氏名

カネコ タカオ

金子 孝夫

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0129960/)

所属

(人間科学部)

連絡先

URL等

WebページURL

http://www.f.waseda.jp/kane/sp/(金子研究室のWebサイト 「ニュース/教員/授業/ゼミ/メンバー」)

研究者番号
60386646

本属以外の学内所属

兼担

人間科学学術院(大学院人間科学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学歴・学位

学位

博士(工学) 論文 広島大学 電子デバイス・電子機器

経歴

-2004年03月NTTサイバースペース研究所研究グループリーダー
2004年04月-早稲田大学人間科学学術院教授

所属学協会

電子情報通信学会

研究分野

キーワード

情報コミュニケーション科学

論文

Use of cell phone by senior users compared to young users

橋爪 絢子 , 黒須 正明 , 金子 孝夫

総合研究大学院大学 人工物発達研究2009年-

The choice of communication media and the use of mobile phone among senior users and young users

橋爪 絢子 , 黒須 正明 , 金子 孝夫

総合研究大学院大学 人工物発達研究2009年-

高齢者の携帯電話リテラシーに関する地域差の分析

橋爪 絢子 , 黒須 正明 , 金子 孝夫

人間中心設計推進機構 人間中心設計推進機構誌2008年-

IPネットワーク経由で配信される音響信号のための同期再生技術

徳元,池戸,金子,片岡

信学論 (D-Ⅱ)2004年09月-

Design of a Robust LSP Quantizer for a High-Quality 4-kbit/s CELP Speech Coder

Y, Hiwasaki, K. Mano, K. Yasunaga, T. Morii, H. Ehara, K. Yoshida, and T. Kaneko

IEICE Trans. Inf. & Syst.2004年06月-

Noise Post-Processing for Low Bit-Rate CELP Coders

H. Ehara, K. Yasunaga, K. Yoshida, Y, Hiwasaki, K. Mano, and T. Kaneko

IEICE Trans. Inf. & Syst.2004年06月-

ITU-T G.729音声符号化方式拡張のための品質評価

栗原,片岡, 林, 金子

信学論 (D-Ⅱ)2004年02月-

An LPC Vocoder Based on Phase-Equalized Pitch Waveform

Y. Hiwasaki, K. Mano, and T. Kaneko

Speech Communication2003年-

Lossless Scalable Audio Coding and Quality Enhancement

T. Moriya, A. Jin, T. Mori, K. Ikeda, and T. Kaneko

IEICE Trans. Inf. & Syst.2003年03月-

A Real-time IMT-2000 Audio Transmission System

T. Mori, T. Kaneko, T. Moriya, and K. Ikeda

IEEE Trans. on Consumer Electronics2001年11月-

A Remote Auscultation Support System Using Network

T. Kaneko, T. Moriya, and N. Iwakami

IEICE Trans. Inf. & Syst.2001年08月-

IMT-2000用リアルタイム音楽配信システムの構築

森,金子, 岩上, 守谷, 池田

信学論 (D-Ⅱ)2000年11月-

低ビットレート楽音符号化技術によるネットワーク放送システム

金子, 三樹, 守谷, 岩

信学論 (D-Ⅱ)2000年11月-

高品質音声圧縮技術を用いた視覚障害者のための朗読配信システム

金子, 大室, 間野

信学論 (D-I)J83-D-I(11)p.1196 - 12082000年11月-

Card-Sized Portable Audio Player Using High Quality Audio Coding Technology TwinVQ

T. Takahashi, T. Morita, T. Shimoda, T. Kaneko, and T. Moriya

IEEE Trans. on Consumer Electronics46(3)p.907 - 9132000年08月-

Analog Standard Cells for A-D and D-A Converters with Δ-Σ Modulators

T. Kaneko

IEICE Trans. FundamentalsE83-A(2)p.252 - 2602000年02月-

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
人間科学概論 01人間科学部2019秋クォーター
人間科学概論 02人間科学部2019秋クォーター
マルチメディア 人間科学部2019春学期
情報コミュニケーション科学人間科学部2019秋学期
専門ゼミI(情報コミュニケーション科学)人間科学部2019春学期
専門ゼミII(情報コミュニケーション科学)人間科学部2019秋学期
情報通信ネットワーク 01人間科学部(通信教育課程)2019秋学期
情報通信ネットワーク 02人間科学部(通信教育課程)2019秋学期
マルチメディア 01人間科学部(通信教育課程)2019春学期
マルチメディア 02人間科学部(通信教育課程)2019春学期
情報コミュニケーション科学研究指導 A大学院人間科学研究科2019春学期
情報コミュニケーション科学研究指導 B大学院人間科学研究科2019秋学期
情報コミュニケーション科学ゼミ(1) A大学院人間科学研究科2019春学期
情報コミュニケーション科学ゼミ(1) B大学院人間科学研究科2019秋学期
情報コミュニケーション科学ゼミ(2) A大学院人間科学研究科2019春学期
情報コミュニケーション科学ゼミ(2) B大学院人間科学研究科2019秋学期
マルチメディア特論大学院人間科学研究科2019秋学期
情報コミュニケーション科学研究指導(D) A大学院人間科学研究科2019春学期
情報コミュニケーション科学研究指導(D) B大学院人間科学研究科2019秋学期

Waseda Course Channel配信動画

科目名学部公開年度

教育内容・方法の工夫

通信教育課程を担当

2005年04月-

作成した教科書・教材・参考書

大学では教えてくれない大切なこと(電子教科書)

2017年01月

キャリア・デザイン(電子教科書)

2015年04月

卒業研究(電子教科書)

2013年04月

マルチメディア(電子教科書)

2010年04月

情報通信ネットワーク(電子教科書)

2010年04月

マルチメディア(eスクールコンテンツ)

2005年04月