Name

SAKAKIBARA, Richi

Official Title

Professor

Affiliation

(School of International Liberal Studies)

Contact Information

Mail Address

Mail Address
r-sakaki@waseda.jp

Address・Phone Number・Fax Number

Phone Number
81-3-5286-9872
Fax Number
81-3-5286-9872

URL

Grant-in-aids for Scientific Researcher Number
00313825

Sub-affiliation

Sub-affiliation

Faculty of Letters, Arts and Sciences(Graduate School of Letters, Arts and Sciences)

Educational background・Degree

Educational background

-1999 University of Michigan Asian Languages and Cultures Japanese Literature

Degree

Ph.D Coursework University of Michigan Japanese literature

Academic Society Joined

Association of Asian Studies

Showa Literature Association Editorial Board

Paper

「虚構の春」-手紙と小説の間

榊原理智

国文学解釈と教材の研究 2002/12-

「古典風」論

榊原理智

太宰治研究 2001/06-

言語間翻訳をめぐる言説編成ー「たけくらべ」、Growing Up、Child's Playを視座として

榊原理智

日本近代文学 2001/05-

<悲劇>の生産ー吉本隆明『悲劇の解読』における太宰治

榊原理智

『吉本隆明が語る戦後55年』 三交社 52001/04-

From Semantics to Life Dokument Movement--Shiso no kagaku and Its Transformation

Sakakibara Richi

Kuwadorante Invitation Yes (第16号) p.15 - 222014/03-2014/03

Narratives of Return/Narratives of Stay-Nation in Takeda Taijun's "Judgment"

Sakakibara Richi

Peer Review Yes (152号) 2007/06-

The Utopia Called Yamabiko gakko--The Creation of The Writing Subject Around 1950

Sakakibara Richi

Japanese Literature Peer Review Yes 2007/11-

Nation and Gender in Takeda Taijun's Shanghai Series

Sakakibara Richi

Showa Literary Studies Peer Review Yes (第59集) p.37 - 482009/09-

A Manga Translation of Dazai Osamu's No Longer Human

Sakakibara Richi

Iichiko Invitation Yes (第107号) 2010/08-

Ethnicity and Gender in Takeda Taijun's "Onna no kokuseki"

Sakakibara Richi

Roncho Invitation Yes 2011/01-

A Novel on the Act of Narration ー The Narrator of Dazai Osamu's The Setting Sun

Sakakibara Richi

Japanese LIterature Peer Review Yes 1997/05-

The Act of ReadingーDazai Osamu's No Longer Human

Sakakibara Richi

Invitation Yes 1998/06-

Narration and WomanーDazai Osamu's "Skin and Heart"

Sakakibara Richi

Invitation Yes 1999/06-

Books And Publication

The Horizon of the Postcolonial

島村輝、高橋修、吉田司雄、飯田佑子他(Sharing writing)

Seori shobo2005/08-

Detali

Scholarly BookISBN:978-4902163186

Linguistic Turn in Contemporary Japanese Literary Studies: Politics, Language, Textuality

Michael Bourdaghs(Sharing writing)

2010/01-

Detali

Scholarly Book

The Empire of Censorship: The Control and Reproduction of Culture

Kono Kensuke, Ko Yongran(Sharing writing)

Shinyosha2014/08-

Detali

Scholarly BookTotal Number of Pages:488ISBN:978-4-7885-1401-0

Tanizaki Junichiro Studies

Gomibuchi Noritsugu, Hidaka Yoshiki(Sharing writing)

Kanrin shobo2016/12-

Detali

Scholarly BookTotal Number of Pages:356ISBN:978-4877374082

Literature among the Ruins, 1945-1955

Atsuko Ueda, Michael Bourdaghs, Richi Sakakibara, Toeda Hirokazu(Co-edit)

Lexington Books2018/04-

Detali

Scholarly BookTotal Number of Pages:194ISBN:978-0739180723

The Politics and Literature Debate in Postwar Japanese Criticism 1945-52

Atsuko Ueda, Michael Boudaghs, Richi Sakakibara, Hirokazu Toeda(Co-edit)

Lexington Books2017/05-

Detali

Scholarly BookTotal Number of Pages:322ISBN:978-0739180754

Lecture And Oral

A Wife's Discourse: Dazai Osamu's "Viyon no tsuma" and the Revision of Civil Law

Sakakibara Richi

Conference of the Midwest Association for Japanese Literary Studies

Detail

International conferenceOral presentation(general)Venue:Ann Arbor, Michigan

Reading the English Translation of Takekurabe

Sakakibara Richi

Modern Japanese Literature Association(Modern Japanese Literature Association)Invitation Yes2000/10

Detail

National conferenceSymposium workshop panel(nominated)Venue:Tokyo

Literature for Everyone: The Life Document Movement in 1950s

Sakakibara Richi

Association for Asian Studies(Association for Asian Studies)2008/04

Detail

International conferenceSymposium workshop panel(public)

The Narrative of Return, the Narrative of Stay: Geopolitical Reformation of Post-Imperial Japan

Sakakibara Richi

Association of Japanese LIterary Studies(Association of Japanese Literary Studies)2006/07

Detail

International conferenceSymposium workshop panel(public)Venue:Tokyo

Reforming National Boundaries: The Fall of Empire Represented in Takeda Tijun's "The Outcast Generation"

Sakakibara Richi

Asian STudies Conference Japan(Asian Studies Conference Japan)2005/06

Detail

International conferenceSymposium workshop panel(public)Venue:Tokyo

Rethinking the Post-Defeat Discursive Space: Censorship During the Occupation Period

Sakakibara Richi

Jackson Bailey Memorial Lecture(Institute for Education on Japan, Earlham College)Invitation Yes2011/02

Detail

National conferencePublic discourseVenue:Richmond, Indiana

"Politics and Literature" Debate and the Literature of Amatuers: What is the Subject of Literature

Sakakibara Richi

Rethinking Hihyo:The Politics of LIterature and the LIterature of Politics in Early Postwar Japan(The University of Chicago)2011/03

Detail

International conferenceOral presentation(invited, special)Venue:Chicago, Illinois

Postwar Literary Criticism: Nakano Shigeharu

Sakakibara Richi

Rethinking Hihyo: Postwar LIterary Criticism and Beyond(Princeton University)Invitation Yes2010/03

Detail

International conferenceOral presentation(invited, special)Venue:Princeton, New Jersey

Translating Literary Criticism--"Politics and Literature" Debate Translation Project

Sakakibara Richi

Japan Association of Interpretation and Translation Studies(Japan Association of Interpretation and Translation Studies)2018/07

Detail

National conferenceOral presentation(general)Venue:Tokyo

Politics of "Culural Exchange": Representation of Japan Under the Cold War Scheme

Sakakibara Richi

Asian Studies Conference Japan(Asian Studies Conference Japan)2016/07

Detail

International conferenceOral presentation(general)Venue:Tokyo

Politics of Translation--English Translation of Japanese Literature in 1950s

Sakakibara Richi

Thailand Japan Studies International Symposium(Chulalongkorn University)2014/08

Detail

International conferenceOral presentation(general)Venue:Bangkok

Migration and Translation--An Aspect of Occupation Literature

Sakakibara Richi

Japan-Korea Censorship Conference(Japan University)Invitation Yes2012/09

Detail

International conferenceOral presentation(invited, special)Venue:Tokyo

Research Grants & Projects

Grant-in-aids for Scientific Research Adoption Situation

Research Classification:

A Comprehensive Study of Modern Japanese Discourses on Literary Theory: Introduction of Western Theories and Changes in the Traditional View of Literature

2014/-0-2017/-0

Allocation Class:¥14430000

On-campus Research System

Special Research Project

戦後文芸批評におけるジェンダー構築の研究

2017

Research Results Outline: 本研究は、敗戦直後から現在にいたる文芸批評において、ジェンダー、特にホモソーシャリティ(女性を媒介にした異性愛男性同士の社会的絆)が果たした役割を問 本研究は、敗戦直後から現在にいたる文芸批評において、ジェンダー、特にホモソーシャリティ(女性を媒介にした異性愛男性同士の社会的絆)が果たした役割を問うものである。本年度においては、ホモソーシャリティに関する研究のもっとも進んだ米国のクィアおよびジ... 本研究は、敗戦直後から現在にいたる文芸批評において、ジェンダー、特にホモソーシャリティ(女性を媒介にした異性愛男性同士の社会的絆)が果たした役割を問うものである。本年度においては、ホモソーシャリティに関する研究のもっとも進んだ米国のクィアおよびジェンダー・スタディーズの研究者との意見交換を行うべく、米国のAssociation of Asian Studiesの年次大会(2018年3月22日-25日)に参加し、クィア研究の視座を戦後の文芸批評に応用するための知見を得た。また、敗戦後の日本のナショナル・アイデンティティ構築関連するパネルのコメンテーターとして登壇し、この問題がジェンダーと関わっていることを指摘するコメントを行なった。

戦後日本文学・文芸批評におけるジェンダー構築の研究 --ホモ・ソーシャリティと敗戦のトラウマ--

2017

Research Results Outline: 本研究は、敗戦直後から現在にいたる文学空間において、ジェンダー、特にホモソーシャリティ(女性を媒介にした異性愛男性同士の社会的絆)が果たした役割を問 本研究は、敗戦直後から現在にいたる文学空間において、ジェンダー、特にホモソーシャリティ(女性を媒介にした異性愛男性同士の社会的絆)が果たした役割を問い、敗戦のトラウマと呼ばれてきたものがジェンダー化されたものであることを示そうとするものである。本... 本研究は、敗戦直後から現在にいたる文学空間において、ジェンダー、特にホモソーシャリティ(女性を媒介にした異性愛男性同士の社会的絆)が果たした役割を問い、敗戦のトラウマと呼ばれてきたものがジェンダー化されたものであることを示そうとするものである。本年度においては、ホモソーシャリティに関する研究のもっとも進んだクィア研究の基礎史料や最新の知見を蒐集し、理論的な土台を作り、関西方面の日本のフィクションに関する研究会に参加して意見交換を行ない、基礎的な研究を進めた。

敗戦の文学空間におけるジェンダー構築の研究

2018

Research Results Outline: 本研究は、敗北の経験を語る文学(小説と文芸批評)において、ジェンダー、特にホモソーシャリティ(女性を媒介にした異性愛男性の社会的な絆)が、戦後日本の 本研究は、敗北の経験を語る文学(小説と文芸批評)において、ジェンダー、特にホモソーシャリティ(女性を媒介にした異性愛男性の社会的な絆)が、戦後日本の国家・文化イメージ構成に寄与したことを明らかにしようとするものである。海外研究者との意見交換は昨年... 本研究は、敗北の経験を語る文学(小説と文芸批評)において、ジェンダー、特にホモソーシャリティ(女性を媒介にした異性愛男性の社会的な絆)が、戦後日本の国家・文化イメージ構成に寄与したことを明らかにしようとするものである。海外研究者との意見交換は昨年度で一段落したため、本年度は執筆に専念する年と位置づけていた。また、これまでの研究から、敗戦の文学空間におけるジェンダーを読み解くためには、敗戦後(占領期から1950年代に至る)小説・文芸批評の分析のみならず、戦前・戦中・戦後の接続を重視する必要があることがわかった。その観点から1930年代から戦後にかけて活躍した林芙美子に焦点をあて、長編小説におけるジェンダー構築に関する論考を発表した。

敗戦の文学空間におけるジェンダー構築の研究

2018

Research Results Outline: 本研究は、敗北の経験を語る文学(小説と文芸批評)において、ジェンダー、特にホモソーシャリティ(女性を媒介にした異性愛男性の社会的な絆)が、戦後日本の 本研究は、敗北の経験を語る文学(小説と文芸批評)において、ジェンダー、特にホモソーシャリティ(女性を媒介にした異性愛男性の社会的な絆)が、戦後日本の国家・文化イメージ構成に寄与したことを明らかにしようとするものである。海外研究者との意見交換は昨年... 本研究は、敗北の経験を語る文学(小説と文芸批評)において、ジェンダー、特にホモソーシャリティ(女性を媒介にした異性愛男性の社会的な絆)が、戦後日本の国家・文化イメージ構成に寄与したことを明らかにしようとするものである。海外研究者との意見交換は昨年度で一段落したため、本年度は執筆に専念する年と位置づけていた。また、これまでの研究から、敗戦の文学空間におけるジェンダーを読み解くためには、敗戦後(占領期から1950年代に至る)小説・文芸批評の分析のみならず、戦前・戦中・戦後の接続を重視する必要があることがわかった。その観点から1930年代から戦後にかけて活躍した林芙美子に焦点をあて、長編小説におけるジェンダー構築に関する論考を発表した。

Lecture Course

Course TitleSchoolYearTerm
Modern Japanese Fiction in TranslationSchool of International Liberal Studies2020spring semester
Theoretical Approaches to Literature - Theories of Language and Literature - 01School of International Liberal Studies2020spring semester
Seminar on Expression 05School of International Liberal Studies2020spring semester
Seminar on Expression 55School of International Liberal Studies2020fall semester
Global Leadership Fellows Program(GLFP) Directed Seminar 01School of International Liberal Studies2020spring semester
Global Leadership Fellows Program(GLFP) Directed Seminar 51School of International Liberal Studies2020fall semester
Intermediate Seminar 30School of International Liberal Studies2020spring semester
First Year Seminar A 80School of International Liberal Studies2020fall semester
Global Japanese Literary and Cultural Studies 2-1: Research SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2020spring semester
Global Japanese Literary and Cultural Studies 2-2: Research SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2020fall semester

Education Content And Method Device

Course Evaluation

Others Educational Activity

Office Hours