Name

HIRANO, Masahisa

Official Title

Professor

Affiliation

(School of Humanities and Social Sciences)

Contact Information

URL

Grant-in-aids for Scientific Researcher Number
90181180

Sub-affiliation

Sub-affiliation

Faculty of Letters, Arts and Sciences(Graduate School of Letters, Arts and Sciences)

Affiliated Institutes

語学教育研究所

兼任研究員 1989-

Educational background・Degree

Educational background

-1975 Waseda University School of Letters, Arts and Sciences Department of English Literature
-1985 University of Essex Graduate School, Department of Language & Linguistics Linguistic Phonetics

Career

1985-1987WASEDA University, Research Assistant
1987-1992WASEDA University, Full-time lecturer
1992-1997WASEDA University, Assistant Professor
1997-WASEDA University, Professor

Academic Society Joined

The Phonetic Society of Japan

Pan-Pacific Association of Applied Linguistics Member of the Board of Directors

Research Field

Keywords

Linguistics, Phonetics, English Education

Research interests Career

2003-Prosodic Structure of English

Current Research Theme Keywords:accent patters, NSR, CSR, phrasing, semantic groups

Individual research allowance

Paper

授業へのIT導入の先端的試み:早稲田大学

全私学新聞 2001/11-

授業へのIT導入の先端的試み-外国語教育におけるITの導入

第15回私情協大会 2001/09-

日本語における阻害音の有声性・無声性に関する聴覚的特性

英文学、早稲田大学英文学会 812001/03-

Intercultural communication in cyberspace: A report of the class-based cross-cultural distance learning projects

University of Malaya, Malaysia 2000/07-

英語オーラル・コミュニケーション講座:入門コース

アルク 1999/10-

The Second Language Aquisition in Cyber Space

AILA 1999/08-

早稲田大学の情報デジタル化と英語教育について

LL教育研究、第39回LLA全国研究大会、PANASONIC 1999/08-

電脳空間を利用した外国語学習プロジェクト

松下視聴覚教育研究財団、平成10年度研究調査助成報告書 1999/08-

英語オーラル・コミュニケーション講座:実践コース

アルク 1999/03-

英語オーラル・コミュニケーション講座:実践準備コース

アルク 1999/03-

21世紀に求められる英語学習環境の創造

産学共同特別セミナー(立命館大にて) 1997/12-

ネットワーク環境を利用した「英語教育改革」への取り組み

社団法人私立大学情報教育協会/私情協ジャーナル Vol.6,No.21997/10-

モーラ拍構成要素間のタイミング補償について

語研フォーラム、早稲田大学語学教育研究所 51996/10-

二母音間閉鎖音におけるVOICING CONTRASTの研究ー聴覚音声学上有効なパラメーターを探るー

語研フォーラム/早稲田大学語学教育研究所 1996/10-

日本語アクセントの音響的相関性を探る

語研フォーラム、早稲田大学語学教育研究所 51996/10-

語頭閉鎖音におけるVOICING CONTRAST-音響,聴覚分析

語研フォーラム/早稲田大学語学教育研究所 41996/03-

英語の‘単語アクセント’はストレスアクセントではないのか

英文学/早大英文学会 721996/02-

Research Grants & Projects

Grant-in-aids for Scientific Research Adoption Situation

On-campus Research System

Special Research Project

「Voicing contrast」に関する日英語比較研究

1998

Research Results Outline:今回の研究調査では、voicing contrastの研究対象を閉鎖音から摩擦音/破擦音に移し、閉鎖音以外のobstruentsにおいて、voicin今回の研究調査では、voicing contrastの研究対象を閉鎖音から摩擦音/破擦音に移し、閉鎖音以外のobstruentsにおいて、voicing contrastが、音響音声学的に、聴覚音声学的にどのような体系を有するのか、日本語と英語を比...今回の研究調査では、voicing contrastの研究対象を閉鎖音から摩擦音/破擦音に移し、閉鎖音以外のobstruentsにおいて、voicing contrastが、音響音声学的に、聴覚音声学的にどのような体系を有するのか、日本語と英語を比較対照しながら、その解明が試みられた。 分析対象とした発話は、同一母音の中に当該子音を挿入するといった、オーソドックスな無意味語が使われた。/asa/、/aza/、/acha/、/asha/の4つがその発話である。これら4つの無意味話を、日本語話者、英語話者、各2名ずつに、それぞれ10回ずつ発話してもらい、その音響分析を試みた。分析の結果、摩擦音も破擦音も、閉鎖音とほぼ同様の結果となった。さらに、日本語と英語の比較では、両音とも、音響分析に関する限り大差はなかった。音響分析の結果は以下の通りである。 1.摩擦音も破擦音も、共に、有声子音の直前に出現する母音の長さは、無声子音の直前に比べて長かった。 2.子音の長音に関しては、摩擦音も、破擦音も子音部分の長さ(閉鎖音のclosure durationに匹敵する部分)は、無声音の方が長かった。 3.摩擦音も破擦音も、スペクトル分析上で、有声音にvoice barが観察された。 4.無声摩擦音では、無声閉鎖音や無声破擦音の「VOT」に匹敵する、「後続母音の立ち上がりまでの時間的長さ」が観察されたが、現れ方に一貫性が欠けていた。 5.先行母音から子音に移行する際に、母音のフォルマントパターンに有声音、無声音で違いがあった。有声音の直前では、母音のフォルマントパターンの移行が緩やかであった。 聴覚実験では、上記の音響学上のパラメータをもとに聴覚実験用の音を作成し知覚実験が試みられる。ただし、現時点では、知覚実験が完了していないため、実験結果に関しては、追って発表される研究論文で紹介されよう。

Lecture Course

Course TitleSchoolYearTerm
Core Lecture 5School of Humanities and Social Sciences2019spring semester
Core Lecture 6(RE)School of Humanities and Social Sciences2019fall semester
English Linguistics 1School of Culture, Media and Society2019spring semester
English Linguistics 1School of Humanities and Social Sciences2019spring semester
English Linguistics 2School of Culture, Media and Society2019fall semester
English Linguistics 2School of Humanities and Social Sciences2019fall semester
English Phonetics 1School of Culture, Media and Society2019spring semester
English Phonetics 1School of Humanities and Social Sciences2019spring semester
English Phonetics 2School of Culture, Media and Society2019fall semester
English Phonetics 2School of Humanities and Social Sciences2019fall semester
Introduction to English StudiesSchool of Culture, Media and Society2019fall semester
Introduction to English StudiesSchool of Humanities and Social Sciences2019fall semester
Seminar in English Studies 2 A (Introduction to English Linguistics)School of Humanities and Social Sciences2019spring semester
Seminar in English Studies 4 A (English Linguistics)School of Humanities and Social Sciences2019fall semester
Seminar in English Studies 6 B (Theories of English Education)School of Humanities and Social Sciences2019spring semester
English Studies Seminar (Graduation Thesis) spring (HIRANO, Masahisa)School of Humanities and Social Sciences2019spring semester
English Studies Seminar (Graduation Thesis) fall (HIRANO, Masahisa)School of Humanities and Social Sciences2019fall semester
Advanced English 11Graduate School of Letters, Arts and Sciences2019spring semester
Advanced English 12Graduate School of Letters, Arts and Sciences2019fall semester
Special Studies in English Linguistics 1Graduate School of Letters, Arts and Sciences2019spring semester
Special Studies in English Linguistics 2Graduate School of Letters, Arts and Sciences2019fall semester

Education Content And Method Device

Theories and Practices in English Teaching, English Phonetics & English Studies for Would -Be English Teachers

2001/04-