氏名

ウエキ チカコ

植木 千可子

植木(川勝)千可子

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0136209/)

所属

(大学院アジア太平洋研究科)

連絡先

URL等

研究者番号
50460043

本属以外の学内所属

学内研究所等

AHC研究所

研究所員 2008年-2011年

現代日本社会システム研究所

研究所員 2009年-2013年

AHC研究所

研究所員 2012年-2012年

AHC研究所

研究所員 2011年-2012年

学歴・学位

学歴

上智大学 国際関係論 国際関係論
上智大学 外国語学部 フランス語
マサチューセッツ工科大学 政治学 博士

学位

博士(政治学) マサチューセッツ工科大学

所属学協会

日本国際政治学会、国際安全保障学会、APSA、ISA、IISS

委員歴・役員歴(学外)

2015年01月-2017年12月 日本国際安全保障学会理事
2017年-日本国際政治学会学会奨励賞委員

受賞

Lucian Pye 賞

2007年06月

研究分野

キーワード

安全保障論、戦争の原因と予防

科研費分類

社会科学 / 政治学 / 政治学

社会科学 / 政治学 / 国際関係論

論文

Prospects for Regional Security Cooperation in East Asia

Chikako Kawakatsu Ueki

アジア太平洋討究16p.45 - 582011年-

世界の構造変動と日米中関係ー「リベラル抑止」政策の重要性

植木(川勝)千可子

国際問題(586)2009年11月-

書籍等出版物

平和のための戦争論

植木千可子

筑摩書房2015年 02月-

「中国に対するリベラル抑止」『日米安全保障同盟』

植木千可子.(編)猪口孝、佐藤洋一郎、G.ジョン・アイケンベリー

原書房2013年 11月-

北東アジアの「永い平和」—なぜ戦争は回避されたのか

植木(川勝)千可子、本多美樹

勁草書房2012年 11月-

「東アジア多国間地域安全保障をめぐる議論の興亡」『グローバリゼーションとアジア地域統合』

植木(川勝)千可子. (編)浦田秀次郎、金ゼンマ

勁草書房2012年 03月-

「日米同盟と地域安全保障」『変容するアジアと日米関係』

植木(川勝)千可子. (編)吉野孝、蟻川靖浩、浦田秀次郎、谷内正太郎、柳井俊二

東洋経済新報社2012年 03月-

"Liberal Deterrence of China: Challenges in Achieving Japan's China Policy," in The U.S.-Japan Alliance: Regional Multilateralism

Chikako Kawakatsu Ueki. (Eds) Takashi Inoguchi, G. John Ikenberry, and Yoshiro Sato.

Palgrave Macmillan2011年-

「アジアの安全保障」『アジア学のすすめ』

植木(川勝)千可子.(編)寺田貴

2010年 06月-

アクセス安全保障論

川勝 千可子

日本経済評論社2005年 09月-

"The rise and fall of the debate over East Asian multilateral regional security cooperation," Regional Integration in East Asia: Theoretical and Historical Perspectives.

Chikako Kawakatsu Ueki. (Eds.) Satoshi Amako, Shunji Matsuoka and Kenji Horiuchi.

United National University Press2013年-

"ASEAN-Japan Cooperation in East Asia: An Overview," Navigating Change: ASEAN-Japan Strategic Partnership in East Asia and Global Governance.

Chikako Kawakatsu Ueki and Mely Caballero Anthony. (Eds.) Rizal Sukma and Yoshihide Soeya.

Japan Center for International Exchange2015年 01月-

"Japan-China Relations: Toward a Comprehensive Strategy." Japan's Foreign Policy Challenges in East Asia.

Chikako Kawakatsu Ueki. (Ed.) Yuki Tatsumi

Stimson2014年 03月-

「対中政策、米中関係に関わるシンクタンク・研究所」『アメリカ政治を支えるもの』

植木(川勝)千可子(編)久保文明

日本国際問題研究所-2010年 12月

講演・口頭発表等

Free and Open Indo-Pacific: A Japanese Perspective

Chikako Ueki

Australia-US and a Free and Open Indo-Pacific招待有り2018年

U.S. Strategy for a Free and Open Indo-Pacific

Chikako Ueki

Australia-U.S. Indo-Pacific Conference招待有り2018年

平和のための戦争論:世界の現状と日本の進むべき道

植木(川勝)千可子

世田谷市民大学2017年07月25日

トランプ政権の安全保障

植木(川勝)千可子

日本経済団体連合会2017年01月30日

Japan's Role in the World: Pacifist Isolationist or Proactive Internationalist?

Chikako Ueki

The Politics of Foreign Policy招待有り2017年

日中関係:共通の未来を描けるか

植木千可子

上海国際問題研究院-日中国交正常化45周年記念シンポジウム招待有り2017年

トランプ政権100日と東アジアの対応

植木千可子

招待有り2017年

平和のための戦争論

植木千可子

今日の戦争と平和2016年05月29日

平和のための戦争論

植木千可子

東京ロータリークラブ例会2016年04月06日

New Security Laws and their Implications

Chikako Ueki

Visegrad Plus Japan Seminar 20162016年02月10日

What are we fighting for? What are we afraid of?: Misreading Intentions and Goals

Chikako Ueki

The East Asian Community Forum2016年

Sources and Implications of U.S.-China Competition for East Asia

Chikako Ueki

KAIS International Conference招待有り2016年

Is Japanese Nationalism on the Rise?

Chikako Ueki, Jennifer Lind

International Studies Association2016年

アジア太平洋の安全保障と日本の戦略

植木千可子

上智大学国際関係研究所開所記念シンポジウム2015年11月25日

戦後70年の日中関係ー安全保障

植木千可子

2015年11月14日

The Rise of China and the U.S.-Japan Alliance

Chikako Ueki

Seoul National University Seminar招待有り2015年10月29日

変動する世界と日本の安全保障

植木千可子

東京西北ロータリークラブ2015年10月26日

China and Regional Dynamism

Chikako Kawakatsu Ueki

Korea-Japan Millennium Forum 20152015年10月21日

日本の安全保障ー変動するアジアにどう向き合うのか

植木(川勝)千可子

世田谷生涯大学招待有り2015年10月01日

日米中関係とアジアの安全保障

植木千可子

富士通防衛ソリューションフェア2015招待有り2015年08月27日

日米安保を考える

植木千可子

日本記者クラブ研究会招待有り2015年05月14日

日米中関係と東アジアの安全保障

植木千可子

早稲田大学ー淡江大学シンポジウム2015年04月27日

世界の構造変動と自衛隊の役割

植木(川勝)千可子

日本防衛学会2014年11月30日

Domestic Politics and Alliance Collaboration

Chikako Kawakatsu Ueki

Conference on the United States' Asia-Pacific Allies and Partners: Managing Regional Cooperation and Competition招待有り2014年05月26日

Japan-China Relations: Towards a Comprehensive Strategy

Chikako Kawakatsu Ueki

Conference on Japan's Foreign Policy Challenges in East Asia招待有り2014年03月11日

詳細

開催地:米国

ASEAN-Japan Cooperation in East Asia

Chikako Kawakatsu Ueki

Conference on ASEAN-Japan Strategic Partnership in East Asia and Global Governance招待有り2014年02月18日

国際安全保障とアメリカ

植木千可子

国際地政学研究会2013年09月28日

Japan's Policy towards China

Chikako Kawakatsu Ueki

Conference on Japan-China Relations招待有り2013年09月09日

Times of Change: What is at Stake - Security Situation in East Asia

Chikako Kawakatsu Ueki

2013年03月01日

China Rises, Japan Responds

Chikako Kawakatsu Ueki

MIT Seminar at the Lincoln Laboratory招待有り2013年02月14日

The Genesis of Threat

Chikako Kawakatsu Ueki

MIT Strategic Forces Working Group2012年12月11日

Japan's Perception of China's Rise

Chikako Kawakatsu Ueki

Conference on Assessing Recent Changes in Japan's International Crisis Management Capabilities招待有り2011年10月28日

Competing Grand Strategies for Japan

Chikako Kawakatsu Ueki

International Conference on Contemporary Japan招待有り2011年10月25日

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

拒否的抑止が成立する条件-相互依存とナショナリズムが併存する国際社会の紛争回避

2015年-0月-2018年-0月

配分額:¥4810000

研究種別:

脅威と依存―脅威認識の形成に依存関係が与える影響とそのメカニズム

2011年-0月-2014年-0月

配分額:¥4680000

研究種別:基盤研究(A)

日本人の外交に関する選好形成メカニズムの研究

2011年-2013年

研究分野:国際関係論

配分額:¥45240000

研究種別:

脅威認識の源泉-安全保障ジレンマの緩和に向けた理論構築

配分額:¥4160000

研究種別:

経済的相互依存と脅威認識

2019年-0月-2023年-0月

配分額:¥3900000

学内研究制度

特定課題研究

脅威認識の形成過程に関する考察:日本の冷戦後の対米、対中認識

2007年度

研究成果概要:【調査・研究概要】 日本の冷戦後の対米、対中脅威認識について調べるために、今年度は、安全保障・防衛政策担当者などへのインタビューを実施し、1990年以降出版された雑誌等の論評を分析した。 とくに、1995年ごろまでの対中認識、対米...【調査・研究概要】 日本の冷戦後の対米、対中脅威認識について調べるために、今年度は、安全保障・防衛政策担当者などへのインタビューを実施し、1990年以降出版された雑誌等の論評を分析した。 とくに、1995年ごろまでの対中認識、対米認識がどのような原因によって変化し始めたか、また、対米認識と対中認識の連関などについて調べた。また、2000年頃からいわゆる「中国脅威論」がなぜ顕著になったのか、について探った。【研究成果】 現段階での研究成果としては、まず、日本の対米認識の影響の大きさの確認が挙げられる。冷戦後、また、それ以前も含めて、日本の対外政策は、米国との関係を通して形成されて来た。冷戦後、日本は国際社会や近隣諸国との新しい関係を模索始める。その中で、米国は日本にとっての世界へのパスポートとして認識されるようになった。 2000年以降の「中国脅威論」の台頭については、まだ、明確な答えは出ていない。引き続き、検討を進めるが、現段階のファインディングとしては、対米関係の健全化が挙げられる。1990年代半ばから日米同盟漂流を食い止める動きが政策担当者を中心に現れた。2000年頃には、日米関係は同盟の再定義も終わり、緊密な関係を再構築するに至っている。それまで、日本政府は対米、対中両方を改善しようとしていた。つまり、選択肢を出来るだけ増やすような合理的な行動であった。しかし、米国との関係が改善したため、日本の対中認識が悪化したと考えれる。

韓国の脅威認識の謎ー安全保障依存と脅威認識の形成

2014年度

研究成果概要:本研究は、安全保障上の依存関係が、脅威認識の形成にどのような影響を与えるかを検討するものである。その中で、とくに韓国の脅威認識の調査を対象にしている。日本と米国の対中脅威認識が1990年代初頭から顕在化したのに対し、韓国においては...本研究は、安全保障上の依存関係が、脅威認識の形成にどのような影響を与えるかを検討するものである。その中で、とくに韓国の脅威認識の調査を対象にしている。日本と米国の対中脅威認識が1990年代初頭から顕在化したのに対し、韓国においては、同様の事象が観察されるかどうかを調査した。その結果、中国に地理的に近く、相対的な力においても弱い韓国においては、米国、日本よりも脅威認識が強いことが予想されるのにもかかわらず、そうではないことが観察された。しかし、顕在化していない脅威認識は韓国においても観察され、脅威認識が発生しなかったということよりも、抑制されたと推察される、結果が得られた。

海外研究活動

研究課題名: 覇権交代と脅威認識の形成に関する研究

2012年04月-2013年03月

機関: MIT(米国)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
安全保障論 (J)大学院アジア太平洋研究科2020秋学期(アジア)
安全保障論(E)大学院アジア太平洋研究科2020秋学期(アジア)
東アジアの国際関係と安全保障 (J)大学院アジア太平洋研究科2020春クォーター
東アジアの国際関係と安全保障 (E)大学院アジア太平洋研究科2020春クォーター
東アジアの国際関係と安全保障 (MA Seminar) 大学院アジア太平洋研究科2020春学期(アジア)@夏学期(アジア)
東アジアの国際関係と安全保障 (MA Seminar)大学院アジア太平洋研究科2020秋学期(アジア)@冬学期(アジア)
アジア太平洋の国際関係と安全保障(研究指導)大学院アジア太平洋研究科2020春学期(アジア)@夏学期(アジア)
アジア太平洋の国際関係と安全保障(研究指導)大学院アジア太平洋研究科2020秋学期(アジア)@冬学期(アジア)

Waseda Course Channel配信動画

科目名学部公開年度

社会貢献活動

日曜討論「日米首脳会談 どう動く安保・経済」

2015年04月-

主催者・媒体名:NHK

イベント・番組・雑誌名:日曜討論

日曜討論「稲田・マチス会談 今後の日米同盟は」

役割:出演2017年02月-

主催者・媒体名:NHK

日曜討論「トランプ大統領アジア歴訪へ どうなる北朝鮮情勢」

役割:出演2017年10月-

主催者・媒体名:NHK

共同通信「米朝首脳会談 今後の展望」

役割:インタビュイー2018年06月-

主催者・媒体名:共同通信

信濃毎日「米朝会談 今後の展望」

2018年06月-

主催者・媒体名:信濃毎日

静岡新聞「対北朝鮮 青写真描いて」

役割:寄稿2017年11月-

主催者・媒体名:静岡新聞

熊本日日新聞「トランプの米国」 

役割:寄稿-2016年11月

主催者・媒体名:熊本日日新聞

毎日新聞「自衛権範囲明確に 早稲田大教授 植木千可子さん」

2016年06月-

主催者・媒体名:毎日新聞

NHK 視点・論点「安保法制を考える」

役割:出演2015年06月-

主催者・媒体名:NHK

イベント・番組・雑誌名:視点・論点

NHK 視点・論点「安保法制を考える 正しい判断をするために」

役割:出演2015年09月-

主催者・媒体名:NHK

イベント・番組・雑誌名:視点・論点

TBSラジオ「国際政治の視点から改めて考える安保法案 植木千可子×荻上チキ」

役割:出演2015年09月-

主催者・媒体名:TBSラジオ

イベント・番組・雑誌名:荻上チキ・Session22

朝日新聞「集団的自衛権で抑止力は増すかー早大教授・植木千可子」

役割:インタビュイー2014年07月-

主催者・媒体名:朝日新聞

読売新聞「衆院選2017経済・外交 まったなし」

役割:インタビュイー2017年10月-

主催者・媒体名:読売新聞

朝日新聞 耕論「この道しかないのか 田中秀征さん、植木千可子さん」

役割:インタビュイー2015年05月-

主催者・媒体名:朝日新聞

朝日新聞「ガイドラインってなに? 日米防衛協力のための指針改定」

役割:インタビュイー2015年04月-

主催者・媒体名:朝日新聞

朝日新聞「安全保障法制 <考論>武力行使の基準、不明瞭 植木千可子・早稲田大大学院教授」

役割:インタビュイー2015年09月-

主催者・媒体名:朝日新聞

婦人公論「安保法制 私はこう考える」

役割:インタビュイー2015年07月-

主催者・媒体名:婦人公論

東京新聞「9条の21世紀」

役割:インタビュイー2013年06月-

主催者・媒体名:東京新聞