究

2011年度

研究成果概要:非磁性の半導体や絶縁体に磁性元素を数at%程度添加することにより強磁性を発現する物質があり,希薄磁性体と呼ばれており,近年活発に研究が進められている.希薄磁性体における強磁性発現のメカニズムは未だに明らかにされていない部分が多い....非磁性の半導体や絶縁体に磁性元素を数at%程度添加することにより強磁性を発現する物質があり,希薄磁性体と呼ばれており,近年活発に研究が進められている.希薄磁性体における強磁性発現のメカニズムは未だに明らかにされていない部分が多い.特に,添加した元素の局所的な環境,すなわちマトリックス中の元素と置換しているか,格子間に存在しているか,また析出物として存在しているかを知ることが極めて重要であるが,それらは十分に検討が進められていない.また,磁性元素のスピン状態,価数などの電子状態についても添加した元素量が最大でも数at%と希薄なため,未知なものがほとんどである.これらのような背景を踏まえて,本年度は,置換固溶型の希薄磁性体における強磁性発現機構を検討するために,室温で強磁性を発現する酸化インジウムにFeとMnを数at%添加した多結晶焼結体を作製し,その中における磁性元素の電子状態解析をシンクロトロン放射光を用いた検討を進めた.試料は固相反応法を用いて作製し,MnとFeの価数を調整する元素として更にSn4+を数%添加した試料も同様に作製した.作製した試料は,室温において強磁性を示すことが確認されたが,Sn4+の添加量が増えるにしたがって,飽和磁化が減少することが確認され,Mnの添加量とほぼ同じ量のSn4+を添加した時点で,ほぼ常磁性となることも確認した.作製した試料の結晶構造について,粉末X線回折実験を行いビックスバイト構造の回折パターンのみが観測され,また,添加したMn,FeとInとのイオン半径の関係から,添加したMn,FeはInサイトに置換しているものと確認した.ただし,X線回折測定のみでは,結晶子の小さな析出物として存在している場合は検出することができないが,これまでのシンクロトロン放射光を用いた実験にてInサイトに置換することを既に確認している.今回は,MnとFeのL3端X線吸収スペクトルを測定することによりMnとFeの価数の評価を行った.これらの測定は分子科学研究所の放射光施設であるUVSORのBL-4Bにて全電子収量法により測定した.すべての試料においてFeは3+であることが示唆されたが,強磁性を示す資料においてはMnはMn2+とMn3+が混在していることが見いだされた.また,Sn4+の添加によりMn3+の量が減少し,MnとSnの量がほぼ同量となった時点で,ほぼすべてのMnが2+の状態になっていることがわかり,Mnの2+と3+の価数混在が強磁性発現に必要不可欠であることを見出すことができ,その結果を学術誌(Solid State Communications)に出版した.

遷移金属元素を含む新規機能性ハイブリッドソフトマテリアルの評価と設計

2012年度共同研究者:吉岡 剛志

研究成果概要:本研究の目的は,異なる遷移金属元素を含む2種類以上の分子からなる分子性共結晶を対象として,その共結晶が遷移金属間の相互作用によって,新たな磁気的,電気的,光学的物性を示すような新規物質の探索を行うことである.また,それと同時に,計...本研究の目的は,異なる遷移金属元素を含む2種類以上の分子からなる分子性共結晶を対象として,その共結晶が遷移金属間の相互作用によって,新たな磁気的,電気的,光学的物性を示すような新規物質の探索を行うことである.また,それと同時に,計算科学的手法を用いた電子状態と物性との関連を検討し,新規機能性ハイブリッドソフトマテリアルとしての分子性共結晶の設計指針を構築することも目指している.分子性結晶の結晶構造については,これまで分子間の相互作用を量子化学計算ならびに第一原理計算によって見積もることが困難であったが,近年開発が進められている新しい計算手法を分子性結晶に適用し,本研究の研究対象である分子性共結晶の計算科学的構造解析手法の確立も目指し,新規機能性物質の設計を試みることも目指している.本年度は,上記の目標を達成するためにフェロセンとポルフィリン錯体の共結晶,ならびに異なる磁性元素を含むメタロセン共結晶の合成を溶媒蒸発法を用いて試みた.条件や組み合わせを変えて,数十種類の合成を試みた中で,一部の試料に置いて結晶化した試料が確認できたので,それらに対して単結晶X線回折実験による構造解析を行った.また,一方で磁性元素を含む機能性酸化物(PrCoO3:Ca,Sr)の合成も行い,それらの物質中での磁性元素の電子状態解析をシンクロトロン放射光を用いたX線吸収端微細構造測定ならびに第一原理計算を用いて行った.前者の実験は,SPring-8のBL01B1における磁性元素のK吸収端を,またUVSORのBL4Bにおける磁性元素のL吸収端スペクトルの測定を行い,後者の計算にはVASPおよびWIEN2kコードを用いた.これらの実験と計算とを組み合わせた解析により,ハイブリッドソフトマテリアルにおける,新規機能の発現機構について検討する手がかりを得るところまで到達できており,研究成果の一部を国際会議ならびに国際学術誌へ発表することができた.現時点までで,今後の物質設計手法の確立に向けた一定の成果をあげることができたものと考えている.

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
工学系のモデリングA基幹理工学部2020春学期
工学系のモデリングA 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020春学期
理工学基礎実験2A 電子物理基幹理工学部2020春学期
応用数理実験基幹理工学部2020春学期
応用数理実験  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020春学期
電子物理システム概論基幹理工学部2020集中講義(春学期)
電子物理システム概論 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020集中講義(春学期)
解析力学基幹理工学部2020春学期
解析力学  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020春学期
電子物理システム演習A基幹理工学部2020春学期
電子物理システム演習A 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020春学期
電子物理システム実験A基幹理工学部2020秋学期
電子物理システム実験A 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020秋学期
電子物理システム実験B基幹理工学部2020春学期
電子物理システム実験B 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020春学期
電子物理システム実験C基幹理工学部2020秋学期
電子物理システム実験C 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020秋学期
電子物理システム特別演習基幹理工学部2020秋学期
卒業論文A基幹理工学部2020春学期
卒業論文A基幹理工学部2020秋学期
卒業論文A  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020春学期
卒業論文A  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020秋学期
卒業論文B基幹理工学部2020秋学期
卒業論文B基幹理工学部2020春学期
卒業論文B  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020秋学期
量子化学基幹理工学部2020秋学期
材料科学概論基幹理工学部2020春学期
Research Project B基幹理工学部2020春学期
Research Project B 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020春学期
Research Project C基幹理工学部2020秋学期
Research Project C 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020秋学期
Research Project A基幹理工学部2020秋学期
Research Project D基幹理工学部2020春学期
Introduction to Materials Science基幹理工学部2020冬クォーター
Physical Electronics Seminar A基幹理工学部2020冬クォーター
Physical Electronics Laboratory A基幹理工学部2020冬クォーター
Thermodynamics基幹理工学部2020夏クォーター
Quantum Chemistry基幹理工学部2020秋クォーター
修士論文(電子)大学院基幹理工学研究科2020通年
修士論文(材料)大学院基幹理工学研究科2020通年
Research on Quantum Solid-state Science大学院基幹理工学研究科2020通年
量子物性科学研究大学院基幹理工学研究科2020通年
高温物理化学研究大学院基幹理工学研究科2020通年
半導体ナノデバイス物理工学研究大学院基幹理工学研究科2020通年
材料物性科学特論大学院基幹理工学研究科2020春学期
量子物性科学特論大学院基幹理工学研究科2020春学期
量子物性科学特論大学院先進理工学研究科2020春学期
Seminar on Quantum Solid-state Science A大学院基幹理工学研究科2020春学期
量子物性科学演習A大学院基幹理工学研究科2020春学期
Seminar on Quantum Solid-state Science B大学院基幹理工学研究科2020秋学期
量子物性科学演習B大学院基幹理工学研究科2020秋学期
Seminar on Quantum Solid-state Science C大学院基幹理工学研究科2020春学期
量子物性科学演習C大学院基幹理工学研究科2020春学期
Seminar on Quantum Solid-state Science D大学院基幹理工学研究科2020秋学期
量子物性科学演習D大学院基幹理工学研究科2020秋学期
半導体ナノデバイス物理工学演習A大学院基幹理工学研究科2020春学期
半導体ナノデバイス物理工学演習B大学院基幹理工学研究科2020秋学期
半導体ナノデバイス物理工学演習C大学院基幹理工学研究科2020春学期
半導体ナノデバイス物理工学演習D大学院基幹理工学研究科2020秋学期
材料物性科学研究大学院基幹理工学研究科2020通年
材料の数理モデリング特論A大学院基幹理工学研究科2020秋クォーター
材料の数理モデリング特論B大学院基幹理工学研究科2020冬クォーター
材料物性科学演習A大学院基幹理工学研究科2020春学期
材料物性科学演習B大学院基幹理工学研究科2020秋学期
材料物性科学演習C大学院基幹理工学研究科2020春学期
材料物性科学演習D大学院基幹理工学研究科2020秋学期
Master's Thesis (Department of Electronic and Physical Systems)大学院基幹理工学研究科2020通年
Quantum Solid-State Science大学院基幹理工学研究科2020秋クォーター
量子物性科学研究大学院基幹理工学研究科2020通年
高温物理化学研究大学院基幹理工学研究科2020通年
半導体ナノデバイス物理工学研究大学院基幹理工学研究科2020通年
材料物性科学研究大学院基幹理工学研究科2020通年
量子物性科学演習A大学院先進理工学研究科2020春学期
量子物性科学演習B大学院先進理工学研究科2020秋学期
量子物性科学演習C大学院先進理工学研究科2020春学期
量子物性科学演習D大学院先進理工学研究科2020秋学期