氏名

タナカ マサコ

田中 昌子

橘 昌子

職名

講師(任期付)

所属

(高等研究所)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
tanakamsk@aoni.waseda.jp

住所・電話番号・fax番号

住所
〒162-8480東京都 新宿区 若松町2-2
電話番号
03-5369-7491

URL等

研究者番号
00733651

本属以外の学内所属

兼担

理工学術院(先進理工学部)

学歴・学位

学歴

-2003年03月 大阪市立大学 理学部 生物学科
-2005年03月 大阪市立大学大学院 理学研究科 生物地球系専攻
-2014年03月 大阪市立大学大学院 医学研究科 基礎医科学専攻

経歴

-2008年06月農業環境技術研究所
-2010年03月大阪市立大学医学部
-2014年03月日本学術振興会特別研究員 (DC2)
-2017年03月大阪市立大学大学院医学研究科特任助教

所属学協会

日本薬理学会

日本癌学会

受賞

第86回日本薬理学会年会優秀発表賞

2013年03月

大阪市医学会賞

2016年03月

大阪市医学会賞

2017年03月

研究分野

キーワード

抗がん剤耐性、インタラクトーム、シャペロン

科研費分類

医歯薬学 / 境界医学 / 応用薬理学

総合生物 / 腫瘍学 / 腫瘍診断学

論文

Hsp70 inhibitors suppress androgen receptor expression in LNCaP95 prostate cancer cells

Kita K, Shiota M, Tanaka M et al.

Cancer Sci.査読有り2017年07月-

PubMedDOIlink

Macrophage-derived exosomes induce inflammatory factors in endothelial cells under hypertensive conditions

Osada-Oka M, Shiota M, Izumi Y, Nishiyama M, Tanaka M et al.

Hypertens Res.査読有り40(4)p.353 - 3602017年-

PubMedDOIlink

Protection of stromal cell-derived factor 2 by heat shock protein 72 prevents oxaliplatin-induced cell death in oxaliplatin-resistant human gastric cancer cells

Takahashi K, Tanaka M, Yashiro M, Matsumoto M, Ohtsuka A, Nakayama KI, Izumi Y, Nagayama K, Miura K, Iwao H, Shiota M.

Cancer Letters査読有り378(1)p.8 - 152016年-

PubMedDOIlink

Identification of low-abundance proteins in serum via the isolation of HSP72 complexes

Tanaka M, Shiota M, Nakao T, Uemura R, Nishi S, Ohkawa Y, Matsumoto M, Yamaguchi M, Osada-Oka M, Inagaki A, Takahashi K, Nakayama KI, Gi M, Izumi Y, Miura K, Iwao H.

Journal of Proteomics査読有り136p.214 - 2212016年-

PubMedDOIlink

Myeloid HIF-1 attenuates the progression of renal fibrosis in murine obstructive nephropathy

Tateishi Y, Osada-Oka M, Tanaka M, Shiota M, Izumi Y, Ishimura E, Motoyama K, Inaba M, Miura K.

Journal of Pharmacological Sciences査読有り127(1)p.181 - 1892015年-

DOIlink

Repeated remote ischemic conditioning attenuates left ventricular remodeling via exosome-mediated intercellular communication on chronic heart failure after myocardial infarction

Yamaguchi T, Izumi Y, Nakamura Y, Yamazaki T, Shiota M, Sano S, Tanaka M, Osada-Oka M, Shimada K, Miura K, Yoshiyama M, Iwao H.

Int J Cardiol.査読有り178p.239 - 2462015年-

PubMedDOIlink

Establishment of neutralizing rat monoclonal antibodies for fibroblast growth factor-2

Tanaka M, Yamaguchi M, Shiota M, Kawamoto Y, Takahashi K, Inagaki A, Osada-Oka M, Harada A, Wanibuchi H, Izumi Y, Miura K, Iwao H, Ohkawa Y.

Monoclonal Antibodies in Immunodiagnosis and Immunotherapy査読有り33(4)p.261 - 2692014年-

PubMedDOIlink

Hsc70 contributes to cancer cell survival by preventing Rab1A degradation under stress conditions

Tanaka M, Mun S, Harada A, Ohkawa Y, Inagaki A, Sano S, Takahashi K, Izumi Y, Osada-Oka M, Wanibuchi H, Yamagata M, Yukimura T, Miura K, Shiota M, Iwao H.

PLoS One査読有り9(5)p.e967852014年-

PubMedDOIlink

Lipid synthesis is promoted by hypoxic adipocyte-derived exosomes in 3T3-L1 cells

Sano S, Izumi Y, Yamaguchi T, Yamazaki T, Tanaka M, Shiota M, Osada-Oka M, Nakamura Y, Wei M, Wanibuchi H, Iwao H, Yoshiyama M.

Biochemical and Biophysical Research Communications査読有り445(2)p.327 - 3332014年-

PubMedDOIlink

Establishment of a 5-fluorouracil-resistant triple-negative breast cancer cell line

Takahashi K, Tanaka M, Inagaki A, Wanibuchi H, Izumi Y, Miura K, Nagayama K, Shiota M, Iwao H.

International Journal of Oncology査読有り43(6)p.1985 - 19912013年-

PubMedDOIlink

Pravastatin-induced proangiogenic effects depend upon extracellular FGF-2

Shiota M, Hikita Y, Kawamoto Y, Kusakabe H, Tanaka M, Izumi Y, Nakao T, Miura K, Funae Y, Iwao H.

Journal of Cellular and Molecular Medicine16(9)p.2001 - 20092011年-

PubMedDOIlink

Generation of a rat monoclonal antibody specific for hsp72

Tanaka M, Shiota M, Okada S, Harada A, Odawara J, Mun S, Iwao H, Ohkawa Y.

Hybridoma査読有り30(4)p.397 - 4002011年-

PubMedDOIlink

Generation of a rat monoclonal antibody specific for heat shock cognate protein 70

Shiota M, Saiwai H, Mun S, Harada A, Okada S, Odawara J, Tanaka M, Iwao H, Ohkawa Y.

Hybridoma査読有り29(5)p.453 - 4562010年-

PubMedDOIlink

Sensitive stages for photoperiodic induction of pupal diapause in the flesh fly Sarcophaga similis (Meade) (Diptera: Sarcophagidae)

Tanaka M, Tachibana S-I, Numata H.

Applied Entomology and Zoology査読有り43(3)p.403 - 4072008年-

link

書籍等出版物

日本薬理学雑誌

塩田正之、田中昌子(共著)

日本薬理学会2014年-

詳細

担当ページ数:310-312

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:若手研究 (B)

小胞体ストレス応答におけるSDF-2機能解析によるオキサリプラチン耐性機序の解明

2017年04月-2019年03月

研究分野:応用薬理学

配分額:¥4160000

研究種別:研究活動スタート支援

シャペロン結合解析による膵癌の薬剤自然耐性解除薬の標的分子同定

2014年08月-2016年03月

研究分野:腫瘍治療学

配分額:¥2730000

研究種別:特別研究員奨励費

HSP72相互作用解析に基づいた新規腫瘍マーカースクリーニング法の開発

2012年04月-2014年03月

研究分野:腫瘍診断学

配分額:¥2000000

研究種別:

小胞体ストレス応答におけるSDF-2機能解析によるオキサリプラチン耐性機序の解明

2017年-0月-2019年-0月

配分額:¥4160000

研究種別:

シャペロン結合解析による膵癌の薬剤自然耐性解除薬の標的分子同定

2014年-0月-2016年-0月

配分額:¥2730000

研究資金の受入れ状況

提供機関:上原記念生命科学財団制度名:研究奨励金

オキサリプラチン耐性因子SDF-2の機能解析2017年03月-

代表

学内研究制度

特定課題研究

SDF-2の機能解析に基づいたオキサリプラチン耐性機序の解明

2017年度共同研究者:合田 亘人

研究成果概要:オキサリプラチンは腫瘍の縮小効果が高い抗がん剤である。しかし、早期に耐性が生じるため、耐性の解除が化学療法における重要な課題である。申請者はこれまでにキサリプラチンの新規耐性因子としてStromal cell-derived fa...オキサリプラチンは腫瘍の縮小効果が高い抗がん剤である。しかし、早期に耐性が生じるため、耐性の解除が化学療法における重要な課題である。申請者はこれまでにキサリプラチンの新規耐性因子としてStromal cell-derived factor 2 (SDF-2) を同定した。しかし、SDF-2が耐性を生じさせる分子機構については明らかにできていない。そこで本研究はSDF-2の分子機能の解析を中心に、オキサリプラチンの耐性機構の解明を目的とした。その結果、SDF-2はオキサリプラチンだけではなくツニカマイシンやタプシガルギンといった小胞体ストレス (UPR) の誘導剤によってもタンパクレベルが上昇することから小胞体におけるストレス応答に関与している可能性が示唆された。しかし、このタンパクレベルの上昇は遺伝子発現を伴わないこと、またSDF-2のノックダウンがUPRシグナルに影響を与えないことから、SDF-2がUPRを直接的に制御して耐性を生じさせている可能性は低いと考えらえる。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
Advanced Life Science and Medical Bioscience Laboratory先進理工学部2019春学期
生命医科学実験II先進理工学部2019春学期
生命医科学実験II  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019春学期
細胞情報学A先進理工学部2019春学期
細胞情報学特論A大学院先進理工学研究科2019春学期

他機関等の客員・兼任・非常勤講師等

2017年04月- 2018年03月大阪市立大学非常勤講師