氏名

オイカワ コウキ

及川 浩希

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0144715/)

所属

(社会科学部)

連絡先

URL等

WebページURL

http://oikawa.koki.googlepages.com/

研究者番号
90468728

本属以外の学内所属

兼担

社会科学総合学術院(大学院社会科学研究科)

学内研究所等

イノベーション研究所

研究所員 2018年-

学歴・学位

学歴

-2007年 New York University 経済学

所属学協会

Econometric Society

American Economic Association

日本経済学会

研究分野

キーワード

マクロ経済学、経済成長、技術進歩、企業動学、社会的学習論

科研費分類

社会科学 / 経済学 / 理論経済学

論文

Tolerance and Herd Behavior: Sophistication of Ideas under Payoff Complementarity

Koki Oikawa

Journal of Public Economic Theory2011年-

Uncertainty-driven Growth

Koki Oikawa

Journal of Economic Dynamics and Control2010年-

Acceleration Effect of Uncertainty on Technological Diffusion

Koki Oikawa

Economics Letters2008年-

Final Goods Substitutability and Economic Growth

Koki Oikawa

Economics Bulletin2007年-

Cyclical behavior of firm-level volatility: An explanation for the contrast between the United States and Japan

Oikawa, Koki

Journal of Macroeconomics38(PB)p.452 - 4642013年12月-2013年12月 

DOIScopus

詳細

ISSN:01640704

概要:This study examines the cyclical behaviors of firm-level volatility, measured by real sales growth. Japanese firm-level data show that their volatility is countercyclical, whereas it is procyclical among the United States firms reported in a previous study. We formulate a theoretical model that accounts for these opposing behaviors over the business cycles. The key driving factor behind the relationship is the bankruptcy cost structure, more specifically, the relative magnitude of the fixed and marginal costs of bankruptcy. The fixed bankruptcy cost operates as an entry barrier and the marginal bankruptcy cost operates as an additional cost of hiring. These distinct impacts affect the type of firms entering/exiting the market over the business cycle. We also examine the welfare and policy implications of the model by comparing the structures of bankruptcy costs in terms of efficiency. © 2013 Elsevier Inc.

R&D in clean technology: A project choice model with learning

Oikawa, Koki; Managi, Shunsuke

Journal of Economic Behavior and Organization117p.175 - 1952015年09月-2015年09月 

DOIScopus

詳細

ISSN:01672681

概要:© 2015 Elsevier B.V. In this study, we investigate the qualitative and quantitative effects of an R&D subsidy for a clean technology and a Pigouvian tax on a dirty technology on environmental R&D when it is uncertain how long the research takes to complete. The model is formulated as an optimal stopping problem, in which the number of successes required to complete the R&D project is finite and learning about the probability of success is incorporated. We show that the optimal R&D subsidy with the consideration of learning is higher than that without it. We also find that an R&D subsidy performs better than a Pigouvian tax unless suppliers have sufficient incentives to continue cost-reduction efforts after the new technology successfully replaces the old one. Moreover, by using a two-project model, we show that a uniform subsidy is better than a selective subsidy.

A microfoundation for stochastic frontier analysis

Oikawa, Koki

Economics Letters139p.15 - 172016年02月-2016年02月 

DOIScopus

詳細

ISSN:01651765

概要:© 2015 Elsevier B.V. This paper provides a microfoundation for distributions of technical inefficiency in parametric stochastic production frontier analysis. It shows that dial-setting technology à la Jovanovic and Nyarko (1996) implies a gamma distribution with a specific set of parameters that depends on a manager's experience or his/her prediction ability.

The optimal inflation rate under Schumpeterian growth

Oikawa, Koki; Ueda, Kozo

Journal of Monetary Economics査読有り100p.114 - 1252018年12月-

DOI

Inter-firm Technological Proximity and Knowledge Spillovers

Public Policy Review査読有り招待有り13(3)p.305 - 3242017年11月-

link

Short- and long-run tradeoff of monetary easing

Koki Oikawa; Kozo Ueda

Journal of the Japanese and International Economies査読有り52p.189 - 2002019年06月-2019年06月 

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

企業規模の分布と経済成長

2013年-0月-2016年-0月

配分額:¥3770000

研究種別:

企業ボラティリティと景気変動

2011年-0月-2013年-0月

配分額:¥1690000

研究種別:

企業レベルの不確実性とマクロ経済成長

配分額:¥1690000

研究種別:

太平洋島嶼国の貨幣と市場制度の生成と発展に関する研究:理論と実験

2018年-0月-2023年-0月

配分額:¥43810000

研究種別:

企業の異質性を伴う内生成長理論による長期停滞の構造分析

2017年-0月-2021年-0月

配分額:¥3770000

学内研究制度

特定課題研究

エージェント・ベース・モデルによるイノベーション政策分析

2018年度

研究成果概要: マクロ的な経済成長を維持するには、持続的な技術進歩が不可欠である。本研究は、仮想的な技術空間における企業の戦略的立地と、イノベーション成果の関係に基づいて、ミクロ・マクロ両面から見て望ましイノベーション政策のあり方を探る試みであ... マクロ的な経済成長を維持するには、持続的な技術進歩が不可欠である。本研究は、仮想的な技術空間における企業の戦略的立地と、イノベーション成果の関係に基づいて、ミクロ・マクロ両面から見て望ましイノベーション政策のあり方を探る試みである。 研究の第一段階では、企業が取得した特許データから抽出した企業間の技術的な距離を用いて、実際の技術空間上の企業立地の変化を追跡した。データから推計された移動距離や、移動先における企業集積状況など、立地が変化した時の特徴と、その後の各企業の特許申請状況を観察した。 研究の第二段階では、企業の技術立地モデルを作ってシミュレーションを行った。このモデルが有用であるのは、政策等の変化が引き起こす企業の技術的立地の内生的な変化を明示的に考慮した上で、影響を把握できる点にある。論文では、移動距離等の基本的な特性をモデルが再現できることを示した上で、特許保護を政策的に強めることで技術的距離が全体的に広がるように立地の変化が生じ、結果として特許保護のイノベーション促進効果を抑制することを示した。

環境技術研究開発:学習過程を伴うプロジェクト選択モデルによる分析

2013年度

研究成果概要: 本研究では、研究開発補助金等の政策によってインセンティブを追加された民間の研究開発主体の行動分析を行った。科学技術開発のプロジェクトは最終的な成果が出るまでに時間がかかる場合が多く、また、研究開発の緒に就いた段階では、必ずしも先... 本研究では、研究開発補助金等の政策によってインセンティブを追加された民間の研究開発主体の行動分析を行った。科学技術開発のプロジェクトは最終的な成果が出るまでに時間がかかる場合が多く、また、研究開発の緒に就いた段階では、必ずしも先の見通しは明確でない。この性質を分析に取り込むため、研究開発を進めながら、同時にプロジェクトの質の評価を行い、最適なプロジェクトを模索しながら開発を進める研究開発主体を想定した。 研究開発主体の意思決定をモデル化するにあたり、ベイズ推定による、プロジェクトの性質についてのビリーフ更新を伴う最適停止理論を用い、新規技術の完成というゴールが設定されているところに特徴を持たせた。複数の研究プロジェクトが存在するケースにも容易に拡張できるが、アームド・バンディッドの枠組から逸れるため、計算量の負荷が増大しがちであり、その点は今後の課題といえる(現状では、2種類のプロジェクトを選べる状況を分析している)。いずれにしてもこうした理論化によって、環境汚染技術の負の外部性だけでなく、研究開発主体自身が、現在進めているプロジェクトがどの程度有望であるかを合理的に精査し、より良いプロジェクトを選択していく学習プロセスを、明示的に分析の俎上に載せられるところに本研究の貢献がある。さらに、理論を定量分析に繋げる試みとして、電気自動車の開発過程のデータを用いてモデルのパラメータを設定し、シミュレーションを行った。 本研究で得られた結論は以下の通りである。政策サイドが前述の学習プロセスの影響を考慮に入れないと、研究開発補助金は過少になる。また、環境効率の低い旧技術へのピグー税は、効率性の点で研究開発補助金を下回る。これは特に、複数のプロジェクトが存在する場合に顕著となる。シミュレーションによる定量分析では、学習プロセスを考慮に入れた最適な補助金政策を取ると、当該研究開発に関わる社会的便益が10%程度上昇することが示された。

異質的経済主体と内生成長:成長政策の定量的評価の為の理論・実証研究

2016年度

研究成果概要:本研究は、内生的成長の理論に価格の硬直性の要素を取り入れることによって、金融緩和やインフレと経済成長の関係を分析した。価格の硬直性があると、インフレやデフレがイノベーションの報酬である新規企業の価値を削減し、創造的破壊の頻度の低下...本研究は、内生的成長の理論に価格の硬直性の要素を取り入れることによって、金融緩和やインフレと経済成長の関係を分析した。価格の硬直性があると、インフレやデフレがイノベーションの報酬である新規企業の価値を削減し、創造的破壊の頻度の低下をもたらすことを理論的に示した。中央銀行は、長期的なインフレ率をファンダメンタルな実質成長率に等しいデフレに設定することで、経済成長率を最大化することができるが、経済厚生上最適なインフレ率は、主として研究開発の過剰投資のため、成長を最大化するインフレ率を上回る可能性がある。ただし、カリブレートされたモデルでは、最適インフレ率が成長を最大化するインフレ率に近い。

エージェントベースモデルによるイノベーション政策分析

2017年度共同研究者:Hiroshi Takahashi

研究成果概要:We investigate the relationship between location choices of firms in a technology space and innovations at the firm...We investigate the relationship between location choices of firms in a technology space and innovations at the firm and technological category levels. We estimate firm distribution in a technology space with patent citation overlaps and trace the locational changes of each firm. We find that a firm generates more quality-adjusted patents if it moves less in the technology space it belongs, the average distance to other firms is smaller, and technology is less accumulated around that location. At the technological category level, patent productivity tends to be high with low average moving distance but high standard deviation of it, low average distance between firms, and high entry rate. We then develop an agent-based model that generates dynamic behaviors of firms in a technology space. In the model, a firm sequentially chooses its location to maximize firm value conditional on the location profile of other firms minus the cost of moving. The firm value depends on knowledge spillover and market competition, where those factors are related to technological distances. With agent-based simulation, we analyze the impacts of regulation shifts such as patent protection policy and R&D subsidy.

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
上級マクロ経済学A 01政治経済学部2018春クォーター
ゼミナールII(応用マクロ経済学研究/春学期)社会科学部2018春学期
ゼミナールIII(応用マクロ経済学研究/春学期)社会科学部2018春学期
マクロ経済学社会科学部2018春学期
マクロ経済学 III(一般均衡)(上田晃三/及川浩希)大学院経済学研究科2018春クォーター
マクロ経済学大学院社会科学研究科2018春クォーター

Waseda Course Channel配信動画

科目名学部公開年度