氏名

オトグロ リョウ

乙黒 亮

職名

教授

所属

(法学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
otoguro@waseda.jp

URL等

WebページURL

http://www.f.waseda.jp/otoguro/

研究者番号
00433201

本属以外の学内所属

兼担

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

メディアネットワークセンター

兼任研究員 2010年-2010年

メディアネットワークセンター

兼任研究員 2010年-2012年

言語情報研究所

プロジェクト研究所所長 2016年-2020年

言語情報研究所

プロジェクト研究所所長 2014年-2015年

言語情報研究所

研究所員 2016年-

学歴・学位

学歴

1997年04月-2001年03月 大阪大学 文学部 英語学専攻
2001年10月-2002年09月 エセックス大学 言語学研究科 統語論
2002年10月-2006年01月 エセックス大学 言語学研究科 言語学

学位

博士 課程 エセックス大学 言語学

経歴

2005年08月-2006年02月エセックス大学言語学研究科上級研究員
2006年04月-2009年03月福井県立大学学術教養センター専任講師
2009年04月-2012年03月早稲田大学法学学術院専任講師
2012年04月-2018年03月早稲田大学法学学術院准教授
2018年04月-早稲田大学法学学術院教授

所属学協会

イギリス言語学会

アメリカ言語学会

オーストラリア言語学会

語彙機能文法学会

言語類型論学会

認知科学会

日本言語学会

日本英語学会

日本認知科学会

関西言語学会

委員歴・役員歴(学外)

2015年04月-日本英語学会広報委員
2010年11月-Pasic Asia Conference on Language, Information and ComputationAssociate Digital Archivist

受賞

イギリス政府Overseas Research Students Awards

2003年10月

研究分野

キーワード

言語学、形態論、統語論、言語類型論、言語進化

科研費分類

人文学 / 言語学 / 言語学

研究テーマ履歴

2014年-2016年動詞の屈折形態と統語位置に関する通時的・共時的研究

個人研究

2011年-2013年制約に基づく文法理論によるモダリティと周辺領域の研究:形態統語論の視点から

研究テーマのキーワード:モダリティ,制約に基づく文法理論,形態論,統語論

個人研究

2006年-2008年自然言語における一致素性の多様性とその形式化

研究テーマのキーワード:一致,言語類型論,制約に基づく文法理論

個人研究

論文

LFGにおける情報構造〜人称制約の形式化〜

乙黒亮

信学技報招待有り118(271)p.1 - 52018年10月-2018年10月 

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Variations in Agreement Controller and Information Structure

Ryo Otoguro

Proceedings of the 41st Annual Meeting of the Kansai Linguistic Society査読有り招待有り37p.241 - 2512017年-2017年

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

[Review] Lexical Relatedness: A Paradigm-based Model

Ryo Otoguro

English Linguistics査読有り33(1)p.202 - 2122016年06月-2016年06月 

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Syntactic, Semantic and Information Structures of Floating Quantifiers

Ryo Otoguro and Liselotte Snijders

Proceedings of the HeadLex 2016 Conference査読有り2016年-2016年

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Generalising Functional Categories in LFG

Ryo Otoguro

Proceedings of the LFG15 Conference査読有りp.250 - 2692015年-2015年

link

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)ISSN:10986782

Constructional Paradigm in Constraint-based Morphosyntax: A Case of Japanese Verb Inflection

Ryo Otoguro

Proceedings of the Annual Meeting of the Berkeley Linguistic Society 38査読有り38p.371 - 3852014年-2014年

link

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)ISSN:03632946

Morphosyntax of Modals and Quasi-modals

Ryo Otoguro

人文論集49p.113 - 1402010年-2010年

link

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)ISSN:04414225

Surface-oriented Morphological Network

Ryo Otoguro

人文論集48p.219 - 2402009年-2009年

link

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)ISSN:04414225

Agreement and Path Specification in Icelandic

Ryo Otoguro

Papers from the 41st Regional Meeting of the Chicago Linguistic Society査読有り41p.385 - 3992008年-2008年

link

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)ISSN:19440324

Paradigm Gaps and Periphrases in the Japanese Conjugation System

Ryo Otoguro

Proceedings of Western Conference on Linguistics 2007査読有り18p.160 - 1722007年-2007年

link

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Formal Aspects of Morphosyntax of LFG

Ryo Otoguro

English Linguistics査読有り24(1)p.256 - 2782007年-2007年

link

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Dissociation Between Phrase Structure and Functions: A Lexical-functional Analysis of English Negator not

Ryo Otoguro

Osaka University Papers in English Linguistics11p.85 - 1092006年-2006年

link

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)ISSN:09196293

Mismatch Phenomena from an LFG Perspective

Ryo Otoguro

Essex Research Reports in Linguistics48p.31 - 452006年-2006年

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)

Morphosyntax of Case: A Theoretical Investigation of the Concept

Ryo Otoguro

査読有り2006年-2006年

link

詳細

掲載種別:学位論文(博士)

Morphological and Syntactic Well-formedness: The Case of European Portuguese Proclitics

Ryo Otoguro

Proceedings of the LFG05 Conference査読有りp.253 - 2702005年-2005年

link

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)ISSN:10986782

Case, Adpositions and Functional Categories in LFG

Ryo Otoguro

York Papers in Linguistics Series 22p.57 - 782004年-2004年

link

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)ISSN:17580315

Proclitic Contexts in European Portuguese and Their Effect on Clitic Placement

Ryo Otoguro

Proceedings of the LFG04 Conference査読有りp.334 - 3532004年-2004年

link

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)ISSN:10986782

Focus Clitics and Discourse Information Spreading

Ryo Otoguro

Proceedings of the LFG03 Conference査読有りp.367 - 3862003年-2003年

link

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)ISSN:10986782

Focus Clitics and Discourse Structure in LFG and PFM

Ryo Otoguro

Proceedings of the University of Cambridge First Postgraduate Conference in Language Research査読有りp.140 - 1462003年-2003年

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)ISSN:17416655

Word Formation in Syntax: Japanese Verb-Verb Compounding and Grammatical Information Spreading

Ryo Otoguro

査読有り2002年-2002年

link

詳細

掲載種別:学位論文(修士)

書籍等出版物

Inflectional Morphology and Syntax in Correspondence: Evidence from European Portuguese

Ryo Otoguro(分担執筆)

John Benjamins2011年-2011年

LINK

詳細

単行本(学術書)担当ページ数:97-135ISBN:9789027255617

Limits to Case---A Critical Survey of the Notion

Ryo Otoguro(分担執筆)

Elsevier2005年-2005年

LINK

詳細

単行本(学術書)担当ページ数:119-145ISBN:9780080446516

Proceedings of the 24th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation

Ryo Otoguro(共編著)

2010年-2010年

詳細

ISBN:9784905166009

講演・口頭発表等

Formulating Controller Selection in Non-canonical Agreement

Ryo Otoguro

The 27th South of England LFG meeting2019年02月09日

詳細

開催地:ロンドン

LFGにおける情報構造〜人称制約の形式化〜

乙黒亮

電子情報通信学会 思考と言語(TL)招待有り2018年10月28日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)開催地:函館

Object agreement in Icelandic: Person feature prominency and information structure

Ryo Otoguro

The 22nd South of England LFG Meeting2017年02月04日

詳細

開催地:ロンドン

迂言形の類型から見る形態論と統語論の連続性・非連続性

乙黒亮

Morphology and Lexicon Forum 2016(Morphology and Lexicon Forum)招待有り2016年09月11日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)開催地:東京

Syntactic, Semantic and Information Structures of Floating Quantifiers

Ryo Otoguro and Liselotte Snijders

Joint 2016 Conference of Head-driven Phrase Structure Grammar and Lexical Functional Grammar(Polish Academy of Science)2016年07月28日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:ワルシャワ

一致コントローラーの変異と情報構造

乙黒亮

関西言語学会第41回大会(関西言語学会)招待有り2016年06月11日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)開催地:京都

述語の形態的特性と周縁部の統語構造

乙黒亮

日本英語学会第33回大会(日本英語学会)2015年11月21日

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)開催地:大阪

Relative Clauses and Verb-adjective Transposition in Japanese

Ryo Otoguro

Workshop on Relative Clauses: Relatives in East Asia and Beyond(コーネル大学言語学科)招待有り2015年11月15日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)開催地:ニューヨーク州イサカ

Tense Morphology and Argument Structure Alternations: An Analysis of Prenominal Modifiers in Japanese

Ryo Otoguro

The Annual Meeting of the Linguistics Association of Great Britain(Linguistics Association of Great Britain)2015年09月17日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:ロンドン

Generalising Functional Categories in LFG

Ryo Otoguro

The 20th International Lexical Functional Grammar Conference(International Lexical Functional Grammar Association)2015年07月21日

詳細

国際会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:東京

語彙機能文法:制約に基づく文法理論と心理的実在

乙黒亮

中央大学人文科学研究所研究会(中央大学人文科学研究所)招待有り2014年02月01日

詳細

国内会議公開講演開催地:東京

Distinctiveness of Morphological Features and Syntactic Positions

Ryo Otoguro

The Annual Meeting of the Linguistics Association of Great Britain(The Linguistics Association of Great Britain)2013年08月29日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:ロンドン

迂言的活用形から見る日本語動詞形態のパラダイム基盤分析

乙黒亮

日本言語学会第145回大会(日本言語学会)2012年11月25日

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)開催地:福岡

Non-isomorphism and Microvariation: A Comparative Analysis of Pronominal Clitics in European and Brazilian Portuguese

Ryo Otoguro

Clitics and Beyond2012年05月03日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:ゲッティンゲン

Constructional Paradigm in Constraint-based Lexicalism: The Case of Japanese Verb Inflection

Ryo Otoguro

The 12th Korea-Japan Workshop on Linguistics and Language Processing招待有り2012年03月24日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:ソウル

Constructional Paradigm in Constraint-based Morphosyntax: A Case of Japanese Verb Inflection

Ryo Otoguro

The 38th Annual Meeting of the Berkeley Linguistic Society(The Berkeley Linguistic Society)2012年02月11日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:バークレー

Word-based Inflectional System in Japanese

Ryo Otoguro

The Annual Meeting of the Linguistics Association of Great Britain(The Linguistics Association of Great Britain)2010年09月03日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:リーズ

Multiple Paradigmatic Structure and Lexemic Relations

Ryo Otoguro

The 5th York-Essex Morphology Meeting招待有り2008年02月09日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:ヨーク

Paradigm Gaps and Periphrases in the Japanese Conjugation System

Ryo Otoguro

The 18th Western Conference on Linguistics2007年12月01日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:サンディエゴ

Structural and Lexical Case in Monostratal Grammar

Ryo Otoguro

The Annual Meeting of the Linguistics Association of Great Britain(The Linguistics Association of Great Britain)2005年09月01日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:ケンブリッジ

Agreement Path in Icelandic

Ryo Otoguro

The 10th International Lexical Functional Grammar Conference(The International Lexical Functional Grammar Association)2005年07月19日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:ベルゲン

Morphological and Syntactic Well-formedness: A Case of European Portuguese Proclitics

Ryo Otoguro

The 10th International Lexical Functional Grammar Conference 2005(International Lexical Functional Grammar Association)2005年07月18日

詳細

国際会議シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)開催地:ベルゲン

Agreement and Path Specification in Icelandic

Ryo Otoguro

The 41st Regional Meeting of the Chicago Linguistic Society(The Chicago Linguistic Society)2005年04月07日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:シカゴ

A Path Analysis of Agreement Target Shift in LFG

Ryo Otoguro

The 6th Meeting of the Constraint-based Linguistics in the Southeast of England2005年04月01日

詳細

国際会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:コルチェスター

Morphological Tokens and Phrase Structure: Towards a Treatment of Phrasal Affixes

Ryo Otoguro

The 2nd York-Essex Morphology Meeting2004年11月27日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:コルチェスター

The Contexts Triggering Proclisis in European Portuguese and Their Effect on Clitic Placement

Ryo Otoguro

The 9th International Lexical Functional Grammar Conference(The International Lexical Functional Grammar Association)2004年07月10日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:クライストチャーチ

Case, Adpositions and Functional Categories in LFG

Ryo Otoguro

The 1st York-Essex Morphology Meeting2003年11月30日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:ヨーク

Focus Clitics and Discourse Information Spreading

Ryo Otoguro

The 8th International Lexical Functional Grammar Conference(The International Lexical Functional Grammar Association)2003年07月17日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:ニューヨーク州オルバニー

Focus Clitics and Discourse Structure in LFG and PFM

Ryo Otoguro

The University of Cambridge First Postgraduate Conference2003年04月26日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:ケンブリッジ

Nominal Clitic Ordering and Recursive Rule Blocks

Ryo Otoguro

The Spring Meeting of the Linguistics Association of Great Britain(The Linguistics Association of Great Britain)2003年04月15日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:シェフィールド

Japanese Syntactic Verb-Verb Compounding and Grammatical Information Spreading in LFG

Ryo Otoguro

The 3rd Meeting of the Constraint-based Linguistics in the Southeast of England2002年10月23日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:ケンブリッジ

Japanese Verb-Verb Compounds and Grammatical Information Spreading

Ryo Otoguro

The Autumn Meeting of the Linguistics Association of Great Britain(The Linguistics Association of Great Britain)2002年09月18日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:マンチェスター

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

情報構造と形態・統語・意味とのインターフェイス:一致と関連現象を中心に

2017年-0月-2020年-0月

配分額:¥2600000

研究種別:特別研究員奨励費

非連続名詞句の情報構造に関する研究

2015年-2016年

研究分野:言語学

配分額:¥800000

研究種別:

動詞の屈折形態と統語位置に関する通時的・共時的研究

2014年-0月-2017年-0月

配分額:¥2730000

研究種別:

制約に基づく文法理論によるモダリティと周辺領域の研究:形態統語論の視点から

2011年-0月-2014年-0月

配分額:¥2860000

研究種別:

自然言語における一致素性の多様性とその形式化

配分額:¥1430000

学内研究制度

特定課題研究

日本語動詞活用の包括的モデルの構築

2009年度

研究成果概要:本研究課題は,日本語動詞の包括的な活用モデルを構築することを目的とし,とりわけモダリティ表現の形態・統語的特性の解明,有限状態トランスデューサーによる形態解析に応用可能な形での形式化を具体的な目標として設定した.形態論的な研究とし...本研究課題は,日本語動詞の包括的な活用モデルを構築することを目的とし,とりわけモダリティ表現の形態・統語的特性の解明,有限状態トランスデューサーによる形態解析に応用可能な形での形式化を具体的な目標として設定した.形態論的な研究としては,Moodの活用素性を[+cond, +conj, +desid, +hort,...]のように設定し,その他の活用素性と並列的に扱う提案を行った.さらに近年Word-and-Paradigmモデルで新たな展開を見せている活用形の推論的関係をアナロジーを基本として記述することを試みた.この形式化は目標として挙げた有限状態トランスデューサーでの形態解析との親和性が高く,今後の研究課題として解析モデルの構築を行う予定である.またアナロジーによる推論的関係は表層的な語形によって定義されるものであり,その点においてJoan Bybeeの提唱する表層的な語形に基づく活用形のモデルを応用して,語形間の関係をネットワークとして関連付けることができることを示した.これらの論点を研究会などを通して他の研究者からの意見も参考にをまとめたものを論文として発表した(業績を参照).ネットワークモデルは各語形のネットワーク内での関連性の強さを表すことができ,コーパスに基づく統計的なデータを利用することで,より心理的実在性の高いレキシコンのモデルを提供することができる.今後この研究を発展させ,より完成度の高い研究成果を公表するよう試みたい.またモダリティの統語論的な研究として,近年「文構造の階層性」という観点から生成文法,機能文法,Role and Reference Grammarなどの理論的枠組で盛んに進められている.本研究課題ではこれらの先行研究をまとめ,上述の形態論的研究をベースにとりわけ所謂真性モーダルと擬似モーダルの統語的特性の違いについて語彙機能文法の枠組みでの考察を試みた.この研究はまだ現在進行中であるが,その途中段階において,日本語のみならず広範な言語を研究対象に含め類型論的な視点からも議論を展開していく目標を設定し,科学研究費補助金への申請を行った.類型論的にも理論的にも意義のある研究であり,複数年の計画で今後も進めていきたい.

文構造の階層性に関する研究:形態統語論と言語類型論の視点から

2010年度

研究成果概要:文構造の階層性に関する研究の中でも,本年度の研究課題ではモダリティの内部構造について,形態論,統語論の観点から言語横断的にデータを観察し,その一部について分析を試みた.文構造,とりわけモダリティ表現が示す階層性に関しては,これまで...文構造の階層性に関する研究の中でも,本年度の研究課題ではモダリティの内部構造について,形態論,統語論の観点から言語横断的にデータを観察し,その一部について分析を試みた.文構造,とりわけモダリティ表現が示す階層性に関しては,これまでの先行研究で主に意味論的な考察に基づくものが多く見られるが,形態的・統語的側面を詳細にまとめ,形式的に分析されたものはあまり存在しない.よって,比較的詳細な文法記述が利用できるゲルマン諸語の英語,ドイツ語,ノルウェー語やロマンス諸語のフランス語,イタリア語,スペイン語,および近年モダリティ研究が盛んに行われている日本語に関して,文献や先行研究にあたり,モダリティ表現の形態統語的側面についてまとめた.その上で研究初期の試みとして制約に基づく文法理論の1つである語彙機能文法(Lexical-Functional Grammar)での分析を行った.とりわけ日本語,英語に見られる真性モーダルと擬似モーダルの違いに焦点をあて,詳細に分析したものを論文として発表した.具体的には,句構造のレベルでは両者ともに動詞句を補部に取る助動詞要素として現れる一方,文法関係や素性を表す機能構造においては,前者はMOODの素性を指定する要素であるのに対し,後者はそれ自体が述部(PRED)として機能することを経験的データに基づき主張した.今後この理論的提案のさらなる検証を,これまでにまとめたその他の言語のデータに基づき行い,適宜修正を加えていくこととなる.また,さらに研究の対象を類型論的に多様な言語へと広げ,それらの言語に見られるモダリティ表現の詳細な記述と理論的分析を試みることで,言語類型論,文法理論へのさらなる貢献が期待できる.本研究課題はそれらより広範な研究への第一歩の基礎的研究として位置づけられると考えている.

外国人研究者等の受入れ状況

2015年11月-2016年01月

受入者の所属元機関:オックスフォード大学(イギリス)

詳細

コメント:日本学術振興会外国人特別研究員

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
言語学 I D (乙黒)法学部2019秋学期
English: Bridge 1  5D-1法学部2019春学期
English: Bridge 1  3C-1法学部2019春学期
English: Bridge 1  1R-1法学部2019春学期
English: Gate 5D-1法学部2019秋学期
English: Gate 3C-1法学部2019秋学期
English: Gate 1R-1法学部2019秋学期
English: Theme 31(春)法学部2019春学期
English: Theme 59(春)法学部2019春学期
English: Theme 31(秋)法学部2019秋学期
English: Theme 59(秋)法学部2019秋学期
教養演習(言語情報)B法学部2019春学期
言語学(形態論)グローバルエデュケーションセンター2019秋クォーター
言語学(言語類型論)グローバルエデュケーションセンター2019夏クォーター
言語学(統語論・入門)グローバルエデュケーションセンター2019春クォーター