氏名

オオタ アリコ

太田 有子

職名

准教授(任期付)

所属

(留学センター)

本属以外の学内所属

兼担

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学歴・学位

学位

博士号(Ph.D.) コロンビア大学/Columbia University  (社会学)

経歴

2012年09月-2017年03月首都大学東京国際センター特任准教授
2017年04月-早稲田大学留学センター准教授

所属学協会

日本社会学会

関東社会学会

地域社会学会

日本社会学理論学会

論文

「グローバル研究の課題と展望―社会科学における学際的議論に関する一考察―」“Global Turn in Social Science: Agenda and Approaches in Global Studies.”

『社会科学ジャーナル』【査読有】(86)p.75 - 872019年-

“Porcelain and Power: Comparative Regional Analysis of Industrial Manufacturing in Tokugawa Japan.”

International Journal of Asian Studies (Cambridge University Press) 【査読有】14(1)p.27 - 462017年-

「現代社会学研究における国家概念の課題と展望」“Critical Review of the Concept of State: Issues and Approaches for Analysis in Sociology.”

『現代社会学理論研究』 【査読有】(9)p.94 - 1042015年-

「資源ガバナンスの比較地域分析」 “Comparative Regional Analysis of Governance: Dynamics of Relations in Resource Management for Porcelains in Japan.”

『社会学評論』 【査読有】(257)p.16 - 312014年-

「比較分析の方法と課題―海外における歴史社会学の研究動向に関する一考察」“Approaches and Agendas for Comparative Methods: Critical Analysis of Studies in Historical Sociology.”

『社会科学研究』【査読有】57(3・4)p.19 - 362006年-

「国際比較地域分析の方法と課題-社会変動論をめぐる諸論に関する一考察―」“Social Dynamics in Global Perspective: Issues and Approaches for Comparative Analysis in Social Sciences.”

『社会科学ジャーナル』(56)p.71 - 822005年-

講演・口頭発表等

「グローバル社会学の方法と課題―グローバリゼーションと社会変動―」

第92回日本社会学会大会2019年10月

“Analysis of Social Dynamics in Global Perspective: Agenda and Approaches in Sociology.”

東アジア社会学会 第1回大会2019年03月

“Porcelain in Globalization: Dynamics of Industrial Manufacturing in Modern Japan.”

Japan Studies Association Conference2018年01月

「グローバリゼーションと地域産業の変容―陶磁器の生産・流通をめぐる関係性の比較分析―」

第90回日本社会学会大会2017年11月

「グローバリゼーションと地域産業―陶磁器の生産・流通・消費をめぐる関係性の比較分析―」 

第64回関東社会学会 年次大会2016年06月

「グローバル文化圏における関係性の形成と変容―陶磁器をめぐる生産・流通・消費ネットワークの分析―」

第88回日本社会学会大会2015年09月

“Comparative Analysis of Regional Governance.”

世界社会学会議(国際社会学会)2014年07月

“Comparative Regional Analysis of Governance: Resource Management for Porcelain Production in Japan.”

第86回 日本社会学会大会2013年10月

“Governing Porcelains: Comparative Analysis of Resource Management in Japan.”

東アジア社会学ネットワーク学会2012年11月

“Capital, Power, and Porcelains: Comparative Regional Analysis of Industrialization in Modern Japan.”

第82回日本社会学会大会2009年10月

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:若手研究(B)

近代日本の複線的工業化の制度的要因―陶磁器業の地域比較分析―

2010年-2013年

配分額:¥3120000

学内研究制度

特定課題研究

グローバリゼーションと地域産業―陶磁器業の生産・流通に関する地域比較分析―

2018年度

研究成果概要:本研究課題は、グローバリゼーションに伴う地域産業をめぐる関係性の変化を分析することを目的としている。日本の工業化の政治・社会的背景をグローバルな視点で捉え、陶磁器生産が持続的に発展した地域における陶磁器業をめぐる環境の変化、海外市...本研究課題は、グローバリゼーションに伴う地域産業をめぐる関係性の変化を分析することを目的としている。日本の工業化の政治・社会的背景をグローバルな視点で捉え、陶磁器生産が持続的に発展した地域における陶磁器業をめぐる環境の変化、海外市場への編入の影響について分析を行った。今年度は、先行研究の議論の整理とともに、本研究の学術的位置づけを示すため、グローバル研究に関する理論的考察を学術誌、国際学会にて報告した。This study examines the dynamics of relations inregional industrial manufacturing sectors in modern Japan in the context ofglobalization. It analyzes therelations of porcelain manufacturing and distribution from the late 19thcentury to the early 20th century in Japan. It examines how thenetworks for manufacturing and distributing porcelains extended from theregional production sites to the national and global markets. It examines the regionaldifferences in the process of manufacturing and distributing porcelains,including the major agents, strategies, and the source of funding. It alsosurveys how the pre-existing practices and relations shaped the ways oforganizing resources for producing and distributing porcelains. The researcher published a review article of theoretical discussion on global studies inacademic journal and presented the paper in an international conference.

グローバリゼーションと地域産業-陶磁器をめぐる生産・流通ネットワークの分析-

2017年度

研究成果概要:本研究課題では、グローバリゼーションに伴う地域産業をめぐる関係性の変化を分析することを目的としている。日本における工業化の政治・社会的背景をグローバルな視点で捉え、近代以降、陶磁器業をめぐる環境の変化とともに、陶磁器生産が現在に至...本研究課題では、グローバリゼーションに伴う地域産業をめぐる関係性の変化を分析することを目的としている。日本における工業化の政治・社会的背景をグローバルな視点で捉え、近代以降、陶磁器業をめぐる環境の変化とともに、陶磁器生産が現在に至るまで持続的に発展した地域において、近代以降の政治体制の変化や海外市場への編入が陶磁器業にどのような影響を与えたか分析するとともに先行研究における議論や理論的背景の整理を行った。本研究の経過を国内および国際学会にて報告した。

グローバル文化圏における関係性―陶磁器の生産・流通ネットワークの比較分析―

2017年度

研究成果概要:This study examines the dynamics of relations inregional industrial manufacturing sectors in modern Japan in the co...This study examines the dynamics of relations inregional industrial manufacturing sectors in modern Japan in the context ofglobalization. It analyzes therelations of porcelain manufacturing and distribution from the late 19thcentury to the early 20th century in Japan. It examines how thenetworks for manufacturing and distributing porcelains extended from theregional production sites to the national and global markets. It examines the regionaldifferences in the process of manufacturing and distributing porcelains,including the major agents, strategies, and the source of funding. It alsosurveys how the pre-existing practices and relations shaped the ways oforganizing resources for producing and distributing porcelains. The researchersurveyed the previous literature and did preliminary analysis of regions thisyear and presented papers in conference in Japan and in the United States.

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
グローバル・スタディーズ入門 01グローバルエデュケーションセンター2019春クォーター
グローバル・スタディーズ入門 02グローバルエデュケーションセンター2019秋クォーター
Introduction to Global Studies 01グローバルエデュケーションセンター2019夏クォーター
Introduction to Global Studies 02グローバルエデュケーションセンター2019冬クォーター
グローバル・スタディーズ演習:グローバル社会の諸問題 01グローバルエデュケーションセンター2019春クォーター
グローバル・スタディーズ演習:グローバル社会の諸問題 02グローバルエデュケーションセンター2019秋クォーター
Global Studies Seminar: Analysis of Contemporary Issues in Global Society 01グローバルエデュケーションセンター2019夏クォーター
Global Studies Seminar: Analysis of Contemporary Issues in Global Society 02グローバルエデュケーションセンター2019冬クォーター
グローバル・スタディーズ特別研究:グローバリゼーションと社会変動 01グローバルエデュケーションセンター2019春クォーター
グローバル・スタディーズ特別研究:グローバリゼーションと社会変動 02グローバルエデュケーションセンター2019秋クォーター
グローバル・スタディーズ特別演習: グローバル社会の分析/Advanced Seminar in Global Studies: Analysis in Global Perspective 01グローバルエデュケーションセンター2019冬クォーター
Global Leadership Fellows Forum 01グローバルエデュケーションセンター2019春学期