氏名

オカモト ユウコ

岡本 悠子

職名

講師(任期付)

所属

(高等研究所)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
yokamoto@aoni.waseda.jp

住所・電話番号・fax番号

電話番号
03-5286-2114

URL等

WebページURL

https://researchmap.jp/yokamoto

https://sites.google.com/view/autismwaseda/home

https://sites.google.com/view/autismwasedajp/home

本属以外の学内所属

兼担

人間科学学術院(大学院人間科学研究科)

学歴・学位

学歴

2004年04月-2008年03月 順天堂大学 スポーツ健康科学部 スポーツ科学科
2008年04月-2013年03月 総合研究大学院大学 生命科学研究科 生理科学専攻

学位

博士(理学) 総合研究大学院大学

経歴

2010年04月-2013年03月日本学術振興会特別研究員(DC1)
2013年04月-2014年03月鳥取大学地域学部プロジェクト研究員
2014年04月-2017年06月福井大学子どものこころの発達研究センター特命助教
2014年05月-2017年06月大阪大学大学院連合小児発達学研究科助教
2017年07月-2020年03月株式会社ATR-Promotions脳活動イメージングセンタ研究アドバイザー
2017年07月-2020年03月福井大学子どものこころの発達研究センター特別研究員
2017年10月-2018年03月大阪大学大学院連合小児発達学研究科非常勤講師
2018年04月-2020年03月株式会社国際電気通信基礎技術研究所研究員
2020年04月-早稲田大学高等研究所講師(任期付)
2020年04月-東北大学加齢医学研究所共同研究員
2020年04月-福井大学病態制御医学講座精神医学特別研究員

所属学協会

日本ヒト脳機能マッピング学会

日本心理学会

日本神経科学学会

U21 Autism Research Network

受賞

ポスター最優秀賞

2009年授与機関:総合研究大学院大学

若手奨励賞

2011年授与機関:日本ヒト脳機能マッピング学会

ポスター最優秀賞

2012年授与機関:総合研究大学院大学

ベストポスター賞

2015年授与機関:日本ヒト脳機能マッピング学会

優秀論文 (責任著者)

2015年授与機関:福井大学医学部

優秀社長ファンド提案賞

2019年授与機関:株式会社国際電気通信基礎技術研究所

論文

Attenuated relationship between salivary oxytocin levels and attention to social information in adolescents and adults with autism spectrum disorder: a comparative study

T.Fujioka, T.X.Fujisawa, K.Inohara, Y.Okamoto, Y.Matsumura, K.J.Tsuchiya, T.Katayama, T.Munesue, A.Tomoda, Y.Wada, H.Kosaka*.

Annals of General Psychiatry2020年-

Visual Body Part Representation in the Lateral Occipitotemporal Cortex in Children/Adolescents and Adults.

Y.Okamoto*, R.Kitada, T.Kochiyama, H.Naruse, K.Makita, M.Miyahara, H.Okazawa, H.Kosaka*.

Cerebral Cortex Communications2020年-

Attenuated activation of the anterior rostral medial prefrontal cortex on self-relevant social reward processing in individuals with autism spectrum disorder

M.Sumiya, Y.Okamoto, T.Koike, T.Tanigawa, H.Okazawa, H.Kosaka, N.Sadato*.

NeuroImage: Clinical2020年-

Differences between children and adults in functional connectivity between the inferior frontal gyrus and extrastriate body area for gestural interaction

Y.Okamoto*, R.Kitada, A.Seki, H.Yanaka, T.Kochiyama, T.Koeda

Social neuroscience2020年-

Effect of intranasal oxytocin on the core social symptoms of autism spectrum disorder: a randomized clinical trial

H.Yamasue*, T.Okada, T.Munesue, M.Kuroda, T.Fujioka, Y.Uno, K.Matsumoto, H.Kuwabara, D.Mori, Y.Okamoto, Y.Yoshimura, Y.Kawakubo, Y.Arioka, M.Kojima, T.Yuhi, K.Owada, W.Yassin, I.Kushima, S.Benner, N.Ogawa, Y.Eriguchi, N.Kawano, Y.Uemura, M.Yamamoto, Y.Kano, K.Kasai, H.Higashida, N.Ozaki, H.Kosaka.

Molecular Psychiatry2020年-

第50回大会報告: 共感性と音楽 - ホルモンから読み解く-

森下修次, 福井一, 岡本悠子, 豊島久美子, 小川容子

音楽教育学2020年-

Quantitative facial expression analysis revealed the efficacy and time-course of oxytocin in autism

K.Owada, T.Okada, T.Munesue, M.Kuroda, T.Fujioka, Y.Uno, K.Matsumoto, H.Kuwabara, D.Mori, Y.Okamoto, Y.Yoshimura, Y.Kawakubo, Y.Arioka, M.Kojima, T.Yuhi, W.Yassin, I.Kushima, S.Benner, N.Ogawa, N.Kawano, Y.Eriguchi, Y.Uemura, M.Yamamoto, Y.Kano, K.Kasai, H.Higashida, N.Ozaki, H.Kosaka, H.Yamasue*

Brain2019年-

Local-to-distant development of the cerebrocerebellar sensorimotor network in the typically developing human brain: a functional and diffusion MRI study

K.Amemiya, T.Morita, DN.Saito, M.Ban, K.Shimada, Y.Okamoto, H.Kosaka, H.Okazawa, M.Asada, E.Naito*

Brain Structure and Function2019年-

Distinct sensitivities of the lateral prefrontal cortex and extrastriate body area to contingency between executed and observed actions

AT.Sasaki†, Y.Okamoto†, T.Kochiyama, R.Kitada*, N.Sadato

Cortex2018年-

Altered perspective-dependent brain activation while viewing hands and associated imitation difficulties in individuals with autism spectrum disorder

Y.Okamoto*, R.Kitada, M.Miyahara, T.Kochiyama, H.Naruse, N.Sadato, H.Okazawa, H.Kosaka*.

Neuroimage: Clinical2018年-

Self-face recognition begins to share active region in right inferior parietal lobule with proprioceptive illusion during adolescence

T.Morita*, DN.Saito, M.Ban, K.Shimada, Y.Okamoto, H.Kosaka, H.Okazawa, M.Asada, E.Naito

Cerebral cortex2018年-

Oxytocin efficacy is modulated by dosage and oxytocin receptor genotype in young adults with high-functioning autism: a 24-week randomized clinical trial

H.Kosaka*, Y.Okamoto, T.Munesue, H.Yamasue, K.Inohara, T.Fujioka, T.Anme, M.Orisaka, M.Ishitobi, M.Jung, TX.Fujisawa, S.Tanaka, S.Arai, M.Asano, DN.Saito, N.Sadato, A.Tomoda, M.Omori, M.Sato, H.Okazawa, H.Higashida, Y.Wada

Translational psychiatry2018年-

Development of right-hemispheric dominance of inferior parietal lobule in proprioceptive illusion task

E.Naito*, T.Morita, DN.Saito, M.Ban, K.Shimada, Y.Okamoto, H.Kosaka, H.Okazawa, M.Asada

Cerebral cortex2017年-

Age-dependent atypicalities in body- and face-sensitive activation of the EBA and FFA in individuals with ASD

Y.Okamoto*, H.Kosaka*, R.Kitada, A.Seki, HC.Tanabe, MJ.Hayashi, T.Kochiyama, DN.Saito, HT.Yanaka, T.Munesue, M.Ishitobi, M.Omori, Y.Wada, H.Okazawa, T.Koeda, N.Sadato

Neuroscience research2017年-

Self-face recognition shares brain regions active during proprioceptive illusion in the right inferior fronto-parietal superior longitudinal fasciculus III network

T.Morita*, DN.Saito, M.Ban, K.Shimada, Y.Okamoto, H.Kosaka, H.Okazawa, M.Asada, E.Naito

Neurocience2017年-

Decision making processes based on social conventional rules in early adolescents with and without autism spectrum disorders

H.Komeda, H.Osanai, K.Yanaoka, Y.Okamoto, T.Fujioka, S.Arai, K.Inohara, M.Koyasu, T.Kusumi, S.Takiguchi, M.Kawatani, H.Kumazaki, M.Hiratani, A.Tomoda, H.Kosaka*

Scientific reports2016年-

Altered frontal pole development affects self-generated spatial working memory in ADHD

S.Arai, Y.Okamoto, T.Fujioka, K.Inohara, M.Ishitobi, Y.Matsumura, M.Jung, K.Kawamura, S.Takiguchi, A.Tomoda, Y.Wada, M.Hiratani, N.Matsuura, H.Kosaka*

Brain & development2016年-

The potential of nasal oxytocin administration for remediation of autism spectrum disorders

Y.Okamoto, M.Ishitobi, Y.Wada, H.Kosaka*

CNS Neurol Disord Drug Targets2016年-

Gazefinder as a clinical supplementary tool for discriminating between autism spectrum disorder and typical development in male adolescents and adults

T.Fujioka, K.Inohara, Y.Okamoto, Y.Masuya, M.Ishitobi, DN.Saito, M.Jung, S.Arai, Y.Matsumura, TX.Fujisawa, K.Narita, K.Suzuki, KJ.Tsuchiya, N.Mori, T.Katayama, M.Sato, T.Munesue, H.Okazawa, A.Tomoda, Y.Wada, H.Kosaka*

Molecular autism2015年-

Ventral striatum dysfunction in children and adolescents with reactive attachment disorder: functional MRI Study

S.Takiguchi, TX.Fujisawa, S.Mizushima, DN.Saito, Y.Okamoto, K.Shimada, M.Koizumi, H.Kumazaki, M.Jung, H.Kosaka, M.Hiratani, Y.Ohshima, MH.Teicher, A.Tomoda

British Journal of Psychiatry Open2015年-

Sex-different abnormalities in the right second to fourth digit ratio in Japanese individuals with autism spectrum disorders

Y.Masuya, Y.Okamoto*, K.Inohara, Y.Matsumura, T.Fujioka, Y.Wada, H.Kosaka

Molecular autism2015年-

児童・青年期の脳機能画像研究 2.fMRI

岡本悠子, 新井清義, 齋藤大輔, 小坂浩隆

児童青年精神医学とその近接領域2015年-

自閉スペクトラム症の脳画像研究 (特集 自閉症研究の最前線)

小坂浩隆, 岡本悠子, 丁ミンヨン

精神科2015年-

Role of the precuneus in the detection of incongruency between tactile and visual texture information: A functional MRI study

R.Kitada*, AT.Sasaki, Y.Okamoto, T.Kochiyama, N.Sadato.

Neuropsychologia2014年-

Attenuation of the contingency detection effect in the extrastriate body area in autism spectrum disorder

Y.Okamoto, R.Kitada, HC.Tanabe, MJ.Hayashi, T.Kochiyama, T.Munesue, M.Ishitobi, DN.Saito, HT.Yanaka, M.Omori, Y.Wada, H.Okazawa, AT.Sasaki, T.Morita, S.Itakura, H.Kosaka, N.Sadato*.

Neuroscience research2014年-

小学校の異年齢集団交流による児童間の親密度の変化

岡本悠子, 大野桂, 小枝達也

地域学論集 : 鳥取大学地域学部紀要2014年-

Early visual experience and the recognition of basic facial expressions: involvement of the middle temporal and inferior frontal gyri during haptic identification by the early blind

R.Kitada*, Y.Okamoto, AT.Sasaki, T.Kochiyama, M.Miyahara, SJ.Lederman, N.Sadato.

Frontiers in human neuroscience2013年-

From gestures to words: spontaneous verbal labeling of complex sequential hand movements reduces fMRI activation of the imitation-related regions

M.Miyahara, R.Kitada*, AT.Sasaki, Y.Okamoto, HC.Tanabe, N.Sadato.

Neuroscience research2013年-

【社会脳科学:領域を越えた融合と発展】自閉症スペクトラム障害の社会性障害を探る fMRI研究」

小坂浩隆, 田邊宏樹, 守田知代, 岡本悠子, 齋藤大輔, 石飛信, 棟居俊夫, 和田有司, 定藤規弘

日本生物学的精神医学会誌2012年-

書籍等出版物

The neuroimaging of brain diseases: structural and functional advances

Y.Okamoto, H.Kosaka (Editor C.Habas.)(分担執筆)

Springer2018年-

子ども・大人の発達障害診療ガイドブック―年代別にみる症例と発達障害データ集

岡本悠子, 小坂浩隆 (編集 内山登紀夫)(分担執筆)

中山書店2017年-

発達障害の新しい治療法 ~オキシトシンを中心に~

小坂浩隆、岡本悠子(分担執筆)

2016年-

講演・口頭発表等

fMRIで調べる身体認知と対人コミュニケーションの神経基盤:定型発達者と自閉スペクトラム症者の脳機能の違い

岡本悠子

順天堂大学 スポーツ健康医科学研究所 第14回所外セミナー招待有り2018年02月

ヒトにおいて他者とは何か?:自他認知において想定される階層的構造

企画・司会: 北田亮, 月浦崇 話題提供: 杉浦元亮, 勝見佑太, 岡本悠子 指定討論: 高橋英之

日本心理学会第82回大会 シンポジウム2018年09月

共感性と音楽 ― ホルモンから読み解く

企画,司会: 森下修次 話題提供: 福井一, 岡本悠子, 豊島久美子 指定討論: 小川容子

日本音楽教育学会第50回大会 ラウンドテーブル2019年10月

子どもの発達と自閉スペクトラム症の心理・脳科学研究

岡本悠子

岐阜県希望が丘こども医療福祉センター 発達精神医学研究所 児童精神保健研究会招待有り2020年09月

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:特別研究員奨励費

自閉症児の社会性の発達を促す相互模倣の神経基盤

2010年04月-2013年03月

配分額:¥2100000

研究種別:若手研究(B)

自閉スペクトラム症の運動障害と社会性障害に共通の脳内メカニズムは存在するか?

2017年04月-2021年03月

配分額:¥4290000

学内研究制度

特定課題研究

自閉スペクトラム症の高次視覚野発達に関する文献レビュー

2020年度

研究成果概要:脳情報解読と機能的結合解析を用いることで、高次視覚野と初期視覚野の機能的結合が手のidentity(自分の手・他者の手)とPerspective(一人称視点・三人称視点)の統合に関与することを明らかにした。また、単変量解析と脳情報...脳情報解読と機能的結合解析を用いることで、高次視覚野と初期視覚野の機能的結合が手のidentity(自分の手・他者の手)とPerspective(一人称視点・三人称視点)の統合に関与することを明らかにした。また、単変量解析と脳情報解読を用いることで、高次視覚野が身体部位の種類(手・顔)と動作(ジェスチャー、表情、発声)にかかわらず相互模倣時に自分の動きと他者の動きを比較し同一性を検出することも明らかにした。いずれも定型発達者を対象とした研究ではあるが、自閉スペクトラム症者で活動低下が認められるという報告の多い高次視覚野の機能について基礎的な知見を積み重ねることで、自閉スペクトラム症の方の脳機能発達をより深く理解することにつながると考えられる。また、この研究成果は2本の論文としてまとめ、現在査読中である。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
発達脳機能画像研究大学院人間科学研究科2021秋クォーター
「暗黙知」の科学大学院人間科学研究科2021春季集中