氏名

イ グァンホ

李 洸昊

職名

助教

所属

(大学院環境・エネルギー研究科)

本属以外の学内所属

兼担

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学歴・学位

学位

博士

論文

途上国の都市における「ごみの流れ」の構造分析-スリランカ・キャンディ市を事例に-

2015年-

スリランカ・キャンディ市のごみ問題と廃棄物行政に対する住民意識の分析

2018年07月-

講演・口頭発表等

日本における高レベル放射性廃棄物の地層処分政策と社会的受容性

2018年09月

学内研究制度

特定課題研究

効果的な災害廃棄物処理計画策定に関する研究

2019年度共同研究者:佐々木俊介

研究成果概要:本研究では、今までの災害廃棄物処理における効率的な瓦礫の集約、分別、リサイクルなどのノウハウが社会技術として蓄積してきており、その中心には住民の協力が必要不可欠であったと考えている。特に、過去の災害廃棄物処理の事例から、その処理に...本研究では、今までの災害廃棄物処理における効率的な瓦礫の集約、分別、リサイクルなどのノウハウが社会技術として蓄積してきており、その中心には住民の協力が必要不可欠であったと考えている。特に、過去の災害廃棄物処理の事例から、その処理に要した仕組みが重要である観点から、それに焦点を当てたアンケートを設計し、自治体を対象にアンケート調査実施を準備中である。調査対象は、平成27年以降に災害救助法の適用を受けた自治体であり、8月頃のアンケート配布を計画している(コロナウイルスの影響)。調査結果は、自治体の災害廃棄物処理計画策定へのフィードバックや災害廃棄物の対応方法に関する事例集を作成する予定である。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
環境・エネルギー学演習A大学院環境・エネルギー研究科2020春学期
環境を経営するグローバルエデュケーションセンター2020秋学期
コーディネータという役割を実践する(アドバンスト)グローバルエデュケーションセンター2020春学期
自分のプロジェクトを経営するグローバルエデュケーションセンター2020春学期
地域コーディネータという役割を実践する(アドバンスト)グローバルエデュケーションセンター2020通年
地域を経営するグローバルエデュケーションセンター2020通年