最終更新日2017年02月01日

氏名

フクナガ ユカ

福永 有夏

職名

教授

所属社会科学総合学術院

(社会科学部)

連絡先

URL等

WebページURL

http://www.f.waseda.jp/yuka-fukunaga/(講義・研究情報)

研究者番号
10326126

本属以外の学内所属

兼担

社会科学総合学術院(大学院社会科学研究科)

学歴・学位

学位

博士(法学) 論文 東京大学 国際法学 

修士(法学) 課程 カリフォルニア大学バークレー校

修士(法学) 課程 東京大学 国際法学 

経歴

2000年09月-2005年03月静岡県立大学国際関係学部 専任講師
2005年04月-2006年03月早稲田大学社会科学部 専任講師
2006年04月-2011年03月同 助教授(准教授)
2011年04月-同 教授
---------------- <研究経歴> ----------------
2001年-ニューヨーク州弁護士資格取得
2002年-2002年WTO上級委員会事務局研修
2002年-2002年ジョージタウン大学ローセンター客員研究員
2003年-2003年WTI夏期講習講師
2008年-2008年経済産業省WTO研修講師(2008, 2010)
2002年-2010年途上国政府職員向け研修講師(WTO紛争処理、通商救済法、貿易と環境)
2011年-2012年国際開発高等研究所客員研究員
2012年-2013年常設仲裁裁判所(PCA)法務官補佐
2013年-2014年途上国政府職員向け研修講師(WTO紛争処理、通商救済法、貿易と環境)
2014年-2014年極東連邦大学ロースクール客員教授
2016年-2016年国連国際法委員会第68会期補佐

所属学協会

日本国際経済法学会

国際法学会

国際法協会日本支部

世界法学会

アメリカ国際法学会

アジア国際法学会

国際経済法学会

その他基本情報

エッセイ「続・平和宮の平和でない?日々」『書斎の窓』(有斐閣)2014年5月号、7月号,9月号 エッセイ「平和宮の平和でない?日々−『国際経済協定の遵守確保と紛争処理』の刊行に寄せて」『書斎の窓』(有斐閣)2013年12月号 エッセイ「ジュネーブ通信」早稲田学報1188号−1193号(2011−2012年) エッセイ「(異見新言)『世界憲法』多様な我々が共有できるか」朝日新聞2008年03月15日 エッセイ「 『世界憲法』−夢か現か、幻か」早稲田大学オピニオンNo.258(2007年) ELSA WTO法模擬裁判大会・アジアカップ・ジャパンカップ・ジェサップ日本予選裁判官

研究分野

キーワード

国際経済法、国際法

科研費分類

社会科学 / 法学 / 国際法学 

論文

SPS Chapter under the TPP Agreement and its Implications

David A. Gantz and Jorge Huerta Goldman eds., The Trans Pacific Partnership Agreement (Cambridge University Press)

投資仲裁の動き(2016年)

日本国際経済法学会年報262017年-

国際経済法における国際立法―ILCによる立法の可能性

法律時報2017年9月号p.52 - 572017年09月-

TPPコンメンタール第8回 第9章 投資

福永有夏

貿易と関税p.38 - 562017年05月-2017年05月 

TPPコンメンタール第7回 第8章 貿易の技術的障害(TBT)

福永有夏

貿易と関税p.85 - 992017年04月-2017年04月 

TPPコンメンタール第7回 第7章 衛生植物検疫(SPS)措置

福永有夏

貿易と関税p.74 - 852017年04月-2017年04月 

Infrastructure Investment in Asia and Protection under International Investment Agreements

Yuka Fukunaga

Chinese (Taiwan) Yearbook of International Law and Affairs 査読有り33p.109 - 1382017年-

A Managerial Approach to Secure Compliance with the SPS Agreement

Yuka Fukunaga

International Economic Law and Governance: Essays in Honour of Mitsuo Matsushita (J. Chaisse & T-Y Lin eds., Oxford University Press, 2016)p.534 - 5502016年07月-2016年07月 

UNCITRAL仲裁規則に基づく投資仲裁

福永有夏

仲裁・ADRフォーラム5p.7 - 162016年03月-2016年03月 

メガFTAが変える国際標準化

福永有夏

世界経済評論682p.26 - 322016年01月-2016年02月 

Comment to Chapter "Free Trade Agreements and Natural Resources"

Yuka Fukunaga

Emerging Issues in Sustainable Development: International Trade Law and Policy Relating to Natural Resources, Energy and the Environment (Matsushita, M. & Schoenbaum, T. J. eds., Springer)p.211 - 2182016年-2016年

書評:松下満雄・米谷三以『国際経済法』

福永有夏

公正取引7812015年11月-

TBT協定の解釈及び適用に関する近年のパネル・上級委員会報告

福永有夏

平成26年度貿易障害を生じる基準認証と国際規律報告書(国際貿易投資研究所)p.20 - 392015年03月-

国内法そのものの国際経済協定違反と救済:WTO紛争処理制度及び投資仲裁制度の分析

福永有夏

国際法研究3p.37 - 582015年03月-

二国間投資協定における最恵国待遇条項−その他の経済協定との比較を中心に−

福永有夏

村瀬信也先生固輝記念『国際法学の諸相』(信山社)p.585 - 6022015年01月-

Japan-EU Economic Partnership Agreement Negotiations

Yuka Fukunaga

Japanese Journal of European Studies3p.44 - 572015年-

解説:コトパンジャン・ダム事件—政府開発援助によるダム建設と賠償請求

福永有夏

『平成25年度重要判例解説』(有斐閣)2014年-

書評:Ross Becroft, The Standard of Review in WTO Dispute Settlement: Critique and Development

福永有夏

日本国際経済法学会年報22p.252 - 2572013年-

Experts in WTO and Investment Litigation

Yuka Fukunaga

Jorge A. Huerta-Goldman et al eds., WTO Litigation, Investment Arbitration, and Commercial Arbitration (Kluwer Law International)招待有りCh.5p.135 - 1672013年-

Transparency and the Role of Domestic Process

Yuka Fukunaga

Transparency in International Trade and Investment Dispute Settlement (Junji Nakagawa ed., Routledge)p.30 - 482013年-

Standard of Review and ‘Scientific Truths’ in the WTO Dispute Settlement System and Investment Arbitration

Yuka Fukunaga

Journal of International Dispute Settlement査読有りv.3(n.3)p.559 - 5762012年-

事実審としてのWTOパネルの機能−立証責任・検討基準に関する法理の発展とその意義

福永有夏

『国際経済法講座』第1巻(日本国際経済法学会編、法律文化社)p.163 - 1782012年-

世界銀行の開発政策と「立憲化」

福永有夏

『世界法年報』30p.81 - 1082011年03月-

投資受入国の義務——サルカ[Saluka]事件(アドホック仲裁2006・3・17部分判断)

福永有夏

『国際法判例百選〔第2版〕』(小寺彰・森川幸一・西村弓編、有斐閣)p.146 - 1472011年-

Global Economic Institutions and the Autonomy of Development Policy: A Pluralist Approach

Yuka Fukunaga

International Economic Law and National Autonomy (Meredith Kolsky Lewis & Susy Frankel eds., Cambridge Universiy Press)査読有りp.22 - 432010年10月-

権利制限規定と知的財産権条約−論点の提起と整理−

福永有夏

日本国際経済法学会年報19p.145 - 1652010年10月-

Customs Law of Japan

Yuka Fukunaga

Customs Law of East Asia (Chia-Jui Cheng ed., Kluwer Law International)p.117 - 1642010年-

Discontinuity in the Internalization of the WTO Rules: Assessing the Democratic Deficit Critique against the Dispute Settlement System

Yuka Fukunaga

Alberta Law Review46(4)p.1039 - 10592009年08月-

アンチダンピング:ゼロイングの歴史の終焉−それとも新たな始まりか?

ポール・ワール、福永有夏

貿易と関税p.42 - 522009年-

Civil Society and the Legitimacy of the WTO Dispute Settlement System

Yuka Fukunaga

Brooklyn Journal of International Law34(1)p.85 - 1172008年-

Participation of Private Parties in the WTO Dispute Settlement Processes: Treatment of Unsolicited Amicus Curiae Submissions

Yuka Fukunaga

Soochow Law Journal4(1)p.99 - 1302007年01月-

書評:John H. Jackson, Sovereignty, the WTO, and Changing Fundamentals of International Law

福永有夏

日本国際経済法学会年報162007年-

Korea

Lori Yi, Hiroe Otake, and Yuka Fukunaga

Anti-Dumping Laws and Practices of the New Users (Junji Nakagawa ed., Cameron May)2007年-

Chinese Taipei

Isamu Mamiya, Bai Bagen, and Yuka Fukunaga

Anti-Dumping Laws and Practices of the New Users (Junji Nakagawa ed., Cameron May)2007年-

韓国のアンチダンピング法制とその運用(上)(下)

大竹宏枝・福永有夏

貿易と関税2006年7月号、8月号2006年07月-2006年08月 

Securing Compliance through the WTO Dispute Settlement System: Implementation of DSB Recommendations

Yuka Fukunaga

Journal of International Economic Law9(2)p.383 - 4262006年06月-

Trade Remedies in East Asian Regional Trade Agreements

Yuka Fukunaga

The WTO Trade Remedy System: East Asian Perspectives (Mitsuo Matsushita, Dukgeun Ahn and Tain-Jy Chen eds., Cameron May)2006年-

書評:Federico Ordino and Ernst-Ulrich Petersmann eds., The WTO Dispute Settlement System 1995-2003

福永有夏

日本国際経済法学会年報第14号p.239 - 2412005年11月-

国際関係法辞典第2版

国際法学会

三省堂2005年09月-

投資保護協定と日本

福永有夏

『法律時報』77巻(6号)p.66 - 712005年06月-

書評:中川淳司編著「中国のアンチダンピング:日本企業への影響と対応策」ジェトロ(日本貿易振興機構)

福永有夏

『国際商事法務』2005年2月号2005年02月-

「貿易と競争」

福永有夏

『貿易と関税』2005年1月号2005年01月-

An “Effect-Based” Approach to Anti-Dumping:Why Should We Introduce a “Mandatory Lesser Duty Rule"?

Yuka Fukunaga

Journal of World TradeVol.38(No.3)2004年06月-

「ECのインドからの綿製ベッドリネンに対するアンチダンピング措置(DS141)紛争解決了解21条5項に基づく手続」

福永有夏

『貿易と関税』2004年1月号2004年01月-

Argentina - Definitive Antidumping Measures on Imports of Ceramic Floor Tiles from Italy, Report of the Panel

Yuka Fukunaga

Selected GATT/WTO Panel Reports, Summaries and CommentariesVol.92003年12月-

「APEC」

福永有夏

『貿易と関税』2003年1月号2003年01月-

「熱延鋼板米国アンチダンピング調査(上)(中)」

福永有夏

『貿易と関税』2003年1月号、2月号2003年01月-

「通商救済法とWTO」

福永有夏

『WTOビジネスハンドブック』(渡邊頼純編著、日本貿易振興機構)2003年-

“Marc Benitah, The Law of Subsidies under the GATT/WTO System (The Hague, London, New York; Kluwer Law International)

Yuka Fukunaga

Journal of the Japanese and International Economies2003年-

「WTOと世界経済」

小浜裕久・福永有夏

『国際経済』53号2002年-

「アンチダンピング制度の国際的調和〜協定解釈に関する審査基準に注目して〜」

福永有夏

『社会科学研究』第53巻(4号)2002年-

「アンチダンピング調査開始決定の比較分析」

福永有夏

『静岡県立大学国際関係学双書』192002年-

「自由貿易体制の構造」

福永有夏

六鹿茂夫、小久保康之、前山亮吉編著 『国際関係学への招待』(三恵社)2002年-

「ECのインドからの綿製ベッドリネンに対するアンチダンピング措置」、

福永有夏

『貿易と関税』2001年9月号2001年09月-

「アンチ・ダンピング制度の意義〜「調査開始要件」に関する諸問題への視座〜上・下」

福永有夏

『貿易と関税』2000年6月号、7月号2000年06月-

書籍等出版物

国際経済協定の遵守確保と紛争処理 - WTO紛争処理制度及び投資仲裁制度の意義と限界

福永有夏

有斐閣2013年 09月-

詳細

ISBN:4641046654

講演・口頭発表等

Margin of Appreciation and Judicial Deference in Investment Arbitration

ASIL Midyear Meeting Research Forum2017年10月27日

詳細

開催地:St. Louis

Comment: Trump Administration’s New Trade Policy and the World Trading System

日韓共同学術大会(日本国際経済法学会)招待有り2017年10月16日

詳細

開催地:東京

ECTに関する投資仲裁

エネルギー憲章条約と事務局の役割(外務省)招待有り2017年10月03日

Paris Agreement in the WTO Dispute Settlement

Yuka Fukunaga

The Asian WTO Trade Forum招待有り2017年08月

詳細

開催地:Seoul

Currency Manipulation and Trade Remedies

Annual Meeting of Asia WTO Research Network2017年06月06日

詳細

国際会議開催地:台湾

Tobacco Regulations and Investment Arbitration

(国立台北大学)招待有り2017年05月

詳細

講義等開催地:台湾

Abuse of Process under International Law and Investment Arbitration

ASIL-MU Works in Progress Conference(アメリカ国際法学会)2017年02月02日

詳細

国際会議開催地:コロンビア(ミズーリ州)

Allocation of Interpretative Power in WTO Dispute Settlement

Forum for the Asian WTO Moot Court Steering Committee招待有り2017年01月13日

詳細

国際会議開催地:ソウル

Does transparency remedy legitimacy concerns of private standards?

The 76th GSDM Platform Seminar "Private Standards and Global Governance: Prospects and Challenges"招待有り2016年12月12日

詳細

国際会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:東京

Precedent in Investment Arbitration

Yuka Fukunaga

ASIL Research Forum(アメリカ国際法学会)2016年11月11日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:シアトル

フィリップ・モリス・アジア対オーストラリア事件を題材としたPCA/UNCITRAL投資仲裁の手続的問題

アジア国際法学会第7回秋季研究会・国際法研究者実務家勉強会 招待有り2016年10月27日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:東京

国連国際法委員会第68会期審議報告(共同報告)

外務省国際法研究会2016年09月30日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:東京

Technical Barriers to Trade: Harmonization, Coherence, Cooperation

The 67th GSDM Platform Seminar International Symposium on Global Trade Order after the TPP: Opportunities and Challenges for Japan” (Tokyo)招待有り2015年12月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:東京

Applicable Rules of International Law in Investor-State Arbitration

CCIL (Canadian Council on International Law) 44th Annual Conference: International Law: Coherence Or Chaos? (Ottawa)2015年11月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:オタワ

Rules of Origin in the TPP and Beyond

APEC FTAAP Capacity Building Workshop: Dealing with a New Trade Landscape: Complexities of Rules of Origin and Logistical Challenges of Trade Facilitation (Seoul)招待有り2015年09月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:ソウル

Infrastructure Investment in Asia and Protection under International Law

Joint Asian International Economic Law Conference: Regionalism in Asia-Pacific and Beyond: Challenges and Opportunities”(アジアWTO研究ネットワーク)2015年07月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:バリ

Discussant: Systemic Issues for WTO Anti-dumping and Countervailing Practices/Safeguard Issues in the WTO System

2015 International Conference on Trade Remedy System招待有り2015年06月05日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:ソウル

Domestic Law as such and Domestic Law as applied

Madrid Arbitration Day II (ICADE and Club Español de Arbitraje (Under Forty))招待有り2015年05月22日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:マドリッド

Linkage between Trade and Labor: Do Regional Trade Agreements Promote Labor Rights in Asia?

Workshop on Promoting Human Rights through Trade: European & Asian Perspectives (Jagiellonian University)招待有り2015年05月06日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:クラクフ

The Experience of Japan in Dispute Settlement

International Forum on WTO law招待有り2015年03月26日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:カリーニングラード

WTO(世界貿易機関)の現在と将来

経団連貿易投資委員会企画部会招待有り2015年03月20日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:東京

Comment: Free Trade Agreements and Natural Resources

Symposium on International Trade Law and Policy Relating to Natural Resources, Energy and Environment - Perspectives on Sustainable Development -招待有り2015年03月02日

詳細

国際会議開催地:東京

米国の基準認証に関わる紛争事例とWTO判断

貿易障害を生じる基準認証と国際規律〜米欧日事情とWTO判断〜(ジェトロ)招待有り2015年02月17日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:東京

What has the WTO achieved in the past 20 years?

International Symposium on “Mega-FTAs and Global Trade Governance”招待有り2014年12月08日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:東京

Equivalence of SPS/TBT Standards and Public Policy Objectives

Korean Society of International Economic Law International Conference招待有り2014年11月07日

詳細

口頭発表(一般)開催地:ソウル

国際経済紛争処理制度における国内法

国際法学会2014年度研究大会招待有り2014年09月21日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:新潟

SPS/TBT Disputes and Public Policy Objectives: Five Proposals for Reconciliation

Society of International Economic Law (SIEL) Biennial Conference2014年07月11日

詳細

ポスター発表開催地:ベルン

A Managerial Approach to SPS Issues

2014 Asia WTO Research Network Annual Conference2014年06月15日

詳細

口頭発表(一般)開催地:台北

WTO紛争処理及び投資仲裁における国内法へのdeference?

Far Eastern Federal University Law School招待有り2014年04月

詳細

口頭発表(一般)開催地:ウラジオストック

Free Trade Agreements in the Asia Pacific Region and Japan

Far Eastern Federal University Law School招待有り2014年04月

詳細

口頭発表(一般)開催地:ウラジオストック

UNCITRAL仲裁規則に基づく投資仲裁

投資協定仲裁判断例研究会招待有り2014年03月10日

詳細

口頭発表(一般)開催地:東京

UNCITRAL仲裁規則に基づく投資仲裁

日本仲裁人協会招待有り2014年03月07日

詳細

口頭発表(一般)開催地:東京

コメント、仲裁:公共利益を保護するための私的手続?

国際投資法に関する京都セミナー招待有り2014年02月02日

詳細

口頭発表(一般)開催地:京都

WTO紛争処理制度及び投資仲裁制度における国内法そのものの違法性審理

東大国際法研究会招待有り2013年12月

詳細

口頭発表(一般)開催地:東京

WTO Dispute between Japan and Canada concerning Renewable Energy (International Energy Governance)

Annual Meeting of the American Society of International Law招待有り2012年03月

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:ワシントンDC

国際機関の開発政策と世界政府思想

世界法学会2010年度研究大会招待有り2010年05月

詳細

口頭発表(一般)

権利制限規定と知的財産権条約—理論上及び実践上の問題—

日本国際経済法学会第19回研究大会2009年11月

詳細

口頭発表(一般)

Comment, From Rule Takers, Shakers to Makers: How Japan, China and Korea Shaped New Norms in International Economic Law

International Symposium Organised by the Japan Chapter of the Asian Society of International Law招待有り2009年08月

詳細

口頭発表(一般)

Discontinuity in the Internalization of the WTO Rules: Assessing the Democratic Deficit Critique against the Dispute Settlement System

Four Societies Workshop on International Law and Democratic Theory2008年09月

詳細

口頭発表(一般)

Transparency of the Trade Dispute Settlement Process

Society of International Economic Law: Inaugural Conference2008年07月

詳細

口頭発表(一般)

Global Economic Institutions and the Autonomy of the Development Policy: A Pluralist Approach

New Zealand Centre of International Economic Law: Inaugural Conference2007年12月

詳細

口頭発表(一般)

グローバル経済制度と途上国開発政策の自律性

東大国際法研究会 第290回2007年12月

詳細

口頭発表(一般)

Participation of Private Parties in the WTO Dispute Settlement Processes

Taipei Conference on International and Comparative Law2006年12月

詳細

口頭発表(一般)

Who Benefits from RTA Dispute Settlement Procedures?

APEC Capacity Building for the New International Architecture in Trade and Investment: Hawaii Workshop2006年10月

詳細

口頭発表(一般)

Trade Remedies in East Asian Regional Trade Agreements

International Conference on Trade Remedy System: East Asian Perspectives2005年08月

詳細

口頭発表(一般)

WTOと世界経済(小浜裕久教授との共同発表)

日本国際経済学会第60回記念全国大会2001年10月

詳細

口頭発表(一般)

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:若手研究(B)

米国アンチダンピング法の運用の研究

2002年-2003年

研究分野:国際法学

配分額:¥3700000

研究種別:基盤研究(C)

インフラ輸出と国際経済紛争

2015年-2017年

研究分野:国際法学

配分額:¥4420000

研究種別:基盤研究(B)

国際貿易紛争・国際投資紛争の解決における透明性に関する研究

2008年-2010年

研究分野:国際法学

配分額:¥4940000

研究種別:若手研究(B)

世界貿易機関(WTO)協定の遵守確保

2007年-2009年

研究分野:国際法学

配分額:¥3120000

研究種別:基盤研究(C)

WTO加盟国のアンチダンピング法制とその運用の比較研究

2003年-2005年

研究分野:国際法学

配分額:¥3700000

研究資金の受入れ状況

提供機関:ジェトロ

規制協力とルール形成に関する調査2017年02月-2017年03月

代表

学内研究制度

特定課題研究

WTO(世界貿易機関)紛争解決機関(DSB)勧告の履行確保

2005年度

研究成果概要: WTO紛争処理制度は、WTO加盟国間の貿易紛争を解決し、WTO協定の履行確保を図るための制度である。この制度の下、他の加盟国(被申立国)の措置がWTO協定に違反しているとの申立を加盟国(申立国)が提起すると、パネルや上級委員会と... WTO紛争処理制度は、WTO加盟国間の貿易紛争を解決し、WTO協定の履行確保を図るための制度である。この制度の下、他の加盟国(被申立国)の措置がWTO協定に違反しているとの申立を加盟国(申立国)が提起すると、パネルや上級委員会と呼ばれる準司法機関はWTO法に基づき申立の対象となった措置の違法性を審査する。さらに、措置の違法性を認定した場合には、被申立国に対して措置を修正あるいは撤廃してWTO協定に適合させるよう勧告する(DSB勧告と呼ばれる)。近年、被申立国たる加盟国がこのDSB勧告を実施しない事例が散見される。本研究は、DSB勧告の履行を確保するためにWTO紛争処理制度をどのように改善すべきかを明らかにすることを目的とした。 本研究の成果の一つは、DSB勧告の履行確保に関する綿密な実証分析を行い、それを踏まえて制度改善の提案を行なった点である。WTOには、DSB勧告の履行確保を図る手段として、①パネルや上級委員会によるDSB勧告実施方法の提案、②DSB勧告実施期間に関する仲裁手続、③DSBによるDSB勧告実施状況の監視、④DSB勧告実施措置の合法性についてのパネル及び上級委員会審査、⑤DSB勧告不実施の場合の代償・対抗措置といったものが準備されている。これまでこうした手段を包括的に扱った研究はなかったが、本研究はこれら各手段の相互関係にも注意を払いながら包括的な実証分析を行い、かつ改善のための提言を行なった。 本研究のもう一つの成果は、単にWTOの実証研究を行うのみならず、国際法学における履行確保に関する過去の研究との関係で、WTOにおける履行確保問題についての理論的検討を行った点にある。特に、環境や人権などの分野において導入されている新たな履行確保の方法と対比させながら、WTO紛争処理制度を通じた履行確保のあり方とその意義について検討した。

国際裁判手続における国内法の位置づけ

2014年度

研究成果概要:本課題においては、国際裁判手続の中でも国際経済紛争処理制度(世界貿易機関(WTO)紛争処理制度及び投資仲裁制度)に焦点を絞り、国際経済紛争処理制度において、国内法の国際経済協定適合性がどのように審査される(べき)かについて研究を行...本課題においては、国際裁判手続の中でも国際経済紛争処理制度(世界貿易機関(WTO)紛争処理制度及び投資仲裁制度)に焦点を絞り、国際経済紛争処理制度において、国内法の国際経済協定適合性がどのように審査される(べき)かについて研究を行った。本研究は、国際経済協定の遵守確保の要請と国家の規制権限尊重の要請とがいかにバランスされる(べき)かを論じるとともに、この問題が国際法と国内法の関係(特に国際法秩序における国内法の位置づけ)についての示唆を孕んでいることを指摘した。

国際投資仲裁における最恵国待遇条項

2013年度

研究成果概要: 二国間投資協定(BIT)の最恵国待遇条項は、BIT(基本条約)の一方の締約国が、他方の締約国の投資家や投資財産に対し、第三国とのBIT(第三国条約)に基づき第三国の投資家や投資財産に与える待遇よりも不利でない待遇を与えることを求... 二国間投資協定(BIT)の最恵国待遇条項は、BIT(基本条約)の一方の締約国が、他方の締約国の投資家や投資財産に対し、第三国とのBIT(第三国条約)に基づき第三国の投資家や投資財産に与える待遇よりも不利でない待遇を与えることを求める。換言すれば、基本条約の他方の締約国の投資家は、基本条約の最恵国待遇条項を介し、第三国条約によって与えられている第三国の投資家や投資財産に対する有利な待遇を、自らやその投資財産に適用するよう求めることができる。 近年、基本条約の最恵国待遇条項が第三国条約を根拠として基本条約上の保護を拡大し得る範囲について投資仲裁の中で相矛盾する決定が多数発出され、注目を集めている。すなわち、最恵国待遇条項を広く解し、第三国条約の実体上及び手続上の保護を基本条約の他方の締約国の投資家や投資財産にも与えるべきと結論する仲裁決定がある一方で、最恵国待遇条項を狭く解し、特に第三国条約の手続上の保護を基本条約の他方の締約国の投資家や投資財産に与える範囲を限定しようとする仲裁決定もある。最恵国待遇条項の解釈をめぐる尖鋭な対立は、投資仲裁の正統性を危うくすると危惧されることもある。 本研究は、物品貿易、サービス貿易、知的財産権、政府調達について、BIT以外の経済協定、とりわけ世界貿易機関(WTO)協定や地域貿易協定(RTA)に定められる最恵国待遇条項を分析し、それとの比較でBITの最恵国待遇条項の特異性を明らかにした。 すなわち第一に、物品貿易や知的財産権に関する最恵国待遇条項が、多角的貿易体制を安定させる無差別待遇義務として機能している一方で、BITの最恵国待遇条項は、その保護の内実が第三国条約との関係で決定されるという意味で、むしろ経済関係を不安定にしている。第二に、物品貿易やサービス貿易については、最恵国待遇条項によって生じ得る不均衡を矯正するための例外や免除が認められているが、BITについてはそのような最恵国待遇条項の例外や免除が定められていない場合も少なくない。第三に、サービス貿易や政府調達に関する最恵国待遇条項は、第三国条約上のより有利な待遇が基本条約の締約国にも適用されるよう交渉を行うことを求めるにとどまるが、BITの最恵国待遇条項は、BITの一方の締約国の投資家が、仲裁において最恵国待遇条項に基づく利益を自らの法的権利として主張することを可能にしている。 本論文は、こうしたBITの最恵国待遇条項の特異性が、BITの最恵国待遇条項をどのように解釈すべきかについての議論を必然的に惹起し、BITの最恵国待遇条項の解釈の対立を生んでいると指摘した。 本研究の成果の一部は、2月及び3月(2回)に行われた会議において、発表した。 また、本研究の成果は、3月に脱稿した論文(2014年刊行予定の書籍に収録)においてまとめた。

海外研究活動

研究課題名: 国際経済紛争処理手続

2011年02月-2013年02月

機関: 国際開発高等研究所(スイス)、常設仲裁裁判所(オランダ)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
国際法 1社会科学部2017春学期
国際法 2社会科学部2017春学期
国際経済法 1社会科学部2017秋学期
国際経済法 2社会科学部2017秋学期
ゼミナールI(国際経済法研究/秋学期)社会科学部2017秋学期
ゼミナールII(国際経済法研究/春学期)社会科学部2017春学期
ゼミナールII(国際経済法研究/秋学期)社会科学部2017秋学期
ゼミナールIII(国際経済法研究/春学期)社会科学部2017春学期
ゼミナールIII(国際経済法研究/秋学期)社会科学部2017秋学期
ゼミナールI(国際経済法研究/春学期)社会科学部2017春学期
国際経済法 I大学院社会科学研究科2017春学期
国際経済法 II大学院社会科学研究科2017秋学期
国際経済法研究演習 I(春学期)大学院社会科学研究科2017春学期
国際経済法研究演習 I(秋学期)大学院社会科学研究科2017秋学期
国際経済法研究演習 II(春学期)大学院社会科学研究科2017春学期
国際経済法研究演習 II(秋学期)大学院社会科学研究科2017秋学期

Waseda Course Channel配信動画

科目名学部公開年度

作成した教科書・教材・参考書

小林友彦,飯野文,小寺智史,福永有夏「WTO・FTA法入門: グローバル経済のルールを学ぶ」(法律文化社)

2016年02月

杉原高嶺・酒井啓亘編「国際法基本判例50 第2版」(三省堂)

2014年03月

詳細

概要:執筆担当:事件番号33

杉原高嶺・酒井啓亘編「国際法基本判例50」(三省堂)

2010年03月

詳細

概要:執筆担当:事件番号34

松下満雄・清水章雄・中川淳司編「ケースブックWTO法」(有斐閣)

2009年07月

詳細

概要:執筆担当:事件番号16、21、22、68

木棚照一・中川淳司・山根裕子編「プライマリー国際取引法」(法律文化社)

2006年02月

詳細

概要:執筆担当:第2章Ⅲ、第6章