Name

ODASHIMA, Koshi

Official Title

Professor

Affiliation

(School of Culture, Media and Society)

Contact Information

URL

Grant-in-aids for Scientific Researcher Number
90256016

Sub-affiliation

Sub-affiliation

Faculty of Letters, Arts and Sciences(Graduate School of Letters, Arts and Sciences)

Affiliated Institutes

ヨーロッパ民俗研究所

研究所員 2010-2011

ヨーロッパ民俗研究所

研究所員 2011-2014

Educational background・Degree

Educational background

-1984 Waseda University Faculty of Literature
-1991 Waseda University Graduate School, Division of Letters

Career

1991-1993Chiba University, Part Time Lecturer
1991-1993Senshu University, Part Time Lecturer
1993-1995Chuo University, Lecturer
1995-1996Chuo University, Associate Professor
1996-1997Waseda University, Lecturer
1997-2003Waseda University, Associate Professor
2003-Waseda University, Professor

Research interests Career

Study on Novels and Plays by D. H. Lawrence

Current Research Theme Keywords:Point of View

Individual research allowance

Translation for Actual Performance

Current Research Theme Keywords:dialusue

Survey on the Administration of Theatres and Halls

Current Research Theme Keywords:Theatre

Cooperative Research within institute

Paper

上演翻訳におけるジェンダー意識

演劇研究センター紀要・Ⅰ Ⅰ,375−3822003/03-

『ホルロイド夫人やもめになる』について

英文学 第84,34−462002/09-

劇作家D.H.ロレンス

英文学 第83,1-132002/03-

なぜサイスンは躓くのか

英文学/早稲田大学英文学会 79, pp.101-1132000/03-

イギリスの演劇

せりふの時代/小学館 13, pp.78-811999/11-

太陽と月に背いて/クリストファー・ハンプトン

上演台本/翼 1999/04-

短編集/ドナルド・マーグリーズ

上演台本/ひょうご舞台芸術 1999/09-

恋の三重奏/アラン・エイクボーン

上演台本/松竹 1999/10-

翻訳裏話

「太陽と月に背いて」プログラム/翼 1999/04-

ハロー、ストレンジャー

「クローサー」プログラム/キャスター・ウエストエンド・シアター 1999/07-

拝啓、T先生

「短編集」プログラム/ひょうご舞台芸術 1999/09-

身も蓋もない話

「恋の三重奏」プログラム/松竹 1999/10-

英国性の探求-トム・ストッパードの「アルカディア」

現代ヨーロッパ文学の動向-中心と周縁(中央大学人文科学研究所編)/中央大学出版部 1996/03-

How They Passed through the Doorways in The Rainbow

ほらいずん/早稲田大学英米文学研究会 261994/02-

ロレンスの暴力

英語英米文学/中央大学英米文学会 341994/02-

L.P.ハートリー研究-「雇われ運転手」の象徴

英語英米文学/中央大学英米文学会 351995/02-

レイ・クーニー笑劇集

劇書房 1994/03-

シェイクスピア劇場

三省堂 1995/04-

「翼ある蛇」研究-ケイト・レズリーがアイルランド人であることについて

日本ロレンス協会26回大会(松山大学) 1995/06-

「GHETTO」「What a Sexy Dinner|」「Funny Money」の翻訳

第3回湯浅芳子賞翻訳・脚色部門 1996/03-

Books And Publication

『ロレンス文学鑑賞事典』(共編著)

彩流社2002/09-

Work ・Software ・ Teaching Material ・ Field Work etc.

Kinder transport by D. Samuels

Artistic Activities1998-

I Ought to Be in Pictures by N. Simon

Artistic Activities1999-

Dinner with Friends by D. Margulies

Artistic Activities2000-

『It's Show Time! 』

Artistic Activities1994-

『What A Sexy Dinner! 』

Artistic Activities1995-

『FUNNY MONEY』

Artistic Activities1995-

On-campus Research System

Special Research Project

D.Hロレンス作品のキャラクター分析:クリフォード・チャタレイの場合

1996

Research Results Outline: クリフォード・チャタレイの分析に入る前段階として、前作『翼ある蛇』の主人公ケイト・レズリーの分析を終了した。 ロレンスが以前からケルト民族の「柔らか クリフォード・チャタレイの分析に入る前段階として、前作『翼ある蛇』の主人公ケイト・レズリーの分析を終了した。 ロレンスが以前からケルト民族の「柔らかみ(softness)」に惹かれていたことに注目すると、ケイトを単にヨーロッパ人やイギリス人ではな... クリフォード・チャタレイの分析に入る前段階として、前作『翼ある蛇』の主人公ケイト・レズリーの分析を終了した。 ロレンスが以前からケルト民族の「柔らかみ(softness)」に惹かれていたことに注目すると、ケイトを単にヨーロッパ人やイギリス人ではなくアイルランド人に設定した点は見過ごせない。『翼ある蛇』を‘soft’をキーワードに読み解くと、民族間の融合という大きなテーマの裏で個人と個人の交流を追求していたことが分かる。これが次作『チャタレイ夫人の恋人』の主題‘tenderness’に発展すると見做すことによって、一見溝があるかのように思われる一連の「指導者小説群」と『チャタレイ』の作者の視座が一貫したものだと分かる。『チャタレイ』では主人公コンスタンスをケルトの血を引くScottishに設定した。その夫クリフォードが病めるEnglandを、恋人メラーズが病気から回復するるEnglandを象徴することは歴然としている。然し、問題は余りにもクリフォードが「悪玉」然としていることである。G.Levineのように彼を「フランケンシュタイン」に準える論者もいれば、T.S.Eliotのようにこれを物語作成上の不備と考える論者もいる。これでは「人物が型に嵌るとその小説も死ぬ」と言ったロレンス自身の言葉に反することになる。 例えばクリフォードを『息子と恋人』のポール・モレルと比較してみる。すると無意識レベルでの「自己の肉体の破壊欲」が大地母神への男性の抵抗だと以前ロレンスが考え、描いていたことが浮き彫りになり、クリフォードも単にロレンスの思想上の攻撃目標ではなく、実体験に基いた「生きた」人間だと分かる。現在、この点でのevidenceをまとめ、論文執筆中。

Foreign Countries Research Activity

Research Project Title: D.H.Lawrenceの戯曲の真価および現代イギリス演劇の動向の研究

2005/04-2006/03

Affiliation: ロンドン大学 Royal Holloway校(イギリス)

Lecture Course

Course TitleSchoolYearTerm
Required Core Seminar 7School of Culture, Media and Society2019spring semester
Core Lecture 1School of Culture, Media and Society2019spring semester
Core Lecture 2(RE)School of Culture, Media and Society2019fall semester
Popular Culture of EnglandSchool of Culture, Media and Society2019fall semester
Popular Culture of EnglandSchool of Humanities and Social Sciences2019fall semester
Forgotten Histories of Japan and the WorldSchool of Culture, Media and Society2019spring semester
Forgotten Histories of Japan and the WorldSchool of Humanities and Social Sciences2019spring semester
20th Century Novels 2 (Britain and America)School of Culture, Media and Society2019fall semester
20th Century Novels 2 (Britain and America)School of Humanities and Social Sciences2019fall semester
Cultural History of English Drama (TCS Advanced Seminar)School of Culture, Media and Society2019spring quarter
Contemporary Fiction in the English-speaking World (TCS Advanced Seminar)School of Culture, Media and Society2019summer quarter
Seminar on Transcultural Communication and Reception (Spring)School of Culture, Media and Society2019spring semester
Seminar on Transcultural Communication and Reception (Fall)School of Culture, Media and Society2019fall semester
History of English Literature 2School of Culture, Media and Society2019fall semester
History of English Literature 2School of Humanities and Social Sciences2019fall semester
Seminar in English Studies 6 C (Culture in Literature/Literature in Culture)School of Humanities and Social Sciences2019spring semester
English Studies Seminar (Graduation Thesis) spring (ODASHIMA, Koshi)School of Humanities and Social Sciences2019spring semester
English Studies Seminar (Graduation Thesis) fall (ODASHIMA, Koshi)School of Humanities and Social Sciences2019fall semester
English and American Literature: Research SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019spring semester
English and American Literature: Research SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019fall semester
English and American Literature 4-1: SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019spring semester
English and American Literature 4-2: SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019fall semester
English and American Literature 4-1: Research SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019spring semester
English and American Literature 4-2: Research SeminarGraduate School of Letters, Arts and Sciences2019fall semester