氏名

クリハラ マサノリ

栗原 正典

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0155666/)

所属

(創造理工学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
kurihara.m@waseda.jp

URL等

研究者番号
70609304

本属以外の学内所属

兼担

理工学術院(大学院創造理工学研究科)

学内研究所等

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2018年-

学歴・学位

学位

Ph. D. 課程 テキサス大学オースチン校 地球・資源システム工学

所属学協会

米国石油学会

石油技術協会

受賞

文部科学大臣表彰科学技術賞

2010年04月

ロシア自然科学アカデミー米国支部会員

2008年07月

取材ガイド

カテゴリー
工学
専門分野
石油工学、油層工学
自己紹介コメント
主として数値シミュレーションを通して、できるだけ多くの石油・天然ガスを生産する技術、シェールガスやメタンハイドレートといった非在来型の炭化水素資源を開発する技術、環境に負荷をかけない石油・天然ガスの開発技術等を研究している。化石資源以外にも、地熱エネルギー開発や地下水汚染等、地下の流体流動に関する研究や、二酸化炭素の地下貯留など、地下の地層を積極的に利用して環境保全に役立てる研究を行っている。

研究分野

キーワード

石油工学

科研費分類

工学 / 総合工学 / 地球・資源システム工学

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

最終処分場都市鉱山学の確立とその実践-採鉱・選鉱技術の開発-

2019年-0月-2022年-0月

配分額:¥4290000

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
環境資源工学の展望創造理工学部2019春学期
環境資源工学の展望 14前再創造理工学部2019春学期
環境資源工学の展望 【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019春学期
環境資源工学の展望 14前再 【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019春学期
開発環境工学概論創造理工学部2019春学期
開発環境工学概論  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019春学期
応用数学及び演習創造理工学部2019春学期
応用数学及び演習  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019春学期
環境資源工学実験A創造理工学部2019春学期
環境資源工学実験A  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019春学期
環境資源工学実験B創造理工学部2019秋学期
環境資源工学実験B  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019秋学期
卒業論文創造理工学部2019通年
卒業論文  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019通年
石油・天然ガス開発技術の最先端創造理工学部2019秋学期
実務研修創造理工学部2019通年
油層シミュレーション創造理工学部2019秋学期
油層工学の基礎創造理工学部2019春学期
修士論文(地球資源)大学院創造理工学研究科2019通年
Research on Petroleum Engineering大学院創造理工学研究科2019通年
石油工学研究 大学院創造理工学研究科2019通年
Advanced Reservoir Engineering大学院創造理工学研究科2019春学期
油層工学特論大学院創造理工学研究科2019春学期
Seminar on Petroleum Engineering A大学院創造理工学研究科2019春学期
石油工学演習A 大学院創造理工学研究科2019春学期
Seminar on Petroleum Engineering B大学院創造理工学研究科2019秋学期
石油工学演習B 大学院創造理工学研究科2019秋学期
Seminar on Petroleum Engineering C大学院創造理工学研究科2019春学期
石油工学演習C 大学院創造理工学研究科2019春学期
Seminar on Petroleum Engineering D大学院創造理工学研究科2019秋学期
石油工学演習D大学院創造理工学研究科2019秋学期
Master's Thesis (Department of Earth Sciences,Resources and Environmental Engineering)大学院創造理工学研究科2019通年
石油工学研究 大学院創造理工学研究科2019通年
開発環境工学特別演習大学院創造理工学研究科2019通年