氏名

サワダ ススム

澤田 亨

職名

教授 (https://researchmap.jp/sssawada)

所属

(スポーツ科学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
s-sawada@waseda.jp

住所・電話番号・fax番号

住所
〒359-1192埼玉県 所沢市 三ケ島 2-579-15

URL等

WebページURL

https://sites.google.com/site/sssawadalab/home(スポーツ疫学研究室の紹介)

研究者番号
00642290
ORCID ID
0000-0002-7272-0790

本属以外の学内所属

兼担

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

スポーツ科学研究センター

運営委員 2018年-2020年

学歴・学位

学歴

1979年04月-1983年03月 福岡大学 体育学部 体育学科
1983年04月-1985年03月 順天堂大学大学院 体育学研究科

学位

体育学修士 課程 順天堂大学 スポーツ科学

博士(医学) 論文 順天堂大学 疫学・予防医学

経歴

1985年04月-2012年06月東京ガス株式会社人事部
2003年04月-2015年03月獨協医科大学医学部非常勤講師
2008年04月-2016年03月順天堂大学スポーツ健康科学部客員准教授
2009年04月-2010年03月明治大学経営学部兼任講師
2010年04月-2011年03月早稲田大学スポーツ科学部非常勤講師
2010年04月-福岡大学身体活動研究所客員研究員
2012年04月-2012年09月駒沢女子大学人間健康学部非常勤講師
2012年07月-2018年03月国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所健康増進研究部室長
2014年04月-2018年03月国際武道大学大学院武道・スポーツ研究科非常勤講師
2014年04月-2018年03月国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所栄養と身体活動に関する国際協力ユニットユニット研究員
2015年01月-2017年03月放送大学分担協力講師
2015年04月-2017年03月東京大学大学院総合文化研究科客員教授
2016年04月-順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科客員教授
2016年04月-2017年03月法政大学大学院スポーツ健康学研究科非常勤講師
2016年04月-2018年03月早稲田大学スポーツ科学部非常勤講師
2018年04月-早稲田大学スポーツ科学学術院教授

所属学協会

日本運動疫学会 理事・総務委員長・公式声明委員長

日本体力医学会 評議員

日本疫学会 代議員・編集委員

日本公衆衛生学会

日本産業衛生学会

日本体育学会

日本生涯スポーツ学会

日本健康支援学会 評議員・編集委員

日本臨床運動療法学会 評議員

日本動脈硬化学会 学術委員(生活習慣・肥満部会)

日本人間ドック学会

American College of Sports Medicine Fellow

委員歴・役員歴(学外)

2019年05月-中央労働災害防止協会労働者のストレス反応低減のための生活習慣等に関する検討委員会委員
2018年09月-厚生労働省e-ヘルスネット情報評価委員
2018年08月-埼玉県埼玉県健康長寿計画推進検討会議委員
2018年07月-厚生労働省厚生科学審議会専門委員(健康日本21(第二次)推進専門委員会)
2018年07月-厚生労働省国民健康・栄養調査企画解析検討会構成員
2018年04月-公益財団法人日本スポーツ協会スポーツ医・科学専門委員会「東京オリンピック記念体力測定の総括」研究班員
2018年01月-神奈川県横浜市よこはまウォーキングポイント共同事業者選定等委員会委員
2015年11月-2018年10月東京商工会議所健康づくり・スポーツ振興委員会 職域における運動習慣の定着化等に関する専門委員会委員
2014年10月-公益財団法人健康・体力づくり事業財団健康・体力づくりと運動に関するデータベース委員
2014年04月-2020年03月日本健康支援学会編集委員
2012年07月-日本運動疫学会理事
2008年09月-2009年03月中央労働災害防止協会労働者の健康の保持増進を図るための検討委員会委員
2010年04月-2012年03月Health Promotion Board of SingaporeMember of Physical Activity Guideline Consensus Group
2007年10月-2009年09月日本体力医学会将来構想検討委員会委員
2002年09月-日本体力医学会評議員
2008年04月-日本健康支援学会評議員
2005年06月-2007年05月東京都港区健康みなと21推進会議委員
2003年05月-American College of Sports MedicineFellow
1999年09月-2000年03月株式会社日本能率協会総合研究所千葉県健康長期ビジョンアドバイザー会議委員

受賞

Fellow

2003年05月授与機関:American College of Sports Medicin

タイトル:American College of Sports Medicine Fellow

奨励賞

2004年04月授与機関:日本産業衛生学会

タイトル:日本産業衛生学会 奨励賞

1st Place Winners

2008年03月授与機関:United State Navy

タイトル:1st Place Winners of the 10th Operational Research Competition in conjunction with the 47th Navy Occupational Health and Preventive Medicine Conference

緑十字賞

2010年10月授与機関:中央災害防止協会

タイトル:中央労働災害防止協会 緑十字賞

功労賞

2013年10月授与機関:全国THP推進協議会

タイトル:全国THP (Total Health Promotion Plan) 推進協議会 功労賞

奨励賞

2015年11月授与機関:日本公衆衛生学会

タイトル:日本公衆衛生学会 奨励賞

研究分野

キーワード

スポーツ疫学、疫学、公衆衛生学、生物統計学、健康科学

論文

Effect of watching professional baseball at a stadium on health-related outcomes among Japanese older adults: A randomized controlled trial.

Kawakami R, Sawada SS, Ito T, Gando Y, Fukushi T, Yoshino A, Kurita S, Oka K, Sakamoto S, Higuchi M

Geriatr Gerontol Int査読有り19(8)p.717 - 7222019年-

PubMed

Stand-up test overestimates the decline of locomotor function in taller people: a cross-sectional analysis of data from the Kameda Health Study.

Miyamoto R, Sawada SS, Gando Y, Matsushita M, Kawakami R, Muranaga S, Osawa Y, Ishii K, Oka K.

J Phys Ther Sci査読有り31(2)p.175 - 1842019年-

PubMed

Frequency of achieving a 'fit' cardiorespiratory fitness level and hypertension: a cohort study.

Momma H, Sawada SS, Sloan RA, Gando Y, Kawakami R, Miyachi M, Fukunaka Y, Okamoto T, Tsukamoto K, Nagatomi R, Blair SN.

J Hypertens査読有り37(4)p.820 - 8262019年-

PubMed

Combined aerobic and resistance training, and incidence of diabetes: A retrospective cohort study in Japanese older women.

Sawada SS, Gando Y, Kawakami R, Blair SN, Lee IM, Tamura Y, Tsuda H, Saito H, Miyachi M.

J Diabetes Investig査読有り10(4)p.997 - 10032019年-

PubMed

Physical Fitness Tests and Type 2 Diabetes Among Japanese: A Longitudinal Study From the Niigata Wellness Study.

Momma H, Sawada SS, Kato K, Gando Y, Kawakami R, Miyachi M, Huang C, Nagatomi R, Tashiro M, Ishizawa M, Kodama S, Iwanaga M, Fujihara K, Sone H.

J Epidemiol査読有り29(4)p.139 - 1462019年-

PubMed

Importance of maintaining a “fit” cardiorespiratory fitness level on the incidence of type 2 diabetes mellitus: a cohort study.

Momma H, Sawada SS, Sloan RA, Gando Y, Kawakami R, Terada S, Miyachi M, Kinugawa C, Okamoto T, Tsukamoto K, Huang C, Nagatomi R, Blair SN.

J Epidemiol査読有り28(5)p.230 - 62018年-

PubMed

Long-Term Impact of Cardiorespiratory Fitness on Type 2 Diabetes Incidence: A Cohort Study of Japanese Men.

Kawakami R, Sawada SS, Lee IM, Gando Y, Momma H, Terada S, Kinugawa C, Okamoto T, Tsukamoto K, Higuchi M, Miyachi M, Blair SN.

J Epidemiol査読有り28(5)p.266 - 732018年-

PubMed

Association between objectivelymeasured physical activity and body mass index with low back pain: a large-scale cross-sectional study of Japanese men.

Hashimoto Y, Matsudaira K, Sawada SS, Gando Y, Kawakami R, Sloan RA, Kinugawa C, Okamoto T, Tsukamoto K, Miyachi M, Naito H.

BMC Public Health査読有り18(1)p.3412018年-

PubMed

Objectively Measured Physical Activity and Low Back Pain in Japanese Men.

Hashimoto Y, Matsudaira K, Sawada SS, Gando Y, Kawakami R, Kinugawa C, Okamoto T, Tsukamoto K, Miyachi M, Naito H, Blair SN.

J Phys Act Health査読有り15(6)p.417 - 222018年-

PubMed

Combined association of cardiorespiratory fitness and family history of hypertension on the incidence of hypertension: A long-term cohort study of Japanese males.

Gando Y, Sawada SS, Kawakami R, Momma H, Shimada K, Fukunaka Y, Okamoto T, Tsukamoto K, Miyachi M, Lee IM, Blair SN.

Hypertens Res査読有り41(12)p.1063 - 10692018年-

PubMed

Relationship between Cardiorespiratory Fitness and Non-High-Density Lipoprotein Cholesterol: A Cohort Study.

Watanabe N, Sawada SS, Shimada K, Lee IM, Gando Y, Momma H, Kawakami R, Miyachi M, Hagi Y, Kinugawa C, Okamoto T, Tsukamoto T, Blair SN.

J Atheroscler Thromb査読有り25(12)p.1196 - 12052018年-

PubMed

Daily step count and all-cause mortality in a sample of Japanese elderly people: a cohort study.

Yamamoto N, Miyazaki H, Shimada M, Nakagawa N, Sawada SS, Nishimuta M, Kimura Y, Kawakami R, Nagayama H, Asai H, Lee IM, Blair SN, Yoshitake Y.

BMC Public Health査読有り18(1)p.5402018年-

PubMed

The Association of Fit-Fat Index with Incident Diabetes in Japanese Men: A Prospective Cohort Study.

Sloan RA, Sawada SS, I-Min L, Gando Y, Kawakami R, Okamoto T, Tsukamoto K, Miyachi M.

Sci Rep査読有り8(1)p.5692018年-

PubMed

Importance of Achieving a "Fit" Cardiorespiratory Fitness Level for Several Years on the Incidence of Type 2 Diabetes Mellitus: A Japanese Cohort Study.

Momma H, Sawada SS, Sloan RA, Gando Y, Kawakami R, Terada S, Miyachi M, Kinugawa C, Okamoto T, Tsukamoto K, Huang C, Nagatomi R, Blair SN.

J Epidemiol査読有り28(5)p.230 - 2362018年-

PubMed

Obesity and Low back pain: A retrospective cohort study of Japanese males.

Hashimoto Y, Matsudaira K, Sawada SS, Gando Y, Kawakami R, Kinugawa C, Okamoto T, Tsukamoto K, Miyachi M, Naito H.

J Phys Ther Sci査読有り29(6)p.978 - 832017年-

PubMed

Consistently High Levelof Cardiorespiratory Fitness and Incidence of Type 2 Diabetes.

Momma H, Sawada SS, Lee IM, Gando Y, Kawakami R, Terada S, Miyachi M, Kinugawa C, Okamoto T, Tsukamoto K, Huang C, Nagatomi R, Blair SN.

Med Sci Sports Exerc査読有り49(10)p.2048 - 552017年-

PubMed

高齢者のプロ野球観戦頻度と身体的・社会的・心理的特徴

澤田亨,川上諒子,伊藤智子,丸藤祐子、福士朝尋,藤江亮介,岡浩一郎,坂本静雄,樋口満

生涯スポーツ学研究査読有り14(2)p.15 - 262017年-

Weight change after 20 years of age and the incidence of dyslipidemia: a cohort study of Japanese male workers.

Sogabe N, Sawada SS, Lee IM, Kawakami R, Ishikawa-Takata K, Nakata Y, Mitomi M, Noguchi J, Tsukamoto K, Miyachi M, Blair SN.

J Public Health (Oxf)査読有り38(2)p.e77 - 832015年-

PubMed

Body Mass Index and Kidney Stones: A Cohort Study of Japanese Men.

Yoshimura E, Sawada SS, Lee IM, Gando Y, Kamada M, Matsushita M, Kawakami R, Ando R, Okamoto T, Tsukamoto K, Miyachi M, Blair SN.

J Epidemiol査読有り26(3)p.131 - 62015年-

PubMed

Cardiorespiratory fitness, Body mass index, and cancer mortality: a cohort study of Japanese men.

Sawada SS, Lee IM, Naito H, Kakigi R, Goto S, Kanazawa M, Okamoto T, Tsukamoto K, Muto T, Tanaka H, Blair SN.

BMC Public Health査読有り14(1)p.10122014年-

PubMed

「健康づくりのための運動基準2006」における「健康づくりのための最大酸素摂取量の基準値」と生命予後の関係:日本人男性労働者を対象にしたコホート研究.

澤田亨,宮地元彦,田中茂穂,高田和子,田畑泉,種田行男,小熊祐子,宮武伸行,岡本隆史,塚本浩二

運動疫学研究査読有り14(1)p.29 - 362012年-

link

飲酒習慣および有酸素能力と2型糖尿病罹患に関するコホート研究.

澤田亨,柿木亮,内藤久士,岡本隆史,塚本浩二,武藤孝司

運動疫学研究査読有り13(1)p.37 - 432011年-

link

Long-term trends in cardiorespiratory fitness and the incidence of type 2 diabetes.

Sawada SS, Lee I-M, Naito H, Noguchi J, Tsukamoto K, Muto T, Higaki Y, Tanaka H, Blair SN.

Diabetes Care査読有り33(6)p.1353 - 72010年-

PubMed

Muscular and Performance Fitness and Incidence of Type 2 Diabetes: Prospective Study of Japanese men.

Sawada SS, Lee I-M, Naito H, Tsukamoto K, Muto T, Blair SN.

J Phys Act Health査読有り7(5)p.627 - 322010年-

PubMed

Cardiorespiratory fitness and cancer mortality in Japanese men: a prospective study.

Sawada SS, Muto T, Tanaka H, Lee I-Min, Paffenbarger RS, Shindo M, Blair SN.

Med Sci Sports Exerc査読有り35(9)p.1546 - 502003年-

PubMed

Cardiorespiratory fitness and the incidence of type 2 diabetes: Prospective study of Japanese men.

Sawada SS, Lee I-Min, Muto T, Matsuzaki K, Blair SN.

Diabetes Care査読有り26(10)p.2918 - 222003年-

PubMed

日本人男性における有酸素能力と生命予後に関する縦断的研究.

澤田亨, 武藤孝司

日本公衆衛生雑誌査読有り46(2)p.113 - 211999年-

PubMed

Five year prospective study on blood pressure and maximal oxygen uptake.

Sawada S, Tanaka H, Funakoshi M, Shindo M, Kono S, Ishiko T.

Clin Exp Pharmacol Physio. 査読有り20(43289.0)p.483 - 71993年-

PubMed

書籍等出版物

講演・口頭発表等

コホート研究としての大学卒業生追跡研究の概要

澤田 亨

第74回日本体力医学会2019年09月

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)開催地:つくば国際会議場(茨城県つくば市)

労働者の体力と健康や寿命に関する疫学研究

澤田 亨

第74回日本体力医学会(日本体力医学会)2019年09月

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)開催地:つくば国際会議場(茨城県つくば市)

健康増進施設における運動指導の標準プログラム開発

第38回日本臨床運動療法学会(日本臨床運動療法学会)2019年09月

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)開催地:新潟大学

健康政策への貢献の今とこれから

澤田 亨

第21回 日本運動疫学会 学術総会2018年06月

詳細

シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

実践現場における研究方法の考え方と実施方法の基礎の基本のABC

澤田 亨

日本スポーツ栄養学会第6回大会(日本スポーツ栄養学会)招待有り2019年08月

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)開催地:東京大学

日本における運動疫学研究の成果と課題

澤田 亨

第1回日本体力医学会北九州地方会(日本体力医学会北九州地方会)招待有り2019年08月07日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)開催地:九州大学

「東京2020オリンピック・パラリンピック」と「スポーツ疫学」

澤田 亨

東海体育学会65回大会(東海体育学会)招待有り2017年10月

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)開催地:皇學館大学(三重県伊勢市)

「疫学研究」と「疫学っぽい研究」の違い

澤田 亨

第72回日本体力医学会(日本体力医学会)2017年09月

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)開催地:愛媛大学(愛媛県松山市)

健康増進施設の概要と現状

澤田 亨

第36回日本臨床運動療法学会(日本臨床運動療法学会)2017年09月

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)開催地:大妻女子大学(東京都千代田区)

健康づくりに関連する運動疫学研究の成果とその発信

澤田 亨

第20回日本運動疫学会(日本運動疫学会)2017年06月

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:神戸大学(兵庫県神戸市)

体力向上により健康寿命の延伸を

澤田 亨

日本栄養・食糧学会 関東支部 第19回脂質栄養シンポジウム(日本栄養・食糧学会)招待有り2017年02月

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)開催地:星稜会館(東京都千代田区)

Physical fitness and morbidity/mortality among Japanese men

澤田 亨

The 6th International Sports Science Network Forum In Nagano 2016招待有り2016年11月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)開催地:Hotel Buena Vista(長野県松本市)

Policy and Practice for the Promotion of Physical Activity at Workplace in Japan

澤田 亨

2016 Conference on Sport-for-all policy(国立台湾師範大学)招待有り2016年10月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)開催地:国立台湾師範大学(台北市)

現場における疫学的研究手法の展開:運動疫学者からの提案

澤田 亨

第71回日本体力医学会(日本体力医学会)2016年09月

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)開催地:いわて県民情報交流センター(岩手県盛岡市)

国民におけるスポーツイベントに着目した疫学研究

澤田 亨

第2回運動疫学の集い(日本運動疫学会)2016年09月

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:いわて県民情報交流センター(岩手県盛岡市)

疫学研究とエビデンス

澤田 亨

日本体育学会第67回大会(日本体育学会)招待有り2016年08月

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:大阪体育大学(大阪府泉南郡)

健康長寿の秘訣と秘策

澤田 亨

早稲田教育学院:早稲田の授業を知ろう(早稲田祭2019運営スタッフ)招待有り2019年11月

詳細

国内会議講義等開催地:早稲田大学(東京都新宿区)

十分に調査されているけど知られていない癌と運動の深い関係

澤田 亨

早稲田教育学院:早稲田の授業を知ろう(早稲田祭2019運営スタッフ)招待有り2019年11月

詳細

国内会議講義等開催地:早稲田大学(東京都新宿区)

健康長寿を目指した食生活習慣・運動習慣

澤田 亨

政経文化セミナー(翔洋会)招待有り2019年10月

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)開催地:ホテルニューオータニ博多(福岡県福岡市)

姿勢と呼吸と健康のヒミツ!

澤田 亨

こども霞が関見学デー(厚生労働省)招待有り2019年08月

詳細

国内会議講義等開催地:厚生労働省(東京都千代田区)

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

東京大学の学生の過去50年の体力測定データを活用したヒストリカルコホート研究

2016年-0月-2020年-0月

配分額:¥18070000

研究種別:基盤研究C(一般)

身体活動増加のための社会環境改善に資する科学的根拠を確立するための包括的疫学研究

2015年04月-2018年03月

研究種別:基盤研究B(一般)

日本人の健康寿命延伸の鍵を解明する包括的スポーツ科学研究

2019年04月-2024年03月

研究種別:

青年アスリートのスポーツ傷害を未然に予防するための包括的な大規模スポーツ疫学研究

2020年-0月-2023年-0月

配分額:¥4290000

研究資金の受入れ状況

提供機関:厚生労働省制度名:厚生労働科学研究費実施形態:補助金

健康増進施設の現状把握と標準的な運動指導プログラムの開発および効果検証と普及促進2017年06月-2020年

代表

提供機関:上原記念生命科学財団制度名:上原記念生命科学財団研究助成金

体力・身体活動と運動器障害に関する 疫学研究2013年04月-2014年03月

代表

学内研究制度

特定課題研究

身体活動不足が尿路結石症発症の危険因子かを明らかにする後ろ向き大規模コホート研究

2018年度共同研究者:丸藤祐子, 川上諒子, 田代稔, I-Min Lee, Steven N. Blair, 宮地元彦, 曽根博仁, 加藤公則

研究成果概要:【目的】身体活動不足が尿路結石症発症の危険因子かどうかを明らかにするためにコホート研究を実施した。【方法】研究参加者は男性16,458人、女性7,140人であった。研究参加者を余暇時の身体活動時間で3群に、歩行業務時間で2群に分類...【目的】身体活動不足が尿路結石症発症の危険因子かどうかを明らかにするためにコホート研究を実施した。【方法】研究参加者は男性16,458人、女性7,140人であった。研究参加者を余暇時の身体活動時間で3群に、歩行業務時間で2群に分類して5年間追跡した。追跡期間中における尿路結石症発症の有無を問診票で把握した。【結果】追跡期間中169人が尿路結石症を発症した。余暇身体活動時間や歩行業務時間は尿路結石症発症率と負の関係が観察された。【結論】余暇身体活動時間と歩行業務時間を組み合わせると尿路結石症発症率とより強く関係していた。【発表】第66回米国スポーツ医学会および第56回日本人間ドック学会にて発表した。

1964年東京オリンピック出場選手の体力と健康の関係を明らかにする長期追跡研究

2019年度共同研究者:長阪 裕子, 樋口 満, 岡 浩一朗, 坂本 静男, 岡田 純一, 川上 諒子, 青野 博, 石塚 創也, 山田 早智子, 蒲原 一之, 川原 貴

研究成果概要: オリンピックに参加したトップレベルのスポーツ選手においてもオリンピック参加後の競技生活からの引退や練習量の低下など環境の変化に伴う体重の変化が非感染性疾患罹患率に影響を及ぼす可能性がある。そこで本研究は、1964年東京オリンピッ... オリンピックに参加したトップレベルのスポーツ選手においてもオリンピック参加後の競技生活からの引退や練習量の低下など環境の変化に伴う体重の変化が非感染性疾患罹患率に影響を及ぼす可能性がある。そこで本研究は、1964年東京オリンピック参加選手を対象に、オリンピック参加時の体重と、オリンピック参加後8年もしくは12年後の体重を比較し、体重の変化量別に2016年まで追跡した追跡期間中の高血圧および糖尿病罹患率の関係を評価した。その結果、オリンピック参加後に体重が増える割合が大きかった選手ほど高血圧および糖尿病罹患の危険度が高い値を示すことが確認された。

主な学内支援制度

特定課題研究

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
スポーツ教養演習I 02スポーツ科学部2020春学期
スポーツ教養演習II 02スポーツ科学部2020秋学期
演習I(スポーツ疫学)スポーツ科学部2020秋学期
演習II(スポーツ疫学)スポーツ科学部2020春学期
演習III(スポーツ疫学)スポーツ科学部2020秋学期
演習IV(スポーツ疫学)スポーツ科学部2020春学期
基礎統計学 01スポーツ科学部2020春学期
公衆衛生学 01スポーツ科学部2020秋学期
健康スポーツ原論C(健康スポーツ疫学)スポーツ科学部2020秋学期
スポーツ疫学研究指導A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
スポーツ疫学研究指導B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
Health and Exercise Science 1 (Directed Research M) (Sawada) A大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
Health and Exercise Science 1 (Directed Research M) (Sawada) B大学院スポーツ科学研究科2020春学期
スポーツ疫学演習(1)A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
スポーツ疫学演習(1)B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
Health and exercise science 1 (Seminar 1) A大学院スポーツ科学研究科2020春クォーター
Health and exercise science 1 (Seminar 1) B大学院スポーツ科学研究科2020夏クォーター
Health and exercise science 1 (Seminar 2) A大学院スポーツ科学研究科2020秋クォーター
Health and exercise science 1 (Seminar 2) B大学院スポーツ科学研究科2020冬クォーター
スポーツ疫学演習(2)A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
スポーツ疫学演習(2)B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
スポーツ疫学・統計学特論大学院スポーツ科学研究科2020春学期
Health and Sports Epidemiology大学院スポーツ科学研究科2020秋クォーター
スポーツ疫学研究指導(D)A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
スポーツ疫学研究指導(D)B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
Sport Sciences 2 01グローバルエデュケーションセンター2020夏クォーター

他機関等の客員・兼任・非常勤講師等

2016年04月順天堂大学大学院 スポーツ健康科学研究科客員教授