Name

WATANABE, Tetsuya

Official Title

Professor

Affiliation

(School of Law)

Contact Information

URL

Grant-in-aids for Scientific Researcher Number
10273393

Sub-affiliation

Sub-affiliation

Faculty of Law(Graduate School of Law)

Research Council (Research Organization)/Affiliated organization(Global Education Center)

Educational background・Degree

Educational background

Kyoto University Graduate School, Division of Law public Law

Degree

Ph.D Coursework Kyoto University Public law

Career

1995-1997Lecturer of Law, Shiga University, Faculty of Economics
1997-2003Associate professor of Law, Shiga University, Faculty of Economics
1998-1999Visiting Scholar, U. C. Berkeley School of Law (Boalt Hall), USA
1999-2000Visiting Scholar, Harvard Law School, USA
2003-2004Associate professor of Law, Kyushu University, Faculty of Law
2005-2014Professor of Law, Kyushu University, Faculty of Law
2007-2007Visiting Professor, University of Munich Faculty of Law, Germany
2009-2009Visiting Professor, National University of Singapore Faculty of Law, Singapore(as an ASLI Fellow)
2009-2009Visiting Professor, Duke University School of Law, USA
2009-2010Global Research Fellow, New York University School of Law, USA (as a Fulbright Scholar)
2014-Professor of Law, Waseda University, Faculty of Law

Academic Society Joined

International Fiscal Association

OfficerCareer(Outside the campus)

2014-2018CPAAOB

Research Field

Keywords

Tax Law

Grants-in-Aid for Scientific Research classification

Social sciences / law / Public law

Paper

Taxation for Using Stock as Consideration in Mergers and Acquisitions

Tetsuya Watanabe

The Waseda law review 95(3) p.825 - 8522020/03-2020/03

The Hometown Tax System in Japan: Current Issues

Tetsuya Watanabe

TERRITORIALITAT UND PERSONALITAT: FESTSCHRIFT FUR MORIS LEHNER ZUM 70. GEBURTSTAG Invitation Yes p.279 - 2932019/07-

Taxation of the sharing Economy in Japan. Income Taxation and Administration

Tetsuya Watanabe

Journal of Japanese Law 24(47) p.33 - 492019/05-

Deductible Expenses and Losses under "the Obligation Principle" in the Corporation Tax Act s. 22(3)

Tetsuya Watanabe

Tax Jurisprudence Peer Review Yes (575) p.281 - 3052016/05-

Provisions for Restricted Stock as Deductible Expenses

Tetsuya Watanabe

Institute of Comparative Law(Waseda University) Legislation No.12016/03-

法人税法34条1項2号にいう事前確定届出給与該当性の可否

ジュリスト (1480号) p.127 - 1302015/05-

給与所得該当性に関する判断基準としての非独立性と従属性‐事業所得との相違‐

税務事例研究 (145号) p.30 - 582015/05-

「相続財産にかかる立証責任」

最新租税基本判例70 178号p.292 - 2952014/11-

「課税繰延とは何か」

月報司法書士 (510号) p.32 - 402014/08-

"Income Tax and Incentive for Corporate Transactions: A Japanese Perspective,"

Zenichi Shishido ed., ENTERPRISE LAW-CONTRACTS, MARKETS, AND LAWS IN THE US AND JAPAN p.289 - 3012014/08-

「自己株式に関する課税問題-最近の事例を中心に」

金子宏・中里実・マーク・ラムザイヤー編『租税法と市場』 p.392 - 4132014/07-

「給与所得者と費用控除-平成24年度改正特定支出控除を中心に-」

税務事例研究 (139号) p.24 - 552014/05-

「『マイナンバー制度』と所得税・住民税-給与所得者に関する年末調整・現年課税を中心に-」

税研 (170号) p.39 - 442013/07-

「適格株式移転において自己株式に株式移転完全親法人の株式が割り当てられた場合の株式の取得価額」

ジュリスト (1453号) p.202 - 2032013/04-

「債務免除益の特例に関する所得税基本通達36-17が適用された事例—大阪地判平成24・2・28」

ジュリスト (1449) p.8 - 92013/01-

「外国子会社配当を益金不算入とする法改正について」

税経通信 67巻(10号) p.24 - 322012/09-

「税法における配当の概念」

旬刊商事法務 (1974号) p.45 - 542012/08-

「外国子会社配当益金不算入制度の意義と効果——資金環流税制といえるか」

租税法研究 (40号) p.67 - 902012/06-

「受益者が存しない信託に関する課税ルール」

日税研論集 (62号) p.171 - 1972011/12-

「アメリカ税法における現物分配と子会社清算-わが国における適格現物分配への示唆を求めて」

税法学 (566号) p.477 - 4992011/11-

「適格現物分配という組織再編成」

水野武夫先生古稀記念論文集刊行委員会編『行政と国民の権利』 p.567 - 5882011/10-

「米国組織再編税制における非適格資産への課税に関する覚書—歳入法典356条(a)(2)に関するオバマ改正提案を中心に—」

金子宏編『租税法の発展』 p.748 - 7682010/11-

「適格現物分配に関する課税制度の理論的問題点」

MARR (11月号) p.54 - 552011/10-

「法人税法のあり方とインセンティブ」

宍戸善一編『「企業法」改革の論理—インセンティブ・システムの制度設計』 p.330 - 3492011/10-

「アメリカの源泉徴収に関する制度」

税研 (153号) p.46 - 542010/09-

「税法における負債と株式の相対化および多様化に関する覚書」

税法学 563号p.429 - 4392010/05-

「The Concept of Qualified Reorganization in Japan」

Public Policy Review Vol.5(No.1) p.139 - 1502009/10-

「Tax-Free Treatment for Corporate Reorganizations in Japan,Proceedings from the 2009 Sho Sato Conference on Tax Law, Social Policy, and the Economy」

http://www.law.berkeley.edu/files/sho_sato_tax_conf_web_paper--watanabe.pdf 2009/10-

「実現主義の再考ーその意義および今日的な役割を中心にー」

税研 (147号) p.63 - 822009/09-

「イギリスにおける結合企業税制」

森本滋編著『企業結合法の総合的研究』 p.408 - 4322009/03-

「三角型組織再編成と課税」

租税研究 (2008年11月号) p.92 - 1122008/11-

「組織再編税制における実質主義と形式主義-課税ルールの中立性と納税者が選択したルートの問題-」

金子宏編『租税法の基本問題』 p.115 - 1722007/11-

「株式交換・株式移転に関する18年度税制改正とその問題点」

税務弘報 54巻(11号) p.8 - 192007/09-

「三角合併に関する平成19年度税制改正」

MARR (153号) p.31 - 342007/07-

「申告納税・源泉徴収・年末調整と給与所得」

日税研論集 (57号) p.121 - 1642006/12-

「法人税法における出資と分配-会社法施行を受けた平成18年度改正を中心に」

税法学 (556号) p.151 - 1722006/11-

「税法上の合併概念-アメリカ法におけるC型組織再編成と会社法に依拠しない適格要件の必要性-」

フィナンシャル・レビュー (84号) p.33 - 582006/07-

「多国籍企業親会社のタックス・ヘイブン移転計画-インバージョン取引に関する課税問題と会社法改正-」

フィナンシャル・レビュー (84号) p.58 - 622006/07-

「イギリスにおける最近の租税回避事件とRamsay原則の動向」

税法学 (553号) p.219 - 2542005/05-

「Tax Treatment of Stock Options in Japan」

Bulletin for International Fiscal Documentation Vol.58(No.1) p.31 - 382004/01-

「ストック・オプションに関する課税上の諸問題-非適格ストック・オプションを中心に-」

税法学 (550号) p.57 - 842003/11-

「企業組織再編税制-適格要件等に関する基本原則および商法との関係を中心に-」

租税法研究 (31号) p.35 - 642003/05-

「固定資産評価に関する価格調査基準日と時点修正について」

『固定資産税の判例に関する調査研究報告書』 p.56 - 742003/04-

「株式交換・株式移転と税制」

法律時報 75巻(4号) p.12 - 172003/03-

「組織再編税制の再検討-非適格取引の考察を中心に-」

税経通信 58巻(1号) p.88 - 972003/01-

「アメリカ組織変更税制における投資持分継続性原理」

税法学 (546号) p.363 - 3812001/11-

「企業組織再編税制に関する濫用とその規制-分割税制における法人課税を中心に-」

税法学 (545号) p.171 - 2262001/05-

「法人組織変更取引と立法政策に関する一考察」

碓井光明他編『公法学の法と政策』 p.553 - 5812000/09-

「アメリカにおける租税回避に関する規制と現状」

近畿税理士会編『租税回避行為をめぐる事例研究』 p.443 - 4621998/07-

「イギリスにおける租税回避に関する規制と現状」

近畿税理士会編『租税回避行為をめぐる事例研究』 p.429 - 4421998/07-

「租税優遇の規制と法人ミニマム・タックス」

税法学 (538号) p.71 - 1021997/11-

みなし配当課税と租税回避」

税法学 (536号) p.73 - 1101996/11-

「英国判例における租税回避否認原則」

税法学 (532号) p.1 - 171995/04-

「租税回避否認原則に関する一考察-最近のイギリス判例を題材として(2)」

民商法雑誌 111巻(2号) p.258 - 3011994/12-

「租税回避否認原則に関する一考察-最近のイギリス判例を題材として(1)」

民商法雑誌 111巻(1号) p.65 - 1011994/11-

「確定決算主義の再考」

森淳二朗編『企業監査とリスク管理の法構造』蓮井良憲先生・今井宏先生古希記念論集(法律文化社) p.591 - 6031994/06-

「英国判例における実質課税原則の変遷(1)-(3)」(1992.11-1993.01・清文社)

税法学 (503号, 504号, 505号) 1992/11-1993/01

Books And Publication

Corporate Income Taxation

Tetsuya Watanabe

2018/03-

Detali

Total Number of Pages:328

『租税法演習ノート[第3版]』

佐藤英明・岡村忠生・渋谷雅弘・高橋祐介・谷口勢津夫・増井良啓・渡辺徹也

弘文堂2013/03-

『ベーシック税法[第7版]』

岡村忠生・渡辺徹也・高橋祐介

有斐閣2013/03-

『企業組織再編成と課税』

渡辺徹也

弘文堂2006/10-

『企業取引と租税回避』

渡辺徹也

中央経済社2002/02-

TERRITORIALITAT UND PERSONALITAT: FESTSCHRIFT FUR MORIS LEHNER ZUM 70. GEBURTSTAG

(Joint authorship)

ottoschmidt2019/07-

Detali

Total Number of Pages:570Responsible Number of Pages:279-293ISBN:978-3-504-06057-2

Lecture And Oral

Taxation of the sharing economy

Tetsuya Watanabe

Global Economy and the answers of Tax Law in Japan and Germany(Waseda University School of Law)Invitation Yes2018/05/25

Detail

International conferenceSymposium workshop panel(nominated)Venue:Tokyo

“Recent Developments in Corporate Tax Law in Japan Focusing on Corporate Reorganizations and Cross Border Transactions- A Comparison with US Tax Law"

Hauser Global Fellows Forum (New York University School of Law)2010/02

Detail

Oral presentation(general)

“The Recent Developments in Corporate Tax Law in Japan Especially for Corporate Reorganizations (comparing to US Tax Law)”

International Tax Program Luncheon Lecture (New York University School of Law)2009/11

Detail

Oral presentation(general)

“Non-Recognition Treatment, Especially for Tax-Free Corporate Reorganizations”

Sho Sato Conference (U.C. Berkeley, School of Law)2009/03

Detail

Oral presentation(general)

“Tax-Free Treatment for Corporate Reorganizations in Japan”

Asian Law Institute (Singapore University Department of Law)2009/01

Detail

Oral presentation(general)

“Tax Free Corporate Reorganization -M&A and Taxation”

Verein Für Internationale Steuern und Finanzen München (Ludwig Maximilians Universität)2007/11

Detail

Oral presentation(general)

“Basic Tax Principles for Electronic Commerce”

U.C. Berkeley -Keio Seminar on International Tax Law Concerning Digital Financial Innovation(Keio University)2002/06

Detail

Oral presentation(general)

Research Grants & Projects

Grant-in-aids for Scientific Research Adoption Situation

Research Classification:

Current tax issues of stock redemption

2014/-0-2017/-0

Allocation Class:¥3900000

Research Classification:

Human Capital and Application of Asset Concept in Consumption Taxation

2013/-0-2018/-0

Allocation Class:¥17160000

Research Classification:

Administrative Litigation System Reform from the Perspective of Particular Administrative Laws

2013/-0-2016/-0

Allocation Class:¥9100000

Research Classification:

Study on the changing conceptof asset basis in taxation

2008/-0-2013/-0

Allocation Class:¥18460000

Research Classification:

Study on Tax Rules for Complicated M & A Transactions including Corporate Reorganizations

2008/-0-2013/-0

Allocation Class:¥4420000

Research Classification:

Administrative Dispute Settlement System Reform from the Perspective of Particular Administrative Laws

2016/-0-2020/-0

Allocation Class:¥14560000

Research Classification:

A Cross-disciplinary Study of Law in a Data-driven Society: focusing on Digital Platforms

2019/-0-2024/-0

Allocation Class:¥39650000

On-campus Research System

Special Research Project

自己株式の比例的取得や比例的消却が有する課税問題に関する比較法的研究

2014

Research Results Outline: 本研究は、自己株式の取得に関連して最近生じてきている問題を取り上げ、これらをどちらかといえば立法論の視点から論じるものである。平成6年の商法改正で自 本研究は、自己株式の取得に関連して最近生じてきている問題を取り上げ、これらをどちらかといえば立法論の視点から論じるものである。平成6年の商法改正で自己株式の取得に関する規制が緩和されて以来、商法・会社法の改正ごとに税法も改正を続けてきたが、現行法... 本研究は、自己株式の取得に関連して最近生じてきている問題を取り上げ、これらをどちらかといえば立法論の視点から論じるものである。平成6年の商法改正で自己株式の取得に関する規制が緩和されて以来、商法・会社法の改正ごとに税法も改正を続けてきたが、現行法の解釈だけでは有効に対処できない、あるいは妥当な結論に導けないと思われる取引が散見されるようになった。本研究はそれらのうち、特に株主側における課税の問題として、自己株式が比例的に取得されるケースを取り上げ、日本の現行法人税法における解釈論の限界を示すとともに、アメリカ法との比較検討を通して、わが国でも立法的な対処が必要であることを主張した。

国際化を視野に入れた包括的な租税回避否認規定についての比較法的研究

2015

Research Results Outline:わが国の包括的否認規定の一種として法人税法132条の2がある。この規定の射程等を明らかにするため現行法人税法132条に関する立法の歴史および重要判例をわが国の包括的否認規定の一種として法人税法132条の2がある。この規定の射程等を明らかにするため現行法人税法132条に関する立法の歴史および重要判例を扱い、さらに法132条の2がはじめて適用されたヤフー事件の検討も行った。立法に関していえば、イギリ...わが国の包括的否認規定の一種として法人税法132条の2がある。この規定の射程等を明らかにするため現行法人税法132条に関する立法の歴史および重要判例を扱い、さらに法132条の2がはじめて適用されたヤフー事件の検討も行った。立法に関していえば、イギリスの立法による一般的濫用否認ルール(GAAR)が目を引いた。この規定の成立過程について比較検討することは、わが国における包括的否認規定のあり方を考える上で有益であった。OECDとG20によるBEPS(Base Erosion and Profit Shifting)プロジェクトの最終報告書との関連で、来年度の日本の税制改正においてCFC税制(タックスヘイブン対策税制)が改正されることになっているため、CFC税制のあり方について検討を行った。

税制がもたらした格差社会を税制により改善するための比較法的研究

2017

Research Results Outline: 本研究では、格差を生む税制を変えることによって、格差拡大を抑制し、さらには格差を縮小するための税制のあり方について検討を試みた。 格差に関するアメリ 本研究では、格差を生む税制を変えることによって、格差拡大を抑制し、さらには格差を縮小するための税制のあり方について検討を試みた。 格差に関するアメリカ合衆国やヨーロッパの文献では、古くはアマルティア・セン(Amartya Sen)、最近ではロバー... 本研究では、格差を生む税制を変えることによって、格差拡大を抑制し、さらには格差を縮小するための税制のあり方について検討を試みた。 格差に関するアメリカ合衆国やヨーロッパの文献では、古くはアマルティア・セン(Amartya Sen)、最近ではロバート・ライシュ(Robert Reich)、トマ・ピケティ(Tomas Piketty)のように格差そのものを問題視する主張がある。しかし、最近のパナマ文書やパラダイス・ペーパーの存在が示すように、富裕層の租税回避は、縮小するどころか拡大する傾向にある。 したがって、実体的ルールの問題と同時に、適正な執行を担保することが重要であり、OECDとG20が行ってきたBEPS行動計画とその後の各国の対応、マイナンバー制度を通じた納税者の情報収集、インターネットを使った事業に対する課税ルールを発展させる必要性があることが明らかとなった。

組織再編税制に新たに導入されたルールの検討―スピンオフとスクイーズアウトを中心に

2018

Research Results Outline:本研究では、平成29年度改正によって組織再編税制に新しく導入された二つのルール、すなわちスピンオフ税制とスクイーズアウト税制の内容を概観しつつ、組織再本研究では、平成29年度改正によって組織再編税制に新しく導入された二つのルール、すなわちスピンオフ税制とスクイーズアウト税制の内容を概観しつつ、組織再編成が適格となるか否かにより、法人に対する譲渡損益課税、株主に対するみなし配当課税、株式譲渡損益課...本研究では、平成29年度改正によって組織再編税制に新しく導入された二つのルール、すなわちスピンオフ税制とスクイーズアウト税制の内容を概観しつつ、組織再編成が適格となるか否かにより、法人に対する譲渡損益課税、株主に対するみなし配当課税、株式譲渡損益課税がどのように異なるかといった問題を主として取り上げて検討した。その結果、前者については、これまで立法上の「宿題」とされてきた上場企業の単独新設分割を適格組織再編成として扱うものであり評価できる一方で、後者については、改正の理論的根拠がやや明確性を欠くという指摘を行うことができた。

共有型経済に対する課税問題

2019

Research Results Outline:民泊やフリーマーケットといったシェアリング・エコノミーは、デジタル化を背景として急速に発展してきた経済領域の一つである。通常、シェアリング・エコノミー民泊やフリーマーケットといったシェアリング・エコノミーは、デジタル化を背景として急速に発展してきた経済領域の一つである。通常、シェアリング・エコノミーに関わる当事者としては、プラットフォーム企業だけでなく、ホストとゲストが考えられる。 ホストの獲得...民泊やフリーマーケットといったシェアリング・エコノミーは、デジタル化を背景として急速に発展してきた経済領域の一つである。通常、シェアリング・エコノミーに関わる当事者としては、プラットフォーム企業だけでなく、ホストとゲストが考えられる。 ホストの獲得する所得種類は、国税庁のHP「タックスアンサー」などによれば、副業ということから雑所得となると考えられているが、給与所得者であるホストに十分な知識がなければ、確定申告がなされない可能性がある。そこで、プラットフォーム企業を上手に利用する方法を模索した。その際には、プラットフォーム企業にいかなる負担が生じるかについても考慮する必要があった。

経済のデジタル化が国際課税に与える影響

2020

Research Results Outline:経済のデジタル化に対応した課税について、OECDを中心とした検討が行われており、当初2020年末までに最終報告書において具体的な内容が示されることにな経済のデジタル化に対応した課税について、OECDを中心とした検討が行われており、当初2020年末までに最終報告書において具体的な内容が示されることになっていたが、2020年に入ってからの新型コロナウイルス感染拡大の影響等から、OECDは2020年1...経済のデジタル化に対応した課税について、OECDを中心とした検討が行われており、当初2020年末までに最終報告書において具体的な内容が示されることになっていたが、2020年に入ってからの新型コロナウイルス感染拡大の影響等から、OECDは2020年10月に最終合意が2021年中頃にずれ込むとの発表を行った。本研究では、これまでOECDが提唱する課税ルールについて理論的な考察を行い、問題点の指摘を行った。一方で、OECDの努力にも関わらず、各国は暫定的対応(一方的措置)としてのデジタルサービス税(Digital Service Tax/DST)の導入に動いている。本研究ではこれらDSTの理論的根拠についても検討を行い、日本における導入の可否についても考察した。

Lecture Course

Course TitleSchoolYearTerm
Taxation Law (General) ISchool of Law2020spring semester
Taxation Law (General) IISchool of Law2020fall semester
Modern Family and Law IISchool of Law2020fall semester
Seminar (Taxation Law)A(S)School of Law2020spring semester
Seminar (Taxation Law)A(S)School of Law2021spring semester
Seminar (Taxation Law) A(F)School of Law2020fall semester
Seminar (Taxation Law) A(F)School of Law2021fall semester
Administrative Law: Lecture IGraduate School of Law2020spring semester
Administrative Law: Lecture IGraduate School of Law2021spring semester
Administrative Law: Lecture IIGraduate School of Law2020fall semester
Administrative Law: Lecture IIGraduate School of Law2021fall semester
Special Study on Administrative Law 1: Lecture IGraduate School of Law2020spring semester
Special Study on Administrative Law 1: Lecture IGraduate School of Law2021spring semester
Special Study on Administrative Law 1: Lecture IIGraduate School of Law2020fall semester
Special Study on Administrative Law 1: Lecture IIGraduate School of Law2021fall semester
Enterprise Law Practice Outline (Certified Public Tax Accountants Course)Global Education Center2020fall semester