氏名

コバヤシ ミナ

小林 ミナ

職名

教授 (https://researchmap.jp/minakog)

所属

(大学院日本語教育研究科)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
minakob@waseda.jp

住所・電話番号・fax番号

住所
〒169-0051新宿区 西早稲田1-21-1 早大西早稲田ビル820
電話番号
03-5286-9706
fax番号
03-5286-9706

URL等

WebページURL

http://www.gsjal.jp/kobayashi/index.html(大学院日本語教育研究科小林ミナ研究室)

研究者番号
70252286

本属以外の学内所属

兼担

研究院(研究機関)/附属機関・学校(日本語教育研究センター)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学歴・学位

学歴

-1985年 青山学院大学 文学部 日本文学科
-1993年 名古屋大学 文学研究科 日本言語文化専攻

学位

学術修士 課程 名古屋大学 日本語教育

博士(文学) 論文 名古屋大学 日本語教育

所属学協会

日本語用論学会

社会言語科学会

日本語学会

日本言語学会

日本語文法学会

日本語教育学会 常任理事(副会長)

研究分野

キーワード

文法教育、言語習得、コミュニケーション、コーパス言語学、コースデザイン

科研費分類

人文学 / 言語学 / 日本語学

人文学 / 言語学 / 日本語教育

論文

リソースを活用して「書く」ための教材の開発

副田 恵理子;小林 ミナ

日本語教育方法研究会誌21(2)p.38 - 392014年09月-2014年09月 

CiNii

詳細

概要:With the advance of information and communication technology, a variety of resources including dictionary applications on mobile phones, online dictionaries, free translation websites, and search engines are used when writing sentences. However, these resources tend not to be used effectively by Japanese language learners. Considering effective use of these resources as one of the necessary skills in writing, the presenters have developed learning materials for writing with utilization of the resources. This presentation reports the findings from the analysis of the developing process of these learning materials.

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

「私らしく」産出できるようになるためのウェブ型日本語教材の開発

2015年-0月-2018年-0月

配分額:¥2990000

研究種別:

コミュニケーションのための日本語ウェブ教材の作成と試用

2009年-0月-2014年-0月

配分額:¥36400000

研究種別:

代表性を有する書き言葉コーパスを活用した日本語教育研究

配分額:¥24200000

研究種別:

コミュニケーションのための教育文法に基づく日本語教材作成のための基礎的研究

配分額:¥13760000

研究種別:

日本人は何に注目して外国人の日本語運用を評価するか

配分額:¥13500000

研究種別:

研究留学生のための作文教材開発に関する基礎的研究

配分額:¥2000000

研究種別:

第2言語としての日本語の習得に関する総合研究

配分額:¥10900000

研究種別:

南米日系社会における複言語話者の日本語使用特性の研究

2016年-0月-2021年-0月

配分額:¥17030000

研究種別:

アカデミックライティングにおける適切なリソース活用のための教材開発

2015年-0月-2020年-0月

配分額:¥4290000

研究種別:

汎用的日本語学習辞書開発データベース構築とその基盤形成のための研究

2011年-0月-2015年-0月

配分額:¥40560000

学内研究制度

特定課題研究

日本語教育における文法シラバス再構築のための基礎的研究

2006年度

研究成果概要:朝日新聞データ1年分を購入し,朝日新聞社と研究目的使用のための著作権契約を取り交わした。サーバー用のパソコンを購入し,朝日新聞データ,および,既に入手済みの言語データを移植した。現在は,UNIXのコマンドを使用し,データの検索,分...朝日新聞データ1年分を購入し,朝日新聞社と研究目的使用のための著作権契約を取り交わした。サーバー用のパソコンを購入し,朝日新聞データ,および,既に入手済みの言語データを移植した。現在は,UNIXのコマンドを使用し,データの検索,分析を行っているが,来年度以降,プログラミングの知識がない者でも使いやすい,インターフェイス画面を設けるなど,研究室に所属する院生の供用に付せるよう開発を続けたい。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
日本語教育学研究指導(D) 小林 ミナ大学院日本語教育研究科2019春学期
日本語教育学研究指導(D) 小林 ミナ大学院日本語教育研究科2019秋学期
日本語教育学研究指導(M) 小林 ミナ大学院日本語教育研究科2019春学期
日本語教育学研究指導(M) 小林 ミナ大学院日本語教育研究科2019秋学期
日本語教育学演習I大学院日本語教育研究科2019春学期
日本語教育学演習I大学院日本語教育研究科2019秋学期
日本語教育学演習II 小林 ミナ大学院日本語教育研究科2019春学期
日本語教育学演習II 小林 ミナ大学院日本語教育研究科2019秋学期
日本語教育学演習III 小林 ミナ大学院日本語教育研究科2019春学期
日本語教育学演習III 小林 ミナ大学院日本語教育研究科2019秋学期
日本語教育学演習IV 小林 ミナ大学院日本語教育研究科2019春学期
日本語教育学演習IV 小林 ミナ大学院日本語教育研究科2019秋学期
日本語教育実践研究(5)大学院日本語教育研究科2019春学期
日本語教育実践研究(5)大学院日本語教育研究科2019秋学期
教育文法論大学院日本語教育研究科2019春学期
日本語教育方法論大学院日本語教育研究科2019秋学期
修士論文大学院日本語教育研究科2019春学期
修士論文大学院日本語教育研究科2019秋学期
「わたしのにほんご」プロジェクト1-2 (留学生対象日本語科目)日本語教育研究センター2019春学期
「わたしのにほんご」プロジェクト1-2 (留学生対象日本語科目)日本語教育研究センター2019秋学期

Waseda Course Channel配信動画

科目名学部公開年度