氏名

カワテ ノリヒコ

河手 典彦

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0129958/)

所属

(人間科学部)

連絡先

URL等

研究者番号
70204740

本属以外の学内所属

兼担

人間科学学術院(大学院人間科学研究科)

学内研究所等

現代死生学研究所

研究所員 2016年-

学歴・学位

学位

医学博士 大学評価・学位授与機構 東京医科大学 呼吸器外科学

所属学協会

日本呼吸器外科学会 終身指導医

日本臨床細胞学会 評議員

日本呼吸器内視鏡学会 評議員

日本肺癌学会 評議員

日本外科学会

日本癌学会

日本癌治療学会

日本内科学会

日本救急医学会

日本医学教育学会

日本レーザー医学会

国際細胞学会 指導医

日本リハビリテーション医学会

研究分野

キーワード

癌、生活習慣病、人体の構造と機能及び疾病(医学一般)、臨床医学、リハビリテーション医学、健康管理医学、救急医学

論文

Cost-Benefit Performance of Robotic Surgery Compared with Video-Assisted Thoracoscopic Surgery under the Japanese National Health Insurance System.

Kajiwara Naohiro;Patrick Barron James;Kato Yasufumi;Kakihana Masatoshi;Ohira Tatsuo;Kawate Norihiko;Ikeda Norihiko

Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia21(2)2015年-2015年

PubMedDOI

詳細

ISSN:2186-1005

概要:BACKGROUND:Medical economics have significant impact on the entire country. The explosion in surgical techniques has been accompanied by questions regarding actual improvements in outcome and cost-effectiveness, such as the da Vinci(®) Surgical System (dVS) compared with conventional video-assisted thoracic surgery (VATS).;OBJECTIVE:To establish a medical fee system for robot-assisted thoracic surgery (RATS), which is a system not yet firmly established in Japan.;METHODS:This study examines the cost benefit performance (CBP) based on medical fees compared with VATS and RATS under the Japanese National Health Insurance System (JNHIS) introduced in 2012.;RESULTS:The projected (but as yet undecided) price in the JNHIS would be insufficient if institutions have less than even 200 dVS cases per year. Only institutions which perform more than 300 dVS operations per year would obtain a positive CBP with the projected JNHIS reimbursement.;CONCLUSION:Thus, under the present conditions, it is necessary to perform at least 300 dVS operations per year in each institution with a dVS system to avoid financial deficit with current robotic surgical management. This may hopefully encourage a downward price revision of the dVS equipment by the manufacture which would result in a decrease in the cost per procedure.

Maximizing Use of Robot-Arm No. 3 in Da Vinci-Assisted Thoracic Surgery

Kajiwara, Naohiro;Maeda, Junichi;Yoshida, Koichi;Kato, Yasufumi;Hagiwara, Masaru;Kakihana, Masatoshi;Ohira, Tatsuo;Kawate, Norihiko;Ikeda, Norihiko

INTERNATIONAL SURGERY100(5)p.930 - 9332015年-2015年

DOIWoS

詳細

ISSN:0020-8868

High-speed 3-dimensional imaging in robot-assisted thoracic surgical procedures.

Kajiwara Naohiro;Akata Soichi;Hagiwara Masaru;Yoshida Koichi;Kato Yasufumi;Kakihana Masatoshi;Ohira Tatsuo;Kawate Norihiko;Ikeda Norihiko

High-speed 3-dimensional imaging in robot-assisted thoracic surgical procedures.97(6)p.2182 - 21842014年-2014年

DOIWoS

詳細

ISSN:1552-6259

概要::We used a high-speed 3-dimensional (3D) image analysis system (SYNAPSE VINCENT, Fujifilm Corp, Tokyo, Japan) to determine the best positioning of robotic arms and instruments preoperatively. The da Vinci S (Intuitive Surgical Inc, Sunnyvale, CA) was easily set up accurately and rapidly for this operation. Preoperative simulation and intraoperative navigation using the SYNAPSE VINCENT for robot-assisted thoracic operations enabled efficient planning of the operation settings. The SYNAPSE VINCENT can detect the tumor location and depict surrounding tissues quickly, accurately, and safely. This system is also excellent for navigational and educational use.

Extended indications for robotic surgery for posterior mediastinal tumors

Naohiro Kajiwara, Masatoshi Kakihana, Jitsuo Usuda, Tatsuo Ohira, Norihiko Kawate and Norihiko Ikeda

Asian Cardiovasc Thorac Annals20p.308 - 3132012年-

DOI

Interventional management for benign airway tumors in relation to location, size, character and morphology Journal of Thoracic Disease

Naohiro Kajiwara,      , Norihiko Kawate, Norihiko Ikeda

J. of Thoracic Diseases3 (4)p.221 - 2302011年12月-

Appropriate set-up of the da Vinci® Surgical System in relation to the location of anterior and middle mediastinal tumors

Naohiro Kajiwara,Masatoshi Kakihana, Norihiko Kawate, Norihiko Ikeda

Interactive CardioVascular and Thoracic Surgery12p.112 - 1162011年10月-

Training in Robotic Surgery Using the da Vinci (R) Surgical System for Left Pneumonectomy and Lymph Node Dissection in an Animal Model

Kajiwara, Naohiro;Kakihana, Masatoshi;Usuda, Jitsuo;Uchida, Osamu;Ohira, Tatsuo;Kawate, Norihiko;Ikeda, Norihiko

ANNALS OF THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY17(5)p.446 - 4532011年-2011年

DOIWoS

詳細

ISSN:1341-1098

特集 術前・術後に要注意 併存疾患の手術リスクと対策 基礎疾患併存例の手術 4.呼吸器疾患 慢性閉塞性肺疾患の手術リスクと対策

梶原直央、河手典彦、池田徳彦

外科第72巻 第9号p.929 - 9342010年09月-

Cine MRI enables better therapeutic planning than CT in cases of possible lung cancer chest wall invasion

Kajiwara, Naohiro;Akata, Soichi;Uchida, Osamu;Usuda, Jitsuo;Ohira, Tatsuo;Kawate, Norihiko;Ikeda, Norihiko

LUNG CANCER69(2)p.203 - 2082010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:0169-5002

スコープ「海と海図」

河手典彦

日本呼吸器内視鏡学会雑誌27(6)p.431 - 4322005年06月-

胸腔ドレーン管理(共著)

河手典彦・玉地義弘

消化器外科NURSING、メディカ出版6(12)p.35 - 412001年11月-

最新の治療指診今日の腫瘍外科、肺の腫瘍性疾患-扁平上皮癌(共著)

河手典彦・加藤治文

外科治療2000増刊、永井書店82p.307 - 3162000年05月-

細胞診-21世紀への展望---呼吸器外科外来(共著)

河手典彦・大平達夫・小中千守・加藤治文

臨床検査・増刊号、医学書院44(11)p.1232 - 12392000年04月-

臨床研究の進歩と最新動向-特集肺癌:分子生物学研究を基礎とした最新の診断と治療学 気管支鏡検査(共著)

河手典彦・土田敬明・垣花昌俊・坪井正博・古川欣也・奥仲哲弥・小中千守・加藤治文

日本臨床58(5)p.71 - 782000年04月-

放射線治療のLatest情報(共著)

河手典彦・坪井正博・日吉利光・中村治彦・小中千守・加藤治文

Practical Oncology13p.9 - 122000年04月-

書籍等出版物

ナースの外科学 改訂第7版 5 呼吸器疾患

磯野可一(共著)

中外医学社2017年 08月-

詳細

担当ページ数:303-324

肺癌細胞診断 形態とその臨床 改訂版 第2章 肺癌の確定診断法 8.CTガイド下針生検

河手典彦

ベクトル・コア2013年 11月-

ナースの外科学 改訂第6版 各論5 呼吸器疾患

池田徳彦、河手典彦

中外医学社2013年 01月-

ロボット手術の現況と展望

梶原直央(共著)

金原出版2012年 11月-2012年 11月

詳細

担当ページ数:1713-1720

呼吸療法テキスト 10気道管理-3気管支鏡

3学会合同呼吸療法認定士認定委員会(共著)

アトムス2012年 06月-

詳細

担当ページ数:179-183

呼吸器内視鏡診断 所見・病理からみたアプローチ 第2章B-Ⅲ 気管・気管支の良性腫瘍

梶原直央、佐藤永一、河手典彦

南山堂2011年 11月-

医科栄養学 section4 周手術領域4-1 術前栄養管理、4-2 術後栄養管理

河手典彦、梶原直央、池田徳彦

建帛社2010年 09月-

現代人間科学講座第3巻 「健康福祉」人間科学 4.健康福祉を支える臨床医科学(2)、4.2臨床医学とリハビリテーション

河手典彦

朝倉書店2008年 06月-

徹底ガイド 肺癌ケア Q&A (No.19) 看護に必要な肺がんの基礎知識 臨床症状と診断5.肺がんの発見動機と症状

河手典彦

総合医学社2008年 01月-

肺癌診療二頁の秘訣、喘鳴と肺癌

河手典彦

金原出版2004年 10月-

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:基盤研究(C)

蛋白の2次元電気永動法に基づく肺癌蛋白の解析と外科切除後科学療法適応への応用

1998年-1999年

研究分野:胸部外科学

配分額:¥3000000

研究種別:

蛋白の2次元電気永動法に基づく肺癌蛋白の解析と外科切除後科学療法適応への応用

配分額:¥3000000

研究種別:

悪性腫瘍に対する光線力学的治療法の開発

配分額:¥6000000

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
臨床医学人間科学部2019秋学期
救急医学人間科学部2019春学期
人体の構造と機能及び疾病人間科学部2019秋学期
専門ゼミI(リハビリテーション医学)人間科学部2019春学期
専門ゼミII(リハビリテーション医学)人間科学部2019秋学期
健康福祉医学概論人間科学部2019秋学期
健康管理医学 01人間科学部(通信教育課程)2019秋学期
健康管理医学研究指導 A大学院人間科学研究科2019春学期
健康管理医学研究指導 B大学院人間科学研究科2019秋学期
健康管理医学ゼミ(1) A大学院人間科学研究科2019春学期
健康管理医学ゼミ(1) B大学院人間科学研究科2019秋学期
健康管理医学ゼミ(2) A大学院人間科学研究科2019春学期
健康管理医学ゼミ(2) B大学院人間科学研究科2019秋学期
健康管理医学特論大学院人間科学研究科2019春学期

Waseda Course Channel配信動画

科目名学部公開年度

教育内容・方法の工夫

介護型病床を含む病院見学および実習

2003年04月-

詳細

概要:介護型病床およびリハビリテーション施設を有する病院を見学し、実際にリハビリテーション治療中の患者と接する機会を設ける。リハビリテーションの代表的な治療法の補助を行うことによって、その内容や問題点などについて実践的学習を行う。

介助犬育成施設の見学

2004年10月-

詳細

概要:身体障害者補助犬法の全面的な施行により、盲導犬、聴導犬、介助犬に対する社会的受容が徐々に拡大している。リハビリテーション医学演習の課題の一つである介助犬の育成実態を調査する目的で、施設見学を行う。 介助犬の普及率は未だ不足しているが、育成の現場の実態を見学することからその原因について考察することが可能となる。

通信教育(e- school)における健康管理医学のオンデマンド授業

2005年04月-

詳細

概要:健康管理上、重要かつ遭遇頻度の高い癌を始めとする生活習慣病を主題として、臨床医学的な臨床検査所見、CT画像などを多く提示しながら疾病の治病医学の基本を学習する。続いてそれらの疾患の一次予防(食事、運動療法など)、二次予防(早期発見・早期治療、健診)、三次予防などの重要事項を、作成したデジタルコンテンツ及びスタジオ収録画像を用いてオンデマンド授業を行っている。

作成した教科書・教材・参考書

各科の医学教育に関連するデジタルコンテンツ教材

2003年04月

詳細

概要:医学一般(臨床医学)、リハビリテーション医学、リハビリテーション医学研究法、リハビリテーション医学演習、救急医学、健康管理医学(健康医学)を各々対象とした教材作成を行った。各科はテーマ毎に各々11〜13unitsから構成し、更に各科それぞれの1unitに関して約50〜70ppts. を目安としてデジタルコンテンツ教材を作成した。

通信教育(e- school)健康管理医学教材

2005年04月

詳細

概要:癌、高血圧症、虚血性心疾患、脳卒中、糖尿病、高脂血症などの我々の身の回りで遭遇する可能性の多い、所謂生活習慣病の本質をよりよく理解するために、各病態各々について重要ポイントを網羅したデジタルコンテンツを作成した。更に解説をスタジオにてビデオ収録し、その画像を配信に用いた。各疾患の健診に関してもコンテンツ内に含めた。