氏名

コジマ ヒロシ

小島 宏

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0003873/)

所属

(社会科学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
kojima@waseda.jp

住所・電話番号・fax番号

住所
〒169-8050新宿区 西早稲田1-6-1
電話番号
03-3203-4141
fax番号
03-3204-8962

URL等

研究者番号
90344241

本属以外の学内所属

兼担

社会科学総合学術院(大学院社会科学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

アジア・ムスリム研究所

プロジェクト研究所所長 2015年-

台湾研究所

研究所員 2009年-2011年

台湾研究所

研究所員 2012年-2013年

台湾研究所

研究所員 2011年-2012年

アジア・ムスリム研究所

研究所員 2010年-2014年

トランスナショナルHRM研究所

研究所員 2013年-2016年

台湾研究所

研究所員 2013年-2014年

多民族・多世代社会研究所

研究所員 2016年-

台湾研究所

研究所員 2014年-2014年

アジア・ムスリム研究所

プロジェクト研究所所長 2010年-2014年

台湾研究所

研究所員 2015年-2016年

トランスナショナルHRM研究所

研究所員 2016年-

学歴・学位

学歴

-1976年 早稲田大学 政治経済学部 経済学
-1979年 早稲田大学 文学研究科 社会学
-1982年 早稲田大学 経済学研究科 応用経済学
-1992年 ブラウン大学 その他 社会学・人口学

学位

社会学博士 課程 ブラウン大学(米国) 社会学

文学修士 課程 早稲田大学 社会学

経歴

1981年-人口問題研究所 研究員
1996年-人口問題研究所 人口政策研究部長
1996年-国立社会保障・人口問題研究所 国際関係部長

所属学協会

移民政策学会 理事

日本人口学会 理事

比較家族史学会 理事

国際人口学会

フランス語圏人口学会

アメリカ人口学会

アジア人口学会 理事

国際統計協会

日本統計学会

日本経済政策学会

日本社会学会

日本家族社会学会

世界社会学会

アメリカ社会学会

ヨーロッパ社会学会

研究分野

キーワード

人口政策論、人口移動論、家族人口学、比較人口学、ムスリム人口

科研費分類

社会科学 / 経済学 / 経済統計

社会科学 / 経済学 / 経済政策

社会科学 / 社会学 / 社会学

研究テーマ履歴

1981年-人口政策の国際比較

研究テーマのキーワード:人口政策、移民政策、家族政策、国際比較

個人研究

1981年-ミクロデータの国際比較分析

研究テーマのキーワード:ミクロデータ、JGSS、DHS、ESS

国内共同研究

1981年-国際人口移動・国際結婚

研究テーマのキーワード:人口移動、結婚移動、外国人、社会統合、ムスリム

国内共同研究

1981年-少子化・家族政策

研究テーマのキーワード:少子化、家族政策、出生促進政策

国内共同研究

論文

The Effects of Media Use on the Dietary Integration of the Second- Generation Muslim Youth in Europe

小島 宏

早稲田社会科学総合研究17(3)p.1-142017年07月-

link

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:1345-7640

概要:This study focuses on the effects of internet( new media) use on the dietary integration (halal food consumption and fasting during the last Ramadan) of the second-generation Muslim youth, applying comparable ordered logit models to TIES (2005─ 2007) survey data from Belgium, Germany and the Netherlands. It also analyzes the effect of ethnic TV (old media) watching. The analysis has revealed rather consistent results across sexes and societies. The internet use for religious matters has positive effects on halal food consumption among Dutch and Belgian males and females, but it does not have significant effects among Germans. The internet use for leisure has negative effects among German males and females, but it does not have significant effects among Dutch and Belgians.  Watching ethnic TV for more than 3 hours per week has positive effects on halal food consumption among Belgian males and females. Watching ethnic TV for equal hours to or more hours than national TV has also positive effects on halal food consumption among German males and Dutch females. Therefore, the effect of new and old media use on dietary restrictions among the European Muslim youth depends on the ethno-religious context as well the market and media preparedness in an European country.

東アジアにおける健康状態・老後不安の政策関連要因―EASS2010の比較分析―

小島 宏

早稲田社会科学総合研究17(1)p.1 - 342016年10月-

link

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)ISSN:1345-7640

国際人口移動と農家における労働力雇用

小島 宏

早稲田社会科学総合研究16(2/3)p.27 - 492016年07月-

link

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)ISSN:1345-7640

農家における家族構成と労働力雇用:2010年農林業センサス個票の分析結果

小島 宏

早稲田社会科学総合研究16(1)p.21 - 402015年12月-

link

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)ISSN:1345-7640

Religion and the Use of Family Policy Measures in Japan, South Korea and Singapore

KOJIMA, Hiroshi

Waseda Studies in Social Sciences(『早稲田社会科学総合研究』)15(3)p.1 - 212015年03月-

東アジアにおける宗教と健康—EASS2010の比較分析—

小島 宏

早稲田社会科学総合研究15(2)p.1 - 322014年12月-

The Effects of Religion on Fertility-Related Attitudes and Behavior in Japan, South Korea and Singapore

KOJIMA, Hiroshi

Waseda Studies in Social Sciences(『早稲田社会科学総合研究』)15(1)p.1 - 262014年07月-

日本・韓国・台湾のムスリム移動者におけるハラール食品消費行動の関連要因

小島 宏

早稲田社会科学総合研究14(1)p.1 - 212013年07月-

東アジアにおける子育て支援制度利用経験の関連要因

小島 宏

人口問題研究69(1)p.67 - 932013年03月-

Correlates of Cross-Border Marriages among Muslim Migrants in Tokyo Metropolitan Area: A Comparison with Seoul Metropolitan Area

KOJIMA, Hiroshi

Waseda Studies in Social Sciences(『早稲田社会科学総合研究』)13(1)p.1 - 172012年08月-

Religion and Attitudes toward Family Policies in Japan, South Korea and Singapore

Waseda Studies in Social Sciences(『早稲田社会科学総合研究』)12(2)p.23 - 482011年12月-

研究フォーラム アジア・ムスリム研究のはじまり

小島 宏

歴史と地理(646(世界史の研究, No.228))p.49 - 522011年08月-

外国からの移動と健康——第6回「人口移動調査」(2006年)の分析結果を中心に——

小島 宏

人口問題研究66(3)p.50 - 792010年09月-

東アジアにおける同棲とその関連要因ーー学歴との関連を中心にーー

小島 宏

人口問題研究66(1)p.17 - 482010年03月-

在日ムスリムにおける就業行動の規定要因

小島 宏

早稲田社会科学総合研究10(2)p.21 - 322009年11月-

東アジアにおける就業と家族形成意識・行動——JGSS、TSCS、WMFES、EASSの比較分析——

小島 宏

早稲田社会科学総合研究10(1)p.47 - 732009年07月-

SARs国際会議「センサス・ミクロデータ:分析結果と将来」

小島 宏

人口学研究(44)p.51 - 532009年05月-

Gendered Determinants of Allergies in Japanese Families

Kojima, Hiroshi

Waseda Studies in Social Sciences (早稲田社会科学総合研究)9(2)p.65 - 812008年12月-

近年の日本の人口移動——第6回人口移動調査(2006年)の結果

西岡八郎・清水昌人・千年よしみ・小池司朗・小島宏

人口問題研究64(4)p.35 - 632008年12月-

日本と台湾における既婚女性の就業中断と出生−−JGSSとTSCSの比較分析−−

小島 宏

日本版General Social Surveys研究論文集 JGSSで見た日本人の意識と行動(大阪商業大学比較地域研究所)7p.45 - 552008年03月-

(住みよい少子化社会の形成:論点の背景)科学的根拠のある少子化対策を

小島 宏

NIRA政策レビュー(18)p.6 - 82007年08月-

国際結婚夫婦の家族形成行動——日本と台湾の比較分析——

小島 宏

経済学論纂(中央大学)47(3/4)p.175 - 1962007年03月-

国際人口移動に関する国際協調は可能か——第39回国連人口開発委員会に参加して

小島 宏

週刊社会保障60(2392)p.60 - 612006年07月-

Population decline and its demographic correlates in Japan,” European Policy Centre

Kojima, Hiroshi

The Second EU-Japan Think tank Roundtable, Global Governance, Brussels, 14-15 November 2005, Conference papers, European Policy Centre (EPC Issue Paper)p.8 - 132006年04月-

A Comparative Analysis of Fertility-Related Attitudes in Japan, Korea and Taiwan

Kojima, Hiroshi

F-GENS Journal (Ochanomizu University)(5)p.324 - 3362006年03月-

Foreign Workers and Health Insurance in Japan: The Case of Japanese Brazilians

Kojima, Hiroshi

Japanese Journal of Population4(1)p.78 - 922006年03月-

Variations in Demographic Characteristics of Foreign ‘Muslim’ Population in Japan: A Preliminary Estimation

Kojima, Hiroshi

Japanese Journal of Population4(1)p.115 - 1302006年03月-

Return Migration of Japanese Managers and Their Health

Kojima, Hiroshi

Korean Journal of Industrial Relations15(2)p.35 - 652005年12月-

特集 韓国・台湾・シンガポール等における少子化と少子化対策に関する比較研究:少子化対策の潜在的効果の検討を中心とする序論

小島 宏

人口問題研究62(2)p.1 - 222005年06月-

フランスにおける移民の動向と移民政策

小島 宏

統計招待有り70(1)p.17 - 252019年01月-

詳細

ISSN:06651-1

書籍等出版物

Proceedings of the International Workshop on Halal Food Consumption in East and West (with Appendix of Survey Report)

早稲田大学アジア・ムスリム研究所(小島 宏)編(編著)

早稲田大学アジア・ムスリム研究所2018年 03月-

LINK

詳細

単行本(学術書)総ページ数:262担当ページ数:1-6, 49-62, A1-A66ISBN:978-4-9907402-4-5

Report of the Survey on Muslim Students in Japan (2013-2014)

KOJIMA, Hiroshi, Jin NODA, Hirofumi OKAI and Yukari SAI

Institute for Asian Muslim Studies, Waseda University (Research Paper Series, Vol.4)2015年 02月-

詳細

ISBN:978-4-9907402-3-8

東亜的男女同居及其人口学意義

小島 宏(王偉訳)

王偉(主編)『中日韓人口老齢化与老年人問題』中国社会科学出版社, pp.61-102.2014年 05月-

詳細

ISBN:978-7-5161-4132-8

Variations in Islamic Faith and Practice among Muslim Immigrants: A Comparative Analysis of East Asia and Europe

Kojima, Hiroshi

Organization for Islamic Area Studies, Waseda University and Asia-Europe Institute, University of Malaya (eds.), Islam and Multiculturalism: Coexistence and Symbiosis, JSPS Asia and Africa Science Platform Program, Tokyo: Organization for Islamic Area Studies, Waseda University, pp.7-152014年 03月-

詳細

ISBN:978-4-904039-81-6

世界の宗教別人口のデータと将来推計

小島 宏

早瀬保子・小島宏編『世界の宗教と人口』原書房, pp.1-29.2013年 07月-

詳細

ISBN:978-4-562-09192

日仏両国におけるカップル形成・出生行動とその関連要因

小島 宏

井上たか子編『フランス女性はなぜ結婚しないで子どもを産むのか』勁草書房, pp.29-57.2012年 10月-

詳細

ISBN:978-4-326-00000-0

内外で利用可能なミクロデータと利用例

小島 宏

安藏伸治・小島宏編『ミクロ計量人口学』原書房, pp.25-47.2012年 04月-

詳細

ISBN:978-4-562-09183-6

Differences in Demographic Behaviors between Muslims and Non-Muslims in a Non-Muslim Society: A Case Study of Singapore

Kojima, Hiroshi

FUKAMI Naoko and SATO Shohei (eds.), Islam and Multiculturalism: Between Norms and Forms, JSPS Asia and Africa Science Platform Program, Tokyo: Organization for Islamic Area Studies, Waseda University, pp.63-702012年 03月-

詳細

ISBN:978-4-904039-52-6

中東・北アフリカ:イスラームと人口

小島 宏

早瀬保子・大淵寛編『世界主要国・地域の人口問題』原書房, pp.127-1592010年 09月-

詳細

ISBN:978-4-562-09170-6

アンケート調査結果3カ国比較

小島 宏

内閣府政策統括官(共生社会政策担当)(2009)『アジア地域(韓国、シンガポール、日本)における少子化対策の比較調査研究報告書』, pp.372-4042009年 11月-

おわりに:歴史人口学と家族史研究の架橋に貢献した人々

小島 宏

落合恵美子・小島宏・八木透(編)(2009)『歴史人口学と比較家族史』早稲田大学出版部, pp.333-3352009年 08月-

詳細

ISBN:978-4-657-09702-6

外国からの移動

小島 宏

国立社会保障・人口問題研究所編『日本における近年の人口移動——第6回人口移動調査——』厚生統計協会, pp.43-48.2009年 04月-

詳細

ISBN:978-4-87511-415-4

Family Formation Behaviors of Couples in International Marriages: A Comparative Analysis of Japan and Taiwan

Kojima, Hiroshi

Hong-Zen Wang and Hsin-Huang Michael Hsiao (eds.), Cross-Border Marriages with Asian Characteristics. Taipei: Academia Sinica, pp.107-146.2009年-

詳細

ISBN:978-986022171-8

日本・韓国・台湾における子どもの必要性意識と性別選好

小島 宏

谷岡一郎・仁田道夫・岩井紀子(編)『日本人の意識と行動 日本版総合的社会調査JGSSによる分析』東京大学出版会2008年 01月-

詳細

ISBN:978-4-13-056101-3

結婚戦略 家族と階級の再生産

ピエール・ブルデュー著/丸山茂・小島宏・須田文明(訳)

藤原書店2007年 12月-

詳細

ISBN:978-4-89434-605-5

L’augmentation rapide de population musulmane au Japon : une dynamique démographique

Kojima, Hiroshi

AIDELF (éd.), Les migrations internationales : observation, analyse et perspectives, AIDELF/PUF2007年 05月-

詳細

ISBN:2-9521220-3-2

Contexual Analysis of Allergies in Japan, Drawing on the JGSS-2002 and the PRTR Macro-Data

Kojima, Hiroshi

A. F. Militino et al. (eds.), International Workshop on Spatio-Temporal Modelling (METMA3), Pamplona, Spain, 27th, 28th, and 29th September 2006, Instituto de Estadistica de Navarra2006年 09月-

詳細

ISBN:84-9769-139-3

Déterminants environnementaux de la santé infantile et maternelle dans les pays asiatiques

Kojima, Hiroshi

AIDELF (éd.), Enfants d’aujourd’hui: diversité des contextes, pluralité des parcours, AIDELF/PUF2006年 07月-

詳細

ISBN:2-9521220-1-6

国際人口移動に関する世論と移民の社会的統合——ヨーロッパの経験

小島 宏

吉田良生・河野稠果(編)『国際人口移動の新時代』原書房2006年 05月-

詳細

ISBN:4-562-09111-8

日本における人口減少と人口関連現象

小島 宏

国際交流基金総合研究開発機構(NIRA)European Policy Centre (EPC) (編)『第2回日−EUシンクタンク円卓会議 報告書/The Second Japan-EU Think Tank Roundtable Report』国際交流基金 日本研究・知的交流部2006年 03月-

Population Decline and Its Demographic Correlates in Japan

Kojima, Hiroshi

Japan Foundation, NIRA, and EPC (eds.), The Second Japan-EU Think Tank Roundtable Report, Japan Foundation2006年 03月-

Basic Skills, Thinking Skill, and Competencies of Skilled Workers: A Comparative Analysis of Thailand with East Asia and Other Southeast Asia Countries

Kojima, Hiroshi

Kua Wongboonsin, Philip Guest (eds.), The Demographic Dividend: Policy Options for Asia, College of Population Studies, Chulalongkorn University, pp.129-1702005年 05月-

詳細

ISBN:974-13-3465-6

日本と台湾における結婚行動の規定要因−−NFRJ-S01とTSCS-2001の比較分析−−

小島 宏

熊谷苑子・大久保孝治編『コーホート比較による戦後日本の家族変動の研究(全国調査「戦後日本の家族の歩み」報告書No.2)』 日本家族社会学会・全国家族調査(NFRJ)委員会2005年 05月-

アレルギー疾患の規定要因−−JGSS-2002の予備的分析と探索的コンテクスチュアル分析−−

小島 宏

大阪商業大学比較地域研究所編『日本版General Social Surveys研究論文集[4]JGSSで見た日本人の意識と行動』大阪商業大学比較地域研究所2005年 03月-

アジアの少子化と少子化対策

小島 宏

店田廣文編『アジアの少子高齢化と社会・経済発展』早稲田大学出版部2005年 02月-

人口学事典

日本人口学会(分担執筆)

丸善出版2018年 11月-

詳細

総ページ数:800担当ページ数:402-403, 662-663ISBN:978-4-621-30307-8

概要:「宗教人口学」「属性別人口の推計:人種と言語・宗教」

講演・口頭発表等

フランスのムスリム移民若者における宗教的飲食制限の関連要因の変化

小島 宏

日本社会学会第91回大会、甲南大学岡本キャンパス(日本社会学会)2018年09月22日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:神戸

Changes in the Correlates of Religious Dietary Restrictions among the First- and Second-Generation Muslim Youth in France

小島 宏

ヨーロッパ社会学会宗教部会中間会議(ヨーロッパ社会学会宗教部会中間会議)2018年08月31日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:トリノ

The Effects of Siblings on the Dietary Integration of the Second-Generation Muslim Youth in Europe

小島 宏

アメリカ社会学会第113回大会(アメリカ社会学会大会)2018年08月12日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:フィラデルフィア

Demographic Correlates of Religious Dietary Restrictions among First- and Second-Generation Muslims in France in the Early 1990s

小島 宏

アジア人口学会第4回大会(アジア人口学会)2018年07月13日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:上海

Correlates of the Use of Family Policy Measures in Japan and Korea: Comparative Analysis of the 2005 and 2009 Survey Data

小島 宏

第4回アジア人口学会大会(アジア人口学会)2018年07月12日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:上海

出生・家族政策の概念、理論、比較史

小島 宏

比較家族史学会第63回春季研究大会,岡山大学教育学部(比較家族社会学会)2018年06月16日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:岡山

フランスにおけるムスリム移民1世・2世における宗教的食事制限の関連要因の変動

小島 宏

日本人口学会第70回大会、明海大学浦安キャンパス(日本人口学会)2018年06月02日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:浦安

2000年代後半フランスにおけるムスリム移民1世・2世若者の宗教的飲食制限

小島 宏

日本中東学会第34回年次大会、上智大学四谷キャンパス(日本中東学会)2018年05月13日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:東京

フランスにおけるムスリム移民とその子孫における宗教的シンボル着用の関連要因」(2017.12.3)

小島 宏

日本人口学会2017年度第1回東日本地域部会、札幌市立大学サテライトキャンパス(日本人口学会)2017年12月03日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:札幌

1990年代初頭フランスにおけるムスリム移民1世・2世若者の宗教的飲食制限の関連要因

小島 宏

日本社会学会第90回大会、東京大学本郷キャンパス(日本社会学会)2017年11月05日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:東京

Changes in the Correlates of Dietary Behaviors among Second-Generation Muslims in France: Re-Islamization or Demographic Changes?

小島 宏

2017年韓国中東学会国際会議(韓国中東学会)2017年09月23日

フランスのムスリム移民二世における宗教的飲食制限の家族関連要因の変化」(2017.9.10

小島 宏

第27回日本家族社会学会大会、京都大学吉田キャンパス(日本家族社会学会)2017年09月10日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)開催地:京都

'Third Demographic Transition’ and the Changes in Correlates of Religious Dietary Restrictions among Second-Generation Muslims in France

小島 宏

イギリス人口学会2017年大会(イギリス人口学会)2017年09月06日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)開催地:リバプール

Sibling Configuration and Dietary “Re-islamization” among Second-Generation Muslim Youth in Europe

小島 宏

第13回ヨーロッパ社会学会大会(ヨーロッパ社会学会)2017年09月01日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:アテネ

The Effects of Media Use on Dietary Integration among Muslim Youth in Europe

小島 宏

アメリカ社会学会第112回大会(アメリカ社会学会)2017年08月15日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:モントリオール

フランスにおける『第3の人口転換』とムスリム移民2世における宗教的食事制限の関連要因の変化

小島 宏

日本人口学会第69回大会、東北大学理学研究科(日本人口学会)2017年06月11日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:仙台

西欧ムスリム移民二世におけるコーラン教室通学と宗教的食事制限

小島 宏

日本中東学会第33回年次大会2017年05月14日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:福岡

ICT Use and Halal Food Consumption among Muslim Youth in the European Sharing Economy

小島 宏

3rd Halal Marketing and Tourism Research Symposium(カンタベリー大学)2016年12月02日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:クライストチャーチ

Changes in the Use of Family Policy Measures in Japan and Korea

小島 宏

5th CIFA Regional Symposium 2016(CIFA)2016年11月04日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:ソウル

New and Old Media and Halal Food Consumption among European Muslim Youth: Implications for Globalized Food Processing Industries

小島 宏

第15回日本経済政策学会国際会議(日本経済政策学会)2016年10月29日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:北海道大沼町

Halal food consumption among Muslim migrants in Japan, South Korea and Taiwan

小島 宏

2016 International Metropolis Conference(International Metropolis)2016年10月26日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:北海道

西欧ムスリム移民二世の卒業小中学校における生徒の出自別構成と食行動の「再イスラーム化

小島 宏

日本社会学会第89回大会(日本社会学会)2016年10月09日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:福岡

西欧のムスリム移民二世における兄弟姉妹構成とハラール食品消費行動

小島 宏

第26回日本家族社会学会大会(日本家族社会学会)2016年09月11日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:東京

Dietary ‘Re-islamization’ among Second-Generation Muslim Youth in Europe: Do Birth Order and Sibship Size Matter?

小島 宏

18th Nordic Migration Conference(Nordic Migration Society)2016年08月11日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:オスロ

International Migration and the Employment of ‘Workers’ By Farm Households in Japan

小島 宏

3rd ISA Forum of Sociology(国際社会学会)2016年07月12日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:ウイーン

Families, Friends or Foods?: Correlates of Integration and Wellbeing Among Muslim Immigrants in East Asia

小島 宏

3rd ISA Forum of Sociology(国際社会学会)2016年07月11日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:ウイーン

The Effects of Transnational Family on Halal Food Consumption among Muslim Immigrants in East Asia

小島 宏

CRFR International Conference “Unequal Families and Relationships”(CRFR(エディンバラ大学))2016年06月14日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:エディンバラ

Cohabitation and Family Formation in Asia and Europe

小島 宏

CRFR International Conference “Unequal Families and Relationships”(CRFR(エディンバラ大学))2016年06月14日

Internet Use and Dietary Integration of Second-Generation Muslim Youth in Europe

小島 宏

IUSSP Seminar on Social Media and Demographic Research: Applications and Implications(国際人口学会)2016年05月17日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:ケルン

The Effects of Cohabitation on Family Formation in Asia and Europe

小島 宏

Dutch Demography Day 2015(オランダ人口学会)2015年11月25日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:ユトレヒト

Transnational Family and Halal Food Consumption among Muslim International Students

The 12th Conference of the European Sociological Association 2015, 25-28 August, Prague2015年08月28日

詳細

口頭発表(一般)

Household Structure and Halal Food Consumption among Muslim Immigrants in East Asia

The 3rd APA International Conference, 27-30 July, 2015, Kuala Lumpur, Malaysia2015年07月28日

詳細

ポスター発表

Religion and Health in East Asia: A Comparative Analysis of the EASS2010

The 3rd APA International Conference, 27-30 July, 2015, Kuala Lumpur, Malaysia2015年07月28日

詳細

口頭発表(一般)

農家における家族構成と労働力雇用:2010年農林業センサス個票の分析結果

家族問題研究学会2015年度大会、早稲田大学戸山キャンパス2015年07月25日

詳細

口頭発表(一般)

農家における農業労働力雇用と国際人口移動

日本人口学会第67回大会、椙山女学園大学星が丘キャンパス2015年06月07日

詳細

口頭発表(一般)

滞日ムスリム留学生のトランスナショナルな家族とハラール食品消費行動

日本中東学会第31回年次大会、同志社大学今出川校地2015年05月17日

詳細

口頭発表(一般)

東アジアのムスリム移動者のトランスナショナルな家族とハラール食品消費行動

日本社会学会第87回大会、 神戸大学2014年11月24日

詳細

口頭発表(一般)

滞日ムスリム留学生における世帯構成とハラール食品消費行動

第24回日本家族社会学会大会、東京女子大学2014年09月07日

詳細

口頭発表(一般)

東アジアにおける宗教と健康——EASS2010の比較分析——

日本人口学会第66回大会、明治大学駿河台キャンパス2014年06月15日

詳細

口頭発表(一般)

西欧と日本におけるイスラーモフォビアの比較分析

日本中東学会第30回年次大会、東京経済大学第1キャンパス2014年05月11日

詳細

口頭発表(一般)

東アジアのムスリム移動者におけるハラール食品消費

2014年03月04日

詳細

口頭発表(一般)

中国と台湾のムスリムにおけるイスラーム信仰・実践とその関連要因の比較分析

中国ムスリム研究会第26回定例会、早稲田大学早稲田キャンパス2013年11月23日

詳細

口頭発表(一般)

ムスリム人口に対する意識の関連要因—日欧の比較分析—

日本人口学会2013年度第1回東日本地域部会、東北学院大学2013年10月26日

詳細

口頭発表(一般)

在日・在韓・在台のムスリム移動者における就業行動の関連要因

第86回日本社会学会大会、慶應義塾大学三田キャンパス2013年10月12日

詳細

口頭発表(一般)

東アジア諸国における同棲状態の関連要因——EASSミクロデータの分析結果を中心に——

第23回日本家族社会学会大会、静岡大学2013年09月08日

詳細

口頭発表(一般)

東アジアにおける宗教と出生関連意識

日本人口学会第65回大会、札幌市立大学芸術の森キャンパス2013年06月02日

詳細

口頭発表(一般)

滞日ムスリムにおける第2世代教育に関する意識・行動の関連要因

日本中東学会第29回年次大会、大阪大学豊中キャンパス2013年05月12日

詳細

口頭発表(一般)

日韓のムスリム移入者における宗教実践の関連要因

第85回日本社会学会大会、札幌学院大学2012年11月04日

詳細

口頭発表(一般)

アジア3カ国における家族政策関連制度利用の規定要因

第12回日本家族社会学会大会、お茶の水女子大学2012年09月16日

詳細

口頭発表(一般)

東アジアにおける宗教とパートナーシップ形成

日本人口学会第64回大会、東京大学2012年06月02日

詳細

口頭発表(一般)

日韓のムスリム移動者におけるハラール食品消費行動の関連要因

日本中東学会第28回大会、東洋大学2012年05月13日

詳細

口頭発表(一般)

日仏におけるカップル形成・出生行動とその関連要因

日仏文化講座「フランス女性はなぜ結婚しないで子どもを産むのか——家族の変容と家族政策の日仏比較——」、日仏会館2011年11月12日

詳細

口頭発表(一般)

東アジアにおける同棲とその人口学的意味

「中日韓三国における人口問題と社会発展」国際シンポジウム、中国社会科学院日本研究所(北京市)2011年09月24日

詳細

口頭発表(一般)

日韓における健康と家族形成—EASS2010の比較分析—

日本家族社会学会第21回大会、甲南大学2011年09月10日

詳細

口頭発表(一般)

結婚促進政策への態度の規定要因——東アジアを中心とする比較分析——

日本人口学会第63回大会2011年06月12日

詳細

口頭発表(一般)

シンガポールにおける家族形成行動のムスリム・非ムスリム間の差異」(2011.5.22)

日本中東学会第27回大会、京都大学2011年05月22日

詳細

口頭発表(一般)

日本人の移入の関連要因

第83回日本社会学会大会2010年11月

詳細

口頭発表(一般)

社会的排除とパートナー関係形成——東アジアと欧米の比較分析——

日本家族社会学会第20回大会2010年09月

詳細

口頭発表(一般)

日本、韓国、シンガポールにおけるパートナー関係の関連要因

日本人口学会第62回大会2010年06月

詳細

口頭発表(一般)

ムスリム移民におけるイスラーム信仰・実践の規定要因——日欧比較分析——

日本中東学会第26回大会2010年05月

詳細

口頭発表(一般)

東アジア・欧米諸国における同棲とその関連要因ーー少子化対策への含意ーー

日本人口学会2009年度第2回東日本部会2010年03月

詳細

口頭発表(一般)

アジアの少子化と人口政策

福祉社会学会第26回研究例会2009年11月

詳細

口頭発表(一般)

同棲の規定要因

第82回日本社会学会大会(立教大学池袋キャンパス)2009年10月

詳細

口頭発表(一般)

東アジアにおける就業と家族形成——ミクロデータの比較分析——

日本家族社会学会第19回大会(奈良女子大学)2009年09月

詳細

口頭発表(一般)

宗教別人口推計方法の比較

日本人口学会第61回大会(関西大学千里山キャンパス)2009年06月

詳細

口頭発表(一般)

マレーシア人ムスリム元留学生の滞日中の宗教実践

日本中東学会第25回大会(広島市立大学)2009年05月

詳細

口頭発表(一般)

在日ムスリムにおける就業行動の規定要因

第81回日本社会学会大会(東北大学川内北キャンパス)2008年11月

詳細

口頭発表(一般)

在日ムスリムにおける配偶関係の規定要因

日本人口学会第60回大会(日本女子大学目白キャンパス)2008年06月

詳細

口頭発表(一般)

在日ムスリムにおける宗教実践の規定要因

日本中東学会第24回年次大会(千葉大学)2008年05月

詳細

口頭発表(一般)

Determinants of Environmental Attitudes in Four Capitals in East Asia: A Comparative Analysis

2008年02月

詳細

口頭発表(一般)

日本・韓国・台湾における子どもの必要性意識と性別選好--JGSS、KNFS、TSCSの比較分析--

日本社会学会第80回大会(関東学院大学)2007年11月

詳細

口頭発表(一般)

東アジア4首都における環境関連意識の規定要因——東アジア環境意識比較調査の比較分析——

環境経済政策学会(滋賀大学)2007年10月

詳細

口頭発表(一般)

A Comparative Analysis of Attitudes toward Immigration among Europeans and Japanese, drawing on the ESS-2002/2003 and JGSS-2003

2007年09月

詳細

口頭発表(一般)

A Comparative Analysis of Fertility-Related Attitudes in Japan, Korea and Taiwan

2007年07月

詳細

口頭発表(一般)

アジアの少子化と政策対応

日本人口学会第59回大会(島根大学)2007年06月

詳細

口頭発表(一般)

有配偶の外国人「ムスリム」男性とその妻の労働供給——2000年国勢調査個票の分析——

日本中東学会日本中東学会第23回年次大会(東北大学川内キャンパス)2007年05月

詳細

口頭発表(一般)

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:基盤研究(B)

ムスリム・マイノリティのハラール食品消費行動の関連要因:東アジアと西欧の比較研究

2015年-2017年

研究分野:社会学

配分額:¥4550000

研究種別:基盤研究(B)

農業の労働力調達と労働市場開放の論理

2013年-2015年

研究分野:経営・経済農学

配分額:¥17290000

研究種別:基盤研究(B)

東アジア諸国におけるムスリムと非ムスリムの共生:ライフスタイル変容の比較研究

2011年-2013年

研究分野:社会学

配分額:¥18590000

研究種別:基盤研究(C)

滞日ムスリムの生活世界における多文化政策の影響と評価

2009年-2011年

研究分野:社会学

配分額:¥4290000

研究種別:

非イスラム圏におけるムスリム人口の社会統合-ミクロデータに基づく国際比較研究-

配分額:¥3200000

研究種別:基盤研究(C)

在日ムスリムの社会経済的活動と宗教的ネットワークに関する調査研究

2007年-2008年

研究分野:社会学

配分額:¥4550000

研究種別:

滞日ムスリム・コミュニティの地域社会活動と地方自治体の多文化共生政策の課題

2018年-0月-2021年-0月

配分額:¥3900000

研究種別:

労働力編成における外国人の役割と農業構造の変動ー国内農業地域と韓台米英との比較ー

2018年-0月-2021年-0月

配分額:¥16900000

研究種別:

滞日ムスリムの生活世界の変容とムスリム・コミュニティの持続的発展

2015年-0月-2018年-0月

配分額:¥4550000

研究種別:

滞日ムスリムに関する住民意識の三地域比較調査研究と多文化政策再考

2012年-0月-2015年-0月

配分額:¥5070000

学内研究制度

特定課題研究

ミクロデータによる宗教と人口に関する国際比較研究(3)

2017年度

研究成果概要:本研究では宗教と人口・家族政策の関係については内閣府「アジア地域における少子化対策の比較調査」付帯調査のミクロデータを比較分析し、結果をKojima (2018b)として国外の学会で報告予定である。また、文献研究としては小島(20...本研究では宗教と人口・家族政策の関係については内閣府「アジア地域における少子化対策の比較調査」付帯調査のミクロデータを比較分析し、結果をKojima (2018b)として国外の学会で報告予定である。また、文献研究としては小島(2018)として学会報告予定である。国際人口移動者の社会統合政策については欧州のTIES調査のミクロデータを比較分析し、結果をKojima (2017) として刊行し、日韓台ムスリム移民比較調査のミクロデータと欧州のMGIS調査とMHSM調査のミクロデータを用いて国際人口移動と宗教の関係についての比較分析をし、結果をKojima (2018a)として刊行した。

ムスリム・マイノリティのハラール食品消費行動の関連要因:東アジアと西欧の比較研究

2014年度共同研究者:岡井 宏文

研究成果概要: 本研究では東アジア・西欧各国のムスリム・マイノリティのハラール食品消費行動について定量的・定性的分析を行った。定量的分析としては先行研究で実施された東アジア調査データの二次分析(小島 2014a, Kojima 201... 本研究では東アジア・西欧各国のムスリム・マイノリティのハラール食品消費行動について定量的・定性的分析を行った。定量的分析としては先行研究で実施された東アジア調査データの二次分析(小島 2014a, Kojima 2014a,2014b)、特に滞日ムスリム留学生調査データの分析を行い(小島 2014b, Kojima 2014c)、その結果の一部を調査報告書(Kojimaet al. 2015)に反映させた。定性的分析としては東アジア・西欧に関する文献・史料研究に重点を置いて実施した。以上の分析結果を学会等で報告し、研究会(森一橋大学准教授)等を開催するとともに科研費申請のための準備を行った。 

ミクロデータによる宗教と人口に関する国際比較研究

2015年度

研究成果概要:本研究では結婚、健康については内閣府「アジア地域における少子化対策の比較調査」付帯調査、東アジア社会調査のミクロデータを分析し、Kojima (2015a, 2015b)として学会報告した。国際人口移動については日韓台ムスリム移民...本研究では結婚、健康については内閣府「アジア地域における少子化対策の比較調査」付帯調査、東アジア社会調査のミクロデータを分析し、Kojima (2015a, 2015b)として学会報告した。国際人口移動については日韓台ムスリム移民比較調査や滞日ムスリム留学生調査のミクロデータを分析し、小島(2015)として国内の学会で報告した。また、内閣府調査のとムスリム移民比較調査の分析結果を6月にCRFR 国際会議で報告する。さらに、在外研究開始後に利用可能となった欧州のTIES、MGIS、TeO調査のミクロデータを用いた国際人口移動と宗教の関係に関する研究に着手し、分析結果を内外の学会等で報告する。

ミクロデータによる宗教と人口に関する国際比較研究(2)

2016年度

研究成果概要:本研究では結婚、家族、健康については内閣府「アジア地域における少子化対策の比較調査」付帯調査のミクロデータを分析してKojima (2016a, 2016c)として国外で学会報告し、東アジア社会調査のミクロデータを分析して小島(2...本研究では結婚、家族、健康については内閣府「アジア地域における少子化対策の比較調査」付帯調査のミクロデータを分析してKojima (2016a, 2016c)として国外で学会報告し、東アジア社会調査のミクロデータを分析して小島(2016a)として刊行した。また、国際人口移動については日韓台ムスリム移民比較調査のミクロデータを分析し、Kojima (2016b)として国外の学会で報告した。さらに、在外研究中に利用可能となった欧州のTIESとTeO調査のミクロデータを用いた国際人口移動と宗教の関係に関する研究を実施し、分析結果を小島(2016b)として内外の学会で報告した。

東アジアの人的資源開発における早稲田大学の役割

2007年度

研究成果概要: 本研究では韓国・台湾における人的資源開発に対する早大の寄与を定量的に明らかにするための予備的研究として、台湾で約20名の台湾人校友に対する面接調査を行うとともに、1993年韓国校友会名簿と2001年韓国校友会名簿をつき合わせて名... 本研究では韓国・台湾における人的資源開発に対する早大の寄与を定量的に明らかにするための予備的研究として、台湾で約20名の台湾人校友に対する面接調査を行うとともに、1993年韓国校友会名簿と2001年韓国校友会名簿をつき合わせて名寄せをし、韓国人校友の職業経歴を明らかにすることにより、韓国人・台湾人校友の人的資源形成に対する早大留学の効果を探ることを試みた。また、台湾・韓国訪問により各国校友会の協力を得て、既存の帰国留学生調査や台湾人校友の面接結果を踏まえて設計した調査票を用いた「早稲田大学の韓国・台湾校友の留学・仕事に関する比較調査」を実施した。成功者だけを定性的に研究するのではなく、各国の校友全体と対比しながら代表性のある客観的な形で早大卒業の個人や社会への寄与を定量的に明らかにすることを目指した。 しかし、2003年に法人化された台湾校友会は積極的に加入した校友しか入会していないため、会員が高い社会経済的地位の校友や日本と関連がある仕事をしている校友に偏っており、名簿を用いた客観的な定量分析が難しいことが判明した。また、同様の理由で面接に応じてくれた台湾人校友も校友会役員を中心とする経営者、自営業者、日系企業勤務者に偏っていたため、面接結果を一般化しにくいことも明らかになった。さらに、基になった1990年の早大校友名簿の問題であるが、1993年韓国校友会名簿に掲載された古い校友は必ずしも存命中でなく、2001年名簿に記載されていない場合が多いし、記載されていても高齢で同じ勤務先等が記載されている場合が多いことも判明した。その上、2001年名簿で氏名や職業が初出の比較的新しい校友も多く、2時点の職業がわかる校友が少ないし、両方に職業が掲載された校友は高齢者や大学関係者に偏っていることも明らかになった。以上の結果、両国において職業経歴を客観的に定量分析するのが難しいことが判明した。なお、校友比較調査は2月末から3月初めに着手されたため、まだ調査票が回収されていないが、調査票を返送する校友の属性にも偏りがある可能性が強い。

海外研究活動

研究課題名: ムスリム・マイノリティのハラール食品消費行動の関連要因:東アジアと西欧の比較研究

2015年08月-2016年08月

機関: ゲント大学(ベルギー)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
世界人口論入門社会科学部2019春学期
国際人口移動論入門社会科学部2019秋学期
現代家族論 1社会科学部2019春学期
現代家族論 2社会科学部2019秋学期
ゼミナールI(人口と家族の比較研究/秋学期)社会科学部2019秋学期
ゼミナールII(人口と家族の比較研究/春学期)社会科学部2019春学期
ゼミナールII(人口と家族の比較研究/秋学期)社会科学部2019秋学期
ゼミナールIII(人口と家族の比較研究/春学期)社会科学部2019春学期
ゼミナールIII(人口と家族の比較研究/秋学期)社会科学部2019秋学期
社会科学総合研究(食の社会科学)社会科学部2019春学期
Freshman Seminar (Spring) A社会科学部2019春学期
Freshman Seminar (Spring) B社会科学部2019春学期
世界人口論 I大学院社会科学研究科2019春学期
世界人口論 II大学院社会科学研究科2019秋学期
比較人口学研究演習 I(春学期)大学院社会科学研究科2019春学期
比較人口学研究演習 I(秋学期)大学院社会科学研究科2019秋学期
比較人口学研究演習 II(春学期)大学院社会科学研究科2019春学期
比較人口学研究演習 II(秋学期)大学院社会科学研究科2019秋学期