氏名

タカマツ アツコ

高松 敦子

職名

教授

所属

(先進理工学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
atsuko_ta@waseda.jp

URL等

WebページURL

http://www.f.waseda.jp/atsuko_ta/index.html

研究者番号
20322670

本属以外の学内所属

兼担

理工学術院(大学院先進理工学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

先進グリッド技術研究所

研究所員 2010年-2014年

複雑系高等学術研究所

研究所員 2015年-

先進グリッド技術研究所

研究所員 2014年-2016年

先進グリッド技術研究所

研究所員 2016年-2017年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2018年-

学歴・学位

学歴

-1997年 東京工業大学 生命理工学研究科 バイオサイエンス専攻

学位

博士(理学) 東京工業大学

所属学協会

日本生物物理学会

日本物理学会

日本数理生物学会

研究分野

キーワード

非平衡・複雑系、システム生物学、複雑系の生物学、結合振動子系、真正粘菌

科研費分類

生物学 / 生物科学 / 生物物理学

論文

Time delay effect in a living coupled oscillator system with the plasmodium of Physarum polycephalum

Takamatsu, A., Fujii, T. and Endo, I.

Phys. Rev. Lett.85p.20262000年-

DOI

Spatio-temporal symmetry in rings of coupled biological oscillators of Physarum plasmodium

Takamatsu, A., Tanaka, R., Yamada, H., Nakagaki, T., Fujii, T. and Endo.

Phys. Rev. Lett.87p.781022001年-

DOI

Environment-dependent morphology in plasmodium of true slime mold Physarum polycephalum and a network growth model.

Takamatsu, A., Takaba, E., Takizawa, G.

J. theor. Biol.256p.29 - 442009年-

DOI

Hidden Symmetry in Chains of Biological Coupled Oscillators

Takamatsu, A., Tanaka, R. and Fujii, T.

Phys. Rev. Lett.92p.2281022004年-

DOI

Characterization of Adaptation by Morphology in a Planar Biological Network of Plasmodial Slime Mold

JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN80(7)2011年-2011年

DOIWoS

詳細

ISSN:0031-9015

Asymmetric rotational stroke in mouse node cilia during left-right determination

PHYSICAL REVIEW E87(5)2013年-2013年

DOIWoS

詳細

ISSN:1539-3755

Hydrodynamic Phase Locking in Mouse Node Cilia

PHYSICAL REVIEW LETTERS110(24)2013年-2013年

DOIWoS

詳細

ISSN:0031-9007

Emergence of traveling waves in the zebrafish segmentation clock

DEVELOPMENT137(10)p.1595 - 15992010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:0950-1991

Traffic optimization in railroad networks using an algorithm mimicking an amoeba-like organism, Physarum plasmodium

Watanabe, Shin;Tero, Atsushi;Takamatsu, Atsuko;Nakagaki, Toshiyuki

BIOSYSTEMS105(3)p.225 - 2322011年-2011年

DOIWoS

詳細

ISSN:0303-2647

Transportation Network with Fluctuating Input/Output Designed by the Bio-Inspired Physarum Algorithm

PLOS ONE9(2)2014年-2014年

DOIWoS

詳細

ISSN:1932-6203

Characterization of adaptation by morphology in a planar biological network of plasmodial slime mold

Ito, M., Okamoto, R., and Takamatsu, A.

J. Phys. Soc. Jpn.2011年-

Two rotating cilia in the node cavity are sufficient to break left-right symmetry in the mouse embryo

NATURE COMMUNICATIONS32012年-2012年

DOIWoS

詳細

ISSN:2041-1723

Adaptation by environment-dependent-dynamical network in Physarum

A. Takamatsu, R. Okamoto, M. Ito, and T. Gomi,

Proceedings of 3nd International Symposium on Mobiligence in Awajip.357 - 3602009年-

Raid grid optimization by an algorithm inspired from Physarum

S. Watanabe, A. Tero, A. Takamatsu, T. Nakagaki

Proceedings of 3nd International Symposium on Mobiligence in Awajip.399 - 4022009年-

Rail grid optimization by an algorithm biologically inspired from an amoeba-like organism of true slime mold

S. Watanabe, A. Tero, A. Takamatsu, T. Nakagaki

Proceedings of the 2009 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, Hokkaidop.356 - 3592009年-

Synchronization and spatiotemporal patterns in coupled phase oscillators on a weighted planer network

Kagawa, Y., and Takamatsu, A.

Phys. Rev. E.79p.462162009年-

DOI

細胞の形による適応戦略-真正粘菌変形体の環境依存形態のネットワーク解析-

高松敦子

Proceedings of the 52th Annual Conference of the Institute of Systems, Control and Information engineers, Kyotop.149 - 1502008年-

Control of oscillation patterns in a symmetric coupled biological oscillator system

Takamatsu, A., Tanaka, R., Yamamoto, T. and Fujii, T

Proceedings of 7the Experimental Chaos Conference, AIP Conference Proceedings 676, American Institute of Physicsp.230 - 2352003年-

重み付き2次元ネットワーク上の結合力学系における協同現象〜真正粘菌変形体の適応行動発現の解明に向けて〜

加川友己, 伊藤昌明, 高松敦子

第20回自律分散システムシンポジウム資料p.353 - 3582008年-

真正粘菌変形体における環境依存の輸送管ネットワークトポロジー解析

伊藤昌明, 高松敦子

第21回自律分散システムシンポジウム資料p.337 - 3422008年-

生物の輸送管ネットワークの環境適応機構から学ぶ

伊藤昌明, 高松敦子

第51回自動制御連合講演会p.336 - 3402008年-

Mobiligence in an amoeboid cell, plasmodium of Physarum polycephalum

Takamatsu, A.

Proceedings in 2nd International Symposium on Mobiligence in Awajip.48 - 512007年-

Network geometry analysis in plasmodial slime mold

Takamatsu, A., Ito, M and Kagawa, Y.

Proceedings in 2nd International Symposium on Mobiligence in Awajip.275 - 2782007年-

Relationship between hydrophobic beads attachment and fluid flow in PDMS micreochannel

Okamoto, T.,Yamamoto, T., Takamatsu, A., Kaneko, N, and Fujii, T

Proceedings of 2006 International Conference on Microtechnologies in Medicine and Biology, Okinawa, Japanp.119 - 1222006年-

Spontaneous switching among multiple spatio-temporal patterns in three-oscillator systems constructed with oscillatory cells of true slime mold.

Takamatsu, A.

Physica D233p.180 - 1882006年-

DOI

MPS法によるマイクロ流路内細胞付着流れのシミュレーション (Numerical simulation of adhesion of cells in micro channels using the MPS method.)

鈴木幸人, 小石川雅紀, 越塚誠一, 岡本拓士, 金子直嗣, 高松敦子, 藤井輝夫

日本機会学会論文集B72(721)p.2109 - 21162006年-

Pattern formation of adhesive beads to channels in microfluidic devices for cell culture

Okamoto, T., Kaneko, N., Takamatsu, A. and Fujii, T.

Proceedings of 3rd International IEEE-EMBS Special Topic Conference on Microtechnologies in Medicine and Biology2005年-

MPS法によるマイクロ流路内人工細胞付着流れのシミュレーション

鈴木幸人, 小石川雅紀, 越塚誠一, 岡本拓士, 金子直嗣, 高松敦子, 藤井輝夫

計算工学講演会論文集102005年-

マイクロ流路内における疎水性粒子の付着パターン解析

岡本拓士, 金子直嗣, 高松敦子, 山本貴富喜, 藤井輝夫

可視化情報(第33回可視化情報シンポジウム講演論文集)25(suppl. no.1)p.293 - 2942005年-

形が行動を決める-真正粘菌変形体のパターン形成-

高松敦子

形の科学会誌20(1)p.47 - 482005年-

Localised stimulation of slime mould using microfluidic devices

Koster, S., Kraus, T., Takamatsu, A., Fujii, T. Verpoorte, E., and de Rooij, N.

Proceedings of 8th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences, Malmo, Swedenp.75 - 772004年-

Spontaneous switching in coupled biological oscillator systems coustructed with living cells of the true slime mold

Takamatsu, A. and Fujii, T.

Proceedings of SICE Annual Conference in Sapporo, Hokkaido, Japanp.1760 - 17632004年-

Spontaneous switching of frequency-locking by periodic stimulus in oscillators of plasmodium of the true slime mold

Takamatsu, A., Yamamoto, T. and Fujii, T.

BioSystems76p.133 - 1402004年-

DOI

粘菌のみせる数理的世界

田中玲子, 高松敦子

バイオメカニズム学会誌28p.22 - 262004年-

Observation of response to stimuli in oscillating cells patterned by microfabricated structure

Takamatsu, A and Fujii, T.

Micro Total Analysis Systems Baba, Y. et al. eds., Vol. 1,p.10 - 122002年-

BZ反応振動子による結合系の振動パターンの実験的解析と制御

堀口奈美, 高松敦子, 田中玲子, 相吉英太郎

計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2002 講演論文集p.111 - 1162002年-

マイクロ構造を用いたウエットシステムの構築

藤井輝夫, 高松敦子

生産研究, 東京大学 生産技術研究所 発行53p.24 - 252001年-

リング状に結合した粘菌振動子系における時空間振動パターン

高松敦子, 田中玲子, 山田裕泰, 中垣俊之, 藤井輝夫, 遠藤勲

第13回自律分散システムシンポジウム 資料2001年-

振動子系の結合形態と位相パターン-粘菌ネットワーク形態ダイナミクスの解析をめざして-

山田裕泰, 中垣俊之, 田中玲子, 高松敦子

第15回自律分散システムシンポジウム 資料2001年-

生きた細胞による数理モデルの構築-粘菌結合振動子系-

高松敦子, 藤井輝夫

第7回創発システムシンポジウム ポスター講演資料2001年-

粘菌振動子系の解析-対照系のHopf分岐理論の適用

田中玲子, 山田裕泰, 高松敦子, 中垣俊之

第14回自律分散システムシンポジウム 資料2001年-

Control of interaction strength in a network of the true slime mold by microfabricated structure

Takamatsu A., Fujii T.,and Endo I.

BioSystems55p.33 - 382000年-

Controlling the geometry and the coupling strength of the oscillator system in plasmodium of Physarum polycephalum by microfabricated structure

Takamatsu, A., Fujii,T. ,Yokota, H., Hosokawa, K., Higuchi, T., Endo, I.

Protoplasma210p.164 - 1712000年-

DOI

マイクロ構造によるパラメータ制御可能な生きた結合振動子系

高松敦子, 藤井輝夫, 遠藤勲

第12回自律分散システム・シンポジウム 資料2000年-

粘菌振動子系における時空間振動パターン

高松敦子

第10回非線形反応と協同現象研究会 予稿集2000年-

Asymmetry in the self-sustained oscillation of Physarum plasmodial strands

Takahashi, K., Takamatsu, A., Hu, Z., and Tsuchiya, Y,

Protoplasma197p.132 - 1351997年-

Frequency Coupling Model for Dynamics of Responses to Stimuli in Plasmodium of Physarum polycephalum

Takamatsu, A., Takahashi, K., Nagao, M. and Tsuchiya, Y.

J. Phys. Soc. Jpn.66p.1638 - 16461997年-

Stochastic behavior of organelle motion in Nittella internordal cells.

Nemoto, T., Uchida, G., Takamatsu, A., Tsuchiya, Y.

Biochem. Biophys. Res. Com.214p.1102 - 11051995年-

Ca2+ effect on protoplasmic streaming in Nittella internordal cell.

Takamatsu, A., Aoki, T. and Tsuchiya, Y.

Biophys. J.64p.182 - 1861993年-

DOI

Recovery process of protoplasmic streaming from its cessation in Nittella internordal cell.

Yang, C., Takamatsu, A., Tsuchiaya, Y.

J. Phys. Soc. Jpn.60p.2847 - 28501991年-

Fluid flow and interlinked feedback loops establish left-right asymmetric decay of Cerl2 mRNA

NATURE COMMUNICATIONS32012年-2012年

DOIWoS

詳細

ISSN:2041-1723

A215 マウス初期胚の左右軸を決めるノード繊毛の協同性(A2-3 細胞工学・マイクロバイオメカニクス3)

バイオフロンティア講演会講演論文集2010(21)p.67 - 682010年11月-2010年11月 

CiNii

詳細

ISSN:13482939

7G12 マウス胚の左右を決めるノード繊毛運動の協同性(OS17 繊毛・鞭毛・微生物のバイオメカニクス)

バイオエンジニアリング講演会講演論文集2012(24)p."7G12 - 1"-"7G12-2"2012年01月-2012年01月 

CiNii

動物のからだの左右を決める回転繊毛間の流体相互作用 (生物流体力学における流れ構造の解析と役割)

数理解析研究所講究録1900p.97 - 1042014年06月-2014年06月 

CiNii

詳細

ISSN:1880-2818

Asymmetry in cilia configuration induces hydrodynamic phase locking

Keiji Okumura, Seiya Nishikawa, Toshihiro Omori, Takuji Ishikawa, Atsuko Takamatsu

Physical Review E97(3)p.0324112018年03月-2018年03月 

DOI

Body-to-body and body-to-environment interaction emerging dynamical behavior in cell group of motile cyanobacteria

Atsuko Takamatsu

2017 56th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan (SICE)p.173389972017年11月-2017年11月 

DOI

Energy-saving with low dimensional network in Physarum plasmodium

Atsuko Takamatsu, Takuma Gomi, Tatsuya Endo, Tomo Hirai, Takato Sasaki

Journal of Physics D: Applied Physics査読有り招待有り50(15)p.154993

link

Mathematical model for cell competition: Predator–prey interactions at the interface between two groups of cells in monolayer tissue

Seiya Nishikawa, Atsuko Takamatsu, Shizue Ohsawa, Tatsushi Igaki

Journal of theoretical biology査読有り404p.40 - 50

DOI

16pCX-1 2繊毛モデルにおける同期のパラメータ依存性

奥村 圭司;西川 星也;大森 俊宏;石川 拓司;高松 敦子

日本物理学会講演概要集70(2)2015年09月-2015年09月 

CiNii

詳細

ISSN:2189079X

書籍等出版物

対称性の破れとパターン形成の数理 The symmetry perspective

マーチン・ゴルビツキー,イアン・スチュワート 著,田中玲子,山田裕康,高松敦子,中垣俊之 訳

丸善2003年-

Construction of a living coupled oscillator system of plasmodial slime mold by a microfabricated structure Chap. 1.2 in Sensors Update

Takamatsu, A., Fujii, T.

Wiley-VCH, Weinheim2002年-

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

粘菌輸送管ネットワーク形態による適応のしくみ

2013年-0月-2016年-0月

配分額:¥4810000

研究種別:

バクテリア集団が生成するマクロな秩序構造と生物機能

2011年-0月-2013年-0月

配分額:¥8710000

研究種別:

マウスの左右を決めるノード流は繊毛の協同性から生じるか?

配分額:¥3100000

研究種別:

真正粘菌変形体の環境依存の動的ネットワーク形成による適応行動と機能創発

配分額:¥6400000

研究種別:

真正粘菌のネットワーク幾何と生物としての機能発現

配分額:¥8300000

研究種別:

生物型結合振動子系に見られる複数アトラクター間の制御

配分額:¥3600000

研究種別:

生きた結合振動子システムによる生物の非線形振動子集団のダイナミクスの研究

配分額:¥2000000

研究種別:

運動性シアノバクテリア集団の細胞間相互作用と動的パターン形成

2013年-0月-2015年-0月

配分額:¥8450000

研究種別:

ショウジョウバエを用いた細胞競合機構の遺伝学的解明

2014年-0月-2019年-0月

配分額:¥166920000

研究種別:

粘菌輸送管ネットワーク上のパターン形成に伴う時空間パターンの分岐現象と生物機能

2019年-0月-2022年-0月

配分額:¥4290000

学内研究制度

特定課題研究

真正粘菌変形体細胞形状のスケール則

2019年度

研究成果概要:真正粘菌変形体は、多核の巨大単細胞生物であり、その巨大な細胞体を維持するために、輸送管ネットワークを形成しタンパク質、栄養分、酸素などを身体中に運搬する。申請者のこれまでの研究で、様々なサイズの粘菌について通常環境で酸素消費量を計...真正粘菌変形体は、多核の巨大単細胞生物であり、その巨大な細胞体を維持するために、輸送管ネットワークを形成しタンパク質、栄養分、酸素などを身体中に運搬する。申請者のこれまでの研究で、様々なサイズの粘菌について通常環境で酸素消費量を計測した結果、大きいサイズの領域では、ほぼ(酸素消費量)∝(サイズ)^αのスケール則に従う(α<1)ことを見出している。ところが、小さいサイズの粘菌では、この法則には従わない。そこで本研究では、スケール則から外れる臨界点前の粘菌形状を調べた。その結果、粘菌のサイズに応じてネットワークの分岐の深さが大きく異なることがわかった。さらに、Westらの理論を応用し、スケール則転移が階層性の深さだけで説明できるか検討した。

生物振動子系における時空間パターンの遷移現象の解析

2004年度

研究成果概要:生物系はそのまま観察したのでは複雑である。近年の複雑系の科学または数理生物学の発達により、複雑な振る舞いをする生物系についても数理的な考察が可能となってきた。生物系の数理的な扱い方には、大きく2つの流れがある。1つは、系や現象に特...生物系はそのまま観察したのでは複雑である。近年の複雑系の科学または数理生物学の発達により、複雑な振る舞いをする生物系についても数理的な考察が可能となってきた。生物系の数理的な扱い方には、大きく2つの流れがある。1つは、系や現象に特化したリアルな数理モデルを用いる方法であり、もう1つは、汎用的でシンプルな数理モデルを用いる方法である。後者は、生命現象について一般的な理解を深めるには重要な手法であるが、単純すぎるが故に、実験系における結果との比較が困難であった。そこで、逆に、生きたままの生物系を単純な要素にいったん分解し、システムとして人工的に再構築した上で、システマティックな観察を行える系を構築すれば、シンプルな数理モデルによる解析結果でも、直接的な比較が可能となる。研究代表者はこれまで、真正粘菌変形体という生きた細胞の形を、マイクロ加工技術を用いて制御し、細胞の要素間の相互作用などのパラメータを系統的に制御できる実験系を構築してきた。真正粘菌は振動性の細胞であり、細胞の部分と部分をつなぐチューブ構造のサイズを制御することにより相互作用を制御できる。その条件下で、振動の時空間パターンの観察・解析をおこなってきた。その結果、相互作用強度(パラメータ)に従い、結合振動子系と呼ばれるシンプルなモデルから予想される時空間パターンを得た。しかし、(1)1つの固定されたパラメータに対し複数の時空間パターンを得られること、(2)それらの複数の時空間パターン間を自発的に遷移するという、シンプルなモデルだけでは記述できない現象が見いだされた。この研究では、その結果をさらに発展させ、各相互作用強度毎に現れる振動パターンとその頻度、遷移規則を詳細に調べた。その結果、出現パターンの出現頻度には相互作用強度依存性があり、それに伴いパターン間の遷移確率も変化することがわかった。このような自発的に状態間を遷移する現象は、カオス的遍歴やヘテロクリニックサイクル、巡回カオスなどによって生じると理論的には予想されている。しかし、この分野の理論的解析は近年始まったばかりであり、体系化されているわけではない。この研究で観察された実験解析結果を新しい数理モデル構築へフィードバックするための検討を引き続き行う予定である。

脊椎動物における体節パターン形成の数理モデル構築

2005年度

研究成果概要:マウス、ニワトリ、ゼブラフィッシュなどの脊椎動物の発生過程における体節形成には、胚の前後軸に沿って配列した未分節中胚葉(Presomitic mesodoerm; PMS)と呼ばれる細胞群で30~90分周期で発現する時計遺伝子群が...マウス、ニワトリ、ゼブラフィッシュなどの脊椎動物の発生過程における体節形成には、胚の前後軸に沿って配列した未分節中胚葉(Presomitic mesodoerm; PMS)と呼ばれる細胞群で30~90分周期で発現する時計遺伝子群が大きく係わっていることが近年明らかにされてきた。これら細胞群の尾部側では全体が同期した周期的振動が見られるが、頭部に向かってこの振動の波が伝搬していく領域があり、やがでこの波は先端で静止し定在波となり、その部分で分節がおこり体節が順次形成されていく。 この特定課題では、尾部で発生した時計遺伝子群の時間的振動がどのようにして体節という空間周期構造を形成するのかについて数理的考察を行うことが研究目的であった。 反応拡散モデルという系では、パラメータに依存して、振動場、伝搬場、定在波場が形成されることが知られている。一方、ゼブラフィッシュでは尾部から頭部に向かってFGF(繊維芽細胞成長因子)活性が勾配を形成していることが知られているので、この事実に基づき反応拡散モデルにおいてパラメータの空間的勾配を設定した。その結果、ゼブラフィッシュやニワトリ胚に見られるような時計遺伝子群発現の時空間パターンを再現することに成功した。 次の段階として、時計遺伝子の周期的発現について構築された分子反応に基づいたモデルにNotch-Deltaによる細胞間相互作用を導入することで、結合振動子系としてのモデルを構築し解析を行っている。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
理工学基礎実験1A IIブロック基幹理工学部2020春学期
理工学基礎実験1A IIブロック創造理工学部2020春学期
理工学基礎実験1A IIブロック先進理工学部2020春学期
Science and Engineering Laboratory基幹理工学部2020秋学期
Science and Engineering Laboratory 1B基幹理工学部2020秋学期
理工学基礎実験1B Vブロック基幹理工学部2020秋学期
Science and Engineering Laboratory創造理工学部2020秋学期
Science and Engineering Laboratory 1B創造理工学部2020秋学期
理工学基礎実験1B Vブロック創造理工学部2020秋学期
Science and Engineering Laboratory先進理工学部2020秋学期
Science and Engineering Laboratory 1B先進理工学部2020秋学期
理工学基礎実験1B Vブロック先進理工学部2020秋学期
電気・情報生命工学フロンティア先進理工学部2020春学期
電気・情報生命工学フロンティア  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2020春学期
生命科学A (2)先進理工学部2020春学期
細胞生物学A 電生 18前再 (2)先進理工学部2020春学期
生命科学A 【前年度成績S評価者用】先進理工学部2020春学期
電気・情報生命工学実験C先進理工学部2020秋学期
電気・情報生命工学実験C  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2020秋学期
プロジェクト研究A先進理工学部2020春学期
プロジェクト研究A  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2020春学期
プロジェクト研究B先進理工学部2020秋学期
プロジェクト研究B  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2020秋学期
卒業研究A先進理工学部2020春学期
卒業研究A  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2020春学期
卒業研究B先進理工学部2020秋学期
卒業研究B (春学期)先進理工学部2020春学期
卒業研究B  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2020秋学期
卒業研究B (春学期)  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2020春学期
数理生物学先進理工学部2020春学期
時間生物学先進理工学部2020集中講義(春学期)
Graduation Thesis A先進理工学部2020秋学期
Graduation Thesis B先進理工学部2020春学期
修士論文(電生)大学院先進理工学研究科2020通年
Research on Dynamics of Biological Systems大学院先進理工学研究科2020通年
生命システム研究大学院先進理工学研究科2020通年
生命システム論大学院先進理工学研究科2020秋学期
環境生理学特論大学院先進理工学研究科2020集中講義(春学期)
時間生物学大学院先進理工学研究科2020集中講義(春学期)
Advanced Seminar A大学院先進理工学研究科2020春学期
特別演習A大学院先進理工学研究科2020春学期
Advanced Seminar B大学院先進理工学研究科2020秋学期
特別演習B大学院先進理工学研究科2020秋学期
Seminar on Dynamics of Biological Systems A大学院先進理工学研究科2020春学期
生命システム演習A大学院先進理工学研究科2020春学期
Seminar on Dynamics of Biological Systems B大学院先進理工学研究科2020秋学期
生命システム演習B大学院先進理工学研究科2020秋学期
Seminar on Dynamics of Biological Systems C大学院先進理工学研究科2020春学期
生命システム演習C大学院先進理工学研究科2020春学期
Seminar on Dynamics of Biological Systems D大学院先進理工学研究科2020秋学期
生命システム演習D大学院先進理工学研究科2020秋学期
Master's Thesis (Department of Electrical Engineering and Bioscience)大学院先進理工学研究科2020通年
生命システム研究大学院先進理工学研究科2020通年