氏名

スズキ カツヒコ

鈴木 克彦

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0205490/)

所属

(スポーツ科学部)

プロフィール

2010-2013年度東京農工大学・早稲田大学共同大学院先進健康科学専攻教授、2013-2014年度オーストラリアクイーンズランド工科大学生命医科学部非常勤教授、2015-2017年 国際運動免疫学会(ISEI)会長、2017-2018年 Antioxidants 誌特集"Exercise and Inflammation"の Guest Editor

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
katsu.suzu@waseda.jp

住所・電話番号・fax番号

住所
〒359-1192所沢市三ヶ島2-579-15 早稲田大学スポーツ科学学術院
電話番号
04-2947-6898
fax番号
04-2947-6898

URL等

WebページURL

http://scholar.google.com.au/citations?user=wBTqXl8AAAAJ&hl=ja(研究論文・引用件数など)

http://www.f.waseda.jp/katsu.suzu/english.html(英Webページ)

http://www.f.waseda.jp/katsu.suzu/(研究室紹介・講義資料など)

研究者番号
80344597

本属以外の学内所属

兼担

スポーツ科学学術院(大学院スポーツ科学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

ライフサポートイノベーション研究所

研究所員 2014年-2014年

ライフサポートイノベーション研究所

研究所員 2015年-2019年

ヒューマンパフォーマンス研究所

研究所員 2017年-2021年

アクティヴ・エイジング研究所

研究所員 2013年-2017年

アクティヴ・エイジング研究所

研究所員 2018年-2022年

スポーツ栄養研究所

研究所員 2013年-2018年

スポーツ栄養研究所

研究所員 2018年-

ライフサポートイノベーション研究所

研究所員 2019年-

学歴・学位

学歴

-1993年 早稲田大学 人間科学研究科 生命科学専攻
-1999年 弘前大学 医学部 医学科
-2002年 弘前大学 大学院医学系研究科 衛生学講座

学位

修士(人間科学) 課程 早稲田大学

博士(医学) 課程 弘前大学

経歴

1999年-2001年国立国際医療センター病院第一専門外来部医師
2002年-弘前大学医学部助手
2003年-早稲田大学人間科学部専任講師
2008年-早稲田大学スポーツ科学部准教授
2013年-早稲田大学スポーツ科学学術院教授

所属学協会

国際運動免疫学会 前会長、学会誌Exercise Immuunology Review編集委員

学術誌 栄養フロンティア 運動スポーツ栄養分野の国際誌の編集委員

日本体力医学会 評議員

日本補完代替医療学会 編集委員

日本運動免疫学研究会 運営委員

日本臨床生理学会

日本老年医学会

日本臨床化学会

日本臨床スポーツ医学会

Antioxidants 誌特集"Exercise and Inflammation" Guest Editor

学術誌スポーツ (MDPI) 編集委員

委員歴・役員歴(学外)

2002年-2005年好中球研究会(RAND) 運営委員
2002年-〜現在 日本運動免疫学研究会 運営委員 (2004年9月 第2回大会世話人)
2006年-〜現在 日本補完代替医療学会 学会誌編集委員・理事
2006年-〜現在 日本体力医学会 評議員
2007年-〜現在 NPO法人 健康早稲田の杜 理事
2009年-2016年早稲田大学 人を対象とする研究に関する倫理委員会 専門委員・委員
2010年-2012年早稲田大学 スポーツ科学部 運営委員会委員
2010年-2016年早稲田大学 スポーツ科学部 教務委員会委員
2011年-〜現在 一般社団法人 エビデンスに基づく統合医療研究会 理事、評議員
2012年10月-〜現在 早稲田大学保健センター管理委員会委員
2014年-〜現在 早稲田大学 スポーツ医科学クリニック 運営委員など
2015年07月-2017年07月国際運動免疫学会会長・学会誌編集委員

受賞

国際運動免疫学会若手研究者賞

2001年07月

その他基本情報

上記以外にも、免疫機能測定法の基礎条件の検討、微量栄養素・薬物などの食細胞に対する影響の評価、炎症性疾患の機序究明・病態制御などの研究に取り組んで来ました。特に2011年から好中球機能測定法の開発と応用では特許を取得しています(http://jstore.jst.go.jp/seedsDetail.html?seeds_id=13505)。

研究分野

キーワード

運動処方と運動療法、生活習慣病、エネルギー代謝と活性酸素、運動とトレーニングの分子機構、細胞、サイトカイン

科研費分類

複合領域 / 健康・スポーツ科学 / 応用健康科学

複合領域 / 健康・スポーツ科学 / スポーツ科学

医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 内科学一般(含心身医学)

研究テーマ履歴

2015年-2018年運動・ストレス・老化に関する新規バイオマーカーの開発と機能解析

研究テーマのキーワード:運動、ストレス、老化、炎症、臓器損傷

国際共同研究

2014年-2015年運動誘発性炎症作用における翻訳動態変化の網羅的解析

研究テーマのキーワード:運動、遺伝子、翻訳、タンパク質、リボソーム

国内共同研究

2011年-2014年運動・ストレス・老化に関する新規バイオマーカーの開発

研究テーマのキーワード:運動、ストレス、老化、炎症、臓器損傷

国内共同研究

2012年-2013年運動誘発性筋損傷時の炎症反応および酸化ストレスに及ぼす免疫細胞の作用

研究テーマのキーワード:白血球、活性酸素、運動、筋損傷

機関内共同研究

2007年-2008年白血球機能解析を応用した生体のストレス応答と筋損傷のメカニズムの解明

研究テーマのキーワード:白血球、活性酸素、ストレス、運動、筋損傷

機関内共同研究

2005年-2007年免疫能、炎症、老化に関する制御機構の解析と運動・栄養による予防医学的介入研究

研究テーマのキーワード:免疫、活性酸素、サイトカイン、運動、栄養

個人研究

論文

Neutrophil Depletion Attenuates Muscle Injury after Exhaustive Exercise

Kawanishi, Noriaki; Kawanishi, Noriaki; Kawanishi, Noriaki; Mizokami, Tsubasa; Niihara, Hiroyuki; Yada, Koichi; Suzuki, Katsuhiko

Medicine and Science in Sports and Exercise48(10)p.1917 - 19242016年10月-2016年10月 

DOIScopus

詳細

ISSN:01959131

概要:© Copyright 2016 by the American College of Sports Medicine.Purpose The infiltration of macrophages in skeletal muscle during exhaustive exercise promotes inflammation, myofiber lesion, and muscle injury. Although neutrophils upregulate macrophage infiltration in skeletal muscles during exercise, the role of neutrophils in promoting muscle injury after exhaustive exercise remains unclear. In this study, we investigated the effects of preexercise neutrophil depletion with antineutrophil antibody treatment on muscle injury, inflammation, and macrophage infiltration after exhaustive exercise. Methods Male C57BL/6J mice were randomly assigned to four groups, namely, sedentary with control antibody (n = 10), sedentary with antineutrophil antibody (n = 10), exhaustive exercise with control antibody (n = 10), and exhaustive exercise with antineutrophil antibody (n = 10). The mice were given intraperitoneal injection of the antineutrophil antibody (anti-Ly-6G, clone 1A8) or the control antibody (anti-Ly-6G, clone 2A3), and remained inactive or performed exhaustive exercise on a treadmill 48 h after the injection. Twenty-four hours after the exhaustive exercise, the gastrocnemius muscles were removed for histological and polymerase chain reaction (PCR) analyses. Infiltration of neutrophils and macrophages was evaluated with Ly-6G and F4/80 immunohistochemistry staining procedures. Muscle fiber injury was detected based on the number of IgG staining fiber. The mRNA expression levels of proinflammatory cytokines and chemokines were evaluated with real-time reverse transcription PCR. Results Exhaustive exercise increased neutrophil infiltration into the gastrocnemius muscle substantially by 3.1-fold and caused muscle injury, but these effects were markedly suppressed by preexercise treatment with antineutrophil antibody (neutrophil infiltration, 0.42-fold, and muscle injury, 0.18-fold). Treatment with antineutrophil antibody also decreased macrophage infiltration (0.44-fold) and mRNA expression of tumor necrosis factor-α (0.55-fold) and interleukin-6 (0.51-fold) in the skeletal muscle after exhaustive exercise. Conclusion These results suggest that neutrophils contribute to exacerbating muscle injury by regulating inflammation through the induction of macrophage infiltration.

Associations between sleep quality and inflammatory markers in patients with schizophrenia

Fang, Shih Hua; Suzuki, Katsuhiko; Lim, Chin Leong; Chung, Ming Shun; Ku, Po Wen; Ku, Po Wen; Chen, Li Jung; Chen, Li Jung

Psychiatry Research246p.154 - 1602016年12月-2016年12月 

DOIScopusWoS

詳細

ISSN:01651781

概要:© 2016 Elsevier Ireland LtdSleep disorder is a risk factor for several systemic inflammation-related diseases and there are extensive data showing that schizophrenia is associated with chronic low-grade systemic inflammation. This study investigated the associations between sleep quality and inflammatory markers in patients with schizophrenia, which has not been examined before. Sleep quality (total sleep time, sleep efficiency, sleep onset latency, total activity counts, wake after sleep onset, number of awakening, and average length of awakening) was measured using actigraphy in 199 schizophrenia inpatients. The state of inflammation was measured using blood concentration of white blood cells (WBC) and neutrophils, together with neutrophil–lymphocyte ratio (NLR), and platelet–lymphocyte ratio (PLR). The results showed that total sleep time was negatively associated with NLR and PLR, and sleep efficiency was negatively associated with neutrophil counts and NLR. Sleep onset latency, total activity counts, wake after sleep onset, and number of awakening were positively associated with WBC and neutrophil counts. The average length of awakening was positively associated with NLR and PLR. This is the first report to suggest that improving sleep quality may modulate the state of inflammation in patients with schizophrenia.

The effect of the menstrual cycle and water consumption on physiological responses during prolonged exercise at moderate intensity in hot conditions

Hashimoto, Hideki; Hashimoto, Hideki; Ishijima, Toshimichi; Suzuki, Katsuhiko; Higuchi, Mitsuru

Journal of Sports Medicine and Physical Fitness56(9)p.951 - 9602016年09月-2016年09月 

Scopus

詳細

ISSN:00224707

概要:© 2015 Edizioni Minerva Medica.BACKGROUND: Reproductive hormones are likely to be involved in thermoregulation through body fluid dynamics. In the present study, we aimed to investigate the effect of the menstrual cycle and water consumption on physiological responses to prolonged exercise at moderate intensity in hot conditions. METHODS: Eight healthy young women with regular menstrual cycles performed cycling exercise for 90 minutes at 50% VO2peak intensity during the low progesterone (LP) level phase and high progesterone (HP) level phase, with or without water consumption, under hot conditions (30°C, 50% relative humidity). For the water consumption trials, subjects ingested water equivalent to the loss in body weight that occurred in the earlier non-consumption trial. For all four trials, rectal temperature, cardiorespiratory responses, and ratings of perceived exertion (RPE) were measured. RESULTS: Throughout the 90-minute exercise period, rectal temperatures during HP were higher than during LP by an average of 0.4°C in the non-consumption trial (P<0.01) and 0.2°C in the water consumption trial (P<0.05). During exercise, water consumption affected the changes in rectal temperature and heat rate (HR) during HP, but it did not exert these effects during LP. Furthermore, we found a negative correlation between estradiol levels and rectal temperature during LP. CONCLUSIONS: During prolonged exercise at moderate intensity under hot conditions, water consumption is likely to be useful for suppressing the associated increase in body temperature and HR, particularly during HP, whereas estradiol appears to be useful for suppressing the increase in rectal temperature during LP.

New mouse model of skeletal muscle atrophy using spiral wire immobilization

Onda, Akiko; Kono, Hajime; Jiao, Qibin; Akimoto, Takayuki; Miyamoto, Toshikazu; Sawada, Yasuhiro; Suzuki, Katsuhiko; Kusakari, Yoichiro; Minamisawa, Susumu; Fukubayashi, Toru

Muscle and Nerve54(4)p.788 - 7912016年10月-2016年10月 

PubMedDOIScopus

詳細

ISSN:0148639X

概要:© 2016 Wiley Periodicals, Inc.Introduction: Disuse-induced skeletal muscle atrophy is a serious concern; however, there is not an effective mouse model to elucidate the molecular mechanisms. We developed a noninvasive atrophy model in mice. Methods: After the ankle joints of mice were bandaged into a bilateral plantar flexed position, either bilateral or unilateral hindlimbs were immobilized by wrapping in bonsai steel wire. Results: After 3, 5, or 10 days of immobilization of the hip, knee, and ankle, the weight of the soleus and plantaris muscles decreased significantly in both bilateral and unilateral immobilization. MAFbx/atrogin-1 and MuRF1 mRNA was found to have significantly increased in both muscles, consistent with disuse-induced atrophy. Notably, the procedure did not result in either edema or necrosis in the fixed hindlimbs. Conclusions: This method allows repeated, direct access to the immobilized muscle, making it a useful procedure for concurrent application and assessment of various therapeutic interventions. Muscle Nerve 54: 788–791, 2016.

The effects of cold water immersion and active recovery on inflammation and cell stress responses in human skeletal muscle after resistance exercise

Peake, Jonathan M.; Peake, Jonathan M.; Roberts, Llion A.; Roberts, Llion A.; Figueiredo, Vandre C.; Egner, Ingrid; Krog, Simone; Aas, Sigve N.; Suzuki, Katsuhiko; Markworth, James F.; Coombes, Jeff S.; Cameron-Smith, David; Raastad, Truls

Journal of Physiology595(3)p.695 - 7112017年02月-2017年02月 

DOIScopus

詳細

ISSN:00223751

概要:© 2016 The Authors. The Journal of Physiology © 2016 The Physiological SocietyKey points: Cold water immersion and active recovery are common post-exercise recovery treatments. A key assumption about the benefits of cold water immersion is that it reduces inflammation in skeletal muscle. However, no data are available from humans to support this notion. We compared the effects of cold water immersion and active recovery on inflammatory and cellular stress responses in skeletal muscle from exercise-trained men 2, 24 and 48 h during recovery after acute resistance exercise. Exercise led to the infiltration of inflammatory cells, with increased mRNA expression of pro-inflammatory cytokines and neurotrophins, and the subcellular translocation of heat shock proteins in muscle. These responses did not differ significantly between cold water immersion and active recovery. Our results suggest that cold water immersion is no more effective than active recovery for minimizing the inflammatory and stress responses in muscle after resistance exercise. Abstract: Cold water immersion and active recovery are common post-exercise recovery treatments. However, little is known about whether these treatments influence inflammation and cellular stress in human skeletal muscle after exercise. We compared the effects of cold water immersion versus active recovery on inflammatory cells, pro-inflammatory cytokines, neurotrophins and heat shock proteins (HSPs) in skeletal muscle after intense resistance exercise. Nine active men performed unilateral lower-body resistance exercise on separate days, at least 1 week apart. On one day, they immersed their lower body in cold water (10°C) for 10 min after exercise. On the other day, they cycled at a low intensity for 10 min after exercise. Muscle biopsies were collected from the exercised leg before, 2, 24 and 48 h after exercise in both trials. Exercise increased intramuscular neutrophil and macrophage counts, MAC1 and CD163 mRNA expression (P < 0.05). Exercise also increased IL1β, TNF, IL6, CCL2, CCL4, CXCL2, IL8 and LIF mRNA expression (P < 0.05). As evidence of hyperalgesia, the expression of NGF and GDNF mRNA increased after exercise (P < 0.05). The cytosolic protein content of αB-crystallin and HSP70 decreased after exercise (P < 0.05). This response was accompanied by increases in the cytoskeletal protein content of αB-crystallin and the percentage of type II fibres stained for αB-crystallin. Changes in inflammatory cells, cytokines, neurotrophins and HSPs did not differ significantly between the recovery treatments. These findings indicate that cold water immersion is no more effective than active recovery for reducing inflammation or cellular stress in muscle after a bout of resistance exercise.

Corylin protects LPS-induced sepsis and attenuates LPS-induced inflammatory response

Hung, Yung Li; Fang, Shih Hua; Wang, Shu Chi; Cheng, Wei Chung; Liu, Po Len; Su, Chia Cheng; Su, Chia Cheng; Chen, Chi Shuo; Huang, Ming Yii; Hua, Kuo Feng; Shen, Kun Hung; Shen, Kun Hung; Shen, Kun Hung; Wang, Yu Ting; Suzuki, Katsuhiko; Li, Chia Yang; Li, Chia Yang

Scientific Reports72017年04月-2017年04月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2017 The Author(s).Corylin is a main compound isolated from Psoralea corylifolia L. (Fabaceae). A variety of pharmacological effects such as antioxidant, anti-proliferation, and anti-inflammatory properties of corylin have been reported. Nevertheless, the effect of corylin in microbial infection and sepsis remains unclear. In the present study, we investigated the anti-inflammatory effects of corylin. Our experimental results demonstrated that corylin inhibited the production of TNF-α, IL-6 and NO by both LPS-Activated RAW 264.7 cells and LPS-Activated murine peritoneal macrophages. Moreover, corylin suppressed the expression levels of iNOS and COX-2, reduced the production of PGE 2 and HMGB1, blocked the translocation of HMGB1 from the nucleus to cytosol, and decreased the phosphorylation of MAPKs in LPS-Activated RAW 264.7 cells as well as suppressed the activity of NF-kappa; B in LPS-Activated J-Blue cells. In addition, the administration of corylin reduced the production of NO and TNF-α, decreased LPS-induced liver damage markers (AST and ALT) and kidney damage markers (BUN and CRE), attenuated infiltration of inflammatory cells and tissue damage of lung, liver and kidney, and enhanced the survival rate of LPS-challenged mice. Taken together, these results show the anti-inflammatory properties of corylin on LPS-induced inflammation and sepsis. Corylin could potentially be a novel anti-inflammatory and immunosuppressive drug candidate in the treatment of sepsis and septic shock.

Aloe Metabolites Prevent LPS-Induced Sepsis and Inflammatory Response by Inhibiting Mitogen-Activated Protein Kinase Activation

Li, Chia Yang; Li, Chia Yang; Suzuki, Katsuhiko; Hung, Yung Li; Yang, Meng Syuan; Yu, Chung Ping; Lin, Shiuan Pey; Hou, Yu Chi; Hou, Yu Chi; Hou, Yu Chi; Fang, Shih Hua

American Journal of Chinese Medicinep.1 - 152017年01月-2017年01月 

DOIScopus

詳細

ISSN:0192415X

概要:© 2017 World Scientific Publishing CompanyAloe, a polyphenolic anthranoid-containing Aloe vera leaves, is a Chinese medicine and a popular dietary supplement worldwide. In in vivo situations, polyphenolic anthranoids are extensively broken down into glucuronides and sulfate metabolites by the gut and the liver. The anti-inflammatory potential of aloe metabolites has not been examined. The aim of this study was to investigate the anti-inflammatory effects of aloe metabolites from in vitro (lipopolysaccharides (LPS)-activated RAW264.7 macrophages) and ex vivo (LPS-activated peritoneal macrophages) to in vivo (LPS-induced septic mice). The production of proinflammatory cytokines (TNF-(Formula presented.) and IL-12) and NO was determined by ELISA and Griess reagents, respectively. The expression levels of iNOS and MAPKs were analyzed by Western blot. Our results showed that aloe metabolites inhibited the expression of iNOS, decreased the production of TNF-(Formula presented.), IL-12, and NO, and suppressed the phosphorylation of MAPKs by LPS-activated RAW264.7 macrophages. In addition, aloe metabolites reduced the production of NO, TNF-(Formula presented.) and IL-12 by murine peritoneal macrophages. Furthermore, aloe administration significantly reduced the NO level and exhibited protective effects against sepsis-related death in LPS-induced septic mice. These results suggest that aloe metabolites exerted anti-inflammatory effects in vivo, and that these effects were associated with the inhibition of inflammatory mediators. Therefore, aloe could be considered an effective therapeutic agent for the treatment of sepsis.

Detection of titin fragments in urine in response to exercise-induced muscle damage

Kanda, Kazue; Sakuma, Jun; Akimoto, Takayuki; Akimoto, Takayuki; Kawakami, Yasuo; Suzuki, Katsuhiko; Suzuki, Katsuhiko

PLoS ONE12(7)2017年07月-2017年07月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2017 Kanda et al. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source are credited. Many studies have attempted to determine the associations between blood biomarkers and exercise-induced muscle damage. However, poor correlations between the changes in biomarker levels and the magnitude of muscle symptoms have been reported. Recent advances in proteomic tools offer a strategy for the comprehensive analysis of protein expression, which can be used to identify biomarkers. Here, we used a proteomic analysis to identify urinary proteins that appear in response to a calf-raise exercise, including repetitive eccentric muscle contractions, and found that a titin (also known as connectin) N-terminal fragment molecule appears in the urine after eccentric exercise. We measured the titin fragment in urine samples from nine individuals before and after eccentric exercise using a newly-established enzyme-linked immunosorbent assay and found that the titin fragment excretion rate increased 96 h after the exercise (5.1 to 77.6 pg/min, p < 0.01). The changes in the titin fragment excretion rate were correlated strongly with blood markers of muscle damage and with muscle symptoms. These findings suggest that the urinary titin fragment is potentially a noninvasive biomarker of muscle damage.

Effects of β-hydroxy-β-methylbutyrate-free acid supplementation on strength, power and hormonal adaptations following resistance training

Asadi, Abbas; Arazi, Hamid; Suzuki, Katsuhiko

Nutrients9(12)2017年12月-2017年12月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2017 by the authors. Licensee MDPI, Basel, Switzerland. Background: β-Hydroxy-β-methylbutyrate-free acid (HMB-FA) has been ingested prior to exercise to reduce muscle damage, however the effects of HMB-FA supplementation on hormonal, strength and power adaptation are unclear. Methods: Sixteen healthy men were matched and randomized into two groups and performed six-week resistance training while supplementing with either HMB-FA or placebo (3 g per day). The subjects were evaluated for 1 repetition maximum (1RM) bench press and leg press and vertical jump (VJ) prior to and after training intervention. In addition, blood samples were obtained before and after resistance training to evaluate resting growth hormone (GH), insulin like growth factor 1 (IGF-1), testosterone (TEST), cortisol (CORT), and adrenocorticotropic hormone (ACTH) responses. The HMB-FA supplementation group showed greater gains compared with the placebo group in peak power (effect size ES = 0.26 vs. 0.01) and 1RM leg press (ES = 1.52 vs. 0.96). In addition, the HMB-FA supplementation group indicated greater decrements in ACTH and CORT responses to training in comparison to the placebo group (p < 0.05). Likewise, in GH (ES = 1.41 vs. 0.12) and IGF-1 (ES = 0.83 vs. 0.41), the HMB-FA indicated greater training effects when compared with the placebo group. Conclusions: These findings provide further support for the potential anabolic benefits associated with HMB-FA supplementation.

Cytokine response to exercise and its modulation

Suzuki, Katsuhiko

Antioxidants7(1)2018年03月-2018年03月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2018 by the author. Licensee MDPI, Basel, Switzerland. Strenuous exercise induces such inflammatory responses as leukocytosis (neutrophilia) and symptoms as delayed-onset muscle soreness and swelling. However, the association between inflammatory mediator cytokines and oxidative stress is not fully delineated. Herein, in addition to basic background information on cytokines, research findings on exertional effects on cytokine release and the underlying mechanisms and triggers are introduced. Then, the associations among cytokine responses, oxidative stress, and tissue damage are described not only in overloaded skeletal muscle, but also in other internal organs. Furthermore, we introduce preventive countermeasures against the exhaustive exercise-induced pathogenesis together with the possibility of antioxidant interventions.

Preexercise Carbohydrate Ingestion and Transient Hypoglycemia: Fasting vs. Feeding.

S. Kondo, K. Tanisawa, K. Suzuki, S. Terada, M. Higuchi

Medicine & Science in Sports & Exercise,査読有り(in press)2018年09月-2018年09月 

Effects of aging on serum levels of lipid molecular species as determined by lipidomics analysis in Japanese men and women.

N. Kawanishi, Y. Kato, K. Yokozeki, S. Sawada, R. Sakurai, Y. Fujiwara, S. Shinkai, N. Goda, K. Suzuki

Lipids in Health and Disease査読有り17(1)p.1352018年-2018年

Effects of Ingestion of Different Amounts of Carbohydrate after Endurance Exercise on Circulating Cytokines and Markers of Neutrophil Activation.

K. Tanisawa, K. Suzuki, S. Ma, S. Kondo, S. Okugawa, M. Higuchi

Antioxidants査読有り7(4)p.512018年-2018年

An 8-Week Ketogenic Low Carbohydrate, High Fat Diet Enhanced Exhaustive Exercise Capacity in Mice.

S. Ma, Q. Huang, K. Yada, C. Liu, K. Suzuki

Nutrients査読有り10(6)p.6732018年-2018年

低強度短時間運動負荷の細胞性免疫能への影響

鈴木克彦

体育の科学 68 (3), 191-194, 2018招待有り68(3)p.191 - 1942018年04月-2018年04月 

Prevention of dementia onset with targeting at physical activity and social participation among Japanese community-dwelling older adults,

Y. Nemoto, K. Suzuki

Archives of Physical Health and Sports Medicine査読有り招待有り1p.39 - 432018年-2018年

Single Dose Administration of Taheebo Polyphenol Enhances Endurance Capacity in Mice

Koichi Yada, Katsuhiko Suzuki, Natsumi Oginome, Sihui Ma, Youichi Fukuda, Akira Iida & Zsolt Radak

Scientific Reports査読有り8p.146252018年10月-2018年10月 

DOIlink

Fluid intake restores retinal blood flow early after exhaustive exercise in healthy subjects

Tsukasa Ikemura, Katsuhiko Suzuki, Nobuhiro Nakamura, Koichi Yada, Naoyuki Hayashi

European Journal of Applied Physiology査読有り118p.1053 - 10612018年02月-2018年02月 

DOIlink

Involvement of Neutrophil Dynamics and Function in Exercise-Induced Muscle Damage and Delayed-Onset Muscle Soreness: Effect of Hydrogen Bath

Takuji Kawamura, Katsuhiko Suzuki, Masaki Takahashi, Miki Tomari, Reira Hara, Yuko Gando, Isao Muraoka

Antioxidants査読有り7(10)p.1272018年09月-2018年09月 

DOIlink

The Effects of Beta-Hydroxy-Beta-Methylbutyrate-Free Acid Supplementation and Resistance Training on Oxidative Stress Markers: A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Study

Hamid Arazi, Abbas Asadi, Katsuhiko Suzuki

Antioxidants査読有り7(6)p.762018年06月-2018年06月 

DOIlink

Reactive Oxygen and Nitrogen Species Regulate Key Metabolic, Anabolic, and Catabolic Pathways in Skeletal Muscle

Roland Nemes, Erika Koltai, Albert W. Taylor, Katsuhiko Suzuki, Ferenc Gyori, Zsolt Radak

Antioxidants7(7)p.852018年06月-2018年06月 

DOIlink

Effectiveness of lower-level voluntary exercise in disease prevention of mature rats. 1. Cardiovascular risk factor modification.

Suzuki K, et al.

Eur. J. Appl. Physiol. 71p.240 - 2441995年-

Capacity of circulating neutrophils to produce reactive oxygen species after exhaustive exercise.

Suzuki K, et al.

J. Appl. Physiol.81p.1213 - 12221996年-

Effects of exhaustive endurance exercise and its one-week daily repetition on neutrophil count and functional status in untrained men.

Suzuki K, et al.

Int. J. Sports Med.17p.205 - 2121996年-

Analysis and assessment of the capacity of neutrophils to produce reactive oxygen species in a 96-well microplate format using lucigenin-and luminol-dependent chemiluminescence.

Hasegawa H, Suzuki K, et al.

J. Immunol. Methods210p.1 - 101997年-

Endurance exercise causes interaction among stress hormones, cytokines, neutrophil dynamics, and muscle damage.

Suzuki K, et al.

J. Appl. Physiol.87p.1360 - 13671999年-

Effects of zinc on the reactive oxygen species generating capacity of human neutrophils and on the serum opsonic activity in vitro.

Hasegawa H, Suzuki K, et al.

Liminescence15p.321 - 3272000年-

Antioxidant activities of natural 9-cis and synthetic all-trans β-carotene assessed by human neutrophil chemiluminescence.

Liu Q, Suzuki K, et al.

Nutrition Research20p.5 - 142000年-

Effect of decaglycerol mono-oleate on phagocytosis and respiratory burst activity of human neutrophils: an in vitro study.

Liu Q, Suzuki K, et al.

Food Chem. Toxicol.38p.432 - 4282000年-

Circulating cytokines and hormones with immunosuppressive but neutrophil-priming potentials rise after endurance exercise in humans.

Suzuki K, et al.

Eur. J. Appl. Physiol.81p.281 - 2872000年-

Depressed humoral immunity after weight reduction in competitive judoists.

Ohta S, Nakaji S, Suzuki K, et al.

Luminescence17p.150 - 1572002年-

Systemic inflammatory response to exhaustive exercise. Cytokine kinetics.

Suzuki K, et al.

Exerc. Immunol. Rev. 8p.6 - 482002年-

Break point of serum creatine kinase release after endurance exercise.

Totsuka M, Nakaji S, Suzuki K, et al.

J. Appl. Physiol.93p.1280 - 12862002年-

Relationships between lifestyle factors and neutrophil functions in the elderly.

Tsukamoto K, Suzuki K, et al.

J. Clin. Lab. Anal.16p.266 - 2722002年-

Raised plasma G-CSF and IL-6 after exercise may play a role in neutrophil mobilization into the circulation.

Yamada M, Suzuki K, et al.

J. Appl. Physiol.92p.1789 - 17942002年-

メカニズムをさぐる Ⅳサイトカイン:特集/運動は免疫能を高めるか?

鈴木克彦ほか

臨床スポーツ医学19p.1311 - 13182002年-

運動療法の新しい取り組み—そのメカニズムと有用性について—

鈴木克彦ほか

治療 84p.3037 - 30412002年-

Impact of a competitive marathon race on systemic cytokine and neutrophil responses.

Suzuki K, et al.

Med. Sci. Sports Exerc.35p.348 - 3552003年-

Exhaustive exercise and type-1/type-2 cytokine balance with special focus on interleukin-12 p40/p70.

Suzuki K, et al.

Exerc. Immunol. Rev.9p.48 - 572003年-

Changes in neutrophil surface receptor expression, degranulation, and respiratory burst activity after moderate- and high-intensity exercise. (original paper)

Peake J, Wilson G, Hordern M, Suzuki K, et al.

J. Appl. Physiol.97p.612 - 6182004年-

Neutrophils, antioxidant supplements and exercise-induced oxidative stress. (review paper)

Peake J, Suzuki K.

Exerc. Immunol. Rev.10p.129 - 1412004年-

運動と免疫(総説)

鈴木克彦

日本補完代替医療学会誌1p.31 - 402004年-

Characterization of Inflammatory responses to eccentric exercise in humans. (review paper)

Peake J, Nosaka K, Suzuki K

Exerc. Immunol. Rev.11p.64 - 852005年-

Plasma cytokine changes in relation to exercise intensity and muscle damage. (original paper)

Peake J, Suzuki K, et al.

Eur. J. Appl. Physiol.95p.514 - 5212005年-

Exercise-induced muscle damage, plasma cytokines and markers of neutrophil activation. (original paper)

Peake J, Suzuki K, et al.

Med. Sci. Sports Exerc.37p.737 - 7452005年-

Changes in markers of muscle damage, inflammation and HSP70 after an Ironman triathlon race. (original paper)

Suzuki K, Peake J, Nosaka K, Okutsu M, et al.

Eur. J. Appl. Physiol.98p.525 - 5342006年-

Effects of bovine colostrum supplementation on immune variables in highly-trained cyclists. (original paper)

Shing CM, Peake J, Suzuki K, Okutsu M, Pereira R, Stevenson L, Jenkins DG, Coombes JS.

J. Appl. Physiol.102p.1113 - 11222006年-

Resistance training reduces treatment side-effects in prostate cancer patients. (original paper)

Galvao DA, Nosaka K, Taaffe DR, Spry N, Kristjanson LJ, McGuigan MR, Suzuki K, Yamaya K, Newton RU.

Med. Sci. Sports Exerc.38p.2045 - 20522006年-

Systemic inflammatory responses to maximal versus submaximal lengthening contractions of the elbow flexors. (original paper)

Peake J, Nosaka K, Muthalib M, Suzuki K.

Exerc. Immunol. Rev.12p.72 - 852006年-

Exercise-induced NK cells display exercise-associated eHSP-70. (original paper)

Horn P, Kalz A, Lim CL, Pyne D, Saunders P, Mackinnon L, Peake J, Suzuki K.

Exerc. Immunol. Rev.13p.100 - 1112007年-

Reduction of resting plasma granulysin as a marker of increased training load. (original paper)

Shing CM, Ogawa K, Zhang X, Nagatomi R, Peake JM, Suzuki K, Jenkins DG, Coombes JS.

Exerc. Immunol. Rev.13p.89 - 992007年-

The influence of antioxidant supplementation on markers of inflammation and the relationship to oxidative stress after exercise. (review paper)

Peake J, Suzuki K, Coombes JS.

J. Nutr. Biochem.18p.357 - 3712007年-

Salivary dehydroepiandrosterone secretion in response to acute psychological stress and its correlations with biological and psychological changes. (original paper)

Izawa S, Sugaya N, Shirotsuki K, Yamada KC, Ogawa S, Sugaya N, Shirotsuki K, Yamada KC, Ogawa N, Ouchi Y, Nagano Y, Suzuki K, Nomura S.

Biol Psychol89(3)p.294 - 2982008年-

Bovine colostrum modulates cytokine production in human peripheral blood mononuclear cells stimulated with LPS and PMA. (original paper)

Shing CM, Peake JM, Suzuki K, Jenkins DG.

J. Interferon Cytokine Res.29(1)p.37 - 442008年-

The association of elevated reactive oxygen species levels from neutrophils with low-grade inflammation in the elderly. (original paper)

Ogawa K, Suzuki K, Okutsu M, Yamazaki K, Shinkai S.

Immun Ageing5 (in press)(13)2008年-

The effects of acute exercise-induced cortisol on CCR2 expression on human monocytes. (original paper)

Okutsu M, Suzuki K, Ishijima T, Peake J, Higuchi M.

Brain Behav Immun.22p.1066 - 10712008年-

Salivary dehydroepiandrosterone secretion in response to acute psychosocial stress and its correlations with biological and psychological changes. (original paper)

Izawa S, Sugaya N, Shirotsuki K, Yamada KC, Ogawa A, Ouchi Y, Nagano Y, Suzuki K, Nomura S.

Biological Psychology79p.294 - 2982008年-

Carbohydrate gel ingestion and immunoendocrine responses to cycling in temperate and hot conditions. (original paper)

Peake J, Peiffer JJ, Abbiss CR, Nosaka K, Laursen PB, Suzuki K.

Int. J. Sport Nutr. Exerc. Metab.18p.229 - 2462008年-

Effect of carbohydrate ingestion and ambient temperature on muscle fatigue development in endurance-trained male cyclists. (original paper)

Abbiss CR, Peiffer JJ, Peake JM, Nosaka K, Suzuki K, , Martin DT, Laursen PB.

J. Appl. Physiol.104p.1021 - 10282008年-

Body temperature and its effect on leukocyte mobilization, cytokines and markers of neutrophil activation during and after exercise. (original paper)

Peake J, Abbiss C, Peiffer J, Nosaka K, Okutsu M, Suzuki K.

Eur. J. Appl. Physiol.102p.391 - 4012008年-

Effect of cold acclimation on antioxidant status in cold acclimated skaters (original paper).

Hong JH, Kim KJ, Suzuki K, Lee IS.

J Physiol Anthropol.27p.255 - 2622008年-

Comparison of metabolic substances between exercise and cold exposure in skaters (original paper).

Hong JH, Kim HJ, Kim KJ, Suzuki K, Lee IS.

J Physiol Anthropol.27p.273 - 2812008年-

Galvao DA, Nosaka K, Taaffe DR, Peake J, Spry N, Suzuki K, Yamaya K, Newton RU.

Endocrine and immune responses to resistance training in prostate cancer patients. (original paper)

Prostate Cancer Prostatic Dis.11p.160 - 1652008年-

Cytokine responses to carbohydrate ingestion during recovery from exercise-induced muscle injury. (original paper)

Ross M., Shona L, Suzuki K, Garnham A, Hawley J, Cameron-Smith D, Peake J.

J. Interferon Cytokine Res.17 in press(17)2009年-

The different effects of fluid with and without carbohydrate ingestion on subjective responses of untrained men during prolonged exercise in a hot environment (original paper).

Ishijima T, Hashimoto H, Satou K, Muraoka I, Suzuki K, Higuchi M.

J. Nutr. Sci. Vitaminol.55p.506 - 5102009年-

The effects of increased endurance training load on biomarkers of heat intolerance during intense exercise in the heat. (original paper)

Lim, C. L. et al.

Appl. Physiol. Nutr. Metab.34p.616 - 6242009年-

Effects of cold environment exposure and cold acclimatisation on exercise-induced salivary cortisol response. (original paper)

Izawa S, et al.

Wilderness & Environmental Medicine20p.239 - 2432009年-

Exercise in, and adaptations to a cold environment to a cold environment have no effect in SIgA. (original paper)

Akimoto T, et al.

J. Sports Medicine Phys. Fitn.49p.315 - 3192009年-

Differences in body composition and risk of lifestyle-related diseases between young and older male rowers and sedentary controls. (original paper)

Sanada M, et al.

Journal of Sports Sciences27p.1027 - 10342009年-

Exercise training inhibits inflammation in adipose tissue via both suppression of macrophage infiltration and acceleration of phenotypic swiching from M1 to M2 macrophages in high-fat-diet-induced obese mice. (original paper)

Kawanishi N, Yano H, Yokogawa Y, Suzuki K.

Exercise Immunology Review16p.105 - 1182010年-

PPARγ2 C1431T genotype increases metabolic syndrome risk in young men with low cardiorespiratory fitness. (original paper)

Sanada K, Iemitsu M, Murakami H, Tabata I, Yamamoto K, Gando Y, Suzuki K, Higuchi M, Miyachi M.

Physiol Genomics43p.103 - 1092010年-

A cross-sectional study of sarcopenia in Japanese men and women: reference values and association with cardiovascular risk factors. (original paper)

Sanada K, Miyachi M, Tanimoto M, Yamamoto K, Murakami H, Okumura S, Gando Y, Suzuki K, Tabata I, Higuchi M.

Eur J Appl Physiol110p.57 - 652010年-

Recovery following an Ironman triathlon: A case study (original paper).

Nosaka K, Abbiss CR, Watson G, Wall B, Suzuki K, Laursen P

Eur J Sport Sci10p.159 - 1652010年-

月経周期と持久性運動による唾液の酸化ストレス指標の変動(原著論文)

林田はるみ,志村まゆら,菅間薫,神田和江,鈴木克彦.

日本補完代替医療学会誌7p.125 - 1282010年-

好中球機能・サイトカイン産生能からみた各種人工血小板素材のin vitro評価.

鈴木克彦ほか

平成21年度厚生労働科学研究費補助金(創薬基盤推進研究事業) H12(ADP)リポソームの人工血小板としての前臨床評価(効力と安全性)分担研究報告書p.54 - 592010年04月-

免疫とは何か(解説)

鈴木克彦

健康づくり384p.172010年04月-

運動と感染・炎症・アレルギー疾患(解説)

鈴木克彦

健康づくり385p.172010年05月-

運動によるさまざまな免疫変動と意義(解説)

鈴木克彦

健康づくり3862010年06月-

運動による免疫変動のメカニズムと対応策(解説)

鈴木克彦

健康づくり3872010年07月-

Resistance exercise training-induced muscle hypertrophy was associated with reduction of inflammatory markers in elderly women. (original paper)

Ogawa K, Sanada K, Machida S, Okutsu M, Suzuki K.

Mediators of Inflammation1710232010年12月-

Wada S, Kato Y, Okutsu M, Miyaki S, Suzuki K, Yan Z, Schiaffino S, Asahara H, Ushida T, Akimoto T.

Translational suppression of atrophic regulators by miR-23a integrates resistance to skeletal muscle atrophy. (original paper)

Journal of Biological Chemistry (JBC)286p.38456 - 384652011年-

Physical activity status and postprandial lipaemia in older adults. (original paper)

Miyashita M, Park JH, Takahashi M, Burns S, Kim HS, Suzuki K, Nakamura Y.

Int J Sports Med32p.829 - 8342011年-

Virus activation and immune function during intense training in rugby football players. (original paper)

Yamauchi R, Shimizu K, Kimura F, Takemura M, Suzuki K, Akama T, Kono I, Akimoto T.

Int J Sports Med32p.393 - 3982011年-

Oxidised low-density lipoprotein concentrations and physical activity status in older adults: the WASEDA active life study. (original paper)

Park JH, Miyashita M, Takahashi M, Harada K, Takaizumi K, Kim HS, Suzuki K, Nakamura Y.

J Atheroscler ThrombPark8p.568 - 5732011年-

運動による自覚的疲労度とストレスホルモン・サイトカインとの関連性(原著論文)

石渡智子,森藤雅史,石島寿道,青山友子,菅間薫,神田和江,鈴木克彦,樋口満

日本補完代替医療学会誌8p.67 - 732011年-

中等度強度以下の持久性運動が血中の活性酸素生成および白血球活性化マーカーに及ぼす影響(原著論文)

高橋将記,鈴木克彦,的場秀樹,佐竹昌之,坂本静男,小原繁

日本補完代替医療学会誌8p.25 - 282011年-

温泉施設を用いた複合的介入プログラムの有効性に関する研究ー無作為化介入試験による検討ー

桜井良太、藤原佳典ほか14名(12番目)

日老医誌48p.352 - 3602011年-

好中球機能を用いた血小板減少・外傷性出血における人工血小板投与のin vivo評価.

鈴木克彦ほか.

平成22年度厚生労働科学研究費補助金(創薬基盤推進研究事業:政策創薬総合研究事業) H12(ADP)リポソームの人工血小板としての前臨床評価(効力と安全性)分担研究報告書p.54 - 592011年03月-

IL-17, neutrophil activation and muscle damage following endurance exercise. (original paper)

Sugama K, Suzuki K, Yoshitani K, Shiraishi K, Kometani T.

Exerc Immunol Rev18p.115 - 1262012年-

Post-exercise ingestion of different amounts of protein affects plasma insulin concentration in humans. (original paper)

Morifuji M, Aoyama T, Nakata A, Sambongi C, Koga J, Kurihara K, Nanegae M, Suzuki K, Higuchi M.

Eur J Sport Sci12p.152 - 1602012年-

The effects of attention retraining on depressive mood and cortisol responses to depression-related stimuli. (original paper)

Tsumura H, Shimada H, Nomura K, Sugaya N, Suzuki K.

Japanese Psychological Research54(4)p.400 - 4112012年-

Determination of chronic inflammatory states in cancer patients using assay of reactive oxygen species production by neutrophils. (original paper)

Suzuki Y, Ohno S, Okuyama R, Aruga A, Yamamoto M, Miura S, Yoshioka H, Mori Y, Suzuki K.

Antcancer Res32p.565 - 5702012年-

人工血小板投与が血液生化学検査指標と肝臓の炎症性サイトカイン産生に及ぼす影響.

鈴木克彦ほか

平成23年度厚生労働科学研究費補助金(政策創薬総合研究事業) H12(ADP)リポソームの人工血小板としての前臨床評価(効力と安全性)(分担)研究報告書:その1.p.67 - 702012年03月-

血小板減少ウサギモデルにおける外傷性出血に対する人工血小板投与が好中球機能に及ぼす影響.

鈴木克彦ほか

平成23年度厚生労働科学研究費補助金(政策創薬総合研究事業) H12(ADP)リポソームの人工血小板としての前臨床評価(効力と安全性)(分担)研究報告書:その2.p.71 - 752012年03月-

人工血小板が炎症・免疫系に及ぼす影響からみた安全性評価に関する研究.

鈴木克彦

平成21-23年度厚生労働科学研究費補助金(政策創薬総合研究事業) H12(ADP)リポソームの人工血小板としての前臨床評価(効力と安全性)(総合)研究報告書.p.120 - 1262012年03月-

Suzuki K, Ohno S, Suzuki Y, Ohno Y, Okuyama R, Aruga A, Yamamoto M, Ishihara K, Nozaki T, Miura S, Yoshioka H, Mori Y.

Effect of green tea extract on reactive oxygen species produced by neutrophils from cancer patients.

Anticancer Res32p.2369 - 23762012年06月-

Exercise training attenuates hepatic inflammation, fibrosis and macrophage infiltration during diet induced-obesity in mice.

Kawanishi N, Yano H, Mizokami T, Takahashi M, Oyanagi E, Suzuki K.

Brain, Behavior, and Immunity (BBI)26(6)p.931 - 9412012年08月-

新規好中球機能検査法を応用した植物抽出物の機能性評価

鈴木克彦,駒場優太,泊美樹,鈴木洋子,菅間薫,高橋将記,三浦茂樹,吉岡浩,森有一

日本補完代替医療学会誌9(2)p.89 - 952012年09月-

運動ストレスに対する新規バイオマーカーとしての血中microRNA

鈴木克彦,秋本崇之

日本補完代替医療学会誌9(2)p.69 - 742012年09月-

新規好中球機能検査法によるクルクミンの抗酸化・抗炎症作用の評価

鈴木克彦,泊美樹,菅間薫,高橋将記,三浦茂樹,吉岡浩,森有一

臨床化学41(4)p.353 - 3582012年10月-

Exercise attenuates M1 macrophages and CD8+ T cells in adipose tissue of obese mice.

Kawanishi N, Mizokami T, Yano H, Suzuki K

Med. Sci. Sports Exer. (MSSE)45(9)p.1684 - 16932013年-

Exercise training attenuates adipose tissue fibrosis in diet-induced obese mice.

Kawanishi K, Niihara H, Mizokami T, Yano H, Suzuki K.

Biochem.Biophys.Res.Commun.(BBRC)440(4)p.774 - 7792013年-

Curcumin attenuates oxidative stress following downhill running-induced muscle damage.

Kawanishi K, Kato K, Takahashi M, Mizokami T, Otsuka Y, Imaizumi A, Shica D, Yano H, Suzuki K.

Biochem.Biophys.Res.Commun.(BBRC)441(3)p.573 - 5782013年-

Urinary excretion of cytokines versus their plasma levels after endurance exercise.

Sugama K, Suzuki K, Yoshitani Y, Shiraishi K, Kometani T.

Exer. Immunol. Rev. (EIR)19p.23 - 482013年-

Eccentric exercise-induced delayed-onset muscle soreness and changes in markers of muscle damage and inflammation.

Kanda K, Sugama K, Hayashida H, Sakuma J, Kawakami Y. Miura S, Yoshioka H, Mori Y.

Exer. Immunol. Rev. (EIR)19p.74 - 872013年-

Takahashi M, Miyashita M, Kawanishi N, Park JH, Hayashida H, Kim HS, Nakamura Y, Sakamoto S, Suzuki K.

Low-volume exercise training attenuates oxidative stress and neutrophils activation in older adults.

Eur. J. Appl. Physiol.113p.1117 - 11262013年-

Low-volume exercise training and vitamin E supplementation attenuates oxidative stress in postmenopausal women.

Takahashi M, Miyashita M, Park JH, Kawanishi N, Bae S, Nakamura Y, Sakamoto S, Suzuki K.

J. Nutr. Sci. Vitaminol.59(5)p.375 - 3832013年-

A pilot study: Bovine colostrum supplementation and hormonal and autonomic responses to competitive cycling.

Shing S, Peake JM, Suzuki K, Jenkins DG, Coombes JS.

J Sports Med Phys Fitness53(5)p.490 - 5012013年-

Postprandial Lipaemia: Effects of sitting, standing and walking in healthy normolipidaemic humans.

Miyashita M, Park JH, Takahashi M, Suzuki K, Stensel DJ, Nakamura Y.

Int J Sports Med34(1)p.21 - 272013年-

Effects of sleep deprivation on autonomic and endocrine functions in sleep deprivation throughout the day and on exercise tolerance in the evening.

Konishi M, Takahashi M, Endo N, Numao S, Takagi S, Miyashita M, Midorikawa T, Suzuki K, Sakamoto S.

J Sports Sci31(3)p.248 - 2552013年-

Mechanisms of chronic inflammation improvement by exercise: Focus on immune response of local tissue.

Kawanishi N, Yano H, Mizokami T, Suzuki K.

J. Phys. Fitness Sports Med.2p.487 - 4922013年-

Profiling of circulating microRNAs after a bout of acute resistance exercise in humans.

Sawada S, Kon M, Wada S, Ushida T, Suzuki K, Akimoto T.

PLOS ONE8(7)p.e708232013年-

Effects of a comprehensive intervention program, including hot bathing, on overweight adults: A randomized controlled trial.

Sakurai R, Fujiwara Y, Saito K, Fukaya T, Kim MJ, Yasunaga M, Kim H, Ogawa K, Tanaka C, Tsunoda N, Muraki E, Suzuki K, Shinkai S, Watanabe S.

Geriatr Gerontol Int 2012 Oct 24.1(3)p.638 - 6452013年-

Effects of low-volume physical activity and vitamin E supplementation on thiobarbituric acid reactive substances and oxidised low-density lipoprotein concentrations in older adults.

Park JH, Miyashita M, Takahashi M, Kawanishi N, Bae S, Kim H, Suzuki K, Nakamura Y.

Nutr. Metab (Lond)10p.382013年-

リボソームプロファイリングのバイオマーカー開発への応用

佐古博皓,鈴木克彦,竹山春子

日本補完代替医療学会誌10(1)p.1 - 72013年03月-

新規好中球機能検査法によるオリゴノールの機能解析

鈴木克彦, 泊美樹, 菅間薫, 北舘健太郎, 三浦茂樹, 吉岡浩, 森有一

日本補完代替医療学会誌10(1)p.59 - 622013年03月-

The effects of sports drink osmolality on fluid intake and immunoendocrine responses to cycling in hot conditions.

Suzuki K, Hashimoto H, Oh T, Ishijima T, Mitsuda H, Peake JM, Sakamoto S, Muraoka I, Higuchi M.

J Nutr Sci Vitaminol59(3)p.206 - 2122013年06月-

The association between physical activity and sex-specific oxidative stress in older adults.

Takahashi M, Miyashita M, Park JH, Kim HS, Nakamura Y, Sakamoto S, Suzuki K.

J. Sports Sci. Med.12(3)p.571 - 5782013年09月-

Acute ingestion of catechin-rich green tea improves postprandial glucose status and increases serum thioredoxin concentrations in postmenopausal women.

Takahashi M, Miyashita M, Suzuki K, Bae S, Kim H, Wakisaka T, Matsui Y, Takeshita M, Yasunaga K.

Br. J. Nutr. (BJN)112p.1542 - 15502014年-

DOI

Effects of curcumin supplementation on exercise-induced oxidative stress in humans.

Takahashi M, Suzuki K, Kim HK, Otsuka Y, Imaizumi A, Miyashita M, Sakamoto S.

Int. J. Sports Med. (IJSM)35p.469 - 4752014年-

The effect of a sports drink based on highly branched cyclic dextrin on cytokine responses to exhaustive endurance exercise.

Suzuki K, Shiraishi K, Yoshitani K, Sugama K, Kometani T.

J.Sports Med. Phys.Fitness54(5)p.622 - 6302014年-

Evaluation of serum leaking enzymes and investigation into new biomarkers for exercise-induced muscle damage.

Kanda K, Sugama K, Sakuma J, Kawakami Y. Suzuki K.

Exer. Immunol. Rev. (EIR)20p.39 - 542014年-

Exploring the importance of translational regulation in the inflammatory responses by a genome-wide approach

Sako, Hiroaki;Suzuki, Katsuhiko

EXERCISE IMMUNOLOGY REVIEW20p.55 - 672014年-2014年

WoS

詳細

ISSN:1077-5552

Menstrual cycle phase and carbohydrate ingestion alter immune response following endurance exercise and high intensity time trial performance test under hot conditions.

Hashimoto H, Ishijima T, Hayashida H, Suzuki K, Higuchi M.

J. Int. Soc. Sports Nutr.Aug 12(11)p.392014年-

DOI

Effect of aging and sex on circulating microRNAs in humans.

Sawada S, Akimoto T, Takahashi M, Sakurai R, Shinkai S, Ushida T, Fujiwara Y, Suzuki K.

Adv. Aging Res.3p.152 - 1592014年-

Green tea consumption after intense taekwondo training enhances salivary defense factors and antibacterial capacity.

Lin SP, Li CY, Suzuki K, Chang CK, Chou KM, Fang SH.

PLOS ONE9(1)p.e875802014年-

運動実施時間帯の違いが一過性持久性運動時における代謝関連指標ならびにホルモン応答に及ぼす影響

金 鉉基,高橋将記,小西真幸,田端宏樹,遠藤直哉,沼尾成晴,鈴木克彦,坂本静男

臨床スポーツ医学22p.497 - 5052014年-

Physiological and leukocyte subset responses to exercise and cold exposure in cold-acclimatized skaters.

Kim K, Suzuki K, Peake J, Ahn N, Ogawa K, Hong C, Kim S, Lee I, Park J.

Biol. Sport31p.39 - 482014年-

Corticosterone accelerates atherosclerosis in the apolipoprotein E-deficient mouse.

Okutsu M, Lira VA, Higashida K, Peake J, Higuchi M, Suzuki K.

Atherosclerosis232(2)p.414 - 4192014年02月-

Low-volume walking program improves cardiovascular-related health in older adults.

Park JH, Miyashita M, Takahashi M, Kawanishi N, Hayashida H, Kim H, Suzuki K, Nakamura Y.

J. Sports Sci. Med.13p.624 - 6312014年09月-

The effect of the menstrual cycle and water ingestion on physiological responses during prolonged exercise at moderate intensity under hot conditions

Hashimoto H, Ishijima T, Suzuki K, Higuchi M.

J. Sports Med. Phys. Fitnessin press2015年-

Effects of breaking sitting by standing and acute exercise.

Takahashi M, Miyashita M, Park JH, Sakamoto S, Suzuki K.

Asian Journal of Sports Medicinein press2015年-

Salivary immuno factors, cortisol and testosterone responses in athletes of a competitive 5,000 m race.

Li CY, Hsu GS, Suzuki K, Ko MH, Fang SH.

Chin. J. Physiol.in press2015年-

DOI

The acute effects of green tea and carbohydrate co-ingestion on systemic inflammation and oxidative stress during sprint cycling.

Suzuki K, Takahashi M, Li CY, Lin SP, Tomari M, Shing CM, Fang SH.

Applied Physiology, Nutrition, and Metabolismin press2015年-

Cytokines expression and secretion by skeletal muscle cells: regulatory mechanisms and exercise effects.

Peake JM, Della Gatta P, Suzuki K, Nieman DC.

Exer. Immunol. Rev. (EIR)21p.8 - 252015年03月-

Changes of thioredoxin, oxidative stress markers, inflammation and muscle/renal damage following endurance exercise.

Sugama K, Suzuki K, Yoshitani K, Shiraishi K, Miura S, Yoshioka H, Mori Y, Kometani T.

Exer. Immunol. Rev. (EIR)21p.130 - 1422015年03月-

Effect of exercise-induced muscle damage on muscle hardness evaluated by ultrasound real-time tissue elastography

Yanagisawa O, Sakuma J, Kawakami Y, Suzuki K, Fukubayashi T

SpringerPlus4|1p.1 - 92015年07月-

Effects of acute endurance exercise performed in the morning and evening on inflammatory cytokine and metabolic hormone responses

Kim, Hyeon Ki; Kim, Hyeon Ki; Konishi, Masayuki; Takahashi, Masaki; Tabata, Hiroki; Endo, Naoya; Numao, Shigeharu; Numao, Shigeharu; Lee, Sun Kyoung; Kim, Young Hak; Suzuki, Katsuhiko; Sakamoto, Shizuo

PLoS ONE10(9)2015年09月-2015年09月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2015 Kim et al. Purpose: To compare the effects of endurance exercise performed in the morning and evening on inflammatory cytokine responses in young men. Methods: Fourteen healthy male participants aged 24.3 ± 0.8 years (mean ± standard error) performed endurance exercise in the morning (0900-1000 h) on one day and then in the evening (1700-1800 h) on another day with an interval of at least 1 week between each trial. In both the morning and evening trials, the participants walked for 60 minutes at approximately 60% of the maximal oxygen uptake (VO2max) on a treadmill. Blood samples were collected to determine hormones and inflammatory cytokines at pre-exercise, immediately post exercise, and 2 h post exercise. Results: Plasma interleukin (IL)-6 and adrenaline concentrations were significantly higher immediately after exercise in the evening trial than in the morning trial (P < 0.01, both). Serum free fatty acids concentrations were significantly higher in the evening trial than in the morning trial at 2 h after exercise (P < 0.05). Furthermore, a significant correlation was observed between the levels of IL-6 immediately post-exercise and free fatty acids 2 h post-exercise in the evening (r = 0.68, P < 0.01). Conclusions: These findings suggest that the effect of acute endurance exercise in the evening enhances the plasma IL-6 and adrenaline concentrations compared to that in the morning. In addition, IL-6 was involved in increasing free fatty acids, suggesting that the evening is more effective for exercise-induced lipolysis compared with the morning. Copyright:

ビタミンC投与が持久性トレーニングによる骨格筋の代謝関連酵素および抗酸化酵素活性の変化に及ぼす影響

矢田 光一;鈴木 克彦;的場 秀樹

日本運動生理学雑誌22(2)p.71 - 792015年10月-2015年10月 

CiNii

詳細

ISSN:13403036

概要:The purpose of this study was to determine the effects of vitamin C supplementation on low-intensity prolonged exercise training-induced changes of metabolic and antioxidant enzyme activities in rat skeletal muscle. Male Sprague-Dawley rats were assigned to one of four groups: a control group, exercise training group, vitamin C supplemented group, and vitamin C supplemented exercise training group. Rats in the vitamin C supplemented groups were given vitamin C (500 mg/kg/day). The vitamin C supplemented animals were given vitamin C in their drinking water during a 2-week pretraining period. The rats in the vitamin C supplemented groups were administered vitamin C with a feeding needle 1h before each training session in the training period. Rats in the exercise training groups swam without a load for 6 h in two 3 h bouts, separated by 45 min of rest. The rats performed the training once a day for 10 days. Vitamin C supplementation attenuated oxidative stress and increased glutathione level and catalase activity. Exercise training increased citrate synthase and hexokinase activities. However, vitamin C did not change these enzyme activities. These results suggest that vitamin C does not prevent the training-induced activation of metabolic enzymes, but attenuates oxidative stress via induction of antioxidants in skeletal muscle.

運動後の酸化ストレスおよび遅発性筋痛に及ぼす水素入浴剤を用いた入浴の効果

河村 拓史;丸藤 祐子;高橋 将記;原 怜来;鈴木 克彦;村岡 功

体力科学65(3)p.297 - 3052016年-2016年

CiNii

詳細

ISSN:0039-906X

概要:Several studies have reported that molecular hydrogen (H2) acts as a therapeutic medical gas owing to scavenging reactive oxygen species (ROS). However, little is known about effects of H2 on exercise-induced oxidative stress. The purpose of this study was to investigate the effects of weekly hydrogen bathing on exercise-induced oxidative stress and delayed-onset muscle soreness (DOMS). Nine healthy and active young men participated in this study, and each subject performed hydrogen bathing trial and placebo bathing trial in a crossover design. The subjects performed downhill running (8 % decline) at 75 % peak oxygen uptake (VO2peak) for 30 min, and each subjects conducted hydrogen or placebo bathing for 20 min, respectively, 1-6 days after downhill running. Before and after exercise, we measured visual analogue scale (VAS) and collected blood samples (Pre- and 5 min, 60 min after the end of bathing, 1day, 2days, 3days, 7days after downhill running). Blood sample analyses include creatine kinase (CK), myoglobin (Mb), malondialdehyde (MDA), reactive oxygen metabolites (d-ROMs), biological antioxidant potential (BAP), myeloperoxidase (MPO), interleukin-6 (IL-6), interleukin-17a (IL-17a) and lactate concentrations. Weekly hydrogen bathing had no effects of exercise-induced oxidative stress and muscle damage. On the other hand, hydrogen bathing significantly reduced DOMS (VAS) 1 and 2days after downhill running (p=0.033). These findings suggest that hydrogen bath after downhill exercise can be effective for reduction of DOMS.

Neutrophil Depletion Attenuates Muscle Injury after Exhaustive Exercise

Kawanishi, Noriaki;Mizokami, Tsubasa;Niihara, Hiroyuki;Yada, Koichi;Suzuki, Katsuhiko

MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE48(10)p.1917 - 19242016年-2016年

DOIWoS

詳細

ISSN:0195-9131

Effects of hydrogen bathing on exercise-induced oxidative stress and delayed-onset muscle soreness

Kawamura, Takuji; Gando, Yuko; Takahashi, Masaki; Hara, Reira; Suzuki, Katsuhiko; Muraoka, Isao

Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine65(3)p.297 - 3052016年01月-2016年01月 

DOIScopus

詳細

ISSN:0039906X

概要:Several studies have reported that molecular hydrogen (H2) acts as a therapeutic medical gas owing to scavenging reactive oxygen species (ROS). However, little is known about effects of H2 on exercise-induced oxidative stress. The purpose of this study was to investigate the effects of weekly hydrogen bathing on exercise-induced oxidative stress and delayed-onset muscle soreness (DOMS). Nine healthy and active young men participated in this study, and each subject performed hydrogen bathing trial and placebo bathing trial in a crossover design. The subjects performed downhill running (8 % decline) at 75 % peak oxygen uptake (VO2peak) for 30 min, and each subjects conducted hydrogen or placebo bathing for 20 min, respectively, 1-6 days after downhill running. Before and after exercise, we measured visual analogue scale (VAS) and collected blood samples (Pre-and 5 min, 60 min after the end of bathing, 1day, 2days, 3days, 7days after downhill running). Blood sample analyses include creatine kinase (CK), myoglobin (Mb), malondialdehyde (MDA), reactive oxygen metabolites (d-ROMs), biological antioxidant potential (BAP), myeloperoxidase (MPO), interleukin-6 (IL-6), interleukin-17a (IL-17a) and lactate concentrations. Weekly hydrogen bathing had no effects of exercise-induced oxidative stress and muscle damage. On the other hand, hydrogen bathing significantly reduced DOMS (VAS) 1 and 2days after downhill running (p=0.033). These findings suggest that hydrogen bath after downhill exercise can be effective for reduction of DOMS.

Genome-Wide Analysis of Acute Endurance Exercise-Induced Translational Regulation in Mouse Skeletal Muscle

Sako, Hiroaki; Yada, Koichi; Suzuki, Katsuhiko

PLoS ONE11(2)2016年02月-2016年02月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2016 Sako et al. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source are credited. Exercise dynamically changes skeletal muscle protein synthesis to respond and adapt to the external and internal stimuli. Many studies have focused on overall protein synthesis to understand how exercise regulates the muscular adaptation. However, despite the probability that each gene transcript may have its own unique translational characteristics and would be differentially regulated at translational level, little attention has been paid to how exercise affects translational regulation of individual genes at a genome-wide scale. Here, we conducted a genome-wide translational analysis using ribosome profiling to investigate the effect of a single bout of treadmill running (20 m/min for 60 min) on mouse gastrocnemius. Global translational profiles largely differed from those in transcription even at a basal resting condition as well as immediately after exercise. As for individual gene, Slc25a25 (Solute carrier family 25, member 25), localized in mitochondrial inner membrane and maintaining ATP homeostasis and endurance performance, showed significant up-regulation at translational level. However, multiple regression analysis suggests that Slc25a25 protein degradation may also have a role in mediating Slc25a25 protein abundance in the basal and early stages after acute endurance exercise.

Physical exercise, reactive oxygen species and neuroprotection

Radak, Zsolt; Radak, Zsolt; Suzuki, Katsuhiko; Higuchi, Mitsuru; Balogh, Laszlo; Boldogh, Istvan; Koltai, Erika

Free Radical Biology and Medicine98p.187 - 1962016年09月-2016年09月 

DOIScopus

詳細

ISSN:08915849

概要:© 2016 Elsevier Inc.Regular exercise has systemic beneficial effects, including the promotion of brain function. The adaptive response to regular exercise involves the up-regulation of the enzymatic antioxidant system and modulation of oxidative damage. Reactive oxygen species (ROS) are important regulators of cell signaling. Exercise, via intensity-dependent modulation of metabolism and/or directly activated ROS generating enzymes, regulates the cellular redox state of the brain. ROS are also involved in the self-renewal and differentiation of neuronal stem cells and the exercise-mediated neurogenesis could be partly associated with ROS production. Exercise has strong effects on the immune system and readily alters the production of cytokines. Certain cytokines, especially IL-6, IL-1, TNF-α, IL-18 and IFN gamma, are actively involved in the modulation of synaptic plasticity and neurogenesis. Cytokines can also contribute to ROS production. ROS-mediated alteration of lipids, protein, and DNA could directly affect brain function, while exercise modulates the accumulation of oxidative damage. Oxidative alteration of macromolecules can activate signaling processes, membrane remodeling, and gene transcription. The well known neuroprotective effects of exercise are partly due to redox-associated adaptation.

自然免疫・炎症に及ぼす運動の影響-そのメカニズム.

鈴木克彦.

医学のあゆみ. 269:883-888,2019.招待有り269:883-888,2019.p.883-888,2019. - 8882019年06月-2019年06月 

書籍等出版物

『改定 感染と生体防御』

酒井徹・鈴木克彦編

建帛社2018年 09月-

詳細

教科書総ページ数:236担当ページ数:73-103ISBN:978-4-7679-0632-4

『ニュー運動生理学Ⅱ』 鈴木克彦「サイトカイン」(分担執筆)

宮村実晴編集

真興交易医書出版部2015年 01月-

『健康運動指導士養成講習会テキスト』 鈴木克彦「運動と免疫能」(分担執筆)

公益財団法人 健康・体力づくり事業財団編

南江堂2014年-

『ランニング医学大辞典』 鈴木克彦「28章 感染症」(分担執筆)

福林徹/渡邊好博監訳

西村書店(http://www.nishimurashoten.co.jp/pub/details/114_436.html)2013年 09月-

『保健体育科教育のための生理学と運動生理学』 鈴木克彦「運動によって変化する免疫系の機能と適応」(分担執筆)

村岡功編

市村出版(http://www.ichimura-pub.com/2012/book0042.html)2013年-

Suzuki K. Cytokines. in 『Encyclopedia of Exercise Medicine in Health and Disease』

Mooren FC, eds.

Springer(http://www.springer.com/medicine/book/978-3-540-36065-0)2012年-

詳細

ISBN:978-3-540-36065-0

『運動科学の基礎 アスリートのパフォーマンス向上のために』 鈴木克彦「運動と環境」(分担和訳)

足立和隆監訳

西村書店2012年-

『教養としてのスポーツ科学』 鈴木克彦「身体運動と免疫」(分担執筆)

早稲田大学スポーツ科学学術院編

大修館書店2011年-

『スポーツ現場に生かす運動生理・生化学』 鈴木克彦「スポーツ選手の体調管理と免疫機能」(分担執筆)

樋口満

市村出版2011年-

Fluid osmolarity of sports drinks. Food and Beverage Consumption and Health(分担執筆)

Ishijima T, Suzuki K, Higuchi M

Nova publishers2009年-

『身体トレーニング 運動生理学からみた身体機能の維持・向上』 鈴木克彦「サイトカイン」(分担執筆)

宮村実晴

真興交易医書出版部2009年 03月-

『予防としてのスポーツ医学』 椎葉大輔、鈴木克彦「花粉症・運動誘発性アナフィラキシー」(分担執筆)

臨床スポーツ医学 臨時増刊号

文光堂2008年 11月-

『「健康福祉」人間科学』 鈴木克彦「生活習慣病の予防・治療における運動の役割」(分担執筆)

中島義明、木村一郎

朝倉書店2008年 05月-

『健康運動指導士養成講習会テキスト』 鈴木克彦「運動と免疫能」(分担執筆)

財団法人健康・体力づくり事業財団編

社会保険研究所2007年 04月-

『生命・医療・福祉ハンドブック』 鈴木克彦「遺伝子解析と予防医学」、「運動と健康」、「生活習慣病予防と代替医療」、「免疫」、「抗体」(分担執筆)

内山明彦編

コロナ社2007年 01月-

『体力とは何か—運動処方のその前に—』 鈴木克彦「運動不足と体力」(分担執筆)

長澤純一編

ナップ2007年 03月-

『在宅ケア事典』 鈴木克彦「腎・内分泌・代謝系疾患と在宅ケア」(分担執筆)

日本在宅ケア学会監修

中央法規出版2007年 12月-

『管理栄養士講座 感染と生体防御』 鈴木克彦「運動と生体防御」(分担執筆)

山本茂,森口覚,酒井徹編

建帛社2004年 04月-

『スポーツ医学検査測定ハンドブック』 鈴木克彦「サイトカイン」、「アレルギー」、「インフルエンザ、SARS」(分担執筆)

臨床スポーツ医学 臨時増刊号

文光堂2004年-

『環境化学物質の代謝』 鈴木克彦、菅原和夫「重金属」(分担執筆)

荻野景規編

財団法人日本公衆衛生協会2003年 12月-

『新運動生理学』 鈴木克彦「好中球と炎症性サイトカイン」(分担執筆)

宮村実晴編

真興交易医書出版2001年 10月-

『活性酸素と運動』 鈴木克彦、菅原和夫「骨格筋への影響は?」、「絶対安静・運動不足の影響は?」(分担執筆)

大野秀樹、跡見順子、伏木亨編

杏林書院1998年 10月-

講演・口頭発表等

運動誘発性酸化ストレスへの好中球の関与

鈴木克彦

第5回 スポーツと酸化ストレス・抗酸化 セミナー(株式会社ウイスマー/レドックス分析センター)招待有り2018年09月30日

詳細

国内会議セミナー開催地:東京

Exhaustive Exercise-Induced Neutrophil-Associated Tissue Damage and Possibility of its Prevention

鈴木克彦

The 5th International Conference on Exercise and Health(広州体育大学)招待有り2018年06月30日

詳細

国際会議口頭発表(基調)開催地:広州

Cytokine response to exercise and its modulation

鈴木克彦

第13回国際運動免疫学会シンポジウム(国際運動免疫学会)招待有り2017年07月11日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)開催地:コインブラ

運動による全身性炎症反応とその予防

第41回関東腎研究会2016年01月23日

詳細

口頭発表(一般)

Cytokine response to exercise

鈴木克彦

若手研究者のためのスポーツ科学会議(ハンガリー体育大学)招待有り2016年07月11日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)開催地:ブダペスト

Neutrophil functional changes following exercise and the biological significance

鈴木克彦

運動免疫学国際会議(国立太田大学)招待有り2015年11月06日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)開催地:韓国

運動の臓器連関と未病対策

第22回日本未病システム学会学術総会2015年10月12日

詳細

口頭発表(一般)

Exercise-induced leukocyte functional augmentation and its modulation with antioxidants

鈴木克彦

第11回国際運動免疫学会(国際運動免疫学会)招待有り2015年07月09日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:ウィーン

鈴木克彦「運動とサイトカイン」

国立障害者リハビリテーションセンター研究所セミナー2015年04月30日

詳細

口頭発表(一般)

Assessment of neutrophil functional activity following prolonged endurance exercise.

Suzuki K, Sugama K, Yoshitani Y, Shiraishi K, Kometani T, Miura S, Yoshioka H, Mori Y.

11th Symposium of the International Society of Exercise and Immunology(国際運動免疫学会)2013年09月10日

詳細

国際会議ポスター発表開催地:ニューキャッスル

鈴木克彦「運動誘発性筋損傷とその予防に寄与する機能性食品の探索」

北海道大学保健科学セミナー2013年07月26日

詳細

口頭発表(一般)

鈴木克彦「新規好中球機能検査法の開発と応用」

日本運動免疫学研究会 第2回スプリングセミナー2013年02月18日

詳細

口頭発表(一般)

鈴木克彦 「運動と免疫機能」

日本食品免疫学会 第8回学術大会2012年10月17日

詳細

口頭発表(一般)

Fluid intake and cytokine response during exercise.

Suzuki K.

Mini Symposium of GCOE Program “Effects of exercise and dietary treatment on the regulation of physical function -Physiological and biochemical approach-”, Waseda University, Tokorozawa, Japan2012年01月28日

詳細

口頭発表(一般)

The effects of sports drink composition on fluid intake and immunoendocrine responses to cycling in hot conditions.

鈴木克彦

11th International Symposium of Human & Sport Science(Keimyung University)招待有り2011年12月17日

詳細

口頭発表(招待・特別)開催地:テグー

The comparison of circulating cytokine responses depending on exercise intensity and their biological and pathological significance.

鈴木克彦ら

(国際運動免疫学会)2011年07月11日

詳細

国際会議ポスター発表開催地:オックスフォード

Exercise and cytokines.

鈴木克彦

2010 International Conference of Exercise Physiology(Korean Society of Exercise Physiology)招待有り2010年11月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)開催地:ソウル

免疫機能の立場から

第65回日本体力医学会大会2010年09月

詳細

口頭発表(一般)

Urinary determination of cytokines in response to endurance exercise.

鈴木克彦ら

第9回国際運動免疫学会シンポジウム(国際運動免疫学会)2009年09月

詳細

国際会議ポスター発表開催地:ツービンゲン

Age-related sarcopenia and low-grade inflammation controlled by exercise training.

鈴木克彦ら

鈴木克彦ら招待有り2008年10月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)開催地:北京

サイトカインの変動

鈴木克彦

第63回日本体力医学会大会 (シンポジウム 運動・身体活動の指標としての免疫)2008年09月

詳細

シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

Cytokine response to exercise.

鈴木克彦

第8回国際運動免疫学会(国際運動免疫学会)招待有り2007年10月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)開催地:仙台

Hypotonic drink supplementation attenuates systemic inflammatory responses to endurance exercise in the heat.

鈴木克彦ら

第10回アジアスポーツ医学会(アジアスポーツ医学会)2007年10月

詳細

国際会議ポスター発表開催地:パタヤ

鈴木克彦.生活習慣病に対する運動の効用—概論—(兼座長)

第62回日本体力医学会大会 (シンポジウム 生活習慣病に対する運動の効用—そのメカニズムを分子レベルで紐解く—)2007年09月

詳細

口頭発表(一般)

鈴木克彦.運動時の免疫変動と制御.

第31回 岡山スポ-ツ医科学研究会, 特別講演2007年09月

詳細

口頭発表(一般)

鈴木克彦.運動時の免疫変動と栄養素の補給.

第15回 スポーツ栄養学研究会, 招待講演2007年06月

詳細

口頭発表(一般)

鈴木克彦.サイトカイン・代謝応答.

第61回日本体力医学会大会 (シンポジウム 運動に対する生体のストレス応答と適応機構の解析—体力医学への応用—)2006年09月

詳細

口頭発表(一般)

Analysis of leucocyte and cytokine responses to physical stress and its possible and practical application.

鈴木克彦

Joint Symposium of University of Bonn and Waseda University(ボン大学)招待有り2006年07月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:ボン

Effects of carbohydrate and fluid intake on leucocyte and cytokine responses to endurance exercise in the heat.

鈴木克彦

11th annual Congress of the European College of Sport Science (ECSS). JSPFSM Exchange Symposium(European College of Sport Science)招待有り2006年07月

詳細

国際会議シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)開催地:ジュネーブ

Urinary determination of cytokines for the analysis of inflammatory state in eccentric exercise-induced muscle damage.

鈴木克彦ら

XXIX FIMS World Congress of Sports Medicine(FIMS)2006年06月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:北京

鈴木克彦.Tutorial:免疫学基礎知識(兼 座長)

第60回日本体力医学会大会ワークショップ「運動免疫学最前線」2005年09月

詳細

口頭発表(一般)

Effects of exercise intensity and downhill running on plasma cytokine concentrations in humans.

鈴木克彦ら

第5回アジアスポーツ医学会(アジアスポーツ医学会)2005年05月

詳細

国際会議ポスター発表開催地:東京

Systemic regulation of immune changes following exercise.

鈴木克彦

5th International Symposium of Human & Sport Science(Keimyung University)招待有り2005年02月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)開催地:テグー

鈴木克彦.一過性運動時の酸化ストレスにおける免疫系の関与.

第15回ビタミンE研究会(ミニシンポジウム 運動と酸化ストレス・ビタミンE Update 2004)2004年01月

詳細

口頭発表(一般)

Basic knowledge of cytokines, their measurement systems and the acute exercise effects.

鈴木克彦

2003 Symposium of Human & Sport Science(Keimyung University)招待有り2003年12月

詳細

口頭発表(一般)開催地:テグー

Characterization of systemic cytokine release following exhaustive exercise.

鈴木克彦ら

第6回国際運動免疫学会(国際運動免疫学会)2003年07月

詳細

国際会議ポスター発表開催地:コペンハーゲン

Impact of a competitive marathon race on antioxidant defense system.

鈴木克彦ら

12th International Biochemistry of Exercise Conference2003年07月

詳細

国際会議ポスター発表開催地:マーストリヒト

Effects of exhaustive exercise on circulating levels of interleukin-12 p40/p70.

鈴木克彦

8th Annual Congress of the European College of Sport Science (ECSS). JSPFSM Exchange Symposium(ECSS)招待有り2003年07月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:ザルツブルク

鈴木克彦.顆粒球からみた防衛体力

第56回日本体力医学会大会(シンポジウムⅢ あなたの免疫力はどこまでわかるか?−防衛体力の指標を求めて−)2001年09月

詳細

口頭発表(一般)

Exercise-induced humoral modulation of phagocytes by cytokines and antioxidants.

鈴木克彦ら

第5回国際運動免疫学会(国際運動免疫学会)2001年05月

詳細

国際会議ポスター発表開催地:バルチモア

作品・ソフトウェア・教材・フィールドワーク等

特別研究期間(オーストラリアでの在外研究:1年間)

2013年09月-2014年09月

トライアスロン競技選手の生体負担の評価とストレス制御に関する調査、医科学サポート

フィールドワーク2007年09月-

東京都健康長寿医療センター研究所主催の高齢者疫学調査における健診医担当

フィールドワーク2006年05月-

特許

整理番号:617

好中球機能検査システムおよび好中球機能検査方法(日本)

鈴木 克彦, 佐藤 裕子

特願2006-290557、特開2008-107210、特許第4869020号

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

運動・ストレス・老化に関する新規バイオマーカーの開発と機能解析

2015年-0月-2019年-0月

配分額:¥40820000

研究種別:

運動誘発性炎症作用における翻訳動態変化の網羅的解析

2014年-0月-2016年-0月

配分額:¥3770000

研究種別:

運動誘発性筋損傷時の炎症反応および酸化ストレスに及ぼす免疫細胞の作用

2012年-0月-2014年-0月

配分額:¥3900000

研究種別:

運動・ストレス・老化に関する新規バイオマーカーの開発

2011年-0月-2015年-0月

配分額:¥49010000

研究種別:

骨格筋由来のGas6は損傷筋におけるマクロファ-ジのスイッチングを制御するか?

2010年-0月-2013年-0月

配分額:¥3900000

研究種別:

筋肉痛の発生機序と部位特異性:筋肉痛を抑えながら筋力増強効果を高めるトレーニング

配分額:¥17680000

研究種別:

白血球機能解析を応用した生体のストレス応答と筋損傷のメカニズムの解明

配分額:¥3300000

研究種別:基盤研究(C)

高強度・間欠的な短時間トレーニングがローイング・パフォーマンス向上に及ぼす効果

2006年-2007年

研究分野:スポーツ科学

配分額:¥3120000

研究種別:基盤研究(C)

ヒト肥満関連遺伝子多型から見た肥満リスクの分類と運動処方プログラムへの応用

2006年-2007年

研究分野:応用健康科学

配分額:¥4140000

研究種別:

免疫能、炎症、老化に関する制御機構の解析と運動・栄養による予防医学的介入研究

配分額:¥29770000

研究種別:

フローサイトメトリー法を応用した好中球活性酸素産生能の分析法の確立と活性評価

配分額:¥3000000

研究種別:

スポーツ選手の免疫学的コンディショニングの必要性についての調査

配分額:¥2900000

研究種別:

筋萎縮進行におけるプロスタノイドの質量分析イメージング解析と治療標的分子の同定

2017年-0月-2020年-0月

配分額:¥17030000

研究資金の受入れ状況

実施形態:共同研究

半田誠(慶応大学医学部)代表.H12(ADP)リポソームの人工血小板としての前臨床評価(効力と安全性).厚生労働科学研究費補助金創薬基盤推進研究事業.2009年-2011年

実施形態:共同研究

藤原佳典(東京都健康長寿医療センター)代表.温泉利用が健康増進に与える効果および安全性に関する研究.厚生労働科学研究費補助金循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業.2009年-2011年

実施形態:共同研究

がんの補完代替医療に関する研究2008年-

実施形態:受託教育

植物抽出成分の機能性・有用性評価に関する研究2008年-

実施形態:受託教育

持久性運動時のサイトカイン・炎症指標の変動とスポーツドリンク・サプリメントによる制御2005年-

実施形態:共同研究

新規好中球機能測定法の開発2005年-

実施形態:共同研究

クイーンズランド大学との運動・栄養と免疫・炎症に関する研究2005年-

学内研究制度

特定課題研究

新規好中球機能解析法によるストレス・免疫能の評価と健康診断・臨床検査への応用

2007年度共同研究者:奥津光晴

研究成果概要: メビオール株式会社との共同研究にて開発した白血球の遊走能と活性酸素産生能の測定系について、まず基礎的検討を進めた。好中球の遊走因子であるインターロイキン8については、200pg/ml以上の高濃度では遊走細胞数の増加を認めたものの... メビオール株式会社との共同研究にて開発した白血球の遊走能と活性酸素産生能の測定系について、まず基礎的検討を進めた。好中球の遊走因子であるインターロイキン8については、200pg/ml以上の高濃度では遊走細胞数の増加を認めたものの、高価な試薬であるため臨床検査に用いるには難しいと判断された。一方、単球を遊走させるためにmonocyte chemotactic protein 1(MCP-1)を用いたが、基材との関係で遊走活性や活性酸素生成を検出することはできなかった。また活性酸素産生能を呈色反応として検出するためにnitroblue tetrazolium(NBT)を用いたが、化学発光とくらべ定量性、再現性に問題があり、NBTを臨床検査に用いるのは困難と考えられた。 次に、従来法を用いて各種物質、薬剤の好中球機能に及ぼす影響を検討した。ビタミンCは活性酸素生成を濃度依存的に抑制したが、遊走細胞数には影響を及ぼさず、本検査法は抗酸化物質の活性評価や酸化ストレスの評価に有用と考えられた。次にストレスホルモンの代表としてエプネフリンの作用を検討したが、濃度・作用時間の影響は認められなかった。一方、ハイドロコルチゾンは濃度依存的に遊走細胞数を減少させ、抗炎症作用・免疫抑制作用の評価に有用と考えられた。このように生理活性物質や薬物の作用解析・薬剤感受性の評価に好中球機能検査法が応用できる可能性を示した。 健康診断・臨床検査への応用に関しては、国立国際医療センターで臨床検査としての倫理申請が認められたので、今後臨床検体での検討を進め、妥当性の検証を進めることとなった。

熱可逆ハイドロゲルを用いた新規好中球機能検査法の健康診断・臨床検査への応用

2008年度共同研究者:椎葉 大輔

研究成果概要: まずハイドロゲルを用いたシングルチューブによる標準型測定系について、従来は細胞数計測の部分を血球計算盤を用いて顕微鏡下に目視で行ってきたが、手作業で手間がかかる上に主観も入るため、客観的に短時間で定量的な評価を行うために自動分析... まずハイドロゲルを用いたシングルチューブによる標準型測定系について、従来は細胞数計測の部分を血球計算盤を用いて顕微鏡下に目視で行ってきたが、手作業で手間がかかる上に主観も入るため、客観的に短時間で定量的な評価を行うために自動分析装置を導入し、測定系の充実をはかり、細胞数と蛍光強度がほぼ比例関係にあることを確認した。 次に、好中球機能がストレスの評価指標となりうるかどうかを検討した。持久性運動負荷や手術侵襲では生体負担を反映して好中球活性酸素産生能が上昇し、他の酸化ストレスの生体指標よりも鋭敏に生体反応を捉えられることが示唆された。しかし、筋損傷を起こす伸張性運動負荷では、遅発性筋肉痛をはじめとする炎症症状やクレアチンキナーゼ等の筋損傷マーカーの上昇は顕在化するにもかかわらず、好中球活性酸素産生能の上昇は認められず、エネルギー枯渇やストレスホルモンの分泌が生じるストレス状態においてのみ測定値の上昇が生じる可能性が考えられた。 臨床検査への応用としては、重症肺炎や原因不明で難病指定となっている炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)の患者での治療前後の検討を30症例ほど検討し、診断や治療モニタリングの指標としてよく炎症状態を反映する可能性が示された。さらに各種抗炎症薬や抗酸化物質を用いたin vitroの作用解析を行い、この測定系が各種薬剤や健康食品成分の評価に応用できる研究成果を示し、日本補完代替医療学会にて発表した。

新規好中球機能検査法の健康診断・臨床検査への応用

2010年度

研究成果概要: 本研究では好中球機能検査法のなかでも、温度官能性ハイドロゲルを用いた血中好中球の接着・遊走能と活性酸素産生能の測定、および酵素免疫測定法による血漿のミエロペルオキシダーゼ(myeloperoxidase: MPO)とカルプロテク... 本研究では好中球機能検査法のなかでも、温度官能性ハイドロゲルを用いた血中好中球の接着・遊走能と活性酸素産生能の測定、および酵素免疫測定法による血漿のミエロペルオキシダーゼ(myeloperoxidase: MPO)とカルプロテクチン(calprotectin)の濃度測定を評価系として設定し、各種の酸化ストレスや炎症の条件化で検討を行った。好中球接着・遊走能については、従来の顕微鏡下での血球計算盤を用いた計測に加え、蛍光をによる核染色を用いた定量法も採用し、測定系の一部自動化にも取り組んだ。 好中球数の臨床検査としての応用については、炎症性腸疾患患者の白血球除去療法の治療経過のモニターとして検討したが、有意な影響は認められなかった。また高齢者では好中球機能が亢進し慢性炎症の状態となるが、身体活動量の高い者と低い者との間に有意差は認められなかった。一方、運動負荷の前後の検討では、伸張性筋活動の後にやや好中球機能が上昇する傾向がみられたが、数日後の遅発性筋肉痛の発症時には変化が認められなかった。一方、持久性運動負荷の後には血漿のミエロペルオキシダーゼとカルプロテクチン濃度の上昇が若年者でも中高年者でも認められた。よって、好中球機能は持久性運動によって亢進することが確かめられた。がん患者では健常者より好中球活性酸素産生能の亢進がみられ、抗酸化物質の使用により酸化ストレスの軽減効果が示唆された。そこで、各種植物抽出成分のin vitroでの機能性評価に応用したところ、ビタミンC、カテキン、ポリフェノールなど抗酸化作用が報告されている物質群では濃度依存性の有意な抑制効果が観察されたが、とくにそのような効果が報告されていない物質群では影響は認められず、このハイドロゲルを用いた好中球機能測定系が抗酸化作用、抗炎症作用のスクリーニング系として有用である可能性が示された。 そこで今後は、運動負荷による炎症反応や酸化ストレス、がん患者や高齢者の軽度の慢性炎症(chronic low-grade inflammation)への抗酸化物質の介入研究による評価に応用していくことになった。

運動による抗酸化酵素の産生と動脈硬化症の抑制

2013年度

研究成果概要: 動脈硬化症は、血管壁へ浸潤した免疫細胞の一種であるマクロファージがコレステロールを取り込み泡沫化することで発症する。これにともなう酸化ストレスの増大は動脈硬化症を促進することから、酸化ストレスを軽減することで動脈硬化症の発症を予... 動脈硬化症は、血管壁へ浸潤した免疫細胞の一種であるマクロファージがコレステロールを取り込み泡沫化することで発症する。これにともなう酸化ストレスの増大は動脈硬化症を促進することから、酸化ストレスを軽減することで動脈硬化症の発症を予防することが期待できる。運動は動脈硬化症の予防に効果的であることが運動介入研究や疫学研究により報告されているが、その分子メカニズムは明らかにされていない。本研究では、運動による動脈硬化症の抑制とその分子メカニズムについて、運動トレーニングによる抗酸化酵素の増加が酸化ストレスを軽減し動脈硬化症の発症を予防すると仮説を立て検証することを目的とした。トレーニングには自由走行ケージによる自発的な運動トレーニングを用いマウスのストレスを軽減した運動のみの効果を得られるよう工夫した。解剖はトレーニング期間最終日の一過性の運動の効果を取り除くため、運動トレーニング期間終了の24時間後に行った。血液は麻酔下で心臓より採血し、頸椎脱臼後、PBSにて灌流後に大動脈と骨格筋を採取した。動脈硬化巣の評価は採取した動脈から凍結検体を作成後、薄切しオイルレッドO染色にて評価した。骨格筋の抗酸化酵素の測定はウェスタンブロット法を用いた。その結果、運動トレーニング群はコントロール群に比べ摂餌量が多いにもかかわらず体重の増加は有意に抑制された。運動トレーニング群の骨格筋はトレーニング効果の指標である遅筋化が観察された。骨格筋抗酸化酵素は、運動トレーニング群はコントロール群に比べ分泌型の抗酸化酵素である細胞外抗酸化酵素の他、ミトコンドリアや細胞質の抗酸化酵素の発現を有意に増加した。分泌型の抗酸化酵素は血液中にも分泌されるため、血管の酸化ストレスを軽減し動脈硬化を抑制することが期待できる。現在動脈硬化症の組織学的評価と酸化ストレスの検討を進めており、運動トレーニングによる動脈硬化症の抑制が証明できれば、運動トレーニングによる動脈硬化症予防は、運動による抗酸化酵素の増加が一因であることを証明できる意義のある研究に発展すると考えている。

運動・ストレス・老化に関する新規バイオマーカーの開発と予防医学・臨床医学への応用

2015年度共同研究者:矢田 光一, 佐古 博皓, 荻野目 夏望

研究成果概要:運動により骨格筋において血管新生やミトコンドリア新生が生じるが,この現象には老化遺伝子として注目されているSirt-1が関与している.近年,食品に含まれる機能性成分としてポリフェノールが注目されているが,ある種のポリフェノールも同...運動により骨格筋において血管新生やミトコンドリア新生が生じるが,この現象には老化遺伝子として注目されているSirt-1が関与している.近年,食品に含まれる機能性成分としてポリフェノールが注目されているが,ある種のポリフェノールも同様にSirt-1の発現亢進を介してミトコンドリア新生を亢進すると報告されている.そこで,運動時のポリフェノール摂取が骨格筋における血管新生およびミトコンドリア新生に及ぼす影響について検討した.C57BL/6雄性マウスをポリフェノール摂取の有無および運動の有無により4群に分けた.運動開始の1時間前にポリフェノールを200 mg/kg weight経口投与した.運動群のマウスには速度18m/min,5%の傾斜から始め,疲労困憊に至るまで30分おきに3 m/min速度を上げるトレッドミル走を負荷した.運動直後に解剖を行い,腓腹筋を採取した.運動関連遺伝子としてperoxisomeproliferatoractivated receptor γ coactivator-1(PGC-1)α,シトクロムc(Cytoc),COXⅣ,クエン酸合成酵素(CS),vascularendothelial growth factor(VEGF),Sirtuin1(Sirt-1)のmRNAをリアルタイムPCRで測定した.疲労困憊に至るまでの走行時間には,ポリフェノール投与の有無による差は認められなかった.また,運動によって骨格筋におけるPGC-1α,VEGF,Sirt-1の発現が有意に上昇したが,CS,Cytoc,COXⅣの発現は亢進しなかった.一方,ポリフェノール投与はいずれの遺伝子発現にも影響を及ぼさなかった.

一過性持久性運動における翻訳動態変化の網羅的解析

2016年度共同研究者:佐古博皓

研究成果概要:Ribosome profilingは、翻訳阻害剤等で翻訳中のリボソームをmRNA上に固定し、リボソームに包含されていないmRNA領域を酵素分解し、リボソームに包含され翻訳されていた領域を抽出・精製し次世代シーケンサーで解析するこ...Ribosome profilingは、翻訳阻害剤等で翻訳中のリボソームをmRNA上に固定し、リボソームに包含されていないmRNA領域を酵素分解し、リボソームに包含され翻訳されていた領域を抽出・精製し次世代シーケンサーで解析することで、それぞれのmRNAが実際にどの程度翻訳されていたのかを網羅的に解析できる。本研究では、マウスの持久性運動によって骨格筋の個々の遺伝子の翻訳動態がどのように変化するのかを検討したが、運動の有無よりも転写動態と翻訳動態プロファイルとの間の差が大きいことが認められた。また、運動により転写・翻訳動態が有意に変動する遺伝子を解析したところ、転写レベルでは有意差が認められず翻訳動態のみが有意に増加した遺伝子が見つかった。

加齢性筋機能低下における翻訳速度変化とその原因因子の同定

2018年度

研究成果概要: 本研究では、網羅的な翻訳動態解析が可能なリボソームプロファイリングと網羅的転写動態解析を活用して、マウスの運動モデルにおいて運動トレーニングに対する骨格筋適応機序を網羅的見知から解明することを目的とした。マウス運動モデ... 本研究では、網羅的な翻訳動態解析が可能なリボソームプロファイリングと網羅的転写動態解析を活用して、マウスの運動モデルにおいて運動トレーニングに対する骨格筋適応機序を網羅的見知から解明することを目的とした。マウス運動モデルに加え、加齢マウスモデルの骨格筋サンプルを用いて、転写・翻訳動態における網羅的解析を行った。さらに、骨格筋におけるシステムレベルでのネットワーク変化を捉えるために、共発現遺伝子ネットワーク解析を行ったところ、翻訳動態特異的なネットワークが存在する可能性が示唆された。このネットワークを詳細に検討したところ、これまでリボソームや翻訳とは全く関係性が認められていない遺伝子も当該ネットワークに存在していた。

スポーツ医科学領域における活性酸素・サイトカイン研究の進展と統合

2004年度共同研究者:PEAKE, Jonathan

研究成果概要: サイトカインは、免疫系や炎症の制御分子として注目されている生理活性物質である。著者らは、マラソンのような激しい持久性運動によってサイトカインの血中濃度が変動することを明らかにしてきた。しかし、従来、運動負荷に伴う血中サイトカイン... サイトカインは、免疫系や炎症の制御分子として注目されている生理活性物質である。著者らは、マラソンのような激しい持久性運動によってサイトカインの血中濃度が変動することを明らかにしてきた。しかし、従来、運動負荷に伴う血中サイトカイン濃度の変動は、運動の強度に依存するものか、あるいは運動による骨格筋の損傷に伴うものであるのか明らかではなかった。そこで本研究では、最大酸素摂取量の60%強度と85%強度でそれぞれ60分間の水平トレッドミル走、最大酸素摂取量の60%強度で-10%の傾斜のあるダウンヒルのトレッドミル走(筋損傷が顕在化しやすい典型的運動負荷)の3条件を設定し、同一の被験者9名に3種類の運動を負荷して、運動条件間の比較検討を行った。運動強度の指標としては、コルチゾール、カテコールアミンなどのストレスホルモンの血中濃度を測定し、筋損傷の指標としては血中ミオグロビン濃度、クレアチンキナーゼ活性を測定したが、3条件はそれぞれの指標に特徴的に顕著な影響を及ぼし、実験条件の設定は良好であった。本研究では、9種類のサイトカインの測定を行ったが、IL-6、IL-1ra、IL-10、IL-12p40、MCP-1、HSP70は運動強度依存的に有意な上昇を示し、これに比し、筋損傷とは関連は認められなかった。これらのサイトカインは、細胞性免疫を抑制する作用があり、炎症の全身性波及を抑制する適応機構として働く反面、感染に対する抵抗能力を低下させる可能性が考えられる。またこれらのサイトカインの変動は、コルチゾール、カテコールアミンなどのストレスホルモンとの間に強い相関が認められ、神経内分泌因子と免疫系の連動が密接であることを証明できた。さらにこのような全身的なストレス要因を排除して筋損傷の影響を検討するために、局所的な肘進展モデルを用いた遅発性筋炎に伴う血中サイトカイン濃度の変動も検討したが、筋損傷マーカーの劇的な変動にも関わらずサイトカインの変動は軽微であり、血中サイトカイン濃度の変動は運動強度(ストレス)依存性であることが確認できた。これらの成果は、米国生理学会にて報告し、また5月のアジアスポーツ医学会で報告する予定であり、既に掲載された論文と現在米国スポーツ医学会誌に投稿中の論文が成果として出つつある。

白血球活性酸素生成系の新しい解析法の開発と運動負荷研究への応用

2005年度共同研究者:今泉 和彦, 一之瀬 貴, 奥津 光晴

研究成果概要: 白血球活性酸素産生能の測定系として、全血を温度官能性ゲルと接触させると白血球が浸潤することをメビオール社との共同研究にて検討し、その素材を利用してさらに遊走した白血球が産生する活性酸素をluminol依存性化学発光法やdihyd... 白血球活性酸素産生能の測定系として、全血を温度官能性ゲルと接触させると白血球が浸潤することをメビオール社との共同研究にて検討し、その素材を利用してさらに遊走した白血球が産生する活性酸素をluminol依存性化学発光法やdihydrorhodamine 123, hydroethidine(蛍光)にて測定できるよう条件設定を進めた。 この測定系を運動負荷研究に応用したところ、白血球のゲルへの浸潤(遊走能)が高まる傾向を示した。ストレスホルモンやケモカインの変動とケモカイン受容体CCR2の発現との関連を調べたところ、CCR2はエピネフリン、ノルエピネフリンの影響を受けなかったが、コルチゾールの濃度に依存して増強した。さらにCCR2の発現の増強により、白血球の移動能力も増加した。この結果はストレスによって分泌されるストレスホルモンがCCR2の発現を増強させた可能性を示している。 

海外研究活動

研究課題名: 運動・ストレス・老化に関する新規バイオマーカーの開発

2013年09月-2014年09月

機関: クイーンズランド工科大学(オーストラリア)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
演習I(予防医学)スポーツ科学部2019秋学期
演習II(予防医学)スポーツ科学部2019春学期
演習III(予防医学)スポーツ科学部2019秋学期
演習IV(予防医学)スポーツ科学部2019春学期
スポーツ英語D:文献(医科学:内科)スポーツ科学部2019春学期
免疫学スポーツ科学部2019春学期
スポーツ医科学基礎演習スポーツ科学部2019春学期
予防医学研究指導A 大学院スポーツ科学研究科2019春学期
予防医学研究指導B 大学院スポーツ科学研究科2019秋学期
予防医学演習(1)A大学院スポーツ科学研究科2019春学期
予防医学演習(1)B大学院スポーツ科学研究科2019秋学期
予防医学演習(2)A大学院スポーツ科学研究科2019春学期
予防医学演習(2)B大学院スポーツ科学研究科2019秋学期
生命科学特論大学院スポーツ科学研究科2019春学期
Preventive Medicine and Applied Immunology大学院スポーツ科学研究科2019夏クォーター
予防医学研究指導(D)A大学院スポーツ科学研究科2019春学期
予防医学研究指導(D)B大学院スポーツ科学研究科2019秋学期
The Physiology and Biochemistry of Physical Training大学院スポーツ科学研究科2019集中講義(春学期)
早稲田出身の医療人発「社会と医療」(早稲田大学校友会支援講座) 1 01グローバルエデュケーションセンター2019春クォーター
早稲田出身の医療人発「社会と医療」(早稲田大学校友会支援講座) 1 02グローバルエデュケーションセンター2019秋クォーター
早稲田出身の医療人発「社会と医療」(早稲田大学校友会支援講座) 2 01グローバルエデュケーションセンター2019夏クォーター
早稲田出身の医療人発「社会と医療」(早稲田大学校友会支援講座) 2 02グローバルエデュケーションセンター2019冬クォーター

教育内容・方法の工夫

スポーツ医科学クリニック担当医師

2008年04月-

詳細

概要:スポーツ選手の内科系の障害、予防、検査に関する相談、診療

早稲田大学保健センター担当医師

2008年04月-

詳細

概要:学生健康診断・健康教育・健康相談・内科診療、教職員へのインフルエンザ予防接種、内科診療

大学院演習・研究指導(応用免疫学、予防医学)

2006年04月-

詳細

概要:大学院生対象の演習 研究能力の養成、学会発表・論文作成の支援

卒業研究演習

2006年04月-

詳細

概要:研究の計画、進捗状況、論文作成、研究発表等

演習(予防医学)

2005年04月-

詳細

概要:学部生対象の予防医学のゼミ 医学知識の習得とともに、各種実験、病院、研究所等の見学を行い、幅広く理解を深める。

作成した教科書・教材・参考書

村岡功編『保健体育科教育のための生理学と運動生理学』

詳細

概要:分担で作成した保健体育科教育の教科書のなかで「運動によって変化する免疫系の機能と適応」の部分を執筆した。

早稲田大学スポーツ科学学術院編『教養としてのスポーツ科学』

2011年04月

詳細

概要:分担で作成したスポーツ科学概論の教科書のなかで「身体運動と免疫」の部分を執筆した

健康運動指導士養成講習会テキスト

2007年04月

詳細

概要:健康運動指導士の講習会テキストの「運動と免疫能」の部分を分担執筆した

感染と生体防御

2004年04月

詳細

概要:管理栄養士講座の一環として、栄養・体力と感染防御能の関連について概説したテキストの「運動と生体防御」の部分を分担執筆した

教育方法・教育実践に関する発表、講演等

早稲田本庄高等学院のサマーセミナー講師

2015年07月

詳細

概要:高校生にスポーツ科学部の紹介を行い、スポーツ医学的研究内容として激運動によるサイトカインの変動と糖質・水分補給に関する実験研究について解説をした。

大学院生の海外研修

2014年11月

詳細

概要:博士院生3名を引率し、オーストラリアのクイーンズランド工科大学、クイーンズランド大学などで研究活動や施設等を見学し、ミーティング、ディスカッション、研究発表などを行った。

狭山市民大学・いきがい学部・いきがい学科の授業担当

2008年12月

詳細

概要:中高年者の健康と病気について講義した。

ゼミ海外研修

2014年02月

詳細

概要:予防医学研究室の学生7名を引率し、オーストラリアのクイーンズランド大学、クイーンズランド工科大学などで研究活動や施設等を見学し、ミーティング、ディスカッションなども行った。

オーストラリアの大学教育の視察

2013年09月

詳細

概要:クイーンズランド工科大学をベースとして、クイーンズランド大学、メルボルン大学、デューキン大学、タスマニア大学、エディスコーワン大学などを訪問・視察。大学院生の実験指導のほか、クイーンズランド大学大学院合宿セミナーなどに参加し、大学院教育にも参画。

高等学校での研究・教育活動への協力

2006年05月

詳細

概要:スーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定校である早稲田大学高等学院での理科教育「現代の生命科学」において、特に生活習慣病や免疫などについて研究・教育活動で協力した。

市民公開講座の開催

2005年12月

詳細

概要:「健康増進と生活習慣病の予防・治療」を企画し、司会を務めた。

e-Learningの実施

2004年04月

詳細

概要:インターネットで配信する教材を作成し、BBSで受講生と双方向のコミュニケーションをはかるe-Learningを実施している。

インターネットによる講義資料の閲覧

2005年07月

詳細

概要:講義の配布資料をホームページからダウンロードできるようにし、予習・復習に役立てている。

日本運動免疫学研究会オンラインセミナー

2002年

詳細

概要:基礎免疫学勉強会、最新論文紹介等をメーリングリストを用いて企画・運営

その他教育活動

日本学術振興会特別研究員(DC)の受け入れ

詳細

概要:佐古博皓君を受け入れ研究を支援している。

博士課程大学院生の表彰

詳細

概要:佐古博皓君が濱野賞(博士課程の優秀論文賞)を受賞した。

修士課程大学院生の表彰

詳細

概要:溝上翼君が修士課程の最優秀優秀論文賞を受賞した。

日本学術振興会特別研究員の受け入れ

詳細

概要:川西範明君(PD)、高橋将記君(DC)を受け入れ研究を支援した。

日本学術振興会外国人特別研究員の受け入れ

詳細

概要:平成16・17年度にクイーンズランド大学よりJonathan Peake博士(http://scholar.google.com.au/citations?user=2P5Y3hwAAAAJ)を受け入れ、国際共同研究を進めた。

社会貢献活動

TBS 人体科学ミステリー アノ有名人のカラダを最新科学で大解剖SP

2013年09月-

イベント・番組・雑誌名:TBS 人体科学ミステリー アノ有名人のカラダを最新科学で大解剖SP

詳細

概要:80歳でエベレスト登頂に成功した冒険家三浦雄一郎氏の運動負荷試験と血液検査を担当した。 http://6mj.tv/episode_3FF28363C7EC1E35309D748AC0F9DDDA.html

NHKスペシャル取材班 『42.195kmの科学』 角川書店

2013年02月-

イベント・番組・雑誌名:NHKスペシャル取材班 『42.195kmの科学』 角川書店

詳細

概要:マラソンによる臓器傷害とメカニズムについて取材を受けた内容が紹介された(68-71ページ)。 http://www.kadokawa.co.jp/book/bk_detail.php?pcd=321210000042

毎日新聞

2013年01月-

イベント・番組・雑誌名:毎日新聞

詳細

概要:運動と免疫に関する記事作成で取材を受けた。 http://mainichi.jp/feature/news/20130119ddm010100004000c.html

日経ヘルスプルミエ(日経BP社)

2012年12月-

イベント・番組・雑誌名:日経ヘルスプルミエ(日経BP社)

詳細

概要:運動と免疫、健康増進に関する記事作成で取材を受けた。 http://www.shop-nv.jp/35.html

Tarzan(マガジンハウス)

2012年10月-

イベント・番組・雑誌名:Tarzan(マガジンハウス)

詳細

概要:運動と免疫に関する記事作成で取材を受け、激運動による免疫機能低下について解説した。

日経ヘルス(日経BP社)

2012年08月-

イベント・番組・雑誌名:日経ヘルス(日経BP社)

詳細

概要:「意外に知られていない運動と免疫の関係 “適度”な運動で免疫力を高めよう」に関する記事作成で取材を受けた。 http://wol.nikkeibp.co.jp/article/trend/20120727/130901/?P=2

毎日新聞

2012年07月-

イベント・番組・雑誌名:毎日新聞

詳細

概要:「過激な運動に注意 免疫力低下、感染しやすく」に関する記事作成で取材を受けた。 http://mainichi.jp/feature/news/20120726ddm010100023000c.html

スポーツ・ニッポン

2012年07月-

イベント・番組・雑誌名:スポーツ・ニッポン

詳細

概要:「五輪選手ほど風邪を引きやすい!?運動と免疫の意外な関係」で取材を受けた。 http://www.sponichi.co.jp/society/yomimono/mimiyori/kiji/K20120718003704590.html

毎日新聞

2011年03月-

イベント・番組・雑誌名:毎日新聞

詳細

概要:運動と免疫に関する記事作成で取材を受けた。 http://newspaperwords.seesaa.net/article/190135001.html

TBS系全国放送 『カラダのキモチ』

2009年08月-

イベント・番組・雑誌名:TBS系全国放送 『カラダのキモチ』

詳細

概要:第166回 「決定版!スタミナの真実」にて取材を受け、全身持久力の観点から医学的知識を解説した。 http://kakaku.com/tv/channel=6/programID=5253/episodeID=255659/

読売新聞大学取材班 『研究室から社会を変える 躍動する早稲田大学の研究活動』 中央公論新社

2006年12月-

イベント・番組・雑誌名:読売新聞大学取材班 『研究室から社会を変える 躍動する早稲田大学の研究活動』 中央公論新社

詳細

概要:「予防医学の普及で生活習慣病を減らすことが課題—体の免疫力を高めるための栄養・運動とは—」の内容で研究活動が紹介された(54〜63ページ)