Name

MANABE, Masayuki

Official Title

Professor

Affiliation

(School of Humanities and Social Sciences)

Contact Information

Mail Address

Mail Address
mana@waseda.jp

URL

Web Page URL

http://www.f.waseda.jp/mana/index.html

Grant-in-aids for Scientific Researcher Number
80546721

Sub-affiliation

Sub-affiliation

Research Council (Research Organization)/Affiliated organization(Global Education Center)

Educational background・Degree

Educational background

1992/04 -1996/03 Waseda University Faculty of Political Science and Economics Department of Economics
1996/04 -1998/03 Waseda University Graduate School, Division of Letters Major of Japanese History
1998/04 -2003/03 Waseda University Graduate School, Division of Letters Major of Japanese History

Degree

Doctor of Literature Thesis Waseda University Japanese history

Master of Arts Coursework Waseda University Japanese history

Career

2017/04-2018/03Chuo UniversityGraduate School of LettersAdjunct Lecturer
2016/04-Waseda UniversityFaculty of Letters, Arts and SciencesProfessor
2013/08-2013/08Doshisha UniversityAdjunct Lecturer
2011/04-2016/03Waseda University Faculty of Letters, Arts and SciencesFaculty of Letters, Arts and SciencesAssociate Professor
2010/04-2015/03Atomi UniversityAdjunct Lecturer
2009/04-2011/03Waseda University ArchivesResearch Associate
2009/04-2010/03University of the Sacred HeartAdjunct Lecturer
2008/04-2009/03Waseda UniversityAdjunct Lecturer
2006/12-2009/03Waseda University ArchivesContract Staff
2003/04-2006/03The Japan Society for the Promotion of ScienceResearch Fellow
2001/11-2003/03Waseda University ArchivesContract Staff

OfficerCareer(Outside the campus)

2009/10-Japan Academy of Old Historical Documents Editorial Board Member
1998/09-1999/09Society for the Study of Popular History Board Member

Research Field

Keywords

Modern and contemporary history of Japan

Grants-in-Aid for Scientific Research classification

Humanities / History / Japanese history

Humanities / Philosophy / History of thought

Research interests Career

1996-Westernization and Anti-Westernization in Modern Japan

Current Research Theme Keywords:Westernization, Anti-Westernization, Nationality, Nishimura Shigeki, Torio Koyata, Tani Tateki

Individual research allowance

2003-The Views on the Political Party in Modern and Contemporary Japan

Current Research Theme Keywords:Political Party, Faction, Parliamentary Politics

Individual research allowance

2001-School Colors and Academic Traditions of Private Universities in Modern and Contemporary Japan

Current Research Theme Keywords:Tokyo-Senmongakko, Waseda University, Private-University, Students

Individual research allowance

2006-Historical Study on Okuma Shigenobu

Current Research Theme Keywords:Okuma Shigenobu, Harmonization of Eastern and Western Cultures, "125 Years of Life" Theory, Okuma Documents

Individual research allowance

2003-Historiographical Analysis of Watanabe Ikujiro, Fukaya Hiroharu and Their Documents

Current Research Theme Keywords:Historical Studies on Meiji Era, Historical Positivism, the Editorial Project of the Annals of Emperor Meiji

Individual research allowance

2009-Historical Study about Human-Animal Relationship in Modern and Contemporary Japan

Current Research Theme Keywords:Thought about Animals, Domestic Animals, Pets, Meat-eating, Animal Welfare, Experiments on Animals, Human Animal Bond

Individual research allowance

Paper

Cenotaphs Erected for the Repose of Animals’ Soul after World War II

Masayuki MANABE

Bulletin of the Graduate Division of Literature of Waseda University (64) p.327 - 3632019/03-

Detail

Publish Classification:Research paper(bulletin of university, research institution) ISSN:2432-7344

Staying Unchanged Means Virtually Death; the Life and Character of Shigenobu Okuma

Masayuki Manabe

Transactions of Waseda University Archives Invitation Yes 49p.41 - 702018/03-

link

Detail

ISSN:0511-1919

Cenotaphs Erected for the Repose of Animals’ Soul during Japanese Colonial Era

Masayuki MANABE

Bulletin of the Waseda University Graduate Division of Letters, Arts and Sciences (62) 2017/03-

link

Detail

ISSN:2432-7344

Effective Use of Okuma Documents(Okuma Shigenobu Kankei Monjo): from the Standpoint of Users

Masayuki Manabe

Transactions of Waseda University Archives Invitation Yes 48p.109 - 1262017/02-

link

Detail

ISSN:0511-1919

Sokichi Tsuda and Tokyo Senmongakko, Waseda University

Masayuki Manabe

(2) p.55 - 962016/03-

Past and Future of Compilation Project in Waseda University -for "150 years’ History of Waseda University”

Masayuki Manabe

Transactions of Waseda University Archives 47p.225 - 2662016/02-

link

東京専門学校時代の学生

真辺将之

早稲田ウィークリー (1364) p.6 - 62015/05-

東京専門学校における接続問題と大学昇格問題

真辺将之

近代日本研究 31p.73 - 1082015/02-

近代日本における動物と人間—鯨・犬・馬を題材として—

真辺将之

早稲田大学大学院文学研究科紀要 60(4) p.19 - 362015/02-

link

伝統と近代、明治啓蒙思想と国民道徳論をつなぐ—西村茂樹の思想史的位置—

真辺将之

弘道 1089p.21 - 252014/04-

東京専門学校の講師と学生たち

真辺将之

早稲田大学史記要 45p.107 - 1472014/03-

link

黒田清隆は謝罪したか—一八八八年大隈重信外相就任に関する『大隈侯八十五年史』の記述をめぐって—

真辺将之

早稲田大学大学院文学研究科紀要 59(4) p.21 - 362014/02-

link

近現代日本における動物と人間

真辺将之

第五届东亚人文学论坛会议手册 p.58 - 712013/11-

珍田捨己 東北が生んだ超一流の外交官

真辺将之

歴史読本 58(10) p.192 - 1952013/10-

趣旨と経過(早稲田大学史学会連続講演会「わたしと歴史学、わたしと考古学」)

史観 169p.89 - 902013/09-

link

大隈重信の文明運動と人生一二五歳説

真辺将之

早稲田大学史記要 44p.37 - 692013/02-

link

老年期の板垣退助と大隈重信—政治姿勢の変化と持続—

真辺将之

日本歴史 (776) p.52 - 672013/01-

明治天皇をめぐる群像

歴史読本 57(12) p.186 - 1972012/12-

論評(越後純子「『婦女鑑』編纂における西村茂樹の関わり」)

日本教育史研究 (31) p.77 - 802012/08-

本と本棚 『石橋湛山論:言論と行動』

早稲田学報 1194p.54 - 542012/07-

早稲田四尊生誕150周年記念 高田早苗展

早稲田大学史記要 43p.167 - 1902012/03-

link

『大隈侯八十五年史』編纂過程とその特質

早稲田大学大学院文学研究科紀要 57(4) p.17 - 322012/02-

link

大隈重信と福澤諭吉のあいだ 思想史と政治史の架橋

福澤諭吉年鑑 38p.121 - 1232011/12-

『紺碧の空』と『早稲田の栄光』

早稲田ウィークリー (1252) p.6 - 62011/07-

木陰に佇む高田早苗元総長の銅像

早稲田ウィークリー (1245) p.6 - 62011/06-

「政治の時代」の学生たち—細野繁荘世代の東京専門学校—

民権ブックス23 細野喜代四郎と繁荘 p.36 - 672010/03-

早稲田大学大学史資料センターとその所蔵資料

古文書研究 (68) p.116 - 1242010/01-

国立国会図書館近代デジタルライブラリーおよび新聞・雑誌に関するデータベース(新年特集 日本史研究とデータベース)

日本歴史 (740) p.144 - 1462010/01-

内大臣府文書(明治天皇御手許書類)に関する基礎的研究—深谷博治旧蔵文書を手がかりとして—

近代史料研究 (9) p.1 - 282009/10-

早稲田で歴史を学ぶこと

史観 (161) p.125 - 1272009/09-

link

福沢諭吉展を見て

福澤手帖 (141) p.1 - 42009/06-

明治期高等教育卒業者の就職と初期キャリア—初期東京専門学校卒業生を中心に—

早稲田大学史記要 40p.69 - 1162009/03-

明治前期教育政策と西村茂樹の教育思想

日本史研究 (555) p.1 - 292008/11-

書評と紹介 池田文書研究会編『東京大学医学部綜理池田謙斎 池田文書の研究』

古文書研究 (66) p.130 - 1312008/09-

書評と紹介 伊藤之雄著『明治天皇』(ミネルヴァ日本評伝選)

日本歴史 (721) p.122 - 1242008/06-

初期東京専門学校入学生の志と活動

プロジェクト研究 (2) p.50 - 762008/03-

大隈重信関係文書の近代私文書論的研究

早稲田大学史記要 39p.53 - 752008/02-

東京専門学校騒動—草創期の早稲田事情—

國文學 : 解釈と教材の研究 53(2) p.52 - 612008/02-

偉人の母 大隈重信 わが子の判断力を干渉せずに養った母

人間会議 (17) p.190 - 1952007/12-

書評と紹介 沼田哲著『元田永孚と明治国家--明治保守主義と儒教的理想主義』

日本歴史 (669) p.119 - 1212006/08-

明治一四年政変後の『イギリス学』と学問の専門化—最初期東京専門学校の講義を題材として—

日本史学年次別論文集 近現代3 2003(平成15)年 p.356 - 3782006/03-

西村茂樹『日本道徳論』の形成過程—国民道徳論の前期的形成—

歴史学研究 (812) p.18 - 352006/03-

書評と紹介 林家礼二・石井紫郎・青山善充編『明治前期の法と裁判』

古文書研究 (62) p.102 - 1042006/02-

近代啓蒙主義的歴史観と歴史的個体性—西村茂樹の歴史認識—

季刊日本思想史 (67) p.51 - 722005/12-

座談会 西村茂樹研究の展望と課題

多田健次、真辺将之、王暁葵、筑後則、長野美香

弘道 (1038) p.6 - 262005/10-

近代国家形成期における伝統思想—鳥尾小弥太『王法論』の評価をめぐって—

日本史学年次別論文集 近現代3 2002年 p.306 - 3122005/01-

明治期『旧藩士』の意識と社会的結合—旧下総佐倉藩士を中心に—

史学雑誌 114(1) p.69 - 942005/01-

近現代八 思想・文化 1(日本)(二〇〇三年の歴史学界 : 回顧と展望)

史学雑誌 113(5) p.184 - 1882004/05-

東京専門学校における私擬憲法草案の作成—新発見史料『憲法私擬』とその意義—

日本史学年次別論文集 近現代1 2001年 p.125 - 1412004/01-

帝国議会開設後の保守党中正派—『中正日報』における言論活動—

歴史学研究 (784) p.1 - 192004/01-

史料紹介 広井一『東京専門学校騒動』

早稲田大学史記要 (35) p.245 - 2492003/10-

中野達彦氏インタビュー (中野正剛没後60周年記念 思い出の中の中野正剛)

中野達彦、松本康正、真辺将之、望月雅士

早稲田大学史記要 35p.193 - 2112003/10-

明治一四年政変後の『イギリス学』と学問の専門化—最初期東京専門学校の講義を題材として—

早稲田大学史記要 35p.71 - 1152003/10-

鳥尾小弥太における政府批判の形成—『王法論』執筆まで—

日本歴史 (657) p.64 - 792003/02-

足尾鉱毒事件と谷干城

文人の眼 (4) p.89 - 942002/09-

書評 松井慎一郎著『戦闘的自由主義者・河合榮治郎』

ヒストリア (179) p.61 - 672002/04-

近代国家形成期における伝統思想—鳥尾小弥太『王法論』の評価をめぐって—

早稲田大学大学院文学研究科紀要 47(4) p.67 - 792002/03-

読書アンケート 日本史私の三冊

日本歴史 (644) p.66 - 1372002/01-

東京専門学校における私擬憲法草案の作成—新発見史料『憲法私擬』とその意義—

早稲田大学史記要 33p.5 - 372001/07-

大会報告要旨 議会開設後における保守党中正派の言論活動

史観 (144) p.122 - 1232001/03-

議会開設前夜における保守党中正派の活動と思想

史観 (142) p.21 - 372000/03-

明治啓蒙期の西村茂樹—『民権』と『仁政』—

日本歴史 (617) p.56 - 731999/10-

宮地茂平と壮士たちの群像

土佐史談 (211) p.7 - 131999/08-

議会開設前夜における地方政治と中央政治—山田一郎の政治的実践—

早稲田大学史記要 (31) p.35 - 641999/07-

谷干城研究の現状と課題

土佐史談 (210) p.1 - 71999/03-

修士論文要旨 西村茂樹の思想史的研究—道徳論の形成とその論理—

早稲田大学大学院文学研究科紀要 44(4) p.129 - 1311999/02-

西村茂樹『日本道徳論』の形成と国家の担い手の変遷

弘道 (997) p.33 - 611998/12-

Books And Publication

大隈重信関係文書7

早稲田大学大学史資料センター編(Other)

みすず書房2011/02-

Detali

ISBN:9784622082071

大隈重信関係文書6

早稲田大学大学史資料センター編(Other)

みすず書房2010/01-

Detali

ISBN:9784622082064

大隈重信関係文書5

早稲田大学大学史資料センター編(Other)

みすず書房2009/03-

Detali

ISBN:9784622082057

大隈重信関係文書4

早稲田大学大学史資料センター編(Other)

みすず書房2008/01-

Detali

ISBN:9784622082040

西村茂樹研究論文集

日本弘道会編(Sharing writing)

日本弘道会2004/12-

高田早苗の総合的研究

早稲田大学大学史資料センター編(Sharing writing)

早稲田大学大学史資料センター2002/10-

Detali

ISBN:9784990136505

佐賀市大隈記念館収蔵庫収蔵資料調査報告書

早稲田大学大学史資料センター編(Sharing writing)

早稲田大学大学史資料センター2002/03-

Lecture And Oral

East Asian Animal Cenotaph: A Mixture Between Historical Perception and Animal Perception

Masayuki Manabe

International Forum of the Japanese Language Institute of Zhongnan University of Economics and Law(Zhongnan University of Economics and Law)Invitation Yes2019/05/27

Detail

International conferenceOral presentation(keynote)Venue:China

Japanese Culture and East Asia as Seen from the Monuments to Console the Spirits of Dead Animals

Masayuki Manabe

Academic Salon for Asian civilizations(Shanghai International Studies Universitiy)Invitation Yes2019/05/19

Detail

International conferenceOral presentation(invited, special)Venue:Shanghai, China

Historical Study about Human-Animal Relationship in Modern and Contemporaly Japan

The Fifth International Forum on the Humanities in East Asia2013/11/02

Detail

Oral presentation(general)

Research Grants & Projects

Grant-in-aids for Scientific Research Adoption Situation

Research Classification:

Shigenobu Okuma and Political Party

2011/-0-2014/-0

Allocation Class:¥3510000

Research Classification:

Thoughts on Political Parties in Meiji Japan -Westernization and Anti-Westernization

Allocation Class:¥2665000

On-campus Research System

Special Research Project

日本近代国家形成期における反欧化主義

2009

Research Results Outline:成果の第一としては、反欧化の立場に立っていた人物のうち、これまで研究を進めてきた西村茂樹にかんする研究をまとめ、『西村茂樹研究―明治啓蒙思想と国民道徳成果の第一としては、反欧化の立場に立っていた人物のうち、これまで研究を進めてきた西村茂樹にかんする研究をまとめ、『西村茂樹研究―明治啓蒙思想と国民道徳論』(思文閣出版)として出版したことがあげられる。また研究途上にある鳥尾小弥太に関しても、特にその...成果の第一としては、反欧化の立場に立っていた人物のうち、これまで研究を進めてきた西村茂樹にかんする研究をまとめ、『西村茂樹研究―明治啓蒙思想と国民道徳論』(思文閣出版)として出版したことがあげられる。また研究途上にある鳥尾小弥太に関しても、特にその仏教思想と近代政治とのかかわりについて掘り下げるために史料を読み進めることができた。近い将来、論文化したうえで、これまでの研究とまとめて研究書として出版することを視野にいれて研究を進めることが出来た。成果の第二としては、今後研究すべき対象として考えている谷干城・三浦梧楼といった人々に関する資料調査を行うことができた。特に国立国会図書館や宮内庁書陵部に所蔵されている資料の所在状況を調査したほか、明治前期の翻訳草稿を集めた資料集を購入することができ、明治政府要人の西洋認識について検討するための材料を得た。同資料集については現在読み込みを進めており、今後論文化をすすめていきたいと考えている。また「深谷博治旧蔵文書」についてもアルバイトを雇用して整理と調査を行い、同文書のうち特に重要な一部分については論文「内大臣府文書(明治天皇御手許書類)に関する基礎的研究」を目録を附載して発表することができた。成果の第三としては、論文「政党認識における「欧化」と「反欧化」」を発表し、欧化と反欧化とのせめぎあいの中からどのような政党観が生じ、それが日本の政治状況にどのような影響を及ぼしたのかということを、欧米との比較を交えながら論じることができた。個別の人物研究にとどまらず、総体としての「反欧化」の潮流が日本の近代にどのような意味を持っていたのかということを明らかにしようという試みであり、今後も、個別の人物に関する研究を進めていく一方で、さらにそれを総体的に検討し、日本近代国家・近代社会のなかでどのような歴史的意義を有しているのかということについて研究を進めていきたいと考えている。

渡辺幾治郎・深谷博治旧蔵文書の近代史料学的研究

2010

Research Results Outline:本年度は、深谷旧蔵文書の目録化の作業を行った。作業にあたってはアルバイト2名を雇用し、目録の粗入力を依頼、それを真辺がチェック・修正・記述追加するとい本年度は、深谷旧蔵文書の目録化の作業を行った。作業にあたってはアルバイト2名を雇用し、目録の粗入力を依頼、それを真辺がチェック・修正・記述追加するという形で作業を進めた。目録化にあたっては、簿冊表題だけではなく、内容に含まれる史料の細目まで採録し、...本年度は、深谷旧蔵文書の目録化の作業を行った。作業にあたってはアルバイト2名を雇用し、目録の粗入力を依頼、それを真辺がチェック・修正・記述追加するという形で作業を進めた。目録化にあたっては、簿冊表題だけではなく、内容に含まれる史料の細目まで採録し、書翰についてはおよその内容についても略記するようにした。しかしこの作業は一点一点を入力するこの作業には膨大な時間がかかり、総入力点数が膨大にわたることから、全体の8割程度にあたる量の作業は完了したが、残り2割については来年度以降の課題とせざるをえなかった。しかし史料の利用者の便を考えるならば、史料内容の細目まで記した目録の整備は必須であり、今後もこの方式で目録化の作業を進めていきたいと考えている。また目録化作業完遂後は、現在割り振られている文書番号は便宜的なものであるため、内容を勘案して史料配列の再構成を行い、文書番号の再振り分けを行いたいと考えているが、そのための青写真もこれまでの目録化作業によって描くことができている。なお、当初深谷文書のみならず、渡辺文書の目録化をも行う予定であったが、深谷文書の作業のみで手いっぱいの状況であり、渡辺文書の目録作成についても今後の作業とせざるをえなかった。また上記の作業と並行して、これら史料が収集される契機となった各編纂事業、具体的には、臨時帝室編修局における『明治天皇紀』編集事業、春畝公追頌会における『伊藤博文伝』編集事業、憲政史編纂会による憲政史編纂事業、貴族院五十年史編纂掛による貴族院五十年史編纂事業、早稲田大学大隈記念室における大隈重信関係文書の整理・調査事業のどのような特質が見えてくるのか、また逆に、それら事業の特色が、本史料群の史料状況にどのように反映しているのかという相互関係を明らかにすべく、検討作業を行った。これについても、目録化の作業が途上にあることから、完遂にはいたっていない。次年度以降、目録化の作業とあわせて検討をすすめ、論文化させたいと考えている。

渡辺幾治郎・深谷博治旧蔵文書の近代史料学的研究

2012

Research Results Outline:研究補助者3名を雇用して、史料の整理・目録化の作業を行うとともに、本史料群と関係の深い宮内庁書陵部の所蔵史料の調査を行った。整理・目録化の作業にあたっ研究補助者3名を雇用して、史料の整理・目録化の作業を行うとともに、本史料群と関係の深い宮内庁書陵部の所蔵史料の調査を行った。整理・目録化の作業にあたっては研究補助者に、史料の袋詰めと目録の粗入力を依頼、それを真辺がチェック・修正・記述追加するという...研究補助者3名を雇用して、史料の整理・目録化の作業を行うとともに、本史料群と関係の深い宮内庁書陵部の所蔵史料の調査を行った。整理・目録化の作業にあたっては研究補助者に、史料の袋詰めと目録の粗入力を依頼、それを真辺がチェック・修正・記述追加するという形で作業を進めた。目録化にあたっては、簿冊表題だけではなく、内容に含まれる史料の細目まで採録し、書翰についてはおよその内容についても略記するようにした。その結果、本資料群のうち、和綴じの冊子体写本史料について、おおむね粗入力の作業を終えることができた。しかし、真辺によるチェックについてはまだ未着手の部分が残されており今後の課題となった。また、現在割り振られている文書番号は便宜的なものであるため、内容を勘案して史料配列の再構成を行い、文書番号の再振り分けを行いたいと考えているが、そうした仮番号から新番号への配列分けの作業も手付かずのまま残っている。また上記の作業と並行して、これら史料が収集される契機となった各編纂事業、具体的には、臨時帝室編修局における『明治天皇紀』編集事業、春畝公追頌会における『伊藤博文伝』編集事業、憲政史編纂会による憲政史編纂事業、貴族院五十年史編纂掛による貴族院五十年史編纂事業、早稲田大学大隈記念室における大隈重信関係文書の整理・調査事業のどのような特質が見えてくるのか、また逆に、それら事業の特色が、本史料群の史料状況にどのように反映しているのかという相互関係を明らかにすべく、検討作業を行った。特に、近年、宮内庁書陵部にて本史料群と関係の深い史料が大量に公開されていることから、それらに関する調査を、研究補助者を雇用して依頼した。ただし、これらは未だ史料状況の調査・収集の段階にとどまっており、深谷旧蔵史料との内容の比較検討の作業は手付かずとなっており、完遂にはいたっていない。今後、検討をすすめ、論文化を目指したいと考えている。なお、本年度整理した写本史料とは別に、本資料群中には、多くの現物史料が残されており、また深谷の旧蔵書籍もこれとは別に大量に残されていることが判明した。現物史料の数は約100点であり、旧蔵書籍は約300点にのぼるものと見積もられるが、これらについては全く着手できておらず、来年度以降のの課題として残されている。今後は、これらの未着手の作業に着手し、その上で、本年度の作業の結果も含めた、完成版目録の作成を期したいと考えている。

深谷博治旧蔵文書「原史料の部」の研究

2013

Research Results Outline:本年度は深谷博治旧蔵文書のうち、原史料にあたる約100点の整理・目録化と翻刻、内容の検討を行なった。仮目録の番号でいうと、390から486にあたる史料本年度は深谷博治旧蔵文書のうち、原史料にあたる約100点の整理・目録化と翻刻、内容の検討を行なった。仮目録の番号でいうと、390から486にあたる史料である。整理の結果、原史料は大きくわけて二つに分かれていることがわかった。ひとつは、寺島宗則宛の書...本年度は深谷博治旧蔵文書のうち、原史料にあたる約100点の整理・目録化と翻刻、内容の検討を行なった。仮目録の番号でいうと、390から486にあたる史料である。整理の結果、原史料は大きくわけて二つに分かれていることがわかった。ひとつは、寺島宗則宛の書簡を中心とする明治期の政治家の書翰群である。これらについては内容細目を再録した目録を作成するとともに、書翰全文の翻刻作業を行なった。なかには未紹介の書翰も多く、今後これらについては何らかの形で発表したいと考えている。またもうひとつは、明治初年の度会府・度会県の民政関係のものであり、浦田長民が関与していたと思われるものが多いことから、これらは「浦田長民関係文書」と名付けるのがふさわしいとの結論に至った。特に民政関係のものが多く、内容的には、管内の住民からの陳情や、それに対する対応などを審議した形跡を窺えるものが多く、明治初年の地方民政において、民意・民情が非常に重視されていたことを窺える史料が多く、明治初年の地方行政を考える上で非常に貴重な史料であると判明した。また深谷博治という人物の史学史的検討という点からすると、これらの史料を深谷がどのような経緯で入手したのか、またこれらがどのように深谷の著作物に使用されているのかを検討していく必要があるが、時間が足りず、これらについては今後の課題となった。また原史料以外の深谷旧蔵文書についても、前年度までに目録化が完了していなかったものや、細目の入力が粗かったものについて、より詳細な記述を心がけて目録の整備を行なった。この作業においては、大庭裕介氏、渡邊桂子氏の助力を得た。ただし、予算の都合もあり、いまだ完了にはいったっていない。以上の作業結果を踏まえ、今後は、内容ごとに目録番号と資料群の構造を再構成させ、目録を最終的に完成させることが課題となる。その上で、目録のWEB公開と、史料の図書館への移管を実現させたいと考えている。

市島春城旧蔵文書の目録整備

2016

Research Results Outline:本年度は、早稲田大学図書館古典籍総合データベースならびに、早稲田大学図書館備え付けのカード目録、および、『早稲田大学図書館所蔵和漢図書目録』を使用して本年度は、早稲田大学図書館古典籍総合データベースならびに、早稲田大学図書館備え付けのカード目録、および、『早稲田大学図書館所蔵和漢図書目録』を使用して、昨年度までに入力してきた部分の確認を行うとともに、脱漏している部分の入力作業を行った。図書館所蔵...本年度は、早稲田大学図書館古典籍総合データベースならびに、早稲田大学図書館備え付けのカード目録、および、『早稲田大学図書館所蔵和漢図書目録』を使用して、昨年度までに入力してきた部分の確認を行うとともに、脱漏している部分の入力作業を行った。図書館所蔵のものについてはおおむね確認を終えることができた。今後、さらにチェックを進め、一刻も早く目録を発表できるよう尽力するとともに、雑記録については、翻刻・出版を視野に入れて、内容検討・研究活動を進めていきたい。

東アジア動物慰霊碑の研究-日本との関係を中心に-

2017

Research Results Outline:中国・黒竜江省東寧市に調査に赴いた。東寧市内に散在していた碑文が、東寧要塞博物館に集められたとの情報を事前に得ていたが、多くはレプリカであり、元の場所中国・黒竜江省東寧市に調査に赴いた。東寧市内に散在していた碑文が、東寧要塞博物館に集められたとの情報を事前に得ていたが、多くはレプリカであり、元の場所に残っているもの、および所在不明になってしまったものが多数あることが判明した。そこで、東寧市内を調...中国・黒竜江省東寧市に調査に赴いた。東寧市内に散在していた碑文が、東寧要塞博物館に集められたとの情報を事前に得ていたが、多くはレプリカであり、元の場所に残っているもの、および所在不明になってしまったものが多数あることが判明した。そこで、東寧市内を調査し、民主村にて「馬頭観世音菩薩」碑と、忠魂碑の所在を確認した。その後、この「馬頭観世音菩薩」碑と、忠魂碑の設立当初の状況を示す満洲駐箚日本軍に所属していた獣医の旧蔵資料を入手できた。このほか、河南省封丘県の「愛馬之碑」に関係する資料の調査も行った。また台湾所在の動物慰霊碑についても、特に戦後のものを調査し、これは近い将来論文化する予定である。

戦前期早稲田大学史の研究

2018

Research Results Outline:東京専門学校から早稲田大学へと至る戦前期早稲田大学誕生の過程の検討を行った。当初日本語による速成教育を売りとしていた東京専門学校が、大学化をめざすなか東京専門学校から早稲田大学へと至る戦前期早稲田大学誕生の過程の検討を行った。当初日本語による速成教育を売りとしていた東京専門学校が、大学化をめざすなかで英語教育を必要とし、かつ他の高等教育機関が次々と日本語教育を行っていくようになっていくなかで、「...東京専門学校から早稲田大学へと至る戦前期早稲田大学誕生の過程の検討を行った。当初日本語による速成教育を売りとしていた東京専門学校が、大学化をめざすなかで英語教育を必要とし、かつ他の高等教育機関が次々と日本語教育を行っていくようになっていくなかで、「学問の独立」のスローガンのうち、政治権力からの独立という要素のみがクローズアップされるようになっていき、日本語速成教育という要素は早期に失われていくこと、そのなかで多様な経路と独自の学風を育成することで、他校との差別化を図ていく過程を検討した。その成果は別記の通り発表したほか、大学で現在編纂を進めている『早稲田大学百五十年史』としても今後発表される予定である。

市島春城文書の基礎的研究

2014

Research Results Outline: 本研究では早稲田大学図書館特別資料室に所蔵されている市島春城の旧蔵文書について、その全体像を把握しようとした。具体的には、研究補助者を雇用して、文書 本研究では早稲田大学図書館特別資料室に所蔵されている市島春城の旧蔵文書について、その全体像を把握しようとした。具体的には、研究補助者を雇用して、文書類の目録作成のための粗入力を行ってもらい、それを研究代表者がチェックした。また、市島の随筆刊本の内... 本研究では早稲田大学図書館特別資料室に所蔵されている市島春城の旧蔵文書について、その全体像を把握しようとした。具体的には、研究補助者を雇用して、文書類の目録作成のための粗入力を行ってもらい、それを研究代表者がチェックした。また、市島の随筆刊本の内容を検討して関連する記述を拾う作業も行った。目録作成については、資料の量が予想以上に膨大であり、ヒットしたものを粗入力するだけで手一杯となってしまったが、同文書には従来まとまった目録が作成されておらず、また古典籍総合データベースも階層検索ができないため、同文書の全体構造を把握できない状況となっていたことを考えられば、同文書研究の大きな一歩を踏み出すことができたと考える。

Lecture Course

Course TitleSchoolYearTerm
Core Lecture 5School of Humanities and Social Sciences2019spring semester
Core Lecture 6(RE)School of Humanities and Social Sciences2019fall semester
Lecture on Japanese History 4 (Historiography of Modern Japan)School of Culture, Media and Society2019fall semester
Lecture on Japanese History 4 (Historiography of Modern Japan)School of Humanities and Social Sciences2019fall semester
Lecture on Japanese History 6 (Modern and Contemporary Japanese History)School of Culture, Media and Society2019fall semester
Lecture on Japanese History 6 (Modern and Contemporary Japanese History)School of Humanities and Social Sciences2019fall semester
Seminar in Japanese History 7 A (Modern and Contemporary Japanese History)School of Humanities and Social Sciences2019spring semester
Japanese History Seminar (Graduation Thesis) spring (MANABE, Masayuki)School of Humanities and Social Sciences2019spring semester
Japanese History Seminar (Graduation Thesis) fall (MANABE, Masayuki)School of Humanities and Social Sciences2019fall semester
Japanese History: Research SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019spring semester
Japanese History: Research SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019fall semester
Japanese History 4-1: SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019spring semester
Japanese History 4-2: SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019fall semester
Japanese History 4-1: Research SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019spring semester
Japanese History 4-2: Research SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019fall semester
Economy and Ethics 1Global Education Center2019spring quarter
Economy and Ethics 2Global Education Center2019summer quarter
Economy, Society and Culture 1Global Education Center2019fall quarter
Economy, Society and Culture 2Global Education Center2019winter quarter
Fundamentals of Waseda Studies beta (Shigenobu Okuma: Founder of Waseda University)Global Education Center2019summer quarter
Study of Waseda Studies alphaGlobal Education Center2019fall quarter

Created Textbook And Teaching Material And Reference Book

Human-Animal Relationship in Modern Japan

2019/04

Human-Animal Relationship in Modern Japan

2015/04

Waseda University in Modern History

2011/04