氏名

イノウエ タツヒコ

井上 達彦

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0191013/)

所属

(商学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
t-inoue@waseda.jp

URL等

WebページURL

http://www.waseda.jp/sem-inoue/(早稲田大学商学部井上研究室)

研究者番号
40296281

本属以外の学内所属

兼担

商学学術院(大学院商学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

アジア・サービス・ビジネス研究所

研究所員 2010年-

商学学術院総合研究所

運営委員 2010年-2012年

アジア・サービス・ビジネス研究所

研究所員 2015年-

イノベーション研究所

研究所員 2018年-

学歴・学位

学歴

-1992年 横浜国立大学 経営学部 会計
-1997年 神戸大学大学院 経営学研究科 日本企業経営

学位

博士(経営学) 課程 神戸大学 経営学

経歴

駿河台大学経済学部講師
大阪経済大学経営学部講師
広島大学大学院社会科学研究科(マネジメント専攻)助教授
早稲田大学商学部・商学研究科助教授

所属学協会

Academy of Management

組織学会

日本経営学会

経営情報学会

受賞

経営情報学会論文賞

2003年

研究分野

キーワード

競争戦略(共創的競争論含む)、ビジネスシステム(ビジネスモデル、ビジネス・エコシステム含む)、経営組織

科研費分類

社会科学 / 経営学 / 経営学

社会科学 / 社会学 / 社会学

研究テーマ履歴

ビジネスシステム

個人研究

ビジネス・エコシステム

個人研究

論文

「日本企業のイモベーション」

井上達彦・オーデッド・シェンカー

オーデッド・シェンカー著、井上達彦監訳『コピーキャットー模倣者こそがイノベーションを起こす』東洋経済新報社所収、特別寄稿論文2013年02月-

「イノベーション創出に向けた『縁結び』と『絆の深化』:音楽産業の価値創造ネットワーク」

井上達彦・永山晋

『RIETIディスカッションペーパー』(経済産業研究所)12-J-035, pp.1-60p.1 - 602012年11月-

「ビジネスモデル発想の仕組み構築」

井上達彦

『日本情報経営学会』Vol.33, No.2, pp.4-13.p.4 - 132012年11月-

「イノベーションは模倣から生まれる」

井上達彦

『DIAMONDハーバードビジネスレビュー』2012年08月-

“Strategic Types and Performance of Niche-Firms within Business Ecosystems: A Study of the Japanese Video Game Industry,”

Inoue, Tatsuhiko and Nagayama, Susumu

Waseda Business & Economics StudiesVol.47p.1 - 172012年03月-

「ビジネス・エコシステムにおけるニッチの行動とハブの戦略—家庭用ゲーム業界における複眼的分析」

井上達彦・真木圭亮・永山晋

『組織科学』第44巻4号p.67 - 822011年06月-

顧客コミュニティにおける社会関係しほんの構築—浦和レッズの公式サポーターズ・クラブの組織化原理—

井上達彦

早稲田商学(416)p.1 - 482008年06月-

ビジネスシステムの新しい視点

井上達彦

早稲田商学(415)2008年03月-

事業システムのP-VAR分析—不完備な収益原理を超えて—

井上達彦

早稲田大学大学院商学研究科紀要(62)p.1 - 202006年03月-

「EDIインターフェイスと企業間取引形態の相互依存性」『組織科学』

井上達彦

『組織科学』36巻(3号)2003年-

「情報化と企業間取引モードの変化」

井上達彦

『経営情報学会』11巻(2号)2002年-

スピードアップとアンチ・スピードアップの戦略的統合に向けて−(株)ワールドにおける情報化と製品開発システムの革新−

井上達彦

国民経済雑誌184(1)p.35 - 522001年07月-

Paradoxies of Inforation Revolution: A case study of Seven-Eleven Japan

Tatsuhiko INOUE

Monograph, Graduate School of Business Administration KOBE University(9504)

書籍等出版物

コピーキャットー模倣者こそがイノベーションを引き起こす

オーデッド・シェンカー(著)、井上達彦(監訳)、遠藤真美(翻訳)

東洋経済新報社2013年 02月-

模倣の経営学ー偉大なる会社はマネから生まれる

井上達彦

日経BP社2012年 03月-

キャリアで語る経営組織ー個人の論理と組織の論理

稲葉祐之・井上達彦・鈴木竜太・山下勝

有斐閣2010年 05月-

収益エンジンの論理—技術を収益化する仕組みづくり—

井上達彦編著

白桃書房2006年 11月-

『日本企業の戦略インフラの変貌』

加護野忠男・坂下昭宣・井上達彦

白桃書房2004年 05月-

『事業システム論—事業の仕組みと競争優位』

加護野忠男・井上達彦

有斐閣2004年-

情報技術と事業システムの進化

井上達彦

白桃書房1998年-

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

相互模倣によるイノベーションの創出

2015年-0月-2019年-0月

配分額:¥4550000

研究種別:

日米コンテンツ事業のビジネス・エコシステムの比較研究

2011年-0月-2015年-0月

配分額:¥5070000

研究種別:

日本酒産業における伝統的事業システムの叡智

配分額:¥3200000

研究種別:基盤研究(B)

ビジネスモデル概念の批判的発展-日本発モデルの発見と再構築

2004年-2007年

研究分野:経営学

配分額:¥15680000

研究種別:

情報化による製品開発のスピードアップのメカニズムの解明

配分額:¥3500000

学内研究制度

特定課題研究

ビジネスシステムにおける価値共創の研究

2010年度

研究成果概要: 本研究の目的は、ビジネス生態系(エコシステム)を構成するニッチ企業が、プラットフォームとしてのハブ企業とどのような関係をもつことによって繁栄しうるのか。逆に、エコシステムの中心に位置するハブ企業は、どのようなニッチ企業に取り囲ま... 本研究の目的は、ビジネス生態系(エコシステム)を構成するニッチ企業が、プラットフォームとしてのハブ企業とどのような関係をもつことによって繁栄しうるのか。逆に、エコシステムの中心に位置するハブ企業は、どのようなニッチ企業に取り囲まれ、ニッチのどのような行動を促せば、エコシステム全体の健全性を高め、自らの利益も伸ばすことができるのかについてパイロット調査を行うことである。先行研究についての概観を行い、将来の実証調査に向けたデータの収集を行った結果、下記の二点を明らかにできた。これによって、今後の研究課題が明らかになり、より魅力的なリサーチプロポーザルを行う基礎が整ったと考えられる。 まず、先行研究のレビューから、エコシステムは、それを構成するプラットフォームとしてのハブ企業とニッチ企業の双方の視点を含みうる分析視角であることがわかった。現状ではプラットフォーム視点の研究がほとんどであるが、今後は、複眼的な分析視角として発展させるべきだという見解にいたった。複眼視角に基づく共創の考え方では、企業の発展は、利益を奪い合う他社との競争やパートナー企業からの利益の搾取からもたらされるとは考えられるべきではない。むしろ、顧客との価値共創造や他社との競争的協調行動(棲み分けなども含む)を通じたエコシステムの拡大、ならびにニッチとしての中小企業の繁栄によって、利益の拡大が実現すると考えられるべきである。 言い換えれば、ある企業がプラットフォームになれるのは、それが有能なニッチに取り囲まれているからなのである。それゆえ、大企業視点で言えば、ニッチのどのような振る舞いを促せばキーストーン(エコシステムを活性化させるハブ企業)になれるのかが関心事となる。逆に、ニッチ視点で言えば、ニッチ企業として、どのような振る舞いが自らの利得に結びつき、ひいてはエコシステム全体を繁栄させられるのかを自覚すべきということになる。 次に、実証可能性について調査検討したところ、社会ネットワーク分析を援用した方法が有用であることが明らかになった。IT系のソフト産業やコンテンツ産業において、データ収集の可能性を確認し、パイロット的な小規模データベースを構築した。また、パイロット的なヒアリング調査も行うことができたので、今後、この研究についてより魅力的なリサーチプロポーザルを提示する基礎が整ったと考えられる。

海外研究活動

研究課題名: 日米コンテンツ業界のビジネス・エコシステムの比較研究

2012年03月-2014年03月

機関: ペンシルバニア大学(アメリカ)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
経営組織論 1商学部2019春学期
ビジネスモデル・デザイン 1商学部2019春学期
実践・起業インターン(REAL) II 1商学部2019春学期
実践・起業インターン(REAL) I 1商学部2019秋学期
ビジネスアイデア・デザイン(BID) 1商学部2019春クォーター
起業の技術(12 Essentials) 1商学部2019夏クォーター
起業家養成講座II 1商学部2019秋学期
ビジネスモデルと競争戦略IA商学部2019春学期
ビジネスモデルと競争戦略IB商学部2019秋学期
ビジネスモデルと競争戦略IIA商学部2019春学期
ビジネスモデルと競争戦略IIB商学部2019秋学期
ビジネスモデル・デザイン 大学院商学研究科2019春学期
ビジネスモデルと競争戦略演習大学院商学研究科2019春学期
ビジネスモデルと競争戦略演習大学院商学研究科2019秋学期
ビジネスモデルと競争戦略研究指導 (M)大学院商学研究科2019春学期
ビジネスモデルと競争戦略研究指導 (M)大学院商学研究科2019秋学期
ビジネスモデルと競争戦略研究指導 (D)大学院商学研究科2019春学期
ビジネスモデルと競争戦略研究指導 (D)大学院商学研究科2019秋学期
ビジネス・プロフェッション(企業) α(学部生用)グローバルエデュケーションセンター2019春クォーター
ビジネス・プロフェッション(企業) β(学部生用)グローバルエデュケーションセンター2019夏クォーター
ビジネス・プロフェッション(企業) γ(学部生用)グローバルエデュケーションセンター2019秋クォーター
ビジネス・プロフェッション(企業) δ(学部生用)グローバルエデュケーションセンター2019冬クォーター
ビジネス・プロフェッション(企業) αグローバルエデュケーションセンター2019春クォーター
ビジネス・プロフェッション(企業) βグローバルエデュケーションセンター2019夏クォーター
起業の技術(12 Essentials)グローバルエデュケーションセンター2019夏クォーター
実践・起業インターン(REAL) Iグローバルエデュケーションセンター2019秋学期
実践・起業インターン(REAL) IIグローバルエデュケーションセンター2019春学期
ビジネス・プロフェッション(企業) γグローバルエデュケーションセンター2019秋クォーター
ビジネス・プロフェッション(企業) δグローバルエデュケーションセンター2019冬クォーター
ビジネスモデル・デザイングローバルエデュケーションセンター2019春学期
ビジネスアイデア・デザイン(BID)グローバルエデュケーションセンター2019春クォーター

Waseda Course Channel配信動画

科目名学部公開年度

教育内容・方法の工夫

受講生による主体的教材作成と授業運営

2003年04月-

詳細

概要:少人数の授業において、受講生が一定の時間(講義の2分の1)を受け持って、授業を運営するという形態。視点をかえることによって、発表グループの内容への理解が深まる。また、発表グループ以外の受講生も、高い関心を持って、同じ受講生の作成した教材をベースに討論などを行うことができる。

ヤフーe-groupを用いた報告書作成

2003年04月-

詳細

概要:グループ報告書を作成するために必要な資料を、Web上にプールし、共同作業の支援基盤をWeb上に構築した。

社会人大学院生との教材の共同開発

2003年10月-

詳細

概要:社会人大学院生の修士論文で取り上げる企業についてインタビュー調査を行い、大学院生が「ケース」教材を作成し、その解説資料をインタビューに同行した教官が作成する。実務的な視点と学術的な視点を、それぞれ生かして融合させるという狙いがある。

ブレインストーミングの手法を取り入れた新規事業提案

2004年10月-

詳細

概要:くらたまなぶ氏のヒアリングとブレインストーミングの手法を用いて、新規事業のコンセプトを策定し、学術的な調査によって必要事項を裏付けて企画書を提案するという授業形態をゼミなどの少人数教育で行った。