氏名

ウチダ ケンコウ

内田 健康

職名

特任研究教授 (https://researchmap.jp/read0030080/)

所属

(理工学術院総合研究所)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
kuchida@waseda.jp

住所・電話番号・fax番号

住所
〒169-8555東京都 新宿区 大久保3-4-1 
電話番号
03-5286-3205
fax番号
03-5286-3205

URL等

WebページURL

http://www.uchi.elec.waseda.ac.jp

研究者番号
80063808

本属以外の学内所属

学内研究所等

理工学総合研究センター

兼任研究員 1989年-2006年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2006年-2018年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2018年-2018年

学歴・学位

学歴

-1971年 早稲田大学 理工学部 電気工学科
-1976年 早稲田大学 理工学研究科 電気工学

学位

工学博士 課程 早稲田大学

博士(工学)

所属学協会

計測自動制御学会 理事

計測自動制御学会 理事

システム制御情報学会 理事

IEEE CSS日本支部支部長

日本鉄鋼協会 学会部門 部会長

電気学会

ロボット学会

受賞

計測自動制御学会論文賞

2010年

日本鉄鋼協会「計測・制御・システム技術賞」

2009年03月

計測自動制御学会フェロー

2008年

IEEE Control Systems Society the 2007 Outstanding Chapter Award

2007年12月

日本鉄鋼協会「計測・制御・システム研究賞」

2005年03月

Outstanding Service award(Automatica)

2005年06月

IFAC日本委員会功績賞

2001年

計測自動制御学会論文賞

1997年

計測自動制御学会論文賞

1996年

フンボルト財団研究フェローシップ

1982年

研究分野

科研費分類

工学 / 電気電子工学 / 制御・システム工学

研究テーマ履歴

ロバスト制御

研究テーマのキーワード:ロバスト制御, H<SUP>∞</SUP>制御

国内共同研究

最適化制御

研究テーマのキーワード:最適化, モデル, 予測

国内共同研究

自律的ビジョンシステム

研究テーマのキーワード:ダイナミックビジョン, アクティブビジョン

機関内共同研究

生物機能のモデリング

研究テーマのキーワード:生物システム

機関内共同研究

むだ時間システムの制御理論

個人研究

ダイナミックビジョン

個人研究

制御システムの最適化

個人研究

生体システムのモデリングと制御

個人研究

論文

不確かな情報環境におけるLQエネルギー需要ネットワークのVCGメカニズムによる統合

岡島,平田,内田

計測自動制御学会論文集49(12)p.1186 - 11952013年12月-

シアノバクテリアの概日リズムモデルを用いた温度補償性メカニズム解析

島田,内田

第56回自動制御連合講演会13(23)p.1167 - 11712013年11月-

不確かな情報環境におけるLQエネルギー需要ネットワークの予算均衡型メカニズムによる統合

岡島,村尾,平田,内田

第56回自動制御連合講演会13(23)p.925 - 9302013年11月-

LQエネルギー需給ネットワークに対する購入電力容量制限付きモデル予想型プライシング

山下,岡島,村尾,内田

第56回自動制御連合講演会13(23)p.919 - 9242013年11月-

A Dynamic Mechanism for LQG Power Networks with Randam Type Parameters and Pricing Delay

Y.Okajima, T.Murao, K.Hirata, K.Uchida

ters and Pricing Delay, Proc. of the 52nd IEEE Conference on Decision and Controlp.2384 - 23902013年12月-

Cluster Consensus of Multi-agent Systems with Communication Delay

M-H.Wang, K.Uchida

Proc. of 2013 13th International Conference on Control, Automation and Systemsp.617 - 6222013年10月-

Nguyen Gia Minh Tao, Comparison between Modifications of SFOC and DPC in Control of Grid-Connected Doubly Fed Induction Generator under Unbalanced Voltage Dip

Truc Pham-Dinh, Hai Nguyen-Thanh, K.Uchida

Proc. of SICE Annual Conferencep.2581 - 25882013年09月-

Consensus Problem in Multi-Agent Systems with Communication Channel Constraint on Signal Amplitude

M-H.Wang, K.Uchida

SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration (SICE JCMSI)5(1)p.7 - 132013年09月-

Direct Uptake and Degradation of DNA by Lisosomes

Y.Fujiwara, H.Kikuchi, S.Aizawa, A.Furuta, Y.Hatanaka, C.Konya, K.Uchida, K.Wada, T.Kabuta

Autophagy9p.1167 - 11712013年08月-

Real Time Pricing and Pivot Mechanism for LQG Power Networks

Y.Okajima, T.Murao, K.Hirata, K.Uchida

Proc. of the 2013 IEEE Multi-conference on Systems and Controlp.495 - 500

Interval Consensus Problem of Multi-Agent Systems with Time-delay

M-H.Wang, K.Uchida

Proc. of the 32nd Chinese Control Conferencep.7204 - 72092013年07月-

Reference Governor for Output Smoothing of Renewable Energy Generation

Y.Tsubota, G.Baba, K.Uchida, T.Jintsugawa, Y.Nakanishi

Proc. of Asian Control Conference 20132013年06月-

Control The Photovoltatic Grid-Connected System Using Fuzzy Logic and Backstepping Approach

Nguyen Gia Minh Tao, K.Uchida

Proc. of Asian Control Conference 20132013年06月-

A Gain Scheduling Model of Temperature Compensation for Circadian Rhythm of Cyanobacteria

M.Shimada, K.Uchida

Proc. of Asian Control Conference 20132013年06月-

Ubiquitin C-terminal Hydrolase L1 (UCH-L1) Acts as a Novel Potentiator of Cyclin-dependent Kinases to Enhance Cell Proliferation Independently of Its Hydrolase Activity

T.Kabuta, T.Mitsui, M.Takahashi, Y.Fujiwara, C.Kabuta, C.Konya, Y.Tsuchiya, Y.Hatanaka, K.Uchida, H.Hohjoh, K.Wada

J. of Biological Chemistry288(18)p.12615 - 12626

Discovery of a Novel Type of Autophagy Targeting RNA

Y.Fujiwara, A.Furuta, H.Kikuchi, S.Aizawa, Y.Hatanaka, C.Konya, K.Uchida, A.Yoshimura, Y.Tamai, K.Wada, T.Kabuta

AutophagyVol.9p.403 - 4092013年03月-

An Improved Incremental Conductance Maximum Power Point Tracking Algorithm Based on Fuzzy Logic for Photovoltaic Systems

N.G.M. Thao, K.Uchida

SICE第13回制御部門大会CD-Rom2013年03月-

配電損失を考慮した分散型電源の無効電力出力推定手法の検討

小出,辻,大山,内田

SICE第13回制御部門大会CD-Rom2013年03月-

分散型LQ需給ネットワークのPivotメカニズムによる統合

岡島,平田,内田

SICE第13回制御部門大会CD-Rom2013年03月-

価格提示による最適運用状態への誘導と安定性に関する考察

平田,岡田,内田

SICE第13回制御部門大会CD-Rom2013年03月-

価格提示による最適運用状態への誘導に関する考察

平田,岡田,内田

第55回自動制御連合講演会CD-Romp.1545 - 15502012年11月-

エネルギー需要ネットワークの最適化と不確かな情報に基づく統合メカニズム

岡島,平田,内田

第55回自動制御連合講演会CD-Romp.1539 - 15442012年11月-

異なる構造をもつ振動的遺伝子ネットワークに対する内因的ゆらぎの評価

日出間,河内,内田

第55回自動制御連合講演会CD-Romp.315 - 3202012年11月-

歩行者を考慮した交通到着予測による信号交差点の最適制御

江波戸,市川,高浜,内田

第55回自動制御連合講演会CD-Romp.147 - 1522012年11月-

Cluster Consensus of Multi-agent Systems with Signal Amplitude Constraint in Communication

M-H.Wang, K.Uchida

Proc. of 5th Int'l Symposium on Computational Intelligence and Designp.192 - 1962012年10月-

Consensus Problem of Multi-agent Systems with Sensing Constraint on Range

M-H.Wang, K.Uchida

Proc. of 5th Int'l Symposium on Computational Intelligence and Designp.472 - 4762012年10月-

Consensus Problem of Second-order Multi-agent Systems with Communication Channel Constraint on Signal Amplitude

M-H.Wang, K.Uchida

Proc. of 12th Int'l Conf. on Control, Automation and Systemsp.1198 - 12022012年10月-

エネルギー需要・供給ネットワークにおける分散・統合化とメカニズムデザインアプローチ

平田,内田

Proc. of Dynamics and Design Conf. 20122012年09月-

Consensus of Multi-agent Systems with Signal Amplitude Constraint in Communication

M-H.Wang, K.Uchida

Proc. of SICE Annual Conference 2012CD-Romp.108 - 1122012年08月-

エネルギー需要・供給ネットワークにおける分散・統合化と制度設計に関する考察

平田,内田

SICE第12回制御部門大会CD-Rom2012年03月-

電力需要者の効用最大化行動に基づくモデル予測型プライシング手法

塚越,岡島,内田

SICE第12回制御部門大会CD-Rom2012年03月-

ベイジアンアプローチによる運転行動モデリング及び個人の識別

山下,岡本,内田

SICE第12回制御部門大会CD-Rom2012年03月-

分散化と統合化の制御理論

平田,内田

計測と制御51(1)p.55 - 612012年01月-

Just-In-Timeモデリングによるドライブ挙動を包含した自動車変速制御

岡本,森本,大橋,内田

計測自動制御学会産業論文集10(3)p.17 - 262011年-

ベイジアンアプローチによる運転行動の個別モデル化

山下,岡本,内田

第54回自動制御連合講演会p.1424 - 14292011年11月-

Sum of Squaresを用いたpricing-based負荷周波数制御システムの解析

東,渡邉,内田

第54回自動制御連合講演会p.30 - 312011年11月-

負荷周波数制御システムにおけるpricing-sased制御器

東,大場,内田

第54回自動制御連合講演会p.28 - 292011年11月-

自然エネルギー発電を含む小規模パワーネットワークの潮流最適化

塚越,内田

第54回自動制御連合講演会p.23 - 272011年11月-

Parkinson's disease-associated mutations in α-synuclein and UCH-L1 inhibit the unconventional secretion of UCH-L1

C.Konya, U.Hatanaka, Y.Fujiwara, K.Uchida, Y.Nagai, K.Wada,T.Kabuta

Neurochemistry International 59p.251 - 2582011年-

Identification of Driver Operations with Extraction of Driving Primitives

M.Okamoto, S.Otani, Y.Kaitani,K.Uchida

Proc. of 2011 IEEE Int'l Conference on Control Applications (CCA)CD-Romp.338 - 3442011年09月-

Robustness Analysis and Optimization of Circadian Clocks fluctuated by Intrinsic Noise

Y.Ito, S.Kawachi, K.Uchida

Proc. of 2011 8th Asian Control Conference (ASCC)CD-Romp.506 - 5112011年05月-

Model Reference Adaptive Control for Constrained Linear Systems

P.A.Tu, K.Uchida

Proc. of the IASTED Int'l Conf. Modelling, Identification, and Control (MIC2011)p.294 - 2992011年02月-

内因的ノイズを考慮した概日リズムモデルの評価とロバスト性解析

伊藤,河内,内田

第53回自動制御連合講演会CD-ROMp.511 - 5162010年11月-

同一非結合システム群に対する衝突回避を考慮した分散型LQG制御

川井,佐藤,内田

第53回自動制御連合講演会CD-ROMp.118 - 1232010年11月-

ハイブリッドシステムに基づく運転行動認識および個人の識別

大谷,貝谷,岡本,内田

第53回自動制御連合講演会CD-ROMp.89 - 932010年11月-

Performance Evaluation of Circadian Clocks Fluctuated by Intrinsic Noise

Y.Ito, K.Uchida

Proc. of 2010 IEEE International Conf. on Control Applications CD-ROMp.506 - 5112010年09月-

Automobile On-demand Gear-shift Control Including Driver Characteristics

M.Okamoto, S.Morimoto, M.Ohashi, K.Uchida

Proc. of 2010 IEEE International Conf. on Control Applications CD-ROMp.896 - 9012010年09月-

Formulas for intrinsic noise evaluation in oscillatory genetic networks

Y.Ito, K.Uchida

J. of Theoretical Biology267p.223 - 2342010年-

Application of Improved Local Models of Large Scale Database-based Online Modeling to Prediction of Molten Iron Temperature of Blast Furnace

N.Kaneko, S.Matsuzaki, M.Ito, H. Oogai, K.Uchida

ISIJ International50(7)p.939 - 9452010年-

Identification of a novel chemical potentiator and inhibitors of UCH-L1 by in silico drug screening

T.Mitsui, K.Hirayama, S.Aoki, K.Nishikawa, K.Uchida, T.Matsumoto, T.Kabuta, K.Wada

Neurochemistry International56p.679 - 6862010年-

同一非結合システム群に対する分散型LQG制御

松澤,内田

SICE第10回制御部門大会CD-ROM2010年03月-

LMIの分解を用いた同一非結合システム群に対する分散制御

森田,内田

SICE第10回制御部門大会CD-ROM2010年03月-

アトラクタ設計による小型飛行船の自律的な周期運動の実現と解析

SICE第10回制御部門大会CD-ROM2010年03月-

高炉操業データの3次元画像情報化と独立成分分析による操業監視

伊藤,松崎,内田,大貝

計測自動制御学会産業論文集8(10)p.82 - 892009年08月-

Synthesis of Autonomous Periodic Motion of a Small Blimp System Using the van der Pol Equation

S.Okada, Y.Matsuhashi, K.Uchida

Proc. of the 7th Asian Control Conferencep.953 - 9582009年08月-

Effects of Intrinsic Noise in Temperature-compensated Models for Circadian Rhythms

S.Ichikawa, Y.Ito, G.Kurosawa, K.Uchida

Proc. of ICROS-SICE Int'l Joint Conf. 2009CD-ROMp.200 - 2052009年08月-

Periodic Lyapunov Differential Equation for Noise Evaluation in Oscillatory Genetic Networks

S.Ichikawa, Y.Ito, K.Uchida

Proc. of 2009 IEEE Multi-conference on Systems and ControlCD-ROMp.83 - 882009年07月-

Model Predictive Sensor Schedule

E..Iwasa, K.Uchida

SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration2(3)p.139 - 1452009年05月-

UCH-L1による細胞増殖促進

三井,株田(智),株田(千),内田,和田

第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会2008年12月-

生物システムにおけるマルチレベル統合モデリングの課題(講演)

内田

第51回自動制御連合講演会2008年11月-

概日リズムの温度補償モデルに対する分子ゆらぎを考慮した確率シミュレーション

市川,伊藤,内田

第51回自動制御連合講演会CD-ROMp.332 - 3352008年11月-

Disturbance Attenuation Type Distributed Control for Identical Decoupled Linear Systems

J.Araki, K.Uchida

Proc. of Int'l Conf. on Control, Automation and Systems 2008(ICCAS2008)p.1146 - 11512008年10月-

Model Predictive Sensor Scheduling

E.Iwasa, K.Uchida

Proc. of Int'l Conf. on Control, Automation and Systems 2008(ICCAS2008)p.2260 - 22652008年10月-

Prediction of Blast Furnance Operation using On-line Bayesian Learning

N.Kaneko, S.Sakamoto, K.Uchida, H.Ogai, M.Ito, S.Matsuzaki

Proc. of Int'l Conf. on Control, Automation and Systems 2008(ICCAS2008)p.2240 - 22452008年10月-

同一非干渉線形システム群に対する外乱抑制型分散制御

荒木,内田

制御理論シンポジウム2008年-

モデル予測型LQGセンサスケジューリング

岩佐,内田

制御理論シンポジウム2008年-

高炉の可視化と大規模データベースモデリング

松崎,伊藤,内藤,内田

日本鉄鋼協会第156回秋季講演大会2008年09月-

Development of an Operation Support System for the Blast Furnace in the Ironmaking Process: Large-scale Database-based Online Modeling and Integrated Simulators

H.Ogai, M.Ogawa, K.Uchida, S.Matsuzaki, M.Ito

SICE Journal Of Control, Measurement, and System Integration (SICE JCMSI)1(3)p.199 - 2062008年05月-

Aberrant molecular properties shared by familial Parkinson's disease-associated mutant UCH-L1 and carbonyl-modified UCH-L1

T.Kabuta, R.Setsuie, T.Mitsui, A.Kinugawa, M.Sakurai, S.Aoki, K.Uchida, K.Wada

Human Molecular Genetics17(10)p.1482 - 14962008年02月-

大規模データベースオンラインモデリングの廃棄物処理プロセスへの応用とガイダンス手法の提案

葉,小川,吉永,大貝,内田

計測自動制御学会産業論文集7(6)p.40 - 472008年-

大規模データベースオンラインモデリングの逐次予測システムの構築と工業炉プロセスへの応用

小川,葉,大貝,立野,内田

計測自動制御学会産業論文集7(4)p.26 - 322008年-

座談会「制御と生命科学」 (生命科学と制御 第13回)

山本,内田,小原,銅谷,木村

計測と制御47(3)p.237 - 2472008年-

細胞の機能解析に向けた制御の視点

内田

第52回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集CD-ROMp.47 - 482008年05月-

オンラインペイズ学習による高炉操業予測

坂本,内田,大貝,伊藤,松崎

平成20年電気学会全国大会講演論文集p.381 - 3822008年03月-

視覚センサを用いた自律移動ロボットによる環境地図作成

定方,内田

平成20年電気学会全国大会講演論文集p.118 - 1192008年03月-

概日リズムのロバスト温度保障モデル

竹内,市川,内田

SICE第8回制御部門大会CD-ROM2008年03月-

ファン・デル・ポール方程式を用いた小型飛行船システムの自立的な周期運動の実現

松橋,内田

SICE第8回制御部門大会CD-ROM2008年03月-

ネットワークを介した離散時間システムの出力フィードバックゲインスケジューリング制御

田井,内田

SICE第8回制御部門大会CD-ROM2008年03月-

分散制御とチーム/ゲーム理論:再訪と最近の発展

内田

計測と制御46(11)p.835 - 8402007年-

Gain Scheduled Output Feedback Control of Discrete-Time Networked Systems

M.Tai, K.Uchida

Proc. of the 2007 IEEE International Conference on Control Applicationsp.59 - 642007年-

Evaluation of Circadian Clock Model based on Orbital Stability

T.Hinohara, K.Uchida

Proc. of SICE2007,p.1348 - 13522007年-

Parameter Estimation for Temperature Compensation of Circadian Clocks Sept.9-12, 2007, Stuttgart, pp.153-158

T.Takeuchi, S.Ichikawa, G.Kurosawa, K.Uchida

Proc. of the FOSBE 2007p.153 - 1582007年09月-

スライディングモードを利用した離散入力システムの制御

神谷,内田

計測自動制御学会論文集43(6)p.439 - 4462007年-

大規模データベースオンラインモデリングのクロスプラットフォームシステムの開発と高速化

小川,田島,大貝,立野,伊藤,松崎,内田,

日本設備管理学会誌19(1)p.1 - 82007年-

細胞制御問題のトピックスI −概日リズムとがん−

内田

計測と制御46(4)p.325 - 3302007年-

A Temperature-Compensated Model for Circadian Rhythms that can be entrained by Temperature Cycles,

T.Takeuchi, T.Hinohara, G.Kurosawa, K.Uchida,

J. of Theoretical Biology246p.195 - 2042007年-

高炉操業における大規模データベースオンラインモデリングに基づく予測制御

土方,森,内田,大貝,伊藤,松崎

材料とプロセス(日本鉄鋼協会第151回春季講演大会)20(2)2007年-

時間ペトリネットによる大型輪転機の確率的故障診断

藤倉,池谷,内田,竹内

電気学会全国大会講演論文集(第3分冊)p.27 - 282007年03月-

状態可到達集合に基づく制約条件付ビジュアルサーボ系の構成—出力フィードバックによるアプローチ—

井出,内田

電気学会全国大会講演論文集(第3分冊)p.50 - 512007年03月-

マルチパラメトリック計画法を用いた昇圧型DC-DCコンバータのモデル予測制御

赤芝,内田

電気学会全国大会講演論文集(第3分冊)p.66 - 672007年03月-

時変な伝送遅延が存在するネットワークを介した線形システムのスライディングモード制御

舩津,内田

SICE第7回制御部門大会2007年03月-

軌道安定解析を用いた概日リズムモデルの評価

日野原,内田

SICE第7回制御部門大会2007年03月-

大規模データベースオンラインモデリングのプラットフォームフリーシステムの開発と高速化

小川,吉永,葉,大貝,内田

SICE第7回制御部門大会2007年03月-

フラットネス特性を利用した小型飛行船の軌道追従制御

立石,内田

SICE第7回制御部門大会2007年03月-

A Temperature-Compensated Model for Circadian Rhythms

K.Uchida

Asian Control Forum: The Frontier of Modern Conrol theory and Applications2007年-

Large Scale Database-based Online Modeling using ICA of Visualized Process Data for Blast Furnace Operation

Y.Hijikata, J.Mori, K.Uchida, H.Ogai, M.Ito, S.Matsuzaki, K.Nakamura

Proc. of AICE-ICASE International Joint Conference 2006p.4112 - 41152006年10月-

Application of Partial Unsteady Simulator and LOM for Blast Furnace Operation Support

M.Ogawa, Y.Yeh, J.Tajima, H.Ogai, K.Uchida, S.Matsuzaki, M.Ito

Proc. of AICE-ICASE International Joint Conference 2006p.4107 - 41112006年10月-

Development of Generalized Large-scale databased-based Online Modeling and its speed-enhancement technology

J.Tajima, M.Ogawa, Y.Yoshinaga, H.Ogai, K.Uchida, M.Ito, S.Matsuzaki

Proc. of AICE-ICASE International Joint Conference 2006p.4103 - 41062006年10月-

Constrained Visual Servoing based on Reachable Sets for Systems with Bounded Disturbance

S.Ide, T.Komizo, K.Uchida

Proc. of AICE-ICASE International Joint Conference 2006CD−ROMp.974 - 9772006年10月-

Control Theoretic Views on Circadian Rhythms

T.Takeuchi, T.Hinohara, K.Uchida, S.Shibata

Proc. of the 2006 IEEE International Conference on Control Applicationsp.1740 - 17452006年10月-

Blast Furnace Operation Support System integrated with Partial Unsteady Simulator and LOM

M.Ogawa, J.Tajima, H.Ogai, M.Ito, S.Matsuzaki, K.Uchida

Proc. of the 2006 IEEE International Conference on Control Applicationsp.2468 - 24732006年10月-

On Robust Stability and Sensitivity of Circadian Rhythms

K.Ogawa, N.Takekawa, K.Uchida, S.Shibata

Asian Journal of Controlp.281 - 2892006年09月-

温度変動に関する周期感度最小化に基づく概日リズムのモデル

竹内,日野原、内田

第6回計測自動制御学会制御部門大会p.441 - 4442006年05月-

概日時計における同調メカニズムと周期回復の可能性

内田,竹内,日野原

第6回計測自動制御学会制御部門大会p.445 - 4482006年05月-

高炉操業における独立成分分析を併用した大規模データベースオンラインモデリング

伊藤,松崎,中村,森,内田,大貝

材料とプロセス(日本鉄鋼協会第151回春季講演大会)19(2)2006年-

位相幾何学的手法による幾何学情報を考慮した未知環境探索—サイクルのある環境の場合—

徳間,内田

電気学会全国大会講演論文集p.98 - 992006年03月-

有界外乱に対する状態可到達集合に基づく制約条件付ビジュアルサーボ系の構成

小溝,内田

電気学会全国大会講演論文集p.73 - 742006年03月-

時変の伝送遅れが存在する通信路を介した線形システムのH-infinity予測制御

御崎, 内田, 東, 藤田

計測自動制御学会論文集42(1)p.11 - 162006年01月-

入力むだ時間系とH-infinity制御

児島, 内田

計測と制御45(1)p.67 - 742006年01月-

Gain-scheduling controller design for TCP/AQM considering router queue length and time-delay

M.Kishi, Y.Funatsu, T.Azuma, K.Uchida

Proc. of the 31th Annual Conference of the Industrial Electronics Society (IECON 2005)p.395 - 3992005年11月-

An Evolution Architecture for Circadian Rhythms using Adaptive Learning Systems with Error Feedbacks

T.Azuma, K.Uchida, M.Fujita, S.Shibata

Proc. of Foundations of Systems Biology in Engineering (FOSBE)2005p.77 - 802005年08月-

Robustness Analysis of Stability and Periodicity in Circadian Rhythms

K.Ogawa, N.Takekawa, T.Hinohara, K.Uchida, S.Shibata

Proc. of Foundations of Systems Biology in Engineering (FOSBE)2005p.81 - 842005年08月-

Application of Large scale Database-based Online Modelling on Blast Furnace Operation

M.Ito, S.Matsuzaki, H.Ogai, K.Mori, K.Uchida

Preprints of the 16th IFAC World Congressp.CD - ROM2005年07月-

Java-based Integrating Simulator for Blast Furnace

K.Koga, M.Ogawa, H.Ogai, M.Ito, K.Uchida

.Preprints of the 16th IFAC World Congressp.CD - ROM2005年07月-

Javaによる高炉統合シミュレータと統合可視化システム

小川, 大貝, 古賀, 伊藤, 松崎, 内田, 田島

計測自動制御学会産業論文集4(13)p.91 - 972005年05月-

プロセスのモデリングと制御・監視

内田, 山下, 加納

計測と制御.44p.83 - 852005年02月-

大規模データベースオンラインモデリング−高炉への適用−

内田, 大貝, 伊藤

計測と制御44p.107 - 1112005年02月-

ニューラルネットワークによる予測を利用した移動物体の追従システム

第48回自動制御連合講演会2005年11月-

離散入力アファインシステムにおけるスライディングモードを用いた制御

第34回制御理論シンポジウムp.425 - 4322005年10月-

画像情報化した高炉操業データの独立成分分析

日本鉄鋼協会第150回秋季後援大会2005年09月-

分子モデルによる哺乳類の概日リズムのロバスト性解析

SICE第5回制御部門大会p.695 - 6982005年05月-

Blast Furnace Operation Guidance by Java-based Simulator

SICE20052005年-

高炉操業統合可視化システム

電気学会全国大会p.3 - 3122005年03月-

区分的線形システムに対するH∞フィルタの設計

電気学会全国大会p.42005年03月-

画像データビジュアルサーボにおける三次元復元を利用した軌道計画法

電気学会全国大会p.32005年03月-

位相幾何学的手法と幾何学的手法を併用した未知環境探索

電気学会全国大会2005年03月-

生物における制御理論の課題

平成17年度電気関係学会北陸支部連合大会2005年-

Another Look at Finite Horizon H-infinity Control Problems for Systems with Input Delays

K.Uchida, M.Fujita, K.Ikeda

Automatica40(6)p.977 - 9842004年-

Gain-Scheduled Velocity and Force Controllers for Electrohydraulic Servo Systems

T.Sugiyama, K.Uchida

Electrical Engineering in JapanVol.146, No.3p.1051 - 10582004年-

On the H-infinity Control System Design Attenuating Initial State Uncertainties

T.Namerikawa, M.Fujita, R.S.Smith, K.Uchida

Trans. SICE40(3)p.307 - 3142004年-

高炉操業における大規模データベースオンラインモデリング

伊藤, 松崎, 大貝, 大館, 内田, 斉藤, 佐々木

鉄と鋼90p.59 - 662004年-

On Robustness of Periodic Trajectories in Circadian Systems

K.Ogawa, N.Takekawa, K.Uchida, N.Shibata

CD-ROM Proc. of IEEE 2004 First Int. Symposium on Control, Communications and Signal Processingp.181 - 1842004年03月-

Identification of Secondary Path in ANC Using Diagonal Recurrent Neural Networks with EKF Algotithm

R.T.Bambang, R.R.Yacoub, K.Uchida

Proc. of Asian Control Conference 2004p.664 - 6722004年06月-

Memory Output Feedback Control with Constrained Feedback Gains for Linear Time Delay Systems

T.Azuma, M.Fujita, K.Uchida

Proc. of Asian Control Conference 2004p.2015 - 20212004年07月-

Development of the Blast Furnace Integrated Java-Based Simulator

M.Koga, H.Ogai, M.Ogawa, M.Ito, K.Uchida, S.Matsuzaki

roc. Of IEEE Conference on Control Applications 2004p.1290 - 12952004年09月-

Gain Scheduling Control for Electro-hydraulic Servo System Considering Time-delay Modeling Error

T.Sugiyama, K.Uchida

Proc. of IEEE Conference on Control Applications 2004p.CR2004年09月-

Large scale detabase Online Modeling for Blast Furnace

M.Ito, S.Matsuzaki, N.Odate, K.Uchida

Proc. of IEEE Conference on Control Applications 2004p.906 - 9112004年09月-

LPV systems Characterization of H-infinity Control for Linear Systems with Time-Varying Communication Delays

M.Misaki, K.Uchida, T.Azuma, M.Fujita

Proc. of the 5th IFAC Workshop on Time-Delay Systemsp.CD - ROM #1252004年09月-

Filtered-X Radial Basis Function Neural Networks for Active Noise Control

R.Bambang, A.Lazuardi, K.Uchida

Proc. ITB Eng. Science36(1)p.21 - 422004年-

むだ時間を持つ電気油圧サーボ系のゲインスケジューリング制御

杉山, 内田

日本機械学会論文集C編70(699)p.160 - 1672004年11月-

サンプル点間状態予測器を用いたビジュアルフィードバック系の構成

第47回自動制御連合講演会2004年11月-

H∞予測制御の性能とその限界

第47回自動制御連合講演会2004年11月-

ロバスト安定論から概日リズム分子機構を見る

第33回制御理論シンポジウム2004年11月-

Smooth Bending and Stretching of a Triple Inverted Pendulum by H∞/μ Control

SICE20042004年08月-

大規模データベースオンラインモデリング技術の高炉への適用

日本鉄鋼協会第133回制御技術部会資料2004年06月-

時変の伝送遅延が存在する通信路を介した線形システムのH∞予測制御

SICE第4回制御部門大会2004年05月-

オプティカルフローに基づく実環境でのビジュアルサーボの実現

電気学会全国大会2004年03月-

オブザーバを用いた複数モデルベース強化学習

電気学会全国大会2004年03月-

入力の拘束を考慮した空調システムの省エネルギー型モデル予測制御

電気学会全国大会2004年03月-

Finite-Dimensional Characterizations of H-infinity Control for Linear Systems with Delays in Input and Output

K.Uchida, K.Ikeda, T.Azuma, A.Kojima

Int. Journal of Robust and Nonlinear ControlVol.13, No. 9p.833 - 8432003年-

Quadratic Cost Output Feedaback Control for Bilinear Systems

S.Sasaki, K.Uchida

Int. Journal of Systems ScienceVol.34, No.5p.345 - 3552003年-

ゲインスケジューリング制御とその周辺

内田

電気学会論文誌CVol.123-C, No.6p.1040 - 10442003年-

最適制御とゲインスケジューリング

内田

ふぇらむVol.8,No.6p.19 - 222003年-

線形むだ時間システムの可到達集合解析と拘束つきH-infinityコントローラ設計への応用

池田, 内田

電気学会論文誌CVol.123-C;No.1p.50 - 562003年-

目標操作量の切り換えによる省エネルギー型空調制御

高畑, 内田, 平

電気学会論文誌CVol.123-C, No.9p.1597 - 16042003年-

Memory Observer-Based Output Feedback Control for Linear Time-Delay Systems

T.Azuma, H.Naito, S.Sagawa, F.Fijita, K.Uchida

Proc. of the 4th IFAC Workshop on Time-Delay SystemsCD-ROM(TM1-5)2003年09月-

Predictive H-infinity Control for Linear Systems over Communication Channels with Time-Varying Delays

K.Uchida, Y.Misaki, T.Azuma, M.Fujita

Proc. of the 4th IFAC Workshop on Time-Delay SystemsCD-ROM(MM2-5)2003年09月-

Active Noise Control in Three Dimension Space Using Diagonal Recurrent Neural Networks

R.Bambang, K.Uchida, B.Wardhana

Proc. of the 32nd International Congress and Exposition on Noise Control Engineering2003年08月-

A Practical Linear Identification Method based on Geometric Representation of Time Invariant Continuous Systems

R.Watababe, K.Uchida

Proc. of the 42nd IEEE Conference on Decision and Controlp.1126 - 11312003年12月-

Output Feedback Control Synthesis for Linear Time-Delay Systems via Infinite-Dimensional LMI Approach

T.Azuma, S.Sagara, M.Fujita, K.Uchida

Proc. of the 42nd IEEE Conference on Decision and Controlp.4026 - 40312003年12月-

位相幾何学的アプローチを用いた未知環境探索による幾何学マップの獲得

第46回自動制御連合講演会論文集p.50 - 532003年11月-

一般化予測制御による空調システムの温湿度制御

第46回自動制御連合講演会論文集p.557 - 5582003年11月-

独立成分分析を併用したデータベースオンラインモデリングと予測制御

第46回自動制御連合講演会論文集p.864 - 8652003年11月-

スケジューリング制御を用いた三重倒立振子の屈伸運動

第46回自動制御連合講演会論文集p.807 - 8082003年11月-

むだ時間を有す電気油圧サーボ系のゲインスケジューリング制御

日本機会学会第8回「運動と振動の制御」シンポジウム2003年-

H∞ control for time delay systems - state predictive approach -

SICE2003p.567 - 5702003年08月-

Memory State Feedback Control Synthesis for Linear Systems with Time Delay via a Finite Number of Linear Matrix Inequalities

T.Azuma, K.Ikeda, T.Kondo, K.Uchida

Computers and Electrical EngineeringVol.28p.217 - 2282002年-

Switching Form Velocity to Force Control for Electro-hydraulic Servosystems Based on LPV Systems Modeling

T.Sugiyama, K.Uchida

Proc. of the IFAC World Congress, CD-ROM(#T-Tu-A16-52002年-

可調整パラメータを有するロバストモデル規範制御系−出力可到達集合解析に基づく設計

渡辺, 片山, 内田

システム制御情報学会論文誌Vol.15, No.8p.387 - 3952002年-

線形むだ時間システムにおけるL2ゲイン解析と状態フィードバック制御−無限次元LMIアプローチ−

池田, 東, 内田

電気学会論文誌CVol.122-C;No.1p.90 - 982002年-

電気油圧サーボ系における速度および推力のゲインスケジューリング制御

杉山, 内田

電気学会論文誌D122-D;112002年-

A Generalized H-infinity Control System Design Attanauting Initial State Uncertainties

T.Nanerujawa, M.Fujita, R.S.Smith, K.Uchida

Proc. of the 2002 American Control Conferencep.2204 - 22092002年05月-

Adaptive Identification as Gain Scheduling

R.Watababe, K.Uchida

Proc. of the 2002 American Control Conferencep.1532 - 15372002年05月-

Gain Scheduled Velocity and Force Controllers for the Electro-hydraulic Servosystem

T.Sugiyama, K.Uchida

Proc. of the 2002 American Control Conferencep.4433 - 44382002年05月-

H-infinity Control for Linear Systems with Multiple Time-delays

T.Azuma, K.Uchida, M.Fujita

Proc. of the 4th Asian Control Conferencep.2152 - 21552002年09月-

DSP Based RBF Neural Modeling and Control for Active Noise Cancellation

R.T.Bambang, L.Anggono, K.Uchida

Proc. of IEEE Int. Conference on Intelligent Control2002年10月-

On Input Delay and Measurement Delay in H-infinity Control Problems

K.Uchida

Proc. of the 10th Japanese-German Seminar on Nonlinear Problems in Dynamical Systems2002年10月-

データベースオンラインモデリングによる予測制御

第45回自動制御連合講演会講演論文集p.371 - 3722002年11月-

通信路における情報遅れを考慮した制御問題

平成14年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集p.113 - 1142002年09月-

入力飽和制限のある線形むだ時間システムの安定化

制御理論シンポジウム2002年-

海洋観測のための中層フロートの省エネルギー型浮力制御

平成14年電気学会全国大会2002年03月-

Steamed Palm Classification by Decision Trees and Neural Network

平成14年電気学会全国大会2002年03月-

通信遅れを考慮した遠隔制御−モデル予測制御によるアプローチ−

平成14年電気学会全国大会2002年03月-

複数自律移動ロボットの協調行動による環境認識

平成14年電気学会全国大会2002年03月-

海洋観測のための中層フロートの浮力制御

電気学会システム・制御研究会2002年03月-

目標操作量の切り換えによる省エネルギー型空調制御

電気学会システム・制御研究会2002年03月-

入出力端の変動を考慮した線形制御則の構成法

電気学会システム・制御研究会2002年03月-

ビジュアルサーボによるヘリコプタモデルの姿勢制御−サンプル値制御によるアプローチ−

電気学会システム・制御研究会2002年03月-

Infinite-Dimensional LMI Approach to Analysis and Synthesis for Linear Time-Delay Systems

K.Ikeda, T.Azuma, K.Uchida

KyberneticaVol.37;No.4p.505 - 5202001年-

A noise attenuation property of the Kalman filter

K.Yamanaka, K.Uchida

Proc. of the 33rd ISCIE Int'l Symposium on Stochastic Systems Theoryp.246 - 2482001年10月-

ゲインスケジューリングとしての適応同定

渡辺, 内田

計測と制御Vol.40;No.10p.729 - 7342001年-

超磁歪材アクチュエータを有する直動型サーボ弁のモデリングとゲインスケジューリングによるスプール位置制御

杉山, 内田

システム制御情報学会論文誌14; 3p.110 - 1162001年-

Active Control of Acoustic Noise using redial Vasis Unction Neural Networks

R.T.Bambang, L.Anggono, K.Uchida

Poc. Of MIC 20011p.442 - 4482001年02月-

An Approach to Constarined State Feedback H-infinity Control Synthesis

K.Ikeda, K.Uchida

Proc. of the 3<SUP>rd</SUP> IFAC Symposium on Time Delay Systems, Santa Fep.35 - 402001年12月-

Another Look at Finite Horizon H-infinity Control Problems for Systems with Input Delays

K.Uchida, M.Fujita, K.Ikeda

Proc. of the 3<SUP>rd</SUP> IFAC Symposium on Time Delay Systems, Santa Fep.22 - 272001年12月-

入出力分散に関する線形系の有界性

電気学会東京支部茨城支所研究発表会2001年12月-

線形時不変システムの幾何学的な解釈に基づいたシステムパラメータの同定−実験による検証−

第30回制御理論シンポジウム2001年11月-

入力むだ時間システムの有限時間区間H∞制御

第30回制御理論シンポジウムp.32 - 332001年11月-

我が国における中層フロートの開発・第二報

海洋調査技術学会第13回研究成果発表会プログラム2001年11月-

むだ時間を考慮した空調システムの制御

SICE20012001年07月-

Reachable Set Analysis and Constrained H∞Control Synthesis for Linear Time-Delay Systems

Proc. of the SICE/ICASE Workshop2001年07月-

Active Control of Acoustic Noise Using Adaprtive H∞Filter Algorithm

日本機械学会第7回「運動と振動の制御」シンポジウムp.506 - 5092001年04月-

Gain Scheduling Control Application for aPassenger Aircraft

日本機械学会第7回「運動と振動の制御」シンポジウムp.498 - 5012001年04月-

ゲインスケジューリングとしてのモデル規範型適応制御

SICE制御部門大会2001年-

入力の大きさを制御したメモリーレスフィードバックによるむだ時間システムのH∞制御

SICE制御部門大会2001年-

油圧推力に依存したLPVモデルと速度・推力制御機の設計

SICE制御部門大会2001年-

A New LMI Approach to Analysis of Linear Systems Depending on Schedulng Parameter in Polynomial Forms

T.Azuma, R.Watanabe, K.Uchida, M.Fujita

Automatisierungstechnik48; 4p.199 - 2042000年-

Constraine State Feedback H∞ Control of Nonlinear Systems

T.Azuma, R.Watanabe, K.Uchida

Proceedings of the 3rd Asian Control ConferenceCD-ROMp.476 - 4792000年-

Finite-Dimensional Characterizations of H∞ Control for Linear Systems with Delays in Control Input and Controlled Output

K.Uchida, K.Ikeda, T.Azuma, A.Kojima

Proc. Of 2nd IFAC Workshop on Linear time Delay Systemsp.219 - 2242000年-

H∞ Output Feedback Contro Problems for Bilinear Sysems, Annals of the Int.

S.Sasaki, K.Uchida

Society of Dynamic Games5p.31 - 462000年-

Resolution Improvement of the Actuator which Has Giant Magnetrostrictive Maerial by Gain Scheduled Controller

T.Sugiyama, T.Azuma, K.Uchida

Proceedings of the 3rd Asian Control ConferenceCD-ROMp.2132 - 21372000年-

ビジュアルサーボによる自動車の自動操縦

小森, 藤原, 藤田, 内田

電気学会論文誌C120-C; 4p.501 - 5062000年-

遺伝的アルゴリズムによる最適Look-up-Tableを用いた閉ループ系の構成

尾花, 渡辺, 内田

電気学会論文誌C120-C; 6p.819 - 8242000年-

自動車の自動操舵—ビジュアルサーボによるアプローチ—

藤原, 小森, 藤田, 内田

計測と制御Vol.39, No.2p.130 - 1342000年-

Finite-Dimensional Characterizations of Analysis and Synthesis for Time-Delay Systems

K.Uchida

Proc. Of the 9th German-Japanese Seminar Nonlinear Problems in Dyamical Systems2000年08月-

入力の大きさを制限した状態フィードバックによるむだ時間システムのH∞制御

第23回Dynamical System Theoryシンポジウムp.29 - 322000年11月-

適応同定に対するリアプノフアプローチについての考察

第23回Dynamical System Theoryシンポジウム2000年11月-

ゲインスケジューリング−適応・非線形制御への展開

第1回「適応学習制御調査研究会」資料2000年11月-

線形むだ時間システムの可到達集合解析

SICE20002000年07月-

物理法則に基づく空調システムのモデリングと制御

SICE20002000年07月-

リアプノフ関数に基づいたシステムパラメータの推定

第29回制御理論シンポジウムp.301 - 3042000年05月-

モデル予測と最適化

第44回システム制御情報学会研究発表講演会2000年05月-

線形むだ時間システムに対する無限次元線形行列不等式アプローチにおける凸多面体の一構成法

電気学会全国大会2000年03月-

協調性のある複数自律移動ロボットによる環境認識

電気学会全国大会2000年03月-

画像処理に伴う演算時間を考慮したビジュアルサーボ

電気学会全国大会2000年03月-

自己スケジューリングパラメータを持つ線形システムの準大域的なL<SUP>2</SUP>ゲイン解析

東, 渡辺, 内田

システム制御情報学会論文集Vol.12, No.11p.639 - 6461999年-

実用化が見えてきたゲインスケジューリング

渡辺, 内田

計測と制御38;p.31 - 361999年-

出力可到達集合解析に基づいたアンチワインドアップコントローラの解析

渡辺, 内田, 藤田

計測自動制御学会論文集Vol.35, No.7p.861 - 8681999年-

Infinite-dimensional LMI Approach to H∞ Control for Linear Time-delay Systems

T.Azuma, K.Ideda, K.Uchida

Proc. of Korea-Japan Joint Workshop on robust and Predictive control of TDS / Seoul1999年01月-

Infinite-Dimensional LMI Approach to H∞ Control Synthesis for Linear Systems with Time Delay

T.Azuma, K.Ideda, K.Uchida

Proc. of Europian Control Conference, ECC'99(Karlsruhe)1999年09月-

LQG Control for Systems with Shceduling Parameter

K.Uchida, R.Watanabe, M.Fujita

Proc. of Europian Control Conference, ECC'99(Karlsruhe)1999年09月-

Nonlinear Output Feedback Control of PWM Inverter with Internal Resistance

S.Sasaki, T.Inoue, K.Uchida

Proc. of Europian Control Conference, ECC'99(Karlsruhe)1999年09月-

Behavioral Inelusion

R.Watababe, K.Uchida

Proc. of 38<SUP>th</SUP> Conf. on Decision and Control(Phenix)p.102 - 1071999年12月-

時変なパラメータ変動を持つ線形システムのモデル規範制御

第22回Dynamical System Theoryシンポジウムp.147 - 1501999年10月-

空調システムの省エネルギー制御

空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集p.1277 - 12801999年09月-

入力の大きさを制限した状態フィードバックによる非線形システムの安定化

SICE '99p.781 - 7821999年07月-

LQ制御による空調システムの省エネルギー制御

SICE '99p.737 - 7381999年07月-

スケジューリングパラメータを持つ線形システムに対する二つの性能指標

SICE '99p.331 - 3321999年07月-

振舞いに関する包含に基づく2次システムの解析

第28回制御理論シンポジウムp.9 - 121999年05月-

入力の大きさを制限した状態フィードバックによる非線形システムのH∞制御

第28回制御理論シンポジウムp.57 - 601999年05月-

直流側電圧の垂下特性を考慮したPWMインバータの電流追従制御−交流側電流のみを観測する場合−

電気学会全国大会p.9 - 141999年03月-

2次システムに対する状態可到達集合の解析

渡辺, 内田, 藤田

計測自動制御学会 論文集34;1p.1590 - 15951998年-

Design and Implementation of Anti-Windup Controller Based on State Feedback H∞Control Theory

R.Watanabe, A.Matsui, K.Uchida

Electrical Engineering in Japan124;1p.33 - 411998年-

ゲインスケジューリング—適応/非線形制御への展開

内田, 渡辺

システム/制御/情報42;6p.306 - 3111998年-

不確かなパラメータとスケジューリングパラメータを持つ線形システムに対するH∞制御

東, 渡辺, 内田

システム制御情報学会 論文誌11;6p.297 - 3051998年-

Semi-global L<SUP>2</SUP> Gain Analysis for kth-degree Systems based on Reachable Set Analysis

Y.Sato, R.Watanabe, K.Uchida

Proc. of the 1998 American Control Conference / Philadelphiap.1886 - 18881998年06月-

Semi-global State Feedback H∞ Control of Nonlinear Systems -An approach via Linear Systems with Self-scheduling Parameters

Y.Sato, R.Watanabe, K.Uchida

Proc. of the 1998 American Control Conference / Philadelphiap.781 - 7851998年06月-

Memory State Feedback Control Synthesis for Linear Systems with Time Delay via a finite Number of Linear Matrix Inequalities

T.Azuma, T.Kondo, K.Uchida

Proc. of IFAC Workshop LTDS'98 / Grenoblep.183 - 1871998年07月-

Nonlinear H∞ Control System Design via Extended Quadratic Lyapunov Function

S.Sasaki, K.Uchida

Proc. of IFAC Symposium NOLCOS'98 / Enschedep.163 - 1681998年07月-

Semi-global L<SUP>2</SUP> Gain Analysis of Nonlinear Systems - An Approach via Linear Systems with Self-scheduling parameters

T.Azuma, R.Watanabe, K.Uchida

Proc. of IFAC Conference on System Structure & Control / Nantesp.339 - 3441998年07月-

ビジュアルサーボによる自動車の自動操縦

第41回自動制御連合講演会p.197 - 1981998年11月-

むだ時間を含む線形システムに対するH∞制御への無限次元LMIアプローチ

第21回Dynamical System Theoryシンポジウムp.137 - 1401998年10月-

振舞に関する包含 Behavioral Inclusion

第21回Dynamical System Theoryシンポジウムp.125 - 1301998年10月-

ゲインの大きさを制限したむだ時間を含む線形システムにおける状態フィードバック制御

電気学会,電子・情報・システム部門大会講演論文集p.345 - 3461998年09月-

非線形システムに対する状態可到達集合の解析

システム制御情報学会講演会1998年-

曲率を用いた連続時間システムの評価技法

第27回制御理論シンポジウムp.195 - 2001998年05月-

非線形システムの準大域的な準大域的な状態フィードバックH∞制御

第27回制御理論シンポジウムp.79 - 841998年05月-

むだ時間を含むシステムのL2ゲイン解析

電気学会研究会資料1998年03月-

A Convex Characterization of Analysis and Synthesis for Nonlinear Systems via Extended Quadratic Lyapunov Function

S.Sasaki, K.Uchida

Proc. of the 1997 American Control ConferenceJune, Albuquerquep.411 - 4151997年-

An Approach to Solving Parameter-Dependent LMI Conditions Based on Finite Number of LMI Conditions

T.Azuma, R.Watanabe, K.Uchida

Proc. of the 1997 American Control ConferenceJune, Albuquerquep.510 - 5141997年-

Electric Power Steering with H-infinity Control Designed to Obtain Road Information

N.Sugitani, Y.Fujiwara, K.Uchida

Proc. of the 1997 American Control ConferenceJune, Albuquerquep.2935 - 29391997年-

H∞ Control Attenuating Initial State Uncertainties

K.Uchida, A.Kojima, M.Fujita

Int. J. ControlVol.66, No.2p.245 - 2521997年-

Quadratic Cost Output Feedaback Control for Bilinear Systems

S.Sasaki, K.Uchida

Proc. of the 2nd Asian Control ConferenceJuly, Seoulp.577 - 5801997年-

スケールドH∞ノルム条件に基づいた二次安定領域の評価

渡辺, 内田, 藤田, 示村

計測自動制御学会論文集Vol.33, No.4p.268 - 2731997年-

移動ロボットによるダイナミックビジョンシステム

森, 加藤, 内田

計測自動制御学会Vol.33, No.3p.224 - 2261997年-

拡張2次形式リアプノフ関数による非線形状態フィードバック制御の構成法—線形行列不等式による凸解析アプローチ—

佐々木, 内田

計測自動制御学会論文集Vol. 33, No. 11p.1111 - 11131997年-

拡張2次形式リアプノフ関数による非線形システムのL<SUB>2</SUB>ゲイン解析—線形行列不等式による凸解析アプローチ—

佐々木, 内田

計測自動制御学会論文集Vol.33, No.5p.352 - 3581997年-

周波数重み付き平衡実現によるH<SUP>2</SUP>最適制御器の低次元化

長堂, 示村, 石田, 内田

システム制御情報学会論文誌10;1p.18 - 251997年-

状態フィードバックH∞制御理論を用いたアンチワインドアップコントローラーの設計と実装

渡辺, 松井, 内田

電気学会論文誌CVol.117-C, No.3p.307 - 3131997年-

進化型ニューラルネットワークと移動障害物回避問題への応用

内藤, 内田

電気学会論文誌CVol.117-C, No.6p.768 - 7761997年-

拡張2次形式リアプノフ関数による非線形H∞制御問題へのミニマックスアプローチ

誘導シンポジウム1997年-

むだ時間を含む線形システムにおける状態フィードバック制御−有限個のLMI条件に基づく構成法−

第40回自動制御連合講演会1997年11月-

非線形システムの準大域的なL2ゲイン解析−自己スケジューリングパラメータを持つ線形システムに基づくアプローチ

第20回Dynamical System Theoryシンポジウムp.149 - 1541997年10月-

可到達集合解析に基づくk次システムの準大域的なL2ゲイン制御

第20回Dynamical System Theoryシンポジウムp.155 - 1601997年10月-

不確かなパラメータを持つLPVシステムに対するScheduledロバストH∞制御

SICE'971997年07月-

拡張2次形式リアプノフ関数によるロバスト視覚サーボ系の設計

SICE'971997年07月-

有限個のLMI条件によるパラメータ依存LMI条件の解法−凸多面体の構成法−

第26回制御理論シンポジウムp.223 - 2261997年05月-

拡張2次形式リアプノフ関数によるある非線形システムに対する出力フィードバック制御

第26回制御理論シンポジウムp.311 - 3141997年05月-

出力可到達集合解析に基づいたアンチワインドアップコントローラの解析

第26回制御理論シンポジウムp.93 - 971997年05月-

可到達集合解析に基づくk次システムの準大域的なL2ゲイン解析

第26回制御理論シンポジウム1997年05月-

遺伝的アルゴリズムによる最適Look-up-Tableコントローラを用いた閉ループ系の構成

電気学会研究会1997年03月-

スケジューリング制御によるロバストビジュアルサーボの構成

電気学会研究会1997年03月-

視覚フィードバックによる自律ロボットの制御−狭路進入・移動問題−

電気学会研究会1997年03月-

ゲインスケジューリングの新しい展開

内田, 渡辺, 藤田

電気学会論文誌C116-C;10p.1085 - 10881996年-

構造化特異値による閉ループ特性を考慮した制御器の低次元化

長堂, 示村, 石田, 内田

計測自動制御学会論文集32;7p.1080 - 10861996年-

双線形システムに対するH<SUP>∞</SUP>出力フィードバック制御問題の解法

佐々木, 内田

計測自動制御学会論文集32;6p.871 - 8791996年-

微分ゲームとRiccati方程式

内田

計測と制御35;12p.968 - 9701996年-

A Robust Control Theory Approach to Output Feedback Control Problems for Bilinear Systems

S.Sasaki, K.Uchida

Proc.of the 7th German-Japanese Seminar on Nonlinear Problems in Dynamical SystemsSchloss Reisensburg1996年09月-

A Minimax Approach to Robust H<SUP>2</SUP>Performance Control Problems

K.Uchida, M.Fujita

Proc.of the 7th Symposium on Dynamic Games and Appli..(Shonan)p.900 - 9061996年12月-

A New LMI Approach to Analysis of Linear Systems with Scheduling Parameter:Reduction to Finite Number of LMI conditions

R.Watanabe, K.Uchida, M.Fujita

Proc.of the 35th IEEE Conference on Decision and Control(Kobe)p.1663 - 16651996年12月-

H∞ Output Feedback Control Problems for Bilinear Systems

S.Sasaki, K.Uchida

Proc.of the 7th Symposium on Dynamic Games and Appli..(Shonan)p.806 - 8141996年12月-

Syntheses of H<SUP>∞</SUP> Output Feedback Control for Bilinear Systems

S.Sasaki, K.Uchida

Proc.of the 35th IEEE Conference on Decision and Control(Kobe)p.3282 - 32871996年12月-

拡張2次形式リアプノフ関数による非線形状態フィードバック制御の構成法

第19回Dynamical System Theoryシンポジウム1996年10月-

有限個のLMI条件に基づいたパラメータ依存LMI条件の解法

第19回Dynamical System Theoryシンポジウム1996年10月-

2次システムに対する出力可到達集合の解析

第19回Dynamical System Theoryシンポジウム1996年10月-

ロードインフォメーションを考慮した電動パワーステアリング制御

(社)自動車技術会学術講演会前刷集p.129 - 1321996年-

ゲインスケジューリングを用いたジェットエンジンの推力制御

SICE’961996年07月-

拡張二次形式リアプノフ関数による非線形システムに対する状態フィードバック制御

SICE’96p.731 - 7521996年07月-

拡張2次形式リアプノフ関数による非線形システムのL2ゲイン解析

第25回制御理論シンポジウムp.83 - 881996年05月-

有限個のLMI条件に基づいたスケジューリングパラメータを持つ線形システムの解析における凸包の構成法

第25回制御理論シンポジウムp.73 - 781996年05月-

2次近似システムに対する可到達集合の解析

第25回制御理論シンポジウムp.5 - 101996年05月-

Emergent neural network -A new design method of nearal networks and its application to mobing obstacle avoidance-

H.Naito, K.Uchida

Proc.Int.Workshop on Biologically Inspired Evolutionary Systems/p.37 - 441995年-

H∞control attenuating initial state uncertainties

K.Uchida, A.Kojima, M.Fujita

Proc.of the 3rd European Control Conference/p.1819 - 18231995年-

Robot Vision System with Self-Learning Mechanism

H.Kobayashi, K.uchida, Y.Matsuzaki

Journal of Artificial Neural Networks2;1・2p.137 - 1441995年-

ゲインスケジューリング

内田

計測と制御34;3p.182 - 1871995年-

スケジューリングパラメータを持つ線形システムのH∞制御

渡辺,内田,藤田,示村

計測自動制御学会論文集31;4p.481 - 4881995年-

μ-Synthesis of an Electromagnetic Suspennsion System

M.Fujita, T.Namerikawa, F.Matsumura, K.Uchida

IEEE Trans. on Automatic Control40;3p.530 - 5361995年-

最適予見繰り返し制御と安定条件

安藤,中村,示村,内田

計測自動制御学会論文集31;7p.871 - 8791995年07月-

電気学会技術報告−新世代の制御理論

電気学会5351995年-

離散時間H∞フィルタアルゴリズムとそのビジュアルトラッキングへの応用

藤田,丸山,川端,内田

計測自動制御学会論文集31;8p.1047 - 10531995年08月-

Emergent Neural Network: A new design method of neural networks and its application to moving obstacle avoidance

H.Naito, K.Uchida

Proc. Int. Workshop on Biologically Inspired Evolutionary Systems (Tokyo)p.37 - 441995年05月-

H∞ Control Attenuating Initial State Uncertainties

K.Uchida, A.Kojima, M.Fujita

Proc. of the 3rd European Control Conference (Roma)p.1819 - 18231995年09月-

LFRを用いたスケジューリングパラメータを持つ線形システムの解析

第18回Dynamical System Theoryシンポジウムp.157 - 1621995年11月-

LFRによる双線形H∞制御問題の解法

第18回Dynamical System Theoryシンポジウム1995年11月-

自己スケジューリングパラメータを持つアフィンシステムの安定性

第18回Dynamical System Theoryシンポジウム1995年11月-

ミニマックスアプローチによる有限時間双線形H∞制御問題の解法

SICE’951995年07月-

スケジュールドH∞制御の先端理論

SICE’95p.855 - 8561995年07月-

スケジュールドH∞制御の先端応用

SICE’95p.859 - 8601995年07月-

周波数依存評価関数型2自由度最適サーボによる4WSアクチュエータ制御

第3回制御理論応用シンポジウム1995年-

双線形H∞制御問題への微分ゲームアプローチ

第24回制御理論シンポジウムp.51 - 541995年05月-

有限個のLMI条件に基づいたスケジューリングパラメータを持つ線形システムの解析

第24回制御理論シンポジウム1995年05月-

AVRつきPSSのスケジュールドH∞制御に基づく設計

平成8年電気学会全国大会1995年-

進化型ニューラルネットワークに基づく探索・回収ロボットシステム

平成8年電気学会全国大会1995年-

LMIによるH2/ESPR混合制御問題の解法

平成8年電気学会全国大会1995年-

進化型ニューラルネットワークを用いた移動障害物回避

電気学会研究会資料SC−95(14)p.39 - 481995年03月-

Digital Implemantation of Robust μ-Control for a Robot Manipulator

M.Fujita, T.Namerikawa, K.Uchida

Proc. of the 1994 American Control Conferencep.2450 - 24541994年-

L2 Gain and H∞ Control of Linear Systems with Scheduling Parameter

R.Watanabe, K.Uchida

Proc. of the 33rd IEEE Conference on Decision and Controlp.1412 - 14141994年-

Mixed H2/H∞ Output Feedback Control via LMI Part 1 : Design for LTI Systems

Proc. of the 1st Asian Control Conference IIIp.319 - 3221994年-

Mixed H2/H∞ Output Feedback Control via LMI Part 2 : Design for LTI Systems under Structured Uncertainties

Proc. of the 1st Asian Control Conference IIIp.323 - 3261994年-

Mixed H∞ Control with Pole Placement in a Class of Regions

R.T.Bambang, E..Shimemura, K.Uchida

Optimal Control Applications & Methods15p.151 - 1731994年-

Robust Control of Reheat-Fan Engine

R.Watanabe, M.Kurosaki, K.Uchida

Proc. of the 1994 American Control Conferencep.787 - 7901994年-

Robust Control of Systems with Scheduling Parameter

Proc. of the 6th Japanese-German Seminar on Nonlinear Problems in Dynamical Systemsp.171 - 1821994年-

Robust Control of an Automatic Transmission System for Passenger Vehicles

H.Furukawa, K.Hagiwara, M.Fujita, K.Uchida

Proc. of the 3rd IEEE Conference on Control Applicationsp.397 - 4021994年-

Robust Stabilization of a System with Delays in Control

A.Kojima, K.Uchida, E.Shimemura, S.Ishijima

IEEE Trans. on Automatic ControlAug-39p.1694 - 16981994年-

State Feedback H∞ Control of Gasturbine Engines

Proc. of the 1st Asian Control Conference IIp.453 - 4561994年-

リカッチ方程式を用いた間接法によるコントローラの低次元化

長堂,示村,石田,内田

計測自動制御学会論文集10月30日p.1266 - 12681994年-

制御入力が制限を受ける制御系に対するAnti-Windup and Bumpless Transfarの新しい設計法

渡辺,内田,藤田,示村

計測自動制御学会6月30日p.660 - 6681994年-

有限時間双線形H∞制御問題へのミニマックスアプローチ−開ループ解と近似解法−

第17回Dynamical System Theoryシンポジウムp.25 - 301994年-

二次安定性解析における定数スケーリング

第17回Dynamical System Theoryシンポジウム1994年11月-

H∞制御設計における単位変換

第37回自動制御連合会講演会p.29 - 321994年11月-

Minimaxアプローチによる制御系の設計

第11回誘導制御シンポジウムp.123 - 1261994年10月-

燃料流量制御弁の状態フィードバックH∞制御

第23回計測自動制御学会シンポジウム1994年05月-

スケジューリングパラメータを持つ線形系のロバスト安定性

1994年05月-

Infinite Horizon H∞ Control of Linear Systems with Initial State Uncertainties

23rd SICE Symposium on Conrol Theoryp.111 - 1141994年05月-

An Experimental Evaluation and Comparison of H<SUP>∞</SUP>/μ Control for a Magnetic Bearing

Proc. 12th IFAC World Congress4,393-3981993年-

Experiments on the Loop Shaping Based H<SUP>∞</SUP> Control of a Magnetic Bearing

Proc. 1993 American Control Conference8月12日1993年-

Finite Horizon Discrete-Time H<SUP>∞</SUP> Filter with Application to an Active Vision System

Proc. 32nd IEEE Conf. on Decision and Control2194-21961993年-

H<SUP>∞</SUP> Control of Gasturbine Engines for Helicopters

Proc. 1993 American Control Conference1123-11271993年-

Mixed H<SUB>2</SUB>/H<SUP>∞</SUP> Control of Uncertain Systems

Proc. 1993 American Control Conference245-2471993年-

Mixed H<SUB>2</SUB>/H<SUP>∞</SUP> Control under Variance Constraints

Int. J. Systems Sci. ,24/11,1997-20171993年-

Mixed H<SUB>2</SUB>/H<SUP>∞</SUP> Control with Pole Placement : State Feedaback Case

Proc. 1993 American Control Conference2777-27791993年-

Mixed H<SUB>2</SUB>/H<SUP>∞</SUP> Control with Root Clustering

29/3,233-2351993年-

Robot vision System by Neural Network-Active Vision and Self-Learning-

Proc. 12th IFAC World Congress3,65-701993年-

Robust Stabilization of Uncertain Time Delay Systems Via Combined Internal-External Approach

IEEE Trans. Automatic Control38/2,373-3791993年-

V2500燃料制御弁FDRVのロバスト制御

電気学会論文誌D113/11,1272-12811993年-

入力のむだ時間を含む系のロバスト安定化

計測自動制御学会論文集29/3,319-3251993年-

閉ループ系の特性保存を考慮した周波数重みによるコントローラ低次元化

計測自動制御学会論文集29/2,233-2351993年-

再熱ファンエンジンのロバスト制御

第32回計測自動制御学会学術講演会p.355 - 3561993年-

Finite Horizon H∞ Estimation for Linear Discrete-Time Systems--A Direct Approach Based on Completing Square--

制御理論シンポジウム1993年-

Scheduling Parameterを持つ線形システムのL2ゲイン

制御理論シンポジウムp.1 - 61993年-

最適予見繰返し制御とその安定条件

第16回Dynamnical System Theoryシンポジウムp.1 - 61993年12月-

左既約分解に基づくAnti-Windupコントローラの設計

第16回Dynamical System Tehoryシンポジウムp.57 - 621993年12月-

Scheduling Parameterを持つ線形システムのH∞制御

第16回Dynamical System Theoryシンポジウム1993年12月-

微分ゲームアプローチによるH∞制御

第10回誘導制御シンポジウムp.123 - 1281993年11月-

遺伝学習ニューラルネットワークと障害物回避問題への応用

第36回自動制御連合会講演会p.287 - 2881993年10月-

混合H2/H∞フィルタ問題の簡単な場合

第36回自動制御連合会講演会p.123 - 1241993年10月-

微分ゲームとH∞制御:鞍点解の一般化

第36回自動制御連合会講演会p.39 - 421993年10月-

Robust Control of Reheat-Fan Engine

電気学会研究会資料SC-93-20〜26p.17 - 261993年09月-

Asymptotic H<SUP>∞</SUP> Disturbance Attenuation Based on Perfect Observation

IEEE. Trans. on Automatic ControlAC-36/71991年-

On the central controller : Characterizations via differential games and LEQG control problems

Systems & Control Letters1月13日1989年-

The Linear-quadratic Optimal Control Approach to Feedback Control Design for Systems with Delay

Automatica6月24日1988年-

Structural Properties of the Linear-quadratic stochastic control problem

SIAM J. on Control and Optimization5月21日1983年-

Optimal Coding in Two-user White Gaussan Channels with Feedback

IEEE Trans. on Information TheoryIT-27/51981年-

Sufficient Conditions for Observation Innovation Equivalence in White Gaussian Channels with Feedback

SIAM J. on Control and Optimization5月19日1981年-

On Optimal Control of the Stochastic Systems with Delayed Controls and Delayed Measurements

J. Math. Anal. Appl.Feb-751980年-

A Note on the Existence of the Nash Equilibrium Point in Stochastic Differential Games

SIAM J. on Control and Optimization1月17日1979年-

On Certainty Equivalence in Linear-quadratic Control Problems with Nonlinear Measurements

Information and ControlFeb-411979年-

On Existence of a Nash Equilibrium Point in N-person Nonzero-sum Stochastic Differential Game

SIAM J. on Control and Optimization1月16日1978年-

書籍等出版物

数理工学事典

分担執筆

朝倉書店2011年-

詳細

ISBN:978-4-254-28003-6

状態推定の理論

2004年 06月-

鉄鋼便覧(第4版)

日本鉄鋼協会編2002年 07月-

電気工学ハンドブック(第6版)

電気学会2001年 02月-

H∞制御の実プラントへの応用

計測自動制御学会1996年 05月-

特許

整理番号:291

プロセスの状態類似事例検索方法及び状態予測方法、並びにコンピュータ読み取り可能な(日本)

内田 健康, 秋月 影雄, 大舘 尚記

特願2003-103809、特開2004-310492、特許第4307129号

整理番号:314

プロセスの状態類似事例検索方法および状態予測方法並びに記録媒体(日本)

内田 健康, 犬島 浩, 松下 直樹

特願2003-367716、特開2005-135010、特許第4268500号

整理番号:525

プロセスの操業状態の制御方法、装置、及びコンピュータプログラム(日本)

内田 健康, 大貝 晴俊, 森 憲一, 秋月 影雄

特願2005-187361、特開2007- 4728、特許第4488964号

整理番号:702

製造プロセスの操業状態の予測方法、装置、コンピュータプログラム、及びコンピュータ読み取り可能な記憶媒体(日本)

内田 健康, 大貝 晴俊

特願2006-332217、特開2008-146322、特許第4691005号

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

ゆらぎを伴う分子アトラクターの解析と構成に関する生物制御理論の研究

2010年-0月-2013年-0月

配分額:¥2340000

研究種別:

生物制御理論の構築に向けたアトラクターの解析・制御に関する基礎研究

配分額:¥2260000

研究種別:

ネットワーク統合システムの局所モデルに基づく最適化制御に関する研究

配分額:¥1800000

研究種別:

オンラインのモデリングと最適化に基づく制御構成法の研究

配分額:¥1900000

研究種別:

無限次元線形行列不等式に基づく制御系の解析設計法に関する研究

配分額:¥1900000

研究種別:

ゲインスケジューリング理論に基づく非線形制御系の解析設計法に関する研究

配分額:¥1700000

研究種別:

スケジューリングパラメータを持つ線形制御系の設計理論に関する研究

配分額:¥900000

研究種別:

混合型H^2/H∞推定理論に関する研究

配分額:¥700000

研究種別:

実パラメータ変動に対するロバストパフォーマンス制御の構成理論に関する研究

配分額:¥2300000

研究種別:

混合型H^2/H^∝制御の微分ゲ-ム理論的構成法に関する研究

配分額:¥700000

研究種別:

微分ゲ-ム理論に基づくロバスト推定器・制御器の構成法

配分額:¥700000

研究種別:

フォ-ルト トレラントな制御系の設計理論に関する研究

配分額:¥1600000

研究種別:

ロバスト・ウィーナフィルタの構成に関する基礎研究

配分額:¥500000

研究種別:

異常発生時における制御系の安定性および制御性に関する研究

配分額:¥1900000

研究資金の受入れ状況

提供機関:文部科学省

環境共生型高精度エネルギー予測/高効率エネルギー利用技術2003年-2007年

提供機関:文部科学省

環境共生型高精度エネルギー予測/高効率エネルギー利用技術1998年-2002年

提供機関:文部科学省

人と環境に優しい次世代情報処理技術1999年-2003年

実施形態:受託教育

ロバスト制御理論によるエンジン制御則の設計1993年-

実施形態:受託教育

遺伝的アルゴリズムのエンジン制御への応用1995年-

実施形態:受託教育

温湿度制御方法への状態フィードアックの導入に関する研究1998年-

実施形態:受託教育

制御状態に制約のある最適制御問題の内点法による高速解法の研究1999年-

実施形態:受託教育

温湿度制御方法への状態フィードアックの導入に関する研究1999年-

実施形態:受託教育

海洋観測用フロート 自動昇降制御系の研究2000年-

実施形態:受託教育

実世界指向プラントシミュレ−タによる創造的操業解析ガイダンス研究2001年-

実施形態:受託教育

電子制御トルクサーボ系のロバスト性向上に関する研究2002年-
電子制御トルクサーボ系のロバスト性向上に関する研究2003年-2004年

学内研究制度

特定課題研究

ゆらぎを伴う生物アトラクターの解析と構成に関する制御理論的研究

2009年度

研究成果概要:  モデリングの方法に関して実施した研究の概要: 生物のみならず人工物におけるアトラクターの解析・制御の関する研究の調査、さらに生物におけるゆらぎの研究の調査から開始した。本研究では数理モデルに基づくアプローチを採用し、ゆらぎを伴...  モデリングの方法に関して実施した研究の概要: 生物のみならず人工物におけるアトラクターの解析・制御の関する研究の調査、さらに生物におけるゆらぎの研究の調査から開始した。本研究では数理モデルに基づくアプローチを採用し、ゆらぎを伴うアトラクターのモデリングに関する研究の調査とモデリングに関するソフトウエアの調査をおこない、その結果に基づき確率モデルの構築に取り組んだ。特に生命現象の典型的な例である概日リズムというゆらぎを伴うアトラクターに焦点を絞った。本研究では概日リズムの制御メカニズムにおけるゆらぎの役割を定性的に理解するために、単純なモデルを用いた。  ゆらぎを伴うアトラクターの定量的評価の概要: 遺伝子レベルから細胞レベルに至る分子・細胞システムで実現されている機能に対するゆらぎの問題は避けて通れない。確率モデルの構築を検討しながらゆらぎを伴う概日リズムのアトラクターを定量的に評価する方法を検討した。確率モデルの構築とゆらぎを伴うアトラクターの解析を平行して行い、それぞれの検討結果を合わせた知見に基づいて相互に行き来しながら検討を進めた。解析においては、アトラクターの確率分布の数理解析と同時に、その確率分布から導かれる生物学的に意義のあるゆらぎの統計量・評価量とは何かを検討した。先行研究として平衡状態に関するゆらぎの解析と評価に関する結果が公表されているので、その調査結果を踏まえた検討をおこない、平衡状態からアトラクターという動的な定常状態に変更されたときに、制御メカニズムを解明するためには(例えば、概日リズムのゆらぎとロバスト性の関係を解明するためには)どのような評価が合理的であるのか、また、どのような評価が生物学的特徴を抽出できるのか、といった視点から解析と評価の問題を検討した。

自己スケジューリングパラメータを持つアファイン系に基づく非線形制御系の解析設計理論

1996年度

研究成果概要: 非線形制御系の設計手法という観点から体系化されつつある近年のゲインスケジューリング手法を眺めると、スケジューリングパラメータが状態に依存することを考慮していないため、得られる制御機能が保守的になるという問題があった。本研究では、... 非線形制御系の設計手法という観点から体系化されつつある近年のゲインスケジューリング手法を眺めると、スケジューリングパラメータが状態に依存することを考慮していないため、得られる制御機能が保守的になるという問題があった。本研究では、スケジューリングパラメータが状態に依存することを可能な限り陽に考慮したゲインスケジューリング手法の開発と、その結果に基づく非線形制御系り解析設計理論の確立を目標とし、下記のような成果を得た。 非線形系を、情報をパラメータとして自己スケジューリングパラメータをもつアフィン系としてとらえ、パラメータを固定して線形系に対する安定条件あるいは有界L2ゲイン条件を考えると、それらの条件は、状態という連続値のパラメータに依存する無限次元の条件となる。本研究では、パラメータの値域に適当な凸多面体を導入し、その端点において条件を満足すれば元の無限次元の条件を保証する新しい解析・設計方法を開発した。その結果、十分条件となるため保守性の改良にはまだ検討の余地があるが、有限個の条件を用いて、無限個の条件により記述される安定性やL2ゲインの有界性を保証することが可能となった。保守性の改良のためには、凸多面体の構成法が重要であるが、本研究においては、この点についても既に有効なアルゴリズムの開発への手がかりを得ている。 最も単線な非線形系として双線形系がある。本研究では、双線形系に対しては、その特別な構造に着目した保守性の少ない解析・設計法を検討した。双線形系に対しても制御入力にかかる状態をスケジューリングパラメータと見なし、ロバスト制御手法を適用するというのが基本的な考え方である。ここでは、双線形系の特別な構造を利用して、パラメータの領域をより詳細に評価することにより保守性の少ない方法を導くことができた。

ゲインスケジューリング理論に基づく非線形制御系の解析設計法に関する研究

1997年度

研究成果概要:非線形システムとして多項式形式のものを取り上げ、状態の一部をスケジューリングパラメータにとることにより、多項式型自己スケジューリングパラメータをもつ入力アフィン線形システムに対する制御問題を定式化した。本年度は、このように定式化さ...非線形システムとして多項式形式のものを取り上げ、状態の一部をスケジューリングパラメータにとることにより、多項式型自己スケジューリングパラメータをもつ入力アフィン線形システムに対する制御問題を定式化した。本年度は、このように定式化された非制御問題に対して、安定性の解析、安定化制御問題、L2ゲイン解析、ロバスト制御問題を検討した。 対象となる非線形システムは自己スケジューリングパラメータをもつ線形システムとなるため、著者らによって近年開発されたスケジューリングパラメータをもつ線形システムの解析・設計手法を適用した。そのとき残された問題はスケジューリングパラメータが状態に依存するという困難をいかに解決するかということであった。本研究では、2次形式の行列が状態に依存する拡張2次形式リアプノフ関数を用いて、解析・設計の条件を線形行列不等式の形式で導出することによってこの問題の解決を計った。しかしこの線形行列不等式は状態に依存するため無限次元の条件である。そこで状態空間に凸領域を設定し、パラメータとしての状態が形成する超曲面をとり囲むことによって、その端点のみで条件を解くことによって有限次元の行列不等式に帰着させている。以上の手順をアルゴリズムとして整理し、ビジュアルサーボ問題、ゴム人工筋による追従問題、混合液攪拌プラントの制御問題などの実プラントの数値例においてその有効性を確認している。 上記のアルゴリズムは解析・設計において共通するものであるが、設計においては、線形の行列方程式を解くステップが追加される。この条件は局所的には自動的に成立する条件であり、特別な場合には解析的に解くことができる。しかし大域的な解を得るには数値計算に頼らざるを得ない。この条件を解く効率的な方法を開発することが今後の1つの課題である。研究成果の発表1997年4月 計測自動制御学会・渡辺亮、内田健康、藤田政之、示村悦二郎・『計測自動制御学会論文集』・「スケールドH∞ノルム条件に基づいた二次安定領域の評価」1997年5月 計測自動制御学会・佐々木清吾、内田健康・『計測自動制御学会論文集』・「拡張2次形式リアプノフ関数による非線形システムのL2ゲイン解析」1997年6月 『応用信号処理研究分科会第17回研究例会資料』・内田健康・「ゲインスケジューリング理論の動向」

ゲインスケジューリング理論に基づく非線形/適応制御系の設計法に関する研究

1998年度

研究成果概要: 非線形制御問題の解法と設計アルゴリズムの確立を目指して、前年度に引き続き、安定性の問題、L〈SUB〉2〈/SUB〉ゲインを評価関数とする制御問題、ロバスト制御問題と検討を進めた。まず、モデルの特殊性を考慮した拡張2次形式リアプノ... 非線形制御問題の解法と設計アルゴリズムの確立を目指して、前年度に引き続き、安定性の問題、L〈SUB〉2〈/SUB〉ゲインを評価関数とする制御問題、ロバスト制御問題と検討を進めた。まず、モデルの特殊性を考慮した拡張2次形式リアプノフ関数の適用により、状態フィードバックの場合と出力フィードバックの場合それぞれに設計法を提案した。実システムのモデルへの適用とシュミレーションを通して、提案法の有効性を確認した。提案法で必要となる状態に依存する線形表列不等式の解法についても、スケジューリングパラメータに依存する線形行列不等式の解法を準用することによって、有限次元の線形行列不等式の解法に帰着させる方法を提案した。また、k次多項式型という特別な非線形系については、可到達集合解析という新しい解析手法を用いて、L〈SUB〉2〈/SUB〉ゲインの解析を、有限次元の線形行列不等式の解法に帰着させる方法を開発した。 本研究で展開した非線形制御問題へのアプローチは、状態あるいは状態の一部をスケジューリングパラメータとみなして線形系の手法を活用することにある。その場合、解決しなければならない問題は、不確かなパラメータが含まれる場合の問題、またスケジューリングパラメータの地域や変化率の範囲など事前に分かっていなければならない情報をどのようにして手に入れるかという問題である。本研究では、この問題のそれぞれについて、一つの解決策を与えることに成功した。パラメータ依存の線形行列不等式の解決については、一つの実行可能なアルゴリズムを提案したが、この問題についてはさらに効率的な方法を考える必要がある。また本研究の提案法はさらに広範囲の制御問題の解法に適用可能であり、これらの問題は今後の課題である。

無限次元線形行列不等式に基づく制御系の解析設計法に関する研究

1999年度

研究成果概要: まず、モデリング手法およびモデリングの実例の調査、および関連の研究のサーベイをおこない、状態の一部分をパラメータにとることで線形形となる非線形系、むだ時間や空間パラメータを持つ分布定数形、不確かなパラメータを持つ系について検討し... まず、モデリング手法およびモデリングの実例の調査、および関連の研究のサーベイをおこない、状態の一部分をパラメータにとることで線形形となる非線形系、むだ時間や空間パラメータを持つ分布定数形、不確かなパラメータを持つ系について検討した。 次に、パラメータを持つ線形系のモデリングをおこない制御問題を定式化した。具体的には、想定する3種類のパラメータを用いた線形系によるモデリングの有効性を詳細に調べ、モデルに基づいて構成される制御則によってどのような制御性能が保証できるのかを、パラメータの性質に基づいて理論的に、また計算機シミュレーションを用いて検討し、制御問題を定式化した。 定式化された制御問題において、無限次元線形行列不等式によって記述される条件の導出をおこないゲインスケジューリングにおける隠れループの問題の解法を提案した。最初に、定式化された制御問題に対する条件を、パラメータに依存する無限次元線形行列不等式の形式で導出した。ひきつづき、非線形系をパラメータを持つ線形系としてモデル化した場合に焦点を絞り、パラメータが状態に依存してしまう(すなわち隠れループが存在する)ことを事前に考慮するために、可到達領域の評価法を導入して、閉ループ形の特性のみならずパラメータの特性も含めた解析設計のための無限次元線形行列不等式条件を導出した。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
電気・情報生命工学フロンティア先進理工学部2018春学期
電気・情報生命工学フロンティア  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2018春学期
回路理論A 2クラス先進理工学部2018春学期
回路理論A 2クラス 【前年度成績S評価者用】先進理工学部2018春学期
回路理論A・演習 2クラス先進理工学部2018春学期
回路理論A・演習 2クラス 【前年度成績S評価者用】先進理工学部2018春学期
電気・情報生命工学実験B A組先進理工学部2018春学期
電気・情報生命工学実験B B組先進理工学部2018春学期
電気・情報生命工学実験B A組 【前年度成績S評価者用】先進理工学部2018春学期
電気・情報生命工学実験B B組 【前年度成績S評価者用】先進理工学部2018春学期
電気・情報生命工学実験C先進理工学部2018秋学期
電気・情報生命工学実験C  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2018秋学期
プロジェクト研究A先進理工学部2018春学期
プロジェクト研究A  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2018春学期
プロジェクト研究B先進理工学部2018秋学期
プロジェクト研究B  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2018秋学期
卒業研究A先進理工学部2018春学期
卒業研究A  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2018春学期
卒業研究B先進理工学部2018秋学期
卒業研究B (春学期) 先進理工学部2018春学期
卒業研究B  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2018秋学期
卒業研究B (春学期)  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2018春学期
回路理論B 2クラス先進理工学部2018秋学期
回路理論B 2クラス 【前年度成績S評価者用】先進理工学部2018秋学期
回路理論B・演習 2クラス先進理工学部2018秋学期
回路理論B・演習 2クラス 【前年度成績S評価者用】先進理工学部2018秋学期
システム解析先進理工学部2018秋学期
Graduation Thesis A先進理工学部2018秋学期
Graduation Thesis B先進理工学部2018春学期
修士論文(電生)大学院先進理工学研究科2018通年
Research on Intelligent Control大学院先進理工学研究科2018通年
インテリジェント制御研究大学院先進理工学研究科2018通年
情報と制御大学院先進理工学研究科2018春学期
Advanced Seminar A大学院先進理工学研究科2018春学期
特別演習A大学院先進理工学研究科2018春学期
Advanced Seminar B大学院先進理工学研究科2018秋学期
特別演習B大学院先進理工学研究科2018秋学期
Seminar on Intelligent Control A大学院先進理工学研究科2018春学期
インテリジェント制御演習A大学院先進理工学研究科2018春学期
Seminar on Intelligent Control B大学院先進理工学研究科2018秋学期
インテリジェント制御演習B大学院先進理工学研究科2018秋学期
Seminar on Intelligent Control C大学院先進理工学研究科2018春学期
インテリジェント制御演習C大学院先進理工学研究科2018春学期
Seminar on Intelligent Control D大学院先進理工学研究科2018秋学期
インテリジェント制御演習D大学院先進理工学研究科2018秋学期
Master's Thesis (Department of Electrical Engineering and Bioscience)大学院先進理工学研究科2018通年
インテリジェント制御研究大学院先進理工学研究科2018通年