氏名

キン グン

金 群

職名

教授

所属

(人間科学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
jin@waseda.jp

URL等

WebページURL

http://www.f.waseda.jp/jin/(教員ウェブページ)

http://nislab.human.waseda.ac.jp/(ネットワーク情報システム学研究室ウェブページ)

研究者番号
20274251

本属以外の学内所属

兼担

人間科学学術院(大学院人間科学研究科)

学内研究所等

メディア研究所

研究所員 2013年-2017年

学歴・学位

学歴

-1982年 浙江大学
-1992年 日本大学 生産工学研究科 電気工学

学位

博士(工学) 課程 日本大学 情報基礎理論

経歴

2003年04月-中国杭州電子科技大学計算機科学系助手、専任講師、株式会社アイネス・システムリサーチセンター研究員、主任研究員、徳島大学工学部知能情報工学科助教授、米国ボストン大学工学部電気・コンピュータ工学科客員研究員、会津大学コンピュータ理工学部ソフトウェア学科助教授を経て、より現職

所属学協会

電子情報通信学会

情報処理学会

人工知能学会

日本教育工学会

ACM

IEEE

IEEE Computer Society

AIS

受賞

Best Paper Award (I-CENTRIC2008, International Conference on Advances in Human-Oriented and Personalized Mechanisms, Technologies, and Services, Sliema, Malta, Oct. 26-31, 2008)

2008年10月

教育システム情報学会・日本学術会議「ICTを利用した優秀教育実践コンテスト」優秀賞(運用実践)

2005年03月

First Prize Award (GCCCE2003, Nanjing, China)

2003年12月

Recognition and Appreciation of Valued Contribution (1997 IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics, Florida, USA)

1997年10月

Hall of Innovation Award for Best Use of Problem Solving (PAAC1996, New York, USA)

1996年06月

研究分野

キーワード

ユーザ中心、サービス指向、ユビキタス、安全・安心な情報環境、挙動情報学、ユーザ・モデル、ヒューマン・コンピュータ・インタラクション、情報検索・推薦・共有活用、e−ラーニング支援、学際的統合アプローチ

科研費分類

情報学 / 計算基盤 / マルチメディア・データベース

情報学 / 計算基盤 / ソフトウェア

情報学 / 情報学フロンティア / 図書館情報学・人文社会情報学

共同研究希望テーマ

何時でも何処でも手軽に使えるユビキタス・サービスの研究

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:受託研究、共同研究

安全・安心なサステイナブル情報環境・サービスの構築

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:受託研究、共同研究

コンテキスト・アウェア・ユーザ・モデリング

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:受託研究、共同研究

ユーザ中心の情報連携に基づく協調共有型情報探索・推薦

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:受託研究、共同研究

利用者の意図推定とコンテキスト解析による情報行動のモデル化

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:受託研究、共同研究

ライフタイムにわたる情報マネジメント・利活用

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:受託研究、共同研究

パーベイシブ・ヒューマン・コンピュータ・インタラクション

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:受託研究、共同研究

利用者主導のサービス指向e−ラーニング統合支援環境の構築

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:受託研究、共同研究

研究テーマ履歴

2007年-2010年実世界での実験・実習・体験とu-Learningの融合

国内共同研究

2007年-2009年人間の学習メカニズムの解明とライフステージに応じた学習支援

機関内共同研究

2008年-2008年何時でも何処でも手軽に使える利用者主導のサービス指向学習支援環境の提案

機関内共同研究

Ubisafe Computing and Ubisafe Psychology

国際共同研究

「より良い情報検索・共有」を目指す協調共有型情報検索システムの研究開発

国内共同研究

Ubiquitous Personal Study:Cross SNSを利用した情報アクセス共有活用支援環境

国内共同研究

利用者の情報行動解析と意図記述の明確化による情報推薦システムの研究開発

機関内共同研究

状況に応じて動的再構築可能なマルチディメンショナルサービスモデル

機関内共同研究

進化するラーニング・オブジェクトを用いたサービス指向学習支援統合環境

機関内共同研究

Behavior Informatics and Computing for Well-Being

国際共同研究

論文

Peer-to-Peer Solution to Support Group Collaboration and Information Sharing

R. Shtykh, G. Zhang and Q. Jin

International Journal of Pervasive Computing and Communications (Troubador Publishing)2005年-

A Mobile Project Management System that Supports Collaborative Work by Sharing Individual Ideas and Group Schedule

Y. Fujiwara, Q. Jin, and Y. Wang

Special Issue on Advances in Computer and Information Technology, Journal of Three Dimensional Images,17(1)p.80 - 862003年03月-

Web Based Agricultural Information and Online Analysis System

P.R.S.D. Silva, Q. Jin, and S. Herath

Special Issue on Advances in Computer and Information Technology, Journal of Three Dimensional Images17(1)p.92 - 972003年03月-

A Hyper Presentation Approach for Mobile Web Browsing,

Z. Peng, Y. He, and Q. Jin

Special Issue on Advances in Computer and Information Technology, Journal of Three Dimensional Images17(1)p.98 - 1032003年03月-

A Survey of Distance Education Challenges and Technologies

T.K. Shih, G.D. Antoni, T. Arndt, A. Asirvatham, C. Chang, Y. Chee, C. Dow, J.C. Hung, Q. Jin and et al

International Journal of Distance Education Technologies (Idea Group Publishing)1(1)p.1 - 212003年01月-

Design of a Virtual Community Based Interactive Learning Environment

Q. Jin

Information Sciences (Elsevier Science)140(1~2)p.171 - 1912002年01月-

Design of Multilingual Agents for Community-Based Collaborative Virtual Universities,

Q. Jin, J. Huang and Z. Peng

Journal of Shanghai University (English Edition)5(Suppl.)p.248 - 2532001年09月-

A Hyper Audio Web System and Its Implementation

Z. Peng and Q. Jin

Journal of Shanghai University (English Edition)5(Suppl.)p.101 - 1032001年09月-

A Social Virtual Environment for Collaborative Distance Learning

Q. Jin

Journal of Computers13(2)p.46 - 592001年06月-

Computer Supported Social Networking for Augmenting Cooperation

H. Ogata, Y. Yano, N, Furugori and Q. Jin

Computer Supported Cooperative Work: The Journal of Collaborative Computing (Kluwer Academic Publishers)10(2)p.189 - 2092001年04月-

A Multilingual Virtual Environment for Every-Citizen Learning Communities

Q. Jin

International Journal of Computer Processing of Oriental Languages (World Scientific)13(3)p.223 - 2342000年09月-

Optimum Order Time for a Spare Part Inventory System Modeled by a Non-Regenerative Stochastic Petri Net

Q. Jin, R.F. Vidale and Y. Sugasawa

IEICE Trans. Fundamentals of Electronics, Communications and Computer SciencesE83-A(5)p.818 - 8272000年05月-

Collaborative Virtual Environments for Information Exchange and Knowledge Organization

Q. Jin

Journal of Three Dimentional Images13(3)p.54 - 591999年09月-

探索結果を利用した人脈ネットワーク活用支援の提案と実験的評価

緒方,矢野,古郡,金

情報処理学会論文誌40(2)p.632 - 6411999年02月-

仮想環境を利用した協調学習およびその実験的評価

金,矢野

教育情報システム学会論文誌14(3)p.29 - 371997年08月-

分散型人脈活用支援システムPeCo-Mediator-IIの構築

緒方,古郡,金,矢野

電子情報通信学会論文誌J80-D-I(7)p.551 - 5591997年07月-

Non-Regenerative Stochastic Petri Nets: Modeling and Analysis

Q. Jin, Y. Yano and Y. Sugasawa

IEICE Trans. Fundamentals of Electronics, Communications and Computer SciencesE79-A(11)p.1781 - 17901996年11月-

Representation and Analysis of Behavior for Multi-process Systems by Using Stochastic Petri Nets

Q. Jin and Y. Sugasawa

International Journal of Mathematical and Computer Modeling (Pergamon Press)22(10~12)p.109 - 1181995年12月-

PeCo-Mediator: 人脈活用支援システムのモデル化と試作

緒方,矢野,古郡,金

情報処理学会論文誌36(6)p.1299 - 13091995年06月-

Modeling and Analysis of Reliability Performance for a Distributed Dual-Processor System

Q. Jin and Y. Sugasawa

International Journal of Computers and Industrial Engineering (Pergamon Press)27(1~4)p.497 - 5001994年09月-

Behavioral Analysis and Performance Evaluation of a Shift Processing System by an Extended Stochastic Petri Net Model

Q. Jin, M. Kamei and Y. Sugasawa

IEICE Trans. on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer SciencesE75-A(10)p.1378 - 13841992年10月-

ペトリネット表現された協調動作をするシステムの挙動解析と性能評価

菅澤,金,瀬谷

情報処理学会論文誌33(5)p.602 - 6101992年05月-

分散処理におけるシンク発生の確率モデルと挙動解析

金,菅澤,瀬谷

電子情報通信学会論文誌(A分冊)J75-A(3)p.658 - 6601992年03月-

Extended Stochastic Petri Net Models for Systems with Parallel and Co-operative Motions

Y. Sugasawa, Q. Jin and K. Seya

Computer and Mathematical Applications (Pergamon Press)24(1~2)p.119 - 1261992年01月-

Analysis of Stochastic Petri Net Model with Non-exponential Distributions Using a Generalized Markov Renewal Process

Q. Jin, Y. Sugasawa and K. Seya

Microelectronics and Reliability (Pergamon Press)31(5)p.933 - 9391991年10月-

Aggregate Approach of Markov Renewal Process and Extended Stochastic Petri Net Model and Its Application

Q. Jin, Y. Sugasawa and K. Seya

IEICE Trans. Fundamentals of Electronics, Communications and Computer SciencesE74-A(6)p.1479 - 14851991年06月-

Modeling and Analysis of a Semaphore System by an Extended Stochastic Petri Net

Y. Sugasawa, Q. Jin, J. T. Zhang and K. Seya

International Journal of Systems Science (Taylor & Francis)22(1)p.217 - 2241991年01月-

Probabilistic Behavior and Reliability Analysis for a Multi-robot System by Applying Petri Net and Markov Renewal Process Theory

Q. Jin, Y. Sugasawa and K. Seya

Microelectronics and Reliability (Pergamon Press)29(6)p.993 - 10011989年12月-

An Appropriate Air-Fuel Ratio for an Efficient Combustion Efficiency

Z. Huang and Q. Jin

Chemical Process Control (in Chinese)6(4)p.37 - 421982年04月-

Implementations of Control Systems Using Energy-Saving Instruments

C. Xu, Z. Huang, Q. Jin and et al.

Instrumentation in Chemical Engineering (in Chinese)6(4)p.31 - 371982年04月-

Design of an Oven Control System to Decrease Energy Consumption

Z. Huang, Q. Jin and et al.

Automation and Instrumentation (in Chinese)2(3)p.1 - 101982年03月-

Controller's Real Integrate Time TI*=FTI

C. Xu, Q. Jin and et al.

Automation and Instrumentation in Chemical Engineering (in Chinese)4(11)p.65 - 671981年11月-

Peer-to-Peer Based Social Interaction Tools in Ubiquitous Learning Environment

G. Zhang, Q. Jin and T.K. Shih

Proc. ICPADS2005 (IEEE Computer Society Press), Fukuoka, Japan2005年07月-

A Framework of Social Interaction Support for Ubiquitous Learning

G. Zhang, Q. Jin and M. Lin

Proc. AINA2005/USW2004 (IEEE Computer Society Press), Taiwan2005年03月-

Design of Peer-to-Peer Groupware Integrated with Interactive Browser for Active Information Sharing and Collaboration Support

R. Shtykh, G. Zhang and Q. Jin

Proc. CIT2004 (IEEE Computer Society Press), Wuhan, China2004年09月-

A Multi-Agent System for Online Course Content Management

R. Komatsu, J. Ma and Q. Jin

Proc. AINA2004 (IEEE Computer Society Press), Fukuoka, Japan2004年03月-

Learner-Centered Collaborative Learning Support with Peer-to-Peer Technology

J. Chen and Q. Jin

Proc. GCCCE2003 (First Prize Award), Nanjing, China2003年12月-

NetIsle-EM: a New E-Learning Support Solution with Integrated Peer-to-Peer and Push Technology

Q. Jin and R. Shtykh

Proc. ICCE2003, Hong Kong, China2003年12月-

Learning Community Meets Peer-to-Peer Networking: Towards an Innovative Way of Person-to-Person E-Learning Support

Q. Jin

Proc. KEST2003, Akita, Japan2003年09月-

Individualized Collaboration Support for Online Leaning Communities

Q. Jin

Proc. ICCE2002 (IEEE Computer Society Press), Auckland, New Zealand1p.784 - 7882002年12月-

A Push-Type Groupware System to Facilitate Small Group Collaboration

R. Shtykh and Q. Jin

Proc. CW2002 (IEEE Computer Society Press), Tokyo, Japanp.354 - 3592002年11月-

Collaborative Information Browser: Collecting and Organizing Information through Group Collaboration

Q. Jin, N. Furugori, K. Hanasaki, N. Asahi and Y. Ooi

Proc. IEEE/SMC2002, Hammamet, Tunisia6p.169 - 1732002年10月-

Person-to-Person Information Exchange and Resource Sharing by Using JXTA

T. Numata and Q. Jin

Proc. NPDPA2002, Tsukuba, Japanp.325 - 3302002年10月-

Peer-to-Peer Information Exchange and Sharing for Learning Communities

Q. Jin, T. Numata, S. Takizawa, Z. Peng and J. Ma

Proc. DMS2002/MDEST2002, San Francisco, USAp.436 - 4432002年09月-

Voice Communication Square: Group Communication Support with VoiceXML

K. Igarashi, Q. Jin and Z. Peng

Proc. HC2002, Aizu-Wakamatsu City, Japanp.1 - 62002年09月-

A Hyper Presentation approach for Mobile Web Browsing

Z. Peng, Y. He and Q. Jin

Proc. CIT2002, Aizu-Wakamatsu City, Japanp.36 - 412002年09月-

Collaborative Work Support by Sharing Individual Ideas and Group Schedule

Y. Fujiwara, Q. Jin and Y. Wang

Proc. CIT2002, Aizu-Wakamatsu City, Japanp.62 - 672002年09月-

Web Based Agricultural Information and On-line Analysis System

P.R. Silva, Q. Jin and S. Herath

Proc. CIT2002, Aizu-Wakamatsu City, Japanp.73 - 782002年09月-

Individualized E-Learning and Multimedia Support for Collaborative Virtual Universities

Q. Jin and J. Ma

Proc. DMS2001 (Invited Paper), Taipei, Taiwanp.24 - 312001年09月-

Design Principles of an Open Agent Architecture for a Web-based Learning Community

Q. Jin, J. Ma, R. Huang and T. Shih

Proc. ED-MEDIA2001, Tampere, Finlandp.829 - 8342001年06月-

Implementation of a Shared Web Browser Using Java Technology

J. Ma, R. Huang and Q. Jin

Proc. ICCPOL2001, Seoul, South Koreap.347 - 3522001年05月-

A Distributed Backbone System for Community-Based Collaborative Virtual Universities

Q. Jin, J. Cheng, H. Ogata and Y. Yano

Proc. ICCE/ICCAI2000, Taipei, Taiwan1p.275 - 2782000年11月-

Social and Technical Issues for Communication in Networked Virtual Environments

Q. Jin

Proc. 2000 International Conference on Information Society in the 21st Century, Aizu-Wakamatsu City, Japanp.217 - 2192000年11月-

Putting Distributed Community-Based Collaborative Virtual Universities to Work

Q. Jin

Proc. 2000 International Symposium on Computer and Information Technology, Aizu-Wakamatsu City, Japanp.50 - 532000年11月-

Making MOO Multilingual as a Backbone for Every-Citizen Learning Communities

Q. Jin

Proc. ICCLC/VUME2000, Chicago, USAp.108 - 1132000年07月-

E-Communication Support for E-Activities

Q. Jin

Proc. ICCLC2000, Chicago, USAp.171 - 1732000年07月-

Design of a Virtual Community Based Interactive Learning Environment

Q. Jin

Proc. JCIS/IMMCN2000, Atlantic City, USA2p.636 - 6422000年03月-

A Framework for Community-Based Collaborative Virtual Universities

Q. Jin

Proc. 1999 International Conference on Computers in Education Tutorial and Workshop, Chiba, Japanp.70 - 741999年11月-

Information Exchange and Knowledge Organization in Collaborative Virtual Environments

Q. Jin

Proc. 1999 International Conference on Human and Computer, Aizu-Wakamatsu City, Japan(20)p.1 - 51999年09月-

A Framework of Intelligent Collaborative Virtual Environments for Flexible Interactive Learning

Q. Jin

Proc. 1998 CAST Conference of Young Scientists: Information Science and Microelectronic Technology, Beijing, Chinap.487 - 4931998年08月-

Information Education for the 21st Century and Prospering the Country with Science and Education

Q. Jin

Proc. 1998 WRSA International Workshop on China in the 21st Century and Natinal Competency (Invited Talk), Beijing, Chinap.191998年08月-

Computer Supported Social Networking in Virtual Communities

H. Ogata, T. Aiso, N. Furugori, Y. Yano and Q. Jin

Proc. 1998 IEEE International Conference on Intelligent Processing Systems, Queenland, Australliap.47 - 511998年08月-

Interface Agent to Support Effective Learning in Virtually Simulated Environments

Q. Jin

Proc. GCCCE1998, Hong Kong, Chinap.152 - 1561998年06月-

Virsicle: A Virtually Simulated Environment for Collaborative Learning

Q. Jin, Y. Shao, Y. Shirakusa and Y. Yano

Proc. 1997 International Conference on Computers in Education, Kuching, Malaysiap.237 - 2441997年12月-

Learning in Virtual Environments and Information Literacy

Q. Jin

Proc. 1997 APEC Conference on Information Literacy (Invited Paper), Tokyo, Japan(8)p.1 - 101997年11月-

Design Issues and Experiences from Having Lessons in Text-Based Social Virtual Environments

Q. Jin and Y. Yano

Proc. 1997 IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics, Florida, USAp.1418 - 14231997年10月-

A Markovian Behavior Model for Agents' Decision Making Represented by a Non-Regenerative Stochastic Petri Net

Q. Jin and Y. Yano

Proc. 28th ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications, Kyoto, Japanp.123 - 1281996年11月-

Modeling and Analysis of Agents' Probabilistic Behavior by a Non-Regenerative Stochastic Petri Net

Q. Jin, Y. Yano and Y. Sugasawa

Proc. 1996 IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics, Beijing, Chinap.187 - 1921996年10月-

Design of a Supporting Tool for Knowledge Creation

N. Furugori, Q. Jin, H. Ogata and Y. Yano

Proc. 1996 IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics, Beijing, Chinap.580 - 5851996年10月-

Distributed PeCo-Mediator: Finding Partners via Personal Connections

H. Ogata, A. Goji, Q. Jin, Y. Yano and N. Furugori

Proc. 1996 IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics, Beijing, Chinap.802 - 8071996年10月-

COMES: Collaborative Organizational Memory System

H. Ogata, K. Tsutsumi, Q. Jin, Y. Yano and N. Furugori

Proc. 1996 IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics, Beijing, Chinap.983 - 9871996年10月-

Social Learning in a Text-Based Virtual Reality Environment

Q. Jin and Y. Yano

Proc. Seventh Annual International Conference on Problem Solving Across the Curriculum, New York, USAp.119 - 1251996年06月-

Analyzing System Reliability Using Non-Regenerative Stochastic Petri Nets

Y. Sugasawa, R. F. Vidale and Q. Jin

Proc. 1995 INRIA/IEEE Symposium on Emerging Technologies and Factory Automation, Paris, Francep.399 - 4061995年10月-

Stochastic Petri Net Model of an Ethernet-based Flexible Manufacturing System

Q. Jin, Y. Yano and Y. Sugasawa

Proc. 1995 UK-Japanese Research Workshop on Stochastic Modelling in Innovative Manufacturing, Cambridge, UKVIb(i)p.1 - 81995年07月-

PeCo-Mediator: Supporting Access to Unknown Partners for Cooperation Using Collective Personal Connections - Adaptive Menu-based Query Interface -

H. Ogata, Y. Yano, N. Furugori and Q. Jin

Symbiosis of Human and Artifact (Proc. 6th International Conference on Human Computer Interaction) Tokyo, Japanp.397 - 4021995年07月-

Stochastic Petri Net Model for Performance Analysis of Client-Server Systems

Q. Jin, N. Furugori and Y. Sugasawa

Proc. 26th ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications, Osaka, Japanp.155 - 1601994年10月-

Mediator: Supporting Negotiations with Common Use of Personal Connections - Exploration of Common Personal Connections -

H. Ogata, Y. Yano, N. Furugori and Q. Jin

Proc. APORS1994, Fukuoka, Japanp.172 - 1791994年07月-

Mediator: Supporting Business Activities with Common Exploitation of Personal Connections - Model with Explicit and Implicit Connections -

H. Ogata, Y. Yano, N. Furugori and Q. Jin

Proc. 1994 Japan-U.S.A. Symposium on Flexible Automation, Kobe, Japanp.105 - 1081994年07月-

Computer Supported Environment for Common Exploitation of Personal Information

N. Furugori, Q. Jin, H. Ogata and Y. Yano

Proc. 16th International Conference on Computers and Industrial Engineering, Ashikaga, Japanp.698 - 7011994年03月-

Modeling and Analysis of Reliability Performance for a Distributed Dual-Processor System

Q. Jin and Y. Sugasawa

Proc. 16th International Conference on Computers and IndustrialEngineering, Ashikaga, Japanp.869 - 8721994年03月-

Behavioral Analysis of a Distributed Asynchronous Concurrent System Represented by a Stochastic Petri Net

Q. Jin and K. Aoki

Proc. 1993 Joint Technical Conference on Circuits/Systems, Computers & Communications, Nara, Japanp.342 - 3471993年07月-

Stochastic Model and Behavioral Analysis for a Computer Network System

Q. Jin, K. Aoki and Y. Sugasawa

Proc. 1st Australia-Japan Workshop on Stochastic Models in Engineering, Technology and Management, Gold Coast, Australiap.232 - 2411993年07月-

Performance Evaluation of Multiprocessor Systems Using an Extended Stochastic Petri Net

Q. Jin, Y. Sugasawa and K. Seya

Proc. 4th Japanese-Sino Sapporo International Conference on Computer Applications, Sapporo, Japanp.13 - 161990年10月-

Multi-Robot System Analysis by Applying Stochastic Petri Net

Q. Jin, Y. Sugasawa and K. Seya

Proc. 20th ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications, Osaka, Japanp.147 - 1501988年11月-

Analysis and Robust Detection of Fault and Error in a System with Intermitted Fault Using Stochastic Petri Net

Y. Sugasawa, Q. Jin and K. Seya

Proc. APORS1988, Seoul, South Koreap.1 - 91988年08月-

全国大会、研究会発表論文、研究報告及び解説など約120件

金(,その他)

Peer-to-Peer Solution to Support Group Collaboration and Information Sharing

R. Shtykh, G. Zhang and Q. Jin

International Journal of Pervasive Computing and Communications (Troubador Publishing)2005年-

A Mobile Project Management System that Supports Collaborative Work by Sharing Individual Ideas and Group Schedule

Y. Fujiwara, Q. Jin, and Y. Wang

Special Issue on Advances in Computer and Information Technology, Journal of Three Dimensional Images,17(1)p.80 - 862003年03月-

Web Based Agricultural Information and Online Analysis System

P.R.S.D. Silva, Q. Jin, and S. Herath

Special Issue on Advances in Computer and Information Technology, Journal of Three Dimensional Images17(1)p.92 - 972003年03月-

A Hyper Presentation Approach for Mobile Web Browsing,

Z. Peng, Y. He, and Q. Jin

Special Issue on Advances in Computer and Information Technology, Journal of Three Dimensional Images17(1)p.98 - 1032003年03月-

A Survey of Distance Education Challenges and Technologies

T.K. Shih, G.D. Antoni, T. Arndt, A. Asirvatham, C. Chang, Y. Chee, C. Dow, J.C. Hung, Q. Jin and et al

International Journal of Distance Education Technologies (Idea Group Publishing)1(1)p.1 - 212003年01月-

Design of a Virtual Community Based Interactive Learning Environment

Q. Jin

Information Sciences (Elsevier Science)140(1~2)p.171 - 1912002年01月-

Design of Multilingual Agents for Community-Based Collaborative Virtual Universities,

Q. Jin, J. Huang and Z. Peng

Journal of Shanghai University (English Edition)5(Suppl.)p.248 - 2532001年09月-

A Hyper Audio Web System and Its Implementation

Z. Peng and Q. Jin

Journal of Shanghai University (English Edition)5(Suppl.)p.101 - 1032001年09月-

A Social Virtual Environment for Collaborative Distance Learning

Q. Jin

Journal of Computers13(2)p.46 - 592001年06月-

Computer Supported Social Networking for Augmenting Cooperation

H. Ogata, Y. Yano, N, Furugori and Q. Jin

Computer Supported Cooperative Work: The Journal of Collaborative Computing (Kluwer Academic Publishers)10(2)p.189 - 2092001年04月-

A Multilingual Virtual Environment for Every-Citizen Learning Communities

Q. Jin

International Journal of Computer Processing of Oriental Languages (World Scientific)13(3)p.223 - 2342000年09月-

Optimum Order Time for a Spare Part Inventory System Modeled by a Non-Regenerative Stochastic Petri Net

Q. Jin, R.F. Vidale and Y. Sugasawa

IEICE Trans. Fundamentals of Electronics, Communications and Computer SciencesE83-A(5)p.818 - 8272000年05月-

Collaborative Virtual Environments for Information Exchange and Knowledge Organization

Q. Jin

Journal of Three Dimentional Images13(3)p.54 - 591999年09月-

Non-Regenerative Stochastic Petri Nets: Modeling and Analysis

Q. Jin, Y. Yano and Y. Sugasawa

IEICE Trans. Fundamentals of Electronics, Communications and Computer SciencesE79-A(11)p.1781 - 17901996年11月-

Representation and Analysis of Behavior for Multi-process Systems by Using Stochastic Petri Nets

Q. Jin and Y. Sugasawa

International Journal of Mathematical and Computer Modeling (Pergamon Press)22(10~12)p.109 - 1181995年12月-

Modeling and Analysis of Reliability Performance for a Distributed Dual-Processor System

Q. Jin and Y. Sugasawa

International Journal of Computers and Industrial Engineering (Pergamon Press)27(1~4)p.497 - 5001994年09月-

Behavioral Analysis and Performance Evaluation of a Shift Processing System by an Extended Stochastic Petri Net Model

Q. Jin, M. Kamei and Y. Sugasawa

IEICE Trans. on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer SciencesE75-A(10)p.1378 - 13841992年10月-

Extended Stochastic Petri Net Models for Systems with Parallel and Co-operative Motions

Y. Sugasawa, Q. Jin and K. Seya

Computer and Mathematical Applications (Pergamon Press)24(1~2)p.119 - 1261992年01月-

Analysis of Stochastic Petri Net Model with Non-exponential Distributions Using a Generalized Markov Renewal Process

Q. Jin, Y. Sugasawa and K. Seya

Microelectronics and Reliability (Pergamon Press)31(5)p.933 - 9391991年10月-

Aggregate Approach of Markov Renewal Process and Extended Stochastic Petri Net Model and Its Application

Q. Jin, Y. Sugasawa and K. Seya

IEICE Trans. Fundamentals of Electronics, Communications and Computer SciencesE74-A(6)p.1479 - 14851991年06月-

Modeling and Analysis of a Semaphore System by an Extended Stochastic Petri Net

Y. Sugasawa, Q. Jin, J. T. Zhang and K. Seya

International Journal of Systems Science (Taylor & Francis)22(1)p.217 - 2241991年01月-

Probabilistic Behavior and Reliability Analysis for a Multi-robot System by Applying Petri Net and Markov Renewal Process Theory

Q. Jin, Y. Sugasawa and K. Seya

Microelectronics and Reliability (Pergamon Press)29(6)p.993 - 10011989年12月-

An Appropriate Air-Fuel Ratio for an Efficient Combustion Efficiency

Z. Huang and Q. Jin

Chemical Process Control (in Chinese)6(4)p.37 - 421982年04月-

Implementations of Control Systems Using Energy-Saving Instruments

C. Xu, Z. Huang, Q. Jin and et al.

Instrumentation in Chemical Engineering (in Chinese)6(4)p.31 - 371982年04月-

Design of an Oven Control System to Decrease Energy Consumption

Z. Huang, Q. Jin and et al.

Automation and Instrumentation (in Chinese)2(3)p.1 - 101982年03月-

Controller's Real Integrate Time TI*=FTI

C. Xu, Q. Jin and et al.

Automation and Instrumentation in Chemical Engineering (in Chinese)4(11)p.65 - 671981年11月-

Peer-to-Peer Based Social Interaction Tools in Ubiquitous Learning Environment

G. Zhang, Q. Jin and T.K. Shih

Proc. ICPADS2005 (IEEE Computer Society Press), Fukuoka, Japan2005年07月-

A Framework of Social Interaction Support for Ubiquitous Learning

G. Zhang, Q. Jin and M. Lin

Proc. AINA2005/USW2004 (IEEE Computer Society Press), Taiwan2005年03月-

Design of Peer-to-Peer Groupware Integrated with Interactive Browser for Active Information Sharing and Collaboration Support

R. Shtykh, G. Zhang and Q. Jin

Proc. CIT2004 (IEEE Computer Society Press), Wuhan, China2004年09月-

A Multi-Agent System for Online Course Content Management

R. Komatsu, J. Ma and Q. Jin

Proc. AINA2004 (IEEE Computer Society Press), Fukuoka, Japan2004年03月-

Learner-Centered Collaborative Learning Support with Peer-to-Peer Technology

J. Chen and Q. Jin

Proc. GCCCE2003 (First Prize Award), Nanjing, China2003年12月-

NetIsle-EM: a New E-Learning Support Solution with Integrated Peer-to-Peer and Push Technology

Q. Jin and R. Shtykh

Proc. ICCE2003, Hong Kong, China2003年12月-

Learning Community Meets Peer-to-Peer Networking: Towards an Innovative Way of Person-to-Person E-Learning Support

Q. Jin

Proc. KEST2003, Akita, Japan2003年09月-

Individualized Collaboration Support for Online Leaning Communities

Q. Jin

Proc. ICCE2002 (IEEE Computer Society Press), Auckland, New Zealand1p.784 - 7882002年12月-

A Push-Type Groupware System to Facilitate Small Group Collaboration

R. Shtykh and Q. Jin

Proc. CW2002 (IEEE Computer Society Press), Tokyo, Japanp.354 - 3592002年11月-

Collaborative Information Browser: Collecting and Organizing Information through Group Collaboration

Q. Jin, N. Furugori, K. Hanasaki, N. Asahi and Y. Ooi

Proc. IEEE/SMC2002, Hammamet, Tunisia6p.169 - 1732002年10月-

Person-to-Person Information Exchange and Resource Sharing by Using JXTA

T. Numata and Q. Jin

Proc. NPDPA2002, Tsukuba, Japanp.325 - 3302002年10月-

Peer-to-Peer Information Exchange and Sharing for Learning Communities

Q. Jin, T. Numata, S. Takizawa, Z. Peng and J. Ma

Proc. DMS2002/MDEST2002, San Francisco, USAp.436 - 4432002年09月-

Voice Communication Square: Group Communication Support with VoiceXML

K. Igarashi, Q. Jin and Z. Peng

Proc. HC2002, Aizu-Wakamatsu City, Japanp.1 - 62002年09月-

A Hyper Presentation approach for Mobile Web Browsing

Z. Peng, Y. He and Q. Jin

Proc. CIT2002, Aizu-Wakamatsu City, Japanp.36 - 412002年09月-

Collaborative Work Support by Sharing Individual Ideas and Group Schedule

Y. Fujiwara, Q. Jin and Y. Wang

Proc. CIT2002, Aizu-Wakamatsu City, Japanp.62 - 672002年09月-

Web Based Agricultural Information and On-line Analysis System

P.R. Silva, Q. Jin and S. Herath

Proc. CIT2002, Aizu-Wakamatsu City, Japanp.73 - 782002年09月-

Individualized E-Learning and Multimedia Support for Collaborative Virtual Universities

Q. Jin and J. Ma

Proc. DMS2001 (Invited Paper), Taipei, Taiwanp.24 - 312001年09月-

Design Principles of an Open Agent Architecture for a Web-based Learning Community

Q. Jin, J. Ma, R. Huang and T. Shih

Proc. ED-MEDIA2001, Tampere, Finlandp.829 - 8342001年06月-

Implementation of a Shared Web Browser Using Java Technology

J. Ma, R. Huang and Q. Jin

Proc. ICCPOL2001, Seoul, South Koreap.347 - 3522001年05月-

A Distributed Backbone System for Community-Based Collaborative Virtual Universities

Q. Jin, J. Cheng, H. Ogata and Y. Yano

Proc. ICCE/ICCAI2000, Taipei, Taiwan1p.275 - 2782000年11月-

Social and Technical Issues for Communication in Networked Virtual Environments

Q. Jin

Proc. 2000 International Conference on Information Society in the 21st Century, Aizu-Wakamatsu City, Japanp.217 - 2192000年11月-

Putting Distributed Community-Based Collaborative Virtual Universities to Work

Q. Jin

Proc. 2000 International Symposium on Computer and Information Technology, Aizu-Wakamatsu City, Japanp.50 - 532000年11月-

Making MOO Multilingual as a Backbone for Every-Citizen Learning Communities

Q. Jin

Proc. ICCLC/VUME2000, Chicago, USAp.108 - 1132000年07月-

E-Communication Support for E-Activities

Q. Jin

Proc. ICCLC2000, Chicago, USAp.171 - 1732000年07月-

Design of a Virtual Community Based Interactive Learning Environment

Q. Jin

Proc. JCIS/IMMCN2000, Atlantic City, USA2p.636 - 6422000年03月-

A Framework for Community-Based Collaborative Virtual Universities

Q. Jin

Proc. 1999 International Conference on Computers in Education Tutorial and Workshop, Chiba, Japanp.70 - 741999年11月-

Information Exchange and Knowledge Organization in Collaborative Virtual Environments

Q. Jin

Proc. 1999 International Conference on Human and Computer, Aizu-Wakamatsu City, Japan(20)p.1 - 51999年09月-

A Framework of Intelligent Collaborative Virtual Environments for Flexible Interactive Learning

Q. Jin

Proc. 1998 CAST Conference of Young Scientists: Information Science and Microelectronic Technology, Beijing, Chinap.487 - 4931998年08月-

Information Education for the 21st Century and Prospering the Country with Science and Education

Q. Jin

Proc. 1998 WRSA International Workshop on China in the 21st Century and Natinal Competency (Invited Talk), Beijing, Chinap.191998年08月-

Computer Supported Social Networking in Virtual Communities

H. Ogata, T. Aiso, N. Furugori, Y. Yano and Q. Jin

Proc. 1998 IEEE International Conference on Intelligent Processing Systems, Queenland, Australliap.47 - 511998年08月-

Interface Agent to Support Effective Learning in Virtually Simulated Environments

Q. Jin

Proc. GCCCE1998, Hong Kong, Chinap.152 - 1561998年06月-

Virsicle: A Virtually Simulated Environment for Collaborative Learning

Q. Jin, Y. Shao, Y. Shirakusa and Y. Yano

Proc. 1997 International Conference on Computers in Education, Kuching, Malaysiap.237 - 2441997年12月-

Learning in Virtual Environments and Information Literacy

Q. Jin

Proc. 1997 APEC Conference on Information Literacy (Invited Paper), Tokyo, Japan(8)p.1 - 101997年11月-

Design Issues and Experiences from Having Lessons in Text-Based Social Virtual Environments

Q. Jin and Y. Yano

Proc. 1997 IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics, Florida, USAp.1418 - 14231997年10月-

A Markovian Behavior Model for Agents' Decision Making Represented by a Non-Regenerative Stochastic Petri Net

Q. Jin and Y. Yano

Proc. 28th ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications, Kyoto, Japanp.123 - 1281996年11月-

Modeling and Analysis of Agents' Probabilistic Behavior by a Non-Regenerative Stochastic Petri Net

Q. Jin, Y. Yano and Y. Sugasawa

Proc. 1996 IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics, Beijing, Chinap.187 - 1921996年10月-

Design of a Supporting Tool for Knowledge Creation

N. Furugori, Q. Jin, H. Ogata and Y. Yano

Proc. 1996 IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics, Beijing, Chinap.580 - 5851996年10月-

Distributed PeCo-Mediator: Finding Partners via Personal Connections

H. Ogata, A. Goji, Q. Jin, Y. Yano and N. Furugori

Proc. 1996 IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics, Beijing, Chinap.802 - 8071996年10月-

COMES: Collaborative Organizational Memory System

H. Ogata, K. Tsutsumi, Q. Jin, Y. Yano and N. Furugori

Proc. 1996 IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics, Beijing, Chinap.983 - 9871996年10月-

Social Learning in a Text-Based Virtual Reality Environment

Q. Jin and Y. Yano

Proc. Seventh Annual International Conference on Problem Solving Across the Curriculum, New York, USAp.119 - 1251996年06月-

Analyzing System Reliability Using Non-Regenerative Stochastic Petri Nets

Y. Sugasawa, R. F. Vidale and Q. Jin

Proc. 1995 INRIA/IEEE Symposium on Emerging Technologies and Factory Automation, Paris, Francep.399 - 4061995年10月-

Stochastic Petri Net Model of an Ethernet-based Flexible Manufacturing System

Q. Jin, Y. Yano and Y. Sugasawa

Proc. 1995 UK-Japanese Research Workshop on Stochastic Modelling in Innovative Manufacturing, Cambridge, UKVIb(i)p.1 - 81995年07月-

PeCo-Mediator: Supporting Access to Unknown Partners for Cooperation Using Collective Personal Connections - Adaptive Menu-based Query Interface -

H. Ogata, Y. Yano, N. Furugori and Q. Jin

Symbiosis of Human and Artifact (Proc. 6th International Conference on Human Computer Interaction) Tokyo, Japanp.397 - 4021995年07月-

Stochastic Petri Net Model for Performance Analysis of Client-Server Systems

Q. Jin, N. Furugori and Y. Sugasawa

Proc. 26th ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications, Osaka, Japanp.155 - 1601994年10月-

Mediator: Supporting Negotiations with Common Use of Personal Connections - Exploration of Common Personal Connections -

H. Ogata, Y. Yano, N. Furugori and Q. Jin

Proc. APORS1994, Fukuoka, Japanp.172 - 1791994年07月-

Mediator: Supporting Business Activities with Common Exploitation of Personal Connections - Model with Explicit and Implicit Connections -

H. Ogata, Y. Yano, N. Furugori and Q. Jin

Proc. 1994 Japan-U.S.A. Symposium on Flexible Automation, Kobe, Japanp.105 - 1081994年07月-

Computer Supported Environment for Common Exploitation of Personal Information

N. Furugori, Q. Jin, H. Ogata and Y. Yano

Proc. 16th International Conference on Computers and Industrial Engineering, Ashikaga, Japanp.698 - 7011994年03月-

Modeling and Analysis of Reliability Performance for a Distributed Dual-Processor System

Q. Jin and Y. Sugasawa

Proc. 16th International Conference on Computers and IndustrialEngineering, Ashikaga, Japanp.869 - 8721994年03月-

Behavioral Analysis of a Distributed Asynchronous Concurrent System Represented by a Stochastic Petri Net

Q. Jin and K. Aoki

Proc. 1993 Joint Technical Conference on Circuits/Systems, Computers & Communications, Nara, Japanp.342 - 3471993年07月-

Stochastic Model and Behavioral Analysis for a Computer Network System

Q. Jin, K. Aoki and Y. Sugasawa

Proc. 1st Australia-Japan Workshop on Stochastic Models in Engineering, Technology and Management, Gold Coast, Australiap.232 - 2411993年07月-

Performance Evaluation of Multiprocessor Systems Using an Extended Stochastic Petri Net

Q. Jin, Y. Sugasawa and K. Seya

Proc. 4th Japanese-Sino Sapporo International Conference on Computer Applications, Sapporo, Japanp.13 - 161990年10月-

Multi-Robot System Analysis by Applying Stochastic Petri Net

Q. Jin, Y. Sugasawa and K. Seya

Proc. 20th ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications, Osaka, Japanp.147 - 1501988年11月-

Analysis and Robust Detection of Fault and Error in a System with Intermitted Fault Using Stochastic Petri Net

Y. Sugasawa, Q. Jin and K. Seya

Proc. APORS1988, Seoul, South Koreap.1 - 91988年08月-

書籍等出版物

Effective Session Key Distribution for Secure Fast Handover in Mobile Networks

J.H. Park and Q. Jin

Special Issue on Wireless Ad Hoc, Sensor and Mesh Networks, Telecommunication Systems (Springer), Vol.44, No.1-22010年-

Trend of E-Learning: The Service Mashup

N.Y. Yen, T.K. Shih, Q. Jin, H. Hsu and L.R. Chao

International Journal of Distance Education Technologies (IGI Publishing), Vol.8, No.12010年-

Ubiquitous Personal Study: A Framework for Supporting Information Access and Sharing

H. Chen and Q. Jin

Special Issue on Intelligent Systems and Services for Ubiquitous Computing, Journal of Personal and Ubiquitous Computing (ACM/Springer), Vol.13, No.72009年 10月-

Dynamically Constructing User Profiles with Similarity-based Online Incremental Clustering

R.Y. Shtykh and Q. Jin

Special Issue on Intelligent Techniques for Personalization and Recommendation, International Journal of Advanced Intelligence Paradigms (Inderscience), Vol.1, No.42009年-

Gradual Adaption Model for Information Recommendation Based on User Access Behavior

J. Chen, R.Y. Shtykh and Q. Jin

International Journal on Advances in Intelligent Systems (IARIA), Vol.2, No.12009年 05月-

Mobile SNS from the Perspective of Human Self-Extension

R.Y. Shtykh, Q. Jin, S. Nakadate, N. Kandou, T. Hayata, and J. Ma

Chapter XLVIII, Handbook of Research on Mobile Multimedia, pp. 688-701 (Second Edition, IGI Global)2008年 09月-

Robots in Smart Spaces - A Case Study of a u-Object Finder Prototype -

T. Kawashima, J. Ma, B.O. Apduhan, R. Huang, and Q. Jin

Lecture Notes in Computer Science (Springer)2008年 06月-

Harnessing User Contributions and Dynamic Profiling to Better Satisfy Individual Information Search Needs

R.Y. Shtykh and Q. Jin

International Journal of Web and Grid Services (Inderscience), Vol.4, No.12008年-

Slide-Film Interface: Overcoming Small Screen Limitations in Mobile Web Search

R.Y. Shtykh, J. Chen, and Q. Jin

Lecture Notes in Computer Science (Springer), Vol. 49562008年 03月-

Proc. The 2nd IEEE Asia-Pacific Service Computing Conference (Dec. 11-14, 2007, Tsukuba Science City, Japan)

J. Li, M. Guo, Q. Jin, et al (eds.)

IEEE Computer Press2007年 12月-

Ubisafe Computing: Vision and Challenges (I)

J. Ma, Q. Zhao, V. Chaudhary, J. Cheng, L.T. Yang, R. Huang, and Q. Jin

Lecture Notes in Computer Science (Springer), Vol.41582006年 09月-

Collaboratively Shared Information Retrieval Model for e-Learning

S. Chan and Q. Jin

Lecture Notes in Computer Science (Springer), Vol.41812006年 07月-

A Survey of Distance Education Challenges and Technologies

T.K. Shih, J.C. Hung, J. Ma and Q. Jin

Future Directions in Distance Learning and Communication Technologies, Advances in Distance Education Technologies (Idea Group Publishing)2006年-

Ubiquitous Learning on Pocket SCORM

H. Chang, W. Chang, Y. Sie, N. Lin, C. Huang, T.K. Shih and Q. Jin

Lecture Notes in Computer Science (Springer-Verlag), Vol.38232005年 12月-

Peer-to-Peer Solution to Support Group Collaboration and Information Sharing

R. Shtykh, G. Zhang and Q. Jin

International Journal of Pervasive Computing and Communications (Troubador Publishing), Vol.1, No.3, pp.187-1972005年-

NetIsle: A Hybrid Peer-to-Peer Groupware System Based on Push Technology for Small Group Collaboration

R. Shtykh and Q. Jin

Lecture Notes in Computer Science (Springer-Verlag), Vol.28222003年 09月-

Peer-to-Peer File Sharing with Integrated Attribute Descriptions in XML and an Embedded Database Engine

S. Takizawa and Q. Jin

Lecture Notes in Computer Science (Springer-Verlag), Vol.25442002年 12月-

A Shopping Negotiation Agent that Adapts to User Preferences

R. Huang, J. Ma and Q. Jin

Lecture Notes in Computer Science (Springer-Verlag), Vol.22522001年 12月-

Stochastic Petri Net Model of an Ethernet-based Flexible Manufacturing System

Q. Jin, Y. Yano and Y. Sugasawa

Lecture Notes in Economics and Mathematical Systems (Springer-Verlag), Vol.4451997年 01月-

Sorting, Data Structures and Algorithms (Sh-Kuo Chang Ed.), Series on Software Engineering and Knowledge Engineering

Q. Jin

World Scientific2003年-

Proceedings of 2002 International Workshop on Multimedia Distance Education Systems and Technologies (MDEST2002)

Q. Jin (Ed.)

Knowledge Systems Institute, USA2002年 09月-

Advances in Computer and Information Technology, Proc. 2002 International Conference on Computer and Information Technology

D. Wei and Q. Jin (Eds.)

Univ. of Aizu, Japan2002年 09月-

Enabling Society with Information Technology

Q. Jin, J. Li, N. Zhang, J. Cheng, C. Yu and S. Noguchi (Eds.)

Springer-Verlag2001年 11月-

Emerging Technologies and New Challengs in Information Society, Proc. International Conference on Information Society in the 21st Century

Q. Jin, J. Li, N. Zhang, J. Cheng, C. Yu and S. Noguchi (Eds.)

Univ. of Aizu, IPSJ, IEICE, IEEE Japan Council and IEEE Education Society Japan Chapter2000年 11月-

Special Session on Virtual Universities and Distance Education, Proc. International Conference on Information Society in the 21st Century

J. Cheng, Z. Cheng and Q. Jin (Eds.)

Univ. of Aizu, IPSJ, IEICE, IEEE Japan Council and IEEE Education Society Japan Chapter2000年 11月-

Modern Science Knowledge -- 500 Hot Topics, Part I: Computer Science and Technology

Q. Jin and et al.

CAST Press1999年 09月-

Information Education and Information Literacy for the 21st Century, Proposal for China Development in the 21st Century (W. Chen and et al Eds.)

Q. Jin

Economic Science Publishing Co.1998年 12月-

Promotion Effect of Information Networks to Science and Technology Research -- Drawing on the Experience of Research Network Development in Japan --, Proposal for China Development in the 21st Century (W. Chen and et al Eds.)

Q. Jin

Economic Science Publishing Co.1998年 12月-

Sharlok: Combining a Collaborative Learning Environment and an Active Database, Advanced Database Systems for Integration of Media and User Environments (Y. Kambayashi, A. Makinouchi, S. Uemura, K.Tanaka and Y. Masunaga Eds.)

Y. Yano, Q. Jin and H. Ogata

World Scientific1998年 04月-

Stochastic Model and Behavioral Analysis for a Computer Network System, Stochastic Models in Engineering, Technology and Management (S. Osaki and D. N. P. Murthy Eds.)

Q. Jin, K. Aoki and Y. Sugasawa

World Scientific1993年 05月-

NetIsle: A Hybrid Peer-to-Peer Groupware System Based on Push Technology for Small Group Collaboration

R. Shtykh and Q. Jin

Lecture Notes in Computer Science (Springer-Verlag)2003年 09月-

Peer-to-Peer File Sharing with Integrated Attribute Descriptions in XML and an Embedded Database Engine

S. Takizawa and Q. Jin

Lecture Notes in Computer Science (Springer-Verlag)2002年 12月-

A Shopping Negotiation Agent that Adapts to User Preferences

R. Huang, J. Ma and Q. Jin

Lecture Notes in Computer Science (Springer-Verlag)2001年 12月-

Stochastic Petri Net Model of an Ethernet-based Flexible Manufacturing System

Q. Jin, Y. Yano and Y. Sugasawa

Lecture Notes in Economics and Mathematical Systems (Springer-Verlag)1997年 01月-

Sorting, Data Structures and Algorithms (Sh-Kuo Chang Ed.), Series on Software Engineering and Knowledge Engineering

Q. Jin

World Scientific2003年-

Proceedings of 2002 International Workshop on Multimedia Distance Education Systems and Technologies (MDEST2002)

Q. Jin (Ed.)

Knowledge Systems Institute, USA2002年 09月-

Advances in Computer and Information Technology, Proc. 2002 International Conference on Computer and Information Technology

D. Wei and Q. Jin (Eds.)

Univ. of Aizu, Japan2002年 09月-

Enabling Society with Information Technology

Q. Jin, J. Li, N. Zhang, J. Cheng, C. Yu and S. Noguchi (Eds.)

Springer-Verlag2001年 11月-

Emerging Technologies and New Challengs in Information Society, Proc. International Conference on Information Society in the 21st Century

Q. Jin, J. Li, N. Zhang, J. Cheng, C. Yu and S. Noguchi (Eds.)

Univ. of Aizu, IPSJ, IEICE, IEEE Japan Council and IEEE Education Society Japan Chapter2000年 11月-

Special Session on Virtual Universities and Distance Education, Proc. International Conference on Information Society in the 21st Century

J. Cheng, Z. Cheng and Q. Jin (Eds.)

Univ. of Aizu, IPSJ, IEICE, IEEE Japan Council and IEEE Education Society Japan Chapter2000年 11月-

Modern Science Knowledge -- 500 Hot Topics, Part I: Computer Science and Technology

Q. Jin and et al.

CAST Press1999年 09月-

Information Education and Information Literacy for the 21st Century, Proposal for China Development in the 21st Century (W. Chen and et al Eds.)

Q. Jin

Economic Science Publishing Co.1998年 12月-

Promotion Effect of Information Networks to Science and Technology Research -- Drawing on the Experience of Research Network Development in Japan --, Proposal for China Development in the 21st Century (W. Chen and et al Eds.)

Q. Jin

Economic Science Publishing Co.1998年 12月-

Sharlok: Combining a Collaborative Learning Environment and an Active Database, Advanced Database Systems for Integration of Media and User Environments (Y. Kambayashi, A. Makinouchi, S. Uemura, K.Tanaka and Y. Masunaga Eds.)

Y. Yano, Q. Jin and H. Ogata

World Scientific1998年 04月-

Stochastic Model and Behavioral Analysis for a Computer Network System, Stochastic Models in Engineering, Technology and Management (S. Osaki and D. N. P. Murthy Eds.)

Q. Jin, K. Aoki and Y. Sugasawa

World Scientific1993年 05月-

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:基盤研究(B)

ブロードバンドを利用した新しい高等教育の有機的モデルとプロトタイプの開発

2003年-2006年

研究分野:教育工学

配分額:¥8300000

研究種別:

社会ネットワークに着目したエージェント指向協調学習支援システムの研究開発

配分額:¥7800000

研究種別:

環境メディアとして仮想現実システムを利用したラーニングコミュニティの研究開発

配分額:¥11300000

研究種別:

協調学習を支援するためのテキスト型仮想現実の構成に関する研究

配分額:¥1600000

研究種別:

インターネットを利用した日本語学習マルチメディア辞書の構築

配分額:¥10900000

研究種別:

協調学習のための能動型データベースシステムの研究

配分額:¥1900000

研究種別:

エージェントを用いた日本語教育のための柔軟な協調学習環境の研究

配分額:¥11000000

研究種別:基盤研究(A)

実世界での実験・実習・体験とu-Learningの融合

2007年-2010年

研究分野:教育工学

配分額:¥39910000

研究種別:

実世界での実験・実習・体験とu-Learningの融合

配分額:¥39910000

学内研究制度

特定課題研究

パーソナルデータ分析に基づく統合個人モデルの構築

2018年度

研究成果概要:本研究は、特定のシステムに依存せず、複数の異なるシステムを跨り適用可能な個人モデルを提案し、パーソナルデータの特性を考慮しながらデータ分析に基づく統合個人モデル(UnifiedIndividual Model)の構築法を計算論的な...本研究は、特定のシステムに依存せず、複数の異なるシステムを跨り適用可能な個人モデルを提案し、パーソナルデータの特性を考慮しながらデータ分析に基づく統合個人モデル(UnifiedIndividual Model)の構築法を計算論的な方法論として開発し確立することが目的である。具体的には、ヘルスケアやソーシャルメディアにおけるパーソナルデータを実験データとして取得し、ブロックチェーンを利用したパーソナルデータにおけるプライバシー保護の強化をはかる仕組みづくりや関連基盤アルゴリズムの開発を行い、検証・評価実験を実施する。さらに、実験結果を分析し、今後の展開と応用の可能性と課題について検討する。

マイクロコンテンツを有効利用するためのソーシャルラーニング基盤モデルの構築

2016年度共同研究者:武 博

研究成果概要:In this study, we propose a fundamentalmodel for social learning in order to effectively use micro contents aseduca...In this study, we propose a fundamentalmodel for social learning in order to effectively use micro contents aseducational resources, based on personal data analytics and individualmodeling. We improve data-driven individual modeling, proposed in our previousstudy, by introducing the concept of dividual and divide-and-conquer algorithm.We further propose a temporal social network analysis approach for dynamiccommunity mining and tracking, and develop overlap community detectionalgorithm by spectral clustering based on node convergence degree that takesboth the network structure and node attributes into account. We use topicevolution model and temporal social network analysis for topic tracking andassessing and pattern extraction as well. Experiments have been conducted basedon different data sets, and comparison with related works and result analysis haveshown the effectiveness of our proposed model and approach.

ピア・ツー・ピア技術を活用したラーニングコミュニティの研究

2003年度

研究成果概要: 高度情報ネットワーク化社会において、知識の更新のペースがますます速めており、従来の学校、大学での教育では対応できなくなりつつある。そのため、生涯を通じた多様な学習者を対象とする教育/学習システムが求められている。 本研究は、ピア... 高度情報ネットワーク化社会において、知識の更新のペースがますます速めており、従来の学校、大学での教育では対応できなくなりつつある。そのため、生涯を通じた多様な学習者を対象とする教育/学習システムが求められている。 本研究は、ピア・ツー・ピア(P2P)技術を利用して、多様な学習者に対して広く開かれた新たなコミュニティ型eーラーニングシステムを提案することを目的とする。本年度では、学習者個々のニーズに柔軟に対応できるパーソン・ツー・パーソンeーラーニングモデルを新たに考案し、P2Pネットワークの特徴を生かした教授/学習支援環境のあり方について検討するとともに、従来のクライアント/サーバモデルに基づいたeーラーニングモデルとの比較を行った。また、eーラーニングに適したP2P技術とは何かについて、サーベイを行い、ラーニングコミュニティの特徴を発揮でき、従来のeーラーニングシステムにおける学習者個性の喪失や孤独感、学習ペースがつかめにくいなどの問題を改善し、eーラーニングに適したP2P仕組みの提案を行った。それをもとに、ピア・ツー・ピア型ラーニングコミュニティにおけるコミュニケーションやコラボレーションを支援し、学習者個人のニーズや能力に応じた学習内容や進み方を設定可能な支援環境とグループウェアツールを設計し、試作を行った。さらに、ピア・ツー・ピア型ラーニングコミュニティを利用するためのクライアントシステムとGUIインターフェースをも試作し、初歩的な実験評価を行い、これからの改良・改善策をまとめた。 従来の多くのeーラーニングシステムは、人間的な部分が抜け落ちた、単なる情報や知識の伝達でしかない。本研究は、P2P技術の利点とラーニングコミュニティの特徴を発揮し、融合することによって、ピア・ツー・ピアeーラーニングに適した学習モデルと仕組みづくりを探求し、従来のeーラーニングにおける問題点を解決し、改善するものである。

学習者と学習環境のインタラクションをさりげなく支援する知能情報メディアの研究

2004年度

研究成果概要: 協調学習に基づくコミュニティ型e-ラーニングシステムでは、学習者の自発的な参加および知識情報の共有が奨励される。実践において、こういった学習者主導型e-ラーニングの難しさの1つとして、仮想環境におけるコミュニケーションとインタラ... 協調学習に基づくコミュニティ型e-ラーニングシステムでは、学習者の自発的な参加および知識情報の共有が奨励される。実践において、こういった学習者主導型e-ラーニングの難しさの1つとして、仮想環境におけるコミュニケーションとインタラクションにあると指摘されている。本研究は、学習者と学習環境のインタラクションをさりげなく支援するとともに、人間とのインタラクションを通じて進化する知能情報メディアを提案するものである。 本年度では、これまでの研究において提案されている仮想環境メディアの考え方を発展させ、知能情報メディアの基本要件を検討し、モデル化を試みるとともに、知能情報メディアモデルのコアとなる「社会的インタラクション支援フレームワーク」を考案した。また、利用者の個性の差異を超えて、相互理解を促進する仕組みを有し、人間とのインタラクションを通じて進化させるために、知能情報メディアに「暗黙の知」を用いた支援メカニズムを埋め込み、学習環境とコンテンツとのシームレスな統合をはかり、学習者同士間のコミュニケーション、学習者と学習環境やコンテンツとのインタラクションをさりげなく支援する手法を提案している。このような「支援メカニズム」を実現するためには、(1)人間の会話や挙動を観察し、人間とのインタラクションを通じて人間の意図を理解できる知的エージェント技術、(2)多様なデータと知識を統一規格で記述できるXML およびそれを発展させた技術、(3)利用者間のダイレクトなコミュニケーションと情報交換や、対等な知識共有と効率的な配送仕組みを提供できるピア・ツー・ピア(P2P)ネットワーク技術、を融合したアプローチを考案し、本年度では、「社会的インタラクション支援フレームワーク」に基づき、ユビキタスラーニングを実現するためのP2P型プロトタイプシステムを構築し、初歩的な実験を行った。

利用者主導の知識情報共有型e-ラーニング支援環境の研究開発

2005年度

研究成果概要: 情報通信技術を活用したeーラーニングは、いつでもどこでも求める教育が手に入るシステムとして、盛んに研究開発が行われ、活用されている。しかし、e-ラーニングを含めて一般的に自己学習は、学習者が孤独感に陥ったり、学習ペースがつかめず... 情報通信技術を活用したeーラーニングは、いつでもどこでも求める教育が手に入るシステムとして、盛んに研究開発が行われ、活用されている。しかし、e-ラーニングを含めて一般的に自己学習は、学習者が孤独感に陥ったり、学習ペースがつかめず脱落したり、学習者の意欲や教育効果を殺ぐなど、挫折するケースが見受けられる。本研究は、ピア・ツー・ピア(P2P)ネットワーク技術を利用して、利用者主導の知識情報共有型e-ラーニング支援システムを提案し、多様な利用者の異なる個性、能力、ニーズなどに柔軟に対応できる高度な機能を研究開発するとともに、教育/学習現場において評価実験を行いながら、問題点を明らかにし、改良を加え、その有効性を実証し、そのうえ、新たな知識情報共有型e-ラーニング支援環境を構築するものである。 本年度では、従来のクライアント/サーバモデルに基づいたe-ラーニング・モデルと比較しながら、P2Pネットワークの特徴を生かした学習モデルおよび学習者個人のニーズや能力に柔軟に対応できる利用者主導のe-ラーニング支援仕組みを考案するとともに、これまでの研究において提案されている「社会的インタラクション支援フレームワーク」を発展させ、サービス指向ユビキタス・ラーニング支援環境を提案し、プロトタイプシステムの構築を行った。さらに、分散型P2P ネットワークと集中型個人・グループ・メディア・ツールの統合によるスケーラブルな知識情報共有システムを提案し、その試作を進んでいる。

学習者と学習環境のインタラクションをさりげなく支援する知能情報メディアの研究

2005年度

研究成果概要: 従来の多くのe-ラーニングシステムは、人間的な部分が抜け落ちた、単なる知識や情報の伝達でしかない。ラーニングコミュニティなど知識情報共有型e-ラーニングシステムにおいて、学習コンテンツの作成・流通・再利用における統一規格や、異な... 従来の多くのe-ラーニングシステムは、人間的な部分が抜け落ちた、単なる知識や情報の伝達でしかない。ラーニングコミュニティなど知識情報共有型e-ラーニングシステムにおいて、学習コンテンツの作成・流通・再利用における統一規格や、異なるシステム間の互換性など多くの問題点と課題が残されている。本研究は、それらの問題を総合的に解決することを目指して、学習者と学習環境のインタラクションをさりげなく支援するとともに、人間とのインタラクションを通じて進化する知能情報メディアを提案し、モデル化とそのあり方について探求し明らかにするものである。 本年度では、これまでの研究において提案されている「社会的インタラクション支援フレームワーク」に基づき、知能情報メディアの基本モデルの洗練化をはかり、そのうえ、学習者間の社会的相互作用を促進するとともに、学習者と学習環境のインタラクションを支援する仕組みを考案し、サービス指向ユビキタス・ラーニング支援やスケーラブルな情報共有システムなどの実証環境の構築への適用を試みた。さらに、オントロジに基づくコンテキスト・アウェア・モデルを提案し、人間と情報環境のインタラクションをさりげなく支援することが可能な能動的な知能情報メディアへの展開の可能性について検討した。

サービス指向ユビキタス・ラーニング支援環境の構築と実証実験

2007年度共同研究者:シュティフ ロマン

研究成果概要: 近年、Webサービスをはじめとするサービス・コンピューティングの研究が盛んに行われ、新たな学際的な研究分野としてサービス科学を提唱されている。本研究は、利用者主導のサービス指向ユビキタス・ラーニング支援システムを提案し構築すると... 近年、Webサービスをはじめとするサービス・コンピューティングの研究が盛んに行われ、新たな学際的な研究分野としてサービス科学を提唱されている。本研究は、利用者主導のサービス指向ユビキタス・ラーニング支援システムを提案し構築するとともに、多様な利用者の異なる個性、能力、ニーズなどに柔軟に対応でき、現在普及しつつあるブロードバンドネットワーク環境を生かした高度な機能を研究開発することを目指すものである。本研究でいうサービスは、狭義的なe-サービス(Webサービス)やu-サービス(ユビキタス・サービス)にとどまらず、利用者の利便性とシステムの柔軟性やスケーラビリティを両立させた広義的なu-サービス(ユニバーサル・サービス)をめざすものである。サービスは、コンピュータやネットワークを人間に奉仕させるものだと位置づけるものである。 本年度では、デジタルキャンパスとフィジカルキャンパスとのシームレスな融合をめざす「成長するキャンパス(Growing Campus)」の理念のもと、利用者主導のユビキタス・ラーニングを支援するサービス指向モデルを提案し、さらに、実証環境システムのプロトタイプとして、ユビキタス・パーソナル・スタディ(Ubiquitous Personal Study、略してUPS)というメタファーを提案している。UPSは、個人のためにすべての情報・情報アクセスを一括管理・組織化するとともに、個人ポータルとして情報のアクセス共有活用を支援する統合環境を提供するものであり、一種の個人化されたデジタル仮想書斎である。個々に分散したUPS はさらにクロースSNS(Cross Social Networking Service、略してXSNS)を通して相互連結により友人関係を確立し、情報共有、情報推薦、友人推薦などの機能を提供する基盤プラットフォームとなる。UPSは、WEBサービスのマッシュアップによるシステムの試作を行い、実験評価を進めている。

人間中心のユニバーサル・ユビキタス情報アクセス共有活用支援環境の構築

2007年度共同研究者:シュティフ ロマン

研究成果概要: 情報通信技術(ICT)の急速な進歩に伴い、何時でも何処でも誰でも使えるユビキタスネットワーク社会のインフラが整いつつある。このような社会であらゆる人がICTの恩恵を実感でき、安心して快適で便利な生活をしていくためには、誰もが時間... 情報通信技術(ICT)の急速な進歩に伴い、何時でも何処でも誰でも使えるユビキタスネットワーク社会のインフラが整いつつある。このような社会であらゆる人がICTの恩恵を実感でき、安心して快適で便利な生活をしていくためには、誰もが時間的、空間的、身体的制約、知識、言語の壁を超えて、手軽に使いこなせる情報環境やユーザーインターフェースが必要不可欠である。本研究では、ユビキタス環境において、ライフタイムにわたる情報アクセス共有活用のあり方について検討し、それを支援するシステムを実現するための主な問題と課題を明らかにし、人間を中心に据えたアプローチと関連技術を研究開発し、ロングタームにわたるユビキタス情報アクセス・マネジメント・共有活用支援環境を構築し、実証実験を行うことを目指している。 本年度では、まず、共有・共同利用を念頭に、ロングタームにわたるユニバーサル・ユビキタス情報アクセス共有活用支援環境を実現するために、利用者の利便性とシステムの柔軟性やスケーラビリティの両立を可能とする人間中心のサービス指向アプローチについてサーベイや研究調査を行った。また、利用者の情報アクセス行動を推定する逐次適応モデルなどを提案し、人間の情報行動をモデル化するとともに、情報探索・推薦、情報アクセス・一括管理、共有活用を支援するプロトタイプシステムとして、BESS(Better Search and Sharing、「よりよい検索・共有」)やUPS(Ubiquitous Personal Study、「ユビキタス・パーソナル・スタディ」)、モバイル検索のためのスクロールなしのインタフェースなどを研究開発し、実験評価を行っている。

何時でも何処でも手軽に使える利用者主導のサービス指向学習支援環境の構築と実証実験

2008年度共同研究者:シュティフ ロマン

研究成果概要: 近年、所謂Web 2.0が声高に叫ばれ、Webサービスをはじめとするサービス・コンピューティングの研究が盛んに行われている。本研究では、人間がテクノロジに迎合するのではなく、テクノロジが人間に適合するという「人間中心」の理念に基... 近年、所謂Web 2.0が声高に叫ばれ、Webサービスをはじめとするサービス・コンピューティングの研究が盛んに行われている。本研究では、人間がテクノロジに迎合するのではなく、テクノロジが人間に適合するという「人間中心」の理念に基づき、サービス・コンピューティング技術を利用して、何時でも何処でも手軽に使える利用者主導のサービス指向学習支援環境を提案し、その基盤モデルを構築するとともに、初歩的な実証実験を行うものである。 これまで、個人の情報アクセスとコンテンツ共有を統合管理するメタファーとしてUPS (Ubiquitous Personal Study、ユビキタス個人書斎)およびそれを支援するためのフレームワークを提案している。本年度では、さらに、ユーザプロファイリングやコンテキストアウェアネス技術を活用し、システムが利用者に適合するメカニズムの開発および、Webサービスのマッシュアップによるプロトタイプシステムの試作を行っている。また、利用者のさまざまな情報探索行動からユーザコンテキストをキャプチャーすることにより動的ユーザモデルを構築し、それに基づき、人間のニーズにより適合した、何時でも何処でも手軽に使える利用者主導のサービスを提供するFlowable Service Modelを提案し、関連の研究成果をまとめた研究論文を発表している。

クラウド環境における適応型学習統合支援メカニズムの開発と実証実験システムの構築

2011年度

研究成果概要: 近年、ソーシャルコンピューティングやライフログが声高に叫ばれ、クラウドサービスをはじめとするサービス・コンピューティングの研究や利活用が盛んに行われている。その一方、情報通信技術を活用したe-ラーニングは、何時でも何処でも求めら... 近年、ソーシャルコンピューティングやライフログが声高に叫ばれ、クラウドサービスをはじめとするサービス・コンピューティングの研究や利活用が盛んに行われている。その一方、情報通信技術を活用したe-ラーニングは、何時でも何処でも求められる教育が手に入る技術として、研究開発が盛んに行われ、広く活用されている。クラウドサービスを利用した教育・学習資源とデジタルコンテンツの共有活用は、高等教育機関のみならず、社会人を対象とする職業訓練や特殊技能の習得、在職研修など企業や一般社会でも可能となり、持続発展可能な生涯学習社会の実現に向けて重要な意味をもつと考えられる。しかし、従来の多くのe-ラーニング支援システムは、先進な技術を利用した高度な機能の取り入れに重点を置く一方、各学習者のバックグランドや学習能力、現在の学習環境など個人的な特性といった人間的な側面はあまり考慮されていない。学習者は与えられたシステムと機能しか利用できなく、受動的に進めざるを得なかった。 そこで、本研究では、「ユーザ中心」の理念に基づき、クラウド環境における利用者の情報アクセス行動や学習活動を解析して、それに基づくラーニングオブジェクトのネットワークモデルを構築するとともに、利用者のニーズに適合した学習コンテンツをサービスとして提供する利用者主導の適応型学習統合支援システムを提案し、プロトタイプシステムを構築し、評価実験を行う。本年度では、 ・利用者の情報アクセス行動や学習活動をソーシャルネットワーク分析手法によりマイニングし、ラーニングオブジェクトの内側の属性と他のラーニングオブジェクトとの関連性や利用者の関係やソーシャル的な要素を複合的に考慮したネットワークモデルを提案している。 ・ソーシャルメディアから続々と大量に生成された構造化されていないデータに対応するため、これまで提案してきたユビキタス・パーソナル・スタディ(Ubiquitous Personal Study、略してUPS)を拡張し、ソーシャライズドUPS(Socialized Ubiquitous Personal Study、略してS- UPS)フレームワークを提案し、クラウド環境をベースにした試作システムを構築している。 ・マイクロブロックサービスとS- UPS試作システムを統合し、ブレンディッドラーニング支援環境として実験的に試用し、実験評価を行っている。 ・関連の研究成果をまとめた研究論文を発表している。

利用者と情報環境の統合モデリングによる適用型学習支援メカニズムの研究開発

2012年度

研究成果概要: 本研究では、「ユーザ中心」の理念に基づき、クラウド環境における利用者の情報アクセス行動や学習活動を解析し、利用者と情報環境の状況やコンテキストを考慮した統合モデリング手法を提案し、基盤モデルを構築するとともに、利用者のニーズに適... 本研究では、「ユーザ中心」の理念に基づき、クラウド環境における利用者の情報アクセス行動や学習活動を解析し、利用者と情報環境の状況やコンテキストを考慮した統合モデリング手法を提案し、基盤モデルを構築するとともに、利用者のニーズに適合した利用者主導の適応型学習支援メカニズムおよび関連のアルゴリズムを研究開発する。本年度では、・クラウド環境における利用者の情報アクセス行動や学習活動を解析し、利用者と情報環境の状況やコンテキストを考慮した統合モデリングを実現するための統合情報環境のフレームワークを提案し、それに基づき、利用者の利便性とシステムの柔軟性を両立させるスケーラブルなサービス指向でありながら、ユーザモデルに基づく個人に適応する学習統合支援環境の基盤モデルを構築している。・利用者の情報アクセス行動または学習活動からユーザコンテキストをキャプチャーし、ユーザモデルを動的に作成する手法を提案している。・これまで提案している利用者とシステムのインタラクションに基づく逐次適応モデルと、新たに開発した挙動解析に基づく最適化プロセス推薦モデルを統合し、それに基づく目的駆動型学習プロセスナビゲーションシステムを構築している。・利用者の個性を重視しながら利用者間の共通性をも考慮し、利用者の興味とニーズや情報アクセスの変化などを適時に検知するアルゴリズムや、利用者の情報アクセス挙動をパターン化し、挙動パターンの類似度によって過去の成功した学習プロセスを抽出するアルゴリズムを考案し、目標学習者にとって最適化された学習プロセスを推薦する仕組みを開発し、適応型個人化学習サービスとして提供するプロトタイプシステムを構築し、実験的な評価を行っている。・TwitterやFacebookといったソーシャルメディアにおける大量に生成された非構造化ストリームデータ(ソーシャルストリーム)を有機的・効果的な利用が可能な知識情報コンテンツとして組織化するためのアルゴリズムを開発し、プロトタイプシステムを構築し、実験的な評価を行っている。・関連の研究成果をまとめた研究論文を発表している。

適応型ラーニングサービスを提供するための統合ユーザモデルと基盤メカニズムの研究

2013年度共同研究者:周 暁康

研究成果概要:本研究では、ソーシャルネットワーキング環境における利用者の情報アクセス行動履歴やログデータなどを解析し、利用者と情報環境両方の複合要素を考慮したユニファイドユーザモデリング手法を提案し、統合ユーザモデルを構築するとともに、適応型ラ...本研究では、ソーシャルネットワーキング環境における利用者の情報アクセス行動履歴やログデータなどを解析し、利用者と情報環境両方の複合要素を考慮したユニファイドユーザモデリング手法を提案し、統合ユーザモデルを構築するとともに、適応型ラーニングサービスを提供するための基盤メカニズムおよび関連アルゴリズムを研究開発する。本年度では、・これまで提案している「進化する統合情報環境の基盤モデル」をベースに、ライフログのような個人ビッグデータを利活用するためのモデル改善と拡張を行い、データ整合、情報融合、再利用可能な知識化を行うとともに、個人ビッグデータに基づくアプリケーションに依存しないユニバーサルユーザモデルを構築する手法を提案している。・TwitterのようなSNS環境における利用者のメッセージやり取りやフォロー関係などから社会的役割と関係ネットワークを推定し、利用者参加型の情報検索・推薦メカニズムを考案するとともに、社会的役割に関わるさまざまな属性やSNS環境および実世界におけるさまざまな状況とコンテキストを総合的に考慮し、マッピングをすることにより社会的役割の特定を図り、基本モデルの構築及び必要なアルゴリズムの開発を行っている。・これまで提案しているDynamical Socialized User Networkingモデルに基づいて、ソーシャルネットワーキング環境における利用者の多次元属性データを解析することによる動的ユーザプロファイリング手法を提案し、中心性指数をベースにした複数のメジャーを新たに定義し導入することによって、ソーシャルネットワーキングにおける利用者個人の重要度と貢献度の定量化を図り、実験データを用いた実験評価を行っている。・ソーシャルネットワーキング環境における利用者のニーズに適合したデータの集約と整合を実現するため、これまで提案しているOrganic Streamsメタファーの改善と拡張を行い、Twitterから取得したデータを用いた評価実験を行っている。また、Eye-Trackingを用いたソーシャルメディアにおける閲覧パターン抽出法を考案し、評価実験を行った。・タスク指向ラーニングプロセスにおけるアクションパタンを発見するアルゴリズムを考案し、ゴール駆動ラーニンググループの動的構成及びそれに基づく適応型ラーニングコンテンツの推薦サービスを実現するためのメカニズムを開発し、プロトタイプシステムを用いて実験評価を行っている。・関連の研究成果をまとめた研究論文を発表している。

個人ビッグデータの持続的活用を実現するための基盤モデルとメカニズムの研究開発

2014年度

研究成果概要:本研究では、個人に関わる日々の情報行動や情報アクセス履歴を記録するライフログをパーソナルデータと呼び、長期間にわたり蓄積されたパーソナルデータを一種の個人ビッグデータととらえる。このような個人ビッグデータを持続的、効果的に活用する...本研究では、個人に関わる日々の情報行動や情報アクセス履歴を記録するライフログをパーソナルデータと呼び、長期間にわたり蓄積されたパーソナルデータを一種の個人ビッグデータととらえる。このような個人ビッグデータを持続的、効果的に活用するための基盤モデルを提案し、多種多様なデータを集約し、組織化するメカニズムおよび、個人化サービスを提供するためのユニファイド・インディビジュアル・モデリング手法を研究開発している。さらに、SNS環境における動的ユーザプロファイリング、ソーシャルデータ分析によるグループにおける個人の役割の特定、ソーシャルラーニングにおける学習行動分析などへの適用を試みた。

学習プロセスを手助けするためのソーシャルラーニング基盤モデルの構築と実証実験

2015年度

研究成果概要:本研究では、ソーシャルラーニングを、授業や研修、個人の読書、他人との情報共有やインタラクション、日々の生活や社会活動、仕事経験といった知識獲得プロセスを包括的かつ有機的に融合し、一種の拡張されたラーニングプロセスとしてとらえ、基盤...本研究では、ソーシャルラーニングを、授業や研修、個人の読書、他人との情報共有やインタラクション、日々の生活や社会活動、仕事経験といった知識獲得プロセスを包括的かつ有機的に融合し、一種の拡張されたラーニングプロセスとしてとらえ、基盤モデルを構築する。さらに、利用者の情報アクセス履歴や学習活動を含むパーソナルデータを分析・マイニングすることにより、適応型学習支援を可能とする利用者の個人モデルを構築し、ソーシャルラーニングにおける学習プロセスを手助けするための支援メカニズムを開発し、実験的な試作と検証を行っている。

パーソナルデータ分析による個人モデルの構築法

2017年度

研究成果概要: 本研究ではパーソナルビッグデータに基づくパーソナルアナリティックス(PersonalAnalytics)を新たに提案し、個人モデル(IndividualModel)を構築するための動的分割統治法を計算論的な方法論として研究開発す... 本研究ではパーソナルビッグデータに基づくパーソナルアナリティックス(PersonalAnalytics)を新たに提案し、個人モデル(IndividualModel)を構築するための動的分割統治法を計算論的な方法論として研究開発するとともに、実験用データを収集し、検証実験を行い、結果を分析する。本研究は、パーソナルビッグデータの特性を考慮した動的分割統治法をコアに、「分人」という概念を導入した個人中心の統合モデリング手法(UnifiedIndividual Modeling)を新たに提案し確立することを目指すものである。また、本研究で提案している個人モデルは、従来のユーザモデルと違って、特定のシステムに依存しないものであり、それによりシステムをまたがる個別化サービスを提供すことが可能となる。

海外研究活動

研究課題名: 利用者中心のネットワーク情報システムにおけるユーザモデルの研究

2012年03月-2013年03月

機関: 中国計量学院、北京大学、上海大学(中国)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
人間科学概論 01人間科学部2019秋クォーター
人間科学概論 02人間科学部2019秋クォーター
人間情報科学概論人間科学部2019春クォーター
ヒューマンコンピュータインタラクション人間科学部2019秋学期
情報システム入門人間科学部2019春学期
専門ゼミI(情報システム科学)人間科学部2019春学期
専門ゼミII(情報システム科学)人間科学部2019秋学期
人間情報科学概論 01人間科学部(通信教育課程)2019秋クォーター
情報システム入門 01人間科学部(通信教育課程)2019春学期
ネットワーク情報システム学研究指導 A大学院人間科学研究科2019春学期
ネットワーク情報システム学研究指導 B大学院人間科学研究科2019秋学期
ネットワーク情報システム学ゼミ(1) A大学院人間科学研究科2019春学期
ネットワーク情報システム学ゼミ(1) B大学院人間科学研究科2019秋学期
ネットワーク情報システム学ゼミ(2) A大学院人間科学研究科2019春学期
ネットワーク情報システム学ゼミ(2) B大学院人間科学研究科2019秋学期
人間科学研究倫理概論 01大学院人間科学研究科2019集中講義(春学期)
人間科学研究倫理概論 02大学院人間科学研究科2019集中講義(春学期)
ヒューマンコンピュータインタラクション特論大学院人間科学研究科2019秋学期
東洋医学とデータ分析に基づく健康管理大学院人間科学研究科2019夏季集中
eラーニングの未来とeスクールの国際展開大学院人間科学研究科2019夏季集中
ネットワーク情報システム学研究指導(D) A大学院人間科学研究科2019春学期
ネットワーク情報システム学研究指導(D) B大学院人間科学研究科2019秋学期
インターネット科学研究指導(D) A大学院人間科学研究科2019春学期
インターネット科学研究指導(D) B大学院人間科学研究科2019秋学期

Waseda Course Channel配信動画

科目名学部公開年度

教育内容・方法の工夫

知識情報共有の場「KISスクェア 」の開設

2005年04月-

詳細

概要:「KISスクェア (Knowledge Information Sharing Square) 」は、情報交換、ディスカッションや質疑応答の場(ニュースやBBS)、グループで編集可能な知識情報共有ツール(Wiki)、読書感想や勉強日記など個人から情報を発信できるブログ(Blog)などの機能が備えられている。また、講義の内容と関連した文献や論文、技術動向のニュースや記事などを掲載するなど工夫し、オンラインラーニングコミュニティとして活用している。 実施科目:コンピュータシステム入門、プログラミングIとII

招聘講師による特別講義の取り入れ

2005年04月-

詳細

概要:授業の一部に外部招聘講師の講義を設け、全体との調和の中で、専門科目に学生の興味を高める工夫をしている。 実施科目:情報システム入門、データベース、プログラミングII、実験調査研究法(情報システム科学研究法)、演習IとIIr

オンラインコミュニティ「DBスクェア」の開設

2004年10月-2005年03月

詳細

概要:質疑応答・討論や知識情報交換・共有の場として提供し、通学クラスとeSchoolクラスの交流と連携を促進し、学習効果の向上を図った。また、DBスクェアおよびそれを利用した授業支援に関するアンケートを実施した。 実施科目:データベース(通学クラスとeSchool)

オンデマンド講義コンテンツの提供

2004年04月-

詳細

概要:eSchoolのため収録した講義コンテンツを通学クラスの学生に提供し、復習などでの活用を可能にしている。 実施科目:情報システム入門、データベース

授業支援Webサイトの開設

2003年04月-

詳細

概要:シラバス、PPTなどの配布資料などを提供している。 実施科目:コンピュータシステム入門、プログラミングIとII、情報システム入門(通学クラスとeSchool)、データベース(通学クラスとeSchool)、実験調査研究法(情報システム科学研究法)(通学クラスとeSchool)、演習IとII(通学クラスとeSchool)

作成した教科書・教材・参考書

国際共同研究の成果の一部としての教科書作成と出版

1999年10月

詳細

概要:欧米やアジアの15大学の研究者が中心となるMacro University Consortiumが1999年春に結成し、仮想大学に関する国際共同研究を行っている。そのうち、「成長するブック (Growing Book)」プロジェクトの一部として、仮想大学で利用できる柔軟性のある教材(「データ構造とアルゴリズム (Data Structures and Algorithms)」)の作成を、参加するメンバーが分担して(金が第9章ソーティング、28ページを担当)、2001年より着手した。World Scient