氏名

マツモト タイスケ

松本 泰介

職名

准教授

所属

(スポーツ科学部)

本属以外の学内所属

兼担

スポーツ科学学術院(大学院スポーツ科学研究科)

法学学術院(大学院法務研究科)

学内研究所等

スポーツビジネス研究所

研究所員 2016年-

学歴・学位

学歴

1999年04月-2003年02月 京都大学 法学部

学位

博士(スポーツ科学) 早稲田大学

経歴

2005年10月-第二東京弁護士会 登録
2004年04月-2005年09月司法研修所司法修習生
2013年09月-2013年11月DIS Deutsches Sportschiedsgericht (German Court of Arbitration for Sport)
2013年06月-2013年11月日本スポーツ仲裁機構理解増進専門職員

所属学協会

日本スポーツ法学会 理事

委員歴・役員歴(学外)

2018年-日本スポーツ協会「加盟のあり方検討プロジェクト」委員
2017年-日本スポーツ仲裁機構スポーツ庁委託事業「スポーツ競技団体のコンプライアンス強化に関する委員会」委員
2017年-日本テニス協会違法行為・反倫理的行為再発防止検討会委員
2015年-日本スポーツ仲裁機構将来構想検討委員会委員
2015年-日本スポーツ仲裁機構スポーツ仲裁法啓発活動委員会委員
2014年-日本スポーツ仲裁機構文部科学省委託事業「スポーツ団体のガバナンスに関する協力者会議」委員
2013年-日本スポーツ振興センタースポーツ指導における暴力行為等に関する第三者相談・調査委員会 特別委員
2011年-日本スポーツ仲裁機構文部科学省委託事業「スポーツ界のガバナンスに関する委員会」委員

取材ガイド

カテゴリー
社会科学
専門分野
スポーツ法、スポーツビジネス法、スポーツガバナンス
自己紹介コメント
スポーツ一般、スポーツビジネスの法とルールの実務に関わる弁護士です。
キーワード
スポーツ仲裁、スポーツビジネス、知的財産

研究分野

キーワード

スポーツ法、スポーツガバナンス

論文

カナダの代表選手選考仲裁における法的審査の範囲と限界

松本泰介

日本スポーツ法学会年報査読有り(25)p.182 - 2132018年12月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

代表選手選考仲裁における統一的規範形成の可能性

松本泰介

日本スポーツ法学会年報査読有り(25)p.132 - 1592018年12月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

ニュージーランドの代表選手選考仲裁における判断基準 : スポーツ仲裁における司法審査のあり方

松本泰介

日本スポーツ法学会年報査読有り(24)p.74 - 972017年12月-

CiNii

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:1340-8895

アンブッシュマーケティング規制と独占禁止法 (特集 これからのスポーツ法)

松本泰介

法学セミナー63(9)p.32 - 362018年09月-

link

法的観点からのインテグリティ ~スポーツ界が実現すべき、スポーツの本質的価値は何か?

松本泰介

スポーツ白書2017p.8 - 122017年03月-

link

スポーツ団体のガバナンス

松本泰介

法学教室(2016年9月)p.75 - 792016年08月-

link

学内研究制度

特定課題研究

代表選手選考における法的合理性判断要素~競技種目特性、選考の専門性を踏まえて

2016年度

研究成果概要: 代表選考のスポーツ仲裁判断においては、競技団体の専門性、自律性とスポーツガバナンスに基づく司法審査という利益衝突が問題になるが、取消事由を消極的に設定するのが一般的である。多数のスポーツ仲裁判断が積み重なってきている現在において... 代表選考のスポーツ仲裁判断においては、競技団体の専門性、自律性とスポーツガバナンスに基づく司法審査という利益衝突が問題になるが、取消事由を消極的に設定するのが一般的である。多数のスポーツ仲裁判断が積み重なってきている現在において、このようなスポーツ仲裁における司法審査の在り方を検討すべく、本年は、今後様々な国際比較を行う上の第1弾として、日本スポーツ仲裁機構と同時期に設立され、既に代表選考に関する仲裁判断も30件なされている、ニュージーランドのスポーツ仲裁裁判所(Sports Tribunal of New Zealand)を対象として、代表選考における司法審査の在り方を考察した。 

競技団体の代表選手選考決定とスポーツ仲裁による司法審査

2017年度

研究成果概要: 代表選考のスポーツ仲裁判断においては、競技団体の専門性、自律性とスポーツガバナンスに基づく司法審査という利益衝突が問題になるが、取消事由を消極的に設定するのが一般的である。多数のスポーツ仲裁判断が積み重なってきている現在において... 代表選考のスポーツ仲裁判断においては、競技団体の専門性、自律性とスポーツガバナンスに基づく司法審査という利益衝突が問題になるが、取消事由を消極的に設定するのが一般的である。多数のスポーツ仲裁判断が積み重なってきている現在において、このようなスポーツ仲裁における司法審査の在り方を検討すべく、本年は、今後様々な国際比較を行う上の第2弾として、既に代表選考に関する仲裁判断も93件なされている、カナダスポーツ紛争解決センター、Sport Dispute Resolution Centre of Canada(SDRCC)を対象として、代表選考における司法審査の在り方を考察した。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
演習I(スポーツ法)スポーツ科学部2019秋学期
演習II(スポーツ法)スポーツ科学部2019春学期
演習III(スポーツ法)スポーツ科学部2019秋学期
演習IV(スポーツ法)スポーツ科学部2019春学期
基礎法学スポーツ科学部2019春学期
スポーツ法スポーツ科学部2019秋学期
スポーツビジネス基礎演習 02スポーツ科学部2019春学期
スポーツ・エンターテインメント法大学院法務研究科2019秋学期
スポーツビジネス法研究指導A大学院スポーツ科学研究科2019春学期
スポーツビジネス法研究指導B大学院スポーツ科学研究科2019秋学期
スポーツビジネス法演習(1)A大学院スポーツ科学研究科2019春学期
スポーツビジネス法演習(1)B大学院スポーツ科学研究科2019秋学期
スポーツビジネス法演習(2)A大学院スポーツ科学研究科2019春学期
スポーツビジネス法演習(2)B大学院スポーツ科学研究科2019秋学期
スポーツビジネス法特論大学院スポーツ科学研究科2019春クォーター