氏名

ツチヤ ジュンジ

土屋 淳二

職名

教授

所属

(文学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
junji.tsuchiya@waseda.jp

URL等

研究者番号
80287937

本属以外の学内所属

兼担

文学学術院(大学院文学研究科)

商学学術院(大学院商学研究科)

学内研究所等

イタリア研究所

プロジェクト研究所所長 2004年-2007年

イタリア研究所

研究所員 2011年-2014年

イタリア研究所

プロジェクト研究所所長 2008年-2009年

イタリア研究所

プロジェクト研究所所長 2009年-2011年

イタリア研究所

研究所員 2009年-2011年

イタリア研究所

プロジェクト研究所所長 2011年-2014年

学歴・学位

学位

文学修士 早稲田大学 社会学

博士(文学) 早稲田大学 社会学

経歴

【職歴(国内)】
1994年04月-成蹊大学文学部 非常勤講師 (日 - 1998年3月31日)
1996年04月-早稲田大学文学部 助手 (日 - 1999年3月31日)
1997年04月-関東学院大学経済学部 非常勤講師 (日 - 2000年3月31日)
1999年04月-早稲田大学文学部 専任講師 (日 - 2002年3月31日)
2000年04月-東洋大学社会学部 非常勤講師 (日 - 2004年3月31日)
2000年04月-成蹊大学文学部 非常勤講師 (日 - 2004年3月31日)
2000年07月-慶応大学通信教育部 非常勤講師 (日 - 2000年8月24日)
2004年04月-聖心女子大学文学部 非常勤講師 (日 - 2005年3月31日)
2012年04月-聖心女子大学文学部 非常勤講師(日 - )
2012年04月-文化学園大学大学院 特任教授(日 - )
【客員・交換研究員(海外)】
2003年-ローマ大学(ラ・サピエンツァ)交換研究員[2012]
【交換教員】
2009年-ボローニャ大学交換教員(イタリア)
【客員教授(海外)】
2004年-2006年パドヴァ大学総合心理学部客員教授[2013] (イタリア)
2005年-2006年ローマ大学(ラ・サピエンツァ)社会学部客員教授(イタリア)
2005年-2006年ローマ大学(ラ・ラピエンツァ)東洋研究学部客員教授(イタリア)
2005年-ローマ大学(ローマ3)教育科学部客員教授(イタリア)
2005年-フィレンツェ大学政治科学部客員教授(イタリア)
2005年-ナポリ大学オリエンターレ客員教授[2012](イタリア)
2005年06月-ヴェローナ大学文学部客員教授(イタリア)
2005年06月-ミラノ・カトリック大学政治科学部客員教授(イタリア)
2005年06月-ミラノ自由大学(IULM)コミュニケーション学部客員教授(イタリア)
2006年-トゥーシャ大学政治科学部客員教授(イタリア)
2006年-サッサリ大学政治科学部客員教授[2009] (イタリア)
2009年-ボローニャ大学文哲学部客員教授(イタリア)
2010年-ジェノヴァ大学建築学部客員教授(イタリア)
2011年-ヴェネツィア大学外国語学部客員教授(イタリア)
2014年-ミラノ大学ビコッカ校人間科学学科客員教授(イタリア)
2015年-ヴェローナ大学時間・空間・想像・社会学科客員教授(イタリア)
2015年-トレント大学客員教授(イタリア)

所属学協会

日本感性工学会 日本感性工学会論文編集委員

イタリア社会学会 終身名誉会員

日本社会学会

ファッションビジネス学会

日本社会学史学会

早稲田社会学会

委員歴・役員歴(学外)

2006年-・早稲田大学イタリア研究所・所長
2011年-・独立行政法人日本学術振興会・特別研究員等審査会専門委員(-2013.7.31)
2011年-・独立行政法人日本学術振興会・海外事業委員会書面審査委員(-2013.7.31)
2011年-・「モード現象研究所」運営委員会委員(ローマ)
2012年-・《Societas: Teoria Sociologicica e Analisi del Mutamnto》(学術出版シリーズ,ローマ:Cooperativa Libraria Nuova Cultura社刊)科学委員会委員
2012年-・「モード現象研究所」運営委員会委員(ローマ)
2012年-・《ZoneModa》(学術雑誌,ボローニャ:Pendragon社刊)科学委員会委員
【研究機関委員等(海外)】
・雑誌《Language Culture Mediation (LCM)》 国際委員会委員
・《イタリア社会学雑誌》(学術雑誌,イタリア社会学会刊)科学委員会委員
2014年-・《Sociologie》(学術出版シリーズ,Mimesis刊)科学委員会委員
2014年-・《Contemporary Japan》(学術出版シリーズ,ヴェネツィア:ヴェネツィア大学刊)科学委員会委員
2014年-・《Impresa, Comunicazione, Mercato》(学術出版シリーズ,ミラノ:FrancoAngeli社刊)科学委員会委員

受賞

グローバル・マーケティング会議 「最優秀報告論文賞」

2010年09月

イタリア社会学会(AIS)終身名誉会員

2005年10月

取材ガイド

カテゴリー
社会科学
専門分野
集合行動・文化変動論、ブランドマーケティング、イタリア現代社会文化論
自己紹介コメント
集合行動・文化変動のトピックス全般(ファッション,流行現象,サブカルチャー,社会運動,暴動,流言飛語,都市伝説,集団愚考,ブランドマーケティング等)
キーワード
ファッション、群集行動、イタリア社会・文化

研究分野

キーワード

集合行動研究、文化変動論、モード・ファッション論、現代イタリア社会論

科研費分類

社会科学 / 社会学 / 社会学

研究テーマ履歴

1995年-2000年災害社会学、防災社会学、災害組織論、防災ボランティア論

研究テーマのキーワード:社会学,災害,防災,ボランティア,救援活動,集合行動

国内共同研究

2003年-集合行動に関する理論研究

研究テーマのキーワード:集合行動、社会運動、社会変動、文化変動

国際共同研究

2003年-現代ファッション研究

研究テーマのキーワード:流行,ファッション,マーケティング,モード,ブランド

国際共同研究

2004年-ポストモダンと日本社会・文化論

研究テーマのキーワード:ポストモダン,ロボット,アンドロイド,東京,マニュアル行動

個人研究

2004年-現代イタリア社会・文化論

研究テーマのキーワード:イタリア,サブカルチャー,若者文化,イタリア政治・経済

国際共同研究

2006年-イタリア社会学史

研究テーマのキーワード:イタリア,社会学史

個人研究

論文

Il Giappone e l’esigenza di adattarsi a Donald Trump

Junji Tsuchiya

Aspenia online2017年08月-

Mortai &Pestelli Cultura alimentare dei popoli

Junji Tsuchiya

Acts of the 2° convegno2017年-

Modeling links between the decision-making process and luxury brand attachment: An international comparison

Godey, Bruno; Pederzoli, Daniele; Aiello, Gaetano; Donvito, Raffaele; Chan, Priscilla; Tsuchiya, Junji; Skorobogatykh, Irina Ivanovna; Weitz, Bart; Oh, Hyunjoo; Singhg, Rahul

Global Branding and Country of Origin: Creativity and Passionp.5 - 222016年04月-2016年04月 

Scopus

詳細

概要:© 2015 Korean Scholars of Marketing Science. All rights reserved.This research aims to extend the analysis of the factors influencing consumer purchase of luxury goods. The effects of brand and country of origin (CoO) on the purchase decision are specifically considered. A total sample of 1103 respondents in seven countries (China, France, India, Italy, Japan, Russia, USA) is analyzed through a structured questionnaire administered online. The research tests the scales of decision-making and brand attachment through exploratory and confirmatory factor analysis. It also tests the causal model of relationships between decision-making and luxury brand attachment. The richness of this research is related to the intercultural analysis of the results obtained in seven countries. These results concern the differences and similarities in: (1) defining the concept of country of origin (country of design, country of manufacture/ country of assembly); (2) the combined effects of factors, including brand, CoO, price, guarantee, design and advertising, in the purchasing decision for luxury brands; and (3) the links between decision-making and attachment of the consumer to the luxury brand. The results are interesting in terms of management recommendations for a company that wishes to expand internationally into one of the geographic areas covered by this study, since significant differences are observed.

Robots between nature and culture: Symbiotic Japanese Thought

Junji Tsuchiya

Ba3ylon122015年-

La Nuova Tecnologia Sostenibile per Una Società Simbiotica dei Consumi

Junji Tsuchiya

Rivista PIC-AIS, Roma: Associazione Italiana di Sociologiap.34 - 362015年-

Ingegneria Kansei e Filosofia Kyōsei: Una Nuova Frontiera per la Teorizzazione della Moda Etica,(in English, Kansei engineering and Kyōsei philosophy: A new frontier for theorizing ethical fashion)

Junji Tsuchiya

Le mode oggip.45 - 612015年-

イタリアン・ファッションの現在:ブランディングとサステイナビリティ

土屋淳二

慶応大学文学部編 『地中海の魅力 2012/地中海の有縛 2013』(極東証券寄附講座)[Faculty of Letter, Keio University (eds.) Chichukai-no-Miryoku / Chichukai-no-Yuwaku]p.80 - 882014年10月-2014年10月 

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

黎明期イタリア社会学の成立過程にみる思想的潮流

土屋淳二

『社会学年誌』 [The Annuals of Sociology, No.55 (march) 2014.]No.55 (March)p.117 - 1352014年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Italian Fashion Today: Branding and Its Sustainability

Junji Tsuchiya

The Fascination of the Mediterraneanp.80 - 882014年-

Carrier Targeting to the Global Labor Marke

Junji Tsuchiya

Yuhikakup.125 - 1412014年-

Il vantaggiosStrategico del MADE IN ITALY nei mercati globali.

Junji Tsuchiya

Quaderni-Pubblicazione periodica della Camera di Commercio, The Italian Chamber of Commerce in Japan.p.62 - 762013年07月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Prospects for Luxury Brands in the Global Era

Junji Tsuchiya

Waseda Online by Yomiuri Onlinehttp://www.yomiuri.co.jp/adv/wol/dy/opinion/society_120910.htm2012年08月-

詳細

掲載種別:学位論文(その他)

グローバル時代におけるラグジュアリーブランドのゆくえ

土屋淳二

Waseda Online by Yomiuri Onlinehttp://www.yomiuri.co.jp/adv/wol/opinion/society_120827.htm2012年08月-

詳細

掲載種別:学位論文(その他)

イタリアン・モードの挑戦

土屋淳二

星美学園短期大学日伊総合研究所報2012年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Brand and Country-of-Origin Effect on Consumers

Bruno Godey, Daniele Pederzoli, Gaetano Aiello, Raffaele Donvito, Priscilla Chan, Hyunjoo Oh, Rahul Singh, Irina I. Skorobogatykh, Junji Tsuchiya and Bart Weitz

Journal of Business Research2012年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Postmodernità e moda tra reale e virtuale

Junji Tsuchiya

Fashion Gamep.125 - 1322012年-

The Problems and Tasks in Youth Policy in Italy

Junji Tsuchiya

Shinyo-shap.149 - 1732012年-

Il "Tecno-culturalismo"nel Giappone Post-moderno

Junji Tsuchiya

Forme e Tendenze di Mode Giovanilip.17 - 402012年-

How Can Japans‘Galapagos Syndrome’ Survive Globalization?

Junji Tsuchiya

Zone Moda Journal: La Cultura della Moda Italiana-Made in Italy [Pendragon, Bologna]No.2p.254 - 2582011年09月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

<アルタ・モーダ>から<モーダ・エティカ>へ:グローカル・ファッションへの《イタリアの道》

土屋淳二

日伊文化研究(Studi di Cultura Italo-Giapponese)(XLVIII)p.12 - 212010年03月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

La Rivolzione Ontologica del Corpo: Ritorno dal Mondo Virtuale al Reale

Junji Tsuchiya

Dall'Uomo All’Avatar e Ritorno: Realtà e Dimensioni Emergentip.237 - 2532010年-

Dall’Alta Moda alla Moda Etica: La Via Italiana al Fashion Globale

Junji Tsuchiya

Studi Di Cultura Italo-Giapponesep.12 - 212010年-

とっておきの話 「戸山夜話」

土屋淳二

早稲田ウィークリーNo.11952009年10月-

詳細

掲載種別:学位論文(その他)

An international perspective on luxury brand and Country of Origin Effect

Aiello, G., Raffaele, D., Gody, G., Perderzoli, D., Wiedman, K., Hennings, N., Siebels, A., Chan, P., Tsuchiya, J., Rabino, S., Ivanovna, S., Weitz, B., Oh, H., Singh, R.

Journal of Brand Managementvol.16/ no.5-6/ pp.323-3372009年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Could Be More Than ‘Second’?

Junji Tsuchiya

2009年-

Dal Multiculturalismo al Multirealismo nel Giappone Postmoderno

Junji Tsuchiya

2009年-

書評:八木宏美 著 (2008) 『違和感のイタリア』 新曜社

土屋淳二

図書新聞p.52008年12月-

詳細

掲載種別:学位論文(その他)

<人間/非人間>カテゴリーと社会学的人間観:<人間‐機械>から<ポスト人間>へ

土屋淳二

社会学年誌2008年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

A Quest for Hybrid Identities: Plastic Self and Avatarised Bodies in the Japanese Hyper-real Worlds

Junji Tsuchiya

2008年-

イタリアン・ファッションの過去・現在・未来

土屋淳二

Cronaca (日伊協会)2007年07月-

詳細

掲載種別:学位論文(その他)

クールブランドの挑戦

土屋淳二

Cronaca (日伊協会)(No.114)p.2 - 62007年07月-

詳細

掲載種別:学位論文(その他)

《団塊世代》と《クールビズ》が問うファッション感覚

土屋淳二

Waseda.com on Asahi.comhttp://www.asahi.com/ad/clients/waseda/opinion/2007年07月-

詳細

掲載種別:学位論文(その他)

Sistema Culturale e Valori Estetici nella Moda dei Bambini Giapponesi

Junji Tsuchiya

Edizione Kappap.172 - 2082007年-

Nomadismo e Nudismo nella Moda di Lusso Postmoderna

Junji Tsuchiya

Franco Angelip.76 - 892007年-

Lettera per Mario Verdone, in Mario Verdone Incontra il Giappone

Junji Tsuchiya

Istituto Giapponese di Culturap.72006年05月-

詳細

掲載種別:学位論文(その他)

Toward a Scientific Definition of Fashion: Collective Manipulation of Mode as a Form of Symbolic Intaraction

Junji Tsuchiya

Metis [C.L.E.U.P: Cooperativa Libraria Editrice Universita di Padova]XIII(1)p.7 - 362006年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

《騒々しい社会》が問うもの

土屋淳二

新鐘(72)p.56 - 572005年10月-

詳細

掲載種別:学位論文(その他)

Fashion and Identity

Junji Tsuchiya

Arcipelago Edizionip.69 - 992005年-

モード概念の社会学的省察

土屋淳二

早稲田大学大学院文学研究科紀要49輯(1)p.27 - 422004年02月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

流行概念の社会学的定義:相互行為形式としてのモードの集合的操作

土屋淳二

社会学年誌(43)p.103 - 1222002年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

集合行動論の展開

土屋淳二

早稲田大学大学院文学研究科1999年02月-

詳細

掲載種別:学位論文(博士)

Modern Society and Collective Behavio

Junji Tsuchiya

Gakubunshap.73 - 911999年-

Theoretical Development of Collective Behavior in Disaster Research

Junji Tsuchiya

Showado1p.334 - 3511999年-

災害ボランティア活動に関する社会学的研究の視角

土屋淳二

ボランティアセンター研究年報'97 (東京都社会福祉協議会・東京ボランティアセンタ−)1997年度版p.23 - 341998年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

災害ボランティア行動における資源問題: 阪神・淡路大震災事例をふまえて

土屋淳二

社会学年誌(38)p.7 - 221997年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

災害ボランティア類型論に関する一考察: 集合行動論的パ-スペクティヴの展開

土屋淳二

社会学年誌(37)p.89 - 1041996年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

集合行動論における創発規範理論の展開

土屋淳二

早稲田大学大学院文学研究科紀要41(1)p.63 - 741996年02月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

集合行動の定義に関する諸問題:集合動員プロセス・モデルの構築にむけて

土屋淳二

年報社会学論集(8)p.59 - 701995年06月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

H.ブル-マ-にみる集合行動論の展開:非シンボリック/シンボリック相互作用論的視座の検討

土屋淳二

社会学年誌(36)p.53 - 661995年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

R.E.パ-クの『群衆と公衆』論にみる集合行動論の視座

土屋淳二

年報社会学論集(6)p.37 - 481993年06月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

R.E.パ-クの社会過程論と集合行動への視座

土屋淳二

社会学年誌(34)p.117 - 1311993年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

集合行動論の理論的考察: R.E.パークの視点を中心にして

土屋淳二

早稲田大学大学院文学研究科1990年03月-

詳細

掲載種別:学位論文(修士)

書籍等出版物

Special edition: Luoghi (comuni) del Giappone, Lingue, Culture, Mediazioni/Languages Cultures Mediation, Il, No.2. Vol.3 (dicembre). [Online ISSN 2421-0293 - Print ISSN 2284-1881]

Tsuchiya, J. and V.Sica

2016年-

Fashion Convergence, ZoneModa Journal, No.5, Bologna: Pendragon. [ISSN: 2283-7043; ISBN: 978-88-6598-741-4]

Tsuchiya, J. and Antonella Mascio

2015年-

M.Iwakami and N.Ohtsuki eds. (2014) Designing Your Future: Introduction to Career Design, Tokyo: Yuhikaku: 125-141. (「世界をみすえたキャリアのあり方」, 岩上真珠・大槻奈巳 編 『大学生のためのキャリアデザイン入門』, pp.125-141.)

Junji Tsuchiya(共著)

Tokyo: Yuhikaku (有斐閣)2014年 06月-

詳細

ISBN:978-4-641-174

Stili Glacali: Forme e tendenze di mode giovanili

Tsuchiya, J., M.Tessarolo and A.Marazzi (eds.)(単著)

Padova: C.L.E.U.P [Cooperativa Libraria Editrice Universita di Padova]2012年 04月-

詳細

ISBN:978-88-6129 -844-6

Il "Tecno-culturalismo"nel Giappone Post-Moderno, in M.Tessarolo (ed.) Stili Glocali: Forme e Tendenze di Mode Giovanili.

Junji Tsuchiya(共著)

C.L.E.U.P [Cooperativa Libraria Editrice Universita di Padova]2012年 04月-

詳細

ISBN:978-88-6129 -844-6

“Postmodernita’ e Moda tra Reale e Virtuale,” in A.Mascio (a cura di) Fashion Game, pp.125-136.

Junji Tsuchiya(共著)

Milano: Franco Angeli2012年-

詳細

ISBN:978-88-204-0573-1

60年代経済ブームと<甘い生活>(734‐735頁).『イタリア文化事典』 [総899頁].

公益財団法人 日伊協会 監修,イタリア文化事典編集委員会 編

丸善出版2011年 12月-

詳細

事典・辞書ISBN:9784621084298C0522

"La Rivolzione Ontologica del Corpo: Ritorno dal Mondo Virtuale al Reale," in R.Romeo and P.Canestrari (eds.), Dall'Uomo All' Avatar e Ritorno: Realta' e Dimensioni Emergenti, Vol.2, Verona, Italy: QuiEdit, pp.237-253.

Junji Tsuchiya(共著)

Verona, Italy: QuiEdit2010年-

詳細

ISBN:978-88-6464-049-5

モードの社会学(下):自由と束縛をめぐるファッション力学 [Sociology of Mode, Vol.II]

土屋淳二(単著)

学文社 [Gakubun-sha]2009年 04月-

詳細

ISBN:978-4-7620-1805-3

モードの社会学(上):ファッション帝国の<裸のプチ王様>  [Sociology of Mode, Vol.I]

土屋淳二(単著)

学文社 [Gakubun-sha]2009年 03月-

詳細

ISBN:978-4-7620-1804-6

マクドナルド化とロボット店員: 店舗労働に関する調査報告書 [ III ]

土屋淳二(責任編集)

早稲田大学社会学研究室2009年 03月-

詳細

調査報告書

“Dal Multiculturalismo al Multirealismo nel Giappone Postmoderno,” in S.Ferreri (a cura di), Plulinguismo, Multiculturalismo e Apprendimento delle Lingue: Confronto tra Giappone e Italia, Viterbo: Sette Città, pp.249-260.

Junji Tsuchiya(共著)

Sette Citta'2009年-

詳細

ISBN:978-88-7853-180-2

The International Comparative Research on the Gender Difference in a Career Formation Process of the Youth: Labor, Education, and Family Politics, Reports on the research achievements of Research Projects under Scientific Research (B).

Iwakami, M., M.Miyamoto, H.Okamoto, J.Tsuchiya, N.Ohtsuki, M.Watanabe and T.Sakai

2009年-

A Quest for Hybrid Identities: Plastic Self and Avatarised Bodies in the Japanese Hyper-real Worlds in P. Canestrari, A. Romeo (a cura di), Second Life oltre la realtà il virtuale: Uno studio sociologico.

Junji Tsuchiya(共著)

Milano: Lupetti Editore2008年 10月-

詳細

ISBN:978-88-8391-263-4

マクドナルド化とロボット店員: 店舗労働に関する調査報告書 [ II ]

土屋淳二(責任編集)

早稲田大学社会学研究室2008年 03月-

詳細

調査報告書

マクドナルド化とロボット店員: 店舗労働に関する調査報告書 [ I ]

土屋淳二(責任編集)

早稲田大学社会学研究室2008年 03月-

詳細

調査報告書

Sistema Culturale e Valori Estetici nella Moda dei Bambini Giapponesi (The Cultural System and Aesthetic Values in Japanese Children’s Fashion), in P. Canestrari, A.Romeo (a cura di), Modelli culturali del mondo infantile, pp.172-208.

Junji Tsuchiya(共著)

Roma: Edizione Kappa2007年 10月-

詳細

ISBN:978-88-7890-848-2

Nomadismo e Nudismo nella Moda di Lusso Postmoderna, in Anna Maria Curcio (a cura di) Sociologia della moda e del lusso, pp.76-89.

Junji Tsuchiya(共著)

Milano: Franco Angeli2007年-

詳細

ISBN:978-88-464-9291-3

Fashion and Identity, in Vanni Codeluppi (a cura di), Il Consumo: Problemi Attuali

Junji Tsuchiya(共著)

Arcipelago Edizioni, Milano2005年 11月-

イタリアン・ファッションの現在: 現代イタリア社会学が語るモード・消費社会・アイデンティティ

土屋淳二 編(単著)

学文社2005年 03月-

詳細

ISBN:4-7620-1414-1

精神保健福祉用語辞典

土屋淳二; (社)日本精神保健福祉士会・日本精神保健福祉学会編

中央法規出版2004年 07月-

詳細

事典・辞書

タルコット・パーソンズ 『知識社会学と思想史』(共訳)

土屋淳二・杉本昌昭 (油井清光 監訳)

学文社2003年 11月-

詳細

その他

集合行動の社会心理学

土屋淳二・田中淳(単著)

北樹出版2003年 01月-

詳細

ISBN:4-89384-870-4

原宿

土屋淳二(責任編集)

早稲田大学社会学研究室2002年 03月-

詳細

調査報告書

地域防災と市民活動に関する調査報告書[2]: 東京都新宿区・地域自主防災活動/資料・事例篇

土屋淳二(責任編集)

早稲田大学社会学研究室2001年 09月-

詳細

調査報告書

地域防災と市民活動に関する調査報告書[1]: 東京新宿区・防災区民組織の事例

土屋淳二(責任編集)

早稲田大学社会学研究室2000年 09月-

詳細

調査報告書

集合行動の社会学 (『転換期日本社会の諸相』 坂田正明 編)

土屋淳二(共著)

学文社1999年 09月-

現代社会と集合行動 (『現代社会と人間』 秋元律郎・坂田正明 編)

土屋淳二(共著)

学文社1999年 09月-

災害社会学における集合行動論的視座の展開 (『阪神・淡路大震災の社会学』 岩崎信彦 他編)

土屋淳二(共著)

昭和堂1999年 02月-

阪神・淡路大震災における災害ボランティア活動

土屋淳二・浦野正樹・大矢根淳 編

早稲田大学社会科学研究所・研究シリーズ No.361996年 09月-

詳細

調査報告書

The Great Hanshin-Awaji Earthquake and Volunteers’ Activities in Disaster, Research Monograph Series No.36, Institute of the Social Sciences of Waseda University.

Tsuchiya, J

1996年-

カール・マンハイム 『青年期マンハイムとその作品』 (秋元律郎 監訳)

土屋淳二

梓出版1995年 04月-

詳細

その他

講演・口頭発表等

"Urban Evolution for Sustainability of Tokyo ( II ): Remodeling landscape from the modern to the postmodern," [in Italian: L'evoluzione urbana di Tokyo verso la sostenibilit?: Percorsi di riqualificazione nel paesaggio urbano moderno e postmoderno.] Dipartimento di Storia, Scienze dell'Uomo e della Formazione, Aula Mario Da Passano, Universit? degli studi di Sassari, 12 June 2018, Ore 11-13.

Tsuchiya, J

2018年06月

"Urban Evolution for Sustainability of Tokyo ( I ): Remodeling landscape from the modern to the postmodern," Dipartimento di Storia, Scienze dell'Uomo e della Formazione, Aula Mario Da Passano, Universit? degli studi di Sassari, 11 June 2018, Ore 11-13.

Tsuchiya, J

2018年06月

"Nuove frontiere della tecnologizzazione del sistema produttivo: La simbiosi sociale al di l? dell'antropocentrismo nei nostri giorni," Universit? Cattolica del Sacro Cuore di Milano, Master-Comunicazione per le industrie creative, 19 february 2016, 14:30-16:20.

Tsuchiya, J

2016年02月

"L'etica shintoista e lo spirito del neo-corporativismo: La simbiosi sociale al di l? dell'antropocentrismo nei nostri giorni," Universit? Cattolica del Sacro Cuore di Milano

Tsuchiya, J

2016年

Master-Comunicazione per le industrie creative, 18 february 2016, 16.30 -18.30.

Tsuchiya, J

2016年

"La cultura giapponese e l'etica shintoista: La filosofia "Ky?sei" e la responsabilit? verso una societ? simbiotica," Universit? degli studi di Milano-Bicocca, Dipartimento di Scienze Umane per la Formazione "Riccardo Massa", 1 Dicember 2015, 14:30 -16:00.

Tsuchiya, J

2015年

"L'Etica "Ky?sei" e lo Spirito Shintoista: Technologizzzione sostenibile verso una societ? simbiotica," Universit? degli studi di Napoli "L'Orientale", 27 Novembre Ore: 10.30 alle 12.30 di venerdi', Palazzo Mediterraneo.

Tsuchiya, J

2015年

"Il multiculturalismo e la filosofia ky?sei: La Sostenibilit? verso una societ? simbiotica," Universit? degli studi di Milano, Dipartimnto di Scenze della Mediazione di Linguistica e di Studi Interculturali, Polo di Mediazione Linguistica e Culturale, Piazza Indro Montanelli 1, Sesto San Giovanni (MI), 26 novembre 2015, 14:30-16:00, Aula T10.

Tsuchiya, J

2015年

"La filosofia "ky?sei" e la cultura giapponese nell'et? post-umana: Lo spirito shintoista e l'ingegneria "kansei" al di l? dell'antropocentrismo," Universit? degli studi di Bergamo, Dipartimnto di Lingue, Letterature straniere e Comunicazione, Marted? 24 novembre, 15.00-17.00, Aula 1 Piazza Rosate, Palazzo Dossetti.

Tsuchiya, J

2015年

"Lo Spirito Shintoista Giapponese e la Responsabilit? Sociale: La Sostenibilit? al di l? dell'Antropocentrismo nei Nostri Giorni," Universit? degli studi di Padova, Dipartimento di Filosofia, Sociologia, Pedagogia e Psicologia Applicata (FISPPA), Luned? 23 novembre 2015, 14.15-18.15, Aula film, Palazzo del Capitanio, Piazza Capitaniato 3, Padova.

Tsuchiya, J

2015年

"L'Etica Shintoista e lo Spirito del Corporativismo: Responsabilit? Sociale e Tecnologizzazione per Una Societ? Sostenibile," Universit? degli studi di Modena e Reggio Emilia, Dipartimento TeSIS - Tempo, spazio, immagine e societ?, Marted? 17 novembre ore 11:30 Aula D1.2 (vecchia aula 5a), Palazzo Dossetti.

Tsuchiya, J

2015年

"Il Tecnoculturalismo nell'Et? Post-umana: Una Riflessione Sociologica per il Futuro," Dipartimento di Sociologia e Ricerca sociale, Universit? degli Studi di Trento [Ore 14.00 - 16.00, Sala Professori , via Verdi 26,I-38122 Trento - Italia, 12 March 2015].

Tsuchiya, J

2015年

"Nuove Frontiere della Tecnocultura nell'Epoca Globale per Una Societ? Sostenibile," Universit? degli Studi di Verona, Osservatorio sui consumi delle famiglie - OSCF, Dipartimento TeSIS - Tempo, spazio, immagine e societ?, e Dipartimento di Filosofia, Psicologia e Pedagogia [19 March 2015, ore 14, Aula 1.4, Polo Zanotto].

Tsuchiya, J

2015年

"La Nuova Tecnologia Sostenibile per Una Societ? Simbiotica," Corso di Economia e Gestione Aziendale (Service Management), Facolt? di Economia, Universit? Cattolica del Sacro Cuore di Milano [Largo Gemelli 1, 17 Mach, 10:00-11:30].

Tsuchiya, J

2015年

"Il Giappone dopo Fukushima: Il rapporto con l'Ambiente dopo l'Incidente Nucleare," (interviewed by Paolo Salom), 5 october 2015, 18:00-18:30, Padiglione del Corriere della Sera (Casa Corriere) of Milano Expo.

Tsuchiya, J

2015年

"Una Riflessione sull'Incarnazione Identitaria: La tecnocultura e l'animismo nello spirito giapponese," Internatinal Conference: Media Mutations, Infiniti Mondi Possibili, Spereroi e Cosplay fra Moda e Immaginario Visuale Contemporaneo, Universita' degli Studi di Bologna, Sede Universitaria Valgimigli (Rimini), 6 May, 10.00-17.30.

Tsuchiya, J

2015年

日本における感性工学と消費社会学

土屋淳二

特別講演,ミラノ・カトリック大学経済学部経済・経営学科 [2014年10月6日(月)10:00-11:30]2014年10月06日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

多文化主義と共生社会にむけた持続可能性:メード・イン・イタリーの観点から

土屋淳二

特別開講講演イタリア国立トゥーシャ大学言語文学・歴史哲学・法学科 [2014年10月1日(水)11:00-11:45,於:大講堂]2014年10月01日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

2K(感性+共生):持続可能社会にむけた高度技術化の新地平

土屋淳二

特別講演,イタリア国立ウルビーノ大学コミュニケーション科学・人文学科 [2014年9月24日(水)10:30-12:30]2014年09月24日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

日本におけるコーポレイト・サステイナビリティと共生コーポラティズム

土屋淳二

在日イタリア商工会議所・イタリア労働総同盟セミナー(招待講演)2014年08月29日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

共生と感性:今日の日本にみる持続可能な倫理とロボット

土屋淳二

招待講演会(ミラノ大学ビコッカ校人間科学部,2014年3月5日)2014年03月10日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

ロボット:持続可能社会に向けて

土屋淳二

特別授業(ミラノカトリック大学経済学部,2014年3月5日)2014年03月05日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

近代の液状化における持続可能社会への新しい挑戦

土屋淳二

特別授業(パドヴァ大学応用心理学科,2013年10月8日)2013年10月08日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

ポスト・ヒューマン時代における技術文化:持続可能社会に向けた近代社会の挑戦

土屋淳二

第42回イタリア記号学全国大会(リミニ[イタリア],2013年10月4‐6日[報告日10月6日])2013年10月06日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

イタリアン・ファッションの現在:ブランディングとサステイナビリティ

土屋淳二

慶応大学 連続講義(極東証券寄付講座) 『地中海の誘惑』2013年07月02日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

"Italian Fashion Today: Branding and Its Sustainability," [in Japanese, Chichukai- no-Miryoku/ Chichukai-no-Yuwaku], Faculty of Literature, Keio University- Hiyoshi Campus, 2 July 2013.

Tsuchiya, J

2013年07月

日本のファッション市場における品質としてのイタリア性

土屋淳二

Made in Italy: i tanti significati del comparto moda in Giappone —— Tendenze, problematiche, nuove forme di garanzia: TF – Traceability & Fashion2013年02月01日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

Technology and Senseware

Junji Tsuchiya

Giornata di Studi-The Rising the Web: Web2.0, Consumi e Moda, Alma Mater Studiorum-Universita’ di Bologna, Facolta’ di Lettere e Filosofia (Rimini, 2 Oct.2012, Sede Universitaria Valgimigli, Aula2)2012年10月02日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

ポストモダン時代の持続的社会にみるロボット化

土屋淳二

講演会2012年03月06日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

「地域自主防災」の問題と課題:「地縁」づくりと「災害文化」

土屋淳二

軽井沢町・早稲田大学交流事業講演会2011年11月19日

詳細

口頭発表(招待・特別)

イタリアン・モードの挑戦

土屋淳二

星美学園短期大学公開講座2011年10月

詳細

口頭発表(招待・特別)

ロボット社会:ポストヒューマンとアイデンティティのハイブリッド化

土屋淳二

招待講演会2011年03月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

日本における前衛ファッションとポストモダン文化

土屋淳二

招待講演会2010年03月

詳細

口頭発表(招待・特別)

日伊の文化政策のあり方と課題:文化事業への官民支援,法,地域連携

土屋淳二

日伊における文化振興と市場構築への共通理解に向けて(II),2009年12月9日(水)[イタリア文化会館・東京]2009年12月

詳細

国際会議

日本のなかの《イタリア》— 文化表象にみるイメージと意味の社会構築をめぐって —

土屋淳二

2009年11月6日(金)[早稲田大学戸山キャンパス36号館382AV教室]2009年11月06日

詳細

国際会議

日本のファッション:第二次世界大戦から現代アヴァンギャルドへ

土屋淳二

招待講演会2009年05月

詳細

口頭発表(招待・特別)

<ポストヒューマン>の時代:日本におけるハイブリッド・アイデンティティと彷徨うポストモダン

土屋淳二

招待講演会2009年05月

詳細

口頭発表(招待・特別)

"Nuove Sinergie tra Moda Responsabile e Tecnologia Sostenibile in Giappone," XI Convegno Internazionale "Ethical Fashion: Moda Critica" , Aula Magna, Universit? Cattolica del Sacro Cuore di Milano, Milano (Italy): 8 May 2009.

Tsuchiya, J

2009年05月

日本における高級ブランドを取り巻く社会状況

土屋淳二

高級ブランドと原産国効果に関する国際共同調査報告2009年01月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

日本のブランド商標権保護活動と知的財産に関する社会意識

土屋淳二

日伊における文化振興と市場構築への共通理解にむけて (2008 年11 月5 日(水)10 時〜 17 時( 開場9 時30 分)イタリア文化会館アニェッリホール)2008年11月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

"Promotional Actions for Trademark Protection and Social Consciousness on Intellectual Property in Japan," Convegno Internazionale "A Regola d'Arte: L'Armonizzazione delle Regole di Mercato negli Scambi Culturali tra Italia e Giappone," Istituto Italiano di Cultura, Auditorium "Umberto Agnelli" Hall, Tokyo: 5 Nov. 2008.

Tsuchiya, J

2008年11月

"L'Armonizzazione delle Legole di Mercato negli Scambi Culturali tra Italia e Giappone": Diritto Europeo e Giapponese in Ambito Culturale - Riproduzione di Opere d'Arte, Cinema, Tutela del Diritto d'Autore e del "Made in Italy," [in Japanese, "NichiI niokeru bunkashinkou to shijo kouchiku heno kyotsurikai ni mukete: design, art no houteki kisei to seisaku kadai,"], Istituto Italiano di Cultura, Sala Agnelli, Tokyo: 5 November 2008.

Tsuchiya, J

2008年11月

ハイブリッド化されたアイデンティティ:プラスティック・セルフとアバター化された身体

土屋淳二

セカンド・ライフ:現実を超えた仮想社会2008年10月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

日本における多文化主義とハイブリッド化される現実感覚とアイデンティティ

土屋淳二

多言語主義,多文化主義そして言語学習2008年10月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

日本における現実とアイデンティティのハイブリッド化

土屋淳二

『学ぶ』(イタリア国立東方研究学院・早稲田大学イタリア研究所共催)2008年07月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

高級概念に関する6カ国国際比較調査報告

土屋淳二

欧州マーケティング学会会議2008年05月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

変貌するイタリアン・ファッション:アルベルト・アブルッツェーゼ講演会

土屋淳二

主催:早稲田大学文学学術院,イタリア文化会館 企画:早稲田大学イタリア研究所 協力:早稲田大学国際コミュニティセンタ 後援:イタリア大使館(東京) 2007年6月4日午後4時20分〜午後6時,戸山キャンパス38号館AV教室2007年06月

詳細

国際会議

"Italian Fashion in Transition: with Prof.Alberto Abruzzese," Waseda University, Faculty of Letters, Arts and Social Sciences, in collaboration with International Community Centre-Waseda University, Istituto Italiano di Cultura di Tokyo, Italian Embassy, Tokyo: Toyama Campus Bld.no.38, 4 June 2007.

Tsuchiya, J

2007年06月

日本における高級概念について

土屋淳二

高級概念に関する国際比較共同調査報告2007年02月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

日本における高級概念について

土屋淳二

高級概念に関する国際比較共同調査報告2007年02月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

現代イタリアの若者にみるライフスタイルと価値観

土屋淳二

イタリア研究会 (於:東京文化会館大会議室)2007年02月

詳細

口頭発表(招待・特別)

ポストモダンにおける放浪主義と裸体主義

土屋淳二

Convegno Internazionale "Trasformazioni del lusso e della moda," con patrocinio da Associazione Italianana di Sociologia, e Comune di Roma, Roma: Campidoglio- Sala della Promoteca.2006年10月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

ポストモダン時代における日本の若者文化

土屋淳二

Facolta di Scienze Politiche, Universita degli Studi di Sassari (Italy)2006年04月

詳細

口頭発表(招待・特別)

ポストモダンにおける共生社会とは

土屋淳二

Facolta di Economia e Commercio, Universita degli Studi di Verona (Italy)2006年04月

詳細

口頭発表(招待・特別)

流動化社会とプラスティック・アイデンティティ

土屋淳二

Facolta di Scienze Politiche, Universita degli Studi di Sassari (Italy)2006年04月

詳細

口頭発表(招待・特別)

今日の日本文化のあり方

土屋淳二

Convegno Internazionale: "Giornata di Studi Giapponesi" Universita per gli Stranieri di Siena (Italy)2006年03月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

現代日本におけるメディア・文化・コミュニケーション

土屋淳二

Facolta di Scienze Politiche, Universita degli Studi della Tuscia [Viterbo] (Italy)2006年03月

詳細

口頭発表(招待・特別)

ポストモダン時代における共生とは

土屋淳二

Dipartimento di Studi Asiatici, Universita degli Studi di Napoli "L’Orientale" (Italy)2006年03月

詳細

口頭発表(招待・特別)

日本文化とポストモダン

土屋淳二

Facolta di Economia, Universita Cattolica "Sacro Cuore" di Milano (Italy)2006年03月

詳細

口頭発表(招待・特別)

消費社会と共生社会

土屋淳二

Facolta di Scienze Politiche, Universita degli Studi della Tuscia [Viterbo] (Italy)2006年03月

詳細

口頭発表(招待・特別)

日本の生活様式とメディア

土屋淳二

Facolta degli Studi Orientali, Universita degli Studi di Roma "La Sapienza" (Italy)2006年03月

詳細

口頭発表(招待・特別)

多文化主義とポストモダン

土屋淳二

Master in Management del Made in Italy, Libera Universita di Lingue e Comunicazione IULM di Milano (Italy)2006年03月

詳細

口頭発表(招待・特別)

現代日本文化とポストモダン

土屋淳二

Dipartimento di Scienze delle Comunicazione, Universita’ degli Studi di Torino (Italy)2005年12月

詳細

口頭発表(招待・特別)

ファッションとアイデンティティ

土屋淳二

Master in Management del Made in Italy, Libera Universita di Lingue e Comunicazione IULM di Milano (Italy)2005年12月

詳細

口頭発表(招待・特別)

日本のジャーナリズムとメディア文化

土屋淳二

Facolta’ di Psycologia Generale, Universita’ degli Studi di Padova (Italy)2005年12月

詳細

口頭発表(招待・特別)

パイパー社会とジェンダーカテゴリー

土屋淳二

Convegno Internazionale: "Studi di Genere in Europa e in Giappone", Ateneo delle Scienze Umane delle Arti e dell’Ambiente, Facolta degli Studi Orientali, Universita degli Studi di Roma “La Sapienza” (Italy)2005年11月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

流動社会・アイデンティティ・ポストモダン消費

土屋淳二

Facolta della Psicologia Generale, Universita degli Studi di Padova (Italy)2005年11月

詳細

口頭発表(招待・特別)

ポストモダンにみる消費,流動化社会とプラスティック・セルフ [2]

土屋淳二

Master in Management del Made in Italy, Libera Universita di Lingue e Comunicazione IULM di Milano (Italy)2005年11月

詳細

口頭発表(招待・特別)

ポストモダンにみる消費,流動化社会とプラスティック・セルフ [1]

土屋淳二

Master in Management del Made in Italy, Libera Universita di Lingue e Comunicazione IULM di Milano (Italy)2005年11月

詳細

口頭発表(招待・特別)

日本におけるファッション

土屋淳二

Libera Universita di Lingue e Comunicazione IULM di Milano (Italy)2005年10月

詳細

口頭発表(招待・特別)

東京ファッションと文化生産

土屋淳二

Facolta delle Scienze Politiche, Universita Cattolica "Sacro Cuore" di Milano (Italy)2005年09月

詳細

口頭発表(招待・特別)

日本の若者文化

土屋淳二

Master in Comunicazione e Media (CoMundus), Dipartimento di Scienza della Politica e Sociologia (DISPO), Facolta di Scienze Politiche “Cesare Alfieri", Universita degli Studi di Firenze (Italy)2005年06月

詳細

口頭発表(招待・特別)

出版記念講演会

土屋淳二

Dipartimento di Scenze dell’Educazione, Facolta delle Scienze della Formazione, Universita degli Studi di Roma3 (Italy); Intervenuti da Roberto Cipriani, Franco Ferrarotti, Domenico Secondulfo, Massimo Canevacci, Anna Maria Curcio.2005年06月

詳細

口頭発表(招待・特別)

"Fashion and Culture in Contemporary Italy," Dipartimento di Scenze dell'Educazione, Facolt? delle Scienze della Formazione, Universit? degli Studi di Roma Tre (Italy), Roma (Italy): 9 June 2005.

Tsuchiya, J

2005年06月

ファッションとアイデンティティ

土屋淳二

Supperculb, Facolta delle Scenze della Formazione, Dipartimento di Scenze dell’Educazione, Universita’ degli studi di Roma3 (Italy)2005年05月

詳細

口頭発表(招待・特別)

流動化社会における宗教性とアイデンティティ

土屋淳二

Dipartimento delle Ricerche Sociale e la Metodologia Sociologica (RiSMeS) “Gianni Statera”, Universita degli Studi di Roma "La Sapienza" (Italy)2005年05月

詳細

口頭発表(招待・特別)

イタリアの事情について

土屋淳二

(社)国際婦人教育振興会2003年06月

詳細

口頭発表(招待・特別)

現代日本における消費,モード,アイデンティティ

土屋淳二

Universita' Cattolica "Sacro Cuore" di Milano (Italy)2003年03月

詳細

口頭発表(招待・特別)

日本の若者文化

土屋淳二

Dipartimento di Psicologia Generale, Universita' degli studi di Padova (Italy)2003年03月

詳細

口頭発表(招待・特別)

流行現象について

土屋淳二

Dipartimento di Psicologia Generale, Univesrita' degli studi di Padova (Italy)2002年01月

詳細

口頭発表(招待・特別)

シカゴ学派集合行動論の系譜展開

土屋淳二

第71回 日本社会学会大会1997年11月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

災害研究における集合行動論的視座の展開

土屋淳二

第45回 関東社会学会大会1997年06月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

災害ヴォランティア研究への分析枠組みに関する一考察: 阪神・淡路大震災の事例をふまえて

土屋淳二

第69回 日本社会学会1996年11月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

災害ボランティアに関する一考察

土屋淳二

第68回 日本社会学会大会1995年09月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

集合行動の定義論に関する問題

土屋淳二

第43回 関東社会学会大会1995年06月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

H.ブルーマーにおける非シンボリック相互作用と集合行動論の展開

土屋淳二

第42回 関東社会学会大会1994年06月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

R.E.パークと集合行動論

土屋淳二

第44回 早稲田社会学会大会1992年07月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

作品・ソフトウェア・教材・フィールドワーク等

文化変動に関する社会学的研究 : モード変容と社会的アイデンティティ

フィールドワーク2001年-

原宿・表参道の文化変動

2001年-

防災に関する市民活動の研究

フィールドワーク2000年-

日本・イタリアにおけるモード・消費・文化に関する共同研究

フィールドワーク2000年-

現代イタリアにおける流行に関する社会学的研究

フィールドワーク1999年-

災害ボランティア行動における資源問題に関する実証研究

フィールドワーク1996年-

阪神・淡路大震災における災害ボランティア活動に関する調査研究

フィールドワーク1995年-

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

高度技術環境における共生社会の構築可能性に関する感性社会学的研究

2012年-0月-2015年-0月

配分額:¥5460000

研究種別:

若者のキャリア形成過程と支援に関する国際比較研究

配分額:¥18980000

研究種別:

高度技術社会と文化変動:社会学的身体観に関する総合的研究

配分額:¥4290000

研究種別:基盤研究(B)

知の構造変動に関する理論的・実証的研究

2007年-2009年

研究分野:社会学

配分額:¥9230000

研究種別:

若者のキャリア形成過程におけるジェンダー格差の国際比較-労働、教育家族政策より

配分額:¥14410000

研究種別:

社会変動に及ぼす集合行動の効果測定に関する国際比較研究

配分額:¥1700000

学内研究制度

特定課題研究

災害研究への社会学的アプローチ

2000年度

研究成果概要: 本研究では,前年度の調査研究(早稲田大学特定課題研究1997A-071;「災害緊急時における集合行動に関する理論研究」)を継続し発展させたものである.1995年の阪神・淡路大震災を契機として,災害事象に対する社会学的研究の重要性... 本研究では,前年度の調査研究(早稲田大学特定課題研究1997A-071;「災害緊急時における集合行動に関する理論研究」)を継続し発展させたものである.1995年の阪神・淡路大震災を契機として,災害事象に対する社会学的研究の重要性が,わが国においてもあらためて見直されてきたことを背景に,災害研究や防災行動論への社会学的アプローチの可能性を検討したものである。とくに,膨大な事例研究を蓄積するアメリカ災害社会学が集合行動論的アプローチを積極的に展開してきたという経緯をふまえ,諸理論モデルの災害事象への適用可能性が省察され,理論レヴェルにおいて再整理した.

高度技術・情報環境による共生社会の構築可能性に関する社会研究

2014年度

研究成果概要: 本研究では,「感性価値創出型」生産システムの地場産業化の実態を把握し,グローバル化において空洞化し衰退し続ける産業集積地の社会経済的問題に対して,感性産業が地域産業構造の転換に果たす役割とその振興政策としての有効性を検証すること... 本研究では,「感性価値創出型」生産システムの地場産業化の実態を把握し,グローバル化において空洞化し衰退し続ける産業集積地の社会経済的問題に対して,感性産業が地域産業構造の転換に果たす役割とその振興政策としての有効性を検証することを目的としている.従来の経済至上主義や物質主義に基礎をおく近代工業化の価値理念や環境負荷型生産方式がもたらす「過剰社会」から,精神的豊かさと相互信頼を基礎とするポスト近代的価値や環境配慮型・対話型生産方式による共生社会へと指向する,今日のマクロ社会趨勢を「感性」概念による近代価値のパラダイム転換として理論的に省察することが要請されている.

「感性価値創出型」産業の地場活性化と産地振興政策に関する社会学的研究

2015年度

研究成果概要: 本研究では,グローバル化において空洞化し衰退し続ける産業集積地の社会経済的問題に関して,国内産業集積地の活性策を「高度感性化社会」の構築可能性という観点からとらえ,「感性価値創出型」生産システムの地場産業化とその地域産業構造の転... 本研究では,グローバル化において空洞化し衰退し続ける産業集積地の社会経済的問題に関して,国内産業集積地の活性策を「高度感性化社会」の構築可能性という観点からとらえ,「感性価値創出型」生産システムの地場産業化とその地域産業構造の転換に果たす振興政策としての有効性,とくにファッション産業部門にみる感性市場の可能性について考査し,商品市場での感性価値の社会倫理性と「持続的共生社会」の構築可能性への評価,環境との新しい関係性のなかでの人間のあり方やライフスタイルの変容,企業活動の公正性や倫理的消費行動の促進,環境配慮型技術の研究開発など,共生社会づくりに貢献する新産業システムのあり方を追究した.

高度技術社会にみる共生思想と「脱人間中心主義的科学観」に関する比較事例研究

2017年度

研究成果概要: 近代科学思想は,「人間-機械」,「精神-身体」,「人間-自然(環境)」,「野生-理性」といった二元論対立図式において人間性の優位をア・プリオリに前提してきた.しかし,今日の先端科学技術のフロンティアにおいて「人間」という存在概念... 近代科学思想は,「人間-機械」,「精神-身体」,「人間-自然(環境)」,「野生-理性」といった二元論対立図式において人間性の優位をア・プリオリに前提してきた.しかし,今日の先端科学技術のフロンティアにおいて「人間」という存在概念がますます不確かなものとなり,「人間-非人間」カテゴリのあり方があらためて問われるなかで,近代の人間中心主義的科学観からのパラダイム転換が惹起されている.本研究では,近代科学思想のアンチ・テーゼたる「脱人間中心主義的(post-anthropocentric)科学観」が,「持続可能な社会の実現」という科学政策の基本課題を理念的に支える共生思想のパラダイム構成に寄与する点を比較社会学観点から検証した.

高度技術社会にみる共生思想と科学観に関する調査研究

2017年度

研究成果概要: 本研究では,現代社会を特徴づける先端技術の急速な進展が「人間」の存在論と認識論の再編を惹起し,「人間/非人間」二元論を超える新しい存在カテゴリである「ポストヒューマン」概念を提起している社会状況の分析を展開した.近代科学思想のパ... 本研究では,現代社会を特徴づける先端技術の急速な進展が「人間」の存在論と認識論の再編を惹起し,「人間/非人間」二元論を超える新しい存在カテゴリである「ポストヒューマン」概念を提起している社会状況の分析を展開した.近代科学思想のパラダイムを超える「脱人間中心主義的科学観」が科学技術の発達プロセス全体に与える影響について,とくに科学倫理が近年の科学技術政策の謳う共生社会や持続可能性に対して果たす役割に照準を合わせて検証し,科学思想が前提とする存在論や認識論を比較文化論的視点から,「科学技術と人間の関係性」に顕れる文化的差異を明らかにした.

災害緊急時における集合行動に関する理論研究

1997年度

研究成果概要:1995年の阪神・淡路大震災を契機として、災害事象に対する社会学的研究の重要性が、わが国においてもあらためて見直されてきた。本研究は、このような社会学的関心の高まりを背景に、災害研究への社会学的アプローチの可能性を検討したものであ...1995年の阪神・淡路大震災を契機として、災害事象に対する社会学的研究の重要性が、わが国においてもあらためて見直されてきた。本研究は、このような社会学的関心の高まりを背景に、災害研究への社会学的アプローチの可能性を検討したものである。とくにそこでは、すでに膨大な事例研究を蓄積するアメリカ災害社会学が集合行動論的アプローチを積極的に展開してきたという経緯をふまえ、当該理論モデルの災害事象への適用可能性が省察されている。 本研究では、次の2つの作業が並行的に実施された:(1)先行研究のレビューによる集合行動理論の分析視角と問題点の摘出、(2)阪神・淡路大震災事例に対する理論モデルの適用と分析。 (1)では、まずアメリカ災害社会学の理論展開にみられる系譜を整理し、災害時に生起するさまざまな集合的反応(パニック、流言、略奪、避難行動、スケープゴート、被災住民による抗議行動、災害ボランティア行動、等)分析に示される集合行動論的アプローチの理論的枠組みを摘出した。そして、災害緊急時行動の分析においては組織と行動、両レヴェルの創発性に対する視点が不可欠であることが再確認され、その点で、とりわけ創発規範モデルの有効性が明らかとなった。ただ当該モデルは、おもに緊急対応期での個人や組織レヴェルの問題に分析比重をおいており、より長期的なタイム・スパンにまたがる問題や、コミュニティ・レヴェルの対応をいかに取り扱うかという点で、今後解決すべき問題を残していることも同時に指摘された。 (2)の作業では、緊急対応期における集合行動エピソードのなかでも、とくに災害ボランティア活動に焦点を絞り、聞き取り調査等の実施によって以下の諸点に関し検討を加えることができた:a.未組織個人ボランティアを中心とする「資源過集中の問題」、b.ボランティア人材など「救援資源の需給不均衡問題」、c.ボランティア組織内および組織間での「資源処理問題」、d.活動参加や活動実践の諸相(機動性、活発性、内容、効率性)を決定づける要因間の相関、e.活動ライフヒストリーの各段階での組織問題。 なお、これら研究知見をもとに、今後さらに災害緊急時行動の調査・分析の対象を拡大していく計画である。研究成果の発表:1997年6月「災害社会学における集合行動論の展開」第47会関東社会学会大会報告/1999年「災害社会学と集合行動論」『阪神・淡路大震災と社会学』「阪神淡路大震と社会学」編集委員会編(予定)/1998年「災害ボランティア行動に関する社会学的研究の視角」『'97ボランティアセンター研究年報』東京ボランティアセンター刊。

大規模災害時における市民防災活動に関する社会学的研究

1999年度

研究成果概要: 本調査研究では、地域社会の防災化(「防災社会づくり」)に果たす地域住民の自主的な防災活動(広義の「防災ボランティア」活動)の重要性と意義から、当該活動に取り組む住民組織を対象に実態調査ならびに意識調査を実施することによって、地域... 本調査研究では、地域社会の防災化(「防災社会づくり」)に果たす地域住民の自主的な防災活動(広義の「防災ボランティア」活動)の重要性と意義から、当該活動に取り組む住民組織を対象に実態調査ならびに意識調査を実施することによって、地域防災の施策・計画において考慮されるべき実際上の問題点と課題とについて考察することを意図した。自主防災活動に関するこれまでの調査研究は、おおむね次の2つの方法によって防災データの収集が進められてきた。第1の方法は、「実際に発生した個別の災害事例」を調査対象とし、被災地フィールドを中心に展開された緊急時対応について調査データを収集するというもの(「事後的調査」)で、第2のそれは、現実の災害事例とは関係なく、ある特定の地域を調査フィールドとして選定し、当該地域の特性や被害想定を勘案しながら調査データを収集する方法(「事前的調査」)であるが、今回の調査では、①災害に対する地域住民の反応は災害の種類や被害想定、地域の諸特性、平時の防災体制の仕組みとその実際、災害下位文化等によって偏差がみられること、②ある特定の災害事例から引きだされた事後的調査の知見を一般化し、将来の災害対策・防災計画に等しく敷衍して適用することには限界があること、③地域それぞれが抱えている防災上の個別的事情を事前に調査し、そこでえられた地域防災データをもとに地域固有の防災問題について検討する必要があることから、第2の方法を選択した。そして本調査においては、地域住民による自主防災活動の実態と問題を地域社会が備える防災体制全体から俯瞰するために、とくに以下の点に注意をはらった。①調査対象地域の境界範囲を災害対策本部等が設置される区域を基本とすること。②調査対象地域全体に占める自主防災活動を総合評価するため全数調査とすること。③調査対象地域の被害想定や地域特性等に配慮した調査項目を策定すること。④地域自主防災活動に関する先行研究の知見を比較検証しうる調査項目を優先的に採用すること。⑤近年の事例調査から特記すべき調査項目(防災ボランティアなど)を可能な限り盛り込むこと。また本調査では、地域自主防災組織の活動実態と将来の方向性を把握するために、2つの質問項目群からなる調査票([Ⅰ] 地域自主防災組織の人員構成や活動内容など組織体制に関わる項目群/[Ⅱ] 地域自主防災組織リーダーの現況認識や危機感など防災意識に関わる項目群)を用意し、1999年9月、新宿区に所在するすべての防災区民組織を対象に実態調査を実施した(調査対象組織数204;有効回答組織数177)。この調査は、新宿区防災区民組織の全数調査であるので、その調査結果は、単純集計値だけでも区の防災行政にとって参照すべき多くの知見を提供すると考えられるが、なかでも、防災区民組織の形骸化や高齢化、防災ボランティアとの協力体制の展開可能性、活動資金面での問題等に関して、現在、分析作業を進めている。

イタリアにおける災害対策・防災体制と民間市民活動に関する調査研究

2000年度

研究成果概要: 本研究は、前年度の調査研究(早稲田大学特定課題[個人]研究1999A-103)を継続発展させたものである。当初の計画では、地域防災活動に関する国際比較研究を予定し、その調査対象国をイタリアに設定していたが、以下の理由から前年度調... 本研究は、前年度の調査研究(早稲田大学特定課題[個人]研究1999A-103)を継続発展させたものである。当初の計画では、地域防災活動に関する国際比較研究を予定し、その調査対象国をイタリアに設定していたが、以下の理由から前年度調査結果を踏まえて東京都新宿区を再度調査対象として事例研究を展開させることになった。その理由とは、①災害に対する地域住民の反応と自主防災活動への取り組み姿勢は想定災害の種類や被害規模、地域特性、平時の防災体制の仕組みによって偏差がみられたこと、したがって、②地域社会が抱える防災事情を各地域の個別特性データから再検討する必要が生じたこと、③新宿区内の各地区における現時点での地域防災活動の事例をその活動の成功・失敗に関わらず今後の防災研究への参考事例として詳細に記録しておくことが要請されたこと、である。以上の点から、本研究では、前年度の調査票調査を補完し、その知見説明力を強化すべく、地域防災活動に参画する主体群に対して新たに聞き取り調査を実施し、地域防災活動に関わる質的データの収集に努めることとした。その場合、以下の点に留意した。①調査対象地域の境界範囲を災害対策本部等が設置される区域(区内各特別出張所所轄地区)を基本単位とすること、②調査対象地域の被害想定や地域特性等に配慮した調査項目を策定すること、③行政当局・事業所・防災ボランティア等との連携体制に関する質問事項を重点的に配置すること、である。本調査研究は、地域自主防災組織の活動実態と将来の方向性を把握し、地域防災力を評定するために参照すべき問題群を明らかにすることが第1目標に置かれている。 なお、本研究の調査報告書では、以下が報告されている。第1部:(第1章)地域防災力の評価方法をめぐる問題点、(第2~第10章)新宿区内各地区の地域データ、第2部:(第11章)聞き取り調査の方法とフレーム、(第12~20章)各地区における地域自主防災活動の取り組み事例、付録:参考文献・収集資料一覧。

表層文化の社会変動への影響力に関する国際比較研究法の開発

2004年度

研究成果概要: 本研究では,EU統合圏の確立期における現代イタリア社会の文化変動プロセスに照準をむけ,世界システムの制度的構築化が惹起するグローバル化/ローカル化の社会趨勢と文化変容との動態的な相互関係を解析することを基本課題としている.調査研... 本研究では,EU統合圏の確立期における現代イタリア社会の文化変動プロセスに照準をむけ,世界システムの制度的構築化が惹起するグローバル化/ローカル化の社会趨勢と文化変容との動態的な相互関係を解析することを基本課題としている.調査研究の主要項目として,[1]戦後イタリアの産業化モデルと文化理論の系譜を学説史的に解読・整理・評価する文献研究,[2]モード産業に孕む企業のグローバル戦略と生産のローカル化体制にみる社会的(EU圏内・外諸国およびイタリア国内)影響に関する産業動向分析,[3]イタリア社会の制度的構造とモード産業全体のマクロ戦略が文化変動および生活様式の変容に及ぼす影響効果に関する社会分析,[4]モード産業を取り巻く企業とマス・メディア,生産者同業組合,所管行政当局,消費者,各種の社会運動団体による相互連関の観点から,現代イタリア文化の消費理念・生産哲学・社会意識を解読する価値分析,[5] ローカル産地と企業活動,商業施設・産業都市・居住環境の複合的重層関係により構築される空間(モードとしての都市)の意味構成メカニズムの記号論的解明,を設定している. 文化研究に関する国際比較調査の一環としてみた場合,イタリアを事例対象とした社会学的実証研究は先行例がなく,その点で本研究は,たんに国際比較事例の幅を広げるだけでなく,将来の国際共同研究の推進に必要な基盤的知見を提供するものと期待される.とくにモード産業は,他の産業部門と比較して文化的影響を強くもつことが予想されるため,産業部門レベルの戦略と市場-消費動向,産業政策と社会制度にみられるイタリア国の独自性を析出しつつ,国際社会(世界システム)の再編成プロセスと文化変動が孕む諸問題を討究することは,大きな社会学的意義をもつといえる. モード産業に関する社会学的研究は,H.BlumerやF.Davisらシカゴ学派シンボリック相互作用論者らのフランスを事例とするファッション研究が知られているが,本研究は,近年の社会構築主義的方法論をメゾ-マクロ分析に応用し,シカゴ学派のミクロ・モデルを理論的に拡張する試みとして位置づけられる.本研究では,現在着手しているイタリアの研究機関との共同研究に基づく調査研究を軸にイタリア文化変動に関する研究を完成させる(共同研究の内容と分担:「イタリアの文化研究と社会学」申請者,「近代化と消費」I.ピッコリ [ミラノ・カトリック大学教授],「都市と文化変動」 L.ボヴォーネ [ミラノ・カトリック大学教授],「グローバリズムと消費」 G.ベケッローニ [フィレンツェ大学教授],「流行理論の展開」 G.ラゴーネ [ナポリ大学教授],「社会的トレンドとライフ・スタイル」 V.コデルッピ [IULM大学教授],「流行とアイデンティティ」 A.M.クルチョ [ローマ第3大学教授],「グローバル・システムとファッション産業」 I.ピッコリ,「流行の社会意識と世代」 M.テッサローロ [パドヴァ大学教授],「マス・メディアとコミュニケーション」 D.セコンドゥルフォ [ヴェローナ大学教授],「ニューメディアと若者文化 」 F.コロンボ [ミラノ・カトリック大学教授] ).この研究は,日本における文化産業の展開モデルを考察する上での理論的基礎を提供するものであり,比較事例調査の事前作業として位置づけられる.

文化産業のグローバル/ローカル化戦略と社会変動に関する国際比較研究

2005年度

研究成果概要:本研究では,「文化産業のグローバル/ローカル化戦略と社会変動に関する国際比較」を課題に,国際社会のグローバル化情況のもとで,従来の近代化論や産業化論を基礎とする社会変動論や表層文化論をミクロ社会学(シンボリック相互作用論)の視座と...本研究では,「文化産業のグローバル/ローカル化戦略と社会変動に関する国際比較」を課題に,国際社会のグローバル化情況のもとで,従来の近代化論や産業化論を基礎とする社会変動論や表層文化論をミクロ社会学(シンボリック相互作用論)の視座と枠組みにおいて捉え直す理論的作業である.社会変動に関するマクロ社会学的視座においては,世界システムでの文化のグローバル化とローカル化の対抗図式を越えた多元的文化主義の観点から両者の相互浸透による複合的文化の構築可能性を模索する試みが続けられているが,文化変動プロセスのミクロ的位相の解明は,いまなお社会学的文化研究で大きな課題となっている.国際社会における文化変動と多元文化(文化多元主義)のあり方を見据えたマクロ理論をミクロ社会学的視点によって補完しなければならない.本研究は,集合行動に関する先行研究(平成13年度科学研究費補助金・奨励研究(A)課題番号:1371019;平成14年度科学研究費補助金・若手研究(B)課題番号:13710129)を踏まえながら,新たな社会変動モデルと分析方法の検討を加え,その作業過程で文化変動の推進力となる「流行現象」に研究対象を絞り,当該事象に関する理論的概念の精緻化とモデル整備を進めてきた.また本研究では,2001年度より継続的に展開しているイタリアの関係学術機関との共同研究体制のもと,国際比較調査の必要性から調査フィールド(イタリア・ミラノ市およびローマ市)にて表象文化と社会変動の相関関係を具体的に明らかにすべく実証的な検証作業を着手した.2005年度において本研究は,流行現象の社会学理論の新たな視角を提起し,今後の実証研究に要請される分析フレームを精緻化することで大きな成果をみた.

高度技術社会と文化変動:社会学的身体観に関する総合的研究

2008年度

研究成果概要: 先端技術ないし科学技術の高度化と文化変動との相関関係については,これまで社会思想や哲学領域において「機械と身体」論や「ロボットと身体」問題,フェティシズム論などにおいて多角的に議論されてきた.本研究では,これら関連領域の知見も視... 先端技術ないし科学技術の高度化と文化変動との相関関係については,これまで社会思想や哲学領域において「機械と身体」論や「ロボットと身体」問題,フェティシズム論などにおいて多角的に議論されてきた.本研究では,これら関連領域の知見も視野に入れながら,ポストモダンという場合の「ポスト」の意味を探求するために先端技術の社会的浸透が及ぼす「人間‐機械」関係と「現実‐仮想」世界のあり方への影響を身体とアイデンティティの問題と密接に関係するファッションやモード現象を切り口に理論的かつ実証的に解明したい.本研究では,申請者がこれまで国際比較研究等をつうじて精緻化してきた分析フレームと作業モデルの適用を試み,身体や社会的自我にみる文化的価値変動が科学技術の高度応用化プロセスや消費行動・態度と相互連関する局面について,仮説的知見の実証において理論的に明らかにすることを目的とした.そこで,本助成年度では,とくに本研究の全過程に関する文献資料等を利用しながら既存の理論モデルの検証と評価を実施し,フィールドワークの企画,調査フレームの設計(調査項目の作成),実施計画の措定をおこなった.具体的な作業としては,先端技術の商品化に関する事例を中心に資料・統計情報等の拡充を図ると同時に,それら資料をデータベース化した.さらに既存の研究資料データベース(学術情報)をも活用しながら理論モデルの妥当性を検証し,本研究に適用可能な理論的フレームと仮説モデルを提示した.さらに,①具体的な調査の企画・設計,②調査対象者の確定と調査協力の依頼(試験調査を実施),③調査フォーマットと質問項目の検討,④フィールドワークに必要な関係機関での調査打合わせ,⑤面接対象者の選定と協力要請,⑥共同研究者ネットワークの拡大等の作業を展開中である.

海外研究活動

研究課題名: モード産業部門における社会的責任と持続可能社会の構築戦略

2015年09月-2016年03月

機関: ミラノカトリック大学(イタリア)

研究課題名: 現代イタリア社会学の系譜展開と文化理論

2005年04月-2006年03月

機関: ローマ大学(イタリア)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
基礎講義 5文学部2019春学期
基礎講義 6(再履)文学部2019秋学期
社会学の考え方1文化構想学部2019春学期
社会学の考え方1文学部2019春学期
社会学の考え方2文化構想学部2019秋学期
社会学の考え方2文学部2019秋学期
社会学演習1 B(専門演習1)文学部2019春学期
社会学演習3 E(専門演習3)文学部2019春学期
社会学演習4 E(専門演習4)文学部2019秋学期
社会学演習5文学部2019春学期
社会学演習(卒論)春学期(土屋 淳二)文学部2019春学期
社会学演習(卒論)秋学期(土屋 淳二)文学部2019秋学期
社会学研究指導11-1 M大学院文学研究科2019春学期
社会学研究指導11-2 M大学院文学研究科2019秋学期
社会学演習11-1大学院文学研究科2019春学期
社会学演習11-2大学院文学研究科2019秋学期
社会学研究指導11-1 D大学院文学研究科2019春学期
社会学研究指導11-2 D大学院文学研究科2019秋学期

教育内容・方法の工夫

社会調査実習における実践的学習法

2003年04月-

詳細

概要:社会学演習授業での調査実習にみるデータ収集から報告書作成にいたる全過程の集団学習の実践.

作成した教科書・教材・参考書

講義形式の授業実践にみる運営方法の改良

2003年04月

詳細

概要:200名を超える大教室授業の運営効率化と学生の意見フィードバックの実践.

教育方法・教育実践に関する発表、講演等

社会学基礎講義(オンラインコンテンツ)

2007年04月

詳細

概要:学部1年生を対象とした社会学学習の方法と課題をオンライン科目にて提供.

その他教育活動

実習授業での集団学習システム改善にむけた検討

詳細

概要:実習による授業過程における集団学習の効果促進に関する工夫の試験実施:集団討論方法,自主学習での課題設定と消化,合宿(年間2回)・社会見学の実施,グループレポート作成とプレゼンテーション技能の高度化などの計画化.

社会貢献活動

Comments in: "Addio con stile: Il Giappone dopo la sconfitta ai mondiali: tifosi e giocatori puriscono spalti e sogliatori: La ricerca di perfezione e' un'imperativo". Corriere della Sera [Daily Newspaper, Italy, p.27], mercoled? 4 luglio 2018.

2018年-

イベント・番組・雑誌名:Corriere della Sera [Daily Newspaper, Italy, p.27]

Interview in: "La tecnologia garatir? sviluppo sostenibile: Intervista con il sociologo giapponese Junji Tsuchiya, a Sassari per un seminario sui modelli di crescit? urbanistica" di Fabio Canessa, La Nuova Sardegna La Nuova Sardegna [daily newspaper, Italy], 13 giugno 2018, p.38.

2018年-

イベント・番組・雑誌名:La Nuova Sardegna La Nuova Sardegna [daily newspaper, Italy]

News of the seminars titiled "L'evoluzione urbana di Junji Tsuchiya", La Nuova Sardegna [daily newspaper, Italy], 12 giugno 2018, p.21.

2018年-

イベント・番組・雑誌名:La Nuova Sardegna [daily newspaper, Italy]

Interview in: "Giochi Olimpici, momenti di gloria e giochi di potere", a cura di Alessandro Bertellotti e Gigi Donelli, RSI-Rete Due [Radiotelevisione, Swiss], Sabato 10 febbraio 2018 alle 10:00.

2018年-

イベント・番組・雑誌名:RSI-Rete Due [Radiotelevisione, Swiss]

Interview in: "Nei robot il salto dalla potenza all'atto", a cura di Paola Scrolavezia, Manifesto [Daily Newspaper, Italy], 28 gennaio 2018, p.2.

2018年-

イベント・番組・雑誌名:Manifesto [Daily Newspaper, Italy]

Interview in: "Falla nel sistema: L'allerta nazionale non ha funzionato". Corriere della Sera [Daily Newspaper, Italy, p.2], 30 agosto 2017.

2017年-

イベント・番組・雑誌名:Corriere della Sera [Daily Newspaper, Italy, p.2]

Comments in: "Tra devozione e bellezza: il culto della montagna che si trasform? in musa". Corriere della Sera [Daily Newspaper, Italy, p.49], Venerd? 28 Ottobre 2016.

2016年10月-

イベント・番組・雑誌名:Corriere della Sera [Daily Newspaper, Italy, p.49]

Comments in: "Giappone: la "Good City" ha gli occhi a Mandorla". La Nuova Sardegna [Daily Newspaper, Italy, p.28], 16 June 2016.

2016年06月-

イベント・番組・雑誌名:La Nuova Sardegna [Daily Newspaper, Italy, p.28]

Interview in: "Cinque anni dal disastro: Fukushima, la strage dei robot: "muoiono" dopo pochi minuti tentando di fermare i reattori". Corriere della Sera [Daily Newspaper, Italy, p.15], 11 march 2016.

2016年03月-

イベント・番組・雑誌名:Corriere della Sera [Daily Newspaper, Italy, p.15]

Interview in: "Esplora il significato del termine: Fukushima, 5 anni dopo. Ritorno alla vita?". Corriere della Sera [Daily Newspaper (online, http://sociale.corriere.it/fukushima-5-anni-dopo-ritorno-alla-vita/), Italy], 11 march 2016.

2016年03月-

イベント・番組・雑誌名:Corriere della Sera [Daily Newspaper (online, http://sociale.corriere.it/fukushima-5-anni-dopo-ritorno-alla-vita/), Italy]

Interview in: "Buonanotte Tokyo", D (La Repubblica delle Donne) [Weekly magazine, Gruppo Espresso Italy], pp.68-74], 26. September 2015.

2015年09月-

イベント・番組・雑誌名:D (La Repubblica delle Donne) [Weekly magazine, Gruppo Espresso Italy]

«Non è possibile fermare lo sviluppo tecnologico» In Giappone arrivano i primi androidi-infermieri. Parla Junji Tsuchiya [p.12].

2015年03月-

イベント・番組・雑誌名:Trentino [Daily Newspaper, Italy]

詳細

種別:新聞・雑誌

概要:«Non è possibile fermare lo sviluppo tecnologico» In Giappone arrivano i primi androidi-infermieri. Parla Junji Tsuchiya [p.12].

Interview in: FUKUSHIMA: L'Illusione della Normalita'. [pp.68-74].

2015年03月-

イベント・番組・雑誌名:Io Donna [Weekly magazine, Rcs Periodici Spa, Italy]

詳細

種別:新聞・雑誌

概要:Interview in: FUKUSHIMA: L'Illusione della Normalita'. [pp.68-74].

Interview in: Ma a Tokyo nessuno vuole invischiarsi nel conflitto. [p.15].

2015年01月-

イベント・番組・雑誌名:Corriere della Sera [Daily Newspaper, Italy]

詳細

種別:新聞・雑誌

概要:Interview in: Ma a Tokyo nessuno vuole invischiarsi nel conflitto. [p.15].

Interview in : Giappone, mandato forte per Abe: Il premier puo' rilanciare le riforme. [p.13]

2014年12月-

イベント・番組・雑誌名:Corriere della Sera [Daily Newspaper, Italy]

詳細

種別:新聞・雑誌

概要:Interview in : Giappone, mandato forte per Abe: Il premier puo' rilanciare le riforme. [p.13]

Interview in : La ventisettesima ora - Le donne giapponesi:dalla casa agli ufficiper produrre reddito e bambini.

2014年08月-

イベント・番組・雑誌名:Corriere della Sera [Daily Newspaper, Italy, Online edition]

詳細

種別:新聞・雑誌

概要:Interview in : La ventisettesima ora - Le donne giapponesi:dalla casa agli ufficiper produrre reddito e bambini.

Comments: Una rivista per soli uomini: Quelli della Yakuza. [p.45]

2014年01月-

イベント・番組・雑誌名:Sette [Weekly magazine, Rcs Periodici Spa, Italy]

詳細

種別:新聞・雑誌

概要:Comments: Una rivista per soli uomini: Quelli della Yakuza. [p.45]

Interview in: La Geisha: Guida la Rivalsa delle Manager [pp.60-66].

2013年10月-

イベント・番組・雑誌名:Io Donna [Weekly magazine, Rcs Periodici Spa, Italy]

詳細

種別:新聞・雑誌

概要:Interview in: La Geisha: Guida la Rivalsa delle Manager [pp.60-66].

Interview in: L'isola dei dannati vuol diventare patrimonio dell'Unesco [pp.38-39].

2013年06月-

イベント・番組・雑誌名:Sette [Weekly magazine, Rcs Periodici Spa, Italy]

詳細

種別:新聞・雑誌

概要:Interview in: L'isola dei dannati vuol diventare patrimonio dell'Unesco [pp.38-39].

Comment in the article " Omoideno fashion Brand"(『思い出のファッションブランド』) [p.b2]

2012年12月-

イベント・番組・雑誌名:The Asahi Shinbun (朝日新聞) [Daily Newspaper, Japan]

詳細

種別:新聞・雑誌

概要:Comment in the article " Omoideno fashion Brand"(『思い出のファッションブランド』) [p.b2]

Opinion "Prospects for Luxury Brands in the Global Era" (オピニオン『グローバル時代におけるラグジュアリーブランドのゆくえ』)http://www.yomiuri.co.jp/adv/wol/dy/ [in English]http://www.yomiuri.co.jp/adv/wol/opinion/society_120827.htm [in Japanese]

2012年08月-

イベント・番組・雑誌名:WasedaOnline by YomiuriOnline (早稲田オンライン・読売新聞オンライン)

詳細

種別:インターネット

概要:Opinion "Prospects for Luxury Brands in the Global Era" (オピニオン『グローバル時代におけるラグジュアリーブランドのゆくえ』)http://www.yomiuri.co.jp/adv/wol/dy/ [in English]http://www.yomiuri.co.jp/adv/wol/opinion/society_120827.htm [in Japanese]

Comment in the article "Slow fashion ga kita"(『スローファッションが来た』) [p.b4]

2012年06月-

イベント・番組・雑誌名:The Asahi Shinbun (朝日新聞) [Daily Newspaper, Japan]

詳細

種別:新聞・雑誌

概要:Comment in the article "Slow fashion ga kita"(『スローファッションが来た』) [p.b4]

Comment in the article "Sazae-san wo Sagashite"(『サザエさんをさがして』) [p.b3]

2012年03月-

イベント・番組・雑誌名:The Asahi Shinbun (朝日新聞) [Daily Newspaper, Japan]

詳細

種別:新聞・雑誌

概要:Comment in the article "Sazae-san wo Sagashite"(『サザエさんをさがして』) [p.b3]

Interview in: "Il Giappone dei miracoli. Solo un anno per rinascere più forte di prima" da Antonio Fatiguso[corrispondente dell’Ansa da Tokyo] (http://blog.panorama.it/mondo/2012/03/05/il-giappone-dei-miracoli-solo-un-anno-per-rinascere-piu-forte-di-prima/)

2012年03月-

イベント・番組・雑誌名:Panorama [Web edition, Weekly magazine, Rcs Periodici Spa, Italy]

詳細

種別:新聞・雑誌

概要:Interview in: "Il Giappone dei miracoli. Solo un anno per rinascere più forte di prima" da Antonio Fatiguso[corrispondente dell’Ansa da Tokyo] (http://blog.panorama.it/mondo/2012/03/05/il-giappone-dei-miracoli-solo-un-anno-per-rinascere-piu-forte-di-prima/)

Interview in: Guardo ATTUALITÀ Giappone. Il Paese affamato di progresso oggi è spaventato.

2011年11月-

イベント・番組・雑誌名:Io Donna [Weekly magazine, Rcs Periodici Spa, Italy]

詳細

種別:新聞・雑誌

概要:Interview in: Guardo ATTUALITÀ Giappone. Il Paese affamato di progresso oggi è spaventato.

Interview in: Il Sol Levante Ha La Luna Storta [pp.64-70].

2011年11月-

イベント・番組・雑誌名:Io Donna [Weekly magazine, Rcs Periodici Spa, Italy]

詳細

種別:新聞・雑誌

概要:Interview in: Il Sol Levante Ha La Luna Storta [pp.64-70].

Interview in: Il Giappone trema, i giapponesi no [pp.30-32].

2011年04月-

イベント・番組・雑誌名:A [Weekly magazine, Rcs Periodici Spa, Italy]

詳細

種別:新聞・雑誌

概要:Interview in: Il Giappone trema, i giapponesi no [pp.30-32].

Interview in: I Fiori della Tregua [pp.40-46].

2011年04月-

イベント・番組・雑誌名:Io Donna [Weekly magazine, Rcs Periodici Spa, Italy]

詳細

種別:新聞・雑誌

概要:Interview in: I Fiori della Tregua [pp.40-46].

Interview in: The Tokyo Experience [p.35]

2011年02月-

イベント・番組・雑誌名:Meridiani [Monthly magazine, Editoriale Domus, Italy: Anno 24, No.195]

詳細

種別:新聞・雑誌

概要:Interview in: The Tokyo Experience [p.35]

Comment for Francesco Guarino's <<Sant'Agata>> [evening edition, p.8 (夕刊,8面)] in Capolavori del Museo di Capodimonte (カポディモンテ美術館展).

2010年07月-

イベント・番組・雑誌名:The Tokyo Shinbun [Daily Newspaper, Japan] (東京新聞)

詳細

種別:新聞・雑誌

概要:Comment for Francesco Guarino's <<Sant'Agata>> [evening edition, p.8 (夕刊,8面)] in Capolavori del Museo di Capodimonte (カポディモンテ美術館展).

Interview: Felici senza il Mondo. Ecco la Rivolzione nell'era dello Shogun [p.55].

2009年12月-

イベント・番組・雑誌名:Corriere della Sera [Daily Newspaper, Italy]

詳細

種別:新聞・雑誌

概要:Interview: Felici senza il Mondo. Ecco la Rivolzione nell'era dello Shogun [p.55].

Interview in <Cosi' va il Mondo> [pp.14-15].

2009年07月-

イベント・番組・雑誌名:A [Weekly magazine, Rcs Periodici Spa, Italy]

詳細

種別:新聞・雑誌

概要:Interview in <Cosi' va il Mondo> [pp.14-15].

Comment ( 『イマドキ婚活事情 中』) [evening edition, front-page. 夕刊1面]

2009年06月-

イベント・番組・雑誌名:Nikkei [Daily Newspaper, Japan] (日本経済新聞)

詳細

種別:新聞・雑誌

概要:Comment ( 『イマドキ婚活事情 中』) [evening edition, front-page. 夕刊1面]

Inerview in <Focus: La Crisi senza Confini> Giappone, il paese del Sol Calante [p.9]

2009年03月-

イベント・番組・雑誌名:Corriere della Sera [Daily Newspaper, Italy]

詳細

種別:新聞・雑誌

概要:Inerview in <Focus: La Crisi senza Confini> Giappone, il paese del Sol Calante [p.9]

Interview: La Situazione Attulale nel Giappone sulle Elezioni Presidenziali degli Stati Uniti (Programma: La Zanzara)

2008年11月-

イベント・番組・雑誌名:Radio24 [Radio, Italy]

詳細

種別:テレビ・ラジオ番組

概要:Interview: La Situazione Attulale nel Giappone sulle Elezioni Presidenziali degli Stati Uniti (Programma: La Zanzara)

Interview: "Can Italy Unite?"

2007年10月-

イベント・番組・雑誌名:Neutral: Travel for Life [no.11, pp.122-123, Byakuya-shobo]

詳細

種別:新聞・雑誌

概要:Interview: "Can Italy Unite?"

Comment on Italian luxuary brand "Bottega Veneta" (コメント「ボッテガ・ヴェネタ」 [特集記事,3面])

2007年04月-

イベント・番組・雑誌名:Nikkei Marketing Journal [Daily Newspaper, Japan] (日経MJ)

詳細

種別:新聞・雑誌

概要:Comment on Italian luxuary brand "Bottega Veneta" (コメント「ボッテガ・ヴェネタ」 [特集記事,3面])

ANNUNCIAZIONE: PERCHE' IL GIAPPONE VENERA LEONARDO : IL GENIO ITALIANO ANCOR PIU''MAGO' CHE PITTORE O SCIENZIATO (di Pier Luigi Zanatta)

2007年03月-

イベント・番組・雑誌名:ANSA - Tokyo [Italian News Service] 14-MAR-07

詳細

種別:テレビ・ラジオ番組

概要:ANNUNCIAZIONE: PERCHE' IL GIAPPONE VENERA LEONARDO : IL GENIO ITALIANO ANCOR PIU''MAGO' CHE PITTORE O SCIENZIATO (di Pier Luigi Zanatta)

Giappone: pena di morte, favorevole il 75% dell’elettorato

2007年01月-

イベント・番組・雑誌名:La Repubblica [Italian Weekly Magazine]

詳細

種別:新聞・雑誌

概要:Giappone: pena di morte, favorevole il 75% dell’elettorato

PENA MORTE: GIAPPONE SI INTERROGA MA TABU' RESTA / ANSA DOCENTE SOCIOLOGIA CHIARISCE ASPETTI MENO NOTI (di Pier Luigi Zanatta)

2007年01月-

イベント・番組・雑誌名:ANSA - Tokyo [Italian News Service] 22-GEN-07 13:48

詳細

種別:テレビ・ラジオ番組

概要:PENA MORTE: GIAPPONE SI INTERROGA MA TABU' RESTA / ANSA DOCENTE SOCIOLOGIA CHIARISCE ASPETTI MENO NOTI (di Pier Luigi Zanatta)

Article (Made in Italy in Globalization: Challenge of Gianfranco Ferre (2) [Interview to Massimo Macchi CEO]) [page 6] (『ファッション&リビング』 「国際化時代のメード・イン・イタリー(下)」, 6

2006年08月-

イベント・番組・雑誌名:Nikkei Marketing Journal [Daily Newspaper, Japan] (日経流通新聞)

詳細

種別:新聞・雑誌

概要:Article (Made in Italy in Globalization: Challenge of Gianfranco Ferre (2) [Interview to Massimo Macchi CEO]) [page 6] (『ファッション&リビング』 「国際化時代のメード・イン・イタリー(下)」, 6

Article (Made in Italy in Globalization: Challenge of Gianfranco Ferre (1) [Interview to Massimo Macchi CEO]) [page 6] (『ファッション&リビング』 「国際化時代のメード・イン・イタリー(上)」, 6面)

2006年08月-

イベント・番組・雑誌名:Nikkei Marketing Journal [Daily Newspaper, Japan] (日経流通新聞)

詳細

種別:新聞・雑誌

概要:Article (Made in Italy in Globalization: Challenge of Gianfranco Ferre (1) [Interview to Massimo Macchi CEO]) [page 6] (『ファッション&リビング』 「国際化時代のメード・イン・イタリー(上)」, 6面)

Comment ( 『こども=未来』 「あなたは守れますか」 4) [evening edition, front-page. 夕刊1面]

2006年06月-

イベント・番組・雑誌名:Nikkei [Daily Newspaper, Japan] (日本経済新聞)

詳細

種別:新聞・雑誌

概要:Comment ( 『こども=未来』 「あなたは守れますか」 4) [evening edition, front-page. 夕刊1面]

Made in Japan (programme made by Interrupt [Media Millenium srl, Italy]

2006年04月-

イベント・番組・雑誌名:Teleobiettivo [Commercial TV, Italy]

詳細

種別:テレビ・ラジオ番組

概要:Made in Japan (programme made by Interrupt [Media Millenium srl, Italy]

"Media e Cultura in Giappone" (http://www.interrupt.it/scheda_p.asp?IDVideo=203)

2006年04月-

イベント・番組・雑誌名:Autore Interrupt [Internet TV, Italy]

詳細

種別:テレビ・ラジオ番組

概要:"Media e Cultura in Giappone" (http://www.interrupt.it/scheda_p.asp?IDVideo=203)

"Le rivoluzioni del Sol Levante"(La Nuova Sardegna Pagina 38 - Cultura e Spettacoli Le rivoluzioni del Sol Levante Moderne tecnologie, robot e riconversioni industriali [by PIER GIORGIO PINNA] )

2006年04月-

イベント・番組・雑誌名:LA NUOVA SARDEGNA [Daily Newspaper, Italy]

詳細

種別:新聞・雑誌

概要:"Le rivoluzioni del Sol Levante"(La Nuova Sardegna Pagina 38 - Cultura e Spettacoli Le rivoluzioni del Sol Levante Moderne tecnologie, robot e riconversioni industriali [by PIER GIORGIO PINNA] )

"Siena incontra la cultura giapponese" (No.6, p.17)

2006年03月-

イベント・番組・雑誌名:La VOCE DEL CAMPO [Monthly Paper, Italy]

詳細

種別:その他

概要:"Siena incontra la cultura giapponese" (No.6, p.17)

Comments on "Mi Manga Tanto" (Jan, No.1, pp.106-111)

2005年12月-

イベント・番組・雑誌名:COSMOPOLITAN [Monthly Journal, Italian Edition]

詳細

種別:新聞・雑誌

概要:Comments on "Mi Manga Tanto" (Jan, No.1, pp.106-111)

Presentation of the book: Fashion and Culture in Contemporary Italy. 『イタリアン・ファッションの現在』 紹介記事(6面)

2005年05月-

イベント・番組・雑誌名:Senken-Shimbun [Daily Newspaper, Japan] (繊研新聞)

詳細

種別:新聞・雑誌

概要:Presentation of the book: Fashion and Culture in Contemporary Italy. 『イタリアン・ファッションの現在』 紹介記事(6面)

Comments ( 『女と時間と日本経済』 「空白を探せ」③) [evening edition, front-page. 夕刊1面]

2002年12月-

イベント・番組・雑誌名:Nikkei [Daily Newspaper, Japan] (日本経済新聞)

詳細

種別:新聞・雑誌

概要:Comments ( 『女と時間と日本経済』 「空白を探せ」③) [evening edition, front-page. 夕刊1面]

Helzapoppin

1995年12月-

イベント・番組・雑誌名:Radio24 [Radio, Italy]

詳細

種別:テレビ・ラジオ番組

概要:Helzapoppin

Intervista- Come passare il giorno di Natale (Programma di Hellzapoppin)

1994年12月-

イベント・番組・雑誌名:Radio24 [Radio, Italy]

詳細

種別:テレビ・ラジオ番組

概要:Intervista- Come passare il giorno di Natale (Programma di Hellzapoppin)