Name

OKADA, Masanori

Official Title

Professor

Affiliation

(Waseda Law School)

Contact Information

URL

Grant-in-aids for Scientific Researcher Number
40203997

Sub-affiliation

Sub-affiliation

Faculty of Law(School of Law)

Faculty of Law(Graduate School of Law)

Faculty of Human Sciences(School of Human Sciences)

Educational background・Degree

Degree

LL.M. Coursework Graduate School of Law, Waseda University Public law

LL.D. Thesis Graduate School of Law, Waseda University Public law

Paper

On Limits of Discretionary Power of Education Board in the Decision of Reemployment of Retired Teachers: with relation to Kimigayo Cases

OKADA, Masanori

Nanzan Hogaku (Nanzan Law Review) Invitation Yes 38(3-4) p.409 - 4512015/07-2015/07

Detail

Publish Classification:Research paper(bulletin of university, research institution) ISSN:0387-1592

Outline:On Limits of Discretionary Power of Education Board in the Decision of Reemployment of Retired Teachers: with relation to Kimigayo Cases

足立区反社会的団体規制条例に基づく過料処分が十分な説明を欠くものとして取り消された事例(判例評論)

岡田正則

判例時報 (2247) p.132 - 1352015/04-

日本法曹培育制度・司法考試制度改革:歴史・成果・展望

岡田正則

国家菁英(中華民國考選部) (39) p.169 - 1812014/10-

グローバル新自由主義と最高裁判例の変容

岡田正則

民主主義科学者協会法律部会編『改憲の時代に挑む民主主義法学』(日本評論社、2014年) p.82 - 872014/11-

議会における「いじめ」の違法性と地方自治体の賠償責任

岡田正則

川崎和代・井上英夫編『代読裁判——声をなくした議員の闘い』(法律文化社、2014年) p.83 - 972014/06-

自治体と国との争訟

岡田正則・長内祐樹

大久保規子編『自治体法務講座3・争訟管理』(ぎょうせい) p.179 - 2132013/09-

事件で学ぶ民法・行政法

岡田正則・山野目章夫・原和良・森直美

法学セミナー (698) p.26 - 372013/03-

住民訴訟債権の議会による放棄

岡田正則

ジュリスト別冊・地方自治判例百選(第4版) p.188 - 1892013/05-

Climate Protection and Sustainability in Japan: Tasks Following March 11th 2011

OKADA, Masanori

Koch/König (eds.), Climate Change and Environmental Hazards Related to Shipping, Brill, 2013 p.99 - 1012013-

The Formation and Development of the Economic Administrative Law in Japan

OKADA, Masanori

Journal of Law and Economic Regulation (Center for Law & Public Utilities / Seoul National University) 5p.169 - 2002012-

日本における行政訴訟制度の形成史と改革の課題

岡田正則

司法(JURIS/韓国大法院) 22p.389 - 4462012/12-

基地騒音の差止請求と改正行政事件訴訟法

岡田正則

早稲田法学 88(3) p.1 - 652013/08-

巨大自然災害・原発災害と法—基礎法学の視点から—

岡田正則

法律時報 85(3) p.77 - 792013/03-

韓国憲法裁判所の沿革と現状——二つの「最高裁判所」の競合問題と相乗的発展——

岡田正則

法と民主主義 (470) p.6 - 122012/07-

地方自治とナショナルミニマム——社会保障における国家・社会・個人——

岡田正則

井上英夫・林弘子・菊池馨実『新・社会保障法講座(第3巻)』法律文化社 p.49 - 662012/07-

現代における法・判例の形成と実定法学の課題——企画趣旨説明

岡田正則

法の科学 43p.8 - 152012/09-

日本における行政権・司法権の関係史と司法制度改革

岡田正則

法の科学 (41) p.78 - 832010-

公法学と法実務・基礎法学

岡田正則

法律時報 84(3) p.63 - 672012-

国による石綿建材の指定・認定行為と国家賠償責任

岡田正則

早稲田法学 87(2) p.75 - 1012012-

地方分権改革後における条例制定権の範囲に関する一考察——神奈川県臨時特例企業税条例事件控訴審判決の検討を中心に——

岡田正則

早稲田法学 87(1) p.1 - 362011-

韓国における憲法裁判所および行政法院の機能と役割

岡田正則・河明鎬

比較法学 45(2) p.1 - 182011-

公法学における歴史研究の意義——近代的な「時間」の観念と立憲主義・法治国家——

岡田正則

公法研究 (73) p.21 - 412011-

権利論と裁量論

岡田正則

早稲田大学大学院法学研究科(編)『法学研究の基礎<法と権利>』 p.93 - 1112011-

教育公務員の懲戒処分に関する裁量権の逸脱・濫用の違法について

岡田正則

Law & Practice (5) p.171 - 1992011-

福祉サービス供給の拡充と地域自治——自治体内分権の視点から——

岡田正則

社会保障法 (25) p.157 - 1692010-

経済行政法理論の生成と展開

岡田正則

首藤重幸・岡田正則(編)『経済行政法の理論』日本評論社 p.3 - 322010-

行政訴訟制度の形成・確立過程と司法官僚制——司法制度改革に関する歴史的視点からの一考察

岡田正則

早稲田法学 85(3) p.155 - 1742010-

平野事件:公職追放と行政訴訟法制の転轍

岡田正則

法学教室 (349) p.4 - 72009-

災害・リスク対策法制の現状と課題

岡田正則

法律時報 81(9) p.4 - 72009-

事実行為の権力性に関する一考察——渡辺洋三『農業水利権の研究』を手がかりとして

岡田正則

戒能通厚・原田純孝・広渡清吾編『日本社会と法律学』(渡辺洋三先生追悼論集)日本評論社 p.223 - 2382009-

行政不服審査の対象

岡田正則

福家俊朗・本多滝夫・岡田正則ほか『行政不服審査制度の改革』日本評論社 p.64 - 752008-

行政改革関連法制の整備と公法学——概観

岡田正則

法律時報 80(10) p.20 - 212008-

立法による行政の変革と公法学——塩野宏先生に聞く

塩野宏・岡田正則・人見剛

法律時報 80(10) p.4 - 192008-

訴願法と行政不服審査法----歴史的脈絡からみた行政不服審査制度改革の課題

岡田正則

行財政研究 (70) p.11 - 192008-

民営児童養護施設における養育監護行為の過失と都道府県の損害賠償責任

岡田正則

賃金と社会保障 (1445) p.70 - 762007-

行政処分・行政行為の概念史と行政救済法の課題

岡田正則

法律時報 79(9) p.15 - 212007-

「自然環境保全法制の日独比較」およびコメント

岡田正則

獨協国際交流年報 (19) p.217 - 2272006-

長期にわたる都市計画制限と補償の要否

岡田正則

小早川光郎ほか編『行政判例百選 II[第5版]』(ジュリスト別冊)有斐閣 p.514 - 5152006-

公務員の政治的行為に対する罰則適用の意義と限界

岡田正則

早稲田法学 81(3) p.335 - 3652006-

戦争被害者と社会保障

岡田正則

井上英夫ほか編『実務社会保障法講義』民事法研究会 p.394 - 4222006-

学生無年金障害者訴訟の経緯と論点——違憲立法の合法性審査を中心に——

岡田正則・石口俊一・南野雄二

法律時報 77(7) p.69 - 742005-

明治憲法体制確立期における国の不法行為責任(5)——国家無答責の法理と公権力概念——

岡田正則

南山法学 31(3) p.49 - 982007-

明治憲法体制確立期における国の不法行為責任(4)——国家無答責の法理と公権力概念——

岡田正則

南山法学 31(1-2) p.85 - 1122007-

明治憲法体制確立期における国の不法行為責任(3)——国家無答責の法理と公権力概念——

岡田正則

南山法学 30(1) p.49 - 882006-

明治憲法体制確立期における国の不法行為責任(2)——国家無答責の法理と公権力概念——

岡田正則

南山法学 29(2) p.1 - 552006-

明治憲法体制確立期における国の不法行為責任(1)——国家無答責の法理と公権力概念——

岡田正則

南山法学 28(4) p.1 - 292005-

A Study on Development and Function of the Constitutional and Administrative Litigation System in Korea

Masanori Okada;Ha Myeong Ho

Comparative law review 45(2) p.1 - 182011/12-2011/12

CiNii

Detail

ISSN:04408055

Die Rechtsreflextheorie in Staatshaftungsprozessen: Am Beispiel des Bauasbestfalls

OKADA, Masanori

Waseda Law Review Peer Review Yes 91(4) p.1 - 322016/07-

Detail

Publish Classification:Research paper (scientific journal)

Outline:Während die Staatshaftung für Fabrikarbeiter im Falle der Asbestkrankheit durch den Obersten Gerichtshof mittlerweile anerkannt ist, bleibt diejenige für Bauarbeiter noch unklar. Einige Entscheidungen der Landesgerichte haben eine solche Staatshaftung verneint, weil Bauarbeiter außerhalb des Schutzbereiches des Arbeitsrechts stünden und der Minister des Bauministeriums keine Befugnis zur Kontrolle über die Asbestbaumaterialien habe. Dieser Artikel untersucht diesen Streitpunkt und stellt die These auf, dass die Unterlassung der Ausübung dieser Kontrollbefugnis rechtswidrig sei. 1. Einleitung 2. Die Funktion der § 2 Nr. 7 bis 9 Baugesetz 3. Der Schutzbereich der § 2 Nr. 7 bis 9 Baugesetz 4. Fazit

A Proposal of "Dual Registration System": for Protection of the Rights of Nuclear Accident Evacuees to choose his/her Domicile and to Return to Hometown

OKADA, Masanori

Trends in the Sciences Invitation Yes 22(4) p.80 - 832017/04-

Detail

Publish Classification:Research paper (scientific journal)

Books And Publication

地方自治のしくみと法

岡田正則・榊原秀訓・大田直史・豊島明子

自治体研究社2014/10-

判例から考える行政救済法

岡田正則・本多滝夫・ 榊原秀訓(編)

日本評論社2014/09-

国の不法行為責任と公権力の概念史----国家賠償制度史研究

岡田正則

弘文堂2013/02-

Detali

ISBN:978-4-335-31215-1

ドイツ環境法

岡田正則(監訳)

早稲田大学比較法研究所/成文堂2012-

経済行政法の理論

首藤重幸・岡田正則(編)

日本評論社2010-

実務判例・逐条国家賠償法

佐藤英善・岡田正則・下山憲治・首藤重幸

三協法規出版2008-

日韓の相互理解と戦後補償

池明観・五十嵐正博・岡田正則・名古道功(編著)

日本評論社2002-

Lecture And Oral

Eine historisch-theoretische Analyse über soziale Netzwerke: Zum Verwaltungsrecht in der Zeit der Entstaatlichung

Verwaltung in Netzwerken / Deutsch-Japanisches Symposium2015/02/26

Detail

Oral presentation(general)

Issues of Japanese Personal Data Protection System

2014 MRLC-Korea Personal Data Protection Law Association Joint Seminar, "Comparison of Privacy Data Protections Laws in Northeast Asia"2014/10/25

Detail

Oral presentation(general)

Translation deutschen öffentlichen Rechts nach Japan im 19. Jahrhundert: Skizze eines Forschungsvorhabens mit einem besonderen Fokus auf dem Verwaltungsgerichtssystem

Workshop: Rezeption, Transfer, Translation -- Neue Ansätze zur Erforschung interkulturell vermittelter Rechtsbildungsprozesse am Beispiel Japans im 19. Jahrhundert2014/09/19

Detail

Oral presentation(general)

On Historical Background of Reform of Administrative Litigation System in Japan

9th Japan-Chinese Public Law Symposium2013/11/30

Detail

Oral presentation(general)

Administration of Social Security System: from a Viewpoint of Functional Responsibility between Central and Local Government

2013/03/23

Detail

Oral presentation(general)

Modern States, Citizenship, and the Nation: Historical Development of the State Redress System in Japan

2013 International Meeting in Boston, Law and Society Association2013/05/31

Detail

Oral presentation(general)

Recent Japanese Reform Plan for the Legal Professionals Education System and the Bar Examination: Their History, Outcome and the Future Vision

2013 International and Cross-Strait Conference2013/10/11

Detail

Oral presentation(general)

Research Grants & Projects

Grant-in-aids for Scientific Research Adoption Situation

Research Classification:

A Historical Study on Administrative Litigation System in Modern States

2014/-0-2017/-0

Allocation Class:¥2600000

Research Classification:

A Historical Study on Administrative Litigation System in Japan

2011/-0-2014/-0

Allocation Class:¥3120000

Research Classification:

The Development of Japanese Administrative Litigation System and the Concept of Public Power

Allocation Class:¥2600000

Research Classification:

A Comprehensive Study on the Process of Injunction in the Administrative Litigation

Allocation Class:¥1700000

Research Classification:

A Study on Administrative Procedure and Information System from the Viewpoint of Right to Social Security

Allocation Class:¥1500000

Research Classification:

The Mutual Understandings between Japan and Korea and the Post-war Compensation

Allocation Class:¥9700000

Research Classification:

Relocation of state administration in interdependence network of governance - reconsideration and revival of "modern administrative law"

2014/-0-2017/-0

Allocation Class:¥12610000

On-campus Research System

Special Research Project

行政法関係における差止請求と公権力概念

2006

Research Results Outline: 本研究は、行政救済法における「公権力」概念の機能を歴史的脈絡から解明することによって、行政訴訟における差止請求(ひいては抗告訴訟全体)の権利救済上の 本研究は、行政救済法における「公権力」概念の機能を歴史的脈絡から解明することによって、行政訴訟における差止請求(ひいては抗告訴訟全体)の権利救済上の役割を提示し、最終的には、行政訴訟および民事訴訟における訴訟類型の適用に関する法解釈の指針および訴... 本研究は、行政救済法における「公権力」概念の機能を歴史的脈絡から解明することによって、行政訴訟における差止請求(ひいては抗告訴訟全体)の権利救済上の役割を提示し、最終的には、行政訴訟および民事訴訟における訴訟類型の適用に関する法解釈の指針および訴訟制度改正による解決方向を示すことを目的としている。 2006年度の研究では、戦後改革期における国家賠償制度の創設および行政訴訟制度の再編成(行政裁判所の廃止、行政事件訴訟特例法の制定など)を重点的に検討する計画であったが、まだそれ以前の時期に関する作業が不十分であったため、(1)1890年代の関係立法(裁判所構成法、旧民法・現行民法の不法行為関係規定)の検討、(2)国家賠償責任に関する戦前の大審院判例の変遷の検討、(3)国家賠償責任の成否の鍵となる「公権力」概念のヨーロッパおよび日本での形成過程に関する学説史の検討を進めた。後掲論文「明治憲法体制確立期における国の不法行為責任(3)」が上記(1)に対応する研究成果であり、後掲論文「明治憲法体制確立期における国の不法行為責任(4)」が上記(2)および(3)に対応する研究成果であり、後掲論文「日本における行政救済制度の形成史と理論的課題」が上記(3)と戦後改革期の検討に対応する研究成果である。 なお、論文「明治憲法体制確立期における国の不法行為責任」は今年度中に完結させる予定であったが、「(4)」の分量が大部になったため、これを二分し、後半を「(5・完)」として来年度に公表することとした。この論文によって、日本における国家賠償制度史・理論史研究の欠落を埋めることができ、行政訴訟・民事訴訟を含めた解釈論・立法論の指針を提供できるものと自負している。

行政法関係における差止請求と公権力概念

2007

Research Results Outline: 本研究は、近年の判決等で流布されている国家無答責の法理に関する実定法説(この法理は1890年の諸立法の前提とされているので実定法上の根拠を有するとい 本研究は、近年の判決等で流布されている国家無答責の法理に関する実定法説(この法理は1890年の諸立法の前提とされているので実定法上の根拠を有するという説)および「行政裁判法と旧民法が公布された明治23年[1890年]の時点で、公権力行使についての... 本研究は、近年の判決等で流布されている国家無答責の法理に関する実定法説(この法理は1890年の諸立法の前提とされているので実定法上の根拠を有するという説)および「行政裁判法と旧民法が公布された明治23年[1890年]の時点で、公権力行使についての国家無答責の法理を採用するという基本的法政策が確立した」という1890年確立テーゼの真偽を検討するために、関係立法の制定経過、戦前の大審院判例の変遷、および学説の推移を検討した。 結論は次のとおりである。第一に、関係立法における立法者意思、大審院判例の推移、戦前の学説の認識のいずれの面から見ても、国家無答責の法理が1890年の立法措置(行政裁判法16条・裁判所構成法2条および26条・旧民法373条)によって実定法上で確立された法理だということは不可能であること、および、この法理が後年の大審院の判決により形成された判例法理であったこと、は明白である。実定法説が成り立つ余地はない。第二に、同じく戦前の立法・判例・学説のいずれの面からみても、1890年確立テーゼの前提にある認定、すなわち、行政裁判法16条が国に対する損害賠償請求訴訟についての司法裁判所の管轄権を否定したという認定および旧民法373条が「高権的活動に対しては民法に基づく国家責任を否定しようとする立法者意思のあらわれとみることができる」という認定は誤りである。このテーゼは、国家無答責の法理が判例法理として確立されるための制度的基礎を1890年の諸立法が与えた、という限りにおいて妥当性を有する。第三に、国家無答責の法理の適用について、大審院の判決は一貫してはいなかった。「大審院も公務員の違法な公権力の行使に関して、常に国に賠償責任のないことを判示して来た」という認定は誤りである。第四に、国家無答責の法理は、判例法理であるので、国家賠償法附則6項にいう「従前の例」には該当しない。また、その実体的内容は今日の法体系の下ではもはや妥当性を持たないので、現代の裁判所においてこれを適用することは許されない。

経済関係のグローバル化に対応する経済行政法理論の構築

2016Collaborator:首藤 重幸, 田村 達久, 杉原 丈史, 友岡 史仁

Research Results Outline:@font-face { font-family: "Times";}@font-face { font-family: "MS 明朝";}@fo@font-face { font-family: "Times";}@font-face { font-family: "MS 明朝";}@font-face { font-family: "@MS 明朝";}@font-face { f...@font-face { font-family: "Times";}@font-face { font-family: "MS 明朝";}@font-face { font-family: "@MS 明朝";}@font-face { font-family: "平成明朝";}@font-face { font-family: "êÔˇø◊‰ T¿Ù/†°ÖɿT(ˇø0ôÁTƒØD";}@font-face { font-family: "@平成明朝";}p.MsoNormal, li.MsoNormal, div.MsoNormal { margin: 0mm 0mm 0.0001pt; text-align: justify; font-size: 12pt; font-family: "Times New Roman"; }div.Section1 { } 研究会を3回開催した(早大比較法研究所共同研究「経済行政法理論の比較法的研究」としての研究活動でもある)。グローバル化現象の法的分析については、岡田「グローバル化と現代行政法」、杉原「難民認定処分の義務付けの訴え」、その国内法(経済規制等)に関わる論点については、友岡「Legal Systems」報告、同「原発「再稼働」にかかる専門的知見の反映」、地方自治との関係については、岡田「裁判所による法治主義・地方自治の破壊」、田村「住民訴訟制度」、杉原「三号請求訴訟の新たな可能性」が成果である。

経済関係のグローバル化に対する経済行政法理論の構築

2016

Research Results Outline: 早大比較法研究所共同研究「経済行政法理論の比較法的研究」の一環としての研究を進めた。今年度は、日米関係が日本の国家および地方自治体レベルの法制度に及 早大比較法研究所共同研究「経済行政法理論の比較法的研究」の一環としての研究を進めた。今年度は、日米関係が日本の国家および地方自治体レベルの法制度に及ぼす影響とその問題点を分析することに重点を置いた。『世界』掲載の2論文は沖縄県の辺野古新基地建設問... 早大比較法研究所共同研究「経済行政法理論の比較法的研究」の一環としての研究を進めた。今年度は、日米関係が日本の国家および地方自治体レベルの法制度に及ぼす影響とその問題点を分析することに重点を置いた。『世界』掲載の2論文は沖縄県の辺野古新基地建設問題を素材として、また『法と民主主義』掲載論文は神奈川県の厚木基地騒音訴訟等を素材として上記の分析を行った。『法の科学』掲載論文は、法学教育の視点から本研究のテーマに言及した。

法関係のグローバル化・分権化に対応する経済行政法理論の構築

2017

Research Results Outline:研究会を6月24日、9月16日、12月2日、2月28日の4回開催した(早大比較法研究所共同研究「経済行政法理論の比較法的研究」としての研究活動でもある研究会を6月24日、9月16日、12月2日、2月28日の4回開催した(早大比較法研究所共同研究「経済行政法理論の比較法的研究」としての研究活動でもある)。研究会では、研究テーマに関し、環境法制、自治体の監査制度、独立行政機関、法執行手続の面から検討...研究会を6月24日、9月16日、12月2日、2月28日の4回開催した(早大比較法研究所共同研究「経済行政法理論の比較法的研究」としての研究活動でもある)。研究会では、研究テーマに関し、環境法制、自治体の監査制度、独立行政機関、法執行手続の面から検討を進めた。主な成果として、岡田正則「原発災害避難住民の「二重の地位」の保障」、田村達久「自治体ガバナンス改革下における自治体監査制度改革の検討」、杉原丈史「フランスにおける行政裁判による実効的救済の観点からみた基本的自由保護急速審理の位置づけ(1-2)」、友岡史仁「日本におけるオープンデータ法制の構築と課題」などがある。

近代国家における行政救済制度形成史の総合的研究

2017

Research Results Outline:2017年度の前半は行政権と司法制度との歴史的な関係を日本の近代化に即して考察を進めた。後半は、マックスプランク研究所主催の「Comparative 2017年度の前半は行政権と司法制度との歴史的な関係を日本の近代化に即して考察を進めた。後半は、マックスプランク研究所主催の「Comparative Workshop onLegal Transformations in 19th and earl...2017年度の前半は行政権と司法制度との歴史的な関係を日本の近代化に即して考察を進めた。後半は、マックスプランク研究所主催の「Comparative Workshop onLegal Transformations in 19th and early 20th Century」での報告等の準備を行った。岡田「行政訴訟と司法はどうあるべきか」法と民主主義524号15頁、同「行政訴訟の審理と裁判官の責任」判例時報2351号122-130頁、OKADA, Legal Transformations ofJapanese Public Law in late 19th and early 20th Century: From a Perspective ofAdministrative Litigation Systemなどが主な成果である。

経済関係のグローバル化に対応する経済行政法論理の構築

2018

Research Results Outline:  本テーマに関する今年度の研究成果として、 岡田正則「フランス民法典とドイツの国民国家形成」、同 「私権・人権と市民的権利」、同「 国策と裁判所:“  本テーマに関する今年度の研究成果として、 岡田正則「フランス民法典とドイツの国民国家形成」、同 「私権・人権と市民的権利」、同「 国策と裁判所:“行政訴訟の機能不全”の歴史的背景と今後の課題」、同「 社会的ネットワーク論と行政法・地域自治」、O...  本テーマに関する今年度の研究成果として、 岡田正則「フランス民法典とドイツの国民国家形成」、同 「私権・人権と市民的権利」、同「 国策と裁判所:“行政訴訟の機能不全”の歴史的背景と今後の課題」、同「 社会的ネットワーク論と行政法・地域自治」、OKADA,Masanori, Riskcontrol of Technology in administrative law, in: German-Japanese Conference onNew Technology Governance / 1st September 2018, Saarland Univ.など。

法関係のグローバル化・分権化に対応する経済行政法理論の構築

2018Collaborator:田村 達久, ツーファル フレデリケ, 杉原 丈史, 友岡 史仁

Research Results Outline: 研究会を6月30日、9月22日、2019年1月12日の3回開催した(早大比較法研究所共同研究「経済行政法理論の比較法的研究」としての研究活動でもある 研究会を6月30日、9月22日、2019年1月12日の3回開催した(早大比較法研究所共同研究「経済行政法理論の比較法的研究」としての研究活動でもある)。研究会では、研究テーマに関し、租税争訟制度、行政法解釈論および司法制度の検討を進めた。主な成果... 研究会を6月30日、9月22日、2019年1月12日の3回開催した(早大比較法研究所共同研究「経済行政法理論の比較法的研究」としての研究活動でもある)。研究会では、研究テーマに関し、租税争訟制度、行政法解釈論および司法制度の検討を進めた。主な成果として、岡田正則「私権・人権と市民的権利:フランス革命期の憲法・民法典におけるcivilとcitoyen」」、同「社会的ネットワーク論と行政法・地域自治」、杉原丈史「フランスにおける行政裁判による実効的救済の観点からみた基本的自由保護急速審理の位置づけ(3)」、友岡史仁「事業(規制)法に基づく行政上の諸規制と独禁法の適用関係論再考」など。

Lecture Course

Course TitleSchoolYearTerm
Economic Administrative LawSchool of Law2019fall semester
Disaster and LawSchool of Law2019fall semester
Seminar (Administrative Law) A (F)School of Law2019fall semester
Seminar (Administrative Law) B (F)School of Law2019fall semester
Seminar ThesisSchool of Law2019fall semester
Special Study on Administrative Law 2: Lecture IIGraduate School of Law2019fall semester
Social Security and Administrative LawGraduate School of Law2019fall semester
Advanced Administrative Law PWaseda Law School2019fall semester
Advanced Administrative Law SWaseda Law School2019fall semester
Legal Practice: Clinical (Administrative Law)Waseda Law School2019full year
Advanced Seminar: Administrative Law (Prof.Okada)Waseda Law School2019fall semester